5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

やっぱり危険なアメリカ産牛肉

1 :朝まで名無しさん:04/12/21 20:45:39 ID:NDqzdVVO

やっぱりアメリカ産牛肉は危険だった。
食わなきゃいいって言うけど、牛っていろんなところに使われるし、いろんな事情で牛料理を食わないといけないときもある。
日本政府に輸入禁止措置の継続を求めよう。

http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/keizai/20041221/20041221a2720.html

>経済ニュース 更新日時 : 2004年12月21日(火)19:32
>2004年12月21日(火)
>BSE対策、工場はずさん 米検査官組合が警告書簡
> 【ワシントン21日共同】米国の食品検査官でつくる労働組合が、同国の食肉加工工場では牛海綿>状脳症(BSE)防止策が守られておらず、
脳などの危険部位が食肉に混入している恐れがあると警>告する書簡を、
米農務省に提出していたことが21日までに分かった。ロイター通信が報じた。
>同省は「危険部位が流通することはない」と否定しているが、米国産牛の対日輸出再開交渉に影響す>る可能性もある。
>米政府は昨年12月のBSE感染牛発見を機に、月齢30カ月以上の牛の危険部位の完全除去などの>対策を打ち出した。


2 :朝まで名無しさん:04/12/21 20:46:10 ID:04K93Y+T
武部、責任取れ。

3 :朝まで名無しさん:04/12/21 20:51:35 ID:KIXIpK8C
ギュワァァァァァァァァァァァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァァァァァァァァァァァン!

4 :朝まで名無しさん:04/12/21 20:51:46 ID:04K93Y+T
( ゚Д゚)< 武部のクリスマスを予言  
◇レス番1桁目.      ◇時刻の秒2桁目      ◇時刻の秒1桁目
  [1] 女子高生に.       [1] 「キタ━(゚∀゚)━ !! 」と   [1] チンコ引き千切られる。
  [2] 初恋の人に.       [2] 「必死だなw」と.      [2] 泣かれる。
  [3] 母親に.           [3] 「愛しているの」と     [3] 説教される。
  [4] ヨン様に.         [4] 「反省しる」と.         [4] 言われながらオナニー。
  [5] 女友達に.         [5] 「逝ってよし」と.        [5] 押し倒される。
  [6] 二丁目の兄貴に.   [0] 「ウホッ」と.           [6] 刺される。
  [7] 片思いの相手に                      [7] プレゼントを捨てられる。
  [8] 風俗嬢に.                          [8] キスされる。
  [9] 幼女に.                            [9] からかわれる。
  [0] 運命の人に.                        [0] 通報される。


5 :朝まで名無しさん:04/12/21 20:54:09 ID:KSeLwZ/2
食肉のヤミ社会 飯島勲

6 :朝まで名無しさん:04/12/21 21:10:44 ID:NDqzdVVO
age

7 :朝まで名無しさん:04/12/21 21:12:22 ID:yevOCv9O
加工製品は原材料の原産地は書いてないね。

8 :朝まで名無しさん:04/12/21 21:27:35 ID:NDqzdVVO
>>7
要するに買う段階ではわからないわけだな
やはり政府が水際で止めてくれないと

9 :朝まで名無しさん:04/12/21 21:28:59 ID:yevOCv9O
牛に食わせてヘたれないか見てから食べる。

10 :朝まで名無しさん:04/12/21 21:29:36 ID:NDqzdVVO
>>9
何年かしないと食えないなw

11 :朝まで名無しさん:04/12/21 21:33:51 ID:L/VusVRd
今更だが

BSE対策:
異常プリオンの発見者「全頭検査が合理的」
 BSE(牛海綿状脳症)などの病原体「異常プリオン」を発見し、
97年にノーベル医学生理学賞を受賞したスタンリー・プルシナー
米カリフォルニア大教授が7日、東京都内で講演した。
BSEについて政府は、20カ月齢以下の牛を検査対象から外す
方針を決めたが、プルシナー教授は「食の安全を守るには
全頭検査が合理的だ」と訴えた。

 プルシナー教授は、国の食品安全委員会の招きで来日、
消費者などが参加したBSE問題の意見交換会に出席した。

 BSEと同様に異常プリオンが原因で起きる人間の
クロイツフェルト・ヤコブ病は自然発生例も多いことから、
「日本のBSE感染牛も自然発生した可能性がある」と指摘、
「安全性の確保のためには、各国とも全頭検査すべきだ」と述べた。

 プルシナー教授は現在の検査法より数百倍も感度が高い
新検査法を開発している。来年にも実用化できる見通しといい、
講演後に「19・5カ月や6カ月の牛から異常プリオンが検出でき
ないというのは、科学的にはナンセンスだ」と語った。【江口一】

毎日新聞 2004年12月7日 20時17分

12 :朝まで名無しさん:04/12/21 21:36:35 ID:yevOCv9O
プリオンの淡白合成RNAを検出すればいいのさ。

13 :朝まで名無しさん:04/12/21 21:39:17 ID:yevOCv9O
何%の肉が汚染されているかが問題さ。肉は穢れている。

14 :朝まで名無しさん:04/12/21 21:56:03 ID:Zl3hqSaX
やっぱりというか当然の情報というか

15 :朝まで名無しさん:04/12/21 21:59:49 ID:ZdKYIYgZ
100%


16 :Dr.NO:04/12/21 22:05:42 ID:WVxzFRVZ
狂牛病が怖くて牛刺しが食えるか。
鳥インフルエンザが怖くてタマゴかけご飯が食えるか。
ダイオキシンが怖くて野菜サラダが食えるか。

17 :朝まで名無しさん:04/12/21 22:25:34 ID:xBIgXnCB
r'。∧。y.
         ゝ∨ノ       >>1が糞スレ             ,,,ィf...,,,__
          )~~(             立てている間に   _,,.∠/゙`'''t-nヾ ̄"'''=ー-.....,,,
         ,i   i,                        ,z'"    ̄ ̄ /n゙゙''''ー--...
         ,i>   <i     文明はどんどん発達し    r”^ヽ      く:::::|::|:::〔〕〔〕
         i>   <i.     ていく・・・・・・。      入_,..ノ ℃      ̄U ̄_二ニ=
`=.,,ー- ...,,,__  |,r'''"7ヽ、|  __,,,... -ー,,.='             >ーz-,,,...--,‐,‐;;:'''""~
  ~''':x.,,  ~"|{ G ゝG }|"~  ,,z:''"                     ___
      ~"'=| ゝ、.3 _ノ |=''"~      <ー<>         /  l ̄ ̄\
        .|))    ((|        / ̄ ゙̄i;:、      「 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ ̄\
             ))|       r'´ ̄「中] ̄`ヾv、   `-◎──────◎一'
                   ├―┤=├―┤ |li:,
                   |「 ̄ |i ̄i|「.//||「ln|:;
                   ||//__|L_」||__.||l」u|:;
                   |ニ⊃|  |⊂ニ| || ,|/
                   |_. └ー┘ ._| ||/
                   ヘ 「 ̄ ̄ ̄| /


18 :朝まで名無しさん:04/12/21 23:00:44 ID:KgK8ynC4
摩擦当初から、日テレで深夜でこの話やってたぞ

19 :朝まで名無しさん:04/12/21 23:05:34 ID:67iU6o1B
はっきり言って
アメリカ産の牛肉を食べて狂牛病に感染する確率よりも、
日本製(でなくてもいいのだが)の牛刺しを食べて
肝炎に感染する可能性の方が高い。


20 :朝まで名無しさん:04/12/21 23:07:59 ID:NDqzdVVO
>>19
肝炎は死ぬとは限らないけど狂牛病は確実に死ぬだろ
それと、牛刺しと普通の牛肉料理は違うのでは?

21 :朝まで名無しさん:04/12/22 08:12:02 ID:SsMPL4xw
吉野屋は・・・どうするんだろ?
やっぱ、カツへの道か?

22 :朝まで名無しさん:04/12/22 08:14:00 ID:Dnf99a4t
吉野家に行くやつなんて新聞読まないから影響ないだろ。

23 :朝まで名無しさん:04/12/22 22:30:19 ID:CLDNWq+w
吉野家の入り口に競馬新聞が落ちてました

24 :朝まで名無しさん:04/12/23 16:20:05 ID:uPN0VJdv
 

25 :朝まで名無しさん:04/12/23 17:30:43 ID:6OsQHHoh
危なくてもいい 吉野家の牛丼食いたい

26 :朝まで名無しさん:04/12/23 17:50:22 ID:ZsXF43rP
サーズクマ肉
チキフルチキン
USBSEビーフ

27 :朝まで名無しさん:04/12/23 22:11:49 ID:uPN0VJdv
アメリカ産は危険

28 :朝まで名無しさん:04/12/24 16:03:58 ID:ZBB99XGG
 

29 :朝まで名無しさん:04/12/24 16:05:58 ID:w2ckyXoQ
>1
危険なら自分で判断して食べなければ良い。 

なんで政府が禁止しなければならぬのか? なんでもかんでも政府頼み
ってところが情けない・・・

30 :朝まで名無しさん:04/12/24 16:07:40 ID:E3X8dtcr
>>25 名前:朝まで名無しさん :04/12/23 17:30:43 ID:6OsQHHoh
>危なくてもいい 吉野家の牛丼食いたい


脳がスポンジになるリスクを負うわけだな。

静観しよう。



31 :朝まで名無しさん:04/12/24 16:28:51 ID:9jfUzsjy
俺がとあるカフェバーに行った時の話しだ。
「鳥インフルエンザが怖くて鳥肉が食べられないよー」と言ってた奴がいた。
そいつに俺はこう言ってやった。「このチキン野郎」ってね。
そうしたら奴は「でも狂牛病は怖いから、お前は牛肉食えまい」と言ったので、
俺はこう言ってやった。
「俺にはモー、ウシなうものなんてないさ」とね。

32 :朝まで名無しさん:04/12/24 16:32:20 ID:E3X8dtcr
何でも良いさ。


脳がスポンジになるリスクを負うか負わないか。  自分で決める。




33 :朝まで名無しさん:04/12/24 17:00:59 ID:37ownE+X
>30
もうスポンジだよ(大笑)

34 :朝まで名無しさん:04/12/24 17:22:38 ID:ZBB99XGG
>>32

>>1
食わなきゃいいって言うけど、牛っていろんなところに使われるし、いろんな事情で牛料理を食わないといけないときもある。

35 :朝まで名無しさん:04/12/24 21:23:16 ID:ZBB99XGG
age

36 :朝まで名無しさん:04/12/24 21:25:18 ID:pm7+2Q+L
BSEでなくてもアルコール飲んでるとスポンジになるよ。

37 :朝まで名無しさん:04/12/24 21:31:19 ID:k9O82DqD
みんなが食わなくなれば対策せざるを得なくなるから
安全じゃない間、皆があえて買い控えると言う行動に出れば
いずれ安全になる。

38 :朝まで名無しさん:04/12/24 21:32:41 ID:pm7+2Q+L
鳥もフルがあるから。。。クマはSARSだし、
肉は鯨しかないか。。。

39 :朝まで名無しさん:04/12/24 21:34:41 ID:pm7+2Q+L
あまいな、政府は肉を買って偽装しだすぞ。。。

40 :朝まで名無しさん:04/12/24 21:35:34 ID:NUyhHFC+
米牛は食いたくない
つーか漏れは国内産の豚でいい。

41 :朝まで名無しさん:04/12/24 21:37:27 ID:pm7+2Q+L
牛丼より穴子ドンのほうがおいしいかも。

42 :朝まで名無しさん:04/12/24 21:38:57 ID:k9O82DqD
いや実際アメリカでは牛食って死んだ人もいるらしいし、
今のアメリカ産牛肉は怖いので、全く食べなくはないけど、
抗議の意味で、なるべく食べないように、買わないようにしています。

将来子供が出来た時に、安全で安いアメリカ産牛肉を食べさせたいから。

43 :朝まで名無しさん:04/12/24 21:42:17 ID:pm7+2Q+L
アメリカの場合、薬でアルツになるから、スポンジまでゆかないのかも?

44 :朝まで名無しさん:04/12/24 21:43:42 ID:k9O82DqD
だけどやっぱどう考えても、
共食いしてる(牛が牛骨粉食ってた)動物の肉食うなんてキモイことっすよね

45 :朝まで名無しさん:04/12/24 21:49:38 ID:pm7+2Q+L
カエルドンでいんじゃないかな?

46 :朝まで名無しさん:04/12/24 22:16:11 ID:wEo+/mdt
いや、やっぱりゴンベエどんじゃろ。


47 :朝まで名無しさん:04/12/24 22:22:22 ID:pm7+2Q+L
今まで食べた最高においしいどんぶりは?

つばき食堂のカツどん

48 :朝まで名無しさん:04/12/24 22:37:48 ID:pm7+2Q+L
BSEはいいから、国内線を解禁したら?バージンアトランテイック
で北海道とかだったらみんな行くぞ。

49 :朝まで名無しさん:04/12/25 08:30:27 ID:YYeCyhbW
??

50 :朝まで名無しさん:04/12/25 08:36:00 ID:F67ktlyW
http://sakaba.chu.jp/blog2/index.php?cid=1


72 :72 :04/12/23 19:05:49 ID:D2fyGNN8
↑・・・??
オートランド??

51 :朝まで名無しさん:04/12/25 14:13:08 ID:YYeCyhbW
オートランドってなんだ?

