5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「少年に殺され死姦された」 山口県光市母子殺人事件 8

1 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 16:01:30 ID:8GG7GsuQ
光市母子殺害
http://nsearch.yahoo.co.jp/bin/search?p=%B8%F7%BB%D4%CA%EC%BB%D2%BB%A6%B3%B2&b=1&st=n&pt=1

前スレ「少年に殺され死姦された」 山口県光市母子殺人事件 7
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1151130988/

2 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 16:03:53 ID:hnJsuQli ?
2だったら死刑

3 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 16:15:40 ID:QvZGnjHt
3だったら死刑

4 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 16:41:14 ID:s0ji/t7D
4だったら死刑

5 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 16:43:33 ID:QvZGnjHt
5だったら死刑

6 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/29(木) 16:43:43 ID:PGzszCC5
5だったらなっち


7 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 16:44:38 ID:QvZGnjHt
なっちってww

8 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 16:45:23 ID:QvZGnjHt
今更だけど、差し戻したら、また7年かかるのは事実??

9 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/29(木) 16:49:16 ID:PGzszCC5
>>8
今は裁判の迅速化も求められてるし、余程の新事実でも出ない限り
7年も掛からない。ただ、戦略的に弁護側が引き延ばしに掛かる可能性はある。
オウム裁判も弁護側の引き延ばしのため長期化しているから。


10 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/29(木) 16:50:52 ID:PGzszCC5
×戦略的に
○戦術的に


11 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 16:52:35 ID:QvZGnjHt
安田ならやりかねないか・・・。

12 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/29(木) 16:54:06 ID:PGzszCC5
>>11
オウム裁判も安田弁護士だよね?


13 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 16:56:39 ID:QvZGnjHt
びっくりしてググッた。そうだったのか、知らなかった・・・。


14 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 17:03:21 ID:hnJsuQli ?
証拠調べも済んでいるし、このままでの結審は早そうだけど、
死姦しているところから精神状態について鑑定をしてくれと騒ぎそう。
最高裁の新しい新事実がない限りと言う部分を逆手に取りそう。
「被告人の犯行時の精神状態が心身耗弱であった可能性があり
少年に対する死刑求刑を鑑みて、慎重に判断する必要があり
精神鑑定を行いたい。」てな具合かな。

15 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 17:14:22 ID:s0ji/t7D
でも犯行から何年も経ってさ、でもって死刑になりそうな精神状態での鑑定って意味あるんかな。
仮に健全な人を7年ぶち込んで、「おい死刑かもよ」って言ってから精神鑑定しても、ぶち込む前の精神状態を推測するのに役に立たないと思うが。

16 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 17:22:13 ID:QvZGnjHt
ヤクザはツラで逃げ、馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ、私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君


17 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 17:37:16 ID:bi+ZZgwx
>>9
>戦術的に弁護側が引き延ばしに掛かる可能性はある。
これって裁判の戦術として有効な点があるの?

18 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 17:49:10 ID:D0alfyCX
引き延ばしは安田の得意技
自分は被害者側が長い裁判で神経磨り減らして弱るのを狙っての事かもと勘ぐってる
以前担当してたコンクリがそうだったからなぁ


19 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/29(木) 17:50:16 ID:PGzszCC5
>>17
オウム裁判のときは「重箱の隅を突く様な作戦」によって
検察側の調書の矛盾点を指摘するコトで検察調書の信用性を下げる効果を
狙ったみたいだが、余りにも本論からかけ離れた指摘が多すぎた上に
裁判を遅延させる(繰り返すけど裁判の迅速化は今司法が取り組んでる課題)
とゆ〜理由で逆に裁判官の心証を悪くした。懲りてなければ繰り返すかも。


20 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 18:14:10 ID:QvZGnjHt
>>18 コンクリもそうなの!?まぁいかん。

21 :17:2006/06/29(木) 18:16:16 ID:bi+ZZgwx
>>18-19
ナルホド。レスdです。
蝶々結びといい、自爆する危険性の高い戦術を取るのが好きな見苦しい弁護士ってことですね。

22 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 18:25:18 ID:QvZGnjHt
http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20060508/mng_____tokuho__000.shtml
和歌山のカレー事件も?もちろん林の弁護ってことだよな・・・。

「自分も(こうした事件から)できれば逃げたいと思う」と安田は話す。
仕事人なのか?

23 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 18:37:22 ID:xD/J+ACM
Blog とりあえず

------------------------------------------------------------
日本がすでに死刑廃止国であれば、彼は公正な裁きを求めつつも、最終的な埋め合わせが不可能であることを知り、新たな人生を歩んでいたものと思います。

そのことは、亡くなった方自身も望んでおられたことではないでしょうか。

本村さんは、ご家族を失っただけではなく、その後の幸せもまた失わざるを得なかった。

その上、死刑存置論者たちは、本村さんを神格化するあまり、生身の人間としての彼が新たな人生を歩むことを妨害する結果になったかもしれません。
------------------------------------------------------------

http://luxemburg.exblog.jp/3680966#3680966_1

24 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 18:42:40 ID:D0alfyCX
>>22
確かにカレーも担当してましたよ
ついでに新宿バスもね


25 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 18:42:56 ID:rc7q0yzk
どんな凶悪な犯罪でも、弁護をする弁護士は必要。
でも、安田のやり方は、加害者を弁護している訳ではなく
ただ、無理やり事件を歪曲しようとしているだけ。

26 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 19:01:24 ID:QvZGnjHt
畠山鈴香の弁護士みたいに、「理解して頂けるとは思いませんが」だっけ?
あぁなるのが普通だ罠。ちょっと肩身狭そうだけど、誰も弁護士を責めたりしないのに。

27 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 19:02:45 ID:bi+ZZgwx
>>25
禿道。
あのやり方は、被害者やその遺族だけでなく、裁判そのものを冒涜しているように感じられる。
加害者の人権(その生命)を尊重して死刑に反対しているはずなのに、
被害者の生命に対する畏敬の意は微塵も感じられないので滑稽に見える。

28 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 19:21:35 ID:rc7q0yzk
>>27
専門家として、法律の知識の無い加害者を手助けし、
加害者の論を代弁するのが仕事なのに、安田とか見てると、
悪知恵を付けさせる為に擦り寄ってきてるとしか思えない。
彼等のようなのは、加害者を助けたいんじゃなくて、
加害者ですら自分の主張をアピールする為の道具に過ぎないんだろうね。
人権を謳うなら、被害者の人権を疎かにしちゃいけないよな。

29 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 19:30:29 ID:JKoatNyv
言い尽くされてることだろうけど
安田は加害者の人命を救うためではなく
死刑反対という持論を宣伝するためにだけに弁護士をやってるんじゃ?

30 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 20:08:19 ID:D0alfyCX
>>29
安田が自分の思想を法廷に持ち込んで弁護してるのは自分自身で認めてるよ
確か出頭在廷命令食らった後の会見で言ってたね


31 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 20:14:35 ID:rc7q0yzk
ひょっとして、、
「死刑廃止な俺、崇高な知識人なんだぜ」
って自意識満足させたいだけなのかな。
人に理解して貰う気も無さそうなので、
本当は、死刑廃止ですらどうでもいいとか。

32 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 20:17:59 ID:bi+ZZgwx
安田が「死刑廃止」の看板を掲げて「独自の」弁護活動をすればするほど、
世論は「死刑存置」の方に傾いていっている気がするんだが…。
死刑廃止を訴えている人達は安田のことをどう思っているのだろうか…?

少なくとも自分だったら弁護活動を即刻停止して欲しいw

33 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 20:27:26 ID:D0alfyCX
>>28
この事件で安田の事知ったんだが、
彼は被害者の人権よりも加害者の人権に重きを置いてる
光市の裁判を見てれば想像つくだろうけど
コンクリの被害者も酷い言われようだった
幾ら弁護する為とはいえ事実に反した事を言って弁護するのはやり過ぎ
被害者を必要以上に足蹴にするのが人権派かと呆然としたよ

34 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 20:51:26 ID:xJYNSkLB
     ※被害者家族の噂※     
・本村夫婦は詐欺行為と解釈できるマルチ商法で私腹を肥やしていた。
・本村洋は「(妻の)弥生以外は愛せない」と公言しておきながら
 妻の四十九日が終わらないうちにソープ通いしていた。
・本村洋は妻と子供の復讐を叫びながら現在つきあっている女性がおり、
 犯人の死刑判決が出たら結婚すると公言している。
・本村弥生と犯人は不倫関係にあった。
・本村弥生は犯人をセックス目的で部屋に誘い入れた。
・本村弥生は自分が助かるために犯人に対して自分の子供をなげつけた。
     ※本村洋に関する事実※
・本村洋は『殺人予備』、『威力業務妨害』、『脅迫』と解釈できる犯人の殺人予告
 を公衆の面前で行った。
・本村洋は自著の中で偽造テレホンカードを使っていたことを自慢している。
・本村洋の眼鏡は年々変わっている。
・本村洋は妻と子供の死を利用して売名行為にいそしみ金儲けに励んでいる。

35 :本村洋発言集:2006/06/29(木) 20:54:09 ID:xJYNSkLB
本村洋『レイプされて生きてるような女は恥知らず』
「自らの命を守るために本能的にレイプに甘んじてしまう女性もいるのに、潔癖な弥生は汚されたくない
一心で最後まで抵抗した」

本村洋『マルチ商法は悪ではない』
「シンナーや万引きみたいなかわいい犯罪なら少年だからということで許してやってもいい」

本村洋『金のないやつは相手にしない』
「民事を起こす気はないですね。まず少年に対して今死刑を望んでますし、彼にそんな賠償できる能力があるとは思えないんで、ただだらだらと時間が過ぎるだけでしょう。」

36 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 20:57:32 ID:rc7q0yzk
>>34
そうそう。
今表に出ている人権派達は、
こういう噂や中傷を無理やり流してでも、
裁判を有利に運ばせようとしているんだよね。
人の人権云々より、自分の人格を見つめ直した方が良いな。

37 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 20:57:38 ID:D0alfyCX
>>34 >>35
とうとう壊れたようだなジハードw


38 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 21:02:44 ID:D0alfyCX
>>36
そいつは被害者及びその家族に粘着していわれない誹謗中傷を繰り返してる基地甲斐ですよ
このコピペも関連スレあちこちに貼り付けて歩いている


39 :朝まで名無しさん :2006/06/29(木) 21:03:29 ID:tS7ztjGL
>>36
人権派弁護士って、自他共に認める犯罪者すら無罪に出来る
弁護士こそ至高の弁護士、とでも思ってんじゃないの?

40 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 21:09:11 ID:FE6oWUXS
前から思っていたんだけど
この本村って人の周辺って「死」の影が付きまとっているよ
邪悪な裏社会の死の影が
それって背徳の金儲けに由来してるからかもな

41 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 21:09:38 ID:rc7q0yzk
>とうとう壊れたようだなジハードw

なるほどね!
自分達の主張の為には、人を傷つける事など厭わない精神は
テロリストと一緒だね。

42 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 21:10:03 ID:9B5AoCku
負けても闘う俺ってサイコーとかじゃね?結果がついてこなくても無能ではないって言い張れるし

43 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 21:29:03 ID:x24NSp69
>>40
背徳の金儲けというと・・・?

44 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/06/29(木) 21:50:41 ID:iuH5Wi7f
今一度、少年法の主旨を思い起こすべきだろうな。
成人と同じ刑罰を科するのならば、少年法は必要ないし、設定もされていない。
少年であるからこそ未熟であり更正の可能性を求めるために少年法が制定されている。
少年に対する死刑は、国家の恥であり、世界の嘲笑の対象でもある。
恥多きこの国においても、未成年者の死刑は4名の殺人を犯したもの以外には
下されていない。ある意味、18才以上の年齢であっても、少年法が適用できる
年齢にあるならば、その法の主旨を尊重する態度は見えていた。
今一度、この国の司法においては、人の命の尊さと、未熟な少年の過ちに対する
許容を思い起こして欲しい。 どんなことが有っても生かすべきだろう。

45 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 22:03:16 ID:rOV60ha7
少年法があるから、今ならなにをやってもたいした罪には問われないと
逆手にとって欲望のままに行動する奴が多いのも事実だけどね

46 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 22:03:55 ID:rc7q0yzk
別に他国から嘲笑されるなんて、珍しくも無いし。
死刑でいいよ、死刑で。

47 :朝まで名無しさん :2006/06/29(木) 22:08:00 ID:tS7ztjGL
邪な人権屋が死刑廃止喚きだして久しいが、どれだけ喚いても
むしろ喚くほど賛成派が増えていくのでかなり捻くれちゃってるね。

48 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 22:10:20 ID:ZZsFdoX/
1殺=死刑でいいんじゃない?まー原則それとして

減刑というか酌量面で過失・正当防衛等の検討が裁判でされればおk

年齢もイジメ・リンチを考えて15歳くらいで死刑適用だな。

49 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 22:12:46 ID:S8hJy/pX
生かしてどうするの?

50 :朝まで名無しさん :2006/06/29(木) 22:14:54 ID:tS7ztjGL
>>49
人権派弁護士の弁護料を払うためタコ部屋へ。

51 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 22:35:39 ID:dqvvOfHg
コンクリ事件の時は被害者少女の姓名と顔写真がモロ報道されて。
アサピーは犯人たちの家庭環境を事細かに記したルポに
犯人達による少女への暴行・レイプの様子をも書いた記事を連載。
朝生で嫌日発言で有名な現在認知症の某監督は番組で
「少女の持っていた手帳には複数の男性の名前が書いてあった。
問題のある子なんだよ!」と吐き捨て
アサピーの報道番組の有名穴は「嫌ぁな事件ですねぇ」。
加害者を弁護しようがない事件が起きた時には
被害者をバッシングするのが常套手段化したのはこの頃じゃね?

52 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 22:36:03 ID:w8b69yvw
>>50
「タコ部屋」って何?

53 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 22:41:38 ID:FE6oWUXS
被害者は既に死んでいる
今生存するのは関係者だけ

54 :朝まで名無しさん :2006/06/29(木) 22:43:18 ID:tS7ztjGL
>>52
女郎部屋の強制売春を強制労働に置き換えて想像して
みて下せぇ。

55 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 22:45:22 ID:w8b69yvw
>>54
ナルホド。サンクスです。

56 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 22:49:01 ID:D0alfyCX
>>51
死人に口無しとはよく言ったもんだ
被害者が無くなってるのを良い事に事実を湾曲して
あの時と同じ事やってるな安田は
……ああ、そういやその時の馬鹿な某監督誰だっけ?
大島ナントカって言ってような……w

57 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 22:55:56 ID:S8hJy/pX
タコ部屋それは働いても働いても
出ることが出来ない小宇宙

58 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 23:05:08 ID:w8b69yvw
>>44
その少年法におんぶにだっこで少年犯罪が横行している現状こそが、
「野蛮」とされるべきだと思うがね。
そもそも死刑の是非は、各国の世論や死生観、宗教観などによって決められるべきであり、
「死刑は野蛮だ」と、自分達で勝手に決め付け、その考えを他国に押し付ける行為こそが野蛮だと思うね。

何度も言われていることだが、死刑廃止派が捕鯨反対派と重なって見えるのは、
こういう点が共通しているからだろうね。

59 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 23:14:33 ID:dqvvOfHg
>>56
そう、まさに死人に口なし。
糞人権派の誘導でマスコミが被害者バッシングを開始しても
何のツテもコネもない、日本の3大特権階級でもない普通の一般人はなす術がない。
そして被害者の非ってのが既成事実として語られてしまったんだな。
本村さんがマスコミに露出しつづけるのは、正しいな。
黙っていれば、安田たち人権派の作った被害者像が既成事実化してしまう。

60 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 23:16:09 ID:rc7q0yzk
>>44
少年法の制定された経緯は、
貧しさから未成年が犯罪に走るケースが多かった為、
そういった子供を守る為の法律だった。
当時の日本は貧しくて、教育も行き届いていなかった。

福田は、義務教育は勿論高校も卒業している。

61 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 23:43:16 ID:5EjzdHan
一日も早く、雅子が皇室から駆除されるを希求す。

皇太子の妻である雅子は、跡取りを作ろうとせず、精神病を装ってぐうたらな生活をし、
挙げ句の果てにはオランダで療養するときた。

バカ面の娘の授業参観に行く体力があるなら、夜な夜な励んで男を産め。
音楽会に出て行く暇があるなら、まじめに公務しろ。

皇太子が繁殖能力を有しているうちに、新しい皇太子妃を迎え入れなければ、
我が国の「天皇制」は根幹から揺るがされることになる。

この期に及んでも、雅子は、ありもしない色気を駆使して、
女性に免疫のない皇太子をたぶらかしたり、娘の養育を盾に取って、
お心優しい皇太子を言いくるめるなど、実に罪深い悪女である。

日本国民は、この歴史上最も怠惰な皇太子妃・雅子を徹底的に糾弾し、
一日も早く皇室から追放すべきである。

なお、この際、万が一、皇太子が雅子の肩を持って、我が国のあり方を脅かす場合、
皇太子も皇籍を剥奪し野に追放されることやむなしとする。

62 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 23:47:31 ID:S8hJy/pX
>>60
補足事項
貧しい上に親が命令している事も多かった。
当たり屋とか窃盗とかは特に。

63 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 23:59:53 ID:oKLq/fca
つーか、ヨーロッパって死刑廃止している国ばかりみたいなんだけど、
それってやっぱりキリスト教の考え方からなのかな。

ちょっと調べてみたんだけど、キリスト教の観点からの死刑に対する見解ってこんな感じみたいよ。
ttp://www.kiwi-us.com/~selasj//jsc/japanese/bulletin/no100/bujp1002.htm (ページ下部)

これがキリスト教全体の考え方かどうかは分からないが、
やっぱ無宗教の自分にとっては到底受け入れられない考え方だわw
「自分の家族を殺した犯人が更生出来るように祈りましょう」なんて言われても馬鹿にされてるとしか思えない。

んで、ヨーロッパの人々は皆こんな考えに賛同しているのかな。
ヨーロッパの世論の動向が結構気になる。

64 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 00:00:48 ID:FCuz22Ld
>>31
そんな所だろうな。ここに粘着している只の馬鹿と同じで、自分に酔うタイプ
だな

65 :朝まで名無しさん :2006/06/30(金) 00:14:11 ID:WPbmSLj+
死刑はとても慈悲深い刑です。

66 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 00:25:57 ID:jhyEZoy1
>>23
ちょっと見てきたが、ご都合主義で笑えた。

<日本が既に・・新たな人生を歩んでいた者と思います
 どうにもならないということなら、絶望で自殺してたかもね。で、損益になるのか、国家的に。
 なりますよ。納税者が死んで逆に金のかかる害虫を何十年も飼うなんてさ。

<亡くなった方自身も望んでおられたことではないでしょうか
 意識が有るまま強制的に断末魔の苦しみを受けた人がいつそう望むのかw
 別のパターンでも良い。
 やーさんに刀を突き刺され、内蔵をえぐりかき回されてます。もの凄い痛みと恐怖。
「死ねやゴルァ!」
「ああ、皆の者、この人を罰するなかれ・・」
 有り得ませんw

<死刑存置論者達は・・彼が新たな人生を歩むことを妨害する結果になったかもしれません。
 それより死刑廃止論者はどうか?
 彼を罵倒し、被害者遺族に対してあるまじき暴言の数々を浴びせ倒しているのが現実。
 頭がお花畑の蝶々弁護士なんか最たる者。

 ということで素人が論破。人権屋のご都合主義は、浅いなぁ・・・

67 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 00:31:42 ID:FCuz22Ld
>>63
旧植民地の南米もキリスト教の力が強くて死刑廃止国って多いね。
特にカトリック系は死刑反対らしい

68 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 00:44:09 ID:9fJhJbfN
18歳1ヶ月過ぎでも凶悪殺人なら死刑の判決が出れば今後の裁判官が極刑を出しやすくなる。
はっきりいって15歳での社会人も沢山いるのだから少年法自体適用を16歳まで下げて
未成年犯罪へ甘い司法体質を改善して欲しい

69 :63:2006/06/30(金) 00:55:06 ID:P4lrRGzg
>>66
対話の形式の中で死刑廃止論の正しさを訴えたかったのであれば、
もっと中立の立場に立ってかくべきだったろうね。

>人々の気持ちがすさんでまいりますと、死刑を求める声が大きくなってまいります。
>手近なところでガス抜きをしているだけ

などの偏った見方からくる表現があると、死刑存置派を一方的に悪と決め付けているだけのように
思われるので、評価できないと思う。

>>67
みたいだね。
カトリック系の信者だったらやはり無条件に死刑に反対するのだろうか?

70 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 01:00:24 ID:nKyNyo+u
日本の神様は与えもするが奪いもする、
恐い神様も 奉って大事にすることで守り神様になる
その方が理不尽に見えるけど、カトリックとかに比べると
なんとなく自然な気がする。日本人だからそう感じるのかなぁ

ギリシャ神話の神様たちなんか
すごく我侭で嫉妬深くてドロドロしてるし。
やっぱりカトリックってなじめないな

71 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 01:06:44 ID:JT2rYM9c
人間には本来、いわば自然権的なものとして復讐権というものがあり、かつては洋の東西を問わず
この権利の行使を認められていた。しかし、近代国家は法治国家の名のもとに、国民の一人一人が
この権利を国家に委ねるという形で、国民の手から取り上げ、国家がこれを一元的に管理をして
本来、復讐権を持つ国民に代わり代行することとなった。従って、福田のような何ら情状酌量の余地
はなく、ましてや被害者に何ら落度も責任もなく、そして被害者遺族である本村さんが望む以上は
国家が復讐を代行しないというのであれば、国家は被害者遺族である本村さんに、「あだ討ちのの権利」
を与えなければならないと言えるだろう。そして、それは加害者が少年であったとしても例外ではない。
現代の日本の法制化であっても18歳以上ならば死刑にできるのであるから。


72 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 01:06:59 ID:/YUMb1vD
本を読めばわかるのでしょうが、加害者側はどのよにして玄関から室内に入った
のでしょうか。嘘の排水管の点検ということで被害者宅を訪れたということでいいの?

73 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 01:32:37 ID:U84iQAD/
>>71
仇討ちの復活は、司法のもっとも恐れている事なんだけどね。死刑制度がなくならないのはその為だよ。
その『弱み』を突いた本村は狡猾だったよ。

74 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 01:35:43 ID:oPOC89Hw
独身で彼女もいない男がセックスがしたくなったら
@ソープに行く
AAVでバーチャルで楽しむ
が普通の選択肢だと思うんだが
福田は
セックスしたい→誰か襲おう→ガムテに紐携帯して作業着で身分偽装で社宅徘徊
抵抗された→殺してからやろう
変態だろ、コイツ。

75 :あたまでっかち:2006/06/30(金) 01:35:53 ID:tR6N95ZC
チェリーボーイです。かしこ

76 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 01:41:01 ID:U84iQAD/
>>74 誰か襲おう、なのか?
目星つけていたのじゃないのかね?

77 :あたまでっかち:2006/06/30(金) 01:54:13 ID:tR6N95ZC
えーと、女より、ゲーム、ゲームセンターが楽しいです。
ヴァージン?、女?よりも、「フロントミッションオルタナティヴ」
が楽しいです。たれか、支援砲撃よろしく。


78 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 06:39:42 ID:kbk9PX88
>>72
反抗に及ぶ前に下見をし、被害者に目を付けた
犯行時は配水管の制服を来て作業と偽って中に入った
安田は本人の稚拙さをアピールしてたがかなり計画的で悪質


79 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 09:18:26 ID:1uM5QlHo
>>78
現実問題、配管工が家の中に入って作業するケースは殆どない。
配管工と偽ったにせよ、安易に家に上げた方にも問題が
あるんじゃないか?
配管工が家の中で作業するケースなんてないぞ。

80 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 09:27:00 ID:nFeWxkNv
>>79
そんなの素人は判らないんじゃないの?


81 :朝まで名無しさん :2006/06/30(金) 09:34:21 ID:J2ytUQrs
重箱の隅やな。

82 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 09:35:21 ID:u7MDkPe1
>>79
ガス点検、ケーブルTVの出力点検は、室内作業があったから、
自分なら上げてしまうかもしれないなぁ。
白昼堂々で、女性専用マンションとかならまだしも、社宅だし。
配管工が、室内の作業しないなんて知らないし。

自分が一人暮らしして間もない頃の事なんだけど、
「水質検査」に1度応じてしまったことがある。
玄関で作業着の男性を待たせたまま、コップに水を入れて持ってった。
今考えると恐ろしいけど。

83 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 10:24:27 ID:89L/Y2dZ
見習え!ニッポン

被害者、遺族にこれほどの屈辱を与え今なお悪あがきしかしない福田孝行を楽に死なせるな

イランの公開絞首刑は苦しみを与えるクレーン吊り(゚゚;)エエ
http://amor1029.exblog.jp/1774347/

84 :朝まで名無しさん :2006/06/30(金) 10:51:31 ID:J2ytUQrs
>>82
社会的影響ってやつだなぁ。こやつのおかげで真っ当な仕事してる人があらぬ疑いの目で
見られてしまう。本来信じるべき人たちも疑わなくてはならないこんな世の中が
福田のような者を生み出したのなら、「社会が悪い」という意見を持つ人が
彼を厳罰に処する事に異論は挟むのは矛盾を感じる。

85 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 11:43:16 ID:oPOC89Hw
>>79
配管工が屋内で作業することは殆どないことを自分も知らないし
集合住宅のしかも社宅に住んでいたら水やガスのトラブルには敏感になる。
同僚である階下住人に迷惑をかけることになるからね。
緊急に対処しなければいけない!と思うから、目の前の配管工を疑う余裕などない。
脳内には自分の部屋の水トラブルで天井から水が滴ってる階下住人の部屋が浮かんでいて
とにかくこの人に直してもらってから、どうやって謝ろう、菓子折りはどこのを持っていこう
そういう考えで頭が一杯になる。
元泥棒でセキュリティ会社のアドバイザーのおっさんが話していたが
ガスや水トラブルといった緊急事態を予想させることを言われれば
殆どの家は玄関のドアを開けてしまうらしい。
このやり方を18歳で知っていて実行した福田は、本当に初犯だとは俺は思っていない。

86 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 11:47:34 ID:EwOXjyeg
冤罪がゼロに出来ないから死刑を廃止せよという話は、再犯を防げないから、全部死刑にしろという話と同レベル。

双方の発生率からすると、まだ後者の方の言い分に部があるくらい。


87 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 12:03:41 ID:L7DtWe8L
今は宅配便すらこわい。
覗き穴から確認して、ドアも確認するまで大きくあけない。

88 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 12:22:01 ID:nFeWxkNv
>>87
確か宅配を装って家に押し込むなんて事件もあったよね

>>85
証拠がない以上何も言えないが初犯であり得ない云々とは言えない
けれども思いつく手口が安田の主張する「稚拙な少年」でありえない

89 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 12:28:42 ID:L7DtWe8L
それにさ、子供を産んで1年くらいはあんまり外にも出ないし
毎日子育てで大変だけど、すごく幸せで ノンビリしてて
外に出ても、赤ちゃんを連れてると いろんな親切を受けたり、
知らない人に声をかけられて暖かい交流があったりして
世の中そんなに捨てたもんじゃないな なんてハッピーな気分になるもの
そんなにピリピリ神経尖らせて 仕事しに来た配管工を疑うなんて事
ほとんどないと思うよ。
弥生さんもどんなに恐かったか、想像を絶するよ。

90 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/30(金) 12:45:46 ID:KuSq9G00
ウチの嫁は「心臓を身体の外側で抱いてる感じ」と逝っていたな。
子供が赤ん坊のときは。凄く過敏になっていた。


91 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/30(金) 12:47:52 ID:KuSq9G00
まあ、でも赤ん坊が出来た頃は確かにハッピーな空気に包まれていたのは確かだ。
あの幸福感のさなかに地獄に突き落とされた気分だろうな。


92 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 12:50:12 ID:nFeWxkNv
判る気がする
赤ちゃん抱っこしてると優しくなれるもんなぁ

93 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 13:40:18 ID:oPOC89Hw
福田から身を守るために弥生さんは赤ちゃんを福田に投げつけた
これは安田が言ってたそうだが、マジなんだろうか?
もし言っていたとしたら、これを聞かされた本村さんの気持ちは
想像するのも窮するほどだ。

94 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/30(金) 13:52:49 ID:KuSq9G00
どうも、その母親が我が子を投げつけたというのが信じられないんだよな。
どんな危険な目にあっても庇うことはあってもそんな行動を取るのは不自然。
坂本弁護士一家殺害のときも奥さんは自分を投げ打って子供を守ろうとしたし。
通常の場合ではあり得ないんだよな。特に女性は母性が強いから。


95 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 13:53:36 ID:WN3cNSII
>>93
いや、「甘えようとして抱きついた」「ちょうちょ結び」などと主張する安田の姿を見て、
「この調子だと、次は『赤ん坊が死んだのはパニクった母親が投げつけたからだ!』とか言い出してもおかしくないな」
と誰かが書き込んだのが噂化したものだったかと。

96 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 14:17:46 ID:1uM5QlHo
水を差すようで悪いが、被害者の人格によって犯罪の
軽重は変わらないから。
東大阪大学のリンチ殺人事件の、自らをヤクザと名乗った
被害者の日頃の素行は褒められたものでなかったらしいが、
それをもって、加害者の小林竜司の刑が軽くなるわけではないのだから。

97 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 14:40:18 ID:eHGK/q+F
喧嘩両成敗なので
光死事件は
10のうち加/5:被/5の率

98 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 14:45:25 ID:L7DtWe8L
>>96
それならそれで裁判の必要があまりなくなるね。

99 :朝まで名無しさん :2006/06/30(金) 15:36:44 ID:J2ytUQrs
岡崎で乳児虐待で母親逮捕らしいが、アンチが嬉々として持ち出しそうだ。

100 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 15:53:01 ID:nFeWxkNv
>>99
でも比べようもないもないでしょ、内容的に
まあアンチはちょっとでもネタがあれば必ず食い付くもんな

101 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 15:55:38 ID:ensJKti/
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1151217920/
からテンプレ貼りに来ました〜 読んだ方は他のスレにもお願いします〜

◇◇◇ 7月1日(土)21時〜24時 チャンネル桜(スカパー767ch)にて放送 ◇◇◇

  ◆ 「テレビ掲示板討論会」 今回のテーマは 【拉致問題と朝鮮半島】 ◆

       脱北者定住に「反対」の声をあげ、決行された渋谷デモ!

          OFF板でデモを立ち上げたゆき氏出演!!!

     打開策のない日朝関係について、数多の論客達と語り合う3時間!

       パネリスト:みや東亞 / Doronpa / 天国太平 / ゆみこ
           奈々 / 鳥光利昌 / ゆき / Ian Bakansu

               司会:河内屋蒼湖堂

        ◆ 番組ネット視聴  ↓ 7月2日以降視聴可能 ◆

◇◇◇ http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=398 ◇◇◇

いよいよ明日だよ!  ( ・∀・)っ旦~ 観て〜!!!  http://tk01050.sakura.ne.jp/

102 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 16:31:33 ID:WPxeQcvX
>>87
私はマンションの3階に住んでいるけど、マンションの入り口まで取りに降りるよ。
面倒だけどそれぐらい用心しないと。

103 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 17:13:28 ID:edDNJNF8
怖いというわけではないけど、訪問販売のセールスも
気をつけないとな。
布団の訪問販売は、開口一番「近くに来たものなんですが、
挨拶にお伺いしたんですが」といかにも引っ越してきた際の
挨拶を装ったりしてドアを開けさせようとするから。
こういう輩が跋扈するのは地域のコミュニティの崩壊が
原因だと思うね。
その元凶は竹中の改革。
こいつはインサイダー取引きで逮捕されてもらいたいよね。

みんなも、マンションやアパート住人の方は隣人の顔も
知らない人は多いと思うし、ましてや横のつながりで、悪徳訪問販売業者の手口を伝達しあうなんていうつながりは持ってないと思う。

犯罪者を生み出す原因が政府の側にある以上、僕達は政府に対してNOを言い続けるべきなんだろうね。

「三丁目の夕日」は内容自体はたいしたことないけど、
あの時代を撮ったというだけで、日本アカデミー賞を独占した。
こんな状況はおかしいと思わない?

104 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 17:53:32 ID:eHGK/q+F
昭和はよかった

105 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 17:57:19 ID:F076snoB
よみうりテレビ
激テレ金曜日で、この事件や昨今の少年犯罪の件
、死刑制度に関しての意見、マスゴミの有り様につい
て皆様の声を募集しております

言いたいことや怒りでも何でも構いません
メールしてみてください
FAXも受付してます
来週に発表するようですので

http://www.ytv.co.jp/gekitv/index_set.html



106 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 18:10:02 ID:m8RS7GLe
>>103
ほぼ同意。
>その元凶は竹中の改革。こいつはインサイダー取引きで逮捕されてもらいたいよね。
ここで唐突にでてきて、お前の個人的な思想が表れて興醒めしたがな。

107 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 18:48:04 ID:FCuz22Ld
>>106
悪徳商法なんかは、小泉政権前から有った支那

108 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 18:48:08 ID:oPOC89Hw
>犯罪者を生み出す原因が政府の側にある以上、僕達は政府に対してNOを言い続けるべきなんだろうね。
結局あなたは、少年犯罪が起きると「社会」を糾弾することで
自民党と小泉政権を批判する人権派と全く同じことを言ってるんだよね。
昭和に随分憧憬があるようだけれどその昭和に
コンクリ殺人事件・名古屋アベック殺人事件が昭和に怒ったことをどう説明するのかな。
昭和の時代にごく当たり前だった近所付き合いや町内会や自治会は
防犯面ではいいが、個人のプライバシー的にはどうかというとマイナス面もあった。
近所がお互いに顔見知りで親の職業や子どもの学校名まで情報を共有していることに
親が無職だったり、子どもが浪人だったりする世帯はいたたまれず
そんなこんなでストレスがたまって隣人を殺傷してしまう事件も起きていた。
そういう事件が起きると、マスコミは「『日本独特のムラ社会の閉塞感』が加害者を追い詰めた」と糾弾したもんだ。
今でもそうかな。秋田の事件でも犯人の鈴香のDQNさよりも秋田のムラ社会が糾弾されてる。

109 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 19:03:07 ID:noM37udY
>>108 言い分はわからなくもない。
ただ、親だけでなく学校の先生も手を上げただろうし、それを暴力だの体罰だのと
ひとくくりにしたりすることはなかったのだろうし、当たり前だった。
そこに愛情なりを感じられる子供が多かったのだとも思うし。
虐待死の有無は知らないけど、少なくとも今とは明らかに違う。
例外な事件はあったにしても、こんなに頻繁に、子供が家に火をつけるなどの
事件があったんだろうか・・・。

110 :朝まで名無しさん :2006/06/30(金) 19:09:04 ID:WPbmSLj+
>>109
幼女誘拐とか昔は「神隠し」で終わっちまったってのあるんじゃないかねぇ。

111 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 19:22:03 ID:U84iQAD/
>>110 笑いすぎで腹痛いよ。
本格的な競争社会となり、一億総中流意識が薄れるにつれて、犯罪が増加しまた残忍な犯行が目立つようになったのは確かだ。

112 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 19:32:47 ID:FCuz22Ld
>>108
鈴鹿を生み出したのは明らかに、田舎のムラ社会だ罠
あと山形のマット事件の背景も異端を排除するムラ社会だ罠

113 :朝まで名無しさん :2006/06/30(金) 19:37:28 ID:WPbmSLj+
>>111
>>110の書き込みをみて笑えるってのはいいことだと思う、いや皮肉とかじゃなく
マジで。
曽祖父が住職だったもんで聴かん方がよかったって話もいろいろ聞いちまったからなぁ。

114 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 20:04:11 ID:bb/3Cz7t
>>85
たしかに今回が初めてじゃないと考えた方が自然な気がする。
何度も強姦を繰り返して、ついに殺すに至ったってことじゃなかろうか。

115 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 20:05:42 ID:EteLjg7f
>>113
曾祖母が産婆でも、かなりきつい話を聞けるらしいぞ


116 :朝まで名無しさん :2006/06/30(金) 20:26:24 ID:WPbmSLj+
>>115
想像できそう・・・聞きたくね――――!!!

117 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 20:46:38 ID:FCuz22Ld
>>114
確かに、強姦は被害者が泣き寝入りする場合も有るからな。そう思うと、やはり
許せないね。

118 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 22:25:11 ID:/n9Bp3eP
地方の一部では、まだきつい話が現在進行形で聞ける場所が・・・

119 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 23:15:36 ID:oPOC89Hw
>>109
機会があったら戦前の新聞記事でも読んでみな。
今とは比較にならない格差社会で日本全体が貧しかったから
家族が団結してた?とんでもない。子が親を殺す、兄弟同士の殺し合いが
社会をにぎわしたのがわかるはず。
親による子殺しは少なかったけど、それは子どもは金になったからだ。
娘→遊郭に売り、現金化
息子→軍隊に入れてしまって仕送らせる・戦死したら遺族扶助金を受け取れる。
昔を美化したいだろうけれど、人間はそう変わらない生き物だというのがわかるだけ。

120 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 23:47:31 ID:Lcc2KxrL
>>114
拘置所から仲間宛に出した手紙の内容からすると典型的なDQNと言うかヤンキーと言うか
過去にレイプされた者がいるとしても、同じ穴の狢みたいな女が自業自得的にだと思うけどね。

121 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 00:12:46 ID:rM9R17qo
俺の死んだ婆さんが言ってたよ。
昔、ある家に障害児が生まれたが、暫くして、
母親には内緒で、親類の叔父さんに頼んで川に流してもらったって、。
ただの事故死という事で。
現代の様に育てられない環境だからかなあ、とか思っていたけど。
主に金銭面でさ。

あ、オカルト板でもいってこようw



122 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/07/01(土) 00:16:05 ID:Y5W4Yw5u
>>119
良いところを突いていると思うな。何故か、2chではそうした意見に
出会わなかったな。
昔は、子供による親殺しより、親による子供の私有化は酷かったな。

>親による子殺しは少なかったけど
それは、君も言っているように、現金収入の対象になる年代においてでは
なかっただろうか。
間引きと称する子殺しは、日常茶飯事で殺人のカウントにも入っていなかった
はずだ。近年は人権のもとに全てが犯罪とカウントされて、毎日犯罪だらけと
の風潮が有るが、実質は戦後、一貫して残酷な成人の犯罪も、少年の犯罪も
現象の一途を辿っている。しかし、不思議なことに、極悪な犯罪は増加して、
ことに少年の犯罪が異常だと、厳罰を求める兆候が顕著だ。

TVや新聞で、一つの犯罪を根掘り葉掘り、隣近所から親、兄弟、心理学者を
動員して、連綿と報道すれば、何時も極悪犯罪の列島と勘違いする国民が
溢れても不思議では無いだろう。
彼らは、それが商売で、そして何時も口癖のように、どうして毎日こうした
酷い犯罪ばかりが起こるのでしょうねと、無意識にしても、商売意識として
煽る言葉が常套だ。 ほんとに、日本のメディアは危ない。どうしようもないだろう。


123 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 00:44:15 ID:qdSNaQnU
福田、何故か「悔 し く て」日々、筋トレに励んでるんでしょ。
これで差し戻し判決が無期で仮出所でもした日にゃ、逆恨みして
本村さんに危害を加えに行かないか、心配・・・。

124 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 00:56:51 ID:JocUgxWy
本村さんよりも、手紙の相手がヤバイ気がする。

125 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 01:10:58 ID:l+whnGk6

鍛えて体重が増すと、首吊りの時に早く死んじゃうんだけどね。



126 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 01:20:16 ID:o6BzRRJE
首を鍛えて助かっちゃったりして・・・

日本の死刑、もっと確実な方法でお願いしたい!

127 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 01:23:44 ID:l+whnGk6
>>126
十分だろ?頸椎骨折方式で… 刑壇から生きて帰って来た奴は居ない筈だぞ。

128 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 01:25:29 ID:EEQ/Omd5
筋トレ設備が拘置所にあり
婦女殺害死姦犯がその設備を利用できる
ホラーだな。

129 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 01:27:05 ID:l+whnGk6
>>128
有り余った性欲を昇華する為かもな。

130 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 01:36:53 ID:EEQ/Omd5
凶器にもなるバーベルやダンベルを殺人犯に触らせるなんて
リスク管理がなってないだろ。

131 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 01:55:36 ID:o6BzRRJE
生身の女じゃなくていいなら自慰行為で十分じゃないの?
こんにゃく相手にでもやってなよ と思う。

やっぱりこの犯人は快楽殺人目的だよ。
人を殺した興奮で死姦に至ったんだと思う。
それでも足りなくて赤ちゃんまで殺したんだ。

132 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 02:01:01 ID:l+whnGk6
>>131
泣き声が邪魔だっただけだよ、経験あるだろ?

133 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 03:30:35 ID:OCUQzZHq
被害者は嘘の排水管点検で訪れた加害者を室内に入れてしまったのだろうか。
訪問販売や室内設備の点検などでどこのだれだかわからない人物が突然訪問してきた
場合ドアを開けないということを日頃、夫婦で話し合っていなかったのだろう。
記者会見では裁判に関することを賢そうに発言しているようにみえるがその賢そうな
人物には訪問者が来たときの対応について家族で話し合いすることができなかったの
である。

犯罪被害者に対する法の整備の不備について不平を言う前に自分が犯罪被害者に
ならないように夫婦で話合いをするべきだったのである。
裁判所側の言い分では「元はというとあんたの奥さんが知らない人が来て玄関
開けたのが問題なんだよ、なんで判決にクレーム付けられなきゃいけんけー」って
ことだよねえ。

私の住んでる場所では室内設備の点検の場合遅くても1ヶ月前に個別に通知があり
同時に掲示板にも同様の張り紙がある。被害者の団地では点検時は事前に通知が
ないようないい加減な団地なのだろうか。
水漏れなどの口実で訪問してきてもそれを疑いも無くドアを開けてしまうのは
振り込め詐偽で大金を振り込んでしまうのと同じことである。

この事件の被害者遺族はこの事件に巻き込まれていなかった場合今ごろテレビ番組は何を観ていた
のだろうか。この事件のことはあまり気にせずサッカーでも観て騒いでいるのか、それともこの事件の
ことを家族で話合っていたのだろうか。結果事件に巻き込まれたのであるから事件の話合いはほとんど
ないだろうと思うが。


134 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 03:36:51 ID:nINZCqiJ
にしても、子供を殺すのは…
こんな事言いたくないけどせめて、子供だけは…
母親殺して赤ちゃんまで…
奥さんの気持ちを考えると…怖かっただろうに辛かっただろうに
死んでからも手紙で侮辱されて…
福田も許せんが福田父はもっと許せん。
最近、テレビにちらほら出てるが他人事でいらいらする。

135 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 04:30:19 ID:YkRzIlZn
>>134
最近加害者の親よくテレビでるよね。
オレの考え古いけど世間に顔向けできないと思うんだが。

136 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 04:52:53 ID:oUtfbHHX
>>127
実は1例だけ生きて釈放されたケースがあります
明治時代だけど、死亡確認したあと蘇生してしまい、その時はまだそういうケースに
対する対応法がなく、1度死刑執行したのでもう一度執行が出来ずに釈放されました

もちろん今はロープが切れたり、万が一蘇生したとしても柔道の絞め技などで確実に
死刑を執行するのでこういったことは起こり得ません。
首を鍛えても体重を軽くしても、麻原のごとく空中浮揚が出来たとしてもw無駄です。

137 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 09:04:23 ID:f5fnorKB
age

138 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 09:13:44 ID:OkIY9KsN
死姦する人間なんか日本でもいるんだな〜
チョンならいざしらず・・・

139 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 10:27:37 ID:Zu5TLgg/
>>133
そうだね。
俺のところにも1ヶ月とは言わないけど2週間前には通知が来る。
火災報知機の点検は半年に1回はあるね。
その時間帯に不在の場合は管理者の鍵を使って入っても良いか確認があるし、どうしても入って欲しくなければ連絡すればいい。

飛び込みで部屋の中に入って点検させてくれなんて有り得ない。
あるとしたら、悪徳セールスマンの商法ぐらいだろうね。
いずれにしても無法備な面があったわけで、自分が弁護側だったら
交通事故と同様に過失の比率を持ち出して3割は入れた側にも
責任はあるなどといって争うと思う。

それから、話は変わるけど岡崎市の乳児虐待。
はっきりいって有り得ない事件だよ。親が子を育てるというのは
本能として備わっているはずなのに、夜泣きがうるさいって・・・。
普通の家庭は共働きでも時間帯を決めて夜通し、世話をする体制を
整えているはずなんだけどね。



140 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 11:33:07 ID:loJPcOil
他の掲示板で見つけた物ですが、

【裁判】「遺族の感情にとらわれた判断は危うい」 6/22
北海道新聞社説
母子殺害事件で最高裁は、二審の無期懲役判決を破棄し、審理を広島高裁に
差し戻した。
犯行時18歳未満の少年には少年法で死刑を科さないが、被告は18歳を1ヶ
月超えただけだった。それなりに反省の情を見せている被告に対し、更生の
可能性より、悪質性や遺族の感情を重視した。死刑を科せるぎりぎりの年齢
の上に殺害数は二人であり、異例の踏み込んだ判決と言える。

判決が示した遺族への配慮と、年齢より犯行の悪質性を重くみる視点は、今後の少年事件の裁判に影響を与えるのではないか。
愛する家族を理不尽な暴力で失った遺族の怒りは理解できる。ただ、遺族の感情をストレートに量刑に反映することには危うさも感じられる。
被告は中学時代に実母が自殺し、実父が年若い外国人女性と再婚して事件の3ヶ月前に弟が生まれるなど不安定な家庭に育った。一、二審とも「内面が未成熟。更生の可能性がないとは言えない」「殺害に計画性はなかった」として無期懲役を言い渡した。
(以下略)
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?j=0032

この社説を読んで感じたんですが、人二人の命って「それなりに反省」に反省
すれば死刑が無期んになるぐらい軽い物なんですかね。
やはり、死だ者は生き返らないから、生きているのもが優先されるんですかね。

141 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 11:59:05 ID:4k7DOQ16 ?
この社説ねえ。
馬鹿が書いたんだろうな。
よく上司が掲載を許したな。
それなりにだもんね。読んだ時は唖然としたよ。さすが流刑地の新聞で犯罪者にはやさしいや。
自分の性欲で犯した罪なのに、家庭環境は関係ないでしょ。
それとも親父は外国人妻とのSEXを福田に見せ付け、女はいいぞおと吹き込んでいたのか。

142 :133:2006/07/01(土) 12:10:43 ID:OCUQzZHq
>>139
今回の事件は、警察や裁判所、弁護士側から考えた場合被害者側にほとんど
10割の落ち度があったということである。
例えば最近千葉県の観光施設の駐車場で1、2歳の子供が観光バスに轢かれて
死亡したがこれも駐車場で子供の手を握っていなかった親にほとんど責任が
あるだろう。携帯電話を操作しながら前を見ないで歩いている考えが10割
正しい世の中で、そのような親は自分の子供の手よりも携帯電話を握っているのである。



143 :140です:2006/07/01(土) 12:21:40 ID:loJPcOil
>141
>それなりにだもんね。
そうなんです。それにこの犯人、裁判の当初は、友人に書いた手紙から反省して
いなかった事は明白で、たとえもし今は反省しているとしても、今の「死刑
目前にちらついた」状態になって反省している訳ですから、無期懲役では反
省しなかったと思うし、今は「生きて罪を償いたい」と言っているそうですが具
体的にどう償うのか出てないのに、それを反省と評価して良いのかも疑問です。


144 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/01(土) 12:29:35 ID:OKUmDNdI
あの弁護士が公開した作文を読んで、この加害者が反省してるとは思えないけどな。
アレが反省した、罪を自覚し始めたとゆ〜なら当初の言動がいかにひどかったかって話し。
いずれにしても被害者の命は戻ってこない。


145 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 12:37:52 ID:FDTngVHy
手紙を見る限り7年も拘束されてもなお反省の色は見えません。
更生する確立は低いと思います。こんな犯罪者を税金で飼う必要がありますか?
判例を作り、死をもって償って 少しは世の中の役に立つのでは?

146 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 12:40:50 ID:l+whnGk6
>>144
文章表現が稚拙で、気持ちを表せないってことも考えられる。

147 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/01(土) 12:43:33 ID:OKUmDNdI
>>146
そうかな?
オレはあの作文を読んで文章の稚拙さよりも本人の意識の表れとして
反省の認識が読み取れなかった。その辺はテレビで心理学者が「自己顕示欲」
みたいな評価をしたのは、あながち間違いでもないと感じただ。


148 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 12:46:30 ID:FDTngVHy
あの手紙なら書かない方がましだったかもよ

149 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 12:51:44 ID:f5fnorKB
「接し方、間違っていた」 高1長男の父親、関係者に

 奈良県田原本町の医師宅火災で、高校1年の長男(16)=放火と殺人容疑で逮捕=の父親(47)が「責任を痛感している。接し方が根本的に間違っていた」と長男の弁護人に話していることが1日、分かった。
 また父親は同日までに長男が通う中高一貫教育の私立校にも「責任はすべて自分にある」と謝罪し、退学届を提出していたことも判明。学校側は「本人の意思が確認できない」として保留している。
 田原本署捜査本部もこれらの事実を把握、関係者から詳しく事情を聴いている。
(共同通信) - 7月1日11時23分更新



どこかの父親とはえらい違いだな。

150 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 12:51:54 ID:zeV9bETo
母親の自殺という重大な心理的影響を及ぼした事実が
白日のもとに出ただけでも大きい。

ここの住人は、子を持つ親だから本村氏の気持ちがわかるというが、
じゃあ、母親が自殺した少年の気持ちになれるのか?
と聞かれるとそういう体験者はおそらくいないだろう。

その辺り、バランス感覚を持って考えてもらいたい。
奈良の放火少年も、産みの母親、妹との別れが大きな
影響を及ぼしていたのは間違いないわけだからね。


151 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 12:53:16 ID:zeV9bETo
>>149
接し方の問題じゃない。
離婚が全て。というか親権を母親に渡して母親と一緒に
すべきだったんだよ。

152 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 12:54:40 ID:f5fnorKB
>>151 いやいや、あとの対応がね。

153 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/01(土) 12:59:27 ID:OKUmDNdI
>>150
オレは何度か関連スレでも話しているが、被害者はその加害者とは
何らの因果関係も有していない。つまり、殺される理由がないワケだ。
犯人の不幸な生い立ちは被害者には全く関係ない。


154 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 13:05:05 ID:l+whnGk6
>>147
前の「友人への手紙」も然りだが、被告は己の心情を文章化する能力が著しく劣るのじゃないかな?
だから、これをもって「反省の念がない」とするのは乱暴だろう。
>>148 もっともだよ。

155 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/01(土) 13:10:11 ID:OKUmDNdI
>>154
いや、表現の問題じゃないと思う。
どんな稚拙な表現でも上手なレトリックを用いた文章でも
書いた人物の人間性がそこに出るモノだ。


156 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 13:23:14 ID:zeV9bETo
>>155
こりゃまた抽象的な物言いだな。
具体例を示してもらわんと納得できんぞ?

