5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【存続か?】象徴天皇制を問う17【廃止か?】

1 :憂国の名無し:2005/06/29(水) 17:04:32 ID:O8mRuvgv
世継ぎ問題や公務のあり方を巡って皇室は揺れている。
その為、憲法第一条や皇室典範の改正議論が高まり物議を醸している。
現在の日本で最もニュース性の高い話題のひとつである。
さあ、改めて象徴天皇制の意義を問い直そう。

存続派の漏れ、廃止派のおまい、熱い議論を待っているゼ!

<ソース1>
第5回 皇室典範有識者会議に関する有識者会議の議事次第
http://ime.st/www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/dai5/5gijisidai.html

<ソース2>
憲法改正プロジェクトチーム『論点整理』(案)
http://kenpoukaigi.gr.jp/seitoutou/20040610jiminkaikenPTronten2.htm
この中に天皇制や女帝に関することも触れられている

前スレ【象徴天皇制を問う16】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1119715154/


2 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 17:06:52 ID:sJmyxojZ
>○下記の内容のスレッドは他に適切な板があります。ここでたてるのが適当かどうか十分検討した上たててください
>   ・政治家・国会議員、右翼左翼、天皇論等の議論
                           ↑
                           ココ


板違いですね。

3 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 17:06:55 ID:6Q4LT1Xw
良スレ

4 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 17:07:46 ID:sJmyxojZ
誘導




【家元】象徴天皇制を問う12【元祖】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1119274901/l50

5 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/29(水) 17:09:12 ID:oJ3L3pFf
>>1
乙でつ。
スレ立て有難うでつ^^

6 :スレのローカルルール:2005/06/29(水) 17:10:50 ID:oJ3L3pFf
【ローカルルール】
※旧の11スレは、まだ残っておりますが、既に削除依頼が出ており、このスレを立てることの正統性は失われないと考えます。
旧の11スレは、放置でお願いしたいと思いますが、書き込みをしたい方は、sage進行でお願いします。

1)荒らし・煽りは放置。荒らしや煽りに反応した人も同類と看做されます。
2)コテハン叩きは禁止です。
3)書き込み回数に制限はありませんが、スレの無駄遣いを防ぐ観点から、リンクを貼れば済む場合は、そのようにお願いします。
4)3)と同様に、前スレや既出の議論はよく読んで、議論が無限ループに陥らないようにしましょう。


7 :スレの趣旨:2005/06/29(水) 17:14:14 ID:oJ3L3pFf
※本スレの趣旨は、物議を醸している皇室典範改正の為の有識者会議での動向や憲法改正と言ったニュースの動向を元に、象徴天皇制を語るものです。
思想的な内容が含まれることは否定しませんが、あくまでも、上掲のニュースに沿って、象徴天皇制を議論するのが、このスレの趣旨です。
誤解なきようにお願い致します。

8 :天皇スレ派閥分岐図(黒は廃止、白は存続を示す):2005/06/29(水) 17:15:41 ID:oJ3L3pFf
┌天皇の権威の源泉を日本国憲法以前の歴史的経緯にも求める(万世一系に積極的価値を認める)族
│   ┌万世一系・神道的価値観を憲法上の「天皇」にも求める〜男系のみ認める
│   │       ◆復古派(憲法改正して天皇を名実共日本の中心に)
│   ┤       ◇懐古派(憲法解釈によって天皇を日本の中心と位置づける)←水戸脱藩浪士・土佐脱藩貴族・鹿爪
│   │
┤   └万世一系・神道的価値感は憲法上の「天皇」とは分離させる〜憲法上の「天皇」は女系も可
│           ◆下野派(現在の天皇制を廃止・下野して皇統を維持する)
│           ◇後南朝派(憲法上の天皇とは別の男系皇統を在野で維持する)←後小倉宮南朝親王

└天皇の権威の源泉を憲法にのみ求める(万世一系に積極的価値を認めない)族〜女系も可
    ┌実質的考察を行う(メリットデメリットを比較衡量し「国家機関」としての存在意義を検討)
    │    ┌○○的肯定派(メリットが勝る)
    │    │  ◇権力・権威分離説(独裁者の出現を防止)←tooo
    │    ┤  ◇その他
    │    │
    ┤    └狭義の廃止派(デメリットが勝る)
    │       ◆民主制阻害説(言論タブーが民主制を妨げる)←ろべP
    │       ◆暫定的廃止による天皇制の意義確認説←ガンダム
    │       ◆民主共和制説(民衆による民主主義実現を妨げる)←皇族無罪
    │       ◆秋葉系キモヲタ派コンテスト系←萌仁親王
    │       ◆天皇パンダ&ネクタイ論(単なる飾りだが無責任社会の象徴でもある)←(○´ー`○)はカワイイ
    │       ◆皇族の人権擁護説←S-RAM
    │       ◆税金の無駄説
    │       ◆その他←跳ね馬
    │
    └形式的考察のみ行う(憲法に書いてあるのだから容認する)
            ◇遵守派(よくわからないけど従う)←善良な大多数の国民
            ◇付和雷同派(よくわからないけど廃止派は憎い)←名無しのケチツケ房・チャチャ入れ爺





9 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 17:32:02 ID:LbTj7HPs
>>4
「れ」なんて電波コテのいるスレに誘導するなw

10 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 17:33:40 ID:AFoDatOO
天皇制廃止を考えるとは、日本の国体・政体を議論することではなく、
実は数%といわれる少数の天皇制廃止論者=社会不適応者の心の闇を明らかにすることなんだが、
ここまでのスレでかなり明確になってきたねw


11 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 17:39:44 ID:bDMzOcgf
>>11日本列島に適応できない人間のことだ。

12 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/06/29(水) 17:40:28 ID:sJakFYBO
社会不適応者が5%もいるんじゃ、日本だめだめじゃんw

13 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 17:41:13 ID:udd+l0jh
誰か引き取ってください・・・

天皇って本当に必要なの?
ttp://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1120031211/

14 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 17:48:34 ID:AFoDatOO
ところで、
前スレで天皇制廃止論者の歴史認識が、戦後日教組の歴史観そのもので、
著しく偏向していることが分かったわけだがw


15 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 17:58:14 ID:6TsJGxCs
それより
天皇制存続論者の日本観が、自己愛的人格障害の
症状を呈していることが分かったわけだがw

16 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 18:00:33 ID:AFoDatOO
871 :狼別襲飛影竜 :2005/06/29(水) 14:08:14 ID:aITfO6+X
戦前の日本人に関しては、表現の自由も無く、選挙権も無く、今以上に無知蒙昧のアホぞろいだろう。
おまけに戦争反対なんて言ったら一族ごと村社会から抹殺される。

↑これが廃止派の戦前暗黒史観w 晒し上げ。
これでよく日本史を勉強しろとか言えるなw
お前が勉強しろよ!


17 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 18:00:40 ID:6TsJGxCs
自己愛的人格障害

・御都合主義的な白昼夢に耽る。
・自分のことにしか関心がない。
・高慢で横柄な態度。
・特別な人間であると思っている。
・自分は特別な人間にしか理解されないと思っている。
・冷淡で、他人を利用しようとする。
・批判に対して過剰に反応する。
・虚栄心から、嘘をつきやすい。
・有名人の追っかけ。
・宗教の熱烈な信者。

18 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 18:02:52 ID:6TsJGxCs
17で、自分を自国、人間を国家、他人を他国に置き換えればよい。
あと有名人はアメリカに置き換えればいいのか?(w

19 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 18:07:32 ID:lI1jrdVX
>>6
>2)コテハン叩きは禁止です。

コテハンが名無しを叩いているが?
どうよ?

コテハンはここの天皇か?


20 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/29(水) 18:14:00 ID:oJ3L3pFf
>>17
自己愛性人格障害な。
DSMのpersonality disorder分類のB群に属する。

B群:劇的、感情的、もしくは情緒不安定な人格障害。
感情的な混乱の激しい人格障害。演劇的で、情緒的で、うつり気に見えることが多い。
ストレスにかなり弱い傾向がある。
具体的には、
境界性人格障害(DSM-IV-TR では境界性パーソナリティ障害、ICD-10 では情緒不安定人格障害境界型)、
自己愛性人格障害(DSM-IV-TR では自己愛性パーソナリティ障害)、
演技性人格障害(DSM-IV-TR では演技性パーソナリティ障害)、
反社会性人格障害(DSM-IV-TR では反社会性パーソナリティ障害、ICD-10 では非社会性人格障害)
がある。


21 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 18:21:58 ID:lI1jrdVX
B群
反社会性人格障害…他人なんか利用するものでしょう。それが悪いとは思わない。
演技性人格障害…いつも注目の的でいたい。お姫様じゃなきゃ(身なりも結構派手)。
自己愛性人格障害…私には才能がある。ただ、それを周りにはわかってもらえないから、結構落ち込む(過剰な自己評価)。

22 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 18:26:35 ID:lI1jrdVX
人格障害者の特徴は、

「オレは人格障害者ではない。
 むしろオレって医者なんじゃない?」

などと考える事です。

23 :皇族無罪反動有罪:2005/06/29(水) 18:48:55 ID:s1zyGUEj
>http://www.so-net.ne.jp/renaikagaku/renaikagaku/aitozou/ishikawa032001.html
<特高に殺された作家・小林多喜二>

恋愛科学研究所という軟派なサイトで戦前の暗黒史のホンの一部を知れ。
言っておくが、俺は戦前全否定ではない。少なくとも民間の運動史としては
多大な進歩があったのは事実である。その他社会科学的な進歩もあるが、
省略。

ちなみにこのサイト、為になるから他も読むとよろしい。

以上

24 :皇族無罪反動有罪:2005/06/29(水) 19:02:20 ID:s1zyGUEj
ところで幸徳秋水について詳しい者はおらんか?
帝国主義を読んだのだが、どうも「大逆事件」でデッチアゲ処刑される
理由に繋がりがなく解らん。
『帝国主義』では特に(今の眼で見れば)過激な主張をしているわけでもなく、反天皇ですらない。
つーか親天皇とも言えるほどの記述。
もっともこの程度の著作でも弾圧の対象になるとは、戦前の「民主主義」とやらも
お里が知れるな。

25 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/06/29(水) 19:12:58 ID:5KuEhvEu
無政府主義者、天皇暗殺、という顔がある以上、処刑は正当。

そもそも戦前の民主主義を否定するために、何も幸徳秋水などとい
人物を出す必要はないと思うが。




26 :皇族無罪反動有罪:2005/06/29(水) 19:16:59 ID:s1zyGUEj
>無政府主義者、天皇暗殺、という顔がある以上、処刑は正当。

お前本気で言ってるの?自分がどれだけ愚かだが自覚できてないだろ?
もう議論に値する『人格』ですらないわ(憐憫

じゃあな。

27 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/06/29(水) 20:30:01 ID:5KuEhvEu
>>26
戦前日本の民主主義を疑う根拠として、わざわざ疑惑の人物を提示する
魂胆が測りかねるが、正直俺は幸徳秋水なんぞに興味はない。
よってこっちからも、この話題はお断りだ。
その筋の趣味の人間には意味があるのだろうが、お前が思うほど世間一般では
大きな問題ではないな。



28 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 21:23:47 ID:2puSfAUn
ちょっと待て

廃止の前に

近代史

なんかヘンだよ

それ、物語?


29 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 22:15:10 ID:S/CsHdjq
>>16
戦前暗黒史観どころか、
全体主義国家と断言していた香具師もいた
オワタ。

30 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/29(水) 22:34:49 ID:CwNkFBhD
>>28
前スレでも出ていたが、近代史とは、戦前が全体主義的だったか、民主主義的だったかとゆーこと?

廃止派は、戦前=今の北朝鮮と考えているとゆーよーな書き子があったが、何れも、おいらはイメージでしか語れない(実際に、その時代・国には生きていないからw)
だから、おいらも自分のイメージを書き子しようと思う。

全体主義に於いては、国家が、例えば、「右を向け」と決定した時に、「左を向くべき」「右を向くべきではない」と思っている香具師らも、その意思を表明することはできない。つまり、国家の方針に対して反対の意思表示をすると投獄されたり処刑されたりする。
つまり、ろぺPではないが、言論の自由が認められていないので、「右を向く」ことに賛成でない香具師も、真意を表明できない。結果的に、「全体」が「右を向く」。
民主主義に於いては、国家が、「右を向け」と決定しても、「右は向くべきではない」「左を向いても良い」と反対の意を唱える自由があるとゆーこと。もっとゆーと「右を向くことは間違っている」と言っても投獄も処刑もされない。

おいらのイメージで考えれば、やはり、戦前は、全体主義に近いと思うけどな。

31 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/06/29(水) 22:43:58 ID:5KuEhvEu
イメージの問題ではないだろう。

廃止派諸氏が、日本近代史についていわゆる『自虐史観』というものの典型を語っているのを見て、
俺は驚いた。戦前暗黒史観を通り越して、魔界の話のようだ。
酷すぎやしないか?
まさか全員がその史観ではないだろうが、廃止論がその歪んだ歴史観に基づいているのならば、
『象徴としての天皇』廃止を叫ぶ前にやるべきことがあるはずだ。



もうしばらく、廃止派諸氏の近代史観を眺めていようと思う。


32 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 22:47:48 ID:7FVZ7X8z
>>30
江戸時代はどんなイメージ?

33 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/06/29(水) 22:55:28 ID:eAk12sch
>>31
オマイ、奄美大島のクリスチャン弾圧とか知らねえだろ。

34 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/29(水) 23:01:31 ID:CwNkFBhD
>>31
>イメージの問題ではないだろう。

生きたこともない時代や国のことを、イメージ以外の何で語るとゆーんだ?w
まあ、おまいが超能力者であって、ワープでもして見て来ることが出来るとゆーなら、その見てきたことを書き子して栗w

おいらは、もう寝るよ。

おやすみ〜



35 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/06/29(水) 23:07:04 ID:5KuEhvEu
>>33
知らん。
とりあえず、語ってみなされ。俺はしばらく離れるので読めないが、
ほかの人も聞きたがっていることだろう。

廃止論者が日本近代史を語る。さあ、どうぞ。


>>34
歴史を語るのに、イメージなのか。

廃止論そのものが幻影だから、それもいいだろう。

すべてが夢幻のごとく。ふわふわとながれゆく。


- 完 -


36 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/06/29(水) 23:14:46 ID:eAk12sch
>>35
1934(s.9)頃から軍部の要塞が古仁屋で重要性を増し教会弾圧・信者に対する嫌がらせ・脅迫・直接的な
暴力行為が日増に過激化し大島高女の閉鎖廃校、シスター全員の引揚となる。

S.9.10月4、5日「カトリック教徒啓導」の名目で笠蔵陸軍大佐、と角和陸軍少佐が各町村を巡り
国防思想講演を開き地元の青年団、在卿軍人などを扇動し、計画的に教会攻撃、信徒の脅迫を行い、大熊教会、
秋名教会で破壊事件等が次々に起こり、カトリック征伐の大命を出す。

角和少佐は古仁屋で公演会を開き、
1)カトリック教は愛国心を弱め、大和魂を消滅させる 
2)外国人宣教師はスパイである。その証拠にどんな小さな事も、軍艦の事も即刻米軍知らされている。 
3)キリスト教徒達は、この憎むべきスパイ活動に当って、宣教師達を助けている。

この熱狂的な演説家はその場に居合わせた群集全体をこの時ばかりはと、凄まじい報復の言葉で脅かしながら、
要な予防対策を講じるよう住民達を駆りたてた。


37 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/06/29(水) 23:16:18 ID:eAk12sch
軍国主義の台頭に伴い本土とは比較にならぬ程、奄美ではカトリックに対する攻撃と弾圧、組織的な
教会排斥運動は日増しに激化し、ついにs.9年には宣教師全員引き揚げに至る。

そして島の信者達は飼い主のいない羊化し教会財産は没収、信者は背教を強要され信者一人一人外国の
宗教を何故拝むと言ってウドン浜に連行し大衆の前で踏絵選別をさせられ、磔台に吊し上げられ拷問される。

信者の家が火事だといって消防隊が彼等の家に放水、家の中は水浸しでメチャメチャにしたり、ときには
「集団リンチ」すら受けたと聞く!暗く長い試練と殉教の時代だ!

思うに奄美は迫害が激しかったのは古仁屋に軍の要塞軍基地があったこと笠蔵大佐、角和将佐など
軍部のエリート連中が居たこと、鹿児島朝日新聞他、2紙の新聞があって本土に逐次反愛国主義地の報道が
なされたこと、天皇教の実験台となったこと、信者をスパイ容疑をかけ銃殺の順位も決めていた。

例をあげると「1番殺し久保喜助、2番殺し福永産婆、3番殺し池田嘉次郎」と名瀬の電柱には
そんなビラも張られていた。



38 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/06/29(水) 23:17:12 ID:eAk12sch
青江清光は池田嘉次郎にある時、お金を貸せ!と言うので聞いたら「憲兵がもし貴方を殺すようだったら
その時自分が先に憲兵を刺して自分も死ぬ為、刀を買う」からと!

軍部は信者を徹底的に騨圧した。そして4千人を強制改宗させたそうだ。

もし私がその時代にいたら多分棄教していたと思う。
考えると軍部というのは沖縄戦でもそうだったし大地の子ではないですが、人民を守るどころか自分を守るか
逃げるぐらいではないか。脚本家のジェームス・三木氏も言っていたが、自分は軍隊というのに自分は信用してない
(本人は満州に軍に徴用されている)ことからも同感だ!

そして奄美が貧しいのは民度が低いのと島民が怠惰のせいだと軍部の弁!もし現在も大島高女があったら
琉大の奄美分校が可能だったと思われる。

キリスト教は外国の宗教と言うが、仏教だって外国の宗教だし、神道だって、東南アジアの何千とある神話か
ら持ってきたといわれる。

奄美があれだけ弾圧されたのは、ある本では当時世間知らずの若い神父が宣教に来たから迫害を招いたなどと,
他人事のように言っているがとんでもない事だ。

http://www3.synapse.ne.jp/manga/ikedakenorekishi.htm

39 :朝まで名無しさん:2005/06/29(水) 23:27:42 ID:S/CsHdjq
>>30
人類の暗黒面である全体主義とか共産主義ついて
すこし勉強したほうがいいよ。

それでも廃止派でいられたら
まぁ、暗黒面に魅入られたあちら側の人間ってことで・・・






40 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 00:23:31 ID:JdT3yleg
>>39
社会主義とか共産主義って、
歴史的にも現在の姿を見ても、
いいところが全く無いね。

41 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 00:25:46 ID:JdT3yleg
>>39
日本では、戦後になって社会主義や共産主義が、
大流行して、学校の授業でも、
共産党や社会党支持が多かった時代があったらしいけど、
考えてみたら、ヨーロッパよりかなり遅れているようだね?

42 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 01:19:30 ID:JU4qrNeA
>>16
俺はAFoDatOO(すげぇIDだな アフォだって(笑))より偏差値が15は高い大学に、二次試験日本史・世界史選択で入っているからね。
お前こそ読みたい時代の読みたい論調の記事だけ拾い読みしてないで、キチンと体系的に勉強して来い馬鹿

表現の自由に関しては「法律の留保」付きで、そういうのは形式的立憲主義に過ぎず、本当の表現の自由とは言わない。
選挙権に関しては、1925年の普通選挙法までの選挙人の人口比は6%程度(1945年の完全普通選挙で50%)で庶民には選挙権はなかったのと同様。
常識だよね?コレ

つうかよ、低学歴ぞろいの存続派には「哲学」がまるで無いのが笑える。
あるときは「日本は」「わが国は他の国と違って」と田舎者丸出しの自慢をする一方で
またあるときは「アインシュタインが」「欧州貴族が」と欧米人(←ここがコンプレックス丸出し)に褒められたと嬉しそうに報告。

俺は人類共通の諸原理との関連で天皇制を考えて、現在の日本には不要と論じている。
悪いけど相手にならんよ(笑)

43 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 01:22:47 ID:JU4qrNeA
>>39
>>40
>>41
反共乙
つうかよ、このスレの誰が日本を社会主義・共産主義にしろと言ってるんだ?
関係ねえ話してるじゃねえよ蛆虫ども


44 :皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 01:27:16 ID:XPy4tWJF
>>42
専門は何かね?

45 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 01:30:16 ID:JU4qrNeA
戦前が暗黒時代なんて常識だろ?(呆) 
但しそれは「現在と比較して」という事だ。現代だって100年未来の人間から見たら「家畜のような生活」て言われるかもしれない。

そしてどの時代でも人それぞれの幸せを見つけることは可能だろう。
暗黒時代にも暗黒時代なりの幸せはあるってことだ。

歴史を通してみていれば、こういう相対的・客観的な評価は簡単なのだけど、
存続派はコンプレックス満タンの馬鹿だから、「日本」がけなされるのに我慢ならないんだろう
プアーホワイトみたいなモンだろうな
哀れ

46 :皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 01:32:45 ID:XPy4tWJF
>>45
専門は何かね?
過敏性大腸症候群(←いじめられっ子病)のロベPは。

下痢は大丈夫か?無理せず保健室に行くんだぞ。

47 :皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 01:34:43 ID:XPy4tWJF
>>45
劣等感丸出しのおまえの 専 攻 は 何 か ね と聞いているのだが。

48 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 01:34:43 ID:JU4qrNeA
>>44
いつかのテメエの汚い振る舞いは忘れねえよ。糞下郎め

>専門
お前の住所を晒してくれたら直接出向いて家族を半殺しにしてテメエの目をくり抜いて、家に火をつける前に、教えてやるよ

49 :皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 01:35:42 ID:XPy4tWJF
>>48
もしかして、大学に入ってすらいないだろ?

50 :皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 01:37:52 ID:XPy4tWJF
>>48
はやく大学に入りたまえ。


51 :皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 01:38:38 ID:XPy4tWJF
(クックックックッ…)

52 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 01:38:44 ID:JU4qrNeA
>>49
負け惜しみ乙!

53 :皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 01:41:29 ID:XPy4tWJF
>>52
なんだやっぱり図星か。。

プッ

54 :皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 01:43:22 ID:XPy4tWJF
やけに低学歴、低学歴言うから変だなぁと思ったら自分が学歴コンプレックスの塊かぁ。。
こころの病だな。。

お大事に>ロベP

55 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 01:47:59 ID:JU4qrNeA
>>54
俺は、学歴どころかコンプレックスには無縁なんでね。
だから男には嫌われる事もあるな。

つうかよ、久しぶりにお前の矛盾だらけの持論でも披露してみれば?

56 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/06/30(木) 01:57:21 ID:xsDPFjm4
オイの予想だと、猿別離飛禿流は、
東京6大学あたりの有名私大卒あたりで、
自己満足してるってタイプ太”郎。
終わっちゃってる香具師。

57 :皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 01:57:25 ID:XPy4tWJF
>>55
ほう、、劣等感(=和製英語コンプレックス)には無縁。。そうですか。

孔子が聞いたら驚くだろな。
釈迦が聞いたら驚くだろな。
キリストが聞いたら驚くだろな。
ムハンマドが聞いたら驚くだろな。




だから、早く大学に入りな。。

58 :皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 01:58:44 ID:XPy4tWJF
>>56
たぶんコイツはまだ高校生あたり。。または浪人。。

59 :jap2665:2005/06/30(木) 01:59:56 ID:JTKe9D/K
むむ!!!!!!
いつのまにこのスレにラインハルト様が!!!!

60 :皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 02:00:54 ID:XPy4tWJF
>>59
こんな糞スレでお前と会いたくなかった。。元帥
壮健か?

61 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 02:01:58 ID:JU4qrNeA
>>58
じゃあ、その浪人のカキコを論破してみたら?

日本の戦前に関する>>42あたりとか

62 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 02:03:34 ID:JU4qrNeA
俺は寝るからよ。
朝までにショボイ脳みそ絞ってカキコしとけ>下郎エングラム


63 :jap2665:2005/06/30(木) 02:04:16 ID:JTKe9D/K
>>60
元気にやっておりました。
私も一度このクソスレに参加しましたが、
もともと恐れ多い事なので直に抜けてしまいました。

(私の持論:下々が議論する事ではないような気がする)

64 :jap2665:2005/06/30(木) 02:05:21 ID:JTKe9D/K
>>62
え!

逃げた・・・・・・・・

65 :皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 02:06:04 ID:XPy4tWJF
>>61-62
対等に話して欲しいって?
お前が 大 学 に入ったらなw

66 :皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 02:08:35 ID:XPy4tWJF
>>64
ああ、コイツは俺が来ると逃げるから。追撃の必要は無い。

私事だが、ケコーンした。
お前も元気でやれ。

では寝る。さらば!

67 :jap2665:2005/06/30(木) 02:13:28 ID:JTKe9D/K
>>66
何!!!ケコーン!!!!
マジでおめでとう!!!!!!

なんか嬉しいな。
まったく知らない他人で、ネットだけの仲だけど、やはりめでたい事があれば嬉しい。
幸せになってくれ!!!!!!!!


68 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 02:18:01 ID:79VZ609v
>>66
なんだせっかくバトルが見られると思ったのに。
この勝負は叩きばかりで中身が無い「皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム」の負けかな。
再試合キボン

69 :jap2665:2005/06/30(木) 02:19:18 ID:JTKe9D/K
>>68
そうか?

戦わずして逃げたのはどっちかな?

70 :jap2665:2005/06/30(木) 02:22:12 ID:JTKe9D/K
さて、俺も寝ます。
皆さんおやすみなさい。

71 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 02:24:20 ID:79VZ609v
>>69
だってラインハルトさんは何一つ意見を書きこんでくれないし。
私はどちらかと言うと存続派なのですけど、正直言って、>42を書いたろぺの方が賢そうに見えますよ。うーん残念

72 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/06/30(木) 02:53:04 ID:xsDPFjm4
>>42
>偏差値が15は高い大学に、二次試験日本史・世界史選択で入っているからね。

中大あたりか!?
なら、56は撤回するわ。

>表現の自由に関しては「法律の留保」付きで、
>そういうのは形式的立憲主義に過ぎず、本当の表現の自由とは言わない。

詳説、お聞かせ願いたいもんだわ。

>選挙権に関しては、1925年の普通選挙法までの選挙人の人口比は6%程度
>(1945年の完全普通選挙で50%)で庶民には選挙権はなかったのと同様。
>常識だよね?コレ

てか、世界中捜しても、大正年間に成人男子による普通選挙を決定し、
昭和初年(だっけ?)から実現してた日本って凄いと思う是イ。

73 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 02:53:11 ID:f86h0pIN
>>42
また何とかの一つ覚えで学歴コンプレックスかよw
受験勉強がトラウマになってんだろ?無理すんなよw

表現の自由も普通選挙法も、現代と比較すれば制限されたものだったが、
当時の世界の情勢に日本はよくついていっていた方だろ。

戦時下でも一般雑誌や小説が出版されていたし、北朝鮮とは比べ物にならん。
ちなみに成年男女の完全な普通選挙は、イギリスでようやく1928年に実施だな。


74 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/06/30(木) 06:56:24 ID:shbkkKat
>>72
他の国の当時の選挙実態はど〜なってたんだ?
アメ、フランス、イギリスの事例をど〜ぞ

75 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/06/30(木) 07:11:14 ID:shbkkKat
因みに

アメでは
第7代大統領ジャクソン(1767〜1845、任1829〜37)によって1828年の大統領選挙で庶民の支持を得て当選、
西部出身の最初の大統領となり、また庶民の大統領として注目された。
彼は西部の自営農民・東部の小市民や労働者らの要求に応え特権や独占に反対して庶民の側に立って民主主義を推進。
普通選挙制度・公立学校の普及・婦人参政権運動をはじめ官職交替制・特権に反対する自由企業の発展などの民主化が
進展したので「ジャクソニアン=デモクラシー」と呼ばれた。

イギリスでは
ヴィクトリア時代に2度、選挙法が改正された後、1918年、ロイド=ジョージ(自由党)の挙国一致内閣は、
21歳以上のすべての男子と30歳以上のすべての女子に選挙権を与える。1928年にはこの男女差もなくなり、
完全普通選挙が実現(ちなみに現在は選挙権18歳以上、被選挙権21歳以上)。

フランスでは
第二共和政下のデュポン・ド=ルールを首班とする臨時政府時、1848年に起きた二月革命の原動力である労働者が
新政府に詰め寄り、社会主義者ルイ・ブランと、機械工アルベールを臨時政府に入れることを認めさせた。
また、21歳以上の男性全員に選挙権が与えられ、「普通選挙制」が実現。(但しこの段階では男子のみ)

76 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/06/30(木) 07:43:02 ID:MhjX1u1j
>>45
>戦前が暗黒時代なんて常識だろ?(呆) 
>但しそれは「現在と比較して」という事だ。現代だって100年未来の人間から見たら「家畜のような生活」て言われるかもしれない。

堂々と現代と過去を比較して、暗黒史観を展開するとはニュータイプだな。
恒常的暗黒史観。

さぞ他の廃止派諸氏も迷惑していることだろう。
両者のために、貴様は死ぬが良い。


77 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 08:29:04 ID:GZymqYlt
水戸が自己愛性人格障害なのは明らかだな。

>戦前=今の北朝鮮

実際、戦前に生きてた人に聞くと「結構似てるな」というよ(w

78 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 08:32:27 ID:GZymqYlt
狼別襲飛影竜
>俺は・・・より偏差値が15は高い大学に、
>二次試験日本史・世界史選択で
>入っているからね。

漏れは付属校出身だから大学は受験せずに入った(w

79 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 08:37:15 ID:GZymqYlt
皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム
>過敏性大腸症候群(←いじめられっ子病)
なるほど、それは皇祖自身の経験によるものですな(w
>もしかして、大学に入ってすらいないだろ?
大学生で、銀英ヲタというのは恥ずかしいわけだが(w
>たぶんコイツはまだ高校生あたり。。または浪人。。
君が銀英にはまりすぎて大学落ちたからそう思うんだろ?
はっきりいってアニメばかり見るとバカになるよ。
漏れも「きんぎょ注意報」の見すぎですっかりバカ(w

80 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 08:43:17 ID:JU4qrNeA
>>76
前からそうだけど、お前は人の意見をキチンと理解する知性を持ち合わせていないみたいね(笑)

つうかよ、ニュータイプってのはなんだよ(笑)
褒め言葉なのか悪口なのかよくわかんねえな

本物の馬鹿みたいだからあんまり叩かないでおいてやるよ

81 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 08:46:28 ID:GZymqYlt
ズバリ、水戸は両親も戦後生まれだろ。
で、核家族だから戦前に生きてた人とは没交渉。
それじゃ戦前も戦後も同じだと思い込むわけだなあ。
まあ、一度、オジイチャンオバアチャンに話を聞くんだね。(w

82 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 08:47:36 ID:JU4qrNeA
>>63
>>64
何が逃げただボケ。奴隷根性の水呑百姓クンよ。
こちらを高校生レベルと決め付けた下郎エンに「俺を論破してみれば?」て攻撃権を渡したのに
逃げたのは下郎エンのじゃねえか
テメエ殺すぞ


83 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 08:51:59 ID:JU4qrNeA
>>66
ケンカ売っておいて逃げたのはお前だろ糞蝿
>71も言っているが、お前は煽りしか書いてない低脳だわな

84 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 08:53:58 ID:JU4qrNeA
>>72
それぐらいググれよ。相変わらず馬鹿だな

それからよ、なんだ?中大て(笑)
頭の悪い奴は連想もレベルが低くて笑える。

85 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 09:03:14 ID:JU4qrNeA
>>73
学歴なんてネット上では証明できねえし意味無いけど(笑)
まあ、カキコを見比べれば俺とお前らどちらが頭いいかは一目瞭然だわな…

それに、受験がトラウマになるはずねえだろ。お前みたいな馬鹿は必死こいて受験勉強したんだろうけど(笑)
俺みたいに才気あふれる人間にとって受験勉強も楽しかったからな。

つうかよ、お前らウヨはいちいち外国と比較するのがウザイね(現代でもチュンとかチョンとか)
自分の中に一定の原理・価値感がある人間ならば、その「あるべき状態」と対象を比較できるけど、
お前は馬鹿だからそれができないんだろう
哀れ

86 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 09:09:05 ID:5YDITu5o
知性とは

罵ることかと

周り引く

87 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 09:23:58 ID:GZymqYlt
川柳で
知性が分かれば
苦労なし(w

88 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 09:38:17 ID:JU4qrNeA
>>86
本人は

歌のつもりで

いるけれど

端から見れば

唯のカタコト

89 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 09:46:08 ID:GZymqYlt
真実は
17文字じゃ
語れない

90 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 09:47:01 ID:g0iU11OI
さあさ、みなさん落ち着いて。モーニングコーヒーでもどぞっ 旦~

>>62
>(私の持論:下々が議論する事ではないような気がする)

おいらは、職場と自宅にPCを2台があるから、スレ立ては、両方からしているw
しかし、昨日は、少し前に職場のPCからスレ立てしたので、初心者板に土下座外交してきた^^;

ところが、あそこは、give&takeなので、ニュー議板でスレ立て禁止となっているおいらは、別の板のスレを立てることで、立て返してもらった。
しかし、板違いだとか、果てはスレ立てしてくれた人まで、「天皇について語るのは対象外」、つまり、「やんごとなき方々について、論じることは、するきべではない」と意見された。

全く関係ない板の香具師からも、そーゆーことを言われることからも、おまいさんと同じ、「天皇に関して語ることはタブー」とゆーろぺPの持論が身に染みて解ったよ。

おいらは、スレ主としばしば言われるが、正確には、スレ立て主で、このスレの所有権なぞ有していない。
次スレ立てる時からは、もう、初心者板には頼らない方が良いと思う。つまり、このスレに書き子している香具師の輪番制きぼんだわ^^

>>77
>実際、戦前に生きてた人に聞くと「結構似てるな」というよ(w

おいらもそう思うから、>>30で、戦前の日本は、全体主義的だったと思うと書き子したよ。
国家の「戦争しる」とゆー方針に対して、国民は異を唱えれば、処罰の対象になると恐れていたから、「右へ倣え」と、「国民全体」が「戦争賛成」とゆー「右向け論」に流されてしまったのだから。

ま、そんなとこw

おいらは、今日はオフなので、もう一眠りするよzzz

91 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 10:24:49 ID:5YDITu5o
ニュース板

ニュースもないのに

スレが立ち


92 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 10:25:35 ID:JdT3yleg
おはよう、廃止派、存続派の、スレッドの常連のみなさま。
きょうも、がんばって書き込みましょう。

93 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 10:27:33 ID:JdT3yleg
>>90
今上天皇自らが、
天皇制に関する議論を妨げるべきではないと、
おっしゃっておられるのに、
なおかつ2ちゃんねるでも、タブーにするということは、
勅令を踏みにじる行為だと思うのだが?

94 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 10:28:21 ID:5YDITu5o
イメージで

歴史語って

廃止論



95 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 10:31:09 ID:5YDITu5o
廃止派は

汚き言葉の

数で常勝

96 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 10:34:01 ID:GZymqYlt
>>94
物理学でも最後は人による観測結果が重要なのだが
君は人の印象を全く否定して、いったい何を前提に
議論をするつもりかい?

いっとくけど、天照大神は公理にならんよ(w


97 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 10:37:16 ID:5YDITu5o
廃止派の

夢の詰まった

床屋政談

歳を重ねて

切る髪もないのに


98 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 10:42:45 ID:5YDITu5o
さあ飛ぶぞ

飛べるはずさと

記憶飛び



99 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 10:48:57 ID:JdT3yleg
アマテラスって、男性だったの?

100 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 11:09:34 ID:JdT3yleg
誰も居ないのかな?
ちょっと、議論が停滞しているな。

101 :跳ね馬:2005/06/30(木) 11:17:52 ID:xW7Lf5vm
>>99
天照大神の遺骨かミイラでも残っていてその資料が公開されてるなら回答のしようもあるんだが、
そんなもんが存在しない以上「だったの?」と聞かれても回答のしようがない。
ただし、伝承によれば女性。
それを示すものとしては、神宮(内宮)の社殿の千木が内削ぎ(千木の先端が地面に対して水平)
になってることなど(ただし、これには例外もあるので必ずしもアマテラス=女性を決定づけるものではない。
が、原則であり伝承でも女性であるとされる以上例外を持ち出す意味はあまりないと思う)。

102 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 11:18:14 ID:g0iU11OI
二度寝していて、さっき起きた^^;

>>93
多分、廃止賛成と言っている人たちの中には、今上のその言葉すら知らず、天皇について語るのは、「畏れ多いこと」とゆー先入観があるんじゃないかな?

>>99
アマテラス男神論はあるみたいだよ。おいらは、天岩戸のストリップ話から、そうではないかと考える口だがw

103 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 11:23:49 ID:g0iU11OI
>>101
氏は、日本の戦前の体制について、全体主義的だったか、民主主義的だったか、如何思われまするかな?

104 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 11:25:12 ID:g0iU11OI
>>102間違いw
廃止賛成×
存続賛成○

105 :跳ね馬:2005/06/30(木) 11:41:13 ID:xW7Lf5vm
民主主義的体制と全体主義的体制の分岐点をどこに設定するかで変わるのでその定義無しには回答しかねる。
一応、僕の考える分岐点は、有権者個人が判断基準を(自分を含む)全体の意志と分離させること、他人の意見
と異なる意見を表示することを(社会の)価値観として是とするか非とするか。(「推奨するか非とするか」にあらず)

その意味では、体制としては「民主主義的体制」でありながら有権者がそれを全体主義的に運営してしまった
とは言えると思うし、そう誘導(無自覚的であった可能性は高いし、誘導者自身が自縄自縛的に全体主義的運営に
陥った可能性は高いと思う)。(典型例は戦後の近衛秀麻呂(だったかな?)の発言「誰も戦争を望んでいなかった。
だが、誰も止めようとはしなかった」)

106 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 11:57:21 ID:g0iU11OI
>>105
レスサンクス。

>分岐点は、有権者個人が判断基準を(自分を含む)全体の意志と分離させること、

これは、思想・信条の自由と解釈して良いのかな?

>他人の意見と異なる意見を表示することを(社会の)価値観として是とするか非とするか。

これは、表現の自由と解釈して良いのかな?



