5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【光市・母子殺害事件】死刑反対人権屋に質問

1 :朝まで名無しさん:2006/06/24(土) 19:12:06 ID:6nQNToXp
ある日。自分が仕事/学校からいつもどおり帰宅し夕食を家族で食べようと玄関の鍵を開ける
しかしいつも居るはずの妻と子の姿が無い。ふと押入れを見ると人の肌の様なものが覗いている
開けてみるとそこには自分の妻が下半身丸出しで性器から男性に犯されたであろう精液を垂れ流しながら衣服はボロボロにされ死んでいた。
生後まもない我が子はどこを探しても居ない検察が探すと屋根裏部屋から頭を何度も叩きつけられ頭が変形し変死してる我が子
そして財布も無く何者かに盗まれた様子

人権屋は妻と子は犯人は更生を望んでいるからこの程度許してやるか、犯人を殺す程の事じゃないしー。と思ってるの?意見求む

2 :漂泊の2ゲッター:2006/06/24(土) 19:13:00 ID:WuOJWU+F
2人で一緒に2ゲットオォォォォ!!
 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            (´´
       ∧∧             (´⌒(´
     ∧∧゚ー゚*)⌒ヽ〜       (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂∪⌒つ´ ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄ ̄      (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ

3 :朝まで名無しさん:2006/06/24(土) 19:15:45 ID:OaGuX662
ネタスレ?
マジレスすると、本件に関する、今回の最高裁の判断と死刑廃止論は別物です。

4 :朝まで名無しさん:2006/06/24(土) 19:21:00 ID:6nQNToXp
>>3
とりあえず自分がそうされたら人権屋は犯人の人権を優先し死刑なんていらないと犯人の更生の為に税金を払い7年で水に流すのかって事だよ。
仮に終身刑だとしても犯人の一生を自分たちの税金で保障するのかと言う事


5 :朝まで名無しさん:2006/06/24(土) 23:05:26 ID:ZAu+26oB
「被告側にとって、資金と候補者のリサーチさえ万全なら、陪審員一人ひとりを
説得していくのはたやすいこと。そのリサーチは、住所、家族、経済状況まで細部に渡り
そのデータを元に買収や脅迫を行うこともやぶさかではない」

「僕はアメリカに幻滅した」小林至 p137より抜粋




6 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 00:08:47 ID:FmvTTd5I
バカはすぐ感情論に走るからなw
司法と勘定は別。馬鹿本村の卑怯極まりない世論を使ったお涙ちょうだい戦術に
まんまと引っかかった司法は最低だ。日本の司法も地に堕ちたなww

7 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 00:17:39 ID:uOCMw0rD
人権屋が更生を目指すのなら3年の懲役でいいよ。
出所のときに人権屋5人を保証人に付けよう。
そして、何か犯罪を犯したら犯人共々全員死刑にするんだ。
それでも更生させろと言うんなら 試してみてもいいよ。

8 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2006/06/25(日) 00:26:56 ID:i2zMXZdE
被害者遺族とケンカして罵倒なんてやるようでは
死刑廃止なんて今世紀中はありえないだろうな
これは人権派の責任だ

9 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 00:34:50 ID:lbZ3Xdlf
>>6
さすが変な理屈ばかりで賢いつもりの連中は違うw
こういうのが20年くらい前まで「中国、ソ連、北朝鮮はアメリカ、日本など西側諸国をやがて追い抜くのは論理的に証明されている」とかマジで言っていたんだよなw

10 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 00:42:46 ID:mIZsyyr0
死刑制度はなくする方向と聞いているが…
こうも「死刑以外の選択のなさそう」な事件が存在すると、10年先でもなくせないかもしれないな。

11 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 00:48:00 ID:P79VqW2M
Q.本村さんはマスコミに顔を出しすぎではないでしょうか?
A.欧米では裁判で被害者や遺族が意見を述べる権利が認められていますが、
日本の裁判制度では、被害者や遺族にはそうした権利がありません。ですか
ら、マスコミに訴えるしかないのです。

Q.本村さんが、愛する妻子が殺された状況を公表するのは売名のようで、違
和感があります。
A.殺された状況は判決文に公開され、誰でも読むことができます。また、事
件直後、殺された奥さんが福田被告を引っ張り込んだかのようなデマ情報が流
れたので、真実を伝える必要があった点も考慮すべきです。

Q.本村さんが立て板に水に喋りまくることに対して、違和感があります。
A.本村さんは7年間の間、多数の取材を受け、多くの会合で訴え続けました。
死刑廃止のイベントに呼ばれて、安田弁護士と公開の場で論争し、論破したこ
ともあります。表現力が鍛えられるのは当然です。むしろ、たどたどしく喋る
方が演技臭いでしょう。


12 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 00:48:46 ID:P79VqW2M
Q.遺族がマスコミに対して表現力があるかどうかで、量刑が左右されるのは
不公平ではありませんか?
A.今回の最高裁で、未成年の死刑判決の基準が変わりました。新しい基準に
よって量刑が決まりますから、遺族の表現力は関係ありません。

Q.本村さんは莫大な裁判費用をどのように調達しているのでしょうか? バ
ックに、いかがわしい団体がついているのではないでしょうか?
A.日本の制度では、刑事裁判には遺族は関係ありません。被告を起訴するの
は検察ですから、遺族が裁判費用を負担することはありません。傍聴のために
東京に出てくる旅費は自前ですが。

Q.福田被告は社会の犠牲者ではないでしょうか? 新自由主義によって地域
社会が崩壊しなければ、あのような犯罪は起こらなかったのではないですか?
A.事件が起きた平成11年は小渕内閣時代であり、新自由主義とは無関係で
す。


13 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 00:57:11 ID:mIZsyyr0
>>11ー12
まとめちゃったね。
>>11に質問だけど、福田は(福田父もだが、手紙やTVでの言動から)少なくとも知識人ではない様子だよね?
むしろ、知能が低いのではないか?と思えるくらいなんだけれども…
そういう面での情状ってのはないのかね?     善悪がわからない程の障害でないと無理なのかな?

14 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 01:42:36 ID:PghfGSmu
人を殺したら、自分も死ね。中学生以上には、分かる理屈だ。

15 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 01:48:31 ID:J2AoXHSc
>>14
それは幼稚園レベルの理論ですね^^

16 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 01:50:58 ID:mIZsyyr0
>>14 そういうレスは期待していないんだよな。
死ね…は結構だけど、その君のレスより低級だぞ、あいつの手紙…
馬鹿丸出しだよ、あれ。
罪の意識もあるのだか無いのだか…

17 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 01:55:39 ID:t0DbmuwH
15>>
ではキサマの理論を聞かしてもらおうか。
殺された人は戻っては来ない。殺人を窃盗とか致傷等と同じ土台に置いてる連中はわからんだろうな

社会に出してしまえば「未成年で強盗をし死体レイプして赤ちゃん殺しても自分は自由になれる」という事実が世に出回れば日本は終わる

18 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 01:58:40 ID:jtdZKIL0
>>1
俺は死刑存続派だけど、オマエのような下卑た感性の持ち主には吐き気がする。


19 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 02:15:55 ID:mIZsyyr0
>>17 君、あとさきが逆だぜ、論理もレス番の付け方もさぁ。
興奮するなよ。一人一殺なら、そりゃそれで立派な論理だよ。
相手を納得する表現を使えよ。君、まるで駄々子だぜ。

20 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 02:20:11 ID:9MDDO1vt
死刑が存続すると困るんだろ、擁護派は

自分が死刑囚になるかもしれないから

21 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 04:42:11 ID:kF3mRamj
奥山和由
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E5%B1%B1%E5%92%8C%E7%94%B1

ゴミしか作れないヤツが考えそうなことで

22 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 10:14:33 ID:P79VqW2M
【死刑廃止論者にありがちなこと】
・死刑は先進国では廃止の方向だという割にはその先進国の名前を挙げられない
・死刑執行の数が異常に多い中国については何も言わない
・死刑執行も刑務官の仕事なのに刑務官が可哀想だと決め付ける
・死刑囚の犯した罪と死刑という罰をなぜか同列に扱う
・殺された人はもう何も食べられないのに死刑囚にお菓子などをせっせと差し入れする
・面会できる人間が増えるようにと死刑囚と結婚までする
・「殺されたのは子供じゃなくて大人だったんだから無期懲役が妥当だったのに」とか平気で言う
・「○人しか死んでいないのに」と動物でも数えるかのような無神経ぶりが目立つ
・死刑執行後は「さん付け」で呼び、まるで罪が全て清算されたかのように話す
・宅間や宮崎などさすがに世間から猛反発をくらいそうな死刑囚についてはダンマリを決め込む
・「死刑という刑があっても世の中の殺人はなくならないさ」と死刑囚のしたことについて触れない
・殺された人、遺族への配慮もなく「死刑囚の家族に知らせないで死刑執行をするのはおかしい」と騒ぐ
・死刑囚が遺族になんの慰謝の措置も講じていないことについてはとにかくスルー
・「生きて償え」と言ってくれた一人の遺族を祭り上げて大騒ぎ(他の遺族たちは許してはいないのに)
・被害者に過失があったことにしたがり、死刑囚が社会や国の犠牲者だったことにしたがる
・「日本は残虐な刑を禁じているのに死刑があるのはおかしい」という弁護しかできない
・無期懲役の仮釈放中にまた殺人をやって死刑になった奴らが更生していなかったことについては触れない
・何度服役しても更生しなかった死刑囚のことを「更生させなかった刑務所が悪い」とか言い出す
・死刑囚のやった残虐な犯行には触れずに被害者遺族の怨念で死刑になったと口をとがらせる
・死刑囚に冤罪の可能性がある、と「自白」も「証拠」もあるのになぜか冤罪にしたがる
・前科があっても、前の犯罪には触れずに「善人」にしたてあげ冤罪だとさわぐ
・「死刑を求めるなんて感情論だ!」と感情を露わにして主張する。


23 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 11:29:04 ID:HPp5TaKb
>>13
そういう面の情状を鑑みても、無期懲役は不当で、破棄しなければ著しく正義に反すると認める
というのが最高裁判所の判断でしょう。
>>11-12はわかりやすいけど、
本村さんが安田弁護士をどう論破したのか、載っているサイトとかありませんか?
本村さんが死刑廃止派の集会に招待されて、
安田弁護士が何の打ち合わせもなく本村さんをいきなり壇上に呼んで、
持論で本村さんを論破するつもりが、逆に論破されて大恥かいたと聞いたんですが。

24 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 13:24:17 ID:t0DbmuwH
だから私は少年の死刑を求める
著:本村洋
http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2000/ronbun/06-r3.html
これ読んだら一言一言が納得させられる



25 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 15:05:27 ID:HPp5TaKb
>>24
読みました。
人権派の人達にぜひ読んでいただきたいものだ。
これを論破できる人絹派がいるのだろうか。

26 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 15:29:37 ID:P79VqW2M
2000年の本村さんのインタビューから
http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2000/ronbun/06-r3.html

 裁判所はマスコミ用の傍聴席を用意して、遺族が
入れないのに、何人も優先的にマスコミが入って、
少年の言ってることを全部書き留めている。名前も
住所も全部書き留めてるわけですね。にもかかわら
ずそれを報道しないわけでしょう。じゃ、あなたた
ち、いらないじゃないですか。それなら遺族を入れ
て下さい、一人でも多く。事件の真相を知りたいん
だから。

 おかしいと思ったのは、裁判の冒頭陳述や判決要
旨をマスコミはもらえるのに、被害者はもらえない
ことです。どうしてもらえないんだろう。新聞を見
て知るしかないんですよ。マスコミの方に「見せて
下さい」と頼んでも「部外者(司法記者クラブ以外
の人)には、見せてはいけない規則なんです」と言
われました。

 少年が中一のときにお母さんが亡くなるなど、環
境に問題があって少年が犯罪に至ったのか、そんな
こと関係なくて、たまたま少年の資質がそうであっ
たのか、もっと詳しく調査して報道してくれないと、
まったくわからないでしょう。マスコミはそういう
情報を全然流さない。それが本当にいいことなのか
と思いますよね。事実を伝えないことで、視聴者や
読者は勝手な想像をする。そのことが少年の人権侵
害になってしまうことだってあるんじゃないですか


27 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 15:30:21 ID:P79VqW2M
2000年の本村さんのインタビューから2
http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2000/ronbun/06-r3.html

 ものを盗むとか、暴走行為したとか、喧嘩をした
とかいうのはいいんです。今の少年法のままで。非
公開の審判でやってもいい。ただ、殺人のような人
の人権を著しく侵害する犯罪を犯した少年に対して、
今の少年法で守ろうとするのは問題です。人権派の
弁護士は、万引から立ち直った少年だとか、非行か
ら立ち直った少年だとか、そういう話をしますが、
それはそれでいいんです、立ち直ってるんだから。
ただ、殺人を万引と同じレベルで扱っていいのか。

 少年は可塑性に富む、更生しやすいなんていって
ますが、刑務所、少年刑務所の再犯率は五〇%超え
てますよ。人権派の弁護士は何をもって少年は更生
するんだ、可塑性に富むといっているのか。半分は
更生してないじゃないか。

 殺人、放火、強盗殺人など、人の人生を著しく変
えてしまうような犯罪者に対してそんな無責任でい
いのか。累犯者は繰り返すというデータ持っていな
がら裁判長は死刑を出すのにおびえる。人の命を取
るのにおびえている。


28 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 15:30:58 ID:P79VqW2M
2000年の本村さんのインタビューから3
http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2000/ronbun/06-r3.html

 少年法を擁護する立場で考える人は被害者、遺族
を見てないですからね。被害者の苦しみとか遺族の
涙とか悲しみだとか、犯罪被害者となって家庭が崩
壊していく人もいるわけです。たくさん。そういう
人を見てないんですね。 無視されてきた犯罪被害
者の人権

 とにかく今の六法に犯罪被害者の権利がないんで
すね。じゃ、具体的に犯罪被害者の権利って何なの
と。わからないですよね、犯罪被害当事者でないと。
私も被害者になって何が足りないか初めてわかりま
した。だから被害者自身が足りないものを条文化し
ています。警察の捜査、裁判で事件の情報を知る権
利、通り魔などに家族の長を殺された場合、国から
経済的支援を受ける権利、犯人が出所したとき、お
礼参り殺人の危険がありますから、いつ出たか、ど
こに住んでるかを知る権利、身を守ってもらう権利
とか、そういったもの並べています。そのために月
に一回集まって会議を開いてます。


29 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 17:09:22 ID:FxLbQGJ3
>殺したいと思うからこそ控訴も上告もするわけですし、
>そこが被害者としての原点ですからね。
          ↓
>刑があるからそれを求めるといってるわけで、
>死刑がないのに死刑にしろといってるわけじゃないんですね。
>終身刑だったら終身刑を求めますよ。とにかく一番重たい刑を求める。

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工
殺したいんじゃなかったの?

30 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 17:11:12 ID:FxLbQGJ3
>それは犯人を苦しめたいと思えばお金を取ればいいんですけど、
>でも私はお金をもらって嬉しいわけでもないし、それは違うなと思います。
          ↓
>それに、もし少年が心から反省したのであれば、
>少年から賠償金の申し出があるのではないかと、そんな期待もしています。
(工エエェェ(´д`)ェェエエ工 おいおい。)
          ↓
>少年の家庭にはまだ弟さんがいて、あと小さな二歳ぐらいですか、
>夕夏と同じころの女の子が事件当時いたんです。
>いま二歳に満たないぐらいのお子さんのいる父親に
>莫大な民事訴訟を起こしてお金を払わせるというのは……。


工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工
少年自身が賠償を申し出れば父親の家計には影響ないの?

31 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 17:15:42 ID:FxLbQGJ3
>私の裁判でもう一つショックだったのは、裁判長は、
>遺族が死刑を求めるのは至極当然であるといってるにもかかわらず、
>死刑を出さなかったことです。遺族は死刑を求めて当然なんだけど、
>そんなもの関係ありません。考慮しません。
           ↓
>おかしいですよね。少年が更生しようが、計画性があろうがなかろうが、
>そんな事は、被害者、遺族にとっては、関係ありません。

(自分も同じ事言ってんじゃん。それじゃお互い様だろ?)

32 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 17:16:33 ID:FxLbQGJ3
>人権派の弁護士は、万引から立ち直った少年だとか、
>非行から立ち直った少年だとか、そういう話をしますが、
>それはそれでいいんです、立ち直ってるんだから。
>ただ、殺人を万引と同じレベルで扱っていいのか。

(でも死刑と無期を同じレベルで扱うのはいいってか?)

33 :朝まで名無しさん:2006/06/25(日) 17:30:30 ID:P1pPQ+Lz
ID:FxLbQGJ3

キミね、そういうのを揚げ足取りっていうんだよ
宿題でもやってなさいw

34 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 04:58:49 ID:S8U9QNSN
死刑廃止論者ってさ、大本は日本赤軍のシンパで、死刑廃止運動はその側面支援活動
なんだから乗せられちゃダメよん

35 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 05:28:44 ID:K3A0rOyw
>>34
ふーん
死刑廃止論者って共産圏の情報機関から治安悪化目的で
支援されてるのだろうと、漠然と考えてたけど、
そこ(日本赤軍)には思い至らなかったな。

36 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 05:47:16 ID:JOHoIfrD
>>34
んなわけねーだろ。>>35 も信じるな。バカか?

37 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 05:51:21 ID:bL2cVfWG
いや、あながちウソともいいきれん。死刑廃止論者の言は左っぽいからな。鋭い推察かもしれん。

38 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 09:11:53 ID:HkOk/eW7
>>37
右翼にも死刑廃止論者はいますが

39 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 09:19:35 ID:q4mA2uHf
凶悪犯罪者という社会の病理部分を除去消滅させる(死刑)か
生かしておいて隔離もしくは監視して暴走の再発を防ぐかという選択だと思うけど
再犯の危険が高いのなら除去するのが賢明な道だと思う


40 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 14:13:20 ID:YUR2feMJ
おまいら工作員に釣られ杉w

41 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 14:30:26 ID:U43yn+CJ
しかし死刑で新たな犯罪が防げるかという疑問もある。
アメリカは州によって死刑があったりなかったりだが、凶悪犯罪の発生率に差は内容だし。

何が凶悪犯罪の原因なのか?

あと濡れ衣は終身刑でないと取り返しはつかないわな。

42 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 14:48:33 ID:S8U9QNSN
まぁ死刑廃止論でぎゃあぎゃあ騒ぎ始めた面子と時期を考えれば一目瞭然。
万一赤軍連中がとっつかまったら死刑間違いなしだろ?それをどうにかする
為にはって分けさ。犯罪者云々、人権云々じゃないの。
まぁモサドに捕まって、死ぬよりつらい拷問の数々で壊れちゃった元赤軍も
おるようだが。

43 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 15:02:21 ID:YUR2feMJ
お仕事ご苦労様です。

44 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 15:07:29 ID:MI5LHDxD
捕まったが死刑にならなかった赤軍もいるぞ

45 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 16:21:36 ID:9UgR/dC3
冤罪で死刑になったらどうするという論法も見られるがそれを恐れていれば
罪は裁けなくなる。
死刑の判決は脚光を浴びるがそれ以外の犯罪で冤罪はいくらでもある。
チカン被害者常習者に犯人に祭り上げられたかわいそうな会社員や
自称セクハラ被害者にまんまとはめられたスケベ上司なども冤罪だ。
彼らこそ今後も生き続けるのでみんなで守ってあげるべきである。
しかし本当に冤罪なら家族が友人が上司が部下が多くの人が守ってくれるはずだ。
昔なら冤罪であっても状況証拠だけで多くの死刑執行が行われたと思うが
今の日本は100%の確信がないと執行してないと信じている。

昔の事件だがみんなは○○疑○の○○さんはやってるとおもっていたただろ
しかし100%の証拠や確信がないと判決はああなるんだ。

よって冤罪死刑は今後ないと信じる。
自供と証拠が一致している遺恨なしの通り魔的殺人鬼には殺した人数に関わらず
死刑執行が正当と思う。たとえそれが未成年でも。
万一、冤罪→死刑が発生したとしてもこの良い制度を変えるべきではない。


46 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 16:33:28 ID:LCZ8dxp1
ここで、死刑に賛成している人にシンプルな質問を投げかけたい。

「国家(警察・司法)は我々の味方になってくれると思うか」

47 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 16:40:05 ID:S8U9QNSN
まぁ味方だと思う。

死刑にならなかった赤軍もそりゃたしかにいるが、死刑の可能性は在ったわけだし
そうなる可能性が高いヤツもいる。そういうヤツのために活動してるのが死刑反対
論者の正体だわな。まんまと騙されて、お目目きらきらさせながら反対運動やって
るメンヘルと同レベルの脳みそお花畑プロ市民もおるがのうw
捨民党の党首様を見ろよ、あいつがなんか某過激派シンパなのは有名だしなw

48 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 16:46:05 ID:HMq1j2nN
>>46
ごめん「我々」の定義が無いと答えられない(例:ルールを守る人、ルールを破る人等)

49 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 16:48:12 ID:+G+N0pFF
>>46
私見ですが。

味方でもないし、敵でもない。
司法は味方だから守るわけでもなく、責務だから守る。
司法は敵だから処罰するのではなく、責務だから処罰する。
ただ、それだけかと。
味方とか敵という考え方そのものに意味がないかと思ってます。

50 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 16:54:38 ID:LCZ8dxp1
>>48
ルールを守るか否かですか?
ルールを守っているつもりでも、実際にはルール破りだと
後で指摘されて捕まったのが堀江や村上です。
>>49
私もそんなところです。
つまり敵、若しくは敵の敵であっても、味方ではない。
と思います。

何が言いたいかというと、この事件は猟奇殺人ですが、
いつ何時、自分が加害者側になり検察が敵になるか分からない
ということです。
痴漢の冤罪などは、突然降りかかってきますから。

51 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 17:07:58 ID:PO5wOTaZ
>>49>>50
俺は逆に
敵にもなり味方にもなる
と思ってるが。

李下に冠を正すような事をしなければ
普通は味方になってくれるでしょ。

52 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 17:27:01 ID:4uYA3R+Q
警察だろうが、裁判官だろうが、法律を犯せば糾弾されるべきで、ちゃんと仕事をしなければ文句いわれる。こういうのは信じるとか信じないという問題ではない。頭おかしいのでは?

53 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 18:43:07 ID:mW4OTZa4
 よくわからない点がある。死刑を廃止する利点はなんだろう? 廃止して殺人事件の件数が減るとは思えない(増えないかもしれないが)。変化がないのならわざわざ議論をして現行の制度を変えなくてもよいではないか。

54 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 18:49:37 ID:LCZ8dxp1
>>53
死刑の対象者は殺人犯です。
殺人犯はなぜ人を殺すのかというと、人の生の価値を理解していない
からでしょう。
生の価値を理解できない者を理解できるようにすることが、本来の更正のあるべき姿であり、決して何年刑期を勤めたとかそんな基準では
ありません。
私は、殺人犯に限らず、全ての犯罪者の懲役刑を無期として、
出所のタイミングを自己申告制にすることを提案したい。
殺人犯の場合は、生きとしいけるものの生きる価値を理解し、
逆にそれを分からない人に理解してもらうために一生を捧げると
心底思い、そのタイミングで出所したいと本人が申し出たならば、
出所させればいいと思います。

55 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 18:52:44 ID:YoJBUMm7
>>46
「味方」とは?
自分の都合のいいように動いてくれるかって意味なら
司法は違うだろ?


56 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 19:06:46 ID:yxLHrQua
他スレでも書いたのだが

@死刑存置(国事犯、計画殺人に限定適用)
A終身刑新設
B少年法改正(適用は満15歳まで。保護者責任を担保。)
てな方向で刑法・少年法の見直しがなされたら、犯罪防止にならんかね?

57 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 19:07:19 ID:qVBUAfqV
少年法があるから死刑にならない
一人殺したくらいじゃ死刑にならない

という逃げ道がある限り殺人事件は減らない
つまり死刑は抑止力
何歳であれ一人だけ殺したのであれ、殺せば即死刑なら確実に思いとどまるやつはいるだろうよ


58 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 19:23:47 ID:QtLderjG
冤罪の疑いのある死刑囚は、実質、終身刑だよ。
帝銀事件の平沢貞通なんか、医療刑務所で、95才の大往生だ。
冤罪で死刑になった例は、この50年間はないと思うぞ。


59 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 19:58:03 ID:LCZ8dxp1
>冤罪で死刑になった例は、この50年間はないと思うぞ。
冤罪であっても、死刑が確定して刑が執行され、表面上は犯罪者だが、
神の目から見たら無罪だというケースはあると思うが?


60 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 20:00:13 ID:LCZ8dxp1
>死刑は抑止力
これはどうかな?
人を殺す時の人間心理を考えると、はなから殺人目的の
連続殺人犯はともかく、先の東大阪の事件にも有るように、
殺さなければ自分が殺されるとか、ばれたら自分の身が危ない
とか恐怖心からであり、そのときに死刑云々は頭の片隅にも
無いと思うが?

61 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 20:27:41 ID:YaUPmJXE
>>54
>私は、殺人犯に限らず、全ての犯罪者の懲役刑を無期として、
>出所のタイミングを自己申告制にすることを提案したい。

性善説の立場ですね。


性悪説の立場でいえば、

出所のタイミングを自己申告制にしたら
極悪人ほど速く出所する事になると思うが。

62 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 20:35:33 ID:LCZ8dxp1
>>61
当然、拘置所内で検討し、問題ないと判断された者のみが
出所できます。
いいかげんな自己申告をする確信犯には所内で厳罰が与えられます。



63 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 20:43:31 ID:lSKbz9Kf ?
死刑は絶対必要
更正できる人間もいれば出来ない人間もいる
現状の更正制度では出来ない人間がおり
出所後に再び事件を起こすことも度々ある
死刑は犯罪の抑止力もあるが危険分子を
社会から排除するという一面もある
心に傷を負ったから犯罪に走ったなどの
たわけた言葉を吐く人もおられるようだが
社会にとって危険か危険でないか
再犯するかしないかの論点で考えれば
そんなものはどうでもいいこと
危険分子は社会に出さずに殺すべき


64 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 20:53:54 ID:7uzn1IOI
死刑は抑止力にはならないと思う
でも廃止したら犯罪は増えると思う

65 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 21:03:34 ID:9ejHXvHC
極論だけど 多重累積犯には 死刑
更生する気のない人
更生できないひとは 死刑
あと 金のためと 快楽のために殺しする人は初犯でも死刑

66 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 22:05:49 ID:YUR2feMJ
>>63
その理屈だと初犯で人を殺す危険が大きい人間も死刑にしなきゃならんな。
DQNになった時点で死刑にするほうが効果あるだろ。
もちろん、どこかの巨大掲示板に出入りしてる奴らもなw

67 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 22:13:44 ID:cSCSfsVl
>>66
それは死刑を懲役に置き換えても成り立つので
死刑への批判にはならないけどね

68 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 22:20:51 ID:YUR2feMJ
懲役だと出てきて再犯するんだろ?

69 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 22:39:45 ID:4uYA3R+Q
>神の目から無罪
神を信じない人には説得力なし。
あとキリストは刑罰としての死刑を一度も否定していない。あと「全人類の罪を背負って十字架にかけられた」んだよな〉東大阪の例
裏付けのとれていない犯人の話を事実と断定して話をすすめないように。
あとたとえそうであれ、同じ状況でも殺人を犯すとは限らんから普遍的な例とはならない。これはタクミの場合にもいえる。

70 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 22:51:18 ID:qw6mfVOO
>「国家(警察・司法)は我々の味方になってくれると思うか」

藻前は、そんなに悪いことばかりしているのか?
別に味方だとも思ってないが、多少はアテにしているかな。
そんなに敵視しなくても・・・それとも何かの宗教とか思想にかぶれているとか。

冤罪の危険性は、今の警察の能力ならあり得ると思うが
全くの無垢の市民が巻き込まれる可能性は低いと思うぞ。
いままでも全くの「無垢の市民」とは言い難い人が巻き込まれていないか。
まあ、思想信条の問題での冤罪は困るけどね。

ある程度、公明正大に生きている人なら問題なさそうな気がする。
ってのは脳天気過ぎ?

71 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 22:55:07 ID:yScEw523
無期破棄、死刑の公算 山口母子殺害、最高裁|いちごパフェ
http://ameblo.jp/ichigoprincess/entry-10013877757.html

昨日の夜からさぁ、このニュースやってるけど、なな的にゎこの本村洋さんって異常だと思う。
いくら妻子のタメったってさぁ、敵討ちのためにもぅ7年も自分の時間ムダにしてんだょ?
もっと自分の幸せ考えなって。
被告が死刑になるのがお前の幸せなのかって、思っちゃうょ。
それこそ、本村洋さんも殺意持ってるんだし、殺人犯と同じじゃん。
例えばそのうち裁判が終わって、望み通り死刑になってもならなくても、
その後のアンタの40年間くらぃの人生、絶対幸せになれないょって。
ななだったら、殺された妻子のタメにそこまで裁判闘ったオトコと絶対恋愛できなぃ。
何かで「唯一殺人が許されるのが戦争」って言葉聞いた事あるけど、裁判も殺人が許される場所なのかも。
人間って恐いね・・・。

72 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 22:58:49 ID:qw6mfVOO
>71

釣りだよな。
一応、釣られておくか。

想像力不足だよ。
もし君が家族を・・・
なんて言ったところで
想像する力が不足してそうだからスルーするほうが懸命か。


73 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 23:00:51 ID:qw6mfVOO
>71

彼女には彼との世界しか存在せず。

なんで最近の若いのはサカリがついた動物のようなのしかいないのか・・・

74 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 23:05:13 ID:4uYA3R+Q
〉警察と司法
どちらも社会に必要なものだが?
一般論として、これが味方でないというのならいらないって事?無法がいいの?昔の全学連のアナーキストが言った時代遅れのフレーズを頭の中で消化せずに、そんまんま口に出すなよ。そういうの死語のスローガンってんだよ。恥ずかしく思わなきゃ。

75 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 23:11:43 ID:YUR2feMJ
>>69
>神の目から無罪
というのは神がいるとかいう話じゃないから、多分。
真実がどうだったかということだろう。
それとも、神を信じない人間には裁判のみが真実だと言いたいの?

76 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 23:15:13 ID:YUR2feMJ
>>70
>全くの「無垢の市民」とは言い難い人

例えば?

77 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 23:18:19 ID:zXGHlilV
判決
「被告は市中引き廻しのうえ、磔柱に縛り付けて
鑓で突き殺す磔刑(たくけい)に処す.」

78 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 23:25:43 ID:hBB3eNWF
>>60
そんな理由があるなら情状酌量ってもんがあるだろ?
死刑を全面的に否定する理由になってないよ。

79 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 23:27:10 ID:28SQTxqB
>>1
この手の人権派、目立ちたいだけのノータリンだから、聞くだけ無駄。


80 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/26(月) 23:32:41 ID:HySY6lOQ
松本サリン事件の河野氏の立場は誰でも冤罪に巻きもまれる可能性を示した
よい事例だと思うぜ。オウムが犯人だと分かるまでは警察とメディアが
こぞって河野氏を犯人として扱っていたからな。


81 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 23:35:01 ID:VFyZe64a
残業〜|いちごパフェ
http://ameblo.jp/ichigoprincess/entry-10013914579.html

あ、んで久しぶりにコメントいただきました。
馬鹿扱いされたょww 馬鹿ってコトくらぃ自分で分かってるってw
てか、ななゎ彼氏が殺されても新しい彼氏見つけます。
んで、結婚もして、ちゃんとななの人生歩みます。
その時ゎ落ちるけど、ちゃんと復活するょ!
想像力なぃ訳じゃなぃので、ごめんなさぃねー。
んー、でも男と女で考え方が違うのかなーって思った。
男のがひきずるっていうもんね。
もっと明るい未来考えよーぜって話なんですょ。
あ、そんでコメントくれた人。
これ以上ななの事、侮辱するコメント書くよぅなら削除いたしますので、
ご遠慮ください♪

82 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/26(月) 23:36:26 ID:HySY6lOQ
キモイな
いちごパフェ


83 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 23:40:10 ID:q4mA2uHf
>>80
裁判やるまでもなくオウムの仕業と分かったけどな。
人権派弁護士は麻原をいつまで生かしておくんだ?

