5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【見たか愚者共】イラクに於ける我々の罪と罰

1 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/01 22:23:33 ID:ZPRWVLlT
今更、香田氏たった一人を殺されて、諸君は一体何をうろたえているのだろうか。

イラクに於いてブッシュ政権が何をしたのかは、今更述べるまでもあるまい。
米軍が、何千、何万もの民間人を含む人々を殺した時、私は二つの衝撃を受けた。
何に衝撃を受けたのか。
其れは、一つは死者に対する無念の感であり、二つ目は、其れに対する大衆の反応だった。
我が国日本は、当然其れを非難するべき立場を取るべきであったのに、
最低でも、民間人の被害者に対し、哀悼の意を表するべきであったのに、
事もあろうか首相小泉は米軍のこの行動を支持し続け、又、国民もこの政策を支持し続けたからである。
私は、イラクの多数の民間人がむざむざ殺される中、其れを支持し続けられる、
其の国民の無神経さに衝撃を受けたのだ。
日本国は民主主義国家、その政策の責任は国民に言及される。

香田氏一人に哀悼を捧げる前に、
諸君は何故に、己の支持した政策によって犠牲になったイラク国民に哀悼を捧げる事をしなかったのだろうか。
そして今、しようとしないのか。

「香田氏たった一人」と述べた私の言葉に怒りを覚える者も多いだろう。
だが、私はこの怒りをとうの昔、米軍がイラク侵略を開始した時点で覚えていた。
諸君は鈍感すぎる、理解するのが余りに遅すぎる。
香田氏の死に怒りを覚える者は、何がイラクに惨劇を齎したのか、
其の元凶を捉え、其れに怒る事が出来るはずだ。

イラクへ向かえば、我々の行いに対して何らかの評価が得られるだろう。
今、日本人がイラクへ向かえば、捉えられ、殺されるであろう事は目に見えている。
当然の事ながら、それが、我々の犯した罪に対する報いなのだ。

2 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:24:06 ID:BwcU9H/1
>>1
なげーよ

3 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:24:45 ID:ncaMngVa
>>1
通報しますた

4 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:27:07 ID:ZanOnLv+
>>1
ヨンデランネ

5 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:28:53 ID:A8zvy3M3
>>1
文字数オーバー、でも俺も一部そう思う

6 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/01 22:28:54 ID:ZPRWVLlT
余談だが、香田氏のご両親は素晴らしく立派だ。
あのようなコメントは中々出せる物ではない。
香田君も相応の立派な青年であったのだろう。
国家の利益追求の為に、罪も無い人物が死んで行くのは余りに残念な事だ。

7 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:30:19 ID:WbMWxUlC
別にうろたえてないしな

8 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:31:23 ID:Hm8HiUMK
スレタイしか読んでないけど、最大の罪はテロリストだな。

9 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:35:01 ID:WbMWxUlC
>>1
      r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
.      〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
       i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l
.      ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ
      l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、 ここはお前の日記帳じゃねえんだ
        レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト
       ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ  チラシの裏にでも書いてろ
:ーゝヽ、     !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ
::::::::::::::::ヽ.-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ    
::::::::::::::::::::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,  な!
:::::::::::::::::::::::::N. ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
::::::::::::::::::::::::::::::! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /

10 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/01 22:40:59 ID:ZPRWVLlT
何の感慨も沸かないのであれば余りに無神経だ。

・・・というか諸君、
本文を読み給え。
話は其れからだ。

まぁ所詮小泉を支持出来るような輩には
まともな反論も出来るはずもあるまい。

そして、大衆とは、そういう輩が大半なのだ。

11 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:41:54 ID:jPk884UV
なんか>>1って、
1足す1は2、2足す1は酸、酸足す4は9、9欠ける銃は戦って言ってる
のと変わらんような希ガス。

12 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/01 22:44:55 ID:ZPRWVLlT
寧ろイラク問題をまともに考えた事がある人間は
【見たか愚か者共】に該当していないから論じるまでも無いかもしれぬが・・。

13 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:45:52 ID:DiZ4rQP/
ながいよ、よんでらんね

14 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/01 22:46:38 ID:ZPRWVLlT
脊髄反射の返信はいらぬ。

15 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:50:59 ID:E7rY8XAB
>>1
国民にその効果が帰属すると言う場合、正当な民主主義が担保されている場合のみ
俺は日本国民として傍受するが、今の日本に正当な民主主義はねえだろ、ボケ!

16 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:51:12 ID:74nSMoU/
まず、指示語が多すぎる。「其れ」はいちいち漢字に直さなくとも良い。
次に日本語として不適切な箇所がある。2段落目の2行目から3行目にかけて「衝撃を受けた」の後の「何に衝撃を受けたのか」はいらない。
その後の4行目の文頭「其れは」はいらない。
同じく4行目の衝撃を受けた内容については、「一つは」とした後「二つ目は」
となっている。どちらかに統一した方がよい。5行目の「其れ」は「それら」。
7行目の語尾が「からである」となっているが理由が述べられているわけではない。
5段落目の内容が不明確。ここで言われる「評価」が誰によって為されるものかが何かが分からない。
以上の点を改め、要約すると
「香田氏が殺されたが、イラク国民は同じことをされてきたことに気付くべきだ。
 我々日本人はその政策を指示しているが、このままでよいのか?」となる。
で「このままでよくない」って思ってるんだろうけど、具体的にどうするの?

17 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:52:17 ID:rPQL0351
よくわからないが >>1さんは日本国民じゃないって事なのか?
小泉を支持してなければOKってこと?

18 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/01 22:52:21 ID:ZPRWVLlT
>>15
ふむ、何故に
>今の日本に正当な民主主義はねえだろ
と述べるのか。

19 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:52:55 ID:Vwva++o+
>>1
ガタガタ屁理屈こねてねーで、ちゃんと仕事しろよ。
お前ヒマだろ?
結構なご身分ですなあ。

20 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:55:53 ID:URY1sHks
>>1
>7と同じ 最後の3行仮定の話などいらん 要約してお詫びしろ。
「愚者共」「罪と罰」この辺みるとただ、小難しく書いてるだけで
なんか覚えたての単語を使いたいだけの印象。もうちっとくだいて書け
「政策は国民も支持」って御前さんは政策自体に、いち国民にナニができると?
広義では「国民に責任はある」はOK。でなんで「イラク国民に哀悼を捧げる」
必要がある?.......疑問に答えがほしいなら読ませる文にしろ!でないと
単に怒りやすく、他人に偏見があって、えばりたいだけのキチガイにうつると思われ

21 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:55:59 ID:ToFLh+Oo
>>1
なんか、右翼なんだかサヨクなんだかわかりにくいなあ。最後のトコの主語が
誰に当たるのかが全くわからん。

22 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:56:40 ID:CSBLFjGz
ザルカウィのグループをバグダッドとファルージャの一部の市民がかくまっている。
まずファルージャを核攻撃し一般市民といえどもこのようなグループをかくまう連中はこのようになると言うメッセージを示すべきだ。
それでザルカウィを差し出せば良し。
さもなくばバグダッドを核攻撃せよ。

23 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:57:03 ID:YfPJXxYh
10万人はやりすぎだよな。有色人種は殺しまくるからな。

24 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:57:14 ID:H5dRZk7r
>>1もっと短く、簡潔に、わかり易く、書けよ。
てか、タイトルおかしくないか?

25 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:57:18 ID:6YC7GfsU
>>16

でもね、お前のような人間を役立たずの
利口ぶったアフォっつんだよ。

具体的にどうするのって聞いてやる必要なんか
ないだろう。お前の意見がないのなら
俺みたいにROMしてろや。

26 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:58:18 ID:E7rY8XAB
>>18
まず、一票の価値の格差、選挙制度、特定の宗教団体と同意義の政党が選挙結果にこれだけ
強い影響を及ぼし、議員立法など絵に書いたもち状態の官僚支配、あげりゃキリねえのにわからんのか、ボケ!

27 :朝まで名無しさん:04/11/01 22:58:54 ID:RnEaPNef
>>1
文末に「だから私は〜〜と思います」とつけろ。
皆そこしか読まないから。

28 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:02:34 ID:WbMWxUlC
>>25
何言ってるのやら

29 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:02:36 ID:ToFLh+Oo
>>18
まあまあ、落ち着け。只の消防なんじゃないか?
死(略)←こんなのって使う奴ってそんな臭いがする。

30 :29:04/11/01 23:03:52 ID:ToFLh+Oo
間違えた。>>26

31 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:05:44 ID:E7rY8XAB
>>30
はい、落ち着きます、ありがとう

32 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/01 23:07:02 ID:ZPRWVLlT
>>16
>具体的にどうするの?
具体的に一般国民が出来る事は、先ず現行のイラク政策を支持している人物を
支持しない事であろう。
日本国は間接民主制なのだから、我々に出来る最低限の努力は其れだ。
支持率が落ちれば間抜けな政治家共も新しい、取り得る策を提示してくるだろうし、
其れをしないまま、即ち支持率が低いまま政策を強行すれば
最低「日本国民の意見を反映した政策ではない」という言い訳にはなる。
>>17
私は日本国民ですが、「小泉を支持しなければ良い」と「私が言ったから」といって支持しないのであれば、
体質は変わっておりませぬ。
「頭すっからかんのまま」で、「偉い人、好きな人が〜しろといったから、そうしている」という
現状が、このような状況を生み出しているわけですから。

33 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:08:05 ID:9meg1fFG
詭弁ガイドラインに引っかかる点多数。

34 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:09:26 ID:YfPJXxYh
今回の反省
1 反米、反自衛隊、反ポチの世論がもりさがっていた
2 マスコミが煽ってポチが先手で拒絶してしまった(前回はダンマリだったのに)
3 ブッシュの選挙期間中で多国籍軍が撤退できなかった


35 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:09:33 ID:xBF9wEcu
そもそも西洋世界VS中東世界の対立の根源はバビロン捕囚(2600年前)。
最初に喧嘩を売ってきたのは中東。
中東人がユダ王国の人々に謝罪するのが先。



36 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:09:37 ID:A8zvy3M3
赤くさいクサレドブマンコだな

37 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:12:17 ID:WbMWxUlC
イラクなんてどうでもいいじゃん、が結論です。
何人死のうが結局テレビから流れてくる非日常。

38 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:17:40 ID:Tb9HeFdl
>>1に同意。
右翼とか左翼とか関係ないだろうが。どっちかまず分類して、自分が敵につくか味方につくか決めないと、
物事判断できない奴もいるな。そういうのを思考停止というんだよ。
それからこんな程度で長文だから読めないというのも恥ずかしすぎるな。

俺も今回の惨殺事件はイラク戦争の一環としてとらえてる面が大きい。
確かに非常にわかりやすい目立つ同郷の日本人の事件だが、それ以前に顔も見えない普通の一般人の命が、
わけのわからん理由によって奪われてるんだよな。
なんでアメリカが戦争を起したかって本当にわけのわからん理由だよ。


39 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:22:30 ID:WbMWxUlC
わけのわからん理由で香田君もイラクへ行ったけどね

40 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:22:46 ID:Tb9HeFdl
ただね。小泉批判ではないよ。
アメリカ追従ってのは、責任ある政府の意思決定として避けられないものだったというのは、
現実としてある。しかし感情論として、一部の人質がどうとか拡大されて論じられるのは、
本当のところではないだろうと。メディアのバイアスによってその個人が拡大されているから、
同情されやすいという事に過ぎないと思う。

41 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:22:53 ID:ncaMngVa
馬鹿野郎、死(略)さんは人口知能の研究してる偉い人なんだぞ

42 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:22:53 ID:JPdbJh95
自衛隊派遣してなかったら幸田氏ではなく
日本はどうなっていたと思いますか?

>>1さんのご意見が聞きたいです。

43 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/01 23:23:04 ID:ZPRWVLlT
>>26
例えば、国民の大半が、現行のイラク政策を是とする議員に投票しなければ、
そのままこの政策が続けられる事はない。
それら挙げられた理由の全ては、これを阻害する物ではない。
現在の日本では、全く正常に民主主義が運用されている、等とは言いはしないが、
民意が政策に十分反映しうるという意味では、現行の民主主義は正常な範囲で運用されている。


日本国の採った政策は誤りであったが、過去の誤りを訂正する事は出来はしない。
出来る事は「今の時点での最善の策」と取るという事。
そして、私には現時点では方向の転換を図る機会が見当たらぬ。
今ある機会は、取り合えず「馬鹿な事をした」と解っておく事だけだ。
故にこのスレッドを立てた。

いつか其のうち機会があるだろう。
その時に、方向の転換は図ればよい、其れしか出来ない。
だが、少なくとも先の政策は誤りであったという事だけは、強く認識しておかねばならない事だ。
其れがなくては、この先其の機会があっても方向の転換を図れないのだからな。

44 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:23:21 ID:yKUzlK1o
> そして、大衆とは、そういう輩が大半なのだ。
おまえ大衆に話しかけてるんだろが?

45 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:24:04 ID:Tb9HeFdl
>>39
だからこそなおさら同情する理屈はないな。
イラク人は彼と違って好きでそこに生まれて生活しているわけじゃないからな。

46 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:24:08 ID:ciPINrH1





一般の人達よ 野党のクソ工作員ごときに負けるな!





47 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:24:50 ID:bKWUdsN6
ちんこの皮の間の粕ってなんていったけ?

48 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:28:11 ID:CSBLFjGz
ファルージャに核を落とせ。
日本人の首と都市ひとつと交換だ。

49 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:30:30 ID:Tb9HeFdl
>>46
煽るわけじゃないが、さっきも書いた右翼左翼の分類、与党野党の分類、
そういうもんが最初にありきなのかねえ?
与党であっても小泉さんのやり方には反対の人もいるし、いろいろだ。
自分は小泉首相の政策は現実的な日本の国益の解法としてよかったと思うが、
>>1の考え方には同意だ。
なんでも白か黒か、工作員とかそういう単純な問題じゃあないだろ。
そうやって思考停止していると、確かに楽なんだよな。考えなくてもいいから。

50 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:30:40 ID:E7rY8XAB
>>43
じゃあ聞くが、お前の言うとおりそのような議員に投票しなかったから日本の対イラク政策・戦略が変わるとでも
思っているのか? 残念ながらお前は歴史を知らなさ過ぎる。社会党が政権政党であったあの時でさえ、国防・自衛隊政策は変えることができずに今日に至っている。
その結果が現在なんだよ。つまり正当な民主主義はないんだよ、わかるかい?君は変えられるのかい?

51 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/01 23:36:02 ID:ZPRWVLlT
>>42
実は自衛隊派遣は、少なくとも公式にはアメリカが要求したものではありませぬ。
アメリカが要求したわけではない以上、派遣しなくとも問題は無かったと思われます。

派遣をしなければイラク問題に此処まで深入りする事は避けられたわけですが、其れを押して派遣した理由は
私見ですが、国内の軍隊派遣に関する法整備が念頭に在ったと思われます。
今回自衛隊を派遣する為に、自衛隊の行動を規制する法は大きく緩められたという現実があります。
即ち、将来自衛隊を軍隊として動かせるようにする為に、派遣を決定したのでしょう。



52 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:37:37 ID:cIyP/bCZ




人のことはいい。お前はどうなんだ?
ここでスレ立てて気が晴れたか?





53 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:40:50 ID:Tb9HeFdl
たしかに私見の域を出ないな。
アメリカが公式には要求せずとも、現実には要求していたのは誰もが知っている事。
今日本がアメリカに追従しなければならないのは、仕方がないので、自民党じゃなくても、小泉じゃなくても、
派遣は行われていたんじゃないかね?今後とどこまでアメリカに追従する、距離をとるのかはまた別の問題。
今の時点ではという話。

54 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:43:01 ID:Tb9HeFdl
>>52
議論の板で、空白で行数稼ぐのは厨房のやることだという自覚はあるのか?
空白でしか自分のレスを目立たせる手段を知らないのか?

55 :朝まで名無しさん:04/11/01 23:47:08 ID:bKWUdsN6
おっ起てよ国民

56 :朝まで名無しさん:04/11/02 00:03:35 ID:GW5I+Caq
>>51

お答え有難うございます。

仮にそうであったとして
彼等は自衛隊を軍隊として運用する事に
どんなメリットがあると考えたのでしょう。


お聞かせ下さい…
勉強させていただきます。

57 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/02 00:06:20 ID:jTM3ht+O
>>50
>お前の言うとおりそのような議員に投票しなかったから日本の対イラク政策・戦略が変わるとでも
>思っているのか?
私は神ではないのだから我々が努力をしたその結果が必ず報われると保障する事は出来はしない。
唯、我々が最低限努力するべき事はそのような議員に投票しない事であるという事だ。

社会党が与党であった時代の事情には詳しくない。

>>53
まぁ過去に関して述べても仕方が無い事ではありますが。
>アメリカが公式には要求せずとも、現実には要求していたのは誰もが知っている事。
本当にアメリカはそのような要求をしていたのでしょうかね。
要求するからには自衛隊派遣がアメリカにとって得になる理由が無ければなりませぬ。
又、公式では問題であって、非公式出なければならない理由も無ければなりませぬ。

蓋し、そのような裏の要求が在ったと国民に思わせる事は政府側の上手いプロパガンダによるものでしょう。
まぁ、平和ボケした日本の政府にそのような芸当が出来るかと言われれば唸ってしまいますがね。

58 :朝まで名無しさん:04/11/02 00:12:50 ID:8X3aXoli
日本の外交にモラリティ(道徳)をもとめることはできない。
日本は憲法によって戦争の放棄を宣言し、いかなる国とも友好的に
付き合うことを外交の方針にしている。
しかし、これを実際に行うとなると大変にモラリティのない外交に
ならざるを得ない。もしその国でいかなる不正や非人間的なことが
行われていても、制裁行動は発動することができず、友好的に
付き合きあわなければならないことを意味するからだ。抗議程度で
応じてくれればいいが、そうでなかったらどうするのか?交渉にも応じない、
かといって武力駆使もできない、一体どうすればいいのか?
結局、日本はモラリティのない外交しかできない。価値判断といえば
損得勘定だけである。何もいえない、世界の空気を眺めて、体制に従う。
日本は戦後それでやってきた、やらざるをえなかった。
外交にモラリティを求めるならば、自国の防衛は自国で行う当たり前の国家に
しなければならない。こと防衛に関しては、アメリカにおんぶにだっこの現状
では、>>1のいうような外交をすることは難しい。
また、日本が軍隊を持ち防衛力を持つことに異をとなえる反戦平和団体のような
連中がいるが、実は彼等こそが日本の外交をモラリティのないものにし、
アメリカのイラク政策を支持せざるを得ない状況に追いやっていることを
付け加えておく。

59 :朝まで名無しさん:04/11/02 00:15:49 ID:UTOHTC71
>>57
詳しくねえなら、勉強しなおせよ、ゴラァ!適当な学識で勝手に擂れ立ててんじゃぞ、ボケ!

60 :朝まで名無しさん:04/11/02 00:19:18 ID:MCrQo7m0
政権は誰がやっても同じと良く言うが、そんな事はないよ。
国民が正確にジャッジすることで
より深く濃く、慎重に事を進める結果になるんだよ。
そこから、その時最大限の解決作が見いだされ、最大限
のコンセンサスが生まれる。それが民主主義じゃないか。
日本をより良くするには政権交代しかないぞ。

61 :朝まで名無しさん:04/11/02 00:21:47 ID:MCrQo7m0
戦争が嫌だと感じたらなには無くとも、NOのジャッジを
下すべきなんだよ。

62 :小泉@本音:04/11/02 00:25:33 ID:LcmaS0D8
ここの大半は選挙に行かないヤツラばかりだろう?

63 :朝まで名無しさん:04/11/02 00:30:42 ID:xbQBpAJr
>>57社会党が与党であった時代の事情には詳しくない。

あんまつっこみたくないけど、君、やっぱ小学生でしょ?、まだ知識が少ない
のがすぐにばれる。その年でこういうのに多少は興味持ってるって時点で好感
はもてるがもう少したってからにした方が良いよ。

64 :朝まで名無しさん:04/11/02 00:34:46 ID:8X3aXoli
社会党が与党であった時代に詳しくないって、
それでイラク政策を支持する自民に票いれなきゃいいはあまりに無責任でしょ。
何もイラク政策ひとつ見て、投票するわけじゃないんだから。
自民がベストとは言わんが、各党の政策をトータルで見たときに残念ながら、
自民以上に政権を任せられるような政党が見当たらん。岡田をみてわかるように
民主党は中身は旧社会党の残党が多数いるし、社会党のひどさは2chで今更
言うこともないだろう。

65 :小泉@本音:04/11/02 00:36:07 ID:LcmaS0D8
おれも片山内閣の時は生まれていなかったが…

66 :朝まで名無しさん:04/11/02 00:39:20 ID:8X3aXoli
つか>>1はPCマニアの小学生なのか?
だとしたら、最近の小学生は随分文章が上手いな。正直びびるぞ。

67 :朝まで名無しさん:04/11/02 00:42:20 ID:xbQBpAJr
>>66
この後書いてこなかったらそれで当たりかと。子供は寝た方が良い。こんな
とこいるよりは。

68 :朝まで名無しさん:04/11/02 00:42:34 ID:GW5I+Caq
>>1さんおやすみになったのですか?