157 :朝まで名無しさん :2006/07/01(土) 13:29:12 ID:qzhPoQ4j
被害者の感情に左右されちゃいけないなら
加害者の懺悔・謝罪の感情も無視しにゃならんってことかいな?

158 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/01(土) 13:29:53 ID:OKUmDNdI
謝罪の意志がある人間が、殺害した相手やその遺族を「君」と呼ぶか?
文章が稚拙かどうかって話しじゃない。


159 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 13:35:19 ID:l+whnGk6
>>158
そこがほら、ありゃ馬鹿だからさぁ。

160 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/01(土) 13:38:32 ID:OKUmDNdI
謝罪に手紙、コレが事実なんじゃね〜の?
オレが稚拙であるかどうかを理由に反省の念を表現できていない
って意見に同調できない理由もコレ。

>一部で報道されたようですが、謝罪の手紙も第一稿は
>弁護団にダメ出しをされ書き直したそうです。
>「マスコミにリークして報道させるというのは誰のどのような意図」
>とモトケンさんがコメントされているように、加害者本人ではなく
>その加害者に入れ知恵をしている人間はいるのかもしれません。
>http://www.yabelab.net/blog/2006/06/23-012139.php

161 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 14:05:04 ID:FDTngVHy
>154
乱暴じゃないよ。
乱暴なのは加害者とその弁護士だ。
よくもこの作文を遺族に渡したと思うよ。

162 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 14:20:54 ID:zeV9bETo
>>160
それを言ったら、検察の調書にしても残虐性を際立たせるために
色をつけている部分もあるわけで、裁判でより有利に戦えるような
表現がまったく許されないということで、いささか硬直化しないか?

問題は謝罪の意思の有無であり、弁護側がその表現では
伝わらないおそれがあるということで、書き直させるのは
有りだと思うんだけど。

163 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 14:27:00 ID:FDTngVHy
>>162
弁護士の添削が入ったとしてもあの文章じゃどうしようもないよね。
私が弁護士だったらあの手紙を外に出さないよ。不利な材料だもん

164 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 14:53:56 ID:bKx73Wyv
弁護士にダメ出しされた第一稿とやらを読んでみたい。
案外、アレよりマシだったりして。w
づらづらと、自分のご不幸な生い立ちを並べ立てて
同情買おうとしたのは、弁護士の入れ知恵だったのかもな。



165 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 15:16:42 ID:zeV9bETo
そうだよ。
本当の謝罪は、何も言わずにただ涙を流して頭を垂れるんじゃないかな。

166 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 16:04:48 ID:9dguTNXX
謝罪文の結びが
私は本村氏を愛します。
だろ?
稚拙とかいうより、もうわけがわからん。
福田から愛していると言われて、本村氏が喜ぶとでも思ったんだろうか???

167 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 16:29:37 ID:FDTngVHy
でも、一見反省しているように見えたり
更生しそうに見えても、この前の美人姉妹を殺した男みたいに
「母親を殺した時のことが忘れられなくて」なんて繰り返すんだよね。
少年が更生するなんて夢物語なんじゃないの?

168 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 16:34:32 ID:loJPcOil
>>114
文章が稚拙でも、謝罪の意思は伝わると思います。
例としては、幼い子供でも謝罪の意思は伝わりますし、逆に様々な謝罪会見
で、いい大人が謝っていても、言い訳をしに出てきただけの場合まったく謝
罪の意思は伝わってきませんよ。

169 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 17:00:07 ID:AIQVsdEA
未だに「ママに甘えたかった」とか「チョウチョ結び」とかいってるヤツが反省してるわけないやん。

170 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/01(土) 17:39:55 ID:5PdCcj+M
>>162
>検察の調書にしても残虐性を際立たせるために
>色をつけている部分もあるわけで、
具体的にどの部分?

>裁判でより有利に戦えるような
>表現がまったく許されないということで、いささか硬直化しないか?
別にそんなコトは逝っていないが。
まず、最高裁の判断は「反省の念があったこと」を根拠とした弁護側の見解を退けている。
コレが一つ。もう一つは検察側が提出した資料(友人へ宛てた手紙)から遺族へ宛てた
手紙の変遷に関して、最高裁も死刑回避の法廷戦術であると当然認識しており、悔悟の情
と見なして良いかどうかの判断は避けている。


171 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/01(土) 17:45:06 ID:5PdCcj+M
現状の段階で弁護側が取っている戦術としては、大きく分けてふたつ。
・一つは悔悟の念を述べる手紙を証拠資料として用いて
 加害者の更正の可能性を示唆すること
・もう一つは傷害致死に持ち込んで、2名の殺人の重大さを緩和させる方法。

いずれにせよ、現段階までの弁護側の言い分は最高裁が退けている。
今後は弁護側が新たな証拠資料をもって弁護しない限り加害者の死刑は免れない。


172 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 17:57:06 ID:l+whnGk6
>>171
最高裁で差戻し判決がくだった事は誰でも知っているよ。それを言ったらスレッドの意味はないさ。
だから、この場は最高裁(或いは1審2審)で光のあたらなかった部分を論議しようって事でさぁ、なにも大上段に構えなくてもイイと思うね。
自由に色々と言い合えばイイんじゃないの?

173 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/01(土) 18:01:20 ID:5PdCcj+M
>>172
そうか?
このスレを見ていると最高裁の判断の理由を誤解してると思われるフシがある
レスを時々見かけるのでな。念のため確認できる事実関係は押さえておくって
意味だ。「自由に言い合う」のは構わないが、事実認識の誤解があっては困る。


174 :朝まで名無しさん :2006/07/01(土) 18:21:01 ID:9ejd7Zsb
刑は犯した犯罪に対するものだから、犯行時に風邪をひいていたとか
前の週に車を買っただとか、層化だとか信女だとか、産経取ってよう
が、反省してようが開き直ろうが   一切関係  ねえんだ よ

175 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 18:22:58 ID:3TfHyHVj

現在、日本にいる在日は戦後に不法入国して住み着いちゃった連中ですよ。

      , -―-、、      , -―-、、
      /   ∧_∧    /   ∧_∧
      l   < `Д´ >   l  <丶`∀´>
      ヽ、_ フづと)'    ヽ、_ フづと)'
        人  Yノ      人  Yノ
        レ〈_フ      レ〈_フ 
 日本のほうが楽できるニダ。  さっさと移住するニダ。


176 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 18:31:57 ID:l+whnGk6
>>174 みたいに犯行(犯罪)の裏側を見ようとしない人物は、ヘッドラインニュースだけで世の中を知ればいいさ。
土台、>>174 の言い分は議論板に不向きな価値観だし、無理してレスしないでイイぜ。消えろや。

177 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 18:39:18 ID:iTOXC87X
>>174
その通りである
反省やその時の状況でことが左右するなら交通違反の反則金もなくなるわな

178 :朝まで名無しさん :2006/07/01(土) 18:43:45 ID:aaff8p8k
弁護側、或いは検察側の主張を嫌うあまり
妄想のレベルに達するような仮定や曲解・こじ付け・屁理屈で
応酬し合うのは避けたいものだ。

179 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 18:47:06 ID:R5Tcbzk5
>>174
裁判は
1,事実の認定と
2,その認定された事実の評価
に分けられる。(1)はおっしゃるとおりだが、(2)は異なる。

180 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 18:48:02 ID:ZQLwMnb1
>>177
交通違反は裁判所を通さずに現場判断で即座に刑が確定するような特殊な犯罪なので、比較の対象にならない。
しかし、取り締まりの内容に不服を申し立てて正当性が認められれば反則金を払わずに済んだり返還される事もある。

181 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 18:53:23 ID:l+whnGk6

まぁ>>177 の如く道路交通法と刑法の区別がつかない人がいたりして、このスレも大賑わいだわな。

182 :朝まで名無しさん :2006/07/01(土) 19:01:40 ID:qe/lXim7
わざわざ人を貶したり蔑む為に皮肉ったりは、人となりが現れすぎて
これも議論と縁の無い空気になりますな。

183 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 19:08:14 ID:l+whnGk6
>>182 これはこれは。
議論の必要なしとおっしゃる方とは思えぬご発言、痛み入ります。
君は、判決文の主文しか要らないんだろ?

184 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 19:09:14 ID:DNqE7XWe
どうも議論の争点が見えないな
あえてそらしているのかもしれないが

185 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 19:12:02 ID:09eDdLyf
死刑以外にありえないのに、いつまで議論するんだ?

おれが、遺族で犯人が出獄するようなことがあれば、自分が破滅してでも
犯人を八つ裂きにする。
死刑に異論のある人間は、そういう2次殺人を楽しむ輩なのだろう。
本当の人でなしは、そんな連中かも知れないな。


186 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 19:23:56 ID:l+whnGk6
>>185
仇討ちが認められていた幕藩体制下でも、仇討ちの志が三年と「もたなかった」とどこかで聞いたよ。
そこからすれば、言うだけとは言え七年、本村の執念は凄いよ。
もっとも今回のケースじゃ当時じゃ「正式な仇」とは認められないけどね。

187 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 19:24:45 ID:pqTy2sB1
なんちゅうか、反省してない奴を死刑にしても
しょうがねぇからな



188 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/01(土) 19:29:37 ID:5PdCcj+M
>>186
弟を殺された被害者遺族の兄さんは
死刑には反対しつつも加害者を許すことは一生できないと逝ってたよ。


189 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 19:32:58 ID:09eDdLyf
>>187
心から反省して、再犯の可能性の見られないものは死刑で、
反省の色もなく、ムショでものうのうと楽しんでるやつは
司会にしない。と、こういうわけですか。ご立派。
カウンセリングを受けた方がいいんじゃないか?


190 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 19:33:44 ID:l+whnGk6
>>188
そのお兄さんの発言のニュアンスと、様々の本村発言とは違うのじゃないかな?
「許せない」と「殺す」は同義じゃないでしょ?

191 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 19:36:38 ID:09eDdLyf
身内を理不尽に殺されて、犯人に殺意を抱かない人間の気が知れない。


192 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/01(土) 19:37:38 ID:5PdCcj+M
>>190
まあ、立場の違いやニュアンスの違いはあるかも知れない。
共通するのは「許せない」というところ。
違いはそれが「殺す」とゆ〜意識に逝くかどうかの違い。
考え方や価値観は人それぞれだから違いが出るんだろうけど。


193 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 19:37:47 ID:pqTy2sB1
反省しないようなのは人じゃなくて畜生。
反省して真人間となってから初めて刑をうけさせるのが理想
って言っての

じゃ反省したら罪は消えるのかい?

194 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 20:00:11 ID:Cds3xVk9
>>140
拝読しました。書いてる人間は凄い差別主義者ですね。読んでいて気持ち悪く
成ります。

>被告は中学時代に実母が自殺し、実父が年若い外国人女性と再婚して
>事件の3ヶ月前に弟が生まれるなど不安定な家庭に育った。

父子や母子家庭で育った人は犯罪者予備軍なんですね
再婚した家庭で育った人は犯罪者予備軍なんですね
国際結婚した家庭で育った人は犯罪者予備軍なんですね
異母兄弟が居る家庭で育った人は犯罪者予備軍なんですね

195 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 20:27:21 ID:loJPcOil
>>186
江戸時代の敵討ちは、あだ討ちを申し出た人間が自力で探し出さす制度でし
たしから、現状と状態と比べるには違いが無理があると思います。

>>194
140ですが、私がこれを初めて呼んだ掲示板では死刑反対派スレの一番頭
にありました。

196 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 21:04:41 ID:EEQ/Omd5
「ママに甘えたかった」奴がガムテと紐を携帯した理由について
安田に説明してほしいね。

197 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/01(土) 21:07:25 ID:5PdCcj+M
江戸の仇討ちは制度としてはあったが、結構狭き門だったって話しは聞いたことがある。
また、相手を捜し当てても返り討ちに遭うコトも少なくなく凄くリスキーだったようだ。


198 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 21:12:51 ID:ZnH5gaJN
Blog とりあえず

------------------------------------------------------------
日本がすでに死刑廃止国であれば、彼は公正な裁きを求めつつも、最終的な埋め合わせが不可能であることを知り、新たな人生を歩んでいたものと思います。

そのことは、亡くなった方自身も望んでおられたことではないでしょうか。

本村さんは、ご家族を失っただけではなく、その後の幸せもまた失わざるを得なかった。

その上、死刑存置論者たちは、本村さんを神格化するあまり、生身の人間としての彼が新たな人生を歩むことを妨害する結果になったかもしれません。
------------------------------------------------------------

http://luxemburg.exblog.jp/3680966#3680966_1

199 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/01(土) 21:16:48 ID:5PdCcj+M
亡くなった人が何を望んでいるかは分からない。
誰にも。



200 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 21:24:49 ID:CC+kAkMc
それを代弁する権利は家族にあると思う。

201 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 21:33:47 ID:EEQ/Omd5
武士は刀を身に帯びていたが、白刃を抜くときというのは相手も自分も殺すリスクを負っていた。
抜いた以上は相手を殺すか殺されるか、残された家族は仇になるか仇持ちになるかだったから
滅多なことでは武士は刀を抜かなかった。
仇を持った武家の家は、仇を探し仇を討つまでは、閉門蟄居・改易・良くて謹慎
だから親族を殺された武士は一族郎党から腕利きが集まり、仇を討つしかなかった。
一族の男が何年も家を空けた状態になるので、仇を持った家は妻子が辛酸を舐めた。
殺された上に仇を討つまでは国にも帰れず国許の妻子は辛酸を舐めてるので
『仇持ち』になった武士は死に物狂いで仇を探したらしい。
それでも仇が見つからない時は国許に帰れず四散して都会で浪人になって生きるしかなかった。
町人vs町人の時は敵討ちが正式に認められていなかったが
それでも仇を討つ町人はいて、そういう場合はご法度を犯したので捕縛されるが
概ね『前後の事情でお構いなし』として無罪放免される場合が多かったらしい。

202 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 22:11:35 ID:1srfGCuj
死刑廃止論者を死刑にしてほしいと思うの俺だけ?

203 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 22:18:07 ID:l+whnGk6
>>202
人口が半減しちまうよ!
誰か資料を持っているだろうから、upしてあげたら?

204 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/01(土) 22:22:14 ID:5PdCcj+M
>>203
死刑制度に関する調査(内閣府大臣官房政府広報室 世論調査報告書 平成16年12月)

「どんな場合でも死刑は廃止すべきである」と答えた者の割合が6.0%,
「場合によっては死刑もやむを得ない」と答えた者の割合が81.4%となっている。
なお,「わからない・一概に言えない」と答えた者の割合が12.5%となっている。

http://www8.cao.go.jp/survey/h16/h16-houseido/2-2.html

205 :朝まで名無しさん :2006/07/01(土) 22:39:02 ID:GvxqPBDC
>>202-203の流れに思わずワロス

206 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 23:16:03 ID:iN9G8+mm
人は死刑は酷いと思うけど、
人でなしなら、死刑でいいよ。
だって、誰かが始末しないといけないやん。

207 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 23:19:14 ID:NiZZRasD
戦国時代
http://hobby8.2ch.net/sengoku/

208 :とにかく死刑:2006/07/01(土) 23:25:37 ID:v3G29CAo
このバカの親父がテレビのインタビューに答えていたが、母子に対する謝罪の
言葉は一切なし、今を見て欲しいとかバカ発言をしていた、この親父も一緒に
死刑にして欲しいほど・・

209 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 23:39:10 ID:loJPcOil
>208
昼ワイドのインタビューを見ましたけど、息子の事を「罪を憎んで人
を憎まず。と言う言葉有がるんだから、許してやって欲しい。」と言
っていましたが、この言葉は加害者側の親近者が言っちゃ駄目でしょ
うとテレビに突っ込んでしました。

210 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 23:47:04 ID:iN9G8+mm
人じゃ無くって、人の形をした動物っていうのなら、
きちんと檻の中に入れて置くべき。
もしかしたら、自分も同じ様な事をしてしまったかも知れないとか、
擁護する人もいてるけど。
しなかった人と、してしまった人でなしとは関係ない。
似てるとは思わない。


211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 23:58:23 ID:7hj6FDbi
>>208-209
どーしようもない親のセリフだったけど、
鵜呑みはどうかと。
テレビの編集とかって怖いからねぇ。


まぁ死刑になって当然だろうな。

212 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/02(日) 00:08:37 ID:MhaC4tVG
そうだな。
メディアの取材は結構ひどいからな。
秋田の報道もどうかと思うし。


213 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 00:10:58 ID:YBfhH22B
>211
マスコミはフィルターかけるっつーか一歩退いて見なきゃなぁ。
しかし、仮に誘導されたとしてもあの台詞は・・

214 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 00:16:32 ID:7pzVhnTk
どうしようもない鬼畜犯人をかばう人間が
この世に一人くらいいたってよいと思う。
それがたとえ、遅れてきた父親であったとしても。

いやね、俺も、あの犯行態様みれば、死刑以外にありえない
絶対に死刑にすべきだと思うが、
一人くらい味方する人間がいてもいいじゃないか。
どうせ死ぬんだから。

犯人が、死刑直前に、おやじありがとう。そう言ってあの世に旅立って欲しい。

215 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 00:18:27 ID:VHctD1lK
福田に面会に行った僧侶とか見てると
「死姦赤子殺人者にも『人間性』を見出せる俺って最強」
こんな風に思ってるんじゃないかと。
こういう奴らにとっては福田の死刑を願うことは俗人に思えてしかたないんだろう。
福田を死刑にして欲しいのは本村さんの味方をするためというより
未成年だった福田の事件に触発されて「セックスしたくなったらヨソの女房襲おうぜ。
逆らわれたら死姦しちまえ。どうせ処刑にはならないからよ」っていうのがDQNの常識になってほしくないからだ。
仕事から帰ったら死姦された女房の足が押入れがつき出てるのを見て
叩きつけられて顔が潰れたわが子の死体を天袋で発見するなど、俺は絶対に嫌だからな。

216 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 00:19:08 ID:YBfhH22B
死刑と言う判決受けてようやく人らしくなれるなんて哀しい事やね。

217 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 00:26:18 ID:7pzVhnTk
俺は、死刑制度賛成で本件でも加害者は死刑相当だと思う。
但し、死刑は、この様な異常性犯罪に対する犯罪抑止効果は極めて薄いと思う。

死刑に犯罪抑止効果があるとすれば、
それは、強盗や身代金誘拐など金銭欲に関わる犯罪。
一方、性犯罪において死刑は犯罪抑止効果は極めて薄いと思う。

このような性犯罪においては、死刑は専ら
被害者の報復感情を満足させるために存置すべきだと思う。



218 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 00:28:56 ID:VHctD1lK
>但し、死刑は、この様な異常性犯罪に対する犯罪抑止効果は極めて薄いと思う。
なぜそう思うのかも書いてくれないと。
俺は、少年犯罪が減少どころが増加してるのは
薔薇を基点に世間に「殺人しても少年なら死刑はない」を
世間の餓鬼共が学習した結果だと思うので
死姦殺人した福田は処刑にして欲しいね。

219 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 00:47:55 ID:0Ytu2GzS
>>218
薔薇以来云々は賛成できない。
俺は、本格的競争社会化した結果、若年層が壊れてきている為に少年犯罪も増加している、と理解している。
勿論、壊れてきているのは親の世代も同じだが。

220 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 00:55:05 ID:VHctD1lK
>本格的競争社会化した結果
日本はず〜っと競争化社会だよ。
身分がキッチリ決まった封権社会の江戸時代でも
貧農の息子でも読み書きそろばんが出来れば、商家の丁稚から番頭になり
暖簾分けで独立して商家の主になり、金を貯めて侍株を買い武士になれた。
名門武士の家に生まれても、体や頭が弱かったり遊び人だったりすると
廃嫡されて武士の家から出されて浪人や無宿人になることもあった。
日本が競争社会になったのは自民=小泉のせい、にするのは無理があり杉。w


221 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/02(日) 01:06:53 ID:MhaC4tVG
>>220
219が逝ってるのは格差社会のコトじゃねえの?
以前は中間層が社会のボリュームで、特別なことをしなくても普通にしていれば
中間層すなわち中流として生きて逝けた。だが、昨今は格差が広がっていて
下手をすればリストラに遭うとか、ドロップアウトしやすい社会になってるって
意味では219のゆ〜話しは理解できる。


222 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 01:12:24 ID:VHctD1lK
>>221
高度経済成長期に一流企業に勤めて賞罰なしで減私奉公してれば年功序列で給与は上がり
定年まで安泰っていう図式が今は過去の遺物なのは同意。
大企業社員でもリストラが当たり前の時代になったのは認めるよ。
社民党が政権を取っていた頃もリストラに遭い、人生設計に狂いが生じて
自殺してしまった中流の人間は大勢いる。


223 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 01:13:06 ID:0Ytu2GzS
>>220
言ってる事は、概ね正しいね。
しかし、江戸時代の人情はどこ行っちまったんだい?
かつてはねぇ、隣町の何々が安いから…なんてんで、足のばしてそっちで買ったりすりゃ、大野暮扱いで友達にもして貰えなかったんだよ。
競争社会と言っちゃ悪けりゃ、本来の資本主義と言い換えてもいいんだぜ。
よく周りを見てからレスしなよ、坊や。

224 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 01:19:46 ID:VHctD1lK
なぜ、まじめに一生懸命働けば定年まで安泰という方程式が崩れたのか
それは産業の空洞化が招いたんじゃないか。
人件費が安く製品が作れるようになって日本の主企業は工場をどんどん海外移転した。
国内の工場は人員整理して日本人従業員から仕事を奪い、外国に新しく工場を建て現地人を雇用した。
それが 経 済 大 国 日 本の 世 界 への 貢 献 だと奨励された。
減私奉公しても、ある日突然「いらない」と言われればそれまで
こういうことが続いて日本の経済をささえた人たちから勤労意欲を奪ってしまった。
経済大国日本が世界へ貢献しようとした結果、世界のお財布だった日本の経済力が低下して
勤勉な日本人は「格差社会」に怨念をぶつけるようになっちまった。皮肉だな。

225 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 01:22:33 ID:VHctD1lK
>>223
>しかし、江戸時代の人情はどこ行っちまったんだい?
日本の村社会は害悪、日本独特の村社会は弊害
個人主義マンセー!
これを奨励してきた奴らに限って
「昔の日本は」と美化するのが笑えるね。

226 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 01:24:19 ID:0Ytu2GzS
>>224
格差社会ね、>>221も指摘の格差社会。
これだね。経済の爛熟化が人心の荒廃を招いた。そう言おう、

227 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 01:26:32 ID:0Ytu2GzS
>>225
俺は>>225 の指摘する発言はどこにもしていないが。


228 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/02(日) 01:29:21 ID:MhaC4tVG
>>224
>それは産業の空洞化が招いたんじゃないか。
いや、バブル経済だろ。


229 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 01:39:04 ID:VHctD1lK
ID:0Ytu2GzS
>競争社会と言っちゃ悪けりゃ、本来の資本主義と言い換えてもいい
>経済の爛熟化が人心の荒廃を招いた
資本主義の対極にある共産主義の国がどうなったか世界中が知ってるよ。
人心の荒廃は資本主義国の非ではないこともね。
悪だと痛罵した資本主義国に依存しなければやっていけない惨めな状態を
直視したくないから、福田の事件を利用して資本主義を罵ってるんだな。



230 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 02:03:00 ID:0Ytu2GzS
>>229
君の脳内は1と0しかないのか?まさに笑止千万。
パーソナルな事情を言えば、俺は資本主義のおかげで潤っているよ。
なぜそう硬直化した考えなのかなぁ?>>229の発言は、まったく理解できないね。
まぁ、考えだからイイけどさ! 格差社会が犯罪増加の原因の1つだぐらい、米国に行けばわかるだろ?行かなくてもTV見てりゃ自明の理だよ。
なにやってるんだい?あんた、普段は…
恥ずかしくないのかね?その死後硬直したかの様なモノの考え方がよ。

231 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 02:22:52 ID:VHctD1lK
格差社会のない国家がこの世にあるらしいw

232 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 02:31:30 ID:0Ytu2GzS
>>231
笑っていないで、犯罪増加の要因を述べてみなって。
いいんだよ、若いときゃぁ思い込みも有りさ。なんとも思わないから、議論を戻して「犯罪」なかんづく「少年犯罪」の増加原因を分析してみなよ。
それやらなきゃ、スレが腐るぜ。

233 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 02:40:16 ID:VHctD1lK
格差社会のない国家が地球上に一つはあるとしたら
男がある日「セックスがしたくなった」なら
ガムテに紐を携帯して団地を徘徊する必要もなく
すぐに相手が見つかってどんなプレイもやりたいだけやれるのかな。
だったら行って見たいね。

234 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 02:50:26 ID:0Ytu2GzS
>>233
そぉいう憎まれ口ではなく、きちんと分析してみなよ。
あのさぁ、ここに君がレスしているのは何の為なんだい?
少しでも見識を拡げて、自らを高める努力も必要なのじゃないかね?
資本主義の反語が、単純に共産主義でいいんかい?笑われるぞ。
いい加減にしろよ。

235 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 02:58:04 ID:VHctD1lK
>0Ytu2GzS
@格差社会のない国家(地球上限定)の具体名とその国家の少年犯罪率のデーター
A格差社会が存在する国家の具体名とその国家に格差社会が『存在しない』時代の年代と
それぞれの少年犯罪率

もちろん、データーを持ってるよね?

236 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 03:07:05 ID:0Ytu2GzS
>>235
無いよ。
逆に聞くけど、じゃ何故犯罪が増えているのかな?
オマエ、もうレスらない方がイイかもよ(爆笑)執着しすぎ!
7年やってるか?(笑)
けど、負けず嫌いは発達の印でもあるからな!まぁ、怪我しない程度に頑張りんさいよ(笑)

237 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 03:20:30 ID:VHctD1lK
福田の性欲による犯罪を「格差社会」に隠してしまおうと必死なようだけど
格差社会が少年犯罪増加の原因と糾弾する以上、
格差社会がない時代(国)には少年犯罪がないことをデーター提示して
説明する手間をかけなきゃダメだよ。

238 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 03:34:09 ID:0Ytu2GzS
>>237
「隠したり」「糾弾したり」してないさ。自分の思い込みに引き込むなよ。
大体にして「性欲」だけが福田の犯行の要因か否かだって霧の中さ。
もっと裏を読めよ。
オマエ、ビル横の電光ニュースしか読まないのかよ? もう少し被害者・加害者の関係も勘案してさぁ、差戻し判決から数日たっているんだし… 光の当て方を変えてみなよ。

239 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 03:50:26 ID:VHctD1lK
福田が「セックスがしたい」ので本村さんの奥さんを死姦したことと
格差社会の関連についてID:0Ytu2GzSの絞殺が聞きたいね。

240 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 03:53:14 ID:0Ytu2GzS
ハイハイ、もう寝るからまた明日ね。

241 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 04:00:30 ID:VHctD1lK
>もっと裏を読めよ。
・福田は弥生さんの財布盗んでるから「金」も欲しかった
・抵抗してない赤ちゃんを殺してるから「赤ちゃん殺し」もやってみたかった
・「セックスがしたくなった」らレイプしてたので、ガムテープと紐は常時携帯している
・団地を徘徊してたまたたドアを開けてくれたのが弥生さんだと言うが
 同じ団地なので、実は前から目をつけていた
・前に訪ねた家では「水質検査職員です」と言ってら不審がられてドアが開かなかったので
 弥生さんには「同じ社宅の福田の息子です」と言った

 

242 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 04:48:37 ID:tvIFliyL
少年犯罪の増加について
格差よりは、子供が入手できる情報量の問題ではないかと。
ありとあらゆる情報が手軽に入手できるようになり、
知識量だけが、肥大した子供が多くなったように思われる。
しかも大抵が悪い方向の情報ばかりね。
もちろん少年法の情報もね。
あえて社会の責任を問うならば、倫理的な事を子供に教える場が日本に無いこと。
どんな法を用意しても、かならず抜け穴はあるが、その抜け穴を
悪用しないという考えを持つように教育しないといけないってことだと思う。

だが、そんな事は、本当に遠因でしかない。
これを教訓に社会ではどうしていこうっていう方向の議論であって、
それらを理由に、犯人の罪の軽減理由とかにしてはいけないのではないだろうか?


243 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 07:30:13 ID:YBfhH22B
しかしここで死刑反対唱えてる人って、法改正に向けて議員等に陳情したら?とか
どんな働きかけしてる?とか訊いたり匂わせたりすると黙りこくるのは何故?


244 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 07:41:10 ID:TYhFT8+o
思うんだが、福田って、少年法を誤解してたろ?
少年だから死刑にならないって思い込んで犯行したんでないの?
少年だから7年ぐらいで出られると思ってた。
したら、18歳以上は死刑も有り得ると、後になって知って
大いに慌てた。もし知ってたら犯行しただろうか?
したかも知れない。誰にもわからない事だが、
福田のタカ括りようと、その後の見苦しい慌てようを見てると、
死刑は抑止効果有ると思えるんだが。


245 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 08:33:14 ID:rTC04rsK
死刑を廃止しても犯罪は減らない!と言っている人と北朝鮮に経済制裁しても意味がない!って言っている人は同じじゃないよね


246 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 09:38:31 ID:ynKwQphg
sage

247 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 09:55:35 ID:S2JQdw0O
厳罰化は抑止効果がある
飲酒運転の厳罰化も効果があったではないか
死刑を廃止しても犯罪は減らないといっている人は外国の例を挙げているだけ
日本の国民性を考えてはいない

248 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:00:40 ID:VH2jpR4f
総中流社会が格差社会と言われるようになったのは、この数年。
子供犯罪の凶悪化は20年以上前から始まっている。

理由ははっきりしている。日教組による教育の破壊が、二世代たって、
表面化してきたからだよ。

今の教師は、日教組の捏造デタラメ教育で育てられ、頭が狂っている。
日教組の気違い教師に育てられた教師に、まともな教育ができるわけがない。

教育の影響は一世代後に出てくるから、怖いのだよ。



249 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:04:25 ID:Fzf7WtHh
>>245
基本的に思想が同じだと思う。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 10:13:05 ID:0g+fUFXu
>>244
死刑と7年懲役。
雲泥の差はあるけど、「7年入ってりゃいいや」で
普通の人は犯行に及ぶかな?

刑罰については知ってたかも知れんけど、
ペナルティ(言葉悪いけど)より自分の欲望を優先させた。
自制心が皆無ってことになるのかな。
平たく言えば我慢できない、我儘な子供のまま育ってしまったと。
捕まったのは運が悪かったと思ってるんやろな。

まぁ犯罪者の心理なんてわかんね。

251 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:17:44 ID:pEBgDxz4
>>250
“捕まる”ってのは福田にとっては“想定外”だったかもね。しかし「万一捕まっても死刑にはならない。」っていうのは意識下には
あったんじゃないかな?「万一捕まっても死刑にはならない。」と「万一捕まれば死刑。」の差は大きいよ。

252 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/07/02(日) 10:28:39 ID:/xpG8sWy
>>247
残念ながら、殺人については全く無いと言える。
それは、日本の犯罪の歴史と統計そのものが物語っている。
こうした思いこみと無知が、少年に対する積極的な死刑の適用の原動力と
なっているところに、民意の低さがうかがわれる。

戦後の日本の犯罪で、凶悪犯は下降の一途を辿っている。
殺人の発生率は、先進国の中においては最も低く、これ以上の低下を
望めない領域で安定化している。
死刑の執行状況を見ても分かるように、戦後から何十人単位で実施していた
時期と、以後の未実施の時期を比べると。死刑の緩和の時期の方が遥かに
殺人の発生率は低下している。
当然、少年の凶悪犯罪は、非常に少ない。
これは、何度も言っているが、メディアの過剰な報道による、体感犯罪と
しての増加にしか過ぎず、実質を顕わしてはいない。

253 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:31:03 ID:pEBgDxz4
>>252
凶悪少年犯の発生率がさがってることと死刑の抑止効果となんの関係があんの?

254 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/07/02(日) 10:38:06 ID:/xpG8sWy
一つの事件が起きると、朝昼晩のニュースで流れ、午前中のモーニングショー
で流れ、午後からのワイドショーで流れ、同じ問題を各テレビ局が一斉に
報道し、被害者の親兄弟、親戚、近所の評判、加害者の親を引っぱり出し、
生い立ちを語り、無責任な芸人の憶測、コメントが満ちあふれ、他に事件が
なければそれが当分継続する。
彼らは、それで飯を食い、危ない世の中になったと繰り返す。
統計を読めない、無知な民衆は、危ない危ないと思いこみ、益々厳罰を
要求する。そして、益々住み難い世の中の循環に落ち込んで行く。

255 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:42:36 ID:pEBgDxz4
>>254
だからそれと死刑の抑止効果がないという説と何の関係があんの?

256 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/07/02(日) 10:43:10 ID:/xpG8sWy
>>249
思想と言うよりは、無知な思いこみの一種に相当するな。
平たく言えば、宗教にのめりこむ心理と同じと言えるのでは。
そうした類が、厳罰を求めるバックボーンの大多数を形成している
ことは間違いないとも言える。

257 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/07/02(日) 10:47:14 ID:/xpG8sWy
>>255
少なくとも、文章が理解をできる一定の水準の人を対象としています。
悪しからず。

258 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:49:35 ID:YjYQfN/Y
やっぱり終身刑が必要だと思うなあ。
「更生しないリスク」を無視できない以上、現状では選択肢は死刑しかないよね。

259 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:51:02 ID:pEBgDxz4
>>257
じゃああんた参加できないんでは?

260 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 10:54:19 ID:tbph1dZ3
>>257
おや、来てはったか。じゃあ、先だって訊いてた事改めて訊いてみよう。
少年犯罪者に死刑を適用させないために何やってる?

261 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/02(日) 10:55:16 ID:en5WL8/o
抑止効果に関してレスしてるのに、抑止効果がないコトについて
何らの説明もできていない人の水準に合わせる必要はねえだろ。
バカは放置プレイでいいんじゃね〜の?


262 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 11:03:06 ID:pEBgDxz4
>>261
なんなんだろうね? ID:/xpG8sWy??>>252

>残念ながら、殺人については全く無いと言える。
>それは、日本の犯罪の歴史と統計そのものが物語っている。
>こうした思いこみと無知が、少年に対する積極的な死刑の適用の原動力と
>なっているところに、民意の低さがうかがわれる。

あたかも「少年犯罪統計をみれば死刑の抑止効果がないことがわかる」みたいな論をぶちあげといて
そのあとの話は抑止効果と関係ない自説をダラダラ述べるばっかりで。なんじゃこりゃ?

263 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 11:09:25 ID:Ca6Gjws3
>>247
例の駐車監視員はかなり効果が有ったね。お陰で街中でのドライブがかなり
楽になった

264 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/02(日) 11:09:48 ID:en5WL8/o
>>262
関係ない話しをしたいならレス先引用符なんて付けなきゃいいのにな。
まあ、枝葉末節が読めなくてバカにされてるコテだからにべもないが。

香具師が書いてるのはメディアの話しであって具体的な抑止効果の有無ではない。


265 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 11:12:39 ID:Ca6Gjws3
>>262
只の馬鹿は人権派の俺ってカッコイイって思いたいだけで、基地外発言を繰り返す
単なる馬鹿なのでマトモに取り合うだけ時間の無駄だよ

266 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 11:17:22 ID:tbph1dZ3
>>265
なるほど、我の>>260の様な問いに応えないのはそのためですか。

267 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 11:19:33 ID:Ca6Gjws3
>>266
その通り、死刑廃止に成って一番困るのは釣りネタが無くなる自称人権派だよ。

268 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 11:20:57 ID:2Au6BDci
死刑に抑止効果が無いとしても
なぜそれが死刑を廃止する理由になるのか
よく分かりません。

269 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 11:33:18 ID:pEBgDxz4
>>268
死刑廃止論派によると「刑罰は犯罪抑止のためだけにこそある。」らしい。その仮説の上では犯罪抑止にならなければ
死刑は廃止という論はなりたってはいるな。しかし

・死刑に替わる犯罪抑止効果のある刑があることについては犯罪学者達の間でも結論はでていない。
・「刑罰は犯罪抑止のためだけにこそある。」という仮設がそもそも疑問。これも刑罰を研究してる
 法学者、社会学者でも結論にはいたらない。(というかこういうのって時代の変遷でもかわっていくだろし。)

という反論にまともに対するまともな答えは聞かないな。

270 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 11:50:01 ID:TYhFT8+o
犯罪抑止は、教育や、環境の整備とか、
あとなんだろう。ちょっと俺の頭では思いつかないが
とにかく、刑罰とはまったく別の次元で手だてを考えるべきだと思う。
刑は刑。犯罪抑止の為に有る訳じゃないと思う。

まあ、死刑に犯罪抑止効果は、多少有ると思うけどね。
憎い奴が居る。殺してやりたい。でも死刑になるからやめとこ、
と思って留まってる奴の事は、統計では出て来ないから
どのぐらいの効果があるかは、正確には知りようが無いだけ。

271 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/07/02(日) 12:10:18 ID:/xpG8sWy
相変わらず、低次元の感情論に始終している今日この頃だな。
こうした輩に理解させることは並大抵ではないだろうな。
絶望感さえ漂う感が強いが、ねばり強いプレゼンテーションは必要だと
も思う。

272 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 12:11:54 ID:2Au6BDci
>>269
なるほど。無期懲役でも死刑でも抑止効果が変わらないなら
人を殺さないにこしたことは無いとういう事ですか。
しかし私も「刑罰は犯罪抑止のためだけにこそある。」
というのには何か違和感を感じます。

273 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 12:18:44 ID:Ca6Gjws3
>>270
環境のせいって言うなら、エリート家庭の子供が火を付けた場合は如何成るんだ?
また、親が再婚とか言って再婚者を差別するつもりか?

274 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 12:22:48 ID:ogrjkc/l
法律がどうかは、この際どうでもよい。

人を殺したいほど憎んでしまった時、たいていの人はその重みを感じ思いとどまる。
どうしても許せない場合は、自分の命を懸けて殺す。(仇討ちがそう)

相手を殺して、自分は死にたくないというのは、クズ以外の何者でもない。
そういうごみ処理は、国が行う義務がある。


275 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/07/02(日) 12:50:16 ID:/xpG8sWy
やられたらやり返すでは、何時まで経っても進歩がありません。
これでは動物の世界であり、まさにリバイアサンです。
死刑廃止は世界の趨勢で、EUでは廃止されており、国連人権委員会では
死刑の廃止を勧告しております。
そうした中で、日本だけが死刑にしがみつく理由は見あたりません。
ましてや、少年に死刑を科するような野蛮な国家であり続けて欲しくは
ないものです。

何人も他人の命を奪い去る権利はないでしょう。ましてや、制度として
組織的に他人の命を奪い取る権利は許されないことです。
凶悪犯に対しての対応は、死刑以外にも色々な対応が可能です。
それに英知を絞り出す、それが人間であり、EUにできて何故日本に
できないのか、そうしたところを考えることにより、
民意は向上し、真の文化国家としての形成が達成されるものです。

276 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 12:57:45 ID:tbph1dZ3
>>275
で、死刑廃止に向けて何やってるの?

277 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 13:02:18 ID:ogrjkc/l
>>275
そういうきれいごとは、何人かでも凶悪犯を更生させてから言えばよい。

>何人も他人の命を奪い去る権利はないでしょう

すでにそれを犯している人は、越権行為をしているわけです。
そして、再犯が繰り返されることもしばしばあるわけです。
凶悪犯には、発信機でもつけて、エリア外にでると爆発するようにでも
しておきますか?でも、巻き添えを食う人もいるかもしれませんね。
あなたは、もっと、多くの人と接し、いろんなタイプの人間がいることを
認知すべきです。


278 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 13:49:54 ID:ynKwQphg
庶民としては良いことをすれば報われ、悪い事をすればその報いをうけるという社会を望んでいるはずだ。

だからといって、それを個人がやっちゃうと復讐の連鎖や弱肉強食が起こる。で国家の警察や司法にそれを委託しているのだよ。

で、もちろんその運用に関しては国民が監視するのだが、このような事件の場合懲役刑で済ますと、被害者と加害者の間に著しい不公平が生じ、やりきれないのだよ。

こんなやつが死刑にならないと「報われない悪い世の中だ」と世論の大勢は考えるのだよ。


279 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 14:10:18 ID:fWb7xpox
この奥さんは抵抗したから殺された 云々 って言ってるけど
抵抗しなくても殺されてたよ。
「顔を見られたから生かしてはおけない」とかそんなかんじでさ。

抵抗してもしなくても殺された。そして赤ん坊も殺した。
だけど司法はこの犯人を裁いてくれない。
それどころか、わけの分からない脳内お花畑な弁護士や人権屋や死刑反対派に侮辱されている。

まぁ死刑反対とか犯罪者の人権を重視してる人は自分が被害者の立場に立ってみれば?
そうしたら本性曝け出してファビョると思うよ。

あ〜あ。裁判がこんなに長く続く国なんて珍しいよね。7年とかアホか。
小学校でも6年間で入学して卒業できるぞ。 

280 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 15:42:17 ID:mlvKcy8j
不謹慎は承知の上でこのカキコミをするけど、
この乳幼児を持つ人妻が狙われたなら、自分の継母を狙う可能性もあった訳だ
よな?
継母と義理の弟が被害者なら、ここまでの騒ぎにはならなくてフクダは無期懲
役でももうそろそろ仮出獄が目の前にちらついてきた可能性もあった訳だ。


281 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 15:59:42 ID:571AW+ih
>>279
もし私が同じ立場だったら…

法などに頼らず、自らの力で本懐を遂げる。

282 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 16:00:25 ID:Z37Kfwrv
>>275
> やられたらやり返すでは、何時まで経っても進歩がありません。
> これでは動物の世界であり、まさにリバイアサンです。

自分もあんたの考えに近いが、
動物の世界がベヒーモスで、それを抑え込むのがリバイアサンじゃなかったっけ?

283 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 16:06:34 ID:4/gi+WOK
>>275
動物は復讐しないんじゃない?
人間だからこそ復讐したいのでは?


284 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 16:38:47 ID:slOGsypN
>>275
死刑制度はやられたらやりかえすとはちがうよ。
EUにも死刑制度を復活させるべきという意見もあるし、
死刑制度を完全廃止した国々では凶悪犯罪が起こるたびに死刑復活の意見は出ていますから一概には言えないかな。
どちらにしても今の日本に死刑制度廃止は受け入れられないでしょうね。
それよりも日本の死刑制度が世界のお手本としてもらえるような死刑制度の運用が必要だと思います。


285 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 17:42:16 ID:Dd7BgH32
それは、裁判官も法務大臣も躊躇無く、死刑事犯には判決をだし執行しよう。
因みに俺の死刑判断は、年齢や殺害人数に関係なく、
自分より弱い者を自分の都合で殺した奴(奴ら)で冤罪の可能性が無い場合。
特に性犯罪による殺人は事実認定をしたらそく死刑判決、即執行だ。
人非人には、反省も更生もさせない。

286 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/07/02(日) 18:18:43 ID:/xpG8sWy
>>278
>庶民としては良いことをすれば報われ、悪い事をすればその報いをうけるという社会を望んでいるはずだ。
全くその通りだと思いますね。

>だからといって、それを個人がやっちゃうと復讐の連鎖や弱肉強食が起こる。で国家の警察や司法にそれを委託しているのだよ。
ある意味これも正しい面があります。

>このような事件の場合懲役刑で済ますと、被害者と加害者の間に著しい不公平が生じ、やりきれないのだよ。
これには、賛成できませんね。何を持って不公平と判断するのだろうか。
死には死を持って公平と言うならば、裁判は必要ないでしょう。
被害者家族の感情が死刑でなければ収まらないと言うならば、少なからず死刑を
望まない家族も存在します。
死刑を除外することが、無罪とイコールではないことを理解することが大切です。
死の選択を除いた上で、懲罰と悔悛と反省と、復帰が可能であるのならば、
その後の人生を真っ当に送れるような、カリュキュラムを英知を絞り
組み立てて行くのが、文明社会に生まれ育った人間の義務であり、使命でも有ります。

>こんなやつが死刑にならないと「報われない悪い世の中だ」と世論の大勢は考えるのだよ。
これにも異論がありますが、仮にそうだとしても、思うことと実際に死刑を
科すことは別物であることを理解できる国情にして行きたいものです。
EUでは実際に死刑は廃止されており、先進国の白人社会ができることを
何故、この極東の黄色人種には出来ないのか、この辺りからじゅっくり
考えて行くことが大切ですね。
まー、世論とは意図的に作られるものであり、メディアや政府の意図的な
操作の影響も非常に大きいのではと考えますが、顔の見えない世論という
有ってないようなものに振り回されるのも考えものですね。


287 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 18:25:01 ID:n++jLxo2
>>286
で、死刑廃止に向けてどんな行動してんの?

288 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 18:32:22 ID:c9oeeOMt
>>286
>その後の人生を真っ当に送れるような、カリュキュラムを英知を絞り組み立てて行くのが、
>文明社会に生まれ育った人間の義務であり、使命でも有ります。

でも詫間死刑囚の発言など聞いていると、そういうことに税金を使うのが
勿体無いような気がしてしまって仕方が無いんだが・・・?

289 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/02(日) 18:36:06 ID:uYsQpHAJ
唯の人は嘘つきだから。
日本政府は国連やEUの要請にもかかわらず死刑を廃止してないのは
国内世論が圧倒的に死刑維持に賛成だから。また、英国では死刑廃止に踏み切るまでは
「傷害致死」とゆ〜概念がなく人を殺せば全て死刑にしていた。現在ではEUとの兼ね合いから
政治的に死刑廃止を維持しているが、凶悪事件が起きるたびに死刑復活論が起きている。
世論調査をすれば復活するだろうといわれているが、その為に調査を行ってないのが現状。


290 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 18:38:18 ID:slOGsypN
死刑廃止論を唱える人の中には自分の優しさに酔っているようなタイプがいるからね。
そういう人に本当に世界的な情勢を知るわけでもないし、
犯罪統計や犯罪心理なんて頭に無いから真面目に反論するだけ無駄かもしれん。

291 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 18:40:54 ID:pEBgDxz4
なるほど。やっと唯の人がやたらとマスコミ攻撃するのかわかった。要は死刑廃止論者にとっていちばんの
ウィークポイントである「世論が死刑存続をのぞんでいる。」という事実に対抗するために
「そのような世論は世論がマスコミに意図的に操作された結果である。」という論をはるためか。なるほど。

292 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/02(日) 18:48:57 ID:uYsQpHAJ
>>291
その通り。コイツは
大衆はメディアの誤った先導に乗せられやすいバカだから
先進的な欧州の廃止論が理解できないといいたいワケ。

293 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 18:52:48 ID:YBfhH22B
>>290
唯の人も他のスレで口汚く罵ってる人も、汚い言葉使いとかを差し引けば
知識や教養等は豊富な人だと察するのだが、どうもその文面からは
社会との交わりが希薄なんじゃないかってのは感じるな。

294 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 20:29:20 ID:VHctD1lK
>>248
>理由ははっきりしている。日教組による教育の破壊が、二世代たって、
表面化してきたからだよ。

そうだな。彼らこそ日本破壊の工作員。

295 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/07/02(日) 20:45:06 ID:/xpG8sWy
>>288
そうした感情は、必ずしも否定されるべきものではないでしょうね。
只、税金の問題を言うならば、娑婆においても生活のためには働かなくては
ならないのだから、刑務所での自己の維持費は、自己の労働で捻出させる
と言う制度に改めるべきでしょうね。
更に言うならば、被害者への償いとして、本人に金銭での補償はさせるべき
でしょう。目安として、交通事故死の補償額辺りが参考になるのでは
とも思います。こうしたものを合算して、肉体労働で支払をさせる。
こうしたものを組み合わせて、償いと、反省と、更正をさせて行く。

現実的に、無期懲役は刑期が決まっていない。反省や更正の度合によっては
終身において獄に繋ぎ留めておくことも可能です。運用しだいでしょう。
蛇足ですが、現在においても、無期懲役の拘束期間は20年を超えており、
最長は35年を超えております。


296 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/07/02(日) 20:51:35 ID:/xpG8sWy
>>289
相変わらず、社会との接点の希薄さを伺わせる、青さが目立つ手前勝手な
文章だが、それにしてもお粗末過ぎるような内容だな。
全く成長のない文章は、砂を噛むより味気ない。

297 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 20:55:01 ID:YBfhH22B
>>296
ところで、死刑廃止に向けて何かやってはります?

298 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/02(日) 21:06:34 ID:x09smueg
>>295
またいい加減なウソをつく。
受刑者の中には刑務労働で得た報酬を賠償金として返している事例もあるんだが。
何にも知らないくせにホント良く書けるよな。


299 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 21:20:12 ID:j2rkXQsQ
>>298
そんなの微々たる額だけどね、最近は刑務所の収容人数は増える一方なのに
刑務作業の発注が来なくて営業の人が仕事を取ってくるのに苦労している。
受刑者に特別な能力がある場合はそれを生かした刑務作業をさせて
賠償を優先した方がいい場合もあるかもしれない。

300 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/07/02(日) 21:54:27 ID:/xpG8sWy
受刑者には、一日の労働に対して時給換算で支払っているが、本当に
微々たるもので、日当なおしても数百円のオーダーだと聞いている。
この目的は、出所したときの当座の生活費に充てることを目的と
している。現実的に刑務所内での労働による賠償は不可能だな。

死刑を廃止した場合、運用的な面から考えると、凶悪犯と一般的な犯罪とは
分けて考える必要が有るのではとは思う。
殺人などの場合は、命に値段をつけられないが、被害者の年齢、生涯所得、
苦痛に対する慰謝料から賠償額を決め、一定の期間中に、刑務所の内の
労働だけにより返済させる。
こうした場合、時給は高くなければならないから、当然、危険と苦痛が
伴う作業は致し方がないだろう。 犯罪に対する償いは当然必要で
色々なバリエーションは考えて行く必要はあるだろう。

301 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 22:25:48 ID:mbLgk1Xl
かばうわけではないのだが、加害者の父の発言について。
あれはたぶんインタビューしてた人が思いっきり父に同情的な発言して、
父にあーいった事を言わせやすくさせたんだろ?
そうじゃなきゃ、あんな発言せんだろ。
だからってあの発言は不愉快だがな。

302 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 22:29:10 ID:YBfhH22B
さて、寝る前に一言

>>300
死刑廃止に向けてどんな行動してる?