84 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 23:43:30 ID:yxLHrQua

まっ、女は切り替え早いからな。


85 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 23:44:16 ID:4uYA3R+Q
〉真実がどうだったかということだろう

じゃ司法や罪刑法定主義を人間が作ったもので完全じゃないからと否定するのか?
冤罪は死刑のみならず窃盗罪にも存在する。
あんたの言ってる理屈だと死刑のみならず刑罰そのものを否定せねばならず、いわば過誤がある可能性があるから医療行為を廃止せよとか、事故があるから車をなくせと言ってるのと一緒なんだよ。
あ〜あレベル低すぎあほらしくなってきた

86 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/26(月) 23:45:17 ID:HySY6lOQ
っていうか子供が殺されたっていうのは大きいだろ。
横田夫妻があれほど精力的に活動できるのも子供を奪われたからだ。


87 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 23:49:18 ID:q4mA2uHf
福田が本原さんの母子を虐殺してお母さんを犯したのは争う余地のない事実でしょ?
あとは福田に更正する可能性があるかどうかだが
最高裁は福田を社会に出したら再犯の危険が大きいと判断したわけだ。

88 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 23:53:42 ID:yxLHrQua
>>86
その通りでしょうね。
11ケ月ぐらいだと可愛い盛りだから、網膜から像が消えないんだろ、本村も。

89 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 23:56:58 ID:PIcJvfJF
本当に知りたいのだが、例えば誰か通り魔が安田の家族を1人、
鼻削いで目玉を串でえぐり出して、指を一本ずつペンチで潰した後で
ハンマーで膝を叩き割って殺したとして、それをビデオ撮って小栗に流してて、
「いやー、大変な事をしてしまいました。反省してまーすっ
でも、1人殺して死刑は無いっしょ!?w」
と言った時の反応を見てみたい。それでも貴方は死刑廃止を訴えるのか、と。


90 :朝まで名無しさん:2006/06/26(月) 23:57:21 ID:q4mA2uHf
君らも赤の他人になぶり殺しにされたら親がどんなに悲しむかぐらい分かるだろ?


91 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:03:51 ID:w+YaZdEo
>>89
足らない。
「弁護お願いしますね、ふざけた遺族とか出たらかましてやってくださいよ」
が抜けてる。

92 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:07:50 ID:EC4b5VQd
福田は死体の写真を撮ってネットに流したりしていたのか?

93 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:08:26 ID:9i7FAC7w
>>89
訴えるでしょう。
欧州の方々はそういう感情を克服して死刑に廃止に至りましたよ?




94 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:13:42 ID:EC4b5VQd
欧州では死刑がない代わりに仮釈放なしの終身刑が認められていたね。
凶悪犯罪が増えているので死刑復活も間近と聞いたが当然だろう。

95 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:14:33 ID:fL1qcPzt
>93
>そういう感情を克服して

・「そういう感情」のまさに当事者になり、かつ死刑廃止を訴える人間がそんなに大勢居たのか

・単に「そういう感情」の当事者になった事の無い大多数の一致によって廃止に至ったのか

↑これは疑問だと思うけれどね。

96 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:16:17 ID:9i7FAC7w
>>94
意地でも復活させんでしょう、そもそも因果関係のソースがない。


97 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:18:24 ID:9i7FAC7w
>>95
]皆さん当事者になったから死刑に賛成なんですか?違うでしょう?矛盾してますよ。


98 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:20:02 ID:fL1qcPzt
何だかんだ言って日本の犯罪発生率は諸外国に比べて低い。
犯罪発生率の低い国で採用されている法制度は有効に機能しているのであろう、と推測できる。
それを、あえて犯罪の多い諸外国の現行制度に真似て変えるには、推測以上の明確な根拠が必要だと思うが。

99 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:23:24 ID:F+vo/5C/
>>89
それで自分の弁護を安田氏にお願いするともう完璧。

100 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:23:57 ID:fL1qcPzt
>>97
いや、「欧州ではそういう感情を克服して死刑廃止に至った」 と主張するのならば
「克服した」という者は「そういう感情」 を知っているはずだという話であって、
「凶悪犯は死刑賛成」と言っている側は、被害当事者の感情を知っている必要は無いでしょう。
矛盾はありません。



101 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:25:14 ID:zLfW5PfB
>>85
誰も刑罰そのものを否定するなんて言ってねえぞ。
どんなに慎重にやっても間違いは必ず起こるもんだ。
死刑にしてから間違いがわかったって訂正のしようがねえじゃねえか。
おまえの言ってることは、神なんか信じてないから
無実だろうが何だろうが関係ないと言ってるのと同じだぞ。

102 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:25:34 ID:y94PYE25
当事者?矛盾?加害者になったらって事?申し訳なくて生きてられんよ。他人様を殺しておいてそ自殺は傲慢だから死刑を望むよ。
こんな事しでかして、生きていたいと思うやつは鬼。

103 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:26:46 ID:y94PYE25
当事者?矛盾?加害者になったらって事?申し訳なくて生きてられんよ。他人様を殺しておいて自殺は傲慢だから自分を死刑にしてくれるよう望むよ。
こんな事しでかして、生きていたいと思うやつは鬼。

104 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:30:33 ID:9i7FAC7w
>>98
日本は水と安全はタダと言っていた時代があった、がその頃と死刑制度が変わっていない。
にもかかわらず殺人事件は増加の一途、死刑制度は有効に機能していないと推測できる。


105 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:34:13 ID:y94PYE25
獄中死を例にあげて、回復不可能な人権侵害になるのは死刑だけじゃないってお馬鹿の>101に誰か説明してやってくれ。今日は携帯なのでおちる

106 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:35:31 ID:fL1qcPzt
>>104
人口も増えているから当然件数は増えるだろうね。
人口比の殺人事件発生率がどうなのかは知らないので何とも言えない。
時系列の変化はどうあれ、現時点での世界での犯罪発生率で比較すべき。




107 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:37:15 ID:EC4b5VQd
最近の殺人など凶悪事件を見ると外国人と高齢者による犯行が目立つね。
どちらも正業では生活が難しい人種というのが共通している。
このグループによる犯罪は死刑制度がなくなると爆発的に増える危険性が大きい。

108 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:37:34 ID:fL1qcPzt
ただ、死刑は構わないが、警察の雛形調書を押し付けるスタイルの取調べだけは
何とかするべき。欧米を範とすべきはむしろここで、録画するとか何とかしろ、と思う。

109 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:38:57 ID:fL1qcPzt
現に、中国人犯罪者なんかはハッキリと
「日本は罰則が軽いから犯罪しに来る」と明言してるしな。

110 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:40:41 ID:z73j9Qb6
>>106
検挙率の低下を防ぐ為に、あるいは検挙率を上げる為に事件にしないという事も十分あり得るぞ。
問題はその数だが、最近そういった事象が多くなってないか?
桶川ストーカー〜先日の彩香ちゃん事故決め付けまで。
なんかこの前の社保庁の年金未納問題と同じ匂いがするね。

111 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:43:28 ID:9i7FAC7w
>>106
残虐性といった数値化しにくい要素もあるわけですが。
法律が変わっていないのに犯罪が増えたって事は、増える前の日本のあった
「何か」の方が死刑よりも有効な抑止力を持っていた事になるわけでですよね。
死刑を究極の抑止力と考えている人が多いが、実は大した事がなかったのです。


112 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:47:48 ID:9i7FAC7w
>>100
たとえ被害者が無関係な他人であっても残虐な事件が起こったら「犯人が憎い、殺してやりたい」と思うでしょう?
欧州の方々はそういう感情を克服して「それでも死刑はよくないんだ」と考えたから廃止に至る事ができたのだよ。
少なくとも当時はね、結局のところその辺の鍵を握っているのはマスコミだったりするわけだが。

113 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:47:56 ID:zLfW5PfB
>>105
>獄中死を例にあげて、回復不可能な人権侵害になるのは死刑だけじゃないってお馬鹿の>101に誰か説明してやってくれ。

でも死刑がなければ減らすことはできるよな?

114 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:49:29 ID:9i7FAC7w
>>113
できるね、確実に。


115 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:52:32 ID:EC4b5VQd
犯罪の最大の呼び水は貧富の差だと思うよ。差が大きければ大きいほど犯罪の内容も凶悪化する。
貧富の差が大きい途上国やアメリカの犯罪が凶悪なのも無理はない。
日本で殺人事件が少ないのは欧米に比べると貧富の差が小さいことと銃器の所持が難しいことが大きい。
貧しい外国人や老人が増えていることが犯罪の発生率を押し上げている。
心情的に死刑制度はあったほうがいい。
誰でも本村氏のように凶悪事件に巻き込まれる可能性があるし
逮捕された犯人を死刑にできないと分かったらこれほど悔しいことはないだろう。

116 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 00:57:04 ID:Qv2+Ema+
執行方法一律に疑問

殺した手法にて執行されるべきでは

むろん複数殺人者は一度執行した後
蘇生させ数年後に再執行

それだけのことを行ったのだから
一律一回では償えない


117 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:01:27 ID:z73j9Qb6

死刑は一定の抑止力はあるよ。
何人殺しても、死刑は絶対に無いってのと、○人以上から死刑が濃厚になるのとでは
違うだろ。
○人迄ならという、そこで止まる可能性を残すと思うが何人殺しても無期で頭打ちするなら、
とことんまで、突っ走るやつも出てくるぞ。
ちなみに何人殺しても無期ならあらかじめ殺す事にタメライが無くなるかもな。
強盗なんかの場合、捕まらない事を考えた場合生かしておくより殺した安全だぜ。
現金輸送車って最低2〜3人てとこか?

もっとも、死刑廃止で最高無期でも、代わりに射殺が増えるならまた違うかもな。
ここで殺されるよりは、捕まって無期の方がいいか!って選択が出てくるどうがな。
まぁそんなもんがまかり通るより、死刑を残しておくべきだと思うがな。

118 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:03:32 ID:YHMbOr3Q
日本では、冤罪の可能性のある死刑囚は、実質的には終身刑なんだよ。
冤罪の可能性があれば、法務大臣はサインしないものだ。

帝銀事件の平沢は95才で自然死するまで、獄中で放置された。


119 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:04:12 ID:r3gNglae
コメント|いちごパフェ
http://ameblo.jp/ichigoprincess/entry-10014059218.html

あーーー、もぉとにかくうぜぇ。
今日とかさぁー、残業の後にごはん食べて帰って来て、
早く寝たいのにこんな時間だょ?
てか、コメント書いてくる奴ら、一体お前らこそ何なのさ。
自分のURLつける自信もなぃくせに、web上でエラソーな顔して。
だいたい失礼なんだょねー。まず自分がしっかり名乗らない時点で。
ネチケットってもんを知らないのか?ってかんじ。
なので、失礼なコメントゎ消させてもらぃました。
女の子に話しかけてるくせに、名乗らないってほんと男としてサイテー。
信じられない。

120 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:07:32 ID:0v9O1/a4
>>116
そこまで同害報復にこだわるということは、
財産犯は弁償すれば許すことにしろとか、
強姦犯は性的暴行を受けることで許されるとか、
主張するんだろうか。

121 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:08:07 ID:EC4b5VQd
>>118
帝銀事件に関わった司法関係者に話を聞いたことがあるけど、その人自身は「平沢は犯人で間違いない」と断言していた。
でも一部に懐疑論者もいるので刑の執行にゴーサインが出なかったそうだ。
他にも死刑判決を受けて20年ほどになって再審請求運動が展開されている元プロボクサーの死刑囚もいる。

122 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:08:40 ID:QRF+FXjH
>>111
近年死刑がなくなったことがないのに、
死刑に抑止力が大したことないと断定することは不可能。
死刑があるからこの程度の犯罪の増加ですんでる、とも解釈できる。
少なくとも、対案なしに死刑だけ廃止したら抑止力が単純に減って犯罪が増加する。
死刑廃止派は対案を出してほしい。
終身刑は死刑よりむごいからだめ、という人権派がいるが、何を考えてるのかと思う。

123 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:16:51 ID:0v9O1/a4
>>122
対案というわけではないが、
矯正教育の充実、仮出所審査の厳格化、出所後の社会復帰支援対策の充実などは、
再犯防止に有効だから、やらねばならないと思うが。

124 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:20:02 ID:VXrrKl8O
もしもだ、この犯罪者福田が無期懲役で十数年後に出てきたとして、死刑反対論者の家族を惨殺したら、それでもその反対派は反対を唱えられるのか?
そこでも反対なんて言えるなら、それはもうただのキチガイだ。
だいたい殺人犯した鬼畜を無期懲役にしてシャバに出してそいつがまた殺人犯したら誰がどうやって責任取るんだ?

125 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:20:39 ID:L1R0SZ5/
異論・反論何でも来いやぁ
http://plaza.rakuten.co.jp/ryujisato/diary/200606210000/#comment

126 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:23:12 ID:EC4b5VQd
凶悪な性犯罪者については去勢も検討したほうがいいんじゃないのか?
こういうのは人権に関わることだから絶対に容認されないだろうが
犯罪の根源が性欲であるだけに老年になるまで社会に出さないことぐらいは検討すべきだ。
犯罪者を刑務所で長期にわたって養う費用を考えるとさっさと死刑にしたほうが効率がいいのは言うまでもない。
福田のような凶悪犯は本人が「死んで罪を償いたい」と口にするまでは社会に出すべきじゃないと思う。

127 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:25:04 ID:z73j9Qb6
>>123

人権団体が見たら卒倒すると思うがな、更正プログラムは大いに結構!死刑廃止とは別問題として。
仮出所も含めて出所後、一定期間内はGPSセンサーを義務付ければいいんだよ。
もちろん脱着不可能が前提。なんなら体内に埋め込むのも有りだと思うがね。
期間はそうだな、出所後3〜5年てとこか?
プライバシー?別にいいだろ、人殺したってやつにはそれ位の事とやかく言う権利は無いだろってなぁ。

128 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:27:36 ID:0v9O1/a4
>>124
犯罪者はみんな死刑にすれば、再犯防止の完璧な対策になるね。
きみは頭がいいな。

129 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:29:35 ID:64mic7od
死刑に反対するのは個人の勝手だけど、法執行関係の現場で
仕事をしている死刑制度反対論者は、福田みたいな凶悪犯罪者の
更生プログラム(そんなもんが果たしてあるのか疑問だが)の設立とか、
そういう運動はしてるの?特に安田好弘、お前だよ。

妙な信念で弁護して、減刑させて、凶悪犯を15年くらいで出所させて
自己満足したいだけか?
蝶々結びだの、そもそも殺意がなかっただの、ふざけるのも大概にしろ。

130 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:33:19 ID:0v9O1/a4
>>127

× 更「正」プログラム
○ 更「生」プログラム

131 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:34:13 ID:EC4b5VQd
人権派弁護士のお蔭で冤罪というので逆転無罪を勝ち取った男が
1年もしないうちに今度は言い逃れの出来ない殺人と死体遺棄、損壊
(女性の死体を焼却炉で焼いていた)で再逮捕された事件があったね。
これも再審したら冤罪ではないんじゃないかって言われているよね?

132 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:37:41 ID:0v9O1/a4
>>131
訴追する検察官が犯罪を立証できなければ無罪だ。
無罪ならば当然に釈放される。
その事件は死刑制度を存置することでは防げない。

133 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:42:55 ID:EC4b5VQd
>>132
更正もしていない怪し気な人間を社会に放置したら犯罪は防げないでしょ。

134 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:44:21 ID:VXrrKl8O
死刑反対論者は隣りに福田が引越してきても平気なのか?

福田が出所後また同じ犯罪犯して人殺して刑務所入ってまた無期懲役になって出所して同じ事繰り返しても、死刑にさえならなけりゃそれで満足なのか?

135 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:48:54 ID:0v9O1/a4
>>133 >>134
犯罪者から身を守るというのは、独自に追求しなくてはならない課題だろ。
罪を犯すのは仮出所者だけじゃないんだから、隣が仮出所者じゃないから
安心とは言えない。状況に応じた対処が必要になるというだけのこと。

136 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:51:15 ID:z73j9Qb6
>>133
× 更「正」
○ 更「生」

人間の心の内を見分けるのはある意味不可能だよ。
これも、人権団体が聞いたら腰抜かすかも知れんが、
仮釈審査や法廷内で本人の反省云々を取り入れるなら
ポリグラフを導入すべきだね。
仮釈の場合は、さらにGPSを義務づけるこったな。
それでも防ぐ事は出来ないがね。
再犯した時に、出来る限り早く確保して犠牲者を最小限にするのが精一杯だろうが
やらないよりはマシ。技術的にも可能だと思うしな。

137 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:58:14 ID:0v9O1/a4
交通事犯は厳罰化が有意な抑止力を発揮したが、凶悪犯ではどうか。

たとえば、先日の奈良母子3人殺害のような事件を防止するチャンスは、
どのようにすれば確保できるのか。
まだ犯罪が起きていない家庭の人間関係に公権力が踏み込むわけだから、
プライバシーとのかね合いに神経を使わねばならない。

死刑存続論者の血に飢えた叫び声を聞いているより、そういう具体的な
予防策を考えた方がよほど生産的だと思う、今日この頃。

138 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 01:58:45 ID:z73j9Qb6
>>133

要するに人間は、先天的に嘘をつく動物だってこったな。

反省してます。もうしません。をどこまで信じていいのかね?
事故・過失なら信用出来るが、明確な殺意を持って人間を殺すやつの何を信じろってのかね?
まぁ俺は人権屋のように、人がよくないんでな。

139 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:02:46 ID:Jz2ekLKP
死刑肯定論も結構だが、少し感情的になり過ぎていないか?
人が人を裁き、刑を執行する恐れ多さ故に、死刑廃止論がなくならないとの一面がある。
刑死する犯罪者をことさらにこきおろす必要はあるまい。

140 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:06:40 ID:EC4b5VQd
明確な殺意の動機が性欲だとすると本当にたちが悪いと思う。
性欲なんてものはヨボヨボの老人でもない限りなくならないからね。
去勢でもしないと性犯罪者を更正させるのは難しいのかも知れない。

141 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:07:32 ID:z73j9Qb6
>>137

プライバシーってのは、ルールを守り、人を殺さない一般人に対しては守る事は重要だよ。
しかしだな、自分勝手な理由で殺意を持って殺人を犯した者の何を守れと?
もちろん社会復帰を邪魔する事はすべきでないし、むしろ応援しなければならないよ。
だが、行動を監視する事になぜに気を使わねばならんのだ?
特に仮釈放ってのは、減刑だ。つまり本来の刑期は残ってますが、おまけしてあげます!って制度だ。
おまけするんだから、プライバシー位我慢してもらうべきじゃないのか?
刑務所にはプライバシーなんぞ無いのだから。違う?

142 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:07:34 ID:VXrrKl8O
死刑反対論者は自分が犯罪犯して捕まった時の事を心配してそう言ってるのか?

自分自身が犯罪者にならないという自信が無いのか?

143 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:15:24 ID:0v9O1/a4
>>141
上のレスは予防の話だから、仮釈放とは違う。

無期囚の仮釈放は減刑と違うから、必ず保護観察がつく。
保護観察官の監視つきだ。プライバシーもその限度で制約されている。
しかし、現状では極めて不十分にしか機能していない。
その状態を放置して再犯の危険を死刑でなくそうというのは、乱暴な議論に思えるんだが。






144 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:18:52 ID:z73j9Qb6
一応書いておくが、
>>141は、あくまでもただのイカレポンチな殺人者に対してだ。死刑まで行かないな。
このケースのように、本当のイカレポンチな殺人者に対しては、
法治国家として死刑を持って世の「見せしめ」となってもらうしか選択はない。

145 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:19:16 ID:0v9O1/a4
>>142
いや、死刑の抑止力で凶悪犯を減らそうというのが的はずれの議論だからだ。
そこにこだわって凶悪犯罪の原因になる事実を軽視しがちだから。

厳刑の威嚇で凶悪犯を減らそうというのは、一種の精神主義じゃないかと思う。
言ってるほうはそれで満足かもしれないが、ほんとに犯罪の抑止につながるのか。
冷静な検討が必要だと思うけどね。

146 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:21:06 ID:0v9O1/a4
>>144
人語を解さない動物に、時にムチ(死刑)が有効だということは、否定しないよ。
どうしようもない人間というのも、いると思う。

147 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:22:25 ID:EC4b5VQd
>>145 凶悪犯罪の原因になる事実を軽視しがち

というのなら性犯罪者の多くは脳に先天的な欠陥を抱えているという研究結果はどうなる?
凶悪犯罪の原因が先天性であるなら犯罪者の更正は期待できないことになる。

148 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:22:30 ID:Jz2ekLKP
>>141
仮釈=刑務所から出る、とのみ解釈するから>>141 のようなトンチンカンなレスになる。
仮釈=社会復帰、つまり自活することなのだから、職につき一般社会人として(一人前の大人として)生活をしなければならない。


149 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:23:34 ID:0v9O1/a4
>>147
性犯罪者はすべて死刑か終身刑にすべきだというつもりかね。

150 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:28:19 ID:EC4b5VQd
>>149
極論をいえばそうなるね。
性欲を理性でコントロールできないような人間はそれぐらいの警戒が必要だということだ。

151 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:37:37 ID:z73j9Qb6
>>143
誤解した事は詫びよう、スマン!!

で、その保護観察なんだがちゃんと機能しているかね?
圧倒的に人材不足で、昨今では機能しているのか非常に疑問なのだが?
もちろんボランティア同然の保護監察官には敬意を表するがね。
と思ったらこの点は同じ意見だな。

>その状態を放置して再犯の危険を死刑でなくそうというのは、乱暴な議論に思えるんだが。

もちろん死刑は全部をカバーは出来ない(これは終身刑でも同じ)
だが一定の抑止力もまた否定出来ない。
んで、監視機能だが、俺は放置しろとは言ってない。
むしろ逆。GPSなどを駆使して前科者を出所後一定期間は監視しろと言っている。
今どこにいるかを把握しておく位は別にいいでしょって事。
それを一定期間内記録しておくのは別に社会復帰の邪魔にもならんでしょって話。
ちゃう?


152 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:37:47 ID:QRF+FXjH
性犯罪者の再犯率は他の犯罪に比べて高いからなあ。
更生できるものでもないし(強姦などの場合)。
正直、性犯罪者はもう少し厳罰化、特に再犯した者は長期懲役にした方がいいと思う。

153 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:39:01 ID:0v9O1/a4
>>150
それを死刑の存在理由として主張するつもり?

つまり、更生不可能な人間がいるということを。

154 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:41:21 ID:VXrrKl8O
動物が人間に危害加えたら即射殺か薬殺だよね

155 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:46:08 ID:QRF+FXjH
とりあえず、死刑廃止反対資料を載せておきますね

ttp://www13.big.or.jp/~yokayama/debate/sankou/CP/CPneg.htm

156 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:46:30 ID:Jz2ekLKP
>>154 動物を殺すときに死刑とは言わないわな。

157 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:50:34 ID:z73j9Qb6
>>148

俺は×更「正」じゃなくて、○更「生」を邪魔するような事を言ったか?
○更「生」は応援しなきゃだめなんだよ。不本意だがな。
殺人犯の事など知った事では無いのだが、(心情的には幸せになんかなってもらっちゃ納得イカンザキー!だがな)
社会に復帰してもらわない事にはまた再犯する可能性があるからな。というこの一点だけだな。
だが、GPSが社会復帰の邪魔になるとは思えん。言い換えれば一目でわからないように作らないとねって事でもある。
それに何もアメリカのように、ネットで公開しろとまでは俺個人は言わんよ。
だが、警察位は把握してもらわにゃね!と言ってるだけなの。
OK?

ただしもう一回言うが、これはあくまでも、ただのイカレポンチに対する措置。
本当のイカレポンチは死んでもらうより無い。



158 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:50:45 ID:0v9O1/a4
>>151
ボランティアは保護司だね。保護観察官に協力する人たちだ。
法務省
http://www.moj.go.jp/
→法務省紹介→保護局フロントページ→保護観察に従事する人々

GPS利用が必要なくらいなら、釈放しない方がいいのと違うかなぁ。
あくまで社会復帰が目標だから、再犯の可能性がそれほど疑われるなら、
満期まで、あるいは終身期間、刑務所にいさせた方がいい。

まあ、開放処遇とか、いろんな方法があるから、方法の可否について
断定的なことは言えないが。

159 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:56:47 ID:z73j9Qb6
>>153
横レス失礼だが
更生が可能か?前にも書いたが、人間の心の内はわからない。
で、このわからない事をどうするか?だが、
俺としては、度を越えた本当のイカレポンチ(このケースのような)に求めるのは、更生ではない。
社会に対する「見せしめ」だ。
これは、危険思想に感じるやつもいるかも知れないが、そうではない。
社会秩序を守るためだ。これについては、あえて説明は要らんだろ?


160 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 02:59:14 ID:EC4b5VQd
死刑もしくは長期の刑期が見込まれるような性犯罪者については本人の明確な同意があれば去勢措置を受けることで
仮釈放を早くするみたいな措置がとられてもいいんじゃないかな?
もちろん現行法では無理なのは分かっているけど性犯罪は本人の性欲さえなくなれば
再犯の危険性は限りなくゼロに近くなるはずなので社会にとっても本人にとってもいいことづくめのような気がする。

161 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 03:02:43 ID:Jz2ekLKP
>>157
気持ちはわかるし、中々良い考えだと思うよ、監視制度も(今の形骸化した保護観察制度より、ずっと実効性がありそうだ)。
ただ日本も狭いようで、案外地域差があるだろ?例えば東京と青森じゃ、全然事情が違ってくる。
社会復帰したのに『何だか首輪付けてるわよ、あの人…』なんてのじゃ、本人は刑務所に戻りたくなっちまうかも知れない。
結局、信じてあげるしかないのじゃないか?つらい数年を経て出た奴を。

162 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 03:02:58 ID:QRF+FXjH
米オクラホマ州では6月9日、14歳以下の未成年に、
二度以上、レイプなどの性犯罪を犯した者に対し、死刑もしくは終身刑
(仮釈放なし)を科すのを可能とする州法を成立させた。
未成年への性犯罪者に対し、死刑が適用できるとの州法を成立させたのは
、サウスカロライナ、フロリダ、ルイジアナ、モンタナ各州に次いで5番目

とのこと。アメリカは州によって、刑罰の度合いがさまざまだが、
日本でもこれくらいやってほしいものだ。

163 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 03:05:03 ID:z73j9Qb6
>>要するに社会に対する「見せしめ」だ。
これは、危険思想に感じるやつもいるかも知れないが、そうではない。
社会秩序を守るためだ。これについては、あえて説明は要らんだろ?

【補足】社会に対する見せしめ=それが死刑だ。というのが俺の考えだよ。
別になんでもかんでも「吊るせ!」と言ってる訳じゃない。
つまりゴミの分別だ。一定の線を越え、放置すれば(死を許せば)社会秩序に多大な影響を与えかねない重犯罪に対してな。
それ以外の普通の殺人・・って言い方はおかしいが、
は無期でも、懲役100年でも終身刑でも、ケースバイケースで対応すればいいって考えだよ。

164 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 03:09:34 ID:z73j9Qb6
>>161

技術的な事は置いといてだが(可能だと思うけどな)
だから見た目にわからない様にする訳よ。
腕時計(但し自分では絶対に外れない)でもいいし。
一番いいのは体内に埋め込む事だと思うがね。
わからなければ差別は受けないでしょう?

165 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 03:18:03 ID:Jz2ekLKP
>>164 見た目にわからないならば、いいかもね。
ただ、俺がTVで見た米国のトランスポータは、かなりの容積だったなぁ。アレじゃまるでサンドイッチマンだ。
一度の“過ち”は許してやる土壌作りも大切だと思うよ。

166 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 03:28:31 ID:z73j9Qb6
>>165
殺人犯をゴミ呼ばわりする俺でさえ、GPSは「他人には絶対にわからない」事が
前提なので、これが現時点で不可能なら、もちろん廃案にする。
だが、5年10年という先に可能なほどに小型化出来るのであれば検討して欲しい。
携帯だって昔はハンドバッグ位だったのだから。

>>一度の“過ち”は許してやる土壌作りも大切だと思うよ。

ふむ、検討はしてみよう。但し本当のイカレポンチ以外の過ちについては・・・。
NHKのドラマも見なかったわけじゃないしな。

167 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 03:38:31 ID:Jz2ekLKP
>>166 サンクス。
トランスポータには内心期待するよ、俺も。

>>163 「吊せ!」の一言があるだけでレスのクオリティが透ける。
工夫した方がいいね、読まないよ、それじゃぁ。

168 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 03:38:47 ID:VXrrKl8O
いやいやいや身体的精神的双方の厳罰与えて体外装置のGPS取り付けた上での“許す=シャバに戻る”でないと動物以下の知能の人間モドキには通用しないぞ。
てか何で皆そんな優しいのか俺には全く理解出来ん。
偉そうに矛盾だらけの一人よがりの講釈たれていつの間にか寝た人権バカに毒されてないか?
しっかりしてくれよ皆。

169 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 03:52:06 ID:pCghwtYm
まさかね

170 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 16:26:48 ID:7jGAZzP7
殺人願望を日本で一番強く訴える男|狂人日記 TYPE-K
http://ameblo.jp/9762/entry-10013851022.html

こいつはいったいなんなんだよ。
人を殺せ殺せうるさいんだよ。
そんなに殺したいなら、人に頼らないで、
自分で殺せよ。
法廷でもどこでも、チャンスはゼロではないだろ。
こういった人殺し願望をどうどうと口にする狂人を放置していていいのか?
キチガイは措置入院させろよ。
まったく!!!!!!

171 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 18:16:09 ID:Jz2ekLKP
>>170
ブログの転載をして何か意味があるのか?

