5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【公取委】公取委の報告書が競争至上主義であると電力会社が反発 [06/06/17]

1 :猫煎餅@猫煎餅φ ★:2006/06/17(土) 21:11:49 ID:??? ?
00年から本格化した電力自由化を巡って公正取引委員会が
「ほぼ独占状態が続き、選択の幅が広がったと評価しがたい」と
批判する報告書を出したことに、経済産業省や電力業界が
反発している。電気事業連合会の勝俣恒久会長(東京電力社長)は
16日の記者会見で「競争至上主義で本当にいいのか」と述べ、
公取委の主張が自由化の行き過ぎにつながりかねないと警鐘を鳴らした。

以下リンク先参照されたし
http://www.asahi.com/business/update/0617/001.html


2 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 21:14:06 ID:Wfwr2nDz
2だったら

          ・2006W杯F組
          日本代表 0 - 3 クロアチア代表


取消・変更不可


3 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 21:15:59 ID:Mmnr08Ui
http://jbbs.livedoor.jp/travel/1282/#2
畠山容疑者に関して
 
スレ違いだけどのぞいてみて

4 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 21:16:21 ID:ZMWg72Oq
>>1
資本主義を否定するバカ電力は北朝鮮のような共産主義国で商売してろよw

5 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 21:23:18 ID:CEuaLuxN
競争マンセーで自由化したら
電気料金上がったうえに停電しまくりになった国があったような

6 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 21:23:47 ID:ABpSHFeJ
>>4
電力会社は社会の公器なんだ。
社会の公器が競争なんかにさらされたら
コストカットのために安全を疎かにしてJR西日本みたいになってしまう。
安全を守るためには規制された環境でマイペースでやっていくのが一番なんだ!

・・・というのが社長の思し召しだ。

7 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 21:25:28 ID:lylhYMzN
>>1

良いわけは良いから料金さげろよ

8 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 21:26:19 ID:sBqhYyBP
2だったら

          ・2006W杯F組
          日本代表 0 - 155 クロアチア代表


取消・変更不可

9 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 21:27:14 ID:VCi3slks
>>2
ビ+でむきになって2ゲットですか。必死すぎる。

10 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 21:27:22 ID:muK9D172
アメリカは自由化したあと、かなり電気料金あがっったって、NHK衛星でやってたな。
わざと、停電起こして電気不足を演出→値上げ とかしてたそうな。
もちろん、犯罪とし捕まったが。
さっすがあめりかん

11 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 21:28:02 ID:/9AVzc07
カリフォルニアの大停電だっけか。

12 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 21:33:18 ID:ZMWg72Oq
>>6
安全が疎かになれば一時的にそんな事はあっても結局淘汰されるよ
おまえの論法は郵政民営化反対の利権ズブズブの政治家の論法だよ

13 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 21:51:28 ID:d0INOtFe
>>12
おまえのようなテンプレートに従って「利権ズブズブ」だのと言ってレッテル張りしかしない
バカに今の政権は支えられている。未だに郵政民営化がまともだったなんて言ってる奴が
この世に大手を振って暮らせていたとは信じがたい。閉門蟄居して生涯をおくれ。

14 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:04:09 ID:LqlSzqoc
全て市場原理主義で良いよ。

15 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:06:06 ID:Upvu5tzP
下請けには自由化と競争云々を免罪符代わりにしっかり金削りまくりなんだけどねぇ>電力

16 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:07:15 ID:ZMWg72Oq
>>13
で、主張には反論できないのかな?藁

17 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:10:34 ID:d0INOtFe
>>16
は?どこに主張が?ズブズブだのと効果音を発してるだけじゃない。

18 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:14:10 ID:ZMWg72Oq
>>17
日本語読めないんでちゅかー?
> 安全が疎かになれば一時的にそんな事はあっても結局淘汰されるよ
早くこれに対する反駁してみろよ
まったくどっちがレッテル貼りなんだよw鏡見て臭い息吐けカスw

19 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:15:08 ID:ip1Yxubt
親方日の丸の最後の聖域、それが電力会社。

一緒に仕事した事があるが、こいつらには殿様商売やってるなって感じが漂ってた。
態度がデカイ、そして仕事が遅い。

20 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:22:42 ID:d0INOtFe
>>18
自由競争で多くの事業者が参入してきて、その中で安全を疎かにするのは淘汰されて消えていく。
そして、最後に残るのが、電力会社として日本でやっていけば良い。ということを言っているんだろうが

それなら、現在の電力会社がおまえの予測する結果に残る会社よりも劣るであろう予測データを提示
するのと、結局、寡占・独占状態になるのならば無意味なドタバタでかかるコストとゴタゴタには一体なんの
意味があるのかを明示してくれ。

21 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:28:47 ID:ip1Yxubt
>>20
必ずしも競争原理を導入する必要は無いが、非効率性を上げさせる必要はあるな。
電力料金は世界の2〜3倍と言われているからね。

通信なんかは、国が強制力を持って設備を開放させたおかげで、世界でも類を見ない安さを実現している。
電力でも同じやり方がベストかどうかは分からんが、
今の非効率な経営を改めさせるためには、何らかの方法で国が介入するしかない。

22 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:29:09 ID:EdFoEguw
>>12が馬鹿なのは
電力などの大規模な公共サービスを普通の商品の市場取引と同じように考えてること。


23 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:29:31 ID:ZMWg72Oq
>>20
なんか難しそうな言葉並べれば論破できると思ってるのか知らんけどマジレスするお(^ω^)

> 現在の電力会社がおまえの予測する結果に残る会社よりも劣るであろう予測データを提示
電力会社は値下げ余力があるのに値下げしない。証拠に電力会社の給料は高い。
結果、誰が考えても日本の電気は不当に高い。これを劣ると言う。

> 結局、寡占・独占状態になるのならば無意味なドタバタでかかるコストとゴタゴタには一体なんの意味があるのか
無意味と決め付けてるようだが、意味がある。
安くて高品質なサービスを提供する会社だけが残り、消費社会が健全になる。
これ以外の意味に興味などない。

24 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:31:09 ID:ZMWg72Oq
>>22
大規模の公共サービスたる電力供給事業が普通の商品とどう違うのか説明しないとチラシの裏だお

25 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:31:45 ID:EdFoEguw
>>21
>通信なんかは、国が強制力を持って設備を開放させたおかげで、世界でも類を見ない安さを実現している。

でも儲かってないんでしょ?>ADSL事業
孫のところも結局は規制で保護されてる携帯電話に手を出して利益確保に
走ってるみたいだし。

26 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:34:36 ID:xygjIUXW
電力なんぞ、自分で必要なだけつくればいいじゃねぇか。
必要なものは全部、自分でつくる。要らないものはガンガン捨てる!
これさえ守れば、市場原理など導入せんでいいだろう?
バカやカスに電力を供給するなんてのはそろそろ止めたほうがいいんだよ。
・・・なぁんてねぇ(笑)

27 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:34:40 ID:ip1Yxubt
>>25
企業が儲ける必要がどこにある?