303 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 22:33:35 ID:Ca6Gjws3
>>302
してるわけないじゃないか。死刑廃止したら、自分ってカッコイイて思うネタ
が無くなるんだぞ

304 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 22:47:11 ID:VHctD1lK
>>298
関西で暴力団同士の抗争で女子学生を誤射した犯人が
獄中の刑務所労働で得た報酬から「お花代に」と月命日に送金してるんだってな。
実はその犯人と少女は子どもの頃顔見知りだったそうだ。
貧しい少年が母親と一緒に寺に花を売りに行き、その寺で母親と一緒に遊んでいたのが被害少女だった。
娘を893の抗争に巻き込まれて殺された母親は法律には素人のデパガだったが
六法全書を読破しに行ってた図書館でであった司法修士生と共に
893の組長に『雇用主責任』を求める訴訟を起こして勝訴したよ。

305 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 00:17:27 ID:/JDR+PdW
>>300
微々たる額でも弁済している受刑者はいる
刑務所内は衣食住が補償されているので、究極的には受刑者はまったくお金を持たずとも
生活できる。実際厳正独居の受刑者は労働もさせてもらえないので収入がないことも多い。

また、死刑を廃止した場合の運用についても稚拙
高額な損害賠償金を支払わなければいけない事件が起こった場合、
容疑者にはとてつもないプレッシャーがかかってしまう。
言い換えると、「認めなければ○○な危険なことをさせるぞ」と言う脅しに近い取調べを
される危険性が非常に大きい。死刑反対を訴えながら冤罪を助長するような制度を主張するのはいかがなものか?


306 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/07/03(月) 00:42:46 ID:P9GeOk8z
>>305
始めにも述べているように、凶悪犯罪と一般犯罪は分けるべきだろうとの
考えが根底にある。
死刑をなくす以上、運用面での対処は致し方がないのではと思うな。
それ相当の償いの必要性は有るだろう。人の命を奪った以上、それに
見合った(命は金では買えないが)金銭で補償をさせる必要はあるだろう。
高額な保障をするのだ、なまじっかな労働では追いつかないと思うが。

>稚拙  かなー。
脅しに近い取り調べなら、日常茶飯事だろう。
ゲロしなければ、死刑にするぞ。吐けば有期刑にしてやるは常套句だろう。
冤罪の温床は制度の問題だよ。密室の取り調べや、代用監獄の制度を
なくして行かなければ冤罪は後を断たない。ある意味、冤罪があるから
死刑を廃止する必要性もあるとも言える。

307 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 01:10:57 ID:YgFH6rSK
「犯罪者にも人権はある」と死刑廃止論者は壊れたレコードのように繰り返すが、
そんな話を何万回と聞かされても、また、どんな屁理屈を並べ立てられても、
「自分の快楽追及のためだけに人を殺した者がまんまと生き延びる」
ということが不公平に感じられることは否めないと思う。

そして、それが日本では多くの人の共通の認識(=世論)であり、
死刑廃止論者が何を声高に叫ぼうとも、意味のないことに感じられる。
ただ、その世論だが、調査によると「将来的には廃止してもよい」と考えている人が
若い世代では半数近くいるので、EUなどの外圧との兼ね合いも考えると、
そう遠くない未来には死刑は廃止されるかもしれない。
自分としては、とても残念に思う。

308 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 01:27:35 ID:+qoGJgO3
>>307
廃止はされないだろう。
ただ死刑判決は漸減傾向が継続するだろうし、執行も少なくなるだろう。
制度としては残すって事になるだろうね。

309 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 01:29:19 ID:ImSDvimi
>>304
893の組長に『雇用主責任』を求める訴訟を起こして勝訴したというのは
勝訴してどうなったの?ただ裁判所から勝訴判決がおりただけ?
それとも実際に訴訟費用、弁護士費用も含めて金銭的に賠償があったの?

310 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 01:40:19 ID:pqy8u5/z
>>286
>先進国の白人社会ができることを何故、この極東の黄色人種には出来ないのか

おやおや、犯罪者の人権を盾に死刑廃止を主張するくせに白人優越主義かよ。
卑しい本性が丸出しだぜ基地外人権屋。
おまえの大好きなEUじゃレイシストは人間扱いされないんだがな。

311 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 02:44:11 ID:WHoyfcn+
死刑廃止論者はあっほ。
人殺した未青年に更生なんかいらない。
すぐ死刑あの世いき!
被害者の未来はどうすんの?死んだら無いよ!
人殺しの更生に何で税金払わなあかんの?
先進国は死刑制度廃止が多い?だから何?
死刑制度残さなきゃ人殺しても死ななくていい?
そんなあほな?
終身刑意味ない!そんな税金も払いたくない!
アメリカじゃ終身刑で更生して本だしてその金を福祉に使う?
あほか!ひと殺して儲けるな!
少年時代苦しくたって、苛められたって自棄起こさず立派に生きている奴がいる!

312 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 03:32:33 ID:P8Q4RfQ7
>>286
>先進国の白人社会ができることを何故、この極東の黄色人種には出来ないのか
死刑廃止しちゃった先進国では犯罪の増加に歯止めが利かず
死刑復活待望論が起きてますが。
例:J・バルガー殺人事件。逮捕された少年は顔と姓名を報道されたが
「更生」したとして政府により新しい名前を顔を与えられて出所。
これに当然怒った被害者は司法の問題点を糾弾して、英国の社会問題に発展。

313 :朝まで名無しさん :2006/07/03(月) 06:07:28 ID:wHHc9xaS
今現在80人弱の確定死刑囚がいるそうだが順次法律にのっとって粛々と
執行するべきだ。長い時間と多額の税金を使ってようやく最高裁までいって
死刑判決が出たと思ったら、刑務所に入って執行までがまた長い。
これは被害者の遺族はもちろん死刑囚の親族にとっても不幸だ。早く死刑が
執行されれば世間も納得して事件を忘れる。だが死刑囚が生きている限り
本来は関係ないその親族までが世間から嫌われいじめられ続けること
になるからだ。

314 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 06:54:20 ID:/JDR+PdW
>>306
脅しに近い取調べが日常茶飯事なのは同意。
冤罪があるから死刑を廃止すべきという意見も理解できる。
ただ、賠償のために金の稼げる危険な作業をさせよという主張が
冤罪を助長するような発言で理解できない
特に、業務上過失致死傷罪などの過失犯や傷害致死などの致死犯に対応できない

>>311
受刑者一人にかかる費用と、年間の死刑判決の数を知っているか?
一部の死刑存続論者は感情的にすぐ税金税金というが、
年間何兆円もかかるような大層なものじゃないぞ。
あと、死刑を廃止すれば人殺しをしても加害者は死刑になるわけじゃないが、
決して無罪になったり、数年で出てくるようになるわけではないのでそこは勘違いしないように。

315 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 07:37:20 ID:IV8Gys8S
〉白人の先進国

フランスと英国の事?
日本と比較にならない犯罪多発国家じゃん。

316 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/03(月) 07:42:20 ID:QOmCivDj
>>314
バラツキもあるが、受刑者一人あたりに掛かる費用は年間約500万円と
いわれている。これは一般的な労働者の年間所得とほぼ同じ額だ。
これに関してはどう思う? オレは決して安い金額だとは思わないが。


317 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 10:21:04 ID:/JDR+PdW
>>316
一人平均500万円のソースキボン
とりあえずその額で計算したとして現在年間の無期懲役確定数+死刑確定者数が約100人強
仮釈放無しとして、受刑者が死ぬまで大体40年とする(これは仮定の数値)
このとき、常に受刑者が4000人ほどいることになります
500万円×4000人で年間約2000億の経費がかかる計算になります。
国家予算80兆円に対しての2000億円を多いと見るか少ないと見るか、これは個人の
見解になるでしょう。私は社会の安定を確保する上で決して多い額だとは思いません

318 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 10:47:53 ID:P8Q4RfQ7
>>317
私はその2000億を犯罪被害者遺族救済に充てて欲しいと思います。
受刑者に500万かけても社会は安定していませんし
得アの受刑者は日本の刑務所を無料のリゾートホテルと呼び
快適なのでしょう、リピーターが多いそうです。
なにせ、医療費まで無料なのですから。

319 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 12:00:04 ID:/JDR+PdW
>>318
無論俺は刑務所に入ったことがないので分かりませんが、
雑居だと一人あたりのスペースが約1畳、風呂も週2回、8時間労働です。
衣食住は完備されていて野垂れ死にの可能性がありませんが、それを快適と見るかどうかはお任せします。
特アの受刑者は一回の犯罪で稼げる額が大きく、刑務所も本国のそれよりマシという感覚で
そういう台詞を吐いているのでは?ちなみに医療はただですが割といい加減なようです。
現在でも犯罪被害者給付金制度は不十分ながらあります。
あとはやり得を許さない制度を作ることが大事だと思います。


320 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 13:09:43 ID:P8Q4RfQ7
>ちなみに医療はただですが割といい加減なようです。
ソースをお願いします。

321 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 13:41:08 ID:Btvuso7X
>>317
衣類、食費の他、看守等の人件費、建物の維持費、
刑務所内の設備とかも含まれるんじゃないですかね。
生活の備品、光熱費、社会復帰への教育や設備、
医療費、輸送費、etc・・
そういうのを入れると、500万は行くでしょうね。

322 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 16:02:52 ID:pZCUw7WM
>>306
脅しに近い取り調べなら、日常茶飯事だろう。
ゲロしなければ、死刑にするぞ。吐けば有期刑にしてやるは常套句だろう。

そうなのよね〜、
上記の調書手法は、戦前の特高(特別高等警察)がやっていたモノそのものなのよね〜。
しかもそのまま受け継いでいる、現在の警察官も結構いるんだよね〜
ていうか、ここ最近また増えてきてるんだよね。
 うるさい人権派によって、必要以上に調書が取りにくくなった上に、
 山口のこのような凶悪事件が横行すると、なおさらなんだろうけど。

>>316
受刑者一人あたりに掛かる費用は年間約500万円

そして、このような状況となると、
やっぱ犯罪・事件が少なくなる方法に軸足を置かないと、
社会保障金額だけで、社会そのものが金銭破綻しかねない状況なんだよね〜
じっさい。

323 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 16:08:40 ID:pZCUw7WM
やっぱ冤罪問題を解決しないと、
いくらなんでも、冤罪だった上に死刑を執行してしまっては、
取り返しがつきませんもんね。

そんな状況が死刑廃止論者を、より助長させてしまって、
本来の死刑の意味が消失しているのが現状なんだけどね。

324 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 16:09:36 ID:2VXqY1vn
全員殺せよ在日のゴミどもをよ

325 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/03(月) 16:15:54 ID:qmgzdTr8
今の刑執行の状況から言うと、まず司法は冤罪の可能性への配慮から相当に
確実性がないと死刑認定はしない。更に諸外国からのプレッシャーのため
法務大臣もなかなか実行に際してサインしないというのが現状。健康制度と
運用が実はとても乖離してる状況があるワケ。冤罪の可能性に関しては、
検察調書の作成段階の見直しと「疑わしきは罰せず」の精神に立ち返った
裁判運営の仕組みづくりで対応できるはず。今回のような明らかに冤罪の
可能性がないケースが実際あるわけだから。


326 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/03(月) 16:16:57 ID:qmgzdTr8
×健康制度と運用が実はとても乖離してる状況があるワケ。
○刑法制度と運用が実はとても乖離してる状況があるワケ。

327 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 16:19:26 ID:pZCUw7WM
福田も、広島女児殺害事件の、ホセマヌエル・トレス・ヤギ被告に死刑判決が出た時点で、
自己欲求で犯罪を犯し、殺人までした場合は、殺害人数に問わず死刑。
という前例が出てしまい、コンセンサスを得てしまいますよね。

そんな状況下で、いくら広島女児殺害事件よりも前の事件とはいえ、
現公判中の事件である以上、
同じように扱われるのは必至なのでは?

明日判決の広島女児殺害事件は、福田も無関係ではなくなったのは事実ね。
明日がいろいろな意味で必見よ。

328 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 16:56:17 ID:r/D7t1oz
>>327
ヤギはペルー人。彼は日本人。この違いがあるから同列には語れない。
ペルー人の犯罪は、【外国人犯罪】の括りになるんじゃないかな。
この事件については、光市の事件とは別に、日本人と比較して
教育水準が高いとは言えない国から出稼ぎ労働者を迎える事の
是非を語るべきなんじゃないかな。
いわば移民の受け入れの是非を国民が認識するための事件だよ。

個人的には外国人と日本人で、同じ罪状でも刑に差をつけても
いいと考えている。

329 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 17:16:10 ID:IV8Gys8S
確かに外国人犯罪という側面でもあるが、全ての外国人が同じ状況で犯罪を犯すとは限らない。

それよか性欲は世界共通だし、性犯罪者の傾向や行動も共通してるといえるから、十分併せて考えられると思う。

330 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 19:01:26 ID:+uLQW7ol
:(○´ー`○)はカワイイ さん
他スレにもでてられたけど
あの板はどうなったの?「最高裁判決おかしくね?」


331 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/03(月) 19:02:46 ID:qmgzdTr8
>>330
なんのこと?


332 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 20:06:23 ID:NT5SCHFF
死刑廃止をしたかったら、こんなところでグダグダ言ってないで
法律を変えたら?

333 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 20:07:38 ID:ml+T9Puu
2chって何も出来ない奴の集まりだろ?

334 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 20:16:46 ID:+qoGJgO3
死刑制度については別スレもある様子なので、論を控えるが…
マスコミの『私刑』とも言える報道合戦と、それに火をつけ、マスコミに乗った本村氏の行動には感心しないね。

335 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 20:27:24 ID:r/D7t1oz
そう、すべてマスコミが悪い。

336 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 20:31:37 ID:kuOKltPK
この事件に関してマスコミは酷すぎた
http://akid.s17.xrea.com/./data_ime/cache/http%253A%252F%252Fuploaderlink.hp.infoseek.co.jp%252Fcgi-bin%252F512kb%252Fsrc%252Fup12265.jpg

337 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 20:39:39 ID:WxB8H1qA
日本の刑務所医療はかなり悪いらしい。
やたら手続きが多いから時間がかかるし、医者の態度も悪い。
ついでに刑務所の医者になるようなやつだから実力がないのは言うまでもない。
宝島の「実録!刑務所」という本には処置が遅いために囚人が死亡してしまった例や
アメリカとの医療制度の比較が載せられている。

338 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 21:37:29 ID:IV8Gys8S
安田弁護士もマスコミを利用したが失敗に終わった。筑紫はマスコミだが弁護側を応援した。
最終的にどっちに分があるか決めたのは視聴者

339 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/03(月) 21:58:24 ID:qmgzdTr8
>>337
受刑者の待遇改善は必要かもな。特に有期刑であればその後社会に戻るワケで
しっかりとした環境作りは再犯防止の意味でも不可欠だと思う。
名古屋だっけ?受刑者が刑務官の暴行で死亡した事件があったよな。


340 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 22:27:19 ID:gMgl8AO1
地方の無医者自治体が仕方なく法外な年俸で医者募集してる昨今、
何が悲しくて犯罪者に一般人よりいい生活環境を与えなきゃいけないのか。

341 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 22:41:50 ID:WxB8H1qA
>>338
検察や裁判所が自らの被害妄想に怯えた大衆の尻馬に乗った事件だと言える。
犯人の手紙や本村のやりかたを見るに、誰かが社会のお手本てなる姿を
見せなければならない事件なのに、司法はそれを進んで放棄した。
事件に注目が集まることで本村のいかがわしさが明らかになったように、
人間というものの本質を深くえぐりだしてみせたな。

342 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 23:15:32 ID:Btvuso7X
>>341
安田弁護士も福田の父も、
お手本には程遠い人物だけどな。

343 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 23:26:17 ID:1Ad8wEu8
二人を殺して強姦した犯人が死刑にならない理由がない。。

344 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 00:24:34 ID:A2FpOMSv
相変わらずマスゴミの報道には辟易するが、
最近はネットで客観的な情報が得ることが出来て助かる。
永山と比べても殺害人数以外は
動機、計画性、殺害方法の残虐さ、反省の度合い、どれも最悪。
殺害人数が無期判断の中で独り歩きしないやうに、総合的に判断しろと。
最高裁はそこんとこよろしくと高裁に差し戻したんだから、
さっさと死刑にして下さい。

345 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 01:00:51 ID:lU0aF9i9
詳しい椰子に聞きたいのだけれど。
この事件は(まだ結審まで時間がかかるとしても)落着したんだが、今後の話として刑法・少年法の改正は見えてきているのかな?

346 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 02:02:50 ID:TKQkftSg
これ以上厳しく改正しないでいい、
徐々に少年も実名実写報道に変えていくだけで十分です。

347 :朝まで名無しさん :2006/07/04(火) 04:49:58 ID:eldWoyaE
今回の最高裁判決で加害者の年齢(少年法)は死刑を回避する決定的な理由
とはならないと言っているよ。
てか最高裁は無期懲役では不十分(つまり死刑しかない)と
はっきり言い切っている。だったらわざわざ高裁に差し戻さないで、
最高裁で死刑を言いわたせばよかったのに―と思う。
判決までまた時間がかかる。本村氏が気の毒だ。

348 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 09:22:51 ID:oqhRquik
ところで、ここの住人は岡山リンチ殺人の小林竜司は
死刑になると思う?
二人を殺害。その手口も生き埋めと残虐を極める。

349 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 09:25:20 ID:oqhRquik
>>347
最高裁は自判するところではない。
高裁での判決が妥当か否かを書類を見て判断するだけ。



350 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 12:08:34 ID:Ge+3bSIR
>347
だったらわざわざ高裁に差し戻したのは、今の弁護士が付いた時に「事実誤認
」と言って出してきた、「声を立てたのを押さえようとして手が首にずれてし
まったので、殺意はなかった」と「あやそうと首に蝶結びをした。」って主張があ
ったからじゃない?

351 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 12:39:01 ID:v96Wp1Ys
 ところが,ネット上で「喜八ログ」が去る3月20日に 「安田弁護士を応援します」 なる記事を
ブログに載せた直後,300以上の感情的なネットウヨによる総攻撃を受けて,「喜八ログ」はコメント拒否
という状態に追い込まれました。これを「言論テロ」と言わずに,他にどのような表現が見つかるでしょうか。
恐らくは本村さんを経済的・政治的に利用している某団体(つまり死刑制度を温存したい政治団体)や,
それに共鳴するネットウヨによる組織的な攻撃が行われたものとしか考えられません。
本来ならば「喜八ログ」さん自身がこのような攻撃に晒されたことに対して民事訴訟で対抗するべきだと
私は思うのですけど,なかなか市民一人一人というのはバックに組織などがついていない限り,
自発的に裁判費用や弁護士費用を自腹切って動くことは難しいようです。

352 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 14:00:26 ID:zzAIN1jX
人権派・死刑賛成派の人たちって自分たちの主張に反対されると
「なぜ、支持されないのか」
「自分たちの主張のどこが問題なのか」を一考もせずに脊髄反射で
ネットウヨ・組織弾圧だ、って攻撃する。
いい加減気づけよ、昭和で通じた手法は平成では失笑しか買わないって。

353 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 14:02:15 ID:oqhRquik
>ネットウヨ・組織弾圧だ、って攻撃する。
事実だろ。
VIPとかN速とか見てみなさい。
物凄い勢いでブサヨ、ホロン部、チョン、在日という文字が
流れてるからさ。

354 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 14:09:04 ID:zzAIN1jX
VIPとかN速とか見てみなさい。
物凄い勢いでネットウヨ・組織弾圧・という文字が
流れてるからさ。

355 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 14:15:02 ID:jFX66xaD
>>351
大げさだな。
各自実物を見て判断できるんだから、リンクくらい貼りなよ。
http://kihachin.net/klog/archives/2006/03/yasudabengoshi.html#comments

これで言論テロなら、反響の大きなブログにはコメントするなってことになっちまうな。
と、おれは思ったよ。

あと、君が何が言いたいのかわからん。

356 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 14:28:20 ID:2HfOkv78
つか、VIPとかN速は
そーゆーところだろ?


357 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 14:32:54 ID:PP2qr6sL
>>351
「安田弁護士を応援します」

まぁ、一言いいたい人達の気持ちは、なんとなくわかるな。


358 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 14:53:26 ID:zzAIN1jX
「安田弁護士を応援します」 =個人の信念
「本村氏を支持します」=組織的ネットウヨ
これが人権派による方程式。

359 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 15:22:54 ID:YQ2siyDF
>>351

>>353のリンクからコメント全部読んだけど、大半が真面目な意見じゃないか。
またVIPPERらが大挙して荒らしたのかと思ったけど、ほとんどがまっとうな意見なのに、
これをネットウヨと表現すること自体が間違ってる。

360 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 15:23:25 ID:yWoFLPOd
この事件でも無期だからそりゃヤギじゃ無期になるだろう。
陪審員制度ができたら変わるのだろうか

361 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 15:23:48 ID:YQ2siyDF
>>353じゃなくて>>355だった。失礼。

362 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 15:32:36 ID:zzAIN1jX
反論意見をネットウヨの攻撃と呼んで憚らない
人権派こそ、実は言論弾圧してるんだな。

363 :朝まで名無しさん :2006/07/04(火) 15:34:16 ID:kJvXt9pY
「自分たちの意見に反論するな!」と言ってるのと同じだもんねぇ。
議論以前の問題だな。

364 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 15:37:02 ID:GTkzpi1R
>>355
やっぱ「甘えようとして抱きついた」「首に蝶々結び」発言がターニングポイントになってるな。
それまでは、口頭弁論ドタキャンにすら「まあ法廷戦術としてはありなのでは?」って擁護意見もあったのに。

365 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 15:37:27 ID:LHffcxv5
>>361
ていうか、今見たけど
<「弁護士の中の弁護士」ともいわれる安田好弘さんが

…そら反論も喰らおうぜ。
蝶々結び乙!が弁護士の中の弁護士かよ。

366 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 15:44:57 ID:zzAIN1jX
>>364
いや、やっぱり「もみ合っている内に 自 然 に衣服が解け下半身が露出し」だろ。

367 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 15:59:36 ID:lU0aF9i9
>>360
陪審員は有罪か無罪かを判断するだけで、量刑は裁判官が決めるのじゃないの?

368 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 16:16:15 ID:2HfOkv78
正常な感覚持ってれば、安田の紙芝居には嫌悪感を抱くのがあたりまえ
死刑存置派であろうが、死刑廃止派であろうが、それは変わらない
あきらかに弁護活動の一線を越えて、被害者を貶める行為でしかないのだからね
にもかかわらず、全面的に安田を支持するというなら、批判されてあたりまえだ
あの醜悪な紙芝居こそが、死者を2度殺すような行為でしかない
まさに死人に口なしとはこのことで、被害者は一切反論できないのだからね
たとえ、刃物を持って加害者に襲い掛かってるような絵を描かれてもね



369 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 16:41:37 ID:NO/kqXOy
.>>367
横レス失礼。
今回導入するのは裁判員制度で有罪〜量刑も全員で決めるのじゃないかな?
この辺はっきりしないんだが有罪→量刑を裁判官が”提案”説明し、全員で票決の気がする。
だから意味合いとして単純に”量刑は裁判官が決める”というのとは違う気がする。

370 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 17:09:35 ID:DZuwOIho
351って病院行って頭診てもらった方がいいと思う。

371 :朝まで名無しさん :2006/07/04(火) 17:17:31 ID:kJvXt9pY
>>351からの流れもブサヨにとっては言論弾圧なんだろうなァw

372 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 21:02:45 ID:pRY8cMkk
>>350  今回の差し戻しは、検察側の主張が認められた(しかも、ほぼ100%認められたかたちの)差し戻しだ。
弁護側の主張は最高裁にミゴトに一蹴されているww
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20060620163659.pdf (最高裁サイトの判決文データぐらい嫁、ただしpdf)

最高裁は判決文の中で、
「(弁護側の)指摘は、他の動かし難い証拠との整合性を無視したもので失当であり、
本件記録によれば、弁護人らが言及する資料等を踏まえて検討しても、上記各犯罪事実は、
各犯行の動機、犯意の生じた時期、態様等も含め、第1、2審判決の認定、説示するとおり
揺るぎなく認めることができる。」
……と判定している。一審二審で認められた犯行事実が、そのまま認定されたってことだよ。

そして、この判決文によって、弁護側は差し戻し審で、最高裁弁論と同じ主張はしにくくなったと思われる。
この最高裁判決が影響するから、同じ主張をしても高裁で認められる可能性はとても低い。まあよっぽど
スゴイ「新証拠」でも出てこない限り。

ちなみにある弁護士のblogには、「揺るぎなく認めることができる」という表現は、かなり「強い表現」であるので
「弁護人の主張は全く説得力がない」と最高裁が言っているように感じとれる、ということが書かれていたなー。

373 :309:2006/07/04(火) 21:25:49 ID:t3B7oZls
>>304
ねえねえ、「893の組長に『雇用主責任』を求める訴訟を起こして勝訴したというのは
勝訴してどうなったの?ただ裁判所から勝訴判決がおりただけ?
それとも実際に訴訟費用、弁護士費用も含めて金銭的に賠償があったの?
まだこの掲示板見てたら教えてよ。
それとも実際には裁判には勝訴はしたけれど金銭的な賠償をしてもらうのは
不可能であるってことに気が付いたから答えられないのか?


374 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 23:25:25 ID:Ge+3bSIR
とある弁護士のブログで、フクダが友人に出した手紙についてこう言う意見
(感想?)を見つけたんだけど当時のフクダに歳が近い人はどう思う?
俺はもういい歳のせいか理解出来なったんだけど、普通こうゆう状態のことを
「反省してない」と言わないか?

>手紙の文面を読む限りでは、「自分は平気だ、こんなことはなんでもない。
>自分はたいしたことをしていない。周りが悪いのだ。」と思い込もうとして
>いる、わざと悪ぶったことを書いて友人に虚勢を張っているようにも思える
>(これは若い人にありがちだ)。これは、事件を現実のものと受け止めるこ
>とが怖い、真実と向き合うのが怖い、という恐怖心の裏返しのように感じた


375 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 00:30:52 ID:M2kIbFcX
>>374
何かをしでかした事への恐怖心の裏返しで、
虚勢を張るというのは大いにあると思います。
あの年齢の子なら。
ただ、彼のしでかした犯罪を思い返してしまうと、
「恐怖心」が備わっているとは思えないんですよね。
それに、虚勢を張るには、あまりにも事件が異常で陰惨。
普通の人間が虚勢を張れるのは、友人を喧嘩で刺した
位までだと思いますけど、どうでしょう?

376 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 00:48:53 ID:dCqaMH3D
>>374
自分もそのブログの内容と似たようなことを感じていた。
福○は本当は臆病な人間だと思う。
この手の事件が起こると、何も考えずに「社会が悪い」と言い出す輩がいるが、
今回の事件に関しては、その間接的な原因は父親にあると思う。
これは、あくまでも自分の勝手な解釈なのだが、(不快に思ったらスマソ)
「父親が初めて面会に来たときに福○は涙を流した。」
という話を聞いたとき、福○はずっと父親に自分を見て貰いたかったのではないか、と感じた。
そして、その父親を自分から奪った義母やその子供が憎かったのではないか、
また、そうした憎しみが投影されて、赤ん坊を殺すという凶行に走ったのではないか、と思った。
では、なぜその憎しみを義母やその子供に直接ぶつけずに、第三者に向けたのか、と言えば、
その背景にいる父親の愛を完全に失ってしまうのが怖かったのだと思われる。
(これらの考えは福○の涙が嘘や演技なら全然見当違いな考えではあるが。)

しかし、事件に背を向けている、という事は、「反省していない」ということと同義であり、
どんな事情があったとしても、あのような凶行に対しては死刑をもってのぞむほかないと思う。

377 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 04:06:52 ID:T9nhTf6S
247 :素敵な旦那様:2006/07/04(火) 01:41:08
問題の手紙より

『ま、しゃーないですね今更。被害者さんのことですやろ?知ってます。
ありゃー調子付いてると僕もね、思うとりました。
・・・でも記事にして、ちーとでも、気分が晴れてくれるんなら好きにしてやりたいし』

『知ある者、表に出すぎる者は嫌われる。本村さんは出すぎてしまった。
私よりかしこい。だが、もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。
ヤクザはツラで逃げ、馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ、私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君』

『オイラは、一人の弁ちゃんで、最後まで罪が重くて「死」が近くても「信じる」心をもって、行く。
そして、勝って修行、出て頭を下げる。そして晴れて「人間」さ。オレの野望は小説家。へへ』

『犬がある日かわいい犬と出合った。・・・そのまま「やっちゃった」、・・・これは罪でしょうか』

『五年+仮で8年は行くよ。どっちにしてもオレ自身、刑務所のげんじょーにきょうみあるし、
速く出たくもない。キタナイ外へ出る時は、完全究極体で出たい。じゃないと二度目のぎせい者が出るかも』

『誰が許し、誰が私を裁くのか・・・。そんな人物はこの世にはいないのだ。
神に成り代わりし、法廷の守護者達・・・裁判官、サツ、弁護士、検事達・・・。
私を裁ける物は、この世にはおらず・・・。二人は帰ってこないのだから・・・。法廷に出てきてほしいものだ・・・
何が神だろう・・・サタン!ミカエル!ベリアル!ガブリエル!ただの馬鹿の集まりよ!』


他スレからのコピペだけどさ、
  福田親父はこの手紙を「粋がって書いた」と言ってたが
  限度があるだろ!

378 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 06:13:01 ID:uU9BU3SA
恐怖心から虚栄を張ることはあるだろう。その恐怖心が、自分のしでかした
事への恐怖心か、これから受ける罰への恐怖心か、だよな。まあ後者だな。

379 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 09:06:06 ID:lvdOJQ7p
>>373
賠償金も支払ったはず。
そのせいで、山口組の三次団体においては、山口組傘下だという
ことを一見して分からなくしたり、表面上組を解散して
政治結社になるところもあるね。

380 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 10:40:32 ID:HE9+Fa9w
351って訴訟匂わせてるあたりどなたかの匂いがしますね。
誰とはいわんけどさ。

381 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 18:24:51 ID:OMaNwNsA
別スレの1?

382 :373:2006/07/05(水) 22:20:33 ID:WqkKw7AE
>>379
賠償金が全額実際に支払われたのを確認したのか?それとも分割払いか?
「賠償金も支払ったはず」の「はず」ってどういうことだ?

383 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 23:30:51 ID:9jL2UNyd
福田の親父を殺害いたします。これしかないですね、当座は。

384 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 23:44:41 ID:aG3qa10g
同じ内容で知的障害者だから無罪のほうがやるせない
自分の家族がそんな判決出されたらと思うとゾッとする

385 :朝まで名無しさん:2006/07/06(木) 03:00:37 ID:MD1G+6G5
>>382
とりあえず、山口組にメールして聞いてみたらどうだろう。

386 :朝まで名無しさん:2006/07/06(木) 03:30:55 ID:DDZhhwTi
>383
殺す価値も無いから止めなさい。
それにそんなことでもモトムラさんに迷惑が掛かるかも知れないよ。

387 :朝まで名無しさん:2006/07/06(木) 22:40:25 ID:PvwIPC54
犯罪予告キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

388 :382:2006/07/06(木) 23:58:07 ID:++Cn6dQk
>>385
お前も法律オタクか。

389 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 01:48:31 ID:dlGhSsS2
>>377
いくら暇だからって限度がありますわな

390 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 02:55:26 ID:QZEWYucq
訴えたのが警官の遺族だった記憶が・・・
警察味方だから賠償金取れたんじゃ無いかな。

391 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 04:20:22 ID:2l1Teepy
安田弁護士は死姦は死体損壊に過ぎないと主張しているね。

392 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 05:23:25 ID:7eDRbIAl
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1000003&tid=a59a5ta5ja5aa5ea5a2a5ja5baa5e0&sid=1000003&mid=2011
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&board=1000003&tid=a59a5ta5ja5aa5ea5a2a5ja5baa5e0&sid=1000003&mid=2014

>どんな立場に置かれていても、人を殺しちゃいけないと思っているからです。これは信念みたいなものですね。
この点は、ご立派というほかない。しかしそんなお花畑な考えで社会・国家が存続できるだろうか?

組織犯罪ではあるが一方的な虐殺事件であるところの@アメリカ9.11テロは3000名以上Aオーム事件は20名以上の死者を出している。
被害者人数による重刑という事が言いたいのではない。
死刑反対という事は極論ではなく、先にあげた実際の犯罪者をも懲役(ここは日本なので)で済ませろといっているのだ。


393 :つづき:2006/07/07(金) 05:25:43 ID:7eDRbIAl
こういった犯罪者(の首謀者)を極刑としない社会というのは、もはやオカルト映画の世界である。こちらの世界の方が余程『いつもビクビクしながら生きてんの?』だろう。

『被害者当人でもないくせに、被害者が無念(の気持ち)であったか判るの?』という論理展開も詭弁というほかない。
怨恨関係の犯罪以外は社会犯であり誰もが被害者となりえる恐ろしい犯罪なのだ。
被害者に単純に同情するという意味ではなく『もし我が家で起こったなら?』と想定する事は危機管理の面からも正常この上ない反応だろう。
また、判決で罰を当てはめる場合 被害者(遺族)感情に触れるのには宜しくない。
もしも触れるのであれば最後の最後でさらっと流す程度で良いのだ。あくまで刑罰決定の判断材料のひとつであってはならない。

私見だが、第一段階として一人殺したら原則死刑で良い(過失は要検討)というのが信念としてある。『じゃあその場合裁判の必要もないか?』というとそんな事はない。
裁判とは 事件の真実の追及を行い刑法他に当てはめる作業全てであるからだ。
犯人の更生とは、殺人以外の犯罪について、初めて更生について言及する事が出来ると思う。殺人については更生の資格はない!

最後に 凶悪犯罪のない世界とは大変素晴らしく理想の世界であるが余程の大発明でもされない限り実現は夢というほかない。だが
犯罪被害者をなるべく出したくないという人類社会共通の観点から『凶悪犯罪にあわない世界を目指す』事は人々の努力によって常に向上させていくべきであろう。

394 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 09:38:06 ID:Rav628zS
>>393
つ【尊属殺人違憲判決
つ【京都母子心中未遂事件】(こっちは承諾殺人だが)
この2事件の被告は当然死刑が前提になるんですね?

つ【河野義行
後にオウム真理教というより話題性のある団体が出てきたから良いが、
(まだ未確定なのであえて犯人とは断定しない)
犯人として捕まっていてもおかしくない、あるいは未だ世間からは白い目で見られていたかもしれない
被疑者を単純に非難するという意味ではなく『もし我が家で起こったなら?』と想定する事は危機管理
の面からも正常この上ない反応だろう。

最後の段落は死刑でなく無期懲役でも十分割に合わないと通常人なら思うはず

395 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 11:31:20 ID:fTFARYbM
>>391
>安田弁護士は死姦は死体損壊に過ぎないと主張しているね
マジッスカ?
もしソースがあったら教えて下さい。

396 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 11:53:07 ID:HyIYPd1V
「安田 死体損壊」でググったらたくさん出てくるけど、とりあえず一つ。
ttp://blog.livedoor.jp/kingcurtis/archives/50223867.html
(この中の産経新聞の記事に書かれてます)

397 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 16:17:16 ID:MRcxflkM
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/death_penalty.html?d=060707jijiX181&cat=1&typ=t

398 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 16:31:19 ID:efv2/8G/
↓どう思う?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060707-00000024-jij-int
「国家の殺人」廃止を=日本の死刑制度で報告書−アムネスティ
 【ロンドン7日時事】国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)は
7日、日本の死刑制度に関する報告書を公表、「日本は国家としての殺人を実行している数
少ない先進国の1つだ」と非難し、死刑制度廃止を求めた。
 報告書は「日本では死刑囚に事前の警告もなく秘密裏に処刑が行われ、執行を待つ者の中
には高齢者や精神障害者も含まれる」と指摘。既に世界125カ国が死刑制度を法律上または
事実上廃止したほか、存続派の多いアジア地域でも廃止の動きが強まっているとし、日本も
これに続くよう促した。 (時事通信) - 7月7日9時0分更新

399 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 17:35:33 ID:Cbv5wqL4
>>398
死刑は他国や、一団体に言われて廃止を決める物ではない
日本の死刑の廃止、存置は日本人が決めることです
日本に死刑が必要ないと、日本人が認識すれば
人権過剰主義団体などに言われるまでもなく、廃止になるでしょう

結論としては、こいつら鯨食うな団体以下だな
鯨は一応資源としての視点があるので、他国への干渉もありかもしれないが
(あくまで資源が枯渇しているのならばの話だが)
死刑制度に対する他国への干渉は、単なる価値観の押し付けに過ぎず
まったく正当性はない




400 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/07(金) 17:39:37 ID:BY8zm/Jn
>>398
アムネスティは以前から日本及び米国、そして何より最大の死刑大国である中国に対して
非難勧告をしている。日本側は国民世論を鑑みて死刑廃止を見送る旨回答している。
(森山真弓法務大臣時代)


401 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 17:42:40 ID:fTFARYbM
>396
ありでした。
奥さんへの殺意の否定と泣いている子供をあやそうと首にヒモを蝶々結びした
と言う事実誤認がある。
と言う会見の発言は知っていましたが、この時にこんな事も言っていたんです
か。
なんか。この弁護士が段々北朝鮮の政府関係者にダブって見えてきました。

402 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 20:11:50 ID:q2cu8WOy
北朝鮮の関係者は世論をもてあそんで金儲けに利用してる本村洋じゃないのか?

403 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 20:21:26 ID:HtC2j0s+
>>398 イギリスは例え7歳の子供でも、平気で終身刑を言い渡す国じゃ
   なかったっけ? お前はそれを認めるんだな?
   他の国、団体がどうだから、日本はオカシイと考える事こそ
   オカシイのではないか?

404 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 20:25:37 ID:Rav628zS
>>403
横レスだがそれは違うはず
18歳未満に対して仮釈放のない終身刑を科すことは条約で禁止されてたと思われ。
ちなみに、日本の無期懲役は仮釈放制度を認めているので18歳未満に無期懲役を
科しても条約違反ではない


405 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 20:35:04 ID:HtC2j0s+
>>404 そうか、確か何年か前に、赤ちゃんが子供2人に誘拐され殺された
   事件があって、重い罪になったと思ったんだが、終身刑ではなかったか?
   誰かこの事件で知ってる人答えてくれ。

406 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 20:36:35 ID:HtC2j0s+
まぁ なんしか副だは死刑という事でOKかい?みんな

407 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 20:50:26 ID:Rav628zS
>>405
数年前の事件だったら知らんが、13年前におまいさんの言うのと合致した事件ならあるぞ

ttp://pine.zero.ad.jp/~zac81405/bulger.htm

あまり見たくはない事件なので心して読んでくれい

408 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/07/07(金) 21:34:43 ID:uNoaDl72
>>400
相変わらず、成長がしたままの蒼い、:(○´ー`○)だ。
ズーと非難をされ続けている。アムネスティが中国をメインに非難の
対処としているとは始めて聞いた。
アメリカと中国を並列し、尚かつ中国を前面に出すことにより、
日本の正当性を主張するその姿には、リベラルの欠片もない、本能だけの
ムシケラだな。
そして、君のずるいところは、アメリカでも州により異なることを
敢えて除外し平然と死刑推進国のイメージを植え付けるところだろう。
賎しい奴だ。
謀らずしも、日本は、非民主国の中国と同じだと言っていることに気がつくべきだが、
君の頭脳ではそこまで行き届かないのは、文面を見ていて分かるな。

409 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/07/07(金) 21:38:05 ID:uNoaDl72
>成長がしたままの → 成長が止まったままの

410 :ブルーリボンは正義の証 ◆.rs/blFuew :2006/07/07(金) 21:41:19 ID:UcLPVdS4
明らかに退化している唯が、他人に成長云々抜かしているなど片腹痛い。

411 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/07(金) 21:48:53 ID:EQ3qw5HR
アメの場合、50州のうち38州に死刑制度がある。
ブッシュがテキサス州知事時代に死刑を乱発して支持率を上げたのは有名。
凶悪犯事件が多いテキサス州では死刑を支持する世論が根強い。
また、中国は比率で言えば世界の9割の死刑罰を実行している国。
通常の先進国では有期刑の罪でもさっさと死刑にしてしまう。


412 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/07(金) 21:55:19 ID:EQ3qw5HR
アムネスティ・レポート 世界の人権 2003(中国)より抜粋

>深刻な人権侵害が続いており、状況がさらに悪化した面もある。表現、結社、信仰の
>自由に関する権利を平和的に行使したことにより、引き続き数万人が恣意的に拘禁されまた
>投獄された。拘禁刑判決を受けた者もいたが、多くは起訴も裁判もなしに行政拘禁されている。

>2001年4月に始まった犯罪撲滅キャンペーン「厳打」は1年間延長されることとなった。
>入手できた暫定的な統計によると、この取り締まりの結果不公正な裁判によって少なくとも
>1921人が死刑判決を受け、1060人が処刑された。拷問・虐待は依然として蔓延しており、
>「厳打」のため増加していると見られる。

事実を知らずに吠えても空しいだけ。
現実に目を向けよう。


413 :朝まで名無しさん :2006/07/07(金) 21:56:47 ID:j5W37gx/
アムネスティは死刑廃止をぎゃーぎゃー言うより
凶悪犯罪を抑えられる日本にあったシステムを考案し
提案してくれ。やらずぶったくりならガキでも出来るわ。

414 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/07(金) 21:58:01 ID:EQ3qw5HR
同じく
アムネスティ・レポート 世界の人権 2003(中国)死刑に関するレポートより

>政治的介入により死刑が引き続き広範囲かつ恣意的にまた頻繁に判決されている。
>「厳打」キャンペーンが開始されてから死刑執行の増加が見られるようになった。
>以前は拘禁刑が下されていた犯罪に対しても死刑を適用する傾向がある。死刑判決は
>2002年を通して増加したが、とくに11月の中国共産党大会への準備期間中に多く見られた。

>薬物犯罪や暴力犯罪だけでなく、脱税や売春あっ旋などの罪により処刑された人もいる。
>限られた資料によると、2002年末までにアムネスティは1921人の死刑判決と1060人の処刑を
>記録したが、実数はこれをはるかに上回ると思われる。
>執行は銃殺や薬物注射によるもので、判決後数時間以内に実施されることもあった。
>拷問による自白に基づいた誤審が前年までに数件発覚したという報告もあった。
>6月、国連国際麻薬撲滅デーの日に麻薬関連の犯罪により中国全土で少なくとも150人が処刑された。


415 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/07(金) 22:02:14 ID:EQ3qw5HR
因みにアムネスティが報告書として、日本政府並びに関係当局が実施すべき事項の要請

1)不当な取扱をうけたとする被拘禁者からの申立事例を検証し、
  取調べ、拘禁に関する立法及び実務を見直すこと。
2)「拷問禁止条約」を早期に批准し加入すること。
3)逮捕及び勾留手続が改正され、裁判官に対して拘禁中に受けた取扱につき陳述する権利を保障し、
  そのことを逮捕の際に告知し、裁判官が調査する権限を与えられるようにすること。
4)全ての被拘禁者があらゆる拘禁施設において、入所時及びその後も
  定期的に医師の診察を受けることができる旨の規定をおくこと。
5)取調担当官と被拘禁者の拘禁と福祉を担当する当局者とを正式に分離し、
  その責任体制の分離が被拘禁者に確実に認識されるようにすること。
6)全ての者はその逮捕の際に、その取扱について報復のおそれなしに告訴する権利があること及び
  その手続きを告知され、不服申立手続きが国連被拘禁者処遇最低基準規則に沿うよう保障すること、
  取調べ記録に弁護人がアクセスできるようにすること。



416 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/07(金) 22:06:17 ID:EQ3qw5HR
>「全世界が死刑執行を取りやめ続けている間、中国、サウジアラビア、イラン、アメリカが、
>世界の中の『トップ』の死刑執行人達としてこの刑罰形式(死刑)を乱用して目立っていることは、
>まったくもって異常なことです。」

>(アイリーンカーンAI(アムネスティ・インターナショナル)事務総長談)

これを読んでも唯の馬鹿は
>アムネスティが中国をメインに非難の
>対処としているとは始めて聞いた。
などと呑気に戯言を言い続けるつもりなのか?


417 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 22:07:47 ID:yGHYOr3E
原口は土井氏と西村氏と久米氏に私に対して嫌がらせをさせて、
私が怒ればそれを口実にこの三人に制裁を加えるつもりだった。
「助ける、どんな人間か分かってもらう、復活させる。」と言いながら、
行動が矛盾している。これは原口が人に言われるままに行動している証であり、
日本語のしゃべれないオウムの証。まさにアホハラ。
原口のホームページには、黒いスーツを着た原口の写真がある。
あれは闇の勢力の証であり、マネー・ロンダリングをしている証である。


418 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 22:56:17 ID:ggmTZQUE
唯の人て、すごい差別意識持ってるよね。
自分でそれを認識していないところが凄いと思う。

419 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/07/07(金) 23:44:43 ID:uNoaDl72
>>411
卑怯な(○´ー`○)だ、今更言っても遅いな。
恰も、アメリカと中国を並列にする辺りは、詐欺師そのものだ。
そして、非民主で、死刑の塗擦場と化して、世界の掃き溜めと言われる
中国と日本を同列におくその精神が知れないな。
アムネスティは中国のために有るのだ土佐。 お笑いだな。

420 :野口(下の唇)麻子(貧乳・微乳):2006/07/07(金) 23:51:32 ID:YBQSUnxZ
死姦の女神様。(人生壱回だけの性交で逝かせてよ。)
私の胸は、洗濯板に梅干が2個ついてあるの。(胸が無く乳首が大きい。)
縦・横にかかわらず縞模様の服を着るとラインが一直線な私。(ロゴ入りTシャツの字が歪まないの。)
マラソンで走ると乳は揺れなくて、乳首だけ擦れて痛くなる私。(大きいニップレスが必要。)
直立してて、横から見ると、腕のラインと胸のラインが同じ私。(胸は凹かもしれないの。)
私のバストは、Aの70cmです。(子供のできない身体なので中出しOKです。)
P,S,
私の写真です。
ttp://gazo.3ch.jp/saloon/img/1129889252/2.jpg
私はまだ30代なのに、×5です。(聡一。建。五郎。英夫。光男。)
ttp://gazo.3ch.jp/saloon/img/1140535588/2.jpg
342-0050-782-1-C−414(トスポ)


421 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/08(土) 07:25:09 ID:pNfkSwFU
唯の人は、別名唯の馬鹿だからw
オレは事実だけを提示している。
唯の馬鹿がどれだけ主幹に満ちた感想を逝っても
覆せないモノが事実そのものであるってコト。


422 :朝まで名無しさん :2006/07/08(土) 07:50:33 ID:huBX+gQJ
>>419
それにつけても、死刑廃止に向けてどんな活動してるの?

423 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/08(土) 07:55:33 ID:HzZ/8vok
まあ、アムネスティが死刑廃止のために様々な調査や勧告をしているのは
事実として、実情は常任理事国である米・中の二カ国が死刑制度を存続している
ってのももう一つの事実だ。この辺は国連としても歯がゆいんじゃねえの?


424 :朝まで名無しさん :2006/07/08(土) 07:58:47 ID:huBX+gQJ
いやいや、唯の人がw

425 :朝まで名無しさん:2006/07/08(土) 10:25:13 ID:r+RYKmNb
死刑でなければどんな罰を?

426 :朝まで名無しさん:2006/07/08(土) 10:39:32 ID:tCWtjw8M
>>419
なんだ、自覚しているんだ。
ヨーロッパ万歳で、自分で考えず前にならう事しか出来ないのなら、
新興宗教信者と同じ。
ヨーロッパが死刑を謳い、中国が死刑反対を謳えば
確実に死刑賛成に廻るだろうな。
なるほど、唯の馬鹿ねぇ

427 :朝まで名無しさん:2006/07/08(土) 15:14:39 ID:3oOTBiyC
唯の人に質問

アムネスティのレポートの中で
>日本は国家としての殺人を実行している数少ない先進国の1つだ
ってあるけど、これって死刑制度が存在しても一応先進国として
認めてもらっているって事じゃないの?
確かあなたの主張の中に「死刑制度なんて存在したら先進国として
認めてもらえない」っていうのが有ったと思ったけど、そんな事無いじゃん。

その辺についてはどうなの?


428 :朝まで名無しさん :2006/07/08(土) 17:03:21 ID:+16KwFaH
う〜む、唯の人ってのは人としての値打ちがタダってことか?

429 :朝まで名無しさん:2006/07/08(土) 22:50:02 ID:Qojx4yMl
>>426
>ヨーロッパ万歳で、自分で考えず前にならう事しか出来ないのなら、
新興宗教信者と同じ。

これは、死刑反対派全部に言えるよね。


430 :朝まで名無しさん:2006/07/08(土) 22:53:15 ID:MekIkqus
なにより本村信者にあてはまっているけどな

431 :朝まで名無しさん:2006/07/08(土) 23:02:42 ID:EskY0UV/
そろそろ本村の犯罪が晒される頃だなw
マスコミも酷いもんだw
とりあえず福田攻撃で延ばすだけ延ばして死刑になれば
次は本村。
とりあえず痴漢イメクラでの暴力事件からかね。

432 :朝まで名無しさん:2006/07/08(土) 23:07:34 ID:ZjvuNdEa
日本アムネスティは特殊。

433 :朝まで名無しさん:2006/07/08(土) 23:13:38 ID:m1SDx64m
http://namino.kdn.jp/other/src/1152366321144.jpg

434 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 11:48:02 ID:saIV1g1/
なんか、また何気なくジハードが沸いてる気がする。
唯といいジハードといい、漏れの感性じゃ理解できん。

そういえば、どことはいえんが、どっか似てるな、あの二人。

435 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 17:58:17 ID:tQFsfTGt
>>431
まだあったのか。
まるで人間神奈川県警だな。

436 :朝まで名無しさん :2006/07/09(日) 20:15:32 ID:cwXiZPx/
虚しい・・・・

437 :朝まで名無しさん:2006/07/10(月) 00:10:54 ID:1hf8vBD5
なしい…

438 :朝まで名無しさん:2006/07/10(月) 09:54:56 ID:Xkn2EKpy
>>431
前も言ったんだけどな

そんなに本村氏の犯罪(pgrが許せないんなら
「天国へのラブレター」持って警察へ訴え出なよw
良くて鼻で笑われて終わり
悪くてお勧めの病院紹介されて終わりだよw

439 :朝まで名無しさん :2006/07/10(月) 10:24:02 ID:oUv51itX
全くだ、牛刀持って高速バス乗り込むより簡単だろうによ。

440 :朝まで名無しさん:2006/07/10(月) 11:07:01 ID:N1xQ4u1O
本村の欺瞞は晒されるべきだな。
マスコミが作り上げたヒーローになんの価値があるだろう。


441 :朝まで名無しさん:2006/07/10(月) 13:45:08 ID:pUM3tNL9
>>440
何も出来ない、しないあんたよりは価値があるよ。
確実にな。

442 :朝まで名無しさん:2006/07/10(月) 19:51:31 ID:UxZ9wPnt
少なくとも、彼は正常だと思うぞ。
叩いてる奴に比べては失礼だが、比較にならんくらい。

443 :382:2006/07/10(月) 22:00:51 ID:t7wE7Y3L
>>385
お前も実際の賠償金の受け取り方法は知らない単なる法律オタクだな。

>>390
あんたは賠償命令が出た後の実際の賠償金の受け取り方法の手順を知ってるのか。


444 :朝まで名無しさん:2006/07/10(月) 22:15:27 ID:4PLj+8Hx
ボーナス一括払いでぜひ

445 :とおりすがり:2006/07/10(月) 22:17:27 ID:mUs7gAok
賠償金は
民事訴訟手続きです。なお刑訴の判決自体が証拠で使えるので
さっさと結審します。
709条不法行為で損害賠償をとります。「金何円を払え」

支払いを請求します。相手が払えば終わりです。
相手がばっくれたら
執行裁判所に申し出→差し押さえ手続きに入ります。じゃね!