107 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 12:01:05 ID:JdT3yleg
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1120029695/

ニュース速報+では、
中国が天皇を否定したからといって大騒ぎになっているな?

108 :跳ね馬:2005/06/30(木) 12:01:13 ID:xW7Lf5vm
>>106
ちとちがう。
思想信条の自由だの、表現の自由だのという概念は個人対公権力という構造の中で、個人が公権力に対して
主張するものであるのに対して僕の言ってるのはあくまでも社会通念としての価値観の話。
思想信条の自由、表現の自由が保障されていても、社会通念として「他人の意見を慮って言いたいことを言わない
ことを美徳とする」価値観が支配的であれば(それを官が誘導すれば)、という話。

109 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 12:08:37 ID:g0iU11OI
>>108
>社会通念として「他人の意見を慮って言いたいことを言わないことを美徳とする」価値観が
>支配的であれば(それを官が誘導すれば)、という話。

つまり、戦前の日本には、謂わば「村八分を恐れる心性」が働いていて、国家がそれを利用したが為に、全体主義的国家運営となったとゆー意味で良いのでつか?
(「村八分を恐れる心性」は、今も日本人に色濃く残っていると思うが)

110 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 12:12:02 ID:JdT3yleg
>>109
戦後の日本でも、
村八分を恐れる雰囲気は残ってて、
戦後の学校教育の時代は、
社会主義や労働組合が繁栄してて、
戦前のような教育論を主張する人が排除されていた事例がある。

111 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 12:13:16 ID:JdT3yleg
>>109
つまり戦前は、国家社会主義的軍国主義の時代だったが、
戦後になって共産党や社会党や某中国や北朝鮮やソ連を賛美する社会的風潮が長かった。


112 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 12:18:00 ID:iLdRbYTi
中国やアメリカはいまだに軍国主義。


113 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 12:21:36 ID:g0iU11OI
>>110-111
「村八分を怖れる心性」は、日本人の自我形成のあり方にも深く関与していると思う。
「(村は)悪いことをしている」とゆー意識があっても、日本人は、村八分にされることを怖れて、付和雷同してしまう。
これと、カワイイ氏の主張する天皇制がもたらす責任の所在の曖昧性が相俟って、「日本人の無責任体質」を作り出していると思う。

114 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 12:30:28 ID:g0iU11OI
>>107
リンク先を覗いてみたけど、中国は日本を仮想敵国に仕立て上げて、国内の関心を日本に向けさせないと崩壊する危機にでもあるんだろうなと思ったよ。
ビザ発行は取り合えず、中止だな。>小泉

115 :跳ね馬:2005/06/30(木) 12:55:51 ID:xW7Lf5vm
>>109
村八分を恐れるかどうかはこの際関係なし。

116 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 13:05:13 ID:bJPXckfw
君主のいない国ほど村八分みたいなのが多いんだけどね。

117 :跳ね馬:2005/06/30(木) 13:06:47 ID:xW7Lf5vm
>>116
まず実例、次にその実例と君主の存在との関連性についての検証を述べてから結論を述べましょうね。

118 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 13:08:13 ID:iLdRbYTi
村八分って単なる罰則だろ。
悪い事をして罰せられるのは昔も今も同じ。
罰を恐れるのも当然。


119 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 13:09:49 ID:bJPXckfw
>>117
たしかアフガニスタンで去年、大規模な村八分が起こったじゃん。

120 :跳ね馬:2005/06/30(木) 13:13:30 ID:xW7Lf5vm
>>119
で、それと君主制の有無との関連性についての検証と考察をどうぞ。
君主制を採っている国々での村八分(に類するもの等〜反王政派への弾圧含む)との
件数比較を含めて頂けるとありがたい。

121 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 13:18:19 ID:g0iU11OI
>>118
単なる罰則ではないよ。
キリスト教圏であれば、悪事は、その個人が、神との関係に於いて清算する(懺悔したり、神からの罰を請うたり)が、村八分に於いては、村の住人の顔色を伺うだけ。
村八分は、あくまでも自分の村内での立場を安泰に保とうとする為の心性で、そこには、善悪の判断を絶対的な価値基準に求めることはしない。

122 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 13:31:56 ID:tWISTyAX
>>105
>体制としては「民主主義的体制」でありながら
>有権者がそれを全体主義的に運営してしまった

そのいい例がワイマール共和国時代のドイツ。
結局ナチスの台頭を許してしまった。

123 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 13:34:09 ID:tWISTyAX
>「誰も戦争を望んでいなかった。
> だが、誰も止めようとはしなかった」

そもそも朝鮮や中国への侮蔑意識自体
日本の大衆があまねく抱いていたものであり
その意味では日本人自体が"非人道的な鬼畜"
であったという右翼連中の"自白"は正しい。

124 :跳ね馬:2005/06/30(木) 13:35:21 ID:xW7Lf5vm
>>122
まさに典型例やね。

125 :皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 13:38:08 ID:XPy4tWJF
>>79
俺は、予備校講師。
いじめられっ子はすぐにわかる(笑)

●ろべPはいじめられっ子。←まず間違いない。
●こいつはまだ大学に入っていない。←まず間違いない。
●ろべPのように、ネット上で無意味な「権力欲」を振りまく少年は、心理学上非常によろしくない日常を営んでいるのは自明。
●こいつは劣等感の塊。したがって、過敏性大腸症候群になる。リアルのろべPは、怯えた目をした相当なビクビク君。
●以上、ろべPのプロファイリングでした。



126 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 13:40:17 ID:tWISTyAX
>君主のいない国ほど村八分みたいなのが多いんだけどね。
君主の有無と村八分は関係ない。

その意味でば天皇制がなくなっても日本人の
攘夷愛好に変化はないという右翼連中の"開き直り"
は正しい。

127 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 13:46:43 ID:iLdRbYTi
>>121
善悪を絶対的な価値基準に求める事などできるのですか?

128 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 13:47:07 ID:JdT3yleg
>>113
結局国家神道の土台が、
日本人の村八分をおそれる自立心の無さなどに来ているのかもしれないね。
私自身、日本人的な、村八分を恐れる心があるわけだし。
天皇にしても、空気を読めないと、廃帝にされてしまう風土もあるしね。

129 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 13:48:05 ID:tWISTyAX
そもそも民主的かどうかはシステムというよりも
個々人の意識の問題。つまり、誰か偉い人に
従うことで責任回避をはかるチキンどもが沢山
いる国は、民主的になりようがない。
日本がそう。他人を侮蔑することばかり考え
自分がなにかしようという気は毛頭ない。
そういう変質者ばかりだから戦争に勝てない。

130 :皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 13:53:06 ID:XPy4tWJF
いじめられっ子でかわいそうな過敏性大腸症候群の「ろべP」のために、朕が新しい名前を下賜する。
朕の命名である。全員、慎んで聞け。








命名 : げりP

131 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 14:01:07 ID:g0iU11OI
>>121
クリスチャンに於いては、キリスト教の教え(汝、○○すべからず)が、絶対的な価値基準に相当すると思うが。
少なくとも、「村八分を怖れる心性」に於いては、こう逝った価値基準はないはずだ。村人の「その時々の」顔色が価値基準。

因みに、村八分の英訳=Ostracism。意味は、「 (国外へ) 追放」なので、ニュアンスが損なわれている。
仲間外れと追放とは似て非なるものだから。
日本の場合、農耕民族であり、村八分にされて、先祖代々の土地を手放すことは、生きていく上での糧を失うことであった。
日本特有の概念なのか、この点については、ちと調べるけどね。

>>128
国家神道と村八分が関係あるの?詳しく説明してちょ。

>>129
それも謂わば村八分。「連帯責任は無責任」と英語では言うが、日本では、「連帯責任は当たり前」。


132 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 14:02:04 ID:iLdRbYTi
ヤツめには勿体無い名前にございます

133 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 14:03:05 ID:JdT3yleg
>>121
キリスト教に対抗するために、
近代になって作り上げた国家神道の基盤は、
きわめて脆弱な基盤の上で立っていたので、
欧米には敗北して、
結果としていまのようなアジア=特に中国になめられるようなことになった。
中国は、キリスト教国家には、日本に対するような批判をしないというか、
まったくしていない。


134 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 14:05:08 ID:JdT3yleg
>>131
国家神道の基盤は、
日本的な共同体論の上に、
西洋から借りた即席の思想をたちあげたとは、
かなりいわれている。

135 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 14:08:18 ID:g0iU11OI
>>130
スレ違いの書き子はご遠慮願いたいが、ろぺPの名誉のために、過敏性大腸症候群になる香具師の病前性格。
基本的には「几帳面・完璧主義・神経質」と言われているよ^^ 基本的に「良い香具師」がなる病気だよ〜ん。

後、あんたも卑しくも人を教える立場なら、こんな所で、いぢめを披露するのも、教える者としての資質を疑われるぞ。止めて栗。


136 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 14:11:03 ID:g0iU11OI
>>134
>日本的な共同体論

なるほどね^^
「村意識」とか「世間様」だな。欧米では、「世間」とは言わないものな。「世間」に相当するのは、「社会」だろうな。

137 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 14:11:13 ID:tWISTyAX
>>133
>中国は、キリスト教国家には、
>日本に対するような批判を
>まったくしていない。

日本も、キリスト教国家には、
中国に対するような侮蔑的感情を
まったくあらわさない。

138 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 14:15:52 ID:g0iU11OI
>>137
明治以来、欧米化路線で来たからではないのかな?
欧米の発達した文化や科学は、日本人にとって憧憬でもあり、劣等コンプレックスでもあろうが、それを乗り越え、欧米に追いつけ・追い越せがスローガンだったと思うな。

139 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 14:22:14 ID:JdT3yleg
>>138
欧米に強烈なコンプレックスがあったんだな・・・日本の場合。

140 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 14:25:40 ID:g0iU11OI
>>139
今でもそうじゃないかな?
劣等コンプレックスを持つのも当たり前で、実際に学問など、アメリカに10年は後れていると言われるジャンルがある。
だから、実際に、留学するのも、アメリカが圧倒的に多いだろうな。

141 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 14:32:29 ID:MHL6hVB8
村八分というのは、まあ辛いだろうが、シネということではないしな。
火事と葬式以外は、シカトするということだろ。
そしていつか許されて復帰する目も残っている。
西欧の追放や魔女狩りから見ると、日本的な優しさすら感じる制裁だよ。

支那や朝鮮が見下されるのには理由がある。
近年そういう行いを散々してきたツケだろう。

142 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 14:33:58 ID:iDNWVhgL
マスコミがこぞって〜様とか、わざとらしい敬語で話してるのが超ウザイ
同じ人間だろうが!そもそも皇室なんていらね。

143 :皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 14:39:35 ID:XPy4tWJF
>>142
おまえのような嘲笑主義者はもっとうざい。

144 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 14:42:20 ID:g0iU11OI
>>141
>日本的な優しさすら感じる制裁だよ。

そこがまた、土居健夫ではないが「甘えの構造」に繋がるのかもね。
「甘え」もまた、相当する英語を探し辛い言葉のひとつだ。



145 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 14:46:40 ID:QAixjgg1
戦争中の子供たちはこう言われて育てられた。

「国民は天皇陛下の赤子で、天皇陛下からもらった命は天皇にお返しすべきである」
「神州不滅だから日本は必ず戦争に勝ち、国難には神風が吹く」
「支那事変は正義の戦いで、邪魔をする鬼畜米英は断固撃滅する」
「日本兵は死を恐れないが支那兵は日本軍が突撃すると泣いて逃げる弱虫だ」
「天皇のために手柄を立てて名誉の戦死をせよ」

「沖縄戦 米兵は何を見たか 50年後の証言」吉田健正 彩流社 P164

「洞窟の外で泣いている女の子を見たことがある。背中に爆薬が仕掛けてあった。
数十メートルほど後方に、日本兵の姿が見えた。日本軍は、このように子供を
ブービートラップ(仕掛け爆弾)として使うことが多かったという。
米兵は子供を見ると、必ず駆けていって助ける。日本軍はそれを知っていて、
敵をおびき寄せる手段として子供を利用したのだという。マックの記憶では、
その子供は無事救出された」

フランク・マック(イリノイ州シートン在住)
第六海兵師団第二二連隊衛生兵




146 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 14:55:06 ID:iDNWVhgL
天皇がいる事によって何かメリットあるのか?
誰か説明してくれ

147 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 15:03:38 ID:79VZ609v
>>146
当然あるでしょう。うまく説明できませんが

説明は、ラインハルトさんお願いします。
あなた存続派の有名人みたいだから。

148 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 15:19:16 ID:g0iU11OI
>>146
>>8のテンプレ参照。
例えば、
◇権力・権威分離説(独裁者の出現を防止)←tooo
    

149 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 15:37:32 ID:79VZ609v
>>148
分かりやすい図です(ラインハルトさんが見当たらないのは何故?)
こういうまとめを作れるなんて、ガンダムさん頭いいんですね。

150 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 15:38:48 ID:g0iU11OI
>>149
おいらが作ったんじゃないよw
ろぺPの手になるものなんだ^^
香具師は、本当に頭が良いよ。

151 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 15:46:42 ID:JdT3yleg
>>150
中国が、ついに天皇制に対して批判してきたけど、
国内世論は、あまり盛り上がってないね?
2ちゃんねるでは、大騒ぎしているけど、
世間では、まったく気にしてない。


152 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 15:53:25 ID:Xk91/TQt
>>146
昔、さんざん述べたが、まあいい。頭の悪いお前たちのためにもう一度簡単に説明してやる。


つまり、天皇がいなくなると、俺みたいな奴らはどうするか教えてやる。
天皇が消えたら俺はこう言う。。

俺→「朕は神である。ひれ伏せ糞ども!!」


俺がリアル世界でこれが出来ないのは、日本に天皇がいるから。
やろうとすると日輪に焼かれて駄目だ。。
国外でやってもいいのだが、ローマ教皇や聖書が邪魔でな。。

153 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 15:54:16 ID:tWISTyAX
>>151
物事は正しく語ろう
中国は、天皇制ではなく天皇のサイパン訪問の際に
「戦争でなくなられた全ての方に」と発言したことに対して、
小泉首相の靖国神社参拝と同じく戦争犯罪人の免責を
暗に意図していると、非難した、というのが正しい。

この程度のことすらまともに語れない日本人が
一番日本を貶めていることに当の本人は気づかない
のだろうな(呆)

154 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 15:56:23 ID:tWISTyAX
>天皇が消えたら俺はこう言う。。
>俺→「朕は神である。ひれ伏せ糞ども!!」

プッ(w
まあ、脳内銀英世界でわめいてろ。
いじめられっこで万年浪人のヒッキー野郎kun(w

155 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 15:58:15 ID:tWISTyAX
>◇権力・権威分離説(独裁者の出現を防止)←tooo

イタリアでは防止できなかったわけだが。
それで、イタリアは王政が廃止になったわけだが。

156 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 15:59:13 ID:Xk91/TQt
>>154
そう思うだろ?
常にお前らがそう思えるのは天皇がいるからだ。

157 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 15:59:39 ID:flNgHuY0
>>146
皇室外交一つとっても、計り知れないメリットだよ。
俗に、外交官1000人に匹敵するといわれるが、外交官が束になっても代わることはできない。
こればっかりは、アメリカや中国がどんなに欲しても手に入れることができないしな。


158 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 16:00:43 ID:tWISTyAX
>>156
いや、天皇がいなくなっても
貴様が神になることはありえんな(w
よりにもよって過敏性大腸の貴様が・・・プッ(w

159 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 16:02:10 ID:tWISTyAX
>>157
それは単に日本の外交官が無能だというだけのこと。
アメリカや中国が欲しがると思うのもバカ。
157のようなバカが日本からいなくなることのほうが
計り知れないメリットだと思うのは漏れだけではあるまい(w

160 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 16:05:37 ID:Xk91/TQt
>>158
お前が俺をどう思うかは関係無い。

問題は、俺のようなキチガイが、自分は神だと妄想するかどうかだw

161 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 16:06:11 ID:g0iU11OI
>>152
天皇は、「現人神」を勝手に名乗る不逞な輩に対する抑止力になっていると言いたいんだな?
しかし、それなら、却って、下野して、大っぴらに「朕は神である」と宣言した方が、一層の抑止力になるのではないか?
「国の機関」である以上、天皇は、「朕は神である」とは言えない訳だからな。

162 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 16:08:54 ID:flNgHuY0
>>159
天皇以上の権威は、日本はおろか世界でもいないしな。
その天皇の国事行為によって、権力の正統性を保証し安定させているのも大きいよな。


163 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 16:11:16 ID:Xk91/TQt
>>161
不可。
創価やアーレフや主体思想団体と同じ土俵では不可。
それをやったら俺も神を名乗る。

164 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 16:12:15 ID:g0iU11OI
>>160
昔は、結構多かったんだよ。>「朕は神である」=血統妄想の一種
「自分は天皇の統帥権を頂いた」とか言う統合失調症の患者などな。今は、流石に減って来ていると思うな。

165 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 16:16:28 ID:g0iU11OI
>>163
勝手に名乗れば?w
どれだけの人間が、あんたを神と認めるかは知らないがww

>>162
>天皇以上の権威

おいらは、今の天皇にはもう権威はないと考えている(GHQによる徹底的な形骸化+「開かれた皇室」路線による私的領域の露出方でカリスマ性の喪失)が、君は、権威の源泉を何に求めているの(見ている)?

166 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 16:17:27 ID:g0iU11OI
間違いw
方×
過多○

167 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 16:20:20 ID:79VZ609v
>152
>160
はっきり言って失望しました。
予備校講師というのも嘘でしょう?
廃止派の人達の方がよほどマトモな話をしている。
ラインハルトさんは、いわゆる「ネットウヨ」という人種なのでしょうか?本当に頭がおかしいなら病院に行きましょう。

頭が正常な存続派の人の登場を期待します。

168 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 16:22:01 ID:tWISTyAX
>創価やアーレフや主体思想団体

オウムはともかく創価はかなり成功してるだろう。
だからこそ脅威なわけだ。
すくなくとも、銀英ヲタより池田大作のほうが
その点では巧くやってるな

169 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 16:22:57 ID:g0iU11OI
>>163労炎
皇位継承問題についてのあんたの立場は?
万世一系派なのか、女系も容認するのか?

170 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 16:23:14 ID:Xk91/TQt
>>165
まだ気づかんか?
自分を神のように妄想してるのは実はお前や、げりPだ。

だから常に、われわれから叩かれる。

171 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 16:23:28 ID:tWISTyAX
>>167
>頭が正常な存続派の人の登場を期待します。
君の頭は正常ではないのか?(w

172 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 16:25:15 ID:tWISTyAX
>>170
全然気づかんな。
貴様が神ではないという
単純な事実を指摘するのに
神になる必要などない。

173 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 16:25:49 ID:g0iU11OI
>>168
そだな。
だから、おいらは、「在野の天皇家は、喪家に対抗できる唯一にして最強のブランド」と褒め称えているのだが、誰も取り合ってくれないよw

174 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 16:27:05 ID:Xk91/TQt
>>168
創価が更正し、市民権を得たのは何故か?
天皇がいて、叩かれて、アレ以上は増長できなかったからだ。

175 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 16:28:35 ID:g0iU11OI
>>170
天皇が神ではないとは、国民の一致した意見だろうなw
おまいは、天皇=神だと思っているかも知れないがww

176 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 16:30:06 ID:g0iU11OI
>>174
国家中枢に入り込み、増長しまくっているだろうが?w >喪家

177 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 16:30:26 ID:flNgHuY0
>>165
権威とは、強制力に依らないで人々を納得させる力。
つまり、人々の心が権威があると思えばそこに権威が存在する。
圧倒的な天皇制支持率も、天皇陛下の権威の傍証になっているだろうな。

天皇の権威の源泉は、千年をゆうに越える日本の歴史と伝統そのもの。
天皇はもはや日本だけのものじゃないかもなw


178 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 16:31:02 ID:bJPXckfw
天皇陛下は神の御子であらせられます。

179 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 16:33:09 ID:Xk91/TQt
>>167
俺は予備校講師だから、人間の弱さを知っている。


毎日、「先生、先生」言われてると、自分が神のように思えてくる。
そして気づくのさ。コレが人間の弱さだとな。

講義30分前落ち

180 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 16:33:32 ID:oXMeECY6
どう考えても天皇制廃止はありえんだろ

181 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 16:34:22 ID:JU4qrNeA
>>ラインハルト
お前が本当に予備校の講師だとすると…
>>125を見るだけで、相当狭い世界に生きていることがプロファイリング(笑)できる
ほとんど高校生だけと接しているから、顔の見えない相手は高校生・浪人生に見えるんだろうね(笑)
アホすぎるよ

「権力欲」とか「よろしくない日常」についても、結局自分の事なんだろう。
高校生相手に威張ってるのかな(笑)
「朕」とか言ってるし…笑われてるのに気付かないのかな
本当に馬鹿だな

「いじめ」云々に関しても、自分の経験上、そういう連想がすぐ浮かぶんだろうね。
俺は顔も頭も良い上にケンカやスポーツも出来たんで、僻み・妬みこそされ、苛められることはなかったから、
「いじめ」という言葉が浮かばないもの(笑)

182 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/06/30(木) 16:35:14 ID:Xk91/TQt
>>175
ほら、お前が神になろうとしている。


落ち

183 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 16:36:31 ID:g0iU11OI
>>177
>強制力に依らないで人々を納得させる力。

そうか、そんなに力があるのか。もし、それを利用しようとする独裁的な為政者が現れたら危険極まりないなw
悪の芽は早い内に摘み取らねばww

>日本の歴史と伝統そのもの。

歴史や伝統とゆーなら、在野で活動して、それらを守れば充分だろう?
華道や茶道の宗家のようにな。財団法人でも名乗ってな。「国の機関」である必要性は、全く認められないが。

てか、過去スレ読んでいるか?散々、ガイシュツの話なんだがw

飽きてきたww

184 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 16:36:50 ID:tWISTyAX
>>177
>圧倒的な天皇制支持率も、天皇陛下の権威の傍証になっているだろうな。

単に無気力による現状維持を、権威と勘違いする
阿呆がいるとはオメデタイ

>天皇の権威の源泉は、千年をゆうに越える日本の歴史と伝統そのもの。
>天皇はもはや日本だけのものじゃないかもなw

ギネス記録だから権威があるというバカのせいで
日本人は軽薄短小なミーハーどもばかりだと笑われる(w

185 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 16:39:48 ID:JdT3yleg
>>176
○内庁ですら、あの層化に乗っ取られて最高幹部が、
それらしいという怪文書まで流れている増長ぶりなんだが、
30年〜40年以上前から右翼の人は、何も対策を採ってきませんでしたね?

186 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 16:39:56 ID:JU4qrNeA
>>179
書いたそばから、狭い世界で生きてるって自白したな(笑)

結局、存続派としての持論は土佐と同じようなモノ(人間の上には神としての天皇が必要)なんだ(笑)
そのくせ女系を認めるんだから理屈もへったくれも無い。頭悪いな。

結局、自分の上に何かがいて欲しいという奴隷根性・家畜根性・百姓根性の持ち主じゃねえかよ糞虫め
ホント屑だな


187 :185:2005/06/30(木) 16:41:22 ID:JdT3yleg
誤)右翼の人は→正)保守系天皇マンセイ神道系の人は

188 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 16:44:15 ID:JU4qrNeA
>>177
お前が受信している「天皇=日本の歴史と伝統そのもの」なる電波は殆んどの人は受信してねえよ(笑)
つうかよ、フィクションなんだから受信しようがない(笑)

189 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 16:45:45 ID:flNgHuY0
>>183
ところが、日本の歴史を見てみると独裁者の出現は非常に稀なんだな。
天皇の存在が、独裁者に権力と権威が集中するのを防いでいるわけだ。

天皇の権威の源泉は日本の歴史と伝統だが、その権威によって
天皇の国事行為が力を持っているんだから、国の機関として極めて有用なのさ。


190 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 16:48:39 ID:g0iU11OI
>>185
以前のスレで、鶴タブーの話が出た時、カワイイ氏が、喪家と自民党の癒着体質について語っていたよね?
喪家シンパの自民党の香具師も大勢いるだろうし、自分たちの利益(選挙での喪家票の取り込み)のために放置しているのかもな。

191 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 16:50:26 ID:tWISTyAX
>俺は顔も頭も良い上にケンカやスポーツも出来たんで
「狼別襲飛影竜」のHNは皇祖ラインハルトとは
別の意味で痛々しいが・・・

思うに、狼別襲飛影竜クンは高校時代に散々暴走族の連中に
カツアゲされたのではないだろうか?(w

192 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 16:50:28 ID:JU4qrNeA
>>189
権威てのは権力が民衆支配のために使うもので、権威と権力は対立構造にない。

存続派のアホどもは支配ー被支配という構造自体を認識できないから、理解不能だろうが(笑)
存続派の頭の中は「日本vs中国」とか「日本vsアメリカ」という感じで、いわば小学生とかサッカーのフーリガン並みの単純さ。

193 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 16:50:46 ID:g0iU11OI
>>189
じゃあ、前の戦争の総括をしてくれ。誰のために、多くの国民は命を落としたんだ?

194 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 16:52:38 ID:JU4qrNeA
>>191
お前が誰か、レスのつけ方ですぐわかるんだよボケ
何を書こうと自由(スルーするから)だが、コテをちゃんと書いてからにしろよ。

195 :跳ね馬:2005/06/30(木) 16:53:10 ID:xW7Lf5vm
>>ラインハルト
一つ聞きたいんだが、神を名乗りたいなら好きなだけ名乗ったらいいと思うんだが、
その何が問題なんだ?
あと、そんな神を名乗るような連中が天皇に遠慮して名乗らないと考えるのもかなり不自然な話だと思うんだが。
普通にかんがえりゃ、そんな連中だったら「天皇は俺様の弟子! 俺こそが神!」とでもなんとでも名乗るだろうに。

196 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 16:53:24 ID:tWISTyAX
>日本の歴史を見てみると独裁者の出現は非常に稀なんだな。
君が独裁者を狭く解釈してるだけかと思うぞ。

実際には幕府なんてのはまさに天皇家を蔑ろにする独裁者。
天皇家が取り潰しにならなかったのはただただ天皇が無力だから。
むしろ哀れみの対象だったのかもしれん。プッ(w

197 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 16:53:55 ID:g0iU11OI
>>191
ろぺPの「芸風」なんだから、余り、突っ込んでやるなよw

198 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 16:57:40 ID:g0iU11OI
>>195
だから、労炎の言い分は、「天皇こそ、長きに亘って国民が認めてきた唯一の神だ」とゆー前提の元に成り立つ話だろうな。
よー知らないがw

199 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 17:00:19 ID:tWISTyAX
>>197
いやガリベン学歴ヲタクって人生の敗残者だなと・・・

200 :皇族無罪反動有罪:2005/06/30(木) 17:02:40 ID:6dOqJyxr
社会科学の概念上、専制と独裁は異なるが、

蘇我氏、天智天武、藤原氏、平氏、源氏、北条氏、足利氏、織豊、徳川、戦前の有司専制、
この中には沢山の独裁的専制権力(者)が含まれるが。独裁や独裁者即ち悪という訳でもない。
日本でいわゆるファシズム型の独裁者が現われなかったのは、
「当時の環境において」、ただ単に大衆民主主義の発達が未熟だっただけだろう。

王政から共和政への転換後には強力な権威、権力が必要とされるため、
過渡期においては権威主義などの強権体制が必要となる。だが、徐々にそれは
緩和されるか、打倒されていくのが世界史の大流。


201 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 17:03:00 ID:JU4qrNeA
>>189
どんなに美辞麗句を並べようと、
明治政府=全体主義国家による「無謀な戦争・敗戦・国民死にまくり」を防げなかったからね。
こう書くと、存続派の一部のアホは「国民が戦争を支持した」と反論するんだろうけど…

それって、天皇がマッカーサーに言った「国民が戦争を望んだ」ってのと同じだね。
とにかく男らしくない、潔くない。

202 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 17:04:22 ID:g0iU11OI
>>195
>「天皇は俺様の弟子! 俺こそが神!」とでもなんとでも名乗るだろう

ビョーキ認定になるなw

203 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 17:05:31 ID:JU4qrNeA
>>197
何度言ったらわかるんだボケ
奴(萌仁)と俺の間に口を挟むなって言ってるんだよ。

お前がレスつけるから、奴の減らず口(>199)を聞かされる羽目になる


204 :皇族無罪反動有罪:2005/06/30(木) 17:06:10 ID:6dOqJyxr
もちろん、当時においてもアメリカやイギリスは強力なリーダーを必要としたが
独裁者の出現を許さないほど経済体制や民主主義が発達していたのだろう。

205 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 17:09:14 ID:g0iU11OI
>>201
何だ、おまいが前の戦争の総括をしてくれたのかw
おいらは、>>189の考えを聞きたかったんだがww

206 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 17:09:27 ID:tWISTyAX
>>203
人生の敗残者だな(w

207 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 17:11:41 ID:g0iU11OI
>>203
また、直ぐに怒るのなぁ…T−T 解ったよお、もうこの件については書き子しないから、それより、早くメールくれ^^

208 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 17:17:43 ID:JU4qrNeA
>>205
189の意見なんて想像がつくよ。

天皇の下、日本は平和で民主的だった。欧米が日本に圧力をかけた→国民が戦争を望んだ・天皇は反対だった。→国民が死にまくったので、天皇が終戦させた→戦後は天皇の激励の元復興が進んだ。

こんなストーリーだろう。
天皇を善玉にするためにストーリーの骨格がグダグダになる出来の悪い大河ドラマをみているようだ。

209 :皇族無罪反動有罪:2005/06/30(木) 17:18:37 ID:6dOqJyxr
全体主義体制『ウィキペディア(Wikipedia)』


一元的ではあるが一枚岩ではない権力中枢があること。
どれほど組織ないし集団の多元性が存在しても、こうした多元性は、
その正当性がこの中枢から引き出され、大体において中枢によって調停され、
概して既存社会の副産物ではなく、政治的な創造物である。


排他的で自律的な、しかも多少なりとも知的に洗練されたイデオロギーがあること。
支配集団ないし指導者と指導者に奉仕する政党は、イデオロギーと同一化し、
これを政策の基盤として利用したり、操作したりして政策を正当化する。
このイデオロギーにはいくつかの境界線があり、それを超えると非公認にとどまらず異端となる。
このイデオロギーは、特定の綱領や正当な政治行動の境界を確定するだけでなく、
究極的な目標や歴史的な目的意識、現実社会の解釈をもっともらしく規定する。


政治的、集団的な社会活動に対する市民参加と積極的な動員が奨励され、
要請され、報酬で報いられ、単一政党と多くの一枚岩的第二次集団を通して誘導される。

戦前の体制は概して全体主義国家と言って差し支えないな。特に戦時中はな。
て、学校の先生は教えてくれたよw










210 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 17:22:08 ID:JU4qrNeA
>>209
では、こちらは電子辞書などにも同梱されている著名な「マイペディア」から

全体主義 ぜんたいしゅぎ
英語totalitarianismなどの訳。個人の生活や意見は国家全体の利害に従うべきだという思想あるいは政治体制。
大衆社会において,マスコミや大衆組織(大衆操作)を通じて,個人生活のすみずみまで国家権力が浸透し得る状況の下で生まれる。
古典的独裁や専制と違い,思想や生活についても徹底した統制を行う。
民主主義を否定する原理として,特に第1次大戦後のファシズムやナチズムがその典型

211 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 17:22:09 ID:g0iU11OI
>>208
おいらは、おまいのよーに昭和天皇が腹を切るべきだったとまでは言わないが、せめて道義的責任を取って退位していれば、戦争責任の問題は、これ程、曖昧にならなかったとは考えているな。

212 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 17:23:10 ID:flNgHuY0
>>192
>権威てのは権力が民衆支配のために使うもので、権威と権力は対立構造にない。

権威には、宗教的な権威もあれば学問における権威もある。
池坊の家元も権威があるし、腕のいいお医者さんも権威がある。
権力者が民衆の支配に使うものとは決まっていないだろ。


213 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 17:24:10 ID:g0iU11OI
>>209>>210
おいらの>>30の説明ではおかしいのか?ww

214 :皇族無罪反動有罪:2005/06/30(木) 17:27:56 ID:6dOqJyxr
つドューチェ「すべてを国家のもとに、国家の外にいるもの、国家に反するものがいてはならない」

つ本朝「すべてを天皇のもとに、天皇の外にいるもの、天皇に反するものがいてはならない」


215 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 17:28:09 ID:g0iU11OI
>>212
だから、何?w
池坊や医者の「権威」は、それに世話になる者にしか関係がない訳だが。

216 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 17:28:43 ID:JU4qrNeA
>>212
政治的権威について話してるからな

もっとも、学問の世界でも芸術の世界でも権力との距離で「権威」になるかどうか決まるのは普通の事だろう。
「腕のいいお医者さん」という近所の評判だけでは権威にならないよ。マスコミにのって、他の権威と付随的に紹介されて権威になる。
「皇室ご用達のお医者さん」と紹介されれば実際の腕とは関係なく権威になる。

217 :皇族無罪反動有罪:2005/06/30(木) 17:29:17 ID:6dOqJyxr
>>213
おかしくないよ。全体主義にはガンダム氏の書いた面が表れるしね。

218 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 17:31:44 ID:JU4qrNeA
>>213
別におかしくないだろ。
ただ、マイペディアの説明だと、ある程度の都市化・マスメディアの発達が要件になりそうだ。

219 :皇族無罪反動有罪:2005/06/30(木) 17:34:36 ID:6dOqJyxr
戦前の天皇は憲法どころか国家の上位にさえ存在する「超越者」=神
これを絶対主義的天皇制と言う。

220 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 17:34:58 ID:g0iU11OI
>>216
まあ、医者の権威について言えば、もう学閥支配で殆ど決まる訳だが。皇室御用達の医者は、恐らく、殆ど鉄門出身だろうな。

221 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 17:36:29 ID:g0iU11OI
>>217-218
おお、サンクス^^
畑違いのおいらでも、ここまで書けるよーになったのは、多分、このスレのお陰だな^0^

222 :皇族無罪反動有罪:2005/06/30(木) 17:39:53 ID:6dOqJyxr
つまり戦前は絶対主義的天皇の下に、有司専制体制→全体主義体制→大敗北の転落を
辿ったというのが事実。

223 :皇族無罪反動有罪:2005/06/30(木) 17:42:09 ID:6dOqJyxr
おっと、もちろん一時期は「憲政の常道」よろしく議会政治の限定的発達など
デモクラシーが伸張した時もあったのは常識。蛇足すまそ。

224 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 17:44:20 ID:g0iU11OI
>>222
ただ、カワイイ氏の説明によると、「天皇は徹底的に受け身な存在」であり、その天皇が、国難を乗り切ったのは、内閣が機能しなくなった2・26事件の時と終戦の詔勅を出した時とゆーのがこのスレ的なコンセンサスなんだが?
この点は、その考えで逝くと、どー説明されるのかな?

225 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 17:50:01 ID:g0iU11OI
夕飯の買出しに逝くので落ちるよ。
レスよろしこ^^

226 :皇族無罪反動有罪:2005/06/30(木) 17:51:53 ID:6dOqJyxr
戦前の天皇をいわゆる諸国の開発独裁体制や権威主義体制の一変種とみなすかどうかは、
議論があるが、経済の発達等を見るとその可能性は高いな。まああまりにも極端過ぎたが。

>>224
いわゆる、祭り上げられ論だな。もちろん戦前の天皇はファシズムの独裁者の
様に全面的に国家を指導などはしていない。反動支配の道具として超越者の
地位を与えられたのだ。つまり独裁体制ですらない専制体制。
「絶対主義的」と付いてるからと言って独裁者のように勘違いしないように注意。

227 :皇族無罪反動有罪:2005/06/30(木) 17:59:33 ID:6dOqJyxr
なんか一人語りで申し訳ないが、『大元帥昭和天皇』に見られるように
昭和天皇は作戦の計画・遂行に介入するなど、戦争指導はしっかりと
やっていたがな。

228 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 18:37:12 ID:bJPXckfw
>>192
天皇と民衆を分けるのが間違い。
『御千度参り・光格天皇・御製』でググッてみれば、
天皇は歴史的には権力者では無く、民衆の心の支えだと分かる。

229 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 18:40:57 ID:bJPXckfw
天皇が神かどうかなんて人それぞれだから議論するのは意味が無いよ。
私は神の子孫だとの認識だからね。
ただ、宮中祭祀で御神霊と一体化する訳だから御神霊を宿してるとは言えるがね。
神を信じない人には信じないでも良いよ。強制するものでは無いから。

230 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 18:42:54 ID:bJPXckfw
>>222みたいな妄想と空想には返信する気にも成らないね。

231 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 18:45:27 ID:uJylImin
なんだ、まだ戦前の日本=全体主義なんていってる香具師がいるのか・・・
困ったもんだ。

独裁者も一党独裁も強制収容所も粛清もなかったのにな。

まぁ、「広義の」全体主義ってやつですかね。


232 :皇族無罪反動有罪:2005/06/30(木) 18:46:42 ID:6dOqJyxr
>>229
禿しく同意。信仰は自由だからな。国家機関としての天皇制が議論の対象だわな。

しかし、何故か存続派の多くはただの信仰告白しかしないんだよな・・・w

>>230
さすが信仰を持つものは違うなあ。中学の教科書からでいいから読み直して来いよ。

233 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 18:50:21 ID:JU4qrNeA
>>228
ぐぐって出てきたのがコレ↓
http://www.jiyuu-shikan.org/teachers/hattori/0307.html

その一つ上のページがコレ↓
http://www.jiyuu-shikan.org/teachers/top.html#anchor
思想教育のページか?