172 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 20:21:09 ID:W9PuB0Xp
>>104
山本にだまされるな

173 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 20:31:21 ID:j4J9gdS/
ガイシュツかも知れんが、この
殺された奥さんと旦那は合コンで知り合ったらしい

174 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 21:06:25 ID:zTJTqYm4
人権屋つーかサヨなんだろ?
反体制であれば何でもいいのでは?
そうやすやすと人権なんて言葉を相応じゃない時使うものではない。

175 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 21:16:19 ID:9i7FAC7w
>>174
死刑制度が体制という発想自体に笑ってしまう。
全人類の進むべき進歩の方向性として死刑制度に反対しているのであって、日本の問題とは考えていない。
無論、犯罪者の人権なんてどうでもいい、とにかく人類という種が精神的にもっと強くなる事をだけを切に願うのだ。

176 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 21:22:52 ID:udh53O5P
日本は警察が中々犯人を殺さないからなあ。
ヨーロッパではバンバン殺しますよ。

177 :伊藤博又 ◆r0GvLuD5CU :2006/06/27(火) 21:25:29 ID:0v9O1/a4
とりあえず、死刑は憲法公認の刑罰だ。

第31条  何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは
 自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。

憲法は、法律の定める手続によれば、刑罰として「生命」を奪うことができる
と言ってるから。だから死刑が人権に反するという主張は眉唾物。

ただし、時代思潮が変化して、死刑が「残虐な刑罰」に該当するという説が
多数派になる可能性が、理屈としてはありうる。

第36条  公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。

178 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 21:30:50 ID:9PKYJdNJ
>死刑制度が体制という発想自体に笑ってしまう。

いやーーーそんなことはないでしょw現実は。
だからこそここの板にも過去の事件に対するたくさんの怒りのスレが立っている
そう思うこと事体キミが小夜なんだよきっと。


179 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 21:33:02 ID:9i7FAC7w
>>176
最近は日本でも銃が広まりつつあるが。
それでも欧米に比べれば銃を持ってる犯罪者は桁違いに少ないからね。
銃持ってないやつは撃てないよ。

180 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/27(火) 21:35:26 ID:J++tC+TH
いやあ、昨日の誘拐事件も犯人は改造銃で踏み込んだ景観に発砲している。
銃器に対する認識は高まってるのが現状だろ。


181 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 21:36:42 ID:9i7FAC7w
>>178
体制と死刑制度がどう関係するのかさっぱりわからんよ、体制と世論を勘違いしてないか?


182 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 21:37:59 ID:qGAKv9Tv
>>165
>一度の“過ち”は許してやる土壌作りも大切だと思うよ。

ヒトが殺されるという取り返しのつかない事態に対して、「過ち」として「許してやる」とは何事かと。
何様のつもりなんだと思ったね。

色々調べてみたが、死刑推進派の言っていることは「理性」の伴わない「感情論」でしかないということは、
残念だが受け入れざるを得ないだろう。
しかし、「理論」を重んじる余りに人間らしい心を失ってしまうより、
子供みたいではあっても人間らしい心を持ち続けたいと思ったね。

死刑廃止論者とは一生分かり合えないと思ったよ。

183 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 21:41:56 ID:DYzTHCjR
>>179
体重100`の横綱 vs 可愛い婦警でも撃っちゃダメ?
銃=戦闘力だけど、素手=無力って訳でもない
ヤバイと思ったら躊躇せずにBANでいいよ

184 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 21:42:33 ID:9i7FAC7w
>>180
認識が高まっても銃を持っていない犯罪者は撃ってはいけません。
欧米でも丸腰の相手を誤って撃ち殺してしまった警官はそれなりに両親の呵責に苛まれて牧師のお世話になる。
もちろん銃を持っていて撃って来そうなやつは日本でもバンバン撃ち殺してかまわない。


185 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/27(火) 21:45:15 ID:J++tC+TH
>>184
誰が丸腰の犯人を撃ち殺すなんて話しをしてる?
オレが逝ってるのは犯罪が凶悪化してる昨今の治安状況を鑑みれば
(昨夜の誘拐事件や世田谷の警官刺殺事件など)過剰に自制した防御態勢では
警官自身が身の危険に晒されつつあるって話しだよ。


186 :朝まで名無しさん :2006/06/27(火) 21:46:22 ID:GSBOX9Pu
相手が丸腰でも1発なら誤射。

187 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 21:49:17 ID:9i7FAC7w
>>183
日本の警察に可愛い婦警がいるかどうかも微妙なところだが、それは置いといて
そもそも制服の婦警さんはほとんど銃を携帯していないし、私服警官は基本的に銃を携帯していない。
婦警さんの単独行動もほとんどありえないし巨漢に素手で攻撃を受けるような事態というのが設定に無理がありすぎる。


188 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 21:54:56 ID:9i7FAC7w
>>185
だから、撃たれて当然なやつは撃ってもかいまいませんが?
だいたい日本の警察なんてほとんど射撃訓練していないのだから本番にうまくいくわけがない。
改革するなら予算を付けるところから始めなよ。


189 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/27(火) 21:56:07 ID:J++tC+TH
>>188
現在はその方向で改善を検討してる状況だってのは知らないか?


190 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 22:08:34 ID:7RQdx2Ya
で、ふと考えたんだけど
警察は銃を持っているから自分を守れる。。一般人はどうするんだよ
このまま世の中が悪くなるなら一般人だって不安じゃないか

191 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 22:17:52 ID:9i7FAC7w
>>189
知ってるが?
それでも年間数件あるかないかの話だろうに、それもほとんどヤクザか外国人犯罪者だろ、
どちらも嫌いだからどうでもいいよ、それが死刑の代替になるとも思えんし。


192 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 22:20:13 ID:lf1oux5c
警官の銃使用の緩和の前に、警察組織として信用されるようにしないと。
プール金問題とかパチンコ癒着とかをスッキリしてからね。

193 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 22:43:26 ID:DYzTHCjR
>>187
ありえそうも無い状況まで想定して銃の使用基準を定めておく事が必要だと思うの

>>188
「撃たれて当然な奴」に「銃を持たない奴」を含めないのはどうしてなの?
銃を持っていない奴でも死なない程度に撃っていいよね?
あとね、犯罪者らしき人が銃を持っているか確かめてから銃を構えていては遅すぎで泥縄で
まず銃を構えて相手の自由を奪ってから銃の所持を確認しないと撃たれてしまうよね?
銃の使用は、抜く→構える→威嚇→発泡と段階があるのに
「銃を待たない相手は撃てない」としてしまうと銃を抜くことさえ制限されてしまって「銃を抜けない」状況になつてしまうかなって思うの


194 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 22:53:50 ID:9i7FAC7w
>>193
米国でも銃を取り出そうとしたと疑われるような行動をしなければ撃たれません。
それ以外で銃使用の意思を確認できなくても撃っていいのは、
撃たないと人質が殺されそうな場合など、だろうね。

195 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 23:00:18 ID:sa4K8aVn
どーでもいいが、話がズレまくってんな。

196 :朝まで名無しさん:2006/06/27(火) 23:40:02 ID:z73j9Qb6
>>182

俺は死刑肯定論者だが、死刑推進論者てのはなに?
理由の如何を問わず、ひとりでも殺せば即「吊る・・じゃなくて、死刑!か?
なるべく、死刑をフル活用すべき!か?そりゃ違うだろ?

197 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 00:03:21 ID:eA1ouDf9
>>196
そりゃ違うでしょう。
納得の出来る情状酌量はあって然るべき。
不幸な生い立ちや米粒ほどの更正の可能性、役に立たない反省とかでなく、例えば虐待やいじめをされ続けた人が、発作的にそいつを、とか。
ただ、死刑が非常に活用されてない、ていうか無理矢理回避してるように見えるのも事実だし、もう少し納得のいく形で活用されるべきではないでしょうかね。

198 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 00:15:58 ID:X5ZDr1Cx
左翼かどうかのチェック
・国民年金を自分では払っていない。もしくは払っていない。
・税金も大して払っていない。
・学生時代に奨学金をもらうなどして国の世話になっている。
・しかし売国をおしつけたがる。
・相手の立場や周りの状況を考えずになんでも言うから嫌われる。
・むやみに権利を振りかざす。
・1日平均1時間以上は政治の話。
・左翼仲間以外に友達いない。
・プライバシーに敏感で友達を自宅に呼ぶどころか住所も教えない。
・社会とあわせない。自分の偏狭な考えに固執。
・家族も崩壊。
・弟、妹から軽蔑されている(兄はいないことになっている)。
・鏡はよく見る。ナルシスト。周りからどう見られているかは別。
・貧乏人のはずなのに服や髪などのファッションにはお金をかける。
・彼女もいない。
・男女の差はない。
・昔からいじめっこ。
・小動物、昆虫を見ると虐待したくなる。
・愛読書は宮台、韓流、エロ同人誌、ゲーム雑誌。
・友達の多くは在日である。
・在日は仲間だ。
・自分と意見のあわない人はみな右翼扱い。
・憲法は独自の解釈ばかりするから司法試験を受けても得点源にできない。
・妄想癖がある。
・自分は貧乏人代表と思い込んでいる。
・もちろん、貧乏人の定義も曖昧。

199 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 00:44:29 ID:pN9mQ+cB
>>197

全てのケースを検証するのはここではやめておくが、
俺の死刑の考えはシンプルだよ。
感情論は置いといて、要するになぜ死刑が必要か?なぜ死刑を求めるのか?
これは、昨日も少し書いたが社会に多大な影響を与えたどーしょーもない、凶悪犯罪への最後の選択肢、
社会秩序に対する「見せしめ」であるべきというのが、俺の考えだ。

例えば、凶悪犯を二度と社会に出さないという視点で言えば、
死刑も懲役ウン百年などの出られない有期刑も結果だけ見れば同じだ。
だが、これでは安心するアホが出てしまうのだ。他スレでも書いたが
食うのに困ったやつが、ホームレスになるか、一発でかいヤマを踏んで、
最悪捕まっても刑務所で老後を過ごすと思えば、まっいっかぁ〜などと考えられては困るのだ。
また、社会から脱落した快楽殺人者を安心させるような死刑廃止は行うべきではないのだ。
自分がやった事に対して、生命を奪われる可能性を残す、本能に訴えるペナルティはどうしても必要なのだ。

だがこれはあくまで、殺人者、その中でも一定の基準を満たしてしまった重犯罪者を対象にする極刑であり、
それ以外の、例えば君の言う考慮すべきケースは有期刑で十分という選択肢は当然にあるべき。

要するにゴミの分別なんだよ。
リサイクル可能なゴミは何も燃やす事は無い。だが人間の心はわからないので
一定の行為・基準に対しては、社会復帰も考慮して死刑だけは許しましょうと。
但し、このケースのようにどうーしょーも無いゴミの場合、燃やさないで許してしまうと
社会に対して悪しき例となってしまう事が懸念されるような犯罪については
やはり、これは「見せしめ」の為にも燃やしてしまいましょう!と。つまり死刑ですね。


200 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 00:50:14 ID:pN9mQ+cB
個人的理想は

社会復帰可能な有期刑<社会復帰可能な無期刑<【社会復帰不可能】な100年以上の有期刑<【社会復帰を一切考慮しない】死刑

とこんな感じの選択肢だな。

201 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 00:54:26 ID:pN9mQ+cB
もう一度言うが、
死刑はあくまでも、最後の選択肢であり、法治国家として枠からはみ出た
どうーしょーもないアホを見せしめる為の選択というのが俺個人の考え。

故に必要な措置ではあるが、当然乱発は避けるべき。長文の前レスはスマン!!!!

202 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 01:47:43 ID:+Y5AwwX9
人が人を裁き、死の引導を渡す。これは判事にとっても現場の刑務官にとっても、悩ましい事には違いない。
俺はむしろ、死刑を神聖な儀式ととらえたい。そう思わなければ、つらくなる。悪人が聖人となり死刑壇につく、それはもはや刑の執行と言えず死の儀式であって欲しい。

203 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 02:40:29 ID:pk25mtZ6
この人は人権屋なんだと思うんだが何が言いたいのか俺に教えてくれ!
http://blogs.yahoo.co.jp/paul_smith1969/36580313.html

204 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 02:57:32 ID:L8/mZJdn
せめて本村さんに福田の最期のボタンを押させてあげたい

205 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 03:39:10 ID:tTFy/pHh
日本では刑事事件で検察に起訴されると98パーセントは有罪になるんだよね
逆転無罪はほとんどありえないだからニュースになる
弁護士は量刑の多寡を争うだけ


206 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 03:41:07 ID:+Y5AwwX9
>>204
心情は理解出来るが、>>204 がそれを発言すると単なる“本村教信者”となる。
刑罰は私怨を晴らす手段ではない。


207 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 17:53:55 ID:n5GPYm6M
>>204
被害者の家族と加害者の家族は死刑執行を見学できるんじゃねーの?
それで我慢してもらうべ

208 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 18:06:27 ID:B1VLE0ep
アメリカじゃあるまいし。見学なんかできるかよ。

209 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 18:34:02 ID:c9oUi1O8 ?
俺ははっきり言うよ

犯罪者は出てくるな
特に自分の快楽を満たすために
他人を傷つけたり、盗んだりする人間

だから死刑を支持する
更正なんぞは信じない
俺は自分の身を守るために
死刑を支持します

210 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 18:41:08 ID:B1VLE0ep
あるやくざ幹部へのインタビュー。週間現代。
「拳銃じゃなくてイングラムのような強力な銃器は持たないのか?」
「あんなのぶっ放して、通行人を何人も殺したら死刑になっちまうじゃ
 ねえかよ。危なくてイングラムなんぞ持てないよ」
死刑に威嚇力が無い、と断言する奴が多いが、間違いだろう。
威嚇力があるかどうかはよく解らない、が正しい。

211 :まこと:2006/06/28(水) 19:28:57 ID:bixF5sbE
死刑反対の弁護士は自分が被害者と同じ立場になっても弁護して減刑または無罪を主張できるのかな?人を殺した奴に精神鑑定して異常があるから罪に問わないなんて馬鹿すぎる。人を殺せる奴はすでにどこか異常なんだから!

212 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 21:10:14 ID:c4I2V3GQ
今の日本
死刑が無くなると
殺人増加
無念の家族も激増

213 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 21:40:21 ID:WPfym+ms
>>199
死刑が「見せしめ」であるのならば
政治家の汚職や経済犯に死刑導入しない理由をお聞きしたい

214 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 21:43:56 ID:0MNzXyv+
>>213
またそういう屁理屈を…(^_^;)

215 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/28(水) 21:46:28 ID:LwXpUuqC
>>213
刑罰の基本理念は応報であること。
人を殺すことが死刑にする根拠となる。


216 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 23:18:20 ID:pN9mQ+cB
>>213

心情としては同感だが、殺人以外で死刑はさすがに無理。
ただ日本は汚職や経済犯罪に甘すぎる。
死刑は無理だが、せめてアメリカのように、金額や社会影響が大きいタチの悪い経済犯については
懲役20、30年など思い刑期が必要。
それと、アニータにミツグ君する売国奴な役人の横領については
一生掛かってでも被告に弁済させる事。服役して罪は許しても金は弁済するまで許すべからず!
1円でも回収する事。


217 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 23:21:00 ID:+rH+HnPw
あと何年かしたら陪審員制度が始まるだろ
この事件は全員死刑にするな

218 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 23:23:24 ID:pN9mQ+cB
>>216の補足

そうは言っても、国は無担保債権の取立てのノウハウがない。
なので、アイフルに外注するなど、ノウハウがある民間に委託するのが望ましい。
そんな事出来る訳ねーだろ!って?
いやー似たような事はすでにやってるぜ。駐車違反の回収をよ!
官から民へ・・を履き違えてねーかな?(笑


219 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 23:25:49 ID:pN9mQ+cB
>>217

多分ね。それとも12人の怒れる男達の果たして1番はいるだろうかね?

220 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 23:28:44 ID:PlHtgo9s
振り込め詐欺も死刑にすべき

221 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 23:31:57 ID:thETuh9T
これはもうだめかもわからんね


222 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 23:32:46 ID:pN9mQ+cB
>>220
いや、あれは振り込むアホが悪い。
日本以外では起こりえない犯罪。
100万単位の金をTELだけで振り込むアホが悪い。
といいつつニュースになった時は自分の親が引っ掛かってないか心配だった。

223 :朝まで名無しさん:2006/06/28(水) 23:57:38 ID:PlHtgo9s
アホが悪いんだったら知的障害者や認知症の老人も悪くなっちゃうよ。弱者を狙って金を騙し取ろうという腐った奴はこの世に不要。つかゴキブリ扱いで大量の殺虫剤で毒殺すべき。巨大なゴキブリホイホイの中で放置するのもよし。

224 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 00:25:42 ID:VUTt8woB
> せめて本村さんに福田の最期のボタンを押させてあげたい

アメリカの映画では、遺族が死刑執行に招待される場面がよく出てくるよな。
電気ショックで暴れたり、毒が注入されて悶え苦しんだりするところを
遺族たちがじっと見つめている。
日本もやればいいのに。


225 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 02:27:49 ID:vnNcBQHk
初歩的な疑問なんだが、
なぜ、人を殺した人間を更正させる必要があるんだ?

226 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 02:36:23 ID:mJ8mjvkP
趣味だからです


227 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 04:25:45 ID:RHPr+tiO
それが人権屋のメシのタネだからです

228 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 05:05:00 ID:DsC1FeKh
蝶々結び発言で地雷を踏む人権派弁士ワロス。そうかぁー、ドーも大事な日に欠席してみたり、コノあまりにも無理矢利なファンタジーを苦し紛れに力説したり…???だったが、本村氏に論破されたことで精神バランス崩れた結果だったのか〜納得!

229 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 06:14:25 ID:O1RAYSNq
本村に論破などされていないよ。考えが水と油だから、お互いに話が通じないだけ。
どんな人間でも、生きている限りは生きる権利がある。殺された人はもう死んでいるのだから、ガタガタ言っても仕方が無い。命を奪う刑罰は新たな殺人。
こういう考えは、ごく一部の遺族にしか受け入れられないだろうな。しかし、この考えを支持している遺族もいる。もちろん、犯人を許している訳ではない。

230 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 08:23:08 ID:Tn30ondj
>>殺された人はもう死んでいるのだから、ガタガタ言っても仕方が無い

殺したもん勝ち、って聞こえて仕方ないんですが。

231 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 08:36:27 ID:eZf5U9Sa
>>230
自称人権派の正体なのですよ、それが。
やったもん勝ち。

232 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 10:10:09 ID:7wgEc7xC
>>殺された人はもう死んでいるのだから、ガタガタ言っても仕方が無い

人健也ってひどいな


233 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 11:17:15 ID:0fb6I/My
死刑囚の臓器を摘出して難病患者に移植すべし・・・・・・・・・
という意見もたくさんあるようですが大賛成です。
被害者が民事で賠償を勝ち取っても実質ほとんど賠償されないのが現実です。
中国や東南アジアの臓器売買、特に中国の死刑囚からの臓器摘出などには批判が
多いようですが私は実に合理的だと考えております。
ましてその臓器に値段が付けば被害者への賠償にも充てる事ができるのです。
加害者も人間です。執行までの間被害者の家族がどうなっているのか一度は考えるでしょう。
そして懺悔の気持ちが実際にある者の存在も確かにあるでしょう。
それを形で表せるのがこれなのです。
この制度があれば死刑囚自ら望むケースも多くなると思います。
社会からはじき出される自分、みんなに嫌われている自分、死ねといわれている自分、
その細胞が一部でも生き続けることができますし、死に際して社会貢献ができるのです。
自分のことを欲してくれる人が一人でもいるということで彼も救われるでしょう。
勿論死刑囚・被害者どちらも合意したケースとして実施してほしいです。

234 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 11:50:53 ID:c1pTJF3J
>>233 俺も大賛成!
それを死刑囚が望んだとしたら、
ある意味更正したと言えるんじゃないか?
生きて社会に出るのだけが更正の手段じゃないと思う。


235 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 12:10:36 ID:EvIPpr17


裁判官、弁護士=人権屋


なぜなら悪人がいなくなると仕事がなくなって失業者になるからです。


つまり人権屋は悪人に食わせてもらってるわけです。


236 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 12:10:38 ID:wMP6AxsM
死刑にするのは反対しないけど臓器乞食はカンベン。
欠陥人間は死ねよ。

237 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 12:20:28 ID:Xcs0tTcc
「彼が再犯を起こしたら本人とその人権屋は死刑」という協定を結ぶのなら加害元少年に死刑は望まないよ。

238 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 12:29:58 ID:UHUIywcp
死刑囚の臓器が、家族含めて俺たちの体内に入るのは正直ごめんだ。

239 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 13:18:58 ID:2hf5i6Ab
A 相当な恨みがあるDを計画的に惨殺
B 留守宅に泥棒に入り、偶然帰宅したE、Fを刺殺
C バクチのカモにし全財産を巻き上げ自殺に追い込む。自殺者はG、H、Iの三人。

このA、B、Cの3人に第三者はどんな印象を持つか。

240 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 14:10:36 ID:L7WwxZdW
>>229 正論だ。
マスヒステリーに惑わされる者が多過ぎる。
ただ、最高裁の判断は世論に呼応したものではないからね、法の専門家も死刑相当の事件と断ずる程ひどいのだろう。

241 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 16:56:20 ID:OdVm17Hn
>>240 
なぜわざわざ「マス」ヒステリーなんて言葉を使うの?


242 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 17:32:07 ID:bi+ZZgwx
>>240
突然の横レスで失礼だが、
>>229のどの点に対して「正論だ」と感じたの?

また、どようなことに対して「マスヒステリーに惑わされる」と感じたの?
言い換えると、
「最高裁の判断は世論に呼応したものではない」 & 「法の専門家も死刑相当の事件と断ずる程ひどい」
と自分で言っておいて、誰が「惑わされている」と感じたの?

243 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 18:16:55 ID:L7WwxZdW
>>241-242
正論だ=死体に人権はない、と言うこと。
マスヒステリー=最高裁の上告受理決定時及び、判決から今日に至るまでのマスコミ報道とチャネラーの一部による盲目的死刑肯定論。


244 :242:2006/06/29(木) 18:36:08 ID:bi+ZZgwx
>>243
返レスどうも。自分は死刑存置派ですが、
「死体に人権はない & 生きている殺人犯には人権がある」=正論
どはどうしても思えません。
それは>>230-231でも指摘されているように、
「国が間接的に殺人犯に他人の人権を一方的に奪う(=殺す)権利を認めた」
と言ってしまえると考えるからです。(少し乱暴ですが)

また、>>229にあるように、
>殺された人はもう死んでいるのだから、ガタガタ言っても仕方が無い。
といった内容の発言は、被害者やその遺族に対してあまりに無責任な考え方だと思います。
(あくまでも考え方として。)[←このことは以前別のスレにも書きましたが。]
その辺が、死刑存置派と死刑廃止派との認識の大きく異なる点なのでしょうね。

確かに生きている人の人権を考えるのも大切かもしれませんが、ともすれば
「自分は少年だから、人権があるから何をしてもいい」
というカンチガイを生んでしまうような社会的風潮は、
新たな被害者を生んでしまう可能性のある危険なものだと思います。

245 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 18:36:12 ID:xD/J+ACM
Blog とりあえず

------------------------------------------------------------
日本がすでに死刑廃止国であれば、彼は公正な裁きを求めつつも、最終的な埋め合わせが不可能であることを知り、新たな人生を歩んでいたものと思います。

そのことは、亡くなった方自身も望んでおられたことではないでしょうか。

本村さんは、ご家族を失っただけではなく、その後の幸せもまた失わざるを得なかった。

その上、死刑存置論者たちは、本村さんを神格化するあまり、生身の人間としての彼が新たな人生を歩むことを妨害する結果になったかもしれません。
------------------------------------------------------------

http://luxemburg.exblog.jp/3680966#3680966_1

246 :242:2006/06/29(木) 18:47:02 ID:bi+ZZgwx
[追記]
マスヒステリーに関して
最高裁→あなたも言ったようにマスヒステリーには惑わされていないと考えられます。
判決から今日に至るまでのマスコミ報道→まあ、マスヒステリーでしょうねw
チャネラーの一部による盲目的死刑肯定論
→この事件を受けて「死刑肯定」となったヒトより、
 (自分もそうですが)もともと潜在的に死刑を肯定しており、
 この事件をキッカケにそれが表面化したヒトの方が多いと思います。

247 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 18:50:58 ID:fnJPvl4x
>>245
>新たな人生を歩んでいたものと思います。
>そのことは、亡くなった方自身も望んでおられたことではないでしょうか。
>本村さんは、ご家族を失っただけではなく、その後の幸せもまた失わざるを得なかった。
>生身の人間としての彼が新たな人生を歩むことを妨害する結果になったかもしれません。

言葉は丁寧だが、ただただひたすら絶望的なまでに
冷酷で傲慢な考えにしか思えない。
ここまで尊大な意見を言う権利が人にあるのだろうかとさえ思う。

248 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 19:08:42 ID:L7WwxZdW
>>244 例え過失であっても、他人に怪我を負わせたり死に至らしめれば刑罰を受ける。
従って>>244 の言う『国が間接的に…』の論理は成立しない。
けして『やったもん勝ち』では無いはず。

249 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 19:56:29 ID:BMKHOcHF
>>248
というか、死刑は被害者または遺族の為にあるのではない。
社会の安定の為だ。
更正の余地がない、ということは、再犯する
=まだ生きている(人権のある人)になんかやらかす可能性があるからだ。

前提の「死体に人権がない」ということからして誤り。


250 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 20:07:35 ID:BuYdxx+K
でもこの事件の場合、伝え聞こえる加害者の言動は「やったもん勝ち」だよね。

この男も、さも反省してるような、しおらしいふりさえしていれば
「罰を受け」ても7年で世間に戻ってたかも知れないんだよね。
何かが変だ、って気持ちはもちろんロジックじゃないけど
法の論理に則る人にとって、そもそも「人間」って何なの?

 

251 :244:2006/06/29(木) 20:10:38 ID:bi+ZZgwx
[面倒になってきたので丁寧語を止めます。あしからず。]

>>248
>例え過失であっても、他人に怪我を負わせたり死に至らしめれば刑罰を受ける。
それはそうだが、問題は「刑罰」の重さだと思う。
今回のケースだと、罪の重さに対して刑罰が無期で割に合うのかというと、自分はそうは思わない。
以前本村氏も「国が『人を2人殺しても命は保障する』という免罪符を与えた」という感じの事を言っていたが、
そういう意味でも「国が間接的に…」という主張におかしな点があるとは思えない。

っていうか「国が間接的に…」の部分では、
「死体(被害者)に人権はないが、生きている殺人犯(加害者)には人権がある」
という主張に、物凄い違和感を感じたからそれを表現したかったのだが、上手くできなかった。申し訳ない。
死刑廃止派が、加害者の人権に強く拘るのに、被害者の人権にはまるで無頓着なのが理解できない。
(死んでしまったのだから消滅しているのかも知れんが。)
自分は被害者の人権が一方的に奪われるのはあまりにも不公平に感じられるので、
公正を帰すという意味においても死刑は行われるべきだと思っている。

>けして『やったもん勝ち』では無いはず。
論理的に考えたら、そう言えなくもないかもしれない。
しかし問題は、加害者を含め、それに近い考え方の人達が
今回の件とその判決をもし知った場合に、どう捉えるかということだ。
判決が無期となっていたら、おそらく「やったもん勝ち」としか考えないだろう。
>>244でも言ったが、そういう社会的風潮は新たな被害者を生んでしまう可能性のある危険なものだと言える。

252 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 20:16:32 ID:D0alfyCX
>>250
それは加害者少年が少年法を曲解してたせいだと思う
自分は少年法に守られてるから母子を殺しても死刑にならない
無期判決を受けた場合七年で出て来ると
しかし実際は十八歳と一か月過ぎてた為に51条の保護を受けなかった
守られたのはプライバシーだけ(実名報道されない)

253 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 20:19:38 ID:T1UB+sl2
基地外の畜生を生かしておいても意味はない(^−^)b

254 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 20:27:16 ID:07suyrKf
>>252
実名報道されなくても名は知れ渡ってるけど

福 田 孝 行 と。

255 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 20:46:46 ID:qDC0b14E
>>233 賛成。
死刑囚を、臓器のパーツ1個単位でオークションにかけるべき。
ただでさえ被害者の受けた損害は回復されないままの事が多い。
ここは、1円でも多くの金銭的価値を生み出す努力をするべきだな。

いやむしろ、犯人が少しでも反省しているなら、自分の身体を100%生かして
被害者への弁済に充てて欲しい、と言うべきことだ。

ヤフオクかけて、角膜から骨髄、腎臓、肝臓、皮膚・・・全部売っ払っちまえよ。
でなけりゃ普通できない生体実験に死ぬまで使いたおせ。

256 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 21:13:09 ID:iEvk2WAs
つか、
もーこの事件は最終段階、司法の判断を待つしかねえだろうがよ

むしろ世間は、八王子スーパー殺人事件とか世田谷の事件とか
まったく未解決の事件への怨念を忘れてはいけないと思うよ
だった犯人はまだ世間で何食わぬ顔して活きてやがるんだぜ

257 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 21:45:56 ID:L7WwxZdW
>>251 このケースの判決と死刑制度の是非を、過度に結び付けない方がいいかもよ。
このケースは極めて特異だし、犯行後の情状も最悪だからね。
言い方は変だけど死刑制度の是非は「一般殺人」で研究した方がよさそうだ。

258 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/29(木) 21:55:32 ID:bhxYqmjk
>>257
ああ、オレもそう思う。
逝ってみればこのケースは判例としてデフォルトになるモノではなく
最悪のケース。18歳以上の少年犯罪でも余りにむごい場合は死刑になる。
そう示すケースとして捉えた方が良さそうだ。


259 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 22:17:39 ID:BMKHOcHF
>>257
なんで途中で主張を変えるの?
「死者に人権がない、が、加害者である犯人には人権がある」というレスを
自分で正論だと言ってた事は忘れたのかい?

260 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 22:23:20 ID:L7WwxZdW
>>259 死体に人権はない、変わっていないけど。
主張も何も…曲げてもいないよ。

261 :244:2006/06/29(木) 22:25:52 ID:KdIbeDIE
>>257
せっかく話がまとまりかけたところ、粘着してしまっているように見えて申し訳ないのだが、
1つ気になったので一応断っておく。

死刑制度を非とした場合、このようなケースでさえも死刑をもって裁くことができない、
ということを心に留めておいて欲しい。

度々の長文、申し訳ない。

262 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 22:28:49 ID:ZZsFdoX/
>>245
いかに基地外とはいえ一方的な攻撃は良くないぞ。
ここは大人としての毅然たる対応が必要だな。

http://tasiro.e-city.tv/

263 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 22:45:05 ID:BMKHOcHF
>>260
だったらなんでこの事件を「死人に人権はない」けど「この犯人は特別だ」と言えるのかな?
その二点は全然別の次元のことじゃないか。

少年法は、
「まだ情緒も完成していない。犯意を押し留める理性を形作る世間知もない。
だから犯行を冒したとしても人間性の完成と共に、成人よりは『更正の可能性が高い』」からこそ設けられた法であって
被害者(死人の人権)とか遺族の遺恨とかとはそもそも関係ないのだよ。
刑罰は「報復のため」にあるのではない。
あくまでこの後の社会にとってどうか、という点にあると思う。
要するに、加害者の更正する可能性で、刑罰の重さが変わってくるのはこの点だ。

別に世間の人も「遺族の感情」のみに踊らされた訳ではない。たまたま遺族の主張に尤もな部分が多かったからだ。
誠に無情な言い方をすれば、この事件は死刑制度ばかりか少年法を見直すいいきっかけになったのだと思う。

264 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 22:53:17 ID:L7WwxZdW
>>263 いいじゃない、いい意見だよ君。
言う通りなんじゃないか?
刑法と少年法の見直しに一石を投ずるというか、見直し論議を加速化することになるかもよ。


265 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 23:15:34 ID:kRAP5Mc4
>>263

それはいわゆる・・・表現が非常に難しいが、「比較的まともな殺人者」の場合だよな?
この被告のケースで、行為からして反省するタイプではないと感じるが、
更に、反省する”フリ”すら出来ない奴が更生などすると思うか?
まして拘置所内であのような手紙を書くやつがだ?
社会を守る事を優先するのであれば、
少年とはいえ、反省すらなく、更生の可能性も極めて低いと思われる者については
こうなります!という例を飾っておくべきだよ。



266 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/29(木) 23:20:18 ID:VZTrya4Q
>>263
根本的な間違いが見受けられるので指摘しておく。

>被害者(死人の人権)とか遺族の遺恨とかとはそもそも関係ないのだよ。
>刑罰は「報復のため」にあるのではない。
関係あるんだよ。近代法が刑罰科料を継続させた理由には加害者が犯した罪に対する
応報を課すとゆ〜意味がある。一つは犯罪抑止、もう一つは被害者の心情への配慮。
前近代的な報復を抑止する必要性は無視できない刑罰科料の目的だ。

>あくまでこの後の社会にとってどうか、という点にあると思う。
>要するに、加害者の更正する可能性で、刑罰の重さが変わってくるのはこの点だ。
日本社会が死刑を制度として是認している以上「加害者の更正」は不可能。
今回の最高裁の判断も「更正の可能性が認められない」と逝った意味合いがある。
再犯の危険性(犯行後の加害者の動向から判断)を放置する司法では我々は困る。


267 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 23:28:25 ID:BMKHOcHF
>>266
それはいわゆる報復ではなくて責任主義だと思うんですけどね。
被害者の心情は「いい意味での副作用」的なものだよ。

で、更正の可能性がないから死刑も相当だろうという考えにはなにも反発していないのですが。

268 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 23:28:33 ID:kRAP5Mc4
>>被害者(死人の人権)とか遺族の遺恨とかとはそもそも関係ないのだよ。

そうそう、俺も>>266と同じ。

で、上部分は被害者が生きている場合なら、殺されるケースよりも被害者を重く見るという事か?
なんかおかしくないか?