ブロロロロォ




446 :とおりすがり:2006/07/10(月) 22:18:41 ID:mUs7gAok
ようするに
通常の借金バックれの手続きと同じだよ
借金バックれは債務不履行が根拠なだけ


447 :とおりすがり:2006/07/10(月) 22:23:23 ID:mUs7gAok
ちなみにおりは
@本村さんも木下パパも立派
Aなぜならおりだったら
裁判所に包丁持込→死刑判決が出なかったら暴れる→怒りのあまり心神喪失
→無罪を主張
Bそれをせず社会のルールにのっとり世論に訴えてるお二人は立派
と思っています。
じゃね!!!
バリバリバリバリ


448 :とおりすがり:2006/07/10(月) 22:31:50 ID:mUs7gAok
445の
ちょっと説明があまかったので
不法行為とは法律上の原因なくして相手に損害を与えた場合のことをさします。
交通事故から家の壁が崩れて相手に迷惑をかけたみなこれでやります。
で裁判所に民事訴訟をします。ここで確定するのは「金何円を払え」というものです。
これを債務名義といいます。
これで元の事件から切り離され単純にAはBに金○円を支払うという内容に変化します。
ここで払わないと執行裁判所にもういっかいいかなければなりません。
なぜなら「ひこくからきんせんのし払いがないこと」を確認する別の訴訟になるからです。
訴訟というと大変なように聞こえますが執行裁判所は屁みたいな手間です。
主にじったい法と手続き法のジャンル違いから二回訴訟するものです・
では大いに議論をしてくれ おれはバイク板にいって暴走してスレあらしてくるぜ!!!


449 :とおりすがり:2006/07/10(月) 22:59:14 ID:mUs7gAok
あぱらぱあぱらぱ
ふぇんふぇんふぇん

じゃあ被告破産しちぇばいいじゃん!!と思った人!
こういうのは破産免責の対象にならないよ!!!
ばっちり一生苦しむがいいさ!!!
ちなみに未成年なので親に請求できるなりよ!!!!
貴様の腐った精子も原因の一つだからね!!!


450 :朝まで名無しさん:2006/07/10(月) 23:35:22 ID:4PLj+8Hx
(。_。) むぅぉ〜いぃ〜かぁ〜い?

>>448
>なぜなら「ひこくからきんせんのし払いがないこと」を確認する別の訴訟になるからです。
(。_。) 支払いがないことが確認されたらど〜なるのでしょ〜か?
(。_。) 支払いを拒み続けることは不可能なのでしょ〜か?

451 :とおりすがり:2006/07/11(火) 01:10:57 ID:Y0EzTyqV
支払いがないと差し押さえ命令がでます。
で差し押さえするなりよ。
支払いを拒み続けるて?
不動産があれば「年月日差し押さえ」登記→競売 だけど先行する別抵当権者がいると
やるだけソン。
預金あれば銀行へ行って差し押さえ
給料も差し押さえ!会社いってもいいし
給料の場合は全部はむりだけどね!
一生のまず食わずにするニダ!
こないだの女子高生コンクリートつめは頭割りすると4000万と聞いた
うわさでほんとかどうかは知らぬ。
結局また恐喝でむしょはいったやつもそれで追い込みかけられて
やってたとうわさできいたがほんとかどうかは知らぬ。
じゃな
あぱらぽあ ひぇんへいぇnへんへん
pらららぱらららおあらららららら



452 :とおりすがり:2006/07/11(火) 01:15:43 ID:Y0EzTyqV
あと転付命令をとっていくという方法もあり
でもめんどっちいから自分で調べてね

























453 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 01:29:16 ID:XNJIQreA
人権屋さんはあいも変わらず、アムネスティが…、外国が…、どこそこの誰々さんが…、
死刑は悪いって言ってるからやめとこうよ、ってか?

バカ、たまには手前の頭で考えろっての。

454 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 01:36:51 ID:1fFnKu2b
○村さん朝鮮顔じゃん

455 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 01:40:21 ID:XNJIQreA
福田のほうがよほど・・・

456 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 01:45:21 ID:l9NIdh8x
>>451
(。_。) あり〜がとん
(。_。) 相手が無職でなければ、お給料から天引きって方法があるのね

(。_。) 相手が無職、資産0で逃げられちゃうと、追いかける時間と予算が大変そ〜だわ・・

457 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 02:14:57 ID:Y0EzTyqV
>>456
そのために実務法律家や探偵がいるのですよ。前者は住民票・戸籍みんなとれますし、探偵さんは
なんのかんのいってみつけちゃう。
要するに被害者のご遺族のほうも
お金が目的でなく、加害者(の家族)をいじかめるためにやりますので
首吊りまで追い込むのよ こわいこわい
宮崎の家族がどうなったか・・・・インターネットでしらべればでてくるでしょ





458 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 02:19:58 ID:Y0EzTyqV
ちなみに〜俺の知り合いの先生がやった話では
キキードカ うわ ○×※▲プ9NI▼dh8xあ・・・ふじこ

459 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 02:34:44 ID:Y0EzTyqV
今の日本では生きていくという選択をした以上
ぜったいみっかっちゃうよ。
逃げられる場合は追うほうで採算が取れないからやめるだけ
被害者のほうは採算抜きでやる この怖さ
ヤギちゃんの場合はむりぽいけどね。


460 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 02:38:07 ID:Y0EzTyqV
まあ本来宮崎君は成人だから
家族はそういって逃げちゃっても良かったんだけどね
逃げなかった
今回は未成年なのであのオヤジさんはにげられない
(代わりに親が払わなければならない)


461 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 03:59:49 ID:9Ix2pdt8
あの日から7年。
山口県光市母子殺害事件の被害者・本村弥生さん・洋さんの書簡集、
『天国からのラブレター』がついに映画化される。

「弥生さんと夕夏ちゃんが儚くも懸命に生きた証を
映画という形で残してあげたい。」

この想いからプロジェクトはスタートした。

手紙がつなぎ続けた心の絆。
2人の純粋な愛の形を、まっすぐに描く感動のピュアラブストーリーだ。

どんな絶望の闇に取り残されても、
本物の愛があれば人は、また前を向いて歩いていける。
そう思ってもらえるように…。


「生きて」
そう何人に言われるよりも…。
君を愛した、君に愛された。
永遠に消えないこの愛があれば僕は生きていける。


愛する人を抱きしめてください。
愛する人に思いを伝えてください。
愛する人のために涙を流してください。

http://www.tengokulove.jp/

462 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 04:11:53 ID:nQTgjOEr
>>461
どうせ商業ベースに乗せる為に
「コンクリート」みたいなポルノ映画になるんだろうな。
遺族も大変だねw


463 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 08:24:25 ID:Y6pARsRY
殺されてしまった奥さんと子供さんを、被害者という顔だけではなく、
一生懸命に生きた一人の人間として見て欲しいって言う気持ちは
とてもよくわかるけどな。
とくに、何もしてあげられなかった事を悔やみ続けている本村さんなら、
尚更じゃないだろうか?
映画で描かれる愛というテーマに、アレルギー出るような人もいるとは思うけど、
本来はとてもシンプルな気持ちだと思うけどね。

本村さんは自分の為にしているんだと思う。
自分が納得のいくまで、2人の為に何かをしてあげたいんでしょう。
自分の為というのは、お金の為などではなくて。

464 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 19:35:30 ID:GSLIs5dq
製作会社は創価企業。
主演は北チョンとつながりが深いバーニングのタレントと
代表取締役が創価信者のエイベックスのタレント。

これは何を意味するのか。

465 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 19:55:06 ID:GdFSXNCY
死刑反対派の皆さんはご自分が、殺人事件の被害者遺族になった時に「犯人を
死刑にしないで。」と言えば良いのであって、犯人の死刑を望む被害者遺族に
ちゃちゃを入れるのはスジ違いだと思います。

466 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 20:06:59 ID:X8ygmrop
>465
オーッ! 正論中の正論が登場です。

467 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 20:10:57 ID:Y0EzTyqV
ん〜>>465
464みたいのはちゃちゃをいれたいだけで死刑反対派ということでもないと思うがな
ちょいとあちこちの掲示板をみてみたが死刑反対派の連中は「生きてつふなえ」という趣旨
だと思うがな。数レス前で損害賠償について解説したものだが
面白いことに2ちゃんの死刑反対派は学会などの死刑反対派とちと違う。
学会の死刑反対派は主に犯罪は環境で起こる物→少年をとりまく社会が悪い→更正の機会を与えよ
→社会が悪い→国が悪い
 少年は悪くない→教育論のほうへ  で被害者は? 関係ないという感じだよ。
2ちゃんの死刑反対派のほうがまともだと思っている。
ちなみに私は13条>36条説で死刑合憲説を採るものです。最高裁判例どおり
ただし、学会は死刑廃止論優勢だが 最近の傾向でどうだろう。
学会ウオッチしてたのは受験時代だからねえ


468 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 20:54:25 ID:Y0EzTyqV
ア 受験といっても司法試験ではないなりよ
司法試験はあきらめたっス。
いわゆる代書やさんだよ。


469 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 21:07:03 ID:Y0EzTyqV
ちなみにさっきの取立ての方法も
学会の死刑反対学者さんからは
犯罪者の構成の機会をうばうものみたいなことをいう。
国家が補償する道とかいいだすんだよ。
だれかというとみんなもしっているK先生
でK先生は本来刑事政策というジャンルの先生で
憲法のほうの廃止論者はそこまではいわない
終身刑という変わるべきものがあるからという理由だな
だけど憲法論では「収監費用」はかんけいなく議論される。
刑事政策論では「収監費用」というものは考慮される
勘違いしないでほしいのはK先生は刑事政策の中でも異端の先生。
本来刑事政策というのは「犯罪の種類を多くしすぎると、一般人の人が軽い犯罪に陥ってしまい」
よって法規範意識が逆になくなってしまう可能性と抑止力とのいい塩梅と刑務所費用のいい塩梅を探す学問
普通の刑事政策の本を読んでみるとK先生は無人島でチン問屋やっていることがよくわかるよ。
刑事政策は禁酒法というもののしたでマフィアが勢力を伸ばしたことに対する反省から生まれたもの
禁酒法は要するに厳罰化の局地なのだがそれがゆえ凶悪犯罪者が逆に増えた。
禁酒法はアメリカの敬虔なキリスト教精神からうまれたものでもあるので
文化論を踏まえてするもの
それができないK先生は学生から学会まで、ほんとには相手にされていない。(昔教わりましたが)


470 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 21:08:59 ID:Y0EzTyqV
罪者の構成の機会をうばうものみたいなことをいう→更正の機会を
スマン


471 :ご隠居:2006/07/11(火) 21:27:18 ID:/j5wSqDF
殺したって人間どうせ最後は死ぬもんだからと言う判決の軽さが
犯罪を増やしている、
サヨ裁判官の不始末を国民は糾弾せねばなるまい。

472 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 21:55:33 ID:YYWyMPok
高裁までの裁判官は、出世のために刑罰を軽めに設定する、と昔聞いたんですよ。
事実かどうかはしらんが、詳しい人どうでしょ?

もしそうだとしたら、サヨ裁判官ってより日和見とか自己中になると思います。
もちろん、サヨも大分入ってると思いますけど。

どっちにしろ、ちゃんと仕事できないなら転職すべきです。公職向きではない。

473 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 23:59:08 ID:Y6pARsRY
>>464
その辺は、製作や資本や監督の繋がりで、
本村氏とは、関係ないんじゃん?


474 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 05:17:39 ID:jCjHVUDM
ん〜>>472
裁判官の出世はどちらかというと
民事をいかに早く片付けたかだよ(だから和解にもってってしまう)
刑事については上告されてひっくり返された場合にはそりゃ関係するが
まあ民事のほうはどっちもどっち(100パーセントどっちかが悪いのであれば
良いのだがたいてい訴えたほうも訴えたほうのことが多い)
のことが多いので。



475 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 05:58:55 ID:jCjHVUDM
補足すると
例えばアパートの立ち退き 貸主側は立ち退きへの正当事由があり
補償金をその正当事由の補完のために提示したことが認められる条件
で事前に交渉して借主が契約書にサインしたが「立ち退き料が相場より安かった場合」
この場合大家が説明が不足して契約書にサインした場合については
錯誤無効とかいうことになるわけ(実際には80パーセントぐらいの内容の説明だったりする)
というわけで大家は立ち退き料上積みしてくれ、借家人は立ち退いてね
というのを和解でしょりするような感じ どっちもエキサイトしてるから
弁護士とも相談してこんなもんじゃない?とえんえんやってくわけ
じつはそういう事件が一番多い 和解不成立→判決とやってると口頭弁論4回ぐらい開くことになり
おまえこんなのも和解でもってけないのか?ということになります。
どっちにも非があるから裁判所にいくことになるわけですよ。そうじゃなければ
普通裁判所に行く前にケリついてます。だとするとどちらか百パーセント勝ちというわけには
いかないから和解しろというふうになることです。それを以下に上手く処理したか?という感じです。
刑事の場合は量刑という問題より「上告された場合に事実認定を間違えている」
「上級審の判例と矛盾したものを出した」場合においおいということになるわけです。
例えば今回の光市のやつは「永山基準に照らしても死刑相当なのに無期懲役はおかしいだろうが!」
と差し戻されたわけです(差し戻し審というの
は高裁が上級審の判断にしがっていない、上級審の判断と違う判断をしたことに
正当性がないという意味。高裁が最高裁の方針にあっているもしくは
違うことになってもごもっともな理由がある 場合は特に無問題


476 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 06:21:15 ID:jCjHVUDM
判決納得イカーン
和解納得イカーン
弁護士が向こうの弁護士と結託しとるんじゃないか
とかいう話は民事がものすごく多い

ただ客に向かって「お前も悪いんだけどよ」
「お前がバカなのよ」といわないのは お約束。


477 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 06:28:59 ID:jCjHVUDM
今回みたいのは
裁判官がへまをしたか?というのはあまり問題にならない
一個だけで人事評価するわけではないので。
まとめると@民事をいかに和解で上手くまとめたか
     A刑事は事実認定を間違えていないか・甘いところがないか
が一番の人事評価ポイントとなっていると思う。
まあ自分好みのはんけつがでんかったからといって
サヨとか言わんほうがいいと思うぞ。
一応別スレで解説しといたから(あいりちゃん事件のほう 暇だったら読んどいてくれ)


478 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 06:33:03 ID:jCjHVUDM
昔聞いたのが別スレの1およびパンかすくんだったとしたら
あの二人は制度論えんえんとやっているわりには間違えているところが共通していて
しかも会話が成り立つという同一人物の上に知識範囲が公務員試験なので
言いたいことは裁判官=公務員=腐敗
多分公務員試験うからなくてぐれただけだから忘れな。


479 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 07:07:28 ID:jCjHVUDM
475
には事実認定を間違えている
もいれてといてくれ
もし下級審の判決が上級審として文句がなく、控訴したの奴のわがままなら
棄却(門前払いで確定)
ある意味上級審が審理したということが下級審の裁判官にマイナス評価したということ。


480 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 07:53:22 ID:jCjHVUDM
ただ裁判官=サヨ
というのは一理あるかも知れぬ
例えば先ほどのアパートの立ち退きからいえばどっちかというと
大家さん資産あるでしょ?という感じで店子の言い分を聞いて
立ち退き料上積みするようにいうことが多い 
で、大体K党やS党の店子のことが多い
だから肩と持っているように見えてしまうかもしれん。
まあたしかに貧乏人の肩をもてばサヨとなってしまうかもしれんが
実際のところ弁護士 年収三千万くらい 裁判官しょせん国家公務員
ということがあり 弁護士>ヤメ検目当てで検事>正義感で検事>
正義感で裁判官もしくはマニア
という感じなのでそう見えてしまうかもしれない
ところで裁判官がどうという問題ではS大学がなぜつくられたか
S大学は司法界にSの人間を送り込むのが目的
5年にいっぺんぐらい司法試験合格者だすが
必ず裁判官になる
でSか信者とそれ以外のときに極端な判決を出すことがあるとは言われている

ただ今のSかの話をもって裁判官おかしいとはいわんでくれよ
あくまで全体の中のごく一部の問題



481 :ご隠居:2006/07/12(水) 08:12:58 ID:5Q6JWE58
弁護士同士の話し合い、談合を反対しよう。談合罪を適用してくれ。
自分達の利益優先の話し合い、談合は迷惑センバン。ペテン師だ。

482 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 08:22:04 ID:yHvc5IfY
>>472

むしろ、なんで刑罰を軽めに設定すると出世のためになるのか、どんな説明が
あったのかの方が興味深い。

483 :ご隠居:2006/07/12(水) 09:39:18 ID:5Q6JWE58
気の小さい役人根性、死刑など怖くてできない。
どんな仕返しがあるかとびびる。
大臣になっても執行の判さえ押せない。
裁判長になっても4人も殺さなければ死刑判決だせない。
全て気の小さい役人の身勝手な国で御座る。

484 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 16:52:50 ID:er2yZ6GT
「死刑にしないでほしい」と訴えた、殺人事件の被害者の肉親の手記
http://ww4.tiki.ne.jp/~enkoji/harada.htm

485 :パンとサーカス:2006/07/12(水) 20:50:36 ID:pqrVD5Yu
 刑事事件に関する現在の損害賠償制度には限界がある。現在の制度でも十分みたいな
誤解を与えるから、>>445->>460 は撤回すべきだな。刑事事件に関する損害賠償問題は、
刑事司法制度に被害者の民事賠償を組み込んで解決するしかあるまい。

 現在の制度では民事と刑事は別との立場がとられているから、刑事事件の量刑判断や
民事事件の証明などしか連携がとれてない。これは、犯罪と被害者の損害を区別
する発想をとっているからだな。
 刑事事件の犯罪は民事賠償を生じるけど、損害賠償を取り立てるためには別途
民事裁判が必要だし、裁判に勝っても具体的に賠償金を取り立てられないと被害者に
とって意味がない。実際問題として無資力で支払う気のない加害者から、賠償金を
取り立てるのは困難だよ。探偵とかおもしろい話をいろいろ持ち出しているけど、
現実的な話とは言えない。仮に被害者が採算を度外視して賠償金を取り立てたとしても、
それが採算を割り込むものであるなら現実的とは言えない。
 各人の努力には限界があるし、金に糸目をつけない救済手段を講じることが
できる者だけが救済される制度では、公平性に欠ける。また、例え未成年であっても
犯罪者と直接的な関わりを持たない親族にまで過大な被害弁済を求めたりするのは、
個人主義にも反する。

486 :パンとサーカス:2006/07/12(水) 20:51:55 ID:pqrVD5Yu
 これも私見になるが、刑事と民事を区別するから、犯罪被害者の被害弁済に関して
国が消極的になってしまう。立法論的に言えば、例えば仮釈制度と被害弁済を
結びつけ、被害者に対する債務を完済するまでは仮釈を取り消さないなどの処置を
とれば被害弁済に国家的な保障を与えることが可能。
 賠償金の完済まで仮釈放をとかない圧力が、債務弁済へと導く。仮釈制度によって
所在や就職先は容易に把握できるから、それが支払いへの具体的な担保になる。
場合によっては、国が直接犯罪者から取り立てれば確実に賠償金を取り立てることが
できる。国の負担も仮釈放に対する経費しかかからないからリーズナブル。しかも、
犯罪傾向が高い元犯罪者の身柄を損害賠償完済まで確保できるのだから、犯罪対策効果
も高い。損害賠償の請求が担保され加害者に特定されれば、加害者親族などへの社会的
非難も軽減でき、個人主義にもとづく問題解決もはかれる。良いことずくめだね。

 ただ、罪刑法定主義の伝統的理解では絶対的不定期刑は禁止されている。だから、
現在の制度をそのまま使っても効果は少ない。仮釈を使って被害弁済を担保する
ためには、無期限に仮釈期間の延長を認める必要がある。これは、絶対的不定期刑を
禁止する罪刑法定主義に反することになる。しかし、罪刑法定主義もイデオロギー
にすぎないのだし、被害者の利益のために修正されてもかまわない、と俺は思うね。
 そもそも、罪の概念は多数派の趣味の表れだ。民主主義国家では罪も刑期も憲法に
抵触しない範囲内で自由に国民が決めることができる。原則的な罪と罰の理解から
すれば、絶対的不定期刑禁止は必ずしも人権上の制限にはあたらないとの理解もできる。
そもそも、無期や幅のある刑期選択権があるわけだし。しかし、どうしても不定期刑が
嫌なら刑の上限を一律に引き上げ、平均的仮釈放適用期間を伸ばせばよい。

487 :パンとサーカス:2006/07/12(水) 20:53:06 ID:pqrVD5Yu
 刑事と民事を分ける現在の制度では、被害者救済が不十分なものになる。また国が
犯罪者に代わって被害を弁済するのは限界がある。だったら、潜在的犯罪者の身柄を
確保する意味でも、仮釈と被害弁済を直結させて犯罪者を管理するしくみを作るのが
合理的だと思うね。潜在的犯罪者層は決まっているわけだし、ゴミどもを社会内で
集中的に常時監視するしくみを作れば犯罪も減る。そのかわり、仮釈期間中の
犯罪者には、例えば優先的に職を斡旋するなどアメを与えてやればよい。ただし優先的
就業保障で得た利益は被害弁済で搾取してしまえば、社会正義にもかなってる。
 ただ、犯人がまったくの無資力の場合とか働けない場合、外国人の場合などが
ある。そのような場合は、犯罪被害者が民事賠償を取り立てられる可能性は低い。
そう言う場合にこそ、犯罪被害者給付金額を上乗せして遺族に支払うべきだね。
 犯罪被害者給付金が少ないとの主張を散見するが、ほんらい損害賠償請求は加害者
にすべきであって国にすべきものじゃない。国が犯罪被害給付をするとしても、
それはあくまで補助的なものと位置づけないと膨大な支出を国が負担することなる。

 犯罪被害者に対する損害補填については、国が犯罪被害者の加害者に対する取立てを
補助的に助ける制度が望ましい。潜在的犯罪者層の監視・管理を広範に確保する意味
でも、犯罪者の実質的人権制限とそれによるもとづく債務取立て保障制度を実現すべき
だね。現代版「非人」「債務奴隷」制度と言えば、身も蓋もないがw
 現在の制度では、犯罪被害者が国の保護を満足に受けているとは言えない。
それが必要以上の重罰化を望む背景にもなっている。現状をあらためる意味でも
被害者の損害賠償と刑事司法制度を関連付ける制度改革が必要になると思うね。

488 :ご隠居:2006/07/12(水) 21:07:20 ID:5Q6JWE58
人を殺せば死刑が当たり前、屁理屈言って生き延びたって
そんな奴はどうしようもない人生、早く楽にしてくだされや。

489 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 21:13:08 ID:vkp/5lap
>>474-480
色々THX!やはり専門的なことは難しいなぁ。

>昔聞いたのが別スレの1およびパンかすくんだったとしたら
いや、知り合いに聞いたってレベルです。

>>482
詳しくは聞いてませんが、例えば死刑判決等を出すと、出世ができないとの由。
マスコミや人権家がごねるような判決は出したがらないとか言ってました。

遅レス申し訳ないです。

490 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 21:28:01 ID:AkFUXn+j
今回まだまだ確定までは時間かかるとはいえ死刑でほぼ決まりで一安心だな。

被害者遺族の方は、民事は争わないとの事だけれど実に残念というか甘いというか。

民事は民事で争って欲しかったというのが正直な感想だな、あの親を見ちゃうとね。

491 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 21:57:37 ID:9jkvLFBj
>>490
しかし、これで民事まで争おうとすると
「結局こいつも金が欲しいだけなんじゃねーかw」と言い出す連中が湧くから
これで正解と思われ。

492 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 23:07:39 ID:TiT8w0AQ
>>486
> 賠償金の完済まで仮釈放をとかない圧力が、債務弁済へと導く。
なんで?
多少不便だけど賠償金を踏み倒しつつ
安穏と暮らせばいいんじゃないの?
賠償金の支払いが滞ったら仮釈放を取り消して再入獄させるって意味?

無期の判決を受けて仮釈放だと死ぬまで監視が続くんでしょ?
そういう受刑者には賠償を払うメリットが無いじゃん。
少年は無期でも10年でいいらしいけど。

493 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 23:19:26 ID:jCjHVUDM
>>489
それはいわゆる都市伝説という奴です。
永山事件というのが日本刑法史のターニングポイントでして
それまではご隠居のいっているとおりで
@人を殺したかどうかA自己中心的さB被害者にもあった落ち度(痴情のもつれとか
やくざだったとか)ぐらいしか基準にしていません。
身代金目的誘拐殺人だから死刑だったのではなく上記の理由ゆえ死刑なのです。ところが
永山事件のときは世論が助命でもりあがってそれに対しての説明としてしけいにするべき
9つの理由をあげて死刑にしたのですが
それが故にこんどは9つの観点からみて分析することになってしまい
死刑がでにくくなったのです。で今度は世論はなぜ死刑がでないの?となってしまい
自分の脳内で自分を説得するために作り出したようなものです。
永山事件でどうかわったか?については別スレの愛理ちゃん板でかいときました。
あいりちゃん事件の板の852以下、制度的なものについて876以下。
今回の最高裁判決は永山基準自体は変えずに「永山基準に照らしても死刑であるのに高裁はあやまって無期懲役にした」
から高裁に「差し戻し」ある意味高裁の裁判官が「へまをした」といっているのです。
でもこれは出世には影響しない・・・というか高裁までになるとみなさん優秀な人なので
Sの影響下の裁判官については(知っている限りは)地裁以上に行かないから一応手間だが上告するということで(笑)
むしろあいりちゃん事件のほうが永山基準今から30年前の、まだ日本人がよほどの理由がないと人を殺さず
凶悪事件が少なかったコロの日本社会をもとにした基準が変わる可能性があるのでして。




494 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 23:31:15 ID:jCjHVUDM
ちンカス君
刑事と民事が別なのは本村さん自身の行動のとおり。そこから良く考えな。
そろそろ公務員試験終わったころだね
それじゃだめだ(笑)
>>492 チンカス君は脳内で制度つくりあげちゃってるから
無駄だよ。いくらでも自分の都合のいいように制度つくりあげてさもごもっともに
展開するから。でも基礎がうそだからだめ
つりだからほっとけ





495 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 23:39:31 ID:hsKXc525
死刑廃止の人にご質問。

死刑反対の人は、この凶悪犯とその父親と糞弁護士についてはどう思ってるのさ?

496 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 23:40:54 ID:jCjHVUDM
ご隠居 
あなたのいっていることでいいと思う
というよりあなたの感じ方がまともな感覚なのだろうと思う
永山基準がぜひかわってほしいと昔から思っているよ。


497 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 23:49:27 ID:vkp/5lap
>>493
なるほど、また私は釣られてしまったわけですねorz

ともあれ、前例主義にも困ったものですね。
まぁ、判例重視にも色々根拠があるのでしょうが。
しかし、一度新しい展開があると、以後も影響を受けると言うのは、此度は歓迎ですな。

498 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 00:04:35 ID:PTBO8/Hv
>>445
いきなり法律オタク的な説明は止めてくれよん。
とおりすがりの法律オタクか。

>>448.449.451
だいぶ説明があまいよ。請求できるかどうかの説明を尋ねてるんじゃないよ。
実際に請求した金額の現金を支払わせる方法を聞いてるんだけど。
預金を差し押さえるのって相手が預金を他の口座に移してたら差し押さえ
できないじゃん。
給料差し押さえの実際の手続き知りたいよ。

499 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 07:03:20 ID:xFyZpUGr
>>498
いや実際にことおりでげす。
君が交通事故の無保険者・アパートに住んでるサラリーマンとして
に金15000万円といいっても実際には払えないでしょ?
金銭的保障としてはまったく意味がない 本来は例えば傷害や暴行でも
民事上の支払いを(治療費を)はらったかどうか?というのは刑期が短く
なる一材料となる。反省の具体的な表れとしてね
それをやらないから民事でかかっていく。普通の犯罪者?は一応上記をやるのでがす。
宮崎君のおじいさんとかはやらなくても良いのだがやった。その辺は立派だけど裁判所は評価しなかったけど。
そういう反省すらしないものに対していやがらせでやるの。一生働いて償え!といったところで償わない人にむりやりつぐなわせるのでげす。差し押さえという方法でね
一生働いて償います!という気持ちになったとしても実際には前科物なんか給料やすいんだから毎月7万とかはらっても
完済などできないでしょ。自主的に払うという気持ちは立派だが(交通事故無保険でひいちゃったひとでそういう人もいるよ)
主に犯罪者の人生というか、時間で償ってもらうために行うことで、金銭自体で償ってもらうためにやるわけではない。
まともな生活をさせないためにやる。
「預金を差し押さえるのって相手が預金を他の口座に移してたら差し押さえ
できないじゃん。」→詐害行為取消権による取り消し もし別口座から車買ったとしたら
これも訴訟だが車屋から購入代金を元の口座に戻させる 
車やはソンをする→仲間内で情報交換→二度とうらない
もし、被害者に自主的に支払っていて、毎月謝罪してはらってみよう
「じつは仕事で車かいたいんです。どうしてもいるんです」といったら
被害者のほうでも「しょうがないそれはいいよ」というかもしれない(詐害行為取消権を使用しない)
民事のやりかたは「裁判所の決定とは無関係に被害者の任意的な判断で許す許さない」となるんだよ
自主的に毎月頭下げに払っている人、すでに刑期も終えて社会にでてきて、やらなくてもいいのに自分の気持ち
で払いに行っている人のほうが実際多いでへす。
務所にはいったからOK 金はらえばOK
>>498
はそういう風に考えているの?
普通の人は、払いに行くんだよ。人の気持ちとしてね。





500 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 07:13:01 ID:xFyZpUGr
もとから
金銭的賠償なんか自主的にはらったとしても
払えないんだよ>>498 金がはいればそれでいいのか?金が払われれば被害者は
満足するのか?ちがうだろ
人生をかけて償うというのはそういうことじゃないんだよ。そうじゃない?
相手から罵倒されても毎月線香手向けにいって命日の日にお金払っている人もいるのよ
おりの近くで言えば高専の学生で酒酔い運転で殺してしまい保険がおりなかった
社会にでてからも毎月ずっと払っている人がいるよ
また民事の場合は加害者側の弁護士も債務履行に協力しなければならないので
この辺は協力しないどころか被害者側に立ってやります。>>498 償うということが
金銭だけとおもっているの?
民事のやり方は犯罪者に人生でつぐなわせるんだよ。
わかった?





501 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 07:28:02 ID:xFyZpUGr

>>497

なぜ国家賠償がないのか
安心して人殺しができるため、仕事人という職業がせいりつしちゃうからなのよ(笑)
パンカス君のいっていることなんか思いつきだこて



502 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 07:39:15 ID:xFyZpUGr
>>497
あと上記の例でいえば
だれも保険なんか入らない。


503 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 07:41:06 ID:xFyZpUGr

>>498
君は明日車の保険解除して
人引いてみればどういうことかわかるよ
君は一生貧乏な人生送るだろう
そういうこと


504 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 10:02:40 ID:e2c1Uopu
>>490-491
>>35

505 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/13(木) 10:04:42 ID:EhnsHKy8
>>35は悪意に満ちた曲解。


506 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 10:46:29 ID:yzXGtQ3n
>本村洋『レイプされて生きてるような女は恥知らず』

どのみち奥さんは死ぬしかなかったんだな

旦那にまで見捨てられるなんてカワイソウ

507 :ご隠居:2006/07/13(木) 11:01:55 ID:DW2id4bE
法律の解釈基準はこれからの世の中が平和で安心して生活の
できる世の中のを創造していくことじゃよ。
殺人にも三分の利なんていってたらこれからの世はめちゃくちゃじゃよ。
人殺しは一人でも死刑。世の中良くなるぞよ。

508 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 14:51:44 ID:DW/9YJ59
>>507
>人殺しは一人でも死刑。世の中良くなるぞよ。
全く同意、スレチだが↓のような鬼畜親を”執行猶予”等という言わば合法殺人を認めてしまう司法も早急な改善が切望される。
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1139198517/l100

509 :パンとサーカス:2006/07/13(木) 18:47:04 ID:kAz12Fud
>>494

 >>492 は現実的に取れるかどうか聞いてるんだろ。あいかわらずあやしげな法律論
繰り返してなに言ってるんだかw

 実際問題として差し押さえ対象の口座なんてどうやって調べるよ?差し押さえる
にしても口座が特定できなければ無理じゃん。銀行は守秘義務があるから普通に
聞いても加害者の口座関係の情報なんて出さないよ。裁判上の手続きで手順を踏んで
照会かければでないこともないけど、コストも手間も時間もかかる。探偵とか
持ち出すかもしれないけど、それって変な本の読みすぎだよw
 そもそも、口座がわかっても金が入ってなければとれないじゃん。一般的に言えば
ばっくれて被害弁済しない犯罪者って、金もってないだろ。せいぜいあっても、
毎月振り込まれる給料くらい。小額しか口座に入ってなければ、その都度差し
押さえするわけ?十万単位とか。より直接的に給料の差し押さえ・天引もできない
ことはないけど、就職先転々とされたり、夜逃げされたらそれまでじゃん。
詐害行為取消権とかどこかで聞いたような用語ならべてもっともらしいこと吹いてる
けど、金を移した先・使った先がわからなければ取り消しようがない。それも探偵と
やらが調べるとか言いだすかもしれんが。
 しかし、探偵が個人情報とるって、警察OBとかが違法くさい方法で情報収集
してる現状を肯定するってことだろ。平然とそのあたりを肯定してみせるあたりに、
DQN臭がプンプンしてるし。

 とまあ冗談はこのくらいにして本題に戻る。君が主張するのは、金に糸目をつけず、
手間を惜しまなければ、「民事上の手続きで加害者を『苦しめる』こともできる」
と言ってるだけ。それが果たして、被害者の現実的な救済に役立つと言えるのかね?

510 :パンとサーカス:2006/07/13(木) 18:48:32 ID:kAz12Fud
 金がなく払う気のない加害者から、現在の制度で金をとるのは困難。これは
素直に認めないと。困っている犯罪被害者が現実に沢山いるんだし。住所変えたり
就職先を転々とされたら、普通の人はそれだけで金をとるのは困難なんだよ。
 加害者に対する金銭的な損害賠償の実効性を真剣に考えるなら、現在の制度をかえる
しかないじゃん。現実問題として、いくら民事で債務名義とっても金とれないケースが
たくさんあるんだもん。そのくせ、加害者は刑務所で職業訓練受けたり、保護司から
就職世話されたりと国から手厚く保護されている。この現状は改めるべきだろ?

 国が加害者の出所後の生活を補助するのと同様に、国は犯罪被害者の生活被害を補助
すべきなんだよ。そして、犯罪被害者の金銭的な補償は、基本的には原因を作った
加害者が負担すべきだ。国が被害者にすべき生活補助の本筋は、被害者給付金を給付する
ことなんかではない。被害者が加害者に被害弁済を請求し取り立てるのを、制度的に
手助けすることじゃないかね?俺はそれが正論のように思うが。

 この点に関して現在の制度は、まったくと言っていいほど被害者の役に立ってない。
個人情報を確実に国が持っている仮釈中であっても、国は被害者に加害者の個人情報を、
積極的に出したがらなかった。加害者の住所や就職先がわからないと取立てや差し押さ
えるべき資産の情報などが得られないのに。かと言って、国が加害者に代わって
犯罪被害を弁済してくれるなんてこともない。これでは被害者はまったくのやられ損だ。
このあたりが、重罰化の世論を強くしているとも言える。
 復讐感覚や刑事裁判のやり直しのためだけに民事訴訟しても意味ないじゃん。実際に
損害賠償をとるために損害賠償請求できるようにしないと。そのためにも、国が
加害者の支払いを担保するしくみを作る必要があるんじゃないの?

511 :パンとサーカス:2006/07/13(木) 19:02:30 ID:kAz12Fud
>>492
>賠償金の支払いが滞ったら仮釈放を取り消して再入獄させるって意味?

 簡単に言えばそう言うこと。それくらいの脅しがないと効果がないもん。
罪の本質は多数派の趣味だ。だから、仮釈の許可や取消しも専門家が職権で
判断するより、民意を直接的に反映させて判断するのが適当。俺の自論は、
仮釈・恩赦の審査を民主化すること。民意が弁済を渋る不真面目な犯罪者を許す
とは思えない。
 仮釈は弁済のための最大のアメだから、取り消しを安直にうつのは効果の点で
疑問がある。ペナルティーを科すとしても段階的に科すのが合理的だとは思う。
しかし、最終的にその判断は民意を反映した審査機関が決めることだと思うね。


>無期の判決を受けて仮釈放だと死ぬまで監視が続くんでしょ?
>そういう受刑者には賠償を払うメリットが無いじゃん。

 これは恩赦を柔軟に運用することで解決できる。恩赦すれば罪がなくなるわけで、
罪がなくなれば仮釈の基礎になる罪も存在しなくなる。仮釈だけでなく恩赦に関する
審査も民主化して柔軟に運用すれば、この問題はクリアーできる。また、保護観察
のない執行猶予も存在するわけだし、そのあたりは制度的に加減できると思うね。
 まじめに生活してきちんと被害弁済した犯罪者は、十分に罪を償ったとして
許してもかまわんだろ。もっとも、それを決めるのは罪と罰を定義する民意だとは
思うが。

512 :ご隠居:2006/07/13(木) 20:06:10 ID:DW2id4bE
>>511
おぬしは甘い。真面目に被害弁済と真面目なフリしてるのとどう見分けるのだ
オレなら犯罪してムショニ入れられたらそれは模範囚になって早く出るぞ。
出たら舌出して笑ってやるワイ。世の中甘いとナ。犯罪者の更生などとんでもない
罪を犯したら罰する、そうしないから再犯がほとんどだ。死刑に勝る再犯なし。

513 :パンカス先生!!:2006/07/13(木) 22:18:25 ID:xFyZpUGr
「これも私見になるが、刑事と民事を区別するから、犯罪被害者の被害弁済に関して
国が消極的になってしまう。立法論的に言えば、例えば仮釈制度と被害弁済を
結びつけ、被害者に対する債務を完済するまでは仮釈を取り消さないなどの処置を
とれば被害弁済に国家的な保障を与えることが可能。」

遺族年金という保障制度があるのことについて説明してください。



514 :パンカス先生!!:2006/07/13(木) 22:19:35 ID:xFyZpUGr

民事と刑事は別との立場がとられているから、刑事事件の量刑判断や
民事事件の証明などしか連携がとれてない。これは、犯罪と被害者の損害を区別
する発想をとっているからだな。

民事は私法 刑事は公法なんですが違いについて説明してください




515 :パンカス先生!!:2006/07/13(木) 22:21:14 ID:xFyZpUGr

賠償金の完済まで仮釈放をとかない圧力が、債務弁済へと導く。仮釈制度によって
所在や就職先は容易に把握できるから、それが支払いへの具体的な担保になる。
場合によっては、国が直接犯罪者から取り立てれば確実に賠償金を取り立てることが
できる。国の負担も仮釈放に対する経費しかかからないからリーズナブル。しかも、
犯罪傾向が高い元犯罪者の身柄を損害賠償完済まで確保できるのだから、犯罪対策効果
も高い。損害賠償の請求が担保され加害者に特定されれば、加害者親族などへの社会的
非難も軽減でき、個人主義にもとづく問題解決もはかれる。良いことずくめだね。

立候補してください




516 :パンカス先生!!:2006/07/13(木) 22:22:27 ID:xFyZpUGr


立候補してくださいただ、罪刑法定主義の伝統的理解では絶対的不定期刑は禁止されている。


昔 それを禁止されていないことを前提にご高説うけたまわりましたが?

517 :パンカス先生!!:2006/07/13(木) 22:23:58 ID:xFyZpUGr
 刑事と民事を分ける現在の制度では、被害者救済が不十分なものになる。

統合されるなら 民事詐欺と刑事詐欺
横領などの経済事犯
の民事と刑事との整合性がひつようですが
どのようにお考えですか?


518 :パンカス先生!!:2006/07/13(木) 22:25:02 ID:xFyZpUGr
そう言う場合にこそ、犯罪被害者給付金額を上乗せして遺族に支払うべきだね。

遺族年金の趣旨についてどのようにおかんがえですか?



519 :パンカス先生!!:2006/07/13(木) 22:33:22 ID:xFyZpUGr
詐欺犯などについて
どうたいおうするのか
ご高説ください。


520 :パンカス先生!!:2006/07/13(木) 22:36:50 ID:xFyZpUGr

 実際問題として差し押さえ対象の口座なんてどうやって調べるよ?差し押さえる
にしても口座が特定できなければ無理じゃん。銀行は守秘義務があるから普通に
聞いても加害者の口座関係の情報なんて出さないよ

? 差し押さえふつうにやってますが?


521 :パンカス先生!!:2006/07/13(木) 22:38:06 ID:xFyZpUGr

金がなく払う気のない加害者から、現在の制度で金をとるのは困難。これは
素直に認めないと。困っている犯罪被害者が現実に沢山いるんだし。

?だから遺族年金とか障害年金があるのですが?


522 :パンカス先生!!:2006/07/13(木) 22:42:45 ID:xFyZpUGr
探偵とか
持ち出すかもしれないけど、それって変な本の読みすぎだよw

足がつくのは たいてい公共サービス受けるために
住民票動かす場合からなのですが?



523 :パンカス先生!!:2006/07/13(木) 22:45:52 ID:xFyZpUGr


住民票は法律家がやり
住民票で大体特定した後が 
探偵さんです(笑)めんどっちいもん


524 :ご隠居:2006/07/13(木) 22:47:29 ID:DW2id4bE
そんな犯罪者には民法も刑法も無い。犯した犯罪に対して一律に
人殺しは死刑と平等に扱ってやらといけんぞ。3人殺しても変な屁理屈
言ったやろうが死刑にならない。こんな不平等の馬鹿の理屈がとうる
世の中にしたのは誰だ。一人でも殺しは死刑。死刑に勝る再犯無し。
冤罪で死刑をまぬがれた奴らが笑ってるぞ。

525 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 22:48:18 ID:dXvhrPpu
そうなると金持ちが有利になるな。

526 :パンカス先生!!:2006/07/13(木) 22:48:27 ID:xFyZpUGr
賠償金の完済まで仮釈放をとかない圧力が、債務弁済へと導く

賠償金の時効消滅は10年ですが?


527 :パンカス先生!!:2006/07/13(木) 22:51:40 ID:xFyZpUGr
国民年金、厚生年金払ってらっしゃるでしょうか?
ひょっとしてニートでいらっしゃいませんか?


528 :パンカス先生!!:2006/07/13(木) 23:03:31 ID:xFyZpUGr
賠償金の完済まで仮釈放をとかない圧力が、債務弁済へと導く

 時効のスタートがいつからかお答えください。
 仮釈放までの判断期間がどのくらいかをお答えください。
 債務不履行を原因として刑務所に入れるということで
 実際には損害賠償額がいくらか 実際に返せるか
 おそらくみな仮釈放取り消しになる可能性について
 お答えください。

529 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 23:08:26 ID:dXvhrPpu
時効なら中断すればよいだろう。
問題は除斥期間だ。

530 :パンカス先生!!:2006/07/13(木) 23:09:19 ID:xFyZpUGr
適当なことを言ってえばっている人間が無知が故につっこまれると
ぱんかす先生が沸いてでてくる理由について教えてください。

531 :パンカス先生!!:2006/07/13(木) 23:33:37 ID:xFyZpUGr
>>529
445以下で説明しました
民709は訴訟後は切り離されてしまうので一般債権に変化します(債務名義)
単純に100万円払え!という意味でしか無いので。
除斥期間は関係ありません。

チンカス先生!!!
こないだ60歳代のジジイが65歳から88歳の老婆を5人(だったかな)連続レイプした凶悪事件がありました
70歳のジジイが少女を強姦したものがありました。
いずれも18年とか20年の懲役をくらいましたが
どのように処理するかご高説ください。

また脳みそにもチンカスがついているようですがその処理について
どうお考えですか?




532 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 23:35:43 ID:xFyZpUGr
529
雰囲気から多分時効中断について誤解があると思います。
時効中断の事由についてもう一度調べるといいよ。


533 :朝まで名無しさん:2006/07/14(金) 01:27:54 ID:0oAoUd09
>>529
パンとサーカス?



534 :朝まで名無しさん:2006/07/14(金) 02:01:58 ID:8zZh239w

いつまでやってんだ?薄ら馬鹿どもが。
本村担ぎもいい加減にせや



535 :朝まで名無しさん:2006/07/14(金) 04:17:02 ID:0m1bMZT9
山口はクズ!!

536 :朝まで名無しさん:2006/07/14(金) 19:42:05 ID:X+kYqFEF
>パンカス
早く最高刑が10年程度の犯罪や業務上過失致死傷みたいな件数の多い犯罪について
そのご高説を披露してよww

537 :パンとサーカス:2006/07/14(金) 21:57:16 ID:gHeFqaS9
>>531

 >>529 の指摘が正しいだろ。さすがに時効に関する矛盾に気づいたみたいで、
「件数の多い犯罪についてそのご高説を披露してよ」と論点ずらしに入ったわけだ。
これだから議論のための議論しかしない、厨房は困ったもんだ。素直に自分の過ちを
認めろよ (・∀・)ニヤニヤ

 一般債権の消滅時効の起算点はいつだよ。必ずしも債務の発生時点に時効の
起算点があるわけじゃないだろ。君は債務の発生時点つまり事件が起きた時か
裁判確定時を消滅時効の起算点と誤解してるんでないの?
 それに>>529 が指摘してるように時効は債権者の行為によっても中断されるから、
そう簡単に消滅することはないよ。


 まあテクニカルなことで虐めても不毛だし本題にもどるが、現在の制度で金がなく
払う気のない加害者から金をとるのは現実問題として困難なわけだろ。これは君も
認めるわけだろ。
 だから、>>445- あたりの主張で「民事上の手続きで加害者を『苦しめる』ことも
できる」と主張しているんだろ。>>445- あたりの主張がでるのは、金を払う気のない
加害者から実利目的で取り立てることは困難だが、「嫌がらせ」目的なら可能、
と言うことだろ。俺は、それでは実質的な救済にならないのでは指摘してる

538 :パンとサーカス:2006/07/14(金) 22:01:25 ID:gHeFqaS9
 あと、なにやら年金と被害者補償を絡めた主張をしているが、これは的外れだな。
そもそも被害者自身がかけてる年金で、被害者補償をすると言う発想が間違っている。
現在では被害者給付金は少ないから、公的年金をうまく使って犯罪被害者にできるだけ
公的補助をすべきだ、と言うのは一概に否定はできない。しかし、これは間道だろ。
 年金は自分で金をかけ反対給付を受ける建前になっているわけで、犯罪者が
起こした犯罪被害に対してまで、これを拡張するのは無理がある。現に、
年金をベースにして被害者補償をするのがベターなら、犯罪被害者給付金制度なんて
別立てであらたに作る必要がない。

 犯罪被害の補填の基本は、あくまで被害者が加害者に請求するところにあると
言うべきだろ。犯罪被害は一律じゃないわけだし、基本的には個々の被害者が
被害額を算定して、加害者に要求するのが筋なんだよ。ただ、それだと支払い能力の
ない加害者にあたってしまった被害者が悲惨だから、国による補助的な給付制度を
設ける必要がでてくるわけで。
 俺から言わせれば、犯罪被害者給付金制度みたいに国の負担で被害者に給付
する制度は補助的な制度に留めるべきだと思う。だって、犯罪の原因を作ったのは
加害者なんだもの。国が被害者になんらかの補助をするとしても、まず第一にすべきは
加害者に対する被害者の損害賠償請求を助けることだと思うね。

 民事訴訟で被害者が加害者から確実に補償を取れるなら、国が補助なんてする
必要がない。しかし、現実はそう簡単にはいかないのだから、国が被害者の債務
取立てを担保する制度を作るべきなんだよ。加害者の更生・贖罪のためにも
被害弁済は必要だよ。だから、それを強制的に行うしくみをつくるべきなんだよ。

539 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 05:20:43 ID:bQpJazRB
君は債務の発生時点つまり事件が起きた時か
裁判確定時を消滅時効の起算点と誤解してるんでないの

バカ このときだよ 少し勉強してからいえ。

540 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 05:24:52 ID:bQpJazRB
パンとサーカス
まずいろいろ言う前に少し勉強してからいえ。
お前わざわざ ぐだぐだ書くのは
自分の無知さ加減をごまかすために書いてるのさ。
自分の無知をごまかすために哲学者気取ってやっとるだけさ
誰も相手にしてくれないから2ちゃんでわざわざ挑発的にやってただけだが
最近は相手にしてくれないから今度は国が悪いといいだしたなあ


541 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 05:44:19 ID:bQpJazRB
539について細くして説明してやるバカにもわかるようにな
事件の発生時で時効スタート 期限の無い債務のため
請求できるときが時効の起算点
相手への請求で時効中断 ただし6ヶ月時効を伸ばすだけ
訴訟提起で時効中断
訴訟確定で一般債権となるから 確定時から10年
これはルールだから 読んできな
そうすると今度は「時効の制度がおかしい」というだろうな
そんな程度のもんだよ お前。
お子ちゃま


542 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 06:03:00 ID:E89aPZMM
被害者に時効の二文字はない。

543 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 06:26:07 ID:bQpJazRB
 >>542
そのとおり
だからいやがらせで民訴やって
加害者の家族や加害者の人生をつぶすのさ。


544 :ご隠居:2006/07/15(土) 06:45:06 ID:gX8ciAwz
イヤガラセと言っても
加害者が嫌がるかどうかは解からんが
被害者としては腹の虫が治まらん、ハライセということじゃ。
人間としての当たり前の感情じゃ。

545 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 07:18:45 ID:DJjbqhvQ
>543
自動車事故でも賠償するが当たり前なんだから、殺人も当然の如く
賠償がするのが当たり前。

でも賠償しようとしないから民訴になる。

お前、・・・もしかして福田予備軍か?