52 :朝まで名無しさん:04/12/25 22:31:13 ID:YYeCyhbW
輸入禁止を永続すべきだ

53 :朝まで名無しさん:04/12/26 19:03:04 ID:U/ASfmdc
今妥協したら、この先ずっと危険な肉食わされる事になるよね。

54 :牛肉狂信者:04/12/26 19:33:08 ID:JjPxMN8E
本屋をぶらついていたら「もう牛を食べても安心か」なる本があった。
福岡伸一教授の著書だったのだが・・・
まあ、分子生物学の学者さんだから、それらしいことは書いてるんですが・・・
巻末の参考文献を見て驚いた。
私は「少くねーーーーっ!」と思っちゃいましたよ。
学生のレポートじゃねーんだから(w
(なんて書くと学生さんに怒られそうなくらい少ない)
正直、コレしか読んでないってことはないでしょうが、私の方が数は読んでるかも
と思いました、マジで。学者なんだから本を書くときは、もうちょっと、ねぇ。。

・・・大体、この人、ついこの間までプリオン仮説に疑念を持ってたはずだよ。

私は米国産牛肉の輸入再開には反対です。
でも、こーゆーのは、ちょっと好きじゃないです。

55 :朝まで名無しさん:04/12/26 19:59:07 ID:+4iDsx61
あの〜、このスレが続くと吉野家がの牛丼が
いつまでたっても食べられないんですけど・・・

株価も上がんねぇ〜

56 :朝まで名無しさん:04/12/26 23:59:49 ID:HAFOAg48
このスレの影響力すごいなw

57 :朝まで名無しさん:04/12/27 06:43:33 ID:Akr3uFyA
日本農業新聞より

米国BSE1年/対策の不備、まず改めよ
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/column/0412/24.html

58 :朝まで名無しさん:04/12/27 08:26:49 ID:XU/Oj4QR
食べ物なんてなんでも危ない要素あるんだろ

59 :朝まで名無しさん:04/12/27 09:26:26 ID:GYr4mTRT
深夜にドキュメンタリーで見たが、アメリカの牛は
草原の上で放牧されてるのではなく、
草一つない汚泥の上で、ぎゅうぎゅう詰めで運動させず、
遺伝子組み換えトウモロコシ粉のエサを絶えず食わせ続けて
太らせるんだそうな。
遺伝子組み換えトウモロコシは虫がつかない上に
回りに雑草も生えない為
収穫量倍増なんだと。
どんな毒を分泌してるんだか。
牛は草ではなく粉を食ってる為に本来の反芻が出来ず
表情が無くなってしまってるんだと。

60 :朝まで名無しさん:04/12/27 09:29:44 ID:GYr4mTRT
山岡士郎風に言えば
こんな牛肉は食べちゃいけないってことなんだろうな。
こんなんじゃないと吉野家の味は出せないってのが
ブラックユーモアだよね。

61 :朝まで名無しさん:04/12/27 14:45:16 ID:24iYyX4l
食いたくない人は食わないってのが可能ならいいんだけど、
カレールーやシチュー、ラーメンのスープ、コンソメ味とかのお菓子、
その他諸々に「牛エキス」とか「動物性油脂」として混入しちゃうのは
避けようがないよ(ビックリするようなものにも含まれてる。化粧品とか)。

ヤバそうな部位はそういうところにまわされそうな気もするし。

62 :朝まで名無しさん:04/12/27 19:56:37 ID:mfTTbjLR
>>61
そのとおり
やっぱり農タリン、いや農林大臣に輸入禁止継続を制限しようぜ!

63 :朝まで名無しさん:04/12/27 19:58:34 ID:apWd6EVL
ヒューストンの空港のビーフジャーキーは綿のようなカビが出ていたけど
そのまま売られていた。。。味には変わりがありません?

64 :朝まで名無しさん:04/12/27 20:57:07 ID:GdJMRN2/
>>63
味に変わりがなきゃいいのかよ・・・・。

65 :朝まで名無しさん:04/12/27 21:29:26 ID:mfTTbjLR
頭がスポンジ・・・

66 :朝まで名無しさん:04/12/27 22:08:15 ID:apWd6EVL
ブッシュも食ってるUSDAビーフ、あたまもスポスポで脳梗塞には
なりません。

67 :朝まで名無しさん:04/12/28 22:50:44 ID:Gb5xoA30
安全じゃない肉を輸入しちゃダメだろ
そんなこと子供でもわかるだろ

68 :朝まで名無しさん:04/12/28 22:52:01 ID:mH3fmAfr
子供にはわかるが大人になるとわからなくなる謎のひとつ。

69 :朝まで名無しさん:04/12/30 14:01:57 ID:/GpcY+UP
日本の連合艦隊はアメリカの機動部隊に劣る
だからアメリカには屈するしかない

70 :朝まで名無しさん:04/12/31 19:32:41 ID:5OIhsLlp
輸入禁止継続age

71 :朝まで名無しさん:04/12/31 19:55:59 ID:aAyCk5cJ
BSE禁止だけど基地の中はOKでしょ?

72 :朝まで名無しさん:04/12/31 20:00:08 ID:fdskyd4M
>1
アメリカ人は牛肉どうしてるんだ??

73 :朝まで名無しさん:04/12/31 20:04:42 ID:aAyCk5cJ
フツーに食ってるよ。バーガーやでチキンバーガー売ってるよ。

74 :朝まで名無しさん:04/12/31 20:05:32 ID:fdskyd4M
>73
それなら安全じゃないか

75 :朝まで名無しさん:04/12/31 20:09:13 ID:aAyCk5cJ
BSEやヤコブって、肉こっぷん食わせてなくてもふつーに発症してくるよ。
発症0なほうが、、、異常だよ。データの捏造じゃないの?

76 :朝まで名無しさん:04/12/31 21:48:13 ID:3yrg3mWh
>>74
アメリカ人はこれから発病するんでしょ
潜伏期間が10年くらいあるんだから

77 :朝まで名無しさん:04/12/31 22:03:25 ID:TRnrrVu0
76
そか

78 :朝まで名無しさん:05/01/01 16:02:10 ID:ahklt5F7
>>29
アホ。
牛肉があちらこちらに使われていることを知らないのか?
薬のカプセルにさえな

79 :朝まで名無しさん:05/01/02 23:19:34 ID:atthym02
頑張れ農水省

80 :朝まで名無しさん:05/01/04 21:23:32 ID:GUcpf1SC
 

81 :朝まで名無しさん:05/01/04 21:40:43 ID:S+O5sDWq
馬肉丼作った
うまかった
別に米の牛肉なんてイラン

82 :朝まで名無しさん:05/01/05 00:04:53 ID:7ZQfGJvP
そうだUSAさん牛肉いらねーよ

83 :朝まで名無しさん:05/01/05 00:07:09 ID:cipm/Gz9
売ってても買わない。

84 :朝まで名無しさん:05/01/05 11:14:07 ID:7ZQfGJvP
付き合いで食べに行くときとか断れないだろ

85 :朝まで名無しさん:05/01/05 11:33:35 ID:jiRYSeFS
メリディアンのバーガー最高だったよw

86 :朝まで名無しさん:05/01/08 00:55:29 ID:Nw3FEwwg
★米上院農業委「対日牛肉輸出再開へ大統領自ら交渉を」

 【ワシントン=吉田透】米上院農林委員会の有力議員らは6日の公聴会で、米国産牛肉の
対日輸出再開の遅れに強い不満を表明し、「ブッシュ大統領自らが直接交渉に乗り出して
日本を説得すべきだ」と相次いで強調した。次期農務長官に指名されたジョハンズ・
ネブラスカ州知事は同公聴会で、「(対日輸出再開を)最優先課題として取り組む」と
証言した。上院農林委は同公聴会の終了後、ジョハンズ氏の次期農務長官就任を承認。
これで同氏の長官就任が内定した。

 モンタナ州選出のボーカス議員(民主党)は「長年にわたる農業問題への日本の対応を
考慮すると(閣僚級の交渉でも)不十分だ。大統領自らが小泉純一郎首相との交渉に
乗り出すべきだ」と強調。日本が輸入再開に応じない場合、経済制裁も辞さない構えを
示唆した。共和党のコールマン議員、ロバーツ議員、民主党のリンカーン議員ら、公聴会に
出席した他の10人の上院議員らも軒並み賛同した。

日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050107AT2M0700O07012005.html

日本は北朝鮮に経済制裁とか息巻いてるけど
逆にアメリカに制裁されそうだよ!!!!wwwwwwwwwwwww
超笑えるwwwwwwwwwwww
腹いてーーーーーーーーー!!!!!!wwwwwwwwwwwwwwww

87 :朝まで名無しさん:05/01/08 22:06:16 ID:y/4Ggxjr
日本人に危険なものを食わせようとするアメリカは横暴だ
我がほうはあくまで米国に対し政府による完全な全頭検査を要求すべきだ

88 :朝まで名無しさん:05/01/08 22:12:36 ID:y/4Ggxjr
age

89 :朝まで名無しさん:05/01/08 22:27:56 ID:y/4Ggxjr
http://www.jcp-gifu.jp/ikensyo/04_09_29_gero.htm
--------------------------------------------------------------------------------
 BSE検査は、国内では全頭検査が行なわれていますが、いまアメリカ産牛肉を輸入するために、全
頭検査体制をやめようという動きがある中、9月定例下呂市議会に、国民の安全を守るために、検査
のされないアメリカ産牛肉の輸入に反対する請願書が、金山町肉牛生産組合長矢嶋秀巳さんから提出
されました。紹介議員は、伊藤 厳悟市議、日本共産党の中島新吾市議となりました。同議会は9月
28日、全会一致で「牛の全頭検査の継続及びアメリカ産牛肉の輸入禁止の継続を求める意見書」を
採択しました。

90 :朝まで名無しさん:05/01/08 22:35:11 ID:gzNAn9y7
日本からアメリカには輸入禁止なのに。変な国だな

91 :朝まで名無しさん:05/01/08 22:45:00 ID:y/4Ggxjr
>>90
理由は簡単
アメリカ人が狂牛病で死んではいけないけれど日本人は狂牛病で死んでも良いか、とアメリカ人は考えているから。
人種差別意識の現われ。

92 :朝まで名無しさん:05/01/08 23:23:10 ID:vrhZXs4N
米はBSEで死んでもアルツと書かれるんじゃないの?

93 :朝まで名無しさん:05/01/08 23:24:18 ID:vrhZXs4N
CJでも人口あたりの発生率はある。牛さんも同じくらいで
BSEになってるんじゃないの?

94 :朝まで名無しさん:05/01/08 23:24:54 ID:y/4Ggxjr
CJって何?

95 :朝まで名無しさん:05/01/08 23:36:14 ID:vrhZXs4N
CJ,CJV=クロイツフェルトヤコブ病 日本でもふつーにある病気
硬膜移植で感染、畜産業者によくある、CJVはCJのバリアントタイプ、
BSEから感染する。ハンバーガーでうつった。

96 :朝まで名無しさん:05/01/08 23:54:17 ID:y/4Ggxjr
問題はたとえBSEが牛に関して自然発生だとしても、その牛を食べた人間に感染する恐れが高いこと
アメリカでは解体するときに脊髄を除去する前に物理的に破壊するから汚染が飛び散り牛肉も汚染される

97 :朝まで名無しさん:05/01/09 00:29:39 ID:hYDT19N8
やはりアメリカでも科学的な全頭検査がなされるまでは輸入禁止が良いな
だいたい安全なコメでさえ長らく輸入禁止だったんだから今度は肉を半永久的に輸入禁止でよいだろう?

98 :朝まで名無しさん:05/01/09 11:31:28 ID:0yj2KC6N
食わなきゃいいといっているやつは馬鹿
牛はいろんなところに使われているから牛入り食品を全然食べないことは不可能
欧州でもそれで感染して死んだ人いるんだから

99 :朝まで名無しさん:05/01/09 11:41:31 ID:0yj2KC6N
やっぱり全部検査しないと駄目だな
この分野のノーベル賞もらった学者がそういってる

>http://www.asahi.com/special/bse/TKY200412080181.html

>
 牛海綿状脳症(BSE)などの原因とされる異常プリオンの発見で97年にノーベル医学・生理学
賞を受けた米カリフォルニア大のスタンリー・プルシナー教授が7日、東京都内で、BSEには未解
明な部分が多いと指摘し、「合理的な検査方法は全頭検査だと思う。消費者は全頭検査を主張すべき
だ」と呼びかけた。

>食品安全委員会の意見交換会で意見を述べた。厚生労働省と農林水産省から生後20カ月以下の牛
を検査対象から除くなどのBSE対策の見直し案を諮問されている同委員会が、より高感度の検査法
(CDI)の開発も手がけている同教授から最新の情報を学ぼうと企画した。

>同教授は、現在の検査法と同程度のコストで、感度の高いCDIを来年にも欧州で使用できる状況
にあると話し、「何カ月以下は異常プリオンがないとはいえない。検査対象を月齢で区切ることには
合理的な説明がつかない」と主張した。


100 :朝まで名無しさん:05/01/09 15:31:56 ID:0yj2KC6N

http://www.asahi.com/special/bse/TKY200411010291.html

>農林水産省と厚生労働省は1日、今年3月に牛海綿状脳症(BSE)に感染した死亡牛(94カ月
)の末梢(まっしょう)神経組織の一部や副腎からも、BSEの原因とされる異常プリオンたんぱく
質が見つかった、と発表した。BSE対策では、このたんぱく質がたまりやすい脊髄(せきずい)な
どの特定危険部位の除去が義務づけられている。食肉になる筋肉中の神経など、新たな部位からみつ
かったことで、危険部位の見直し議論につながる可能性もある。

>両省は、独立行政法人・動物衛生研究所プリオン病研究センターの研究として発表した。


101 :朝まで名無しさん:05/01/09 15:38:45 ID:5uhRVz99
牛丼食いたい

102 :朝まで名無しさん:05/01/09 15:40:10 ID:0yj2KC6N
>>101
その前に
http://www.dpj.or.jp/bse/
これ読んでくれ
日本の民主党のアメリカ視察記だ

103 :朝まで名無しさん:05/01/09 17:39:20 ID:x/4dQVjb
やはりミサイル技術くらい自前でなんとかしないと。
合わせ技でこられたら、突っぱね続けてもいられなくなる。

104 :朝まで名無しさん:05/01/09 18:32:27 ID:6oVajKi2
>>103
そうだね
日本がむやみにアメリカに屈服せざるを得ないのは憲法9条信者のせいだ
9条信者の主張が日本の国防力を低下させアメリカ依存を高めてきた
アメリカ依存派(9条信者)は国民の安全を考えていない

105 :朝まで名無しさん:05/01/09 19:43:38 ID:jb/YDka+
アメリカBSE蔓延常識、データ捏造、ついでに
鯨を日本に取らせないのは、牛肉を売るため、
鯨愛護の為ではありません。