つうかよ、くだらねえ授業してるな(笑)
小中学生のうちはこんな事ダラダラやってねえで、重要事項・人物・年号を全部暗記させろっての(笑)

234 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 18:52:07 ID:Kr8/kESY
だから戦前の天皇を仮に否定したとして、
何で戦後の象徴天皇まで否定するんだ。

235 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 18:52:16 ID:EOmLiVig
>>226
何をするにしても国務大臣の輔弼が必要な天皇は、専制的な君主とはいえないだろ。
やっぱり廃止派の歴史観には大きな問題があるなw


236 :??? :2005/06/30(木) 18:53:00 ID:U+gyt3wr

もしかして廃止という信仰を強制している奴がいるの?(w


237 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 18:53:50 ID:Kr8/kESY
要するに戦前だけでなく戦後の日本も
否定するのが狙いだろ。

238 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 18:54:15 ID:EjCKk0gv
明徳義塾高等学校の同級生刺殺事件の犯人の少年の
ホームページのURL誰か知ってますか!?
知ってますか!?URL教えてください!
お願いします。

239 :皇族無罪反動有罪:2005/06/30(木) 18:58:24 ID:6dOqJyxr
>>234
まず、テンプレ読め。そしてそれぞれの否定の理由はずっと議論している。
その中で、話が戦前に飛んだだけだろ。

>>235
何か勘違いしてないか?専制「体制」が主体であり、それは反動支配階層・階級によって
遂行された。そのために天皇に「超越者」の地位を与えて利用したって言ってんだろ?
もちろん天皇も戦争指導等に携わったのも事実だ。

240 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 19:02:27 ID:Nre3ek3E
407 :船虫Jr ◆.Tg2yBtH66 :2005/06/30(木) 18:55:04 ID:qXy2LsA1
なんか変なのに付きまとわれちゃったな。天皇陛下も罪作りなお方だ。
天皇陛下万歳 !!陛下の御代の長久ならんことを 。

(・∀・)ニヤニヤ

241 :皇族無罪反動有罪:2005/06/30(木) 19:03:30 ID:6dOqJyxr
ま、いざとなったら聖断よろしく断行できるのがミソw

242 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 19:04:18 ID:JU4qrNeA
>>234
そんな話は誰もしてない。

>>239
んだね。
天皇は、民衆支配の道具だからね。
例えば、木っ端役人が民衆に不正をとがめられたりしても
「お国に不平を言うなんて、天皇陛下に逆らうのか!」と一喝して黙らせる。

243 :狼別襲飛影竜:2005/06/30(木) 19:06:05 ID:JU4qrNeA
理屈とか理論とか、そういう理(ことわり)が及ばない領域を作ると
支配者にとっては非常に強力なカードになる。

244 :料理し込み中GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 19:10:15 ID:g0iU11OI
>>228-230=ID:bJPXckfw

君は、別スレで会った例の人かな?
「天皇は歴代の霊と三種の神器の継承者」と言っていなかった?

245 :料理し込み中GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 19:13:27 ID:g0iU11OI
>>239
>天皇も戦争指導等に携わったのも事実だ。

それなら、戦争責任を問われなかったのは、やはり、おかしい。
上の方でも書いたが、最低限、道義的責任を取って退位はすべきだったな。



246 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 19:16:36 ID:EOmLiVig
またまた「反動支配階層・階級」「支配者」のオンパレードかよw

欧米の植民地主義がそこまで迫ってきていたあの時代、
誰が政治家になっても、天皇がいてもいなくても、
富国強兵を目指せば似たような国政をするしかなかっただろうよ。

日本には幸い天皇がいて、スムーズに国をまとめることができたわけだ。
よかったねw


247 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 19:19:53 ID:EOmLiVig
天皇が戦争指導等に携わった?

天皇は立憲君主で、国務大臣の輔弼が必要なんだよ。
その戦争指導は国務大臣のどんな輔弼があったの?ソースきぼんw


248 :皇族無罪反動有罪:2005/06/30(木) 19:21:11 ID:6dOqJyxr
>>247
 『大元帥昭和天皇』でググレw

249 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 19:21:15 ID:bJPXckfw
>>244
??
いや違うが、それってアメリカに行くかも?の何とかって言う人じゃ無いのか?
どこのスレでだ?極東??

250 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 19:21:38 ID:Kr8/kESY
確かに資本主義じゃ常に支配階級と被支配階級が存在する。
北欧だろうがアメリカだろうがな。
つまりは天皇の存在と資本主義は矛盾しない。
あった方が支配に利用できるんだからわざわざなくすわけがない。
てことはだ。結局資本主義を否定しているんじゃないかよ。

251 :皇族無罪反動有罪:2005/06/30(木) 19:22:19 ID:6dOqJyxr
外面的立憲制、しかし実際には「超越者」。つーかこれ常識だろw

252 :皇族無罪反動有罪:2005/06/30(木) 19:24:35 ID:6dOqJyxr
しかし、ろぺ氏を始め、廃止派の諸氏の苦労が解るなあ(苦笑

そろそろ落ちるわ。

253 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 19:26:14 ID:kOQNrnfl
別に天皇に限らず、日本人は主体的には誰に対しても戦争責任は問わなかったよ。

戦争責任を問うたのは戦勝国であり、しかもその戦争責任とは日本国民に対するものではなく、戦勝国に対する責任を問うただけだよ。

なんで日本国民は為政者に対して戦争責任を問わなかったのかな?


254 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 19:31:04 ID:EOmLiVig
>>251
天皇も憲法に縛られた存在で、
憲法が機能しているかぎり憲法を超越したりはしないんだがな。
ご聖断は、その数少ない例外。


255 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/06/30(木) 19:37:27 ID:Mlbg7j93
>>254
それじゃ天皇機関説だ。
機関説は排斥されたよな。

256 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/06/30(木) 19:39:02 ID:Mlbg7j93
つ〜か、勅旨だの御前会議だの
憲法外の決定機関がいぱ〜いw

257 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 19:49:00 ID:g0iU11OI
>>256
当時の日本の最高意思決定機関は「御前会議」とゆー認識で良いのかな?
そこで、例の「空気嫁」で、国の方針が決定されていた訳だから、本当に誰が最高責任者なのかなぞ問えないな。
それ故、結局、天皇の戦争責任も曖昧になった。
(戦争責任を問わなかったのはGHQの方針としても)

ま、こんな無責任体質を総括しなくて良い訳はないw


258 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 19:52:44 ID:EOmLiVig
>>253
為政者vs国民、軍部vs国民という二項対立は、
戦後GHQによって宣伝され意図的に刷り込まれたもの。
日教組はこれにドップリ染まった。

もともと戦争責任なる観念は、ほとんどの日本人からは出てこなかった。
最も開戦を望んだのが当の日本国民なんだから。


259 :??? :2005/06/30(木) 19:55:58 ID:U+gyt3wr

誰も責任を取ろうとしない無責任な共産体制をそろそろ特別高等警察
を設置して総括しようぜ。まずソビエト・北朝鮮を讃えていた連中か
らだ。(w


260 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 20:00:19 ID:bJPXckfw
>>257
おい、>>249に答えてくれ。
あいつに会いたいんだが、どこのスレに居たんだ?

261 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 20:04:00 ID:g0iU11OI
>>260
最初、バカップルスレにいて、このスレにも来たよ。過去スレ参照して栗。コテも名乗っていたから。
最近は、このスレでも見かけないが??

262 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 20:08:32 ID:bJPXckfw
>>261
レス、サンキュー
そうかね。最近、観た訳では無いんだね。

263 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 20:10:23 ID:g0iU11OI
>>248
『大元帥昭和天皇』でぐぐった結果出てきたよ。

>天皇が軍事に関して素人だったなどというのは、天皇の戦争責任を免罪する
>ために戦後になって作り出された伝説に過ぎない。

>もともと頭も良く、幼少時代から最高レベルの軍事教育を受けてきた昭和天
>皇の軍事的素養と指揮能力は、天才的軍事指導者とまでは言えないものの、
>十分に優秀なものだった。並みの参謀や将軍では全然かなわなかった。

>更に、手にする情報量が違った。天皇の下には、毎日のように陸海軍から
>の上奏によって最新の作戦情報が集まって来ていた。しかも、十五年戦争
>の期間中、参謀総長は5人、軍令部総長は6人、陸軍大臣は12人、海軍大
>臣は9人が交代している。一貫して戦争指導の場に居続け、過去からの経
>緯についても詳しく知り、戦局、政局の全体に通暁していたのは天皇ただ一
>人である。

>天皇は、統帥と国務双方の最高位にあって、機構の上でも、実質的にも、最
>高の戦争指導者として君臨し、活動し続けていた。

参考文献: 藤原彰 『昭和天皇の十五年戦争』 p.117



264 :??? :2005/06/30(木) 20:16:39 ID:U+gyt3wr

どんなに廃止論を訴えてもソビエトや北朝鮮の罪は消えない。
永遠に。そことつながっていた連中も。(w


265 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 20:30:58 ID:EOmLiVig
>>263
その文章、印象操作みたいだな。
昭和天皇がどんな戦争指導をしたかについては、何ひとつ書いていない。
参謀たちの報告を、ふんふんと聞いていただけじゃないのか?


266 :逝け逝けドンドン:2005/06/30(木) 20:53:16 ID:0tVmz/FV
>>265
陛下は、神風攻撃などには、逝け逝けドンドンと檄を飛ばして遊ばされていたのですよ。

267 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 21:05:15 ID:DJMKecXx
まあ英明か、凡庸か、暗愚かと問われれば、非常に英明だったと思うよ。
それが日本にとって幸福だったかどうかはともかくとして。


268 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 21:16:52 ID:ootswQPd
昭和天皇による軍事指導の例
@熱河作戦の一時差し止め(1933年)
A2・26事件における反乱軍の武力鎮圧方針の決定(1936年)
B日中戦争初期の兵力増強、戦略爆撃方針の決定(1937年)
C張鼓峰事件における武力行使方針の一時差し止め(1938年)
D「昭和14年年度帝国海軍作戦計画」の修正要求(1939年)
E宜昌再確保への作戦転換(1940年)
Fフィリピン・バターン要塞への早期攻撃の実現(1942年)
G重慶攻略の方針の決定と取りやめ(1942年)
Hガダルカナルをめぐる攻防戦における陸軍航空隊の進出(1942年)
Iガダルカナル撤退後におけるニューギニアでの新たな攻勢の実施(1943年)
J統帥部内の中部ソロモン放棄論の棚上げ(1943年)
Kアッツ島「玉砕」後における海上決戦の度重なる要求と海軍の消極的姿勢への厳しい叱責による統帥部ひきしめ(1943年)
L陸軍のニューギニアでの航空戦への投入(1943年)
M「絶対国防圏」設定後の攻撃防御の実施(ブラウン奇襲後の軍令部の指示など 1943年〜1944年)
Nサイパン奪回計画の立案(1944年)
O沖縄戦における攻勢作戦の実施(1945年)
P朝鮮軍の関東軍への編入取りやめ(1945年)

269 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 22:13:20 ID:FC/SsWsT

いくら優秀な指揮官でも下から上がって来る情報が
間違っていたり偏っていたりすると
間違った判断をしてしまうという事はわかった

270 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 22:31:36 ID:g0iU11OI
>>269
あながちそうとも言えないだろう。おいらは、何度か書いているが、最も引っ掛かるのはこの事実。

>近衛文麿、1945年2月14日天皇に上奏文を提出。
>東条内閣打倒を図った近衛は、1945年2月天皇に奉呈し、敗戦必至との認識のもとに、
>恐ろしいのは敗戦よりもそれに伴う共産革命であり、政府は国体護持を絶対の課題と
>すべきであると主張した。それが近衛上奏文である。

この上奏文に対して、昭和天皇は、

>「もう一度戦果を挙げてからでないと中々難しいと思ふ」と拒否の姿勢をとった。

その後、東京大空襲・沖縄玉砕・広島・長崎へのの原爆投下が行われた。

これが、間違っていない判断であり、優秀な指揮官の取る態度と言えるのかね?





271 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 22:47:58 ID:wGEoX2/a
>>270
木を見て 森を見ず

272 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/06/30(木) 22:50:43 ID:5q0sJDH3
>>269
間違った情報を鵜呑みにするほど裕仁タンはバカじゃね〜よ。

273 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 22:51:32 ID:g0iU11OI
>>271
どーゆーこと??
おいらもう寝るから、よーく意味が解るよーにレスしといてちょ。

おやすみ〜

274 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 22:53:40 ID:EOmLiVig
>>270
近衛文麿「政府は国体護持を絶対の課題とすべきであると主張」
昭和天皇「もう一度戦果を挙げてからでないと中々難しいと思ふ」

この時点で、東京大空襲・沖縄玉砕・原爆投下を予想できるはずがないんだから
特に判断が間違っているとは思わんがな。
結果論は、説得力なし。


275 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 22:58:41 ID:g0iU11OI
>>274
近衛は「敗戦必至」と言っている訳だが?
少なくとも、敗戦必至の認識が欠けていたと非難されても仕方ないだろう?

276 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 23:07:13 ID:HkgaUBkm
天皇、近衛、東条内閣と書いてあるのに、何故東条を無視するのだろう。

277 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/30(木) 23:10:13 ID:g0iU11OI
>>276
東条が、天皇をそそのかしたとでも言いたいのか?w

おいらは、もう本当に寝る。

睡眠−覚醒リズムは規則正しくなっ!

ではではzzz

278 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 23:17:45 ID:HkgaUBkm
>>277
違うだろw

文脈を見る限り、そそのかしたのは寧ろ近衛の方だろ。

「もう一度戦果を上げてからでないと(東条内閣打倒も共産革命防止も)中々難しいと思ふ」

と読めるのだが。

279 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/06/30(木) 23:25:40 ID:xsDPFjm4
>>275:GUNDAM氏
>近衛は「敗戦必至」と言っている訳だが?
>少なくとも、敗戦必至の認識が欠けていたと非難されても仕方ないだろう?

敗戦必至は天皇だって、下手すると開戦前から重々承知してたはずだ。
海軍と天皇だけが世界情勢を把握してたと言っても良い。

しかし、軍部(陸軍)と国民は盲信から猪突猛進になり、
戦争遂行へと邁進してたって事だろう。

井上清著『日本の歴史 下(上中下3冊より成る)』(岩波新書)p.182〜

  やがて国際連盟脱退のころには、国民の圧倒的多数は、熱烈な戦争支持者となっていた。
 そのころには出征部隊も全国から出ており、出征兵士の背後には、
 その無事凱旋を祈る多数の肉親知友があり、その人々の、無事凱旋を祈る心は、
 戦争が日本にとってさけられない正義の行為であると信じたいという気持と結びついた。
 また連盟脱退により日本が国際社会から孤立したことは、日本の前途について国民に不安をいだかせたが、
 政府はその不安をたくみに誘導して、「1935,36年の危機」に対処していまから用意せよという、
 「順戦時体制」つくりにもっていった。
 戦争開始とともにそれまでの緊縮財政はインフレ政策に転換され、
 軍需産業を先頭に、産業活動が活発になり、
 32年はじめには、日本だけが列国に先がけて恐慌から脱出し、
 33年には好景気にさえ向かったが、このことが、大衆に戦争を支持させる条件ともなった。

280 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/06/30(木) 23:26:26 ID:xsDPFjm4
井上清著『日本の歴史 下(上中下3冊より成る)』(岩波新書)p.186〜

  (2・26事件の)叛乱軍は四日目に鎮圧された。
 そして叛乱将校の期待した軍部独裁は、統制派が実現する。
 事件の後、元外相広田弘毅が陸軍の同意を得て首相となり、大臣たちも軍の注文通りにえらばれ、
 軍部大臣現役武官制も復活された。
 同年(36年)8月の首相、陸相、海相、蔵相、外相の五相会議は、「国策大綱」を決定し、
 「東亜大陸における帝国の地歩を確保するとともに、南方海洋に発展を期する」のを根本国策とし、
 「北方ソ国の脅威を除去するとともに、英米に備え、日満支三国の緊密なる提携を具現し、
  南方海洋ことに外南洋方面にたいして我が民族的経済的発展を策す」という、
 すなわち後の太平洋戦争にいたる構想が国策とされたのである。
 この構想を実現するために、「広義国防」と「庶政一新」のスローガンがうち出され、
 経済も財政も国民生活も軍国主義一色にぬりつぶされた。・・・・・
  日本経済は、軍需産業を起動力として重化学工業が急速に発展し、
 その生産高は1935年には全工業生産高の52.7%をしめた。
 工作機械工業もこの時期にようやく確立された。
 その反面には、工業原料の輸入が急増し、
 輸入をまかなうために綿糸・綿布などのダンピング輸出をしたが、欧米各国は
 それに対抗して関税障壁をきずいたので、35年から輸出も不振になり、輸入超過が激増した。
 のみならず戦争拡大とともに軍需物資の要求は加速度的に増大し
 鉄、石炭、石油、ゴム、錫など近代戦争に必須の基礎物資のいちじるしい不足が生じた。
 その不足を解決しようというのが、南洋とくに外南洋に「民族的経済的発展」をはかるという、
 広田内閣五相会議の決定の意味であった。

281 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/06/30(木) 23:27:50 ID:xsDPFjm4
井上清著『日本の歴史 下(上中下3冊より成る)』(岩波新書)p.196〜

  1938年3月の第七三議会は、国家総動員法を通過させた。
 本法により政府は、国民の財産でも国民そのものでも、政府の欲するままに動員し、
 産業・金融はもとより国民生活をすみずみまで統制できる権限をにぎった。
 天皇制ファシズムは第二段階に入った。
 この法案審議のさい、代議士斉藤隆夫が、本法案は憲法に違反すると述べるや、
 陸軍省軍務課員佐藤賢了中佐は「だまれッ」とどなりつけた。
 それにたいしても議会は一言の抗議もしなかった。

井上清著『日本の歴史 下(上中下3冊より成る)』(岩波新書)p.202〜

  41年9月6日の政府と軍首脳の御前会議は、
 「10月上旬頃に至るも尚我が要求を貫徹し得る目途なき場合においては直ちに対米英蘭開戦を決意す」
 と決定した。
 10月に入っても日米交渉妥結の見込みは立たないので、陸相東条英機は対米開戦を強く主張し、
 近衛首相の交渉継続論と対立した。
 近衛首相は10月16日、その対立をありのままに書いて天皇に辞表を出した。
  天皇は内大臣木戸幸一の助言により、10月18日、東条を首相に任命した。
 天皇と木戸は、東条ならば陸軍中堅の即時開戦論を抑えられるかもしれないと期待したという。


282 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/06/30(木) 23:28:11 ID:xsDPFjm4
 その後、天皇は、11月29日、対米開戦について重臣たちの意見を徴したが、
 重臣のうち誰一人として明確に日米戦に反対するものはなかった。
 みな、この点は大丈夫だろうかとか、あの点は心配ないだろうかなどというだけで、
 自分の責任をもった判断を下すものはなかった。
 開戦論の先頭に立った東条首相兼陸相にも、何の清算もなかった。
 彼はただ、人間は一生に一度は清水の舞台から飛び下りる決心が必要だといい、
 個人の進退と国家・民族の存亡とを混同して得意になっていた。
 海軍軍令部総長は、日本を重病人にたとえ、この病人はこのままでは必ず死ぬるが、
 大手術をすれば万一にも助かるなどといっていた。
 海軍に勝利の自信のないことは、海軍将校である高松宮から天皇の耳にも入っていた。
 そこで天皇は11月30日、海軍大臣と軍令部総長を召し、
 日米戦に自信があるのかないのか問うと、両人とも「相当の確信を以て奉答」したので、
 天皇は木戸内大臣に、東条首相に「予定の通り進むるよう」伝えさせた(『木戸幸一日記』)。
 その翌12月1日午後2時の御前会議で、天皇は対米開戦を決定した。

283 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 23:29:55 ID:6ftwA50D
       ,,,,,,,.-‐‐‐‐---,,,
    /          '
   /:::::;      朝     \
  /:::::::/            |ミ|  
  |::::::::|   ,,,,,    ,,,,,   |ミ|   グヘェヘェ、わてが朝日の箱島信一でっせ !!
  |彡|.  /        ''ヽ |/ 
  /⌒|  -=・=‐,   =・=-  |          うっひっひ うっひっひ
  | (   "''''    |  ''''"  .| 
   ヽ,,        ヽ     |           武富士ハンから5000万円丸儲けや
     | |     ^-^    ||          
     ∧|  ‐-===-  ||             笑いが止まらへんでー
   /.\.     '''''''    /
 /      \\.,___//ヽ           ______
/   (⌒、"⌒ソ⌒ヽ─ '"   `、  ( ィ⌒ -'"",う/壱 / /万:/|
    ~''(_)(_)(_)(_)ソ       ヽノ   ,イ^_.|≡≡|__|≡≡|彡|_____
    ヽ/`、_, ィ/           ヽ─/ ̄//|≡≡|__|≡≡|/壱//万 :/|
   /     /           ) / ≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
         / ハコジョンイル  .i|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
\      ノ             |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|

284 :朝まで名無しさん:2005/06/30(木) 23:41:12 ID:kOQNrnfl
「もう一度戦果を挙げてからでないと中々難しいと思ふ」は戦果を挙げなければ和平交渉に入る事自体が難しい、軍が同意しないだろう、という事。

近衛上奏についても天皇が総理経験者(所謂重臣)に意見を求めた(東条にも意見を聞いた)中でのもの。
なぜ昭和天皇が総理経験者に意見を聞いたのか、理解しているのか?
近衛上奏も一部を抜き出すだけじゃなく、その全文を確かめているのか?
それもしないで判断していないか?

ちなみに東条内閣は前年に総辞職している。

基本的な知識もなく、思い込みで議論していては答えは間違ったものになる。

285 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/06/30(木) 23:43:44 ID:7D0EkBXL
>>284
統帥権を持ちながら、軍を統率できなかったのら、昭和帝は金以下てことになる。

286 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/06/30(木) 23:55:35 ID:xsDPFjm4
>>284
>「もう一度戦果を挙げてからでないと中々難しいと思ふ」は
>戦果を挙げなければ和平交渉に入る事自体が難しい、軍が同意しないだろう、という事。

全面的に同意。
軍の面目が立つことは、当時の国民の総意でもあったことは想像するに難くない。

>>285
>統帥権を持ちながら、軍を統率できなかったのら、昭和帝は金以下てことになる。

キムジョンill以下というのが、たとえ例えとしてもひっでぇ解りにくいが、
美濃部達吉の「天皇機関説」でも明らかになったように、
けっして天皇の御親政というわけじゃなかった、って事。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/minobetatukiti.htm

287 :皇族無罪反動有罪:2005/06/30(木) 23:57:30 ID:6dOqJyxr
>>285
金以下でもいいんだよ。要は昭和天皇が戦争指導にも携わったと言う
歴史的事実が問題だから。こいつらは大学の恩師にでも質問してくればいいのにな、
八木とかは除外でw
第一、>>282等自体が天皇が反動支配階層の神輿でありその一翼
であることを証明しているからね。
そろろそろ俺のコテの意味の一端が明らかになってきたかw
おやすみ。

288 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/06/30(木) 23:57:48 ID:xsDPFjm4
http://homepage2.nifty.com/khosokawa/j-mind10.htm
昭和16年11月31日、天皇は高松宮に、開戦すれば「敗けはせぬかと思う」と語りました。
高松宮が「それなら今止めてはどうか」とたずねるので、天皇は次のように語ったと言います。
「私は立憲国の君主としては、政府と統帥部との一致した意見は認めなければならぬ。
 もし認めなければ、東条は辞職し、大きなクーデタが起こり、
 かえって滅茶苦茶な戦争論が支配的になるであろうと思い、
 戦争を止める事については、返事をしなかった」と。

同じ趣旨のことを、天皇は繰り返し語っています。
「陸海軍の兵力の極度に弱った終戦の時においてすら、降伏に対しクーデタ様のものが起こった位だから、
 もし開戦の閣議決定に対し私がベトー(拒否)を行ったとしたならば、一体どうなったであろうか。
 (略)私が若(も)し開戦の決定に対してベトーをしたとしよう。国内は必ず大内乱となり、
 私は信頼する周囲の者は殺され、私の生命も保証できない。
 それは良いとしても結局、強暴な戦争が展開され、今次の戦争に数倍する悲惨事が行われ、
 果ては終戦も出来かねる結末となり、日本は亡びる事になったであろうと思う」と。


289 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/06/30(木) 23:58:26 ID:xsDPFjm4
昭和16年12月1日、御前会議で遂に対米英戦争の開戦が決定されました。
天皇は「その時は反対しても無駄だと思ったから、一言も言わなかった」と、『独白録』で語っています。

なぜ天皇は開戦を止め得なかったか、その答えを天皇自身は上記のように語っているのです。
5・15事件、2・26事件では、首相らの重臣が殺傷されました。
終戦時にも、玉音放送を阻止しようと一部の兵士が反乱を起こしました。
天皇の懸念は切実なものだったことが分かります。

では、開戦後、早い時期に戦争を終結させることは出来なかったのでしょうか。
ここで再び三国同盟が拘わってきます。
日本は12月8日、米英と開戦するや3日後の11日に、三国単独不講和確約を結びました。
同盟関係にある日独伊は、自国が戦争でどのような状況にあっても、
単独では連合国と講和を結ばないという約束です。
ここでわが国は、ドイツ、イタリアとまさに一蓮托生の道を選んだことになります。
昭和天皇は、このことに関し、『独白録』で次のように述べています。
「三国同盟は15年9月に成立したが、その後16年12月、
 日米開戦後できた三国単独不講和確約は、結果から見れば終始日本に害をなしたと思ふ」
「この確約なくば、日本が有利な地歩を占めた機会に、和平の機運を掴むことがきたかも知れぬ」と。

なんとわが国は、戦局が有利なうちに外交で講和を図るという手段を、自ら禁じていたのです。
ヒトラーの謀略にだまされ、利用されるばかりの愚かな選択でした。
ここでも天皇に仕える政治家や軍人が、大きな失策を積み重ね、国の進路を誤ったことが、
歴然と浮かび上がってくるのです。


290 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/07/01(金) 00:00:09 ID:HVbEwkJD
>>286
そもそも、扱えない統帥権なら、初めから総理にでも付託を宣言すれば
良かったのだ。

つまり、能力が無いなら黙ってろ!

ってこと。
それを、ぐずぐずと国体維持=自己保身に走るものだから原爆まで落とされ
ちゃったのだ。

ま、故人の才能を否定しても始まらないがな。

291 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/07/01(金) 00:02:44 ID:HVbEwkJD
>>288
マキャベリならこう言うのか?
(実はマキャベリを良く知りません...)

「無能で心優しい君主は、最低の君主である。」

とか?

292 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 00:17:38 ID:TOf8PwfV
>>290:S−RAM氏

極論すれば、明治に始まる天皇制は、薩長政府の傀儡だった。

>つまり、能力が無いなら黙ってろ!

ほとんどのケースで、天皇は自ら喋る存在ではなかった。
御前会議などで臣下の意見を聞くに徹し、たしなめる程度にしか話しちゃいない。

そんな天皇が自ら統帥権を発揮したのは、たったの2度。
重臣を殺され怒り、逆賊成敗にみずから乗り出そうとした515事件の時と終戦の詔を発したとき。

ユンソナならぬクソな北の度臭い者と一緒くたにすんなっ。

そして明治の天皇制は明治憲法で規定されている存在であって、
天皇もその規定に従い、義務を忠実に行使してただけの話。


293 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 00:31:54 ID:TOf8PwfV
>>290:S−RAM氏
>ぐずぐずと国体維持=自己保身に走るものだから原爆まで落とされ
>ちゃったのだ。

それについて45年6月のニューメキシコでの原爆実験前から、
「日本での投下先が詳細に検討され、都市中心部に目標が定められていた」そうだ。

加害者を非難するのは解るんだが、被害者日本の責任にするとは・・・・・
アタマ、大丈夫?
自虐の仕方がおかしいぞ。

http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/atomic_bomb.html
1983年8月6日(朝日新聞)
原爆投下、市民殺戮が目的  米学者、極秘文書で確認

 原爆投下について米最高首脳はこれまで「軍事目的に限定して使った」(トルーマン大統領回顧録)
 としてきたが、実は「日本への原爆投下の目的は一般市民を大量殺りくすることにあった」
 とスタンフォード大の米歴史学者(バートン・バーンスタイン教授)が極秘文書で確認、
 近く出版する本で発表する。
 また広島、長崎に「米人捕虜がいる」と英国情報部などが警告したのにもかかわらず、
 米政府はこれを無視したという。(パロアルト<米カリフォルニア州>菊地特派員)

294 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 00:45:12 ID:TOf8PwfV
原爆ついでに、アメリカの歴史教科書から、日本に好意的、
ないしは原爆投下に疑問を投げかけるものを挙げとこう。

http://www.sankei.co.jp/databox/kyoiku2/osie/130904osie_u_06.html
最新版の「ボイヤーズ・アメリカン・ネーション」(98年)は、
原爆投下がやむを得ぬ決断だったとの記述の後で次のようなコメントを付け加えている。

 「トルーマンの原爆投下命令は果たして正当化できるのか。大変な過失ではないのか。
  トルーマンは日本が無条件降伏を拒絶したためと説明している。
  これによって米軍兵士の損失を防いだ。
  さらに真珠湾攻撃への代償を日本は何十倍にして返さなくてはならなかったと述べた。
  しかしこれに対し、歴史家の一部は疑問を呈している。
  米国は暗号を解読しており、日本がモスクワ経由で降伏条件を打診していることを知っていた。
  さらにスターリンはドイツ降伏から三カ月以内、つまり八月初旬には日本に参戦すると話していた。
  ならば原爆投下や本土決戦なしに勝利は可能だったのではないか。 そう歴史家は論じている」

ただしこのコメントは非常に例外的で、
「ヒストリー・オブ・ア・フリーネーション」など他の教科書の大部分は
日本を降伏させるための原爆投下だったというこれまでと同様の説明を淡々とではあるが明確に書いている。
90年代の米国の歴史教科書は、原爆投下はやむを得なかったとの立場を基本的には変えていない。
(産経新聞ワシントン 前田徹)

295 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 00:50:32 ID:TOf8PwfV
太平洋戦争の勃発については、アメリカからさまざまな情報が出てきていて、
一概に日本の所為とする観測は、無くなっている。

1941年11月25日、米大統領フランクリン・ルーズベルトは、
軍首脳とホワイトハウスで対日問題を会議した。
参列したスチムソン陸軍長官の日記によれば、
「日本の奇襲攻撃を警戒するとともに、米に過大な危険を招かないよう配慮しつつも、
 日本にまず攻撃せざるをえないように仕向けることが合意された。」
これは、アメリカ大統領には開戦の決定権がなかったことから、
アメリカが開戦を望んでいた場合には、必然化する結論だった。

http://www.sankei.co.jp/databox/kyoiku2/osie/130903osie_u_05.html
教科書が教えている歴史(35) 【米国】(5)
 米国の経済制裁には日本が絶対容認できないものがあった
 「卑劣な日本」は影ひそめる

  米国にとって1941年12月7日早朝(米国時間)の真珠湾攻撃は「卑劣なだまし討ち」であり、
  フランクリン・ルーズベルト大統領が議会に日本への宣戦布告を要請した際に使った
  「インファミィ(汚辱)の日」という表現がいまだに多くの米国人の脳裏にこびりついている。
  そこから生じる「ずるい日本人」というイメージは
  1966年版の「ライズ・オブ・ジ・アメリカン・ネーション」に色濃い。

  「多くのアメリカ人の目が欧州にくぎ付けになっているすきに日本は極東征服を推し進めていた。
   1941年7月、日本軍が仏領インドシナを占領するとルーズベルト大統領は即座に
   米国内の日本資産凍結で応じた。 結果として日米貿易は事実上停止した」


296 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 00:51:48 ID:TOf8PwfV
  「日本はアメリカの抵抗がより厳しくなることを予想し、米国を攻撃する計画を練り始めた。
   戦争指導者たちがその準備の最終段階に入った時点でさえ
   日本政府はワシントンに和平協議の代表団を送り込んだのである。
   交渉は2週間以上に及び、日本代表団は最後に
   『アメリカが非現実的な原則にしがみついている限り交渉継続の意味がない』
   と決裂を明らかにしたが、1941年12月7日の日曜日の朝、
   その通告を米政府に手渡す前に日本機はハワイの真珠湾基地に停泊する米太平洋艦隊を攻撃した。
   全く警告なしにである。 米国はそうしたいわれのない攻撃を予想していなかった」

  この記述は日本の奇襲が卑劣であることを強くにおわせており、
  米代表のハル国務長官と日本側の野村吉三郎大使、来栖三郎特派大使が散歩する写真説明には
  「にこにこする日本代表。
   二人は11月17日の時点ですでに(真珠湾攻撃を)知っていた可能性がある」と書いている。

  ところが6年後の72年版では同様の写真を使いながらも説明は
  「この時点で二人が真珠湾攻撃を知っていたかどうかはっきりしない」と明らかに表現を弱め、
  さらに最新版の教科書では卑劣な攻撃というイメージを引き起こす表現さえ影をひそめている。


297 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 00:52:20 ID:TOf8PwfV
  高学年用教科書「ジ・アメリカンズ」の「日本が米国を攻撃」という項目は次のように始まっている。

  「日本の膨張主義者たちは満州から中国、さらにタイやインドネシアにまで広がる
   植民地帝国を築く夢を長く抱いていた。
   この夢が満州侵略、その後の中国侵略を導いた。
   日本は1941年7月、インドシナのフランス軍基地を占領して南進し、
   米国は経済制裁で対抗した。
   この経済制裁の中には日本が絶対に容認できないものがあった。
   軍需機構を維持するのに必要な石油である」
  「10月、好戦的な東条英機将軍が新首相になった。
   東条は就任早々、天皇に対し米国との和平交渉を成立させる最後の試みを約束し、
   特別代表をワシントンに送り込んだその日に海軍に出撃準備命令を出した。
   米国は日本の暗号通信(外交暗号)を解読しており、日本が戦争準備に入っていることを知っていた。
   ただ攻撃がどこを目指しているのかわからなかった。
   ルーズベルトは11月下旬、ハワイ、グアム、フィリピンの米軍司令官に戦争警告を発していた。
   その警告にはこうあった。
   戦争が避けられない状況になった場合、日本がまず好戦的行為にでることが望ましい」
  「一時間半にわたる攻撃の破壊力はすさまじいものだった。
   だが、日本側からみれば真珠湾攻撃は大勝利だった」
                            (産経新聞ワシントン 前田徹)


298 :皇族無罪反動有罪:2005/07/01(金) 00:52:31 ID:OraCeyr0
便所に起きたらこれかいw→tooo ◆s/lQJB6p9w 氏

まあ、原爆投下は決して許せない暴挙だな。アメリカには謝罪と賠(ry

おやすみ。

299 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 00:55:59 ID:AcD3/y1e
明治政府の傀儡政権だったけど、
建前として統帥権を天皇が持つなどと規定してから、
おかしくなったのだ。

300 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 00:56:39 ID:AcD3/y1e
要するに、無責任体制ということだな。
誰も責任を取らない。

301 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 01:11:10 ID:TOf8PwfV
>>298
乙かれ〜、グッナイです。

>>299
同意します。

日本人のタテマエ好きは、江戸時代からきてる文化的特性みたいで、
それが派生して、
昨今の、護憲で平和が維持されてるという奇妙な主張になったり、
象徴天皇制を廃して共和制にすると個人が育つみたいな、本末転倒な論に見え隠れしちゃってんだと思う。
          ↑
こっちは、明治憲法の制定時に伊藤博文が望んでた、個人主義の進展を憲法から、
ってところからの派生なのかもしれない。

制度の前に、内的欲求が高まってなけりゃ意味無いだろうに、と考える。

ろぺPとかゆ〜、下りP(中でもなかった>>72>>84)が悪態盛んなお陰で、
世間一般じゃ廃止派は根絶やしになる傾向が顕著だわはは・・・・・

302 :狼別襲飛影竜:2005/07/01(金) 01:16:13 ID:fzk9WjjQ
>>301
毎回毎回お前の引用は長いんだよ。
何が言いたいのか最初にズバッと書けないんだね。馬鹿だから…
カ ワ イ ソ

303 :狼別襲飛影竜:2005/07/01(金) 01:18:03 ID:fzk9WjjQ
>>299
建て前というよりも、法の抜け道を天皇という形で作っておいただけ。
「天皇陛下の命により」て言えば無理も通る。

304 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 01:21:54 ID:D7CaVxEo
つーか戦争世代がみんな亡くなったときに
極右翼思想っつーのは存続するのかね。
そういう直接的な抑止力がなくなって初めて天皇制廃止が真剣に議論される気がする。
チキンな国柄だし、今どんだけ議論してもはっきりいって無駄。なんもかわらんよ

305 :狼別襲飛影竜:2005/07/01(金) 01:24:53 ID:fzk9WjjQ
存続派は馬鹿だから、戦争責任ていうと東京裁判のような戦勝国の政治処理ばかり思い浮かべるみたいだが、
戦争責任てのは、まず自国民に負うものつまり敗戦責任だろ。

庶民は戦争遂行に命を差し出す。大将は負けたときは自分の首を敵に差し出す。
戦争に負けておいて大将がオメオメ生き延びるなんて恥知らずもいいところだ。

アメリカとの関係について言えば、
「帝国主義列強同士の植民地争奪戦争」なのだから、どちらが悪いという事ではないだろう。
まあ、敢えて言えば、日帝・米帝両者が悪い。特に戦争で儲けた独占資本が一番悪い。

保守派の奴はコンプレックスが強いのか、「日本は悪くない」て主張するのに必死なのが笑える。

306 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/07/01(金) 01:35:36 ID:Tth8w/YF
>げりP
今日は下痢、何回?

307 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/07/01(金) 01:37:39 ID:Tth8w/YF
なんか下痢臭いなこのスレ。
ちゃんと尻は拭いたのだろうか。

308 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/07/01(金) 01:40:50 ID:Tth8w/YF
そのお前のマウス、、









手はちゃんと洗った?

309 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/07/01(金) 01:43:57 ID:Tth8w/YF
(下痢が天皇を馬鹿にするスレ。。正にクソスレw)

310 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/07/01(金) 01:45:31 ID:Tth8w/YF
はははははっ!