546 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 09:35:44 ID:bQpJazRB
>>543
普通の人は賠償する
だけど福田みたいな奴は賠償しない
だから被害者側は福田に民事賠償訴訟をして国家の助力を得て強制的に履行を命ずる
ちゃんと上から読め


547 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 09:46:58 ID:bQpJazRB
>>545

普通の人は賠償する
だけど福田みたいな奴は賠償しない
だから被害者側は福田に民事賠償訴訟をして国家の助力を得て強制的に履行を命ずる
ちゃんと上から読め

自分にレスしてしまった(笑)民事訴訟で加害者の人生をつぶすのは
自力救済を禁じられているから 被害者側に許されている合法的な復讐方法なんだよ
国家賠償でやってしまえ というパンカスが福田予備軍さ
やつは殺されたことには関心が無い
レイプがいかに合法にならないか
レイプしても責任を問われない方法
それをずーと考えているんだよ

548 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/15(土) 09:51:28 ID:/stQindK
現実には民事訴訟をしても加害者に支払能力がなく、被害者や遺族が泣き寝入りしている
実情からすれば、国家賠償の仕組みを作るのは必要なコト。
国家賠償と別に加害者に賠償請求ができれば更に被害者救済の道が広がる。
道は狭いより広い方が良い。


549 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 09:51:54 ID:bQpJazRB
だからパンカスは光とあいりちゃんの板に出現する
制度を本格的に論じているスレには登場しない。


550 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 11:35:07 ID:HLUE2rrm
これが死刑なら畠山も死刑にされないとな。
あるいは同等に2人殺して10代の女でも死刑な
どーも司法は女だと刑がすごく軽くなる。

551 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 13:18:19 ID:9vScJ2Ev
ヤギが死刑にならないのに福田が死刑になったらおかしいだろ

552 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 13:59:29 ID:OeCcIsUf
>>551
それはヤギが死刑になるべきであって、福田を死刑にしないのはおかしい。

553 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 14:16:38 ID:bQpJazRB
>>
>>548
すでに作られてるって パンカス相手にいってもしょうがないからいわなかったんだよ
すでにその点について10年前に議論済み。
今すでにあるものについて無い事を前提にとうとうと作れといってる奴に説明するひつようないだろう?
その制度の欠点について言ってるんだったらわかるけどな
趣旨については書き込むのめんどっちいので本屋で探すか
早稲田の学生みたいなことが書かれていたのをみたことがあるが
であれば法学部の友達にでも聞いてくれ。
長すぎてスレでは不適
今回 畠山事件の際 事故として内定を当座すすめていたのは
(殺害)事件として処理すると当座補償金を手にしてしまうから、という推測がある。



554 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/15(土) 14:28:38 ID:uC1HVRAR
>>553
もう少し論旨を分かりやすく簡潔に書くのは難しいか?
オマイが10年前に議論済みとは何を指してるのか意味不明。


555 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 14:35:39 ID:bQpJazRB
>>548
とはいえ一応軽く書いとく
国家補償制度が無い主な理由
@国家が個人の損害を「国家に帰責性が無い場合」に補償すると
天災等にも補償することになってしまう。よって禁止している
Aそのため死に方を区別せず不慮の死による損害を補填するとして
相互扶助の年金制度の中で間接的に補償するようにした
(そのなかでは交通事故ひき逃げ無保険の場合も殺人も区別しない)
Bそれだけでは足りないので10年前に作った
なおAは個人の収入などでかなり差が出る年金制度を利用するため
どのくらい変わるかまではわからんが市役所へいけば
モデルを通じて教えてくれる
これ以上のことは制定の経過を本屋で買って調べてくれ
じゃな


556 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 14:36:59 ID:bQpJazRB
>>554
あ だから10年前に必要だ
って話になって
採用しました
ということです。



557 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 14:39:16 ID:bQpJazRB
>>554
すまん 会話しているようなつもりで書いたので
主語を省略してしまった
犯罪被害者給付の制度は主にコンクリート事件の反省による。
あの時たしか2億弱だったと思う
絶対無理っぽいのが確実だったため作ったんだよ。




558 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 14:40:45 ID:bQpJazRB

>>548
国家補償制度が10年前に議論されて制定されている
と書かなければわからなかったか?
スマヌ




559 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/15(土) 14:41:28 ID:uC1HVRAR
>>555
海外では犯罪被害者を救済するための制度として、日本の見舞金程度とは
違いある程度の被害給付金が出る仕組みがあるようだが?


560 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/15(土) 14:45:21 ID:uC1HVRAR
>ID:bQpJazRB
それとさ、焦らなくて良いからもう少しまとめてからレスしてくれないか?
あと、以前から気になっていたんだが、オマイのレスは非常に読みにくい。
国家補償が10年前に議論されたって言いたいのはわかるんだが、
国会審議を経て制度として定着しているのか、それともその制度が形骸化しているのか
若しくは犯罪被害者にとって有用なものとして充分であるのかすら
オマイの文章からでは読み取れない。悪いが何が言いたいの?って感じ。


561 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/15(土) 14:54:29 ID:uC1HVRAR
>>557
犯罪被害者等給付金支給法のコトか?
それだと充分な保証金とはいえず、制度的に問題が多いと被害者側からも
批判が多いと聞くが?保険金殺人の被害遺族は50万円程度だったそうだ。
>>559のオレのレスと併せて考えてくれ。海外の被害者救済システムと
比較してもは必ずしも制度として充分ではないのが実情ではないのか?
少なくともオレはそ〜ゆ〜意味で>>548を書いたつもりなんだが。


562 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 14:56:13 ID:QUecCyeI
社会主義者は何厨か

1課税厨
 とくに大企業、高額所得者への重税が大好き。かれらが儲かるのは政府のお陰と主張する。
2平等厨
 弱者と強者がいれば全員弱者になる方向で平等化しようとする。
3均質厨
 人間の能力は皆同じであることを前提に経済政策を単純な経済主体の頭割りで解決しようとする。

社会主義の重要要素が政府の役割。
そして政府の振りかざす国家権力の前には国民は金持ちでも弱者となる。
政府>金持ち大企業>貧民
という食物連鎖ピラミッドだ。

563 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 15:16:59 ID:rYh7LbO/
>>561
2 この法律において「犯罪被害等」とは、
犯罪被害及び犯罪行為により不慮の死を遂げた者の遺族が受けた心身の被害をいう。

死んだ人の年収が何千万あろうと遺族が受けた被害は変わらないからなあ
50万じゃ少ないかな?
例えば30歳男性が殺害されて、妻と5歳の子供が残ったとしたら
いくら給付されればいいんだ?
それと同額を孤児院の子供達全員に給付するの?
生活保護その他で一定以上の保護は受けられるのに
犯罪被害者だけを優遇するの?
被害者への税金や医療費の控除や補助があってもいいと思うけど
遺族には50万でいいでしょ。

564 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 15:22:48 ID:bQpJazRB
>>561
あそういうことであるならば・主に国家財政の問題があり
国家が補償してしまうと
@殺人などだと高額になってしまい、日本の財政システム上処理が難しいこと
(予算化が難しい)
A天災とどう区別するの?
ということで年金で対応(分割払い)で考えた。(相互扶助の精神から
結局税金と同じようにみんながはらうことになっていて、国庫支出金が支払われているから
間接的に国家が補償していることになる。)
Bそれだと君と同じように気持ち的に納得できない人が多いので国家の被害者補償制度を一応作った。
大体マックスは1000万円以下だった(と思うが)
あと大々的に国家補償をすると刑事政策上の問題があり
@組織犯罪を助長する可能性がある
(例・刑務所に入って後知らぬ、という奴の場合、それを前提に殺人・暴行を仕事で行う場合がある)
などがあり年金で対応した。
諸外国とやり方が違うだけで、保障は昔からやっているんだよ
日本の場合病死・酔っ払いのひき逃げ・殺人被害者を区別せず「不慮の死を迎えた人の遺族」を保障しているということだよ。
君の言う諸外国は遺族年金的システムがあるかどうかしらないがその辺はどうなの?もし上記のことが無ければ外国のほうが優れている、ということにもならないと思うけど。
遺族年金は結構いいお金はもらえる。後は市役所いってモデルを説明してもらうことでどのくらいの金額が払われるか
想像してくれということでしかない。
というのも「本村さんがどのくらいもらえるの?」という話になると
本村さんが国年なのか厚年なのか奥さんがどういう形ではいっているか
収入がどのくらいか?ということで変わってくるので(払い込み額の問題)
なんともいえないからね。
日本の場合は年金で犯罪被害者に対応する、ということ
やり方が違うだけ。君が事故でも、殺人被害者になっても、保障されるということだよ。







565 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/15(土) 15:23:27 ID:uC1HVRAR
>>563
うん。
色々個別に条件が違うから一律給付じゃなくても良いのかも知れない。
まあ遺族から言わせると給付金では質素な葬儀をするのが精一杯らしい。
また、ある被害者は一生車いすの生活となったものの給付金がないために
自費で医療費など1千万以上の出費を余儀なくされたそうだ。
オレがいいたいのは被害者が不利益なままでは問題だってコト。


566 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 15:31:00 ID:bQpJazRB
>>561
どっちかというと国家の建前論の問題
ただ欠点もある(子どもころされた場合)
まあどんな制度作っても欠点はある。保障範囲をひろげると国家財政がおかしくなるしね
例えば殺人一人1億5千万としてそれだけで500億になるしね
また天災に対しての保障論と結びついちゃうので、それを避けるために遺族年金で対応し
その補償金はその程度にした 主に国家建前論の影響がある
その議論は10年前の制定のときにそれぞれの@欠点Aいい点をそれぞれ議論して
お気持ち程度の補償金にしたわけだ。(結局年金で対応する)
一応モデルみたいな話でいけば俺が市役所にいたころのモデル
国民年金7万円 遺族年金17万円だったと思う。
(千円以下省略)本村さんが厚生年金ならもっと上と思われる
あとは細かい話になると思う(救われない人の範囲とか)だからこのスレでハ無理
また、年金なんて誰もわからない複雑なシステムなので無理だ。


567 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/15(土) 15:36:50 ID:uC1HVRAR
>>564
>予算化が難しい
落としどころの問題。予算枠の確保をどう位置づけるかによる。

>年金で対応(分割払い)で考えた。
財源の確保はどうする?現在の年金制度ですらこの先不透明な現状がある。
相互扶助の精神は悪くはないと思うが、財源が不安定だと支給に影響がある。

>国家の被害者補償制度を一応作った。
その法制度の名称は?

>組織犯罪を助長する可能性がある
それを言い出したらキリがない。現在の民間保険でも犯罪は起きている。


568 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 15:37:25 ID:bQpJazRB
車椅子は障害年金で対応されます
それ以下の怪我骨折などならあとはまあ加害者のほうも何とか払えるだろ多分。

やり方違うだけで、戦後まもなくからやっているんだよ
まだ学生さんならある程度の企業にいけば講習されると思う。
居眠りするなよ



569 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 15:41:38 ID:bQpJazRB
>>567
@役所の単年度決算システム
億単位であまると困るから
A現在の年金は消費税あげて国庫支出金で対応するんじゃないの?
これから先の話だわな。
Bそれがさっきから君が言ってるすずめの涙の話だよ
Cだからその辺を重く見たから社会保険で対応してるんだ。
その辺は政府の判断。




570 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 15:46:03 ID:bQpJazRB
>>567
例えば@の話なんだけど
実際年度ごとに予測がつかないものに対して
予算化してえらい余ったりあまらなかったりすると
大変なのよ。
多分犯罪被害者に高額保障するという制度を採用しても基金でやると思うけどそれでは社会保険庁とどう違うか
違わない 同じ役所つくってもしょうがないでしょう?
これが10万くらいの差(上記モデル)であれば予算上処理できる
ということだ。



571 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 15:50:11 ID:bQpJazRB
だからさ、スレで回答するのは無理、って書いたんだよ
この国家のそのものの基盤からいじることになる。
例えばその遺族年金が少ないとかそういう議論だったら成り立つ(
実際には給付金いくら?という問題で成り立たぬ)
もし議論するとそこまでお互いしらないでしょう?
国家全体論は2ちゃんで参加している程度の人間では無理だよ。
高級官僚か学者さんでなきゃ


572 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 15:57:49 ID:bQpJazRB
たとえば遺族年金ですくわれないぱたーんについても(子どもが被害者)
のとき高額が支給される制度
ならおれも賛成だ。
この辺はパン君の話「仮釈放して働いて返させればイイ」という思いつきで
いっていてその根拠が保障制度が無いからというから書いたまでで(笑)
結局懲役6年ぐらいの人は金払うことで仮釈放、ということ
犯罪の態様によっては刑事微罪でも民事重罪になり返せない金額になること
まったく考えてないから。しょうもねえな。



573 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 16:10:12 ID:bQpJazRB
>>567
久しぶりにまともに議論できたよ
ありがとう
今度会うときはその「外国で保障がされている国が年金で対応しているかどうか」
調べといてくれ
なお社会保険庁の役人がくさっているのは同意
おれは昔役所にいて 議員さんの話とかをけっていたら
いられなくなってしょうがないから資格試験→実務法律家への道
をたどった。
制度とそれを扱う人の問題は違う
年金はいい制度なんだがそれを食い物にしているのは地方自治体から(無駄な箱物はここから
融資を受けることがある)実際の官僚まで
でも君も社会にでたら
妥協するということを忘れないでくれ
それもまた知恵だぜ。
俺みたいにやってると苦しい受験勉強→役所にいたころの収入は3分の2
ということになってしまうぜ。
君も正義感が強そうだから、気をつけろよ。


574 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 16:44:39 ID:bQpJazRB
あ尻から6行は>>567
への個人的なものでスレの趣旨とは無関係
他スレでもみかけたが正義感が強そうだが
世渡りが下手そうだと思ったのでな。基本的には弱者の視点があり正義感が強い奴だとは思った。
で法律論はバランス論のためちょっと気に障ったかも知れぬ。そうだったらスマン

じゃな!

575 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 16:49:06 ID:JQfRSwNp
被害者給付金だけど、多少なりとも犯人が被害者側に賠償をすると支払われ
ないって本当?
何かで、被告の中には「自分が賠償するより、国の被害者給付金を貰った方が
良い金になるだろう。」と言って賠償しない奴が居るって聞いたんだけど?

576 :パンとサーカス:2006/07/15(土) 17:58:28 ID:qMgcZtOa
>>541

 見苦しいな。恥の上塗りしたくないからって、密かに名無しに戻ってるし。素直に
間違いは認めろよ。別に勝つための議論してるわけじゃないだろw

 民法は、消滅時効の起算点についてどう書いてるよ?166条には、権利を行使する
ことができるようになった時点から消滅時効は進行する、としか書いてない。
つまり債権の成立時が、必ずしも時効の起算点とは言えない。
 それに >>529 も指摘するように、時効には中断もある。債務者が一部弁済したりして
債務の存在を承認すれば、消滅時効はその時点でサラになる。また、債権者の一方的
な行為によって、時効が中断することもある。

 混乱してるみたいだが、以上のことは君だってわかってるはずじゃないか。だって、
請求権が簡単に消滅時効にかかるなら、嫌がらせの請求権も簡単に消滅時効にかかって
しまうもの。君の消滅時効に関する主張が正しいなら、死ぬまで民事で嫌がらせ
しつづけるなんて不可能じゃんw

577 :パンとサーカス:2006/07/15(土) 18:00:07 ID:qMgcZtOa
>最近は相手にしてくれないから今度は国が悪いといいだしたなあ

 君も民事上の請求に関して「嫌がらせ」を強調してるんだから、現在の制度に
矛盾を感じてるわけだろ。加害者の善意に頼るしかなく、タチの悪い加害者に対しては
「嫌がらせ」的な損害賠償請求しかできない現状のままで、君はいいと思うわけ?
 犯罪被害者の民事上の請求を補助する制度について、国や自治体は少しずつだが
積極的な動きをみせている。刑事と民事を厳格に分け、公が民事に介入すべきでない
と言うなら、昨今の風潮もまちがいになる。俺はそうは思わんね。俺は現在の動きを
さらにすすめて、>>486-487 のような具体的な提案をしてるまでだ。

 にわかに社会保障制度をからめた主張をしだしたな。しかし、被害補償の基本が
加害者に対する直接的な損害賠償請求であることは、君も認めるわけだろ。誤解してる
ようだが、俺が主張しているのは社会保障制度なんかではない。社会保障制度に
上乗すべき民事上の請求を、公的に補助・担保する制度の新設を主張してるんだよ。
 犯罪被害者救済を国が丸抱えで手厚く実施することには無理がある。これは君の主張が
正しい。だから、基本の損害賠償請求で、できるだけ加害者にも負担をしてもらおう
と言ってるわけさ。善意ではなく強制的にね。

578 :パンとサーカス:2006/07/15(土) 18:04:13 ID:qMgcZtOa
 君も指摘しているように、まじめに毎月自分の給料から被害弁済してる加害者は
たくさんいる。しかし、ばっくれて払わない悪質な加害者もいる。そのような場合、
利益や手間を度外視して嫌がらせ目的で強制的な手段をとるか、泣き寝入りする
しかないわけだ。だから、はじめから請求自体をあきらめてしまう被害者も多い。
 この問題に対する国のあるべき態度は、被害者の損害賠償請求を徹底的に助け、
取立てに対して制度的な担保を与え、加害者に約束の履行を迫ることではないのかね?
犯罪者は刑事罰だけでなく、民事上の損害賠償も社会的ペナルティーとして
できるかぎり負担すべきなんだよ。そして国は、その履行を制度的に担保すべきだ。
 国民の税金で職業訓練や就職斡旋まで受け、反省しているとして刑を値引いてもらって
いるにも関わらず被害弁済しないんじゃあ、誰だってふざけるなと思うわな。
十分な被害補償を >>486-487 のような制度だけで実現できるとは俺も思わないよ。
ただ、加害者に余裕が少しでもあるなら、それを犯罪被害者に還元するしくみを作る
べきだと思うわけ。仮釈や恩赦をエサにして、履行を強制することができれば
加害者に補償させるための強力な武器になる。

 死刑や重罰化だけが、贖罪手段や被害者救済ではない。死刑や重罰化を言う前に
すべきことがあるわな。民事上の損害賠償が不十分で、加害者が反省していると
実感できる機会が少ないから、「刑事罰だけでも重くして罪をつぐなわせろ」との
被害者の声や世論がでてくる。また厳罰化が見世物になって、総合的な犯罪対策
・被害者対策をまじめに考えないめくらましになっている現状もある。見世物的な
裁判や刑罰実施だけが犯罪対策・被害者救済ではないだろう、と俺は思うわけだ。

579 :パンカス先生!!:2006/07/15(土) 19:02:24 ID:bQpJazRB
各人の努力には限界があるし、金に糸目をつけない救済手段を講じることが
できる者だけが救済される制度では、公平性に欠ける。また、例え未成年であっても
犯罪者と直接的な関わりを持たない親族にまで過大な被害弁済を求めたりするのは、
個人主義にも反する。
各人の努力には限界があるし、金に糸目をつけない救済手段を講じることが
できる者だけが救済される制度では、公平性に欠ける。また、例え未成年であっても
犯罪者と直接的な関わりを持たない親族にまで過大な被害弁済を求めたりするのは、
個人主義にも反する。
>>485

580 :パンカス先生!!:2006/07/15(土) 19:03:29 ID:bQpJazRB
とおっしゃっていましたが?


581 :パンカス先生!!:2006/07/15(土) 19:06:07 ID:bQpJazRB
>>485
以下で述べていたこととずいぶん違いますねえ?
基地外決定!!!


582 :パンとサーカス:2006/07/15(土) 19:07:18 ID:HOspYCBd
>>579

よう、DQN。ハンドルつけたりはずしたり大変だなw
ぱらぱら思いつきで書かず、まとめて書けよ。
パラノイア相手にしてるみたいで不愉快だw

個人主義の視点に立つから、犯罪被害も基本も犯罪者個人の
負担ですべきだと言ってるわけだろ。矛盾なんてないじゃん。

583 :パンカス先生!!:2006/07/15(土) 19:09:00 ID:bQpJazRB
それに第一
あんた何にも知らなかったのに
俺のあんた以外のレス読んでいきなり
全部知ってて話してたように振舞えるのはすごいね。
他スレでもスルーされ始めてきたね。
俺ぐらいなもんだよ一応かいてやってるのは
でも今後スルーだよん。

584 :パンとサーカス:2006/07/15(土) 19:12:13 ID:HOspYCBd
>>581

 矛盾なんてないだろ。俺は社会保障制度として犯罪被害給付金のような
公的補償を否定はしないよ。ただ、それはあくまで間道であって正道ではない、
と言ってるわけだ。
 ある程度の生活保障は、社会保障制度を使ってできても、それで犯罪被害者が
満足するわけではないだろ。だからいといろと批判があるわけで。

 犯罪被害負担の基本は、民事上の請求だろ。これでとれるかとれないかは、
しょうがない。だって相手もある民事上の請求だもの。しかし、出所後の犯罪者だって
働いているんだから、とれるだけとれる制度にすべきだろ。違うかね?

585 :パンとサーカス:2006/07/15(土) 19:14:36 ID:HOspYCBd
>>583

 ななしなのに、スルーもなにもあるかよ。
さすがDQNは違うぜ。君のような立派な人間に支持されて
本村さんや死刑支持派は鼻が高いだろうね。

 これって新手の誉め殺し?w

586 :パンカス先生!!:2006/07/15(土) 19:58:44 ID:bQpJazRB
じゃ短く書けば?
用でもないこと言ってるだけジャン
>>485 から>>576

見ればパンカス先生のアホ振りがわかるワナ。


587 :パンカス先生!!:2006/07/15(土) 20:01:34 ID:bQpJazRB
あと個人主義の反対語は全体主義ね。
別に全体主義的な話で未成年の保護者に損害賠償義務負わせてるわけではないので。


588 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 20:26:00 ID:b4OiZkYA
俺も死刑廃止論者(終身刑ができればね)だけど
こいつはまじおかしい、被害者、被害者遺族の人権は無視して
身勝手な犯罪者の人権だけ守ろうとする

特にこの事件は被害者側にまったく非が無いのに
加害者は殺したわけだから、やっぱり現行法では死刑に値するよ

589 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 20:41:16 ID:EpODtcvV
>>552
禿同
奴は福田と同じで反省の色無し
無期が不服で控訴してるし

590 :パンカス先生!!:2006/07/15(土) 22:45:04 ID:bQpJazRB
>>588
私は死刑存置派なんですが学会では死刑廃止論が優勢です。
実は死刑廃止した国とかで、結局凶悪事件がへったのか?
というと別に減らない 死刑は犯罪の抑止力としては役に立たないという事実があるからです。
日本で死刑があるのは主に民意によります。
パンとサーカス氏は実は明治大学の菊○先生のいっていることに自分のアレンジを加えているだけです。
ところが明治大学の菊○先生が学会で大多数を占める死刑廃止派からも相手にされていない
かえって迷惑がられている、という状態とまったく同じというのが苦笑しました。


591 :パンカス先生!!:2006/07/15(土) 23:05:58 ID:bQpJazRB
あなお菊○先生も
「 民法は、消滅時効の起算点についてどう書いてるよ?166条には、権利を行使する
ことができるようになった時点から消滅時効は進行する、としか書いてない。
つまり債権の成立時が、必ずしも時効の起算点とは言えない」なんていいません。
そこまでアホじゃないので。

時効を理解してないのがばればれ。


592 :パンカス先生!!:2006/07/15(土) 23:19:52 ID:bQpJazRB
なお

593 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 23:25:34 ID:om6Nrwm9
死刑より恐ろしい法律も無いのに、
死刑にさっさとなれよ。

594 :パンカス先生!!:2006/07/15(土) 23:25:55 ID:bQpJazRB
なお 民法は、消滅時効の起算点についてどう書いてるよ?166条には、権利を行使する
ことができるようになった時点から消滅時効は進行する、としか書いてない。
つまり債権の成立時が、必ずしも時効の起算点とは言えない。
 それに >>529 も指摘するように、時効には中断もある。債務者が一部弁済したりして
債務の存在を承認すれば、消滅時効はその時点でサラになる。また、債権者の一方的
な行為によって、時効が中断することもある。

についてはパンカス君の限界を思い切り示しているので
>>528 に対するパンカス君の回答なのですが
実際は>>531
のとおりです。根拠は 民事訴訟法なんです。民法読んだってだめだって



595 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 23:26:33 ID:om6Nrwm9
訂正だ、
死刑より恐ろしい刑も無いから、
死刑にさっさとなれよ。


596 :パンカス先生!!:2006/07/15(土) 23:30:56 ID:bQpJazRB
パンカス君いわく
 「実際問題として差し押さえ対象の口座なんてどうやって調べるよ?差し押さえる
にしても口座が特定できなければ無理じゃん。銀行は守秘義務があるから普通に
聞いても加害者の口座関係の情報なんて出さないよ」

できます。
これまた根拠は民事執行・保全法。
民法しかよんでなきゃわからんわ。


597 :パンカス:2006/07/15(土) 23:35:43 ID:bQpJazRB
>>529 すまん気味に恥をかかせるつもりは無かった
差し押さえについては
民事訴訟法・民執・民事保全・供託をマスターすることが必要です。
前提として民法を理解することは当然ですが
パンカスはおいておいてまあ本気で勉強しなきゃ語れないものなので
しょうがないことです。


598 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 23:55:47 ID:UuuHCwOx
ヤギと一緒に逝けよ

599 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 23:57:36 ID:pZOB7MFj
>>576
> 君の消滅時効に関する主張が正しいなら、死ぬまで民事で嫌がらせ
> しつづけるなんて不可能じゃんw

(債権等の消滅時効)第167条 債権は、10年間行使しないときは、消滅する。

もしかして、10年に一回催促(権利の行使)をし続ければ
死ぬまで苦しめられるとか?
強気な一文無しが得をする時効っておかしいよね。

600 :朝まで名無しさん:2006/07/16(日) 00:10:55 ID:RAYqjDc0
>>599
もともと民事で加害者・加害者の家族にかかっていくのが
訴訟テクニックの部類に属するので致し方ないことです。
なお、催促は6ヶ月時効期間を延長するだけで
裁判上で行使しなければ中断しません。
裁判上の請求とはそういうこと



601 :朝まで名無しさん:2006/07/16(日) 00:20:49 ID:RAYqjDc0
あついでなので
条文いくら読んでも出てこない(根拠は判例のため)のですが
差し押さえで中断します。
パン君は判例否定してたのでパン君のご意見によれば
逆に泣き寝入りになります。
以上。


602 :朝まで名無しさん:2006/07/16(日) 00:34:08 ID:RAYqjDc0
アすまんパンがいろんな変なケース持ち出すので混乱してしまった
差し押さえが根拠で時効中断します。(条文上で)
パン君のいう承認は日本語と内容がちと違うので
ウソです。

603 :朝まで名無しさん:2006/07/16(日) 00:37:03 ID:RAYqjDc0
この関係まとめます
犯罪の不法行為709条は訴訟によって中断します。
判決確定時から一般債権に変化する(中断)
差し押さえを行うと一般債権の時効進行が中断します。
差し押さえはへみたいな手間です。


604 :朝まで名無しさん:2006/07/16(日) 00:43:56 ID:RAYqjDc0
ごめんちと上手くなかった
犯罪の損害賠償の時効中断は訴訟提起のとき
判決確定時から一般債権にきりかわり違う債権になります
時効は10年でスタートするのですが最押さえでその一般債権が中断します。
なお>>599さんの心配する被害者の保障は直接でなくて間接的に保障されます。
既出ですよ。



605 :朝まで名無しさん:2006/07/16(日) 01:16:03 ID:RAYqjDc0
あと民事訴訟で犯罪者とその家族を追い詰める方法について
また:(○´ー`○)はカワイイ さんと>>548以下で被害者救済が国によって行われていること、
間接的に行っている
理由についてお話しています。
また民事訴訟で行う範囲のものは、債権的な弁済を目的とするのではなく、
犯罪者に償いを強制するもので(普通の人はやりますが、福○君はやらないとおもいますので)
いわば人生で償ってもらうために行うことです。最初から金目当てではやりません。
犯罪者が金を持っていれば別ですが。
これについては、被害者の家族の方の任意にまかされているということです。
許せなければやればいいし、許せればやらなければいい。
今回本村さんはやらないとこのスレでお聞きしました。
一応弁済があると、情状酌量の要素になることは事実なので、本村さんは
あくまで死刑を求めるためにやらないわけです。
その辺も踏まえて議論していただけるとありがたいです。
また実はいろいろ書いてきたのですが、めんどくさくなってきました。
特にパンにだまされた人に対して再説明するのが非常にめんどくさい。
これでログアウトしますので、後はパン君と議論していってください。
>>485 から>>597読んでもらって信用できるかどうか
自分で考えてくださいね。




606 :朝まで名無しさん:2006/07/16(日) 08:56:00 ID:+lEcOfUj
http://donzokoblue.blog55.fc2.com/
こういう痛い香具師がいるからね

607 :朝まで名無しさん:2006/07/16(日) 09:55:50 ID:RAYqjDc0
どうりで知識が荒いと思った。ウイキぺディアで得た薄い知識で組み立てられるのか
でもウイキは表面しかかないからね。インターネット便利だが考えもんだな。
どうりで知らなかった「法律用語」を人から聞いた瞬間にいままでいわなかったのに
とうとうと表面のみで書き込むと思った。
ネットサヨ という奴か・・むかし「さよなら、青い鳥」というスレがあったねえ。


608 :大阪市:2006/07/16(日) 09:59:50 ID:L3HyeVn3
清志郎「人生経験」喉頭がん

ロック歌手の忌野清志郎(55)が喉頭(こうとう)がんで入院したことを13日、明らかにした。
初期で発見できたため、声帯を傷つける可能性がある切開手術はせずに治療していく見通し。
今夏予定していたライブへの出演はすべてキャンセルした。
ファンには公式ホームページで「人生経験と考え、この新しいブルースを楽しむような気持ちで
治療に専念できれば」と報告。がんと前向きに闘っていく。
医師からがん宣告を受けたのは今月7日。6月末に「のどが痛い。風邪かなあ」と
スタッフに違和感を訴えてから約10日後だった。関係者によると、想像もしなかった病名に思わず
「えっ!?」と口にし、驚いていたという。12日に入院した。
医師の診断によると、初期の喉頭がん。喫煙者に多いとされる。
清志郎は以前1日1箱半程度吸っていたが、1年以上前に禁煙。
酒はもともとたしなむ程度で、今年1月からやめている。
心配されるのが「ロック界の宝」である、あの声。
初期段階で発見できたため、切開手術以外の治療法になる見通しで、
手術によって声帯を傷つける心配はなさそうだという。
ただ、治療にどのくらいの時間がかかるかは現段階では不明で、不安はある。
それでも入院初日の夜にいきなり「外出許可証」を願い出て医師に止められるなど
“不屈のロック魂”は健在のようだ。
5月20日から1カ月間、米ナッシュビルでアルバムの製作を行い、
帰国後も市原悦子(70)主演のドラマ「雨やどり」(日本テレビ、18日放送)
に出演するなど、歌に芝居に精力的に活動中だった。
久しぶりに「RCサクセション」時代の盟友、仲井戸麗市(55)らと
共演するはずだった計6本のライブもキャンセルせざるを得なくなり、その悔しさは計り知れない。
ホームページではライブのキャンセルについて「申し訳ない気持ちでいっぱい」と謝罪。
その上で「新しいブルースを楽しむような気持ちで治療に専念できれば。
またいつか会いましょう。夢を忘れずに」と前向きに記している。
2児の父。50歳で自転車乗りを始めた時には「強いお父さんになりたい。不死身の男を目指す」
と話した。過酷な100マイル(160キロ)レースにも挑戦。その強い精神力で、がんに立ち向かう。


609 :ご隠居:2006/07/16(日) 16:41:17 ID:hedNKd7d
人生とは           無なり。
人生の全ての出来事は自己満足の中にあり。
死せば全て          無なり。
浮世の馬鹿は起きて働く。
死刑に勝る再犯無し。

610 :朝まで名無しさん:2006/07/16(日) 19:20:40 ID:Zy1+3cKk
犯罪被害に対する損害賠償だけは、犯人が支払命令(?)に従わない場合に
もう一度懲役を一からやり直すことにして
懲役20年の犯人が出所して遺族への賠償に応じなかったら
矯正が不十分てことで+20年反省させるとか。
そういうのってやっぱ無理なんですよね。

なあつうのかなあ、刑期満了にて終了じゃなくて
犯人の矯正と更生をもって終了する刑って創れないんすかねえ。


611 :朝まで名無しさん:2006/07/16(日) 21:03:21 ID:inI7BDos
>610
>犯人の矯正と更生をもって終了する刑って創れないんすかねえ。
これは有る意味理想だけど、人の頭の中は分からないから無理だよね。
それに受刑中は反省してても、外に出て環境が変わったらまた元に戻る可能
性もあるしね。



612 :朝まで名無しさん:2006/07/16(日) 21:48:14 ID:RAYqjDc0
>>610 前半について
民事賠償額と実際に出所した人間が支払える額から現実的ではない。
例えば君がおれに襲い掛かり骨を折ったとして全治3ヶ月。この場合損害賠償の
範囲とは「相当因果関係の範囲」なので骨折治療代+仕事休業+ボーナスが減ったなどとしてせいぜい100万円ぐらい。
これを払えば反省の色があるという評価をするだろうし、それ以上を任意で払えば、より反省した評価がされるだろう。
でそのくらいであればまあ誰でも払えるし、出てからも払えない額でもあるまい。
ところが殺人だと1億以上、そして死亡もしくは死亡に比肩する状態の場合は
精神的損害も入るためそれ以上となる。基本的に払える額ではない。だから命を対価としてもらう、ということが説得力がでてくるのではないか。
だから短期で仮釈放して働かせて払わせるというのは本末転倒。組織的犯罪グループなら3億円で殺人請け負いますということもできるだろう。
賠償というものは科刑の際に反省の内容として評価されるもの。
補償は別の形でされる。それが遺族年金だ。
パンカスも別スレの1もそうなんだが無理やり福○君が死刑にならない方法を考案しているだけなので
妙なことを言い張らなければならなくなるし矛盾するすべてを意地でも否定しなければならなくなる。
別に死刑廃止をいうのであれば死刑廃止論としては@実際には死刑に犯罪抑止効果がないこと
A「残虐な刑罰の禁止」に反している と主張すればよいこと。学会では多数を占める。
なぜ無理やり方法論で福○君を救う方法を考案するのかわからぬ。最高裁判決が手続違背でおかしいとかな。(手続き違背の場合は無罪にしなければならないが)
ここで議論で勝った、といったところで別に福○君に対して弁護活動に参加するわけではわれわれはないし、
そんなに福○君を救いたければ駅前で減刑署名でもすればよい。
何故か妙に福○君に対するシンパシーを彼らには感じる。その割にはヤギにはそんなに熱心ではないし、
制度論を本格的に行っているところでは登場しないしわけわからぬ。










613 :朝まで名無しさん:2006/07/16(日) 21:53:22 ID:RAYqjDc0

犯人の矯正と更正については、裁判とは人を裁くものであって事件を裁くものではない。
民事だと余計その傾向が出て、売買契約にしても当事者がどれだけ誠意ある対応したかとか
経過で弱みにつけこんだのかとかで同じケースでもだいぶ違ってくる。
刑事でも認知症の親をやむを得ず殺した場合は別にその状況でなければ殺さないだろうことなので
執行猶予つけたりするしな。俺が市役所にいたときに同僚で横領で捕まった奴がいたがそいつの場合
@たまたま監査が甘い体勢だったAその係がたまたまノンべ集団だったB周りは係長・主査だったが
そいつはヒラだったC断る気力が無い奴だった ということが原因だったと思う。
そのうちどれか一つ、特にCがちがければ別に横領などしなかったかもしれない。
Cがなくとも@ABのうちどれかなければやらなかっただろう。
個人の資質に回りに可能な状況があって犯罪は起こる。
個人の資質を矯正する、ということ自体が矯正できる人間だったということで個人の資質ということでしかない。
上記の状況でいけば自分自身も含めて誰でも犯罪者になるかもしれない。
君も会社勤めだったら、例えば会社の経費なんてのはただ会社がいいよという範囲だから横領という犯罪にならないだけであって。
しかしいくらでもごまかしてやっている奴もいるだろう?ずるいといわれつつな。会社が訴えれば横領だ。
犯罪を起こすかどうかも人の資質によるし、更正するのも人の資質による。
必ず更正するなどということがあるわけではない。














614 :朝まで名無しさん:2006/07/16(日) 21:58:24 ID:RAYqjDc0
もともと更正する可能性が大きい人間は
メッタなことでもない限り犯罪自体しないんだよ。
しても微罪。


615 :朝まで名無しさん:2006/07/16(日) 22:06:43 ID:XIIXB8Bp
>>610
刑の重さは原則として“罪刑の均衡”が一番重要みたいよ。つまり「どれくらいの罪であるべきか」は「犯した罪がどれくらい重大か」できまる。
そういうのを“応報論”というらしい。しかしそれだと「刑を通じて反省、更生をうながす。」という機能をもりこめないのでそのような“特別予防”
とよばれる機能をもりこむために一応仮出獄制度みたいなものを設けているけど(つまり反省が見られる模範囚は早めに出獄できる。)
だれがどうみても、「こいつは釈放されれば間違いなく再犯をしでかすか、少なくともまっとうな生活はすまい。」という奴でも釈放される。
あくまで罰は罪の重さを最重要視すべきという哲学からすれば、反省してようが、していまいが罰の上限にくれば出獄させるようになってる。
しかい「反省したら釈放」なんてシステムにしちゃうと「殺人犯がすぐに反省したので懲役1年で釈放」とか「窃盗なのに反省しないので終身刑」なんて
事例も発生しちゃうだろうし。やっぱり刑の重さの決定は現在の“罪刑の均衡”を重視する今のシステムでいいと思う。

616 :朝まで名無しさん:2006/07/16(日) 22:23:50 ID:RAYqjDc0
>>615
あと刑務所の運用費用な。
あんまり重罪を科すと刑務所費用があがり、結局本末転倒になってしまう。
だから執行猶予というのもある。微罪であれば反省していれば入れる必要ないしな。
「こいつは釈放されれば間違いなく再犯をしでかすか、少なくともまっとうな生活はすまい。」という奴でも釈放される。」
というものがそのため
刑事政策という学問はこのいい塩梅をさがすものだ。
重罰化しすぎても実は犯罪が増える 軽くしすぎると犯罪が増える
罪名 罪の種類が多すぎると犯罪が増える 少なすぎると不利益を受ける人が多くなる。
この三点で大まかに論点となるものだから
あとは好きに議論してくれ 
基本的には俺は考える方向を整理するだけで、誘導したりするつもりはなかったのだが
つい 
ほんとはつまっている状況があったら こうです てな程度で介入する程度のつもりだったんだよ。
じゃな 





617 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 00:24:38 ID:L4eJyoOM
>>612
この犯人は死刑でいいっすよ、死刑を廃止しようなんて思ってないし。
一人殺したら死刑にしていいと思ってるけど、それはできないんでしょ?
出来ないなら他の制裁っていうか、反省を促す方法がほしいじゃないっすか。
1億を完済しなくたって可能な額で月に5万でも1万でも返済し続ければ
それってかなり反省してることにならないっすか?

> 賠償というものは科刑の際に反省の内容として評価されるもの。
じゃあ1億積めば死刑にならないんすか、そうじゃないっしょ。
矯正と更生がなったかのバロメーターに出所後の賠償が使われてもいいじゃないっすか。
死刑に換わる制度じゃなくってさあ、死刑にされない奴に反省させる制度として
懲役のやり直しって欲しくね?

>>614
だったら3年だの10年なんてハンパな刑はやめて、再犯しそうだからって全員無期懲役にしてよ。

>>615
そしたら、「更生しなかった罪」をつくればいいよ。
懲役20年のやり直しじゃなくても、1/3の6年でもいい。

>>616
費用が問題なら国籍剥奪して追放でいいじゃん。
アフリカでも南極でも好きな所へ片道切符で送ってやれば。

618 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 03:22:56 ID:kjdh8F9v
犯罪被害者への賠償を行わせるために、加害者の身体から臓器を摘出して
売却できるようにすればイイじゃない。

619 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 03:37:36 ID:X+pyS3OZ
↑下手なえさだな。


620 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 03:41:50 ID:X+pyS3OZ
619は、
>>617に対してだったが>>618にもだ。

621 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 03:47:33 ID:hJ5RZcBx
ヒント: カイジ

622 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 04:06:57 ID:kjdh8F9v
いいや、けっこう本気なんだけど。
だって加害者が被害者に賠償しようとしても、お金がないなら
臓器を売るくらいしか方法ないじゃない。

623 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 08:29:36 ID:X+pyS3OZ
★【緊急】万国のニート達よ、団結せよ!【召集】★
28 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:47:58 ID:DgS8tvif
国策で国民年金に加入させないように誘導
してるのかと思ってた。
29 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:52:47 ID:qmF0fOze
そろそろパンとサーカスの要求をしようぜ!!」

624 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 08:32:14 ID:X+pyS3OZ
★【緊急】万国のニート達よ、団結せよ!【召集】★
28 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:47:58 ID:DgS8tvif
国策で国民年金に加入させないように誘導
してるのかと思ってた。
29 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:52:47 ID:qmF0fOze
そろそろパンとサーカスの要求をしようぜ!!」

なんだ・・・ネットサヨではなくやはりニートか。
お前下らないこと言っている前に働け。
お前社会でバカにされているバカだから2ちゃんでえばるしか能が無いのか。



625 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 08:42:10 ID:X+pyS3OZ
★【緊急】万国のニート達よ、団結せよ!【召集】★
28 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:47:58 ID:DgS8tvif
国策で国民年金に加入させないように誘導
してるのかと思ってた。
29 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:52:47 ID:qmF0fOze
そろそろパンとサーカスの要求をしようぜ!!」

どおりで、微罪を犯した場合無罪になるような制度ばかり考え付くと思った。
お前将来そうやって生きるしかないもんなあ。
銀行の預金差し押さえはできないなんていうのもそのためだな。社会にでてなければ知らないわ。
常識すらないんだから、プログの中で完結していきてれば?
国民年金、払ってないんだなやっぱり。だからか。
お前の理屈は市役所の厚生課で「生活保護よこせ」といって3時間ぐらい粘っていくバカ
とかわらないからなあ。
どっかで聞いた理屈だと思ったよ。
君が氏んでも、厚生課もラッキーとしか思わんし、親も喜ぶし、社会も喜ぶ。
しょうがねえ奴だな。



626 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 08:51:12 ID:X+pyS3OZ
★【緊急】万国のニート達よ、団結せよ!【召集】★
28 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:47:58 ID:DgS8tvif
国策で国民年金に加入させないように誘導
してるのかと思ってた。
29 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:52:47 ID:qmF0fOze
そろそろパンとサーカスの要求をしようぜ!!」

司法民選を唱えた別スレの1もそうだな。
結局えらそうなこといっても変だなと思った。
大学はいりたての奴が言ってるのかと思ったのは知識が荒いからなんだが、
ウイキの知識だったんだからなあ。まあ似たようなもんだ。
人の問題と別スレの1にもおまえにも言ったが、過剰に反応したのもそのためだな。
おまえが悪いんだよ。多分漢字もかけないんだが、コンピューターは漢字変換してくれるからな。
便利な機械あってよかったな。




627 :パンカス先生!!!:2006/07/17(月) 09:04:35 ID:X+pyS3OZ
★【緊急】万国のニート達よ、団結せよ!【召集】★
28 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:47:58 ID:DgS8tvif
国策で国民年金に加入させないように誘導
してるのかと思ってた。
29 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:52:47 ID:qmF0fOze
そろそろパンとサーカスの要求をしようぜ!!」

一応おまえに必要な判例を教えてやる。

憲法25条の限界点(最大S42.5,24)
・生活保護の基準は行政的裁量

福祉は国家の最大目的ではなく、それによって財政に多額の負担をかけ
増税に結びつくようであれば、
生活保護の額・および受給基準は厚生大臣の裁量権に任されていて、生活が
困窮しているからのみ一事由でもってのみ生活保護の支給を要求する場合
却下しても、直ちに違法の問題を生じないし、生存権を侵害するわけではない。

おまえら飢え死にしても、別に問題ないし、別に違法でもなんでもないんだ。
市役所の職員がおまえらに頭下げてくれるのは、市の職員だからだよ。
それで思い上がるなって。






628 :パンカス先生!!!:2006/07/17(月) 09:07:23 ID:X+pyS3OZ
ネットサヨのみなさん。
申し訳ない。ニートを君らと間違えてしまった。


629 :パンカス先生!!!:2006/07/17(月) 09:10:25 ID:X+pyS3OZ
★【緊急】万国のニート達よ、団結せよ!【召集】★
28 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:47:58 ID:DgS8tvif
国策で国民年金に加入させないように誘導
してるのかと思ってた。
29 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:52:47 ID:qmF0fOze
そろそろパンとサーカスの要求をしようぜ!!」

おまえ親の年金で暮らしている割に、年金の悪口いうのか?
ひょっとして額が少ないとか? 


630 :パンカス先生!!!:2006/07/17(月) 09:13:14 ID:X+pyS3OZ
★【緊急】万国のニート達よ、団結せよ!【召集】★
28 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:47:58 ID:DgS8tvif
国策で国民年金に加入させないように誘導
してるのかと思ってた。
29 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:52:47 ID:qmF0fOze
そろそろパンとサーカスの要求をしようぜ!!」

おまえ親の年金で暮らしている割に、年金の悪口いうのか?
ひょっとして額が少ないとか? 
国家は君らが氏ぬように今後政策をしていくが、それで死んでも世論は喝采を送るよ。
大衆の喝采をな。
今だけだよ。「一応そろそろ雨がふる前の雲」的政策とか法案とかちらほらでてるから、ぐぐってみ。


631 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 09:13:30 ID:dQPI+BCp
http://bassonly.blog63.fc2.com/

632 :パンカス先生!!!:2006/07/17(月) 09:18:24 ID:X+pyS3OZ
憲法25条の限界点(最大S42.5,24)
これは朝日訴訟というもの。まあ別件ではあるのだが、おまえさんにも適用されるよ。

・生活保護の基準は行政的裁量

福祉は国家の最大目的ではなく、それによって財政に多額の負担をかけ
増税に結びつくようであれば、やらなくても良い。
生活保護の額・および受給基準は厚生大臣の裁量権に任されていて、生活が
困窮しているからのみ一事由でもってのみ生活保護の支給を要求する場合
却下しても、直ちに違法の問題を生じないし、生存権を侵害するわけではない。


633 :パンカス先生!!!:2006/07/17(月) 09:31:21 ID:X+pyS3OZ
簡単に言うと 憲法13条の基本的人権の尊重(憲法の最高法規)
(自己の幸福追求権が他人との幸福追求権の調整をするのが国家の責務)
より25条が劣後するから
おまえらがいると増税に結びつくから多くの人が不幸になる。
@パンカスと別スレの1の幸福追求は働かないで暮らしていくこと
A増税に結びつくからそのために多くの人が不幸になる
B働いてもらっておまえが主観的に不幸になったとしても問題は無い
Cそれでもおまえの働かないという幸福追求を貫徹した場合死んでも問題は無い。
きつく言うとそういうことだ。
おまえ親の幸福追求を侵害しているぞ。親に謝れ。働け。
福○君に無期懲役になってほしいのは働かないで暮らしてほしいということだな。
最終的には無期禁固を創設しろというのがおまえの要求だな。
それで凶悪事件を起こして無期禁固になりたいわけだ。アホだな。



634 :パンカス先生および別スレの1先生!!!:2006/07/17(月) 09:37:29 ID:X+pyS3OZ
おまえに生活保護がでないのは市役所のサービスが悪いんではなくて
おまえが悪いんだよ。
公務員が腐っているからではない。
公務員の数が減ってもその金がおまえに回ってくるわけではない。
勘違いするな。



635 :ご隠居:2006/07/17(月) 11:18:30 ID:RT2HQcib
チンカスモパンカスモ世の中円満に収まる最良の方向で
考えてくださった有り難うでござるの。

636 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 11:37:08 ID:X+pyS3OZ
>>635 法の下の平等の派生論
実質的平等と形式的平等
形式的平等とは「社会的に不均衡なものがあるばあい、弱者に対して政策を行わなければならない」
例 同和関係の法律
実質的平等
形式的平等の目的が達成された場合そこに税金を投入するのは税負担者の平等を害する。
やめなければならない。
例 童話関係の法律の廃止(おととしぐらいからかな)

ニート対策の就労関係の法律が施行されています(形式的平等の段階・ニート保護政策)
何年かやったら 機会を与えたのにやらなかったのが悪いので
ニート死んでも問題無いようになります。(実質的平等政策)
生活保護の受給基準は厳しくなります。またパンとサーカスみたいなダニが
パンとサーカスがパンも買えなくなって飢え死にしても問題ない、とされます。
まああと5年ぐらいじゃない? 彼みたいなのが生きていけるのも。


637 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 11:39:29 ID:X+pyS3OZ
法律論はバランス論のため
意外とご隠居さんがリーガルマインド(バランス感覚)度が強いと思います。
では!



638 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 12:04:33 ID:X+pyS3OZ
パンとサーカスおよび別スレの1へ
>>623から>>637はおまえらのために書いた意味もあるんだよ。
後もう少しするとニート死ねという社会になるしおまえらを追い詰める政策がされている。
ニートのヒーローになって喜んでる前に、働け。


★【緊急】万国のニート達よ、団結せよ!【召集】★
28 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:47:58 ID:DgS8tvif
国策で国民年金に加入させないように誘導
してるのかと思ってた。
29 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:52:47 ID:qmF0fOze
そろそろパンとサーカスの要求をしようぜ!!」



639 :パンとサーカスへ:2006/07/17(月) 12:34:07 ID:X+pyS3OZ
おまえまじめに>>623から>>637読んどいてくれよ。
またニートの連中もまじめに読んでくれよ。
ニート対策の政策はおまえらつぶすの前提で作ってあるんだよ。
掲示板で天狗になっている暇があったら職安へ行け。
一応、心配してやってるんだぞ。

★【緊急】万国のニート達よ、団結せよ!【召集】★
28 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:47:58 ID:DgS8tvif
国策で国民年金に加入させないように誘導
してるのかと思ってた。
29 :朝まで名無しさん :2006/01/30(月) 13:52:47 ID:qmF0fOze
そろそろパンとサーカスの要求をしようぜ!!」
おまえバカの集団の中のリーダーになってうれしいか?


