5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【歴史】平安時代の僧侶はグルメ? クリ、カブ、酒も/奈良・西大寺

1 :ゴゴゴφφφ ★:2006/11/21(火) 18:26:01 ID:??? ?DIA(34211)
奈良市の西大寺旧境内で、クリやカブなど季節の食材名や産地を記した
10世紀末ごろの木簡が見つかり、奈良文化財研究所が20日、発表した。

ウメ、クルミ、トウガンなど植物の種子も大量に出土。
僧侶に酒を支給した記録もあり、同研究所は
「仕事を終えた後、僧たちも酒をたしなんだのでは」と話している。

確認された木簡は約60点。1点は越前(福井県)にあった西大寺の荘園から
届いた黒米に付けたとみられる荷札で、裏面に「正暦二(991)年」と記されていた。
いずれも奈良ー平安時代にかけて約200年間使われていた井戸の底に土器などとともに埋まっていた。

酒の支給記録とみられるのは「浄酒二升□□□(政所?)料又酒」と書かれた木簡。
庶務などをつかさどる政所勤務の僧に、浄酒として酒2升(現在の8合)を配ったらしい。

別の木簡には「飯壱升 伊賀栗拾使□(間?)食料」とあり、
伊賀国名張郡(三重県名張市)にあった西大寺のクリ林へクリ拾いに行った使者に、
飯1升(現在の4合)を支給したことが分かる。

西大寺の菜園からウリやナスが届いたり、カブを洗って漬けた人物に米を支給したりした記録もあった。
精製した塩を詰めて運んだ土器が大量に出土しており、みそや漬物を手作りしていた様子がうかがえるという。

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006112000126&genre=M2&area=N10

西大寺旧境内の井戸跡から出土した木簡。「飯壱升 伊賀栗拾使□(間?)食料」の文字が読み取れる
http://www.kyoto-np.co.jp/static/2006/11/20/P2006112000126.jpg

※依頼スレでご依頼いただきました。

2 :アナルポセイドン☆:2006/11/21(火) 18:27:21 ID:zvuV2kQc
生臭坊主がマスかきながら一言


3 :やまとななしこ:2006/11/21(火) 18:29:42 ID:Z690vP1N
京都の坊主はカツラ着用で祇園遊び


4 :やまとななしこ:2006/11/21(火) 18:31:29 ID:Z+L6t1j2
>>3
「仕事の時だけハゲヅラ着用」じゃないの?

5 :やまとななしこ:2006/11/21(火) 19:39:33 ID:Uzgtk7s1
これじゃ落語の「般若湯」だよ。
ちなみに般若湯(はんにゃとう)とは、江戸時代の坊さんがお酒を指す隠語。
他に「踊り子(泥鰌)」「御所車(卵)」等もある。

6 :やまとななしこ:2006/11/21(火) 19:59:09 ID:tvImsw3D
「クリ」に反応した人の一言↓

7 :やまとななしこ:2006/11/21(火) 19:59:57 ID:tCVDcLql
平安時代に腐り始め
室町時代で腐敗組織となり、一休和尚にあきれられ
戦国時代に腐敗が外部にもれだしたため
信長に粛清された
っでok?


8 :やまとななしこ:2006/11/21(火) 22:08:33 ID:GRWWEMBg
信長は正しかった!

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)