5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【お菓子/京都】もちに“舞い鶴”浮かぶ「紅鶴餅(べにつるもち)」…京のあられ職人が開発

1 :御珠屋φ ★:2006/12/26(火) 07:35:30 ID:??? ?PLT(10012)

京都市上京区であられ・せんべい製造販売店を経営する山本佳明さん(33)が、
伝統的なあられ作りの技術を応用し、焼くと舞い鶴の模様が浮かび上がる
「紅鶴餅(べにつるもち)」を1年がかりで開発、このほど発売した。
昨年末に売り出した「亀甲(きっこう)餅」に続く労作で、山本さんは
「正月の雑煮に浮かべれば、子どもたちが喜んでくれそう」と期待している。

紅鶴餅は、赤く色づけした薄さ1ミリのもちに、ふわりと羽を広げた舞い鶴の模様を浅く刻み、
天日で乾燥させてあり、家庭のオーブンで焼くと模様が浮かび上がる。
山本さんが、正月に食べるもちに丸や四角だけではない縁起のよい形があればと考案した。

山本さんは、もちが四方八方にふくらんで模様を壊さないよう、
もちのつき方や固さを工夫した。紅鶴餅は、亀甲餅より曲線が多くあって模様が細かく、
割れずに仕上げるのがより困難だったが、もちが好きでなかった長女(5つ)が
亀甲餅なら喜んで食べる姿に励まされた。

「子どもたちが元日から雑煮ではなく洋食を食べたがることに危機感を持った。
紅白の鶴亀餅が、正月に雑煮を食べる文化を伝えるのに役立てばうれしい」と話している。

京都新聞電子版 06/12/25
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006122500056&genre=K1&area=K1B

画像:焼くと舞い鶴の模様が浮かび上がる紅鶴餅(右)と昨年開発した亀甲餅
http://www.kyoto-np.co.jp/static/2006/12/25/P2006122500056.jpg


2 :御珠屋φ ★:2006/12/26(火) 07:40:15 ID:??? ?PLT(10012)
…あれ? よく考えてみれば、餅ってお菓子かな?
違うような気がしてきました(´・ω・`)
じゃあ何だと言われても、ちょっと思いつかない…。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)