ふるちん太郎

640 :ゴリエモン:2006/07/17(月) 12:51:56 ID:RT2HQcib
>>639
フルチンはいかんよ。アメリカでは相撲取りは回しの下に
何もはいていないから、フルチンだイカンと言っておる。
パンツをはかせられる。

641 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 14:06:32 ID:X+pyS3OZ
>>640
あそれ。少し前ゲームの主人公にフルチンと書くのがはやったので
つい一時ハンドルにしたことがある。



642 :パンとサーカスへ:2006/07/17(月) 19:14:18 ID:X+pyS3OZ

おまえ結局ニートで親の国民年金に寄生していきてて将来人一人殺して無期懲役
で生きて生きたいよというだけじゃないか(笑)裁量刑がおかしい、きまっているべきというのもただ単に債権者に追い込まれたとき刑務所に逃げ込めばいいや
とのお考えの下に時効の起算点について必死にうそならべているだけじゃないか。だから時効中断について必死にいっているだけじゃないか
そして好きなときに刑務所出れる制度というのを妄想しているだけじゃないか。
だから民意で永山基準が変わって人一人殺して死刑なんてでたら困るし、加害者の家族・加害者には差し押さえ
するよといったらガクブルして必死にできないとうそつきまくるし、こういう場合は
被害者の保障は国民年金や厚生年金の中の遺族年金で形変えて補償されるよといったら
突然国民年金の制度自体否定し始めるし。最高裁判決 おかしくね なんてスレッドたてて自作自演繰り広げるわ まさに基地外だな。
おまえにとって菊田先生はヒーローなんだがだけど菊田先生もそこまで犯罪者に優しくないコテ(笑)
民意を攻撃するのも民意がニートを攻撃しているからだね。
しかも自分が働かずに親の年金を食いつぶしていることで 働いている奴馬鹿じゃね
と思っているから掲示板のみんなをバカにして喜んでいるわけだ。
まさか、国民年金と被害者の復讐方法の差し押さえの話で>>617まで崩れたつとは
司法民選も脳内の妄想でしかない。
公務員を否定するのも、生活保護受給を断られているからだね。司法民選なんて自作自演してまで公務員否定しても
君にそのお金が回ってくるわけじゃないし、君が民意の代表ではない。
みんなに不愉快な思いをさせることしかできない人間が社会でいきていけるわけないだろ。
あえて伏せる一つの選択はいやなのだろうけど、そういう風に追い込まれていくのは>>623から>>637に書いた。
どの道、今その道を選択しなくともう少しして選択しなければならない。
自分が悪いのに社会のせいにして、社会が自分の都合のいいように変わってくれることを期待してもそういう風に考えているうちはだめ。
ふるちん太郎から最後のレスだ。 君の文章を見ることは二度とないだろう。






643 :パンとサーカスへ:2006/07/17(月) 19:41:20 ID:X+pyS3OZ
追伸 君が社会の役に立てる方法、生んでくれた親に唯一してあげられること
それは二つあるが 働くかあえて伏せる一つの方法だが今までの文章や考えてみて働くのは無理だ。
だとするとあえて伏せる方法しかない。
おやの心配もそれで終わる。社会への迷惑もそれで終わる。
さよなら。


644 :パンとサーカス:2006/07/17(月) 22:52:24 ID:QTei9LHI
>パンカス先生!!!

 よお、DQN。言いたいことがあるなら、ぱらぱら書かずに
要旨をまとめて書けよ。内容なんて大してないんだし。
 それに俺はもう相手しないんじゃなかったのかよ?レスを
必死にねだって、ハンドルつけたりはずしたりしてさあ。
 相手して欲しいなら、もっと面白い論点だして、興味引くようなこと書けよ。
一日中張り付いてるキモイだけのは相手にせんぞw

 しかし、時効でやり込められたのが悔しいのか、馬鹿の一つ覚えみたいに
社会保障関係の方向へ話を持っていこうと必死だな。社会保障関係の問題と絡めて、
犯罪被害者対策を論じるのも重要な論点だからつきあってもかまわないけどね。
 でも、痛々しいくらいに「かまって、かまって」が行間にあふれててゲンナリ
しちゃうんだよね。誰か相手してやれよ。俺はもう疲れたよw

 それと一つ教えてやるが、「パンとサーカス」は普通に使う表現だろ。
非建設的な社会サービスで堕落した社会を揶揄する言葉だ。
ぐぐれば、いっぱいでるだろ。全部俺が言ってるわけじゃないだろうにw

645 :朝まで名無しさん:2006/07/18(火) 01:28:35 ID:hHkDSxhA
>>644 生活保護に対するご見解をどぞ

646 :朝まで名無しさん:2006/07/18(火) 07:38:37 ID:hHkDSxhA
>>643>>644を読むと、644は高等遊民であることは否定しないんだなw

647 :朝まで名無しさん:2006/07/18(火) 10:52:24 ID:7sGwFqMh
市中引き回しの上、貼り付け獄門

648 :朝まで名無しさん:2006/07/18(火) 13:38:25 ID:yee7FAh/
>>644
また自分の都合の悪いことはスルーして勝利宣言かw
法定刑の上限が3年〜10年程度の罪の運用について説明してみてよ
あと執行猶予をつけるかつけないかの判断も

649 :朝まで名無しさん:2006/07/18(火) 16:09:35 ID:wQ73SCDE
他にも不当判決だと判断できる事件はくさるほどあるのに、
なぜ大衆はこの事件の地裁、高裁判決だけ非難するのか?
この事件にあって他の事件にないものは何か?
それは金に飢えた被害者家族の田舎芝居と下品なマスコミの低劣な扇動だ。
つまりマスコミの胸先三寸でどうにかなってしまう
日本司法の愚劣な正体がこの事件で明らかになった。
その意味でこの事件は画期的だといえる。

650 :ご隠居:2006/07/18(火) 16:45:15 ID:Dybpgcs/
>>649
同感でござる。死刑に勝る再犯無し。

651 :朝まで名無しさん:2006/07/18(火) 16:46:29 ID:f4X/Yuft
>他にも不当判決だと判断できる事件はくさるほどあるのに
ならその不当判決を分かる範囲で良いから、ソースと共に実例を挙げてみなよ

652 :朝まで名無しさん:2006/07/18(火) 18:35:06 ID:hHkDSxhA
>>649
また基地外君かよw
スーパーフリーの事件か?
ありゃ確かに無理があったなw
罪刑や過去の判例からいけば基本的に無理があったのに世論に押されて科罰しちゃったので
あわてて集団強姦罪作ったもんな。
それでニートにでもなったのか?
パ・ン・カ・ス君?


653 :朝まで名無しさん:2006/07/18(火) 20:23:12 ID:Dhj3iP7Q
自分や家族を必死で弁護できる人は刑が軽くなり、弁護する能力のない人は死刑となったり刑が重くなったりでは、おかしいと思います。

654 :朝まで名無しさん:2006/07/18(火) 21:37:12 ID:zWhfuzq9
>>653
真面目に生きてきた人が残忍に殺されて、その元を作った殺人犯
が生きながらえるのはもっとおかしいと思いますよ。

655 :朝まで名無しさん:2006/07/19(水) 00:48:29 ID:QU+S556s
>>654
そのとうり、余り刑が軽すぎて被害者の腹が煮え繰り返ってる状態だと、
民間死刑執行隊なるものが、有料で出来上がるとこまるでな。

656 :朝まで名無しさん:2006/07/19(水) 03:07:19 ID:mMAnJHIy
>>644
パンとサーカス:2006/07/15(土) 17:58:28 ID:qMgcZtOa
パンカスに好きなことかかれたので一応時効についてきちんと書いておきます。
まず、パンカス君は<<576で166条がすべてで考えていますが、実際には不法行為709
条の時効は724条です。ここで、時効は3年。後段で除斥期間として20年とされ
ています。
時効のスタートは「相手方がわかったとき」です。除斥期間とは、行為のとき
から数えて20年です。たとえば事件のときから5年経過してわかったときは、5
年目が時効のスタートで8年目で時効満了となります。訴訟提起で時効は中断し
ます。訴訟確定で「債務名義」という債権になります。これは一般債権で10年
です。根拠は民法174条の2及び民事訴訟法です。時効の中断事由としては147条
に差し押さえがありこちらで行います。パン君のいう承認は日本語の承認とまた
意味が違います。債務名義1000万円あったとしたら、100万円のところで差し押さえ、
(中断)差し押さえ(中断)という形で行っていきます。なお147条の請求については、
裁判上の行使のことをいい、日本語上の請求、つまり請求書を送るなどの行為は153条催
告になります。(6ヶ月間時効期間を延長するのみ。請求書の送付の繰り返しで6ヶ月づつ
のびるわけではなく、訴訟にいかなければならない)パン君はこの点についても間違えています。
パン君は「文系の法学士様程度の知識で俺様の知識に勝てない」などとよくおっしゃいますが、
彼の知識ソースはウイキペデイアの拾い読みでしかないので、一つの条文ですべてを語るクセがあります。
また法律上の用語と日本語の違いについては知りません。私だけでなく、他の人にも暴言を吐き続けましたが、
そんなもんです。銀行預金は差し押さえできない、こんなことをいってしまうのも、ニートたる由縁でしょう。
どうせ社会の接点は2チャンネルしかない人と思いますので、どうせみるでしょうね。それでも彼は恥ずかしい
とは思いません。ニートでも恥ずかしいとは思わない人ですから。




657 :朝まで名無しさん:2006/07/19(水) 03:11:16 ID:mMAnJHIy
>>531で買いといた通りなんですよ。
3行で書いたことをここまで書かなければならない。>>644
勝利宣言はなんなんでしょうね?



658 :朝まで名無しさん:2006/07/19(水) 03:12:29 ID:mMAnJHIy
166条は関係ないんだよ
パンカス バカおまえは市ね。
だれかあく禁だいといてください。だしかたわからないのですみません。


659 :朝まで名無しさん:2006/07/19(水) 03:16:29 ID:mMAnJHIy
粘着よばわりするけど私最初名無し同士で「賠償の払方どうやるの」
といってたから「差し押さえ」だよ
といったらわいてでてきて延々粘着したのはおまえだ。条文読めばわかるレベルの話で粘着してバカさらして勝利宣言。
本間もんの基地外だな。犯罪予備軍だなあいつは。


660 : ◆.rs/blFuew :2006/07/19(水) 08:24:29 ID:5XUqRbMb
>655
現代版「必殺仕事人」みたいなもんか?

661 :朝まで名無しさん:2006/07/19(水) 09:54:17 ID:QU+S556s
>>660
ん、だともよ。ニートや職の無い人の為に有料民間死刑執行隊が
出来たら、アフガンやイラクのテロみたいになるぞ。

662 :朝まで名無しさん:2006/07/19(水) 12:52:56 ID:WEUn+cRp
>>660,661
弱者が恨みを晴らすってシチュエーションは昔から日本人好みだ

古くは「赤穂浪士」〜「仕事人」、最近は「地獄少女(笑)」「デス・ノート」とかね

663 :朝まで名無しさん:2006/07/19(水) 13:27:19 ID:D2WH3eL1
人を傷つける大義名分があるからだ。
まず大衆には人を傷つけたい欲求があり、それから傷つけても咎めを
受けないで済む口実を見つけるのだ。

664 :朝まで名無しさん:2006/07/19(水) 18:11:08 ID:mMAnJHIy

↑あコテハンはずしてもだれだかわかりますねw
結局言っていることは同じだ。

665 :朝まで名無しさん:2006/07/19(水) 18:17:46 ID:wXBOBfGV
今の政権は自民党だろ〜
自民党議員が「レイプは元気があって宜しい!最近のおとなしい男の子も
見習って欲しいものだ〜w」って唱えていたんだから 
別に問題ないんじゃないのか?
それどころか、国民のお手本を示しているよ、
マジに自民党と山本圭一&はガチッですな〜☆

666 :朝まで名無しさん:2006/07/19(水) 18:47:28 ID:6KYqymhR
マルチ商法が取り締まられるようになってきたのはつい最近。
つまり事件当時は誰も自らを犠牲にすることなしに本村夫婦の悪行を正すことができなかった。
福田君はそれをやった。
法の名において咎められることを覚悟の上で詐欺師を罰した。
つまり福田君は結果的にいいことをしたのです。

667 :朝まで名無しさん:2006/07/19(水) 19:08:53 ID:mMAnJHIy
ついでなのとひまなので本日はパンとサーカス論のお話をします。
パンとサーカス論とは簡単に言うと
@法学上のパンとサーカス論 
ローマ時代などで、大衆の政治的な不満から目をそらさすために残酷な処刑をしていましたが
それをやめましょうという、市中引き回し獄門をやめようというもの 単純な死刑にしようというもの。
A政治的なパンとサーカス論
ビン○ー人がいるとビン○ー故に犯罪を起こしたりするから(例貧○ン窟)昔は食料(パン)とサーカス(娯楽)
をお情けであげましょうというもの
ざんねんですがそうするといつまでたっても自立しないダメ人間なので犯罪抑止効果がないことから現在はこの考え方は採用されていません。
パンとサーカス論は生活保護の沿革論ですが、現在は福祉主義という考え方が採用されているために生活保護(パンとサーカスのパン部分)の受給条件は大半の2ちゃんねらが思っているほど甘くは無く、
ニートの皆さんの希望とはかけはなれいてるものです。
(あくまで自立のための援助的なもの)
この観点にたって読み返してみると大変面白いコテハンの人がいます。
@犯罪は生活保護の受給条件が厳しいために起こる ビン○ー人が犯罪に走る可能性があるよ
A生活保護の受給条件を緩和してくれないと犯罪や暴動が起きる可能性がある
B俺に生活保護くれないと将来暴動や犯罪起こしちゃうよW。












668 :朝まで名無しさん:2006/07/19(水) 19:10:39 ID:mMAnJHIy
さてそうはいっても刑務所にはいってもパラダイス(救護所)的な性格で刑務所があってほしい。
@刑務所の内容に不満(矯正教育がなってない!)→本音は無期禁固があってほしいだけ
A生活保護のシステムには欠陥がある!→本音は生活保護払っていないか払いたくない。
B犯罪者への被害補償は国家がするべき被害者がかわいそう→自分が払わなくていいジャマイカ?
C犯罪者への差し押さえなどは、犯罪者の更正を妨げるからやるべきではない。銀行預金が差し押さえできないよ(必死)国家が立て替えてやるべきだ。そして仮釈放して働かせるべき
→本音 生活保護をくれなきゃいけない公務員が(ほんとは受給条件に達しないものを断るのが仕事なのに勘違いしている)
つまり仕事しないんだからやらないんじゃないか?逃げちゃうよW
D刑務所に逃げ込んでしまえば、犯罪者に対して借金鳥もこないよ!時効を利用してにげきっちゃえ
→違うのか?いや時効はそうではない!と言い張る。
E時効については166条だから請求こないように逃げ回っていればいいや!え市役所に生活保護もらいにいけないジャン!(住所は住民票で割れちゃいます)
F好きなときに入って好きなときでたいから(借金鳥を想定)弁済のための仮釈放(働かなければ模範囚でないからで無くていい・・あれ実際は予算の都合で出されちゃうこともあるの!)
G借金鳥からにげるには不定期刑や執行猶予あると困るじゃん!罪刑はシンプルで刑期決まってなくちゃ(スタートの論法)

>>648さんわかった?パンとサーカス論は思想史博物館のものです。いまは効果が無いので、福祉主義のパン(生活保護・最終的には働いてもらうためのもの)に変わっています。
臓器売って障害年金といっても、国民年金かけてないから、もらえるかどうかわからんのですよ。俺も知らん。

>>617 から612読み返してみるとこれまた面白いよ!617が自分でないと、かれは642に対する644で否定していないんですよ。

ニートがどうなるか論、>>623から>>637で大体げんなりしちゃったから、パンカスコテハンやめる宣言>>644があるのです。
でもまだ、愚痴いってますね。





669 :朝まで名無しさん:2006/07/19(水) 19:24:25 ID:mMAnJHIy
それはそうと、働かざるものいきるべからず!
意外とお仲間いっぱいいるね。
こういうことでお金楽にかせいでいいじゃん!
とか思っている人も鬼畜ですね。
それは全部が全部とはいわないけど、そういう人はイパーイいるんだな。
金はいくらかせいだか?ということもありますが、どうかせいだか?
というのもありますよ!
俺のお師匠さんは長年実務法律家でやってて年収は1500万ほどあるんだけど
後進の指導と、破産の処理(持ち出しのため)やっと自分へのご褒美として40年やったけっかとして
マークツー買った人だよ。
世の中いろいろ人もいろいろ。だけど、あまり人に不愉快を与えるのはよくないよ。
マサイの刑法は一つしかないそうです。「人に不愉快を与えないこと」それは自然が厳しいから仲良くしないと死んじゃうからです。
日本は豊かだから、そうでもない。だけどマサイの皆さんにまなぼうね!!
じゃ。たまにのぞきにくるよん。


670 :朝まで名無しさん:2006/07/19(水) 19:52:50 ID:d7qeHKeT
【社会】 ひきこもり姉、結婚目前の妹(アニメーター)を牛刀で数十回刺し殺害→懲役10年判決
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1153303732/

これで10年だからさあ、死刑って思いねえ

671 :朝まで名無しさん:2006/07/19(水) 21:56:07 ID:mMAnJHIy
668で補足。
なお不法行為の時効は>>656で書きました。そんなに悪い人に便利にできてません。
福祉主義のパンは、みずから貧み○窟に入っていった人には配ってくれません。



672 :朝まで名無しさん:2006/07/19(水) 22:08:14 ID:mMAnJHIy
668で補足。
なお不法行為の時効は>>656で書きました。そんなに悪い人に便利にできてません。
福祉主義のパンは、みずから貧み○窟に入っていった人には配ってくれません。

668A訂正生活保護→国民年金ですね
国民年金は不慮の死に対して病死、殺人被害者をとわず結構いいお金くれるものです。
結局掛け金という税みたいなものと、国庫支出金という税金でまかなわれています。
だから俺は払います。
だって消費税あがるからかけてたほうが特だもん。


673 :パンとサーカス:2006/07/20(木) 00:14:07 ID:xLyj8T5d
 よお、DQN。ハンドルつかたり外したり大変だな。あいかわらず、逃げじたく
のままか。まともに相手してもらいたいなら、ハンドルつけつづけろよw

 まだ間違った時効の話をしているのか。よほど間違いを指摘されたのが悔しかった
んだろうね。消滅時効の話に関して、俺の上げた要件は間違ってないだろ。
消滅時効の基本は166条なんだし、あと時効を中断を押さえればこの問題では十分だ。
 時効中断の要件である「承認」は文字通り、債務者が債務が存在すること認める
ことだろ。ただ、債務者が「承認」したことを確かめる必要があるから、
多少問題はあるが、基本は上で述べたとおり。同様に債権者「請求」も、請求を
確定する必要があるから、裁判上の請求などのかたちをとる必要はある。
「承認」や「請求」は、法律によって厳密に要件がさだめられた概念ではない。
法律や判例などで確定されているが、それが絶対ではないだろ。

 君が消滅時効で噛み付いてきたのは、民事上の損害賠償責任に仮釈制度を絡める
べき、との俺の主張に関してだろ。
 仮釈制度に民事上の損害賠償責任を絡めても、基本は民事上の損害賠償請求と
それによって発生した債権取立であることにかわりはない。君の主張が、時効を中断
しつづけることで民事上の損害賠償請求を、払い終わるまで半永久的に請求し
つづけられるとするなら、俺の方のも消滅時効にかかるわけがない。君は往生際が
悪いから、この単純な事実を認めようとしないだけw

674 :パンとサーカス:2006/07/20(木) 00:48:14 ID:xLyj8T5d
 俺が仮釈を絡めた被害者の損害賠償請求支援制度を主張するのは、既存の制度では
金や手間がかかるし実効性に乏しいから。

 そもそも損害賠償請求するにも、債務の取立てをするにも、加害者の現住所や
就職先がわからないと取り立てが困難。君は差し押さえの件で、曖昧な答弁に終始して
いた。加害者の取引銀行や資産状況がまったくわからない場合、どうやってそれを
調べるよ。加害者が社会にでた場合、最悪の場合は居所さえわからない場合もある
わけだぜ。加害者がどこに勤めているかとか、どこの銀行に口座を開いているか
なんてもわからない場合もある。君は、被害者が加害者の資産を把握していることを
前提にしているようだが、その前提自体が正しいとは限らない。
 仮釈の場合、国は加害者に関するさまざまな個人情報を持っている。加害者の
個人情報を被害者の債務取立てのために提供し、さらに仮釈の取消しをちらつかせて
債務支払いを促すことは、立法政策として間違っていると言えるかね?

 君は軽度な罪についてまで、仮釈と損害賠償請求を絡めるのはおかしいと
主張しているね。俺はそうは思わない。
 刑事罰が軽度であっても損害額が大きい場合は、それ相応の社会的制裁や
被害弁済が必要。例えば、窃盗や詐欺などは職業的犯罪だ。ねずみ講やオレオレ詐欺、
窃盗団、暴力団員などの職業的犯罪者の再犯を防ぐためには、できるだけ彼らの行動を
国の管理下におき監視しつけるしかあるまい。少なくとも、彼らが被害者の損害を
完済するまでは、仮釈のままの状態に置いて、彼らが更生したかどうか監視すべきだと
俺は思うね。

 職業的犯罪者を更生させるためには、枠にはめて行動規制するしかない。俺は、
別に犯罪者に甘い刑事司法制度にしろと主張してるわけじゃない。仮釈と被害者の
請求を絡めることで、社会にでてからの犯罪者の行動をできるだけ枠にはめ、
再犯しずらいしくみをつくるべきだと主張しているんだよ。被害者にとっても
被害弁済が得られ安くなるわけだし。

675 :パンとサーカス:2006/07/20(木) 01:09:49 ID:xLyj8T5d
 以前も主張して無視されたが、年金や種々の社会保障制度は、犯罪被害
にかかわらず国民各人の基礎部分を支えるものだから、それで犯罪補償を
議論するのは筋違いだと思うね。

 刑事政策に配慮して、犯罪被害に対して多少色つけてやっても、しょせんは
社会保障制度の問題だから、それで犯罪被害者が納得できるとは思えない。
 納得できないから、犯罪被害者給付金を設けろとか、もっと増額しろとの主張が
でるわけだし。
 犯罪被害者補償に関して、自分たちで掛け金を払っている年金制度や社会保障制度
を使って、被害者が納得する補償を行うなんて不可能。それで十分であるかの主張を
すること自体に欺瞞があると思うね。

 国の財政や年金プールには限度があるから、君の主張の基本は大筋正しいとは
思う。しかし、民事はオマケみたいなものだから、とれなくてもしょうがない的な発想は
どうかと思うね。さらに加害者に対する損害賠償請求を国が補助・支援する制度を
否定する態度もいただけない。
 加害者は被害者に不法に損害を与えているわけで、被害を補填することも
罪の償いに含めて考えるべきだ。その意味で、被害者個人の損害賠償請求と
刑事司法制度を絡めて運用しろ、との俺の主張はそれほどおかしな主張とは言えんだろ。

676 :朝まで名無しさん:2006/07/20(木) 02:20:00 ID:aNBNQAEj
>>673 674 675

おたく>>642 以下が釣りだということもわからなんのかw



677 :朝まで名無しさん:2006/07/20(木) 02:50:47 ID:aSfsQ4R8
お前らフジ見ろ

本当に、裁けますか
裁判員制度「模擬裁判」の事例が光市だぞ

678 :ご隠居:2006/07/20(木) 09:34:32 ID:EVDB7FXz
悪事を働いたものを国民の税金で生かしておいて何の得もない。
死刑に勝る再犯無しで平和な国を造ろう。
わしは間違っても餓死しても悪事はせぬからのう。

679 :朝まで名無しさん:2006/07/20(木) 10:56:42 ID:2yLeGytS
そう言うやつに限って危ないんだよ

680 :ご隠居:2006/07/20(木) 11:56:18 ID:EVDB7FXz
>>679
いやほんとの話がよ。犯罪が多いのは刑を下す裁判官の怠慢、
恨まれるのが怖いと言う個人的な感情が刑を軽くしてるんだよ。
大昔の判例から抜け出せず、ビビリマンが多いからだよ。
終戦後世の中悪いほうへ転がってるよ。死刑に勝る再犯無し。

681 :朝まで名無しさん:2006/07/20(木) 19:03:45 ID:MFvLqUU6
今の板の流れとははずれますが、
差し戻しになった高裁に置いて、今の弁護士が出してきた「声を立てたのを
押さえようとして手が首にずれてしまったので、殺意はなかった」と言う言
い分は、無期になる理由になりえるのでしょうか?
私は多少柔道の経験があるのですが、締め技で気絶させるのでさえ中々出
来ませんし、また時間も掛かります。それを殺意が無く、また多少なりとも
好意を抱いた相手を殺すまで、素手で首を締め付ける事が出来るのかが疑問
です。
締め技と絞殺が一概に同じ条件で語れないのは重々承知しては居ますがここ
がかなり引っかかっています。

682 :朝まで名無しさん:2006/07/20(木) 19:57:05 ID:aNBNQAEj
>>681
その辺は、広島市、木下あいりちゃん殺人事件@議論板 7
で死姦だろうが強姦殺人だろうが凶悪と評価されるから評価は同じで
高裁で死刑出して来いという意味だとやっていた。
次スレ立たないね。


683 :朝まで名無しさん:2006/07/20(木) 20:25:24 ID:WA+JZ4X/
>>681
自分で半分答えを出してますがな
柔道経験者でさえ難しいことを恐らく素人であろう被告人が出来るとは到底思えません。
更に言うと、そこまで供述が変遷していくとどんどん信用性がなくなっていくので
採用される可能性は皆無に近いと思います。
(チラシの裏)
達人とまで行かなくてもそれなりの実力者ならすぐに絞め落とせると言うのは本当ですか?

684 :681:2006/07/20(木) 21:10:22 ID:MFvLqUU6
>>682,683
レス有り難う御座いました。
>>682
>死姦だろうが強姦殺人だろうが凶悪と評価されるから評価は同じで
高裁で死刑出して来いという意味だとやっていた。

そうなんですか。
でも今の弁護士は、死姦のことはただの死体損壊と称していましたが、裁判所
は行為の順番が換わっても凶悪性は変わらないと判断したと言うことなんです
ね。
>>683
>達人とまで行かなくても〜
体質的なことも有りますが、相手が素人なら可能ですね。
でも首を鍛えてない素人に締め技を掛けると、むちうちになる事があるから
掛けるなと言われますが

685 :ご隠居:2006/07/21(金) 07:28:11 ID:t182c5CN
犯罪者の屁理屈がと通る世の中にしてはいけない。
どんな殺し方であろうと、殺人者は死刑。法務関係者の意気地なさを
かえて、正しい日本に犯罪の無い日本にして行こう。
そんな悪事を働くものを淘汰せねがなるまい。

686 :朝まで名無しさん:2006/07/21(金) 17:34:06 ID:ZJGyNAEe
善が怠る時、悪は必ず勝利する。
でしたっけ。

非常に重い言葉ですなぁ。

687 :朝まで名無しさん:2006/07/21(金) 19:09:44 ID:21omphdp
強姦が未遂でも強姦殺人は成立するから、死姦したかどうかは関係なく
強姦しようとして相手が死んでしまえば一緒。

だから弁護側は「お母さんに甘えて・・・」などとおかしな主張をしたわけ。

688 :朝まで名無しさん:2006/07/21(金) 19:19:05 ID:bdV5ulZz
善行を重ねても、たかだか80歳かそこらでは死んで逝かねばならない人間のさだめ。
逝き急いだ奴は早めに逝ってもらうのが自然の摂理。

689 :朝まで名無しさん:2006/07/21(金) 21:31:52 ID:UAcxrw3A
今認知症の母親を殺した事件の判決の内容をやっているが(NHK)
重いなー。
執行猶予付で納得できるな。
裁判官も「自分をあやめることが無いように、自分の幸せを求めていってください」
んー俺もそういう立場になったとき、どうするのだろうか。
>>675 にはそういう気持ちすらないから、みんなに嫌われるんだよ。


690 :パンとサーカス:2006/07/21(金) 23:40:31 ID:95wtX3Sc
>>689

 聞いた風なこと言うね。人の存在理由や他人の心なんて
誰もわからんだろうに。
 認知症の母親を殺した事件にしても、真実のところは誰にも
わかんわけだし。自供している殺害動機が、事実であると言えるわけ?
わかっている事実は、絞殺されたと思われる母親の死体が見つかった
ことだけじゃん。あとは、刑事司法の手続きにのせて自供させて
それを事実と判断しだだけだ。

 主観で人の死に優劣をつけて量刑判断してるだけだろ。上の事例は、
犯人が身内だし歳だから、再犯の恐れも少ないし執行猶予にしても
害がないと判断したんだろ。さらに言えば、税金を食らうだけのババアを
殺してくれたから、国としては感謝することはあっても責める必要はないって
裁判官は思ったんだろ。それに、下手に犯人を叩けば、犯人を追いこんだ
福祉行政の欠陥を叩かれることになるし。

 裁判は事実認定して法適用する、手続きに流れにすぎないじゃん。
裁判で確定された事実が、真実とは限らない。裁判の基礎となる価値観
だって、多数派が決めた規範や裁判官の主観にすぎない。神学的な善悪論
とからめて、裁判や判決を評価すること自体が馬鹿げてるw

691 :パンとサーカス:2006/07/21(金) 23:52:02 ID:95wtX3Sc
 人の死に優劣があるわけがない。心中で介護してた親を殺したり、
心中で子殺しをしたりするのを、情状酌量で執行猶予にするのはどうかと思う。
心中だって立派な殺人じゃん。上のケースは、痴呆が少し入った老婆を殺した
ケースだろ。承諾殺人と評価されているから執行猶予がついたんだろうけど、
本当に老婆の承諾があったかなんてわからない。それに痴呆が入って
いたなら、殺人をどの程度自覚して依頼していたか疑問。
 意思能力に疑問のある老人や子供の心中まがいの殺人行為に
日本は甘すぎると思う。結局、福祉制度の欠陥を隠すために、
大岡裁きをしているようにしか思えない。

 刑罰を見世物のように使って、社会制度的な欠陥を隠蔽するのは
厳罰を打つにしても、刑をまけるにしても止めるべきだと思う。

692 :パンとサーカス:2006/07/22(土) 00:07:34 ID:XB9cgEh6
 時代劇の「水戸黄門」や「暴れんぼう将軍」じゃないけど、
社会制度的な欠陥があって不正が起きるのに、スーパースターが
その都度バグ修正をして喝采をおくるのは馬鹿げていると思う。
 制度に問題があるなら、欠陥を基礎から修正すべき。
水戸黄門や吉宗の胸のすくような活躍は、制度的欠陥を隠蔽するための
アヘンにすぎないと思う。

 裁判官の死刑判決や情状酌量による執行猶予も同じで、見世物で
制度的な欠陥を隠蔽するものになっては意味がない。
 裁判はルールに沿って事実を認定し、法適用する流れにすぎない。
単なる手続きにすぎないのだから、そこでスタンドプレー的な判決や
人気取りの量刑をするのはいかがなものかと思う。
 人を一人でも殺せば心中であろうが強姦であろうが、一定の同量の
刑罰を科した方がわかりやすい。人間の内心なんてわからないのだし、
実際に事件がどのようなものかも真実は神しかわからない。さも、
真実はこうであったとし、裁判をお涙頂戴の猿芝居にするのはいかがかと思う。

693 :朝まで名無しさん:2006/07/22(土) 01:41:58 ID:ejjEldeT
ホームレス殺人とかマスコミの扱いはあってないようなもんだからなあ。


694 :朝まで名無しさん:2006/07/22(土) 04:32:19 ID:uOJJZ/sp
犯行後にゲームセンターに行って玩具を買ったというが
精神鑑定はしたのか?

695 :朝まで名無しさん:2006/07/22(土) 06:29:08 ID:ZME0whEZ
>>690
刑法民法統一とかいってた香具師だな?
次回書き込む場合は条文案を書き込んでくれ。
民法・刑法すべてを統合してな。


696 :ご隠居:2006/07/22(土) 07:44:32 ID:gA6UWk0l
弁護士の精神鑑定はどうしたら出来るかな。
今回の弁護士がおかしいと言う人は多いと思う。
口がきけるから何を言ってもいいということでもなく、又裁判長も
それなりに意見を言って欲しい。

697 :マッシュアップマン:2006/07/22(土) 08:33:33 ID:OfraOPzB
つ〜か、少年とそれを弁護し、被害者を批判してるあの弁護人まじ死ね

698 :ご隠居:2006/07/22(土) 09:16:10 ID:gA6UWk0l
法律は最低基準で作りあとは人間としての各個人の倫理に任せてある。
それを逆手に取っている馬鹿ドモをどう取り締まって罰を与えるかダナ。
ワシの友人は4人くらい殺さねば死刑にならんから、それなりの理由があれば
敵討ちをやっても死刑にならんぞと判例は教えてくれている。と言うとる。
ワシはどんな事があっても人殺しは全て死刑じゃ。死刑に勝る再犯無しじゃ。



699 :朝まで名無しさん:2006/07/22(土) 09:17:30 ID:dqMM2cCs
>>962
法的評価において、人の内心をいっさい否定するというのか?
それをつきつめると、過失も故意も同視することになる。
違法性についてどう考えているの?

700 :朝まで名無しさん:2006/07/22(土) 15:52:43 ID:Fbsiz9ut
既出だろうけど唐沢俊一が本村さんと
こないだ2人を生き埋めにして逮捕された
学生を同一視する発言してるな


701 :朝まで名無しさん:2006/07/22(土) 16:30:40 ID:2bjYGfx6
>>699 パン理論によると執行猶予、減刑、仮釈は民選の裁判官がやるからいいんじゃないの?

702 :朝まで名無しさん:2006/07/22(土) 16:38:07 ID:T8etpC2D
>>691>>692
やっぱおかしいよ。人に迷惑をかけないように生きてきて介護に
苦しんでがんばってやれるだけのことをやって嘱託殺人して今も
おそらく罪の意識にさいなまれている人と、
働きもせず生活保護受けて、男引っ張り込んでる間は平気で子供を外
に出し(子供はそれでも親を頼ることしか考えつかないんだよ。)、
犯罪給付金欲しさの子殺しした人間を一緒にしたら、この世から、正
義、道徳、倫理、とかなくなって、何をやってもばれなきゃいい、つ
かまっても証拠がなきゃいい、の準無法地帯になる。
そんな世の中にしてはいけない。畠山鈴香はもう人間じゃない。快楽
だけを追い求めるできそこないのサイボーグ。だけどあの嘱託殺人の
男性は人間らしい感情を持った本当の人間だ。

703 :朝まで名無しさん:2006/07/22(土) 17:04:00 ID:T8etpC2D
オウムの松本、和歌山の毒入りカレーのおばさん、コンクリ詰め
殺人の犯人、この広島の親子殺しの犯人、全員即刻死刑にするこ
とが、人間らしく生きれる世の中を作る為に当然に必要なことだ
と思う。
台所にゴキブリがいたら駆除する。そしてそうじして初めて清潔
な環境で食事を作って笑顔で食べることができる。
奴らは人間の心を持たず、罪もない人を殺したゴキブリ以下の存
在。更正も無意味だろう。気にせず駆除しなければならない。


704 : :2006/07/22(土) 17:22:00 ID:C3mUsPj7
とりあえず死刑確定でOK

705 :朝まで名無しさん:2006/07/22(土) 18:23:29 ID:QPaEgISt
>>690-692
ぬるぽ
まで読んだ。

706 :パンとサーカス:2006/07/22(土) 18:41:14 ID:lO3FyzuK
>>702

 神様目線で、なに偉そうなこと言ってるんだか ( ´,_ゝ`) プッ

 裁判を自分のあるべき道徳観とないまぜにして理解するのはバカの証拠だね。
裁判で確定された事実が真実とはかぎらない。検察や弁護側が日々駆け引きして
でっちあげた「推論」を真実と誤解し、それに自分の善悪論を投影するなんて、
自分はバカですと背中に書いて歩いているようなもんだw

 嘱託殺人と言うけれどほんとに嘱託殺人だと言えるわけ?老婆は痴呆が少し
入ってたんだろ。老齢と病気で心が弱り、ぼけが入ってる老婆に正常な判断
なんてできたのかよ。
 嘱託殺人のストーリーを推測に基いて書いたのも司法機関なら、鈴香容疑者
にかかる殺人ストーリーを書いてるのも司法機関だ。どちらの判断も推論に
すぎないわけで、それが事実とは限らない。さも、司法機関の主張が事実である
かのように語り、それに基いて人間の価値を測るなどバカげているね。

 裁判は、犯罪事実を認定して法の当てはめをする場だろ。人を殺したと言う
事実が認定され、それが特定の罪にあたるなら、機械的に刑の当てはめをすれば
いいだろ。裁判は真実を追究する宗教行為じゃないんだし。現に人を殺して
いるんだから、殺し方の評価などと言った主観的な要件まで持ち出して
判断しだしたら議論百出でみなが納得する結論なんてでないだろうに。
 犯罪者に同情の余地が認められると思うなら、刑を言い渡した後で恩赦などを
使って国民が許せばいいだろ。事実認定し法の当てはめをする客観的な裁判の場に、
そんなにお涙頂戴の田舎芝居がみたいのかね。バカじゃねーの。

707 :朝まで名無しさん:2006/07/22(土) 23:40:26 ID:ZME0whEZ
>>702 がリアルアフォなのは事実。
ヒント・>>667以下が画面から消えた。




708 :朝まで名無しさん:2006/07/22(土) 23:44:22 ID:ZME0whEZ
>>702
ヒント 長文


709 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 00:21:55 ID:n9XYCUFn
いよいよ本題の生活保護拡充運動か?Wwwwwwwwwwwwwwwww

710 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 07:00:23 ID:Gb/0vxSn
>>703
広島じゃない。
山口県!

711 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 08:07:24 ID:8K5c9BM6
まあ殺人って言っても色んなパターンがあるが、光市母子殺人事件は
まさに自己中心的な殺人だよな。
残された親族にとっては刑法や裁判云々とかじゃなく
とにもかくにも犯人への怒りや憎しみで自分を抑えきれないだろうね。
他人の俺でもこの殺人犯は極刑でも物足りないと思うね。

712 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 17:48:57 ID:PFs1T9Fp
二人や三人殺しても死刑判決を出せない裁判官は
俺達には死刑出すのが怖いから、被害者遺族は腹が立ってるなら
自分で犯人を殺してもいいよアンタも死刑にはならんよ。
と教えてくれているのは間違いないと思う。

713 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 18:33:47 ID:lgWy13LQ
死刑だな。これは。何をごちゃごちゃいってるのやら。

714 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 19:06:19 ID:/mPwUN5d
死刑がほぼ決まったから、弁護士はゴネて裁判を長引かせるしか被告の命を
延命する術は残っていないのよ〜。
で、詳しい人にお聞きしたい。
上の方で出ている「絞殺は事故だったみたいな」、どうやっても信じられな
い被告側のウソの言い分を弁護士は本気で信じて裁判所に申し立てるの?
若しくは、ウソ自体弁護士の入れ知恵?
その場合ウソの入れ知恵が弁護士からだったと証明できた場合弁護士は罪に
問われる?



715 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 19:16:10 ID:agG3Y/I7
この事件は、人として持つべき人間性への挑戦と言っても良いくらいのインパクトがあるからなあ。
隣に住んでもらっても構わないという奇特な人だけだな、死刑に反対する資格があるのは。

716 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 19:36:18 ID:pIkDwIzN
>>706
あんたこそこんなとこで何をむずかしいこと言ってんの。面白くない
長ったらしいだけの文読む気もしないわ。あんたこそ自分がバカなこ
とに気づいてない大馬鹿。お涙頂戴の田舎芝居、いいじゃない。それ
でみんなが納得するならそれが判決なのよ。
この裁判で問われているのは福祉事務所の責任。明日謝罪会見もしな
いとしたらそれを国民がどう思うか何も思わないか。抗議の電話があ
るのかどうか。私はそれに興味ある。

717 :朝まで名無しさん :2006/07/23(日) 19:36:27 ID:F026AJ4w
「更生の余地がる」と言われて死刑を免れた殺人者達が、自分の町あるいは自分の
家やアパートの隣に引っ越してきたとして、そいつらと平然と普通に付き合って
いけるんだろうか?強姦殺人を犯して出所してきた者と、自分や自分の妻と娘が、
よき隣人として心穏やかに生活していけるんだろうか?

718 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 19:36:54 ID:I0d9pHhu
精神病者は凶悪事件を起こす比率が高いから強制治療処分にすべきだ
何かあってからでは遅い!!
治癒するまでは隔離しておくべきだ!

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200607230091.html
> 23日午前11時半すぎ、大阪市鶴見区今津中5丁目の住民から
「息子が隣の親類宅に包丁を持って入った」と110番通報があった。
鶴見署員が駆けつけると、駄菓子店経営の男性(72)、会社員の長男
(45)、無職の長女(43)とその息子の中学生(12)の一家4人が
胸や顔などを刺されていた。自宅に戻っていた無職の男(23)が犯行を認めたため、同署は殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

> 同署によると、男は約5年前から精神科病院で通院治療を受けていた。
調べに対し、「悪口を言われているような気がして、以前から恨みがあった」などと供述しているという。

719 :佐々木知子(元検事 前参議院議員):2006/07/23(日) 19:47:42 ID:FqITKO6U
検事時代,強姦事件を数多く扱った。強姦と一口に言うが,その内容は
実に様々である。
顔見知りの間でのあまりぱっとしない告訴事件から,凶器を準備して家
に押し入っての連続強姦魔まで。
強姦に対して世間には大きな誤解がある。性欲が溢れる若さなのに恋人
がいないから,あるいはお金がないから風俗に行けなくて……代償行為
として強姦に走ったのだと。
誤りである。スリがお金のためというより,たまらぬ快感でスリを続け
るように,彼らは,脅迫・暴行で相手を屈服させて性欲を遂げることに
こそ快感を感じるのである。だから,たとえ恋人(妻)がいても,金が
あっても,若くなくても(扱った連続強姦魔の中には50歳近いのもい
た)捕まるまで強姦を続ける。そして出所後,繰り返す。
小児性愛が治らないことは最近ようやく認知されてきたが,ことは他の
異常性欲者もほぼ同じである。誰が死体に性欲を感じよう。だが,それ
を越え,殺して犯すことにこそ無上の快感を覚える鬼畜もいる。大久保
清がそうだった。

山口県光市の事件は,少年事件(犯時18歳)であることに目を奪われ,
犯罪を客観的に見る視点が欠落していたと思われる。
見ず知らずの女性を,準備した凶器で殺し,その上で犯す。快感は極限
に達し,異様な興奮状態にあったはずだ。故にこそ,傍らの赤ん坊を叩
きつけて殺し,2人の遺体を押入れに放り込んだ。財布を盗み,中にあ
った地域振興券を見せびらかし,ゲームセンターで遊んだ。この一連の
行為は単に,鬼畜の犯行であり,反省の色がないだけではない。本質は,
危険極まりない異常性欲者による犯行。前科はなくて当然,まだ18歳
なのだから。
性欲は,去勢しないかぎり,消えない。出所すれば必ずや,再犯に走る
だろう。この度もし最高裁が検察官の上告を棄却し,原審の無期懲役を
確定させておれば,25歳の服役者は40歳頃には仮釈放される。誰が
新たな被害者になるか。いずれにしてもその責任は誰も取らない。これ
が法治国家だろうか。

720 :佐々木知子(元検事 前参議院議員):2006/07/23(日) 19:48:31 ID:FqITKO6U
少年への死刑基準としてよく引き合いに出される永山事件は連続射殺事件
である。だから,その最高裁判決で示された「被害者の数」4名は基準と
はならない。

「理念」としては当然,犯罪者の更生をいうべきである。だが,医療にも
個人の体質や素因によって不治があるのと同様,たまたま置かれた環境が
もたらした偶発的な犯行と違い,人格そのものの発露といえる場合,更生
は難しい。
 常習性の非常に強い犯罪類型は,大きく分けて,4つ。盗癖,粗暴癖,
薬物嗜癖,そして性犯罪(異常性欲)。
「なくて7癖」というように,誰にでも癖がある。酒癖,女癖……。それ
がたまたま犯罪性向に結びつかなければ癖で終わるが,中には犯罪となる
癖もある。それでも被害が財産で済めば回復が可能だが,人の命は違う。
最愛の奥さんと子どもを非道に奪われたご主人その他遺族の方々は,人生
を根こそぎ奪われたのである。
 少年だから寛刑にと主張する人は,自分がもし遺族であったとしても,
同じことを言うのだろうか。想像力の欠如が死刑廃止や少年保護を唱えさ
せているのでなければ,幸いである。

http://www.sasaki-law.com/message.html#23

721 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 20:05:44 ID:pIkDwIzN
>>718>>719>>720
716です。ありがとうございます。同じ長文でもだれかさんの
と違いすんなり興味深く読めました。法律を作るのも、使うのも
人間。法律自体も万全ではないし、それを使う人間も完璧ではあ
りません。裁判の目的は再犯防止、他者への見せしめだと思いま
す。人間らしい感情を忘れてしまったらもう人間ではないし、そ
ういう人に法律を語ってもらいたくないです。


722 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 20:32:46 ID:pIkDwIzN
721です
裁判の目的の追加  真実の追及と国家による仇討ち代行

723 :パンとサーカス:2006/07/23(日) 21:04:42 ID:Qus+6NeB
>>721

 大筋、>>718-719 の主張には同意。累犯傾向が強い犯罪があるのは事実。
しかし、だからと言ってその答えが死刑・厳罰と言うのはあまりに短絡的だ。
 このヤメ検は、現在の刑事司法制度を前提にすれば、光母子殺人事件の犯人は、
再犯を防ぐためには死刑しかない、と言ってるんだろ。
 現在の制度では、無期と言っても一定期間がすぎれば、法務省の役人が職権で
判断して出しちゃうし。仮釈の監督もあってないようなものだしね。俺だって
今の制度のままなら、暴力性が伴う累犯傾向の強い殺人犯は死刑にするしか
ないかなあ、とは思うよ。

 ただ累犯傾向が強くても、殺すほどではない罪なんていくらでもある。それらの
罪をすべて重罰化しても出所する期間が延長されるだけ。重罰化はわかりやすいけど、
根本的な解決策にならないね。
 光母子殺人事件のケースにしても、今の制度のままなら殺すしかないから殺しちゃえ、
ではあまりに乱暴な意見。累犯傾向の強い犯罪者でも、安全性が確認できるまでは
社会に出さないとか、治療行為を行うとか、社会にでてからも危険性が薄まるまで
監視するとか、すべきことがあるわけ。

 個々の事件の残虐さに目を奪われ、現在の制度の下での最善の解決策しか考えない
のであれば、検事としても国会議員としてもどうかと思う。無責任な国民の立場なら
自分の趣味嗜好に基いて「吊るせ!」とか言ってかまわないとは思うけどね。
大衆が求めるのはいつの時代でも「パン」と「サーカス」なんだしw

724 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 21:12:06 ID:pIkDwIzN
私ごはん党で、サーカスとか手品も興味ないけど・・・。

725 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 21:24:11 ID:SrNQPmfK
>>723
頭の中が堂々巡りしてる馬鹿w
お前 実社会で何も決められない愚図だろw


726 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 21:35:34 ID:VtOc5CGT
>>723
同意だな。何故検事は(河上とか土本など)
厳罰化しか主張しないのかね?

727 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 21:37:17 ID:n9XYCUFn
>>725
だからニートだって。
彼は銀行預金は差し押さえできないといってる人だから。
>>723
スイス銀行ってなぜあるの?




728 :朝まで名無しさん :2006/07/23(日) 21:45:24 ID:F026AJ4w
>>703が前段であげているような、堂々たる世界犯罪者オリンピック日本代表
みたいな奴らを死刑以下に出来るのかよ!こいつらに更生の余地があるなんて
言ったらヘソが温泉湧かすぜ。この光市の元少年についても、そもそも誰も
更生なんか期待していないよ。

729 :パンとサーカス:2006/07/23(日) 21:47:18 ID:XjwjoWIK
>>726

 まじかで犯罪者と接してるだろうね。一種の職業病。
 たしかに犯罪者は同情の余地のないふてぶてしいのが多い。
彼らの扱う個々の犯罪も、裁判記録とか読んでみればわかるけど
凶悪事件は目も当てられないのも多い。

 凶悪事件の犯人は同情すべき部分はあっても、そこまで
するか?ってのはあるしね。検事は、教育者じゃないし、
職業柄いかに犯罪者が悪い人間で、厳罰を下すべきだ、
との主張をしがちだわな。

730 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 22:01:00 ID:pIkDwIzN
721ですが、前に言ったことと少し矛盾しますが、光市のこの少年の
父親(TVのインタビューで見ただけですが)を見て、この父親にも責任
があると思います。自分勝手な人だと思いました。実母が自殺で継母に
育てられ、おそらく狭い家で小学生の多感なころから父親と継母のSEXと
か見ていたんではないでしょうか。それを考えるとこの元少年は、かわ
いそうですが。もう少し、倫理感のある父親であったらこんなことまで
しなかったのではとも思います。だけどやはり死刑にしなければなり
ません。罪は罪です。親は自分の子供の養育に責任を持ち、人に迷惑を
かけないようにと身をもって教えなくては。

731 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 22:46:17 ID:PFs1T9Fp
もし、無期になって懲役を終わり出所してきて、
被害者の夫が被告を自らの手で死刑執行したら、懲役3年執行猶予1年。
どうなるかな、皆さん方。
死刑に勝る再犯無し、そのとうりだが。

732 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 22:47:18 ID:n9XYCUFn
 >>726
これが 彼の主張だが?