106 :朝まで名無しさん:05/01/09 20:16:35 ID:AI8PlllQ
アメリカでは業界に遠慮して事実が公的な場ではいえないんだよね
>>102
にそんなことが書いてある

107 :朝まで名無しさん:05/01/09 20:19:37 ID:BfoQhIID
ようは日本人が買わなければいいだけだろ。
需要がない物なんか自由競争で淘汰だよ。

仕方ないと諦めずにやればいい。
外食は魚、肉食自体減らせばいい。
単価の高い肉を少量食べるというのもいいかもな。

108 :朝まで名無しさん:05/01/09 20:34:23 ID:AI8PlllQ
>>107
いろんなところに混ぜられるからな・・・

109 :朝まで名無しさん:05/01/09 23:12:43 ID:AI8PlllQ
・まだ肉骨粉が使われていること
・処理の際に背骨を割っているので危険部位の蓄積された異常プリオンが飛び散ること
・解体された牛はカレーのルーなどあちらこちらに使われること
を考えれば死者は数千人にはなるのではないかと

110 :N爺:05/01/10 01:23:38 ID:zBr+Bk/6
経済制裁は宣戦布告とみなす

111 :朝まで名無しさん:05/01/10 01:52:35 ID:qI/8x3Ro
変異型ヤコブ病と狂牛病の因果関係については、単に可能性が取りざた
されているだけで、未だ立証されているわけではない。
因果関係を否定する学者も多くいる。
この点でいえば狂牛病によって死亡したことが確認された人間は、まだ1人
もいない。

まあ、百歩譲って因果関係が有ると仮定するとしよう。
最初にBSEと変異型ヤコブ病の関連が取りざたされた英国において、BSEで
死亡した牛が18万頭以上いるのに対して、変異型ヤコブ病が発見されてから
現在までの患者は100人程度に過ぎない。
仮にこの原因の100%がBSEからの感染であると仮定したとしても発症率は500
万人に1人に過ぎない。
しかも英国では危険部位とされる脳や脊髄を恒常的に食べていた。
脳単独の料理も有ったし、脳がハンバーガーなどのつなぎとしてミンチに混入
されていた。
日本では脳や脊髄を食う習慣は無い。

結論から言えばBSEを恐れて牛肉を食わないなど、隕石にあたるのを恐れて
外出しないのと同じくらい馬鹿げている。
せめて「狂牛病 ヤコブ病 因果関係」とでもぐぐって関連サイトを読んで欲しい。

112 :朝まで名無しさん:05/01/10 09:52:20 ID:8+nJV3Vb
>>111
それは全く違うぞ。
イギリスでは対策を取った。肉骨粉の禁止、危険部位の除去、検査の徹底。
アメリカでは全部行なわれていない。

>変異型ヤコブ病と狂牛病の因果関係については、単に可能性が取りざた
されているだけで、未だ立証されているわけではない。

水俣病のときも関係を否定する学者もいたな。
特に政府寄りの学者はそうだった。
科学的メカニズムが正確にわからなくてもきわめて怪しいのは事実だろう。

>死亡した牛が18万頭以上いるのに対して、変異型ヤコブ病が発見されてから
現在までの患者は100人程度に過ぎない。

アメリカは18万頭で済むのだろうか?
死亡した牛は検査せずに捨てている。

>日本では脳や脊髄を食う習慣は無い。

少しは勉強してから発言しろよ。
アメリカでは解体するときに脊髄が飛び散って肉に付着するんだよ。
せめて日本の民主党の対米視察の報告でも読んでから考えろよ。

結論から言えばBSEの原因である異常プリオンが付着している可能性があることを知りながら
牛肉を食べるのはエイズウイルスに汚染されているかもしれない血液製剤を打つのと同じようなことだ。

異常プリオンの危険性を指摘したノーベル賞学者の見解でも読んで欲しい。

>>111はどういう意図で危険な牛肉を日本で流通させ大勢の人を殺したいのかわからないが、
>>111の主張は水銀で汚染されている水を「水俣病の正確なメカニズムはわからないから流通させて飲ませよう」というようなものだ。

113 :朝まで名無しさん:05/01/10 09:55:58 ID:8+nJV3Vb
だいたい、牛が気が狂って死んでいるのに人間には影響しない発想がおかしい
ニューギニアの人食い人種でもヤコブ病はよくみられたが、これはヤコブ病で死亡した人の
肉を食べていたからだ。

異常プリオンが食されたら食べた人に入ってその人にも感染するのはすでに経験的に明白。
関係を否定する学者というのは不勉強か、なんだかの理由で食品業界のために発言しているか(水俣病のときでも政府に近い学者は関係を否定する声明を出していた)
「現段階ではメカニズムはわからない」というのを一般人が誤解して伝えたかであろう。

114 :朝まで名無しさん:05/01/10 09:59:01 ID:axaNkpjK

アメリカ産牛肉を喰う奴は脳がスポンジになるリスクを負う。

   覚悟して 喰え。




115 :朝まで名無しさん:05/01/10 10:21:31 ID:8+nJV3Vb
>>111はこういうまともなサイトこそみるべき
googleで偶然ひっかかったいかがわしいサイトにだまされてはいかんよ

http://www.asahi.com/special/bse/TKY200412080181.html
牛海綿状脳症(BSE)などの原因とされる異常プリオンの発見で97年にノーベル医学・生理学賞を受けた米カリフォルニア大の
スタンリー・プルシナー教授が7日、 東京都内で、BSEには未解明な部分が多いと指摘し、「合理的な検査方法は全頭検査だと思う。
消費者は全頭検査を主張すべきだ」と呼びかけた。


116 :朝まで名無しさん:05/01/10 10:39:27 ID:8+nJV3Vb
>>111
はすごい詭弁だな。
イギリスで死者100人は数年前のことで、潜伏期間を考えれば感染者は数倍いると推定されている。
欧州全体では現時点でも数百人は間違いない。

隕石に当たって死ぬ人が数百人もいますか?
疫病と隕石を同じにするとは・・
コレラやペストも隕石ですか?


117 :朝まで名無しさん:05/01/10 11:30:07 ID:KtTEotQq
>>116
最後の一行が無かったらなぁ・・・

118 :朝まで名無しさん:05/01/10 11:47:33 ID:axaNkpjK

アメリカ産の日本向け牛肉

一定の枠に牛を詰め込み、遺伝子組み換えトウモロコシなどの餌で短期間で太らせる。

だから吉野家などが 低価格で牛丼を作れる。

また、アメリカ産牛肉は一定年齢以下の牛肉はBSE検査をしないし、それ以外も検査も抜き打ちだ。

脳がスポンジになるリスクを負える者だけが 喰える。



119 :朝まで名無しさん:05/01/10 11:48:43 ID:axaNkpjK
文が滅茶苦茶だがヨロスコ

120 :朝まで名無しさん:05/01/10 11:52:45 ID:FADJ01bT
あたまがBSEに犯されると、BSEがその人間の心情を変化させて、BSEの肉を
食べることを他人に勧めたくなるという機構があるのではないか?
アメリカの政府と産業関連の人間の全頭検査を要求したくなる。

121 :朝まで名無しさん:05/01/10 11:57:51 ID:AZa3aBW2
英国の死者100名も立証されていない、また牛が狂った様な仕草はTVが取った
末期的な映像でしかも牛を興奮させてのやらせ..そりゃ足はぬかるんで正常な牛でも滑るし転ぶ!
また世界中に潜在的なBSE患者が数倍も居れば日本のマスコミがそれこそBSEの牛か馬か鹿並に騒ぎます。
少なくともマスコミの風評にフラフラと流される者達よりはBSEの牛の方がマトモ!



122 :朝まで名無しさん:05/01/10 13:06:23 ID:8+nJV3Vb
>>121
>そりゃ足はぬかるんで正常な牛でも滑るし転ぶ!

あのような転び方はしないだろうね。
実体はむしろよろよろしている牛を両側から支えて検査を通しているのがアメリカの実体。
アメリカの検査制度なんてアメリカ人でも信用していない。
業界からの選挙資金のためにアメリカの政治家は表では信用しているふりをしているだけだ。

>英国の死者100名も立証されていない

統計的に調査がなされ、英国政府も危険を認めて対策を採っていますが、何か?

>また世界中に潜在的なBSE患者が数倍も居れば日本のマスコミがそれこそBSEの牛か馬か鹿並に騒ぎます。

意味不明。潜伏期間には検査不能なんだよね。

>少なくともマスコミの風評にフラフラと流される者達よりはBSEの牛の方がマトモ!

若い牛は安全とかいう風評にだまされているものやましてや>>121みたいに食肉業界の宣伝に流されてBSEの危険を認めようとしない者よりは
健康な牛の方がマシかもな


123 :朝まで名無しさん:05/01/10 13:09:32 ID:ySqMSZn6
牛肉はDNAトラッキングされてるわけじゃないから、偽装されても
わからないよね。もう食わされてるんじゃないの?USAビーフは
オーストラリアも中国も輸入してるでしょ?

124 :朝まで名無しさん:05/01/10 15:51:48 ID:axaNkpjK
 

125 :牛肉狂信者:05/01/10 16:45:44 ID:aSg5ZUJc
それにしてもアメリカ人ってバカなの?
この長官、本当に異様に交渉下手だと思うw

禁輸打開に首脳会談必要 米農務長官、BSE問題で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050110-00000060-kyodo-bus_all

どーして、日本人がカタくなる方へカタくなる方へ、いっちゃうのかなぁw
圧力かければいいってもんじゃないよ。逆効果ってもんです。

記事中では
>日本の農水省が輸出再開を「妨害している」と指摘、
>事態打開には首脳会談が必要との見解を示した。

だけど、このスレ http://society3.2ch.net/test/read.cgi/agri/1099389087/
読むとむしろ逆ですから!農水省は輸入再開やむなしと思ってますから!
議論をややこしくしてるのはアンタの強硬姿勢ですから!残念!

・・・ってとこかな。
この長官が更迭されるまで輸入再開は無いよーな気がします。
早いとこ、体汚染国なみの対策取りなさいよ、アメリカさん。
吉野屋も日本に文句言わないでアメリカに陳情に行けば良いのにね。

126 :牛肉狂信者:05/01/10 16:51:02 ID:aSg5ZUJc
あと、>>125の記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050110-00000060-kyodo-bus_all
で一つ大問題だと思う点があるんだよね。

>長官は、昨秋訪米した小泉純一郎首相とブッシュ大統領との会談で、
>禁輸問題に一定の前進があった

さて、今後は「ポピュリスト小泉」でいくのか「アメポチ小泉」でいくのか
少々見物ですなw

127 :牛肉狂信者:05/01/10 17:03:18 ID:aSg5ZUJc
私は米国産を「危険」と断ずる気は一切ありません。
筋肉から感染性は見出されていません。
むしろ「危険」か「安全」かの二元論の方がよほど危険だと思いますね。
超々低リスクでも社会的パニックを誘発する思想だからです。

英国の発生数は莫大です。発見されたのが1986年ですから、事実上、英国人は
最低でも四半世紀はBSEリスクにさらされているわけです。
何の対策も取っていなかった時期すらあるのに死者は150人に満たない。

私は「危険」というよりは米国はルール、常識を守れ、ということですね。
「暫定清浄国」などというマイルールを持ち出すな、と。
EU並みの対策は取れ、と。

・・・ということで、現時点では米国産牛肉の禁輸続行に賛成です。

128 :朝まで名無しさん:05/01/10 17:15:14 ID:8+nJV3Vb
>英国の発生数は莫大です。発見されたのが1986年ですから、事実上、英国人は
最低でも四半世紀はBSEリスクにさらされているわけです。
何の対策も取っていなかった時期すらあるのに死者は150人に満たない。

その死者数は現在判明しているものだけでしょ
潜伏期間の長さを考えましょう

129 :朝まで名無しさん:05/01/10 17:17:03 ID:8+nJV3Vb
>日本の農水省が輸出再開を「妨害している」と指摘、
>事態打開には首脳会談が必要との見解を示した。

農水省が国民の安全を考えて輸入禁止にしているのは当然
人命にかかわる問題を政治決断で決めるのは間違っている

130 :朝まで名無しさん:05/01/10 17:25:37 ID:8+nJV3Vb
日本は人口がイギリスの2倍以上いることも考えれば被害者の数は増えるだろうな
それと発覚してすぐに対策を採ったイギリスと放置のアメリカ・・
放置されているうちに汚染が広まるってことも計算に入れるべきだな

131 :牛肉狂信者:05/01/10 19:21:26 ID:95kn6hfK
そーゆーとんでもないアバウトな感覚でのリスクを「危険」と言ってるから
アメリカに「科学的でない」などと、付け込まれちゃうと思うんだけどね。
ま、私も輸入解禁反対論者なんだけど、どーもねーと思うよ。

英国において95〜04(12月まで)vCJDの死者の推移は

3→10→10→18→15→28→20→17→18→8 計147

で、ちょっと前までは「増加傾向だ!とんでもなく死ぬぞ!」などと騒いでいた
わけで。少しは短絡的予想というものに羞恥心を持って頂きたい。
ちなみにBSE感染牛(判明分のみ)は184,045頭。去年ですら242頭発生。
(日本はこれまで14頭。確かチェコと同じくらい)

英国でも死者は減少傾向ですが、あえて今後も年間20人出るとしましょう。
2000人死ぬまで100年かかります。
1万人なら500年かかるわけで、これを心配するなら、まだ環境問題や核戦争で
人類絶滅を懸念する方が、よほどリアルだと個人的には思いますが。

132 :朝まで名無しさん:05/01/10 19:25:19 ID:ySqMSZn6
米でルセルンの牛乳でサルモネラで死人が出たときも、農水省や
厚生省はノープロブレムだったね。今回も同じさ。

133 :朝まで名無しさん:05/01/10 20:41:04 ID:8+nJV3Vb
>>131
厳密な予測は不可能でしょう。
最悪を予測して可能な対策を立てるのがリスクマネージメントの常識ですが?