311 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 01:50:11 ID:TOf8PwfV
>>302:猿別離襲腹痛飛ウンコ禿流

引用長くしてんのは、客観的に判断する素材を提供してるって事なんだよ。
解らんのかっ、バカなので。

お前みたいに、クソの飛沫を飛び散らしたような侮蔑まくりのケツ論なんて書かないんだよ。
あ、これは仕方ないか?
なんせ、下痢Pだから。(猛w

312 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 01:56:37 ID:F6Q+mFh9
どーでも良いけど海軍ばっかり
http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/video/Curr/program.html

313 :狼別襲飛影竜:2005/07/01(金) 02:06:26 ID:fzk9WjjQ
>>310
俺も今日は楽しませてもらったよ。
お前の下らないプロファイリング>79が大ハズレで
俺の逆プロファイリング>181が大当たりだと>179で自白してくれたもんな〜

つうかよ、お前ホント頭悪いよ。自分で気付いてないだけで(笑)
AA荒らしとか意味不明のカキコばかりじゃん
自分でキチガイって言ってるんだからしょうがねえのかな…

ま、明日も高校生相手に「朕は…」って大イバリしてろよ
ド低脳め

314 :狼別襲飛影竜:2005/07/01(金) 02:08:41 ID:fzk9WjjQ
>>311
テメエは客観的な判断なんて最初からできてねえんだろボケ
それに気付かないから馬鹿だっての(呆)

「自分の国は特別」「自分の国は正しい」そういう田舎者丸出しのプライドがある限り、
客観的評価なんて無理。
絶対無理(笑)

315 :狼別襲飛影竜:2005/07/01(金) 02:11:38 ID:fzk9WjjQ
つうかよ、こういう馬鹿どもは
連合国とか左翼とかチュンとかチョンとか
誰かに逆らう・誰かを叩くのが議論の出発点だからレベルが低いね。

自分の価値観・世界観がまるでない。
世界史・日本史全体を見ずに自分の舌にあうところだけをつまみ食いしてる。

お前らみたいな馬鹿は正月にでも一族丸ごとガソリンでもかぶって死ねや(笑)

笑ってスッキリしたから、寝る!

316 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/07/01(金) 02:28:20 ID:Tth8w/YF
朕のプロファイリングを繰り返し否定するのは何故だろう(笑)

そして、げりPは今日は下痢を何回したんだろう。

劣等感が無いそうだから過敏性大腸は、げりPチャーム・ポイントなんだろう。。

外出して下痢したの後は、飛沫をちゃんと拭いてるのだろうか。。

317 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 02:33:39 ID:TOf8PwfV
>>316:皇祖ラインハルト携帯氏
御意!

臭いレスを繰り返すとこ見まするに、拭いてないものと想像いたします。

下世話な話で恐縮ですが、要するに、みっちゃん道々・・・・・ではないか!?と。

318 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/07/01(金) 02:35:34 ID:Tth8w/YF
そう言えば下痢に人権あるの?


やだな、下痢国家って。
国旗は茶色で、国歌はブリブリ!バリバリ!ブシュ!!ビチャ!






オエ・・・


319 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 02:38:19 ID:TOf8PwfV
>>318:皇祖ラインハルト携帯氏

氏のような御方が、
ろぺPのパンツなんて下等すぎる物体を想像なさっては行けません。
御目が汚されまする。

320 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/07/01(金) 02:39:19 ID:Tth8w/YF
>>317
はははははっ


この馬鹿おもしれーよねw

321 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/07/01(金) 02:42:42 ID:Tth8w/YF
>tooo
寝るねぇ(^_^)/。
細君によろしく。

322 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 02:43:58 ID:TOf8PwfV
>>320:皇祖ラインハルト携帯氏

拙者も、最初は悪臭放つろぺPのカキコに、
公害防止条例の適応で対抗しようと思ったのですが、
廃止派からもヒンシュクを買ってるところを見ると、
案外、愛すべき香具師なのかも知れません。

GUNDAM氏にはもう愛されてるみたいですし・・・・・ウゲッ、気色ワリ〜!

323 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 02:44:39 ID:TOf8PwfV
>>321皇祖ラインハルト携帯氏

御意!

グッナイです。

324 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 03:02:15 ID:TOf8PwfV
>>:猿別離襲腹痛飛ウンコ禿流(「はげる〜」と読む)
>テメエは客観的な判断なんて最初からできてねえんだろボケ

客観的な判断が最初からできてね〜香具師とゆーのは、
象徴天皇制に賛成9割、とゆ〜世論調査が
まったく目に入らない香具師を言うんではないかい?(w

>「自分の国は特別」「自分の国は正しい」そういう田舎者丸出しのプライドがある限り、
>客観的評価なんて無理。
>絶対無理(笑)

おおっーーっと、速断しすぎました。
誰が、旧大日本帝国を反省してないなんて言ったよ。
軍国主義は否定されなきゃならねえが、天皇もそれに利用された存在だと一点だよ。

どっかの誰かみたいに、責任を個人に押し付けて、ヘイヘイホーじゃね〜んだよ。
(東条英機の分祀を迫る中国のスタンスも理解はする。)
現憲法下では、民主主義と反目しないよう天皇制が組み立てられている。
そして、歴史的な清算は先のバンザイトリフへの慰霊訪問でも明らかになったように、
天皇なくしては為し得ないことでもある。

http://www.excite.co.jp/News/society/20050627215400/20050628M40.103.html
<天皇、皇后両陛下>サイパン訪問、体験談に耳を傾ける
  28日の慰霊について「心してお参りしたいと思います」と語った。

325 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 03:02:38 ID:TOf8PwfV
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh200506280035.html
 皇太子時代の言葉に
 「こういう戦争が二度とあってはいけないと強く感じます。記憶しなければならない日は四つあり、
  広島と長崎の原爆の日と終戦記念日、沖縄戦終結の日」とある。
 戦後50年を前に、希望の訪問先を問われ、
 「とりわけ戦災の激しかった土地に思いを寄せていくつもりです」と答えた。
 その点でも、今回のサイパン訪問は長年の思いがかなったといえるだろう。

 陛下は89年の会見で
 「先の戦争では内外に多数の人々が亡くなり、また苦しみを受けたことを思うと誠に心が痛みます」
 と述べた。
 世界に一日も早く平和が訪れるようとの願いを表明。
 92年の中国訪問でも
 「わが国が中国国民に対し多大の苦難を与えた不幸な一時期がありました。
  これは私の深く悲しみとするところです」と反省の意を表した。
 一連のお言葉からも、戦争への反省と平和への願いがうかがえる。

 第二次世界大戦では日本が侵略したり、戦場とした国や地域の人たちに多くの犠牲を強いた。
 重い歴史を背負った天皇がそうした所へ赴き、遺族や地元の人らと面会したりすることで、
 過去に目が向けられる。戦争が風化しつつある今、意義深い。

326 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/07/01(金) 06:31:02 ID:GHml6d0F
>>293
殺し合いをしている相手の良心に頼るなんて真似をする
お花畑の住人は黙っていろ!

327 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/01(金) 10:09:31 ID:ypFZ7gIe
皇室典範有識者会議 女系容認、方向性見送り 月内にも「論点整理」

 安定的な皇位継承のあり方などを議論する政府の「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大総長)は
三十日、第八回会合を開き、前回と前々回会合で学識経験者らから意見聴取した結果をもとに委員間の自由討議を行った。
会議は、七月末にも「論点整理」をまとめて世論の動向を見極め、早ければ九月中にも中間報告を出す方針だ。
 ただ、焦点の皇位継承資格について、父方に天皇を持つ「男系男子」による継承という百二十五代続いてきた皇室の
伝統を維持するか、あるいは第一子優先として「女系・女性天皇」を認めるかについて合意しておらず、論点整理では
方向性は示さない。
 現時点で共通認識となっているのは、皇位継承の安定化のため、継承資格者を増やす必要があるということで、
そのために
(1)新たに宮家を設置する
(2)女系・女性天皇を認める−などの措置が有効だという点までだ。
 吉川座長は会合後、記者団に「いろんな思想を持った人ができるだけ受け入れられる案にしたい」と述べ、
男系維持派と女系容認派の双方が受け入れられる案を模索する考えを表明したが、具体的なアイデアは示さなかった。
 一方で「(皇位継承は)完全に男系男子できているが、形を維持することが歴史に忠実なことなのか」
「(会議は)歴史をつくる立場だ」とも述べ、女系容認の方向性を強く示唆。早期の皇室典範改正につなげたい構えを見せた。
(産経新聞) - 7月1日4時3分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050701-00000004-san-pol

328 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 10:50:29 ID:AcD3/y1e
ついに、女系になるのか?

329 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 12:08:07 ID:xF5g+xL/
>>327
>男系維持派と女系容認派の双方が受け入れられる案を模索する考えを表明

それなら、皇太子の次は、秋篠宮が即位するとゆーことは、変えられないだろうな。
れっきとした男系男子である秋篠宮を差し置いて、敬宮が女帝になれば、男系維持派が受け容れられるはずもない。
おいらは、秋篠宮が即位することは全く不自然ではないと考えている(現在の継承第二位の男系男子だから)。だが、それをすっ飛ばして、敬宮が即位すれば、何等かの恣意的な意図が働いたと勘繰られても致し方あるまい。
その後、「第一子優先」が規定路線になるなら、眞子女帝になるはずだが?
何故、愛子女帝が規定路線なのだ?w

>>324
>軍国主義は否定されなきゃならねえが、天皇もそれに利用された存在だと一点だよ。

天皇=利用された存在=被害者と言ったスキームでも描いているなら、極めて短絡的な考え方だと思うが。
「利用される」とゆーのは、その「利用される」側にも、何等かの見返りがあってこそ成り立つ話だろう。つまり、「利用されている」とゆー擬態を装って、その実は、「利用していた」面があったのが真実だろう。
維新の時は、薩長に利用されたが、徳川家に代わる日本の「君主」になるとゆー見返りがあった。
前の戦争の時も、軍部や政治家に利用されたとしても、「国体護持」をしてもらえるとゆー見返りがあった。

天皇が「利用された存在」とゆーなら、それは、give&takeのデキレース的無責任体質の象徴そのものだな。



330 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/01(金) 12:12:42 ID:f6tK+90M
>>328
今の流れだと、その可能性も考慮してるって段階なんじゃね?

>>239
>何故、愛子女帝が規定路線なのだ?w
皇太子の子供だからだろ。
第一子継承を最優先すればそうなるわな。

331 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 12:20:18 ID:xF5g+xL/
>>330
それでは、男系維持派でなくても、一般の国民も訝しく思うのでは??
おいらも、訝しく思いまつw

332 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/01(金) 12:23:24 ID:f6tK+90M
>>331
何で?
第一子継承は諸外国でも普通に行われているコトじゃん。
オマイが訝っても整合性のある考え方だろ思うぜ。

333 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 12:26:53 ID:xF5g+xL/
>>331
日本の皇室の場合、男系男子による継承が最優先ではないの?>万世一系
敬宮は、男系ではあるけど。

334 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/01(金) 12:34:16 ID:f6tK+90M
>>333
その前提が維持できねえから検討されてるワケだろ。
今までの継承に変わるスキームとして「第一子継承」は他の君主国でも
行われているとゆ〜点を考慮するのは不自然ではないわな。

335 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 12:38:00 ID:OugnlocB
>>333
どうせ女系になるならアッキーを通さなくてもいい。
下手に通すと
アイコっち朝とマコぴー朝
で新南北朝になるかも(笑)

336 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 12:38:57 ID:xF5g+xL/
>>334
けど、皇太子→秋篠宮までは、男系男子での継承になるよ。
それを、何故、敢えて、無視する必要があるの?秋篠宮は、れっきとした男系男子だよ?

うう、仕出しの弁当が喉に詰まりそうだ^^;

337 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/01(金) 12:51:34 ID:f6tK+90M
>>336
萌えっちが>>335で提起してるじゃん。
変な覇権争いの元になる。
変えるなら双系はやらぬが吉だろ。

338 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 12:55:26 ID:ItEBs7AE
皇位継承順位で何を優先するかは考え方次第だから、別にこうでなければダメって事はない。
たとえば男系維持を前提に男系女子皇族に皇位継承権を認めた場合、男女に関わらず、直系優先、同等では長系優先、兄弟(姉妹)間では長子優先ならば現時点では
皇太子徳仁親王、文仁親王、清子内親王、愛子内親王、眞子内親王、佳子内親王、正仁親王、、、
となるが、
徳仁親王が即位した時点で愛子内親王が1位となる。
昭和→平成で正仁親王と徳仁親王、文仁親王の順位が入れ替わったのと変わりはない。

339 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 12:57:20 ID:xF5g+xL/
>>337
>変な覇権争いの元になる。

何故?それは、法で規定すれば済むことだろう?
それより、皇太子→敬宮となれば、それこそ、男系維持派が黙っていないと思うがw

と、秋篠宮に即位させないのは、おかしい!と煽る戦術^^

340 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 13:04:07 ID:OugnlocB
>皇太子→敬宮となれば、それこそ、男系維持派が黙っていないと思うがw

アッキー→マコぴーでも、同じことだよ。
それにしても、男系派の推す皇位継承者って誰かな〜。

341 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/01(金) 13:04:17 ID:f6tK+90M
>>339
その法規を決めるために有識者会議をやってんだろ。
長子継承なら皇太子→愛子で不自然じゃね〜し、男系維持なら長子にこだわらない
継承順位が模索されるってコトだわな。

342 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 13:05:24 ID:xF5g+xL/
元々のおいらの立場が、皇太子→秋篠宮→皇位継承者不在で、「自然消滅」容認派だからね。
ただ、有識者会議が立ち上げられたので、もう、「自然消滅」はないとは思うから、せいぜい、男系維持派と女系容認派の対立を煽ることにするよw

343 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 13:08:08 ID:OugnlocB
もし、アッキー天皇まで男系でいくとなると厄介だよ。
だってその時点で初めて女系を考えるとすると
第一位はアッキーの第一子のマコぴーだろ。
アイコっちは、カコよりも下になるな。
だって、娘じゃなくて姪になるからね。

344 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 13:11:41 ID:OugnlocB
>>342
漏れの想像では、女系相続を認める変更は
・皇太子の即位
・マコカコの結婚後
まで引っ張るかもね。
つまり、邪魔者を排除した上で
アイコっちに継がせようという戦略(w

345 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 13:15:54 ID:OugnlocB
>男系維持派と女系容認派の対立

極東板では、男系派内部でも対立があるみたいだよ。

346 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 13:16:43 ID:xF5g+xL/
>>343
>アッキー天皇まで男系でいくとなると厄介だよ。

けど、男系維持派なら、秋篠宮天皇を否定できないはずだが?w

おいらには、関係のないことだけどww

347 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 13:19:14 ID:xF5g+xL/
>>345
ラッパ吹きが最も正統性があり、一押しと主張している香具師も結構多いみたいだねw

348 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 13:26:19 ID:OugnlocB
>男系維持派なら、秋篠宮天皇を否定できないはずだが?w

で、問題はその後。
男系派内で、ポストアッキーは一本化できていないね。


349 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 13:28:22 ID:OugnlocB
>>347
いや、正統派とかいってるヲタが推してるのは
徳大寺でも分家のラッパ吹きじゃなくて
本家の御曹司のほうでしょ。

350 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 14:15:08 ID:RA4g2ar1
気にするな

廃止案は

出てこない


351 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 14:48:13 ID:7ZL3qIiR
>焦点の皇位継承資格について、父方に天皇を持つ「男系男子」による継承という百二十五代続いてきた皇室の
伝統を維持するか、あるいは第一子優先として「女系・女性天皇」を認めるかについて合意しておらず、論点整理では
方向性は示さない。

女系と女帝をごっちゃにしてる理解レベルの低い記事だ。これが産経のレベルか?
歴史上女系は存在したし、全て男系女帝だから既定ルールの範囲内。

皇位継承ルールの本質は、史上初の女系を認めるか、すなわち神武以来の
男系血統を放棄するかどうかの一点にあることが分かってない奴が
あまりにも多すぎて嘆かわしい。

男系放棄は王朝交代に他ならないよ。
小泉だろうと誰だろうと、そんな重大な決断をできる政治家はいない。
典範改正の落としどころは
@女帝容認
A男系は維持
B(もしかしたら)旧宮家復活
この範囲を絶対出ないね。予言しとく。

352 :351:2005/07/01(金) 14:52:33 ID:7ZL3qIiR
>歴史上女系は存在したし、全て男系女帝だから既定ルールの範囲内。

まずい一番肝心なところ間違えた。正しくはもちろん

歴史上女帝は存在したし、全て男系女帝だから既定ルールの範囲内。

353 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 15:09:19 ID:AcD3/y1e
>>342
女系になった時点で、
王朝交替になるわけだから、
当然今までの天皇制とは違うということになるから、
女系の天皇の時点で皇室の形は変わってくる。
どっちにしても、今の皇室ではやっていけなくなる。

354 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 15:13:18 ID:xF5g+xL/
さて、みなさん、3時の茶しばきの時間でつよ 旦~
って、誰もいないのかw

>>349
ちとぐぐってみたが、このしとのことかな?

現皇室に最も近い男系。>徳大寺実啓氏

光格天皇の祖父、閑院宮直仁親王(1704−1753)→鷹司輔平(1739−1813)
→政熙(1761−1841)→政通(1789−1868)→徳大寺公純(1821−1883)
→実則(1839−1919)→公弘(1863−1937)→実厚(1889−1970)→公英→実啓。

実啓氏には、男児あり←敬宮の婿候補??

>>350
心配だ

維持派内での

内輪もめ

…ww


355 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 15:21:06 ID:xF5g+xL/
>>351
>男系放棄は王朝交代に他ならないよ。

おっ、男系まんせー派のしとだね?どうやって、男系で皇統を繋ぐつもりなのかな?

>>353
世論調査で、「女系容認」の意見が多いのだから、国民は、万世一系については、やはり、無関心とゆーことの現れだろうw

356 :351:2005/07/01(金) 15:28:32 ID:7ZL3qIiR
男系マンセーっていうか、天皇制を存続させたいなら、そこまで
勉強しろって言いたいわけ。
男系血統が本当に絶えるなら、それは天皇制の寿命だと思う。

でも、終戦後に臣籍降下した宮家を皇族に復帰させれば、男系血統の
維持は可能だから、まだまだ延命できそうだけど。
臣籍降下の期間はたかだか60年。2600年の皇統を本気で守る気なら
皇族復帰にさしたる問題はないだろうね。

あと女帝容認は仕方ないだろうね。
但し女系はだめ。
愛子女帝まではいいけど、その子供は天皇にはなれない。

357 :351:2005/07/01(金) 15:31:53 ID:7ZL3qIiR
>>355
女系と女帝の区別もついてないような奴らの世論調査なんて意味無いよ。

358 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 15:34:01 ID:xF5g+xL/
>>356
>男系血統が本当に絶えるなら、それは天皇制の寿命だと思う。

「女系に移行するなら、天皇制は、廃止で良い」

とゆー意見でつね。

>但し女系はだめ。

>>355でも書いたけど、万世一系について、国民を啓蒙する必要があるのでは?
「女系容認」の世論=万世一系に対する無理解・無関心だと思うけどね。


359 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 15:37:42 ID:xF5g+xL/
>>351
おいらは、もう落ちるけど、出来たら、コテを名乗って下され^^
存続賛成の香具師で、男系維持派は、今はいないと思うので。

ではでは〜

360 :351:2005/07/01(金) 15:40:09 ID:7ZL3qIiR
>>358

>「女系に移行するなら、天皇制は、廃止で良い」
>とゆー意見でつね。

その通り。
男系途絶なら天皇制自体を廃止でもいいし、
または王朝交代であることを明確にして女系継承してもいい。

男系女系の意味を全く理解しないまま、単なる「女帝論議」に
レベルダウンしてる情況が見てられないわけ。

361 :351:2005/07/01(金) 15:46:22 ID:7ZL3qIiR
>>359
GUNDAMさんには真意を理解してもらえて嬉しいな。ありがとう。
天皇制が最終的にどう転んでもいいのだが、原理原則を無視した
換骨奪胎は絶対オカシイ。
厳然たるルール(要は男系継承)があるのだから、そのルールに
天皇制の運命をゆだねる他ない。

ただ、このスレに常駐する気はないので当方もこの辺で。
また覗いてみるよ。ガンダムさんも頑張ってね。

362 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 16:13:20 ID:AcD3/y1e
っていうかさ、
源氏でも平家でも、
臣籍降下した家の子供が天皇になった事例はないんだよ。
宇多天皇の事例は、
宇多天皇は源の定省で、
結果的に天皇の子供だから、
まだ、皇室と近いけど、
現在の元宮家の当主でも、
天皇になった人の子供じゃないのよ。

宇多天皇在位期間  887年 8月26日 〜 897年 7月 3日
>>光孝天皇の第七皇子。
>>元慶八年(884)源姓を賜り臣籍に下りたが、
>>光孝天皇の崩御直前に藤原基経らの推挙によって親王となり、
>>翌日践祚した。

要するに884年から、887年まで源氏だったわけだが、
旧宮家はすでに60年も源氏になっているわけだし。


363 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 16:14:47 ID:AcD3/y1e
>>360
王朝交替ならそれはそれでいいわけだけどね。

364 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 16:17:27 ID:OugnlocB
>>361
そのルールがどういうものかで、極東板はもめてるね。


365 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 16:30:28 ID:AcD3/y1e
>>364
極東ではうちわもめがおきているようだな。

366 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 16:30:45 ID:OugnlocB
>>362
今の皇族の範囲内では候補者はいなくなるわけで
男系派としては範囲を広げるしかなくなる。
問題は広げ方だな。

実のところ、明治天皇が4人の娘を皆皇族に嫁がせたのは
万が一皇太子(大正天皇)がなくなっても、娘の子供に
天皇を継がせればよいと考えていたふしはあるな。
もっともそうなっていたら今の天皇制はなかっただろうな。

367 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 16:33:06 ID:AcD3/y1e
>>366
っていうか、そうなっていたら、
今の皇室は無いから、
第2次世界大戦前に、共和国になっているかもしれないな?


368 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 16:41:25 ID:OugnlocB
>>367
もうちょっと想像の話をしていいかな?
多分大正天皇が皇太子のうちになくなった場合、
極東板で起きてる騒動は確実におきただろうね。
徳大寺実則って確か明治天皇の侍従長だったよな。

369 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 16:56:41 ID:OugnlocB
>>368
ただもしそうなってたら天皇の弟が
一人は首相(西園寺公望)
一人は財閥(住友友純)
ってことになるから、見た目だけでは
もうネポティズムもいいとこだね(w

370 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 16:57:00 ID:AcD3/y1e
>>368
いずれにしても、日本は、
もっとはやくフランス共和国のようになっていて、
大統領制度になっていただろうけど、
アメリカとはいまのように同盟を結ばざるを得ないだろう。

371 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 17:28:35 ID:AcD3/y1e
>>369
鷹司家は、藤原氏の子供が断絶してしまったので、
東山天皇の子供を養子に迎えているのと、
水戸家との縁が深かった模様。

372 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 17:28:57 ID:RRLbVpV7
>>351
同意だ。
万一女系になったら、必ずや男系の真・天皇を立てるものが現れると思うね。
新たなる南北朝の内乱勃発だ。


373 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 17:39:49 ID:xF5g+xL/
>>363
>王朝交替ならそれはそれでいいわけだけどね。

おいらも、それで良いと思うな。
「国の機関」としてだけなら、おいらの隣の今岡さんや向かいの濱中さんの息子の王朝になっても、一向に構わない訳だ。
「国の機関」なのだから、別に血統による権威付けの必要もないし。

血統による権威付けを求めるのであれば、以前、跳ね馬氏が提言されていた通り、有志が、在野で、旧宮家の香具師でも担ぎ上げて「真・天皇」にすれば良い訳だし。

ただ、「国の機関」として、本当に天皇制は必要か?は、また別の議論になると思うけどね。

374 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 17:40:55 ID:xF5g+xL/
>>372
被った^^;

375 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 17:45:08 ID:xF5g+xL/
>>372
>新たなる南北朝の内乱勃発だ。

何故?
今の天皇制のふたつの側面、「国の機関」であることと「血統による権威」を、各々が分担すると考えれば、別に対立は起きないと思うけどな?



376 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 17:55:39 ID:AcD3/y1e
要するに国家機関としての天皇機関説の天皇と、
真実の男系男子を立てる民間の天皇に分かれるわけだな。
南北朝万歳〜〜〜。

377 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 17:59:00 ID:xF5g+xL/
>>376
コテふかーつすれば?w >後小倉宮南朝親王



378 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 18:04:16 ID:AcD3/y1e
>>377
一応廃止派だったからさ、
南朝復活もいいんだけどね、
固定たたきが怖い部分がある。
インターネットは匿名じゃなくて、
実名にするという意見まで出ているから、
怖くなってきたよね?

379 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 18:07:42 ID:xF5g+xL/
>>378
2ちゃんも実名になるの?@@;
そりゃ、怖いなあ…続きは、帰ってからねっ!

380 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 18:14:11 ID:AcD3/y1e
>>379
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1120058261/
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1120137433/
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1120093124/

ソースね。
最近の流れは、恐ろしいことになっている。
人権擁護法案でも本当に人権が守られるべき人が、
守られない法案だからな。

381 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 20:28:40 ID:VCWbY+sc
天皇制廃止か存続かとか 女帝を認めるかどうかという
しょうもない議論が出てくるのは 皇太子が国民の期待に
こたえてないから 尊敬されてないから 皇太子の嫁がキャリアをふりまわす
気持ち悪いヤツだから
こんな奴らが天皇皇后になったとして国民の支持をえられるか
秋篠宮がんばれ
国民は栄光の天皇家の復活を心から望んでいる


382 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 20:41:11 ID:MiLVeKAX
>>380
いつも情報サンクス^^
しかし、これらのリンク先を読むと、天皇制をどうするかは、今の日本にとってプライオリティの高くない問題だとゆー認識に至ってしまうねw

>>381
秋篠宮が即位したとして、その後は、どーなって欲しいのかな?

383 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/01(金) 21:00:33 ID:c/UNksbL
有識者会議では皇室離脱を容易にする案も検討されてるそうだから
ナルちゃん夫妻が離脱してアッキーが次期天皇って可能性は無くもないかもな。

384 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 21:13:55 ID:AcD3/y1e
>>382
はっきりいって、
中国や韓国という反日国家に対する政府の腰抜けの遠い遠い原因には、
このようなプライオリティーの高くない天皇制問題があると思われます。

385 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 21:14:57 ID:AcD3/y1e
>>383
なんか人材が不足している予感。

386 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 21:15:34 ID:MiLVeKAX
>>383
ネタ元は、また週刊文春なんだけどw、敬宮の女帝路線が決まると、却って、雅子妃は、「私が男子の世継ぎを産まなかった為に、万世一系を断絶させてしまったのか」と自責的になられるとのことで、愛子女帝路線によって、全てが解決するとゆーものでもないらしい。

387 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 21:20:57 ID:AcD3/y1e
>>386
ややこしいな?
それもまた、維持派の人も、
ここまでくると、
維持できないようになると思うのけど、
でも維持派の人は男系重視で行くのかな?

388 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 21:21:57 ID:AcD3/y1e
>>387
書き方おかしかった。
要するに、存続派の人は、
男系重視かな?といいたかった。

389 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 21:31:00 ID:MiLVeKAX
>>388
しかし、「万世一系」とゆー概念自体、明治憲法の元で定められた朱子学の影響を受けたもの(=父から子へと継承)に過ぎず、歴史的には、臣下が、天皇の地位を継承するに足る「血筋を引いている」と認めることが最も基本的な条件であったのでは?>継体天皇の例

390 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/01(金) 22:16:14 ID:+SN7xhi3
>>385
人材不足は致し方ね〜な。
戦後皇族は極限まで減らしちゃったから。

>>386
それがホントなら尚のことナル夫婦は皇族離脱したほ〜がいいかもな。
あんな特殊な環境に耐え得る人材は滅多にね〜よ。
ミッチ〜がむしろ特殊なんだ。それでも何度か病気になってるからな。

391 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 22:28:11 ID:MiLVeKAX
>>390
ただ、>>389でも書いたけど、万世一系の概念自体、伝統的なものでもないのに、当の皇族(雅子妃)が、それに縛られているのは、おいらから見たら、ちと不思議な気がするんだけど?

392 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 22:42:34 ID:AcD3/y1e
>>389
明治になって、万世一系概念を作り出したとしたら、
江戸時代以前は、養子も公認されていたことになるし、
万世一系で男系という概念も明治になって作った概念だともいえるね?

間違えてバカップルスレッドに書き込みしてしまった。
OTL



393 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/01(金) 22:44:35 ID:+SN7xhi3
>>391
縛られてるのは皇族だけじゃね〜よ。
むしろ侍従たちなどの取り巻きが強い拘りを持ってんだ。

394 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 22:49:48 ID:MiLVeKAX
>>392
>大日本帝国憲法
>第一章 天皇
>第一条
>大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス

>>393
何をどーするのが、最も良い解決法なんだろうか??


395 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 22:58:16 ID:AcD3/y1e
>>394
江戸時代までは、実は天皇家でも、
養子がこっそり認められていたんだよね?

396 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/07/01(金) 22:58:40 ID:VT0qqbxp
正直...天皇家の歴史は長い、しかしして長いゆえに、現代日本人の感覚には
もはや整合性を保つことは不可能なのだ。

397 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 23:00:08 ID:AcD3/y1e
>>396
平安時代では、いったん源氏になった人が、
3年くらいたってからまた皇室に戻って天皇になった事例がある。

398 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 23:02:19 ID:TOf8PwfV
>>393::(○´ー`○)はカワイイ 氏
>むしろ侍従たちなどの取り巻きが強い拘りを持ってんだ。

維新あたりでも、目立つのは三条実朝など公家ばっかし。
薩長が公家と結託して維新になった感じで、明治天皇の顔も良く見えてこない。
明治憲法が天皇大権の立憲君主制でありながら、
天皇機関説通りだったのも、源泉は維新自体にある、と思う。
錦の御旗を得た討幕軍は、幕府軍を圧倒したけど、ここにも象徴性だけが匂う。

>>390 :(○´ー`○)はカワイイ 氏
>戦後皇族は極限まで減らしちゃったから。

男系維持のため、むやみやたらと増やされたんじゃ、かなわない。
象徴天皇制下で国民の敬愛を集める現皇室の維持発展こそが、
第一義的に図られるべきで、それには(いざというときのための)女系容認しかない。

399 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 23:03:23 ID:n10vL+Pf
「万世一系」の概念は明治になって作り出したものではない。

たとえば孝徳紀(676年頃)には
「王者之児、相続御寓、信知、時帝与祖皇名、不可見忘於世。
・・・王者之号、将随日月遠流。
祖子之名、可共天地長往
(天皇の地位は男系の血統によって継承されていくのであるから、時の天皇と天皇の祖先の名とは、後世においても忘れられることがない。
それは自明の理であって、歴代天皇の名や祖皇の子孫の名は、未来永劫にのこっていくのである)。」
との詔が記載されている。

ま、所詮2ちゃんだから
>万世一系の概念自体、伝統的なものでもない
とか
>明治になって、万世一系概念を作り出した
という思い込み?を垂れ流しても構わないのだろうが、思い込みでないのだとすれば「万世一系は伝統的なものではない」「明治になって、万世一系概念を作り出した」という史料を提示するべきだろう。

間違った事を前提として議論しても別に構わないのだろうが、意味のある議論をしたいのであれば前提が間違っていては無理だろう。


400 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 23:04:11 ID:MiLVeKAX
>>395
「血統」としては、何度か断絶しているみたいだね(具体的な天皇の名前は失念、すまそ)。
まあ、その証拠もないし、調べようもない訳だが、大体、今上も皇太子も、「万世一系」=フィクションと考えているとも読んだしなあ…。



401 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 23:05:01 ID:TOf8PwfV
>>399
南系と北系については、ど〜考えるの?

402 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/07/01(金) 23:06:16 ID:VT0qqbxp
>>397
ソリは現代の感覚でも古代の感覚でも×だったのだが、当時の実権を握っていた
人にとっては、都合が良かったってこと。


それこそ、天皇制の真骨頂である。


403 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 23:10:53 ID:TOf8PwfV
>>402:S−RAM氏
>(宮家復活→天皇は)当時の実権を握っていた人にとっては、都合が良かったってこと。

なので、そしたご都合主義に振り回されないためにも、
また傀儡的権威の創出に一助しないためにも、女系容認の方向は正しい。

404 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 23:11:20 ID:MiLVeKAX
>>399
>「万世一系」の概念は明治になって作り出したものではない。

万世一系=男系の血統による継承ではないと思うが?
父→子とゆー男性長子相続、つまり、朱子学的な概念だと言っている。>万世一系

「男系の血統」による継承なら、父→子に限らず、歴史上、兄弟相続、甥→叔父、更には、遥か遠縁でも、おKで、意味合いが違うよ。



405 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/07/01(金) 23:13:52 ID:VT0qqbxp
>>403
オリも賛成!
..くだらね〜旧宮家より雅子たんの子孫そこ日本を変えてゆくだろうさ。

そりゃそでしょ。

406 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/07/01(金) 23:19:38 ID:SkjjrEtl
え...意図が見える「ってか?

407 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 23:23:53 ID:MiLVeKAX
>>405
もう解放してあげれば、良いのではないか?
氏の持論だろう?言論の自由も、皇籍離脱の自由も与えて、自分の人生を自分の意思で選択できるよーにさせてあげれば。

おいらは、帰って来てから、野球・バレー・テニスとスポーツの観過ぎで応援疲れ^^;

もう、寝るよ。
おやすみ〜

408 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 23:24:35 ID:AcD3/y1e
>>400
奈良時代に万世一系という概念があったらしいね?
>>399
さんが、宋主張している。

409 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 23:25:36 ID:AcD3/y1e
>>402
要するに、万世一系などという建前は、
政治家の都合でどうにでもなるわけですね。

410 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/07/01(金) 23:28:28 ID:SkjjrEtl
>>407
雅子たんと愛子たんが本音を、生で言うことには多少の意味がある。
今でも、雅子たんは意味のある行動をなされてはいるが....


いかんせん間接的表現に過ぎない。

411 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 23:33:46 ID:MiLVeKAX
>>408
>>404で書いたけど、似て非なるものだよ。

412 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 23:34:05 ID:TOf8PwfV
>>408
もしかすっと倭の五王あたりから、すでに男系の考えがあったかも知れない。
ただこれは、中国の皇帝が男子だったこと、
当時の倭王が軍隊の直接的な統率者であったことも、かなり影響してることでしょう。

水戸脱藩さんの、卑弥呼の祟りを鎮める男系天皇制という説にも、
なにかしら符合するかも知れない。

413 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/07/01(金) 23:36:20 ID:LUpGjzDn
>>412
和の五王ってのは、中国の歴史書に存在する日本の像の像に過ぎない。

414 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 23:38:18 ID:MiLVeKAX
>>410
>意味のある行動

したくて、されている訳ではないだろう。

嗚呼、もう眠いわw
思考力がないので、寝まつzzz

415 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/01(金) 23:39:16 ID:DGUNfCug
>>394
皇室がなくなるのが一番じゃね?
どうしても続けたいなら皇族離脱の自由を認めるべきだろ〜な。
認めたらみんな皇族やめたいなんて言い出したりしてw

416 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 23:41:12 ID:TOf8PwfV
>>413
しかし、中国に生口(奴隷)を輸出してたり、
認められなかったが百済の支配権を得ようとしてたりしたのだから、
まったく実在の無かった存在というわけじゃ、ないでしょ。

417 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/01(金) 23:45:12 ID:DGUNfCug
>>398
>錦の御旗を得た討幕軍は、幕府軍を圧倒したけど、ここにも象徴性だけが匂う。
明治政府でも親政派と象徴派とがあったみたいだな。
象徴派の代表が伊藤なんだが、香具師は「憲法義解」で最高法規としての憲法を説いたんだが
次世代であえなく瓦解したわな。井上や山県のよ〜な親政寄りの元老がいたせいだ。

>>399
孝徳紀はオレも前スレで引用して説明したんだけどな。
あまり効果がなかったみたいだな。

418 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/07/01(金) 23:46:09 ID:7SozUiya
>>414
君が真のスレの王者になるためには、一度私をコテンパンにノス必要性があるのだろう。
なら、私は君の最も得意とする論点でお相手しようじゃないか。

明日までにその論点を整理して、提起したまえ。
受けてたとうじゃないか。

無論それに君が勝利したとて、いかほどの客観的意味があるかどうかは保障
しかねる、がな。

419 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/01(金) 23:46:33 ID:DGUNfCug
倭の五王は歴史家によってだいぶ事実関係が立証されてるけどな。

420 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/01(金) 23:47:35 ID:TOf8PwfV
>>415 :(○´ー`○)はカワイイ 氏
>皇室がなくなるのが一番じゃね?

国民がそれを許さない状態が現在の日本の姿。
一部の皇室離脱(今上天皇家以外)は許容範囲になってると思われますが、
本家本筋の系統が離脱すること(紀宮)には、民主的制度上のこととはいえ、
天皇家に留まりながらケコーンできれば良かったのに、という声もあった。

421 :朝まで名無しさん:2005/07/01(金) 23:47:42 ID:AcD3/y1e
>>417
元老の山県有朋だったか?
確か、宮中某重大事件とかを起こしたりしたのは?
天皇親政派は、大正時代にずいぶん活躍したみたいだね?


422 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/07/01(金) 23:49:37 ID:7SozUiya
>>419
その当時の中国にとっての超極東の辺境に過ぎない日本の記述が、はてさて
どれほどの真実を含んでいるであろうか...

私にも興味のある題材ではあるが、真実を浮かび上がらせる考古学的証拠が
出るかどうか...

423 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 23:50:12 ID:MiLVeKAX
>>418
もおぉ、スレの王者って何よ?w んなもの、目指していないってw
猪木の異種格闘技路線かよ?

そのエネルギーは、存続賛成派の香具師に向けてくれよww

もう、本当に寝た!

424 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/02(土) 00:21:05 ID:P+kFt1xb
>>423
>もおぉ、スレの王者って何よ?w

う〜む、カマ言葉で締めくくるとは・・・・・おそるべし(?)