国が重視すべきなのは、国民の生活を豊かにするという観点。
例えば料金がどれだけ安くなったか、その業界でどれだけ多くの人間を食わせられるか、とかね。
通信業界は大幅に料金が下がって、業界内の就業者の数も電電公社独占時代より増えている。

28 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:35:10 ID:wNoEeZUN
全く自由化が進んでいない状態で、行き過ぎの心配をしてもしょうがないだろう。

29 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:35:44 ID:d0INOtFe
>>23
不当に高いと感じるならば、どの程度高いのか、それは諸外国と比べても総合的に高額だと言えるのか
と言う事を検証しなければ無意味。〜〜よりも高いと言っても、それなら、そこにおいては安定性はどうなのか
その他サービスはどうなのか、と考えなければ、ただ給料が高いから腹が立つから減らせ、あいつらに給料は
いらないといったように、バカの公務員叩きと何も変わらない。
新規参入が多くなされる事によっての、電力供給の安定性の低下と参入統廃合のドタバタにも一切
考えを馳せないなんていうのは偏執狂の考えだ。

30 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:36:00 ID:ZMWg72Oq
>>25
それでも必要とされている公共事業は値上げに動く
時間的にマクロで見れば最終的に安いが儲かるラインに落ち着く


31 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:38:36 ID:EdFoEguw
>>24
・電力事業は初期投資が莫大だからおいそれとは新規参入できない。
・電力という単一の商品しか扱わないため、価格競争しか差別化できない。
・どこでも誰でも使えることが必須の電力が、たとえ一瞬でも混乱すれば
 社会に大きなダメージを与える。


32 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:39:15 ID:ZMWg72Oq
>>29
高いかどうか?自由競争のアメリカと比べれば一目瞭然でしょ。
日本は環境上不利な訳でもない。原発も建設できる。
儲かる範囲内で安全性を保証するのは俺じゃなくて電力会社の仕事。

33 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:41:13 ID:ZMWg72Oq
>>31
・通信事業は初期投資が莫大だからおいそれとは新規参入できない。
・通信という単一の商品しか扱わないため、価格競争しか差別化できない。
・どこでも誰でも使えることが必須の通信が、たとえ一瞬でも混乱すれば
 社会に大きなダメージを与える。

あれあれ?

34 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:41:20 ID:d0INOtFe
>>32
金額だけの話をしていない。
金額だけで言うなら、それこそ「自由競争のアメリカ」に移住してさんざん安い料金を堪能すれば良い。


35 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:42:45 ID:ZMWg72Oq
>>34
> 不当に高いと感じるならば、どの程度高いのか、それは諸外国と比べても総合的に高額だと言えるのか
> と言う事を検証しなければ無意味。

ちょwwwwwって言ったのお前だろww

36 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:44:22 ID:d0INOtFe
>>35
「給料が高いから、それを下げてでも値段を下げろ」と言ってるのは君だろ?
それだけでは検証がなされておらず無意味だから、総合的な検証が必要だろうと
言っているのに、結局喚き散らして逃げるタイプか・・

37 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:46:24 ID:ZMWg72Oq
>>36
アメリカより遥かに高いって言ってるのは無視でちゅかボクー?

38 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:47:22 ID:d0INOtFe
言葉が通じないらしい

39 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:49:45 ID:rQgpMBWT
んで、電力会社の給料が高いという根拠はある?

40 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:50:21 ID:ZMWg72Oq
日本の電力は高い

根拠を示せ

つ根拠【アメリカの電気代】

言葉が通じない

41 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:51:06 ID:ZMWg72Oq
>>39
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E9%9B%BB%E5%8A%9B%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%B5%A6%E6%96%99&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

42 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:53:11 ID:d0INOtFe
ID:ZMWg72Oqは子供だから相手にする時間が無駄。
よくあるカマッテチャンそのものだから。

43 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:54:48 ID:ip1Yxubt
(1)我が国の電力料金
電気料金の国際比較については、手法やデータにより、様々な方法があり、単純な比較は困難であるが、
我が国電気料金は、国際的に見て依然として割高感は否めない状況ではあるが、自由化導入により一定の効果が見られる。

(2)自由化の効果
自由化部門においては、自由化導入当初から低い料金水準であった産業用の電気料金については横ばいであるが、
高い料金水準であった業務用においては、急激に料金の低減化が実現し、産業用と業務用の料金格差が縮まりつつある。

http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/denkijigyo/setumeikai/20040702setumeishiryo5.pdf

44 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:55:26 ID:9sui7xQT
電力料金なんて完全に言い値じゃねえか

45 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:55:32 ID:ZMWg72Oq
>>42
日本の電力はアメリカより遥かに高いんだけど反論マダー?

46 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:55:44 ID:rQgpMBWT
>>41
高くないじゃん
高いという根拠が欲しいのだが

47 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:58:45 ID:d0INOtFe
議論をダラダラ長引かせる方法
「相手の主張の一部にのみ反論し、問題解決に至らない様にする」

48 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 22:59:01 ID:ZMWg72Oq
>>46
電力会社って従業員多いんだよ
設備投資もバカみたいにやらなきゃ成り立たない
高くないなら高くないで俺は別にどうでもいいけど
日本の電力が高い事への反証にはならんね

49 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:01:09 ID:ZMWg72Oq
>>47
なにこいつキモスwww変なのに絡んじゃったな
「諸外国と比べても総合的に高額だ」を認めずに止まってるのはおめーだろw

50 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:02:28 ID:rQgpMBWT
>>48
いや給料の高さを聞いていたのだが
でも>>43みたが、料金も中位くらいじゃん

51 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:04:00 ID:d0INOtFe
議論をダラダラ長引かせる方法
「最終的には自分が納得しないと駄目だという所に争点を設定する」

52 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:04:09 ID:ZMWg72Oq
>>50
これ見ていい給料と思う漏れは安月給なのか・・・orz
外国へ行けば実感するけど料金はかなり割高だお

53 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:05:08 ID:ZMWg72Oq
>>51
???
喪前は何を主張したいのよ?