刑事事件に関する現在の損害賠償制度には限界がある。現在の制度でも十分みたいな
誤解を与えるから、>>445->>460 は撤回すべきだな。刑事事件に関する損害賠償問題は、
刑事司法制度に被害者の民事賠償を組み込んで解決するしかあるまい。

 現在の制度では民事と刑事は別との立場がとられているから、刑事事件の量刑判断や
民事事件の証明などしか連携がとれてない。これは、犯罪と被害者の損害を区別
する発想をとっているからだな。
 刑事事件の犯罪は民事賠償を生じるけど、損害賠償を取り立てるためには別途
民事裁判が必要だし、裁判に勝っても具体的に賠償金を取り立てられないと被害者に
とって意味がない。実際問題として無資力で支払う気のない加害者から、賠償金を
取り立てるのは困難だよ。探偵とかおもしろい話をいろいろ持ち出しているけど、
現実的な話とは言えない。仮に被害者が採算を度外視して賠償金を取り立てたとしても、
それが採算を割り込むものであるなら現実的とは言えない。
 各人の努力には限界があるし、金に糸目をつけない救済手段を講じることが
できる者だけが救済される制度では、公平性に欠ける。また、例え未成年であっても
犯罪者と直接的な関わりを持たない親族にまで過大な被害弁済を求めたりするのは、
個人主義にも反する。




733 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 22:50:30 ID:PFs1T9Fp
主義、主張はいつも建前、そのときの権力次第。

734 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 22:50:47 ID:mwooEbin
パンカスにも味方がいるんだ。スッゲ。前みたときは死刑廃止論者からもあきれられてたけどな。

735 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 22:53:34 ID:n9XYCUFn
遺族の尻馬にのって死刑とか言ってるのがいるが、
いままでの基準からすれば死刑はない。それでもあえて
量刑批判をするなら、曖昧な基準でせざるをえない
酌量減刑批判や裁判官の自由な刑期選択批判でもすべきだな。
 酌量減刑や裁判官の刑期選択なんて制度があるから、
裁判所の恣意的に決める不明確な基準で減刑されてしまう。
裁判官に刑期選択の裁量権がなければ、この事件は死刑になった。

 俺は裁判官に自由な刑期選択権を認めるのは間違いだと思うね。
だって罪の本質は、民主制における多数意志のあらわれだもの。
本来は民主的に決めるべき罪と罰を、民主的な基盤に欠ける裁判官が
恣意的な判断で選択すること自体がまちがいだ。

 職業裁判官が幅を持った刑を選択できるのは、犯罪者の行状に応じた
刑を適用して特別予防に資するように、との趣旨だろ。つまり、個別の
犯罪者の行状が科学的に把握できず、罪に対応した適切な刑が判断
できなければ、職業裁判官に個々の犯罪者の刑を自由に設定することに
合理性なんてないことになる。


736 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 22:54:39 ID:n9XYCUFn
そう言った視点から現状を見ると、裁判官が裁量で自由に刑を選択できる現在の
制度は、いかに合理性がないか理解できると思う。
 まず、裁判官が個々の犯罪者の行状を科学的に把握しているかだが、こんな
ことは現在の科学ではありえない。なぜなら、教育学でも精神医学でもいいけど、
個々の人間が何を考えているかなんてわからない。つまり、裁判官は科学的知見
から個々の犯罪者の行状に適合した罪なんて言い渡せるはずがない。この点だけ
見ても、いかに現在の制度がおかしいかわかる。
 現在の裁判官による刑の加減は、あてにならない相場制度によってなされている。
根拠は判例によって積み重ねられた「明確な(?)」基準。例えば、三人殺せば
死刑などは一応明確な基準と言えるが、別にこれは科学的な知見に基いて決められた
基準ではない。あくまで裁判官の主観で、「まあこのくらいにしておくか」ってな
感じて判決しつづけたのが溜まって、基準になったものにすぎない。

 裁判官が国民に対して判決の正統性を主張できるのは判決理由しかないから、
そこで明確な基準を立てて国民を納得させる態度は間違ってない。しかし、
いくら明確な基準を立てたところで、その根拠が裁判官の「まあこのくらいに
しておくか」的な主観では真の意味の説得力は持たないように思う。

 罪の本質は、多数派の意志のあらわれにすぎないのだし、精神が科学的に
解明できないのなら特別予防で適切な刑罰をなんて意味ない。裁判官による幅のある
刑期選択を認める現在の制度自体が間違いなんだよ。殺人罪や強姦殺人なら死刑
もしくは無期でいいじゃん。裁判官は罪の認定だけして、裁量の幅の一切ない
刑を言い渡すべきだ。それが民主主義における刑のあるべき姿だよ。
 もし、犯罪者に同情すべき点があり減刑したいなら、民衆自身がすればよい。
罪の本質は多数派の意志なんだから、罪を減刑できるのは民衆の気まぐれな意志
だけだよ。非民選の裁判官に減刑の権利なんてないね。


737 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 22:55:30 ID:n9XYCUFn
 曖昧な根拠で量刑をせざるをえないから、どんな事件でも量刑批判がおきる。
この事件についても、どの程度の刑を言い渡せばいいかなんて各人の主観によるから
ある者は死刑にしろと言うし、別の者は死刑にするなと言う。一見明確な
一人しか殺してないとか、故殺ではないとか、基準を立てたところで、それでは
「なぜなぜそのような基準を立てるのか。科学的な根拠は?」と問われれば、
「なんとなく」としか答えられない。ここにこそ問題はあると言うべきだ。

 一般ピープルは自分の信じる道徳観=人類の道徳観と思い上がっている。だから、
裁判所の量刑が自分と違えば、裁判所を批判する。だって裁判官の判断も
一般ピープルの量刑判断も、どちらも等しく科学的根拠なんてないもの。
 特別予防に科学的根拠がないなら、職業裁判官の裁量で刑期に幅を持たせた
現在の制度を取り下げるべきだと思う。民主制においては、罪や刑を決める権利は
民意にしかないのだし、量刑に科学的根拠がないなら幅のある刑期判断は民意に
直接判断させるしかない。
 具体的に言えば、裁判制度を民主化して裁判自体に民意を反映させるか、
裁判から量刑を切り離して、民主化した恩赦・仮釈で実質的な刑期を決めるべきだな。


738 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 22:57:53 ID:n9XYCUFn
 >>726
というわけだが同じこと考えてるの?
m9(^Д^)プギャー

739 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 22:59:10 ID:n9XYCUFn
ま、自作自演でしょう。いつものこと。


740 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 23:01:41 ID:n9XYCUFn
 >>726
でなければ回答を期待。

741 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 23:05:20 ID:xCd5JO42
概して、死刑廃止論者は、死刑を短絡としか言わない。

更生? 監視? できると思うなら、自分がやってみろ。
それをやるなら、国家の半数は公務員で、消費税率は200%くらいじゃないか?

それでも実現できると言うなら、具体的更生プログラムと、それに伴う国家予算
の配分をシミュレーションして見せてみろ。

あと、犯罪者の資質を決定する要因が発見されたとしたら、確実に殺人マシーン
製造に利用される件に関して、回答してみろ。


742 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 23:06:04 ID:4uU1AthQ
えー

743 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 23:19:54 ID:pIkDwIzN
死刑廃止で仇討ち復活。仇討ち禁止なら他の誰かに頼むかな。
するとやっぱり死刑必要!の声強まるかも。
歴史は繰り返す。

744 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 23:27:40 ID:n9XYCUFn
>>735-737 
ヒント ナチス刑法


745 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 23:28:42 ID:n9XYCUFn
>>735-737 
ヒント ナチス伸長の理由

746 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 23:30:50 ID:n9XYCUFn
>>735-737 
ヒント 遺伝子

747 :朝まで名無しさん:2006/07/23(日) 23:41:50 ID:n9XYCUFn
>>744-746
スマソ
 >>741へ。






748 :朝まで名無しさん:2006/07/24(月) 00:21:34 ID:wKMPOs8q
「無期懲役」を廃止して、「終身刑」導入を
http://saturn.in.arena.ne.jp/uwasa/bbs/readres.cgi?bo=log21&vi=1151192668&rm=100

749 :朝まで名無しさん:2006/07/24(月) 00:57:22 ID:RjCRjGPv
>>729
は派生板で司法民選に対して否定的な意見をのべてたような気ガス




750 :朝まで名無しさん:2006/07/24(月) 06:46:18 ID:RjCRjGPv
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1151143926/l50
【光市・母子殺害事件】死刑反対人権屋に質問

に初登場したが華麗にスルーされていたなw


751 :ご隠居:2006/07/24(月) 08:12:14 ID:H/RF9xEV
長文の方には失礼、年取ると読みきるのが面倒で読んでおらん。
いずれにせよ、人が裁判で適切な判決を出すのは難しいから裁判長は
半分の半決を出している、後は腹の虫の治まらない方は御自分で半分の
判決をしなさい。と逃げているのが現状のようだ。自分で後の半決を
執行しても死刑にはなりませんぞと言ってるようだ。いかがかな。
死刑に勝る再犯無しは間違いない。


752 :朝まで名無しさん:2006/07/24(月) 21:21:08 ID:wKMPOs8q
そんな口調で書き込む老人はいない

753 :朝まで名無しさん:2006/07/24(月) 23:46:13 ID:mBP3lLdu
>>パンカス
だからいい加減最高刑が3年(関税法111条違反とか生カード所持など)〜5年
(業務上過失致死など)についての意見を述べてくれよー

754 :朝まで名無しさん:2006/07/25(火) 07:15:48 ID:52cVcaZC
この板はニート「パンとサーカス」のイタサを楽しむ板となりました。


755 :朝まで名無しさん:2006/07/25(火) 07:27:16 ID:52cVcaZC
死刑に賛成してみたり否定してみたり忙しいなWwww


756 :朝まで名無しさん:2006/07/25(火) 21:03:12 ID:6Jpx9Yks
世の中、平和が一番、悪事を働く奴死刑が一番。
その遺伝子は修正できない。淘汰していけば悪人は減る間違いない。
務所帰りは必ず再犯する。なぜ平和な世の中を創ろうとしない輩が
多いことか。

757 :朝まで名無しさん:2006/07/25(火) 21:26:04 ID:Ly86p7d2
高専編入組のキモブサ男は粗大ゴミ

758 :朝まで名無しさん:2006/07/25(火) 21:28:07 ID:SbRO/uR9
偽造テレホンカードの常習、マルチ商法という名の詐欺を働くような男も
淘汰していくべきである。
スティグマだけで人を分類してはいけない。
悪人ほど善人ぶってテレビに出てコメントしていたりするものだ。

759 :朝まで名無しさん:2006/07/25(火) 21:36:38 ID:AWu0tRc2
>>758
そだね
そう思うならこんなとこで燻ってないで最寄りのKへGO!

760 :朝まで名無しさん:2006/07/25(火) 21:42:42 ID:SbRO/uR9
世界でもっとも汚い職業とは「プロ被害者」である。
リスクを負わされることなく攻撃することが許される最悪の社会的立場だ。

761 :朝まで名無しさん:2006/07/26(水) 00:19:58 ID:q8jCcxjM
>最悪の社会的立場  ・・・お前が言うな!

762 :朝まで名無しさん:2006/07/26(水) 06:21:14 ID:4i67eIHG
940 :パンとサーカス:2006/07/17(月) 23:10:50 ID:QTei9LHI
958 : ◆.rs/blFuew :2006/07/22(土) 23:05:03 ID:0kQkaytW
で、このスレも終わりが見えてきているのだが、>1にまともに回答した「人権派」は一人でもいたのかな?
967 :朝まで名無しさん :2006/07/25(火) 19:49:40 ID:Wfbru1D2
>>958

>>Y5W4Yw5u
>>gsBz2W08
>>FNwqfrpr
>>lC9D9pMh
>>Tyfo5MHA
>>Rav628zS

死刑廃止派っぽい人物が複数いたですね(スレを流し読みしただけなので、間違ってるかもしれませぬ)
しかし、十分な説得力を持っている廃止派の意見は、絶望的に少なかったように感じます。

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1151143926/l50
【光市・母子殺害事件】死刑反対人権屋に質問
喪前、哀れだな。
激しくワロタ





763 :朝まで名無しさん:2006/07/26(水) 06:37:05 ID:BjdSUWYl
>>700
本村は金が欲しいだけであんな義侠心は持っていない。

764 :朝まで名無しさん:2006/07/26(水) 06:57:51 ID:FERK5HHv
>>763
私は本村氏の行動に賛同する、でもワシは黙っていて死刑にならず
でてきたら完全犯罪で死刑を執行する。人間の一生をかけての義務は
子孫を残す事にある、それを妨げたものはワシの人生を妨げた事、
ワシを亡き者にしたと判断する。それにそんな悪事を働く奴を生かして
置いても世の中何の役にもたたん。

765 :朝まで名無しさん:2006/07/26(水) 16:49:46 ID:4i67eIHG
576 :パンとサーカス:2006/07/15(土) 17:58:28 ID:qMgcZtOa
>>541

 見苦しいな。恥の上塗りしたくないからって、密かに名無しに戻ってるし。素直に
間違いは認めろよ。別に勝つための議論してるわけじゃないだろw

 民法は、消滅時効の起算点についてどう書いてるよ?166条には、権利を行使する
ことができるようになった時点から消滅時効は進行する、としか書いてない。
つまり債権の成立時が、必ずしも時効の起算点とは言えない。
 それに >>529 も指摘するように、時効には中断もある。債務者が一部弁済したりして
債務の存在を承認すれば、消滅時効はその時点でサラになる。また、債権者の一方的
な行為によって、時効が中断することもある。

 混乱してるみたいだが、以上のことは君だってわかってるはずじゃないか。だって、
請求権が簡単に消滅時効にかかるなら、嫌がらせの請求権も簡単に消滅時効にかかって
しまうもの。君の消滅時効に関する主張が正しいなら、死ぬまで民事で嫌がらせ
しつづけるなんて不可能じゃんw

766 :朝まで名無しさん:2006/07/26(水) 17:01:00 ID:4i67eIHG
↑リアルヴァカ m9(^Д^)プギャー
166条の時効は民法総則。双務契約などを規律する。
殺人などの不法行為には適用されない。不法行為は別編。
したがって彼の今回の事件の理解はこうだ。
本村氏とプク田が嫁さん殺しを契約。
プク田が嫁さんを殺したが、なんらかの債務不履行か不完全履行があった。
多分契約内容はアナルセックスすることだった。
ところがレイプした。
だから本村氏はプク田に損害賠償を請求できる。





767 :朝まで名無しさん:2006/07/26(水) 17:02:13 ID:4i67eIHG
↑リアルヴァカ m9(^Д^)プギャー
166条の時効は民法総則。双務契約などを規律する。
殺人などの不法行為には適用されない。不法行為は別編。
したがって彼の今回の事件の理解はこうだ。
本村氏とプク田が嫁さん殺しを契約。
プク田が嫁さんを殺したが、なんらかの債務不履行か不完全履行があった。
多分契約内容はアナルセックスすることだった。
ところがレイプした。
だから本村氏はプク田に損害賠償を請求できる。





768 :朝まで名無しさん:2006/07/26(水) 17:03:10 ID:4i67eIHG
おおHG フォー


769 :朝まで名無しさん:2006/07/26(水) 17:07:03 ID:4i67eIHG
ただし、90条違反なのでもちろん訴訟することはできない。

576 :パンとサーカス

 見苦しいな。恥の上塗りしたくないからって、密かに名無しに戻ってるし。素直に
間違いは認めろよ。別に勝つための議論してるわけじゃないだろw

 民法は、消滅時効の起算点についてどう書いてるよ?166条には、権利を行使する
ことができるようになった時点から消滅時効は進行する、としか書いてない。
つまり債権の成立時が、必ずしも時効の起算点とは言えない。
 それに >>529 も指摘するように、時効には中断もある。債務者が一部弁済したりして
債務の存在を承認すれば、消滅時効はその時点でサラになる。また、債権者の一方的
な行為によって、時効が中断することもある。

↑リアルヴァカ m9(^Д^)プギャー
166条の時効は民法総則。双務契約などを規律する。
殺人などの不法行為には適用されない。不法行為は別編。
したがって彼の今回の事件の理解はこうだ。
本村氏とプク田が嫁さん殺しを契約。
プク田が嫁さんを殺したが、なんらかの債務不履行か不完全履行があった。
多分契約内容はアナルセックスすることだった。
ところがレイプした。
だから本村氏はプク田に損害賠償を請求できる。




770 :朝まで名無しさん:2006/07/26(水) 17:11:18 ID:4i67eIHG
576 :パンとサーカス

 見苦しいな。恥の上塗りしたくないからって、密かに名無しに戻ってるし。素直に
間違いは認めろよ。別に勝つための議論してるわけじゃないだろw

 民法は、消滅時効の起算点についてどう書いてるよ?166条には、権利を行使する
ことができるようになった時点から消滅時効は進行する、としか書いてない。
つまり債権の成立時が、必ずしも時効の起算点とは言えない。
 それに >>529 も指摘するように、時効には中断もある。債務者が一部弁済したりして
債務の存在を承認すれば、消滅時効はその時点でサラになる。また、債権者の一方的
な行為によって、時効が中断することもある。

↑リアルヴァカ m9(^Д^)プギャー
166条の時効は民法総則。双務契約などを規律する。
殺人などの不法行為には適用されない。不法行為は別編。
したがって彼の今回の事件の理解はこうだ。
本村氏とプク田が嫁さん殺しを契約。
プク田が嫁さんを殺したが、なんらかの債務不履行か不完全履行があった。
多分契約内容はアナルセックスすることだった。
ところがレイプした。
だから本村氏はプク田に損害賠償を請求できる。
ただし、90条違反なのでもちろん訴訟することはできない。




771 :朝まで名無しさん:2006/07/26(水) 18:08:08 ID:4i67eIHG
パンとサーカスのまとめ

粘着する。
知識不足は脳内ソースで解決。
長文で脳内ソースを披露。
いよいよ困ると別題を提示。
もしくはニュースなどをコピペ。
粘着したあとに相手があきれて立ち去るとしばらくした後脳内ソースに基づき勝利宣言。
粘着相手は通りすがりでもだれでもよい。
実世界では一度も勝ったことはない。


772 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 00:57:16 ID:+es8Bmx6
>>771
あんまり苛めてやるなよw
遊び相手と怪電波の発信源がなくなってしまうじゃないかw

773 :プリティー華麗 ◆72ggt51hlU :2006/07/27(木) 02:22:39 ID:51V35WZI
安田弁護士は凄腕だな。
もともと負けて当然の裁判に、開き直っては独自の理論を展開し結果を出す。
コンクリートは死刑回避、オウムや光市の引き延ばしも見事。
勝ち目なき戦いでも加害者にとっては最後の希望だからな。
これからも頑張ってもらいたい。


774 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 06:40:34 ID:j0nlWbeY
↑こいつもバカ
安田の主張は二重の危険を利用して殺したのは事実だが手続き上の
瑕疵があるので科罰はできないというもの。
独自でもなんでもない。
昔は書いてやったが今は自分で勉強しな。としか言わない。
2ちゃんにはクズもいるからな。



775 :ご隠居:2006/07/27(木) 08:43:36 ID:dFO0hZnf
世の中間違ってる方向に入ってるよ。
悪事を働いた奴をなぜ、刑を軽くする方にばかり論議するんだい。
そうすれば悪事を働く奴を増やしてやる方向だよ。
天つばものよ、今に己に降って来るんだよ。

776 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 08:48:09 ID:VeLO/nzv
死刑以外ない。

777 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 09:12:22 ID:cEuzI0Rz
>>775
隠居するのは勝手だが

自分に”ご”を付けるんじゃ無いよ

778 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 17:54:37 ID:j0nlWbeY
>>777
べつにいんじゃないか。ただのシャレだし。


779 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 18:38:33 ID:j0nlWbeY
>>772

粘着された立場でなければな。



780 :ご隠居:2006/07/27(木) 18:59:01 ID:dFO0hZnf
次の免許制度を期限付きに提案する。
自動車免許、60歳より3年ごとに実地試験。
弁護士、医師、薬剤師、建築士5年ごとに再テスト。新規受験学歴不問。
テスト結果合格者、不合格者も全てオープン。その他検討中。

781 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 19:32:14 ID:zrn3Aul1
>>780
>新規受験学歴不問

そうなったら1次試験で一般教養が入って、大学の関連学部卒は
2次から受ければいい、という事になるまでだが。
お前馬鹿だろ?


782 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 20:33:04 ID:j0nlWbeY
>>781
司法書士試験・行政書士試験と一緒になるだけだよ。
でも実際には受かってしまうと使わない知識が3割を占めるため(司法試験はそうでないが)
再テストはちょっと。
改正法対策や「試験で出る範囲」以外の法律の勉強で
手が回らない。試験範囲は実務の範囲よりものすごく狭い。





783 :ご隠居:2006/07/27(木) 20:53:33 ID:dFO0hZnf
いい加減な学者が実践にそぐわないテストをやるでなくテスト後も
問題、解答ともオープンにして国民みなで論議し今後の方向性を
考えながら、本当にいい医者、弁護士をつくり、一人でも多くの人が
納得する体制にしよう。へぼ医者、へぼ弁護士はいらんぞ、国民を
ただ餌にしてる奴は要らん。


784 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 20:55:02 ID:6xDsJ83Y
ご隠居様、お頭は大丈夫ですか?

785 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 20:57:09 ID:5vWiyxIw
>>783
そんな方法で巧く行くとは思えないね。
そんな方法で巧くいくのなら、政治家は・・・・

786 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 21:02:11 ID:j0nlWbeY
似たような趣旨であるならば現行で存在する。
それらの資格者は○○会に所属しなければ活動できない。
一応プロの集団なのでそれに期待して、自助努力で浄化するシステムになっている。
(内部集団の中で退会させられると活動できない)
本来は>>774で書いたような主張はしても違法というわけではないが、弁護士会でなんらかの処分をすべき。
(弁護士法参照のこと・むしろ欠席したほうが問題だが)
もっとも現在は係争中なのでそのような処分はしない。

身内に甘い体質があるのが問題。例えば、15年ぐらい前の話だが、大阪の弁護士で借金のとりたてで
訴追された人がいる。
そしたら司法試験委員までが弁護団に加わって、無罪になった。
司法書士会の話では酔っ払って二人ノックアウトしても(示談が前提だが)
特にお咎めなし。こんなんで委員会。




787 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 21:07:41 ID:j0nlWbeY
ただ一応クビになった事例を挙げておく。
・破産予定者に借金をさせて、(破産は20万円は必要になるので)
その後破産させた事例(弁護士はもちっととるらしいが)
・資格業務範囲外の業務をおこなった事例
・本人確認を怠り、書類上そろっているのみで移転登記した場合

弁護士会のほうは知らん。




788 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 21:19:13 ID:BBwqGOw1
>>218少年犯罪増加説は警察の予算獲得のための世論操作に過ぎないよ。

789 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 21:23:01 ID:j0nlWbeY
本来は
リーガルであったとしても何でもやっていいわけではない。
イリーガルでないとしても何でもやっていいわけではない。
そのための内部処分のようなきがするのだが。



790 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 21:33:19 ID:j0nlWbeY
えらいふるい話だな。
別段少年だから死刑にならないわけではない。(実際にいる。一家4人殺人・3にんだったっけ)
ついでなので書いておくと
・学会では死刑廃止説が有力(ただし菊田先生は異端)
・理由は死刑廃止した国で別段悪質な事件が増えたわけではない(死刑は抑止力とは無関係)
・残虐な刑罰に該当する

反対に最高裁は
・憲法13条より36条が劣後する(憲法13条より遅れる人権規定は13条の内容の個別的内容の説明である
という通説に基づく)
・憲法13条はバランス論(各人は自由に幸福追求する権利があるが、他人の幸福追求権と対立する状況があるときは
国家機構3権はバランスをとらなければならない)
殺したから死刑になるのはいたしかたない
ちなみにS23.3.12 最大判

死刑廃止論の議論はここを踏まえてであることを望む。



791 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 21:41:24 ID:j0nlWbeY
ようするに死刑が残虐か そうでないか
ということ。
なお、法律は文化論でもある。
たとえばアメリカの陪審員制というのはカウボーイ的な部分があるし
アメリカが議会の権限が押さえられているのは、独立時に新天地税が原因で
あったことがあるし、(議決したのがイギリス議会であったため、議会に信用が無い)
ドイツの司法権が超越した権限を与えられているのは、ナチスに抵抗したのが司法権だった
ということがあり、国民に信頼があるということがある。
日本刑法の場合は放火が重罪とされていることが特徴で、当然木造が多いという文化による。
日本において死刑廃止論が世論の支持をえられないのは、日本が仏教という因果応報・輪廻転生
の思想文化(こんどうまれかわってくるときは真人間でという感覚)があるため。
死刑廃止は「神からもらった命を云々」のキリスト教的背景のためといわれる。
そういったこともふまえて考えてくれるとありがたい。
しばらく静観する。

792 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 21:47:00 ID:j0nlWbeY
長文スマン

793 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 21:59:21 ID:q7WENtgD
今時の日本人が、いや昔の無知無教養な日本人もそうだが輪廻転生などと
いう観念を持っているはずがない。
大衆は常に豚だ。
本村洋とマスコミの田舎芝居に底の浅い安っぽい正義感を刺激されただけ
だろう。
正義を叫んで檻の中の殺人者に死刑を要求するのは安全で気分が晴れる
行為だからな。
そのくせ自分の生活が脅かされそうとしていても、相手が強ければ指を
くわえて眺めているのが大衆だ。

大衆にとっての正義とは安全あっての正義なんだ。

自分の手を汚そうという正義など豚は持ち合わせていないのだ。

794 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 22:01:26 ID:LzB9s/e0
こんな悪い犯人は死刑にしろと、手に手に棍棒や斧を持って裁判所に駆けつける。
日本人にはそんな民族になって欲しい。

795 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 22:42:06 ID:z3aaw6yw
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/5665/1153690321
こんなの見つけた ひどい ひどすぎる

796 :朝まで名無しさん:2006/07/27(木) 22:44:57 ID:7k0TR+yS
ジハードの自作自演だろ
文体でわかる

797 :朝まで名無しさん:2006/07/28(金) 05:03:02 ID:+YtavEJZ
なんじゃこりゃ?パンとサーカスもおんなじこと言っていたな。


798 :朝まで名無しさん:2006/07/28(金) 05:12:36 ID:+YtavEJZ
>>793
で、大衆でないおまえさんのご職業はなんですか?


799 :ご隠居:2006/07/28(金) 07:20:35 ID:vg8TzBQ8
>>784 785
今の世の中のままでよいのですか。弁護士は相手の弁護士と談合で
いい加減な示談をさせる。裁判官はいい加減な半決、まともな判決を
しないから犯罪は増える一方、悪人を助ける半決。医者の診察をごらんに
成ってください、老人などどうせ寿命だからいい加減ですよ。銭儲け野郎や
倫理観の無い、医師、弁護士、建築士などから改革していきましょう。


800 :朝まで名無しさん:2006/07/28(金) 21:03:16 ID:+YtavEJZ
さいこうさい「やっときましたね。おめでとう! このながやまきじゅんで ここまで こくみん を いからせたのは きみたちが はじめてです
ふくだ 「ながやまきじゅん? 」
さいこうさい「わたしが つくった しけいの きじゅんです!
ふくだ「どういうことだ?
さいこうさい「わたしは ながやまようご の よろんに あきあきしていました。 そこでながやまきじゅん をかんがえたのです 
こくみん「なに かんがえてんだ!
さいこうさい「ながやまきじゅんは しけいをでにくくし よろんを おもしろくしてくれました。だが それもつかのまのこと しけいはいしろんにも たいくつしてきました
べんごし「そこで さしもどししん…か?
さいこうさい「そう!そのとうり!! わたしは こうさいに しけいを ださせたかったのです!
ふくだ「さしもどししんは あんたが よういした じっしつしけいはんけつ だったわけだ
さいこうさい「なかなか りかいが はやい。 おおくの きょうあくはんたちが しけいにならないまま しゃばに でていきました。
 のこされた いぞくが ひっしに よろんにうったえる すがたは わたしさえも かんどうさせるものが ありました。 
わたしは このかんどうを あたえてくれた こくみん たちに おれいがしたい! どんなのぞみでも かなえて あげましょう
ふくだ「おまえのために しかん をしたんじゃねえ! よくも おれを じっしつしけいはんけつにしてくれたな!
さいこうさい「それが どうかしましたか? すべては わたしが はんけつした けっかなのです
べんごし「ふくだは しけいじゃない!
さいこうさい「さいこうさいに ケンカをうるとは・・・・ どこまでも たのしい ひとたちだ! どうしても やる つもりですね 
これも いきもののサガか・・・・ よろしい しかん をするような へんたい に ようはない しね !!!


801 :朝まで名無しさん:2006/07/28(金) 21:12:19 ID:scZXqB2g
ちょw、その流れだとラスボスのさいこうさいが倒されてまうがなw

802 :ふるちんたろう:2006/07/28(金) 21:41:07 ID:+YtavEJZ
ほうりつ の かいせつにも あきたので これから ねた とうこう を
することにしました。


803 :朝まで名無しさん:2006/07/29(土) 18:26:23 ID:YF/kQkSY
この世は、右を向いても、左を見ても、真っ暗闇じゃござんせんか。
テレビをつけても、見たくない事件ばっかりじゃござんせんか。
見たく無い、お笑いばっかりじゃござんせんか。
この世も終わりじゃござんせんか。誰か一緒に明かりをつけましょうよ。

804 :朝まで名無しさん:2006/07/29(土) 20:19:34 ID:ykQJheo/
放火魔乙

805 :朝まで名無しさん:2006/07/30(日) 07:32:17 ID:JG5Yx8K9
「自らの命を守るために、死への本能的恐怖からレイプに甘んじてしまう女性もいるのに、
潔癖な弥生は汚されたくない一心で必死に抵抗した」


本村は自著でこんなことを言ってるんだぞ。この発言にはマジで反吐が出る。
妻の素晴らしさを強調したい気持ちは理解できるが、他の性犯罪被害者への配慮が欠けていて、
あまりにもひどすぎる。

まるで、生か死かの究極の選択の中で、レイプに甘んじざるを得なかった性犯罪被害者は弥生さんに
比べて潔癖じゃないみたいな書き方じゃないか。
ひどすぎる。いくら被害者だからって許せない。

806 :朝まで名無しさん:2006/07/30(日) 07:32:54 ID:JG5Yx8K9
http://72.14.203.104/search?q=cache:bwuv1gSLnt8J:mytown.asahi.com/yamaguchi/news01.asp%3Fc%3D5%26kiji%3D694+%E6%9C%AC%E6%9D%91%E6%B4%8B%E3%80%80%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8B%E5%86%8D%E5%A9%9A&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1

>「いつか再婚したい」と言う。2人から学んだ家族の大切さを、新しい家族にも伝えたい。でもそれは、
>最高裁の結論が出てから。まだまだ先のことだと思っている。

妻を最愛の人だと言い、自分が死んだら天国で3人で幸せに暮らしたいと言い、
レイプに甘んじざるをえなかった性犯罪被害者を傷つけかねない発言までして妻の素晴らしさを
強調しておきながら、
「再婚したい」はどう考えても矛盾してる。
しかも「二人から教わった家族の大切さを新しい家族にも伝えたい」なんて綺麗事言ってるとしか
思えない。
淋しいなら淋しいとハッキリ言うべきだ。
本村の言動には一貫性がない。


807 :朝まで名無しさん:2006/07/30(日) 08:41:25 ID:wYvwLHG4
まあ昔の「愛と死をみつめて」みたいになっても困るからじゃない?
その辺は本村氏にとっての真実だからねえ。
木下あいりのお父さんも一緒なんじゃない?
でなんでそんなに気に入らないの?w
別に死刑を求めるのに再婚するしないというのは別問題で関連性はないじゃん?
死刑になってほしいという願望の根拠に再婚しないという決意が必要というわけでも
ない。



808 :朝まで名無しさん:2006/07/30(日) 16:52:58 ID:Tol/A7wn
死姦でなく強姦しながら殺したというせつはどうだい。
死刑に勝る再犯無しは間違いない。

809 :朝まで名無しさん:2006/07/30(日) 18:19:42 ID:Cm6zuVAf
マスコミがこの事件に関して本村洋を高潔な人間として扱い、それを死刑
肯定に利用しているのだから本村洋に関して論じるのは間違いではないだ
ろう。

810 :朝まで名無しさん:2006/07/30(日) 22:13:38 ID:Tol/A7wn
いくら日本が法治国家でも先ず我が身を考えれば仕返しが
怖いのよ、だから死刑判決をと思っても当事者になればなかなか
出来ないのよ、地裁から最高裁までたらいまわしにしているのが現状よ。
法治国家でも、テロとヤクザはなくせないでしょう。だから怖いのよ。
毎日判決前は胃が痛くなるほど悩むのよ。

811 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 01:05:22 ID:93ug8JnA
マスコミが報道しない事実〜山口県光市母子殺人事件の犯人のF君について〜

・12歳のときに実母が自殺したF君(F君は母親の自殺を一度止めている)
・そのため、普通の10代男子が母親から当たり前のようにしてもらえることを何一つしてもらえなかったF君
・それでも非行もせず不良にもならず地味に生きてきたF君 
・高校時代、友人からポケットに花火を突っ込まれ火傷を負ったF君
・事件の3ヶ月前に異母弟(実母の自殺の原因になったフィリピン人の継母と親父の間にできた子供)が生まれたF君
・ちゃんと高校を卒業したF君
・山口少年鑑別所で「性格に偏りもあるが、矯正は可能」「自分を強く見せるために虚勢を張ったり、笑いを取ろうと
思ってもいないことを言う未熟な面がある。」との鑑別結果が出たF君
・山口地裁の公判では遺族の無念に思いを致し涙を浮かべたF君
・その未熟な内面につけこまれ、隣の房の少年からきた不謹慎な手紙に返事を送ってしまったF君←検察の罠?
(手紙には被害者への謝罪の気持ちを綴った部分もある)
・自分なりに反省してるのにあの手紙のせいで誰からも信じてもらえないF君
・最高裁判決前の親父との面会で涙を流したF君
・2年前にキリスト教徒になったF君
・心の弱い自分を守るために筋肉トレーニングを頑張っているF君
・遺族が寛大な人であれば、死刑になることはなかったであろうF君

812 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 02:35:01 ID:FQP4kw9h
F君の場合、犯行後の情状をいくら並べても、犯行そのものが悪質すぎて、死刑回避の情状にならんな。

813 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 02:43:17 ID:5iwKs3RG
30日の差で結果がドラスティックに変わるのは法の精神からしておかしい。
異なる者は異なる扱いをしていいが、わずかな差なら扱いの差もわずかであるべきだ。

814 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 02:46:52 ID:5iwKs3RG
最近の検察の世論誘導戦術により、このような凶悪犯を弁護する弁護士は
世間から非難され、自分や家族にいろいろな嫌がらせを受けるに至っている。
弁護士とて人間だから、そのようなアンフェアな妨害に屈して、この種の犯人の
弁護を避けることになるが、そうなるともはや検察ファッショの思うがままである。
検察は刑罰権の実現が使命だから、被告人の悪情状の立証に尽力するのは
よかろう。しかし、それはあくまで法廷での説得的な立証活動によってすべきである。

815 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 04:50:37 ID:MFzG6qeQ
安田弁護士は検察に資産隠し事件をでっちあげられ、弁護士生命を絶たれかけた。
(無罪判決が出たからよかったが。)

麻原裁判で安田弁護士が警察の捜査の問題点を指摘しはじめたので、「安田弁護士をこれ以上麻原法廷
に立たせない」ことを目的に事件をでっちあげようとしたのが検察の本音
だと言われている。
まぁ検察はそれ以前から、死刑廃止論者の代表的存在である安田弁護士を潰したくて仕方がなかったようだが。
東京地裁も安田弁護士に無罪判決を言い渡したときにこのような検察の姿勢をアンフェアだと批判している。

816 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 04:57:04 ID:BVOXVacW
はい ごくろうさん。


817 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 05:02:40 ID:MFzG6qeQ
マスコミからも「悪徳弁護士逮捕」「弁護士として超えてはいけない一線を超えてしまった」などとして
徹底的に批判された。
安田弁護士のマスコミへの憎悪は逮捕時のこれらの報道でより一層強まったと言われている。
今や安田弁護士はテレビもほとんど見ないし新聞もほとんど読まないそうだ。

しかも逮捕時にあれだけ自信をもって安田弁護士を批判していたマスコミは安田弁護士が無罪になる可能性が
強まると、いきなり裁判の傍聴に来なくなった。
無罪判決が出たときも当初の偏向報道に謝罪もせず、まるで他人事のように報道していた。

818 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 05:20:18 ID:93ug8JnA
>>813

今回の差し戻し判決は異常だ。
従来の判決は年長少年(18、19歳)に対する死刑の適用にかなり消極的であった。
この事件より明らかに悪質な名古屋アベック殺人事件でも、犯行時の年齢や更生の可能性などが重視され、
当時19歳の少年だった被告の無期懲役が確定している。
ところが、今回の判決は「18歳の少年だったことには相応の考慮を払うべきである」としながらも、
遺族の被害感情にとらわれ、殺人の計画性や反省の情などについて被告人に不利益な評価をして差し戻した
ものであって、年長少年に対する死刑の適用を積極的に認めようとしたものであり、不当だ。
確かに、死刑の適用基準が示された昭和58年の永山判決以前には1人を殺した事件当時18歳の少年が死刑
になった例もあったが、永山判決以後に死刑が確定した年長少年はいずれも4人を殺害しているし、名古屋
高裁で死刑判決を受けた連続リンチ殺人事件の3被告(事件当時18〜19歳)も4人を殺害しているが、
この事件の被告は2人を殺害しただけである。
また、成人が2人を殺害したケースでも、最近20年間で計73件の死刑求刑に対し37件で死刑が回避(1審)
されているのである。
その一例を挙げるなら、この事件と同程度の悪質さと言ってよい2002年の旭川3児殺傷事件は成人が2人を
殺害した事件だったが、無期懲役が確定した。
このような過去の判断を踏襲せず、2人を殺害しただけの少年に対し死刑という究極の厳罰を科すことが本当に
正義なのだろうか。
しかも今回の最高裁判決は、被告に非行歴がないことを有利な事情として考慮しなかった。
これはあまりに強引ではないだろうか。 まさに遺族の感情にとらわれた情緒的な見方しかしていない。
そもそも、少年による凶悪犯罪率は昭和40年頃に比べて「激減」しているのに、近年なぜか、「少年であろうが
人を殺した者は自らの命をもって償うのが当たり前。」という考え方が広まってきているように思うが、そのよ
うな考え方はハンムラビ法典そのものである。ハンムラビ法典的な考え方の蔓延は我が国の「退化現象」以外の
何物でもない。

http://www.ritsumei.ac.jp/ritsnet/tobira/column01.html

819 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 05:28:36 ID:BVOXVacW
それで?


820 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 05:46:06 ID:93ug8JnA
>>813

少年法51条1項には、「罪を犯すとき18歳に満たない者に対しては、死刑をもって処断すべきときは、
無期刑に処する」(絶対的減刑理由)とあり、これは18・19歳の年長少年には適用されないが、少年法は
少年の健全な育成を大前提に掲げ(少年法全体の精神)、それは少年の刑事事件の基本理念ともされて
おり、その理念は18歳・19歳であろうが、すべての少年に対して生かされなければならないとされてい
るから、18・19歳の少年の場合も年齢は、相対的減刑事由として考慮はされる。(被害者の数がいくら多
くても、いくら情状が悪くても減刑される絶対的減刑事由とは異なり、被害者の数が多かったり、他の情
状が激悪だったりした場合は、年齢が有利な情状の一つとして考慮されながらも、死刑は回避されないが、
そうでない場合は、年齢が「有利な情状のうちの一つ」として考慮されたことが結果的に死刑回避につな
がる)
名古屋アベック殺人の控訴審判決でも、当時19歳の少年であったことが、結果的に死刑回避につながった。
4名の命が奪われた長良川リンチ殺人事件では、2審では「殺害3名、傷害致死1名」とされた1審判決
が破棄され、「被害者4名全員に対して殺人罪が成立する」として被告3人全員に死刑の判決が下った
が、1審では主犯の19歳は死刑、従犯の18歳と19歳は無期懲役であった。(犯行時成人であれば、
1審から全員に死刑の判決が下っていた可能性が高いだろう。)

今回の最高裁判所の判決も、「当時18歳の少年であった事にはそれ相応の考慮を払うべきである」とした
上で、「被告人に有利な事情はそれだけにとどまり、2審判決は破棄を免れない」旨しているし、今まで
死刑が適用された少年事件の判決においても、「少年」であることが有利な事情として考慮された上で、
「しかし、そのことを考慮しても、総合的に考えれば、死刑の選択をするほかない」とされている。
18歳、19歳の少年に対して(成人と比較して)死刑回避の傾向があるのもそのためである。

参考
http://www.ritsumei.ac.jp/ritsnet/tobira/column01.html (年長少年に対する死刑の是非)

821 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 06:03:44 ID:93ug8JnA
○は被告人に有利な認定、×は被告人に不利な認定

【1、2審判決】
年齢○ 動機× 計画性○ 重大性× 社会的影響× 前科○ 反省○

【最高裁判決】
年齢○ 動機× 計画性× 重大性× 社会的影響× 
前科×(ないが、犯罪傾向は軽視できない) 反省×


以下、6月21日の読売新聞記事より抜粋

2審広島高裁で02年3月、1審に続いて無期懲役判決が下された後、検察内部では意見が割れ、当時の
検察幹部は「『死刑相当』という検事上告の重みを維持するためにも上告すべきではないという意見
があった」と振り返る。これを犯罪被害者を取り巻く世論の高まりが覆した。当時、「犯罪被害者の
立場からの検察権行使のあり方」を研究していた最高検は、最終的に上告に踏み切った。

↑を読めば明白だが、この事件は、検察でさえ、上告すべきかどうか悩んだ事件なのだ。
それにもかかわらず、計画性や反省、前科・前歴についてことごとく被告人に不利な認定
をして無期判決を破棄したのは、最高裁が、遺族感情や世論にとらわれていると解すほかない。
最高裁は世論の犬・本村洋の犬だったと言ってよいだろう。


822 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 06:07:09 ID:BVOXVacW
ほうほう。



823 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 06:18:24 ID:BVOXVacW
ヒント
>>814
権限
>>820
資産家一家殺人事件

・議論が始まると横から入ってきて長文をかくのは?






824 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 06:19:51 ID:BVOXVacW
ヒント
>>774が消えそう。



825 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 06:39:08 ID:MFzG6qeQ
マスコミは安田弁護士の弁論欠席は大いに非難するくせに、検察が安田弁護士に対して行った
でっちあげに対しては非難どころか謝罪も行わない。
「検察=正義、人権派弁護士=悪」という世論はまさにマスコミが作りだした。

826 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 06:48:49 ID:MFzG6qeQ
最近、検察官にあこがれる学生が増えているようだが、「検察=正義」などという勘違いをしてはならない。

免田栄さんなんて検察のせいで再審開始が20年も遅れた。
検察は免田事件で免田さんが無罪であるという証拠をもっていながら、面子維持のためにあえて
それを隠し続け、免田さんがやっとの思いで勝ち取った再審開始決定に対して異議申立をし、
その結果再審開始決定は取り消され、次に再審開始決定を勝ち取ったのはその20年後である。

827 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 06:57:19 ID:MFzG6qeQ
昨年春に再審決定が出た名張毒ぶどう酒事件でも検察は面子維持のために異議申立を行っている。
この毒ぶどう酒事件の奥西さんは既に80歳を超えているというのに、検察のせいで生きているうちに
冤罪を晴らせるかどうかさえ微妙だ。
支援団体も検察の姿勢に激怒しているようだ。
このような冷酷非道な検察の行為に対して、ある元検事がテレビの取材で、
「人間、誰だって一度得たものは守りたくなるじゃないですか」と開き直っている。
こんな悲劇があってよいのだろうか。

828 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 07:12:08 ID:BVOXVacW
つづけてくれ。


829 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 18:21:39 ID:FQP4kw9h
>>813

年齢による区別というのはそういうもの。

年齢差の場合、差がわずかだからとか言い出すと、20歳1か月には
選挙権があるのに19歳11か月に選挙権がないのはおかしいなんて
話になって、年齢で区別すること自体が否定されかねない。

830 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 19:15:06 ID:BVOXVacW
>>816
ヒント 16条



831 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 19:31:53 ID:BVOXVacW
>>829
するどい。



832 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 19:57:29 ID:s6wbhR+W
長文は簡便してくれ読むのが面倒。

833 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 20:43:54 ID:93ug8JnA
17歳の少年と18・19歳の年長少年の間でドメスティクな差がでないように、18・19歳の場合も、
年齢は>>820で述べたような「相対的減刑事由(有利な情状のうちの一つ)」として量刑判断の際に考慮は
されているんだから、「(同じ少年であるにもかかわらず)異なる取り扱いをすること」が法の精神に反す
るとは言えない。

834 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 21:01:09 ID:NKyP/XIV
それをいうならドラスティックだろ

835 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 21:55:14 ID:ni3SVV7u
なんか犯罪者支援団体が暴れてるな

836 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 23:01:15 ID:BVOXVacW
冤罪がこの事件と何の関係があるのやらWwwwwwwwwwww


837 :朝まで名無しさん:2006/07/31(月) 23:19:48 ID:BVOXVacW

特にID:93ug8JnAは本気で少年擁護というわけでもあるまい。
改正前の話じゃないかw



838 :ブルジョア:2006/08/01(火) 00:22:25 ID:9uYt7AOH
本村洋はプロ市民みたいな顔をしている
弁護士の足立はルイージみたいな顔をしている

839 :朝まで名無しさん:2006/08/01(火) 06:39:56 ID:7Z8Ymed4
↑そういうおまえの顔はピーチ姫


840 :朝まで名無しさん:2006/08/01(火) 07:44:51 ID:99/lXBPy
弁護士も5年ごとにテストして全て結果公表。
ふるいにかけて世の中を悪に導く奴は入れ替えよう。
こんなに犯罪が年々増加し悪質になるのは、裁判官、弁護士の責任だ。

841 :朝まで名無しさん:2006/08/01(火) 19:39:17 ID:bsy13opo
福田擁護の奴程プロ市民は無いだろうよ
つか何で福田擁護の奴は冤罪を持ち出す?
本人ですら冤罪って言ってないのに


842 :朝まで名無しさん:2006/08/01(火) 20:59:17 ID:qSa1pxiG
ID:MFzG6qeQは福田が冤罪だと言ってるんじゃないと思うが?
ID:MFzG6qeQはむしろ安田弁護士を擁護してると思う。
安田弁護士が資産隠し事件をでっちあげられた件(冤罪=1審無罪)での検察の姿勢を
他の冤罪事件での検察の姿勢と関連づけてアンフェアだと批判してるだけじゃね?


843 :朝まで名無しさん:2006/08/02(水) 05:20:42 ID:F4/UPVOs
 ↑安田弁護士が資産隠しをしたのではないみたいだな。
 脱税事件の弁護をしたのだが、その際証拠隠滅なり指導をした、ということ
 らしいな。
 どちらかというと証拠不十分の世界だな。
 あと脱税を主体的にやるのはだれか良く考えてからいいな。
 自作自演ちゃん


844 :朝まで名無しさん:2006/08/02(水) 05:27:18 ID:F4/UPVOs
ヒント S47.11.22 


845 :朝まで名無しさん:2006/08/02(水) 05:32:57 ID:F4/UPVOs
行政事件と刑事事件の違いなんて無い
なんて言い切ってたおばかチャンなみだな。
コテハンつけてる俺は偉いなんていってたがはずしたのか?
思考パターンが同じだな。w


846 :朝まで名無しさん:2006/08/02(水) 05:57:38 ID:F4/UPVOs
ID:MFzG6qeQ ID:qSa1pxiG
両方ともお花畑だが「冤罪」について
説明してみな。


847 :朝まで名無しさん:2006/08/02(水) 05:59:01 ID:F4/UPVOs
免田氏も一緒にされてさぞご迷惑だろうさ。


848 :朝まで名無しさん:2006/08/02(水) 07:35:12 ID:F4/UPVOs
ネット市民活動家は、実際には免田事件の運動に参加したりはしないから
本当に運動してる人はいわないようなことをいいますなァ。
以上820以下は釣り。


849 :朝まで名無しさん:2006/08/03(木) 07:42:41 ID:7Ls7wCCr
無法者が無法なことしたんだから、
無法な処置、無法にやってやれ。

850 :朝まで名無しさん:2006/08/03(木) 13:31:49 ID:1ORebP74
差し戻し後、最短期間での死刑執行を望む。

851 :朝まで名無しさん:2006/08/03(木) 15:47:31 ID:rHweWpm3
14 :少年法により名無し :2006/08/03(木) 01:44:11 0
で、いつ死刑確定すんの?

16 :少年法により名無し :2006/08/03(木) 01:52:25 0
>>14
さあ。何とも言えんな。
高裁の公判もまだ始まってないようだし。初公判の公判期日すら決まってないみたい。
99年12月に最高裁で差し戻し判決を受けた西山省三被告(上告中)もまだ死刑確定してないし。

17 :少年法により名無し :2006/08/03(木) 01:58:44 O
迅速化してるんじゃないの?

18 :少年法により名無し :2006/08/03(木) 02:00:15 O
>>17
迅速化してるのは公判前整理手続や期日間整理手続が適用できる1審だけ。

19 :少年法により名無し :2006/08/03(木) 02:04:11 0
>>16
7年近く経ってもまだって…マジっすか…
じゃあこの先、遺族はまだまだ苦しみ続けなきゃならないんだ…

20 :少年法により名無し :2006/08/03(木) 02:09:55 0
最高裁で無期を破棄されて差し戻されたのは過去2人

永山則夫 最高裁1983/7/8 高裁1987/3/18 最高裁 1990/4/17
西山省三 最高裁1999/12/10 高裁2004/4/23 最高裁 未定(来年中?)

852 :朝まで名無しさん:2006/08/03(木) 16:56:29 ID:F2041a6r
>>850
同位

853 :ご隠居:2006/08/03(木) 18:46:59 ID:7Ls7wCCr
裁判官が遊んでるよ。一つの判決後に国民の意向を問うことにしてくれ。
20,30,40,50、60、70代ごとに無差別20人ずつを選んで
120人の意見を出してもらい国民に公表次の判決の参考にしてくれ。
将来の国家の大事を誰が選んだのか解からん頓珍漢な裁判官が数人で
判決出す事、事態がおかしいんだぞ。 裁判官の個人的な様子を見てみな。
普通の人より馬鹿もたくさんおるで、学歴と判断能力は必ずしも一致せんぞ。

854 :野口(下の唇は肉便器)麻子(貧乳・微乳):2006/08/03(木) 20:01:35 ID:Zv02JaII
死姦の女神様。(人生壱回だけの性交で逝かせてよ。)
私の胸は、洗濯板に梅干が2個ついてあるの。(胸が無く乳首が大きい。)
縦・横にかかわらず縞模様の服を着るとラインが一直線な私。(ロゴ入りTシャツの字が歪まないの。)
マラソンで走ると乳は揺れなくて、乳首だけ擦れて痛くなる私。(大きいニップレスが必要。)
直立してて、横から見ると、腕のラインと胸のラインが同じ私。(胸は凹かもしれないの。)
私のバストは、Aの70cmです。(子供のできない身体なので中出しOKです。)
P,S,
私の写真です。
ttp://gazo.3ch.jp/saloon/img/1129889252/2.jpg
私はまだ30代なのに、×5です。(聡一。建。五郎。英夫。光男。)
ttp://gazo.3ch.jp/saloon/img/1140535588/2.jpg
342-0050-782-1-C−414(ポスト)


855 :朝まで名無しさん:2006/08/03(木) 20:12:40 ID:a1GCmnHy
>>853
司法の存在意味が分かっていないな。
司法ってのは民主制に対する牽制として存在するのだよ。
例えば、民主制ってのは往々にして多数決で決まってしまう。
すると、少数者や個人の利益が不当に犠牲になる場合が出てくる。
それで、選挙によらない専門家が司法にあたるんだ。

856 :ご隠居:2006/08/03(木) 21:36:31 ID:7Ls7wCCr
>>855
おなたの意見は正しいが残念ながら、司法に携わっている方がそういう
方が多くないのではなかろうか。選挙に寄らない専門家?それは誰が
決めるのですか。今国民に対してきちんと公表されていますか。
その決め方が正しいと証明出来ますか。今までの法曹界の流れの中身を
オープンにして国民に解かる様にすべきなのです。先輩後輩弁護士会が
新しい方たちの考えを縛っていませんか。

857 :朝まで名無しさん:2006/08/03(木) 21:44:18 ID:a1GCmnHy
>>856
裁判官の任命方法を知らないのか?説明しても良いけど、自分で調べて
ね。憲法ぐらい読んでいるんだろうな?
それに判決文は公表されているぞ。

司法に選挙など持ち込んだら、今の政治家みたいもんばかりに
なってしまうぞ。利権で動く裁判官なんて現状よりも悪いだろう。
中国なんかは田舎では法律なんか知らない地方ボスが裁判官やっているが
そういのがお望みか。

858 :朝まで名無しさん:2006/08/03(木) 23:00:17 ID:zu5+IaAT
前かいたんだけどな
・司法の政治化の問題
裁判官の民選を行うと
特定政党と司法が選挙活動などで結びつく
・特に有力政党の支持を得た裁判官がその有力政党のメンバーであるものと
そのメンバー以外のものと訴訟になったときに、当然影響がある
・行政訴訟がなりたたなくなる
選挙で行われたから民意=であり国家システムが上手くいく、というのは幻想。
・フランス革命後の大混乱による歴史的教訓。
・イギリスの不公平な富の偏在(法の違憲性をとうのが国会のため不公平な法が審査できない)



859 :朝まで名無しさん:2006/08/03(木) 23:04:32 ID:zu5+IaAT
以上の理由により、司法民選はまったく支持されていない。
また一つの事件によりすべての制度を語ることは不可能。
・刑事よりも民事のほうが複雑で、一般市民お断りの世界。




860 :ご隠居:2006/08/04(金) 07:25:28 ID:RtMkuGXc
>>857
あなたは私より学歴のある東大から海外の有名大に学ばれた方とお見受け
しました。のになぜ中国の田舎村のお話を日本に当て嵌めるんですか。
又今のままの司法の状態でよろしいのですか。裁判官の子供は裁判官、
医者の子は医者、国会議員の子は国会議員、このマンネリした世の中。
この世襲的世の中を民主的世の中に変えないと日本沈没です。

861 :朝まで名無しさん:2006/08/04(金) 18:17:11 ID:3l3tSqMe
↑こいつバカ?


