5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【どうぶつ/大阪】「猫の闘病記」、人に力:『ちいさなチカラ 猫エイズと白血病 黒猫あいの物語』

1 :御珠屋φ ★:2006/12/05(火) 06:27:17 ID:??? ?PLT(10008)

大阪・ミナミの雑踏の片隅で出会った黒猫は、猫エイズと猫白血病に侵されていた――。
10月に出版されたフォトエッセー「ちいさなチカラ 猫エイズと白血病 黒猫あいの物語」が、
猫の愛好家らを中心に反響を呼んでいる。生きることをあきらめない黒猫と、その姿を見て
生きる勇気を授かった飼い主である著者との交流が描かれており、読者から「命の重みを
感じた」といった感想が出版社などに寄せられている。

著者は、府内在住の咲(さき)セリさん(27)。エッセーに付けられた写真も、咲さんが撮影した。

咲さんは04年12月、ミナミの路上で、やせ細り震えていたメスの黒猫を拾った。
連れて行った動物病院で、この猫が猫エイズのウイルスに感染していることを知らされた。

咲さんは自宅で別の猫を飼っていたため、感染した猫を飼うことは難しかった。
そこで飼い主探しのため、黒猫の闘病日記をブログでつづったところ、評判になった。
この日記をまとめて05年、出版社のコンテストに応募して出版化が決まった。

咲さんは「いっぱいの愛が降りそそぐように」との願いを込め、黒猫に「あい」と名付けた。
あいと出会った当時、咲さん自身も精神的に不安定な状態だった。「生きる」ことに悩む自分と、
ウイルスを抱えながらも懸命に「生きよう」とする、あい。フォトエッセーには、咲さんとあいが
少しずつ心理的な距離を近づけながら、互いに支え合って生きていく様子が描かれている。

いま、あいは発症もなく、咲さんと穏やかに暮らしている。咲さんは「あいとの出会いが
なければ今の自分はなかった。互いを支える小さな力で私とあいは生きている。
この本が、読んでくれた人が生きていくための小さな力になってくれたら」と話している。

新風舎刊。B6変判、56ページ。1260円。

※猫エイズ 猫免疫不全ウイルス(FIV)によって引き起こされる。
 数年の潜伏期間を経て発症し、免疫力が極端に低下する。けんかや交尾などにより、
 唾液(だえき)や血液で感染する。治療方法はないが、生活状況などにより発症しない
 ケースも多い。人間や犬には感染しない。

asahi.com - マイタウン大阪 06/12/04
http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000000612040001

画像リンク:咲セリさんと黒猫のあい
http://mytown.asahi.com/osaka/k_img_render.php?k_id=28000000612040001&o_id=1129&type=kiji


2 :やまとななしこ:2006/12/05(火) 06:33:41 ID:HIxNuYRn
欧米では病気で苦しむペットはサクッと安楽死が多いんだそうな。
苦しませたくない、とかいう理由で。
で、とっとと次のペットを飼うと。まぁ、考え方の差なんだろうけどね。

3 :やまとななしこ:2006/12/05(火) 07:22:55 ID:vLTnbWuR
ヌコにも狂犬病対策と同じくらいの規制管理が必要。

4 :やまとななしこ:2006/12/05(火) 19:03:04 ID:DJ4D7LaA
あいちゃん、ガンガレ!(´;ω;`)

5 :やまとななしこ:2006/12/05(火) 20:22:29 ID:QGi+CqPn
( ;∀;) カナシイナー

6 :やまとななしこ:2006/12/05(火) 21:14:47 ID:vtHvpQYX
大阪・・・?

7 :やまとななしこ:2006/12/06(水) 05:42:56 ID:wcCuwY4l
猫白血病は怖いけど、猫エイズは人間のエイズほど大変じゃないよ。


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)