54 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:07:25 ID:rQgpMBWT
>>52
いや確かに平均よりは給料は高いかもしれないが、
飛びぬけていいとも思えない

でも、外国で電気料金を払ったことがあるの?どこに住んでたの?
どれくらい安かった?おれも住んでみてぇ〜〜〜〜

55 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:10:46 ID:ZMWg72Oq
>>54
普通にアメリカとイギリス逝ってたけど日本の半分弱ダターヨ
連中一般家庭でも電気ガンガン使うお。

56 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:12:16 ID:rQgpMBWT
いいなぁ〜〜〜
俺も住んでみたい
んで、停電とかは無かった?
停電でネット使えないとツライし

57 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:12:17 ID:ip1Yxubt
>>50
どこが中位? いくら贔屓目に見ても割高。

<自由化導入直前(1998年)>
      日本 米国 英国 ドイツ フランス イタリア 韓国
家庭用 1.00 0.38 0.55 0.71 0.57 0.81 0.59
産業用 1.00 0.27 0.45 0.40 0.31 0.70 0.61

<現時点(2002年)>
      日本 米国 英国 ドイツ フランス イタリア 韓国
家庭用 1.00 0.56 0.72 0.97 0.81 1.36 0.80
産業用 1.00 0.49 0.54 0.52 0.43 1.51 0.98

58 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:15:18 ID:ZMWg72Oq
>>56
アメリカの中部の田舎にいた時は停電すごかったw
酷い時は毎朝決まった時間帯に落ちたりw
他はそんなでもなかったお

59 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:20:41 ID:gUYMyCh1
>>57
ざっと見たみで話しただけだった。すまん
でも、俺たちに産業用は関係ないので家庭用を単純平均したら
0.88位になった。
ということは、世界に対して1割強高いということか
(計算がおかしければ指摘よろしく)

>>56でも書いたが、停電率(というのか?)は他国に対して
高いのか?低いのか?漏れの主観では災害(台風とか)以外では
停電とかほとんど気づかないのだが...
もし、もしも日本で停電がほとんどなければ1割は安心料だと
漏れは思うが。
>>20-30あたりで通信との比較がでていたが、みかかとNCCは
料金は1割以上違うと思うが、やっぱりシェアはみかかが高い。
結局、安定性でちょっと高くてもと思うのが日本人?

60 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:22:40 ID:ip1Yxubt
>>59
今の料金が高いという事実よりもっと重要なのは、
自由化によって料金が大幅に下がったと言う事実。
これは自由化に逆行すれば、料金が上がる危険があることを意味している。

61 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:25:37 ID:ZMWg72Oq
>>59
NTTがシェア高いのは既得客層=無関心な消費者層だよ
1割くらいどーでもいいという消費者はごまんと居る
でも自由競争のない独占、寡占状態「のほうがいい」かどうかは別問題だよ

62 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:25:38 ID:gUYMyCh1
>>60
そうか、一番大事な論点がずれていた。
自由化がいいのかどうかが論点であった。

盗電社長が「競争至上主義で本当にいいのか」という
意味は「自由化が進展すると、盗電が危なくなるからやめてくれ」
ということなのか?

63 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:27:02 ID:gUYMyCh1
ごめん>>61もありがとう

64 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:27:26 ID:Upvu5tzP
災害時にインフラ大量に潰れた場合、何処で復旧するかで揉めるかな。


65 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:28:58 ID:ZMWg72Oq
>>62
そういう事だと思われ
どの程度「危なくなる」のかは俺らには知る由もないけどw
消費者の観点から見れば安くなるからいいんだけど
本質はそうではなくて市場が健全になるからこそ自由化には意味がある。

66 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:29:02 ID:ip1Yxubt
>>62
当たり前だろ。
建前では安全が云々なんて言うが、本音は既得権益を崩されるのが嫌なだけ。

電力会社は監督官庁(経産省)とズブズブだが、公取は抑えきれなかったかって感じだね。

67 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:30:19 ID:gUYMyCh1
>>62その他を書き込んだものだが
本当に自由化になると料金は下がるのか?
もし下がるとなると現在の電力会社は儲けすぎ?効率化ができていない?
それか、これ以上は料金を下げる余地はない?
どっちが本当なんだ?

68 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:34:10 ID:m4uA0/wT
ちょいと考えりゃ、電力ってのは一つの電線網で給電するならば
「どこの会社の電力を買ってるか」なんてのは厳密には
分かるはずもなし。
一つの会社で需給のベストマッチをやってくれた方が本当は簡単。

69 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:34:20 ID:ZMWg72Oq
>>67
うん、おそらくもっと下がるお
日本はヨーロッパより低水準に持っていけるはずの好環境なのに
こんなに高いのはそもそも異常だよ

70 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:38:00 ID:gUYMyCh1
>>69
消費者としては下がるのに異論はない。
>低水準に持っていけるはずの好環境
とは具体的にどんな環境?
他国との連携がないから?

>>68が書いてるのも気になる。
簡単=低料金ではないの?

71 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:38:19 ID:ip1Yxubt
>>67
今より下げる余地があるかどうかは分からんが、、
>>43の資料を見れば分かるように、少なくとも昔は高かったのは間違いない。

72 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:40:16 ID:LqlSzqoc
原発もコストダウンかな?

73 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:42:15 ID:gUYMyCh1
>>71
確かにそうだ。
でも今後に今以上の自由化ってどんなの?
そもそも電力の自由化ってどの辺が自由化になったの?
また、現状自由化になってないのってどの辺?
色々と書いているくせに自分は勉強不足だ。

今以上自由化する部分って他が参入してきて儲ける部分なの?

74 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:42:35 ID:zUGcaAlT
例えば、これらの会社のF/Sをみると

ttp://profile.yahoo.co.jp/biz/consolidate/9501.html
ttp://profile.yahoo.co.jp/biz/consolidate/9503.html
ttp://profile.yahoo.co.jp/biz/consolidate/9502.html

内部留保が年々増えていて、順調に儲かっているようだ
独占公益企業が、どこまで儲けを溜め込んでいいのかが問題?

75 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:43:47 ID:ZMWg72Oq
>>70
欧州と同水準の人件費で
人口高密度かつ狭い国土
既によく整備されたインフラ
均質に高い電力消費量

こういうのが断然有利だと思う

76 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:44:05 ID:qBDBGqVm
インフラ事業は過剰な競争はいらんでしょ

77 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:44:14 ID:87kP0ujh
欲しい物は、これ?


気合。


使いこなせる人いないと思いますよ。

78 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:47:41 ID:gUYMyCh1
>>74
確かに千億円単位で利益がでてるな
儲けは料金値下げで還元するべきだな
できない何かがあるのか?自由化が進展するのを恐れてる?