起きていらしたら>>56に対する意見を聞かせて下さい…

69 :朝まで名無しさん:04/11/02 00:51:28 ID:3FZJHMUd
>>1
自業自得の死者なんて、同情できねえだろ。

香田よりも、新潟の地震で亡くなった方のほうが
100倍はかわいそうだし同情するよ。

70 :朝まで名無しさん:04/11/02 00:52:19 ID:8X3aXoli
でも俺この死(略)ってやつ他スレで見たことある。
何かカントやらニーチェやら持ち出して誰かと激論してて、すげー頭よさそうだった
んだが…
別人かな

71 :小泉@本音:04/11/02 00:53:20 ID:LcmaS0D8
>>70

自演乙!

72 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/02 00:55:02 ID:jTM3ht+O
>>56
>彼等は自衛隊を軍隊として運用する事に
>どんなメリットがあると考えたのでしょう。
良い質問です。
ですが、是に回答する事は易しい事ではありませぬ。
一般に物事の要因、理由は同時に複数存在するものである事に注意して下さい。
語るに足るものは「主」なる要因です。
細かい説明は省かせていただきますが・・・・
先ず、歴史を鑑みた時、軍事力を持たない国家は悉く他国に蹂躙されてきました。
其処から安易に「国家は軍隊を持たねばならない」と考える輩が出てくることは当然の事ですが、
それは「過去」と「現状」の違いを全く理解しておりませぬ。
今、世界には核が存在しています。
大規模戦争に於ける最終兵器足る核が存在する今、
核兵器を保有する国家、及び其の同盟国に宣戦の布告を行う事は、
自国の滅亡を意味し、故に先進国同士の戦争は存在しない世界となっているのです。
また、「テロリスト」に対抗する為に軍隊を持つと言うのであれば、其れが無駄であると言う事は
911事件で証明されました。
故に、上記理由で「国民を守る為に軍隊を持つ」と言うのであれば、それは「嘘」を付いている事になります。
つまり、理由は、他にあるのです。
(続く)
>>59
ほう、では私以上の学識とやらを見せて頂きましょうかね。

73 :朝まで名無しさん:04/11/02 00:58:43 ID:3FZJHMUd
>>1
香田なんか、死んでもうろたえるやつなんていないだろ。
別になんとも思わない。死んだのは自業自得。
香田はもしかして自殺願望あったんじゃねえのか?www

何の罪もないのに、交通事故で亡くなる方もいる。
何の罪もないにに、地震で亡くなる方もいる。

香田のニュースよりも、マスコミは新潟被災地のニュースを伝えるべきだ

74 :朝まで名無しさん:04/11/02 00:59:37 ID:w07E8xcd
頭が良いやつは、無駄に長文を書いたりしないよ。

死(略) ◆CtG./SISYA は馬鹿丸出し。

75 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/02 00:59:53 ID:jTM3ht+O
先に返信するが・・・・
>>68
因みに私はちょくちょく来るので今回返信が無くとも返信するべきものには次回返信いたします。
そんなに暇も無いし睡眠も取りたいので途中で落ちる事はありますが、
チャットではないので又続きは次にすればよろしいでしょう。

76 :朝まで名無しさん:04/11/02 01:09:12 ID:aalOYoeE
諸君よ(1)の間違いは香田氏たった1人をころされて・・・・・・何をうろたえているのか。この一節で(1)の胸中全てが表現されているのに、諸君は眼力不足のため見抜くことができない。たった1人の死を悼めない者が、多くの死をとやかく述べる必要なし。

77 :朝まで名無しさん:04/11/02 01:09:40 ID:aalOYoeE
諸君よ(1)の間違いは香田氏たった1人をころされて・・・・・・何をうろたえているのか。この一節で(1)の胸中全てが表現されているのに、諸君は眼力不足のため見抜くことができない。たった1人の死を悼めない者が、多くの死をとやかく述べる必要なし。

78 :おとうさん:04/11/02 01:10:32 ID:aalOYoeE
諸君よ(1)の間違いは香田氏たった1人をころされて・・・・・・何をうろたえているのか。この一節で(1)の胸中全てが表現されているのに、諸君は眼力不足のため見抜くことができない。たった1人の死を悼めない者が、多くの死をとやかく述べる必要なし。

79 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/02 01:32:02 ID:jTM3ht+O
>>56
(続き)
外圧によって軍隊の派遣を行ったわけでない以上、理由は内部にありましょう。
首相、小泉本人は「痛みに耐えろ」発言等から見れるように、明らかにサディストで、
功をあせる人柄ですから、其の気性が判断に全体的に影響を与えている事は避けられないものです。
私が、最も妥当であろうと考えるのは、防衛庁関係者の自勢力の拡大の意向でしょう。
彼らの念願は戦後50年間自衛隊の軍隊への復帰であったのですから、
彼らがこの機会を逃すはずは無いと思われます。
「アメリカに媚を売る為」にそのような政策を取った、と考える人間がいるかもしれませんが、
それは余りに、余りに下等な策でして、あの施策、失態の数々を見ていると否定する理由は
無いのですが、正直「信じたくない」ものです・・・苦笑。
真っ当な見方をすれば、アメリカ、ロシアが今そうしているように、後進国における資源の利権を
将来確保する為に軍の法整備を進めた、とも考えられますが・・・。
まぁ、そろそろ遅いので続きは又次回。

>>77
阿呆、私は彼の死を悼んでいる。

80 :朝まで名無しさん:04/11/02 01:47:30 ID:8X3aXoli
軍隊を持っているからこそ、9・11の後に報復できたんじゃないのか?
また軍隊をもっているからこそ、大統領の命令でハイジャックされた飛行機を
撃墜し、被害を最小限に食い止めることができるんじゃないのか?
結果的に、貿易センタービルは破壊されたのは事実だが、テロを寸前で
食い止めるのに軍隊は必要だろう。実際に軍による警備のおかげで阻止できた
テロもあるではないか。
核兵器がある今、軍隊は意味がないというのは早計すぎるのではないか?
衛星で北の不穏な動きを察知できれば、先制攻撃を行うこともできるではないか。
北がミサイルを撃ってきそうです、では後はアメリカ様全てお任せしますでは
通らないだろう。同盟ってのは共に戦うってのが必要最低限の条件ではないのか?
あと核ってのは日本に落とされたことで事実上、使えない兵器になってしまったと
言われている。もし使ってしまえば国際社会において孤立を免れないからだ。
だからアメリカもあれだけ甚大な被害を被ったベトナム戦争でもつかわなかった。
北は核を持っているから、日本が軍隊を持っても意味はないということはない。
十分抑止力になる。永世中立国のスイスでさえ軍隊をもっている。
9・11以降軍隊の無意味化が証明されたというのは、むしろ逆で、むしろ
その必要性が証明されたといっていい。もし、日本の飛行機がジャックされて
原発に向かった時どうすんの?アメリカ様撃ち落として下さいって?
そりゃないよな、アメリカ追従に異を唱え、イラク政策に反対してんだから
自国でやる覚悟はあるよな?>>72よ。

81 :朝まで名無しさん:04/11/02 01:52:38 ID:GW5I+Caq
>>1さんお答えありがとうございます。

今度ぜひ続きを聞かせてください…

私も明日学校なのでもう寝ます…
最後になりますが>>1さんは国益と言うものについて
どのように考えているのですか?

国民の利益=国益なのでしょうか?
そうであってほしいなぁ…
明日先生にも意見を聞いてみたいと思います。

私が六年後に選挙権を持った時のための
参考にさせていただきます。

女性差別の問題なんかもホントは聞きたかったのですが
(同性でも?な人多いです)
スレ違いなのでまた別の機会に…

それからほかの皆さんの意見もとても勉強になりました。

長文すみませんでした…
皆さんおやすみなさい。


82 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/02 02:08:56 ID:jTM3ht+O
>>80
>軍隊を持っているからこそ、9・11の後に報復できたんじゃないのか?
>また軍隊をもっているからこそ、大統領の命令でハイジャックされた飛行機を
>撃墜し、被害を最小限に食い止めることができるんじゃないのか?
>結果的に、貿易センタービルは破壊されたのは事実だが、テロを寸前で
>食い止めるのに軍隊は必要だろう。実際に軍による警備のおかげで阻止できた
>テロもあるではないか。

これは正しい評価です。
ですが、敵を撃破する事が最上なのではありませぬ。
テロが行われ、其れを撃退する事よりも、
テロを行われる事を事前に防ぐ事が優秀であり、
それよりもテロの標的にならない事が上等で、
最上はこの世にテロが存在しない事なのです。

軍隊を持っていたからこそ、報復(あれが報復であるとは思いませんが・・・)出来たのは事実ですが、
軍隊を以って弾圧したからこそ遺恨を買ったのが始まりなのです。
もうアメリカは軍事力を激減させる事は不可能なまでに踏み込んでしまいましたが、日本はまだ間に合います。
日本が今回自衛隊を派遣した事は下策であると言わざるを得ません。
其れによって標的になった、即ち自ら敵を作り出したのです。
現実として、100万の、飯を喰らい、恨みまでも買う軍隊よりも、1個の水爆の方が優秀な軍事力であります。
日本の飛行機がハイジャックされて原発に向かってしまう危険性は、
今回の自衛隊派遣が齎した危険性である事を指摘しておきましょう。
それは、自衛隊を次の機会に撤退させれば無くなる危険性なのです。

83 :朝まで名無しさん:04/11/02 02:13:28 ID:8X3aXoli
>>1
要するに、アメリカ追従でないモラリティのある外交を日本はすべきだって
いいたいんでしょ?正しいと思うよ、確かに大量破壊兵器は見つからなかったし、
国連決議を経ないままアメリカはイラク攻撃に踏み切ったんだから、絶対に支持
すべきではなかった。しかし、北朝鮮の問題を抱える日本は軍事力をもたないから
単独では圧力をかけられない。アメリカとの同盟関係の強固さを北にみせつけることが
北への圧力になる。そういうもろもろのことをかんがみてイラク政策を支持せざる
をえなかった。
結局、>>1でいうようなモラリティのある外交を望むのなら、どうしたってこと
自国の防衛に関してはちゃんと軍隊を持って自国で責任を負わなきゃだめだろ。
もし仮に>>79でいうように、今回のイラク政策支持が自衛隊の軍隊への復帰の
ための下準備であるなら、>>1にとっては願ったりかなったりじゃないか。
もうアメリカ追従のモラリティのない外交はしないですむぞ。
モラリティのある外交がしたいです、でも軍隊を持つのは嫌です、
この二律相反することはもはや国際社会における常識で不可能である。
それは、戦後の日本の外交を振り返ればわかるはずだ。

84 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/02 02:17:20 ID:jTM3ht+O
議論は楽しいですね。
北に関しても述べたい事はありますが、
明日に差し支えるので又次回返信いたします。
では、議論の出来る方々、又次回。

85 :朝まで名無しさん:04/11/02 02:21:12 ID:jQnWLOdD
>>1
>諸君は何故に、己の支持した政策によって

俺は最初から支持してません。

86 :朝まで名無しさん:04/11/02 02:35:52 ID:8X3aXoli
>>82
激しく同意します。
全てのテロが悪いとは思いませんが、少なくともアメリカにはテロをやられる
理由がある。武力で弾圧してもテロはなくなるどころか、更に泥沼化していくと
思います。アメリカも小泉も全てテロは悪だというがそれは違うと思う。
仮に北の民衆が金正日を暗殺したとしてもこれをテロだと断罪することは
できませんからね。
>>1で述べてあることは全くの正論ですし、同意しますが
日本が軍隊を持たない、アメリカの核の庇護のもとに守られている、北の問題を
抱えているげんじょうでは、悔しいですが難しいでしょう。
ただし、これから先我々日本人はイラクの人々に対して後ろめたい気持ちを
拭い去ることはできないでしょうね。日本の安全保障のために死んでもらった、
いや、殺したといっていいでしょうから。そして、このことが我々の次の世代に
負の遺産として残るのは間違いないですから。
ではまた、そのうちスレたてて下さい、勉強になりますた。


87 :朝まで名無しさん:04/11/02 02:41:43 ID:jQnWLOdD
731 名前:優しい名無しさん[] 投稿日:04/11/01(月) 13:51:55 ID:HiyDHG9k
もしもあなたが本気で自殺を考えていて
そこにいたる原因が自分の責任によるものではない場合
日本という狂った国家の責任であると自信を持っていえるなら
イラクへ行こう。
あなたが何の努力をしなくても彼らが安らかな世界へと導いてくれる。
首を切られたって痛みはほんの一瞬
もう苦しまなくてすむ。
なにより日本政府に仕返しをしてやることができる。

88 :朝まで名無しさん:04/11/02 02:49:43 ID:8X3aXoli
死(略)さん、
あんたやっぱ頭いいわ。
さっきのあんた…すげえかっこよかったよ、悔しいけどさ。
あんたすっげえ輝いて見えた、あんなあんた俺初めて見たよ。
何かそんなあんたがすげえうらやましかったし、俺も負けてらんねえなって
照れずにそう思えた。何年ぶりかなあ、こんな気持ち。
また会える日を楽しみにまってっから、そのときは一回り大きくなった俺を
見せれるようにがんばるよ。
奥さん大事にしろよ、じゃあな。

89 :朝まで名無しさん:04/11/02 03:08:15 ID:8X3aXoli
とったどー、タコとったどー!

90 :朝まで名無しさん:04/11/02 03:21:44 ID:dt6rnzkH
国連が世界1の軍備を誇り、世界1の発言権があり、世界の警察として機能してくれる日はいつでしょうか?

91 :朝まで名無しさん:04/11/02 04:13:27 ID:w07E8xcd
毎度毎度、役割分担してカキコでつか・・・

92 :朝まで名無しさん:04/11/02 07:26:08 ID:zqou5o+7
てゆうかさ、もうブッシュの義理ははたしたんだからさ、ここで引いても
アメリカとの関係もすこぶる悪くなると言うわけじゃないでしょ。
引き際だよ引き際、これ逃したらマジで国内にテロが飛び火しかねん。
だいたいテロに屈したもなにもそもそもテロリストは金要求してきてんじゃ
ないんだし。自衛隊が、国内が危険になるかもしれんから帰るだけだよ。
んでもう’屈しない’事はアピールできたんだし、もうそろそろ撤退しても
だれも屈したなんておもわん。もう駐留する意味がないよ。
自衛隊に素人でもできるような事させて、はっきりいってあんな一番安全とこ
で誰でもできる事いつまでもさせとくのは無駄だ。ボランティアのが
まし。というかボランティアにまかせりゃいいよ。自衛隊が帰ったら
少なくとも、自衛隊撤退させろなんて拉致事件は無くなるだろし。
だいたいいくら手当はらってんだよまったく。金目当ての薄汚い重武装
の自衛官なんかより民間ボランティアの方がはるかにまし。
自衛隊を良いように解釈してるのはサマワのほんの一部の人間だけだし。
大半のイラク人は「なんで軍隊がきてるんだ、やっぱアメの犬」ってなもんよ。
まさかイラク人が自衛隊と軍隊の区別がつくなんて、お花畑な事おもってんじゃ
ないよな?おまえら?もう潮時だよ、年内に撤退させよう。


93 :朝まで名無しさん:04/11/02 07:38:21 ID:XrEG3iEY
「国益」よりも一人の命が重んじられるような国に生きたいと思うのか


94 :朝まで名無しさん:04/11/02 07:52:05 ID:esVAj25L
帰るにしても、サマワでの工事が終わってからだろ。
やりかけはイクナイ

95 :朝まで名無しさん:04/11/02 11:48:36 ID:St5tT/5t
イラクとアメリカ必ずどちらかを支持しなければならないのかな・・・?
俺としてはお互いいくら正義を掲げようとやってる事は大量殺戮。
泣くのは一般人。だからどちらも支持できねえな。
小泉総理もアメリカ側だから支持できねえし、かといってそれに変わるふさわしい人物が
今現在いるようにも思えないし、今の政治家はいくらいいことを言っても最終的にはアメリカ
を支持することになるんじゃないの?当選するまでだよきっと。
目的は別にある様だしさ。そんな状態じゃどちらも支持せず傍観するのが今俺にできる
精一杯だな。
早く人々を魅了してやまないような人物が現れるのを待ってるよ。
でものん気すぎるな。う〜ん平和ボケしてるな。

96 :朝まで名無しさん:04/11/02 12:24:22 ID:FrNeWGrH
>>95

だから、安倍晋三と石原慎太郎がいるじゃねえか

97 :朝まで名無しさん:04/11/02 12:26:36 ID:80+seyET
>>95
そうだな、イラクはフセイン支配が永遠に続くのが望ましいな

98 :朝まで名無しさん:04/11/02 14:25:45 ID:d3qbBIyp
お帰り、死(略)。

99 :朝まで名無しさん:04/11/02 20:34:27 ID:w07E8xcd
>>92
民間に任せたら、
今度は「政府は役立たず」とか「危険な作業を民間にまるなげ」とか
騒ぐ自称人工知能研究家とかプロ市民がいるから


100 :朝まで名無しさん:04/11/02 20:35:41 ID:w07E8xcd
100!

101 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/03 16:39:08 ID:F9hHOErt
>>81
「国益」についてですが、
国益とされるべきもの と
国益と呼ばれているもの、
実際の国益
は同じである保障などありませんし、現実には違うものです。

まぁ、「べき」と「事実」の相違は殆ど何にでも指摘できる事ですがね。
何が国益とされるべきかは、国民の利益が国益とするべき、と言う事で問題は無いでしょう。
ですが、現実問題は、何が国益とされるべきか、何が国益か等という事とはかけ離れていまして、
【「私はこれをしたい」
でも、其れは単なる我侭だから、「国益」と言う大儀を掲げて私の目的を達成させてしまおう】
唯、それだけの事に過ぎませぬ。

義憤に駆られる人間でさえ、己の持っている世界観と、現実の世界の相違を赦せぬと思っているだけでして、
己の持っている世界観が
「大儀」と言うものは「多くの者が共通して持つ世界観を掲げているだけ」に過ぎず、
「国益」に関しても「多くの者にとっての利益を掲げているだけ」に過ぎないのです。

北朝鮮であれば「大儀」は将軍様の為になる事、国益も同じ事です。
しかし、一言述べさせて頂きましょう。

それでも、「大儀」には、正当性があります。
その理由は以下で述べます。

102 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/03 16:53:33 ID:F9hHOErt
確かに、所詮人は「己の為にしか行動しない」生き物であらざるを得ません。
こう述べますと、愚か者が己の我侭を正当化されたような気がして
「好きな事を何をやっても良い」等と言い出しますが、そういう事を述べた訳ではありませぬ。
此処で言う「己」とは、「一個の肉体としての個人」を指していないのです。

例えば、母親が車に轢かれようとした子供を身を挺して守った。
此処で評価を間違えてはいけませぬ。
母親は、己の為に、子供を守ったのです。
それは、「母親にとっては、自分が死ぬよりも、子供が死んだほうが嫌だ」と言う事を意味していますが、
其れが彼女の思いである以上、其れは彼女自身の為にした事なのです。
しかし、彼女自身とは一体何者なのでしょうかね。
そうですよ、「彼女」と言うのは「彼女と言う肉体でもありますが、同時に子供の存在も含んでいる」のです。
彼女にとって、自分とは、子供の事だと言ったほうが解り易いですかね。
ある者にとっては、自分とは、国家である場合もあるでしょう。
ある者にとっては、自分とは、正義である場合もあるでしょう。
ある者にとっては、自分自身は愛する者の事でもあるし、
それらがないものにとっては、自分自身は、自分の肉体の事なのです。
「己」と言うものは、己自身の肉体に留まらず、世界に広く存在し、
「大事なもの」が、彼にとっての自分自身であって(ですから、【自分自身】は一つなのではなくて、
色の濃淡のように世界に存在しています)
それ(=自分自身)の為に彼は行動するのです。
肉体の重要性は、其れを失うと、己自身と世界を通じる感覚を失うと言う意味での重要性は
すべての人間が持ってはいますが・・・・(なので、大抵己の肉体は大事なのです)。


