5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【サッカー/ZAKZAK】東京V・ラモス監督がオシム監督に弟子入り志願…毒舌から含蓄へ

1 :すてきな夜空φ ★:2006/08/24(木) 13:16:42 ID:???0
オシムに学べ! ヴェルディ・ラモス監督がオシム日本代表監督に“弟子入り”を志願した。
「練習を見に行きたいし、ぜひ会って話をしたい」とゾッコンのラモス監督。それも、教えを
請いたいのは、ビブスなどを使った独特の練習法ではなく「言葉」だという。

ラモス監督といえば、歯にきぬ着せぬ毒舌ぶりで有名だが、監督という立場に転身後、
言葉による指導の難しさをあらためて実感。オシム監督のようなアイロニーを含んだ短い言葉で
選手の心をつかむ“イメチェン”を図るのが目的だ。
J2のヴェルディは35節が終了して5位。1位柏との勝ち点差は13で残り15試合。
優勝は難しくなったが、J1昇格のため3位以内の確保を目標にしている。
就任以来、8カ月が経過するラモス監督。試合後は、当然ながら独演会だ。「冗談じゃないよ!」
とお得意のフレーズに始まり、「選手はもっと力があるのに何で挑戦できないのかなぁ。
悩みすぎてハゲちゃうよ」とマスコミが多ければ多いほどヒートアップ。サービス精神が旺盛な
ことも手伝って、機関銃トークが炸裂するのが常だ。

しかし、最近、ラモス監督は気が付いた。ピッチ脇で、試合中に自分が怒鳴り散らしている指示は
毎回同じことばかり。言葉をただ何度も繰り返したところで、選手に浸透するはずがない。
そこで、目標として掲げたのがオシム流だ。
ブラジル人から日本人になったラモス監督の目には、オシム監督が3年という短い滞在にも
かかわらず、日本人の「真面目さ」という特性を素早く学び、それを利用して選手やサッカー協会、
マスコミまでも動かしているのが、まるで“魔法”のように映るというのだ。

ただ、まくし立てて話すだけでは芸がない。周囲を笑わせるトークから脱皮、含蓄のある
「ラモス語録」へ、開眼となるか?

ソースはhttp://www.zakzak.co.jp/spo/2006_08/s2006082403.html

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★