イギリスで死者が減少傾向なのは肉骨粉を禁止したから。
アメリカでは実質的には規制なし。
今後はイギリスより多く発生する可能性は高い。

規制もしていないのに根絶されると考えるほうが科学的ではないよ。

134 :朝まで名無しさん:05/01/10 20:41:55 ID:8+nJV3Vb
つまり、BSE発生で肉骨粉を禁止したイギリスと放置のアメリカではアメリカの方がはるかに危険なわけ。
わかった?

135 :朝まで名無しさん:05/01/10 20:54:30 ID:Xl1JqEyi
早く規制解除せえ

136 :朝まで名無しさん:05/01/10 20:57:58 ID:8+nJV3Vb
>>135
アメリカが肉骨粉の使用を全面禁止して5年位したならいいんじゃない?

137 :朝まで名無しさん:05/01/10 21:05:24 ID:Xl1JqEyi
アメリカ人は食べてるんだろ

138 :朝まで名無しさん:05/01/10 21:10:47 ID:8+nJV3Vb
>>137
そうそう
だからある競馬場で数年の間に10人ほどが死んだよね
そういう事例は実はごろごろあると思われ

アメリカは食肉業界の力が強いから有効に規制しないけどね

139 :朝まで名無しさん:05/01/11 00:06:04 ID:8+nJV3Vb
肉骨粉は欧州では全面禁止なのにアメリカは野放し
BSEの拡大を防ぐためには肉骨粉禁止が必要なことは常識なのに、米国は危険すぎる
小泉が輸入再開するようなら国民のことを考えていない証拠だから民主党を応援しよう

140 :牛肉狂信者:05/01/11 01:39:00 ID:4gBtQOJm
>>133

だから言ってるでしょ。
最悪を予測するのがリスクマネージメントなら他の要因での人類絶滅を考える方がリアルだって。
去年ですら英国は242頭発生です。
肉骨粉規制で発生数は減少してますが。
潜伏期を考えると肉骨粉規制とvCJD死者数に因果関係を求めちゃまずいんでないの?
(BSE潜伏期80年代初頭?)→86年BSE確認→88年反芻獣肉骨粉規制(不徹底)→96年完全禁止

私は英国の対策を持ち上げるってのが理解出来ないなぁ。
元はと言えば英国が駄目だから、こんな有り様なわけで。
しつこいですが未だに1年で242頭ですよ。
日本は3年で14頭。

そして私は米国はちゃんと対策を取らない限り輸入再開すべきでないと主張しています。
あなたの言うリスクマネージメントとはちょいと違うとは思うけどルールに則ったリスク管理をやれ、と。
なぜ、ケチをつけられたか理解不能ですね。

結局、リスクがどのくらいかを考察もしないで「予測は不可能」なんて言うのは
確実に非科学的。交渉で米国が勝ちますよ、そんな主張は。
そもそも「予測は不可能」で「最悪を予測」なんて矛盾ですよ。
私の考察は>>127>>131の通り。
食品安全委など専門家の推定もありますし。
あなたの考察するリスクを教えてもらいたいですね。

・・・ま、船瀬俊介みたいに数十万人死亡説出されても困っちゃうけどw

141 :朝まで名無しさん:05/01/11 01:57:50 ID:KQP5t+iq
安けりゃ喰う。びびる必要などない。
肉買いに行く間に車に跳ねられて死ぬ方が確立高そうだ。

142 :朝まで名無しさん:05/01/11 13:58:38 ID:Ljbm1hpz
>>141
でも癌で死ぬ確率のほうが高いから脳卒中の心配はしないってのもおかしいでしょ。
車に気をつけるのと同様に肉にも気をつけりゃいいんですよ。
潰せるものは潰していくべきかと。

143 :朝まで名無しさん:05/01/11 14:21:48 ID:oTmFAQN9
>>140
このスレ、業界の人張り付いてるみたいだな

>最悪を予測するのがリスクマネージメントなら他の要因での人類絶滅を考える方がリアルだって。

防ぎようのあることなら防いだほうがいいでしょう。
隕石で滅亡なんていうのは防ぎようがないからな。
いや、それも宇宙防衛なんて構想もあるくらい。

>しつこいですが未だに1年で242頭ですよ。
日本は3年で14頭。

アメリカはサンプル検査だから全体での発見数は不明だな。
それが問題。


144 :朝まで名無しさん:05/01/11 14:22:23 ID:oTmFAQN9

>あなたの言うリスクマネージメントとはちょいと違うとは思うけどルールに則ったリスク管理をやれ、と。

ルールは誰が決めるの?
俺はこういう問題が科学者の意見を聞き、その中でできるだけ悪い予測が当たっても対応できるようにするのが筋だと思う
例えば>>99にでてくるノーベル賞を受賞した学者のような専門家のね。

あなたのように、危険はないという楽観派の学者の主張を聞いて対策を緩めるのはおかしい

>結局、リスクがどのくらいかを考察もしないで「予測は不可能」なんて言うのは
確実に非科学的。交渉で米国が勝ちますよ、そんな主張は。

厳密な予測が出せると考えるほうこそ非科学的でしょ。
あなたは来年インフルエンザで何人死ぬか正確に算出できますか?
できないから対策はとらないのですか?

交渉で米国が勝つとすればそれは日本の政治家の交渉力が弱いからです。
それとあなたのようにマスコミや米国政府にだまされて危険はないと主張する消費者がいるからです。

リスクは無限にある。なぜって肉骨粉を禁止していないから。
BSEの感染サイクルを立たないと理論的には半永久的に流行が続く。
この感染サイクルの問題こそ欧州は重視し肉骨粉を全面禁止しているのにアメリカは実質的に野放し。


145 :朝まで名無しさん:05/01/11 14:48:56 ID:USsIN+/m
日本でBSEで大騒ぎしてた時から、アメリカでもBSE騒動があり、アメリカ
マスコミも相当騒いでいたが、上からの介入があったのか1ヶ月以内に沈静化し、
馬鹿な日本企業が挙って買い漁った。その事実をしり、とある牛丼屋に問いてみ
たら回答は、アメリカの牛肉は完全に安全な商品です安心して下さいと。回答した。
ハッキリ言って、間抜けも良いところだな。アメリカマスコミも欧州からの肉骨粉
の輸入と使用の事実は掴んでいたが、どのくらいの量入ってきたのか?使用された
のか?は、資料が残ってないので不明と説明してたから。実際、日本人の何人かは
BSE感染牛を食した可能性もある。また、日本はだまされる可能性はあるから、
気をつけよう。カナダ産牛肉を中国産と偽装表示した牛も出回ってるうわさがありますから。

146 :朝まで名無しさん:05/01/11 14:56:17 ID:/GFgJKRV


バカ小泉・バカ自民党公明党政府は アメリカの命令で 全頭検査を廃止。



147 :朝まで名無しさん:05/01/11 18:13:45 ID:bNr7zBnk
何を根拠に牛の異常プリオンを人間が摂取して
問題とされてるか非常に興味あるな。

共食いするとそうなるってのはそうだが、
牛肉なんて大昔から食ってるわけだし。

こじつけの輸入制限でしかないだろ。
一般消費者の利益を無視したお偉いさんの茶番劇だよ、コレは。
万に一つの危険性を考えてのことだと言うなら
何故、酒や煙草が大々的に、かつ合法的に販売されているんだ?


148 :牛肉狂信者:05/01/12 00:57:01 ID:ZSJqUva7
私は米国はちゃんと対策を取れ、さもなくば輸入解禁NOと言ってるんだけどなぁ・・・

>>144
あなたはリスクというものを完全に考え違いしているよ。
正確にうんぬんとか言っているけど確率論的に判断可能なのがリスク。
そして確率だから、一定の幅はあるけど無限大と考える必要は無いわけ。
インフルエンザの来年の死者を例に出しているけど、じゃあ、BSE以上の
厳格な規制が必要では?年間死亡数、感染力を考えりゃ、はるかに
インフルエンザの方が「危険」と言えます。これが、本来の「リスク」の考え方。

ちょっと質問してみたいんだけど、例えば英国が輸入解禁を求めてきたとする。
あなたは認めますか?

・・・こいつを、ちょっと考えてみれば私の言ってることの意味が理解出来ると
思うんだけど。


149 :朝まで名無しさん:05/01/12 11:34:06 ID:1UZsJyNa
>>147
色んな意味で頭悪い

150 :朝まで名無しさん:05/01/12 11:39:20 ID:v51OOvxN



国民の安全をアメリカに売る売国奴・バカ小泉


国民の安全より 大量殺人鬼ブッシュ・アメリカ国民が優先らしい。





151 :朝まで名無しさん:05/01/12 11:53:06 ID:DTtOh47C
あのな〜英国がBSEに対しての対策は微妙な危険性を伴っている可能性が在る為に施行した
肉骨粉に対しては少しは厳しい対応をしたが、これもBSEが牛に感染する懸念の為で
人間への感染に関しては枠の外と考えて良い..
日本の反応は過剰反応と考えて良い..また牛のBSEに付いての解明も未だに解明されていない
人間と同じボケ牛で脳スカスカに成っていただけかもしれない..
その肉を食ったら貴方もBSEに..ってもうバカかとアホかと言いたい!

152 :朝まで名無しさん:05/01/12 22:05:56 ID:jzmvAL2A
まあ、BSEと変異ヤコブ病に因果関係が有るものと仮定しよう。
恒常的に食べつづけずとも1度でも牛の異常プリオンを摂取したら、一定の
確率で感染するものとも仮定しよう。
( もちろん実際はどちらも立証されていない )

2001年までのデータで、英国ではBSEで約18万頭の牛が死に、約100人の
変異ヤコブ病患者が出た。
18万頭で100人だから、スポンジ牛は1800頭で人間1人を殺す計算になる。
逆にいえば1頭のスポンジ牛が殺す人間の数は1/1800人だ。

今、アメリカから1頭のスポンジ牛が検査の網を潜り抜けて輸入されたとしよう。
それで死ぬ人間の数は計算上1/1800人。
日本の人口は1億2400万人だから、ある特定個人が死ぬ確率は、
1/(1800×124000000)で1/223200000000
しかもこれは脳や脊髄といった危険部位もまとめて食用に供した場合の数値で
日本ではそんな物は食わないし、輸入もされないから、解体時の不手際で肉に
プリオンが付着する「可能性もある」ことを考慮しても危険度はさらに桁違いに
下がるだろう。
おそらくは数十兆〜数百兆分の1
こんなものもはやリスク管理云々のレベルの話ではない。
こんな量子力学レベルの数字の「危険性」なんてものを本気で恐れているなんて
馬鹿げているとしか言いようが無い。

153 :朝まで名無しさん:05/01/12 23:42:21 ID:1UZsJyNa
>>152
待て待て待て、何でそこで人口で割らねばならんのだ?
スポンジ牛一頭が検査を抜けて入ってきたなら、日本人が死ぬ確率は1/1800。
強引に数字を低く見せようとするな。

154 :朝まで名無しさん:05/01/12 23:47:27 ID:eenl0qRu
カナダで3頭目

155 :朝まで名無しさん:05/01/12 23:50:01 ID:eenl0qRu
究極のテロ、BSEふりかけ?

156 :朝まで名無しさん:05/01/12 23:56:53 ID:jzmvAL2A
1800頭のスポンジ牛、脳や脊髄含めてまるまる全部食用として消費して、
1億2400万人のうち1人が死ぬ計算だ。
いくら強引に数字を高く見せようとしても無意味。
不確定要素をうんと高く見積もって十倍、百倍にしたところで事実上可能性
はゼロに等しいという結論は変わらない。

157 :朝まで名無しさん:05/01/13 00:00:25 ID:1UZsJyNa
>>156
1頭入り込めば1/1800の確率で日本国民が一人死ぬんだろ?
ゼロに等しいなんて事はない。充分高い数字だと思うが。

158 :朝まで名無しさん:05/01/13 00:03:37 ID:15q7T+kt
>>153
個々人のリスクを算定する場合、人口で割るのがいわば当然。

159 :牛肉狂信者:05/01/15 20:37:48 ID:HSBS18sq
>>152式だと6年間で0.0006人が死ぬ、つまり、まず死者が出ないってことだけど、
実際には牛肉消費量自体も違うし。
というか18万頭(正確には184,045頭)は検査で判明している部分で
英国当局も実際には数十万頭が市場流通した、学者によっては100万頭
との推計もありまして。しかも、年換算だと

英国において95〜04(12月まで)vCJDの死者の推移は

3→10→10→18→15→28→20→17→18→8 計147

てな感じですから>>152の計算法でも一桁か二桁高いんじゃないか、と
私は思うけどね。

もちろん米国には対策を取らせることは必要。
まだ、輸入解禁してないんですから。。

160 :朝まで名無しさん:05/01/15 20:52:49 ID:U54ejcut
アメリカはかなり自己チューな国だ。

161 :朝まで名無しさん:05/01/15 21:33:42 ID:irjOCgA3
治療不能

162 :朝まで名無しさん:05/01/16 05:25:04 ID:CdKxjB4L
病気の牛の肉は食いたくない。
気持ちの悪い肉は食いたくない。

牛に共食いさせるのは止めて貰いたい。
全頭検査もして貰いたい。

163 :朝まで名無しさん:05/01/17 21:22:17 ID:n2meHoOM
メキシコからも輸入禁止にすべきだな

http://www.yamabiko2000.com/poli_mekixicokara.html
>メキシコからの牛肉輸入は、平成15年はわずか0・2トンしかなかったのに、今年に入って8月までに601トンと急増している。アメリカでBSEが発生して輸入禁止になったあとと、期を一にしているのだ。

アメリカとメキシコは、90万頭くらいの牛が自由に無税でメキシコからアメリカに行き来しているほどの緊密な関係で、牛と肉そして肉骨粉が自由に行き来しているのである。

そのメキシコは、実はEUのリスク評価ではレベルVというアメリカ並みの汚染度とされている。加えて危険部位の除去は行われていない。
さらにメキシコのBSE検査は、年間400頭しか
行われておらず、アメリカで年間2万頭しか検査されていないのもずいぶん少ないが、
メキシコはさらに少なく、全く検査されていないといってよいのである。


164 :朝まで名無しさん:05/01/18 00:58:33 ID:SqIh9CVl
age

165 :朝まで名無しさん:05/01/20 13:54:27 ID:WvbP19df
アメリカ産も危険だがカナダ産も似たようなものでは?