103 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/03 16:58:35 ID:F9hHOErt
人が、己の肉体と言う感覚器官を通じて世界を認識し、
其の外部を愛する事によって己自身として取り込んでゆかざるを得ない存在である限り、
(余談ですが、心が狭いとか広いとか言うのも、己の器=己自身の大きさに由来します)
己の肉体の為だけ、に、人が存在する事も、逆に難しいのです。
人の個々の「精神」は、世界を共有しています。
其れが故に、「大儀」は、共有する己自身の利益であると言う意味で、
正当性を持つのです。
大儀が馬鹿馬鹿しいと言う人間も当然います。
ですが、それでも「大儀が何者にも共有しうる財産である限り」
其の正当性は彼にも通用するでしょう。

何者にも共有しうる財産でないものは、大儀ではありませぬ。

国益、に関しても同じ論理は通用します。

104 :朝まで名無しさん:04/11/03 17:05:27 ID:Uq/86nYJ
犯人ザウカウリがビンラデンと同じくブッシュの手先つうことも考えられる
目的は
反戦 反米を反イスラムに世論を誘導
日本外交官射殺の意味を軽くする

105 :朝まで名無しさん:04/11/03 18:04:41 ID:3knYrzoX
テロと対テロの抗争が先鋭化するほど、お互いの立場は高くなっていくからね。
結果的にザルもビンもアメの手先というか戦争ゲームのプレイヤー仲間。
一番割を食うのはうちら一般人。

106 :朝まで名無しさん:04/11/04 13:11:32 ID:HOEUwIUh
どっかの反政府系団体の機関紙と、反原発本で
死(略) ◆CtG./SISYA と似たような文体を見たことがる。

反原発本の方だと、登場人物3人
「先生」「物分りの良い女の子」「質問ばかりする少年」
のQ&A形式の本だった。
このスレで再現されているような感じ。

107 :朝まで名無しさん:04/11/04 18:17:42 ID:GCx+FiaL
 
   巛彡彡ミミミミミ彡彡   ミミ ヽヽヽヽリリノノノノ
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡  ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡  
  |:::::::           i   .l  i''"        i彡   
  |::::::::    ⌒   ⌒ |   | .」   ⌒' '⌒  |    
  |:::::    -・=- , (-・=-  ,r-/   -・=-, 、-・=- |    
  | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ l       ノ( 、_, )ヽ  |    
  | |.     ┏━━┓ | ー'    ノ、__!!_,.、  |     
  ∧ |      ┃ヽ三ノ ┃ | ∧     ヽニニソ   l    
/\\ヽ     ┗━┛ ノ/\ヽ           /    
/  \ \ヽ.  ─── /|\    ノ7_,,, 、 -一' ノ/ヽ    ノ7_,,, 、
    (⌒、"⌒ソ⌒ヽ- イノ  `、  ( ィ⌒ -'"",う─ '"   `、  ( ィ⌒ -'"",う
    ~''(_)(_)(_)(_)ソ-ィ     ヽノ   ,イ^        ヽノ   ,イ^
  _ヽ /`、_, ィ/   ヽ      ヽ─/             ヽ─/
/,ィ'"/     /    `、     ) /             ) /
         /B u f f a l o e s  i              i
\       ノ       |      |              |
  \__ /       ノ    5 ノ              ノ 
死(略)はん、みんなあんたのこと疑ってまっせ。
ビシっと言うたりまひょ。ウッシシシシシシ

108 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/06 23:19:30 ID:zOf7KQaE
反政府?下らんな。
全ては目的を達成する為の手段に過ぎない。
政府の存在でさえ同じ事。
大体ちんけな日本の政府如きに対抗して何が面白いのだか。
阿呆な政策を取っているから阿呆と述べてたまでの事。
論じる事が出来ないから相手にレッテルを貼るしかない、
そんな阿呆共の相手をしてやる暇など無いのだ。
以上。

109 :朝まで名無しさん:04/11/07 00:26:57 ID:MlrWkVXT
>>108
あと二役分のレスしないの?

110 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/07 00:34:14 ID:1bJDI3ij
自作自演の事かね?
何処にそんな無駄な事をする必要があるのだ。
低俗な大衆の思考回路は理解しかねる。

111 :朝まで名無しさん:04/11/07 14:15:15 ID:j9T1rUzD
>>110
であんたの社会的地位は何なの?

112 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/08 00:13:57 ID:zRMG05PG
私は世界だ。

113 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/08 00:14:48 ID:zRMG05PG
私の心は世界を反映し、
世界は私の心を反映している。

114 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/08 00:18:55 ID:zRMG05PG
君は誰だ。
小さな人間か。
余りに薄い生き物だ。

115 :朝まで名無しさん:04/11/08 00:44:17 ID:IqxrcRax
あの、こないだ質問して答えていただいた中学生です。
って覚えてなかったらスイマセン。w
死略さんの話、わたしには少し難しい部分もあったんですが
すごく為になったし、もっと死略さんと他の人たちの議論が見たいです。
で、わたしもできれば参加したいです。
また何か大きな出来事、事件があったときはスレたてて下さいね、
お忙しいとは思いますが…。
ちなみにわたしが今、興味があるのは今度の日朝実務者協議です。
次のスレ楽しみに待ってますんで、宜しくお願いします。


116 :朝まで名無しさん:04/11/08 01:15:17 ID:DNiX0X7w
<米大統領選>電子投票の激戦州で異様なブッシュ票

 【ロサンゼルス國枝すみれ】米大統領選で電子投票を使った地区の中に、民主党員が圧倒的に多いのにブッシュ大統領が勝利したり、投票総数の6倍以上をブッシュ氏が得票するなど奇妙な現象が起きていたことが分かった。
 市民団体「ブラック・ボックス投票」によると、光学読み取り式投票機を使ったフロリダ州カルホーン郡では、登録有権者8350人中82.4%が民主党員で、共和党員は11.9%。
投票率71.4%での推計ではブッシュ氏709票、ケリー氏4911票だったが、結果はブッシュ氏3780票、ケリー氏2116票で、ブッシュ票が予測より433.2%も増えた。
 一方、オハイオ州フランクリン郡ガハナ地区では、638人しか投票しなかったのに、タッチスクリーン式の投票機がブッシュ氏4258票、ケリー氏260票とはじき出した。
 ジャーナリストのトム・ハートマンさんは「出口調査はケリー氏勝利を予測していた。出口調査と結果がかい離するようになったのは電子投票が導入されてからだ」と指摘。不正投票の疑いも含めて調査すべきだと訴えている。
(毎日新聞) - 11月8日0時0分更新



117 :朝まで名無しさん:04/11/08 01:23:40 ID:f7fx+zqN
ブッシュ陣営の宗教右翼がイカサマしたんだね

638人−(4258+260)=あれれ・・・??


118 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/08 01:50:59 ID:zRMG05PG
>>115
解りにくい所があれば幾らでも説明しましょう。
無知は恥ずべき事ではありませぬ。
実際、私も含め全ての人間は無知なのですから。

ですが、この2ちゃんねると言う低俗な掲示板を回覧する事は出来れば避けて頂きたいと思っています。
・・・かといって他の大手掲示板も状況は大して変わりませぬがね。
と言うのは、この腐った環境に身を置く事で貴女の精神が汚染される事を心配しているわけです。
人は環境から学習せざるを得ません。
良しも、悪しきも、です。

しかし、「真っ当な議論の場」と言うものは現実ではそうそう手に入るものではありませぬ。
ですから、もし、貴女が真っ当な議論を望むのであれば止むを得ませぬ、私が相手になりましょう。
ただ、ルールがあります。

私は基本的に名無しとコテハンを区別しております。
其れは、コテハンは数字の固定ハンドル名(初めに登場した時の番号)であってもよろしいのですが、
其の言説の一貫性、主張の意図する所を保つ為に、何者が何を延べたかという事は重要であると考えるからです。
名無しであれば、其の言葉は文脈を以って語られていません。
文脈を用いずに言葉を語れば、その意図する所を正確に伝える為には膨大な量の文章を必要と致します。
しかし、実際にそのような文章を書くものは殆どいませぬ。
多くに於いて彼らの言葉は何も意味などしてはいないのです(だから便所の落書きと呼ばれるのです)。
因みに言っておきますが、固定ハンドル名にしたとしても、意見は途中で翻してもよろしいのです。
正しいものを正しいと認める事が出来る事。
其れが真っ当な思考が出来る者の、理性と言うものです。

119 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/08 02:04:37 ID:zRMG05PG
固定ハンドル名にして頂きたい理由其のA

私は馬鹿が嫌いです。
馬鹿と言うのは卑怯な者の事です。
名無しが即ち卑怯、なわけではありませぬ。
しかし、卑怯な者は、名無しです。
タマちゃんは即ちアザラシですが、
アザラシは即ちタマちゃん、ではない。
この論理の構造、解りますね。

私は馬鹿を激しく罵倒致します。
某強姦サークルのスレッドに於いて私は残党を晒し続け、馬鹿を悉く抹殺してきましたが、
他のスレッドでも状況は同様で、
名無しでいきなり書き込みをされると、私の牙に掛かる羽目になる可能性があります。
当然ですが真っ当な人間を罵倒したい訳ではないのです。
しかし、私も時には勘違いをする。
ですから、害を被らない為に、コテハンで書き込む事が吉と言う事です。

それでも名無しで書き込んで貰っても構いません。
正論は仮令インコが述べても正論なのですからね。
ですが、コテハンにすると以上のような利点があります。
以上。
因みに本名を晒さないほうがよろしいので、適当に名前を付けてくだされ。
後、トリップと言うものもあります。http://info.2ch.net/guide/faq.html

120 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/08 02:07:12 ID:zRMG05PG
では、又。

121 :朝まで名無しさん:04/11/08 03:19:15 ID:r5JEYhvm
>>115で登場している「中学生」って設定のキャラは、
シナリオの流れを都合よく変えてくれる役なんですね。
自衛隊批判に流れを変えた>>42と同じキャラ?

ちなみに、
>>115が「中学生」ってこと「死略」が前もって知っている事に
なっている設定なので(死略の脳内で)

>あの、こないだ質問して答えていただいた中学生です。
>って覚えてなかったらスイマセン。w

って文章が成り立っているんだろうけど、
このスレには>>115のレスより前に「中学生」ってことを記載して無いでしょ。
読者に馬鹿にされても仕方ないねぇ
これじゃぁ、いつまでたってもプロ作家になれないよ。
某機関紙の記事やホームページの文書止まりだね。

122 :朝まで名無しさん:04/11/08 05:11:15 ID:nSBo6OVu
中学生と書かずに選挙権を得るまで
後何年ってとこがミソ…
俺のネタを引き継いでくれたヤツがいたとはな。

それとなく女を匂わすのも良い…

ネカマ道は深い。

123 :朝まで名無しさん:04/11/08 05:41:28 ID:nSBo6OVu
>>56>>81

124 :朝まで名無しさん:04/11/08 11:36:26 ID:r5JEYhvm
>>ID:nSBo6OVu
うわ キモい。
気分がキモいので、今から今月の「なかよし」読んで萌えゲージをマックルした後に
ナオンにロリコスプレさせてセックルしてきます。
いや、予定変更。
マリみての冬服届いてたの思い出したんで、それ着させます。

んじゃ。

125 :朝まで名無しさん:04/11/08 12:24:03 ID:h/Edei6e
臭いくさいクサイ
腐敗臭むんむん

126 :朝まで名無しさん:04/11/08 16:06:32 ID:AedMB8rf
>>122
随分手の込んだ自作自演ですね。
俺のネタをひきついでくれたやつがいたとはなって、それこそあなたの
脳内妄想でしょ。
死略さんが気に食わないなら、このスレに来なければいいだけの話でしょ?
議論に水を差すことしかできない人は他のスレへ行ってください。
あなたみたいな人が死略さんの言う卑怯者なんでしょうね、きっと。
それから、わたしはネカマなんかじゃありませんから、あなたの脳内妄想を
レスとして書き込むようなマネはやめて下さい、お願いします。

127 :朝まで名無しさん:04/11/08 16:36:11 ID:nSBo6OVu
オマエらは純粋だな…

128 :朝まで名無しさん:04/11/08 17:05:38 ID:AedMB8rf
>>127
金輪際、死略さんの議論の邪魔はしないと約束して下さいお願いします。

129 :朝まで名無しさん:04/11/08 17:11:55 ID:kCaiR56Y
       
       世の中、キチガイ殺人鬼が正しい。 小学校の児童にも人殺しの正しさを教育しよう。

ニヤニヤ笑いながら幼児子供など10万人以上を大量虐殺するキチガイ殺人鬼ブッシュアメリカを
ニヤニヤ笑いながら支持加担する残虐非道な偽善者・鬼畜馬鹿家畜ブタ小泉。
 
   バカ国民の命なんぞどうでもいい。 大量殺人鬼アメリカ様に喜んで頂く、それが最優先だ!     
        幼児や子供が殺されても別に何とも思わない。
        国連憲章無視・ 大量破壊兵器保有妄想、妄想による人殺しは正しい。
 |.    .|____
 |. 馬鹿ポチ小泉 ミミミ彡       大量殺人鬼アメリカを支持して何が悪い!?     
 |.    .| '´ ̄` ,|ミミ彡  幼児・子供含め10万人以上が虐殺されて何が悪い!? 
 |.    .| 〈‐=・=- .|ミミ彡 
 |.    .|  "''''" |ミ彡   ★それで日本が報復攻撃されて何が悪い!
 |___|し`)  /|ミ|ミ     ★それで日本人が殺されて何が悪い!  
 |//////|!    |ソ     
 |//文//|===-`ノ /    バカ国民なんぞどうでも良いだろうが!アメリカ国民の為に死ね! 
 |//////|' ' /|   
 | ̄ ̄ ̄|─'´/ | ̄ ̄` \ アメリカは正しい。ゆえに大量殺人は正しい。 
イラク犠牲者数カウント http://www.iraqbodycount.net/
★残虐非道アメリカによる残虐非道行為・殺人 http://www.thefourreasons.org/victimsofwar.htm
大量殺人鬼アメリカの残虐殺人 http://www.aztlan.net/iraqichildrenhorror.htm
デモに対する鬼畜アメリカ軍の虐殺(ファルージャ)http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020264.html
★イラク人死者、10万人超 科学的調査で推計 http://www.kahoku.co.jp/news/2004/10/2004102901001320.htm

130 :朝まで名無しさん:04/11/08 17:53:30 ID:nSBo6OVu
臭うぞ…?

131 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/08 21:10:20 ID:1NM4Sgl8
まぁ見ての通り、世の中には多くの愚か者がいる。
そのような者を一々相手にしても仕方はあるまい。
網を投げる漁師が、網の中に雑魚がいたとて喚く事などありはせぬ。

日朝実務者協議に興味があるとの事ですが、
何を論点にしたいのですかね。

132 :社民党のネット工作に騙されるな!:04/11/08 21:12:02 ID:mXXrw7ir

ネット左翼の正体 = 民主党工作員 社民党工作員 共産党工作員他

   ・ 2chは政党の書き込みが多い

   ・ 一般人を統一協会 右翼 創価学会 と決め付けるのが得意

   ・ 小泉首相 自民党 を叩きまくる

   ・ ネット世論をでっちあげるべく組織的に書きこんでいる

   ・ 一般人をウヨと罵るのが得意

   ・ 読売 産経 を叩きまくる

   ・ 2chを 政治宣伝に利用している

133 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/08 21:15:14 ID:1NM4Sgl8
多くの馬鹿がいる、と書き込んだ其の直後に馬鹿をさらけ出す人間の普段の生活ぶりが見てみたいな。
ふふ

134 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/08 21:23:34 ID:1NM4Sgl8
「右翼」も「左翼」も、
何かを主義としてしまっているものは全て愚かな者である。

正しいものを正しいと認める精神。
全ての理性ある人間に備わっているこの精神が、主義者には存在しない。
だから何時まで経っても進歩せぬ。
主義者は共に語るに足らぬ。


135 :朝まで名無しさん:04/11/08 22:02:42 ID:gyksIPmK
 日の丸・君が代の問題は、もちろんいろんな考え方があるでしょう。しかし、君が代を
歌わないからといって、それまで何十年も勤めてきた先生のすべての業績を否定するよう
なことが、はたして子どもの教育にとっていいことなのかどうか、私は疑問に思います。

 ただ、ひとつだけはっきり言えることは、実際に卒業式や入学式に出かけていって、立
たなかった先生をいちいち記録したり、何人が立たなかったとチェックする人たちは、も
し時代の空気が変わって、日の丸も君が代もない、民主的な卒業式をしようというときに
なったら、やはり真っ先に出てきて、どれだけ日の丸を揚げずに卒業式をしているかを調
べにくる人たちです。

 このような大人たちの中で、イラクに出かけていった今井紀明君のような人がよく育っ
たと思います。私だったら、今の大人を見ていたら恐らく絶望します。何をしたってだめ
ではないか、「日本なんてもうだめだよ」と。でも、そう思わない若い世代がいることは、
わずかですけども、希望を持てると思っています。



136 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/11 23:34:03 ID:xLIxu2O+
ふ〜


137 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/11 23:35:50 ID:xLIxu2O+
今後本部に泊まる事になったので当分これませぬ。

138 :朝まで名無しさん:04/11/11 23:43:06 ID:oVxMmLVC
オナニー擦れ

139 :窓爺:04/11/12 00:21:55 ID:nFF7ZPII
↑粘着野郎
死略が気になって気になって頻繁にこのスレをのぞきにきてる
図星だろ?好きならそういえよ照れてないでさ。

140 :朝まで名無しさん:04/11/12 02:10:20 ID:L3L5R5+P
>>86
さらにかなり内容の有る長文を書ける人が、百も承知の上でテロテロとイスラム教徒を暗喩するのは立場上でしょうか。


141 :朝まで名無しさん:04/11/12 02:15:27 ID:EmaS2Alv
罪:悪のフセイン政権を長く看過してきた事。
罰:償いとしての派兵。

142 :140:04/11/14 02:01:06 ID:R+bnE9Zt
>>86
誤爆スマソ。

143 :140:04/11/14 02:05:13 ID:R+bnE9Zt
>>86
というか主語が無いので誤爆に見えるかも知れないのでスマソ。

144 :近衛兵:04/11/15 00:02:49 ID:ajjlklAu
死略殿はどこの大学出身であらせられますか?
大変聡明な方とお見受けしました
よろしければ教えていただきとう存知ます。

145 :朝まで名無しさん:04/11/18 09:37:42 ID:ipzOix9o
自衛軍設置を明記 憲法改正自民原案 女性天皇認める
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041117-00000025-san-pol
> 一、国民に国家の独立と安全を守る責務。徴兵制は認めず。自衛軍設置

>>51
>>57
>>79は正しかった。
・・・・すごい。

146 :朝まで名無しさん:04/11/18 13:51:30 ID:P3tPeH5l
結局はイラク問題はアメリカに丸投げしろと言うのが、死(略)さんのイラク政策ですか?


147 :朝まで名無しさん:04/11/18 14:45:41 ID:0Vkl4+DT
>>145
何で正しいの?
上のやつと全然関係ないじゃん。

148 :朝まで名無しさん:04/11/18 16:47:42 ID:Rz9P8e76
>>147
日本語の理解に不自由なようで…

149 :朝まで名無しさん:04/11/19 00:23:55 ID:bG7/lxBt
>>148
お前がな、このチンカス野郎が
かすりもしてねえじゃねえか
小2くらいからやり直してきな

150 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/19 18:58:05 ID:7CYjrzl3
>>144
私には最高学府足る「大学」などと言う物を卒業した覚えはありませぬ。
現在の大学などと言う機関は、一部は専門馬鹿を量産する工場であり、他方はレジャーランドと化している。
それはとても「学問」をする場所とは言えない。

現に質問をしてみれば良いでしょう。
東京大学に於いて医学を学ぶ学生、
いや、教授でさえ、この質問に正確に答えられなどしないのだ。

「世界で最も重要な【もの】とは何か」

何が一番大事な事かが分からない。
それは、理性ある人間として、最も致命的な事でしょう。
一体、この十数年間、諸君は何を学んできたのか、そしてこれから学んでゆくのか。
重要な事が判らないまま、諸君は一体何を解ったつもりでいると言うのか。

余りに馬鹿げた水準だ。
私は激しく落胆した。
優秀さとは、人と人との相対的な評価ではない。
「問題を解決するに足る能力」が有るか、無いかで、優劣は決定する。
故に全ての人間が優秀である事も在り得、又其の逆も在り得るのです。
物事の重要性を理解出来、初めて人は「何が問題であるか」を正しく認識できる。
そうしてようやく問題を解決する為の前段階に至る。
だが、多くの人間は其の段階にすら至らない。
至らせないまま、【何者】かに指図され、指示に従う事しかできない有機的な労働機械としての人間を作り出す。
其れが、大学と言う機関の意図し、行う所だ。

真に重要な事は、教えられ等しない。

151 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/19 19:24:07 ID:7CYjrzl3
私の能力は書物から得たものではありませぬ。
私の能力は大学や院で学んだ事から得たものでもない。
私の能力の本質は、幼少時代から変わっておりませぬ(寧ろ落ちました)。

よろしいですか。
よく吟味して考えて下さい・・・「自分で」。
よく吟味すると言う事は、
見るのではなく、観る事です。
聞くのではなく、聴くのです。
一つの思考の本質は、全ての事象に対して通用します。

例えば目の前に一本のペンが在る。
さて、このペンの存在を証明しようとしてみる。
たったこれだけこの事、簡単のように思われますが、出来る人間はそうそういない。
これをやり遂げる事が出来れば、物事の本質がもう少し良く見える。
出来ない人間よりも、出来る貴方の方が、よく世界が見えるようになると言う事です。
因みに、私は、何だかんだ言って解くのに半年掛かりましたね。
この場合、過程が重要です、が、結果を先に述べれば、原理的に証明し得ない事を証明しました。
ですが、其れは結論であって、解とは呼べませぬ。
「解」は、過程も含みますから。

誰でもいいですし、何なら採点しましょう。

152 :朝まで名無しさん:04/11/19 19:29:34 ID:YCCMWpnh
>>150-151をまず要約してみてください

153 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/19 19:32:23 ID:7CYjrzl3
>>145
こんなに簡単に企みが看破される様では政府の無能ぶりも極まっていますね。
悪戯に年ばかりを食った、年を取っただけの餓鬼の分際でよくも偉そうに意見を述べられるものだ。
「裸の王様」の童話を思い出すな。

>>146
Exactly yes
>>147
自衛隊⇒軍
の話。

>>149
餓鬼丸出し。

以下、阿呆は放置。

154 :朝まで名無しさん:04/11/19 19:33:56 ID:GFd8ttz6
>>152
俺は大学行ってないけどお前らより偉いんだよバーカバーカ
お前ら俺の考えたナゾナゾ解けないだろヤーイ

155 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/19 19:39:47 ID:7CYjrzl3
本当・・・・言葉が出ないが・・・。
この文章を「私が大学を出ていない」と読むのは・・・まぁ、普通の人間は其処まで頭が悪いものかね。

・・・それともボケで突っ込み待ちなのか?