269 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 23:34:24 ID:oKLq/fca
しかし、ではもし仮に、福田が「アケチ君」とか言わずに、深い反省をしていた(フリでも)ならば、
司法は「構成の可能性がある」と判断し、本村さんの声も空しく、無期となっていたのだろうか?
あんな残忍な犯行をしておいて、無期で赦されるというのであれば、
それはそれで司法が無力なように感じられる。

その上、反省したフリだけしておいて、出所後に再犯でもした場合には…。

270 :269:2006/06/29(木) 23:38:06 ID:oKLq/fca
×構成
○更生

271 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 23:45:44 ID:hyfKWRjg
>>266
死刑はかまわないが刑罰に報復の意味を持たせるのは最も危険な思想だと思うね。
被害者の感情とは関係無しに法律の規定に基づいて事務的に坦々と処理されればよろしい。
その内容が被害者にとって納得がいく場合もあるし、いかない場合もある、それだけのこと。

272 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 23:47:34 ID:BMKHOcHF
この場合は反省した振りをしたところで、犯行の残虐性が物を言ったと思うんだけどね。
個人的には。 司法の判断はわからん。

スレ違いだけど「最も守るべき対象である妻子を三人も殺した」あの医者も、個人的には量刑が軽すぎると思うね。
(関係ない俺から見てもそうなんだから、遺族の思いはいかに、とは思うよ。
自分で「遺族感情は関係ない」と主張しているけど、それと遺族の心情を量るのは別物だし)
この例は「自分の家族を殺したんだから、再犯(=その他の無関係の人には悪さ)しない」という判断なのか?
それでも「守るべき対象を殺した殺意への敷居の低さ」は更正を望めないと思う。

必ずしも司法が世間の(個人の?)判断とは別な判断を下すのはままあるね。

273 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 23:48:26 ID:L7WwxZdW
>>269 俺はそう思うね。

274 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 23:49:08 ID:RRxz6Qtz
>>257
おいおい、死刑当たり前のこのケース外して死刑制度の是非を問うって、何?
>>261
禿同。
「特別なケースを除いて論議して死刑廃止が良いと思います」
って、もう既に起こってるんだもんな、これ。以後は想定の範囲内。
これを除いて死刑の是非を論議しても意味無いと思うな。

275 :朝まで名無しさん:2006/06/29(木) 23:51:05 ID:HdJtZk2+
>>269
そう思うのは、「無期懲役」が無力なのであって、更正制度の問題だと思う。
もし、無期懲役から仮出所した人間が例外なく善人になって、社会貢献に粉骨砕身する
ようになっているとしたら、ぜんぜん印象が違うんじゃないでしょうか。

276 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/29(木) 23:51:06 ID:VZTrya4Q
>>267
>それはいわゆる報復ではなくて責任主義だと思うんですけどね。
このケースの場合被害者は亡くなってしまってるからな。責任主義「だけ」ではなく
被害遺族感情が司法判断に影響を与えるとゆ〜のは、とりもなおさず報復を緩和する
意味が含まれているってコト。司法はそれを全く無視しているワケではない。

>>269
>深い反省をしていた(フリでも)ならば、
それは分からない。ただ、司法は手紙一つ、発言一つだけで判断するワケではない。
提出された検察、弁護人双方の資料を総合判断する。反省「だけ」が判断材料ではない。


277 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/06/29(木) 23:53:27 ID:VZTrya4Q
>>271
>死刑はかまわないが刑罰に報復の意味を持たせるのは最も危険な思想だと思うね。
いや、そ〜ゆ〜意味ではない。「報復を行わせない」ために国家制度として
その心情を緩和させる機能を刑罰は含んでいるとゆ〜意味だ。それが近代法。


278 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 00:06:02 ID:Lcc2KxrL
>>277
判決文に被害者の感情が云々という悶々が入ると「あいつらが望んだからこんな刑になったのか」
とお礼参りの原因になりえるのではないかと、終身刑か死刑になれば問題ないかもしれないが
それでも仲間や家族が逆報復する可能性も考えられるわけで、
罪の重さに相当な刑を坦々と下すに超した事はない。

279 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 00:21:02 ID:P4lrRGzg
>>275
確かに。
自分の中に、無期懲役で刑期を終えても更生されるわけがない、という固定観念があったようです。
今までは、加害者を死刑にしなければ被害者は絶対に救われない、
と思っていたのだけど、刑期を通じて加害者が本当に真人間になるのであれば、
被害者もほんの少しは救われるのかもしれない。
(無責任な考えかもしれないが、少なくとも自分が殺された場合には、
 加害者が完全に更生するのであれば、自分の死が無駄ではなかったと少しは思える。)
死刑廃止云々と言う前に、そういった更生のシステムの改善に力を尽くすべきなのかもしれない。

>>277
自分としては、「反省」よりも「犯行の残忍性」を重視して欲しいと思う。

280 :279:2006/06/30(金) 00:25:40 ID:P4lrRGzg
IDが変わってしまった。 orz
>>279>>269です。
あと、
×>>277
>>276
です。同じ人だけど、一応。

281 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 00:38:02 ID:t/fRH3V/
面倒になりそうなら被害者を、なるべくあっさり殺せばいいんだね?
退路の無くなったDQN的にはそういう解釈にならない?

282 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 02:05:02 ID:t2EpaYAx
なんかどうしようもない不感症なのか、それとも本当に仏様のような底抜けの
お人好しなのかようわからん人がいるな。

283 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 11:24:13 ID:EwOXjyeg
再犯で多くの犠牲者が出ている事はスルーかな?

コンクリート事件や母親殺し男が起こした再犯然り。日本の終身刑がない現状では死刑はそれが目的ではないが、その面から見ても、明らかに効力をも持つ。

日本に目を向けるとは多くの死刑廃止国より凶悪犯罪の発生率は低く抑えられ、長期的に犯罪も減少している。

死刑は特に凶悪な犯罪に限って存続すべき。もちろんこのケースもそう。

284 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 12:50:58 ID:1uM5QlHo
>>283
それは本人ではなく、更正プログラムの不備、
出所後の社会のケアの不備の問題。


285 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 13:00:06 ID:nk2lucxR
>>284
そんな不備の状態で死刑廃止なんて有り得ないワケだな。

286 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 13:42:36 ID:EwOXjyeg
>出所後のケアの問題

だからこそ、冤罪と「同レベル」だと並べてる。冤罪も再犯もゼロにはできないが、それを理由に死刑廃止も全員死刑もできない。
冤罪問題も再犯問題も死刑とは別々に考えるべきでリンクさせる必要はない。

287 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 17:13:36 ID:UzJHx4co
終身刑でググって最初にヒットしたページ読んでたら、頭痛くなってきた・・・。

死刑廃止論者の筆頭、今現在、現実に公判に影響を及ぼす立場に居る、
所謂‘大物(?)人権屋’の方々は、仮釈無しの終身刑にも反対なんですか・・・。

現行法のまま死刑廃止のみを謳っているのなら到底賛同する訳にはいきませんね

福田の様な再犯率の限りなく高い「無期なら35歳でシャバにでられる♪」と、
のたまう快楽殺人犯をトンデモ理論で弁護し、また、
被害者及び被害者遺族を蔑ろにして、あまつさえ侮蔑する、安田の様な
「どんな凶悪殺人犯であっても、何が何でも死刑反対論者」は
一般人は、黙って凶悪犯罪者の餌食になってろ、とでも言うつもり?

288 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 17:48:37 ID:iqbVuZbA ?
犯罪者が釈放されて再犯するのは、更正システムに不備があるからだと主張するだけで、
そのシステムそのものの具体案は出さないのが、人権派。
死刑も終身刑もだめ、無期懲役も必ず釈放しろという人のほとんどが、
更正システムさえちゃんとすればいい、その責任は国にあるというだけだから無責任だ。

289 :朝まで名無しさん:2006/06/30(金) 22:39:07 ID:YW9fOu17
理想郷の話をしても仕方がない>更正システム

情状酌量という「システム」がちゃんとあるんだから、
ここでいう更正の可能性とは、あくまで現実社会の中での話だと思う。

290 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 00:43:38 ID:Ajm+lZ/b
死刑反対派=人権屋でひとくくりにされているのも、なんかいやなので具体案を出してみるテスト。

「執行猶予付き死刑停止案」
・刑法はそのまま、刑事訴訟法の死刑執行についての改正
・判決から執行命令までの期限を6ヶ月から2年に延長(更正の可能性を見るため)
・著しい更正が認められる場合、法務大臣が執行延期をできるように条件を緩和
・さらに更正が認められる場合、国会の承認を得て仮出獄を認める
・仮出獄中に犯罪を犯す、など不適格が認められた場合、監獄に逆戻り。
・更正の可能性が見出せない場合は、死刑が執行される。

ポイントは、
恩赦のようなあいまいな規定ではなく、「国民の同意」を得て出獄を認めることと、
更正システムが正しく機能する限り、事実上死刑廃止になること
で応報と教育の両立をめざすことでございまする。

291 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 00:53:45 ID:Ajm+lZ/b
自分で読み返してみて、
「仮釈放と死刑の両オプションがついた終身刑」
とみることもできるかな、と思います。

292 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 01:20:22 ID:l+whnGk6
>>290-291
猶予期間が 2年では短すぎるのじゃないかな?
刑法改正を視野に入れるならば、むしろ「死刑相当」の犯罪を今よりも限定してしまうって考え方はどうかな?
殺害人数や犯行の質ではなく、計画殺人=死刑とかね。

293 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 03:08:44 ID:wkTeQzP+
素朴な質問です。
「人権」の定義を教えて下さい。
そもそも「人権」は「加害者」と「被害者」で異なるものなのでしょうか?

294 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 04:32:47 ID:AIQVsdEA
>>290-291
それだとまるで死刑制度が「更生の可能性がないから死刑」みたいにみえる。
基本的に更生可能性の有無は死刑判決を下す場合の条件のひとつにすぎないよ。

295 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 06:39:35 ID:h/jyinN3
実際の所、死刑反対してる人って、こんな香具師が出てきて近所に住んでも大丈夫?
本人が言ってた通りに、7年で出てきてしかも直ぐ隣とか同じ地区に済むとか。
今20歳そこそこで未婚の香具師なら、福田が出てくる頃に丁度新婚さんの可能性もあるよね。
すると自分が遺族又は犠牲者になるかもよ?

・夫28、妻23、新婚1ヶ月目、夫が帰ってきたら妻が屍姦され押入に
・夫30、妻25、子供0歳、結婚2年目、夫が帰ってきたら妻が屍姦され押入に、子供は首をちょうちょ結びで絞められ天袋に

あの手紙を見る限り、再犯は冗談じゃなくて、ホントに有り得るわけで。
変質的殺人は、同じ事を、バージョンアップ番でやったりするでしょ。
性的暴行が入ると更にその傾向は強そうだし。
押入や天袋、或いは屍姦以上に酷い後処理をされる可能性もある。
理想論の更生のシステムどうとか、現実的にはそう簡単に変わるモンじゃない。
仮に死刑にならなかったとして、こいつが出てくるまでに整備できてるとは、とても思えない。

それでも死刑反対なのかな。
オレはこんな不安要素はイヤだな、マジで。

296 :長くてスマン:2006/07/01(土) 07:26:35 ID:SS7oYE6k
>>290
まあこのスレ全体でもあるんだが
ちょっと筋が根本的にかみあってないんだよなあ

賛成派→鬼畜なんだから殺せや
って事なんだろうけれど
反対派→司法制度そのものが滅茶苦茶 人の命なんてとても扱えん
って事がなんだし

俺としては一時死刑停止で司法そのものの枠組みを作り直す
(代用監獄廃止・事情聴取完全映像公開可・検察審議会&公安委員会の強化
国家犯罪への罰則強化等)
その上で改めて死刑を設定しなおして頂きたい所

>>295
300万人C型肝炎ばらまかせて刑事事件にすらならない官僚は
天下り退職金で悠々自適で極楽生活
2人殺害で死刑? なんかおかしいよ。

297 :朝まで名無しさん :2006/07/01(土) 07:45:52 ID:aaff8p8k
己の死と対峙させることで人の命を背負う重さを自覚させ
人の心を取り戻させるそれが死刑。


298 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 08:06:34 ID:S2ZwQxiU
死刑賛成派なんだけど、死刑以外の刑が軽すぎるの問題。
死刑の代わりに20年ぐらい暗闇のなんにも無いところで放置とかならいいけどね。
1年以内に自殺すると思うけど。

299 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 08:15:17 ID:2cIV6uQa
犯人が意外と頭のいい奴で、更生の可能性があるとする。
しかも若い、できれば殺したくは無い。再犯の可能性はあるだろうが、
所詮未来の事は誰にも分からない。残るは世間的な問題、まぁこれはクソみたいなもんだ。
ついでに殺せばすむと言う考えはエレガントじゃない。確かに無期懲役が妥当と言えなくも無い。
でもそれだと、こんなこと言うのは何だけど司法なんて世間話の延長でしかないだろう。
現実的にそいつを止める方法が死刑しか現状としては無いと考えてもおかしくは無い。
 残る可能性は、法律に関わる人たちが彼に風俗の素晴らしさとエロ本の社会的価値の高さについて
マインドコントロール並に教育するか・・・

300 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/07/01(土) 09:01:28 ID:Y5W4Yw5u
>>293
人権とは、人間なら誰でももって生まれた固有の権利だ。個人において
差異はない。
だが、英語で表現すればHuman rightsとなっているように、複数だ。
色々な権利が人間には備わっている。犯罪者にも人権は有るが、それぞれに
応じて一部停止されるのは止む得ない。
しかし、人間が人間足る根元的な生きる権利は誰からも侵されない。
その尾意味で、死刑制度の廃止が望ましい。ましてや、未成年者の
子供を殺すような判決は新たな犯罪とも言える。

301 :朝まで名無しさん :2006/07/01(土) 09:25:14 ID:qzhPoQ4j
18歳の人間を子供とするのも法、18歳以上に死刑を適用するのも法。
それが気に入らないならぐだぐだ言っとらんで法改正に動け。

302 :唯の人 ◆6OTu92tEKY :2006/07/01(土) 09:36:24 ID:Y5W4Yw5u
>>301
子供達に、野蛮にも世界からかけ離れて死刑を下すことのできる
代表的な心理と言えるのだろう。
その >ぐだぐだ だけを拠り所に敢えて子供を殺せるものか。不思議だ。

303 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 09:38:14 ID:uM7dU9Ka
http://www6.big.or.jp/~lovely/vote/ltvvote.cgi?sel=779
http://www6.big.or.jp/~lovely/vote/ltvvote.cgi?sel=779
http://www6.big.or.jp/~lovely/vote/ltvvote.cgi?sel=779
http://www6.big.or.jp/~lovely/vote/ltvvote.cgi?sel=779
http://www6.big.or.jp/~lovely/vote/ltvvote.cgi?sel=779
http://www6.big.or.jp/~lovely/vote/ltvvote.cgi?sel=779

304 :朝まで名無しさん :2006/07/01(土) 10:40:10 ID:qzhPoQ4j
>>302
だから動けっつーの。

305 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 11:34:42 ID:wkTeQzP+
>>300
293です。

 人間が人間足る根元的な生きる権利は誰からも侵されない。
 その尾意味で、死刑制度の廃止が望ましい。

ではその根源的な権利を侵した行為(殺人)に対しての罰則のあり方としては
どのようなものが望ましいと考えますか?
私は防衛行為の結果や交通事故のような過失が伴うような殺人以外は死刑
が妥当だと考えます。

306 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 12:44:55 ID:B3zy39Qm
>>302
あなたのいう一般的な『子供』を死刑にするはずないでしょう?

正しく 被告25歳(元少年) と呼びましょう。

犯行当時に戻ったとしても 報道で 『子供』 という呼ばれ方をされた事はない!印象操作しちゃあいかんぞ!ん?

307 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 13:41:32 ID:FAf4jPSS
〉人間の生きる権利は誰も犯せない

憲法では法の定める刑罰によれば、人権を制限できるが、その際、生存権も例外ではない。

死刑が違憲立法扱いになってない現状で何言ってるのやら。

308 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 16:42:13 ID:K017nzdw
>>296
二人も殺して死刑にならんほうがおかしいだろうが。
大体、行政の失敗と刑事犯とをごっちゃにすんなよ。

>>300
「人間の生きる権利は誰も犯せない」から死刑制度の廃止が望ましい?
殺人犯が人を殺すのはどうなんだ?

309 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 18:31:52 ID:iTOXC87X
>>308
そりゃそうだ
2人も殺しといて重刑を受けないことの方が異常だわ
多くの死刑囚又は死刑に値する刑法犯は初犯ではないでしょう
また、初犯であっても更生の余地すら認められない
そんなんを放置していつ被害者になるかも知れないという状況に置かれる方が人権蹂躙ですな
社会の病巣たるところを切除することがなぜいけないことなのか?と人権屋さんに問いたい

310 :朝まで名無しさん :2006/07/01(土) 18:59:26 ID:aaff8p8k
性犯罪の再犯率は高い、というのはよく聞く話。少年犯罪だと名前も素性もわからないまま
野に放たれるのだから不安この上ない。平穏に生活する権利を犯罪者の
更生のために「我慢せい」というなら人権屋たちはその代償を背負うべき。
やらずぶったくりで人格者気取りの人権屋なぞ犯罪者に等しい。

311 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 19:05:22 ID:ZQLwMnb1
>>308-309
自分の妻と子供を殺害した男が、「残される子供が不憫だから殺害した」という主張をしたら
酌量の余地を認められて無期懲役になった例があったね。

312 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 19:10:55 ID:else9tHQ
人間の生きる権利は誰も犯せないって誰が決めたの?

313 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/01(土) 19:13:50 ID:5PdCcj+M
>>312
現代社会のコンセンサス。


314 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 19:18:30 ID:09eDdLyf
結局
人間の生きる権利は誰も犯せない

YES:それを破った殺人犯は死刑

NO:死刑もアリ

どっちにしても、死刑。おわかり?


315 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 19:47:04 ID:gaeoaF8P
生きる権利=わがまま、と勘違いしている奴が多すぎるな、最近。

316 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 19:47:43 ID:epLzNg0N
死刑存置論者も廃止論者も、一読の価値あります。

http://homepage2.nifty.com/shihai/index.html

あらゆる犯罪に対して死刑を廃止している国:86カ国
通常の犯罪に対してのみ死刑を廃止している国:11カ国
事実上の死刑廃止国:25カ国

法律上、事実上の死刑廃止国の合計:122カ国
存置国:74カ国

個人的には死刑廃止には否定的な考えでした。
ただ、冤罪の可能性が0%になることは無いだろうとも思います。
人権云々ではなく、冤罪の可能性がある限りは、最高刑は終身刑にしておくべきかな、と思うようにもなりました。
松本サリン事件では、河野さんの疑いは晴れましたが、もし疑いが晴れずに逮捕されていたらどうなっていたか?
裁判で本当に疑いを晴らす事が出来たのか?疑問に思います。
死刑の犯罪抑止効果も殆ど期待できないようです。



317 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 19:58:52 ID:FAf4jPSS
憲法9条一カ国

世界の趨勢は?

他の国がやってるからというのは説得力がない

318 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 20:16:10 ID:gsBz2W08
俺は死刑反対派だが
>>1の内容はあの事件のやつだと思うが、確かに被害者は犯人を殺したいほど憎んでいると
思うだろうが、だからと言って殺して良いと言う事にはならないのだよ

死刑賛成派のやつに言っておくが、死刑と言うのは法と言う人間が作った殺人を正当化した
腐ったやり方だ、人が人を裁けるなどと考えてしまってる愚かな人間のやり方だ
人を裁くことが出来るのは神だけだ

覚えておけ、死刑は殺人だ

319 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 20:37:21 ID:AIQVsdEA
そうだな。人を裁くのは法だよ。司法は法にしたがって判断をくだすのみ。

320 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 20:40:39 ID:wvIfYzxL
私は、あの光市の会社員Mが大嫌いですPART2
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1151750454/

321 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 20:40:49 ID:epLzNg0N
>>318 人がやる事には間違いがある。その間違いを修正できる可能性を潰してしまうのが死刑制度だ。
その観点から、俺は仮釈なしの終身刑導入を前提として死刑制度は廃止した方が良いと思うが、あんたの言っていることはおかしい。
ここは法治国家、人が人を裁くのは当然の事だ。裁いてくれる神なんかいやしない。修正出来る可能性を残した上で、人を裁く事が必要だ。



322 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 20:59:16 ID:b6kult3H
>>318
人が人を裁けないなら司法は廃止しないといけないね。

323 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 21:13:29 ID:ZnH5gaJN
Blog とりあえず

------------------------------------------------------------
日本がすでに死刑廃止国であれば、彼は公正な裁きを求めつつも、最終的な埋め合わせが不可能であることを知り、新たな人生を歩んでいたものと思います。

そのことは、亡くなった方自身も望んでおられたことではないでしょうか。

本村さんは、ご家族を失っただけではなく、その後の幸せもまた失わざるを得なかった。

その上、死刑存置論者たちは、本村さんを神格化するあまり、生身の人間としての彼が新たな人生を歩むことを妨害する結果になったかもしれません。
------------------------------------------------------------

http://luxemburg.exblog.jp/3680966#3680966_1

324 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 21:18:03 ID:FAf4jPSS
なんやらカルトというか思考停止の人がきているようだが

神が存在しているなら生死のみならず生そのものにも神が関与している事になり、盗みの罰でさえ神に裁きを委ねるべきで、刑罰そのものを否定しなければならなくなる。そういうわけにはいかないのだよ。

人は人が裁かなきゃならんのだお。

あとすまんが死刑を罰してる教典おしえてくんろ。

カトリックのおっさん=人がいってるのは駄目よ。

爾殺すなかれというのは駄目よ。それは日本の法律でもそうだから。それを犯した人間への現世での罰は否定していないからねぇ。

325 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 21:22:51 ID:FAf4jPSS
あと亡くなった人もそう望んでいたとか言い出す霊媒師みたいな人もミッケタお。
なんでわかんねん。あの世に行って聞いたのかよ。

326 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 21:38:32 ID:2RNhUNA3
>人を裁くことが出来るのは神だけだ

死刑反対派はこれどういう意味で使ってんの?
人を裁けるものなどもともと存在しないって意味?
それとも神が本当に人を裁くと思ってんの?
馬鹿だからこの辺が全然わからない。
誰か説明してくれ。

327 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 22:17:33 ID:1srfGCuj
結局、死刑廃止論ってアナーキズムの亜流みたいなもんか?

328 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 22:29:38 ID:0w0uGQSy
>>327
そんな上等なもんでなくて自分は神に近いとでも言いたいのでないの。
厨房が鬼の首を取ったように大人の行動を「偽善!偽善!」と煽るのと一緒。

329 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 22:49:32 ID:QghEnbw/
死刑って少しの苦しみであの世に行ってしまうんでしょ

じわじわと拷問された後に死ぬのと
簡単に死んでしまうのと比べると後者のほうは生ぬるいような気がする

やはり、終身刑導入がいいと思う
それも、一生日のあたらない部屋に死ぬまで閉じ込めておくとか
もちろん運動なんかさせないし本とかも読ませない

それか、両手両足を切断し見世物にする

がいいと思う、頭の悪い俺の意見


死刑反対の人ってこういった意見なんでしょ?

まさか、「殺すのはよくない」とか「更正の道が・・」とかいってるわけじゃないですねぇ?

あと>>323のブログの人は一回病院で見てもらったほうがいいと思う

330 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 22:54:12 ID:xFoPUSV0
この世で人を裁くのは人以外に有り得ない
神の裁きはあの世で待つ


331 :朝まで名無しさん :2006/07/01(土) 23:06:00 ID:GvxqPBDC
お金で買えない価値がある
無期で償えぬ罪がある

332 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/07/01(土) 23:07:05 ID:5PdCcj+M
ライフレス?


333 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 23:11:42 ID:GQFbXMav
死刑廃止派=人権屋=社会解体派=反日、反米=親中国・韓国・北朝鮮・アラブテロ組織。
=社民党、日弁連、日教組、朝日新聞。

334 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 23:22:19 ID:FAf4jPSS
〉アナーキズムの亜流

言い得て妙だお。

つかいわゆる日本の自称リベラルは左派でもなく、人権派でもない単なるアナーキストなんだお。

故に、二重基準が生じ、権力側、特に政治信条が対立する人間が罪を犯したなら人権など考えないであろう事は想像に難くないお。


335 :朝まで名無しさん:2006/07/01(土) 23:56:51 ID:qdSNaQnU
以前CBSドキュで見たんだが、死刑反対論者の父親を強盗殺人で殺されて、
確か自らも被害を負った娘さん(とっくに成人)が、犯人の死刑回避運動を展開
して判決は彼女の望通りとなった。

娘さんが、
「殺人犯と心が通じ合えたわ(人´∀`).☆.。.:*・゚あなたと私は魂の兄弟よ」
と、舞い上がる一方で、当の殺害犯は「・・・・この女、バカじゃねーの」と、
冷めた目つきで彼女を見ていたのが印象的ですた。

死刑を回避してあげたんだから、感謝されて当然と思っていたらしい娘さんの
その殺人犯の様子に戸惑う姿が、これまたとーっても印象的ですた。
宗派は忘れましたが、彼女も父親もクリスチャンですた。


336 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 00:06:07 ID:2H2t49E6
>>318
>>覚えておけ、死刑は殺人だ

個人が法を無視して行うのが、殺人。
国家が法に沿って行うのは行政執行。
故に死刑を殺人と表現するのは間違いである。


337 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 01:36:05 ID:Zj0UiPJr
>>316
> ただ、冤罪の可能性が0%になることは無いだろうとも思います。
> 人権云々ではなく、冤罪の可能性がある限りは、最高刑は終身刑にしておくべきかな、と思うようにもなりました。

人権屋、見苦しいぞ。

日本では冤罪の疑いのある死刑囚は死刑が執行されないで、事実上の
終身刑になっている。

帝銀事件の平沢は95才で医療刑務所で大往生した。

冤罪で死刑になった死刑囚がいるなら、言って見ろ。
と言っても、答えることはできない。そんな死刑囚はいないからだ。

うす汚い人権屋はどこまでもウソを垂れ流す。




338 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 05:46:11 ID:6/DUGW+g
死刑反対者は>>295に答えてくれないか?
万が一福田が出てきて、隣に住まれて問題ないか。
>>296
じゃあさ。
その官僚と出てきた福田、どっちが隣に住むのが安心だ?

339 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 06:08:34 ID:1qAUg0Gl
死刑廃止にするなら、凶悪犯の現在の顔写真と住んでる場所を公開しておいてくれないと
自己防衛できない

340 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 06:10:45 ID:rTC04rsK
>>318
死刑が国家による殺人なら懲役刑は国家による監禁罪か?
罰金刑は国家による強盗か?

なんで死刑にだけこだわるんだ?
死刑が殺人ならこれ以外の懲役刑も人権蹂躙だと訴えないのか?

もし、死刑囚に冤罪の可能性があるから反対だというなら当然他の犯罪も冤罪の可能性があるはずだ。
冤罪の可能性をいうなら死刑を伴う犯罪より多いはずだ。
懲役刑を受けた犯罪者の解放をなぜ訴えないのか?なぜ死刑だけを特別扱いするのか?



341 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 07:14:11 ID:mepTs1fr


342 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 07:20:17 ID:YBfhH22B
>>338
そういう質問は無駄じゃね?曲解や屁理屈で印象操作等
平気でやる反対派の連中が自分を偽るなぞ造作も無い。実際に
そういう立場になってはじめて自分に気がつくんだよ、死刑の
恐れが出たとたん虚勢の鍍金が剥れた福田と同類なんだろうさ。

343 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 08:42:32 ID:FNwqfrpr
過去レスの読めない >>340 は池沼。
人権の回復が不可能になるからだよ。

344 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 08:43:38 ID:FNwqfrpr
>>337
>冤罪で死刑になった死刑囚がいるなら、言って見ろ。

いたとしても、絶対に公表されない。
処刑されてしまったら、名誉の回復もできなくなるいい証拠。
表沙汰になってないのをいいことに
一人もいないと言い張る >>337 は偽善者。
反省の振りをしてる誰かさんと変わらないよ。

処刑後に冤罪が証明された死刑囚がいるなら、言って見ろ。
と言っても、答えることはできない。そんな冤罪は公にできないからだ。

345 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 08:44:10 ID:FNwqfrpr
>>338
福田が隣に住んでて、近所で殺人事件            → 疑われるのは福田。
C型肝炎ばらまかせた官僚が隣に住んでて、殺害される → 2ちゃんねるのカキコを調べられ最有力容疑者に。
>>338 が隣に住んでて、奥さんを殺害            → >>338 の偽証で濡れ衣を着せられ死刑。

どれが安心かは一目瞭然w

それに、死刑の抑止効果は絶大だそうだから
再犯したら死刑確実な福田君は
犯行を思い留まる可能性が極めて高いw

346 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 09:00:10 ID:rTC04rsK
>>343
おまえのように金英男並の言い訳をいってくることを予測してたよ
それではその部分の半分しか答えられていない

北チョン並のかなりの低能だねえ

347 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 09:18:20 ID:ynKwQphg
どちらかというと343の方が池沼というかバカでは? 懲役刑であっても本人の生存中に人権が回復される保証はない。「冤罪の可能性がある以上」という前提である限り、他の刑罰においても回復不可能の人権侵害は起こり得る。

でおまけに衆視の現行犯であった場合に冤罪は死刑を免れる理由にはならない。
また同じく「可能性」というなら再犯で殺人を犯した例は冤罪の比ではない程多い。


犯罪者が「回復不可能な」殺人行為を繰り返さないためには、犯罪者は全部死刑とすれば再犯による「回復不可能」な人権侵害は防げるが、これは「冤罪があるから死刑全廃」と同じくおバカだから俺は反対w

348 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 09:39:52 ID:SimaBjsK
死刑肯定派の俺から質問。
@殺人犯を無期などの懲役刑で生かし続けることは税金の無駄遣い
 じゃないのか?殺人犯に裁判その他の費用で貴重な税金を投与することに
 どんな意味があるのか?

