5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【昆虫/山形→沖縄】“渡りチョウ”の「アサギマダラ」、過去最長2246キロの移動を確認

1 :御珠屋φ ★:2006/11/27(月) 20:00:31 ID:??? ?PLT(10002)

世界的に珍しい“渡りチョウ”の「アサギマダラ」が、今年8月から3か月間で、
山形―沖縄・与那国島の2246キロ・メートル(直線距離)を飛んで移動していた
ことがわかった。

京都学園大非常勤講師の藤井恒さんらの研究グループが確認した。
これまでの記録を約100キロ・メートル上回ったという。

藤井さんらは8月、山形・蔵王スキー場でアサギマダラ約1700匹を採取。
それぞれの羽に油性ペンで印を付けて放したところ、そのうち同月26日に放したメス1匹が
今月20日、与那国島・久部良岳の山頂で見つかった。

2002年には、福島・北塩原村―沖縄・黒島の2140キロ・メートルが記録されたが、
藤井さんは「今回の記録は一個体の移動距離としては過去最長。これで東北以北で暮らす
個体も沖縄以南へ渡っている可能性が出てきた」と話している。

◆渡りチョウ
米国のオオカバマダラも知られているが、日本など東アジアに生息するのは
アサギマダラのみ。このチョウは、春から夏にかけて本州の高地や北海道南部で暮らし、
秋に南日本や台湾方面へ渡る。時には1日に数百キロ・メートルも移動するという。

YOMIURI ONLINE(読売新聞) 06/11/27
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20061127it11.htm?from=top

画像:2246キロの移動が明らかになった渡りチョウ「アサギマダラ」
http://www.yomiuri.co.jp/img/MM20061127162756487M0.jpg

▼関連スレッド (※すべてDAT落ちしています。)
【チョウ】「アサギマダラ」が1200キロの旅 鹿児島から神奈川へロマン大旅行
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1148874083/
【長野】秋告げるチョウ「アサギマダラ」:大町に今年も飛来
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1158657894/
【いきもの】アサギマダラ喜界に舞う 来月上旬がピーク/鹿児島
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1161477159/
【鹿児島】「アサギマダラ」長野から飛来、大口市で発見:九州横断か?
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1161949693/


2 :やまとななしこ:2006/11/27(月) 20:01:18 ID:50W0nCCC
2 or 3

3 :やまとななしこ:2006/11/27(月) 23:34:32 ID:9zNruWTr
あの羽に直接書いちゃうのだけは
何とかならないんだろうか?

4 :御珠屋φ ★:2006/11/30(木) 21:15:31 ID:??? ?PLT(10008)
>こちら、別ソースですー。

asahi.com < アサギマダラ、2246キロも渡った 最長移動距離 > 06/11/30
http://www.asahi.com/national/update/1130/TKY200611300098.html?ref=rss

画像
与那国島で再捕獲されたアサギマダラ
http://www.asahi.com/national/update/1130/image/TKY200611300134.jpg
アサギマダラが移動した距離
http://www.asahi.com/national/update/1130/image/TKY200611300137.jpg

>>3
これでもばっちり書かれちゃって、少し気の毒な感じですね。

5 :御珠屋φ ★:2006/12/02(土) 08:15:39 ID:??? ?PLT(10008)
>こちらの方が距離は短いですが、関連記事ですー。

< 白山市から与那国島へ、1850キロの大飛行 「渡りチョウ」アサギマダラ 中村さんが放チョウ  >

今年九月に白山市荒谷(旧尾口村)で放された、「渡りチョウ」アサギマダラが
約千八百五十キロ離れた日本最西端の与那国島(沖縄県)で捕獲された。
県ふれあい昆虫館によると、二千キロ近い移動はかなり珍しいという。
放チョウした元尾口村教育長の中村さん(57)は「多くの子どもたちに
小さな虫が持つ強い生命力を知ってもらい、命の大切さを伝えたい」と話している。

中村さんは退職後、趣味で白山麓(ろく)のチョウについて調べており、昨年九月、
白山市荒谷の林道沿いでアサギマダラの群れを発見、印を付けて放すマーキングを始めた。
これまで、知人らと一緒に六百匹以上を放し、鹿児島県喜界島などで三匹の到達が確認された。

今年九月、子どもたちにアサギマダラの不思議な生態に触れてもらおうと、同市尾口公民館と
協力してマーキング体験を企画。尾口小児童六人と荒谷を訪れて印を付ける活動を行い、
このうち、中村さんのチョウが先月二十八日、与那国島に到達した。

中村さんは一日、尾口小で報告も兼ねて“課外授業”を行い、写真や地図などを見せながら
アサギマダラの大飛行を紹介した。九月に放チョウを体験した林さん(五年)は「小さい体で
あんなに遠くまで飛んでいくなんて本当にすごい」と喜んだ。

中村さんは来年以降も児童対象のマーキング活動を行う考えで、「いじめによる自殺など
暗い話題が多い中、多くの子どもたちが命の重みに触れるきっかけにしたい」と意欲を見せている。

(※一部省略して引用しました。)

北國新聞社 06/12/02
http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20061202005.htm


5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)