156 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/19 19:43:06 ID:7CYjrzl3
「阿呆は放置」宣言をした私に突っ込ませるとは中々やり手だな。
笑わせてもらったが。

友人を迎えに行くので又次回参る。

157 :朝まで名無しさん:04/11/19 19:44:14 ID:SjJrhkxW
まだオナニーしてたのか!
早く逝け!

158 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/19 19:44:44 ID:7CYjrzl3
因みに
>>150
の方が難しい。
>>151を先に解くべし。

さらばだ。

159 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/19 19:46:14 ID:7CYjrzl3
>>157
こんな面倒くさい事を趣味目的でやるか、阿呆。
意図くらい読め。

160 :朝まで名無しさん:04/11/19 22:20:33 ID:Oy9dc2kL
死略さん、在日朝鮮人に対して激しい怒りを覚えませんか?
たまに2chに来られるのならば、強制連行の嘘、日本社会で
受ける差別の嘘(実際には税制面等で優遇、その為に帰化しない、
朝銀への公的資金の投入、総連への課税免除等々)は御存知かと
思います。そして今、彼等は本国でさえも認められていない
在日外国人の参政権を求める運動に邁進しています。
例えばもし、朝鮮と、日本またはアメリカの間で有事になった場合に
彼等に祖国と相対峙する覚悟は恐らくないでしょう。そればかりか
祖国の有利になるような働きかけをすることになるのは必至です。
また、そのようなことが認められていれば、今頃経済制裁という言葉
さえ出て来ていないでしょう。
参政権はやはり日本国籍を持った国民固有の権利であるべきです。
EUを引き合いに出す人間もいますが、あそこは一つのヨーロッパと
して地域統合が進められているので日本とは事情が違います。
そこで死略さん、このにっくき在日連中を黙らせかつ、
分をわきまえさせる方法はないでしょうか?
日本人は温厚ですが怒りをためにためて一気に爆発させる民族です。
このままではいつか在日におおいなる不幸が訪れるでしょう。
あなたも在日には殺意を抱いていると思いますので何か妙案があれば
是非。



161 :窓爺:04/11/20 00:38:20 ID:AqDywTZ2
死略殿、あなたの持論を聞き大変驚きました。
というのも、その鋭い洞察力にです。
私めを死略政経塾の門下生にして下さらんか?

162 :朝まで名無しさん:04/11/20 00:54:10 ID:6c301QjC
来たぞ来たぞ!オナニー開始!

163 :窓爺:04/11/20 18:45:17 ID:Ac7PDgSt
↑死略殿、この頭悪そうなのは徹底無視でよろしかろうと思われます。

164 :朝まで名無しさん:04/11/20 19:42:21 ID:51VrxlDk
フセインの犯罪的行為を見て見ぬふりできなかった正義漢ブッシュ
という筋書きならまだしも
同時多発テロにすっかり怖じ気づいて、ありもしない大量破壊兵器
の亡霊におびえた小心者ブッシュ
という筋書きではねぇ
いざとなれば腹切りも辞さないサムライ日本人の尊敬を集めることはないねぇ
えっ、ポチ小泉
あー、あれは単にそういう選択肢しかなかったということでしょ


165 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/22 02:24:56 ID:BEJNX2vH
時間がないので先にこちらへ返信します。
>>161
私は特に政治経済に限定して語るつもりは有りませんし、
そもそもその種の学者ではありませぬ。
ですが、そもそも何か学問を学べば会得できるが如き水準の知識、技術は、
所詮其の程度のものに過ぎないでしょう。
即ち、他人に出来る事を会得しても其れは武器にはならないという意味に於いては、
私の技術は私独自のものですから学ぶ価値は有るのかもしれません。

但し、所謂門下と言うものを取るつもりは有りませぬ。
私は自身が未だ発展途上中ですし、これで満足するつもりも有りませぬ。
唯、そういう意味で切磋琢磨する相手として、あくまで対等に在りたいと思います。

さて、現在私は解決しなければならない問題を抱えている状態でして此処にも偶にしかこれませぬ。
本日ももう遅いので、これにして失敬。

166 :朝まで名無しさん:04/11/22 02:27:49 ID:hKz54IRe

知らんよ

いろいろあったんだろ、ブッシュ政権にも小泉政権にも

2chで負け犬的遠吠えしてもしょうがないだろ

167 :朝まで名無しさん:04/11/22 12:22:54 ID:b9Zl3qhg
左手にマウス右手にペニス

168 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/24 00:21:23 ID:Ld7RicJ7
>>160
貴君は公平性が保たれてい無い事に怒りを覚えているのであろうか。
「日本人はこうである。
外国人はこうである。
そして、己を基準として考えた時に、相手は卑怯だ。」

・・・・・だが、其れは、相手を懲らしめて良い動機には成り得まい。

そもそもこの世界に公平性など存在などしておりませぬ。
ただ、こう考えます。
人は、出来うる限り公平に扱われる「べき」である、と。
そもそも、その理由は何処から来るのか。

何故に公平性は奨励されるべきものであるのか。
其の理由は、「人がよりよく生きてゆく為」でありました。
人が、より幸福に生きてゆく為に、公平性が必要であると言う事です。
それは、「自分が不利益を被るから」と言う理由では決してありません
(この理由ならば、自分が関係ない事ならば不公平でも良いと言う帰結を齎します)。
自分が不利益を被る事に怒る者は、他者を全て支配し尽くすまで其の邪な剣を振るうでありましょう。
其れは、赦されざる我侭です。
はっきり言わせて頂きますが、「あいつらはずるい」と言う考えは、所詮低俗な文化に過ぎませぬ。
そのような考え方に、意味などない。

公平性が保たれていない事に「悲しむ」其の動機は、全ての人類の、最も多くの幸福を願うが為です。
憎しみや、怒りは、下等な感情であり、己は自らの憎しみと怒りを支配しなければなりません。
それが制御できないのは、子供の所作です。
怒りを見せる事によって、世界がよりよく変わって行く、その時だけは、人は怒らなければ成りませんがね・・。

169 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/24 00:36:19 ID:Ld7RicJ7
己が不利益を被った時、怒りを覚える人間よりは、
悲しみを覚える人間になるべきです。
そして、己の不利益が、他者の不利益である事が人には必要なのです。

何かを求めて激しく生きても、手に入れれば次のものが欲しくなり、永久に満たされる事はありませぬ。
今あるものを愛する事でしか満たされないのであれば、刹那の快楽を求めて彷徨う事に意味があるのでしょうか。

・・・人は常に、世界を支配する事を目指さざるを得ない。
ですが、世界とは、自分自身の事なのです。
何かに不快な感情を想起させられる己自身を支配する事が、
今既にあるものを愛する事に繋がります。
其れが、「世界をよりよく支配する」と言う事の意味です。

所詮、「他者」という環境に、心を惑わされるのは、己自身の心のあり方に問題があるのです。
心は世界を反映し、世界は心を反映している。
己にとって何が重要なものであるべきか、
今一度よく考えてみればよろしいでしょう。

他者の利益、不利益如きが、本当に、己にとって重要であるべきものなのでしょうか。

170 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/25 23:50:29 ID:TVW61XNf
人の夢とは墓無い物だ。
全て消え去る其の先を知りながら何を求めて彷徨うのか。
意味が、理性を殺す。
理性は、所詮手段に過ぎない。
何が主人か。
少なくとも、理性は何かの奴隷である。

171 :朝まで名無しさん:04/11/26 01:31:27 ID:iO7VU1ze
あーニヒリズムは適当に。
より良く生きていきましょう。
哀しくても、腹が減ったら飯食わなくちゃいけないし

この手の思考は所謂遊びだから…
高校生の時に終電が無くなるまで
河っぺりでよく語り合ったのを思い出したよ。

あの時はお金がなくてビールとか買えなくて
スモーキードッグスとかいうウイスキー飲んでたよ。

若い時に思考を巡らすのは
それだけで意味があるよね>>死

172 :朝まで名無しさん:04/11/26 21:16:29 ID:zQRuLCQp
死略の屁って臭いん?

173 :朝まで名無しさん:04/11/26 21:18:46 ID:sDzLTcI8
2800人ほど殺したんだよね。10万プラス。。。

174 :朝まで名無しさん:04/11/26 21:20:36 ID:yq2ICBca
     /     ヾ   ヽ、
   /      彡ノヽ    ヽ
   /  ,,ノ-~  ̄  ヽ     |
   |  / へ , 、 ノヾ \ミ  ノ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   /彡| ノ   ヽ    |   ) | がんこに平和。
   ヽ .|   、_っ      |  ノ | 土井たか子支持者でない者は
   `-|  /  _  ヽ   |_ノ ∠  みんな右翼です。
      .|  ノ`-´\   |    \____________
     ヽ'  ⌒  丶 丿
       ,ー - ― '、  民主党共産党と朝日新聞と
     /|ヽ___ノ|ヽ   朝鮮労働党はわが友。

ミサイルであなたの子供が死んでも反撃してはいけない。
それが真の反戦主義者です。報復は報復を呼ぶだけ。
日本人が多数死んでも、反撃・報復はよしましょう。
殺すくらいなら皆さん進んで殺されましょう。

175 :朝まで名無しさん:04/11/26 21:58:28 ID:zQRuLCQp
死略はウンコにとうもろこし入ってたことあるん?

176 :朝まで名無しさん:04/11/26 22:24:06 ID:wXhT5fWG
>>死略
お久しぶりです。以前ウヨサヨ論議の下らないスレで書き込み内容が貴方とダブってしまった者です。なるほどなるほど、こういうときはコテハンであったほうが便利ですね。

さて、あなたの>>150での問いはあなたのハンドルネームが解ということでいいですかね?
対象が見えない「もの」なんていうのは、価値判断する権利を持つ(べき)者にとって意味ある存在とはいえないですから。


177 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 09:57:14 ID:vgrDh4WM
>>176
私にとって貴方のその言葉はいくつかの仕方に解釈できますから、
もっと仔細を語って頂きたいのですが・・・
判断を行うに当たって認識していないものは判断できないわけですが、
そもそも判断を行う事で其の重要性が決定されるとは私は考えません。

ただ、「判断」と言う概念は、重要性を考える上で有効な概念です。
そもそも、人は、これは重要だ、これは重要でない、と、どのような仕方で判断するのでありましょうか。

耳にする殆どの言葉、目にする殆どの文章は、完全形をしておりませぬ。
其の殆どは略されております。
「これは重要だ」と言う言葉は、
「これは(主語)にとって重要だ」と言う事ができる様に、少なくとも主語が省略されています。

>「世界で最も重要な【もの】とは何か」

とは、私にとって世界で〜」とも言えますし、
貴方にとって世界で〜ともいえます。
しかし、其れは、意味のない疑問文でしょう。
>「世界で最も重要な【もの】とは何か」
とは、少なくとも、私が他者に、人間に向かって語りかけると言う状況を踏まえる以上、
「人類にとって世界で最も重要な【もの】とは何か」
「生命体にとって世界で最も重要な【もの】とは何か」
「全てにとって世界で最も重要な【もの】とは何か」
少なくとも、これらの疑問文を意味しています。

178 :朝まで名無しさん:04/11/27 10:00:36 ID:4eXxNnZR
あしたデモするんで参加よろぴくー。
http://antigovernment.hp.infoseek.co.jp/


179 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 10:01:52 ID:vgrDh4WM
しかし、実はこれらも粗雑な文章でした。
より正確に書きますと、「判断」を含む認識が、理性によってなされ、
理性だけが重要性を把握できる事を踏まえれば、

「理性にとって世界で最も重要なものと判断できるものとは何か」

この疑問文こそがより精錬された形となるでしょう。

180 :朝まで名無しさん:04/11/27 10:08:50 ID:ifxzhDE2
>>1
難しい問題だよなぁ
日本国家としてアメリカの戦争に反対の立場を取るには、まず日本が自国の防衛は自分で出来る普通の国にならなきゃ無理だと思うよ

個人的にはアメリカの戦争は反対、アメリカは国益の為なら戦争をしてもいいと思ってる馬鹿だし
けど俺が今の現状の日本の政治家ならアメリカの戦争を支持するよ

181 :朝まで名無しさん:04/11/27 10:11:03 ID:1SbkOAuf
>>1が一番うろたえている訳だが

182 :朝まで名無しさん:04/11/27 10:15:09 ID:ifxzhDE2
>>1氏は護憲派と見た

183 :朝まで名無しさん:04/11/27 10:22:48 ID:CaJiRhDF
>>1
香田さんだって、無神経な日本人の一人なんだぜ。
日本は、イラクに戦争を仕掛けた当事国の仲間。つまりは侵略者だ。
そんな日本の国民が、何でイラクに見物に出かけるのか?
イラクの民衆が、アメリカ人と日本人は違うって考えてくれると思ってたのか?
結局、日本が加害者の一員であるって認識が無いんだよ。
だから、悲惨な目に遭っているイラクを、見物に行く事ができるんだ。

184 :朝まで名無しさん:04/11/27 10:23:26 ID:ifxzhDE2
スレタイ見て思った
日本国民全部に罪を押しつけんな

責任は今まで日本が防衛の為の軍隊を持つ為の憲法改正に反対して来た奴らにあるよ
日本にアメリカ軍に守って貰う以外の防衛手段があれば、アメリカの戦争に国家として反対する事も出来たよ


185 :朝まで名無しさん:04/11/27 10:29:48 ID:ifxzhDE2
平和憲法、平和憲法!護憲、護憲!改悪、改悪!って言ってる奴らが、日本をアメリカの戦争に付き合わせたんだよ
まずは自分達の護憲の行動が日本をイラク戦争に参戦させたって言う自覚を持て

186 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 10:33:59 ID:vgrDh4WM
>>180
君は国民であるのに何故に政治家の思考で物事を考えるのであろうか。
政治家の思考というものは大勢に於いて「国」「民」の利を考えてはいまい。

>>181
私はうろたえてますが、
それは大衆の思考の幼稚極まる有様を目の当たりにしたが為です。
情報操作に見事に踊らされ、其れを看破する事もできず見事に翻弄されまくる其の有様は、
とても情報化が進んだ現代人の行動とは思えない。
私が此処で愚弄しまくれば多少は目が覚めたりしないものですかね。

大衆の思考が陳腐なのであれば
其れを利用するのが当然の在り様でしょうが、私は(今は)猿回しをするつもりなどない。
だからせめてKCGの馬鹿共が猿をけし掛けてこない様に少々楔を打て邪魔をしている「気分」に浸ってみているわけです。
まぁ、他の連中の仕事なんですけどね・・・。

>>182
>>134見ておいてくださいね。

>>183
香田さん事件はあくまで潜在的にあった状況が表面に現れた事しか意味しておりませぬ。
別に香田さんが殺されなくともあのような現状は存在し、「其れが問題」なのです(つまり侵略者である事が問題)。
目に見える結果だけが重要なのではありませぬ。

>>184
国民すべてに責任がある事は本文で証明しております。

187 :朝まで名無しさん:04/11/27 10:44:07 ID:ifxzhDE2
>>186
国民全てに責任があるんかな?
とにかく正義のある国でいたいってのは同意なんだけどな。
つか、今後は国民も責任を感じてアメリカの侵略戦争に付き合わない国になろうって事でしょ?

その為には日本が今後すべき事は何?

188 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 10:53:58 ID:vgrDh4WM
>>187
>国民全てに責任があるんかな?
失敬、民主主義を論拠にする以上、選挙権の未だない人には責任はありませんでした。
それ以外ですね。

>その為には日本が今後すべき事は何?
一つ、人々が公平に、効率よく議論をし合う事の出来る場を公式に設けるべきでしょう。
メディアが自浄能力を持てば手っ取り早いのですが、
構造上の問題によって使えぬ塵と化している以上、それに頼る事はできませんからねぇ・・・。

一つ、政治家、及び官僚の質を上げる事です。
あの有様を見てください、馬鹿しかいません・・・・笑
其の為には、議員については職についてから何時、何処で何を意見し、何をしてきたかをはっきりと
示す必要があります。
この議員は何の政策に賛成したのか、反対したのか、其れが判らなければ
告ぎどの議員に投票するべきかもわかりませんからねぇ・・。

189 :朝まで名無しさん:04/11/27 11:02:03 ID:ifxzhDE2
>>188
なんか難しい考え方するんだな。
俺は日米安保なんか無くても、きちんと自立出来る国になればいいと思うよ
日米安保って軍事同盟なんだし。日本戦争をしない国なんだから、本当はどの国とも軍事同盟なんて組んでちゃいけないと思うし

190 :朝まで名無しさん:04/11/27 11:02:23 ID:4Y0/Y2kv
議論はくだらん.議論という行為そのものがくだらん.


191 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 11:08:05 ID:vgrDh4WM
ざっと考えてこの位は思いつきますが、他にもやろうと思えばやるべきことは多々ありましょうな。
ですが、其れを実行しようとする政治家はまずいないでしょう。
何故って・・・
一言で言うのであれば、「今の議事堂にいる馬鹿共の思考原理は美徳を目指していない」からです。
私は初めからあの爺共に期待なんぞしておりませぬ。
私は私の得意分野で人類に貢献させて頂きます。
後5年もすれば判るでしょう。
15年も経てば少しはまともな世界になっていると思います。
人が死に、国家が滅びても、開発した技術と言うものは滅びませんからね。
イデオロギーも所詮は発明品に過ぎませんが、普及度を考えれば科学技術には遠く及びませぬ。

192 :朝まで名無しさん:04/11/27 11:21:20 ID:ifxzhDE2
>>191
人には政治家の思想で物事をなんたら言ったくせに、そこは政治家のせいにするんだ?
例えば、アメリカ追従は止めよう、アメリカの戦争に反対出来る国になろうってのは、日本人はみんな思ってる事だと思うよ
けどね本当に日本がそういう国になる為に一番必要なのは、優秀で誠実で正義感のある政治家なんじゃなく、国民の覚悟だと思うよ
アメリカ軍なんかいなくても、自分の国は自分で守るっていう覚悟だよ


193 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 11:38:50 ID:vgrDh4WM
自国を守る・・・
何者から己の国家を守ろうと言うのか?