A成年、未成年問わず殺人=死刑というシンプルな法律にすれば、犯罪抑止
 につながると思うのは俺だけか?無駄に長い裁判の短縮化にもなると
 思うのだが。

B「犯人の更生」とよく言うが、更生の具体的な意味や内容がさっぱり
 わからん。そもそも殺人を犯した人間を更生させてやる必要性が一体、
 どこにあるのか?

誰か、頭のいい人教えて!



349 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 09:52:48 ID:pEBgDxz4
>>343
>>340は「死刑が国家による殺人だからいけない」という主張に対する反論だから「人権の回復が不可能になるから」というのは答えに
なってない。国家が罰金を徴収すると“窃盗罪”にはならないが、泥棒が窃盗を犯せば人権回復可能であろうがなかろうが“窃盗罪”になる。
人権回復可能であるか否かという論は国家がおこなう“刑罰”と犯罪者が犯す“犯罪”を同列にあつかうことの不合理性を正当化できない。

350 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:06:41 ID:VH2jpR4f
>>344
> 処刑後に冤罪が証明された死刑囚がいるなら、言って見ろ。
> と言っても、答えることはできない。そんな冤罪は公にできないからだ。

商売のネタを探して、必死な人権屋がゴロゴロいるのに、
冤罪のような美味いネタを見逃すわけない。

帝銀の平沢には、うす汚い人権屋がたくさん群がっていた。

捏造の平気な人権屋でさえ、ネタを見つけられなかったくらいだから、
冤罪で処刑された人間なんて最初から存在しないのだ。


351 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:06:57 ID:S2JQdw0O
ハゲにハゲというとPTSDになったと訴えられます。
ブスにブスというとセクハラだと訴えられます。
チョンにチョンというと謝罪と賠償を訴えられます。
343には

352 :  :2006/07/02(日) 10:12:38 ID:v8OEHy7p
死刑に冤罪の可能性はある。
しかし冤罪の可能性のない死刑もある。
(宅間のような奴は死刑にしても冤罪はありえない。
 犯行の目撃者が多いし、自分も大量殺人を認めている)
宅間のような奴には死刑が当然だろう。
(こいつを教育しなおしても、治らない)

結論:冤罪の可能性のある場合は、死刑判決をしないこと。
懲役がいい。アメリカのように懲役120年とかいうような
ことは日本でできないか?


353 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:29:57 ID:p5xOM2UO
<冤罪の可能性

それが証拠が不十分とかの理由であるのならそもそも有罪判決すら出ない。

本人が否認し、周囲の人権屋が妥当な理由もなく「冤罪!冤罪!」と騒げば
たちまち冤罪事件になる。

354 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/02(日) 10:32:54 ID:en5WL8/o
>>352
問題は「冤罪の可能性の有無」の線引きをどこでするかだな。
そこを曖昧にすると後に禍根を残すことになる。
あと、終身刑は死刑廃止論者が盛んに研究し、推進している。
世論は死刑容認が多いのでいわばバランスを保つ意味で。


355 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:36:13 ID:FNwqfrpr
>>347 も過去レスを読めない池沼だな。

>懲役刑であっても本人の生存中に人権が回復される保証はない。
>「冤罪の可能性がある以上」という前提である限り、
>他の刑罰においても回復不可能の人権侵害は起こり得る。

保証はなくとも人権が回復される可能性は飛躍的に増大する。

356 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:37:58 ID:FNwqfrpr
>>340=346
もし、殺人犯に再犯の可能性があるから賛成だというなら
当然他の交通事故や医療事故で無念の死の可能性があるはずだ。
人が死ぬ可能性をいうなら殺人より多いはずだ。
人の命を弄んで死なせた者の死刑をなぜ訴えないのか?なぜ殺人だけを特別扱いするのか?

>>346=340
誰だ、それw
そんなこと書くと正体バレバレですよ。
治安屋の工作員、見苦しいぞ。

357 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:38:42 ID:FNwqfrpr
>>348
@ 大多数が決めた法律に適合できない者を数の理論で
  隔離するのだから、法によって被害を軽減できる者
  法によって利益を受ける者が費用を払うのは当たり前。
  金を払いたくないと言うなら、殺人フリー・レイプフリーの
  弱肉強食フリフリ王国でも作って移住してくれ。
A 栃木実父殺し事件
  ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/totigi.htm
  を参照。
B @と同様に法に適合できない者を適合できるようにすべく
  受益者が最大限努力するのは当然のこと。

358 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:39:36 ID:FNwqfrpr
>>349

>>340 後半の
>なぜ死刑だけを特別扱いするのか?
に対するレス。

>人権回復可能であるか否かという論は国家がおこなう“刑罰”と
>犯罪者が犯す“犯罪”を同列にあつかうことの不合理性

お説ごもっともだが、結論が間違っている。
捕まって手も足も出ない犯罪者よりも
権力を持っている国家のほうにより厳しい基準を求めなければ
力関係が一方的になり、結果的に人権侵害が増えるのは自明の理だよ。

359 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:40:20 ID:FNwqfrpr
>>350
おまえみたいな治安屋がメシの種を守るのに必死だからだよ。
うす汚い治安屋はどこまでもウソを垂れ流す。

360 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:40:54 ID:pEBgDxz4
>>355-356
犯罪者のおこなう“殺人”と国家のおこなう“死刑”とを同列に扱うことの不合理性に対する反論は何?

361 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:41:17 ID:oIuBGyZM
ニートと殺人犯は死刑
これでOK!

362 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:41:21 ID:FNwqfrpr
>>353
>本人が否認し、周囲の人権屋が妥当な理由もなく「冤罪!冤罪!」と騒げば
>たちまち冤罪事件になる。

そんなことで冤罪事件になるなら。一部の希望者を除いて死刑になる奴はいないはず。

363 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 10:44:09 ID:tbph1dZ3
もはや警察検察に対する私怨だな。

364 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:44:34 ID:9yR3pgOE
>>353 存置論者の考えは「今の時代、冤罪は起こり得ない」という事なのか?


365 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 10:58:10 ID:p5xOM2UO
>>357
@法律って
>大多数が決めた法律に適合できない者を数の理論で
>隔離するのだから、
???あのう、司法と立法、行政って義務教育中に習いますよね?
ひょっとして義務教育も受けてないのですか?

Aなんでいつも「極端な例」を引き出すんですか。
まあ、これは尊属殺人の極刑を見直したエポックメーキングだったと思いますが。
逆に光市のこの事件も「殺人の数や犯人の年齢だけでは刑を量れない」という事を
見直すいいきっかけだと思います。

B???受益者???
殺人犯なり犯罪者を裁くと誰が益を受けるの??

つーか、国のすることを未だに「お上」とか「権力」とか捉える部分がとっても不思議。

366 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 11:04:00 ID:ynKwQphg
だから355は池沼というよりバカだといってんだよ。
「可能性があるから反対」という論理で話してるんだから、そのパーセンテージの問題ではない。

おまえの言うことを是とするなら、犯罪者を全部死刑にすれば再犯による「回復不可能な」殺人事件が飛躍的に減少するから「犯罪者は初犯でも全部死刑」という暴論もまた成り立つんだよ。

それに冤罪が理由なら冤罪でないと明らかわかる犯罪者は死刑にしてもかまわない事になる。

おまえは過去ログどころか受け答えもロクにできないバカである事を自覚しろ。


367 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 11:07:00 ID:tbph1dZ3
>>364
>>353はあくまで冤罪事件の一面・一部を言ってるのではないかな?
それをもって全ての冤罪事件がこうだとは断言しとりますまい。

と、ここまで書いてふと思ったのだが・・死刑確定囚が死にたくない一心で
冤罪をでっち上げたってのもあるのかなぁ?

368 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 11:16:22 ID:ynKwQphg
冤罪は犯罪全部に発生するもので死刑という特定の犯罪にだけ関与してるものではないということ。
死刑のみが回復不可能な人権侵害であるからというおかしな論理については、すでに反論済み。

ところで冤罪でなあとはっきりわかるケースや再犯による「回復不可能な再殺人」が実際に起こっているケースについては死刑反対派はスルーしているね。

尚スレタイからも現状の終身刑がない前提で話していくべきだろう。

369 :ご隠居:2006/07/02(日) 11:20:47 ID:hCxvqey6
>>367
無いとは断言できんだろ。
現に「10人の真犯人を無罪にしても
1人の冤罪者をだすな」という
人権派の言葉があるからな。
10人の真犯人を無罪にしてると
自ら吐露してるようなもんだ。

それと、冤罪の主張は、被告人からでなく
弁護士主導でやってる場合もあるな。
わしの知ってる元拘置所刑務官は
未決囚から「ほんまはわしがやったんやけど
弁護士が否認せーゆうからな」と
聞かされことあるらしいな。

370 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 11:58:52 ID:32xWwyQK
>>345
>それに、死刑の抑止効果は絶大だそうだから
>再犯したら死刑確実な福田君は
>犯行を思い留まる可能性が極めて高いw

死刑が廃止されて福田がシャバに出て来た時の事を想定しているのだが。

371 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 12:01:43 ID:lC9D9pMh
>>368 死刑執行後に冤罪が判明した場合はどうする?どのように彼の人権を回復するんだ?
懲役刑の場合には、国家賠償の法整備がされているのに死刑の場合にはそれがない。
だから、人権回復が可能な終身刑を設けて、死刑は廃止されるべきだということだ。
↓元最高裁判事の話。冤罪はいつの時代にも起こり得る。
http://homepage2.nifty.com/shihai/message/message_dando.html

372 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 12:07:47 ID:dzSe741y
日の当らない狭い部屋に一生閉じ込める

これが一番いいと思う

新でおしまいではなく、生きたまま苦しみを与えるべきだと思う

373 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/02(日) 12:08:03 ID:en5WL8/o
>>371
その事例の場合、司法の制度改革で冤罪の可能性がある事案を回避できるじゃん。
「疑わしきは罰せず」の理念に適合させた制度のすればいい。


374 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 12:10:07 ID:ogrjkc/l
何で、ここでも冤罪の話になるんだろ?

全く話にならんね。
それと、懲役15年して冤罪がわかったら、その15年、誰か返して
やれるのか?
取り返しがつかないのは、死刑も懲役刑も一緒。


375 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 12:13:59 ID:ynKwQphg
〉死刑発生後に冤罪発覚

そりゃ懲役刑でも一緒。獄中死後冤罪発覚しても人権の回復不可能。だからといって刑罰を否定するわけにはいかんだろ

で? 再犯でまた殺人を犯すケースは裁判官の言葉引用するまでもないが?

死刑にならず出てきた犯人がまた回復不可能な殺人おこしたらどうするわけ?

冤罪ではないとはっきりわかるケースはどうするわけ?

376 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 12:14:10 ID:TFaEr+HL
キリスト教徒は、悪事を働いた奴は、死後神に裁かれるから死刑は不要と考えるんだよ。
それを先進的な考えと勘違いするアホ多数。

377 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 12:16:47 ID:lC9D9pMh
>>373「冤罪の可能性のある事案」なんてどのように判断するんだい?被疑者が冤罪だ、と訴えたら?
それに有罪・無罪の判断をあまりに厳格にしてしまうと、真犯人が無罪とされる事案が増えてしまうと思うが

378 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 12:21:08 ID:lC9D9pMh
>>375 懲役刑の場合は回復可能だろう?獄中死と処刑されて死ぬのは全然意味が違うが。
それに終身刑の話をしてるだろ。

379 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 12:25:10 ID:ynKwQphg
キリスト教徒は神の戒律を守らないものに死を与えてきたのではないかえ?

魔女裁判は?キリスト教の二千年の歴史の中で死刑廃止はつい最近だろ?

結局は宗教に関わる「人間の解釈」が変わっただけじゃん。今後また解釈が変わらないという保証はない。

死刑反対派が単に神を利用しているだけだぎゃ。

380 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 12:30:42 ID:ogrjkc/l
>>378
あんた、その15年間を返してやれるの?すごいねぇ。

終身刑って、冤罪という判断が出ても拘束され続けるのか?

たとえば、誰がが偽証して冤罪の判断が出れば、凶悪犯は出てこれるんじゃ
ないのか?
で、次の犯行を重ねないと保証できるのか?


381 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 12:33:43 ID:ynKwQphg
獄中死も死刑も冤罪の場合、本人の失われた人権回復は不可能。一緒じゃん?つか論点自体そこじゃなかったのか?

終身刑導入は先にものべたがこの事件には関係ないのでは?

382 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 12:44:59 ID:lC9D9pMh
>>381 何を言ってるんだ?獄中死は自然死だろう。死刑は国が人を殺してしまうってことだよ。
自然死は法律で避けられないが、処刑での死は法律で避けられる。
>>380
 >たとえば、誰がが偽証して冤罪の判断が出れば
偽証で判決に影響を及ぼせるなら、その逆も可能だね。
そもそも、君の言ってることは「疑わしきは罰せよ」ってことのようだが、つまり現在の
司法制度そのものが間違ってるという訳か?

383 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 12:53:53 ID:ogrjkc/l
>>382
いいや、冤罪と、死刑か終身刑かというのは全く次元が違うということ。

死刑があるから、冤罪が許されなくて、死刑がないから、冤罪もあり、
なんてことではない。いずれの場合でも冤罪は許されない行為だ。

しかし、このスレのように、冤罪などありえない場合において、死刑は
当然の刑罰であると主張しているのだが。


384 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 13:10:13 ID:ynKwQphg
その通り冤罪も抑止力も死刑存廃とは関係ない。前者は罪刑法定の全否定につながり、抑止力はあるともないとも言えない。

獄中死が自然死で人権侵害にはあたらないと?

中途半端な人権派だな。

あと国家による云々に対する反論はは過去ログで誰かが書いてあるのでどうぞ。


385 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 14:49:38 ID:dzSe741y
凶悪な殺人犯が死刑にならずに出てきた

でもって、俺の家の隣に住みはじめる

俺は絶対にいやだね、
死刑反対派の皆さんはどうお考えですか?


あと、自分の身内が殺された場合
俺だったら自分のこの手で犯人を殺したいと思う
しかし、それはできないし
だから死刑というものがあるのだと思う

386 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 14:59:58 ID:S+jlThY6
>>383
ごもっともで、死刑はあるべきで冤罪はあってはいけない。
これをごっちゃに論ずるから終始が着かないわけで、別次元で論じるべきだと以前から思っている。

387 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 15:11:36 ID:VDVwZ0y2
バカばっか?

388 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 15:18:33 ID:rcUdeTBD
冤罪の可能性を主張しだしたら司法自体機能しなくなる

って事が分からない馬鹿ばっか

389 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/02(日) 15:23:30 ID:uYsQpHAJ
そう。
極論になると刑罰を与えるコト自体が冤罪の可能性のためにできなくなる。


390 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 15:40:04 ID:YyfKDDq7
本村氏にはふざけるなと怒鳴られるかもしれないけれど、被告人は
死刑になりたくないのならまずは法廷で本村氏や遺族に謝れ、頭を
垂れろ! 土下座して許しを請え! 弁護人もくだらない意見を主張
するよりも世間の同情をかう努力をしてみたら? 子供のときによく
言われたでしょう? 「悪いことをしたら誤りなさい」って。

それと勝手ついでに言わせてもらうけれど、こんな腐った被告人には
死刑よりも「世間の晒し者」みたいな判決を下してみたい。仕事は
しなくてもいいから国内を、自分は光市・母子殺人事件の犯人だと
いうのぼりなんかを背中にしょって各地を15年間は廻ってほしい。
もちろんその期間の衣食住や身の安全は我々国民の税金で工面する、
・・・・こんな判決ってどうですか? 甘いかなぁ。


391 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 15:56:21 ID:32xWwyQK
>>390
>のぼりなんかを背中にしょって各地を15年間は廻ってほしい。

徒歩でのみ移動、
衣食住のうち住はシュラフ支給のみ、
という条件付きで考慮。

392 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 16:03:37 ID:lC9D9pMh
>>389 それは違うよ。刑罰を与えることを否定する人間なんていないよ。
そうではなくて、人間のすることには間違いがある。その間違いを訂正できる可能性を必ず持ってなきゃいけないってこと。
懲役刑にはその可能性を持たせた法整備がなされてるのに、死刑にはそれがないってこと。
ない、ってよりは、その様な法整備が不可能だということだ。
>>388
   >冤罪の可能性を主張しだしたら司法自体機能しなくなる
ってことは、日本の司法制度は「冤罪の可能性」を初めから想定しない、って事か?


393 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/02(日) 16:10:22 ID:uYsQpHAJ
>>392
刑罰に反対ではないとゆ〜コトは、人を殺した殺人事件の場合
さらには今回のように確実に冤罪ではない場合の想定はどう考えてる?


394 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 16:10:31 ID:p5xOM2UO
>>392
スレタイをよく読むがよろし。

それとも君は光市のこの事件は冤罪だとでも言い出すつもりですか?

395 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 16:20:07 ID:QoKtOuUP
>>392
> 懲役刑にはその可能性を持たせた法整備がなされてるのに、死刑にはそれがないってこと。
どんな法整備がされてるの?

396 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 16:25:02 ID:lC9D9pMh
>>393-394 現制度上では彼は死刑にすべきだね。
ただ俺が言いたいのは、重大な欠陥のある現在の制度を放置してはいかん、ということ。
死刑廃止、終身刑導入していたとすれば、彼は終身刑になるだろう。それは止むを得ないこと。
運用で、冤罪可能性のある事案の刑執行を回避するって様なことをいっていた人もいたけど、
人の生死にかかわる重大なことを、制度不備のまま運用面だけで対応しようとするのは、
法治国家として、どうかと思うけどね。
 ちなみにスレタイには「人権屋に質問」とあるから人権屋ではない俺が書き込むのはスレ違いかもしれんね。


397 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 16:29:58 ID:lC9D9pMh
>>395 刑事補償法で詳しく定められていますよ。

398 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 16:31:37 ID:pEBgDxz4
どうして死刑囚の場合の冤罪事案の保証制度がないんだろうね。それは確かに法の不備だな。

399 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 16:57:03 ID:DyS95Asy
刑事補償法には死刑の補償も記載されてますよ。
3000万。
だからといって、それでいいのかとなると話はややこしくなりますが。

400 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/02(日) 16:58:13 ID:uYsQpHAJ
参考までに死刑廃止をした英国の現状

>イギリスのテロへの恐怖は今も根強く残っている。英国は連邦制度を取っているため各地の自治意識は
>強く英国政府が決定した死刑廃止も受け入れられないとする動きもでた。自治意識の高まりと英国の
>国家的利益との兼ね合いから1975年からはレファンダム(国民投票)も行われており、死刑制度の復活が
>レファンダムに掛けられた場合、英国では成立する可能性が高いことが言われている。

>しかしながら英国政府はEUとの関係強化のためにも死刑復活は避ける方向で政策を進めている。特に国内の
>死刑復活論の有力説である被害者救済手段も手厚く行っているのはよく知られた事実である。日本の
>犯罪被害者に対する国家救済制度は死刑廃止論、死刑存置論とも不完全であると指摘しているが、英国では
>日本の80倍程度の予算(約400億円)を組んで被害者支援を行っている。

>しかしながら英国で残虐な反抗が行われると死刑復活論が必ずでてくる。2002年8月のホリー&ジェシカ
>殺人事件では児童性愛者の犯行に死刑復活論が取りざたされた。
http://www.geocities.jp/aphros67/090530.htm

401 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 17:12:20 ID:QoKtOuUP
刑事補償法
3 死刑の執行による補償においては、三千万円以内で裁判所の相当と認める額の補償金を交付する。
ただし、本人の死亡によつて生じた財産上の損失額が証明された場合には、補償金の額は、
その損失額に三千万円を加算した額の範囲内とする。


うん、保証されてるね。

402 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 17:12:23 ID:lC9D9pMh
>>399 補償の対象はあくまで本人であるべきなんだが、その本人は存在しない。
仮に金額を1億円に引き上げようとも、何の解決にもならない。懲役刑での冤罪被害者に対する補償とはまったく異なってしまう

403 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 17:18:48 ID:QoKtOuUP
そんな事言ったら殺ろされた被害者の保証と償いは誰がしてくれるの?

404 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 17:21:58 ID:ynKwQphg
ふ〜ん。じゃ加害者も反省しようが、償いをしようが、被害者が死んでるんだから意味ないね。情状酌量する必要もないね?被害者が死んでるんだから。

それに犯罪事件の被害者の遺族は気の毒だね。

この事件に関しても加害者側が保障しようともしないし。

405 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 17:36:18 ID:lC9D9pMh
>>403-303
被害者に対する補償と死刑存廃論はまた別問題だと思うけど。>>400にもあるけど
日本犯罪被害者に対する補償制度は非常に遅れているのが現状だね。

http://www.npa.go.jp/hakusyo/h10/h100204.html
外国の例を参考に考えることは間違った事ではないと思うけどね。


406 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 17:38:53 ID:DyS95Asy
>>402
冤罪の可能性があるから死刑制度は廃止すべきだと言うけど、
現在の日本の死刑ってものすごく慎重になされていると思いますよ。
年間千数百件の殺人事件が起こっているなかで、最高裁で死刑が確定するのは10件前後。
それだけ凶悪な事件にしか死刑は適応されないわけだし、
今の日本じゃ冤罪の可能性があるような事件じゃ死刑は宣告されてないはず。
あくまで犯した罪に対する究極刑として死刑があること自体を否定する必要があるのでしょうか。

死刑制度が威嚇効果を発揮しているとすると、
その罪を犯そうとしたものは実際に犯行に及んではいないため、統計上の数値に反映されません。
一般予防論的に効果がないとは言えないわけで。

こういうのは(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQさんの方が詳しいと思うけど、
現在の死刑ってそんなに不備があるでしょうか。

407 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 17:40:12 ID:ByBkjTnw
参考にするのは大いに結構、盲従するのはいかがなものか?だろ。

408 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 17:45:23 ID:pEBgDxz4
なんだ。ちゃんと保証制度はあるんじゃん。十分かどうかはともかくとして。

409 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 17:58:44 ID:ynKwQphg
405さんよ、それを言い出したら冤罪と死刑存廃自体関係ないんだよ。我田引水で話にならんな。浮いてるしここのだれにも説得力もたんよ

410 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 18:15:05 ID:lC9D9pMh
>>406 つまり運用において冤罪による死刑を回避しようとしてるのが現状、ってわけだよね。
人を殺してしまう究極の刑罰であるからこそ、制度としてはっきり明記しなければならないと思うんだよ。
ところが本人が刑死した後では、もう回復不可能。ここに危うさがある。究極の刑罰に欠陥があるというのは
放置してはいけないと思うんだ。
 抑止効果については、一応国連の報告書で死刑と犯罪発生率の関係について
「死刑のもたらす脅威やその適用が、より軽いと思われる終身刑のもたらす脅威やその適用よりもわずかでも
殺人に対する抑止力が大きいという仮説を受け入れるのは妥当ではない」
と結論付けているけど、ホントのところは分かりません。


411 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/02(日) 18:17:59 ID:uYsQpHAJ
>>406
>>371が例示しているサイトが参考になるかも。
元最高裁判所判事 団藤重光氏の話

>以前、「永山事件」の控訴審で船田裁判長は、日本中の裁判官が一人残らず死刑を言い渡すような
>事件でなければ死刑は適用できないと言い、一審の死刑判決を無期懲役に変更しました。いわゆる
>「船田判決」です。
>最高裁はその後、この判決を破棄し高裁へ差し戻しましたが、私は審理を担当した小法廷の判事から
>相談を受けたとき、あの形で確定するのは難しいが、船田判決の精神をできるだけ生かして欲しいと伝えました。
>そして最高裁の判決をよく読んでみると分かりますが、「船田判決」の精神は十分に生きているのです。
>しかしその後、どういう理由か、下級審では以前に比べて簡単に死刑判決が下されるようになってしまいました。
>その点に関しては、私は今の裁判官に、もっと頭を切り換えてもらいたいと思います。
http://homepage2.nifty.com/shihai/message/message_dando.html

気になるのは司法側に明確な判断基準がないこと。


412 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 18:20:06 ID:ynKwQphg
過去ログ読めよー それとも理解力自体ないのか?我田引水さんよ。

413 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/02(日) 18:21:48 ID:uYsQpHAJ
刑罰制度とゆ〜のは司法のひとりよがりで成り立ってるワケではなく
社会的な要請とコンセンサスが必要。それらを総合的に判断して
なおかつ冤罪の可能性を回避できる裁判の仕組みづくりが求められる。
はじめに「死刑廃止ありき」でもダメだし「絶対死刑維持」でもダメ。
それこそ聖域を設けず広範な認識に則って判断すべきだと思うぜ。


414 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/02(日) 18:23:42 ID:uYsQpHAJ
一応、オレが示した英国の事例では死刑廃止に伴って殺人事件などの
凶悪事件が増加したって内容が載ってるから抑止論を逝ってる香具師は
読んでみてくれ。


415 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 18:37:58 ID:lC9D9pMh
抑止論については
>たとえばカナダでは、人口10万人当たりの殺人率は、殺人に対する死刑を廃止した年の前年である1975年の
>3.09件のピーク時から1980年には2.41件に低下、そしてそこからさらに減少している。
>死刑廃止から27年後の2003年には殺人率は人口10万人当たり1.73件、1975年よりも44パーセント低く、
>ここ30年間で最も低い割合だった。
http://homepage2.nifty.com/shihai/shiryou/facts&figures.html

 国によっては死刑廃止後も減少しているところもあるので、なんとも言えない。
抑止効果があるとも、ないとも立証出来ない。

416 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 18:40:36 ID:YBfhH22B
つまり外国のデータはあてにはならんと言うことか。
まあ目は通すべきだろうけど。

417 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 18:42:03 ID:ynKwQphg
あのね。廃止派にヒントあげるけど、基本的に死刑支持の論調が高いのは、庶民の中に応報に関する自然な感情があるからだよ。それを軽視して世論は味方につけられない

次に冤罪とか抑止力とか国家による殺人だとかそれが世界の趨勢だとかを死刑廃止の理由にしても、突っ込みどころ満載で説得力なし。

どうせなら「人間には誰にも過ちがあり、そういう人間を更生させて再統合する事が社会のためにもなる。コストは確かにかかるがその価値はある。」てな方がまだまし。そして結果犯罪の少ない社会を作るにはどうすればよいか具体的な方法を示していけ。

人権ばかり振りかざしても駄目だぞ。

今の状況じゃ安田弁護士同様逆に反発食らって死刑存続賛成者を増やすだけ。

塩送ってあげたんで考えてみそ。

418 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 18:53:03 ID:O9y45XEs
IDかわってますが>>406です。
(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQさん、資料ありがとう。読ませていただきます。

>>410
明記というのは死刑の基準のことですか?
おそらく永山判決で提示されたものが一応の基準でしょうが、
情状といった客観的に定量が不可能なものも死刑の判定基準になっている以上、
明記は困難でしょうね。

419 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 19:35:02 ID:lC9D9pMh
>>418 死刑の判定基準なんて明記は不可能ですね。そうではなくて冤罪の可能性があるか、ないかという判定。
例えば3人殺害したとして起訴された被疑者について、自白と状況証拠が有力な証拠だったとすると、冤罪の可能性はないとは言えない。
しかし、ここで冤罪の可能性を考え、無期懲役の判決が出せるかどうか。それこそ世論の賛同は得られない。
「冤罪の可能性が捨てきれないため」という判断をする何らかの基準がなければ世論も被害者も納得できないんじゃないかな、という事です。


420 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 19:40:58 ID:pEBgDxz4
冤罪の可能性があるなんて状況は物的証拠足りない状況でしょ?それはさすがに無罪になるんじゃないの?

421 :ご隠居:2006/07/02(日) 20:00:40 ID:hCxvqey6
冤罪冤罪なんて騒いでる事件のうち
ほんまの冤罪がどれだけあることやら。

422 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 20:13:37 ID:lC9D9pMh
>>420-421
日本の刑事裁判制度を妄信してしまうのはどうかと思うけどね。現在も再審請求されてる事件は結構ありますけどね。
その中にどれだけ本当の冤罪があるか、なんてそれこそ神にしかわからないだろう。
>>412みたいな考え方は、冤罪など存在しない、って事だろうか?それとも多少の冤罪があっても仕方ないってことだろうか?
いづれにしろ、ちょっと恐ろしいね。

423 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 20:23:21 ID:pEBgDxz4
>>422
現在も再審請求してるのは死刑執行をしにくくするための戦術にすぎないんじゃないの?
冤罪の可能性は0ではないわな。結局は日本人は日本社会において“冤罪事件”がおこり、
その結果、冤罪によって死刑に処されるような悲惨な事件がわずかながらもおこる可能性がある社会を選択するか、
その可能性を完全に0にするために“死刑”という選択枝をすてさるべきかだな。

オレは個人的には後者よりだけど前者の選択枝を選びたいという意見も十二分にわかる。

424 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 20:28:12 ID:oYLew4xh
自白と状況証拠が有力な証拠じゃない裁判てあるのかな
間接証拠の積み重ねが犯罪を確定する方法だと思うし
それだと、秋田の彼女は無罪ですか?

なんか、冤罪を刑事と検察官と裁判官だけに背負わせていませんか
全国民が冤罪の責任を負うものじゃないかな。
その責任を負いたくない人が死刑廃止派なんだろうけど。
たとえ冤罪の可能性があっても、死を以って償わなければならない罪があると思うもの。

425 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 20:42:12 ID:lC9D9pMh
>>424 自白と状況証拠は有力な証拠になりますよ。ただそれに頼った場合冤罪が起きる可能性が出てくるってことです。
物的証拠にしても、検察側が捏造するなんて事が実際にある訳だし。
冤罪に対する責任が国民にもあるというなら、尚更死刑は廃止すべきだと考えますけどね。

>たとえ冤罪の可能性があっても、死を以って償わなければならない罪があると思うもの。

これには全く賛成できませんね。だからこそ終身刑を設けて回復可能性を持たせることが必要だと思います。
仮釈なしの終身刑だったら、十分に厳しい罰だと思うけどね。むしろ死刑より厳しいんじゃない?