79 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:47:49 ID:m4uA0/wT
>>75
土地が高く山地が多いので電線を張るのは
べらぼうに高く付きます。

また欧州は陸続きなのを利用して国家間でも電力を融通している。
フランスは原発大国だが周辺国に電力を輸出している。
日本はこういう事はできないから。

80 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:48:30 ID:ip1Yxubt
>>73
今以上の自由化とは以下の2つを意味していると思う。

1 自由化部門の拡大
現在は大口顧客向けのみが自由化されているが、
これを小口顧客向け、一般家庭向けなんかへも拡大する。

2 自由化部門への参入促進
例えば、簡単なところでは電線の貸し出し料金を値下げする。

81 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:48:46 ID:THBwaVEv
インフラなんか自由化したところでどうせ緩やかな独占になるんだから、
今のままで効率化したほうがいいんじゃない?
AT&Tを見てみろよ、また独占に戻っちまったじゃん。


82 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:49:51 ID:ZMWg72Oq
>>79
じゃあ欧州より断然安くとは行かないかなあ

83 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:51:56 ID:ZMWg72Oq
>>81
覆せない独占こそ悪い独占なのよ。流動性の問題。

84 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:52:45 ID:3wotAhWq
まぁ、料金は高めだが、割と安定しているしまぁまぁかと。
外国じゃ停電がしょっちゅうらしいし。

あと、NTTの時みたいに訳の分からない会社が乱立してグチャグチャ
するのだけは勘弁してくれ。消費者側も混乱するし何より、一々
契約書を作り直したり解約手続きが面倒だから。
安定した大手が三社くらいでそこそこ競争してればそれで良いよ。


85 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:54:12 ID:gUYMyCh1
う〜〜〜ん
皆の書いていることを見ると分からなくなってきた。
それを証明するためにも自由化を進展させろということか?
でも、一般消費者の使う電気って現在の電力会社以外が参入して
安くできる部分なのか?

電話だって(古い話だが)最初は長距離だけ(儲けそうな余地がある部分だけ)
が色々参入してきて料金も下がったが、市内料金は東京電話(だったか?)
最後に参入してきた部分だったような気が...
何がいいたいかというと、一番一般消費者に近い部分は儲ける余地
(逆にいうと料金が下がる余地)が無いような気がする

86 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:55:39 ID:gUYMyCh1
風呂入って考えをまとめてくる

87 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:57:43 ID:fBLBspuD
自由化と競争をあおって、結果的に料金が下げることがねらいと思う。

新規参入組に期待ではなく、既存の電力会社間同士の競争を
あおったらどう?

いかさず、殺さずな形が結果的に良く、あおりすぎて、会社をつぶし、
結果的に独占(寡占)状態になると、料金は間違いなく上がると思うよ。

88 :名刺は切らしておりまして:2006/06/17(土) 23:58:42 ID:gWps+fK0
ところで自打球って知ってる?

89 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:01:29 ID:eXeNiktq
インフラ部門の中途半端な自由化は、寡占を進行させてかえって非効率。
海外でも失敗例は多いし、国内でも航空自由化等失敗例が。

90 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:02:19 ID:NB0hFvtg
まあ、電力会社の賃金水準は国内のどの業種より高いしな。と、ねたみ半分強。

91 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:02:43 ID:DZA6nwzB
えあどぅ

92 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:04:23 ID:ip1Yxubt
>>89
常に監視すればいい。
寡占が強まってきたら、強制的に電線の貸し出し料金を下げさせる。

93 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:05:57 ID:0JF5nRuN
>>65
> 消費者の観点から見れば安くなるからいいんだけど
安くなるから全て良しっていう馬鹿は電気製品ごと逝ってもらえる?

日本国内の家庭用電源の電圧の安定性と停電の少なさは十分価格に見合っている。
これだけパソコンとIT家電が増える中で、
競争の結果不安定な電源が増えたら困るなあ。
落雷頻発地域くらいしか売れなかった家庭用UPSが必須なんて時代になるのか?
ノートパソコンなら今のところ心配はいらないけど。

でも、ちょっと前まで取引に関する重要な電話とか、就職関係の電話は
携帯からではなく公衆電話からとか言われたものだけど、なし崩しになったもんな。

94 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:07:53 ID:ivC5NIfa
>>85
Skypeって知ってる?
インターネットインフラの開放によってP2Pの通信手段が普及して
今や固定電話事業の壊滅は時間の問題と言われているよ。
電力というビジネスモデルもソーラーパネルが安くなればゆくゆくは自家発電とかで崩壊する。
そこに万世変わらぬ「儲ける余地」があるのかどうかじゃなくて
今そこにある事業そのものがあるのかどうかを疑うことができる訳で

95 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:09:53 ID:r6zH8Q31
>>94
>電力というビジネスモデルもソーラーパネルが安くなればゆくゆくは自家発電とかで崩壊する。
これは、自由化反対派の格好の餌だぞ。
俺の予想では、これを契機に話が自由化から逸れると思う。

96 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:11:52 ID:hl2rmUOx
可能性の利益と
必然の損失

可能性を盲目的に信じる事ができる事からすると、民営化も自由化も一種の宗教。

97 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:16:28 ID:ivC5NIfa
>>95
そうなの?

98 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:18:05 ID:4NOSljCt
>>90
いや、だから賃金水準はどうでもよいのよ
(でも最初のほうで論議してきたが、そんなでもなかったし)
賃金に見合った働きをしてくれたらいいわけだし
(そんなこと云ったら医者は?パイロットは?・・・ということに
 ならないか?)

それよりも自由化をするかどうかを論議しているわけだし
今くらい電気が停電せずに料金が下がるのであれば問題ないような
(電話料金が下がって電話の障害が増えた?)

>>94
太陽電池の料金が下がったらとかの「たられば」の話じゃなくて、
現在の現実的な技術で料金が下がるのか?質は保てるのか?という話
そもそも夜はどうする?


99 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:19:07 ID:r6zH8Q31
>>97
予想通り沸いてきたよ ⇒ >>98

100 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:21:14 ID:4NOSljCt
>>99
俺は自由化反対派じゃないよ
というか今の時点ではどっちでもない。

自由化論議から外れそうだったから
せっかく風呂入る前はいい話ができていたのに

101 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:25:04 ID:r6zH8Q31
>>98
電話料金が下がって、障害が増えたってのは聞いたことが無い。
NTTの利益が落ち込んだだけ。

102 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:25:51 ID:ivC5NIfa
>>98
これ以上の自由化をすれば料金はまだ下がるだろうというのが俺のスタンスね
現在の状態でも電力会社がやってる事はまだまだ非効率という考えに基づく訳だけど。
独占って多かれ少なかれそんな状態を作るもんだと思うし。

103 :チョパーリはうるせないニダ:2006/06/18(日) 00:30:28 ID:eslWMdKH
>>101
電力自由化により電力供給の障害が出たというケースはすでにあるニダ
まあ日本では安定供給がまだ確保できるレベルにあるニダけどね。
今後は不安ニダ

104 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:32:44 ID:p0sV4D4E
>>80
おまえ電力も電話みたいに各戸個別に配線されてると思ってる?
発電なんてほっときゃ勝手に発電機が作るだけだと思ってる?
各家庭どれだけ使ってるかリアルタイムで把握できなきゃ
各戸用の売電なんて不可能なのわからない?
各戸30A契約だったら30A*契約戸数の電流作ってると思ってる?