166 :朝まで名無しさん:05/01/21 09:05:19 ID:cmMWNtLu
BSE起こす異常プリオン、肝臓などにも蓄積
ttp://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050121i302.htm

結局安全な部位なんてないのね・・・

167 :朝まで名無しさん:05/01/28 10:49:32 ID:uhiINLo8
アメリカから牛肉や、海外から米、他規制をしたい農産物を、輸入した形にして、
途上国や災害被害国にそのまま無償輸出し、支援したことにする。
経済摩擦も減り、国のお金を今より有効に使える気がする。

168 :朝まで名無しさん:05/01/28 11:16:44 ID:X7cx/ACP
なんかこことか科学ニュースにもBSEスレが乱立してるが、ここの議論は比較的マシだね。
牛肉狂信者さんの意見に最も近いが、未だに「全頭検査せよ!」なんて言ってる
どうしょもない人はとりあえずこんなところとか

http://square.umin.ac.jp/~massie-tmd/bse.html

その下のリンクを良く読んで考えてくれ。頼むわ

http://square.umin.ac.jp/~massie-tmd/bsefacts.html


169 :朝まで名無しさん:05/02/04 15:03:58 ID:E9OmV6ew
国内初の変異型ヤコブ病 厚労省、専門家確定診断

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050204-00000105-kyodo-soci

>厚生労働省は4日、牛海綿状脳症(BSE)がヒトに感染して起きるとされている
>変異型のクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の患者が、国内で初めて確認されたと
>発表した。


170 :朝まで名無しさん:05/02/04 15:13:02 ID:6YXDy/pt

日本向け牛肉

牛舎(ブロイラーと同じく)にびっちり詰め込んで遺伝子組み換え飼料を喰わせて短期間に太らせる。

勿論、抗生物質もタップリ呑み込ませる。だから安い。

171 :朝まで名無しさん:05/02/04 15:47:40 ID:deM6L6dO
>>168
いまだに全頭検査が必要ないとかいっているお馬鹿さんこそノーベル賞学者の意見でもよんでみろよ
上のほうにリンクあるから

172 :朝まで名無しさん:05/02/04 16:23:22 ID:C9kq9ri2
>>171
ノーベル賞学者の言う事が無条件に正しいとは限らないぞ。というかこの件に
限ると、この学者はBSEの問題が危険に見えれば見えるほど、自分の功績が
輝くわけで、とても公平には思えない。牛肉業者なら危険を小さく見せようと
するのと丁度対極なわけでね。「どっちでもいいや」っていう人で、ただ科学
に興味がある立場から冷徹に見ると、、、という事でどうも全頭検査が馬鹿げて
いるという主張の方が公平に見える。168あたりのリンクのものを読むとね。


173 :朝まで名無しさん:05/02/04 19:46:52 ID:kuMYLtNq
>>171
そりゃ全頭検査やらせれば、自分の開発した新検査法が売れて
金がガッポリ儲かるからな。
こんなレベルのリスク評価も出来ずにヒステリーに陥っている馬鹿
共はいいカモだろう。

ただ具体的な危険性がどの程度有るかに関しては何も言っていな
いのは学者としてのせめてもの良心なのだろう。

174 :朝まで名無しさん:05/02/04 23:42:32 ID:4ooFq1zF
「全頭検査すべし!」って思ってる人にはどうしても理解して欲しいんだが、
これは「水俣湾で水俣病が見つかったから全世界の魚は全て検査してから食え」
という感じなんだということ。本当は、まず「水俣病の原因はメチル水銀だ」と
いう事がつきとめられ、それがまず徹底的に止められる事が重要で、しばらくは
確かに追跡検査もある程度厳密に行う必要があるが、この期に及んでまだ「1歳
以下の魚には蓄積が少ない」だの「少なくても危険が無いとは言えない」なんて
議論は「有機水銀検査の権威としてノーベル賞を取った人」以外には意味がない、
ってそういう感じなんだということ。だから、検査を厳密云々じゃなくて、「原因
となるメチル水銀をまだ垂れ流す奴がいそうだから厳密に」ならわかるけど、どこ
までも厳密に検査、というのは「ヒステリー」ということ。わかるかな?餌の管理
やら危険部位の除去やらをもっと集中して監視すべきだな。




175 :朝まで名無しさん:05/02/04 23:44:33 ID:/Gt9hTHW
水銀はちょっとだけならヒジキにもあるけど、BSEは
ひとカケでも入ったら。。。あとは死を待つのみ。。。なのですが?
プルトニウムひとカケと同じくらいかそれ以上に怖い物質なのですが?

176 :朝まで名無しさん:05/02/04 23:45:27 ID:8CLilyr/
>>174

費用対効果の問題だな。
全頭検査することによって、データが蓄積され今後の検査技術向上に貢献するからな。
一番大きいのは、日本人の牛肉離れを防げることだ。

177 :朝まで名無しさん:05/02/04 23:48:57 ID:/Gt9hTHW
安い牛で儲けたいのならイライザ、電気誘導法もちゃんとかね払って前頭やれよな。

178 :朝まで名無しさん:05/02/05 02:41:43 ID:5BPCYrXw
>>147
>「水俣湾で水俣病が見つかったから全世界の魚は全て検査してから食え」
これはちょっと違うんじゃないかな。
「水俣湾で水俣病が見つかったから水俣湾の魚は全て検査してから食え」
だと思う。現にオージービーフには検査を求めてないわけだし。
で、水俣湾にもいろいろな魚がいて、水銀を溜めない種類(あるいは年齢)は
食ってよしというなら納得できる。

で、BSEで問題となるのは「若い牛はOK」というコンセンサスが得られていない
というところ。

極端な話、スーパーで売られている牛肉や、お菓子や化粧品や薬に使われている
牛肉から抽出した成分の元の牛の年齢まで表記して検査済/なしとあればいいんじゃ
ないだろうか。
費用対効果の面でそれはできないというなら、あらゆる牛肉を食べない以外に
慎重な(臆病なでもいいけど)人のとるべき道はないと思う。

179 :朝まで名無しさん:05/02/05 02:54:51 ID:RZH88cRO
イライザって読むか?

180 :朝まで名無しさん:05/02/05 03:08:39 ID:zKSBjE5s
/                                 \
|   アーヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ  |
\                                 /
   ̄V ̄ ̄V ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄V ̄ ̄
  ∧ ∧            ∧_∧        ∧,,∧
  (,,゚∀゚)       '' ̄ヽ  (  ゚∀゚ )       ミ゚∀゚ ミ
  ./  | ( ゚∀゚ ) .| ゚∀゚ .|  /つ⌒l'~O  ∧_∧  ミ  ミ
 (___ノ (∩ ∩) └ ー ┘ (l、__(_)___)( ゚∀゚  )  ミ,,,,,,,,,ミ
/                       ~~~~~~~      \
「私たち、知らずに未検査牛肉食べさせられちゃいました。アヒャヒャヒャヒャ」



181 :朝まで名無しさん:05/02/05 08:01:57 ID:TFz8tSHJ
>>175
気持ちはわかるが、それはちょっと違う。もしそれが真実なら数百万頭のBSE牛の
かなり(数十万頭と推定される)を無警戒に危険部位も含めて食ってしまったイギリス
での発症例は150どころか数億人という事になってしまう。(イギリス人が数回全滅
だな)事実は、「BSE由来のCJDはいずれにせよ非常に稀」という事だ。どこまでも
稀な事象を危険ゼロにするコストは無限大なので、意味のない「全世界の全魚の水銀検査」
になぞらえてみたわけで。

>>176
費用対効果として無駄という主張をしたのだが、そこに「牛肉離れを防ぐ」という
心理的効果まで言われてしまうと、非科学的とは言え、否定は仕切れないところが残念。

>>178
確かにご指摘の通りではあるのだが、現在の風潮としては「オージーだって本当は
やばいんじゃないの?」という声がかなり上がり始めているので、あえて「全世界の
全魚」としてみました。魚の種類についても、今じゃ「本当は牛もヤギも骨粉食った
鳥や豚も、、、」と際限なく心配する声がどんどん上がってきているように思えますよ。

米国には検査体制じゃなくて、もちっと解体方法だの餌管理だのちゃんとせいよ、と
言わないと、「いつまでも非科学的な全頭なんかいいやがって」としょーもない喧嘩に
終始してしまう。あとは、原産地表示の徹底だね。嫌なら米国産食うな、そもそも牛肉
全部危ないというなら食うなという事で個人の選択にするのが最良ね。(産地表示なんて
あてにならないという突っ込みは無しね。それ言い出したら日本の検査でも何でも
疑えるし、リスクとしては何でもある)

182 :朝まで名無しさん:05/02/05 17:41:05 ID:tT3vXpOr
今日の産経新聞(大阪本社版3面)によるとイギリスの科学者の話として
「今発病しているのは潜伏期間が短かった人だけで、最終的には数千人が発病する可能性もある」
そうだ。

危険を過小評価している馬鹿は良く考えてみろ

183 :朝まで名無しさん:05/02/05 17:42:13 ID:tT3vXpOr
>>172
>>173
典型的な馬鹿の僻みだな
お前らの「科学者が自分の功績のために宣伝している」という主張のほうこそよほど根拠がないよ

184 :朝まで名無しさん:05/02/05 17:47:00 ID:tT3vXpOr
>>174
安全対策をヒステリーなどという人とは議論はできないな。
では自動車事故を防ぐための取り締まりもヒステリーかな?
たしかに自動車事故で死ぬ人はそれほど多くないし、速度違反をしても事故につながらないケースもある。
だから一律に規制するのはヒステリックで、危険な箇所だけ速度制限をすればいい。

で、どこが危険かどうやってみわけるんだ?

さらに、アメリカでは肉骨粉が現に使われている。
また、仮にすぐに禁止しても影響がなくなる(消費されつくされ、かつそれを食わされた牛がいなくなる)までは数年はかかるだろう。
あなたのたとえで言えばアメリカは水銀が垂れ流されていた当時の水俣湾だ。
せいぜい「水銀は表から捨てないで裏から捨ててね」という程度の規制しかない状態。

185 :朝まで名無しさん:05/02/05 17:48:40 ID:tT3vXpOr
>>181
「限りなく低い」結果が数千人の死者かな?
数千人くらい死んでもいいや、っていう人にとってはこれを防ぐための検査も「無意味」なんだろうね。
自殺してからいえよ

186 :朝まで名無しさん:05/02/05 17:50:54 ID:tT3vXpOr
少なくとも欧州各国は狂牛病が人間に感染して死に至ることを認めている。
危険性を強調しているのは一人の学者だけではない。

むしろ安全性を主張している人たちこそ業界の利益のために言っていることに気がつけよ。
いや、ここで危険性をごまかそうとしている人たちもそれ系の仕事の人なんだろうけどさ。

187 :朝まで名無しさん:05/02/05 17:55:56 ID:tT3vXpOr
>>181
>(産地表示なんて
あてにならないという突っ込みは無しね。それ言い出したら日本の検査でも何でも
疑えるし、リスクとしては何でもある)

だからリスクは累積するってことくらい学習したらどう?
さらに、日本産は肉骨粉をやめてだいぶたつが、アメリカ産は今でも使っている。
検査に問題があった場合のリスクと産地に偽装があった場合のリスクはどちらが大きいか考えてみろ

そもそも牛はいたるところに混ざられている。
「食べたくない人は食べるな」というのは公害問題で「汚れた空気吸いたくなければ窓を閉めておけ」というくらいに無意味

188 :朝まで名無しさん:05/02/05 20:53:40 ID:tT3vXpOr
アメリカやメキシコではいまだに肉骨粉が使われている
これがすべてだ

これをやめて数年立てば輸入再開しても大丈夫だろう
だが、しばらくはまだどこかに残っていた肉骨粉が使われる可能性もあるから
検査が必要だがな

アメリカは汚染国だから現状での再開は本来はありえない

189 :朝まで名無しさん:05/02/05 21:11:07 ID:ifSIzR78
USA産の牛肉を避けようとしても、
それを原料にした調味料などは産地はわからないからね。
なるべく食べないようにするにこしたことはないが、
完全に排除するのは無理でしょうね。

190 :朝まで名無しさん:05/02/05 21:15:34 ID:EeYNGYA0
でもアメリカ様が大切な小泉は日本の国民が何万人ヤコブ病になろうとも
アメリカ産牛肉輸入を強く主張するよ。間違いない。

日本のアメリカ属国化が小泉自民党の狙いだからね。

191 :朝まで名無しさん:05/02/05 21:34:12 ID:r3dKz/x2
>>190
だからさ、マクソだの牛丼をしょっちゅう食ってるような貧乏人は速攻で死んでくれや!
ってのが子ネズミの本音なんだって!(w

192 :朝まで名無しさん:05/02/05 21:47:27 ID:5hxto7fJ
これまでの公害と同じパターンだと思えば国民の理解が得られないのは判ると思うけど。
最初は大丈夫と言っていて犠牲者が多数出てから「実は・・」てのが何度繰り返されたか。

その反省が生かされてない今回のパターン、力で押しても通らないのは明確だ。


193 :朝まで名無しさん:05/02/06 00:23:42 ID:enRnpmhW
ここでアメリカ政府の妄言を指示しているやつって頭おかしいの?
それとも業界の人?

上のほうを読んでいるとまるで「日本政府が非科学的だからアメリカ政府がそれを指摘しているのだよ」などと
言っているようだが、本気で言ってるの?
本当に?

すべて検査するのとサンプル検査とどちらが安全性が高いかは小学生にでもわかる
現に発生が確認されているアメリカでサンプル検査しかしなければすり抜ける狂牛が出てくるのは当然。
しかもそのサンプル検査すらしっかりしていないのは日本の民主党による調査団のレポートからも明らか。
アメリカ政府の主張こそ非科学的なことは言うまでもない。

また、関係は証明されていない、などというのは戯言。
経験則的に明らかだよ。少なくともイギリスを始め多くの国の政府を説得できる程度に証拠が出ている。
水俣病のときも科学的にはっきりしないといって対策を採らなかったから死者・重傷者が増大した。

アメリカの危険な肉を日本に入れようと主張している奴は自分が大勢の人を死に至らしめる権利があるのかどうか
よく考えてみるべきだな。イギリスでも数千人が死ぬ可能性があると学者のグループは推測している。
人口比を考えれば仮にアメリカ肉が入ってくれば1万人を超える死者が出ることもありうる。
愛知県で赤ちゃんが殺されたが、その犯人よりも自分の方が良識があると主張するならいい加減に食肉業界のための主張をやめたらどうだ?