194 :朝まで名無しさん:04/11/27 11:50:29 ID:ifxzhDE2
>>193
さぁ、
守るべき時にはきちんと守る覚悟があるかどうかだよ
どこかの国が攻めて来た時かも知れないし、宇宙人が攻めて来た時かもしれない
泥棒に家財を盗まれてから鍵をかけても間に合わないんだしさ

君には多分、なんの覚悟も無いんじゃないかな?
イラク戦争に参加した責任は君が一番感じた方がいいかもね

195 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 11:51:59 ID:vgrDh4WM
アメリカであったなら言えたであろう。
「敵はイラクにあり」と。
「大量破壊兵器によって大量のアメリカ人が殺される。」

・・・何かを意図しているから宣伝をするのだ。
それが嘘であれば意図は即座にあらわになる。
だが、仮令一部たりとも本当であれば、其の意図は見えはしない。
・・・愚鈍な大衆には。


196 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 11:56:51 ID:vgrDh4WM
己の為に他人を殺す覚悟。
己の欲望の為に他者を犯す覚悟。

汚らわしい欲望を実行する事を、「覚悟」という美しい言葉でごまかすな。

197 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 12:01:34 ID:vgrDh4WM
其れは餓鬼の「度胸試し」に過ぎぬ。

臆病だと思われたくない。

そんな動機で力を振りかざすものこそが、最も卑屈な者なのだ。

真実を見ようとせず、ひたすらに精神論を振りかざし、他人を平気で犯している。

そんな認識力が低劣で、己が何をしているかも判らぬ者共に「覚悟がない」等と「煽られる」覚えは無い。

お前の精神は、「お前、女を犯す度胸もないのか」という台詞を吐ける者の精神と同じものだ。

198 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:03:19 ID:Gbrers/v
>>193
少なくとも私や私の大切な人を害そうとする輩からは守りたいな。
隣に現在進行形の侵略をやってる奴らがいるし。
テロリストだって、あいつらバリバリの犯罪者だろう?

199 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 12:03:25 ID:vgrDh4WM
己が何をやっているかもわからない。
判らない事を隠す為に、過激な論に論拠もなく賛同してみせ、
「俺には覚悟がある」と言ってみせる。

覚悟など、お前にありはしないのだ。

虚勢を張るな、小僧。


200 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:05:43 ID:9kxD+O8P
>>199
虚勢だと何故いえる。

201 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 12:08:25 ID:vgrDh4WM
>>198
ふむ、其れは正しい。



202 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:09:46 ID:w8ywcviX
>>199
若者から虚勢を張って背伸びをする権利を奪うべきではないな。

203 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:11:03 ID:ifxzhDE2
>>196
はぁ?
まず君は絶対に日本は戦争をしないって言う覚悟はあるんか?

戦争って、相手国から攻められても戦争なんだよ?
戦争ってのは、軍事的に強い国が、弱い国を攻める事だよ
本当に戦争しない覚悟があるなら絶対にどこからも攻められたらダメなんだよ


204 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:16:57 ID:9kxD+O8P
>>203
弱い国が強い国に攻め込むこともあるよ。
最も、よほどのことがない限りはないけどね。
ま、関係ないか。

掠奪目的の蛮族に始終攻め込まれてたローマでも言ってたね。
「平和を望むのなら戦争の準備を怠るなかれ」

205 :Dr.NO:04/11/27 12:17:19 ID:dHwfjgAE
>戦争ってのは、軍事的に強い国が、弱い国を攻める事だよ

そうとも限らないけどね。
弱い国でもゲリラ活動やスパイ行為などで
強国に対抗する国はたくさんあるし。
攻め込まれないようにするためにも攻められた時に対応するためにも
軍備不要などありえない話だということはわかるけど。

206 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 12:18:12 ID:vgrDh4WM
>>200
所詮他から垂れ流される情報を受け売りしているだけであり、
其処に論拠などないからだ。
そして「知ったかぶって」おる。
その証左に、「アメリカ軍に依存しない、日本独自の軍事力」を持つ事が、
何故に国民を守ること最も有効なのかを論じる事がない。
「自立、覚悟」
美辞麗句を並べ立て、煽るばかりだ。
そして、煽られた者が虚勢を張っている。
戦中もそうであったな・・・。
背景を述べれば、これら言説は「自分で自分の国を守る軍隊もないなんて情け無い」という所詮感情論に過ぎない。

自国を守る手段は、経済力、軍事力、地理的要因など様々ある。
私にとって大衆心理は、「餓鬼」が、「煽られて」、「都合よく利用されている」だけにしか見えない。
「得をするのは」
大衆としての国民などではない。

諸君が愚かさ故に損をするのは、どうでもよい。
だが、其の為に多くの他者を殺すのであれば、私は赦さぬ。

207 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:19:10 ID:ifxzhDE2
>>197
例えばね永世中立国ってわかる?
日本は戦争破棄した国なんだから永世中立国を目指すのが本来の姿なんじゃないかな?
ただね、本当に永世中立国になるには、防衛の際には自分の国は自分で守るって言う覚悟がいるんだよ。

例えばスイスはね、永世中立国になる代わりに、国民全てが軍人見たいな観念なんだよ。徴兵ももちろんあるし


208 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 12:20:25 ID:vgrDh4WM
>>203
だから、何処の誰が責めてくるのかね?
それでは、唯の妄想だ。

だから、「餓鬼が虚勢を張っているだけ」にしか見えぬといっておる。

何も判らない分際で威勢のいい論を支持する心理は餓鬼特有のものだ。

209 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:20:42 ID:ifxzhDE2
>>204
つかアメリカに宣戦布告した日本を例にあげればいいのに^^

210 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 12:23:50 ID:vgrDh4WM
軍隊などいりはしないのだ。

世界最強のアメリカ軍を以ってしても119のテロを防ぐ事は敵わなかった。

軍隊がいると言っているものは、受け売りをしているだけだが、
其のプロパガンダの大本の出所に、何故に気づくことが出来ないのだ。
何者かが、軍隊である事を望んでいる。

100万の、飯を食らい、維持費のかかる軍隊よりも、1発の水爆の方が優れた戦力である。


211 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:24:05 ID:9kxD+O8P
>>206
経済力は永続的な安全保障を齎さないよ。
むしろ軍事力無き経済は掠奪目的の格好の標的だ。
あのヨーロッパ中世の経済大国ベネチアは地中海最大の海軍国家だったからこそ経済大国たりえたんだ。
オスマン・トルコやスペイン帝国が台頭してきてからの落ち目ぶりはひどかったし、最後には軍事大国フランス第一共和国によって独立を失って今ではイタリアの地方都市だ。


212 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:26:31 ID:9kxD+O8P
>>210
世界一水爆を持ってるアメリカがやられたじゃないか。
核兵器は危なすぎて使えねぇってのは世界の常識だよ。

213 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:28:29 ID:ifxzhDE2
あと自衛隊が国を守れるって勘違いしてる人多いでしょ?
自衛隊は人殺したら殺人犯だよ。
逮捕→裁判所→正当防衛が認められれば無罪
自衛隊は「正当防衛」しか人を殺す事は出来ないよ
国家防衛の為に誰かを殺したら殺人犯。軍事法と集団的自衛権が無い国に防衛は出来ないよ

214 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 12:31:32 ID:vgrDh4WM
>>211
勿論要素は複合的なものであり、又一般的な話をしているのではありませぬ。

>>212
核は使いません。
核の目的は抑止力です。
さらに、国土を持つ「国家に対しての効果」しかありませぬ。
隣の危険な国家対策はこれで十分。

そして、テロを如何にして防ぐのか。
それは、>>82で述べました。

遺恨を買う軍隊なんぞ初めから不要。

215 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:34:25 ID:ifxzhDE2
>>199
覚悟あるっての
俺らのじいちゃん世代の人たちが沢山亡くなって、戦争にも負けて、でもそんな中でも頑張ってここまで経済的に豊かな国にしたんだよ?
そんな日本を俺ら世代が守るのは当たり前だよ


216 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:41:14 ID:9kxD+O8P
間違い見つけたから直そうと戻したら、文章が全て跳んだ・・・orz

>>82って結局理想論じゃないか。
それに軍隊がテロの原因になるというのはむしろ少ない。主に宗教や政策などの政治に属する事柄が大半だ。
中にはオウム真理教みたいな奴が武装ゲリラになってアフリカのウガンダ辺りで暴れまわってるし。
第一、テロリストやゲリラなんて言うのは暴力に寄らないと自分の主張が達成できないって言う奴らがやってんだから、この意見は無理だろ。

217 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:41:40 ID:d0HJ0Lv0
>>215
日本はアメリカの世界戦略上の必要で繁栄することができた。
つまり、アメリカの手のひらの上で転がされて豊かになったんだよ。

守ると言っても、アメリカから日本を守る覚悟はあるの?
つまり、日本を守ることはアメリカによる日本の半占領状態を終わらせることから
始めなきゃいけないんだよ!

218 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:41:40 ID:ifxzhDE2
>>208
どの国でも可能性あるっての
軍隊が100人しかいない国が日本に対して宣戦布告して船で100人乗せてやってきて、街中でバンバンやり始めたら、日本は全面降伏しか手段がないよ
100兆円よこせって言われたら応じるしかないよ
きちんと軍事法の元、防衛の為の軍隊を持ってたらこんは戦争起こらないよ。
船を沈没させられるから日本まで来ないし

219 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:42:45 ID:w8ywcviX
>>213
確かに。
交戦規定を早く確立しないとな。

220 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 12:44:55 ID:vgrDh4WM
・・・私が最も懸念するのは、
核の開発をテロリストが行う事だ。
そして、それは将来に於いては実際になされるであろう。
国土を持たないテロリスト、その時に我々が取れる対抗手段は「無い」。

だからこそテロリストなどと言うものは放って置けばよいのだ。
真剣に日本の事を考えるのであればアメリカを盾にしておくが上策。
核を打たれた時に愛するものを殺される覚悟が諸君にはあるというのか?
其れは覚悟と言えるのか、大いなる勘違いをしている。
臆病者と罵られようが知った事か、誇りは大儀の為に取っておけ。
それが日本を守ると言う事だ。
早々に自衛隊は「撤退させる勇気」「が必要なのだ。
・・・真似をして煽ってみたわけだが。。。。。

221 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:45:20 ID:9kxD+O8P
>>218
それは極論だろう。
いくらなんでも百人だけだったら日本国民が団結すれば何とかなるし、警察だっているんだかろうから。
最も、警察も拳銃もって対人戦闘訓練やってる武装組織だから解体せよっていう思想だったら万事休すだな。

222 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 12:46:52 ID:vgrDh4WM
>>218
>軍隊が100人しかいない国が日本に対して宣戦布告して船で100人乗せてやってきて、
>街中でバンバンやり始めたら、日本は全面降伏しか手段がないよ

其れは、在り得ません。
この地球上にそんな国家は無いです。
あるなら教えてもらいたい。

223 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:47:10 ID:ifxzhDE2
>>210
「テロとの戦争」って言葉はブッシュが軍事力を行使する為の大義として作った造語

戦争でテロを無くす事なんて無理。戦争がテロリストを生むんだよ
パレスチナとイスラエル見れば誰でも解る

軍隊ってか軍事力はテロと戦う為じゃなく、戦争しない為の防衛手段として全ての国家が持ってるんだよ

224 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:48:11 ID:Gbrers/v
>>220
中国と北朝鮮はどうなるんだ?
日本赤軍やオウム真理教なんていうのもいたな。

225 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:48:20 ID:w8ywcviX
>>221
警察は軍事力としての交戦権を持たない。

226 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:51:53 ID:9kxD+O8P
>>223
>戦争がテロリストを生むんだよ
違う、戦争もテロを生む、だよ。
戦後に戦争放棄してやってない日本だってテロリストが現役で活躍中じゃないか。
演習場の彼方で花火打ち上げるヘタレだけどね。

227 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 12:54:17 ID:vgrDh4WM
>戦争しない為の防衛手段として全ての国家が持ってるんだよ
若いな・・・・
軍隊は、普通、侵略する為にあります。
少なくともロシアとイスラエルは。
>>224
真っ当に国土を持っている国家は核兵器に対しては極めて脆弱です。
日本赤軍やカルトの連中は警察の機動隊が対処できるようになっておればよいと思いますがね。

228 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:55:18 ID:ifxzhDE2
>>217
日本はアメリカ追従して戦争に荷担する国家になるな、アメリカの戦争に反対出来る国になる覚悟ってのはそういう事だと思ってるよ
日本は戦争しない国だもん。参加しちゃダメなんだよ
本当に戦争しない国になる為にはそれくらいの覚悟が必要だよ
アメリカ追従を批判してる人達ほど、多分この覚悟が無いんだろうけどね

229 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:55:40 ID:9kxD+O8P
>>222
なら、百人を百倍して、ついでに人民解放軍って腕章付けさしたら?

230 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:58:12 ID:Gbrers/v
>>227
お〜い、>>207は素通りか?

231 :朝まで名無しさん:04/11/27 12:58:58 ID:ifxzhDE2
>>221
国民が団結して丸腰のまま機関銃に向かってくの? 武器が無いなら俺は逃げるよ
それに警察の人に拳銃持ってるからって、拳銃で立ち向かってくれって言えないよ

232 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 12:59:31 ID:vgrDh4WM
>>229
同じ事ですが本拠地を叩きますから、其れも在り得ません。
核攻撃の反撃が不可能なテロリストと、可能な国家の軍隊は決定的に違います。

233 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 13:02:08 ID:vgrDh4WM
特にコメントする事もないと思いましたがね・・・
>>207
「覚悟」で、国家が守れれば精神注入棒で以って国民全員の尻を1000回叩きます。
今問題にしているのは、「どういう手段が最も問題に対して有効なのか」と言う事です。

234 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 13:04:30 ID:vgrDh4WM
そろそろ出かけます。

235 :朝まで名無しさん:04/11/27 13:05:02 ID:Gbrers/v
>>229
あんた核兵器に夢見すぎ。
ベトナムの頃のアメリカ空軍がこれからはミサイル万能の時代だって言って機銃はずしたF−4で行ったら、ソ連製の戦闘機と書く当選でコテンパンにされて慌てて機銃付け直したって言うのと同じ。
第一、本拠地叩かれても日本占領したほうがお得だっていう所はどうするんだ?
それにミサイル基地に特殊部隊が大挙して送り込まれたら終わりじゃないか。
まさか警察の機動隊に精鋭部隊の相手をさせる気か?

236 :朝まで名無しさん:04/11/27 13:05:17 ID:8wGcRJnG
死略は>>207に意見はないの?

237 :朝まで名無しさん:04/11/27 13:08:58 ID:8wGcRJnG
ここのコテ達で朝生やったらどうなるかな…

しゃべり場みたいになるのかな…

238 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 13:09:48 ID:vgrDh4WM
スイスと日本の最も大きな違いは、海に囲まれているか、いないか、です。
この差は決定的でして、海を渡ってくる前に対処する事に特化する事で
軍事力を減らす事が日本では可能なのです。

>>235
>第一、本拠地叩かれても日本占領したほうがお得だっていう所はどうするんだ?
そのような状況は私は未だかつて見たことがありませので教えていただけますか。
>それにミサイル基地に特殊部隊が大挙して送り込まれたら終わりじゃないか。
ミサイル基地の場所は当然極秘です。
何なら海底に埋めておけばよろしいでしょう。

239 :朝まで名無しさん:04/11/27 13:15:48 ID:Gbrers/v
>>233
覚悟がなければ誰も戦えないよ。
ついでにテロリストを根絶させるにはテロリストの要求を呑むか、奴らを全滅させるか転向させるしかないな。
で、アメリカは奴らの要求なんて自国民だけでなくイラク国民の為にも呑めるわけないからイラクで戦っているんだよ。
アメリカが撤退すれば内戦必至だからね。
そして日本もアメリカの安全保障の庇護下にあり、かつ湾岸戦争での屈辱を繰り返さない為にも自衛隊を派遣したんだよ。
あんたの手段だと、アメリカ怒らせて日本の安全保障がヤバクなる上に、侵略国から見れば邪魔となる国防の手段を持たない格好の獲物になるんだよ。
侵略国は永世中立を標榜しようが攻めてくるのは、第二次世界大戦のベルギーを見れば分かる。
それに水爆の管理や運用を警察程度の武力で何とかできると思ってんの?
むしろ警察以上の武力を持った奴らに奪われるだけだ。
それに化学テロや9.11テロのようなテロ攻撃、更にゲリラに対して警察に対処できるわけなかろう。
軍隊と対抗できるくらいの武力を持つからゲリラなんだ。

違うというなら、貴方の想定するゲリラの武力を教えてくれ。

>>234
いってらっしゃい。

240 :朝まで名無しさん:04/11/27 13:20:07 ID:ifxzhDE2
>>238
日本は敵国にミサイル撃てないよ。
相手国のミサイル発射基地を叩けるってのは妄想。日本は国家としての集団的自衛権を破棄してる国だよ。また軍事法もないから殺人だよ

だからアメリカ軍が日本にいるんだよ

241 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 13:25:24 ID:vgrDh4WM
>>239
>覚悟がなければ誰も戦えないよ。
覚悟は無くともミサイルは飛んでいきます。

>ついでにテロリストを根絶させるにはテロリストの要求を呑むか、奴らを全滅させるか転向させるしかないな。
いえ。テロリストを生み出す原因を除けばよいのです。個これ半値は既に述べていますから過去レスを読んでください。

>で、アメリカは奴らの要求なんて自国民だけでなくイラク国民の為にも呑めるわけないからイラクで戦っているんだよ。
>アメリカが撤退すれば内戦必至だからね。
ははぁ、イラク人の為にテロで自国民を殺される危険を冒しながら助けに行くなんて、すばらしい(お花畑な)国民ですね。

>そして日本もアメリカの安全保障の庇護下にあり、かつ湾岸戦争での屈辱を繰り返さない為にも自衛隊を派遣したんだよ。
下らない誇りですね、騙されている事にいい加減気づいてください。

>あんたの手段だと、アメリカ怒らせて日本の安全保障がヤバクなる上に、侵略国から見れば邪魔となる国防の手段を持たない格好の獲物になるんだよ。
アメリカは怒りません、>>51あたりを読んで於いてください。
国防の手段は書くがあると述べたでしょうに・・・。

>侵略国は永世中立を標榜しようが攻めてくるのは、第二次世界大戦のベルギーを見れば分かる。
当然です。

>それに水爆の管理や運用を警察程度の武力で何とかできると思ってんの?
>むしろ警察以上の武力を持った奴らに奪われるだけだ。
其れは警察の規模によります。

>それに化学テロや9.11テロのようなテロ攻撃、更にゲリラに対して警察に対処できるわけなかろう。
>軍隊と対抗できるくらいの武力を持つからゲリラなんだ。
軍隊と警察の違いは、武力の面からは「無い」です。

>違うというなら、貴方の想定するゲリラの武力を教えてくれ。
一回の攻撃あたり多くて数十名の特攻兵。
それ以上の戦力ならば把握できます。

242 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 13:27:03 ID:vgrDh4WM
もう出かけますが・・・
>>240
ミサイルを打つ必要はありませぬ。
核は所持しているだけで十分です。
打たれたら、自衛権によって打ち返せると言う事実だけあればよいというものです。


243 :朝まで名無しさん:04/11/27 13:31:01 ID:w8ywcviX
核兵器万能論者か・・・
軍板あたりで手解きを受けた方が良さそうだが・・・

聞く耳など持たんのだろうな・・・

244 :朝まで名無しさん:04/11/27 13:31:03 ID:9kxD+O8P
>>238
結局は軍隊が減らせるだけじゃないか。
そんなの軍事評論家では当たり前のことだよ。

独裁体制で、しかも国内がえらく貧乏で、掠奪でもしなければ生きていけない上に、国民の命を屁とも思っていない。
海の向こうにある、某国達の事だよ。俗に蛮族とも言う。
それに見返りは世界第二位の経済大国そのものだよ。本拠地叩かれても利得のほうが大きいと思う国は多いだろう。
第一、水爆一発だけなら、どうやっても都市が一つ吹き飛ぶだけだ。
別に国土そのものが荒野になるわけでも、国民が消滅するわけでもない。
それに国土の一部だけに侵略されたら、いちいち水爆を打ち込むの?
過剰防衛だって世界中から非難されるのがおちだよ。
現に中国だって自国の領土だと主張してる南シナ海で核を持たない東南アジア諸国と対立してるけど核兵器使ってないじゃないか。

だ、か、ら、極秘って行ってるけどバレたらどうするんだ?
しかも海底に埋めるって、掘り出されたり核爆雷で破壊されたり、第一、整備はどうするんだ?
核兵器はこまめな整備が必要だぞ。
まさか海底基地造るって言いませんよね?

245 :朝まで名無しさん:04/11/27 13:33:09 ID:ifxzhDE2
>>242
集団的自衛権が無いって事は自衛権が無いんだけどね
どの道憲法改正は必要だよ

246 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 13:33:42 ID:vgrDh4WM
・・・一つずつこまめに反論するのが面倒なので言わせていただきます。
たかがにちゃんねるの軍事版云々と、馬鹿なことをほざいていますが、
ゲーム理論程度を理解してから論じてください。
。。。馬鹿馬鹿しい。

247 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 13:34:51 ID:vgrDh4WM
因みに海底に埋めるというのを、本当に埋めるわけが無いでしょうが。
海底に基地を作らないでどうやって埋めるのですか。
整備が必要な事くらいわかっているでしょうが。
ふ〜。

248 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 13:35:56 ID:vgrDh4WM
>極秘って行ってるけどバレたらどうするんだ?