105 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:33:00 ID:fvsm2spF
>>101-102
ありがとう

自分の勉強不足なのだが、これ以上の自由化ってどこら辺?一般家庭?
となると、やっぱり>>85に戻るんだよね

自由化を進展(伸展が正しいか?)させると、
現在の非効率な部分が無くなるの?
進展(or伸展)させたことにより新規な会社が入ってくるか?
(儲ける部分があるのか?)ということ

他に非効率な部分を効率化(というか正常化)させるための手段はないのか?

くどいけど、自由化反対派じゃないよ。判断材料が欲しいんだ

106 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:37:19 ID:fvsm2spF
>>103
電話の話だったのだが

107 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:41:20 ID:fvsm2spF
>>104
興味がある話ありがとう
ということは、リアルタイムで把握する所は自由化できない?
(自由化という言葉が適当かどうかも?になる)

リアルタイムで把握する所は今までどおりの電力会社に持たせて
それ以外の料金をとれるところは自由化するの?
なんか理不尽のような気がする

把握するところって当然24時間365日だよね

108 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:42:30 ID:hl2rmUOx
行け行けドンドンのみなさんはずいぶん静かになったようだが。

109 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:42:35 ID:b7yLVLnN
そういえば昇圧の話はどうなったの立ち消え?

110 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:45:55 ID:r6zH8Q31
>>105
日本の電力料金は高くて、効率化の余地は十分にあるのは間違いなくて、
何らかの手段を用いて効率化させる必要がある。
その手段として、現在最も一般的に使われているのが自由化。

>>104
トータルとして、どこからどこにどれだけの電流が流れたかは計測できるでしょ。
新規参入業者は、既存電力会社それに応じた電線使用料を支払って、
新規参入業者は各家庭から個別に料金を徴収する。
これでいいんじゃない?
もちろん、安定化させるために、いろいろな手段を講じるべきだけど、無理って訳じゃない。

111 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:47:52 ID:ivC5NIfa
>>108
おおごめんよ
こっちも四六時中張り付いてる訳にいかなくてな
結論は出てると思うけど

112 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:48:12 ID:fvsm2spF
>>108
時間も時間ですから

>>109
昇圧って何?

自分も眠くなってきた
現状では自由化(というか効率化?)する余地はあるが、
自由化を進展(or伸展)させて料金が下がるかどうかは
(現状の技術であれば)疑問が残るということか?
(主観によるまとめです)
おやすみなさい。議論が進んでいることを望む

113 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:48:52 ID:ivC5NIfa
>>112
ノシ

114 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:50:12 ID:fvsm2spF
>>113
ノシ

115 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:53:55 ID:p0sV4D4E
>>107
現状だとリアルタイムで把握は必要無い。
作っている会社=売っている会社 だから。
発電量足りなかったら停電起こすだけだから自分の責任ね。

もし各戸への売電が解禁になったとしたら
売電会社>電力会社の電線>各戸 という経路で売ることになる。
もしものすごく暑い日が続いて契約家庭が電力を一気に使ったら電力会社の電力をつかっちゃう。
でも現状月一の電力量計での検診だから,1月の総量しかわからない。

すなわち各戸に対してリアルタイムに電力を記録しないとだめ=実質不可能


116 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:55:21 ID:HzlvW9m3
山間部の過疎地みたいな所は「儲からないから撤退」とか
一方的にやられる可能性も考慮かな。
外国で水道民営化したら一方的に料金値上げされたり
買収でワケ分からん所に経営握られてかえって水の値段
上がったりで散々な例も。
民営化で必ず値下げするとは限らんし、リスクと安定のバランスにょろね。

117 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:58:29 ID:MwnS7GCo
寝るつもりだったのだが
>>110
効率化させて料金を下げさせるというのは理解できる
(当然停電はなし(現状のレベルを下げない)でね)
だから自由化して料金が下がるのか?ということ
>>105の回答(解答?)にはなってない
自由化して別の安い会社が入れるほどの儲けが一般消費者部分に
あるのか?ということ
(1000万/月払ってくれるところも1件、1万円/月しか払わないところも1件
 更に払わないリスクも大きい)

また、計測して把握するのは既存の電力会社?<<107の回答(解答?)を欲しい

<<113
今度こそノシ

118 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 00:59:29 ID:r6zH8Q31
>>117
>>43を見てね。
部分的ではあるが、自由化によって電力料金が下がっている。

一般消費者向けの自由化を促進するのとは別の話ね。

119 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 01:00:02 ID:p0sV4D4E
>>109
国策でマルチ電圧対応を義務付けないとねぇ・・・
個人的には一般家庭への三相開放してほしい ^^;
三相エアコンパワーあるし,安いからいいよ ^^;;;


120 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 01:03:51 ID:hl2rmUOx
>>115
たぶんね、「それはなんとかすればいい」「きっと良くなるに決まってる」と言われると思うんだ。
結局、合理化どうのなんてたかが知れていて、世の中声高に叫ぶ人間に押されてただただ身銭を
きると言う図式になってるケースってのは意外に多いんじゃなかろうかと思うね。
それを見て「ほら見ろやっぱり合理化できた」と、叫んでた人間は言うだろうね。

時流に乗ってやろうやろうと言う奴は、責任感なんかこれっぽっちも持ってないよ。知恵も提供しない。
できるできると言うだけ。

121 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 01:09:00 ID:r6zH8Q31
>>120
NTTの例を見てごらん。
11万人を子会社に転籍させて、人件費を大幅に下げた。
決算を追えば分かるが、その後も着実に人件費を下げてきている。

今まで甘い汁を吸ってきた人間が普通の賃金になるだけで、これを合理化と言わずしてなんと言う。
昔のNTTよりさらに賃金の高い電力会社なんかは、もっと合理化の余地があると思うよ。

122 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 01:12:25 ID:hl2rmUOx
人件費チキンレースを褒め称える趣味はないなぁ。悪いけど。
世の時流にしてしまえば、必ず自分にも影響が出るような事を推し進める気にはならないね。


123 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 01:18:03 ID:p0sV4D4E
>>110
交流だよ。力率とか知ってる?
直流と違って 電圧×電流=電力 じゃないからね。
ちなみに
・電気はためることが難しい
・消費電力は時間・季節・気温などでの変動が激しい
・火力・水力・原子力を効率よく組み合わせてギリギリで計画的に発電してる
これらもよく考えてみましょ。