常駐度から言っても、アンタは、スレ王、認定ですから〜(w

425 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/02(土) 03:47:33 ID:P+kFt1xb
>>417
>象徴派の代表が伊藤なんだが、香具師は「憲法義解」で最高法規としての憲法を説いたんだが
>次世代であえなく瓦解したわな。井上や山県のよ〜な親政寄りの元老がいたせいだ。

伊藤博文は、明治日本を世界に比肩できる制度にまで高めようとした立て役者、と理解します。
残念ながら、現代の政治家でこのレベルに達している人が居るのだろうか?
とさえ思わされるところ、多々あるように感じてしまいます。

その伊藤の天皇制についての初案が女系容認だったのだから興味深い。
先見の明とは、こいったことを指すのではないでしょうか?

426 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 03:51:00 ID:uJAWIROq
あげましょう!

427 :逝け逝けドンドン:2005/07/02(土) 09:11:12 ID:4P93FCBQ
>>426
あげなくていいぜ(w
S−RAM ◆nXT9l8d5qU、こいつ出てくると、駄スレ化するな(w

428 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/07/02(土) 09:17:32 ID:cJhbcKx4
駄スレ上等でつ!

429 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 09:47:54 ID:+HR/LEiD
>>428
てめぇのスレじゃねぇだろうが?w
存続派も廃止派も、真面目に議論してるんだよ。
てめぇのつまらない書き込みで、駄スレになるなら、もう書くな!
ガンダムに喧嘩売ったりして、てめぇこそ、スレの王者になりたいのかよ?w


430 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/07/02(土) 10:09:45 ID:cJhbcKx4
>>429
スレの王者なんてものは、元々存在しません単なる言葉のテクニックです、
誤解無きよう。

もちろん喧嘩上等ですから、あなたの参戦も希望します。

431 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 10:12:02 ID:6PGkWenX
必要なのかわからない


もう少しイケメンなら…

432 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 10:12:55 ID:R8JRU9kk
>>429
こうして並ばれると奈菜氏って貧弱なんですね。

教えてくれてありがとう。

433 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 10:30:06 ID:zgfgk9eG
>中国や韓国という反日国家
そうさせたのは日本のアジア侮蔑が原因かと。

まあ、日本のこのところの排外主義過熱は
人口減少による衰退の断末魔のあがきでしょう。

好むと好まざるとにかかわらず、
最後は中国とインドの2強対決
ですから(笑)

434 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 11:12:34 ID:8Irtsdz3
>>420
>国民がそれを許さない状態が現在の日本の姿。

国民が(皇室がなくなることを)許さないって、そんな権利が、国民にあるのかな?
>>415でカワイイ氏が言われているが、皇族に、言論の自由・皇籍離脱の自由を与えて、皇族全員が離脱したいと言っても、それすら、認めない訳?

そこまで、天皇や皇族に依存したら、さぞ、向こう様は迷惑だろうなw

435 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 11:22:43 ID:zgfgk9eG
>>434
一般大衆は、単に
「娘がいるんだから継がせればいいじゃん?
 うちも婿養子だよ。婿養子の何がいけないの?」
てな感じじゃない?

多分、今回の件で旧皇族は多分に「強欲な親戚」と見られてるよ。
もうそれだけで失敗だな。

436 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 11:31:43 ID:F2FmljTi
>>433
> まあ、日本のこのところの排外主義過熱は
> 人口減少による衰退の断末魔のあがきでしょう。

全然違いますよ。
排外主義が出てきたのは、中国人・韓国人の犯罪が増えた為です。
ニュース板にいながら何を見ているんでしょうねw

437 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 11:36:15 ID:8Irtsdz3
>>435
そうかもな。
けど、そうやって、庶民も皇室も、お家相続の点では、同じ次元と考えているなら、本当に、皇室の権威なぞないことになるなw
「開かれた皇室路線」の成れの果て的存在?として、国民の目に映っている訳だから、その点も本当に失敗だなw

438 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 11:52:29 ID:IQS6Gzr9
>>433
日本は衰退していくことは、
段々目に見えてくるだろうな?
今は宋でもないけど、
後50年ぐらいしたら、日本は衰退しているよ。
かなり・・・・皇室どころじゃないかもしれないね?

439 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 11:53:02 ID:8Irtsdz3
>>436
日本の排外主義は、中国や韓国の反日教育によってもたらされた靖国参拝問題や教科書問題への内政干渉に対する反発もあるのではないかな?

440 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 11:53:30 ID:IQS6Gzr9
>>436
中国人や韓国人の犯罪が増えたのは同意。
今までの2倍以上もしかしたら10倍以上増えたかもしれない。

441 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 11:56:25 ID:IQS6Gzr9
>>438
一部訂正、
あと50年→あと100年くらいかも?
段々衰退していくので、
長い目で見れば100年間か?


442 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 11:59:44 ID:8Irtsdz3
>>438
現に衰退しつつあると思うけどな。
少子化と超高齢化社会の到来によって、労働人口が著しく減少してきている。

けど、皇室と同じで、日本が衰退していくなら、それも運命だな。
日本は、所詮、それだけの国だったとゆーこと。

おいらは、アメリカにでも、移住しようかなw

443 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 12:21:00 ID:F2FmljTi
>>438
先進国と呼ばれている国は皆、出生率が低下しています。
人口減少は日本だけではありません。

因みに韓国は日本以上に出生率が低いですよ。

444 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 12:23:21 ID:IQS6Gzr9
>>442
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1120235356/

おはよう、↑のソースは、
相手に必要以上に媚びてマンセイすると、
相手からとことん馬鹿にされるという事例です。
めちゃくちゃ哀れです。

天皇万歳派の方たちも、他山の石とするべきでしょう。藁


445 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 12:27:07 ID:F2FmljTi
>>444
現体制に反発しているという点で、廃止派は民主党と行動が一致しているのですがw

446 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 12:31:45 ID:IQS6Gzr9
>>445
でも、民主党は廃止派じゃないから、
違うと思うよ。
廃止派の人の多くが反中国だと思うし、
政府や自民党は土下座外交しているのでは?

447 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 12:35:13 ID:8Irtsdz3
>>446
そうそう、自民党で親中派と呼ばれている古賀や青木は、小泉に、「靖国に参拝するな」と圧力かけているからな。
遺族会の会長なのに、中国の顔色を伺ってばかりだな。 >古賀

てか、まあ、小泉追い落としのための戦略だろうけどな。

448 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 12:36:29 ID:F2FmljTi
>>446
いつの話ですかw
自民党内にいる親中議員は今、冷や飯を食ってますよ。
親中議員の筆頭であった田中真紀子はもとより野中、橋本と自民党から皆追い出されています。

449 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 12:37:14 ID:ayYoLAoB
我が国は、万世一系の天皇陛下が皇祖の神勅を奉じて永遠にこれを統治し給うのです。
これは、我が万古不易の国体です。
そしてこの大義に基づき、一大家族国家として億兆一心聖旨を奉体して、克く忠孝の美徳を発揮する、これが、我が国体の精華とするところです。
この国体は、我が国永遠不変の大本であり、国史を貫いて炳として輝いています。
そしてそれは、国家の発展と共に弥々鞏く、天壌と共に窮るところがないのです。



450 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 12:40:26 ID:IQS6Gzr9
>>448
古賀さんが、人権擁護法案で、
2ちゃんねるを結果的につぶそうとしているのでは?

451 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 12:42:03 ID:F2FmljTi
>>446

> でも、民主党は廃止派じゃないから、
> 違うと思うよ。

一応これにもレスをしておきますか。

民主党の中には元社会党の議員がいるのをお忘れですか?
村山が首相になるまで、社会党は天皇を認めていなかったんですよ。

452 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 12:42:26 ID:IQS6Gzr9
>>447
政局に外国勢力を利用しようという作戦だな?
菅原道真は、藤原氏に追い落とされたけど、
中国との外交を断ったのは、
GJだったのだが?
藤原氏は中国とつながっていたのかね?

453 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 12:43:48 ID:IQS6Gzr9
>>451
ああ、あの阪神大震災のときに、
9時まで寝過ごしてた危機管理のない首相か。
庶民感覚の政治家は駄目なんだよな。

454 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 12:44:41 ID:8Irtsdz3
>>448
野中は、古賀の後ろで糸を引いているだろう?
古賀が、人権擁護法案の推進者であるのも、野中の出自と関係がある。

455 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 12:44:50 ID:IQS6Gzr9
>>449
スマン、現代語訳でおねがいします。

456 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 12:46:35 ID:IQS6Gzr9
>>454
人権擁護法案成立と、
インターネットの書き込みが実名や、
住所氏名年齢などを明記するとなった場合は、
『2ちゃんねる』はつぶれちゃうよね?

457 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 12:47:29 ID:F2FmljTi
>>453
> 庶民感覚の政治家は駄目なんだよな。
彼は庶民感覚なぞ持ち合わせておりません。
単なる理想主義者です。
理想主義者は得てして現実対処能力に劣ります。

458 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 12:54:56 ID:8Irtsdz3
>>456
何気に、日本で今一番プライオリティの高い問題かもね。>人権擁護法案

>>457
理想主義者でも何でもないだろう?
単に、社会党の綱領に縛られて、自衛隊の派遣を遅らせ、被害を拡大した謂わば加害者だよ!

459 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 12:55:56 ID:IQS6Gzr9
>>457
ありがとう、
なるほど、社会党は理想主義者の集まりだったから、
現実の対処能力も外交能力も全く無かった無能な政治家だったわけだな?
日本の不幸は、1989年〜1998年という大事な時代に、
無能な総理大臣しか居なかったことだね。


460 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 13:00:20 ID:8Irtsdz3
てか、大分、スレ違いの話になっているが、ID:F2FmljTiは、天皇制に関してどう考えているか、書き子してちょ。



461 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 13:01:29 ID:IQS6Gzr9
>>458
まったくあのときの政権はひどかったよね?
っていうか、1989年から総理大臣を見てみると、
ろくな人材が居なかった。
伊藤博文クラスの明治政府の立役者クラスのレベルの人が居なかった。
1987年ころからだな。
中曽根→竹下→宇野→海部→宮沢→細川→羽田→村山
                                  ↑
                                 阪神大震災の対応


→橋本→小渕→森→現在の小泉首相         

462 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 13:02:48 ID:IQS6Gzr9
>>460
すまん、大分は、村山元総理の地元だ。
大分スレッドの内容から外れた。
スマン。

463 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 13:18:11 ID:F2FmljTi
>>459

> なるほど、社会党は理想主義者の集まりだったから、
> 現実の対処能力も外交能力も全く無かった無能な政治家だったわけだな?
> 日本の不幸は、1989年〜1998年という大事な時代に、
> 無能な総理大臣しか居なかったことだね。

イエスです。
ただし間違えてはなら無いのは、当時は日本人の殆どが平和ボケしていたという事です。
豊かさの余韻が残る状態で、急に方向転換しようとしてもなかなか出来ないでしょ。
間違いに気付いても軌道修正に10年掛かったという事です。

無理矢理天皇話にもって行きますが、天皇訪中を決めたのは親中派議員です。
天皇訪中がなければ、現在も中国に対して欧米からの経済制裁がなされていたはずです。
結果的に国益を損なったのは親中派議員という事になります。

因みに小渕首相辺りから脱親中路線に転換しました。
沖縄サミットや2千円札からその状況が見て取れます。

464 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 13:19:28 ID:8Irtsdz3
>>462
昨日の話の続きになるが、おいらは、「女系になっても、『国の機関』としてだけなら、血統による権威付けも必要ないから、血統による権威付けを求める香具師は、在野で、男系の『真・天皇』を担げば良い」と書いた。
しかし、tooo氏らは、女系容認派とゆーか、「女系になっても何が何でも象徴天皇制存続賛成」の立場であり、且つ、その根拠として「権力と権威の分離」を挙げている。
「女系」になった場合、権威の源泉を、何に求めるつもりなんだろうか??

465 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 13:26:06 ID:tcEj2tYM
>>463
スレ違い、うざい。
いい加減にしろや、ボケ!

466 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 13:32:03 ID:F2FmljTi
>>465
そんなにすれ違いの話でもないんだがね。

喪われた10年というのは、取りも直さず天皇を蔑ろにした結果と言いたいのだよ。

467 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 13:35:35 ID:8Irtsdz3
>>466
スレタイに沿った書き子をおながいしまつよ^^

468 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 13:38:33 ID:IQS6Gzr9
中国に天皇が行ったのは、
中国マンセイ派に政治が乗っ取られていたからだな?
天皇の政治利用がよくない。
だから天皇制を廃止してアメリカ的共和党派政権を作る。

469 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 13:45:23 ID:F2FmljTi
>>468
> 中国に天皇が行ったのは、
> 中国マンセイ派に政治が乗っ取られていたからだな?
> 天皇の政治利用がよくない。
> だから天皇制を廃止してアメリカ的共和党派政権を作る。

日本が大統領制なら、親中派はもっと露骨な事をしていたよ。
クリントン大統領のようにな。
現在進行形だと盧ムヒョン大統領のように。

470 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 13:48:01 ID:8Irtsdz3
>>468
>>464の続きだが、一応、「天皇の権威」とは、

1)宗教的権威=神道の祭祀者
2)血統的権威=万世一系
3)キングメーカー的権威=国事行為による首相の任命など
4)文化的権威=宮中文化の継承者

「女系」の場合、2)は無くなる。「女系」でなくても、「国の機関」に血統による権威付けは必要はない。
1)4)については、在野の活動でも充分。
残り2)については、>>468の言うように、為政者に利用されることと抱き合わせで、危険。

とゆーことで、天皇の権威は否定され、廃止が妥当〜



471 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 13:50:04 ID:tcEj2tYM
>>469
お前、うざすぎ!
もう書き込みするなや、ボケ!

472 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 13:50:50 ID:F2FmljTi
>>470
天皇には歴史の継承者としての側面もあるのだが。


473 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 13:51:21 ID:zJtGv1yX
>>464
万一女系天皇になったら、権威の低下は免れない。
権威の源泉の一つでもある125代続いたという万世一系が断絶するわけだからな。
国民はそこんとこ知ってて女系容認してるのかね?
大いに疑問だ。


474 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 13:53:59 ID:8Irtsdz3
>>472
>歴史の継承者

具体的にどぞっ!まさか、天皇だけが、歴史を作ったとゆーのではあるまいなw

>>473
しかし、「国の機関」だよ?「国の機関」に、何故、万世一系とゆー血統的権威が必要なのかなあ?

475 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 14:05:34 ID:IQS6Gzr9
もう矛盾が噴出してきているから、無理なんだと思う。
南朝を再興しても、この矛盾を解決するのは難しい。

476 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 14:06:52 ID:F2FmljTi
>>474
日本は有史以来、日本の歴史に関わってきた。これは日本史を習えば自明の事だ。
武家政権にしても、形式的とはいえ征夷大将軍は天皇から任命される。
現在に於いても総理大臣は天皇から承認を得る形式を採っている。

日本人を日本人たらしめているのは、同じ歴史を共有しているが故だ。
そして日本の歴史の節目節目には必ず天皇が出てくる。
これを歴史の継承者と呼ばずになんと呼ぶ?

477 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 14:12:41 ID:8Irtsdz3
>>476
おいらの認識としては、「天皇だけ」が、歴史の継承者ではないと思うとゆーこと。
天皇だけいても、武家政権なり、それを天子様と崇める庶民たちがいなければ、「歴史」足り得なかったとゆーこと。

まあ、百歩譲って「歴史の継承者」だとしても、それが、「国の機関」である理由にはなり得ないと思うが。
歴史は、在野ででも、幾らでも作れるのだからな。

478 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 14:15:21 ID:8Irtsdz3
>>476
>現在に於いても総理大臣は天皇から承認を得る形式を採っている。

総理の任命始め、「国事行為」は、天皇にしかできないとゆー説得力のある理由はあるのかね?


479 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 14:23:06 ID:F2FmljTi
>>477
> 歴史は、在野ででも、幾らでも作れるのだからな。

それは正史と呼ばれないものだよ。
古代に於いて庶民の歴史は殆ど残っていないだろ。時代と共に忘れ去られるものだ。

480 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 14:27:26 ID:8Irtsdz3
>>479
忘れ去られるもの=無かったこととゆー認識かね?@@;
それに、考古学的歴史は、古代以前の歴史として、解明されているが。
更に、伝承とか昔話の類、学問にもに、庶民の歴史は、残っているだろう?

481 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 14:28:38 ID:F2FmljTi
>>478

> 総理の任命始め、「国事行為」は、天皇にしかできないとゆー説得力のある理由はあるのかね?

まさに歴史の継承者と言う理由がそこにあるのだが。
歴史の継承者に認められて初めて、日本の統治者として認められるのだよ。
統治者は日本の歴史を綴る者の一人となるからね。

482 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 14:29:39 ID:8Irtsdz3
和歌でも、詠み人知らずのものは、恐らく、名も無い庶民が詠んだもののはずだが?

483 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 14:32:07 ID:8Irtsdz3
>>481
それこそ、天皇に任命されたから、総理が総理たるなぞとは、庶民は考えていないぞw
国会で、民主的な手続きによって、選ばれたからだ。

第一、天皇以外、例えば、衆参両院の議長が任命したとして、何の不都合があるのかね?
総理が総理でなくなるとでも?w

484 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 14:32:21 ID:F2FmljTi
>>480
それは民俗史という物、正史ではない。

485 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 14:32:43 ID:IQS6Gzr9
天皇だけが居て庶民は暮らしてなかったといいたい人がいるんだな?

486 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 14:34:37 ID:8Irtsdz3
>>484
君が、お上が認めたものでないと認めない親方日の丸まんせーのしとだとゆーことはよく解ったw

487 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 14:36:45 ID:8Irtsdz3
>>485
天皇狂の信者さんらしいw

488 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 14:38:57 ID:F2FmljTi
>>483
戦後だけが日本の歴史ならそれも良いだろうが、日本の歴史とは戦前よりも遙か前から続くものである。
いわゆる歴史の正統性というものが天皇によって付与される。

489 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 14:42:05 ID:F2FmljTi
>>486
まさか正史と民俗史の区別が付いていなかったのかい?

君はちゃんと学校を出ているのかw

490 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 14:46:09 ID:8Irtsdz3
>>488
古代の大王、中世の権門下体制、封建時代の弱体化しつつもキングメーカー(征夷大将軍の任命)、近代以降の絶対君主としての顔のことだな?
けど、このスレに於いては、GHQによって徹底的に形骸化された「象徴天皇制」に於ける天皇の意義について、話しているのだからな。
歴史は否定はしないが、過去の栄光を持ち出されても、説得力は、余りないと思うがw

491 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 14:48:30 ID:8Irtsdz3
>>489
君のよーに正史に非ずんば、歴史に非ずとゆーよーな狭量な考えは、持っていないとゆーことw

492 :??? :2005/07/02(土) 14:51:11 ID:YpHDnsNa

たまにここで頑張れば世の中が変わると無邪気に信じている廃止派が
いるようだな。全く現実とは無関係。(w


493 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 14:52:37 ID:IQS6Gzr9
>>487
天皇さんの信者さんか・・・・
左翼の信者さんとか、
朝○新聞の信者さんと似通った傾向があるような?
社会主義者とか、朝日はインテリだと主張して絶対に譲らないからな?

494 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 14:54:21 ID:F2FmljTi
>>490
君は何も判っていないな。
正統性を受け継ぐという意味を。

495 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 14:55:36 ID:8Irtsdz3
>>492
そこまで、現実検討力が低下したら、ある種の病院に入院しないといけないなw

>>493
天皇制廃止賛成=サヨと決め付けるしねw

496 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 14:56:40 ID:F2FmljTi
>>491
やっぱりなんにも判っていないw


497 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 14:56:56 ID:8Irtsdz3
>>494
じゃあ、その「正統性」とやらの源泉でも提示してもらおうか?
君の脳内では困るよw

498 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 14:59:47 ID:F2FmljTi
>>497
日本人の共有する歴史そのものだよ。

499 :??? :2005/07/02(土) 15:01:10 ID:YpHDnsNa

廃止派の諸君、次はUFOを迎え入れる準備が待っているんだろう?(w
宇宙市民なんだからさあ。(w


500 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 15:04:51 ID:8Irtsdz3
>>498
ハァ(?_?)??
日本人の共有する歴史=天皇の歴史とでも言いたいのか?w

501 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:09:28 ID:F2FmljTi
>>500
イエス。

民俗史は所詮一部地域に根ざしたものでしかない。

502 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 15:12:41 ID:8Irtsdz3
>>501
よーく解ったがw、ここは、現在の「象徴天皇制」を語るスレなのだ。
「象徴天皇制」の意義や是非について語らないなら、君は、日本史板へ逝った方が良いように思うよ。

おいらも、3時の茶しばきの時間なので、ちと落ちるしね。

503 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:14:39 ID:ZQTFM0RJ
>>474
天皇が国事行為を行なうことによって権力の正統性を付与できるのは、
すべて権威があるから。
権威がなくなれば、誰も国事行為が必要だとは思わなくなるんだよ。
国の機関として権威は必須条件。


504 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:16:56 ID:zgfgk9eG
>>503
天皇は必要ない。なぜなら権威などないから。

505 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:17:21 ID:IQS6Gzr9
維持派の皆さんは、自分の意見を言わないね?
ちゃちゃをいれることばかり。

506 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:18:02 ID:F2FmljTi
>>502
やはり君は判っていない。
何故天皇が日本の象徴なのか、何故憲法に規定される存在なのか語らずに、
象徴天皇制について語っても意味がないだろ。

507 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:18:47 ID:zgfgk9eG
>> まあ、日本のこのところの排外主義過熱は
>> 人口減少による衰退の断末魔のあがきでしょう。
>全然違いますよ。
>排外主義が出てきたのは、中国人・韓国人の犯罪が増えた為です。
それこそ全然違いますよ。
まあ、日本が衰退していることを認めたくないでしょうな。
だから衰退するわけですが。

508 :??? :2005/07/02(土) 15:20:10 ID:YpHDnsNa

衰退?自分の周辺のことを語っているの?(w


509 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:22:33 ID:zgfgk9eG
>日本の排外主義は、中国や韓国の反日教育によってもたらされた
>靖国参拝問題や教科書問題への内政干渉に対する反発もある
>のではないかな?

日本人は、なぜ中国や韓国が日本を批判するのか考えたくないようだね。
自分たちは併合やら侵略やらやっておいて、しかもそれが正義だと
いってのける。なぜそんな馬鹿げた態度を認める必要があるのかね?
日本が唯々諾々をアメリカの*ン*コに貫かれて喘いでいるからか?(w

510 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:23:53 ID:zgfgk9eG
>>508
文明こそが毒だったのだ。
贅沢は人を死に至らせる。

511 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:24:43 ID:zgfgk9eG
長期的にみれば人間が絶滅するだろう。
それが人間の運命というものである。

512 :??? :2005/07/02(土) 15:26:57 ID:YpHDnsNa

中国や韓国?国が危ういから日本が攻めて来るという妄想を煽っているんだろう?(w
中国では暴動が頻発、韓国では盧武鉉が北にすり寄り過ぎて支持率急降下状態。(w


513 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 15:27:16 ID:8Irtsdz3
>>503
>>470にも書いたが、具体的にどんな権威?

>>506
少なくともおいらは、憲法に規定される存在になった理由が、君の言う、天皇は日本の歴史そのものとは考えていないからなw

514 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:29:48 ID:IQS6Gzr9
>>495
あんがい廃止賛成派をすぐ左翼と決め付ける人と、
左翼って同じようなものでは?

左翼も一種の宗教だからな。


515 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:31:31 ID:IQS6Gzr9
>>512
スレッドから外れるけど、
中国では反日の機運が、日本を攻めようというぐらいの勢いだよ。
現実に中国の人は日本で犯罪をしている人が多くなっている。

516 :??? :2005/07/02(土) 15:35:01 ID:YpHDnsNa

ここで勝てれば廃止が叶うと本気で信じるのは重症。(w
こりゃあ現実検討力が低下してますわな。(w


517 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:35:28 ID:qnZ3dngW
クソスレは

一度で十分

次スレ不要

518 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:36:06 ID:zgfgk9eG
>>515
>中国では反日の機運が、日本を攻めようというぐらいの勢いだよ。

中国はそもそも膨張志向だから、朝鮮でもベトナムでも攻める。
問題はそのような状況に対して、対中包囲網の対抗を考えず
ただ自国の中でオナニーして喜ぶ日本の耄碌ぶりにある。
日本が真っ先に滅ぶだろう。それが日本の選んだ道だ。

519 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 15:37:45 ID:8Irtsdz3
>>515
しかし、胡錦濤は、反日感情を持つ輩と日本とのビジネスで利潤をあげたいとゆー輩の板挟みらしいな。

520 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:39:01 ID:zgfgk9eG
日本は中国と韓国の高句麗に関する議論で
冷笑しかできないテイタラクぶりを示した。
日本は自国のことしか考えられない三歳児なのだ。
朝鮮全土が中国に征服されれば次は日本だ
ということすら考えられない、いや怖くて
考えたくないのだ。これでは滅びる

521 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 15:40:27 ID:8Irtsdz3
>>517
クソ川柳

スレが変われど

進歩せず

…ww

522 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:41:50 ID:zgfgk9eG
>>519
中国では政府も国民も、かつての日本と同じ膨張主義で
沸きかえっている。いまならアジアを世界を征服できると
心の底から確信している。

もちろん、彼らの目論見は失敗するだろう。
しかしそれを止めるのは日本でも他のアジアの国でもない
アジアの絶滅の後、ヨーロッパやアメリカが食い止めるのである。

523 :??? :2005/07/02(土) 15:41:59 ID:YpHDnsNa

そろそろ高句麗のことで中国と韓国に煽りを入れようぜ。中国には、
中国のもの、韓国には、韓国のものと裏でささやいてさあ。(w

もちろん腹の中では共倒れを図った後日本のものにするんだが・・・。
(w


524 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 15:44:34 ID:8Irtsdz3
>>520
しかし、日本を征服して、何のメリットがあるのかな?資源の全く無い国だよ。
膨張した人口の受け入れ先確保ってところ?

525 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:45:10 ID:zgfgk9eG
>>523
そんな力は日本にはない。
己の弱体を見よ。

526 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:46:33 ID:zgfgk9eG
>日本を征服して、何のメリットがあるのかな?
日本を残しておいて、何のメリットがあるのかな?

ナチスのユダヤ人の「処分」と同じ。
いなくなることに最大のメリットがある。

527 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:47:23 ID:F2FmljTi
>>513

> 少なくともおいらは、憲法に規定される存在になった理由が、君の言う、天皇は日本の歴史そのものとは考えていないからなw

君がどう考えようとそれはどうでも良い事。
必要なのは、天皇が日本の歴史に関わってきたという事実。

528 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:48:27 ID:zgfgk9eG
>>523
そもそも高句麗は漢民族でも韓民族でもない。
念のためにいっておけば、もちろん倭人でもない(w

529 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:49:32 ID:zgfgk9eG
>君がどう考えようとそれはどうでも良い事。
F2FmljTiがどう考えようとそれこそどうでもよい事。

530 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 15:51:03 ID:F2FmljTi
鸚鵡返ししかできなくなったかw

531 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 15:52:25 ID:8Irtsdz3
>>526
円借款などの経済的援助もあるし、ビジネスによる利潤もあると思うけどなあ。
漢民族が、大和民族より優れているとゆー優生思想でもあるの??

532 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/07/02(土) 15:53:29 ID:8JFVx78U
満州(旧高句麗)は、日本固有の領土です。

満州族の皇帝の末裔が日本にいます。

533 :??? :2005/07/02(土) 15:56:39 ID:YpHDnsNa

倭人のものでない?偏狭な奴だな。お前らがいつも言っているように
アジアはアジア人のものなんだろう?(w


534 :皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s :2005/07/02(土) 15:57:04 ID:8JFVx78U
>>528
韓民族?

なんだおまえ在日チョンか。
『チャングムの誓い』毎週観てるぞ。

535 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:01:41 ID:F2FmljTi
>>531
> 円借款などの経済的援助もあるし、ビジネスによる利潤もあると思うけどなあ。

その援助がちゃんと返済されればな。
中国はそろそろ返済出来なくなってくる。
見た目は華やかだが、内情はぼろぼろだぞ

536 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:11:36 ID:tcEj2tYM
マッカーサーが占領政策や共産化に対する防波堤のために、
天皇家を残さず、戦争責任を問うて、天皇制をなくしていたら、
今の中国や韓国の反日感情もなかったはずだ。

537 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:12:00 ID:ZQTFM0RJ
>>504
天皇に権威がなくなれば、その瞬間に天皇制は終わる。
まったく権力のない天皇制が存続していることが、イコール権威があるということなんだよ。

まず、客観的にありのままに、天皇の権威を認めろよ。
廃止派は、天皇の権威も世論調査の数字も正視できないのか?
まあ、そんなヤワな理性だから廃止派をやってるんだろうがw


538 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:14:41 ID:F2FmljTi
>>536
えーとそれは、日本が共産主義国となってた方が良かったという事かな?

539 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 16:19:31 ID:8Irtsdz3
>>537
さっきから訊いているが、権威、権威ってうましかのひとつ覚えみたいに言われても困るw
下に挙げる権威の内、どれがおまいのゆー権威?そして、それは、「国の機関」としての天皇制に必要なものなのか?

>470 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 13:48:01 ID:8Irtsdz3
>>468
>>464の続きだが、一応、「天皇の権威」とは、

>1)宗教的権威=神道の祭祀者
>2)血統的権威=万世一系
>3)キングメーカー的権威=国事行為による首相の任命など
>4)文化的権威=宮中文化の継承者

>「女系」の場合、2)は無くなる。「女系」でなくても、「国の機関」に血統による権威付けは
>必要はない。
>1)4)については、在野の活動でも充分。
>残り3)については、>>468の言うように、為政者に利用されることと抱き合わせで、危険。

>とゆーことで、天皇の権威は否定され、廃止が妥当〜


540 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:20:05 ID:zgfgk9eG
>廃止派は、天皇の権威も世論調査の数字も正視できないのか?

天皇が世論に媚びたら終りだな(嘲笑

541 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:23:12 ID:F2FmljTi
>>539
>>472にループ


542 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:24:20 ID:zgfgk9eG
>>541
F2FmljTiは狂ってるな

543 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:28:30 ID:tcEj2tYM
>>542
胴衣。以降スルーがよろし。

544 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:29:50 ID:qnZ3dngW
スレぬしの

語る歴史は

イメージのこと

545 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:30:01 ID:Xpi41vu1
女帝もありになるとか・・・


546 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:30:01 ID:ZQTFM0RJ
>>539
トータルとしての権威によって、天皇の国事行為が力を持っているので、
その権威の源泉を分類してみても意味はないだろ。

ただ女系天皇になれば、権威の低下は免れず、
天皇制廃止への第一歩になるのは間違いない。


547 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:30:04 ID:F2FmljTi
廃止派の悪い癖だな。
都合が悪くなるとすぐ逃げるw

548 :??? :2005/07/02(土) 16:33:24 ID:YpHDnsNa

まあ、大陸や半島が文化の中心だと考えている連中たちは、島国の文化の
輝きがまぶしすぎて嫉妬に燃えて許し難いと考えているなら、そう素直に
言えばいいんだが・・・。(w

余計な理屈を付けてくるからかえって事態を複雑にしている。自分で約束
して自分でキャンセルって全く子供。どこかの副首相。(w



549 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:33:48 ID:zgfgk9eG
>>546
いや実は権威がないので分析されると困るだけだろ。
存続派はどいつもこいつも発狂していて困る。

550 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:35:08 ID:zgfgk9eG
>>548
自国が常に一番だと考える自己愛性人格障害者か(w

551 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 16:36:41 ID:8Irtsdz3
>>546
権威の分類したのは、「国の機関」として、どの権威が本当に必要と考えているか?を訊きたかったからだが、おまいの考えだと、血統による権威が第一みたいだな。
しかし、単なる「国の機関」に、何故、血統による権威付けが必要なのだ?

552 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:36:55 ID:ZQTFM0RJ
>>549

>>537読め。
権威がないのなら、ただのオッサンとして遇されるだけ。
そんなシーン見たことあるのか?
権威という言葉の意味が分かっていないんだろうなw


553 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:40:35 ID:F2FmljTi
>>543

君は、早く>>538でした俺の質問に答えてくれ。

554 :??? :2005/07/02(土) 16:41:54 ID:YpHDnsNa

やはり廃止論の根底には嫉妬があるようだな。俺の豪勢な生活の方が
大事だと考えるような極めて私的な感情の発露。公の考えが乏しい。
国宝さえも金に換えろと売ってしまうような勢いだな。(w


555 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:43:14 ID:ZQTFM0RJ
>>551
そもそも、必要不必要の問題じゃないんだよ。

天皇に絶大な権威があり、千年以上ものあいだ、時の権力者の正統性を保証してきた。
それが今でも極めて有用だから、国事行為を行なっていただいてるわけだ。


556 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:44:49 ID:tcEj2tYM
>>538
原爆投下が直接の終戦の理由であったこと、
GHQが占領に来たことから、
天皇制を廃止しても、
共産化することは、まずなかった。

納得したか、キティ君w

557 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 16:45:34 ID:zgfgk9eG
>>554
やはり誇大妄想があるようだな。

558 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 16:48:06 ID:8Irtsdz3
>>555
>>551の問いに対する答えになっていないがw
それに、「絶大な権威」って、いつの時代の話だ?ww

559 :??? :2005/07/02(土) 16:49:59 ID:YpHDnsNa

輝かしいまぶしい帝国と暗いうつろな共産国。この対比はすばらしく現実。
嫉妬に燃えるわけだよ。(w



560 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 17:00:38 ID:ZQTFM0RJ
>>558
やはり廃止派は、事実を直視できないようだなw

天皇には権威がある。日本は言うに及ばず、世界的に見てもほとんど最高だろう。
これは紛れもない事実だ。

国事行為を行なうには権威がいる。
仮にどこの馬の骨が行なったとしても、ありがたみがないだろ。
その権威の源泉は、国事行為を行なう際にはどうでもよい。

561 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 17:04:47 ID:8Irtsdz3
>>560
おまいのよーなおぼこい香具師の相手をしていたら、スレが幾らあっても足りんw
先ず、過去スレ嫁。天皇の権威についても、書いてあるから。話はそれからだなw

562 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 17:05:39 ID:F2FmljTi
>>558
ついこの間も天皇のサイパン訪問で、在サイパン韓国人に見せつけてやったんだがな。
当初韓国人は、反対運動をやろうとしたんだが、他のサイパン住民達に韓国製品をボイコットすると
言われて、すごすご引き下がったよ。

天皇は何もせずとも韓国人を従わせた訳だ。
自分では力を用いず、相手を従わせる。これが権威というものだ。

563 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 17:10:42 ID:ZQTFM0RJ
>>561
おいおい、反論できずに逃亡かよw
事実を直視できない、典型的な廃止派の行動パターンだな。



564 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 17:11:17 ID:8Irtsdz3
>>560
世論調査などでも、「今の皇室に親しみを感じる」とゆー意見が多いんだぞ。「親近感」などとゆーものは、「権威」の対極に位置するものだろう。
まあ、おいらの過去の意見を再掲しておくよ。

>794 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/06/07(火) 20:37:21 ID:vhxVsDOh

>おいらの「違和感=離人感(=天皇の存在・国事行為の意義が極めて不明瞭)」は、
>天皇にカリスマ性を感じないとゆーことに由来していると思う。
>ひとつは、GHQによって徹底的に形骸化された存在とゆーこと。
>更には、以前から書いているが、おいらは、権威が権威たる為には
>(=カリスマ性を持つ為には)「神秘性」が必要と考えているが、
>「開かれた皇室」路線で、皇室が俗化して逝き、それにトドメを刺したのが、
>次期天皇たる皇太子の「人格否定発言」であったと思う。

>昔のように、御簾の向こうにいて、殆ど他者の視線に曝されない存在であったなら、
>権威を感じていたかも知れないが。
>今の皇室が、女性週刊誌やワイドショーのネタになっていることからも、
>その権威のレベルは明らかではないか?



565 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 17:14:55 ID:8Irtsdz3
>>562
>自分では力を用いず、相手を従わせる。これが権威というものだ。

そーゆー力によって、前の戦争は遂行された訳だ。
おまいも、天皇が歴史そのものとゆーなら、前の戦争の戦争責任についての総括でもしてみれ!

誰のために、何の罪も無い民間人が、命を落としたのだ!?




566 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 17:16:45 ID:F2FmljTi
>>565
おや? やっと天皇の権威を認めたかいw

567 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 17:18:57 ID:8Irtsdz3
>>566
アフォw
大日本帝国憲法下での天皇の話だろww

568 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 17:20:20 ID:F2FmljTi
>>567
サイパンの話はついこの間の話なんだがねw

569 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 17:25:33 ID:8Irtsdz3
>>568
誤魔化さずに、昭和天皇の戦争責任について、総括しる!

570 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 17:28:58 ID:8Irtsdz3
おいらは、夕飯の買出しに逝くので落ちる。逃げずに総括しておけよ>>568

571 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 17:29:01 ID:F2FmljTi
>>569
誤魔化しているのは君の方だろうw

君が権威について語ったから、俺は天皇に権威がある事を説明したんだよ。

戦争の話にすり替えるなよw

572 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 17:31:52 ID:8Irtsdz3
>>571
余程、イタタな所なんだなw>昭和天皇の戦争責任
おまいが、日本の歴史は、天皇の歴史そのものだとゆーから、ならば、前の戦争とゆー歴史上の大事件についての総括を聞かせてもらいたかったんだが?w
無理なら良いよwww

573 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 17:39:49 ID:F2FmljTi
>>572
全く君は面白いなw
詭弁の法則に見事に当てはまっている。

> 6:一見関係ありそうで関係ない話を始める

議論で負けそうになったからってすり替えるなよw

574 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 17:44:56 ID:tcEj2tYM
>>573
オマエモナーW

575 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 17:53:51 ID:F2FmljTi
>>574のID:tcEj2tYMよ
煽るのも良いが

君が言った

>>536
> マッカーサーが占領政策や共産化に対する防波堤のために、
> 天皇家を残さず、戦争責任を問うて、天皇制をなくしていたら、
> 今の中国や韓国の反日感情もなかったはずだ。

に対して俺が

>>538
> えーとそれは、日本が共産主義国となってた方が良かったという事かな?

と質問した事に逃げずに答えてくれ。

576 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 18:13:52 ID:tcEj2tYM
>>575
>>556に書いたが?