194 :朝まで名無しさん:05/02/06 13:45:50 ID:Y8FCAemZ
論理性が全く無い馬鹿ばかり。
こんな低レベルのリスク管理計算すら出来ない奴らがヒステリーを
起こしてやがる。
イギリスでどれだけ膨大な数のBSE牛が出回ったか。
発症牛だけで18万数千頭、市場に出回った感染牛は数百万頭と言
われてるんだぞ。
それでいて死者は150人に満たない。
まあ、実際の感染者数が何人になるかはわからない。
一説には5千人などという主張もあるようだが根拠は不明。
実際の発病者数は2000年の28人をピークにほぼ減少を続けており
去年は9人と1/3以下になってるからこの数字自体、極めて疑わしい。
ttp://niah.naro.affrc.go.jp/disease/bse/cjd_uk2.html

百万歩譲ってこの5千人という数字を採用するとしよう。
それでも数百万頭の感染牛がまるごと出回っての話なんだから1頭
2頭の感染牛が発見されたレベルで騒いでいるのとは話のベースが
全く違うのだよ。

要するに「BSE問題」なんてのはイギリス及びその肉が流通した可能
性のある一部ヨーロッパ諸国だけの問題で、日本やアメリカ、カナダ、
オーストラリアには何の関係も無い問題なのよ。

195 :朝まで名無しさん:05/02/06 20:12:23 ID:3hEBRAqJ
>194
あなたは好きなだけ牛肉を食べてください。

悪い意味でのアタリを引きたくないってのは非論理的ではない。
道を歩く時も車に気をつけるでしょう?事故率なんか関係ない。自分が轢かれたら終わり。
BSEも同じ。回避する方法が確定しなければ避けて通るのが普通でしょう。


196 :朝まで名無しさん:05/02/06 21:35:06 ID:Y8FCAemZ
>>195
はい、私は好きなだけ食わせてもらいますよ。
只、こんな馬鹿げた「危険性」とやらの為に高い牛肉を食うことを
強制されたり、無意味な全頭検査のために100億もの税金を投入
している現状に我慢がならないだけ。

まさしく、これは単に、食いたい奴だけが食って、食いたくない奴は
食わなければいいというだけの話。

197 :朝まで名無しさん:05/02/07 00:54:32 ID:G23FSodn
>>196
実際に入ってくれば、学校給食で半ば強制的に子供達は食べさせられる
外食や弁当への使用や混入も見分けがつかない
金儲けのために偽装を繰り返している食肉業界や流通業界など信用できるわけもない
安くて危険な肉の流入を阻止したい、というのは現時点での国民の大半の意志であることは明らか

198 :178:05/02/07 01:59:43 ID:jbUPqLYS
>>181
>現在の風潮としては「オージーだって本当は
>やばいんじゃないの?」という声がかなり上がり始めているので
あれ?そうなの?どういう根拠でそうなってるの?

管理体制(危険部位が入らないような精肉処理とか)をきっちりしてもらうのは
同意。ただ、「非科学的」なのはどちらかということが科学的に立証されていない
(少なくともコンセンサスはない)以上は片方の言い分を信じて若い牛は
検査をパスさせるというのは反対。
仮にパスさせるとして、検査済かどうかを確認できる流通、販売方法を確立させてもらいたい。

極端な話、俺は40近いからどうでもいいけど、10代以下の奴らに食わせるのは
劣化ウランをばらまくのと同じような恐怖がある(アメリカは劣化ウランによる被爆では
健康は損なわれないって発表してるよね)。

>>195
宝くじに当たったらどう使うか考えるように、BSEになったらどうなるか考えるのと同じ
じゃないかな。

199 :181:05/02/07 08:17:48 ID:TOkmyvod
>>193
私は業界の人でもないし、アメリカ政府の肩を持っているわけでもないんだけど、例えば
「餌管理と危険部位の除去がどうみてもとりあえずまず重要、欧州でもそう」という時に、
「全頭検査の有無」を根拠にアメリカに対抗しようとして断られる、という図が、なんか
的外れな感じがしているわけです。あと、「学者が自分の利益や金のために全頭検査を
主張している」なんて言っているわけではないです。そういう学者は自分の信条として
そう主張するだろうというだけです、純粋に。

全般に193さんは飛ばし過ぎだと思います。「全頭とサンプルでどちらか」という問題では
なく「どこまでが適切」という漸次的に存在している程度問題の判断ですから、例えば
「全頭」でもまだまだ怪しいものもあるはずだから「全頭の全部位、店頭の肉の切れ端
全部(細胞全部?)でなければ完全に危険ゼロとは言えない」というところだって有り得
ます。それぞれの人が得た情報からどこからが現実的か、どの辺までいくと宗教か、という
感じです。また、今後CJDが思ったより増えた、などという事が起こり始めると、欧州
でも全頭検査開始という事だってあるかも知れません。現状でそんな事が起こっていない
だけです。アメリカ牛が入って1万人の死者が出る事は色々考えてもほとんど有り得るとは
思いません。今回は考察の詳細は省略しますが。



200 :181:05/02/07 08:19:09 ID:TOkmyvod
>>198
「オージーでさえやばいんじゃないの?」というのは問題を論ずる前に色々とググッたり
しているなかでちらほら見かけたもので、今からソースを掘り出すのはちょっと勘弁でも
よろしいでしょうか?(その他、肉骨粉を与えた豚も鳥も、みたいなのは更に見かけますね)
まぁそうでなくても感情論的に極論まで疑えば「オージーにも潜在的にそういうものは
あるが今検査していないだけ」というのは懐疑論としてはそれなりに成り立つかと。
日本産にしても全頭検査しても微量のプリオンはすり抜けるという議論も同様に見かけ
ます。まぁお化けというのはどこまで検査してもそこにいそうな気がしてくるものなわけです。

管理体制をきっちりしてもらうのに同意してもらえるのは良かったです。さて、この場合
「管理体制もきちっとせい、その上全頭検査せい」で敵は納得するのかなぁ、というのが
???な点なんですが、なんか私的には「重要なことをとにかく最優先」してもらわない
と困るかな、と。あと、私の思考の前提としては「現在日米の牛の危険にそもそも大差など
あるわけない」というのがあります。短期渡米した日本人は米国で牛は食わないようにして
いるんでしょうか?渡欧でも同じですね。

194さんあたりも言及してますが、やはり「数十万頭もへたり牛(大当たりの牛)を丸ごと
食って150人だか(100万歩譲って5000人)の病気」なので、とりあえず危険部位
除去と餌改善だけでほとんど解消されたと思うのはとりあえずそんなに不適当な事では
ないと思います。お化けというものはどこまでも怖がれば存在するので、ついつい徹底的に
限界まで行ってしまいたくなる人が多いのは理解はできるのですが賛同はできかねるかなと。

私も40はとうに過ぎておりますので更にどうでもいいですが、自分の子も含めて「子供
への安全に対する恐怖」というならこれに限らず数限りなくあるので、色々と優先順位を
つけますね。BSEやら牛やらの問題は非常に下位に属します。

201 :181:05/02/07 08:19:59 ID:TOkmyvod
余談になりますが、劣化ウランも米軍に加担、とか反対とかいう感情論の前に、元々の
科学的興味で普段から「そこらの花崗岩にでも5ppmだかウラニウムは含まれている」
と記憶しておりまして、(5ppmって結構凄い量です)要するにそこらの砂でもなんでも
やたらにウラニウムって存在しているのですね。クラーク数的に金よりずっと多い位で。
すると局所的に劣化ウランが集中して(劣化ウラン弾が一部気化した時、それを近くで
吸った、など)影響を与えることには、もちろん考えられますが、これがあまねく
土壌に広がってしまうと、なんのことはない、花崗岩の粉まいたのと大差ない状態に近づく
のではないのかな?と基本的には思います。まぁ定性的分析をしてもしょうがないので
こういう問題も常に「定量分析的考証、思考」が重要となるのですが。

202 :朝まで名無しさん:05/02/07 14:50:13 ID:wkTwyH+j
>>197
うちの子供の学校給食はBSE騒動以来、牛肉が排除されていまだに復活していない。
本当に危険だと信じるなら米国産牛肉が使われる可能性のある給食は食べさせる事を
拒否して弁当でも持たせたらいかがですか ?
今は昔と違って食物アレルギーなどが問題となっているから、その類の「わがまま」は
比較的簡単に通りますよ。
あるいは学校にねじ込んで給食に米国産牛肉を使わないよう働きかけてもいいし、転校
させたっていいでしょう。
世間体やわずらわしさから踏み切れないというのなら、あなたの「危険性」の認識は所詮
その程度ということです。

「危険性」の判断というものは絶対的な数値で判断すべきもので、AがBに比べてどれだけ
危険かなどという事だけ議論しても意味は無い。
AがBより100倍危険だとしても、Bの危険度が1/100億ならAの危険度も1/1億にしかな
らないんだから。
日本におけるBSEの「危険性」なるものは数字的には日本の全人口1億2千7百万人のうち
1人が死ぬ可能性が数億〜数万分の1程度に過ぎない。
こんなものリスク管理上はゼロと見ていい。
それでも危険だと主張するのは個人の自由ですが、ここまで来ればリスク回避の負担は
危険だと主張する側の責任で行うべきでしょう。
つまり輸入を止めて、食いたい人間に食わせないようにする事などはもはや認められるべ
きではなく、「危険性」を主張する人間が自分の努力で「危険」だと考えるものを排除すべき
だということです。

203 :朝まで名無しさん:05/02/07 15:48:55 ID:iv19ySfU
>>202

俺も「何がなんでも全頭検査しろ」という考えは持ってないが、
貴方の意見(特に最初の段落)は極論というか、少し世間知らずだと
言わざるを得ない。

牛丼や肉じゃがを食べなければよいという程度の問題じゃなくて、薬の
カプセルやお菓子、インスタント食品、レトルト食品に使われる調味料とかの
「牛肉として以外の摂取」が避けられないところが問題になってる。

米国内では10年も前に使用禁止になった殺虫剤を輸出用の食物にまくような国の
管理体制(危険部位が混入しないようにするなど)も信用できない。

劣化ウランの話が出てきたようだが、マンハッタンのど真ん中に、500gほどの
劣化ウランが放置されるという事件が起きた時は避難命令が出るくらいの騒ぎに
なったw
でも国外での使用は安全なんだろうなw

204 :朝まで名無しさん:05/02/07 15:54:58 ID:Q5dNw2ab
畜産パートの母によると、牛肉は値段上がり膜理だってさ。
アメリカ牛輸入阻止の背後には肉の値段をあげて暴利をむさぼってる連中がいるんだってさ。
和牛の連中ね。


205 :朝まで名無しさん:05/02/07 23:05:24 ID:wkTwyH+j
>>203
私はもちろん「そんなものを気にかけるのは馬鹿げている」と考える人間ですが、
貴方の指摘するその「問題」は、過去から現在に至るまでず〜っと継続中の問題
であって、「アメリカ産牛肉の輸入再開」の問題とは何の関係も無いのではありま
せんか ?
このスレで議論されているのは「アメリカ産牛肉の輸入再開」の是非であって、牛
由来製品の安全性云々は直接関係ないでしょう。

まあこの牛由来製品も一時期さんざん騒がれましたが何時の間にか誰も話題に
上げなくなりました。
この辺も日本のマスコミがいかに無責任かを示していると思いますが、牛由来製品
というと私には反対派が何故問題視しないのか不思議でならないものが1つ有るの
でここで問題提起しておきましょう。
それは「牛乳の安全性」についてです。
日本で確認されたBSE牛は若齢牛2頭の例外を除いて、全て乳牛の廃用牛です。
つまりBSE感染牛が出した牛乳が大量に市場に流通し、食用に供されてしまったと
いうのは事実なのですよ。
何故この「問題」を誰も追及どころか話題にもしないのでしょう ?
確かに「牛乳」は危険部位ではないかもしれない。
しかしそれは「筋肉」が危険部位ではないというのと質的にどこが違うのですか ?





206 :朝まで名無しさん:05/02/07 23:07:17 ID:wkTwyH+j
この辺を見たって日本のマスコミ報道の実態がよくわかる。
実際の危険性が殆どゼロに等しいことくらい中学生レベルの計算能力があれば解る。
しかしそんな事は決して記事にしない。
危険性をセンセーショナルに取り上げた方が売れるからで、また抽象的な日本政府
やアメリカは叩いても安全だからです。
「牛乳」の問題など取り上げたら只ではすまない。
全国の酪農家を敵に回すことになる。
実質的な危険性など殆ど無いことはわかっているのだから、あえてリスクを犯して
こんなものを記事にしようなどとは誰も考えない。
安全地帯で売らんが為に「危険性」を煽り立て、叩いて安全な相手だけを叩いて世を
憂えるようなエエカッコしいポーズだけ取る。
真実を追究しようとするジャーナリズムの姿勢などかけらも無い。

ところで牛乳はお飲みですか ?