124 :内定者24歳:2006/06/18(日) 01:23:34 ID:R4hFp8VW
>>121
>>122
見てください。NTT東西のリストラの成果を!!
http://up.nm78.com/data/up084431.jpg

これでも叩かれ続けるNTTに少しは同情してください。

125 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 01:29:39 ID:p0sV4D4E
そういえば電話の品質低下の関係って新潟地震のときにあったような。
まあ,厳密には通信の話だったけど,IP電話もコミの話として。
なんだかんだでNTTは復旧早かったけど,どこぞの会社は
(基幹線を複数経路通して無かったらしいく)復旧にえらく時間かかったとか。

あとはJRも合理化の影響で保線員が少なく,地震のあとの安全確認に時間がかかったとされてたよね。


126 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 01:33:12 ID:J2DNTM5m
>>110
自由化すれば確かに値段が下がるだろうけどね。
ただ、電力会社がコストダウンするために、補修関係の経費を大幅に下げてる。
そのために、補修に関係する会社は高い技術を持つ職人の確保が難しくなって
きてるし、技術を引き継ぐはずの若い人の採用をあまりしなくなってきてる。
今はまだなんとかなってるけど、いずれ影響が出てくると思うよ。
NTTとの比較だって、電話関係の一般的な電子・機械機器の故障率と、
高熱の過酷な環境下で稼動してる発電機器の故障率・耐久性の差も考えてほしい。
コスト中でメンテナンスに掛かる部分の割合を考えれば単純な比較はできんよ。

それに、日本と他国の価格の違いも平均の停電時間の差を考えてくれ。
数年前の数字で悪いが、アメリカ(73分/年)・イギリス(63分/年)
フランス(57分/年)と1時間程度の停電時間が平均であるのに対し、
日本はわずかに(9分/年)と圧倒的に少ない。
上のほうのスレで、停電時間を増やさないで料金を下げるなんて都合のいい
こと言ってるけど、現実には無理。
少なくともメンテナンスに掛ける費用に関しては減らせば確実に影響が出てくるぞ。

>>121
NTTの場合は減らした人数を、固定電話の代わりに出てきた携帯電話の市場があった
おかげでドコモとかにスライドできただけじゃん。


127 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 01:41:08 ID:r6zH8Q31
>>126
NTTの人員構成を見てみよう。
ドコモグループの社員なんてNTTグループ全体の1割だよ?
ドコモにスライドさせるんじゃなくて、単純に東西会社の子会社に転籍させて給料をバッサリ3割カットしたんだよ。
わざわざ給料の高いドコモグループに転籍させるバカな経営者がどこにいる。

128 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 01:43:42 ID:hl2rmUOx
給料を下げる事により、サービスを安価にすると言う発想もよっぽどバカな発想だと思うんだけどね。
労働力の安売りは社会的に良い影響なし。

129 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 01:53:59 ID:ivC5NIfa
>>128
減給ありきとは言ってないじゃん
自由競争がもたらすメリットとバーターで消えていくのが
無駄に高い給料だと言ってるだけで
安い給料が割に合わなければ危険な原発職員なんか誰もやらんし
要所要所には高配当があってもかまわんと思うぞ

130 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 02:04:05 ID:hl2rmUOx
そういう発想でいくと、危険な仕事が高級でよいって理屈になるわけでしょ?
でも普通に考えたら、零細よりも中小、中小よりも大、てな風に給料が高いのなんて当たり前じゃない。
なんか、2ちゃんねるの自衛隊とか警察消防信仰に似たものを感じるんだよなぁ。
危険じゃなかったら高給じゃいけないの?って話なんだよね。「無駄」の基準なんて無いんだし。
最終的に「俺が気に食わないから」って事を言わなきゃいけない理由ってのは、物寂しいもんだと思うよ。

131 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 02:05:29 ID:8NYHE/U5
年次改革要望書に盛り込まれてたっけ?
郵便局でさえ民営化する時代だから、時間の問題でしょ。

132 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 02:09:33 ID:ivC5NIfa
>>130
ハァ?
責任とリスクの伴う仕事にはそれなりの対価が無いと誰もやらんでしょ?
無駄なのは責任もリスクも背負わず、貢献性も将来性も無い奴に高給やる事。
十分明確な基準じゃない?

133 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 02:26:24 ID:hl2rmUOx
>>132
責任もリスクも伴わない仕事なんかあるの?って聞かれて「NTTのやつらはそうなんだよ!」と
言い張れるだけの材料があるの?って話なんだよね。


134 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 02:28:34 ID:ivC5NIfa
>>133
知らんがな
そんな事言ってないし

135 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 02:31:00 ID:hl2rmUOx
そうなると、無駄に高い給料だと、言う事ができなくなるよね。
自分が納得するなら、あいつらが気に食わないでいいだろうけど、他人に聞かせるなら
それじゃ不十分だよね。

136 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 02:39:02 ID:R4hFp8VW
給料安くしすぎると人材が揃えられないってのもあるな。
ある程度の学歴の人間を集めるには給料を高くせざるを得ない。


137 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 02:41:32 ID:ivC5NIfa
>>135
もちつけ
みかかの給料が無駄に高いとすら言ってないお(^ω^;)

138 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 02:43:17 ID:hl2rmUOx
129 名前: 名刺は切らしておりまして [sage] 投稿日: 2006/06/18(日) 01:53:59 ID:ivC5NIfa
>>128
減給ありきとは言ってないじゃん
自由競争がもたらすメリットとバーターで消えていくのが
無駄に高い給料だと言ってるだけで
安い給料が割に合わなければ危険な原発職員なんか誰もやらんし
要所要所には高配当があってもかまわんと思うぞ

ああ、これはNTTが「無駄な給料をカットした」と言う意味は一切含んでいないのね。

139 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 02:44:16 ID:ivC5NIfa
>>138
みかかが気に入らんとも言ってないし
あそこは人員削減で乗り切ったから大して給料減ってないしね

140 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 02:46:02 ID:hl2rmUOx
となると、なんでレスをされたのかが、さっぱりわからないんだけども。


141 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 03:07:26 ID:ivC5NIfa
>>140
たぶん>>127の流れにいたかいないかだ罠

142 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 04:38:19 ID:JQmRdS5R
自由化といっても、日本では電力の自由化はかなり難しいでしょ。
参戦できそうなところがないもの。

YBBのADSLみたいに今まで使っていなかったサービスを激安で提供するなら
まだしも、これまで使っているサービスを多少安い値段で提供したところで、
勝負にはなりにくい。