577 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 18:24:55 ID:m0qI7sRr
マッカーサーはもちろん、戦勝国とは言え、連合国側にも天皇制を廃止する法的権限なんかなかった。
理由1
マッカーサーは、日本統治に関して、無制限に権限を認められていた訳ではなく(シビリアン・コントロールが存在する米国の軍人だから当然)、その権限の範囲については明確な規定があり、天皇制の存続廃止についてはその権限の外だった。
理由2 
ポツダム宣言は日本と米英中ソ間の国際間の取決めである。
そのポ宣言の受諾に際し、日本側は「国体護持」の条件を付け、これに対し、連合国側は「日本国の最終的の政治形態はポツダム宣言に遵い、日本国国民の自由に表明する意思により決定されるべきものとす」と回答した。
つまり、連合国側は天皇制の存廃は国民の判断に委ねると日本に約束したのである。だから日本はポ宣言を受諾したのだ。
連合国側が国際間の取決めを遵守するならば、連合国側に天皇制を廃止する権限はなかったのである。

そして女性にも選挙権を認めた普通選挙、つまり国民の自由な意思に基いて選ばれた国民の代表によって天皇制を存続する形で憲法は改正されたのである。
天皇制の存続を決めたのはマッカーサーではなく、当時の日本国民の意思だった。

なお、昭和天皇の戦争責任と天皇制の存廃は必ずしも関係があるとは言えないのは自明である。
何故ならば、昭和天皇を訴追する権限は連合国側にあったと解釈できるが、連合国側が昭和天皇を訴追しても天皇制は存続した可能性はあったし、
逆に連合国側は訴追を見送っても、日本国民の意思で天皇制を廃止したかもしれないのだから。

578 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 18:26:31 ID:F2FmljTi
>>576
答えになっていないが?

共産主義と原爆が繋がらないぞ。

579 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 18:42:12 ID:ayYoLAoB
だいたい原爆よりソ連の参戦の方が終戦の理由としては重いんだけどな。
ポツダム宣言が出る前から日本は中立国であるソ連を通して終戦工作を開始していたのに、そのソ連が中立条約を無視して参戦したから終戦工作が破綻してポツダム宣言の受諾の可否について検討を始めたんだよ。
ポツダム宣言を受諾するべきか否かを御前会議にはかったのが広島に原爆が投下された8月6日ではなく、3日後のソ連から宣戦布告を受けた8月9日である事にもっと注目するべきだね。

580 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 18:45:21 ID:eFNwm8Ea
結局、ダメだったのは、何も考えてなくて「天皇陛下万歳」
とか言って、戦争して自己満足にひたっとった国民じゃないかな?
まっ今でも言えとるけど、、、。

581 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 18:47:34 ID:F2FmljTi
因みにGHQで米国から派遣されてきた職員の中には、後にレッドパージされる人間が多く含まれていた訳だが。

582 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 18:56:53 ID:8Irtsdz3
>>580
「天皇陛下万歳」と言わなかったり、天皇を批判した当時の国民は、どーゆー処遇を受けていたんだ?

583 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 19:09:51 ID:F2FmljTi
>>582
当時天皇を批判していたのは共産主義者だけですが。

584 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 19:27:30 ID:8Irtsdz3
>>583
だ・か・ら、批判した人たちはどーゆー処遇を受けたのか?と訊いているが?w
後、不敬罪などとゆー法律があれば、当然、批判は処罰の対象だから、したくても出来なかった罠。

585 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 19:30:05 ID:F2FmljTi
>>584
共産主義者でなければ口頭で注意されるぐらいですが。

586 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 19:30:52 ID:8Irtsdz3
それよっか、ID:F2FmljTiは、昭和天皇の戦争責任について、どー考えているのか、マジで聞かせてくれ。
おまい曰く

>自分では力を用いず、相手を従わせる。これが権威というものだ。

こんな力を持っていた天皇に、全く責任がなかったとは、とても思えないが?

天皇=利用された存在=被害者のよーな、馬鹿げたスキームは勘弁な。


587 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 19:33:03 ID:F2FmljTi
>>586
責任も何も戦後に生まれた我々に、昭和天皇の責任を問う資格はありません。

588 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 19:33:37 ID:8Irtsdz3
>>585
そうか、大した処罰もないのに、「天皇陛下まんせー」していたとは、余程、今の何処かの国のよーな洗脳教育を国民は、受けていたのだな?

589 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 19:35:38 ID:8Irtsdz3
>>587
それはおかしいなw
おまいの言い分だと、日本の歴史=天皇の歴史なのだから、「責任を問う」とゆー形でなくとも、おまいの「歴史認識」を聞かせてもらえば充分なのだが?

590 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 19:39:15 ID:F2FmljTi
>>588
その論法を以てすると、共産主義者は洗脳されていなかったという事になりますが。

591 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 19:40:40 ID:8Irtsdz3
>>590
かもな。但し、極々マイノリティだったはずだ。>共産主義者

592 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 19:49:02 ID:+Oa79Qo/
日本で共産主義者とキリスト教は弾圧して大正解だったというのが
正しい歴史認識。

サヨ教師はなんて言っているかしらんがな。








593 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 19:53:44 ID:F2FmljTi
>>589
何人にも責任を問う事は出来ませんね。
当時の状況を鑑みた上で、もし天皇が無理矢理戦争を止めようとすれば、
内戦が勃発していた可能性が高いです。
急進派は先帝陛下を殺し別の天皇を立てていた事でしょう。
そうなるともう天皇のコントロールは効かなくなります。日本の戦後は
更に悲惨なことになっていたことでしょう。
開戦は苦渋の決断だったと推察致します。
よって道義的責任は問えないと考えます。

594 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 19:56:53 ID:F2FmljTi
>>591
> かもな。但し、極々マイノリティだったはずだ。>共産主義者
当然です。当時も危険思想として認識されていましたから、殆ど潰しておりました。

595 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 19:57:31 ID:+Oa79Qo/

だいたい臣民の分際で皇帝(天皇)に責任求めるってのは
どういう思考パターンなんだ?
日本人ならありあえないがな。

極東3馬鹿はどうかしらんけど。

596 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 19:58:30 ID:8Irtsdz3
>>593
おまい曰く

>自分では力を用いず、相手を従わせる。これが権威というものだ。

こんな力を以ってしても、急進派とやらを服従させることはできなかったとゆーことなのか?
では、大した力ではないことになるなw


597 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 20:09:06 ID:8Irtsdz3
もう良いよ。スレタイとは、かなり離れた話になっている。スレの無駄遣いだなw

今後は、象徴天皇制の是非について、世継ぎ問題も含めて書き子して栗。>ID:F2FmljTi


598 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 20:10:48 ID:F2FmljTi
>>596
寧ろ権威があったから、急進派にとって自我を持つ天皇は邪魔になる。
当時幼少だった今上天皇が帝位を継いでいたら、元々権力のない天皇は利用
されるだけの存在になってしまう。

いかな天皇といえど、時代の激流までは止められないのだよ。

599 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 20:14:46 ID:8Irtsdz3
>>598
>権威があったから、急進派にとって自我を持つ天皇は邪魔になる。

それなら、この言葉は、今の時代にもそのまま援用することができるはずだが?
そう、自我と言葉を持つ「象徴」だから、何かと問題になるのだな。権威は知らないがw

600 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 20:17:36 ID:F2FmljTi
>>599
ある程度自我があった方が良いんだよ。
教典や憲法のように解釈だけではどうにもならないからな。

601 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 20:20:33 ID:8Irtsdz3
>>598
>いかな天皇といえど、時代の激流までは止められないのだよ。

今も有識者会議に対して、少なくとも、公に発言はできないな。




602 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 20:24:00 ID:F2FmljTi
>>601
そして有識者会議でも廃止に関しては議題にすら上らない。
それが時代の判断さw

603 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 20:24:48 ID:8Irtsdz3
>>600
「自我」が無ければ、それは、心の病だろうw
寧ろ、所謂帝王学を学ぶことで、その自我をコントロールする術を身に付けることを要求されているのが天皇とゆー存在だろう。
「公の前に私なし」と言われるようにな。

時に、おまい、晩飯喰ったのか?w 昼から、ず〜っと張り付いているみたいだが?
おいらは、自分で作って、喰いながら、書き子しているが。低血糖になるぞw

604 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 20:26:45 ID:8Irtsdz3
>>602
まあ、先行き不透明だし、今後の展開によっては、会議の前提である「存廃も含めた」議論になるかも知れないな。

605 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 20:27:19 ID:eFNwm8Ea
>>580 TO GUNDAM
横浜事件知らない? 
文人が(当時は共産主義者扱いされるんだろうね。)拷問うけて殺されてるよ。
http://members.at.infoseek.co.jp./yoko_hama/oldtop.html
2chなんて絶対できないYo!
坂口安吾の「堕落論」おもしろいYON!!

606 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 20:37:06 ID:F2FmljTi
>>604

ないないw

>>605
文人に共産主義者が多かったのは事実だから。
ゾルゲ事件を引き起こしたりしたのは、朝日新聞の記者だったしね。

607 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 20:38:52 ID:8Irtsdz3
>>606
ん?天皇には、自我がないのか?w

608 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 20:40:22 ID:8Irtsdz3
>>606
あ、間違えたw
で、おまいは、皇位継承については、どー考えているの?

609 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 20:43:54 ID:F2FmljTi
>>607
廃止が議題に上がるは有り得ないと言ってるんだよw

皇統を継続する為の実現性のある提案が既に上がっているからね。

610 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 20:47:48 ID:8Irtsdz3
>>609
男系維持派と女系容認派の妥協点は、未だ、見出せておらず、会議としてのコンセンサスは、得られていないのが実情だろうw

611 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 20:48:02 ID:eFNwm8Ea
共産主義者だからなにやってもいいって
シコウ停止するとこわいよね。
当時とて理想もってたひとじゃないの?
ここにいる廃止派は、全員、共産主義者で、転向する
マデ、殴られるか、殺されると?

612 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 20:50:21 ID:F2FmljTi
>>608
基本的にはなるようになる。

おそらく旧宮家の皇籍復帰はあると思う。
ただし愛子内親王殿下が帝位につく事は考えられるが、女系に移る事はないだろう。

613 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 20:53:39 ID:8Irtsdz3
>>612
世論は、「女系容認」のようだが、それは、どー考えるのだ?
おまい自身は、女系には反対なのか?

614 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 20:54:40 ID:zgfgk9eG
旧皇族の復帰はないだろうな。
これで天ヲタは一気に意気阻喪。

615 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 20:55:22 ID:F2FmljTi
>>611
国家転覆を目指すものに、理想も糞もないだろ。


616 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 20:57:39 ID:zgfgk9eG
実際は、マコカコアイコの三内親王が
そろいもそろって平民と結婚。
旧皇族は完全に忘れ去られる。

617 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 20:58:46 ID:eFNwm8Ea
>>615
だまされるな!とだけ言っとく。

618 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 20:58:48 ID:F2FmljTi
>>613
俺なら、女系容認したふりをしつつ旧宮家を復帰させて男系を維持するね。
いわゆる玉虫色の解決策というやつだw

619 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 21:00:39 ID:zgfgk9eG
>>618
女系容認なら、旧宮家の復活はないね。
結婚すれば考えるといいつつ、実際はふる。
これが日本のやりかた。旧皇族はおとなしく滅びろ

620 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 21:01:48 ID:F2FmljTi
>>617
ソ連崩壊でスターリンが、日本の共産主義者に対して檄文を送ってた話を知らないかい?

621 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 21:02:21 ID:8Irtsdz3
>>616
「国の機関」としてだけなら、血統による権威付けはいらないから、そこら辺のヤンキーの兄ちゃんが婿になっても良いなw

>>618
何故に、男系に拘るのだ?「国の機関」に血統による権威付けは不要!!

622 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 21:03:57 ID:zgfgk9eG
>>621
>何故に、男系に拘るのだ?

竹田君なんじゃない?
自分が天皇になれるかもって
舞い上がってるのかも(バカだねー)

623 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 21:08:03 ID:F2FmljTi
>>621
その方が皇統を継続させるには都合が良いから。

また、中東などでは女性蔑視の風潮が未だに強いからね。

624 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 21:09:02 ID:8Irtsdz3
>>622
おいらなら、謹んでご辞退致すなw 不自由な生活は、お断りだわww

625 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 21:12:11 ID:8Irtsdz3
さて、おいらは、バレーの応援するわw

626 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 21:13:48 ID:F2FmljTi
>>624
心配しなくても大丈夫だよ。
誰も君になんかに頼まないから。
君には人の上に立てるだけの資質は無いしねw

627 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 21:24:24 ID:8Irtsdz3
>>626
天皇たる資質とは、リーダーシップを発揮できることではないと思うよ。
如何に自我を殺せるかとゆーことだと思うな。おいらは、自我は殺せないからなw



628 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 21:35:24 ID:eFNwm8Ea
>>620
知らないけど、崩壊時スターリン死んでるでしょう?

629 :皇族無罪:2005/07/02(土) 21:50:30 ID:3YEstgME
さて、国連加盟国の中で大半の159カ国が共和制。
社会主義・共産主義を目指す国家はその内何カ国?

天皇制廃止=共産主義ではないし、ブルジョア民主主義の観点からも
(アメリカ、フランス、ドイツその他多数のように)君主制を必要としない
情勢が生まれることも歴史的には頻繁に見られる事象である。

>>628
いやスターリン存命中の各国労働者党・共産党に対する指導が
ソ連崩壊により機密解除されて明らかになったということだろう。
だから何?という話ではあるが。

630 :皇族無罪:2005/07/02(土) 22:09:15 ID:3YEstgME
それから、ソ連=共産主義と思っている香具師が多いが
あれは共産主義の道を踏み外したがゆえに人民抑圧体制となり
崩壊したのである。北朝鮮も前者と同じ。両国のシステム=共産主義でないことは、
少しでも文献を読めば分かること。もちろんソ連も北朝鮮も歴史的経緯としての
発足自体は全面的に否定は出来ぬ。
その変質の過程に両国の歴史的痴愚が現われている。

なぜならば例えばロシア革命とて突然勃発したのではなく、約1世紀にも渡る
非ボルシェビキ(もちろんブルジョア革命集団や青年将校の運動も含めて)
による長い死と隣り合わせの闘争の果てにレーニン率いるボルシェビキが労働者・兵士の支持を
最終的に勝ち得て成立した物であるからだ。


631 :??? :2005/07/02(土) 22:16:56 ID:YpHDnsNa

なるほど今でも武力による議会の簒奪を正当だと訴えている共産主義者が
いるという訳か。こりゃあ何度やっても共産主義と名の付くものはことご
とくダメになるわけですなあ。(w

出て来て失敗するたびにあれは真の共産主義ではなかった認定という賽の
河原状態。いつまでもいつまでも・・・。真の共産主義は必ず存在すると
信じて・・・。(w


632 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 22:19:05 ID:QuJjptXI
バビル二世替え歌

嘘の嵐を配信する
築地の塔に住んでいる
売国集団 朝日しーんぶん

日本の平和を壊すため三つのしもべに命令だ!

電波文化人、的外せー
プロ市民は抗議行けー
総連変身!自演しろー

将軍様に守られた
極左の記者がすんでいる 
反日集団朝日しーんぶん

メディアを電波に変えるため三つのしもべに命令だ!

田原は斜め上をいけー
筑紫は支那に尻尾ふれー
古館台本通り言えー

日本の国体崩すため
アカであること偽装する
捏造の集団 朝日しーんぶん

記事の論点替えるためー三つのしもべに命令だ!

社民共産、嘘を言えー 
日教組は自虐言えー
工作員はネットに書けー

633 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 22:21:38 ID:QuJjptXI
| 憲法九条憲法九条憲法九条憲法九条憲法九条
| 憲法九条憲法九条憲法九条憲法九条憲法九条
| 憲法九条憲法九条憲法九条憲法九条憲法九条
\憲法九条憲法九条憲法九条憲法九条憲法九条
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          _
         /:::::::\    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         (@∀@-)  <ひたすら憲法九条と唱えるだけで平和になります!
     O--⊂ × )   \___________
    (∴) 彡(,,,(,,,(ξ⊃

634 :皇族無罪:2005/07/02(土) 22:24:02 ID:3YEstgME
>なるほど今でも武力による議会の簒奪を正当だと訴えている共産主義者が
>いるという訳か。

いるんじゃないのか?普通に。しかし暴力革命だけが革命の道ではないことは
マルエンやゲバラ等もすでに言及している。

後段は当然だ。常に向上心を持つことは基本的にはいいことだ。
いつまでも天皇制護持を掲げる者の方が進歩がない。
もはや、現在の日本に天皇は必要ではない。

お前は上でも茶々いれに終始ているし、知性も足りないようなので、
これでオサラバだ。以後完全スルーとする。じゃあな。

635 :皇族無罪:2005/07/02(土) 22:28:01 ID:3YEstgME
訂正
>武力による議会の簒奪

こんな香具師は一人もいない。ブルジョアに実質的に支配されている
議会制を認めないという者はいるだろうだがな。暴力革命以下は上記と同じ。

636 :皇族無罪:2005/07/02(土) 22:36:03 ID:3YEstgME
しかし、資本主義諸国とて多種多様なのに、
共産主義を目指す政治のあり方には常にステレオタイプの
一つの型に絞って文句を言う香具師はどういう奴なのか?
別に社会主義を目指すあり方も多種多様でよかろうにw

637 :??? :2005/07/02(土) 22:38:34 ID:YpHDnsNa

完全スルーだそうだから心おきなく書くことができる。共産主義を
いまだに信じている奴は進歩がない。議席も少数、支持者は高齢化、
わずかに昔のよしみで集まるだけ。もはや歴史の藻くずと化す。(w

それに比べて皇室は話題が豊富、扱われる記事も圧倒的、敬愛する
国民はとどまるところを知らず、知識層の多くが護持のために心を
砕き、伝統・文化に圧倒的な重みが感じられる。

廃止論はもはや蟷螂の斧であり、賽の河原のような全くの無駄であ
り、そのためのスレの消費は地球資源の無駄である。(w


638 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 22:51:15 ID:QuJjptXI
↓こんな国にとやかく言われる筋合いはサラサラ無いんだがなぁ

☆中越戦争 ・・・中国とベトナムの間で1979年に行われた戦争
1979年2月17日、中国共産党政府は雲南と広西から20万人の中国人民解放軍をベトナムに侵攻させた。
中国人民解放軍は、ベトナム領内の占領都市を徹底的に爆破したのち3月6日から撤退を始め3月16日撤退を完了した。
この戦争で、両軍とも戦死者約2万。ベトナム一般市民約1万人が犠牲になった。

この戦争でベトナム外相が江沢民に「中越戦争の謝罪」を要請したが、
「もっと未来志向にならなくてはならない」と江沢民は謝罪を拒否。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%B6%8A%E6%88%A6%E4%BA%89

639 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 22:55:01 ID:QuJjptXI
つかもうぜ 朝日新聞
世界で一等電波な新聞
追いかけろ 朝日新聞
世界で一等愉快な新聞
日本は中韓の属国さ
そうさ 今こそ土下座ツアー

朝鮮賛美の記事がぎっしり
文革礼賛の虚偽がどっさり
社説のどこかで煽ってる
反日集会に行こうぜBOY
沖縄珊瑚をぶっ壊し
赤のシンパで今日も書くのさ

Let's try try try 摩訶不思議
俺は正しくてお前右翼
Let's fly fly fly 大革命
軍靴の音が聞こえるぜ

潰そうぜ 靖国参拝
世界で一等右翼の神社
告げようぜ 右翼の教科書
世界で一等イカレタ歴史
声欄は電波の楽園さ
そうさ 今こそ自作自演

640 :皇族無罪:2005/07/02(土) 23:02:19 ID:3YEstgME
>>638
まあ、何が言いたいのかはっきりせんが、日中戦争と中越戦争では
歴史的重大性が比較にならないのは置いといて、
中国は謝罪と賠償をベトナムにすべき(ry
中国もそうしてこそ靖国問題や天皇制問題に
時間軸に前後があるにせよ、完全かつ正統にコミットできる資格が得られるだろうな。
つーか中国が何と言おうが関係ない。決めるのは我が国の国民だ。

と同時に我々日本人が中国人民に惨禍をもたらした事も忘れるべきではない。


641 :皇族無罪:2005/07/02(土) 23:08:42 ID:3YEstgME
つーか最後段の日本人とは、日本人民というより当時の支配者層の方が
より適切ではあるがな。

642 :皇族無罪:2005/07/02(土) 23:12:35 ID:3YEstgME
今日は人も少ないし(昼間で消耗したようだがw)、
歯応えのある存続派もいないようなのでとりあえず落ちるわ。

ろぺ氏は何やってんの?w

643 :??? :2005/07/02(土) 23:16:24 ID:YpHDnsNa

中国共産党打倒を決めるのは我々日本国民だ。我々はアジアのあり方を
決められる能力を持っている。帝国主義諸勢力を結集し、東アジアにお
ける不安定要因を取り除くのだ。



644 :朝まで名無しさん:2005/07/02(土) 23:36:14 ID:IQS6Gzr9
>>643
帝国主義勢力という言い方は、いくない。
自由主義勢力により共産主義の廃絶を目指すべきでは?

645 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/07/02(土) 23:54:58 ID:kgKmPgbv
どうだろ...今の中国が果たして共産主義なのか?
政治的には社会主義ではあるが、経済的には十分資本主義国でしょ。

あの国の共産主義は既に、内部的に崩壊するのは予定済みのもの。
その時のショックが小さければ、東アジアの安定には寄与しよう。

ただ、その時は日本が本格的に中国に追い越される時であろう。

646 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 09:07:24 ID:GUGm6qQe

コイツ、うざい。
書き込みしなくて良いw

647 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 10:17:33 ID:UIwtaoAp
おはよぉ。

天皇の権威について。
コピぺですまそだが、おいらの考えを再度、書き子しておく。

>470 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 13:48:01 ID:8Irtsdz3
>>468
>>464の続きだが、一応、「天皇の権威」とは、

>1)宗教的権威=神道の祭祀者
>2)血統的権威=万世一系
>3)キングメーカー的権威=国事行為による首相の任命など
>4)文化的権威=宮中文化の継承者

>「女系」の場合、2)は無くなる。「女系」でなくても、「国の機関」に血統による権威付けは
>必要はない。
>1)4)については、在野の活動でも充分。
>残り3)については、>>468の言うように、為政者に利用されることと抱き合わせで、危険。

>とゆーことで、天皇の権威は否定され、廃止(下野)が妥当〜

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
天皇の権威について、追加・反論があれば、どぞっ!

おいらは、もう少し惰眠を貪ろうかななあw


648 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 10:23:29 ID:UIwtaoAp
>>647に追加。
3)については、天皇がキングメーカーたることの説得力のある理由はない。
「国事行為」は、天皇でなくとも出来るはず。

649 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:28:27 ID:93Mv/4U4
またガンダムの悪い癖が出たかw

昨日の議論を無かったかのように、また繰り返す。

650 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:29:45 ID:v4oYN04u
>>648
いいたいことは分かるが・・・
首相はキングじゃないだろ(w

651 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 10:30:20 ID:UIwtaoAp
>>649
存続維持派からの、真っ当な反論は聞いていないが?

652 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 10:31:43 ID:UIwtaoAp
>>650
天皇な。一応、首相を任命するから、便宜的にキングメーカーとしたw

653 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:33:14 ID:v4oYN04u
>廃止が議題に上がる(こと)は有り得ない
旧皇族の復帰が議題に上がることもないな。


654 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:35:27 ID:93Mv/4U4
>>653
> 旧皇族の復帰が議題に上がることもないな。
>
議題に上がってますが。何か?

655 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:37:08 ID:93Mv/4U4
>>651
君は、天皇の戦争責任とか言って話ををらして逃げてただろw

656 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 10:38:08 ID:UIwtaoAp
>>654
世論調査では、「女帝容認」が、国民の多数の意見だが?w

657 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 10:39:33 ID:UIwtaoAp
>>665
だから、おまいも>>647に対して、意見を述べれば良いではないか?ww

658 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:40:57 ID:v4oYN04u
皇室典範の改正についてありそうな順から
1)女系相続も認める
2)女系宮家も認める
ここまではまああるだろう。
3)女系宮家を明治天皇の子孫以降にさかのぼって認める
ここが実際の"主戦場"になるだろう。
4)旧皇族を復帰させる。
5)2)の女系宮家は旧皇族との結婚に限り認める。
これはない。

659 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:41:34 ID:93Mv/4U4
>>656
多数意見かどうかではなく、議題に上がっているかをどうかを言ってる訳。

話をそらそうとするな。

660 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:43:30 ID:93Mv/4U4
>>657

>>472へループw



661 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 10:43:46 ID:UIwtaoAp
間違いw>>656
女帝容認×
女系容認○


662 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 10:45:03 ID:UIwtaoAp
>>660
おまいこそ、話を逸らしているのなら、卑怯だなw

663 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:46:24 ID:v4oYN04u
>>472を分かりやすくいうと
「だってギネス記録なんだよ(w」

アフォですか(プ

664 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:46:50 ID:o4bI7FVa
おはよう、私が20年くらい前から感じているように、
日本の保守派の人は、
全く危機感が無かったんだよ。
いわゆる保守的というか、
皇室万歳的な人たちと話したことがあるんだけどね。


665 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:47:48 ID:o4bI7FVa
ソースとか言われると、
インターネットには転がっていないソースだから、
ソースは出せないんだけどね。

666 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 10:47:51 ID:UIwtaoAp
>>660
日本の歴史=天皇の歴史そのものとゆーような歴史観は、まあ、おまいくらいだろうww

667 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:49:42 ID:93Mv/4U4
>>666
正史と民俗史の区別は付いたかい?w

668 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 10:51:35 ID:UIwtaoAp
>>663
ギネス記録とゆーだけなら、尚更、「国の機関」である必要性は認められないなw
在野で、勝手に記録更新して栗w

669 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 10:53:18 ID:UIwtaoAp
おまいこそ、チャチャ入れるだけで、>>657の問いに答えないなら、もう、以後スルーさせてもらうよ^^
スレの無駄遣いだからなっ!

670 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:53:44 ID:v4oYN04u
>>668
いや、王位を失ったら、ギネス記録にならんでしょ(w
まあ、そういう馬鹿馬鹿しい理由なわけよ(w

671 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:53:53 ID:93Mv/4U4
>>668
俺はギネスなんて一言もいてないよ。
勝手にギネスで盛り上がらないでくれるかなw

俺が言ってるのは、「正史」
国家の歴史というものだよ。

672 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:55:07 ID:v4oYN04u
>>671
いや、それがギネスなわけよ。ギ・ネ・ス。
イギリスじゃパブのネタにしかならないわけ。
バカだろ?オオバカだろ。
いまここで日本が笑われてるわけだ(w

673 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 10:56:36 ID:UIwtaoAp
>>664
>全く危機感が無かったんだよ。

具体的には、天皇制のどーゆー面についての危機感の欠如かな?

674 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:57:28 ID:v4oYN04u
ということで存続派の理由の筆頭にはぜひ
「だって、ギネス記録なんだよ」
と書いてほしい(笑!)

675 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:57:53 ID:93Mv/4U4
>>672
おいおい、まさか日本史も習った事がないのか?w

676 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 10:58:30 ID:o4bI7FVa
>>673
要するに万歳だけしてて、
支援者が居なかったことかな?
あと層化とかそういうあの国系の団体を軽視しすぎてた。

677 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 10:59:05 ID:UIwtaoAp
>>671
天皇が=国家の歴史とゆーなら、尚のこと、権威の源泉を明らかにしてもらおうか。
権威もないのに、国家の歴史の立役者にはなれんww

678 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 11:01:57 ID:UIwtaoAp
>>676
保守派の香具師は、思考停止を起こしていたとゆーことだねw

679 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 11:04:22 ID:v4oYN04u
ちなみに漏れが持ってる
「ギネスブック1979年版」
にはこう書かれている

「最古の王室は日本の皇室で、B.C660年初代の神武天皇以来という。
 イランのムハマド・パーレビ国王はB.C559−530年頃ペルシャを
 統治していたキュロス大王の子孫だと主張している。」

大変だ!
もしエジプト第*王朝とか中国の夏王朝の子孫が
出てきて王朝立てたら負けるぞ(w

680 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 11:06:44 ID:UIwtaoAp
>>679
ギネス更新の為に、「国の機関」である必要があるって、凄〜い説得力があるなあww

681 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 11:06:56 ID:93Mv/4U4
>>677
それは日本が辿ってきた歴史を見れば一目瞭然ですが。

日本の権力者は全て天皇の臣下ですよ。

682 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 11:08:36 ID:v4oYN04u
ちなみに今すぐ挑戦できそうな記録

「在位最短の君主は、スリランカ、カリンガ・クシャトリア王朝の
 ピグラマパフ2世で、296年にポロンナルワで即位後2、3時間で
 暗殺された。」

683 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 11:09:18 ID:UIwtaoAp
>>679
と言っても、「神武天皇以来」とゆーギネスの記録は、痛いなw

684 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 11:11:45 ID:UIwtaoAp
>>681
おまいが歴史ヲタなのは、よく解ったw
それよりも、早く、>>647に答えれ!
昨日から言っている。ここは「象徴天皇制」を問うスレだとな。

685 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 11:14:16 ID:v4oYN04u
「ギネスブック1980年版」
にはこう書かれている

「最古の王室
 日本の天皇、裕仁(1901・4・29生)は、
 初代の神武天皇から数えて124代目となる。
 神武天皇の治世はB.C660-581と
 伝統的にされているが、
 おそらくB.C40-10年頃だろう」

ギネスも神武天皇の実在は認めているらしい(w

686 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 11:16:02 ID:93Mv/4U4
>>684
だから昨日も言っただろ、歴史的経緯抜きに象徴天皇制を語っても意味がないんだよ。



687 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 11:18:06 ID:v4oYN04u
>>686
だから認めろっていってるだろ。
実はギネス記録更新なんだ、って(w

688 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 11:18:15 ID:UIwtaoAp
>>685
じゃあ、何故、日本政府が国の「重要無形文化財」指定しないのかな?w


689 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 11:20:20 ID:UIwtaoAp
>>684
おまいの日本の歴史=天皇の歴史とゆー主張は、よ〜く解りますたからw
次へどぞっ!ここは日本史板ではない。歴史に拘泥するなら、日本史板へ逝け。
スレの無駄遣いはしたくないんでね。

690 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 11:23:35 ID:UIwtaoAp
第一、象徴天皇制は、戦後60年間だけのことであり、それ以前の天皇のあり方と違う品。

691 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 11:23:59 ID:v4oYN04u
中国嫌いの人が喜びそうなギネス記録

大量殺人(中国)
1独立国の政府が他国の政府に対して行った
人類史上最大の大量殺人は、1949−65年5月、
毛沢東主席の支配する中国で行われた中国人
2630万の殺害といわれる。
これは、ソ連のモスクワ放送が1969年4月7日
明らかにしたもので、同放送はその時期を
4つに分け
1949−52 280万人
1953−57 350万人
1958−60 670万人
1961−65年5月 1330万人
としている。

692 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 11:25:32 ID:o4bI7FVa
>>678
このスレッドの存続派と同じで、
歴史的に長いとか、
天皇はすばらしいとか、
「20年前のお値段ですよ」とか、
さおだけ屋さんみたいに繰り返してた。
毎回そればっかり聞かされた。


693 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 11:25:45 ID:93Mv/4U4
>>689
それを言うのなら、このスレ自体「政治思想板」向きだろ。

694 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 11:29:45 ID:UIwtaoAp
>>693
存続派の逃げ口上しか言えないとは、おまいも高が知れているw
ちゃんと、有識者会議の動向とゆーニュースを元に議論しているんでねww

悔しかったら、早く、おいらの質問に答えれ!

695 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 11:29:48 ID:93Mv/4U4
>>692
そして、廃止派の意見は世間では受け容れて貰えないと言う。

一生懸命考えても世間に認めて貰えないとは悲しいね。

廃止派の諸君には同情を禁じ得ないよw

696 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 11:31:32 ID:81fOh7Qa
ギネスとかミシュランとか
企業の販促活動の印刷物に一喜一憂するのって
くだらね〜よな。

697 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 11:32:17 ID:UIwtaoAp
>>695
別に世間に認知されたいとゆーよーな誇大妄想の元に、このスレで議論している訳だはないからなw
ブレーンストーミングだわなww

おまいこそ、もう、負け犬の遠吠えかw
マジで、スルーするぞ。

698 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 11:33:45 ID:93Mv/4U4
>>694
何度も答えてるんですがね。

天皇は日本の歴史の継承者。



699 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 11:36:23 ID:v4oYN04u
>>698
だからそれってこういうことだろ?

天皇はギネス記録の更新者(w

700 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 11:36:46 ID:UIwtaoAp
>>698
じゃあ、現在も歴史の継承者なんだろうから、象徴天皇制についておまいが語らないのは、矛盾しているぞw

701 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 11:39:45 ID:v4oYN04u
>>700

ガンダムよぉ、もうギネスヲタの小学生のガキ
いじめるのやめとけよ。泣かすと後が厄介だすぃ〜(w

702 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 11:41:41 ID:UIwtaoAp
>>701
逃げの一手だしな。もうスルーすっかww
悪いが、スルーさせてもらうな^^

703 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 11:49:03 ID:93Mv/4U4
>>702
逃げてんのはお前だろガンダム君。w

天皇は、日本の歴史の継承者というバックグラウンドを持つから、象徴足り得ているんだよ。

余人では象徴足り得ないのが判らないようだね。

704 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 11:51:00 ID:UIwtaoAp
>>703
別に、国旗や富士山が象徴でも、一向に困らない訳だがww

705 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 11:55:43 ID:93Mv/4U4
>>704
日の丸は太陽を表し、天照大御神を表すものですが、何かw

706 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 11:56:01 ID:UIwtaoAp
それに、「女系容認」と国民の多数が賛成していることから鑑みても、おまいのよーに、

>天皇は、日本の歴史の継承者というバックグラウンドを持つ

とゆー認識は、国民にはないぞw

707 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 11:58:03 ID:UIwtaoAp
>>705
残念!w 国旗・国歌と言っても、今の日の丸・君が代をそのまま想定している訳だはないよ〜んw
天皇制が廃止されたら、変更も含めて、議論されるだろうな。

708 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 12:00:38 ID:93Mv/4U4
>>706
それはちゃんと歴史を勉強していないから、歴史をきちんと勉強し直せば認識します。

709 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 12:03:44 ID:UIwtaoAp
>>708
じゃあ、おまいが、それを啓蒙する別スレでも立てれば?w >日本史板
おいらは、スレ立てに苦労しているんだT-T
おまいのよーな香具師のために、スレの無駄遣いは、もうしたくないのよんww

710 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 12:04:04 ID:93Mv/4U4
>>707
> 残念!w 国旗・国歌と言っても、今の日の丸・君が代をそのまま想定している訳だはないよ〜んw
> 天皇制が廃止されたら、変更も含めて、議論されるだろうな。

で、有識者会議では議題に上っているのですかな?w

711 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 12:08:27 ID:93Mv/4U4
>>709
君がスレ立てに困ろうとも俺の関知するところではないので、悪しからずw

君自身が同じ事でリピートする癖を止めれば済む話である。

712 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 12:11:53 ID:UIwtaoAp
>>710
おまいが、日本語の理解に難があるとは知らなかったw

>天皇制が廃止されたら

と書いたはずだが?w

それに、天皇制が、廃止されなくても、おいらは、日の丸・君が代共におかしいと思っているからね。
おまいのゆーよーに日の丸が、アマテラスの象徴で、君が代は、天皇を歌っている国歌だからな。
せめて、一字変えて、「民が世」にして欲しいわww

713 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 12:13:10 ID:UIwtaoAp
>>711
じゃあ、おまいとのやり取りは、無益で、スレの無駄遣いなので、マジスルーするよ^^

714 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 12:17:59 ID:93Mv/4U4
>>712
ですから、廃止論が議題に上りましたかと聞いているんだが?

タラ・レバ話なら幾らでも出来ますよ。

715 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 12:23:42 ID:UIwtaoAp
>>714
マジで最後な。
有識者会議の動向(男系維持派と女系容認派の対立)によっては、先ず、世論がどー動くか解らないとゆーこと。
その世論のフィードバックを受けたら、会議もどうなるか解らないとゆーこと。

それに、おまいの旧宮家ふかーつの話も、タラ・レバの話の領域に過ぎんww
よく自分の書き子を、省みて文句を言うんだなっww

716 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 12:27:06 ID:o4bI7FVa
ID:93Mv/4U4さんは、
結局20年前のお値段のままだな。

717 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 12:31:26 ID:UIwtaoAp
>>716
それで、何等危機感もなく、旧宮家の香具師をふかーつさせて、皇統は繋がると考えているんだから、随分、楽天的な竿竹屋さんだなw

718 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 12:31:30 ID:93Mv/4U4
そうそう、CIAのホームページでこんなもの見つけました。w
http://www.cia.gov/cia/publications/factbook/print/ja.html

Independence:
660 BC (traditional founding by Emperor JIMMU)



719 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 12:52:53 ID:o4bI7FVa
>>717
竿竹屋さんの秘密って言うのがあるくらいだからな。
なぜ20年前のお値段で、さお竹が売れるのか?

720 :皇族無罪:2005/07/03(日) 13:11:00 ID:6IpCQXQ3
>>715
いや、あんなのプロレスだから、結論は裏でつけるよ。
そんでその意向を汲んだ委員達が多数を取って終了。

有識者会議など税調や猪瀬のいた会議と同じでただの茶番だ。

721 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 13:19:21 ID:UIwtaoAp
>>719
ちとぐぐってみたが、ネタかな?w >竿竹屋の秘密

>竿竹屋は警察の活動の一部分である、ということに他なりません。
>思うに、竿竹屋というのが町中の日常風景に溶け込むための変装であり、
>本来の目的は何かを監視しているのかもしれません。

>いわゆる「公安」と呼ばれる人達の手による活動なのかもしれません。
>逆に言えば、竿竹屋いるところに、事件あり、と言ったところか。
>もっとも、竿竹屋すべてが公安であるとは言い切れませんが。

http://home.att.ne.jp/green/maia/old_homepage/saodake.htm

>>720
場外乱闘?ww
結局、場外にいる皇族たちの意見が反映されるとゆーことかな?