俺の考えは>>423と同じです。

426 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 20:53:23 ID:YBfhH22B
今回の事件に冤罪の可能性が無いなら冤罪の話は横に
置いとこまい。

427 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 20:58:07 ID:pEBgDxz4
“冤罪の可能性”ってのが数学の“確率”とちがって科学的にばしっときまるものじゃないから議論がむずかしいな。
オレ個人的には社会が“あやまってまちがって冤罪の死刑囚に死刑を処するような可能性のある社会”を日本が選択するにせよ、
そんなケースは自分の一生の内に一回あるかないかぐらいの頻度におさえられないといけない感じだな。
実際そんなケースが今おこればさすがに終身刑制定の声があがるだろうな。今のところ冤罪死刑執行事件って歴史のなかにある
ぐらいのイメージしかないけど。

428 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 20:59:58 ID:pEBgDxz4
>>426
賛成。死刑廃止を訴える人のなかには「死刑は将来廃止されるべきもの。だったら今回の事件も死刑は回避すべき。」とかいう人がいるけど
これはメチャメチャだもんな。

429 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 21:07:36 ID:p5xOM2UO
私は人権屋ではないと言いながらいつまでも粘着して冤罪の話をするID:lC9D9pMh

この光市のこの事件は弁護士ですら冤罪とは言わずにチョウチョ結びと言ってるし、
被告ですら「犬がかわいい犬と出会ってやっちゃった」と言ってるんだから
冤罪の可能性はない。

別にスレ立ててそこでやってくれ。
冤罪屋さんでなくて本物の人権屋さんも質問に答えにくかろう。

430 :ご隠居:2006/07/02(日) 21:19:55 ID:hCxvqey6
>>422
逆にいえば、「神にしかわからない」のにどうして
冤罪と決めつけるんや。

431 :中立人=偽善的無関心者:2006/07/02(日) 21:35:48 ID:j2rkXQsQ
>>428
賛成派にとってはメチャメチャでも死刑反対派には当然の発想、18歳としては初の死刑になるのだから阻止するために頑張りたいのも当然。
この事件で死刑にするなら女子高生コンクリ詰め事件も今からでも死刑にすべきという人もいるが、同様にメチャメチャだと思いませんか?
結局のところ、賛成派も反対派も原理主義者であり互いを理解するのは不可能という結論に至ります。


432 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 21:44:47 ID:j2rkXQsQ
>>430
疑わしきは罰せずが司法の基本理念、決めつけるという感情の問題ではなくシステム的な問題。
黒であれ白であれ、システムに不正を行って黒にするのは許してはいけないという事です。


433 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 21:48:28 ID:V25CHFHh
>>431 メチャメチャなのは犯行だろうが。

434 :朝まで名無しさん:2006/07/02(日) 21:48:46 ID:pEBgDxz4
>>431
めちゃめちゃだよ。現時点で死刑が廃止されてるなら本件でも当然死刑はありえないけど
将来死刑は廃止されるんだから、本件でも死刑であってはいけないなんてメチャメチャ。

435 :名無しさん@恐縮です :2006/07/02(日) 22:01:46 ID:Y4/heI56
わずかに残る若妻の温もりを抱きしめているうちにあろうことか
旦那のイチモツはみるみる勃起し生気の無い妻の性器を
激しく突き始めた「これがほんまに最期や・・・」

436 :348:2006/07/02(日) 22:02:47 ID:SimaBjsK
>>357さんにご親切にお答えをいただいたが、はっきりいってよく理解できん。
特にAの質問に対する答えが栃木の父親殺しを引き合いにだしているとこなん
か、まったく意味不明だ。悪いけど・・・。

なんか被害者の人権と加害者の人権が別の次元で語られている場合が世間では
多いような気がするのだが、なぜ同じ次元で話を進めないのだろうか?
死刑は合法的な殺人ってよく聞くが、じゃあ、殺人を犯した人間を世の中から
完全に排除する方法が他にあるんか?
「目には目を」的な短絡的な考えはあまりよいことではないのかもしれんが
殺人者が刑期を終えて出所してきて、自分ちの隣近所に住むことを受け入れ
られるんか?
原発建設や米軍基地移転問題でさえ、住民は狂気して反対するじゃんか。
内容は違うかもしれんが、殺人歴のある狂った人間が一般社会にまぎれこむ
のも、命が危険にさらされるのは原発や米軍基地と同じじゃんか。
まあ、死刑が絶対いけないっていうんだったら、絶海の孤島に着の身着のまま
殺人犯を放置してくるってことでどうだろう?
>>357さんが「殺人フリー・レイプフリーの 弱肉強食フリフリ王国でも作っ
て移住してくれ」って言ってたのと逆の発想でさ。
そうすりゃ、税金の無駄遣いも最小限度ですむし。
あ、俺はちゃんと働いて税金納めてますから。


437 :ご隠居:2006/07/02(日) 22:06:21 ID:hCxvqey6
>>432
んなこたあわかっとるわい。
だかこそよ。そういうシステムだからこそよ。
真犯人なのに「冤罪」だといばってる奴も居るゆうんや。
ちなみに冤罪の真の意味は「無実の罪」。

438 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 00:31:25 ID:/JDR+PdW
>>431
18歳としては初の死刑←ダウト
記憶に新しいところでも名古屋集団リンチ事件の被告人の一人が犯行時18歳で
高裁死刑判決を受けている

今更コンクリ事件の犯人を死刑にしろって言うのは法律を知らなさ過ぎの素人の発想だろう。

今回の件では現行法に死刑がある以上、死刑制度そのものに異議を唱えるべきであって
事実行為を捻じ曲げようとした弁護士に大きな責任がある気がする

439 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 01:13:52 ID:CylLLfvw
少年の死刑判決
ttp://kangaeru.s59.xrea.com/sikei.htm

440 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 08:53:02 ID:UFpaAd8P
そうだよ、死刑廃止したいからって
アノ手コノ手で死刑判決を回避しようとするなんて
被害者をなんだとおもってるんだよー。
正々堂々と正面から過去の裁判を使って議論してーて死刑廃止を訴えればいいだろー。
確定していない事件を道具に使うのは止めてーて。

441 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 11:17:43 ID:1xj9SlHY
廃止論者ってなんで口調が偉そうなのでしょうか。
俺様の理論を理解しない愚民を啓蒙してやってるって感じが
ますますお説を皆様が受け入れがたくしてると思うのですが
いかがな物でしょうかね。

442 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 13:41:32 ID:bXkjk5rr
死刑賛成派が感情論に訴えるからじゃないかな?
廃止論としては呆れるほか無い

それが「偉そうに」映るんだろう

443 :& ◆q2KNYPHILU :2006/07/03(月) 13:48:01 ID:qPzgSLUh
コンクリは死刑にしろ、死刑にしろってうるさすぎ。
すでに確定しているから仕方ない。死刑にしたかったら各自で
私刑にするべし。

444 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 13:58:30 ID:zjjPoSnm
どっちかというと死刑反対論唱える方が感情的だと思う
散々言い尽くされた事ですが
被害者家族や一般の人達が納得する案を出して欲しい
それすら出来ないのに死刑廃止とは片腹痛い


445 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 14:06:38 ID:bXkjk5rr
>被害者家族や一般の人達が納得する案を出して欲しい

最悪冤罪の場合、取り返しのつかない事態になるから
とりあえず死刑はやめておきましょう、というのが廃止論の提案ですが
どうして納得できないのかな?

「感情がおさまらないから」だろw

446 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 14:15:23 ID:OLRL/oqJ
>>445 「感情がおさまらない」もひとつの立派な理由になると思いますよ。
だからその「感情がおさまらない」のを我慢して死刑廃止に向かうか、
ごくわずかしか起きない冤罪の可能性に目を瞑り、死刑存置とするか、
それは人によって考えが違うだろうから結論が出ないと思うんだ。

447 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/03(月) 14:27:38 ID:qmgzdTr8
死刑制度を廃止できない最大の理由が「国民感情」によるもの。
充分にして大きな存続の理由となっている。
政府が国連アムネスティなどの要請を拒否してる理由もコレ。


448 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 14:27:51 ID:bXkjk5rr
死刑反対論唱える方が感情的、とかいった矢先に
「感情がおさまらない」もひとつの立派な理由になる、ですか
思考が分裂してるね

「感情がおさまらない」のを我慢できない人間というのは
情操教育が欠落しているんだと思うよ
そういう人間が衝動的な殺人をはじめると思うんだ
「感情が抑えられなかった」とかいって。
だから、おれは感情を根拠にする死刑賛成派には同意できないな

449 :446:2006/07/03(月) 14:37:49 ID:OLRL/oqJ
>>448 誤解があるといけないので付け加えておきますが、私は廃止論支持です。
仮に国民感情を納得させることが出来なくても、死刑廃止に向かうべきだというのが私の考えですが
存置論者の意見にも一理あると思う、という事です。


450 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/03(月) 14:44:26 ID:qmgzdTr8
「国民感情」や「被害者感情」を無視して制度化しても
運用の際に必ず問題になるのは確実。


451 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 15:08:17 ID:d4RatI9z
死刑廃止したい人たちはこの殺人犯を無期懲役にして15年かそこらで釈放されてもいいと思ってるわけ?
まず終身刑を作ってからにしませんか?

裁判官は社会通念と良心という感情で量刑を判断していいでしょ。
感情を排すなら殺人犯は全員死刑でいいもん。
3年以上10年以下なんて範囲も定めないで一律10年でいいな。

452 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 15:11:27 ID:/a5wLIt8
援助交際している女子高生も死刑にしろ。
これが国民感情だ。


453 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/03(月) 15:16:12 ID:qmgzdTr8
国民感情とは社会のコンセンサスのこと。
個人的な感想とは違う。
ってか、バカすぎて話しにならないんですけど。


454 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 15:25:23 ID:fA2sNx+L
ところで今度裁判員制度が導入されるわけだが
合わせて「死刑執行員制度」というのはどうだろう?

国民の中からランダムで選んだ人間が死刑を執行する
死刑賛成が国民感情なら、
これこそもっとも国民感情を反映した制度だ

死刑賛成派はもちろん同意するよな?

同意しないヤツは死刑賛成の皮を被った売国奴と見なす

455 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 15:38:05 ID:fg/cMdw4
別にいいんでない。
執行数からすれば執行人に選ばれるのは
宝くじに当たるより低い確率になりそうだがw

456 :朝まで名無しさん :2006/07/03(月) 15:54:12 ID:sq6/4dUr
感情を考慮に入れないってんなら犯人が泣いて謝っても考慮するなって事か?

457 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 16:06:02 ID:V1NzdyWK
>>456
 だったら反省のかけらもない犯人は重くするべきだよな。

458 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 16:39:00 ID:IV8Gys8S
つか感情を理解する感受性にかけているから死刑廃止ができないんだよ。

死刑廃止論者でも色々いるが、ここに来ているような種類の人たちは国家との対立や階級闘争が根っこにあって結局死刑廃止なんて二の次なんだよ。

そういう底を平均的な教育水準もった人たちには完全に見抜かれているいるのが現実。

詭弁を好むが本来の目的?である死刑廃止には逆効果の働きしかしない。

まあ感情を理解できない者が人権を語る事自体胡散臭いわけで。
大体そういう死刑廃止論者は理由として・冤罪・抑止論・国家による殺人・世界の趨勢てな理由にならない事絡めてくるからすぐわかるよ。
まともな死刑廃止論者なら実現が第一目的なので、世論や社会にある応報感情を無視したりはしない。

459 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 18:05:15 ID:WxFfIyAv
てゆーか低学歴の俺にも判るように説明して欲しいんだが、
国民の大多数の賛同・納得を得られないような法律・刑罰にどういった意味があるんだ?
感情でものを言うことは間違ってるわけ?そういうのに従わされるために感情はあるの?
なんで裁判所は人を裁けるんだ?なんで法律は他人に言うことを聞かせられるんだ?
偉いのは俺らなんじゃないの?法律とか裁判所とか元から人間より偉いわけ?


460 :朝まで名無しさん :2006/07/03(月) 18:31:34 ID:JT0V9MxE
少なくともここで廃止論ぶっ立ててる人は若いんだよ。
感情を排する事が冷静だと思ってるんだな。だから支持を得られない。

461 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 19:03:25 ID:0fURO2Nx
>>459
まず、「死刑」という制度は「刑法」という「法律」によって定められています。
で、この「法律」を創るのも改正するのも「立法府」である「国会=国会議員」です。
ですから、死刑制度を変更することは国会議員しか出来ません。

そして、日本は言うまでもなく民主主義国家です。日本国籍を有している者であれば
定められた年齢に達すれば「選挙権」及び「被選挙権」が得られます。

制度上、「選挙権」を行使することで間接的に、「被選挙権」を行使することで直接的に
死刑制度を変更することが出来ます。

で、現行は「死刑制度」が存在しているのですから、日本国民の総意としてはその存在を
認めているといえます。

逆説的にいえば、今後「死刑廃止派」が多数派となり、結果として国会が廃止を決議すれば
死刑制度は消滅します。

どちらにせよ、死刑制度に限らず日本の在り方を決めるのは国民に他ならないということですね。
その在り方を求める理由が感情でも思想でもなんでもいい。人それぞれです。

司法はその過程をえて定められた「法律」に基づいて判決なり、刑罰を「判断」する国家機関に
過ぎません。


こんな説明でどうでしょう?
ちなみに私は賛成派です。感情的にも今回も事件の犯人が許せませんし、社会秩序(安全)
の維持のためには必要だと思うからです。


462 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 19:15:39 ID:IV8Gys8S
459さん それはたくさんの人間が一緒に住んでいるから。



463 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 19:25:56 ID:uCQ2fG0z
 被害者感情や国民感情だけで量刑を決めるのなら、刑法の範囲内で被害者、被害者遺族自身が量刑を決定できるようにするか、
人民裁判制度を設けて、人民裁判を行うのが一番理想的だ。




464 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/03(月) 19:27:03 ID:qmgzdTr8
>>463
そうやって恣意的に運用されないよう
司法が分担してるってコト。


465 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 19:28:54 ID:Lh44LNo5
>>459
法律とか裁判所とかは「人間より偉い」という視点がまず変。
我々の総意を代行しているに過ぎない。
だからそこで働いてる人は全員が公務員。
不正があればガンガン叩けばよろしい。
後は>>461がとても的確に説明してくれている。

466 :朝まで名無しさん :2006/07/03(月) 19:33:38 ID:TSIPY1nU
>>463
感情を無視するべきでない、と言われて

>被害者感情や国民感情だけで量刑を決めるのなら

などと返すから「青い」と言われるんですよ。

467 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 19:38:36 ID:IV8Gys8S
459さん あなたが一人ぼっちで生きていくなら法律も裁判所もいりません。
あなたは完全に自由です。
でも狩りをしたり水汲んだり牛ばらしたり一人はできないので人間は社会を作ります。つか社会がないと人間は人間として生きていけません。
何かを得ると何かを失います。独身者が家族を得ると幸福の代わりに少し自由を失いますよね?

社会でも誰かの自由な行動が誰かを不自由にする事があるので、できるだけ個人の権利を守るよう心掛けながらも少しずつ制約を設けるようになりました。これが法律です。

ところが中にはこの法律を守らず他人の権利や自由を犯すような行動をするいわゆる犯罪をする人間が出てきます。

これを放置すると、みんなが少しずつ不自由をわけあいながらも最大限の自由を得ていた状態が生まれます。社会が崩壊すると多くの人の幸せも奪われます。

で刑があります


468 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 19:49:46 ID:0fURO2Nx
>>467
素晴らしく分かり易い説明ですね。

あなたのような方は、是非教師になって欲しいと思いました。

469 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 19:51:22 ID:NT5SCHFF
「死刑廃止」するためには
国会でそのような法案を可決させ法律にするしかない。

そのためにはそのような主張をする人を多数、国会に送る必要がある。
そのために国民の多数の支持がないといけない。

少なくとも「終身刑創設」「被害者保護、補償の充実」は最低条件のように思える。

470 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 20:06:06 ID:UsOu5Ltt
「場合によっては死刑もやむを得ない」とする者81.4%(1,668人)に聞きました。
死刑制度を存置する理由
 「凶悪な犯罪は命をもって償うべきだ」・・54.7%
 「死刑を廃止すれば,凶悪な犯罪が増える」・・53.3%,
 「死刑を廃止すれば,被害を受けた人やその家族の気持ちがおさまらない」・・50.7%
 「凶悪な犯罪を犯す人は生かしておくと,また同じような犯罪を犯す危険がある」・・45.0%
 (複数回答)
 http://www8.cao.go.jp/survey/h16/h16-houseido/images/z05.gif


死刑に相当する刑罰をつくり、法の犯罪抑止効果を科学的・統計的に否定し、更生教育の効果を証明すれば
世論も納得して死刑制度は廃止されるのでは?

471 :朝まで名無しさん :2006/07/03(月) 20:18:10 ID:TSIPY1nU
例えは悪いが・・ダムが必要だとして、ダムを作ってから水源の確保を考えるか
水源を確保してからダムを作るか・・・かな?

472 :459:2006/07/03(月) 20:33:14 ID:WxFfIyAv
レスどうもありがとう。俺なりの理解だけど、自分達で決めたことだからこそ、決めたルールに従わなきゃいけないんだよな?
裁判所なり警察なりは、ルールを無理矢理にでも守らせる役割を任されてるだけだと。

じゃあ国の決まりは国会で決めるとして、世界的な決まりはどこで決まるんだろう?国連かな?
フランス革命だかの基本的人権の内容も、世界的な協議の中で変わっていくべきものなんだろうか?
「普遍的」つーのからズレてしまうけど。

473 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 21:24:18 ID:IV8Gys8S
472さん。
いくつかの社会がありますが、それぞれ地域の条件が違うために同一の法律が適用できない時があります。

だからこそ日本という国でさえ、都道府県ごとに条例が存在します。

国が違うと尚更統一が難しいのはわかりますね。文化も違うし言語も違います。
では同一文化にしてしまえばよいかとなると問題が起こります。

文化とは人間であれば個性に等しく、環境と切り離して考えることはできません。
さて、この文化に優劣というものがあるのでしょうか?

「先進国」って言葉がこのスレでよく出てきます。 何を基準に「進んでる」んですか?「遅れて」るんですか?
誰が基準を決めるのですか?

法律は文化です。
社会の事情に大きな影響を受けます

まあ今はグローバル化の時代です。おおまかな世界的な決まり事はできるでしょうが、全てを統一はできないでしょう。まずは国同士のトラブルを避ける決まり事が先決事項で、それもまず社会が同じ国単位でコンセンサスを得てからです

法律という社会的環境から生まれ、固有の歴史が大きく関与するものは狭い範囲から順に同意を求めていく必要があるでしょう。

内閣は条約を他国を結べますが、法律に関与するものは慎重であるべきです。


474 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 21:38:59 ID:Lh44LNo5
>>473さん偉いな。
非常にわかりやすく事実だけ述べてるよ。

俺だったら「ふろしき広げるんじゃねえ!スレ違い!」で斬って捨ててるよ。

475 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 21:58:19 ID:IV8Gys8S
474さん PCを修理に出していて手元になく単にヒマだったもんで(T_T)パケット代節約の為そろそろ消えます

476 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 22:16:20 ID:0fURO2Nx
>>472
自分達で決めたことだからこそ、決めたルールに従わなきゃいけないんだよな?
裁判所なり警察なりは、ルールを無理矢理にでも守らせる役割を任されてるだけだと。


「ルール=法律」は>461で書いたように国民の総意として定められた共通の約束ごとです。
その約束を破ったという「疑い」があった場合は警察が容疑者を逮捕し、容疑事実について
捜査します。その結果有罪である可能性が高いと判断した場合のみ、検察に書類送検します。
そして検察がさらに精査したうえで、容疑事実に間違いない場合は裁判所に起訴あいます。
ちなみに刑事事件において裁判に訴えることが出来るのは検察だけです。
そして起訴事実に対し、法律に基づき罪状の認否の裁定。有罪の場合にはその罰則を決定
する役割を担うのが裁判所です。


じゃあ国の決まりは国会で決めるとして、世界的な決まりはどこで決まるんだろう?国連かな?
フランス革命だかの基本的人権の内容も、世界的な協議の中で変わっていくべきものなんだろうか?
「普遍的」つーのからズレてしまうけど。


基本的には話し合いで決まります。ルールとしては「条約」や「国際法」、近年で出来たものでは
「EU憲法」などがあります。国連は世界最大の国際機関ではありますが、全世界の国々が加盟
しているわけではありません。「人権」に関しては私の知る限り、世界共通の明確な定義は
存在していないと思います。共産主義国家のように人権自体を否定している国家もあります。


スレ違いなのでこの話題はこれで終了します。興味があるなら社会科の教科書でも読んでみて
下さい。社会の基本的な仕組みが分かり易く書かれていると思いますよ。

477 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 22:51:06 ID:WxFfIyAv
ありがとう。教科書からコツコツやってみるよ。

478 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 23:47:29 ID:7LX5srj6
>>461さん、だとしたら「死刑はよくない」と感情で主張するのもありですね。
↓こういうのは論外ですよね。

> 307 :朝まで名無しさん :2006/07/01(土) 13:41:32 ID:FAf4jPSS
> 〉人間の生きる権利は誰も犯せない
> 憲法では法の定める刑罰によれば、人権を制限できるが、その際、生存権も例外ではない。
> 死刑が違憲立法扱いになってない現状で何言ってるのやら。

> 314 :朝まで名無しさん :2006/07/01(土) 19:18:30 ID:09eDdLyf
> 結局
> 人間の生きる権利は誰も犯せない
> YES:それを破った殺人犯は死刑
> NO:死刑もアリ
> どっちにしても、死刑。おわかり?

> 329 :朝まで名無しさん :2006/07/01(土) 22:49:32 ID:QghEnbw/
> やはり、終身刑導入がいいと思う
> それも、一生日のあたらない部屋に死ぬまで閉じ込めておくとか
> もちろん運動なんかさせないし本とかも読ませない
> それか、両手両足を切断し見世物にする
> がいいと思う、頭の悪い俺の意見
>
> 死刑反対の人ってこういった意見なんでしょ?
> まさか、「殺すのはよくない」とか「更正の道が・・」とかいってるわけじゃないですねぇ?
> あと>>323のブログの人は一回病院で見てもらったほうがいいと思う

479 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 23:48:30 ID:7LX5srj6
↓こんなのも

> 327 :朝まで名無しさん :2006/07/01(土) 22:17:33 ID:1srfGCuj
> 結局、死刑廃止論ってアナーキズムの亜流みたいなもんか?


> 334 :朝まで名無しさん :2006/07/01(土) 23:22:19 ID:FAf4jPSS
> 〉アナーキズムの亜流
> 言い得て妙だお。
> つかいわゆる日本の自称リベラルは左派でもなく、人権派でもない単なるアナーキストなんだお。
> 故に、二重基準が生じ、権力側、特に政治信条が対立する人間が罪を犯したなら人権など考えないであろう事は想像に難くないお。

> 336 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 00:06:07 ID:2H2t49E6
> >>318
> >>覚えておけ、死刑は殺人だ
>
> 個人が法を無視して行うのが、殺人。
> 国家が法に沿って行うのは行政執行。
> 故に死刑を殺人と表現するのは間違いである。

> 340 :朝まで名無しさん :2006/07/02(日) 06:10:45 ID:rTC04rsK
> >>318
> 死刑が国家による殺人なら懲役刑は国家による監禁罪か?
> 罰金刑は国家による強盗か?
>
> なんで死刑にだけこだわるんだ?
> 死刑が殺人ならこれ以外の懲役刑も人権蹂躙だと訴えないのか?

> もし、死刑囚に冤罪の可能性があるから反対だというなら当然他の犯罪も冤罪の可能性があるはずだ。
> 冤罪の可能性をいうなら死刑を伴う犯罪より多いはずだ。
> 懲役刑を受けた犯罪者の解放をなぜ訴えないのか?なぜ死刑だけを特別扱いするのか?

480 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 23:50:06 ID:7LX5srj6
ちなみに
ttp://homepage2.nifty.com/shihai/message/message_dando.html
に、こんな言葉があります。

>人間は神様ではありませんから間違うのは当たり前です。
>おそらくどんな人でも、死刑存置論の人でさえも、
>誤判の可能性を否定する人はいないと思います。
>それをある程度仕方がないと考えるか、絶対に許せないと考えるか、
>それはもう人間的な感覚の違いです。
>
>私は結局のところ、死刑存廃の問題はそういう感受性の問題だと思います。
>無実の人が「自分がやったのではない」と絶叫しながら
>死刑に処されていく姿を想像してみて下さい。
>それがどんな不正義であり許されないことであるか。

481 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 23:51:38 ID:7LX5srj6
結局のところ、今までの議論はすべて白紙ということですね?

482 :Loop:2006/07/03(月) 23:53:41 ID:7LX5srj6
そして>>1にもどる

483 :朝まで名無しさん:2006/07/03(月) 23:59:28 ID:7LX5srj6
あげとくの忘れたorz

484 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 00:18:41 ID:1x2esTie
>>478
いかなる主張でも主張するだけなら、もちろん自由です。憲法でも「思想・信条の自由」が認められています。
ただ、主張が多数の国民に支持されなければ法律には反映されません。
現行の日本の法体制においては、選挙を通して立法府を動かさない限り、法律をどうこうすることは不可能
です。

実際にはその前段として「世論」の形成が必要だと考えますが、、2chのような掲示板を利用んるのも一つ
の方法ですし、セミナーを開催したり、政治家に陳情するなど方法はいろいろあると思います。

個人的には、どのような方法をとるにしても、まずは相手を納得させるような論理的な主張を展開することが
重要だと思います。

485 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 01:01:14 ID:qWB4tlaT
>>480
>無実の人が「自分がやったのではない」と絶叫しながら
>死刑に処されていく姿を想像してみて下さい。
>それがどんな不正義であり許されないことであるか。

だから現在では1%でも冤罪の可能性のある者に対しては死刑は
行われていないと何度言ったら(ry

486 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 02:50:20 ID:qhVRmDIv
私的に一番分かりやすいと思われる刑罰は、全てを量刑に置き換える。
死刑相当だと、一人殺害につき、懲役100年とか。
そこから、いろいろな状況を踏まえて減刑していくと。
結果、数年で済む者もいれば、数百年(終身刑相当)という刑罰になるものもいる。
で、後はコスト的な問題を考えて、一定ライン以上の量刑ならば、
死刑の選択も可能とする(ここで冤罪も考慮)
少年法も廃止して、少年という条件も減刑考慮の一つにしてしまう。
出来れば、年齢のライン引きも3つ4つ引くのもいいかも。
いっそ、成人年齢−犯行時年齢分を減刑とか。不足なら×2〜3してもいいかな。

基本的に長期受刑者が増えるので、コスト削減のために、自給自足形式もしくは
刑務所内での働き(稼ぎ)に応じた待遇にするなどすれば、後は刑務所の容量の問題だけ。
狭い日本では、この容量が若干問題だろうか。。


487 :朝まで名無しさん :2006/07/04(火) 03:34:56 ID:nxnJjFel
言い返せなくて唇噛んでる奴がおるな。

488 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 05:03:42 ID:1ot+nrma
>>485
冤罪はその可能性を見抜けないから起こる。
公判時に見抜けなければ有罪判決、
再審請求時に見抜けなければ却下される。

有罪になったということは公判時には冤罪の可能性は0%だったはずだ。
それが拘留中に1%に変わって、初めて刑の執行が停止される。
死刑執行時に0%だったからといって(0%に見えるだけ)
冤罪が起こらないわけじゃないんだよ。

>>486
死刑のメリットはコストだけですね。
年間何人の死刑囚が出る見積もりなのか書かれていませんが、
今の量刑基準だと10数人程度ですよ。
その方式だとコストが問題になるほど膨れ上がるんですかね?

それから、いくら考慮しても冤罪は防げませんよ。

489 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 05:35:39 ID:v13STear
殺意が無かったにしろ何にしろ、何の落ち度もない一人の女性が
殺され無抵抗の可愛い子供が殺されたことに変わりはないのだ。
人殺しは人殺し! 極刑以外に何があるの? こんなやつは生きて
いる資格なんかないのだから。早よ死ねや。

490 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 06:00:58 ID:DZuwOIho
交通事故は完全に防げないので車は廃止しよう。

医療過誤は絶対に防げないので医療行為は禁止しよう。

再犯による殺人を100パーセント防げないので一度でも罪を犯したものは全部死刑か終身刑。

いくらでも言えるな。冤罪と死刑を絡めるのがおかしい事に気づけよー

491 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 06:25:34 ID:v8SIp+RA
冤罪が多発しているなら兎も角、
冤罪も死刑判決自体も少ない現状でそんな心配事を理由に死刑廃止を唱えられてもな。
説得力無さ過ぎ。

492 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 06:30:13 ID:NO/kqXOy
>>488
つーかいい加減スレ違いに気づけよ(知っててやってるんだろうがな)

いいか、ここは【光市・母子殺害事件】死刑反対人権屋に質問スレだ

この事件に冤罪は関係ない(あるなら言ってみろ)

つまり現行法で被告青年(25歳)を死刑でなく無期(又は有期)懲役にすべきという考えの人権屋が

質問に答えて、その自論の正当性を証明するか諭され翻意する(ま、ありえんが…)か

または捨て台詞を吐いて逃げ出す為のスレだ

冤罪や死刑廃止を議論したいなら該当スレへ行け

493 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 06:33:23 ID:rSMioZxU
死刑廃止論者の、唯一の論拠が冤罪で、刑務所に拘置した年月を返して
やれるんだそうな。(どうせ、金で解決なんていうんだろうが…)

少なくとも、この事件に冤罪など無縁であり、この犯人が更生しようが
しまいが、犯した罪の何割かだけでも、命をもって償わせるべき。


494 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/04(火) 06:34:47 ID:7L8799MZ
この事案そのものが冤罪の可能性が無いからな。
死刑廃止を訴える根拠の一つが冤罪の可能性だとしても
この場合は該当しない。他の説得力のある理由で
死刑すべきではないって話しをしないとな。


495 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 06:41:17 ID:2BquwGT1
冤罪が有り得ない事件で何で冤罪持ち出すんだろうなぁ

496 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/04(火) 06:44:38 ID:7L8799MZ
オレが廃止論者なら、加害者の更正の可能性が唯一の論点だと思うので
そこから論理展開を試みると思うんだが。説得力のある可能性を示した
レスは今まで見受けられない。できるならぜひ、やって欲しい。


497 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 10:35:21 ID:qjDwt+Aw
なんで自分で現場をみたわけでも調べたわけでもないのに
「冤罪じゃない」と言いきれるわけ?
おまえらは全てを見とおす神様ですか?
普段はマスコミのいうことなんて信用しない2ちゃんねらーらしくない。
今回の事件も被告人の同一性はともかく、殺意に争いがあって
その点「誤判の可能性」は全否定は出来ないはず

結局自分の好みの情報を取捨選択しているだけで、
それじゃマスコミに操作される「バカな大衆」と一緒
そんな連中の意見に同意できるわけも無い

498 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 10:46:36 ID:GNCivUQk
傷害致死なのに殺人扱いされるのも冤罪ということでしょうか?

499 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 11:16:22 ID:9OoBJkBv
>>497
本人も弁護士も福田がやった事に関しては認めておりますよ
本人も冤罪だと主張してない者をどうして第三者のお前が冤罪を主張する?
馬鹿はお前さんですよw

500 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 11:19:19 ID:qjDwt+Aw
>>499
>>497 「今回の事件も被告人の同一性はともかく」

チラシの裏に100回書いて出直してこい

議論するに値しない

501 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 11:24:47 ID:CD9YdnqK
死刑廃止しても、冤罪は起きるんじゃねーか?

502 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 11:31:05 ID:1x2esTie
>>497
「殺意」を云々というのならば、確かにそれは実行犯の内心に関しては
本人にしか分からないというには事実でしょう。
しかしながら、法的には客観的な事実や証言から裁判官が総合的に
判断し、その有無を判定します。
それと、今回の最高裁では殺意の有無は争点となっていません。
高裁が死刑と判断しない理由に疑義があるから差し戻されたのであって
「冤罪の可能性」や「殺意の有無」は争点にはなっていません。

503 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 11:37:10 ID:1x2esTie
>501追記です。
「冤罪」の可能性を限りなく排除すべきというのは肯定派・否定派ともに異存がないと思います。
では、貴方はそれを排除する具体的な方法にどんなものがあると考えますか?