それに安心を金で買う、ってイメージもあるからねえ。おそらく安全率が
同じだとしても、安価で提供したら「やっぱ安いからサービス悪い」と
イメージで語られてしまうことも多いし。

143 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 07:09:36 ID:CYzzR+7V
再処理なんてとんでもないことに42兆も突っ込もうとしている時点で終わってる。
そんなことするくらいなら海からウランを取ったほうがまだ安いっての。

144 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 09:16:48 ID:Jga7Ry9x
>>143
元々国策だから国民全体の責任。原発地区のJR電化や高速化への出資、
玉ころがし練習合宿場なんかも国民全体の責任。
原発関係の役所が役所として出せないので電力屋に出させてるだけ。
>>127
中核5社間では転籍不可だったと思う。孫会社のMEやMA、PCなどに転籍して、
ドコモのサービスを組み合わせた新商品のサービスを展開したりしている。
>>116
NTTみたいに電力も現電力屋には供給義務にすれば新規業者が参入しなくてもOK。
って発想だと思う。
>>101
障害おきまくりだよ。一般電話では気にならないかも知れないけど


145 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 09:31:41 ID:1Ja39kHb
みなさんおはようございます
なんか論議が別のところに行ってますね

というか、論議が別のところに行くってこと自体
自由化=料金値下げ に行き着かない(現状ではね)
なにか技術的なブレークスルーに期待するしかない
(燃料電池が安価になるとか)
ということか?

最初からさんざん云ってきているが、給料の高い低いは
たいした問題ではない(給料に見合った働きをすればよい)

146 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 11:08:18 ID:17PlUtCt
自由化によって一定の値下げにはなると思います。
実際、電力会社はかなりのコストダウンをして少しずつ値段を下げてきてる。
(原油の急激な高騰などのコストアップ材料がありながらね)

ただしその値下げには、電力会社の設備投資減少と補修経費減少分を含み、
世界トップの安定度を誇る日本の電力供給システムを今後維持できるか分からなくなるという
リスクを内包した物だってこと。
ヨーロッパ・アメリカとの値段の比較は、平均停電時間の差を考えればなぜ高くなるかの理由が
分かるし、単純な比較はできないということ。
あとヨーロッパの各国は、電力が足りないときは他国から輸入できるようになっており、総発電量に対する
予備率は比較的少なくてすむのに対し、日本の場合は電力会社間の融通はたしかにできるが、他国からの電力
輸入ていう手段がないので、国家レベルの電力システムとしてはそれなりの予備率を確保しなければならないので、
その分は高コストにならざるを得ないということ。
(そして予備率の確保というのは新規参入業者にそれを期待するのは無理ということ)
あと、電力会社は旧型の設備を高効率の発電方式に切り替えるためにかなりの投資を
これまでしてきているが、新規参入業者が数十年後にそれができるのか?ってのも疑問。
新規設備のリプレースには、旧施設を撤去して新設備を建設する必要があるが、
その数年間の間、業者にはまったく収入がない。そのことにその業者は耐えられるの?
耐えられない業者が事業を放棄するとした場合、その穴埋めの義務は誰が持つの?
そもそも発電所は設備維持をする為に一定期間で、数十日の定期検査を行う必要が
あるけど、その間の穴埋め義務は誰が持つの?
完全自由化をせよと言いながら、まさかそういった義務だけ既存の電力会社に負わせる気ですか?

そういったことを完全自由化論者の人には考えてほしいってのも付け加えてほしいですね。


147 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 11:21:30 ID:/6EZqx34
日本の電力料金と農産物価格は多分世界一の水準だ。
そして、どちらも自由化された市場でないという共通点がある。

いい加減に利権団体は潰すべきだろう。
高コストを最終的に負担するのはいつも消費者なのだ。


148 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 11:28:56 ID:hl2rmUOx
「高い」と言うくらい高くは無いと思うけどね。
金額に固執する人間にこの手の話を任せるのは非常に不安を覚える。

149 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 11:29:03 ID:r6zH8Q31
>>146
通信業界の場合、安定供給の義務はNTTのみが負っている。
独占で有利なんだから、それくらい当然という考え方もある。

150 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 11:50:35 ID:+7xVorTE
もともと国が作ったインフラのNTTと、インフラを自前の資金で作った
電力会社をいっしょにしないで欲しい。

だいたい、停止しても代替手段のある電話と、
停止したら、代替手段がなく、下手すれば、死人がでる
電気の停止をいっしょに議論するのはおかしい。


151 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 11:59:19 ID:udzgxHqH
外国は電力料金が自由化によって馬鹿高くなったところがあるって
しってた?

152 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 12:09:37 ID:Jga7Ry9x
>>150
つ 自家発電。
海外で電力に信頼性がないところでは、企業や富裕層は
自家発電やってたり、ディーゼル発電機もってたりするよ。

153 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 12:15:30 ID:qdTsEz9n
家庭用燃料電池マダー チンチン マチクタビレター AA略

154 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 12:17:37 ID:r6zH8Q31
>>150
ん? 株を全部政府が持っていって、それを民間に売り払った時点で
国が金を出した事なんか関係なくなっている。

大体、電気だって年間で平均9分だったかな? で止まるでしょ。
下手すれば死人が出るところは、非常用電源を確保してるよ。

155 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 12:26:39 ID:01q3G6lh
電力会社で超優良会社の四国電力が取り上げられていないな
利益はきっちり出すしサービスもいいし言う事なしなんだが
電気代も風力とか色々下げれるようにしてるみたいだし

156 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 12:39:30 ID:TiDKNRLf
>>149
高シェアの現状ならそれができるが、今後、完全競争になってシェアが落ちたときに、
尚、その義務を電力会社に負わせるのが正当なことなのか?ってこと。
で、その義務というコスト面のハンデを負わせてるのに、完全競争させる
のが本当に正しいことなのか?