207 :朝まで名無しさん:05/02/07 23:41:03 ID:roxFQfEq
それって、牛乳の品質管理体制のずさんさもソースに付けないと議論にならないのと違う?
まともな議論をしたいのなら詭弁のガイドラインに当てはまってないか確認しようね。


208 :朝まで名無しさん:05/02/07 23:53:53 ID:wkTwyH+j
農薬の話題が出たのでスレ違いですがちょっと書いておきましょう。
なぜか日本では「国産農産物」=「安全」という何の根拠もない神話が一人歩き
しているようですが、こんなものは噴飯物です。
作付面積と農薬の使用量の関係を考えたら日本の農産物は他国とは比較にな
らないほど農薬漬けで作られている事がわかる。
私は農薬排斥論者ではないし、こんな事をいちいち気にしていてもしょうがないと
思っているから国産農産物も普通に食べていますが、「食の安全」などを説く連中
が「国産安全神話」などを振り回すのを見ると生理的に気分が悪くなる。
殆どのマスコミはこういう問題も決して追及しない。

前レスで「抽象的な日本政府」という書き方をしましたが、これは政府の行う具体的
な政策になると、とたんに矛先が鈍るからです。
個々の具体的な政策には各種関係者の利害が絡んでいるからで、下手に記事に
すると利害関係者の反発を招くからです。
基本的にマスコミは叩いて安全な相手しか叩かない。
農水省というのは基本的に業界の利益を代弁する役所で、断じて消費者の利益を
考える所ではありません。
あの馬鹿げた全頭検査などという決定を下したのも、国民を心底馬鹿にしているから
出来たことで、あとは自らの保身と関係者の関係者の利害が絡んでいるのでしょう。
100億といわれる税金が投入された裏に、どれほどの利権がうごめいているか。
発端時の全頭買取問題等も含めて、不明朗なBSE政策の裏にどれほど不可解な事
があるか、まあ日本のマスコミにその追求を期待するのは無理でしょうがね。

あと念のために書いときますが、私もアメリカの検査体制など全然信用しとりませんよ。
ただ前に書いたように絶対的な危険性レベルがゼロに等しいものである以上、たとえ検
査体制がザルであろうとやはり絶対的危険性は無視できる物だと言ってるだけです。

209 :朝まで名無しさん:05/02/08 00:11:20 ID:6mGGpiYh
>>207
牛乳のBSE検査など全く行われておりません。
以上。
念のためにURLを貼っておきましょう。
ttp://www.j-milk.jp/seminner/8d863s000000qbi5.html

基本的なスタンスはまさしく「牛乳は危険部位ではないから安全性に問題は無い」
というだけのもの。
確かにカテゴリー4の(検出可能な感染性なし)の欄に乳汁(牛乳)は筋肉(骨格筋)
と並んで表示されてますよ。
これ読む限りでは「牛乳は牛肉と同じくらい安全です」という事にしかならない。

もちろん俺は牛乳の危険性など指摘したいわけではないよ。
BSEの危険性を言い募る連中が、何故か牛乳については目をつむってる矛盾点を
指摘したいだけ。


210 :朝まで名無しさん:05/02/08 02:00:31 ID:XcqOB7yd
筋肉がBSE(以上プリオン)に汚染される可能性があるのは
解体時に飛び散る脊髄や脳が混入(というか付着か?)していた
という事実があるから。
牛乳を搾る時に脊髄や脳が混入することはないでしょ?


211 :朝まで名無しさん:05/02/08 07:46:01 ID:6pz981PG
いやぁ、特定部位以外にもプリオンが蓄積されていたって研究結果が最近発表されてたよ。

212 :朝まで名無しさん:05/02/08 10:12:38 ID:RpN/HJ7T
>>211
筋肉内の神経に溜まってたってやつ?
牛乳には混入しにくい(杞憂だ)と思う。


213 :吉野家に抗議しよう!:05/02/08 12:04:26 ID:3uzU98G7
2月11日に、感染の疑いのある米国産牛肉の「在庫」を使って
牛丼を売り出す吉野家。
さすがに在○の高卒DQN社長はやることが違う(w

輸入停止の時も、「自己責任で食べる消費者の自由を奪うな!」などと、
自社の利益のために国民の命を危険に晒すような言動で顰蹙を買った
DQNのアベ社長。

今度は在庫の処置に困り、牛丼祭りだそうだ(w

こんなバカなことをする企業に、抗議のメールを!!


http://www.yoshinoya-dc.com/images/index_tx08_over.gif

214 :吉野家に抗議しよう!:05/02/08 14:08:56 ID:3uzU98G7
ごめん! こっちだった(^^



http://www.yoshinoya-dc.com/


215 :朝まで名無しさん:05/02/08 19:04:20 ID:sy1A6W8o
豚丼でいいや

216 :朝まで名無しさん:05/02/08 21:09:45 ID:6mGGpiYh
>>210
実際の個々の牛の健康状態や搾乳状況など我々にはわからない。
例えば乳房にもリンパ節は存在しており、乳房が炎症を起こしている時や、搾乳
状況によっては乳汁にリンパ球やリンパ節組織が混入することは当然考えられる。
そしてリンパ節の危険性というのはカテゴリー2、脳脊髄液と同等にランクされてい
るのだな。
さらに乳牛には若齢牛などは存在しない。
これも当然で、牛は出産しなければ乳は出さないんだから。
初産の平均月齢は約26ヶ月、つまり乳牛は最も若い牛でも月齢26ヶ月ということ。
そして肉牛は屠殺して食ってしまえばそれで終わりだが、乳牛は生きている間中、
何年もにわたって異常プリオンをどんどん蓄積させながら乳を出しつづけ、我々は
それを飲みつづけ、乳製品として利用しつづけるという事。
これをどう考えるか ?

俺はリスク計算上、一定レベル以下のリスクは許容すべきだと考えるから牛乳の
リスク程度は容認するが、あくまで「絶対安全」を求め、全頭検査に固執し、推定月
齢20ヶ月以下の米国産牛肉の輸入にもかたくなに反対しつづける人間にとって、こ
の牛乳のリスクが容認可能とはとても思えない。
肉はダメだが牛乳だけは容認可能というならその論拠を示してもらいたいものだ。

217 :朝まで名無しさん:05/02/08 21:39:03 ID:1oi6Lt/R
>216
|例えば乳房にもリンパ節は存在しており、乳房が炎症を起こしている時や、搾乳
|状況によっては乳汁にリンパ球やリンパ節組織が混入することは当然考えられる。

ソース付けなさいって言われてるでしょ。


218 :朝まで名無しさん:05/02/08 22:58:34 ID:6mGGpiYh
>>217
ttp://www.jdia.or.jp/publicaition/bunshu.html
ttp://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2004/foodinfo-25_2004.pdf
この程度の物、自分で検索したらどうだ ?
それ以前に、乳腺炎起こしてるところに強制搾乳かけたら乳汁に血やリンパが混ざることなど
ソース以前の一般常識だろう。
そのあげくが ソース付けなさいって「言われてるでしょ。」 だと ?
いったい何様なんだこいつは ?

罵倒してやりたいところだが、スレが荒れるのでやめておく。


219 :217:05/02/09 06:17:25 ID:CnmjPHm0
>218
ソース無しで不安を煽るような事を書くのがおかしいというのが規制解除派の理論だろ?
で、乳腺炎なんて言葉の方が一般常識と思えんが。

後者の方では小型反芻動物についての所見だと思うが。牛についての所見が削除され
ているとか?
牛乳についても体細胞数検査(血液混入確認)をしていないとしたらBSEどころか病原菌や
ウイルスにいたるまで混ざり放題という品質もへったくれもない状態ということに・・・

乳房炎と乳腺炎は同じものか? 乳房炎治療で抗生物質を投与中は牛乳を取らないことに
なっているね。(生乳の抗生物質の混入検査をしている。見つかれば即廃棄)


220 :朝まで名無しさん:05/02/09 21:30:00 ID:aQ6q/lYb
>ソース無しで不安を煽るような事を書くのがおかしいというのが規制解除派の理論だろ?

そうだよ。
今回の俺のやり方は、単に輸入反対派のやり方をそっくり真似て彼等が指摘していない国内
の問題を浮き上がらせ、彼等の思考の自己撞着ぶりを浮き彫りにしようと思っただけだ。
しかし書いている内容は嘘じゃない。
私見では「米国産牛肉」などより国内の「牛乳」の方がはるかに「危険」だと考えているけどね。

まあ、俺は別に君を説得したいわけじゃない。
下のURLは羊という小型反芻動物についてのデータから牛の乳に感染性は無いとする所見に
疑問を呈する研究結果について取り上げているが、「これは小型反芻動物についてのデータだ
から大型反芻動物の牛においては全く問題が無い」と本気で信じるならそれは君の勝手だし、
体細胞数検査や抗生物質混入検査等で単なるタンパク質に過ぎない異常プリオンの混入を100%
完璧に阻止出来ると本気で考えるなら、それも君の自由だろう。

俺は牛乳への異常プリオンの混入は有りうる事だと考えている。
しかし混入自体が例外的かつ少量だと考えられる上、イギリスでのBSE牛の推定流通量と発症
者数から見て、ヒトへのBSE感染はあったとしても極めて稀なケースだと思われるから、あえて問
題視する必要は無いと考えているだけだ。
あとはこのスレを読んだ者がどう判断するかというだけの事だ。

221 :朝まで名無しさん:05/02/10 01:06:40 ID:HtygVbPy
そろそろ食品に原産国表示を義務付けて欲しいな。

222 :朝まで名無しさん:05/02/17 16:03:08 ID:F2Yl6sD1
>>218
漏れは酪農屋ではないから詳しいことは知らんが、
その「乳腺円だか乳房円だか言う病気になると
せっかく絞った乳は売られないらしい。売ろうとしても検査で引っかかるらしい。
なんとか細胞検査って言うのをやるらしいよ。

ソース?切れるくらいのヒトなんだからご自分で探してくださいませ。

223 :朝まで名無しさん:05/02/18 00:06:36 ID:W0LaujEK
>>222
詳しいこと知らんなら書き込むなよ。

224 :朝まで名無しさん:05/02/25 21:30:52 ID:xDESCWRA
【BSE牛を国民に食わせる自民・公明】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050225-00000128-mai-pol

225 :朝まで名無しさん:05/03/04 21:21:08 ID:LJC6KqCl
1.「なんにもしないから」
2.「先っぽだけだから」←昔ここ
3.「外に出すから」 ←今このへん
4.「責任は取るから」
5.「オレじゃねえよ」



226 :朝まで名無しさん:05/03/08 08:55:19 ID:CN9A0dfY
80〜96年英仏渡航者、1日滞在で献血制限 ヤコブ病巡り
http://www.asahi.com/national/update/0307/TKY200503070568.html

たかだか1ヶ月弱の滞在(イギリスに24日、フランスに3日、BSEが発生していない
国にあわせて2週間)で感染しちゃったんだな・・・


227 :朝まで名無しさん:05/03/18 15:06:05 ID:AIjH4E7u
自国の利益のためだけに他国の国民を危険にさらすアメリカの肉なんて食えるか

オーストラリア牛万歳!!

228 :朝まで名無しさん:05/03/18 15:08:00 ID:svQQ7QcK
どうせ米国産のオーストラリア産表示肉が出回るんだろ

ハンナン経由で

229 :朝まで名無しさん:05/03/18 15:10:51 ID:+Hel8V/b
>>227

同感。

所で早くアメリカ産牛肉を輸入しないと経済制裁するんだと(米議員公言)

  アメリカから『 脅迫 』されているが。それでも服従する哀れな馬鹿ポチ小泉


230 :朝まで名無しさん:05/03/18 15:11:21 ID:AIjH4E7u
_| ̄|○

231 :朝まで名無しさん:05/03/18 15:14:17 ID:+Hel8V/b
>>228 名前:朝まで名無しさん :05/03/18 15:08:00 ID:svQQ7QcK
>どうせ米国産のオーストラリア産表示肉が出回るんだろ

やれやれ、酷い場合は、外国産肉に国産ラベルをペッタンペッタン貼って

   高級国産牛肉!! って 正々堂々売っているわけだ。

  それを 旨い旨いとガブガブ喰らいつくアホも大勢居るだろう。



232 :朝まで名無しさん:05/03/18 15:22:08 ID:Mr+yLMiP
輸入禁止後約1年たったけど生活に大きな支障は無いね
吉野家の牛丼食えないのは残念だけど・・・

233 :朝まで名無しさん:05/03/18 15:25:00 ID:OzXQliyR
>>226
でも、その2週間の滞在での食事が本当に感染した原因なのか?
立証は出来ていないのでしょう?
推測できると言ってるだけで証明にはなっていない
日本で感染って100%無いって言えるのか?


234 :朝まで名無しさん:05/03/18 15:28:40 ID:MsRN9LkH
一年も経つと吉牛のない生活にすっかり慣れちゃったよ。

235 :朝まで名無しさん:05/03/18 16:30:11 ID:5eApRC2t
アメリカ産牛肉輸入に反対します
        
                     ノラ



236 :朝まで名無しさん:05/03/18 16:37:17 ID:nnHdP2Am
>>233
本気でそう思ってんのか?

例えばHIVに汚染されているかもしれないが、100%汚染されているとは
言い切れない血液なら輸血しちゃうのか?


237 :朝まで名無しさん:05/03/18 16:41:49 ID:+Hel8V/b

幾ら馬鹿ポチ小泉が言いなりになってアメリカ産牛肉を輸入許可したところで

国民が食べなければいい事なんだが・・・・・・・・

入ったら入ったでグチャグチャ食い散らかすんだろうな。。。。。
これだから日本はアメリカの家畜ブタ。 
EUなどは徹底的に抗議などするし、日本人みたいにノーテンキじゃないからな。


238 :かっとれ:2005/03/21(月) 12:29:19 ID:T/eDXRD5
>【狂牛病】“全頭検査すべきだ…NYタイムズ社説

日本の消費者も全頭検査の支持をするべきである。

日本へアメリカ牛肉の輸入を再開しろって
アメリカ牛肉を使いたい日本の「食品業者」の
アメリカを利用した逆圧力の可能性はどう?

日本の牛肉をアメリカも輸入再開しないといけないんじゃ?
何故に日本政府ばかりが悪者に???

239 :朝まで名無しさん:2005/03/23(水) 02:38:02 ID:0AY4fmux
北朝鮮産あさりが2%しか市場に無いそうだ
40%以上北朝鮮産のはずだが?

アメリカ産牛肉を表示させ自己責任で〜
なんて意見が時折出るが
表示する訳ねーだろバカ
食品表示は嘘大袈裟紛らわしいのJARO3点セットだよ

20ヶ月未満の牛は検査しても確実に結果が出ない→だからOK
変な話じゃね?
だったら20ヶ月未満の牛肉は輸入禁止だろ
確実に結果の出る年齢の牛のみ可だろ

ちなみに日本産牛肉はアメリカでは輸入禁止
なんで?
日本にBSEが出たからだそうです
ハァー?!