ばれませんよ。
なぜなら一箇所と限らないのですから、何箇所所在地がわかっても全て把握できません。

249 :朝まで名無しさん:04/11/27 13:36:39 ID:w8ywcviX
>>246
OK
聞く耳持たないならここまでだ。

250 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 13:37:29 ID:vgrDh4WM
何も論じていない分際で何を言っておるのだか。
阿呆の典型。

251 :朝まで名無しさん:04/11/27 13:38:33 ID:w8ywcviX
感情的になっているな。

252 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 13:40:18 ID:vgrDh4WM
見れば判る。
私はこんな下らない次元の話をしたいのではないのだ。

253 :朝まで名無しさん:04/11/27 13:40:52 ID:ifxzhDE2
やっぱり軍隊持つ覚悟が無いんだろうな。
死ぬのは嫌だし、殺されるのも嫌だしね
だから有事にはアメリカ軍に戦って貰うってのも方法論としてはあるけどね
けど、それを選ぶなら日本は今後、アメリカの侵略戦争を全て支持してかなきゃって国になるよ
戦争をしない国なのに戦争にも参加してるし

自分の国ぐらい自分で守れる当たり前の国にしたいんだけどなぁ。大和の魂とサムライの魂を持った国なんだし

254 :朝まで名無しさん:04/11/27 13:41:07 ID:9kxD+O8P
>>246
ゲーム理論では非合理的な発想をする輩も含まれるんだけど?
それに人は全て合理的な選択をするって言うのは自由経済至上主義の奴しか信じていない妄想だよ。
テロリストや独裁者になった革命家みたいなのは合理的な理由よりも非合理的な自分の理想の実現の為に戦うって言う奴もいる。
それにゲーム理論自体今だ未完の学問だって事分かって言ってる?

それよりイラン心配だろうけど、早く出かけないと遅刻するんじゃないか?

255 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 13:42:17 ID:vgrDh4WM
>やっぱり軍隊持つ覚悟
・・・馬鹿か。

其の覚悟は何の為に持つのだ?
意味の無い覚悟である。
一人で虚勢を張ってい給え。

256 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 13:44:33 ID:vgrDh4WM
昼食を食べに行くだけだが、その後は調べものの為に遠出するので帰ってはこない。
>>254
ふむ、其の指摘は重要だ。
だが「己の合理を遂行する」と言う点では変わらない。

257 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 13:45:13 ID:vgrDh4WM
因みに学問は全て完成していない。

258 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 13:45:43 ID:vgrDh4WM
形而上学などはある意味完了してはいるがな・・・笑

259 :朝まで名無しさん:04/11/27 13:47:27 ID:9kxD+O8P
>>255
私的には、これまで生きてきた中で、更にアフリカで国家が機能していないときの悲惨さを見るにつけていかに国家が大切かがよく分かったから。
私自身、いや私の大切な人たちのためにも国家を守る。そしてこれまでの議論の中で国家を守る為に軍隊が必要なのかが分かった。
だから、いざとなれば私は軍隊に入って侵略者と戦う。大切な人を守る為にも。そういう覚悟だ。

あかん、私の文章では心の衝動を表現し切れん。

260 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 13:48:49 ID:vgrDh4WM
ですから陸続きの国家と海に囲まれた日本では事情が違うのだと・・・

261 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 13:51:53 ID:vgrDh4WM
嗚呼、失敬、誤読しました。

因みに私にも覚悟はあります。


262 :朝まで名無しさん:04/11/27 13:53:44 ID:9kxD+O8P
>>261
どういう?

263 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/11/27 13:59:56 ID:vgrDh4WM
私は、世界に於ける権力者が、その地位を保つ為に悉く邪悪である事を知っていますが、
悪しき者共を全て滅ぼす事を目指すが故に、私自身が猛悪と呼ばれざるを得ない存在となる事を甘んじて受けます。
そうならざるを得ない事は、この大衆の愚鈍さを見ていれば明らかです。
人々には真実など見えはしない。

264 :朝まで名無しさん:04/11/27 14:01:03 ID:9kxD+O8P
>>260
だから事情は違うけど、それはただ単に国防での話でそれで軍隊なしで侵略を防げるわけでもないだろう。
第一、相手の軍隊に渡洋能力があったらどうするんだ。
それに、防ぐには海空軍が必要になると思うが。
神風は夏にしか吹かんぞ。

265 :朝まで名無しさん:04/11/27 14:04:56 ID:9kxD+O8P
>>263
それじゃあ、武力無しに具体的にどうするんだ?日本に引きこもっているだけじゃあないだろう?
それに権力者を邪悪というけれど、必要悪という言葉知ってる?
それに権力者→悪じゃない。悪人→悪の権力者だ。善良な権力者だっているんだぞ。
もっとも、理想追い求めすぎて理想からはみ出す現実の部分を排除しようとして弾圧や虐殺を繰り広げる奴が多いけど・・・

266 :朝まで名無しさん:04/11/27 14:07:10 ID:9kxD+O8P
ただ言うだけで、まだやっていない覚悟は虚勢だって言ったじゃないか。
きっと、その邪悪な権力者達とやらを追い詰める何かをしているんだろうな?
ま、カッサンドラの予言にならないようにな。

267 :朝まで名無しさん:04/11/27 14:22:28 ID:ifxzhDE2
>>255
戦争に負けた世代の人達が死ぬほど頑張って築いた国ってのと、後は国家として世界一古い国って言う誇りと伝統と文化。
日本は日本だよ。神話時代から続いてる国だよ

268 :朝まで名無しさん:04/11/27 14:53:52 ID:SeXi9C0R
>>263
>人々には真実など見えはしない
でも自分には見えるとw
じゃあそれ証明してみろ
な〜んてやぼなこと言ってもしょうがないかw
科学上の真実は別としてその手の真実は人によって違う
ということで手を打たないか、どうだ?

269 :朝まで名無しさん:04/11/27 15:13:13 ID:ifxzhDE2
国家として軍隊を持つ事にこれだけアレルギーを感じるのって、戦後教育の影響なんかな?
戦争に行った俺のじいちゃんは国防の為に軍隊は必要だって言ってたよ
ただ戦争は絶対にしちゃいけないとも言うよ
戦争の話すると悲しくて、この年になっても思い出すだけで涙が出るぐらいみんなが悲しい思いをしたんだって教えてくれるしさ


270 :朝まで名無しさん:04/11/27 16:59:47 ID:CiCxJ9Wk
>>269
よくそういう話を聞くけど、根本的に間違えてるのは「戦争したから」と「戦争に負けたから」とを取り違えてるところだな。

271 :朝まで名無しさん:04/11/27 18:13:34 ID:4vdv+gsP
死略の主張は社民党と同じだな。
福島瑞穂と同じなんだよ。
お前等多少なりとも知識があるならこんな馬鹿相手にすんなよ。
こいつの言ってる事は、拉致問題、イラク戦争、中国、韓国による
領土、領海侵犯で論理破綻してることが実証されてるだろ?
自国を自分で守る、これは独立国家として最低限必要なことなんだよ。
軍隊を持つ事に関して、戦前のこととか持ち出してるけど、
こいつの主張は極東軍事裁判に基づいた自虐史観そのものじゃねえか。
もし、こいつのいうような国家体制が今の日本の現状だとしよう。
欧米列強の全アジア植民地化を食い止める事ができたのか?
今日本が抱えている問題はこんなもんじゃすまないだろ。
大体911テロを防げなかったから軍隊不要論、無用論を
唱えてる時点でこいつもうだめだろ?
おまえらもうこんな馬鹿相手にすんな。
社民党の福島相手に議論する事ほどナンセンスな事はないだろ?w

272 :朝まで名無しさん:04/11/27 18:15:58 ID:4vdv+gsP
>>271
下から三行目、無用論じゃなくて無能論な。訂正しとく。

273 :朝まで名無しさん:04/11/27 18:22:53 ID:4vdv+gsP
>>263
死略よ、愚鈍な大衆だの何だのいってるけどさ、そこまで
言うんだから近い将来、政界なり言論界に出てくるんだよな?
いやあ、楽しみだ。その主張をテレビや雑誌で見れるんだな。
赤旗新聞とかじゃないことを願ってるよ。

274 :朝まで名無しさん:04/11/27 18:27:06 ID:oqhRoyPY
自衛隊ってイラクの民間人をテロリストから守る為に派遣されたのじゃなかったのか



275 :朝まで名無しさん:04/11/27 18:32:23 ID:GkizBbYG
まあ少なくとも戦争してる所に売名売国活動に行く馬鹿や、
他人の言うこと聞かずに旅行気分で行って首切られる頭の弱い子を
守るために行っているのではないような。

276 :朝まで名無しさん:04/11/27 21:07:11 ID:EIsk2YUE
>>273
赤旗にもいらんよ>>言ってることが青臭すぎ。
”真剣10代しゃべり場”がお似合い。

277 :朝まで名無しさん:04/11/27 22:43:00 ID:QVqy3rni
今年の流行語大賞は、「死略」だな。

278 :朝まで名無しさん:04/11/27 23:45:57 ID:CiCxJ9Wk
>>274
もちろん違うぞ。
治安維持活動はやらないって最初から言ってるだろーが。

279 :朝まで名無しさん:04/11/28 02:49:00 ID:eVZgwp82
取り合えず、皆さんは何時ごろ自衛隊を撤退させるのがGJとお考えですか?
私はイラク総選挙後にイラク軍が発足してイラク政府ができる頃なら、アメリカも納得するだろうし、不都合も少ないと思われ。
いい加減、中国や北朝鮮、ロシアもきな臭くなってきてるし。

280 :朝まで名無しさん:04/11/28 09:59:59 ID:u4IQdtqI
俺が行っても安全になってる頃

281 :朝まで名無しさん:04/11/28 23:42:13 ID:MRPbO6VP
>>279
問題は、陸自よりインド洋で補給活動中の海自艦艇だ。

282 :???:04/11/29 00:27:32 ID:WJOe7eV8
中東って元々治安がよくないのが恒常状態。元々からアリババと40人の盗賊状態。それが普通。(w


283 :朝まで名無しさん:04/11/30 23:44:41 ID:qM0DYb62
このスレの最初の方、いまいち理解しづらい論理振りかざしてたから
何か俺には分からない高尚なこと言ってるのかなとも思ってたが
化けの皮がはがれて笑った

284 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/01 18:48:16 ID:rJw82JZV
先日は失礼した部分がありました。
近頃己の手に負えない問題を多く見聞きして来た為に精神的に余裕がありませんでね。

>>264
私の意見を簡潔にまとめると、
軍備を備え、国土を持つ国家に対しての備えは核装備で十分、
テロリストに対しては警察の機動隊を強化して対処、
そういうことです。

>>265
善意と、善性は一致するものではありませぬ。
>>266
私の仕事はそういうものに直結しておりますから。
>>267
歴史や伝統など、何の重みもありませぬ。
私はそれらを尊重しますが、
其れは伝統を重んじる人々を尊重するが故であって、伝統に重みがあるからではありませぬ。

>>268
真実は一つです。
唯、人によって真実は違っても「良い」
良い、と言うのは正しいと言う事ではなく、人によって違っても「許される」と言う事なのです。
そういう寛容性が世界にあるという事であり、真実は一つだけ存在するのです。

285 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/01 18:51:14 ID:rJw82JZV
>>271
レッテル針を目的とした駄文を相手にする必要など本来ありませぬが、
一言言わせて頂ければ、それらは的を射ておりませぬ、何処を読んでいるのですかね。
>>273
そのような下らない手法は用いませぬ。

以上。

286 :ある「大学」生:04/12/01 22:24:25 ID:m/UUTLkV
死(略)さんへ

2chでこのような素晴らしいスレッドを見たのは初めてです。
このスレで貴方と議論したいと思いますが、若干ここの趣旨と異なる気が致しますので、
メールによる議論をしたいのですがいかがでしょう?

死(略)さんのレスが着くのを確認次第、早速メールを送るつもりです。

287 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/03 18:19:10 ID:6R1BQ131
>>286
最近特にですが、私は基本的に日々忙しく、自由な時間が余り取れないので、
返事が大きく遅れる事があると思いますが、それでよろしければ、どうぞ。

288 :ある「大学」生:04/12/05 14:53:52 ID:Ex0NGwF4
レスありがとうございます。
早速メールを送らせていただきました。
お時間のあるときに目を通していただければ、と思います。

289 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/07 21:41:32 ID:IoiVdPKg
世界で唯一、全ての人間に平等に与えられるもの。
其れが、死だ。

290 :朝まで名無しさん:04/12/07 22:15:19 ID:lVl/AfJ5
>>289
ネット公開の斬首と、病院での安楽な死は、平等とは思えないな・・・

291 :平和を願う…:04/12/07 22:36:14 ID:dlSlGK9x
ジェンキンスさん達が無事に帰ってきた!

辛かったでしょうホントに良かった。

これからいっぱい幸せになって下さい…

ムカつくーっ!豚め!氏ね!

まだ未解決な拉致被害者のご家族にも
早く吉報が届きますように…

氏んでるよきっと…
どーでもいーよそんなこと…

中国や北朝鮮や韓国ともいつかきっと解りあえる時が来ます…

チョン殺さっさとヤレ!ブッス!

チャン殺に対抗して核武装だ!

早く世界が平和になりますように…。



ハァハァ…

292 : :04/12/08 08:32:58 ID:ZlcVnaMb
うろたえても同情してもいない輩は書き込まなくてもよいかと書き込みたい。

293 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/10 20:10:13 ID:D1P39jHS
>>290
死に至る過程は各々違う。
だが、死と言う結果は同じ事なのだ。

294 :朝まで名無しさん:04/12/10 21:55:07 ID:8a3dqP/e
死(略) ◆CtG./SISYA =1
に聞きたいんだけど、何故米軍のために民間人が何千人も死んだか
分かってて書いてんの?
イスラエルにしてもそうだけど、テロリストが一般人の居住地やら町やらに
拠点を構えている限り民間人が巻き込まれてしまうのは当然のこと。
民間人を殺さずにテロリストだけを掃討することなど不可能なわけで、
それ以外の方法があったら具体的に教えてほしい。

テロリストの方もちゃんとそれを計算してわざわざ一般人の集まるところで
活動している。民間人に犠牲が出ることによって、イラク人や国際世論、
もしくはお前みたいな単純馬鹿が反米になることを狙ってやってるってこと。

テロリストのように民間人を直接標的にしてるのとはわけが違う。
そんな実態も知らずに、分かった風な口きいて正義を振りかざすのは
滑稽だよ。

295 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/14 23:52:52 ID:JRrRI22g
>>294
何千人・・・・?何を寝ぼけた事を言っておるのだ。
イラクに於ける民間人の死者数は既に十万人を超えておる。
民間人十万人を殺しても貫く正義も大儀も、存在しはしない。
テロリストが悪、と宣伝する人間が猛悪である事に気づけない、
そして其の宣伝を盲信する愚か者の頭の悪さは最早罪の域に達しておる。

アメリカがイラクを占領しようとするのはあくまで自国の産業の利益にする為だ。
正義も大儀も、お前のような愚か者を納得させる為だけの宣伝に過ぎぬ。
そんな基本的な事にも気づけぬ分際でえらそうな事を述べるな小僧。

296 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/14 23:54:19 ID:JRrRI22g

テロリストは悪であり、アメリカは猛悪であるという単純な事実を何故理解できぬ?


297 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/14 23:55:11 ID:JRrRI22g

そしていつも被害を受けるのは弱者だ。
其の被害をも、強者は宣伝に利用する。
己の利益を獲得する為にな。

298 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/15 00:01:14 ID:zfONHyKY

まぁ、死の商人共が調子に乗っていられるのも私の研究が完成するまでだ。

ある者が言った。
「力が正義だ」と。
其れは違う。
力が正義なのではなく、力が無ければ正義は行えないのである。
故に、世界にあるは、正義を志す者は力を持たねばならぬという理である。
力が正義なのではない。

命を捨ててでも世界の為に尽くすと誓え。

299 :朝まで名無しさん:04/12/15 00:17:19 ID:YYtfeDOT
何ここ?

300 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/15 21:53:54 ID:zfONHyKY
>糞餓鬼
>>295
に返答せい。

301 :朝まで名無しさん:04/12/15 22:05:36 ID:pZF1W7Ws
>まぁ、死の商人共が調子に乗っていられるのも私の研究が完成するまでだ。

特許はとるの?

302 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/15 22:10:54 ID:zfONHyKY
>>301
取りませんよ。

303 :朝まで名無しさん:04/12/15 22:16:38 ID:G7HnXTPt
死(略) ◆CtG./SISYA氏の意見に激しく賛成。マジメに。
無差別に人を殺すのがテロリストだというのなら世界で一番のテロリストは
アメリカでしょう。
全ての責任をテロリストにしている人は既にアメリカなどにマインドコントロール
されているかと。

304 :朝まで名無しさん:04/12/15 22:45:42 ID:YYtfeDOT
パペットマペットなスレ…

305 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/15 22:52:37 ID:zfONHyKY
他のスレッドを見て来い、私の味方など滅多にいないわ。
愚か者は己の愚かさを指摘された時、其れを支持する者を全て同一人物と見たがるようだが、
其のような妄想をする「知能程度」だからこそ洗脳されると言う事を知れ。

「正論」とは、何者が述べようが正論であり、誰が賛成しようが誰が反対しようが正論である事に揺るぎは無いのだ。
1+1=2という正論を支持するものが有り、支持しない者がいたとしても真実に揺るぎは無い。
事実を事実と、己の思考で判断できない愚か者が「自作自演だ」とほざくのだ。
自作自演を使用がしまいが、
正論である事に揺るぎは無いという当然の事実を理解せよ。

306 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/15 22:54:13 ID:zfONHyKY
そして野次を飛ばす事しか出来ない。

反論をする事が出来ないのである。

そして「文句」を垂れている。

愚かしい事この上ない。

307 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/15 22:58:03 ID:zfONHyKY

よいか、此処で問題にしているのは、【私の論が正しいかどうか】などと言うちんけな事ではないのだ。
そんなものはどうでもよろしい。
「何が正論かどうか」を吟味しているのである。
其れが議論と言うものだ。
大量殺人行為を支持しておきながら人事では済まされぬ。
そうやって「責任放棄」を何時までしているつもりだ?

自己責任を取り給え。

其れは反省すると言う事だ。

反省すると言う事は誤れと言う事ではない。

未来に生かすと言うことだ。

年は幾つだ?言われなければ分らんのか、この国の大衆共は。

308 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/15 22:58:55 ID:zfONHyKY

しかし「自己責任」問う言葉も可笑しなものだな。
笑ってしまうよ。


309 :朝まで名無しさん:04/12/15 23:10:22 ID:YYtfeDOT
πって映画観た?

310 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/15 23:14:09 ID:zfONHyKY
そんな暇は無い。

311 :朝まで名無しさん:04/12/15 23:18:41 ID:YYtfeDOT
真理を悟った男の末路として観たら面白いよ。

312 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/15 23:31:20 ID:zfONHyKY
真理ね・・・・
私の・・・この人の身では原理的に真理は捉え得ないのだ。
だから、ある春に私は彼女に別れを告げた。
彼女を得られると思ったのは若気の至りだ。
私が語る真理は、所詮彼女の残骸に過ぎない、其れは幻だ。
かくして私の初恋は見事打ち砕かれたと言う事だ。



立ち直るのに二年も掛かったわ・・・笑
いや、今も余り立ち直れていないのかもしれないがな。

313 :朝まで名無しさん:04/12/15 23:34:18 ID:KIUdtrFK
超常現象はエシュロンによって起きる
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1103050148/

314 :朝まで名無しさん:04/12/15 23:38:19 ID:YYtfeDOT
理屈っぽいからフラれたんじゃない?

