5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【支援】児童達がルーマニアの孤児をリサイクルで支援/長野

1 :白夜φ ★:2006/12/04(月) 09:01:54 ID:???
遠い国の友達のために――。
徳間小学校(長野市)では7年ほど前から、子どもたちがリサイクル活動を続けている。
収益金をルーマニアのエイズ孤児施設「明日の家」に送り、薬代や運営資金を支援してきた。
ルーマニアの子どもたちが同校を訪れるなど交流が深まる中で、児童たちは「ルーマニアの
子どもたちのために、少しでも収益金を増やしたい」と話している。(長谷川美怜)
 
毎週火、水、金の朝、登校してきた子どもたちが、続々と学校敷地内の「リサイクルハウス」に
寄って、家庭で集めたアルミ缶や縛った新聞紙、段ボールを置いていく。一人一人の量は
児童が簡単に持てるほどわずかだが、やがてリサイクルハウスからあふれるほどに。
整理や仕分け作業をするのは4〜6年生のリサイクル委員たちだ。

委員の五明さん(5年)は、今年10月までに約3万円しか収益金が集まってないと聞き、
「『明日の家』の子どもたちを助けるために、もっと集めたい」と思って、自らリサイクル委員に
立候補したという。

糟谷房枝校長は「保護者や地域の人もルーマニアとの交流に積極的に参加してくれる。
リサイクル活動も、卒業生から脈々と続く地域ぐるみの協力があるからこそ続いている」と話す。
昨年度は収益金8万円を「明日の家」に送ったという。年間約11トンの資源を収集した。

子どもたちは、新聞でルーマニアのエイズウイルス感染児を支援する団体「アクト・アゲインスト・
エイズ(AAA)」の存在を知り、募金や学用品を送る活動を始めた。99年、学校敷地内に
PTAの協力でリサイクルハウスができた。その後、同団体が支援する「明日の家」に収益金を
毎年送るようになった。同校を施設の子どもと訪れたマトゥーシャ医師は、「子どもたちにとっての
生きる力は、半分が薬、半分が徳間小のみんなのやさしさなんです」と話したという。

この息の長い活動で同校は、「第7回環境美化教育優良校等表彰事業」リサイクル活動部門で、
最優秀校に選ばれた。

リサイクル委員長の島崎さん(6年)は、「少しでも収集量を増やすため、11月からポイント制を
始めました」と話す。具体的に各クラス1カ月150ポイントと目標を定めた。表彰されたことについては
「がんばってきた結果が評価されてうれしい」と喜んでいる。

9日に東京で表彰式がある。

asahi.comマイタウン長野
http://mytown.asahi.com/nagano/news.php?k_id=21000000612040003

2 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2006/12/04(月) 09:05:06 ID:HNLBmJJc
2(σ´Д`)σゲッツ!!

3 :やまとななしこ:2006/12/04(月) 09:07:47 ID:Chk5ZIDD
偉いな。

4 :やまとななしこ:2006/12/04(月) 09:21:20 ID:R7z2Kytv
孤児をリサイクルするの!?

まあ、それもいいかもしれんな。食糧問題解決だ

5 :やまとななしこ:2006/12/04(月) 11:37:56 ID:HoXiuvcl
ルーマニアの孤児をリサイクルって・・・・
ニクコップンにでもするんだろうか。

6 :やまとななしこ:2006/12/04(月) 11:44:36 ID:hDi0M2IT
孤児のリサイクルとは斬新ですね

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)