240 :朝まで名無しさん:2005/03/23(水) 02:41:58 ID:4goJflP5
つい最近の話だけど、カナダの牛も輸入しないことになったよね。

241 :朝まで名無しさん:2005/03/27(日) 23:23:20 ID:7wyr/uKp
アメリカに輸入再開約束しといて約束破っちゃいかんよ
抗生物質の使用量はアメリカ産のほうが低そうだけど

242 :朝まで名無しさん:2005/03/27(日) 23:32:07 ID:CkBzx1XA
NHKは遺伝子組み替え飼料で動物の遺伝子が組み代わっていると
レポート流していたぞ。100年したらしっぽはえてくるんじゃないか?

243 :朝まで名無しさん:2005/03/27(日) 23:33:06 ID:CkBzx1XA
BSEはこのまま解禁したらLDPは惨敗だね。市民はそんな政党は要らない。

244 :朝まで名無しさん:2005/03/27(日) 23:34:00 ID:CkBzx1XA
植物成分の化粧品が売れるね。コラーゲンはNGだね。

245 :朝まで名無しさん:2005/03/27(日) 23:37:51 ID:PhX9dcFh
ヤコブ病で死んだという日本人は、英国滞在のことばかりいわれているが、
過去に一度もアメリカに行ったことはないのだろうか。
あるいは日本で、輸入アメリカ牛肉を食べたことはないのだろうか。

246 :朝まで名無しさん:2005/03/27(日) 23:42:26 ID:CkBzx1XA
ヒースローでビーフジャーキ買ってきたんじゃないの?世界中の
土産が並んでるからね。

247 :朝まで名無しさん:平成17/04/01(金) 16:22:11 ID:icbrbFst
age

248 :朝まで名無しさん:平成17/04/01(金) 16:58:06 ID:icbrbFst
>やっぱり危険なアメリカ産牛肉

早く輸入再開しないと経済制裁するぞ! 
と脅迫されて  慌てるフヌケ小泉

249 :朝まで名無しさん:平成17/04/02(土) 01:50:31 ID:JIx+YEGn
牛肉輸入再開するって約束して一向に再開しない日本が悪いんじゃない?
わしは日本のデブ牛のふにゃ肉よりアメリカ産の赤肉のほうがいいなー
今の状態はアメリカって実は日本の牛肉の消費国でもあるから双方の利益にならんよ。
アメリカはあんだけ牛がいて1頭しか見つかってないからわしは全然気にならんよ。
逆に日本はもっと多く発見してるし、生後21ヶ月未満は狂牛病の
検査すり抜ける可能性あるんだからさー。危険部位は捨ててるし
宝くじ当たるより可能性低いんだべ?

250 :朝まで名無しさん:平成17/04/02(土) 01:59:56 ID:cbL9VkCj
>249 アルツハイマーは50人に1人の病気になりつつありますよ。
年間5万人をこえるアルツハイマー死者の1割がヤコブ病とのエール
大学の調査もあるし。ttp://square.umin.ac.jp/kyotoupe/archives/youbou2001-3.htm

『ハンバーガーに殺される 食肉処理事情とアルツハイマー病の大流行』
マレー・ウォルドマン&マージョリー・ラム著、熊井ひろ美訳、不空社

プリオンで感染するとされるBSE(狂牛病)やクロイツフェルト・ヤコブ病とアルツハイマー病が実は同じ
ものではないかという仮説を大胆に提示した画期的な書。

アルツハイマー病に類似する症状が19世紀にはほとんど報告されていないこと
(アルツハイマー博士によって同種の症状が初めて報告されたのが1906年)、
一定年齢以上の死亡率はその間もあまり変わっておらず「長生きが増えたからアルツハイマー病が増えた」
という議論に意味がないこと(平均寿命が延びているのは乳幼児の死亡率が減少しているためという)などを紹介しながら、
アルツハイマー病が20世紀になって蔓延した新種の病気であると理路整然と説く。

アルツハイマー病とプリオン病の共通点は非常に多いという。著者は、アルツハイマー病が蔓延した
(または蔓延していない)国々の状況を示して、その蔓延が牛肉の大量消費と軌を一にしていることをデータで示す。
たとえば、日本では1960年以降出現している(牛肉の大量消費は第二次大戦後始まった)し、
インドではアルツハイマー病がほとんど発生しない(宗教上の理由から牛肉はほとんど食べられない)。
また、牛肉の大量一括処理(数頭の感染牛の肉を大量の食品にまき散らすことになる)の増加も
アルツハイマー病の増加と軌を一にしているとする。

251 :朝まで名無しさん:平成17/04/02(土) 02:05:04 ID:JIx+YEGn
狂牛病の牛って歩けなくなったりしてたけど、アルツハイマーっぽくはなかったよ

252 :朝まで名無しさん:平成17年,2005/04/02(土) 18:59:58 ID:JIx+YEGn
こんな宝くじより低い確率で見つかる異常プリオン持ってる牛より
毎日食ってる食品添加物のほうが危険じゃねーか?

253 :朝まで名無しさん:平成17年,2005/04/02(土) 19:01:07 ID:a5EiosCr
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
政府へ意見

254 :朝まで名無しさん:平成17年,2005/04/03(日) 09:30:21 ID:bT0/ap+D
アメリカの誰かだ、アメリカ産牛肉の危険性を暴露していたな。


255 :朝まで名無しさん:平成17年,2005/04/04(月) 09:32:17 ID:EAcnurO3
あげ

256 :朝まで名無しさん:平成17年,2005/04/04(月) 09:50:54 ID:cniQ6Vw7
アメリカ産オレンジやグレープフルーツも危険!!
船で何日もかけて運んでくるのに、なんであんなに痛んでないのか考えてみな。

257 :朝まで名無しさん:平成17年,2005/04/04(月) 09:52:24 ID:EAcnurO3

長期輸送に備え、防虫剤、防虫剤たっぷりのオレンジ


258 :朝まで名無しさん:平成17年,2005/04/04(月) 10:01:51 ID:EAcnurO3
防虫剤→防腐剤

259 :朝まで名無しさん:平成17年,2005/04/04(月) 10:39:02 ID:EAcnurO3

国民の安全をアメリカに売る 売国奴・小泉バカ総理と売国奴バカ集団・自民党政府


260 :朝まで名無しさん:平成17年,2005/04/04(月) 23:03:52 ID:2T3fVifn
>>259
国民の意見は半々ですよ

261 :朝まで名無しさん:2005/04/05(火) 16:27:27 ID:GYGLtcZ3
ヤフーの米国産牛肉に関するアンケートによれば、
「心配で食べられない」「心配だけど食べるかもしれない」等と並んで
「しばらく様子を見る」という項目がある。しかも、結構投票数が多い。

なぜだ?しばらく様子を見ると安全かどうか分かるとでも思い込んでるのか?
発症に何年もかかるし、原因が米国産のものかどうか分からないのに、しばらく
様子を見てどうにかなると思っているのか?

こういう無知蒙昧な国民がまだまだ多いなかで、輸入再開してしまって、よろしい
んですかね。小泉さん。

262 :朝まで名無しさん:2005/04/05(火) 16:30:17 ID:oN1olxHk
>>261

ポチ犬小泉・ポチ集団自民党が政権に居座る限り、避けられない。

ならば、吉野家の牛丼を食わない。アメリカ産牛肉を喰わない。

となる。これが最大の防御。



263 :朝まで名無しさん:2005/04/05(火) 20:47:25 ID:/RW1hnbl
まったく心配してないボクと同じ意見も多いんじゃない?
日本の全頭検査だってお役所仕事だからちゃんとやってるかわからんよ

264 :朝まで名無しさん:2005/04/06(水) 01:54:47 ID:5AV/DAPP
>>261
無知蒙昧な国民が多いから、馬鹿げた「安全ヒステリー」に冒されてパニック
起こしたり、逆に「国産牛肉は全頭検査してるから安全」なんて大嘘に簡単に
騙されたりするんですよ。

265 :朝まで名無しさん:2005/04/06(水) 08:51:45 ID:IXx2vI3I
>>264
そうだな。
無知蒙昧な国民が多いから、そんな日本の牛肉よりさらに、質が悪くて検査もしてなくて管理体制もずさんで、
科学的根拠の無い安全性を文句に、押し売りをしてくる国から、肉を買おうなんて言い出す馬鹿が出てくるんだよな。

266 :朝まで名無しさん:2005/04/07(木) 10:49:54 ID:tzJkull1
だがプリヲン国は、大のお客様である日本の希望もマトモに受け入れず
売手の論理だけで「もう待てん!」「経済制裁だ!」って恐喝するのはねぇ‥

267 :朝まで名無しさん:2005/04/07(木) 11:57:09 ID:/DiLD6mM

日本は北朝鮮にすら経済制裁を遠慮していると言うのに。

アメリカは簡単に 脅迫するな。(経済制裁はアメリカ下院で可決)

まあ仕方ないか? 日本は アメリカ国民の家畜だから。


268 :朝まで名無しさん:2005/04/07(木) 12:00:53 ID:/DiLD6mM

因みにアメリカ牛肉は国内消費向けと馬鹿ポチ日本向けは分けられる。


269 :朝まで名無しさん:2005/04/07(木) 12:03:53 ID:/DiLD6mM

何でも喰う、馬鹿ポチ日本。

アメリカ産牛肉が輸入されれば、 

馬鹿ポチ日本人は

スーパーで買った肉や吉野家の牛丼を
ガブガブ豚みたいに喰うのだろう。


270 :朝まで名無しさん:2005/04/07(木) 15:51:49 ID:q999rN1U
悲しくなるね・・・

271 :マイケル・ランドゥ:2005/04/07(木) 15:59:11 ID:JRrU8Tpr
他の分野にも言えることだけど

>スーパーで買った肉や吉野家の牛丼を
>ガブガブ豚みたいに喰うのだろう。

という層の人は自分が手のひらで踊らされて
馬鹿にされてるのを分かってないよね。

もちろんおれも例外じゃないけど。

てか売り手は自分たちの売りもん絶対食べてねえだろ!

272 :朝まで名無しさん:2005/04/09(土) 08:24:02 ID:Bq5bM7F7

また 偽装 か。


273 :朝まで名無しさん:2005/04/09(土) 08:32:32 ID:mZAp/Cfe
まー、狂牛病が発症する確率より
喫煙で肺がんになる確率のが、格段に高いわけで
もー、どうでもいいけどな。


274 :朝まで名無しさん:2005/04/09(土) 08:47:18 ID:Bq5bM7F7

喫煙で肺がんになる確率 + 脳がスポンジになる確率


275 :朝まで名無しさん:2005/04/09(土) 08:51:54 ID:nkNJbr2h
だらか白人のテイムポはスポンジだったのか。。。

276 :コンカレントCP/M:2005/04/09(土) 09:38:03 ID:Bq5bM7F7
闇に葬り去られた狂牛病感染者はどれだけいるんだ?

277 :朝まで名無しさん:2005/04/12(火) 12:30:19 ID:JhYL/2BH
在庫の在庫のアメ産牛♪

貴方の生まれはいつですか〜
                    (目視による月齢判断)

何を〜食べたかわからない
                    (トリの糞飼育&肉骨粉の交差汚染)

病気〜かどうかもわからない〜
                    (BSE検査実施率1%以下)

アンアンアアン〜〜 ×2

強請ってばかりのライスさん〜〜

イヌの〜小泉さん、困ってしまって

ワンワンワワン〜〜 ×2

278 :朝まで名無しさん:2005/04/15(金) 00:45:50 ID:4lArK9Xt ?
そろそろ輸入再開されるだろう。
この流れは止まらんと思う。
そこで、日本で実質的に流通しないように働きかけるのが有効だと思うのだが
どうだろう。
流通各社に
「日本国内と同様の管理体制が敷かれないままにアメリカ産牛肉が輸入再開
された場合に、貴社でアメリカ産牛肉を販売するなら私は貴社が商品の安全性
に関して無責任な体質である、と判断し今後一切の商品に関して貴社店舗での
購入を致しません」
こんな内容のメールを送らないか?
大手量販店で「アメ肉は売りません」って言わせたら日本中の多くの小売店は
右にならえ、すると思うのだが。アメリカに日本の消費者の考えを教えて
やらないか?

とりあえず2大量販店のメール先を張っとくよ。
イトーヨーカ堂https://www.itoyokado.iyg.co.jp/ap/voice/form(投稿フォーム)
イオンcs@aeon.info(メール)


279 :朝まで名無しさん:2005/04/15(金) 00:49:38 ID:gmH5WpSP
アメリカ人自身がその肉を食ってることは完全スルーだな。
俺は現段階では輸入反対だが科学的根拠に基づいて出た
結論がOKなら賛成。

280 :朝まで名無しさん:2005/04/15(金) 00:49:51 ID:IuIp44Qx
再開されたら産地偽装によって何でも出来てしまうな。
もう牛肉は食べ物では無いという認識にしておく

281 :朝まで名無しさん:2005/04/16(土) 14:11:34 ID:BVlJQgch
反日ブームに経済制裁では日本は孤立してしまう。
日露戦争だって日英同盟のおかげで勝てたのに。。。
アメリカとの同盟は大切じゃよ
いいとこどりはいけないです
ヤコブ病より戦争のほうがよっぽど悲惨な被害がでるのに

21ヶ月以前の牛なら全頭検査しても検査をすり抜けて
しまうことがあるんだから気にしてもしょうがないさ!


282 :朝まで名無しさん:2005/04/16(土) 14:13:41 ID:iR0Q2D8y
,,彡彡彡      彡彡彡     
ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡   
ミミ彡゙ アホポチ小鼠 ミミ彡彡
ミミ彡゙          ミミミ彡
ミミ彡  ' /`  ´\  |ミミ彡    
ミミ彡   --・  ・-- ,, .|ミミ彡  
 彡|           |ミ彡
 彡|   ´) ・・)   /|ミ|ミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゞ|      ◎、,! |ソ  <     アメリカ様がBSE牛肉を喰えと
   ヽ '`ノ / U  |         言ってるのでアホ国民は食べてください。
    ,.|\、   U' /|、     |
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`  |     でないと アメリカ様から 殴られますので。

98 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)