147みたいに最終的な「価格」という「結果」だけしか見ていない人には、
なぜ高コストにならざるを得ないのかを考えてから言ってほしい。
考え無しに低価格にせよと言うだけでは駄目だよ。

例えばイタリアの場合、設備投資を怠ったおかげで設備のリプレイスができず、
名目の最大発電能力の実に30%近くが、老朽化で実働しなくなっており、
その分を輸入で補っていたが、突発的な気候変化における電力需要に対応できず
、全国的な計画停電をしなきゃならない事態にまでなっている。
イタリアの電力会社は完全国営なんで、自由化論議とはちょっと違う話ではあるんだけど、
自由化によって、電力会社が設備投資にコストを掛けられなくなった場合には
こうゆうリスクがあるってことだけは知ってから言ってほしい。

こういったリスクを許容するって前提で自由化を主張するならともかく、
リスクを考えないで主張されてもね。

>>152
すべての事業者や、ふつうの民家に自家発電やUPSの費用をかけさせる気?
それとも自家発電やUPSの費用をかけられない人・事業者には停電のリスクを
今よりももっと許容しろと?
ずいぶん乱暴な話だね。


157 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 12:47:06 ID:r6zH8Q31
>>156
完全競争にする必要は無いでしょ。
シェアや収益を見ながら、適当なタイミングで規制の方法、厳しさを変えていけばいい。
少なくとも、通信業界はそういう姿勢。

基本的には公益事業者は生かさず殺さずで、
国民にとって利益になる規制を掛けるのがいいと思うよ。

158 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 13:09:38 ID:B8VPQfUB
>>156
失礼、完全競争論者の人じゃなかったのね。
でも部分競争でも、こういったリスクはあるのは事実です。
発電設備の増設・建設には年単位の期間がかかる。
リスクが現実化してから騒いでも、すぐには対応できないのですよ。

159 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 13:10:34 ID:B8VPQfUB
失礼、上のは156じゃなくて157へのレスです・・・。
自分にレスしてどうするんだ・・・。

160 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 13:23:23 ID:JQmRdS5R
通信業界が料金値下げに成功したのはADSLというブレイクスルーを
YBBがうまく利用したことにあったわけで、電力でも同じような
技術がないと、料金値下げには繋がらないと思うな。

今の電力は、従来の電力会社から電力を買って、それに自分のところで
発電した電力を追加して売ってる形だから、形式だけみれば通信と
同じだけど、やはんり激安にできるような技術がないとなあ。

161 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 13:34:22 ID:01q3G6lh
素人考えだけど風力とか太陽とか作りまくったらいいんじゃないの

162 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 13:38:18 ID:EkJ7qt4w
>>161
ヨーロッパはそれで成功してるね。
畑の真ん中に高さ30メートルぐらいの風力発電機とか置いてある。
今の電力価格で20年。値上げがあるようならもっと早く元が取れる。
20年から先は金のなる木。

163 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 14:04:37 ID:+48wdHCk
>>162
> 今の電力価格で20年。値上げがあるようならもっと早く元が取れる。

あれだけ限界設計している設備が、20年も持つとは到底思えない。

あと、電力自由化をしたら電力料金、特に一般向けの電力料金が下がると
かいっている人は経済学を勉強してきなさい。市場において価格弾力性が
高い商品の価格が下がることを市場原理に期待するのは、絶対墜落しない
飛行機を作るのと同じくらい無茶苦茶なことです。


164 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 14:09:05 ID:r6zH8Q31
>>163
市場原理に任せるというより、国が独占事業者に料金を下げる事を強要するほうがいい。

通信業界もこの構図で料金値下げが成功している。

165 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 14:17:14 ID:t+wp6cqd
>>161
風力発電:土地の問題。風車の騒音の問題。風の不安定さの問題
太陽光発電:土地の問題。発電効率の問題。夜間の発電の問題

いわゆる新エネルギーの共通問題
・耐久性
・発電単価

166 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 18:08:25 ID:11Bhxl8N
結局 自由化するより効率化を進めさせべきか

167 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 19:06:51 ID:4XRpaglK
既に、アメリカで電力自由化が大失敗を招いてるじゃないか。


168 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 19:58:21 ID:iuMJCBmv
経験して痛みを体験しないと理解出来ないんだろう。





169 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 21:22:10 ID:BSrKoMFX
公共サービスを云々する時は「市場の失敗」を勘案しないといけない。

170 :名刺は切らしておりまして:2006/06/18(日) 21:37:31 ID:NMK7QMaP
自由化すれば必ず料金が下がるってのは幻想だな。
単なる自由化=料金は下がることもあれば上がることもあるっていうこと。

それも踏まえてきちんとした議論を尽くし、得られるメリットが大きけれ
ばリスクを踏まえてでも自由化しますという結論ならば進めるがよいのでは。

少なくとも今回の公取の報告書は分析不十分。
ついでに言うと、METI/エネ庁に喧嘩売るような内容てんこ盛りなんで
これからどうなるか見ものだな。

171 :名刺は切らしておりまして:2006/06/19(月) 00:35:49 ID:FqxgyS7q
>>170
通信業界と同じやり方をすればいい。

経産省が全権を握って、自由化をコントロールすればいい。
既存電力会社が儲かったり、シェアが高くなったら規制を厳しくする。
既存電力会社の経営がやばくなるようなら、規制を緩くする。
時と場合に応じて、ルールを変えちゃえばいい。

172 :名刺は切らしておりまして:2006/06/19(月) 00:57:55 ID:VrKv1SKr

突然だがこのすれは禿げでデブの自称SE根本ヒロユキが乗っ取った。

このスレに書き込むごとにオマエらは禿げてゆく。

ぁ嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼いりいりいりめめめめめめぬほおいああああああすごいすごい
脳にびんびんびんびんん 脳にびんびんびんああああああ 脳にくるくるくるすごい脳にくるくる来る。
めめめめめめめめ オヤジ めめめめめめめめ 母上 めめめめめめめめ 兄上 めめめめめめめめ まなみさんの構造

呼んでる・・・・・呼んでる・・・・・・ああああああああああああああ
そうだん・・・・・すでかくこぅむいなざも
うぃぬぽっぽぺじゅねのいうくぃどうのになざわていそそいんものいんあああ
脳がとっても痒いから脳がかゆくて脳がかゆくてああああ気持ち居いいいいの 逆さ富士ご隠居様。
ああ脳がすごいすごい360度のメタルスレイブと意思の融合ああああああ
見えるのは母上の記憶の中にある僕の僕の僕の死んだイメージああああああすごいすごいすごい
母上すごいあああお父さん脳みそただれてるいいいいいい。
蟲がたくさんスペースシャトルがブルーリボンのああいい舌にマップ表示いいのさ




禿げでデブの根本ヒロユキでした。


173 :名刺は切らしておりまして:2006/06/19(月) 01:05:46 ID:Vs84QngY
>171
それを国営と言うのでは?

オレは今の政策がベターな選択だと思っている。
結果的には、価格が下がってきているから。


174 :名刺は切らしておりまして:2006/06/19(月) 01:41:35 ID:iVi4Lkqc
それじゃ公社と変わらんよ(w

175 :名刺は切らしておりまして:2006/06/19(月) 10:39:57 ID:4VmA48mT
競争させるより国営かなんかにして無理やり値段下げたほうが確実に値段下がりそう

176 :名刺は切らしておりまして:2006/06/19(月) 11:05:34 ID:jzbgsEhJ
自由化だ!と叫ぶ人間が一番国営に近いと言う皮肉

60 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)