504 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 11:59:24 ID:qjDwt+Aw
>>502
>「冤罪の可能性」や「殺意の有無」は争点にはなっていません

それは被告人の同一性については被告側が争わず
殺意の有無について最高裁が取り上げなかったというだけだろ

問題は、誤判の可能性の無い事件など存在するのか、ということだ

そんなものはありえない

505 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 12:18:32 ID:DZuwOIho
殺意については本人の否定はあまり意味がない

506 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 12:26:02 ID:1x2esTie
>>504
問題は、誤判の可能性の無い事件など存在するのか、ということだ
そんなものはありえない

 
 では、あなた今回の事件について司法として具体的にどのような対応をとるべきだと考えるのですか?
 他の事案に関しての見解は結構ですので、あくまでも今回の事件についてのみお伺いします。

507 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 12:35:35 ID:qjDwt+Aw
>>506
万一の誤判の可能性を考慮して対応すべしということに尽きる
死刑判決でも良いが、誤判の可能性を考慮すれば執行はできないということ
事実上の終身刑。

まあ、そうすると被告人が拘禁ノイローゼとなり
精神崩壊を起こす危険があるが、そうなる寸前で特赦かな

508 :クリトリス肥大症:2006/07/04(火) 12:38:17 ID:Aedj/y7w
あんな人間いなくなった方が社会にはいいはずだから
殺しちゃえばいいじゃん

生かしておいても誰かに迷惑かけたりゴミを出すくらいだよ

いらないし邪魔だし ついでに親も再婚する前に
去勢させて欲しかったな

509 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 12:39:00 ID:NO/kqXOy
>>504
>問題は、誤判の可能性の無い事件など存在するのか

正しく、その事=誤判(1,2審無期懲役判決)を修正する最高裁判決な訳だが。

510 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 12:41:43 ID:DZuwOIho
この事件に誤判の可能性?あるなら具体的にいってみれ。

511 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 13:01:56 ID:i9Ke3mtb
>>510
大いにある!
元少年に「死刑」以外の判決が下されるという誤判がある

512 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 13:04:36 ID:16JnuF+t
誤判が誤判がすすむくん

513 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 13:06:38 ID:DZuwOIho
裁判は個別の事件について行われる。何も一般化する事はない。この事件について誤判というならそれを具体的に指摘しろ。

個別の事件を担当している裁判官が「事件というものにはそもそも誤判の可能性がゼロとはいえず。よって..」なんてアホな事いうかい。

514 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 13:11:13 ID:1x2esTie
>>507
死刑判決でも良いが、誤判の可能性を考慮すれば執行はできないということ
事実上の終身刑。


 判決は出しても、その執行はするべきではない?
 それでは判決を出す意味がないでしょう。
 それでは「司法制度」を否定することになりませんか。
 それで、本当に司法制度が機能すると思いますか?正当性が保たれると思いますか。

私は全くその意見には賛成できません。


515 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 13:17:39 ID:DZuwOIho
誤判の可能性?だからこの事件について具体的にいってみれよ。

516 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 13:22:31 ID:hHdBO4+m
>>514
死刑執行がなされないまま被告人が寿命で死んだケースもあるよ
名張事件なんてもう何十年も執行されないまま放置プレイだし

死刑のない国
(あるいは制度としては残っていても執行を停止している国も有る)の
司法制度には正当性がないのかな?

死刑執行こそが司法制度の正当性である、なんて珍説には賛成できないな

517 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 13:29:10 ID:DZuwOIho
何も一般化する必要はない。この事件について語れ

518 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 13:45:34 ID:1x2esTie
>>516
私見としては、死刑が確定した場合には一定の猶予期間を設け、その間に再審決定が
下されない場合は速やかに刑を執行すべきだと考えます。
そういう意味では現状の死刑囚の取り扱いに不満があります。

事実上終身刑ではなく、終身刑を新設したうえでその刑を執行するというのが
正当な在り方だと考えています。

他国の在り方ははっきりいってどうでもいいです。日本国の法律は日本国民が
主体性を持って決めるべきであり、現状は死刑制度を採用しています。


で、あなたは考えは今回の事件では死刑判決を出すことには賛成で、死刑の
執行は反対という立場と理解していいですか?


519 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 13:57:40 ID:hHdBO4+m
なんで速やかな死刑執行がなされないか、考えたことあるかなあ

520 :朝まで名無しさん :2006/07/04(火) 14:01:49 ID:kJvXt9pY
もうヤクザのイチャモンの世界だな。

「骨折れたぁ」
「そんな、当たっただけですよ」
「それで折れねぇ可能性ゼロや言うんかワレェ!!」

521 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 14:07:31 ID:1x2esTie
>>519
それはこのスレとは関係のない議論です。
このスレは今回の事件について、反対派の方意見を基に議論するものです。
刑の執行云々は別問題です。趣旨から外れています。

それよりもあなた自身のスタンスを明示してもらえませんか?

522 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 14:13:41 ID:YDjNh4U3
>>520
そんな事を言い出すヤクザのがまだかわいい。

523 :朝まで名無しさん :2006/07/04(火) 14:33:56 ID:kJvXt9pY
>>522
うん、ある人に仲裁頼んだら途端にぺこぺこして
すごく可愛げがあったよw

524 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 15:00:49 ID:GTkzpi1R
>>520
実はそのヤーさん、骨粗しょう症で転んだだけで骨折する人だったりしてw

525 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 15:05:39 ID:KW9JNd34
シンナーとかやってると骨がもろくなる

ヤーさんはそんな安っぽいものは吸わないと思うが

526 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 18:24:27 ID:jOKM/BTS
なんか、「冤罪」から切り込むのが完全に不可能だと分かったから、
「誤判の可能性」と言葉を変えて悪足掻きしてるだけにしか見えんな。

どっちにしても同じことなのにな。さすがにコレには呆れたわ。

527 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 18:28:55 ID:i9Ke3mtb
まあ、結論を出すと「シンナーはやめよう」ってことでFA?

528 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 18:36:36 ID:HJiXIt4i
>>526 「冤罪の可能性」と「誤判の可能性」は全く同じ意味で語られてると思うけどな

529 :朝まで名無しさん :2006/07/04(火) 18:40:41 ID:nxnJjFel
ジャニオタが、ジャニと結婚出来る可能性を「例え百億分の一でも0じゃない!!」と
喚くみたいなもんですかい?

530 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 19:15:53 ID:KoywetUu
>>496
>オレが廃止論者なら、加害者の更正の可能性が唯一の論点だと思うので
>そこから論理展開を試みると思うんだが。説得力のある可能性を示した
>レスは今まで見受けられない。できるならぜひ、やって欲しい。

まず、終身刑の導入で更生の必要はなくなります。
あとは殺人犯を税金で養うことに不満がある人達をいかに納得させるかが論点となる。

531 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 19:27:10 ID:jOKM/BTS
>>530
>説得力のある可能性を示したレスは今まで見受けられない。
「殺人犯を税金で養うことに不満がある人達をいかに納得させるか」ってことも含めてだろ。
「終身刑の導入」ってだけじゃ不十分。

532 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 19:36:03 ID:g2vaa3q1
>>530
>更生の必要はなくなります。
それは死刑も終身刑も変わらないだろw
そんなことでは
>あとは殺人犯を税金で養うことに不満がある人達を
納得させるのは無理だわな。

533 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 19:52:04 ID:DZuwOIho
つか現在終身刑というもの自体ないので、この件の答えとしては不合格。

534 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 19:59:39 ID:1x2esTie
>>532
スレ違いですが、死刑の執行方法を公開の銃殺刑にし、その執行人は有権者から
ランダムに選定し、執行の拒否権を認めなければ廃止派が多数派になるのでは?

まあ、今回の事件では引金を引くのをためらわない人も多いかも知れませんが・・・

535 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 20:08:20 ID:HJiXIt4i
刑務所って受刑者に労働させて売上を上げている筈だが。月数千円の賃金払って民間企業の下請けすれば
多少利益が出るんじゃ無いのか?実際、維持費全部を賄うのは無理なんだろうけど、どれくらいの赤字になるんだろうな。

536 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 20:13:37 ID:YDjNh4U3
>>534
そんな事を言ってたら「食肉用の動物を殺す」「更にそれを解体する」それを各自の責任にしよう、
そうすれば皆ベジタリアンになるだろう…みたいな。

嫌な事をお仕事にしている公務員さんやそういうお仕事(行政&司法解剖の医師にも)の人に感謝はすれど、
自分がするのが嫌だから死刑反対というのは変だと思う。
やっぱり「誰かがしなければ世間は廻っていかない」


537 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 20:30:03 ID:1x2esTie
>>536
誤解を与えたようですね、私は肯定派です。
否定派を現実的に多数派にするには、議論を交わすよりもインパクトある映像を
見せた方が有効かと・・・。

ただ、現実的には殺人事件など一般生活からは縁遠い出来事なので、直接関わる
場面を創れば、リアリティーを持って考える助けにはなると思います。

538 :朝まで名無しさん:2006/07/04(火) 21:05:12 ID:YDjNh4U3
>>537
いやいや、ちゃんと流れも見てますのでわかりますよ。

リアリティは大事です。
別の事件なのでスレ違いですが、奈良の小1殺人も、親御さんが主張する
「娘は二度殺された。その詳細をマスコミに載せてくれ」という気持ちもよく分かります。
誰も自分の娘がどのようにレイプされたかなぞ、知られたくない、そこをあえて、というのが
痛いほどわかりました。

この光市の事件でも、マスコミが書いてない詳細はいかほどに残酷だったか。

私は「被害者の痛みを知れ」と言いたいのではありません。
(個人的には言いたいけどそもそも刑罰は報復ではなく償いだと思ってますので)
それほど酷い事を躊躇無くできた被告に、更正などあり得ない、と言う事です。

539 :537:2006/07/05(水) 00:08:32 ID:1x2esTie
>>538
これは失礼しました。


 私は「被害者の痛みを知れ」と言いたいのではありません。
 (個人的には言いたいけどそもそも刑罰は報復ではなく償いだと思ってますので)
 それほど酷い事を躊躇無くできた被告に、更正などあり得ない、と言う事です。


ちなみに私の「刑罰」に期待しているのは、犯した犯罪に対して罰則を与えることではなく
「治安維持=犯罪抑止」としての役割を果たすことです。罰則はあくまでもその為の手段
であるという考えです。
逆説的に言えば、治安維持に寄与しない罰則にはあまり意味がないと考えています。
もし、犯罪者が完全に更正するのであれば、被害者感情を抜きに考えれば、社会に開放
しても、既に治安維持の妨げにはならない存在なので、問題はないと思います。

しかしながら、犯罪を犯すかどうかは最終的には人間の「決断=心」の問題なので
その心の中を他人が完全に理解できるわけがないし、その時々で考えも変化します。
よって完全な「更正」など理想論であり、実現の可能性はないと思います。



540 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 01:02:12 ID:YL++2uNl
>>529
うお、なんて的を射た表現・・・おぬし、切れ者だな!
>>539
ほぼ賛成。冷静に考えて、オレ的には治安が第一。
性犯罪者はエスカレートするらしいし、殺人と性犯罪が同時に行われたら、その犯罪者は次に何をするのか、実際怖いと思う。
治安維持の一つに、同一犯による類似犯罪撲滅という意味で、死刑ほど確実なものは無いのではないでしょうか。
すくなくとも、死んだ人はそれ以後犯罪は出来ませんから、

541 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 07:30:10 ID:EmbSdY1d
>>535
多少どころかまともにやればかなり儲かる
しかし民業圧迫になるので「囚人の技術取得目的」
という名目の元適当にやっているわけです
その上で役人共がピンハネしてて現状は赤字って訳で
囚人一人あたりのコストっていうのはあまり当てにならないのが現状

>>539
いいとこまで来てるんだが、根本が理解できてない
法律および刑罰は犯罪抑止・治安維持目的ではない
あくまでもそれは副次的なものです

抑止にしても治安にしてもそれが第一目的だとするならば
現状の法形態はかなり矛盾にみちたものになる

矛盾を考え「司法とは何か」をもう少し考えてちょうだいな

542 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 07:43:25 ID:uU9BU3SA
こじ付けイチャモンの次は法解釈の重箱の隅です。

543 :539:2006/07/05(水) 07:53:40 ID:HGG5TmAH
>>541
文章を読み返してもらえば分かると思いますが、私の期待する「刑罰」の在り方を
書いたまでですよ。それを理解出来ていないと言われても困ります。

それよりも、まず貴方のスタンスを明確にしてもらえませんか?

ここは、死刑制度に賛成か否かについて議論する場ですよ。発言者の立場が不明
では議論になりません。

544 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 07:55:58 ID:HGG5TmAH
>>542
せっかくなので、貴方も自分の意見を書き込んでくださいませんか?

545 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:04:12 ID:sh2yTEOo
>>542
sageで煽るの何とかならんのか?仲間うちだけで話したいと言ってる様なもんだぞ。

>>543
敵か味方かを知らないと議論ができんの?
自分に有利か不利かで議論の仕方が違うなんて
見下げ果てた奴だな。


546 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:04:45 ID:NeqnqhBE
ソースも数字もなしに役人のピンハネとか現状とか騒いでるやついるよね。脳みそ生んでるのか?

547 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:05:54 ID:e3Ce2H22
>>543
>ここは、死刑制度に賛成か否かについて議論する場ですよ.

勘違いしてないか?ここは一般的な”死刑廃止・存置議論スレ”ではない

光市・母子殺害事件”限定”の被告人について死刑か?懲役か?の議論スレだ>1読めよ

前も書いたが、そういう事を議論したければ該当スレへ行け

548 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:10:11 ID:sh2yTEOo
>>547
>勘違いしてないか?ここは一般的な”死刑廃止・存置議論スレ”ではない

冤罪の可能性はゼロだとか、死刑以外にも冤罪はあるから同じだとか
さんざん御託並べといて、都合が悪くなるとスレ違いで逃げるつもりか?
このスレの最初のほうを見てみろ。日本赤軍だの全学連だの出して
死刑の一般論に持っていったのは存置派の連中だ。
マイルールを主張するにもほどがある。

549 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:11:58 ID:sh2yTEOo
>>533
>つか現在終身刑というもの自体ないので、この件の答えとしては不合格。

このレスは俺に対するものじゃないが、これもマイルールだな。
仮想の処刑方法をこれでもかと言わんばかりに書き立てておいて
あまりに虫が良すぎる。
死刑の存廃を論じるにあたって、代替手段である終身刑に関する議論は不可欠。

550 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:17:52 ID:sh2yTEOo
>>540
>治安維持の一つに、同一犯による類似犯罪撲滅という意味で、死刑ほど確実なものは無いのではないでしょうか。

凶悪犯が出所後に再び同じような凶悪犯罪を犯せば
死刑になる公算が大きい。
それは本人たちも重々承知のはずだ。
今度やったら死刑だと分かっててやっている。
これは、死刑による抑止効果がほとんどないことを露呈するものだ。

新たな被害者を出さないためと言いたいらしいが
その目的なら終身刑で事足りる。
再犯防止の面で、終身刑が死刑に劣る点があるなら言ってみろ。

551 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:17:55 ID:NeqnqhBE
この事件に冤罪がない事で突っ込みにくくなって逃げてるのはどちらかな┐(´ー`)┌

552 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:19:59 ID:sh2yTEOo
>>551

何度言ったら分かるんだ。
今までのどの冤罪事件も、裁判官はみんな
「冤罪の可能性が無い」と思って判決を出してる。
だが、実際には冤罪事件は後を絶たない。
だいたい、最初から冤罪の可能性が判っていたら冤罪事件など起きてねぇだろが。

冤罪はスレ違いとか言ってたのお前だろ?

553 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:22:39 ID:NeqnqhBE
>仮想の処刑方法

はあ?俺はそんなもん言っていないが?妄想するなよ。
スレちがいを指したたけ。


554 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:22:41 ID:sh2yTEOo
>>551
冤罪がないというなら根拠をあげてみろよ。

555 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:24:05 ID:rWUen1lb
光市母子殺害の犯人は死刑でいいだろ

福田は冤罪なんて全然言ってないんだし

556 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:24:58 ID:sh2yTEOo
>>553
お前が書いたと入ってない。
だが存置派の書き込みでそういうスレの流れになってたろが。

557 :556:2006/07/05(水) 08:26:06 ID:sh2yTEOo
× 入ってない。
○ 言ってない。

558 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:27:41 ID:wPKaI1Hv
新たな犯罪の防止と共に犯罪者を税金で養う不公平感の解消、効率的な刑務施設の運営に寄与する。

559 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:28:16 ID:NeqnqhBE
ない事をどうして証明するんだ。ばか

犯罪の立証がされて本人も弁護側も殺害を認めてる中で。

冤罪があるというならおまえが証明しろ。ほんと救えないばかたなあ(*´Д`)=з

560 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:31:04 ID:sh2yTEOo
>>555
>福田は冤罪なんて全然言ってないんだし

誰かの身代わりだったら、言うわけないだろ。


561 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:32:53 ID:NeqnqhBE
〉おまえが書いたとは言っていない

じゃ俺の発言を引用するな。存置派でもすれ違いの言動するやつがいるだけの事だ。

562 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:33:06 ID:sh2yTEOo
>>559

犯罪が立証されなかったら無罪。
冤罪は全部、立証された犯罪だ。

563 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:34:54 ID:sh2yTEOo
>>561
存置派のスレ違いは見逃すわけか?
都合のいい野郎だな。

564 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:35:14 ID:NeqnqhBE
犯罪は立証されているのだがね?

565 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:36:25 ID:rWUen1lb
>>560
被害者死姦してDNAが福田と一致したんだろ

人権屋の弁護士も「福田が奥さんの口を塞いだら死んじゃった」
「娘も蝶々結びしたら首が絞まって死んじゃった」って言ってんだろ

福田が殺した事に間違いないじゃないかよ


566 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:37:53 ID:sh2yTEOo
>>564
寝ぼけた野郎だな。
立証が間違ってたから冤罪になるんじゃねぇか。
立証されてなかったら無罪になってるんだよ。

567 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:38:59 ID:NeqnqhBE
存置派のすれ違いも「論外」として切り捨てられてる。過去ログ読め。バカ

568 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:39:23 ID:sh2yTEOo
>>565
おまえが現場から採取して鑑定したのか?
その気になればいくらでも捏造できる。

569 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:40:41 ID:rWUen1lb
>>566
無理やりな理由で無罪に持っていく人権屋弁護士でも
今回は福田が殺っちゃったことを認めてるんだから
福田が殺したことは確実じゃないの

570 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:40:57 ID:NeqnqhBE
立証の間違いなどどこにあったか具体的に指摘しろ。ほんと救えないバカだ

571 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:42:43 ID:sh2yTEOo
>>570
どの事件のだ?

572 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:44:10 ID:e3Ce2H22
>>548
煽り自体スルーが原則(俺には存置派にみせかけてるだけに思えるが)

↓該当スレ見つけたから思う存分語ってくれ!な?
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1152026824/l50


573 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:46:02 ID:NeqnqhBE
捏造が「あった」ならそれは犯罪だから証明責任はおまえにある。本人も認めてるのにそりゃどこにも通じないよ。

ほんとおまえ池沼だなあ(^ε^)♪

574 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:51:34 ID:sh2yTEOo
>>573
捏造が「あった」なんて言ってねえだろ。
捏造があれば無実のものを犯人に仕立てることも
可能だっていってんじゃねぇか。

池沼はおまえだろ。

575 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:55:27 ID:NeqnqhBE
確認。ここは光市母子殺害スレ。
死刑存廃どちらの派に限らず、一般的な死刑についての話題は他スレにどうぞ。

576 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 08:58:56 ID:NeqnqhBE
本人も弁護人も殺害は認める中で何言ってるのやら。そんな詭弁は通じないよ(^-^)ノ~~

577 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 09:00:29 ID:sh2yTEOo
>>575
違うだろ、また逃げるのか?
ここは死刑反対人権屋のスレだ。
光市母子殺害のスレはこっちにある。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1151564490/l50

578 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 09:03:47 ID:NeqnqhBE
スレタイ読めないのか?バカ。

この犯罪に冤罪はないから突っ込めなくて逃げてるのはおまえじゃん。

579 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 09:06:44 ID:sh2yTEOo
>>577>>578
冤罪問題になるとスレ違いを主張するほうが詭弁じゃねえか。
裁判所が騙されてこれだけ多くの冤罪事件がおきてるのに
あの弁護士に本当のことがわかるわけねえだろ。

580 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 09:08:43 ID:NeqnqhBE
冤罪問題?この事件には関係ない。

581 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 09:09:17 ID:xo9Aas8F
>>579
つまり君はこの事件はかわいそうな弁護士が被告にも検察にも騙されて
「ちょうちょ結び」とか言い出して生き恥をさらした、と。

あっはっは。

582 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 09:13:30 ID:rWUen1lb
冤罪事件ってのは犯人が獄中で無罪を主張したりするだろ

福田は無罪を主張したのか??

ほかの事件はしらんが、福田は死刑でいい

583 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 09:16:57 ID:Gtu0jHe7
結局ジャニオタ百億分の一かw


584 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 10:21:46 ID:4fnvusWF
死刑廃止派のおれが死刑に賛同するための条件。

冤罪による死刑執行が判明した場合、
死刑存置に賛成した人間(有権者)が全員処刑される形で責任を取ること。
その法制化。
というのは、現実的でないから賛成派の中からランダムで1000人ほどを
抽出し処刑するというもので妥協しても良い

無辜を殺害することに賛成しながら何も責任をとらないのは
最悪に卑怯で反倫理的だ。
検察や裁判所が悪い、なんて言い訳は却下。
そもそも死刑が無ければ、死刑執行で死ぬことはないのだから。

冤罪が生じたときに誰がどのような責任をとるのかも明らかでない
現行死刑制度は欺瞞に満ちている

おれはそんな現行の死刑制度と死刑賛成派が大嫌いだ

585 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 10:42:08 ID:Gtu0jHe7
>>584
そういう考えを支持する議員に意見したり陳情したりするのは誰も止めないよ。
当然やってきたんだろ?どういう行動や運動してきたか話してくれれば
君の行動力と理念に感心する人はいると思うよ。

586 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 10:44:21 ID:NeqnqhBE
基地外さらしあげ(´・ω・`)

587 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 10:44:44 ID:xo9Aas8F
>>585
冤罪の責任はそこまで命を掛けて取らせようとするのに、
明らかに冤罪ではない被告にまで死刑を適用しないのは何故か。
矛盾どころの騒ぎではない論だねw

588 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 10:45:31 ID:xo9Aas8F
あ、ごめん、レスアンカー間違えた。俺の馬鹿。
>>584ですばい。

589 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 10:51:53 ID:NeqnqhBE
さっ一般的な話は他スレに任せて光市母子殺害事件にもどりましょう('-^*)/

590 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 10:52:10 ID:xo9Aas8F
>>584
というか、冤罪に対しては現行の法律でも
「裁判官」や「検察」は悪くない。彼らは真実の追究を真剣にした結果、そうなってしまったので、
職務的に罪を問われる事も責任を負わされる事も無い。
その代わり「国」が責任を取って保障をする。
君もその「国」の中の一人だよ。悔しい?

591 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 10:56:25 ID:3w6oVJFx
現在殺人事件は年間千数百件あるけど、実際に死刑が確定するのは年間10件程度。
それだけ今の死刑はものすごく慎重に判決が出されている。
昔はともかく、現在は冤罪の可能性がある被告を死刑執行していない。
(死刑判決が出ても執行はされていない)
今回の事件も、福田本人も弁護側も殺害自体は認めているんだから、冤罪の可能性はない。
少なくとも本人と弁護側が冤罪の可能性を主張しない限り、それは冤罪にはならない。
(無実の罪をきせられることが冤罪であって、自分で身代わりに罪をかぶることは冤罪ではない)

592 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:01:27 ID:i19WuQVW
>>590
>その代わり「国」が責任を取って保障をする。
>君もその「国」の中の一人だよ。悔しい?

冤罪の死刑執行が判明した場合、国は何かしてくれるっけ?
そんな制度あったか?

593 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:05:31 ID:i19WuQVW
>>591
>少なくとも本人と弁護側が冤罪の可能性を主張しない限り、それは冤罪にはならない

そんなことはない。立派な冤罪ですよ
組織犯罪の世界では部下がボスの犯罪を隠すために
「私がやりました。ボスは関係無いです」と罪を被ることがある
で、服役後、ボスからお金もらっちゃったりね

594 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:05:36 ID:NeqnqhBE
冤罪はこの事件に関係なし。

595 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:07:00 ID:iffmeGuK
>>584
なら逆も言えるんでは?
死刑求刑の犯罪者が無期なんぞになって出獄後再犯したら、死刑反対者は(ry

596 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:10:34 ID:xo9Aas8F
>>592
このスレの前の方を見れ。

>>593
それは「相互利益のためにした偽証」であって、冤罪とぜんっぜんちゃうやろ。
大丈夫かよ、おいおい。

597 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:13:47 ID:e3Ce2H22
>>577
すこしだけ相手するけど。
そこのスレ(〜母子殺人事件 8)は議論が拡散しすぎるんだよ。
死刑廃止、存置、少年法、被害者救済、人権、果ては政治宗教哲学…etc

その点このスレは議題がシンプルで判りやすいと思うんだ
人権屋さんの腕の見せ所じゃないかい?せっかくの議論スレなんだから
変に横滑りへもってかないでもっと頑張ってよ


598 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:18:23 ID:i19WuQVW
>>596
>このスレの前の方を見れ。

何も無かったぜ?

>それは「相互利益のためにした偽証」であって、冤罪とぜんっぜんちゃうやろ。

まぎれもない冤罪ですが何か?
証人適格の無い被告人がウソをついても偽証にはなりません
犯人隠避になるかは議論があるところだろうけど


599 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 11:20:42 ID:Gtu0jHe7
>>593
おつむ大丈夫?共謀して偽証することが冤罪?それ冤罪?果たして冤罪?

600 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:23:23 ID:xo9Aas8F
>>598
あのねえ、被告は 罪として「偽証罪は適用されない」けど、
偽証は偽証なの。
組織ぐるみの隠匿と無辜の人が罪に問われる事が同義?

やっぱ大丈夫ではないみたいだねえ。

601 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:24:24 ID:i19WuQVW
>>599
冤罪を定義してみてくれるかな?

逆に冤罪じゃないならなんなんだ?

真実犯罪をおかしていない人間が取引で真犯人にでもなるのか?w

602 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:27:05 ID:i19WuQVW
>>600
>あのねえ、被告は 罪として「偽証罪は適用されない」けど、
>偽証は偽証なの。

わかりにくい説明だねえw

>組織ぐるみの隠匿と無辜の人が罪に問われる事が同義?

無辜の人間が罪に問われることにちがいはないだろう

603 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:29:16 ID:NeqnqhBE
もうむちゃくちゃだな。とにかく冤罪厨は人権などそっちのけの基地外である事はわかった

604 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:29:48 ID:xo9Aas8F
>>601
無実の罪を「着せられる事」
この場合は警察を騙してまで「自分で喜んで着ている」んだから
冤罪じゃないだろ。

刑事上の罪には問われないが「嘘の証言をした」つー事実はかわらんだろ。

小学生でも理解できると思うが、想像を超えるアホだったんだな…。

605 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:30:48 ID:HE9+Fa9w
自分が犯人でないという真実を放棄した者が
冤罪とは荒唐無稽もはなはだしいですな

606 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 11:32:04 ID:Gtu0jHe7
>>601
下世話な言い方すれば「濡れ衣」だな。無実の人が「無実だ」と言っているのに
誤って逮捕拘留起訴執行等されてしまうことだと思うよ。
>>593の例では無実だと主張して無いもん、該当しないよ。

607 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:32:46 ID:i19WuQVW
>>604
>この場合は警察を騙してまで「自分で喜んで着ている」んだから
>冤罪じゃないだろ。

じゃ、このケースはどうだい?

Aが殺人をおかした
Aの仲間BがCに対し、
「おまえが罪を被れ、さもないとおまえの家族を殺す」と脅した
Cはやむなく「私が殺しました。Aは犯人ではありません」と罪を認めた
で、裁判所がCに有罪判決を下した場合、
これは冤罪でないのかな?

608 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:33:45 ID:xo9Aas8F
>>607
はいはい、もう脳内世界に戻って、一人で遊んでくださいね

609 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:34:24 ID:i19WuQVW
反論不能というわけねw

610 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:34:40 ID:HE9+Fa9w
>607
そこまで捜査能力見くびるかね、自白があっても当然捜査する方は
裏づけってのを取るんですがね。

611 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:36:12 ID:i19WuQVW
ここでは捜査能力は関係無いよ

612 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 11:37:11 ID:Gtu0jHe7
>>603
と、言うかねぇ・・ぶっちゃけ彼は死刑制度も人権も冤罪もどうでもいい人だと
思われるね。以前から議論板等には、こじ付けやイチャモンとかとにかく
引っ掻き回して議論している人たちをまるで自分の掌で躍らせている状況を作って
娯楽とする人がいる。だから「リアルでどういう活動してるの?」という問いには
絶対応えないしねw

613 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:37:48 ID:72VW78ET
あのキチガイじみた手紙も警察の捏造だよ。
大体あんなやつに「トモダチ」なんているわけねーべw
どこに送るってんだwwwww

まぁ奴はおとなしい奴で私刑になろうともなんだろうと
もうかまわない無気力な人間。
本村のオナニーリベンジャープレイの被害者になるのもよし
警察の操作能力の無さを黙っておいてやるのもよし
とする、ま、ある高尚な奴だねw

614 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:38:57 ID:HE9+Fa9w
ありえない仮定の理論を持ち出した時点であなたの負けだと
思うけどな〜
つか釣りでしょ?

615 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:39:39 ID:NeqnqhBE
本人の体液鑑定結果も指紋も振興券も客観的証拠として現場であがっているから冤罪の可能性なし。

冤罪厨はバカすぎ。誰も納得しないよ

616 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 11:41:38 ID:Gtu0jHe7
>>607
承知したら同じだよ。濡れ衣を着せたのはB。警察でも検察でも裁判所でもない。

617 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:42:22 ID:72VW78ET
現場で操作したのは「警察」だけ。
実はDNA鑑定などとはいっても一般人の公平な監視下でおこなわれるものでもなく、
また、数々の証拠も「犯人のものと断定」としているだけだ。
容疑者の口さえ封じてしまえばなんとでもなるのが世の中だ。
公選弁護人という存在は実は警察のおもちゃだからねw

618 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:44:59 ID:NeqnqhBE
あほだなあ。地域振興券を使った店もぐるってわけか?

ぷっ。



619 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:46:44 ID:i19WuQVW
>>616
へー、それじゃ>>607 のケースでは裁判所は
真に人を殺したAは放免し、
家族を殺すと脅されやむなく罪を被ったCに有罪判決を下す、
それは冤罪ではない、
こういう結論でOKですか?