722 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 13:25:59 ID:93Mv/4U4
皇位継承、離脱皇族の復帰も検討…有識者会議

 小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(吉川弘之座長)は30日の第8回会合で、
安定的な皇位継承策として、これまで議論の中心となってきた女性天皇の是非だけでなく、皇籍離脱した
皇族の復帰などによる宮家の創設も検討することを決めた。

 皇室費用の縮小などを図った1947年の皇籍離脱では、昭和天皇の弟である秩父宮、高松宮、三笠宮
以外の11宮家が皇族の身分を離れている。

 5、6月に実施した意見聴取で、複数の学者が「離脱した宮家を復帰させ、男系男子の継承を維持すべ
きだ」と主張したため、今後、より詳しく検討することにした。

 吉川座長は会合後の記者会見で、「継承者を増やす方法は『新たに宮家を設置する』『女系天皇を認め
る』と両者の組み合わせに大別される。どの制度ならどの程度安定するかの『安定化要因』と、社会に受
け入れられるかどうかの『受容化要因』を考慮して、制度を設計したい」と語った。

(2005年6月30日23時1分読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20050630it14.htm

723 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 13:35:35 ID:UIwtaoAp
>>722
これが、場外の意思とゆーこと?
前にも書いたけど、神社本庁が「始めに女帝ありき」の会議のあり方について、「男系維持せよ」と申し入れをした結果、「ジェンダー・フリーの観点からの女帝議論は見送る」とゆー結論を出したが、神社本庁の元締めは、香淳皇后の実家に当たるらしい。

724 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 13:43:52 ID:UIwtaoAp
ま、旧皇族の復帰か、女系容認かで、せいぜい内輪もめして下され^^

725 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 13:52:33 ID:o4bI7FVa
60年も皇族じゃなかった人が、天皇になった事例はない。
3年間だか源氏だった人が天皇になった事例はある。
それも本来は、むずかしかったのを、藤原氏の都合で、
皇室に復帰できたらしい。

726 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 13:53:56 ID:o4bI7FVa
源氏も、天皇になれるとなれば、
一般の人でも天皇になれてしまうね?

727 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 13:54:22 ID:93Mv/4U4
折角だからこれも張っておく。
有識者会議が開かれている事を理由に、このスレが立っているらしいのに張ってないのはおかしいからね。

皇室典範に関する有識者会議
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/

>>723,>>724
廃止派は会議どころか場外にすら入れないらしいね(プ

728 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 14:02:57 ID:UIwtaoAp
>>726
前スレで動物行動学者の竹内久美子女史の提案を引用したのだが、

>東北地方には、義経を介して、清和天皇の末裔が数多いる。
>西日本にも、平家を介して、桓武天皇の末裔が数多いる。
>よって、全国的にY染色体の検査をして、皇室タイプのY染色体を持つ
>男の内、人格に優れ、敬宮を愛し、敬宮も愛せるような男を婿に迎えれば良い。

一般の人でも、男子皇族と同じタイプのY染色体を持っていれば、誰でも医院じゃ内科w
山羊も賛成するだろうなww

729 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 14:12:32 ID:UIwtaoAp
しかし、どー考えても、天皇は「国の機関」であり、公務員なのに、血統云々が要求されるのは、本当におかしな話だなw
何故、「国の機関」に血統による権威付けが必要なのか、おいらには、全く解らないな。
いっそのこと「天皇庁」とゆー官僚組織にして、その長が、国事行為でもすれば良いのになw

天皇家は、下野して、宗教的或いは文化的権威にでもなれば、丸く収まるのになあ。

730 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 14:27:38 ID:3jAb6KrR
梅雨空に

陛下の観心

次スレ不要


731 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 14:37:15 ID:UIwtaoAp
>>730
渇水の

役にも立たず

歌詠みは

…ww

732 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 15:27:05 ID:v4oYN04u
>有識者会議の動向(男系維持派と女系容認派の対立)によっては、
>先ず、世論がどー動くか解らないとゆーこと。

男系派も一枚岩じゃないからな。
旧皇族より父系で近い人を推す動きもあるし。

733 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 15:27:13 ID:o4bI7FVa
>>730
今上天皇は廃止派を認めておられる。
君は勅令に逆らうのか?

734 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 15:28:24 ID:o4bI7FVa
>>743
鷹司さんの家は、
藤原氏の子供が絶えてしまったので、
天皇家から養子をもらったとか?

735 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 15:29:34 ID:o4bI7FVa
>>732
>>732
摂関家の鷹司さんの家は、
藤原氏の子供が絶えてしまったので、
天皇家から養子をもらったとか?



736 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 15:36:09 ID:v4oYN04u
皇室典範に関する有識者会議 の第8回会合の資料を見たけど
"予想通り"明治天皇の4人の娘の婚家(竹田・北白川・朝香・東久邇)と
と昭和天皇の第一皇女の婚家(東久邇)が系図でマークがつけられてた。

多分、実際には男系&明治天皇以降の女系という"実に苦しい理由"で
復活させたいんだろうなあ。でもをそれやったら徳大寺派が騒ぐぞ(w

737 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 15:39:31 ID:v4oYN04u
>>735
あれは窮余の一策なんでしょう。
幕府がうるさいから新宮家は立てられない。
しかし"血統"は残したい。
摂関家に養子に出せば、"血統"が残る。
そういうことでしょう。
少なくとも徳大寺を推す人は鷹司輔平を
"奇跡の人"と呼んでいるらしいですから(w

738 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 15:49:11 ID:o4bI7FVa
徳大寺さんを推す人と、
旧宮家を推す人と、
なんか中で割れているな。ww

>>737

739 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 15:51:05 ID:v4oYN04u
つーか、デムパ系の人などは
「チンギス・ハーンって源義経なんでしょ?
 だったら"皇統"じゃん。
 モンゴルからチンギス・ハーンの子孫を
 愛子様の婿に迎えればいいじゃん。」
といってるらしいですが(w

740 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 15:51:10 ID:o4bI7FVa
>>737
「奇跡の人」といえば、
ハーバード大学を卒業したヘレン・ケラーだ。

741 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 15:52:00 ID:o4bI7FVa
>>739
朝商流が、
チンギスハンの子孫だったら、
朝商流が天皇に?

742 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 16:03:46 ID:UIwtaoAp
徳大寺の家系はこれで良いのかな?

>354 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/01(金) 15:13:18 ID:xF5g+xL/
>>349
>ちとぐぐってみたが、このしとのことかな?

>現皇室に最も近い男系。>徳大寺実啓氏

>光格天皇の祖父、閑院宮直仁親王(1704−1753)→鷹司輔平(1739−1813)
>→政熙(1761−1841)→政通(1789−1868)→徳大寺公純(1821−1883)
>→実則(1839−1919)→公弘(1863−1937)→実厚(1889−1970)→公英→実啓。

>実啓氏には、男児あり←敬宮の婿候補??

おいらは、野球の後、バレーの応援するなw

743 :皇族無罪:2005/07/03(日) 16:34:26 ID:6IpCQXQ3
>>742
プロレスの意味はヤラセということ。
いつもの政府のやり口だよ。
だいたいメンバーを見れば解るでしょ。
特に奥田とは笑わせる。その辺の勤労者を連れてきた方がまだマシだw

744 :皇族無罪:2005/07/03(日) 16:37:29 ID:6IpCQXQ3
国民説得のための箔付け、誘導、煙に巻くためにあるのが「有識者w」会議。

745 :??? :2005/07/03(日) 16:54:15 ID:1qGXQ9zl

最近は有識者になれなかったのを僻むのがここでの議論か。(w


746 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 17:09:46 ID:UIwtaoAp
>>743
ヤラセなら、男系維持派vs女系容認派の対立も、折込済みとゆーことになるなw
国民を愚弄するなっ!と言いたいなww

747 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 18:22:51 ID:cEfDY7R/
自分は天皇制自然消滅派などとマイルドそうに見せておきながら、
結局、日の丸・君が代反対か。
ガンダムもバリバリのサヨクだったんだな。
皇族無罪のお仲間じゃん。そんなことだろうと思ったよw


748 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 18:27:56 ID:cEfDY7R/
>>729
天皇制は「国の機関」なのに世襲はおかしいってか?
何を今更。バリバリのサヨク思想じゃんw

それにずっと拘り続けるから変だと思ったんだよな。
お里が知れたね。


749 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 18:30:25 ID:cEfDY7R/
皇族無罪、ろぺP、ガンダム。
サヨク工作員チーム、けてーい!!!


750 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 18:31:31 ID:UIwtaoAp
>>747
サヨクとゆーレッテル貼りに、何か重大な意義があるとでも?ww
まあ、良いけどな、自分でもプチサヨくらいの自覚はある罠。いつも反権力・反権威の姿勢でいたいつーくらいの自由な立場にいるつもりだからな。

日の丸は、天皇狂信者が今日、教えてくれたよw 天照大神の象徴だとな。国民主権にも拘らず、何故、皇室の祖が国旗でないといけないのだ?w
「君が代」については、おいらは、中学生の頃から、「民が世」にすべきと考えているしなw

そんだけのことw 納得したかね?>レッテル貼りしか脳がない香具師


751 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 18:33:34 ID:UIwtaoAp
>>748
>天皇制は「国の機関」なのに世襲はおかしいってか?

じゃあ、天皇制以外で、世襲で運営されている「国の機関」を挙げてみれ!



752 :??? :2005/07/03(日) 18:34:54 ID:1qGXQ9zl

冷静に考えても反権力・反権威は自由な立場ではないな。反権力・反権威に
縛られているからだ。自由に権力を行使し、自由に権威を行使するのが真の
自由な立場だ。(w


753 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 18:43:39 ID:UIwtaoAp
>ID:cEfDY7R/

逃げずに>>751にレスしろよ!
レスが出来なければ、おまいは、単なるレッテル貼り房だww

おいらは、いま、晩飯の支度途中だからな、ちと手が離せないんだw
その間に、レスしろよ!

754 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 18:45:33 ID:cEfDY7R/
>>751
その例外を認められない青臭い教条主義・原理主義が、サヨク思想そのもの。
思想というより、未熟な心性と言ったほうが適切だな。

大人は必要な例外を認めるものだよw


755 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 18:45:50 ID:NnHBgekt
           , -'"´  ̄`丶、_
           ,.∩         `ヽ
         〃∪'´ ̄`二二人\  ヽ
         | ツ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ヾ ヽ. ',
         |ハ ,ニ、   ,. - 、 | | | l |
         | ハ ィハ     ,二ヽ. | | | | | 同じ板にコピペするとそのままだけど、
         | | | じ'   |トJ〉  /)} l | 違う板にコピペすると鬼のような怖い顔
         | ハ  、'_,   ̄,, 厶イ川| に変わる摩訶不思議な佳子様コピペ。
         l l /\    .. イV\川 |
         ,' l l ,イ `l ̄´ /   /ヽl l
         l | l ハ  `メ、    〃  ヽヽ、__ノ
         l  ∨ └‐イ「ト--ァ'´     ハヽ__ノ
         ヽ/  }  l」」 /     / }`ー
          〈_n| 八   / /     /ノ
          〈二二人 c /\/ / , イ
           /  /厂 /\__>< {_

756 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 19:01:38 ID:cEfDY7R/
対策を協議中か?
このあと、レッテル張り、何事もなかったようにスルーと続くでしょうw
廃止派は、都合が悪いことは目に入らないからな。
天皇の権威、世論調査の天皇制支持率とか。


757 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 19:01:56 ID:UIwtaoAp
>>754
○○主義とか未熟とか、おまいのレッテル貼りを聞かされても面白くも何ともないんだがw
てか、「国の機関」であるところの天皇制が、「世襲」でないとやって逝けない理由でもあるのなら、説明してちょ。
おいらは、その代替案は、書いたぞw
「天皇庁」とゆー官僚組織にすれば良いとな。天皇とて、公務員だ。世襲の必要が何処にある?
ついでに言っておくが、宗教的権威・文化伝統の継承者と主張するなら、尚のこと、「国の機関」である必要はなく、在野で活動すれば良いだけのことだからな!

>729 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 14:12:32 ID:UIwtaoAp
>しかし、どー考えても、天皇は「国の機関」であり、公務員なのに、
>血統云々が要求されるのは、本当におかしな話だなw

>何故、「国の機関」に血統による権威付けが必要なのか、
>おいらには、全く解らないな。
>いっそのこと「天皇庁」とゆー官僚組織にして、その長が、
>国事行為でもすれば良いのになw

>天皇家は、下野して、宗教的或いは文化的権威にでもなれば、
>丸く収まるのになあ。


758 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 19:07:23 ID:cEfDY7R/
>>757
天皇には日本の伝統(万世一系を含む)から由来する絶大な権威があり、
その権威が国事行為を有効なものにしている。
他のもので代替はできないんだよ。


759 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 19:10:55 ID:UIwtaoAp
>>758
「絶大な権威」って、何処にどんな形であるのだ?w
それと、その答えでは、「天皇が世襲でなければ、国事行為は出来ない」ことの説明になっていないがww

760 :GUNDAM ◆tD8WfJ3GdY :2005/07/03(日) 19:13:01 ID:UIwtaoAp
「天皇庁」が仮に出来たとして、その長(官僚)が、国事行為をしても、何等差し障りはないが?ww

761 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 19:19:30 ID:UIwtaoAp
>その権威が国事行為を有効なものにしている。

違うだろw 憲法に規定されているからだ。天皇の国事行為としてなww


762 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 19:23:58 ID:cEfDY7R/
>>759-761
天皇に絶大な権威がないと思っている者が、日本にどれだけいるんだ?
自明だろ。つーか、天皇の権威を感じ取れないから廃止派なのか?

天皇の権威は万世一系を含む日本の歴史と伝統から来てる訳で、
たとえ憲法に書かれていたとしても、そのへんの権威のない公務員の国事行為では、
ぜんぜん国事行為の意義がないくらい分かれ。


763 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 19:26:39 ID:UIwtaoAp
>>762
おまいは、過去スレもよくに読んでいないよーだな。
ひとつだけ訊いてやる。

>天皇の権威は万世一系を含む日本の歴史と伝統から来てる

ならば、何故、国民の多数が「女系容認」とゆーのだ?ww

764 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 19:29:24 ID:UIwtaoAp
>天皇に絶大な権威がないと思っている者が、日本にどれだけいるんだ?

大日本帝国憲法下では、少なかったかもなっ!www

765 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 19:30:31 ID:DvOVCVkH
>天皇に絶大な権威がないと思っている者が、日本にどれだけいるんだ?
ほとんどの国民がそうじゃね?
調査結果はねえけど(それは肯定する論証もできねえわけだが)。

766 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 19:34:45 ID:o4bI7FVa
>>743
皇室問題会議って、結局メンバーが、
奥田氏とか、その辺の企業系売国グループだろ?

767 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 19:35:14 ID:cEfDY7R/
>>763
おそらく国民の多くが、女系天皇と女帝天皇の区別がついていないと思われ。
女系天皇は過去に一度も例がなく伝統破壊であることを知れば、
安易に容認しないんじゃないのか。


768 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 19:35:58 ID:UIwtaoAp
>>765
皇室に対して「親近感がある」とゆー回答が多い。「親近感」なぞとゆー感覚は、「権威」と対極に位置するものではないかと思うが。

769 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 19:36:52 ID:o4bI7FVa
>>768
ガンダムさんは、反日サヨクの仲間なのですか?


770 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 19:37:54 ID:UIwtaoAp
>>767
言い訳がましいのは、みっともないぞw
それなら、

>天皇に絶大な権威がないと思っている者が、日本にどれだけいるんだ?

は、撤回することだなっ!ww



771 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 19:39:26 ID:DvOVCVkH
>>768
そのとおり。
右翼でもなきゃ普通の日本人で、天皇に絶大な権威があるなんて考えてる香具師は
すくねえと思うぜ。

772 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 19:39:27 ID:cEfDY7R/
>>765
その自信がどこからくるのか分からんが、
権威とは権威があると思う人の心の問題であるから、あると思えば存在するんだよ。

だから世論調査の圧倒的な天皇制支持率が、天皇の権威の傍証になっていると見る。


773 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 19:40:21 ID:UIwtaoAp
>>769
そんな覚えはないけどなあw
けど、おいらの書き子を読む香具師によっては、おいらを反日サヨクと思うらしいw
そう思うのは、思う方の勝手だから、放置しているよww

774 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 19:40:59 ID:DvOVCVkH
>おそらく国民の多くが、女系天皇と女帝天皇の区別がついていないと思われ。
つまりはど〜でもいいってのが一般の認識なんだろ。

775 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 19:42:19 ID:DvOVCVkH
>>772
傍証?
親しみは権威とは違うぜ?

776 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 19:43:31 ID:UIwtaoAp
>>771
おいらは、レッテル貼りは好むところではないが、その理屈で逝くとID:cEfDY7R/は、右翼認定!w
おめれとうございまつww


777 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 19:44:04 ID:cEfDY7R/
>>768
天皇の権威と皇室ファミリーへの親近感は、必ずしも背反しないだろう。

天皇に絶大な権威があるかどうかは、
一人一人が自分の心の中をのぞいてみればそこに答えがあるはずだ。


778 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 19:47:45 ID:UIwtaoAp
>>777
>一人一人が自分の心の中をのぞいてみればそこに答えがあるはずだ。

ひとりひとりの心の中の問題なら、おまいが、こんな所に来てまで折伏する必要はないだろうw
まあ、私的領域の露出のし過ぎが原因だわな。>「親近感」と「権威の低下」



779 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 19:48:05 ID:DvOVCVkH
>>777
「親しみ」と「権威」との認識にどれだけの乖離があるかよ〜く考えてみよ〜。
日本語を知ってるならな。

780 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 19:49:05 ID:o4bI7FVa
>>777
19:44:04 ID:cEfDY7R/さんは、
20年以上前から、保守派の仲間のあいだの危機感の無さについてどう思いますか?


781 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 19:50:15 ID:cEfDY7R/
>>778
オレは、日本国民の大多数が天皇に絶大な権威を感じていると思っているから、
その天皇が行なう国事行為が、国の機関として極めて有効に機能していると主張するだけだ。


782 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 19:51:39 ID:DvOVCVkH
>>781
それはオマイの主観であって客観的な事実じゃね〜よな。

783 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 19:52:56 ID:UIwtaoAp
>>781
おまいの考え方はおまいの自由だが、「女系容認」をしている大多数の国民からは、乖離した考え方であるよとアドバイスしておいてやるよw

784 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 19:54:55 ID:cEfDY7R/
>>780
お世継ぎが問題化したのは、愛子様が生まれてからのこの数年でしょう。
危機感がなかったのは、仕方ないんじゃないのかな。



785 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 19:55:58 ID:1B64Lu6N
良く調査結果云々を仰るけれど・・・その選択肢のなかに「権威」や「権力」
と、云った言葉ってあったのかしら・・・?
せいぜい、親近感やら親しみとかの表現ではないのかしら・・・?
そんな調査結果読んだこと無いから・・・間違っていたらごめんなさい。

786 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 19:57:44 ID:1B64Lu6N
>>779
できましたら、詳しく説明して頂けると有りがたいのですが・・・


787 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:01:06 ID:1B64Lu6N
あと、ガンダムさんのお説によると、「開かれた皇室」=「権威がない」
ですよね・・・雅子さんに権威があるの・・・?あるいは今後発生するの?
随分と御所の奥深くにいらっしゃるけれど・・・?

788 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 20:03:50 ID:UIwtaoAp
>>786
「上下の感覚」とゆーことではないかな?
「親近感」=上下感覚が余りない、「権威」=高みにいる存在。

ところで、お元気でつか?^^

789 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 20:04:46 ID:DvOVCVkH
>>786
権威とは無言の内に相手に対して威圧する、あるいは従わせる力を持つコトだろ。
親しみとは身近に感じる存在に対してわき起こる感情だ。両者が同じ心理的な出発点から
認知するなんてのはあり得ねえんだよ。「権威はある、が、親しみも持てる」ってのは
有り得るが、それは本来背反する心理でありながら両立するとゆ〜希有なパターンだ。

790 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:06:58 ID:bwDNHno6
今更言っても仕方ないが
男系を維持したいのなら皇太子のお妃は
もう少し若いのにしておくべきだったな

イギリスのチャールズ王子の初婚の相手が
若いダイアナだったみたいに




791 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 20:09:40 ID:UIwtaoAp
>>787
雅子妃であれ誰であれ、私的領域の露出過多では、権威は感じないと思うけどな?
例えば、敬宮と親子三人のスキー映像が、繰り返し流されたけど、あの映像の雅子妃は、「よきお母さん」とは映っても、権威的存在とは、おいらの目には映らなかったよ。
その後も、私的な外出はされて、報道されているよね。



792 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:10:10 ID:o4bI7FVa
>>784
ただね、
層化などは、
古くは1950年代からだけど、
1960年代後半から、
政府に大量に流入して居たんだよ。
30年以上もの間保守派の人はのほほんとしてたの。
同じく、1950年代からいろんなのが流れていたんだけどね。


793 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 20:10:18 ID:DvOVCVkH
>>790
若いね〜ちゃんだったら耐えられなかったろ。

794 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:11:53 ID:o4bI7FVa
>>790
高学歴である必要はなかった。
高卒あたりでも良かったのでは?

795 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 20:12:33 ID:DvOVCVkH
だから「開かれた皇室」路線は、権威が失墜した皇室のてこ入れ策として
宮内庁が打ち出した路線だったと何度も逝ってるだろ。何を今さらなんだが。

796 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:12:36 ID:1B64Lu6N
>>789
皇室特需でしたっけ・・・?
皇室に慶事が有るたびに経済効果云々が取りざたされていますけど
これはどう理解したらいいの・・・?

下2行の典型例では・・・?

797 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:15:10 ID:1B64Lu6N
>>795
権威って・・・受け手側が感じるモノだと思っていたけど
違うの?

798 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:16:01 ID:o4bI7FVa
>>795
それでも、昭和天皇の生きてた1970年代から1980年代の半ばあたりまでは、
まだ天皇の権威というかそういうものが残り香のように、あったけどね。
1983年〜1986年あたりから段々それが薄れていき始めたが・・・・。

799 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:16:17 ID:93Mv/4U4
>>789
> 有り得るが、それは本来背反する心理でありながら両立するとゆ〜希有なパターンだ。

イヤ、そうでもないぞ。
俺は父親に対する感情に近い物があると思うぞ。

800 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:16:23 ID:cEfDY7R/
>>792
なるほど。
そういう危機感のなさは、日本人のある意味甘ちゃんすぎる部分だね。
陰険さが足りないというか、のほほんでまた〜りな国民性だ。

だが、ひとたび問題化した場合、けっこう徹底するのも日本人だと思うので、
まだまだ巻き返せると思うのはやはり甘いのかな?


801 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:17:06 ID:bwDNHno6
>>793
逆に若いね〜ちゃんの方が皇室関連の
慣習・しきたりなどにも早く馴染めたかもね
若いと妙なプライドなど無いに等しいからね



802 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 20:17:23 ID:DvOVCVkH
>>796
それはブランディングに類する分野のテーマであって、国家機構としての権威とは異なる。
つまり皇室はセレブレーションなんだと認識すれば、オマイの質問は氷解するわな。

803 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 20:18:35 ID:UIwtaoAp
>>796
皇室=権威的存在ではなくて、「日本一のセレブ」くらいの認識では?
セレブな方々の真似をしたいとゆー心理は、セレブでない下々の者には働く気がするなw

804 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:19:18 ID:o4bI7FVa
>>800
もうかなり衰退しているからね・・・・。
皇室マンセイしたくても、皇室自体が今のような有様では・・・・。

805 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 20:20:20 ID:DvOVCVkH
>>798
1980年代半ばの世論調査では、
天皇に対して「なにも感じない」とゆ〜回答が最も多かったからな。

806 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:20:54 ID:cEfDY7R/
天皇の権威に関しては、各々が内省することで確信できるわけで、
理屈で押し切ろうとしてもできるものじゃないんだよな。

仮に天皇陛下が目の前を歩いていると想像してみろ。
その時、どう感じるか。
それが権威だ。


807 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 20:21:19 ID:DvOVCVkH
>>799
国家神道の残滓に取り込まれてるからだろ。

808 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 20:22:37 ID:DvOVCVkH
>>806
天皇が来るとウゼ〜って感じる香具師も少なくないと聞くが。

809 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:22:56 ID:1B64Lu6N
>>802
わからないのがそこなのね。
結局、権威って色々解釈できるのよね。

国家機構であれ何であれ、ここで云われているのは国民の意識に於ける
「権威」の話でしょう?
有るのでは・・・?

810 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:23:02 ID:o4bI7FVa
そろそろ次スレッドのテーマも考えておかないと、
また次スレッドは要らないとか書き込まれるからね。

811 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 20:25:05 ID:DvOVCVkH
>>809
>>805

812 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:25:32 ID:pe2JH6kK
日本人が米を主食にして以上、天皇の存在は無くならない。
しかし、天皇が政治、軍事と言うような卑しい職業に就くべきでは
ない。
少なくとも民主主義の今日において、今の天皇の位置がベストだと
思う。


813 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:25:48 ID:1B64Lu6N
で、>>785 の質問には・・・?

814 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:26:19 ID:93Mv/4U4
>>807
イヤちょっと違う。
これは自分お家の事だが、
俺の親父は優しい人でもあるが、怖い人でもあった。
同じ人物に二面性を見るというのは良くある事だよ。

815 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 20:28:26 ID:DvOVCVkH
>>814
それなら「尊敬の念」ってのが適切なコトバだろ。
権威とは違う。

816 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 20:29:25 ID:UIwtaoAp
>>809
おいらの「天皇の権威」の分類w
参考までに^^

>470 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/02(土) 13:48:01 ID:8Irtsdz3
>>468
>>464の続きだが、一応、「天皇の権威」とは、

>1)宗教的権威=神道の祭祀者
>2)血統的権威=万世一系
>3)キングメーカー的権威=国事行為による首相の任命など
>4)文化的権威=宮中文化の継承者

>「女系」の場合、2)は無くなる。「女系」でなくても、「国の機関」に血統による権威付けは
>必要はない。
>1)4)については、在野の活動でも充分。
>残り3)については、>>468の言うように、為政者に利用されることと抱き合わせで、危険。

>とゆーことで、天皇の権威は否定され、廃止(下野)が妥当〜

>>804
だから、「国の機関」であって、法の縛りを受ける存在だから、本領を発揮できないんだろう?
下野して、好きなよーにすれば、権威とやらも、戻ってくるかもなw

817 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 20:30:08 ID:DvOVCVkH
>>813
「権威を高めるべき」って設問はあったぜ。
調査結果は4%。

818 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 20:32:36 ID:DvOVCVkH
>>814
父親に対する息子の意識は複雑な心理的葛藤をもたらすものだが、
そうした意識を天皇に投影するってのは儒教文化圏の特徴的な類型かもな。

819 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:32:36 ID:93Mv/4U4
>>815
> それなら「尊敬の念」ってのが適切なコトバだろ。
> 権威とは違う。

尊敬ではないな。
逆らえない威圧感があったからな。

820 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:34:17 ID:qn+4MlCa
天皇に権威を全く感じない国民はいないだろうけど、
戦前に比べたら、かなり権威は低くなったな

821 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:35:20 ID:1B64Lu6N
調査結果というのが・・・どんな目的でかつどこまで信用に値するか
又、ある種の誘導に結びつかないよう適切な表現選択できるようで
あれば、その当時はそうだったんでしょうね。
ま、私自身も中高時代だから・・・当時訪ねられたら今とは違う返答を
したことでしょうね。

822 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 20:35:52 ID:UIwtaoAp
>>814
天皇まんせー派の香具師が昨日書いた権威の定義だ。

>自分では力を用いず、相手を従わせる。これが権威というものだ。

親父さんは、おまいに対して、その力を用いないとゆーことはなかったはずだが?

823 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 20:37:07 ID:DvOVCVkH
>>821
まあ、ぶっちゃけ言えば世論調査なんざ設問や調査方法、サンプリングの取り方で
いくらでも変わるものだから個人的にはあんまり信用してね〜けどな。

824 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:37:14 ID:1B64Lu6N
>>816
ガンダムさんは益々お元気そうね・・・(笑

825 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 20:38:49 ID:DvOVCVkH
>>821
補記。
つまり参考資料程度。
ギネスやミシュランみたいな販促ツールより少しましな程度。

826 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 20:39:12 ID:UIwtaoAp
>>824
女史は、その後は、お変わりないでつか?^^
おいらは、何やら疲れ気味^^;CFSではないか?と疑ったりする今日この頃でつw

827 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:40:35 ID:93Mv/4U4
>>822

> 親父さんは、おまいに対して、その力を用いないとゆーことはなかったはずだが?

イヤ全然、お袋にはよく殴られたが、親父には殴られた事はない。
ただし怒った時は本当に背筋が寒くなるような目をする。

828 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 20:43:55 ID:UIwtaoAp
>>827
じゃあ、目力を利かせているよな?天皇は、別に目力なぞ利かせないだろう?
親父さんと天皇の違いは、そこかもなw

829 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:50:12 ID:1B64Lu6N
今年は蛍みたの・・・?
東京では青梅までいくのは面倒だから椿山荘に二度ほど行ったけど
関西は沢山、蛍を鑑賞できる自然が残っているから・・・
一度行ってみたら・・・?

ガンダムさんはもしかしてP医に恨みがあるの・・・?
間違えていたらごめんなさい、なんとなくそんな感じがして。
ネット上とは云え、何かのご縁ね。男性としての魅力は全く感じないけれど
あなたも大切なお友達よ・・・少し外界に出てみたら・・・?

830 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:50:50 ID:93Mv/4U4
>>828
天皇の周りには怖い人がいっぱいいるぞ。

831 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 20:55:01 ID:DvOVCVkH
>男性としての魅力は全く感じないけれど
あちゃ〜、こりゃ殺し文句だ。

832 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 20:55:18 ID:UIwtaoAp
>>829
>男性としての魅力は全く感じないけれど

うぐぐ^^;

>P医に恨みがあるの・・・?

オーベンは嫌いだったなw あ、けど、女性だったからなあww


833 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 20:57:08 ID:UIwtaoAp
>>831
なっちヲタには言われたくないなっ!(怒w

834 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 20:58:45 ID:1B64Lu6N
>>832
ネーベンは・・・?
女性じゃないの?

835 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/03(日) 21:00:24 ID:DvOVCVkH
>>833
オマイも蛍でも愛でて風流を楽しめよ。
蛍といや〜、村上春樹の短編で「蛍」って小説があったな。

836 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 21:02:16 ID:UIwtaoAp
>>829
けど、仕事で、父性(断ち切る機能)と母性(包み込む機能)の使い分けには流石に慣れて来たよ^^


837 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 21:03:59 ID:UIwtaoAp
>>834
おいらの方では、ネーベン=バイトの意味で使うけど??

838 :??? :2005/07/03(日) 21:07:46 ID:1qGXQ9zl

反対派の粘着がこれだけ激しいってことを見ても絶大な権威が
存在することが分かる。昔の東大解体論みたいな・・・。(w


839 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 21:09:08 ID:o4bI7FVa
>>838
ID:1qGXQ9zlさんは、維持派でしたね。
よろしくね。

840 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/03(日) 21:20:34 ID:UIwtaoAp
>>834
多分、自分より後輩の意味なんだろうね?>ネーベン
うん、まあ、可愛いしともいたけどね^^

普通は、何故か、「オーベン・コベン(下の香具師)」の飲み会とか言っていたなw

841 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 21:23:03 ID:1B64Lu6N
そう・・・私ねガンダムさんのこと大体分かっているつもりだったの(笑

でもね、先日の続きのあなたの回答にはホント驚いたの・・・(苦笑
いかに思い上がりは怖い・・・って。これ私のことね。
あれは書かない方が良かったのよ・・・理由は教えない(笑

もし、何か手伝える事があるなら、いつでも力になるね。
私からはメールはしない。もし必要な時仰ってくれれば一度だけなら
あなたと同じ方法でメアドを晒してもいいのよ。

少し外の空気を友人と歩くのもいいと思う。
費やした時間、かけた時間が長いほど人はそこから離れられなくなるの
でも、いつかは歩き出さなきゃね。


842 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 21:30:09 ID:1B64Lu6N
>>840
・・・?
常識です・・・ちなみにジャーゴンですが、何か(笑
では、お休みなさい。

843 :ROMのひとり:2005/07/03(日) 21:36:12 ID:dsVP94ru
現在の与党政治をほぼ全面的に支持し、天皇制を廃する
以外はすべてを現状維持とする(天皇は直接的には政治
にかかわっていないのでこのような主張は成立する)の
と、現在の天皇制は堅持するが政治体制も社会構造もも
っと社会主義的にしようとするのと、いったいどちらが
左だろう?

844 :ROMのひとり:2005/07/03(日) 21:37:31 ID:dsVP94ru
政治的主張のある個人サイトをあちこち覗いていたら、
自己紹介の欄で「自分はどちらかというと右だと思う」
と言って社民、共産両党や社会主義国を批判する一方
で、「天皇制は人権の面からも廃止すべきだ」と主張
している人がいた。
「天皇制廃止」はもほや左翼だけのものではないよう
だ。

845 :??? :2005/07/03(日) 21:38:51 ID:1qGXQ9zl

都議選は自民党が勝利し、国民は皇室を敬愛し、
首相は靖国神社を参拝するので全く問題ない。(w


846 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/07/03(日) 23:00:53 ID:ryChJvdp
>>845
そんなに、中国にヘイコラする自民党が好きなのか?

847 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 23:10:42 ID:o4bI7FVa
っていうか、自民党も中国にぺこぺこ、
公明党などは中国マンセイ、
民主党なども中国の支店のようなものであるし、
共産党はこの間中国共産党の弁護までしてた。

>>845
日本の全ての政党が中国マンセイしかないジャン?

>>843
兵庫県では外国人マンセイの人が当選したって。


848 :??? :2005/07/03(日) 23:27:58 ID:1qGXQ9zl

都の自民党候補の多くは石原慎太郎と握手している宣伝ビラを
蒔いているので問題ない。(w


849 :朝まで名無しさん:2005/07/03(日) 23:47:17 ID:o4bI7FVa
>>848
公明が強すぎるのが難点だよね?

850 :この人、頭おかしいよね?:2005/07/04(月) 01:07:14 ID:FhcaQq0y
668 名前:皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s 投稿日:2005/07/02(土) 00:37:26 ID:8JFVx78U
クレジット・カードの不正使用なんぞ、やろうと思えば朝飯前だ。
フィッシング詐欺なんか、とてつもなくローテクだ。俺にも出来る。
では、何故、俺はそれをしないか。

671 名前:皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s 投稿日:2005/07/02(土) 00:50:46 ID:8JFVx78U
>>669
皇居の方角に顔向け出来なくなるからだ。
清々しい気持ちで毎日元気に日の丸を仰ぎ見れなくなるからだ。

675 名前:皇祖ラインハルト携帯 ◆0ryc.81s2s 投稿日:2005/07/02(土) 01:09:39 ID:8JFVx78U
自分でしゃべってて感、極まった。。

天皇陛下、万歳!!

860 名前:皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s 投稿日:2005/07/03(日) 01:56:16 ID:waRwWF0q
え?俺のユートピアは何かって?もちろん「アジア-太平洋連合」さ!!
大東亜共栄圏

914 名前:皇祖ラインハルト・フォン・ローエングラム ◆0ryc.81s2s 投稿日:2005/07/03(日) 17:32:58 ID:waRwWF0q
嫁さんは元教え子だから未だに俺のことを先生と呼ぶ。

851 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 01:11:15 ID:sU1zTaBT


都議選に一つの公正な結果がでました 左翼政党完敗に乾杯



852 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 01:16:29 ID:+eQEqwho
>>851
この選挙に限らず 天皇制廃止を言い出しそうな左翼政党は勢力をどんどん縮小
選挙結果を見れば とりあえず天皇制維持を国民が支持しているのは明白だよ

左翼ってのは声だけはデカイから沢山いるように見えて
選挙する度に 実は絶滅危惧種だって事を露呈してるよな

いい加減現実受け入れろよな〜ブサヨさんたちは


853 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 01:20:46 ID:RCCmdAEg


こんなスレ立てて問題提起してんのも左翼必死のマッチポンプなんだろうけど
まったく火がおきないあたりがブサヨの笑えるところだ



854 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 01:22:44 ID:uN0ceXpd
王制や、天皇制や、封建制は我々に悪影響しか与えなかったのだろうか?
旧いものを否定するのは良いことなのか?
不合理なものを凡て切り捨てた世界は、理想郷なのだろうか?

我々日本人が、日本人たる根幹のひとつに天皇と言う存在があるのは否定できない
事実だろう
私は右翼では無いが、陛下を「尊崇」している
国民の大多数がそれを望むなら、象徴天皇制廃止も仕方が無い事だとは思う
しかし、一度廃止したら二度と再び復活することは無いだろう・・・

855 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 01:23:46 ID:G1Q4vyno

もういいよ天皇制廃止なんて国民の中に存在しない議論は。

極左のマッチポンプは辟易だ。今回でわかっただろ国民に必要とされていない現実が
さっさと極左政党は消滅してくれよな。二大政党政治に移行すれば自民党からも
今のような独裁状態よりは政治屋も減りそうなのにねぇ。
極左の断末魔がしつこいからいつまで経っても日本の政治が成熟しないよ。

856 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/04(月) 02:04:28 ID:EFDD6o1d
>>434:GUNDAM氏
>国民が(皇室がなくなることを)許さないって、そんな権利が、国民にあるのかな?

現憲法では、「(天皇)の地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」とあるのだから、
国民側に国民投票を望むほど廃止論が根強く、その声が圧倒的なら事実上廃止はできる。

しかし現実は逆で、国民世論では天皇制の維持を願う声がほとんど(ま、9割ぐらい)。
政府や特定政党がそいった声をあげたなら、現状それは国民の意志に明確に反するものだ。

>皇族に、言論の自由・皇籍離脱の自由を与えて、
>皇族全員が離脱したいと言っても、それすら、認めない訳?