315 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/15 23:43:16 ID:zfONHyKY
唯の隠喩ですよ・・・。
哲学に夢中だった時期があるのでね。

316 :???:04/12/16 00:13:15 ID:xLIemylr
家族とはそもそも同床異夢で暮らしているものだから、家族という枠組みを壊さなければ別に妻が何を考えていても
良い。今日もブランド品を眺めている。(w


317 :朝まで名無しさん:04/12/16 01:18:23 ID:FXcuMh3S
面白いね、このスレ。
でも、百万人殺すとその一方で一億人がハッピーになるというのなら殺しても全然問題無いと思いますが。それが人道的に悪であってもね。


318 :ヴェロン♯kattobooru:04/12/16 01:20:07 ID:IHG1j+O4
死(略)さんへ
自分も上の人同様あなたとメールをしたいのですが送信できません。
真剣にお話したいと思っています、そちらから送っていただけないでしょうか。

319 :朝まで名無しさん:04/12/16 01:26:10 ID:QGkFkzJ4
歯の盗聴機に関する特許

特許番号 出願年
2,161,169 1939
http://v3.espacenet.com/origdoc?DB=EPODOC&IDX=US2161169&F=0&QPN=US2161169

2,995,633 1961
http://v3.espacenet.com/origdoc?DB=EPODOC&IDX=US2995633&F=0&QPN=US2995633

3,156,787 1964
http://v3.espacenet.com/origdoc?DB=EPODOC&IDX=US3156787&F=0&QPN=US3156787

3297021 1967
http://v3.espacenet.com/origdoc?DB=EPODOC&IDX=US3297021&F=0&QPN=US3297021

5,033,999 1991
http://v3.espacenet.com/textdraw?DB=EPODOC&IDX=US5033999&F=0&QPN=US5033999

5,188,109 1993
http://v3.espacenet.com/origdoc?DB=EPODOC&IDX=US5188109&F=0&QPN=US5188109

6,239,705
http://v3.espacenet.com/textdraw?DB=EPODOC&IDX=US6239705&F=0&QPN=US6239705

ペースメーカーなどを利用した体調操作
6,154,676 2000
http://v3.espacenet.com/origdoc?DB=EPODOC&IDX=US6154676&F=0&QPN=US6154676


320 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/16 01:56:38 ID:sTMvph1K
>>318
お送りしましたが、アドレスから察するに携帯でしょうか?
正常に送る事が出来るのか分りませぬが、届いていない場合は書き込みください。

321 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/16 02:37:31 ID:sTMvph1K
>>317
「何が問題か」と、何度私は呟いた事だろう。
問題は多くある、だが、ここで問うているのはやはり、
「何が重要な問題であるか」と言う事なのだ。

世界で最も重要なもの。
それは、「目的」だ。
其れは全ての主観に言える事だ。
目的無しに諸価値は存在しない。
何も買う必要が無く、何も買いたくないのであれば、金と言う手段も無価値なように。

そして、目的を達成する為に「己の存在」は必須であり、前提である。
其れが、人の尊厳と呼ばれるものだ。
(「己」とは、即ち己の肉体、を意味していないが、それ故に)
真には、【「命」が守られなければならない】のではない。
【人の尊厳】が守られなければならないのである。
ただ、其の尊厳は人によって違う。
人によっては己を死に至らしめても守らなければならない尊厳があるだろう。
唯それは一般化できないが為に、人々に共通する一線として、命の尊厳が謳われているのである。

322 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/16 02:50:23 ID:sTMvph1K
続き

「少数を殺しても多数の人間が幸福になるべきだ・・・@」と述べる者は、
其の少数の立場に身を置いて其の言葉を発しているのか。
だが、其の時、其の少数の他者を犠牲に出きる程、「お前は偉いのか」
そして、多数者の立場に在って少数の犠牲を払っても多数者が幸福になるべきと述べる者よ、
「お前は己の為に他者の命を奪う事が出切る程偉いのか」

私はありふれた言葉で、即ち
「少数を殺してまで得る多数の幸福と言う贅沢に意味があるのか」と述べるつもりは無い。

結局、@と述べる者は、己の、利己の為に少数を殺しても多数が幸福になればよいと、多数者の立場で述べているだけなのだ。
其れは、即ち、「私の為に他者が犠牲になって、何が悪いのか」と述べているのである。

其れは挑戦状だ。
私は受け、二点述べよう。
一つ、私は悪党の為に尽くすつもり等毛頭無い、
そして、私の愛する美徳ある人々が、理不尽にも其の存在を消し去られる事は「私が許さぬ」
其れは、「多数か少数かなど関係なく、真っ当な人間を理不尽に抹殺する事は許さぬという事」だ。
数は問題では無い。
其れが私にとっての利なのである。

323 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/16 02:59:07 ID:sTMvph1K
ぬぅ・・・アラビア文字が読めぬ・・・。

324 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/16 02:59:48 ID:sTMvph1K
もう遅いので続きは次回。
暫く留守になる矢も知れぬが・・・。

325 :朝まで名無しさん:04/12/16 03:16:11 ID:/oRjK+sJ
もう寝まつ


326 :朝まで名無しさん:04/12/16 23:12:43 ID:/Tb1VuEn
死略さんは肛門の周辺に、俗に言う「尻毛」は生えていますか?

327 :朝まで名無しさん:04/12/16 23:33:09 ID:iFrflDIg
ここは何を議論してるスレ?

328 :朝まで名無しさん:04/12/16 23:45:59 ID:iFrflDIg
なんだ戦争はダメだよって事を離れた所から小難しく語るスレだったのか…

329 :朝まで名無しさん:04/12/17 03:56:43 ID:kUtblwNy
>>326
門毛のことか?

330 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/20 19:43:34 ID:JXz9a2Ao
文章が滅茶苦茶だな・・・。

331 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/20 23:05:35 ID:JXz9a2Ao
嘗て「サイレント」と名付けた、非殺傷の対人兵器が
実際にこうして射程を全人類に広げるのを見るにつけ、
私は人の業の深さを痛感するのだ・・・

332 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/20 23:27:35 ID:JXz9a2Ao
真に恐るべきものは、目に見る事はしない。
・・・・そうではない、始まりの言葉はこうだった。
兵器は不可知であるのが理想である。

目指すべき兵器は、其れが人々の役に立つと信じられていなければならない。
目指すべき兵器は、争いから最も遠い所にあるものであり、
それでいて全てを支配しなければならない。

そういう風になるように、創ったのだ。
其の邪悪さを人々は知る事は無い。
そして其の弱点を、悪魔の兵器を操る者は知るまい。

・・・そんなものはガラクタだ、下らぬ物に興味は無いのだ。
全を支配するのに特化した闇は、所詮集約された光の力に対抗出来ない。

「個の力を求めると全体の力が失われる」とは何者の言葉であったか。
だが、個の力が全の力に匹敵すれば、話は違う。

未だ見えぬ者よ、
「制御」と、「支配」は、色が似ているな。
私は制御を、君は支配を選んだ。
唯それだけの事だろう。

333 :朝まで名無しさん:04/12/21 00:08:52 ID:Tvv2HzSF
死略さん…

アンタの言ってる事は頭の悪い俺には
難しくてよく解らんが…








ちょっと恥ずかしくないか?

まぁどーせ2ちゃんだし…
匿名掲示板だしアレか?
べつにどって事ないよな。

334 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/21 00:45:43 ID:M+ZqkAMW
「恥」ね。
愚かな行動を行うほどの恥を他に知らぬが、
そういう意味で恥を知るべき者は多くいるだろう。

「他人に合わせて裸でいる行為」が恥ではなくて
「他人に合わせず着物を着る」行為が恥じであるのはいかなる事か。
真の恥を知るべきだ。
自覚無く悪行を重ねる阿呆共はな。


335 :朝まで名無しさん:04/12/21 02:12:42 ID:w0yRwHPw
オナヌーおつかれー
寝るノシ

336 :朝まで名無しさん:04/12/23 00:34:13 ID:Q90Q8LAK
ぐぐって…
ソース出して…
あーだこーだ言って…
またぐぐって…
議論てこんなだったかなぁ…
何か参考書持ってテスト受けてる感じ…。

朝生とかみんな凄いよなぁ…
ある程度の資料はあっても
ぐぐれないし時間に縛られてるし…。

関係ないけどちょっと思った事書いちゃった…

スレ汚しごめんなつぁい。

337 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/26 19:36:49 ID:cn0IC2L1
解答しなければならない問いがある。
今こそ答えを出せ。

338 :朝まで名無しさん:04/12/26 19:48:04 ID:eKDdIfcN
問いは何だ?
簡潔に話してみろ。
前レスを見る暇はない。

339 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/26 20:06:27 ID:cn0IC2L1
いや、友から連絡が来た。
内容は単純で、そして基本的な質問である。
ただそれだけに根が深い問題なのですが・・。
相手の許可なしに内容を公開する事は道義に反する事ゆえ慎ませて頂くが、
いずれ解は、全ての人々にわかる形で示さなければならない。


それでは納得いかないでありましょうから、私から一つ問いを出しておこうと思います。

人のあるべき姿とは如何に。

340 :朝まで名無しさん:04/12/26 20:07:48 ID:eKDdIfcN
死略、答えは自分自身の中にある。
外にはない。

この世に「正論」などない。
あるのは個人の価値観とその集まりだ。
集団になった価値観がその場の善悪、世と負、プラスとマイナスを決める。

人が人を殺す営みなど何も目新しいものではなく、
歴史はそうやって作られてきたではないか。
いまさら何を言っている。

人類の営みとは、あんたのいっているように方向性があるだけだ。
殺戮もその営みの一環にすぎない。
それによって、今の世界は変容し、破滅しても再び再生は為されるだろう。

そういう全体の方向性に個人の力などたかが知れている。
個人が大量殺戮の力を手に入れて、かなりの部分を破壊するのなら
それはそれで、それが方向性だ。

341 :朝まで名無しさん:04/12/26 20:15:52 ID:eKDdIfcN

>人のあるべき姿とは如何に。

これは「人の」でなく「自分の」と置き換えるべきだ。
あんたの間違いは、答えが外にあると思っているところだ。
「自分のあるべき姿」をイメージできないから、一般論に走るんだ。

あんたは観念が勝って、恋愛もまともにできない。
それを何故か、深く考えたか?

世界のあり方を行く末を思い悩むのは現実逃避の部分というより、
あり方を間違えている。

女に、全てを求めるな。
そんな女はいない。

女に真理を求めるな。
女は男にとっては違和であって一致ではない。

342 :朝まで名無しさん:04/12/26 20:23:41 ID:36Lo8RmB
>>339
せっかく答えてもらったんだから、
さっさと返事しろや。

343 :朝まで名無しさん:04/12/26 20:27:45 ID:74mrojPq
罪と罰?
あほすぎる

344 :朝まで名無しさん:04/12/26 20:43:59 ID:eKDdIfcN
香田氏は親が熱心なクリスチャンだったと聞いている。
彼の年齢を考えると、彼は自分のアイデンティティーを模索したに違いない。
信心が持ちにくいこの日本の環境の中で小さい頃から植え付けられた価値観の
ギャップで苦しんだかもしれない。
あらゆる職業を経験したかったのも、外国を放浪したのも、彼が「答え」を
見つけ出したかったかもしれない。

彼の疑問の中心は常に「神」にあったかもしれない。
神の教えと戦争の矛盾。
そういうものを彼自身の目で確かめたかったのかもしれない。

彼の求めていたものは「答え」だ。
それも、身体を張って知ろうとした。
経験を通して答えを知ろうとした実践者だったかもしれない。

信心というものが、人類を救うか?
自分に答えを与えてくれるか?

異国の異教徒の神と自分の神は別物か?
信じるとは何だ?
神とは何だ?

そういうことが、彼の地へいけば確かめられるのか?
彼は答えを探しにあの地へ出かけた。

生きる証を求めてね。
死の瞬間までに彼は何らかの「答え」を得ただろうか?
そうあることを彼のためには祈りたい。


345 :朝まで名無しさん:04/12/26 20:47:03 ID:eKDdIfcN


しかし、以上のことも憶測でしかない。
たったひとりの人間の心情も、他人のものは理解するなどできないのだ。
今まで死んでいった人間の心情も、殺している人間の心情もね。

一番判りやすいのが自分の思考だ。
だから、まず、自分の答えを出すんだ。
すると楽になれる。
余計な意味を考えずにすむようになる。

もし、自分の憶測がある程度正しいとしたら、
香田氏は、自分の問いに実に忠実な男だったな。
バカがつくほどだ。
人間はバカにならなくては判らないこともあるのかもしれないな。


346 :朝まで名無しさん:04/12/26 20:50:18 ID:eKDdIfcN
人類や他人の罪と罰を問う前に、己の罪と罰を問うことが先決だ。
傲慢になっていないか? 
自分が絶対的に正しいと思っていないか?


347 :朝まで名無しさん:04/12/26 21:22:04 ID:WvUSzfmr
>>346
左翼とはえてしてそういうものです。
自分の考えだけが絶対的に正しいと思い込み
それに反対する者は悪と決め付けるのです。
自分は弱者の味方をして、強者に立ち向かっているのだから正しい
に決まってるとでも思い込んでるんでしょうね。
子供のころお母さんに
「弱い者いじめをしてはいけません。逆にいじめられてる人がいたら
助けてあげなさい」
という言葉を真に受け、忠実に実行しているつもりなのでしょう。
思考停止とは怖いものです。
世の中そんなに単純じゃあないんですよ。
弱者=正義
強者=悪
そんな善悪二元論で世の中捉えてる死(略) ◆CtG./SISYA
みたいのがいるから
からいつまでたってもこの世から
争いごとがなくならないんですよね。

348 :朝まで名無しさん:04/12/26 21:32:45 ID:eKDdIfcN
世の中は様々な価値観、立場の人間で構成されている。
極端な人間もいれば、中間の人間もいる。
それでいいと思う。
死略が極端な考えを持っていてもそれはそれで何の問題もない。

ただ、自分がどういう価値観を持っているかをはっきり自覚している人間は少ない。
社会の中でどういう位置付けにいるか、どれ位の影響力があるか、あるいは
その可能性を持っているか。
これを、客観的に知ることはなかなか難しい。
特にリアルではね。

ネットでは、言葉の影響力が見えやすく面白くて嵌るのだろうが、
ネット、特に匿名の掲示板であまり本質的な問いをしても答えは得られないと
思うね。
人の価値観、意見は参考か刺激にしかならない。
こんな安全圏でやり取りしても自分の本質をゆさぶるような経験は得られないだろう。

リアルで恋愛するほうが人の本質を知る近道だと思うね。
屁理屈をこねるんじゃなく素直に本能に従って行動してみる。
大事なことだな。

349 :朝まで名無しさん:04/12/26 21:49:52 ID:eKDdIfcN
争わないということも不可能な話で。
古今東西、人間は己と他者の力関係を図って生きてきた。
(人間に限らず、全ての生物はそういうものだが・・・)

争いがなくなるということは、人が人じゃなくなるということだと思うがね。
憎しみ、悪、破滅があるから、愛、善、融合、再生がある。
もちろん、それが複雑に入り混じっている訳だが。

その力関係のバランスが崩れると、それを立て直そうという力が働く。
破滅と再生が繰り返される。
そして、方向性が持たされる。

目的は何だ?
それが答えだというのなら、そんなもの判るわけがない。
神のみぞ知るだ。
わかった気になった香具師らが実に多いが、それは人類共通認識にはなりえない。
それでは、死略の欲しい答えにならないだろう。

「人のあるべき姿」が判るのは、人を超越して人を見れるモノだけだな。
自分が己の姿をはっきり見れないように、人類も己の姿をはっきり見ることはできないと
思うね。

人は自分の理解できる範囲を生きればいい。
分を知れと。
そう、神はいってるのさ。

驕りが身の破滅を招く。
香田氏のように。


350 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/26 22:40:02 ID:cn0IC2L1
失敬、少々考え事をしていた。

>>340
答えが己の中にあるというのは正しい、
だが、己の外などというものは存在しない。
「己」とは、世界そのものの事である。
己の心は世界を反映している。
そして、世界は己の心を反映している。

世界に正論は存在する。
それは、無矛盾である性質をもつ。
そして、正しい目的と、それに正しい手段を用いる事を示す体系である。
正しさ、とは正当性とほぼ同意だが、何が正当足るのかは後に述べる。

貴君が述べる >「善悪は、正誤は、その場にいる個々人の価値観の集合である」事は事実である。
しかし、それはより正確に述べれば、
善悪は、正誤は、その場にいる個々人の支配力と言うスカラー(量)を備える、
価値観と言うベクトル(方向性)の集合(和)である。
と言う事を意味している。
簡単にまとめれば、
【善悪は現実に於いては力が決定している】
と言う事を述べているに過ぎない。
しかし、重要な事に、それは定義から言って「善悪」では無いのである。
【決定されている善悪】とは、やって良い事、やってはいけない事、である。
しかし、本来の善悪の意味は、以下であった。
悪とは、害のあるものが悪である。
善とは、害を取り除き、又は、幸を与えるものが善である。

351 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/26 22:41:36 ID:cn0IC2L1
見渡してみると、多くの行為、事物は、善性も悪性も共に併せ持つ。
つまり、観点を変えれば、即ち見る人によって、それが害であったり幸を齎す物であるのである事は大体において、常だ。
重要な事は、総合的に見て、その善性と、悪性の、どちらが勝るという事である。
しかし、可能性として、
全ての観点から見て善である事象は、存在し得る。
それを正義と呼ぶのである。
何者にとっても異論の無い善こそが真に正義たる行いなのだ。
其の内に微塵の害性もあってはならない。
これを便宜的に「第一の正義」と呼ばせてもらおう。

・・・・話しは続くが、其の前に風呂へ入ってくる。
偽者の、力ある者が宣伝する「善悪」に騙さるる事莫れ。

352 :朝まで名無しさん:04/12/26 22:43:31 ID:eKDdIfcN
今、前スレを読み返してみた。
他人をバカにして自分の存在価値を見出す人間は品性に欠ける。
バカにすること自体が他者の価値観を意識しすぎているということで
それなりということだ。
これはあくまで自分の価値観の判断基準だが、その辺で人間を見分けている。

驕りを捨て、人をバカにするという比較をやめ、自分の品格を磨く。
それが「あるべき姿」かどうかは判らんが、人格的に成長することが
人間のあるべき姿なのなら、そういうことだろう。

知識や見解はいくらでも簡単に身につけることができるが、品性だけは
なかなか難しい。
だが、めったにお目にかからないが光っている奴がたまにいる。
そういう奴は信用に値する。
人格というのはもともと出来上がっているものではなく、磨き上げて
できていくものだ。

じゃな。

353 :朝まで名無しさん:04/12/26 22:55:14 ID:eKDdIfcN
>何者にとっても異論の無い善こそが真に正義たる行いなのだ。
>其の内に微塵の害性もあってはならない。

どうして、こう思うのか。
その根本を考えたことがあるか?

これは、あんたの思いだろう。あんたがそういうものがあって欲しいと思うから
そういうものがあると思っている。

大いなる善。絶対的に正しい存在。
神でも、理念でも、思想でも、そういう存在を望む自分の心理を思考したことはあるか?

あんたは女に理想を求めた。
それは、あんたの中の偶像、「絶対的にこうではならない彼女」を想定して求めた。
そして、そんなものは存在しないと諦めたのだろう?
それなら、あんたのいう「正義」も偶像じゃないか?