862 :朝まで名無しさん:2006/08/04(金) 18:38:20 ID:7JOfrDE5
民主にも弊害がないわけじゃないけどね。
その実例が、日本の政治に色々でてるわけで。

票をね、本当に真実国家のためと信じて差し出してる人はいいんだ。
問題は層うわ何をhmoこnmxふじこ

863 :ご隠居:2006/08/04(金) 20:14:06 ID:RtMkuGXc
本当におっしゃるとうり、世の中は馬鹿であふれているようですね。
>>861様

864 :朝まで名無しさん:2006/08/04(金) 20:17:09 ID:3l3tSqMe
↑裁判官が世襲ねえWwwwwwwww


865 :朝まで名無しさん:2006/08/04(金) 20:17:52 ID:3l3tSqMe
まあこのスレも終わったな。


866 :朝まで名無しさん:2006/08/04(金) 20:39:38 ID:mQuflgiZ
次の裁判が始まるか、安田がまた馬鹿をやるまで
休眠っていう事で良いんじゃね?

867 :ご隠居:2006/08/04(金) 20:48:14 ID:RtMkuGXc
>>864
貴方の周りの裁判官のお宅を見て御覧なさい。
2代目、3代目の裁判官も居るでしょう。
医者も二代目、三代目、四代目まで居るでしょう。首相も現在政治家三代目。
次の首相も三代目。貧乏人の私は数十代目の貧乏人。世襲です。

868 :朝まで名無しさん:2006/08/05(土) 04:16:49 ID:wQ9xnNp2

>>867
俺の知っている範囲ではいない。
親が弁護士で子が弁護士はいるがな。



869 :ご隠居:2006/08/05(土) 22:23:39 ID:xt0CdH/O
>>868
おぬしの、世襲的家系はいかがでござるかのう。

870 :朝まで名無しさん:2006/08/05(土) 22:24:21 ID:nEMp6Bh3
イルカと霊長類だけが哺乳類のなかでレイプするんだよ。
猫とか馬とかキツネとかネズミとか下等なヤツは全部メスの同意が必要。
ここでいうレイプとは、多少強引に交尾を迫るなんてものじゃないレベルのものね。
完全に無・理・矢・理♪
イルカの中で最も知能の高いハンドウイルカは、集団輪姦が十八番だし、
オランウータンやチンパンジーはレイプ婚がむしろ原則であるという研究があるんだよ。 
──────────┐ ┌─────────────
           , '´l,  | ./
       , -─-'- 、i_ ..|/
    __, '´       ヽ、
   ',ー-- ●       ヽ、
    `"'ゝ、_          ',
      〈`'ー;==ヽ、〈ー- 、 !
       `ー´    ヽi`ヽ iノ
                ! /
              r'´、ヽ
              `´ヽノ   

871 :朝まで名無しさん:2006/08/06(日) 00:01:10 ID:wQ9xnNp2
>>869

お宅親がバカ先祖もバカだから自分もバカといいたいだけだな。
よくわかった。

872 :朝まで名無しさん:2006/08/06(日) 04:45:55 ID:dZyA2NxQ
>>859
カウンターバランスだね、
別の力学で動く集団をたくみに織り交ぜる、
これが害を最小限に抑える統治の要諦、
中国では科挙官僚に対する宦官それより前だと功臣に対する外戚、
今の日本だとキャリアに対するノンキャリアとか。

>>860
民主主義が基調なのは誰でも理解してる、だから立法・行政は文句なしにそうなってるでしょ、
要所は民選で押さえてる、其れが行き過ぎないように別の原理で抑制する組織も必要なんだよ。

873 :ご隠居:2006/08/06(日) 12:56:27 ID:4CovFwZV
>>871
そう、短絡的に物事を判断してはいけない。そう言うお方を世間では馬鹿と
言うようじゃ。             本題に戻ると
今の司法試験制度を改革せねばなるまいと言う事。
結果的に犯罪が増加、悪質化している根本を正せねばと言う事じゃよ。



874 :朝まで名無しさん:2006/08/06(日) 14:51:23 ID:mnQhMzFi
赤ん坊を床に叩きつけて、殺した女を犯すか!すげェい奴だな。法律にも知識があるし、計画的だし、たちの悪い殺人鬼だな!最近、多いよな!

875 :朝まで名無しさん:2006/08/06(日) 14:55:45 ID:FHSahe9/
最近多い?
アンタ馬鹿か?
昔からそんなのゴロゴロしてるわよ
こんな馬鹿が多いから「昔は良かった」妄想垂れ流しが大杉。

876 :朝まで名無しさん:2006/08/06(日) 21:23:09 ID:Fm+S9d6f
>>873
で?司法制度と犯罪とどういう関係があるのかいってみな。
無関係の問題だな。


877 :朝まで名無しさん:2006/08/06(日) 22:01:06 ID:G3TXPgCR
死刑絶対反対!
死刑って平〜気で言ってる人は、しつけだって言って虐待する可能性あるよ。

878 : ◆.rs/blFuew :2006/08/06(日) 22:14:55 ID:9hWnQ74w
>877
反対するのはお前の勝手だが、キチガイ福田に対する懲罰の対案は出せよ。
ちなみに俺は切支丹ではないから「右の頬をぶたれたら、左の頬を出せ」なんてのは納得せんぞ。

879 :朝まで名無しさん:2006/08/06(日) 22:20:03 ID:4CovFwZV
>>877
馬鹿は、自然に淘汰される。あなたもその部類に属する。
                 ダーウイン。

880 :朝まで名無しさん:2006/08/06(日) 22:24:14 ID:ajfq0NoW
>>879
お前が進化論の曲解、
福音派もお前みたいな勘違いして進化論アレルギー勝手に起こしてる、
ダーウィンは優勝劣敗なんてことはこれっぽっちも言ってない、
優秀な奴が生き残るのが進化論と勘違いしてるバカ多すぎ。

>>879 お前優性遺伝のこと優秀な遺伝子のことって勘違いしてるだろ。

881 : ◆.rs/blFuew :2006/08/06(日) 22:33:58 ID:9hWnQ74w
>880
誰も自分が優れているなんて思ってない。
ただ、>877が先天的異常者であることは確かな様だが。

882 :ご隠居:2006/08/06(日) 23:52:34 ID:4CovFwZV
>>880
自然淘汰におぬしもならんようにと、ダーウインが言ってたぞ。
まともに家庭を持って生活できる子孫を残せれば、おぬしもダーウイン様の
お陰と言うもんだ。2,6,2の原則とも言ってたぞ。大丈夫か。

883 :朝まで名無しさん:2006/08/07(月) 22:32:25 ID:lfyBRwzI
夏厨に餌を与えちゃいけねぇ。

884 :野口(下の唇は肉便器)麻子(貧乳・微乳):2006/08/09(水) 20:31:58 ID:sarWvGX4
死姦の女神様。(人生壱回だけの性交で逝かせてよ。)
私の胸は、洗濯板に梅干が2個ついてあるの。(胸が無く乳首が大きい。)
縦・横にかかわらず縞模様の服を着るとラインが一直線な私。(ロゴ入りTシャツの字が歪まないの。)
マラソンで走ると乳は揺れなくて、乳首だけ擦れて痛くなる私。(大きいニップレスが必要。)
直立してて、横から見ると、腕のラインと胸のラインが同じ私。(胸は凹かもしれないの。)
私のバストは、Aの70cmです。(子供のできない身体なので中出しOKです。)
P,S,
私の写真です。
ttp://gazo.3ch.jp/saloon/img/1129889252/2.jpg
私はまだ30代なのに、×5です。(聡一。建。五郎。英夫。光男。)
ttp://gazo.3ch.jp/saloon/img/1140535588/2.jpg
342-0050-782-1-C−414(ポスト)


885 :ご隠居:2006/08/10(木) 12:57:35 ID:02IDFW3u
私は一人でも人殺しをやれば死刑。
死刑の方法は、犯人が殺したとおなじ方法で死刑執行。
これが一番じゃ。   死刑に勝る再犯無し。

886 :朝まで名無しさん:2006/08/10(木) 22:29:24 ID:A6S/3BfS
簡単に「死刑に賛成」なんて言ってる人たちみんな、

どうして家族だけが大切なの?

人の命は大切って言う人がどうして、
不幸な境遇の人が間違いを犯してしまったときに
厳罰にするの?

もしも、自分が同じ境遇になったときを考えたことがあるんですか…???

887 :朝まで名無しさん:2006/08/10(木) 22:36:48 ID:U3EePs5c
あなたはどうですか?

888 : ◆.rs/blFuew :2006/08/10(木) 22:46:08 ID:bVtNPYKU
>886
問題は犯した「間違い」の中身だよ。死をもって償うしかない「間違い」もこの世には存在するってこった。

889 :朝まで名無しさん:2006/08/11(金) 06:57:51 ID:xtpTeASP
>>886
家族が大切なのは当たり前だが、おぬしも自分が殺されてもまだわからん
馬鹿の部類に属するぞ。世の中を犯罪の無い平和にするには、犯罪遺伝子を
撲滅していかないと、がん細胞のごとく悪の遺伝子が増殖人類破滅じゃ。
とにかく人殺しは死刑。犯人とおなじ方法で死刑執行、死刑に勝る再犯無し。

890 :朝まで名無しさん:2006/08/11(金) 07:49:43 ID:xHgf4oem
>>886
家族だ一番大事・・あたりまえのことじゃん

891 :朝まで名無しさん:2006/08/11(金) 10:05:26 ID:RsYe43uE
差し戻し後、短く見積もっても最高裁で死刑が確定するまで7年(32歳)
最近、先に確定した連中貯まっているから執行されるまで8年はかかるとして執行時40歳にはなってるか

シャバでの人生より鍵つき3畳間に拘置されてある朝吊るされて拘置所を出るまでの人生のほうが長いとか
こいつの人生実につまらんもんだったな

892 :朝まで名無しさん:2006/08/11(金) 15:23:14 ID:G5+CgkKd
>>886
福田の犯した罪はスルー?
その大事な命を二つ奪ったのは福田だよね?


893 :朝まで名無しさん:2006/08/11(金) 16:16:24 ID:qMuftB4A
よく出るが「死刑に勝る再犯なし」じゃなくて
「死刑に勝る再犯防止なし」だろ。

意図的にやってるのかもしれんが、それじゃ
「死刑」が「再犯」みてーじゃねーかクソックソッ。

894 :朝まで名無しさん:2006/08/11(金) 18:54:04 ID:IMjYm7UD
なんかさ〜、殺人犯の命は、被害者の命より重いみたいな感じの意見、時々出るよね〜。
きしょ〜い。

895 :朝まで名無しさん:2006/08/11(金) 19:05:10 ID:xtpTeASP
>>893
普通は検察、警察では 検挙に勝る再犯無しが業務用言葉だがね。
それをひねっただけ談べ。

896 :死刑賛成:2006/08/11(金) 19:12:08 ID:qgD4CxZv
人間、なにか生きてる価値があると思うのであるが、あるいは宗教的にいうならば、神様
から命を貰った価値があるのだが、こいつだけは、神様がまちがって命を
与えてしまったのかもしれない。
だから、命を元通りにすしたほうが良い。生きてる価値も無いし、生きてくれる価値も
ない。

897 :朝まで名無しさん:2006/08/11(金) 23:07:48 ID:QluJy50F
>>886
福田が不幸なのか?
ソープにいく金が無かったのが不幸なのか?
アホかおまえ。



898 :朝まで名無しさん:2006/08/11(金) 23:14:24 ID:98u+AAWZ
しかし死刑と無期じゃ天国と地獄すぎだよなマジ
死刑なら40過ぎぐらいでいつだかわからん日に突然吊るし首。恐怖も半端ない
無期なら具合よければ40前に出られて更正員の補助で再就職できて幸運なら結婚も出来るかもしれない
本当に不釣合い

899 :朝まで名無しさん:2006/08/11(金) 23:35:27 ID:CovktCog
以前に刑務所では、婦女暴行で入った奴は他の受刑者からは下に見られて
苛められると聞いたけど実際はどうなの?
そもそも、死刑囚だと、一般の受刑者とは接触が無いんだっけ?

900 :朝まで名無しさん:2006/08/11(金) 23:44:16 ID:AvtjCBY+
>>886
腹へって飯の種盗んだり
パソコンほしくて倉庫からくすねたりだったらあんたの意見は傾聴に値する、
でもどんなに不幸でも女を犯したり殺したりする欲望は抑えなきゃいかんだろ、
腹を満たしたり体の苦痛を取り除きたい欲望とは違うもん。

901 :朝まで名無しさん:2006/08/11(金) 23:47:07 ID:AvtjCBY+
>>898
結婚も出来るかもしれない

女はDQN好き、当たってる、重罪犯に童貞なし・未婚者なし。
順法精神があって謙虚な奴よりけだもののような己の欲望に忠実な男の方が女は好き。

902 :朝まで名無しさん:2006/08/11(金) 23:51:12 ID:AvtjCBY+
死刑に勝る再犯無し。
>>885

やっぱりこいつの言語感覚おかしいね、
あちこちで矛盾してること書き込んでるし、
進化論も捏造してるし、
コテハンの中でもものすごくおかしな文章、
自分で考えまとめてから打ってね。

903 :朝まで名無しさん:2006/08/11(金) 23:53:55 ID:AvtjCBY+
>>882
環境と主の関係なんだよ進化論は、
優勝劣敗とは違うの、
ちゃんと本読めよ、偉そうにコテハン使うんだったら、
おめえみたいな曲解バカがいるから生物の先生はいらん苦労するんだよ。



904 :ご隠居:2006/08/12(土) 07:15:36 ID:arFk/I5R
物事には基本がある。  生物は一生の最大の義務は子孫を作り、
育てる事。人間も生まれてきたからには、自分の子孫を作り、
立派な子に育てる事、人類社会を健全に継続する事だ。
それを乱す奴は、人類社会を滅亡させる事になる。これが最大の悪党じゃ。
馬鹿や、悪は早めに排除、死刑に勝る再犯無し。皆大声で唱えよう。

905 :朝まで名無しさん:2006/08/12(土) 14:18:46 ID:KwZE/Psx
もはや救えぬ

906 :朝まで名無しさん:2006/08/12(土) 14:43:45 ID:0x+7rkQ7
近代法に基づく法治国家の国民に第一に求められるのは理性的判断である。
遺族の感情を考慮しろ、血の通った裁きをなどという感情的な妄言は
理性的判断を何ら後退させる根拠たりえない。
司法と行政、立法との関係という三権分立のあるべき姿を率直に見つめたとき、司法は理性の機関である
べきであり、国民の感情的な意見を反映する場となってはいけない。

907 : ◆.rs/blFuew :2006/08/12(土) 14:46:36 ID:2a0Lcaic
死刑以上の再犯防止策があるなら示してみろ。

908 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/08/12(土) 14:49:13 ID:Mw30+zJa
>>907
適切な再犯防止プログラムの実施。


909 : ◆.rs/blFuew :2006/08/12(土) 14:56:20 ID:2a0Lcaic
>908
誰が「適切」と認定し、結果に責任を持つか?という問題がある。

910 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/08/12(土) 15:00:36 ID:xi3KPLpc
>>909
>誰が
国民が。
>責任
行政が。


911 :朝まで名無しさん:2006/08/12(土) 19:06:03 ID:DRVF8Dew
ロボトミー手術がいいと思います♪

912 :朝まで名無しさん:2006/08/12(土) 22:51:34 ID:628JRvW3
>>885
じゃあ日本は年間600人死刑ですね(冤罪含む)
裁判制度は撤廃ってことで

きっと国連の人権団体がだまっちゃいないでしょう

913 :朝まで名無しさん:2006/08/13(日) 01:56:00 ID:1Df1ZwO1
>>906
勉強不足。
法治国家という形態は日本ではされていない。
三権分立について書いてみ。三権分立自体理解していない。
もしコテハンつけてウソ八百ならべてた人物と同一人物であれば
ロビー板ですき放題言っていな。
>>910
再犯プログラムの具体的内容を求める。




914 :朝まで名無しさん:2006/08/13(日) 02:08:09 ID:1Df1ZwO1
>>906
ついでにいっておくが、もともとおまえさんが批判していること自体が
存在しない。


915 :朝まで名無しさん:2006/08/13(日) 02:34:01 ID:1tDCRF7G
>>906は難しっぽいこと言いたかっただけでしょ

916 :朝まで名無しさん:2006/08/13(日) 04:03:09 ID:QuT8D58+
>>904
立派な子に育てる事、人類社会を健全に継続する事だ。
それを乱す奴は、人類社会を滅亡させる事になる。

子供が作れない奴も犯罪者同様な害悪を撒き散らしているような印象を受けるぞお前の文章は、
このエロ少年にかこつけて不妊症や子供を望まない人間まで重罪犯と同じような不道徳なレッテルを貼ろうとしているな。

917 :兄チャン寝る:2006/08/13(日) 07:14:37 ID:5B8+P45L
>>916
子供をつくれん奴はいろいろあるわな。
作れるのに作らん奴と、作ろうとしない奴、どうしてもつくれん奴。
だが基本的には、生物の生まれてきたからには立派な子孫を残す事に
間違いはあるまい。気の毒な人も居ると思うが。わたしゃ、前論に賛成。

918 :朝まで名無しさん:2006/08/13(日) 08:22:19 ID:X3gPhacG
運が悪かったの一言ですな。こんな糞事件は。

919 :朝まで名無しさん:2006/08/13(日) 09:35:26 ID:1Df1ZwO1
遺伝で考えるのはやめろ。
オーストラリア人は皆犯罪者になってしまうだろうが。


920 :朝まで名無しさん:2006/08/13(日) 11:43:29 ID:1Df1ZwO1
>>(○´ー`はカワイイ
この間犯罪被害に対して直接保障している国は年金制度がきちんとしているかどうか
年金面で補償しているか調べて頂戴と依頼した件はどうだった?原則二重受給は認めないのは行政論の原則なので、
多分やってないんじゃないかと思うが。
日本の場合は直接補償がお気持ち程度なのは、主に予算編成の困難さによるものである
ということなのだけどな。
あと行政が責任を持つということは再犯した場合は「再犯しないように教育することが不十分であるから
行政が過失責任を負うということか?
再犯を犯したものの主観的な動機に基づくものに責任をとるということはどういうこと?
国賠で国が責任取れということなの?



921 :朝まで名無しさん:2006/08/13(日) 13:49:08 ID:5B8+P45L
>>919
イギリスもせっかく犯罪者を国外追放したのに。
奴隷移民を入れたのが失敗だね、犯罪者は生活苦から出てくるし、
オーストラリアに島流しにあっても生活できれば善良市民になるし、
悪人も2,6,2の原則で出てくるね。

922 :朝まで名無しさん:2006/08/13(日) 23:51:04 ID:1Df1ZwO1
↑何こいつ?


923 :朝まで名無しさん:2006/08/13(日) 23:58:45 ID:uo894NUg
不思議な不思議なパレートの法則 in Australia.

924 :朝まで名無しさん:2006/08/14(月) 00:21:55 ID:mCs0Foxb
>>919
犯罪者といっても貧しさが原因のものと
快楽目的による凶悪事件は同一にできないよ。
オーストラリア人は皆猟奇事件の加害者の末裔か?

925 :朝まで名無しさん:2006/08/14(月) 07:48:43 ID:XlPdp3ed
>>922
世の中安心して過ごせるようにするには。2,6,2の原則で
常に浄化しなければならんよ。夏でも安心して網戸だけで寝られる
世の中が一番そのために処分浄化が一番だ。

926 :朝まで名無しさん:2006/08/14(月) 18:29:49 ID:wly8IxgY
↑そして誰もいなくなったw


927 :朝まで名無しさん:2006/08/14(月) 22:08:00 ID:IzUkSsxg
>>925
自分は浄化されない立場にいつまでもいられるんだね、おめでたいね。

928 :朝まで名無しさん:2006/08/15(火) 03:06:11 ID:xCHV2bj9
プレジデントに書いてあるとおりにすれば経営が持つと思っている
田舎の工場の社長と同じレベルだな。
諸葛孔明の戦略に学ぶ経営とかいってそうだなWwwwwwwwwww


929 :朝まで名無しさん:2006/08/15(火) 06:12:14 ID:xCHV2bj9
大体2,6,2の原則なんてリストラが終わったころにリストラはよくない
といっていっただけの話で、特に何の根拠もない話ジャマイカ。
切られる立場の役立たずが飛びつく甘い話だな。
>>925、お前実社会で能無し評価されてるだろWwwwww。



930 :朝まで名無しさん:2006/08/15(火) 07:28:47 ID:cUtIQtbG
>>860
裁判官の子供は裁判官?
裁判官になるには、世界一と言われる司法試験に合格しないと
なれないのが原則なんだが。そう簡単に世襲できるものじゃないぞ。
歳をくっているわりには常識がないな。

931 :朝まで名無しさん:2006/08/15(火) 07:33:49 ID:cUtIQtbG
>>873
えなりくんみたいな人ですな。
司法に色々と問題があるのは確かだが、それが即犯罪の増加に結びつく
訳ではないぞ。
例えば、不況になれば経済犯罪が増加する。
ある染色体の持ち主には犯罪者が多い。
犯罪の抑止には裁判よりも迅速な検挙の方が効果的であることはよく知られている。
先進国の犯罪はパノプテコンが崩れたことによるものだろう。

932 :ご隠居:2006/08/15(火) 12:11:27 ID:JY89f3MD
>>930
裁判官の子供は裁判官。今2代目3代目の裁判官が増えている
のをご存じでないのかね。私はそれはそれで司法試験合格者でいいと思うが、
あたり無く世渡りしている裁判官が多いのではないか、大昔の判例から
抜けきれない判決、求刑をちょっと軽くした判決、最高裁に行っても
差し戻したり、まるでゲーム感覚で被害者無視のマンネリ司法で良いのかね。

933 :朝まで名無しさん:2006/08/15(火) 12:21:50 ID:I3LnZlqt
>>932
判例、相場を重んじるのは裁きの公平性を保つ上で大事。




934 :朝まで名無しさん:2006/08/15(火) 15:02:52 ID:xCHV2bj9
>>932
具体的に数上げてくれる?
あと事実審と法律審の違いについて勉強してからにしたほうがいいぞ。
そうでないとただわけもわからず愚痴っているだけだな。
いづれにせよこの事件で全体をすべて知っているように語るのはよくない。



935 :ご隠居:2006/08/15(火) 15:51:39 ID:JY89f3MD
>>933
判例、相場の判決が時代にあっていれば、犯罪は減ってくる。
>>934
統計取ってるわけではないが、司法関係者ですか、そうでしたら解かるはず。

とにかくこの場で今の司法制度がどうかを議論したらいかがでしょうか。

936 :朝まで名無しさん:2006/08/15(火) 18:57:23 ID:xCHV2bj9
>>935 終わりに近いのでマジレす。
・判例とは何か理解している?
・世襲により腐敗している、というわりに世襲がどのくらいか
も提示できないようではそもそもただ愚痴っているだけでないのか?
・差し戻し審というものがどういうものか理解しているか?
今回それがゆえに高裁は死刑を出す(だろう)が、それには不満ではないようだが。
今回の判決は「永山基準は変更しないが、死刑相当である」というのが最高裁の判決結果。
永山基準が時代にあっていないのは事実だが、本件よりもカルロス・ヤギ事件のほうが
議論の対象となるものだろう。(永山基準が出される前は同様の事件で死刑はでている。
小学生をレイプして小学校の汲み取りトイレに放り込んだ事件)
永山基準がでる前の基準は@人を殺した事実がありA行為の残虐性がありB被害者にも帰責性があるかどうか
ぐらいしか見ていない。当時国民が死刑廃止論が強かったので、それに対して死刑を宣告する理由
としてあげたものだがそれが故死刑が出にくくなった。
特に「人数」を上げたことが主たる原因。とはいえたまに出てくる基地外のようにボクシングの判定のように
一個一個ポイント的に見ているわけではないから、(全体評価している)それが故死刑が出ないということでもない。
EX、身代金目的誘拐殺人の場合。凶悪性と卑劣性を重く評価するため。
それを「身代金目的の場合死刑相当であるという判例」のためというのは早とちり。
・今回の事件において批判されるべきはむしろ福田サイドの問題で、俺が司法関係の人間ではないように
正確には司法の問題ではない。




937 :朝まで名無しさん:2006/08/15(火) 19:07:11 ID:xCHV2bj9
ヤギ事件のほうが検察が上告すると
@永山基準を変更するか(人数の部分)ということまで踏み込むか
A永山基準の人数の部分を軽く見て全体評価上死刑相当とするか
B永山基準の人数の部分を重く見て無期懲役とするか
ということを最高裁は突きつけられる。

なお、今回の裁判員制度だが、試行錯誤はこれからされていくが、前フジでやってたところ
まで求められるのかはなはだ疑問。
おそらく情状面の参考意見・反省度の参考意見を求められる程度に最終的には落ち着くだろう
というのが俺の予想。
(裁判員制度の導入経過が根拠)




938 :朝まで名無しさん:2006/08/15(火) 21:18:24 ID:+w0Go+MX
>>935
お前のレスを他のスレ含めてざっと見たが試験エスタブシッシュメントに嫉妬してるだけだろ。
最高裁の人事権に内閣が容喙できる以上国会議員の弐世量産体制をいじる方が即効性あるしこれの放置は深刻、
法曹界の弐世量産体制を憂いてる奴の台詞かね↓

ご隠居 :2006/08/05(土) 15:30:04 ID:xt0CdH/O
総理にもなれん奴らが、総理の批判しても始まらん、自ら
私は馬鹿ですと唱えてるごとくじゃ。国会議員の中で
一番人気のものが、総理になればいいんじゃ。それが駄目であったら
国会議員の中にもろくなもんも居ないとあきらめるこっちゃよ。
灯台も、兄弟も、へったくればっかりじゃよ。


国会の弐世はどうでもいいんだね。

939 :朝まで名無しさん:2006/08/15(火) 21:26:03 ID:+w0Go+MX
>>928
>>929
2・6・2の原則をこのスレで一番初めにほざいたのはこいつ >>882

ダーウィンはそんなこと言っても書いてもいない、
ネットでもあちこち探したがダーウィンの発言では発見できず、
それから本流の生物学者で2・6・2発言している奴はいない、どっちかっていうと上にもあるように社会科学の中の経営学系統発信だね。
とにかくご隠居は色々口挟む前に知識の欠落と文章の読みズラさ他の発言との整合性を何とかして欲しい。


940 :朝まで名無しさん:2006/08/15(火) 22:42:16 ID:xCHV2bj9
2・6・2の原則とは本来はたとえば課長がいて部下十人というのをやめて
課長の権限を細分化して責任と権限を下に降ろしてしまう、というリストラ策の元になったもの。
つまり係長とかに課長の権限を降ろすことで(○○銀行の担当を係長クラスが課長と同じ
権限で行う)管理職の数を減らして人の数を減らさず賃金の全体的な抑制を図る、というリストラ方法の裏づけ
のひとつとしてもちだされるもの。組織単位が大きすぎるとサボるやつがでてくるという
意味でいっているだけ。
いつのまにやらなんでもこれで片付ける人がいるが、それは星座占いと似たレベル。




941 :朝まで名無しさん:2006/08/15(火) 22:54:32 ID:xCHV2bj9
つまり、課長さんの目が届かない状況をいっているだけなんだよ。


942 :朝まで名無しさん:2006/08/15(火) 23:11:38 ID:2B/9hB4A
なんか、このスレだけ空気が違うんだが、気のせいか?
法律板辺りのスレに迷い込んだかと思った^^;

賢い人が多いみたいだが、馬鹿な漏れにゃレスしにくい事夥しいw

943 :朝まで名無しさん:2006/08/15(火) 23:44:37 ID:+w0Go+MX
>>942
ダーウィンが2・6・2の原則は言ってない
内閣は最高裁の人事権を握っている、間接的どころか直接的に民意を反映できる。

どこが難しいの?中学生の知識だぞ。

944 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 01:10:18 ID:dIx5sFNt
>>943
わからない、と言ってる者に説明するだけの精神的余裕もないのか?
随分イヤミな事言うんだな。だからスレが止まるんだよ。

945 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 01:36:09 ID:7yZIDvC2
>944
ダーウィンが2・6・2の原則は言ってない
内閣は最高裁の人事権を握っている、間接的どころか直接的に民意を反映できる。

これ以上簡単に出来ない、もう各論の話になってしまう。
何かあまりにもバカに物分り良すぎじゃないか、
難しい難しいって愚痴ってる奴が一番偉そうに振舞えるよね、
そんなに2・6・2がとんでもって指摘されて悔しいの?
別に静観しててもいいけどご隠居みたいにろくに物も調べず本も読まずバイアスかかりまくりの発言してる奴は放置で
>>943 みたいな簡単なこと指摘する方が許せないんだ。どこがどう難しいのかが理解できない。




946 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 01:48:32 ID:dIx5sFNt
心が狭いだけじゃなく、被害妄想も強いうえ想像力も欠如。
おまえの発言には人間的魅力が皆無だ。
どれだけ言葉を羅列しても到底、他者の心には届かないだろうよ。

947 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 02:23:47 ID:7yZIDvC2
ちなみに突っ込みとは、間違いを小気味良く正すことで第三者の笑いを誘うこと。
君のは突っ込みではなく陰険かつ陰湿な言いがかり。誰も笑わない。センスゼロ。
生涯友達と家族しか笑わせることができないだろう。好感を持ってくれている人しか笑わせることができないのだ。
よく思い出してみるといい。君の言ったことで笑った人間はその範囲にしかいないはずだ。
違うと言うなら君に対して悪寒を感じている私を笑わせてみるがいい。

>>946
あんたと同じような人、前に見た、
すぐ人間性とか魅力とか語り始める奴、
文言が理解できるかそしてその説明なのに
どこが分かりづらいのかも例示せずいきなり人間的魅力、
すごい上からの目線だね、さぞ己の魅力に自身ががあるようだ。
だから具体的にどこをどう噛み砕けばいいんだよ。



948 :ふぁーぶる:2006/08/16(水) 02:29:57 ID:Mx3AGZcQ
蟻蟻。
働きものの蟻もいれば、サボる蟻もいる。
サボる蟻ばかり集めても、そのなかでさらに働く蟻とサボる蟻に別れるのさ。
もちろん、女王蟻は、モハメッド。

蝶のように舞、蜂のように刺す。



949 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 04:04:40 ID:aP7hPeGC
>>945
それは知っている側のおごり。
先生にはなれないタイプ。何も知らない人に教えるなら自分が覚えた前に戻る必要があると思う。
人事権は内閣にあるが民意が反映されてるとは思えない。


950 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 05:39:06 ID:u5sa+uI7
あー やめな。
要するに
@2・6・2の原則
A遺伝
犯罪とは無関係。
なのに無理やりもってきただけなのにマジになるからおかしくなる。
なお、犯罪者の遺伝子の欠損については、ドイツの学者さんの最近の研究だが
「最初から結論を導き出すための統計」である可能性が高いので信用するな。
もともと「犯罪が遺伝によって起こる」という学説は、犯罪学の黎明期から古くからドイツにある学説だが
相手にされていない。(たまたまドイツが医学先進国だったからでたような話)
学問も古ければ古いほどひとつの理屈ですべてを語ろうとする。
人間もさかきばらのように幼児性が強いと暴力衝動と性衝動が=のように分化されない。
社会も未成熟なほど国家機構も単純化される。


951 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 05:57:03 ID:u5sa+uI7
あと945と949の関係では
最高裁は内閣が任命するものの、それは建前。
実際には日本は「法の支配国家」という国家体制(法治国家ではない)ので、
形式的に内閣が優越しているだけで、実際は裁判官の互選みたいなもの。
(高裁までは裁判所がだすリストをそのまま承認、最高裁裁判官候補はその時点で絞られてしまう)
部下の人望のある人がなります。そしてそれは部下に甘いとかなあなあということではない。
と説明モードになってみる。
ちょっと補足すると、遺伝が犯罪に関係する、というのは「犯罪を学問として取り扱います」
2ちゃんでいえばスレを立てた、そのときに一番最初に言われたもので、そのあと
否定された。まあ一番最初はなにもないから医学からもってきただけの話。
なんでも「遺伝です」といってしまえば簡単だ。でもドイツ人は基本的に好きだな。
ナチス刑法はまさにそれだし。W

952 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 06:21:03 ID:u5sa+uI7
犯罪者の遺伝子の欠損については、ドイツの学者さんが10年位前に
とある刑務所A収容されている犯罪者の遺伝子を調べたら「何番目かの
アミノ酸が欠損しているものがほとんど」というものだが、即座に「それはドイツ人自体で
そのアミノ酸が欠損してる人が多いんじゃないか?」ということで終わり。
2ちゃんでいえばネタみたいなもん。




953 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 16:22:10 ID:M8WPKkhh
>>952
その理屈で逝けば眉毛の部分に傷があるとか
蒙古班が人よりでかいとかなんでも選択的・恣意的ににカテゴライズできるね。

954 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 16:23:58 ID:M8WPKkhh
>>951
(高裁までは裁判所がだすリストをそのまま承認、最高裁裁判官候補はその時点で絞られてしまう)

何回も否決して名簿を差し戻したら面白いことになるのにね。
軍務大臣現役武官制の逆になるけど。

955 :ご隠居:2006/08/16(水) 16:33:42 ID:fZ+h1Dfu
>>936
ご回答ありがとう。検事さまをやられていらっしゃる方のようですね。
私は2世3世の世襲的に職業が継がれていく事も悪いとは思いません。
ただ、司法制度が正しければ世の中正しい方に向かうと信じております。
時代が変化しているのに、いつの昔かの判例に縛られる、又逃げる判例が
有るとすれば世襲的世界ではないかと危惧しておるところです。


956 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 17:26:08 ID:fz9uGLOX
犯人が在日だと安田弁護士は本気で弁護w日本オワタw


957 :ふぁーぶる:2006/08/16(水) 17:27:57 ID:Mx3AGZcQ
最近、トンビが鷹を産むってのを見なくなった。
カエルの子はカエルが多いなぁ。
もちろん、カエルの子はおたまじゃくしですけどね。

958 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 18:22:50 ID:u5sa+uI7
>>954
憲法上の規定だよん。(司法権の独立)
で建前上内閣が最高裁を指名するということにしているわけですな。
>>955
だからおれは代書屋さんだって
名前に「司法」とつくから妙にかしこまる人が多いが判例・通説について
人より少し正確なところをしっているだけのもんだよ。
ところで「事実審」と法律審を調べてみたかい?最高裁の役割は
判例をつくりまた変えるところであり、また高裁以下の判決に間違いがないか
チェックするのが基本的な役割。高裁・地裁とは違うわけだ。司法権の中でチェック機能を果たす。
差し戻し審というのは、「高裁が間違った判決を出した」ので差し戻し。
で、もし検察か弁護側が上告したとしても高裁が間違ってなければ「棄却判決」、訴えに理由がないということで
門前払いで確定。敗訴というのは「却下判決」という。
判例がなかなかかわらないのは憲法上の要請にもよる。
衆院にくらべ参院は半分づつ3年にいっぺん選挙で6年の任期で行うのは
日本人は熱しやすくさめやすいので衆院のように解散ありで任期も短いものだけでは
ある一定の方向に極端にふれやすいとGHQが考えたから。まあ少し冷める期間をおくようにという
ことからなんだが、司法はさらに変わらないシステムにした。
で、それから起こることを世襲に持っててはいかんよ。
いわゆる司法試験問題でとわれるところは「ひょっとしたら変わるかもしれない」というぶぶんについて問われる。
それが実務試験(判例通説オンリー)と違うところ。だから難しい。でもなぜ反対説まででるか?
それは当然司法試験は本来裁判官登用試験なので、「変えていくこと」を前提にしているからだ。
だけどあまり簡単に変わるシステムだと、世の中こんらんするので、そういうことになっている。


959 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 18:39:18 ID:u5sa+uI7
高裁と地裁は最高裁の判例と違うものを出してはいけない(原則的には)
というのもそのため。

ちなみに今ひょっとしたら変わるかもしれない、といわれているものをあげておく
詳しい説明は避けるが「契約取り消し後の不当利得返還請求権」
現在は取り消しできるときから5年、取り消してから10年で10年〜15年の範囲で時効が成立する。
反対説は「契約取り消しできるときから5年か取り消して遡及して契約時から10年のどちらか早いほうで時効が成立する」
というもの。実は反対説のほうが理屈としても条文としてもあっているし、取引の安全性からいってもそちらのほうがよい。
ところが日本人はなかなか訴訟しないのと昔の人はひとがいいのでで泣き寝入りする人が多いので
理屈としてはまず理解できないが前者になっている。
でいま突然変えると取引界は大混乱になる。堀衛門的なビジネスライクな人間が増えた
と考えると(ほっておくのがばかだよねという社会になると)前者に変わるだろう。
昔から最高裁のこの判例はとんちんかんだといわれている。弱者保護のために理屈はあっていないがそうしている。
そういった意味では永山基準を「支持しない人が大多数」であればまた変わるだろう。
コンクリ事件のときは少年法にしても刑罰にしても、厳罰を科すことがおかしいという人は結構いた。
最近は少ない。そういうことでだんだん変わっていく。どちらかというと裁判官は人事として社会を冷静に観察することが求められるし、
われわれ(2ちゃんも含めて)国民がどう考えているかを観察している。
世論で直接動くのは検察だな。前からいくらいっても聞かないやつがいるが、検察は行政権で司法権ではないので
お役所サービスとして被害者を代弁するものなので。
ただ税金の無駄遣いという批判も当然あるから、上告しても無駄なものはやらない。


960 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 18:43:38 ID:u5sa+uI7
で、どうもこのスレに集まってくるやつは判決がおかしいとか制度が・・・
というが、事件は異常だが判決としてはオーソドックスなものなので、>>956みたいな
観点で見てもらうのがよい。


961 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 20:00:32 ID:u5sa+uI7
ところで俺が不思議なのは、F君の「犬とやっちゃった」「だれも俺を裁けない」などの発言だな。
彼は自分が不利になると知っていてなぜああいうことをいうんだろう?
反省をしていず、更正の余地なし、といわれるのぐらいはわかると思うのだが?

962 :ご隠居:2006/08/16(水) 20:40:01 ID:fZ+h1Dfu
>>959
最高裁の判決文の原稿を作っているのはどなたですか。わたしは高裁の
裁判長達とお察し申すが、貴殿はどなたかご存知かな。
また、ある弁護士がテレビで若い判事の時に赤提灯とは実際に赤い提灯
で一杯やとは知らなかった、と言ってた。世の中の事知らない判事や裁判長
では困る、正しい判断や社会的環境を知っていてもらわないと困るでしょう

963 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 21:12:21 ID:u5sa+uI7
それで?


964 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 21:39:10 ID:63xjDAvG
>>962
縦読み作文失敗?

965 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 22:10:15 ID:p+eo6Izt
>>962
調査官て知らない、最高裁の?
文句つけるならネットで出来る程度の下調べはせえよ。



966 :朝まで名無しさん:2006/08/16(水) 22:38:20 ID:p+eo6Izt
第80条 下級裁判所の裁判官は、最高裁判所の指名した者の名簿によつて、内閣でこれを任命する。その裁判官は、任期を10年とし、再任されることができる。但し、法律の定める年齢に達した時には退官する。


名簿見て気に入らんって突っ返すことは憲法に抵触するの?


967 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 01:46:50 ID:lMZM+Z8U
こんなにスレが過疎ってしまった理由はなんですか


968 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 02:12:58 ID:0qGNAa0z
ご隠居という痛いコテのせいだろ

969 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 02:35:06 ID:8Lkg6Wwb
いいなぁ。被害者になれば講演やTV出演、手記発表でギャラ入りまくりか。
おれもどうでもいい女と結婚して誰か殺してくれないかな。一生くいっぱぐれないもんな。

970 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 05:14:54 ID:vQ5mrTNo
>>969
どうでもいい女に、969が殺される可能性がある。

971 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 05:44:08 ID:ak+nkgfl
>>966
そのとおり。やってはならない。(司法権に対する行政権の介入)
日本の場合「熱しやすく冷めやすい国民性」が第二次世界大戦へ
突入した原因とされた(GHQの考え)なので、行政権を弱くしている。
アメリカはその逆。


972 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 05:59:30 ID:ak+nkgfl
ただやってやれないことはない。
たとえば今回の小泉さんの靖国参拝は公費を支出した場合は違憲訴訟がなりたち
お金返せ→敗訴となる。
しかし公費を支出していないから訴訟が成り立たず、ただ政治上責任(国会で内閣が
倒れるかどうか)にとどまる。(付随的違憲審査制)
ドイツは日本より司法権を強く設定しているので(戦う民主制)最高裁が積極的に
(司法権が行政権に介入できる)ため違憲だということができる。
小泉さんは「公式参拝」といっているが、実は公式参拝ではなく「私的参拝」
なんだよ。総理の休暇のシステムがどうなっているかとか、休暇をとって参拝したかどうかはしらないが、休暇をとっていれば何の問題もなし
休暇をとっていなければ、また休暇というシステムがなければ「公務中に私用を足したのみ」「内閣総理大臣という肩書きを名乗って私用を足した」
「そのために公用車を使った」ということにとどまるので、どちらかというと別の倫理の問題。
それと同じように名簿を突っ返しても国会で追及され、倒れるかもしれないというリスクを負うのみ。
まあ現実にやると、たぶん裁判所で新名簿をださない、という抵抗をすると思われる。
ところでご隠居は壊れたレコードだな。同じこと繰り返すのみ。Wwwwww





973 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 06:18:36 ID:ak+nkgfl
日本の場合の司法権は「具体的な訴訟が提起されない限り違憲審査をすることができない」
点でドイツより弱く(ドイツは訴訟が提起されなくても違憲審査し、立法権に介入できる)
思想の自由に介入できる、ナチス的なものの思想を処罰できる。ドイツではナチスが国民の民意
からなりたったことから、自分自身が信じられないので、ナチスに最後まで抵抗した司法に絶対的な信頼がある)
公費の支出がない限り、訴訟が提起できない(選挙および、国会の問題で処理することしかできない)
という点で司法権の優越と民意の代表である行政権とのバランスを取っている。
補足するとイギリスは国会が強く、違憲審査をするのが国会議員である点で司法権は弱くされている。
アメリカが行政権が強いのは独立戦争の反省から
イギリスが国会が強いのは革命の影響
ドイツが司法権が強大な権力をもっているのはナチスへの反省
日本の場合は司法権が一応強くしているのは日本型ファシズムへの反省
ドイツと日本とではファシズムの原因がワイマール憲法の言論の自由の保障からのナチスの伸張
と、言論の自由の制限から大政翼賛会と異なるため、ドイツは言論の自由を裁判所が規制でき
日本では言論の自由を特別権力関係(公務員など)に限って制限する違いがある。
よく死刑廃止論で外国では・・・というやつがいるが外国は外国の話なので
その国の歴史・文化・宗教観など反映された上のことなので、比較することが無意味。


974 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 06:21:15 ID:ak+nkgfl
とながくなったがこんなもんでいいかい?
>>966




975 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 06:22:22 ID:ak+nkgfl
とながくなったがこんなもんでいいかい?
>>966




976 :ご隠居:2006/08/17(木) 06:56:19 ID:DCM+1fL4
皆の衆、司法関係の実態はわかっていないようダナ。
六法の棒読みじゃ、まだ青いな。
残念だ。


977 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 07:20:20 ID:ak+nkgfl
んじゃその実態とやらをいってもらおうか。


978 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 07:21:43 ID:ak+nkgfl
それ以前にお前六法自体読んでないんだろ?


979 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 07:26:52 ID:ak+nkgfl
799 :ご隠居 :2006/07/28(金) 07:20:35 ID:vg8TzBQ8
>>784 785
今の世の中のままでよいのですか。弁護士は相手の弁護士と談合で
いい加減な示談をさせる。裁判官はいい加減な半決、まともな判決を
しないから犯罪は増える一方、悪人を助ける半決。医者の診察をごらんに
成ってください、老人などどうせ寿命だからいい加減ですよ。銭儲け野郎や
倫理観の無い、医師、弁護士、建築士などから改革していきましょう。

とくに1行目については事実だとしたら大変な問題なので
おれがその弁護士会に手続きとってやるから
訴訟番号と、どこの弁護士なのか実名さらしてくれ。





980 :ご隠居:2006/08/17(木) 10:17:42 ID:DCM+1fL4
交通事故、傷害事件等で弁護士の行動に不審な方はここに救世主が
表れましたので、キタンの無い事件内容、交渉内容をだしてくだされ
>979の 救世主様へ よろしくお願いします。

981 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 12:31:36 ID:ak+nkgfl
↑ご隠居はあたり屋確定。
上記の場合の損害賠償は「相当因果関係説」を基にして、「ホフマン方式」
などの計算式で客観的に導き出される。
そのため、保険屋が代理人として和解交渉をしても非弁活動にあたらない。
(もっとも保険屋としての資格がいるが)
また、両方とも本来の和解(訴訟行動をせずに免責する)というものには傷害、暴行
は含まれない。ただ刑事事件訴訟の中で現実賠償したかどうかが反省の評価としてされるのみ。
以上のことにより、弁護士が馴れ合いで和解をする理由がない。
ただしこういうことをいうのは当たり矢を職業にするものが多い。
相当因果関係にない損害を不当要求し続けると、当然恐喝・脅迫につながる。
EX、相手方が訴訟にて算定する旨申し出た際に、さらに不当な額を要求した場合。


982 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 12:32:58 ID:ak+nkgfl
まあご隠居というより中学生・もしくは小学生だな。


983 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 12:38:17 ID:ak+nkgfl
まあご隠居というより中学生・もしくは小学生だな。
いい加減なことをいって困ったら告知かよ。
ご隠居については>>938の評価がただしいだろうな。
結局パンとサーカスにも該当するが。
両方とも「法律書は読んだことがない」が自慢だからな。

984 :ご隠居:2006/08/17(木) 15:27:27 ID:DCM+1fL4
ワシは隠居の身だから、いつでもパソとにらめっこジャが、ニートして
年寄りかまっておるようじゃつまらんぞ。人間薄っぺらで人に噛み付いてる
ようじゃ、短絡過ぎるぞ。馬鹿ほど人の深みが解からんで他人を馬鹿にして
己の馬鹿を先にさらけ出すでないぞ。わしの言ってるのは2,6,2の最後の
2は出直しはきかんだろ。死刑に勝る再犯無し。皆さん年寄りカマって
優越感に浸るようでは貧乏人じゃぞ。引籠もりのストレスのはけ口、
自慰行為か。お気の毒な方々じゃ。


985 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 15:34:19 ID:4ZxCv06s
>>984
レッテル張りして差別してるようじゃあまだまだだね。
それと亀の甲前面に出したHNと口調で相手を臆させようとするのは
やめなよ
掲示板は一列同位の場で賢者の老人だろうと厨房だろうと
同じで、評価はかきこの内容なんだから。
名無しにもどって年寄り口調はやめな。

986 :ご隠居:2006/08/17(木) 18:15:51 ID:DCM+1fL4
やはりレス名出してくだされや。どいつと話してるか解からんぞい。
名無しのゴンベイよりよかよ。老人だから賢者とも限らんぞ。
若者だから元気者とも限らんぞ。わしゃ先も無い、皆若いものに
この日本をより良くして頂きたい。一人殺人したら死刑、死刑に勝る再犯
無しでいこうぞ。


987 :942:2006/08/17(木) 20:02:13 ID:PFhYvYZl
>どこが難しいの?中学生の知識だぞ
言いたい事をもっとはっきり言ってみようか。

少年に殺され死姦されたってスレじゃねーの?
ダーウィンだの最高裁人事権だのって話、延々連レスだの長文だので語っちゃってるの?
もしかして夏厨の御用達スレか?
自分が賢いと思ってるなら、せめてスレタイと空気嫁よ。

と言う気分を、優しく遠まわしに言ってみただけだ。
反論レスも返事も要らん。

988 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 20:33:26 ID:jOodvkYH
一人殺したら死刑、と簡単に言うが、正当防衛で殺した場合は
除くのか?
殺す場合にも色々ある。
家族がむごたらしく殺され、犯人が海外に逃走しそうになった
ので殺した、というものから、娯楽で殺したまで、殺人の態様は
種々考えられる。一括して死刑というのは乱暴だろう。

989 :朝まで名無しさん:2006/08/17(木) 22:07:56 ID:ak+nkgfl
あご隠居なんてそれ以上進まないからほっとけば。
こわれたレコードだから。

990 :朝まで名無しさん:2006/08/18(金) 05:34:58 ID:/xJbdrd+
生め

991 :朝まで名無しさん:2006/08/18(金) 05:35:31 ID:/xJbdrd+
ume


992 :朝まで名無しさん:2006/08/18(金) 05:36:11 ID:/xJbdrd+


993 :朝まで名無しさん:2006/08/18(金) 05:37:01 ID:/xJbdrd+
膿め

994 :朝まで名無しさん:2006/08/18(金) 05:37:58 ID:/xJbdrd+


995 :朝まで名無しさん:2006/08/18(金) 05:39:02 ID:oAKZCoHV


996 :朝まで名無しさん:2006/08/18(金) 05:39:22 ID:/xJbdrd+
unnko unnko
unnko
unnko



997 :朝まで名無しさん:2006/08/18(金) 05:40:27 ID:/xJbdrd+
おれが1000とるぜ

998 :朝まで名無しさん:2006/08/18(金) 05:41:11 ID:/xJbdrd+
suzuki


999 :朝まで名無しさん:2006/08/18(金) 05:42:05 ID:/xJbdrd+
kinntama


1000 :朝まで名無しさん:2006/08/18(金) 05:42:39 ID:/xJbdrd+
ご隠居とパンとサーカスは
無知。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

397 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)