現在、皇室典範で故意の皇室離脱は禁止されている。
ただどしても皇室離脱したい、死さえ厭わない、ちゅーほどになったらテーヘンだから、
そのバヤイには、「言論の自由・皇籍離脱の自由を与え」るように動くかも知れないね。
ただし、皇室は国民との信頼カンケーの上に成立しているものなので、
そったらこと考えること自体が不敬ちゅ−か、相互の信用カンケーにヒビを入れるわね。

>そこまで、天皇や皇族に依存したら、さぞ、向こう様は迷惑だろうなw

ご迷惑でも、大役を行ってもらうことで、国民も安心するのねん。
現に行ってもらってることで、安寧があるのねん。これは秩序の原初なので、よろしく。

857 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/04(月) 02:04:46 ID:EFDD6o1d
>>437:GUNDAM氏
>「開かれた皇室路線」の成れの果て的存在?として、国民の目に映っている訳だから、
>その点も本当に失敗だなw

宅はど〜したいわけ?
何が何でも廃止したいから、その前に密室性を高め、独裁制でもあるように見せかけようっちゅー魂胆?
イギリス王室から比べりゃとても質素だし、
イギリス王室が提供してきたようなスキャンダル性も皆無に近いし、
も少し自由にしたげれば良いのにとは思うけど、
平易に言えば、これほど国民への義務に忠良な存在を無くしてしまうなら、
安定的に推移してきた国家の屋台骨を失わすようなものだ。


858 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2005/07/04(月) 03:15:34 ID:EFDD6o1d
857間違い
独裁制→独裁性 →(もっと正しくは)独裁色

859 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 03:41:50 ID:+xAsfoEy
>>841 補足)
  
 >もし、何か手伝える事があるなら、いつでも力になるね。
これ、誤解しないでね。「現状」のスレを応援すると云う意味では無いし又出来ない
それと、続き回答で、私のキャパの範疇を超えている事に気がついたから何らかの
チャートを模索するお手伝いをしてあげる・・・と云う意味ね。(苦笑

あと一つ質問が有るんだけど・・・私此処を含めて覗くのが五箇所のスレなのね
残り四カ所ではスレ主なんていないのだけど・・・?まして「しきる」なんて
言葉此処で始めて聞いたのね、あ、日常では有るけれど。本当に必要なの?
最近は3、4人で書き込んでいるようだけど、勿体ない事だと思う。
賛成、反対を含めて良い意見を仰る方沢山いらしたのに・・・
あとね、ネーベンはね、バイトの意でも通じるけどあんまり使わない未だ「当直」
コベンは蔑称。言葉遊びから来てると思う。正式にはノイヘレン。
今の現状のスレには余り関心は無いので・・・又暫く「さようなら」。
出来れば自分と向き合う勇気を持って欲しい、切にそう思うの。
スレ汚し失礼しました。寝起きだから許してね。
 

860 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 06:14:39 ID:IH1jtDdq
>>859
ちと早朝覚醒したので、レスしておくけどね。

女史が、おいらの境遇?をどー想像しているか知らないが、おいら自身は、生活の糧も得られているし、それなりに自己実現も出来ているよ。
職場に不満がないよゆーと嘘にはなるけど、別に現実逃避している訳でもない。
こう言っては、失礼だが、女史の書き子は、「小さな親切・大きなお世話」的なところがあるので、それは、おいらの2ちゃん以外の生活の部分のことだから、出来たらもう詮索は止めて欲しい。

それと、スレ主や仕切る云々は、おいらが言ったことではないよ。言うなればおいらは、「スレ立て主」だ。歴代のスレを立ててきているのだからね。
後、スレに書き子する香具師も、おいらは、スレ主ではないし、関係ないけど、興味のある香具師は書き子すれば良いし、そうでなければ、しなくても良い。
何も、和気藹々とみんなで楽しく書き子するよーなスレタイでもないしね。
書き子するしないは、個々人の自由だから。

もう、この手の書き子は、止めて欲しいよ。完全なスレ違いだからね。

では。

861 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 07:09:44 ID:+xAsfoEy
>>860
そうね・・・詮索になるのかもね。
分かった。ただズーとバカップルの時から不思議で・・・「ごっこ遊び」をしていると
特に続き回答であなたが病院内の事医師の世界の事何一つ分かっていない事
がはっきりしたから・・・

「ここは、おいらの立てたスレだ!文句があるなら出て行け!」
何度、読んだことでしょう。この言葉はスレ主の言葉ではないの・・・?
しきる・・・誰が言い出した言葉なの?
こんな言葉も此処で始めて聞いた・・・?
あなたに反論すると決まって意味不明の名無しか、例のロベス・・・何とかが
暴言を吐きにくるのは何故?然も彼の文体はあなたが興奮したときと全く同じ!
私、このスレの3で遠回しに皮肉を言ったことがあるけれど・・・
どうか、興奮しないでこの下段の質問にだけ答えて・・・?
返事は急がないの・・・今からすぐ出勤だから・・・。
スレ違いだけれど、とても大切な事だと思う。現実に沢山の人が去ったのだから。
では。

862 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 07:13:51 ID:FNjvrjiX
選挙で訴えもしてないくせに
国民の総意で変えられるわけネージャンw

863 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 07:20:10 ID:FNjvrjiX
で都議選で地元に皇居があると邪魔でしょうがないから
即刻撤去しますって選挙で訴えて当選したキチガイが
何人いるんだ。

864 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 07:46:54 ID:SUCukybU
フランスでは、国王を市民が殺してしまったから、フランス国民が憂いて

大統領に元首に近い強健な権限を与えることとなった。1789年フランス革命により。

日本内部では、このような議論があって当然だが、そのうち中国・韓国が言い出すかもな。

どうあがいても、自分の生まれる前から存在する日本の伝統的文化の一つだ。

それは、国際関係において、他国から見れば日本が天皇制の国であり、外交面で他の王国と外交的付き合いがあるし、

天皇制度は時代によってその意味を変えてきた。 例えば、元首→象徴のように 

是がなくなることの損失は計り知れないが、外交面において他国や、他国の王国との関係を断ち切ることになり、

日本外交の一つの顔がなくなることも意味している。 日本の天皇制は、世界でも有名である。





865 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 08:02:55 ID:OW+5ELms
>>864
>フランスでは、国王を市民が殺してしまったから、フランス国民が憂いて

それが君の妄想だな。ブルボン朝の王など、
大多数のフランス国民にとっては要らぬ存在だ。
だから復活しても結局倒されたではないか。


866 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 08:05:26 ID:OW+5ELms
>言うなればおいらは、「スレ立て主」だ。
>歴代のスレを立ててきているのだからね。

もう立てなくていいよ。
天皇制もこのスレも役割を終えたから。
君がスレの「天皇」として怒り狂うことで、
天皇制の有害性を存分に示してくれたからね。

867 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 08:07:39 ID:rSJVPwGC
>>861
>病院内の事医師の世界の事何一つ分かっていない事がはっきりしたから・・・

はいはい、偽医者扱い結構ですよ、ど〜ぞ、ど〜ぞ。別に、女史に偽医者扱いされても、おいらは痛くも痒くもないから。

>例のロベス・・・何とかが暴言を吐きにくるのは何故?
>然も彼の文体はあなたが興奮したときと全く同じ!

はいはい、ろぺPはおいらの自作自演とゆーなら、それも結構。解る香具師には解るし、解らない香具師に別に解ってもらおうと思っていない。

以上。
悪いが、もう女史にはレスしないよ!

結局、他の香具師らと同じじゃないか?おいらを偽医者扱いして、ろぺPを自作自演だと勝手に妄想して。
アホらしくて、もう、話にならないよ



868 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 08:20:17 ID:OW+5ELms
>王制や、天皇制や、封建制は
>我々に悪影響しか与えなかったのだろうか?

そうだ。君も神風特攻隊として死ねばわかる。死んでみるか?(w

>旧いものを否定するのは良いことなのか?

良いことだ。

>不合理なものを凡て切り捨てた世界は、理想郷なのだろうか?

有害なものをなくすことで、社会は良くなる。

869 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 08:23:26 ID:OW+5ELms
>我々日本人が、日本人たる根幹のひとつに
>天皇と言う存在があるのは否定できない事実だろう

違うな。
あくまで君が、君自身を日本人だと感じるために
「天皇のロボット」 である必要があるということ
だけが事実なのだ。君だけのことなのだ。

>一度廃止したら二度と再び復活することは無いだろう・・・
そんなものは世の中にたくさんある。
全ての人は、死んだら二度と生まれることはない。

870 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 08:24:00 ID:rSJVPwGC
>>861
結局、身体科の香具師らは、P医をバカにするどころか、偽医者扱いまでして貶めたいんだなw
勝手にやってくれ!!


871 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 08:49:26 ID:FNjvrjiX
天皇制を廃止するならするで、
選挙でちゃんと天皇制を廃止しますと国民に訴えることも
しないで、こんな掲示板でいくらワメイたって
廃止なんてしないんだバーカ。


872 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 09:25:31 ID:i1TPo9AB
私はあの天才アインシュタイン博士の言葉を思い起こした。
『世界は進むだけ進んでその間、幾度も闘争が繰り返され、
最後に闘争に疲れるときが来るだろう。
そのとき、人類はまことの平和を求めて、
世界の盟主をあげねばならぬ時が来るに違いない。
この世界の盟主になるものは、武力や金力ではなく、
あらゆる国の歴史を超越した最も古く、また尊い家柄でなくてはならぬ。
世界の文化はアジアに始まってアジアに帰り、それはアジアの高峰で
ある日本に立ち戻らねばならない。われわれは神に心から感謝する。
天がわれわれ人類に日本と言う尊い国を作っておいてくれたことを。』
(大正11年、博士が訪日した際の手記より)

天皇制無用論を語る人は アインシュタインより
自分は優れてて賢くて歴史に残る人だと思ってるのだろうか?
おろかな。

873 :跳ね馬:2005/07/04(月) 09:32:07 ID:TTyksnd7
>不合理なものを凡て切り捨てた世界は、理想郷なのだろうか?

この類のスレじゃよくある問いだが、「何処から」切り捨てるかという観点を欠落させることによる詭弁だな。
「国の機関」と「世界が等号」で結ばれてるならば正しい。が、そうか?

874 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 09:35:36 ID:SvhpetLK
>>872
ttp://www.yorozubp.com/0502/050228.htm

今回、アインシュタインと日本というテーマに関係する本を何冊か読んでみたが、このような「予言」はどこにも掲載されていなかった。
明らかに、新聞や雑誌に発表された文書ではない。それでは個人的な私信なのであろうか? この文書はそういう趣からもほど遠い。
おそらくこれは創作(インチキ)である。その理由はこうである。
来日の時、アインシュタインは天皇あるいは天皇制にはほとんど関心を示していない。
彼は赤坂離宮での観菊御会に招待され、皇后陛下の謁見を賜わったが(大正天皇はご病気、摂政宮〔のちの昭和天皇〕は関西での陸軍大演習のためお留守)、
この日の彼の日記には、フロックコートを借りるのに苦労したこと以外には、とくに目立った記録はない(金子(1)172頁)。
日本で彼の印象に残ったのは、いつでも自然と芸術の美しさ、そして日本人の素直な国民性であり、日本の歴史への関心は薄かった。
彼はまた、どちらかというと社会主義的な信条の持ち主であった。彼は1930年に、彼をキリスト教に改宗させようとしていたヘルマンスにこう語っている。
「ご存じのとおり、私は社会主義者だ。関心があるのは、すべての人の幸福と、社会主義国建設のために個人の知的自由を獲得する必要性を若い人たちに教えることだけだ。」(ヘルマンス27頁)
そういう彼が君主制の一種である天皇制をわざわざ賛美するということは、まずありそうもない。
また、戦後の彼の世界政府構想においても、「世界的な盟主」の必要性については一度も触れられていない。
アインシュタインの目が常に日本の一般民衆に注がれていたのに対し、上の文書は「一系の天皇」「尊い家柄」「尊い国」を強調する、典型的に右翼的な発想である。

875 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 09:36:20 ID:WGid18OR
>>873
知らん。思想板でやれ

876 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 09:36:48 ID:VNH1W+GY
>>861 ID:+xAsfoEyの糞女

ガンダムを擁護する気はないが、前からお前うぜぇんだよ。
ガンダムに話があるなら、メールでもすれば良いだろうが。
それを、粘着しまくって、スレ違いの書き込みばかりしやがって。
お前が気に入らないなら、このスレに来るな。
世間では、お前のような女のことを「女の分際で」とか「たかが女が」と言うんだよ!
全く、女は、空気が読めないから、うざいw

877 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 09:40:07 ID:WGid18OR
廃止がニュースになったことがあるか?
廃止を訴える議員がいるか?
廃止を訴える政党があるか?
廃止を訴える団体があるか?

唯一、有識者会議で存廃を含めて話し合う機会が設けられたに過ぎない。
それがこのスレの唯一の存在理由だ。
それをわきまえて、このスレも廃止を踏まえて議論されるべきだ。

俺はこのスレの廃止に一票。


878 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 09:43:04 ID:VNH1W+GY
>>877
おまえさんは、このスレが廃止されて、困ることがあるのかよ?w

879 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 09:45:07 ID:VNH1W+GY
>>877
違うぜw

>おまえさんは、このスレが存続して、困ることがあるのかよ?w


880 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 09:52:14 ID:WGid18OR
>>878
困る事があるとすれば、目障りなことくらい。

ではおまえさんは、このスレがあって良いことがあるのか?


881 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 09:53:17 ID:WGid18OR
>>878
違うぜw

>ではおまえさんは、このスレがあって良いことがあるのか?


882 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 10:04:11 ID:VNH1W+GY
>>881
お前のような天皇基地外を叩くと快感があるぜw

883 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 10:06:13 ID:WGid18OR
>>882
廃止派もずいぶんとレベルが下がったものだな。


おしまい

884 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 10:09:27 ID:VNH1W+GY
>>883
お前のような天皇基地外こそ、廃止派をサヨ呼ばわりするだけの脳なしじゃねぇかw

885 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 10:20:07 ID:G2j7Yx6+
そろそろ10時の茶しばきの時間ですよ。

886 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 10:29:19 ID:rSJVPwGC
>>885
10時の茶しばきか、それも良いな^^
おいらは、今日は、出勤したけど、またまたの偽医者疑惑とろぺPの自演疑惑で、仕事が出来る精神状態ではないから、帰ってきたT-T

学位も精神保健指定医も持っているのに、おいら、偽医者なんだってww

887 :GUNDAM ◆tD8WfJ3GdY :2005/07/04(月) 10:30:30 ID:rSJVPwGC
後、スレに来る人たちが少なくなったのも、おいらが、強権的にスレ主風を吹かせたからなんだってT−T

888 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 10:30:37 ID:R6TF4cKw
廃止派は

汚き言葉の

数で常勝



889 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 10:33:14 ID:R6TF4cKw
廃止派の

夢の詰まった

床屋政談

狭い店内

多くは入れず


890 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 10:35:41 ID:G2j7Yx6+
>>888
おはよう、存続派の人。
がんばろうね。

891 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 10:37:25 ID:rSJVPwGC
>>861=ID:+xAsfoEy
医籍登録番号は晒せないのは当たり前だが、おいらに医師免を与えた香具師の名前を晒しておいてやるよw

厚生大臣:下条進一郎
厚生省健康政策局長:長谷川慧重


892 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 10:40:27 ID:rSJVPwGC
>>890
もう、次スレは要らないの?

893 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 10:47:24 ID:R6TF4cKw
処方箋

次スレの前に

正しい生活


894 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 10:48:51 ID:G2j7Yx6+
>>892
次スレッドはいるよ。
連続シリーズだからね。

895 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 10:51:46 ID:G2j7Yx6+
>>891
海部内閣の時代の厚生大臣だね。

896 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 10:52:56 ID:rSJVPwGC
>>894
おいらが、医者だと偽っているとか、ろぺPを自演しているとか、スレ主風吹かせた為に、多くの人たちがこのスレを去って逝ったと、おいらの責任を問う香具師がいるからねw

897 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 10:53:44 ID:rSJVPwGC
>>895
そう、平成3年だからね。

898 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 11:02:45 ID:G2j7Yx6+
>>897
今日は診療所は休みですか?

899 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 11:07:02 ID:rSJVPwGC
>>898
>>886に書いたけど、今日は、余りにも(このスレで気分の悪いことを書かれて)仕事を出来る精神状態ではないので、帰って来たw
けど、平日の休みに代わりに出勤しないといけないな^^; 
因みに、診療所じゃないんだよ。単科の精神病院で、週4日で常勤なんだ。
だから、平日にも休みはあるよ^^

900 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 11:11:05 ID:rSJVPwGC
大体、ID:+xAsfoEyの人が書き子すると、大抵、気分が悪くなるw
自分を何様と思っているのか知らないがww


901 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 11:12:48 ID:G2j7Yx6+
>>899
俺は理科系とか医学系が、
苦手だったので、
よくわからんけど、
医学系とかでは、精神医学が一番遅れているらしいね?
理科系だと電気系なら進学したかった。

902 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 11:15:06 ID:G2j7Yx6+
>>900
ガンダムさん、
ID:+xAsfoEyさんって、女性のひとだね?
>>859
に、書いてある。

903 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 11:21:32 ID:rSJVPwGC
>>901-902
もう良いよw 
それより、スレタイに沿った話をしよう^^

904 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 11:25:46 ID:lv2ML99a
僕は情緒的天皇制存続派だね。

905 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 11:39:48 ID:G2j7Yx6+
>>904
おはよう、情緒的存続派さん。
よろしくね。

>>903
そうだね。
スレッド違い悪かった。

906 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 12:19:50 ID:lv2ML99a
>>905 おはよう、こちらこそよろしく。

907 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 12:41:44 ID:G2j7Yx6+
>>906
存続派の人で、きちんと書いてくれる人が少ないので、
よろしくお願いします。

908 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 12:47:24 ID:G2j7Yx6+
ガンダムさん、いないのかな?

909 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 12:55:02 ID:rSJVPwGC
>>908
スレ立て依頼に逝っていたよ。新スレ立ったからね^^

【象徴天皇制を問う18】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1120448329/l50

910 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 13:02:18 ID:rSJVPwGC
>>908
今日は朝から、本当に気分が悪いので、何もしたくないんだけど、ここで落ちて、もし、ろぺPが出てきたら、また自演の疑いをかけられるしねw

911 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 13:19:32 ID:G2j7Yx6+
>>910
天皇に対して、
自分の自我を投影したりすると、
ろくなことにならないんだけど、
ガンダムさんは、天皇に対する思い入れが少ないから、
大丈夫かな?

912 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 13:24:32 ID:rSJVPwGC
>>910
それはね、大丈夫だよ^^
元々、おいらにとっては、天皇は離人感(=ありありと実感が湧かない)を生ぜしめる存在だから。
気分が悪いと言ったのは、おいらのことを、よりにもよって、精神科の患者と思っているうましかのせいだよw
患者さんに対して差別的なことは言いたくないが、こっちが患者では、患者さんの診察に当たれる道理もないのにね。

913 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 13:28:32 ID:G2j7Yx6+
>>912
ガンダムさんは珍しいね。
普通の日本人は、天皇万歳系のトラウマが、
支配的なんだよ。
国家神道の影響だけどね。

914 :竿竹屋後伏見宮親王:2005/07/04(月) 13:32:33 ID:G2j7Yx6+
南朝系の名前を変えました。

915 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 13:36:13 ID:rSJVPwGC
>>913
>天皇万歳系のトラウマ

君もあるの?

おいらの天皇の原光景は、認証式だな、やっぱり。
小学生の時に、天皇が首相を任命している所をニュースで見て、子ども心に、「総理と天皇はどっちが偉いのだ?」と疑問を持ったのが、天皇への関心の始まりだからね。

916 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 13:45:21 ID:rSJVPwGC
悪いけど、余りにも気分が悪いから、ちと落ちるね。
P医だと逝っていたら、いつの間にか、患者扱いだからなw
言われなき侮蔑もいいところだよT^T

917 :竿竹屋後伏見宮親王:2005/07/04(月) 13:46:01 ID:G2j7Yx6+
>>915
小学校か、中学校のころだったか、
忘れたけど、トラウマがあったかも?

918 :竿竹屋後伏見宮親王:2005/07/04(月) 13:46:50 ID:G2j7Yx6+
>>916
静養してきてください。

919 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 13:48:17 ID:lv2ML99a
基本的なこと聞きたいんだけど、
天皇陛下は日本国民なの?人間宣言したから人間なのだろうけど、
天皇陛下に人権はあるの?

920 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 13:50:20 ID:Mz0iYyu2
【あなたの嫌いな国は】
http://www4.vc-net.ne.jp/~internet/cgi-bin/nanian2/list.cgi?search=dislike

【日本から追放したい外国人はどこの国の人?】
http://www4.vc-net.ne.jp/~internet/cgi-bin/nanian2/list.cgi?search=Tsuihou

【キーワード『China』ででてきたアンケート一覧】
http://www4.vc-net.ne.jp/~internet/cgi-bin/nanian2/list.cgi?search=China

【キーワード『Korea』ででてきたアンケート一覧】
http://www4.vc-net.ne.jp/~internet/cgi-bin/nanian2/list.cgi?search=Korea

【真実の韓国を学びましょう】
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2362/LINK3.htm


921 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 15:24:53 ID:IetXeCCy
天皇制云々の前に仕事に支障を来すほど2ちゃんに依存してる事が問題だと思うが、小さな親切、大きなお世話かな。

922 :ROM専だが:2005/07/04(月) 15:45:21 ID:rDJSpzl8
>>921
ID:+xAsfoEy←この女、ウザイのは確かだな(w
こいつがスレ違いのレスをしては、大抵、議論が途切れている。
ガンダムにも、何回も文句を言っているが、
「手は出さずに口は出す」の典型で、本当にウザイ(w
俺なら、気に入らなければ来ないか、
文句を言わずに、自分で気に入るようなスレを立てるが。

この女は、スレの雰囲気をぶち壊していることに、
気がついていない点で痛すぎる(w


923 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 16:11:09 ID:QGtvWLRW
>>922
もう良いよ、また、自演だと言われるからw

顔も見えない氏素性も知れないネット上だからと言って、書いて良いことと悪いことは、やはり、あると思うが。
特に、「あなたの見方よ」を装って、粘着して来て、あることないこと言われたら、ストーカーされているよーな錯覚さえ起こしても不思議はないだろうw
しかも、いつも自分は、「レスは不要」だの「レスは受けられない」だの、言いたいことだけ言っておいて、安全地帯に逃げる卑怯さだ。

ま、もう一切、関わるつもりはないけどねw てか、彼女のいるスレには、もうおいらはいたくないのが本音w 

てか、>>922の言う通りで、スレ違いの話になったり、スレの雰囲気が壊れることの方が問題だろ?
おいらが、2ちゃん依存症かどーかは別としてw





924 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 16:24:18 ID:QGtvWLRW
ろぺPもいないし、もう、面白くもないや。
おいら的には、潮時なのかもな…。

925 :竿竹屋後伏見宮親王:2005/07/04(月) 16:32:29 ID:G2j7Yx6+
>>924
ガンダムさん、もう書き込み止めるの?

926 :竿竹屋後伏見宮親王:2005/07/04(月) 16:34:25 ID:G2j7Yx6+
掲示板に書き込みせむと

月待てば潮がひきすぎ   

船は出せない

927 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 16:38:22 ID:QGtvWLRW
>>925
おいらが書き子すると、関係ないのに、必ず、偽医者疑惑とろぺP自演疑惑がついて回るんだよw

928 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 16:40:45 ID:lv2ML99a
右派 弾幕薄いよ なにやってんの!!

929 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 16:42:41 ID:QGtvWLRW
後、スレ立て主風を吹かせて、沢山の人たちが去って逝った責任もおいらにあるらしいw

930 :Waoチン:2005/07/04(月) 16:42:46 ID:TTH0jbjv
>南朝系の名前を変えました。

じゃ漏れはこれで(笑)

そもそも「ニッポン(日本)」とか「テンノウ(天皇)」とか気張りすぎ。
倭の大王でいいじゃん。

931 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 16:48:28 ID:QGtvWLRW
おいらが、スレ立て主の権限を使って、「出て逝け」と逝ったのは、荒らしに対してだと思うんだが、あたかも、おいらの気に入らない香具師らを排斥したと言いたいしとがいるらしいw

932 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/04(月) 16:56:53 ID:DVPqRh0d
>>931
オマイは喜怒哀楽が激しいな。
あんなネカマ野郎のことくらいでヘコむなよ。
オレなんざ極東板でスレ立てたときは、ボロカスだったぞ。
自分を信じて更なる進歩をオレは望んでるぜ。

933 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/04(月) 17:00:30 ID:DVPqRh0d
それに、オレは自営業者なんだがたまにこのスレにも顔を出す粘着野郎からは
「自称自営業」なんていわれてるぜ。ラムタン並みの唯我独尊は無理だとしても
コテに叩きは付き物だからな。あまり気にするな。

934 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 17:00:39 ID:QGtvWLRW
>>932
どうもでつ^^
おいらは、循環気質(=躁うつ病親和性)なので、結構、ムードがジェットコースターみたいになりまつ^^;

935 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/04(月) 17:03:48 ID:DVPqRh0d
>>934
本質的にはオレも同じだよ。
ナンノ似の前カノからは「破滅型」なんていわれたくらいだから。
ま〜、オレの場合はリーマン辞めて自営になってから開き直ってるんだが。

936 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 17:08:00 ID:QGtvWLRW
>>935
おいらは、彼女からは「冷静だけど激情型」と言われていまつ^^;

937 :ろろP:2005/07/04(月) 17:15:44 ID:FbyvHJIm
>>936
馬鹿野郎!!てめえ、あんな糞女の言葉に惑わされるな!
男なら、最後までやり通せ!!

とお前のホモだちのろぺも言うと思うぜw

938 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 17:19:33 ID:QGtvWLRW
>>937
ろぺPとのお○モだち疑惑もあったなあw
けど、これは、おいらが宣言?したし、香具師も嫌がらなかったんだよww

939 :竿竹屋後伏見宮親王:2005/07/04(月) 17:34:16 ID:G2j7Yx6+
>>930
倭王珍ですね?
本当は、どういう王朝だったんだろう?
大和朝廷とは関係なさそうだね。

940 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 17:39:37 ID:QGtvWLRW
>>939
仁徳天皇の息子だっけ?>倭王珍

941 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 17:45:10 ID:QGtvWLRW
>>939
ちとぐぐってみたが、九州王朝説は間違いとしか書いていないw

>倭の五王とは、413年から502年の約100年間に、中国の南朝と
>通交した倭(日本)の五人の王者のことです。
>この倭王は、讃、珍、済、興、武の五人で、これを「倭の五王」と
>称しています。
>通説では、讃=仁徳天皇、珍=反正天皇、済=允恭天皇、興=安康天皇、
>武=雄略天皇とされています。

>倭の五王に関して、日本側と中国側の記録の食い違いを理由として
>九州王朝の王者群とする説がありますが、この九州王朝説は誤りです。



942 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 18:48:25 ID:cMcgT26a
天皇制存続賛成
天皇を外交のコマにすべし

943 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/04(月) 19:14:59 ID:ab7kHqar
>>942
じゃ、北朝鮮へ逝ってもらって拉致家族問題を解決してもらおうぜ。

944 :竿竹屋後伏見宮親王:2005/07/04(月) 19:15:19 ID:G2j7Yx6+
>>941
邪馬台国は大和にあって、
九州説を持ち出した人は間違いだろう。
倭の5王は、飛鳥時代の王朝とは別の王朝だろうと思う。

945 :竿竹屋後伏見宮親王:2005/07/04(月) 19:17:01 ID:G2j7Yx6+
>>943
4世紀から6世紀には朝鮮半島に日本府がおかれていたから、
皇室が北朝鮮に外交をするのも正当化できる。

946 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/04(月) 19:26:11 ID:ab7kHqar
>>945
そいつはいい。
是非とも陛下と将軍との会談をセッティングしなくちゃ。
あ、陛下はご病気が心配だから皇太子殿下の方がいいか?

947 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 19:27:58 ID:QGtvWLRW
>>944
つまり、倭の五王の時代は、王朝の交代があったとゆー意味だよね?
少なくとも、この時代は、万世一系ではないと?



948 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 19:31:03 ID:QGtvWLRW
>>946
サッカーではないが、第三国で会談をしないと危険だなあ。

949 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 19:34:20 ID:8ydTKma6
くだらねえ話だな。

スレの意味があるのか?


950 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/04(月) 19:35:19 ID:ab7kHqar
>>948
それじゃ、親日でもあるイランあたりがいいな。
ダルビッシュの雄志を端緒にして話題も盛り上がるだろ。

951 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/04(月) 19:36:55 ID:ab7kHqar
オッ、マゾの水戸タン登場か。
偕楽園は快楽園。

952 :竿竹屋後伏見宮親王:2005/07/04(月) 19:40:19 ID:G2j7Yx6+
>>947
継体天皇から聖徳太子にかけての王朝は、
それ以前の王朝と違うと思うけど、
歴史資料が全く無いからね。
聖徳太子は外国人だという説もある。
ソースは無いけどね。

953 :竿竹屋後伏見宮親王:2005/07/04(月) 19:41:52 ID:G2j7Yx6+
>>950
イランはたしかイラン航空が、
成田に乗り入れていたね?

954 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 19:45:35 ID:QGtvWLRW
>>952
おいらは、聖徳太子の架空人物説を聞いたことがある。

>>953
おっ、会談が次第に具体的になってきたw


955 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/04(月) 19:47:50 ID:ab7kHqar
>>952
大山説だな。

956 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 19:48:19 ID:8ydTKma6
もともと少なかったスレの存在意義が、底を付いてきたな。

古代史が語りたければ日本史板へ来るがいい。
自慢のトンデモ史観でも披露するがいい。
ここで中途半端な知識をひけらかし、初心者を惑わすのは止めた方が良い。
それは詐欺という行為だ。

もはや『象徴天皇制を問う』スレの体を為していない。


957 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 19:49:11 ID:WWDTzZVw
税金もったいないから(゚听)イラネ
もう普通の人になってハローワークに通って働いて税金納めてもらいましょう

958 :竿竹屋後伏見宮親王:2005/07/04(月) 19:50:14 ID:G2j7Yx6+
>>954
政治的な行動をすることが、
憲法で許されているかどうかは別として、
会談で拉致問題を解決できたら、
天皇制はすごいということになるよ。
拉致家族会もよろこぶし、万歳なんだけどね。

959 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 19:50:26 ID:8ydTKma6
怠慢だな。


このスレを焼き尽くすべし

960 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 19:50:37 ID:QGtvWLRW
>>953
けど、あちらの将軍は、飛行機には乗らないよな?
鉄道でイランまで逝くのかな??w

961 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 19:50:49 ID:8ydTKma6
不要

962 :竿竹屋後伏見宮親王:2005/07/04(月) 19:51:48 ID:G2j7Yx6+
>>956
今上天皇の勅令がありますからね。
スレッドの継続は必要でしょ?

963 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 19:52:02 ID:8ydTKma6
仮想戦記でも書いているつもりか


ROMしている人に失笑されている

964 :竿竹屋後伏見宮親王:2005/07/04(月) 19:52:34 ID:G2j7Yx6+
>>959
なんかいい議論を出してくださいよ。

965 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 19:52:40 ID:8ydTKma6
>>962
果たしてこのスレが陛下の言葉に即した内容であるか否か、それが問題だ。


966 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 19:53:30 ID:8ydTKma6
>>964
不要だ。

せめて日本国の土となることを祈ってスレを焼き尽くすしかない。


967 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/04(月) 19:53:36 ID:ab7kHqar
>>958
天皇が拉致家族を連れ帰ったらオレは素直に存続派に敬意を払うわ。
正直スマンカッタと謝るぜ。

968 :竿竹屋後伏見宮親王:2005/07/04(月) 19:53:44 ID:G2j7Yx6+
>>963
提案をお願いしますよ。

969 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 19:53:56 ID:QGtvWLRW
>>959
誰も相手してくれんから、淋しいのな(; ;)←水戸の顔
よしよし^^

970 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 19:54:28 ID:8ydTKma6
やめろやめろ

971 :竿竹屋後伏見宮親王:2005/07/04(月) 19:54:44 ID:G2j7Yx6+
水戸の人は、なんか議論を提案することが無いね?

972 :竿竹屋後伏見宮親王:2005/07/04(月) 19:55:25 ID:G2j7Yx6+
>>969
怒り出しちゃったね?
大丈夫かね?

973 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 19:56:04 ID:G2j7Yx6+
>>970
もれはやめてもいいけど、
提案していってよ。

974 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 19:56:27 ID:8ydTKma6
>>969
卑怯かつ2ちゃん依存症のスレ主か・・。

何事もやる時とやらぬ時にケジメをつけることが必要だ。
貴様はそれのできない3流の人間だ。そして常に多数を頼む卑怯ものだ。
自己嫌悪に陥れ。


975 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 19:56:31 ID:QGtvWLRW
>>967
何を引き換え条件に出してくるかな?北は??

976 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 19:56:55 ID:G2j7Yx6+
>>965
これからどうするかを考えましょう。

977 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 19:57:43 ID:8ydTKma6
>>971
もう潮時だということだ。
にも関わらず次スレを立てやがって・・。

外道め

978 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 19:58:05 ID:G2j7Yx6+
>>974
次スレッドがもうできているよ。

979 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 19:58:11 ID:QGtvWLRW
>>974
罵倒しか能がないのな(; ;)可哀相に…(; ;)

多数を頼むって、廃止派は少数派だが、何か?w

980 :朝まで名無しさん:2005/07/04(月) 19:59:18 ID:G2j7Yx6+
>>977
次スレッドに向けて建設的な提案をお願いしますよ。

981 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 20:00:22 ID:QGtvWLRW
>>977
気に入らんのなら、こんな所で喚かずに削除依頼すれば?ww

982 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 20:00:39 ID:8ydTKma6
『存廃も含めて議論されること』と陛下が促された内容と関係ないではないか?

即ちスレの存在意義がないということだ。話は尽きた。
スレ主の医者の話が何か関係あるのか?
北朝鮮の話と関係があるのか?
古代トンデモ説が何か意味があるのか?

くだらん。
このようなスレは燃えてしまえばよい。灰になり、日本国の土となれ


983 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/04(月) 20:00:50 ID:ab7kHqar
>>975
冷麺を輸入する。アサリの輸入再開をする。
安売り紳士服の工場を建設する。
核施設を原発に転用するべく技術供与をする。
将軍が大好きなゴジラ映画のロケをする。
(監督はもちろん山田洋二)

984 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 20:03:09 ID:8ydTKma6
スレ主のプライベートについて、新スレでも立てて建設的な話でも
古代史妄想でも好きなようにやるがいい。

だがそれをこのスレでやる意味があるのか?
それがニュースなのか?


985 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 20:03:20 ID:QGtvWLRW
>>983
まさか、「天皇制の廃止」をカードにすることはない??@@;

986 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 20:04:18 ID:8ydTKma6
次スレでもまた妄想史観を炸裂させるのか。

日本史板へ来い。


987 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 20:05:02 ID:QGtvWLRW
>>984
今、将来のあるべき「皇室外交」について、提案し合っているが、それが何か?w
おまいも、喚いていないで、提案のひとつでもすれば?ww

988 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 20:06:34 ID:8ydTKma6
天皇陛下は日本国の至宝であり、象徴としての天皇は日本国に秘められた
最強の危機管理である。



989 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/04(月) 20:07:20 ID:ab7kHqar
このまえテレ東でやっていたんだが、ワシントン筋では本気で北朝鮮を
潰すべきとゆ〜一派がいるそうだ。
「ブッシュの戦争」でインタビューしたウッドワードによれば、
アメの政府は北朝鮮の情報をほぼ満遍なく掴んでおり、ブッシュは激しく
キム豚を憎んでいる。国民を喰わせるコトに金を使わず、軍備に金を使うのが
我慢ならないそ〜だぜ。

990 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 20:07:41 ID:8ydTKma6
>>987
将来?
お前の希望は皇室の消滅ではなかったのか?

スレを幾つも重ねても言葉の軽い奴だ


991 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 20:08:13 ID:QGtvWLRW
>>988
じゃあ、やはり、北から核搭載のミサイルが飛んで来ないよーに、陛下と将軍の会談をセッティングせねばなw

992 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/04(月) 20:08:32 ID:ab7kHqar
>>985
それはね〜よ。
内政干渉になるからな。

993 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 20:08:49 ID:8ydTKma6
『廃止』はニュースにもなく、訴える議員もなく、政党もない。

皇室外交を論じるのならば、別スレを立てるのだな。




994 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 20:09:57 ID:QGtvWLRW
>>989
それに北を叩かないと、イラク戦争も正当化されないしね。

995 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 20:10:31 ID:8ydTKma6
『廃止』はニュースにもなく、訴える議員もなく、政党もない。
唯一のスレの存在理由が、陛下のお言葉『存廃を含めた議論を』だけだ。
だがその話を論じていないのならばスレは不要だ。

皇室外交を論じるのならば、別スレを立てるのだな。
おまえの悲観的将来なんぞ聴きたくはないからな。


996 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 20:12:12 ID:8ydTKma6
結局、常に廃止スレに書き込んでいるのは、二人程しかいなかった。

数人の廃止派コテハンによる珍説披露場だった。

次スレがあるならば、少しはマシにならんことを。



997 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/07/04(月) 20:13:19 ID:ab7kHqar
>>994
アメは軍産複合体のマッチポンプシステムだ。
適度に戦争やらかさね〜と内需が停滞するよ〜になってんだ。
天皇が北を解放したらそれこそ快挙だぜ。

998 :GUNDAM ◆NewtypeIoc :2005/07/04(月) 20:13:25 ID:QGtvWLRW
>>996
言いたいことはそれだけか?ww

999 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 20:13:38 ID:8ydTKma6
廃止が少数派であることを認識できるようになったことは進歩だな。

以前は『意識調査には意味が無い』と垂れ流す廃止派がワンサカいたからな。
世間無視にもほどがあると思っていたが。
進歩だ。


1000 :水戸脱藩浪士 ◆S/wY9zM0bQ :2005/07/04(月) 20:13:50 ID:8ydTKma6
天誅

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

341 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★