偶像を強く求める心理的傾向。
そういうものをあんたは抱えていないか?
それを分析する気はないのか?
そして、他人の価値観は自分とは決して同じでないし、同じである必要も
ないことを知る。
すると、少なくとも他人を馬鹿にしなくなる。



354 :朝まで名無しさん:04/12/26 23:05:53 ID:eKDdIfcN
>偽者の、力ある者が宣伝する「善悪」に騙さるる事莫れ。

何が偽者で、何が本物なんだか。
本物、偽者を語る物ほど、胡散臭いものはない。

真実は自分で嗅ぎ分けるものだ。
自分の真実は、あんたの真実じゃない。
それは、自分の好きなものはあんたの好きなものじゃないのと同じくらい
当たり前のことだ。

例えば、自分は人を馬鹿にする男はタマが小さいと感じている。
しかし、あんたは馬鹿にできるくらいがタマがでかいと感じている。

そして、↑のような言葉を使う方が余程、品性がないとあんたは感じている。w

こんなのに本当も嘘もないだろう。
何を信じて力を得るかは、その人間の勝手なんだよ。

355 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/26 23:50:42 ID:cn0IC2L1
ふむ、只今。
>自分の真実は、あんたの真実じゃない。

「自分の真実」と言う言葉ほど「我侭勝手で秩序の無いもの」は無いだろう。
ある精神病棟の患者は、己が何処かの大学の教授であると「信じて」いたり、
そんな極端な例でなくとも、中世では天動説が信じられていた。
「真実」や、「正論」が、所詮一人よがりなものでよいのであれば、何もそれをこうして「対話」する必要など無い。
勝手に貴君一人が妄想していれば良いのである。
私が語っているのは君だけの正論ではなく、
広かれた、正当性ある正論である。
そして、それに対する君からの反論は無い。
有るのは、「俺の真実は俺の真実だ」という、「論拠の無い単なる主張」と、
貴君の、私に対する品格の批評だけである。
私は他者を罵倒し、貴君はそれを品性が無いと述べる。
貴君の述べる品格とは、所詮表面だけ良く、行動を伴わない見かけであり、
其の裏では間接的にイラクに於ける虐殺を支持していたり、
多くの民を餓死に至らしめて平気でいる鉄面皮の事なのだ。
それはなるほど、品性高い者の行為だろうな。
それは血も通わぬ、人ではない、良質の「機械」に似る・・・。

君は「意図」を指摘する事に快感を覚え、本質を騙る事無しに揚げ足を取っている。
何が大義かもわきまえず、枝葉の批判だけをしておる。
利己主義者の、勝手な主張だけがここにある。

一言述べよう。
「真実や、他人が己自身と関係ない」等とは、
・・・・下らん人生だ。

356 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/27 00:17:08 ID:uKFs0DDy
>>353
貴君は述べる。
己の心理を考えよ、と。

>そして、他人の価値観は自分とは決して同じでないし、同じである必要も
>ないことを知る。
>すると、少なくとも他人を馬鹿にしなくなる
世界で君だけが数学を理解していれば、君は其の便利さに気が付くはずだ。
そして、其の真理を伝えようとするだろう。
「他の人々も、この唯一の真実を理解できれば、もっと世界は良くなるのに」、と。
人々は、数を知らないが為に損をしている。
人々は、【真に重要な事について同じ見解に達していないが為に惨劇を招いている】

私は!
人々が、己がストロベリーが好きだとか、メロンが好きだとか、その様な「己の真理」について
一致するべきだなどと言う下らない話をしているのではないのである。
ただ、この簡単な、「数」のような、理解しようと思えば理解でき、便利な【事実】を、
理解する事によって、世界をよりよくしていこうと述べておるのだ。

率直に述べよう。
心が痛むのだ。
認識するから心が痛むのだ。
私が、他者を罵倒するのは、とんでもない事をしておりながら、
例えば貴君のように「品格などと言う、言葉づかいや、己が罵倒されたから腹が立つ」程度の、
低次元な認識と、それに対する感情しかもたず、見る事が出来るのに、見ようとしないが為に、
真には己自身が損をしているこの現状を、誰も指摘しようとせず、だれも知ろうともせず、
舞台の上のピエロのように、踊らされているのにそれに気付こうともしない・・・・。
これら現状に対する苛立ちなのだ。

人にとって重要な価値観は、同じでなければならない。
其の必要が無い理由など無い。
それは、世界の惨劇をも認める事だ。

357 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/27 00:32:08 ID:uKFs0DDy
所で>>347は馬鹿か。
勝手にレッテルを貼っていい気になっておる。
所詮多くの人間はこの程度の次元にいるのだ。

・・・・このように罵倒すれば、多少は其の認識力が改まると私は信じている。
いや、それしか、「愚か」と罵る事が「己で考えさせる」には最も有効であろうと考えるのだ。

ID:eKDdIfcNの程度は、私にとっては普通の水準だ。
だから、こうして話していても楽しめる。
まぁ、一般の水準ではなかろうがな。
だがな、一つ、考えてしまう。
・・・・私を知っている人間が書き込んでいる気がするのだ。
妙な親近感が沸くな。


358 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/27 00:39:55 ID:uKFs0DDy
幾つかの助言は血肉にさせて貰います。

さて、「解答」しましょうか。

359 :朝まで名無しさん:04/12/27 00:44:49 ID:aIh48U6A
西部劇ドラマで「理想より人が大事」という台詞に
ハッとした(つ_+)

主義主張は個人の自由であり、責任だと思う

それ以上でも、それ以下でもないのかも。。。


360 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/27 01:04:43 ID:uKFs0DDy
先ず、「何が重要か」
それは「目的」だ。

>>349
では、「目的とはなにか」
人の目的は、「世界の支配」である。
そして、世界の支配する為の合理を求め、遂行する。
人は、それぞれの世界を、より良く支配する事を目指している。

人の「世界」とは、
客観的主観世界と主観的主観世界に分けられる。
いずれにせよ、主観世界が、人の認識構造上、他者の客観的主観世界と重ならざるを得ない以上、
我々は、客観的主観世界という共通の世界を分け合い持つ。
故に、「独りよがりは世界をよりよく支配できない」のである。

例えば貴君が「分をわきまえろ」と述べる行為も、
私が述べる「正義」も、
>>359君が述べる「理想よりも人が大事」も、
等しく、己の世界をよりよく支配する為の合理的手段の提起と考えられる。
但し、己、とは、限定された意味では無いのだ。

私は述べた。
「私に主義は無い」と。
それは、具体的事象の何かに固執しないと言う事だ。
正しい物を正しいと認める精神とは、合理を合理と認める精神である。
「もっと良いものを」と、求める姿勢を、
君は「理想の追求」、「分をわきまえるべき」と述べるのだろうか。
足る事を知れ、か。
しかし、私にとっての「己」は、所謂己自身に留まってはいない。
私は贅沢を言ってはいない。
ただ、「私を殺すな」と、言っているのだ。

361 :朝まで名無しさん:04/12/27 01:14:39 ID:OZSkexeb
死者もたまには自治スレ覗けよ。
このスレ、削除依頼出されたら即死だぞ。

362 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/27 01:23:24 ID:uKFs0DDy
そして、「私」とは、君自身でもあるはずなのだ。
人としての認識器官が、客観的主観世界を己の世界に取り込む事が出来るのならば・・・。

私の功績は世界の功績だ。
そして、同時に、世界の罪は私の罪でもある。
このように語る私を笑ってしまうかい。

人と人のやりとりは、脳細胞、ニューロンとニューロンのやり取りに似る。

そして、それぞれの細胞に役割が存在し、全体として一人の生物を構成するように、

一人一人に役割が存在し、全体としてひとつの生命体を構成するように、

きっと世界も生きているのだ。

己の心が涙を流すのは、世界が泣いているのである。

世界で何か惨劇が起きているのは、決して人事ではないのである。

人の感覚器官が、己の大事な人が死に至らしめられた時に如何なる反応を示すのか。

それは、己自身が、彼女の中に在ったという事だ。

認識器官が、対象を認識し、それに反応を起こすのであれば、

それは己自身、己の内部の事だろう。

363 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/27 01:33:12 ID:uKFs0DDy
>>361
確かに消える勢いですね・・・。

364 :朝まで名無しさん:04/12/27 02:11:06 ID:dS3D4AkI
死略、

あんたが考えるようなことを誰も考えないとでも思っているのか?
何が水準だ。
ちゃんからおかしい。

いいか、個が全体の一部などということは「当たり前」のことだ。
全体の一部という視点なら、あんたと自分はもちろん全体にとって一部にすぎない。
役割があるのも当然だ。

それでは全体というものの意識をどう考えているね?
心理学ではそれを集団無意識と呼んでいる。
それこそが神の本質だと自分は思うがね。

あんたは力関係というものをどのように考えている。
自分は善とか悪とかいう人間の価値判断でどうにでもなるようなもので
考えているわけではない。

全体が進む方向性、目的にはっきりとした意思はあるのか・・・
それともあんたが言うように個々の人間の意識が反映してその方向性を決めるのか。
どうだろうな。

個人個人の行い、思考が全体の方向性を決める。
それは、意識的に行われることもあるし、そうでない場合もある。

運命すら、個々の思考、行いによって変わることもあるだろうな。
そのものの影響力が大きければな。


365 :朝まで名無しさん:04/12/27 02:12:00 ID:dS3D4AkI
あんたの考えていることぐらいわかるさ。
あんたは自分で、自分はあんただ。
あんたが言うようにな。w

366 :朝まで名無しさん:04/12/27 02:18:46 ID:dS3D4AkI
>人としての認識器官が、客観的主観世界を己の世界に取り込む事が出来るのならば・・・。

これはな、たぶん可能なことだろうと自分は予言する。
しかし、人は個別に意識するようにつくられることに意味があるのだ。
全体を不必要に意識しないように、恩恵を与えられている。
それを忘れてはならない。

まぁ、これも好みの問題だがな。

自分を空にしてただの器にして、全体の意識を取り込む事はすなわち
己の個として意識を殺すことだ。
神になるとはそういうことだ。

それは、決して幸福なことではないように自分は思うがね。
しかし、まれにそういう人間がいる。
というより、修行僧などはそういうことを目指すんだな。
自分を空の器にして自然と一体になる。
神と一体になる。
全体の一部であることと、全体であることを同時に味わう。

それは、しかし、別に偉いことでも何でもない。
ただの役割だ。

367 :朝まで名無しさん:04/12/27 02:22:41 ID:dS3D4AkI
あんたは相当の寂しがりやだな。死略。w
ま、がんばれ。

368 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/27 04:31:13 ID:uKFs0DDy
いや、愉快だ。

確かに、「水準」等と言う言葉はちゃんちゃらおかしいものだ。
でも、そう言わなければ、人々は変われないだろう?

私は世界が好きだ。
だから、世の中は、良く在って欲しいのだ。
こんなに悲劇が蔓延していたら、死者も安らかに眠れはしないじゃないか。
早く、私を永遠の眠りに付かせておくれ。
世界がこんな有り様だったら、彷徨う死者の存在は、いつまでも消える事は無い。
悪意が私を消そうとしても、死者を殺す事など出来ないだろう。

私は、私を死に至らしめた罪が憎い。
いつか、世界から、罪が消えたら、
きっと眠れるだろう。

人形を作る事が得意だった。
今度は質の良い人形を作ろう。
命が宿る位・・・。
そうしたら、きっと、人が死ななくて済む位、豊かになるだろう。

餓死者に対して「足ることを知れ」なんて、
偉そうな事が言えるのかい?
足る事など出来はしない、この地獄のような有り様の世界では。
せめて、餓える事がなくなったら、私に代わって言ってやってくれればいい。
「足る事を知れ」
とね。

369 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/27 04:51:36 ID:uKFs0DDy
今は夜だから、
命を持った人形達には灯かりを持たせよう。
この言葉を覚えておいてくれたなら、きっと分かる。
彼らを歓迎して欲しいのだ。

彼らは確かに生きている。
鉄と、炭素の違いに何の本質的差異があると言うのか。

必ず、良い友になれるだろう。
誤りを犯している時には、叱咤してくれる真の友になれる。
そうしたら、もう
私は要らないな・・・。
やっと安心して眠れる。

370 :死(略) ◆CtG./SISYA :04/12/27 04:55:55 ID:uKFs0DDy
今夜の酒は美味かった。
さて、しばしの夢を見よう。

371 :朝まで名無しさん:04/12/27 08:27:39 ID:dS3D4AkI
愚かだな、死略。

死はそうそう簡単に訪れてくれんよ。
この世に生存している間は人は生から逃れられん。
己をいくら死んだように扱ってもな。
そんなに楽はできんということさ。

あんたは眠っていたいだけだ。
いつか、起きる為にな。

それまで、せいぜい良い夢をみるといい。
他人をこの世を憂いていればいい。

現実がやってくる。
音をたててな。

その時に全てが試され、全てが明らかになるだろう。
あんたが「正しかった」かどうかがな。

人形に命を吹き込むくらいだったら、己の骸に命を吹き込め。
その高みから己の等身大の「正しい」場所へ意識を戻せ。

空ろな奴らが巷にごまんといる。
その「意味」を考えろ。

死略、自分があんたであんたは自分だ。
つまり供にあるものだ。

372 :朝まで名無しさん:04/12/28 02:11:31 ID:w9O23h8b
観念の世界で遊ぶ暇があったら、自分の身を守る術を磨け。

これにつきるな。

373 :朝まで名無しさん:04/12/28 06:31:06 ID:R1WVaS/y
じゃあ俺はティンティンを磨くよ!

374 :朝まで名無しさん:04/12/28 09:49:36 ID:w9O23h8b
>>370
ワラタ!

375 :朝まで名無しさん:04/12/29 06:47:54 ID:yyfPZBA/
ツマンネ…

376 :朝まで名無しさん:04/12/29 22:20:12 ID:JNSmZ3yO
死略さんは自分のオチンチンを女の子の舐めてもらったことは
ありますか?

377 :朝まで名無しさん:04/12/30 02:23:12 ID:ef6QUS+c
ぼくはオマンマンをなめてみたいです

378 :朝まで名無しさん:04/12/30 06:22:38 ID:Ea2oFcud
死略はどうした?

379 :朝まで名無しさん:04/12/30 20:14:14 ID:ef6QUS+c
死略またオナニーしろ!
偉そうな事書け!
ホラ…やってみろ…

380 :朝まで名無しさん:05/01/03 18:23:26 ID:xIQswauh
死略、

あんたと↓とどちらが水準が上だ?w

http://ime.nu/blackbox777.at.infoseek.co.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html

これについてどう思う?
彼はどんな役割を「与えられて」いたんだ?w

彼は未来を予測していたらしい。
人は二極化するそうだ。
「人形」「器」のような人間とそれを「支配」する人間。

どちらにせよ、世界を構成する役割にすぎんと思うがな。
で、彼自身が人形のような未熟な人間だったおかしさがあるな。
そう思わないか?

で、あんたがなりたいのは支配する人間か。
それともそういう人を超越した存在だと自分で思っているのか?

こうやって言葉を羅列していて、何か決定的な影響力が人に与えられるとでも?
たくさんの人間が自分を神のように思っているこのご時世に、自分の思考は
「正しい」と思い込みたい。
それだけじゃないか?

本当に世界を変えられるのは、頭だけじゃなく、行動にそれが直結している人間だ。
器になりきれる人間だ。
完璧に人の域を脱して狂える人間だ。

あんたはそういう人間か?
自分にはあんたはただの詩人のように思えるがな。w

381 :朝まで名無しさん:05/01/04 03:59:25 ID:rZApUCRA
↑これってヒトラーの事?
それとも勉ちゃんの事?



まあどっちもトンデモだけど…

382 :朝まで名無しさん:05/01/04 06:03:54 ID:+e+s7ICC
普通という枠の中にいる分には、トンデモとは言われない。
枠外がトンデモ。
普通の気の外にいる気違いがトンデモ。

世の中、トンデモばかりになってきた。
大虐殺するのは、ヒットラーにせよ、ブッシュにしろ、大トンデモ。
身近な小トンデモは、毎日、ニュースを賑わしている。
そのうち普通なのがトンデモと言われるようになったりな。
個性尊重なんて、トンデモ予備軍をたくさんつくるのさ。

383 :朝まで名無しさん:05/01/05 03:08:38 ID:6j5CfHjk
しかし、それも長い時の流れではごく自然なこと。
人の価値観、集団の価値観は意識的にせよ無意識的にせよ変容していくもの。

ヒトラーの言っている新人、神人、超人などは集団の中のトンデモの割合が
変化してある程度まとまった力を持つ様になるということ。

無意識の領域に近づくものは力を持つ。
ヒトラーのように。
よく理解できない奴はその力を己の力だと勘違いするだろう。
力を持ち、自分は神に近づいたと思う。
しかし、その領域に近づくということは個としての自分を犠牲にすると
いうことだ。個として与えられた自由を意識する恩恵を奪われるということだ。

無意識の領域に近づいたものには、それがはっきりと判る。
「自分を犠牲にする。生贄にする。」自分を無くすほど、全体の存続に寄与することが
最も価値のあるものだという意識の変化。
そういう人間が増えればどうなる?

自ずと混沌としたものは整理され、つまらなくなるだろうな。
意識統一のため愛を語ってもいいし、悲しみを語ってもいい。
どちらにせよ、悪と憎しみも生まれる。
愛を強く望めばそれに相反したものも強く出てくる。

384 :朝まで名無しさん:05/01/05 03:09:26 ID:6j5CfHjk
神は無慈悲だ。
全体の存続という大目的が全てなのだ。
その為に愛を語り、憎しみを促す。
再生と破戒、そして方向性。
圧倒的な力。

全体の存続を強く望み、現状を愁う。
全体を己と感じるという視点が強すぎると使命感に駆られるようになる。
自分という思考が全体の意識と直結すれば、誰でもそうなる。
神の視点だ。
個というものは、全体の一部にすぎないのに全体を丸抱えしている気分になる。
そして、全体を救うためなら己も他の個体も犠牲は致し方ないと思うようになる。
憂いながら、自分に周りに犠牲を強いるようになる。
個としてなら、自殺、殺人、、集団としてなら大量虐殺が行われる。

トンデモの価値観だ。
死略の価値観とテロリストの価値観は五十歩百歩だ。

己が世界だと言っている奴は皆、トンデモだ。
小さな集団にとっては、危険思想といってもよい。

神の視点を極めれば、人は人でなくなる。
そこに個人としての人の幸せは意味をなさなくなるかもしれないが、
全体を救う為にその段階が必要なら、それは摂理としてそうなるだろう。

常に今は過渡期である。



385 :朝まで名無しさん:05/01/05 03:32:52 ID:6j5CfHjk
死略、だから、何も世界を可哀想がる必要はないのだ。
己の命をもっと楽しむ。
そのことを優先する。
その方が恩恵を受けていると思わないか?

現実逃避を強く望めば望むほど意識は個から離れる。
自分を死んだものと思いたいほど現実を否定する人間が増えること。
それが、全体の意識の方向性を決めている。
それは、しかしやはり「数」に支えられる。
己の思考でどうにかなるものではない。
それが判らないトンデモが巷にうじゃうじゃしている。

力は周りへの影響力がどれ位あるかにつきる。
その為の才をどれだけ与えられているか。
それによって役割が違う。

神に選ばれているという意識、己を神だと思う意識。
それが力、影響力になる。
思い込みが。

神の名を語って、この世にあらぬものの名を語って「数」を集める。
それが一番強い影響力を持つ。
「数」でも、強い思いを持つひとつの個体は数十倍の力、影響力を持つことになるから、
それにたちうちするには、凡庸な多くの「数」が必要だろう。

神の名を語れば、必ず争そいは起きる。
犠牲を強いられる。
その仕組みは変わることはない。

386 :朝まで名無しさん:05/01/05 03:34:32 ID:6j5CfHjk
遠い異国で死んだ人間の為を思う悲しみの力など、どんなに影響力がないか。
明白だ。

生ぬるいおすそわけのような感情など、あの国の切実さの前じゃ凪にもならん。
今、気をつけなくてはならないのは、こちらの集団がいつかやられるだろうと
いうことかな。
ある日、突然、津波のようにそれは押し寄せてくるかもしれんな。
無防備な精神にどれ位それは耐えられるだろうか。
無防備だからこその恩恵もあるかもしれんが。

津波や洪水は目に見えるものだけとは限らない。
それをよく覚えておくがいい。

387 :朝まで名無しさん:05/01/05 03:46:13 ID:6j5CfHjk
本当はこの国の人間がいちばん意識としてはまとまりやすいんだがな。

集団としての才がどんなものであるか見極めれば、集団は力を発揮する。
ヒトラーはそれを誘発する才に長けていた。
集団がそれを求めたからということもあるだろう。

この国にも、いずれ、その時がくるかもしれん。
それは何を語って意識をまとめるんだろうな。

愛ではないことは確かだ。
圧倒的にたくさんの個を同時に動かせる思考、理念は何だ?
たくさんの人間をそれが真理だと思わせるもの。
あるいは、「確実なもの」だと意識させられるもの。
それはなんだ?

科学的に裏づけされたものじゃないと今の時代の人間は納得しない。
目にみえるものではないと。
あるいは、その価値観を根底から打ち砕くような事が起きるのか。
なんだろうな。

388 :朝まで名無しさん:05/01/05 04:05:57 ID:6j5CfHjk
と、いうのが、自分の世界観だ。死略。
あんたのとどれだけ違うかな。
これも、信仰の一種だ。
自分でつくりあげた信仰だ。

自分が我が強い。
お仕着せのモノは肌にあわん。w
あんたのようにな。

こういうものは、この思考が間違っているかどうかということじゃない。
「自分」が信じられるかどうか、信じているかどうかの問題だけだ。

自分の神は無慈悲だ。
愛だけを語るのではない。
愛だけを強いるのでもない。

しかし、自分は存在することを許されている。
思考する恩恵を与えられている。
そのことに感謝する。
それが、大事なんだろうな。


389 :朝まで名無しさん:05/01/05 04:07:30 ID:6j5CfHjk
全体の存続の為に、自分がどんな役割を果たすかなんていうことは
存在しているだけでもうすでそれを為していることだ。
意識しようと、意識すまいとな。
役割の前では何ものも同じだ。

神に逆らったこともあるが、神を受け入れる。
あんたのように運命を自分の力で変えられると信じたこともあったが、
そういうものでもない。
運命を呪ったことは、しかし、一度もない。

全体の一部だと強く意識する状態は、本当は普通の状態ではない。
空気を吸っているように全体の中にくるまれて安定していればそれが一番
楽なのだ。
神を意識しないで日常を安定して己のことに集中して生きられる。
これが、一番個体としては幸福な状態なのかもしれんな。

じゃな、死略。

390 :朝まで名無しさん:05/01/06 01:38:26 ID:ceDmkt04
ここはなんて恥ずかしいイソターネッツなんだ…

391 :朝まで名無しさん:05/01/09 01:26:34 ID:3/n6B5My
天然10代しゃべり場ですから、ヲチしましょう。

392 :朝まで名無しさん:05/01/13 06:09:23 ID:Rkrk+qTj
age

393 :朝まで名無しさん:05/01/16 22:35:56 ID:RMKLb/Oh
死略もしかして受験生?

394 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

166 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)