到底賛同できませんねえw

私はいくらCが有罪を自認しても
裁判所はこれを認めるべきではないと思いますがね

620 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:47:49 ID:72VW78ET
言っておくけど警察に捕まったら
白でも黒になるんだよ?
そのための訓練を奴らは毎日してるんだからね。
検挙率の高さは冤罪を冤罪としない技術の高さでもある。

今回のケースはその検挙率が落ちてきている警察のてこ入れだ。
あからさまに悪者を作り、被害者を利用してなんとしても死刑にもっていかせる周到さ。
犯人さえ死刑にしてしまえば何の罪でもなすりつけられるからな。
今回のテストケースを死刑という警察の筋書き通りに運ばせようとするおまえらは
実に愚かだ。
将来警察のターゲットになったときわかるだろうなw

621 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:50:15 ID:xo9Aas8F
わああ、なんか知らんが細胞分裂してるがな!>冤罪虫!
(冤罪厨と呼ぶと本物の冤罪厨の人が怒る)


最近は精神病院でもネット環境ができてるのか。
却って治療の邪魔だと思うぞ。

622 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:52:17 ID:NeqnqhBE
冤罪厨の妄想を総合すると、警察が福田と共謀し、第三者を守るために福田から精液の提供を受け、裁判を起こし、死刑か懲役刑かを争い、ここに至ってる可能性があるってことだな。

バカを超越した妄想だな。

623 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 11:53:26 ID:Gtu0jHe7
>>619
>>607は事件の背景を警察や裁判所が知ってて知らぬ振りをしたって注釈がつけば
冤罪かなァ。>>607のどこにそんな背景の説明が?

624 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:54:21 ID:+iyEL7yM
なあ、小難しいことを言ってるがこの事件は冤罪なのか?

自白も証拠もあるんだろ?
本人もやったと言ってるし手紙の内容もやったといった内容だし、弁護士もやったということで動いている。
もちろん体液や、盗ったとされるものも上っている
全く冤罪の可能性はないではないか?

なら死刑でいいではないか?

冤罪論は他の事件でやれよ

625 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:55:20 ID:72VW78ET
( ´,_ゝ`)
冤罪厨=冤罪生成システム(警察組織)への警告をするのみ

本村厨=本村への心的シンパシーへの傾倒のあまり、その他の否定的な意見に精神障害的拒絶を繰り返すw

626 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 11:56:50 ID:72VW78ET
>>622
まぁオレは第三者なんて荒唐無稽な話はしてないけどなw
言っているのは「福田の仕業」とされるものの信憑性の無さだ。

627 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 12:01:22 ID:Gtu0jHe7
>>622
まァ、あれですな。力比べで完敗して最後にジャンケンで勝って
「私は宇宙最強だあ」と狂喜するスッパマンみたいなもんで・・

628 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:02:19 ID:NeqnqhBE
あと冤罪厨でも本村厨でもないただのバカがいるね。

本人と弁護側が殺害を認める中で「警察が信用できない」と的外れなこというようなバカ

629 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:02:53 ID:3w6oVJFx
>>626
どの仕業に信憑性がないのか教えてほしい。

630 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:07:03 ID:3w6oVJFx
刑事補償法
3 死刑の執行による補償においては、三千万円以内で裁判所の相当と認める額の補償金を交付する。
ただし、本人の死亡によつて生じた財産上の損失額が証明された場合には、補償金の額は、
その損失額に三千万円を加算した額の範囲内とする。

一応死刑冤罪の補償はある。
これが適切かどうかは議論の意味がないのでしない。
補償があるのか、と聞かれたので一応出しておくけどね。

631 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:09:53 ID:i19WuQVW
>>630
へー、知らなかった
法律見てみるわ

3000万円かあ…
しかし、補償金は誰に支払われるんだろうなw

632 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:21:19 ID:NeqnqhBE
ところで警察が信用できないからこの事件もっていうシトは本人と弁護側が殺害を認めてる事をどう考えてるのかね?



633 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:24:17 ID:72VW78ET
本人=無気力、退廃的
弁護人=公選ゆえに営利的ではなく、非精力的

はいこれで証明終わりw

634 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:25:58 ID:72VW78ET
ま、弁護人がころころ変わるってのは「無実の可能性」を探す奴をつけられないってこと。
犯罪を立証したきゃ私選を雇わせないってのはジョーシキよw

635 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:26:52 ID:NeqnqhBE
自分がバカである証明以外何もしていないなw

636 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:29:18 ID:72VW78ET
まぁ真犯人は「本村」でしかないわけだ。
ここまで引きずってきていまさら警察も捜査のやり直しはしないからな。
本村のゴネ勝ちって線は濃厚だ。

637 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:29:21 ID:3w6oVJFx
多分分かってて>>633とか書いてるんだろうけど、
安田は私選だよ。

638 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:32:06 ID:AMTXT/xu
実際に死刑を求刑されて無期の例は、身内が多額の金積んで、供養した時
だろうな。フクダタカユキの家はどうするのかな。当の本人は今頃拘置所
の中で差し入れの菓子でも食べてるだろうよ。

639 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:34:41 ID:bQjphZAV
犯人とっとと死刑にさせろ

640 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:36:35 ID:NeqnqhBE
かくして死刑廃止論者の醜さが世にしれわたっていくのだった。

641 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:36:58 ID:72VW78ET
>>637
はぁ?誰もなり手が無いのでなったんだから「公選」だろ。
福田が指名したわけでもないのに何が私選だ。
くだらんことで揚げ足取りの練習か?

642 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:39:31 ID:I2Nu6839
>>640
だね

643 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:39:37 ID:72VW78ET
本村もさっさと名乗り出ればかっこいいのになぁw
ああw福田殺してその後に名乗り出れば
前世紀最高のブラックヒーローになれるなぁw

644 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:40:51 ID:AMTXT/xu
最近死刑確定させるやつが多いけど、殺しで恩赦はないと思うんだけど
フクダは高裁判決でるまでに5年はかかるよ。永山則夫は、19で捕まって40
で確定して51で執行だったな。娑婆でも拘置所でも生きるのは大変だ

645 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:40:54 ID:72VW78ET
大体これだけ福田を犯人と決め付けて、その反対意見を封じるのに必死なくせに
まとめサイトひとつ作れていないんだからワロワセルw
それさえ作れば一発で黙らせられる相手だろ?冤罪厨とやらはwwwwww

646 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:43:54 ID:I2Nu6839
>>645
眼中にないってことだよ
単なる遊び相手

647 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:44:09 ID:AMTXT/xu
意外に無罪にでもして娑婆に出してやればいいんだよ。本村氏に殺させれば
いいんだよ!


648 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:44:54 ID:5QUmwVo3
公選弁護人って国選弁護人のこと?安田って私選弁護人じゃないの?

649 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:45:21 ID:NeqnqhBE
つか、まとめサイトなど作るまでもなく明白な犯罪だしw

まっ反論もくそも妄想に対しては「病院池」としかいえんわなw

650 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:46:36 ID:bQjphZAV
即死刑

651 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:50:57 ID:AMTXT/xu
私選じゃないよ!フクダの家じゃ払える額じゃないな。そんな金あったら本村氏
に払うだろうよ。弁護士も医者も警察も人助けじゃねえ。金だよ!金


652 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:51:34 ID:5QUmwVo3
>>651
ソースは?

653 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:52:48 ID:3w6oVJFx
>>641
国選とか公選とかは国が指名した弁護士でしょうが。
そうでない弁護士は私選なの。
定義を間違えないように。安田は私選。
安田弁護士は国に言われて弁護を引き受けたんじゃない。
揚げ足取りでもなんでもないよ。勝手に公選にするなといいたいだけ。

654 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:53:27 ID:AMTXT/xu
中農


655 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:55:12 ID:5QUmwVo3
つーか“公選弁護人”なんて単語あんの?

656 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 12:55:42 ID:8CDBa+Zr
ちょうちょ結びするようなキチガイは更生の可能性ないから殺しちゃったほうがいいよね。

657 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 13:00:01 ID:AMTXT/xu
暇なやつらが、ここに居るんだから(広島拘置所)のフクダに手紙でも
書いてりゃいいんでないかい


658 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 13:00:45 ID:72VW78ET
653 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 12:52:48 ID:3w6oVJFx
>>641
国選とか公選とかは国が指名した弁護士でしょうが。
そうでない弁護士は私選なの。

ばーかwwwwwwwww
依頼人の依頼を受けてはじめて「私選」になれるんだよw
それいがいは法律上必要な「公選」wwww
おまえこそ定義をはきちがえて
安田は私選、私選が認めるのだから犯罪確定
なんて筋書きたてたいだけだろバーカw

659 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 13:01:25 ID:72VW78ET
655 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 12:55:12 ID:5QUmwVo3
つーか“公選弁護人”なんて単語あんの?


な?こんな馬鹿までいるしw
冤罪厨とか得意になる前にべんきょーしてくれやw

660 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 13:03:38 ID:bQjphZAV
国選弁護士くずが多い

661 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 13:05:02 ID:3w6oVJFx
.>658
だから、安田は自ら福田のもとにいったかもしれないけど、
形式上はちゃんと福田の依頼を受けて私選弁護士になったでしょうが。
弁護費用もボランティアみたいなものだよ。
それを国選とかいうなといいたいだけ。

662 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 13:05:38 ID:5QUmwVo3
選任者による分類

国選弁護人
国(裁判所)が選任する弁護人である。選任者が異なるという点を除けば、私選弁護人(後述)と職務および権限の内容に違いはない
(ただし弁護士でなければならない)。被告人は経済的理由などで弁護人を選定することができない場合に裁判所に対して国選弁護人の
選任を請求する権利がある。また、裁判所は必要的弁護の要する案件において弁護人がいないとき(出廷できない場合を含む)には
国選弁護人を選任しなければならず、被告人が未成年者または高齢者である等の理由により職権で国選弁護人を選任することができる。

私選弁護人
被疑者(被告人)またはその関係者(法定代理人、配偶者など)が選任した弁護人のことである。選任者が異なるという点を除けば、
国選弁護人(前述)と職務及び権限の内容に違いはない。

公選弁護人てなんじゃ?

663 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 13:05:43 ID:AMTXT/xu
659>お前暇そうだから、広島までフクダに会って来い!

664 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 13:06:19 ID:Gtu0jHe7
第三者大暴れw

665 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 13:07:36 ID:bQjphZAV
犯人八つ裂きにせよ

666 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 13:09:04 ID:AMTXT/xu
>661
お前も広島行って来い。

667 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 13:09:31 ID:NeqnqhBE
つか本人が無気力で弁護人がやる気なしで、さらに警察が捏造したと証明に何もなっていないんだが。

668 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 13:10:05 ID:uLWAywdR
死刑をなくしたい団体が資金を提供しているのれす
国選ではありません

669 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 13:11:36 ID:bQjphZAV
666
おまえくずだ

670 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 13:14:47 ID:AMTXT/xu
669>フクダに差し入れでもしてやれ!あんぱんあたり、喜ぶぞ!

671 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 13:32:07 ID:Gtu0jHe7
え〜、今現在

死刑賛成派VS冤罪厨系廃止派VS冤罪厨系本村真犯人派

でFA?

672 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 13:33:47 ID:iKO3NMUc
人間はいずれ誰だって死んじゃうわけで、生まれながらにして死刑囚みたいなもんだ
いちばん怖いのは、死ぬことなんかより、
人間としての尊厳を奪われながら生き続けることだよ。
その重さに堪えかねて理性も溶けてしまう。あな恐ろしや。
俺が思うに仮釈放なしの独房終身刑は死刑よりきついんじゃないだろか。

673 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 13:35:55 ID:xo9Aas8F
>>671
暇だからアホでもからかう派
  VS この世は冤罪で出来ているアホ
     本村が悪いアホ
     差し入れに行って来いアホ 
     の 多国籍連合軍

674 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 13:38:13 ID:5QUmwVo3
>>672
んなことねーよ。服役中だって文化的な生活を送りそれなりに幸福の追求をできる。
文学でも音楽でも科学でも。オーケストラ演奏したり、実験したりはできなくても。
トレス被告見てたらわかんじゃん。

675 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 14:05:42 ID:mepCjOp8
終身刑はひきこもりには効かねーな
あ、インターネットできねーのか。そりゃつらいわ
死刑廃止賛成。

676 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 14:41:39 ID:f2sc5kcH
公選弁護人は福祉団体などが費用を出し、適切な弁護士を専任する制度。

国選では、地域の弁護士会が順番で弁護士を指名するので、
やる気のない弁護士や、畑違いの弁護士が担当する確率が大きい。
安田のように事件を是非担当したいと思っても、国選では出来ないので、
私選になる。

日本では目下、試案を議論している段階。
被疑者国公選弁護制度でググってみれ。


677 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 14:44:15 ID:5QUmwVo3
>>676
ほう、そんな制度が提案されとるんですか?知らんかった。“公民”ではならわんかったからなw
結局安田は私選なんだよね?

678 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 14:45:52 ID:Gtu0jHe7
押しかけ女房みたいなもん?

679 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 15:03:24 ID:72VW78ET
馬鹿がいるよwこのスレw
形式上は依頼を受けたことになるから私選だってよw
ぎゃはは
じゃぁおまえのいう純然たる公選弁護人ってのは被告がまったくの拒絶をしているやつのことをいうのかw
あほすぎw
「形式上」依頼を受けた「こととする」から公選なんだよw

必死だねぇw

680 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 15:06:31 ID:72VW78ET
え〜犯罪者予備軍のみなさん。普段から何か事あれば連絡を入れられる弁護士さんを確保しておきましょう。
このようにやる気の無かったり、妙に事件を利用して知名度を上げようとする裏切り弁護士を
「私選」などと称されて裁判に送り込まれては大変ですよw

681 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 15:08:10 ID:5vXjPng9
ほほうそれでそれで

682 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 15:14:21 ID:5QUmwVo3
安田ってやる気まんまんで弁護ひきうけてんじゃないの?被告に同情したとかなんとかじゃなくて死刑廃止論者だからって理由で。

683 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 15:30:15 ID:Gtu0jHe7
>>680
つーか、あんたお抱えの弁護士とかいないの?顧問とまで言わずとも
いつでも紹介してくれる人がいるとか。

684 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 15:32:45 ID:72VW78ET
オレ犯罪者予備軍じゃないからwおまえみたいになw

685 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 15:33:24 ID:72VW78ET
( ´,_ゝ`)お抱えの弁護士だってよwwww
金持ちじゃあるまいしそんなのどこにでもいるわけねーだろwあほすぎw

686 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 15:36:05 ID:5QUmwVo3
てか安田ってその“被疑者国公選弁護制度”ってやつで選ばれたの?ぐぐってみたら現状では
起訴されて国選弁護人が選定されるまでの間のつなぎの弁護人を弁護士会が
国選と私選の中間的な役割の弁護人をわりあてたりする制度があるみたいだけど。
安田が弁護引き受けたときってとっくに起訴されてたんじゃないの?

687 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 15:37:48 ID:72VW78ET
ヒント
オウム裁判
横山弁士w

688 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 15:40:28 ID:5QUmwVo3
>>687
横弁国選だっけ?安田国選なの?

689 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 15:44:57 ID:72VW78ET
( ´,_ゝ`)そりゃぁ私選も私選のお抱えの青山が一緒に豚箱送りになれば
頼るのは公選で名乗り出てくる馬鹿しかいないだろw

690 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 15:45:30 ID:Gtu0jHe7
>>685
え〜、うちみたいな弱小零細企業でも懇意にしてる弁護士いるよ?
社員の民事上のトラブルとか相談あるし。君の雇い主どう?

691 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 15:50:02 ID:72VW78ET
それがおまえの「お抱え」弁護士かw
だから何度もいわせんなw犯罪者予備軍じゃねぇんだよw
おまえの会社そういう犯罪すれすれの業務内容なのかwwww

692 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 15:51:09 ID:72VW78ET
( ´,_ゝ`)てめぇが誰か殺しても「会社の弁護士呼べ!」とわめく愚かなカス社員発見w

693 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 15:51:29 ID:Gtu0jHe7
>>691
刑事以外に相談すること無いの?商談のトラブルとか。

694 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 15:56:12 ID:72VW78ET
さぁ話のすり替えによるぐだぐだ攻勢が始まりました!

よくいるんだよなぁ。こうやって筋違いで自分の決めた話の道筋に通らないこと言わそうとして
答えられない状態にして勝ち誇ろうとする
個人攻撃するキティw

695 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 16:01:53 ID:72VW78ET
こういう「聞かれたことに答えられないの?」と唐突に言い出す馬鹿って
実生活ちゃんとおくれてないんだろうなぁw
会社の弁護士とかいきなり言いだしてるしw
恥知らずというか、自分の分を知らないというか・・・wwww

696 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 16:03:30 ID:xo9Aas8F
>>694
自分の事を言い出したのかと思ったw

697 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 16:09:42 ID:Gtu0jHe7
>>694
いや、弁護士の確保云々を君が言いだしたからさ。
社会に出てりゃそれなりの伝はあるだろってことなのに
何を何回も分けて言い訳してんだか。

698 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 16:11:41 ID:72VW78ET
( ´,_ゝ`)機先を制されて敗北宣言かwいいぞいいぞ?
言い訳ってとこにおまえの強がりがまだ残ってるがまぁ許してやるよw
それなりの「伝」ってなんなのかわからんし
そんなあほらしいもん社会に出て何年も経つがわからんねぇw


699 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 16:12:35 ID:F3ECftem
左翼かどうかのチェック
・国民年金を自分では払っていない。もしくは払っていない。
・税金も大して払っていない。
・学生時代奨学金などで国の世話になってる。
・しかし売国をおしつけたがる。
・相手の立場や周りの状況を考えずになんでも言うから嫌われる。
・むやみに権利を振りかざす。
・1日平均1時間以上は政治の話。
・左翼仲間以外に友達いない。
・プライバシーに敏感で友達を自宅に呼ぶどころか住所も教えない。
・社会とあわせない。自分の偏狭な考えに固執。
・家族も崩壊。
・弟、妹から軽蔑されている(兄はいないことになっている)。
・鏡はよく見る。ナルシスト。周りからどう見られているかは別。
・貧乏人のはずなのに服や髪などのファッションにはお金をかける。
・彼女もいない。
・男女の差はない。
・昔からいじめっこ。
・小動物、昆虫を見ると虐待したくなる。
・愛読書は宮台、韓流、エロ同人誌、ゲーム雑誌。
・友達の多くは在日である。
・在日は仲間だ。
・自分と意見のあわない人はみな右翼扱い。
・司法試験を受けても憲法は独自の解釈ばかりするから得点源にできない。
・妄想癖がある。
・自分は貧乏人代表と思い込んでいる。
・もちろん、貧乏人の定義も曖昧。


700 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 16:13:10 ID:72VW78ET
>いや、弁護士の確保云々を君が言いだしたからさ。
こうして人の話にのった風体を装って
自分の既に立てた筋道どおりの話しかしようとしない馬鹿なんですねぇw

701 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 16:24:41 ID:5QUmwVo3
やっぱ安田私選らしいけど。
【死姦犯】安田好弘弁護士スレ【弁護人】Part2
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1145485711/

702 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 17:02:16 ID:72VW78ET
公選だよw「はーいはーい。おれがやりまーす。どうせ誰にも相手にされないからおれがやっていいよねー?」
と知名度を求めてむちゃくちゃする馬鹿だよ。

703 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 17:04:31 ID:72VW78ET
私選の弁護士なら公判前に辞めたりしないし、公判前に受けたりしない。
なぜなら前者は職務放棄で信用問題に関わるし、
後者は準備不足で負け確定で費用100%負担が明らかなのにやるわけねーっつーの。
だから敗北の責任の問われない「善意の第三者」を装う公選弁護士だよwwwwww
それぐらいわからないで私選私選ほざいてるなんてあほすぎw

704 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 17:04:50 ID:5QUmwVo3
>>702
民選って何?そんな制度あんの??

705 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 17:05:49 ID:5QUmwVo3
>>702
まちがえた。公選って何?

706 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 17:13:24 ID:72VW78ET
かっくしんはん!あ。そーれかっくしんはん!

707 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 17:51:20 ID:NeqnqhBE
まだいるのかバカ(´∀`)

708 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 17:56:13 ID:NeqnqhBE

結局、この事件の少年が無気力で弁護士がやる気ないので無実の罪を主張してるという証明は何もされてないし、

本村が犯人というならその立証も未だなされておらず。どうせ前科一般の再犯予備軍だろうなw


709 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 18:23:21 ID:I2JLy2UG
変なのが涌いてしまったせいで、話が逸れまくってんな。議論にもなってない。
事件に関係ない話題や妄想についてはスルーしとけや。
こんなのを沸かしといたらまともに議論したいヒトが寄りつかんだろ。

710 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 18:28:52 ID:HGG5TmAH
>>709
全く同感です。「あぼーん」したらスッキリしました。

711 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 19:46:47 ID:o0faxdom
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1000003&tid=a59a5ta5ja5aa5ea5a2a5ja5baa5e0&sid=1000003&mid=2014

死刑反対派が死刑容認派を罵倒しています。
ご意見がありましたら、書き込んであげてください。

712 :朝まで名無しさん :2006/07/05(水) 20:13:59 ID:TTu545dy
よく「そんなこと神しかわからない」みたいな事書く人いるね。
エロ画像うpした位で何故そんなことわかるようになるんだろう。

713 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 20:30:42 ID:e3Ce2H22
>>711
一通り読んだけど、まー色んな考え(主義)の人がいるんだなと。
あと思ったのは掲示板の書き込みが生きがいになってるんだろうな位かな。

714 :朝まで名無しさん:2006/07/05(水) 22:06:21 ID:f2sc5kcH
ID:72VW78ETという気違いが湧いておるが、日本には公選弁護人という制度はまだない。
検討中ではあるが、存在しないものに、いくら安田でもなることは出来ない。

>>686
> 起訴されて国選弁護人が選定されるまでの間のつなぎの弁護人を弁護士会が
> 国選と私選の中間的な役割の弁護人をわりあてたりする制度があるみたいだけど。

それは当番弁護士制度と言って、日弁連がボランティアでやっている。
当番弁護士制度に公費を出せと運動しているが、まだそうなってはいない。
だから、私選であって、公選ではない。

繰り返すが、今の日本に公選弁護人などという者は存在しない。




715 :朝まで名無しさん :2006/07/06(木) 08:34:48 ID:ned7MNTS
スッパマン扱いされて切れたかw

716 :朝まで名無しさん:2006/07/06(木) 09:51:21 ID:rsO3HLh1
あげとこ

717 :朝まで名無しさん:2006/07/06(木) 10:31:29 ID:yCxuks7A
死刑になるのがこわくて人殺しを思いとどまったことがある。
そういうヤツは確実にいる。
つまり、死刑には凶悪犯罪の抑止効果があるということだ。
つまり、死刑に救われた命があるということだ。
死刑制度は人命救助なのだ。

718 :朝まで名無しさん:2006/07/06(木) 10:59:24 ID:6UroZQli
故意の凶悪犯罪者の更正など絶対にありえないと断言することができる。
なぜなら連中は潜在ブレーキを持たない生き物だからだ。

当然のことだが、人は生まれたときから 「モラル」 や 「理性」 を備えているわけではない。
モラルや理性は、成長過程の 「躾」 によって備わるものである。

ほとんどの人は、幼い頃に親から 「躾」 という名の 「洗脳」 を受ける。
悪いことをして、親から叩かれたり、押入れに閉じ込められるなど体罰を受ける。
これはもはや 「教育」 とは別次元のもの、問答無用の 「躾」 である。
そしてこれは幼い子供にとっては大変な恐怖体験となる。

悪いことをしては怒られ、また悪いことをしては怒られ...この恐怖体験を何度も繰り返すうちに 「トラウマ」 となり、
いわゆる 「心の傷」 となり、自らの行動を制限することを潜在意識の中に刷り込んでいく。 これは 「洗脳」 である。
これが 「モラル」 や 「理性」 という名の潜在ブレーキの正体である。

普通の人が凶悪事件の話を聞いたとき、理屈ではない恐怖・怒り・嫌悪・拒絶を覚えるだろう。
これは前述した 「トラウマ」 「心の傷」 という潜在ブレーキに触れるからである。 

しかし凶悪犯罪者にはこの潜在ブレーキがない。 潜在ブレーキがないため、簡単に一線を越えてしまう。
連中は 「騙すな」 「盗むな」 「殺すな」 という3大原則を、算数の九九などと同レベルの知識として覚えているだけである。

知識として覚えているだけのブレーキなど、いわゆるキレれば吹っ飛んでしまう。
長い人生のうちにはキレる場面も幾度となくあるだろう。
キレでも有効に働くブレーキを持たない連中は、そのたびに一線を越えてしまうのである。

幼少のころであれば、少々の体罰で洗脳もできるだろうが、成長した人間を洗脳することは並大抵ではできない。
非人道的な洗脳プログラムが必要となるわけだが、少年院や刑務所などでそのようなことは行われていない。
少年院や刑務所などでは、算数の九九などと同レベルに知識を教えるだけである。

従って、故意の凶悪犯罪者の更正などという現象は絶対に起こり得ないと断言できるのである。

719 :朝まで名無しさん:2006/07/06(木) 11:04:12 ID:eenzoFDX
>>718
罰だけで人間を躾られるとお思いか?
心理学をもう少し勉強した方がよいかと。

720 :朝まで名無しさん:2006/07/06(木) 11:18:54 ID:951tcVKX
>>718
>モラルや理性は、成長過程の 「躾」 によって備わるものである

じゃ、犯罪者にもその 「躾」 をすることで
更正可能ということになるんじゃないの?

721 :朝まで名無しさん:2006/07/06(木) 11:27:47 ID:5wKODdDt
>「成長過程」
とあるから無駄でないか?

まあ、その躾云々に関しては>>719の言うとおりなんだけど、
一つの切り口として「悪い行いに対する拒否反応が欠落している=凶悪犯罪者」というのは
正解だと思う。

722 :クリトリス肥大症:2006/07/06(木) 13:34:32 ID:MiHoSKvN
>>720
成長は14歳で止まるんだよ

723 :朝まで名無しさん:2006/07/06(木) 14:38:11 ID:rsO3HLh1
俺が知ってるのに後に強盗やらかす奴がいたのだが、本当に変わった男だった。
見知らぬ人を気分次第で平気で殴れるんだよ動機なしに。
。それも気分が悪い時手当たり次第に。
知ってる人間には出だししないが人の気持ちが全くわからない。落ち着きがなく、粘着性。極端な自己中。公共の中でも平気で卑猥なしぐさも出来る。当然通報されれば逮捕されることをだ。

世の中にはとんでもないやつがいる。
確率でいうとほんとに低いがそんな奴は本当にいる。知ってるものは彼が矯正不可能と知ってる。
何より本人は自分が何やってるかわかってるんだよ。極端な自己中で自他の優先度がおかしいの。

今まで、クセがある人には沢山あってきたが彼だけが、そんなものを超えてしまっていた。犯罪者の性格っていうのはあるんだよ。実際に。

724 :朝まで名無しさん :2006/07/06(木) 14:44:53 ID:ned7MNTS
>>723
こういう例えもなんだが・・
どんなにメンテが行き届いたラインでも不良品は出る
ってやつかな・・

725 :朝まで名無しさん:2006/07/06(木) 15:00:16 ID:04t5dgy2
そういうヤツは即刻射殺でいいよ
死刑にするまでもない

726 :朝まで名無しさん:2006/07/06(木) 15:54:23 ID:pLpmJOys
論点がズレてきているようですね。

>1
ある日。自分が仕事/学校からいつもどおり帰宅し夕食を家族で食べようと玄関の鍵を開ける
しかしいつも居るはずの妻と子の姿が無い。ふと押入れを見ると人の肌の様なものが覗いている
開けてみるとそこには自分の妻が下半身丸出しで性器から男性に犯されたであろう精液を垂れ流しながら衣服はボロボロにされ死んでいた。
生後まもない我が子はどこを探しても居ない検察が探すと屋根裏部屋から頭を何度も叩きつけられ頭が変形し変死してる我が子
そして財布も無く何者かに盗まれた様子

人権屋は妻と子は犯人は更生を望んでいるからこの程度許してやるか、犯人を殺す程の事じゃないしー。と思ってるの?意見求む


「人権屋」なるものがどんなものかは知りませんが、そもそも殺人犯に付属する「人権」てなんなんでしょうかね?

727 :726:2006/07/06(木) 16:20:28 ID:pLpmJOys
追記

議論が拡散しない為に、前提条件を示しておきます。

1.殺人の事実は認定されている。

2.殺意の存在を認定されている。

3.上記の二点は被害者二名共に認定されている。

「冤罪」の可能性は明確に否定され、「殺意」が存在していたことは裁判所によって明確に認定されている。
上記の条件で、保護されるべき殺人犯の「人権」とはどんなものでしょうか?
また、その「人権」を守ったうえで、科せられるべき刑罰にはなにが相応しいでしょうか?



728 :朝まで名無しさん:2006/07/06(木) 16:49:46 ID:TgN5PB/t
スレ内容に沿って「人権屋さん」に聞きたいんですけど
妻子(娘)持ちの男性(夫)限定でお願いします。
家庭で、この事件が話題に上るたびに、当然の様に

『父さんは、死刑は反対だな。勿論お前(妻)が殺されて死姦されて、
娘(年齢は問わず)が殴り殺されても、それよりも犯人の命は大事だからね。一応懲役とかで償いはして貰うけどね(意訳)』

と、毎回胸を張って言い切れるんだよね?そういう人が何人いるかカウントしたいので、ご協力願います。

729 :朝まで名無しさん:2006/07/06(木) 17:05:07 ID:o8X5Tkz8
この人ぐらいじゃないでしょうか
ttp://www.miyazakimanabu.com/judicial/000170.php

730 :朝まで名無しさん:2006/07/06(木) 17:16:34 ID:cOdzx03W
>>728
>>729に田嶋陽子も足しておいてください。先日関西の番組でそう言っていました。
加害者の人権が!と。本村さんに直接言えます!と。

731 :朝まで名無しさん:2006/07/06(木) 18:17:45 ID:n6ZUgKEb
>>728
つ『離婚届』 〜妻より〜

732 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 07:30:30 ID:uv3CkjPA
>>726
まず認定機関の信用性が現状全くありません
だから今のままでは冤罪の可能性を明確に否定されることができません
信用性を上げてから裁くのが基本
>>728
そもそも被害者感情を刑罰に考慮する事が間違い
裁判官は被害者・加害者間の中立に位置する。これが近代の裁判。
そもそも被害者感情丸出しで裁かれて加害者が反省するわけが無い

ここで質問
君ら「司法(法律)は庶民を守るモノ」と勘違いしてない?


733 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 07:45:05 ID:+DA6m+gl
>>732
認定機関ってそういう時に使う言葉じゃないと思うが、ここでは何を指してるの?

あと、裁判官は「被害者意識」を考慮するのでなくて
「国民感情」を考慮するものなんだけど。

司法は国民(庶民という言葉は適切ではない)を守るものでなければ、何を守ってるんだ?
また妄想?

734 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/07(金) 08:03:21 ID:BY8zm/Jn
司法は何かを認定するのではなく、法の権利関係を確定・宣言する国家機関。
その機関に対する信頼感が揺らいでるとしたら、それはそれとして改革すればいい。
そもそも司法のみならず、検察、加害者側も含めてこの事案で冤罪を主張する
立場の人間は存在しない。司法の制度的問題を無理に当事案に結びつけて
冤罪の話題に展開するのは無理がある。

被害者の感情(その遺族も含めて)を考慮するのは当然のこと。上記の通りの
司法の位置づけを考慮するならば、対象者である被害者の立場を無視するとゆ〜
権利関係の確定などあり得ない。何故なら加害者は(今回の事案に関していえば)
一方的に被害者の権利を侵害しているワケ。被害とその結果としての感情は
因果関係が濃厚なのだから、考慮しない方が間違い。


735 :朝まで名無しさん :2006/07/07(金) 09:01:31 ID:ntiNYKzs
加害者が自分の罪を自覚し嘆き悲しみ、泣いて懺悔しようとも考慮に入れない
というのでは更生の道を閉ざしてしまう。感情を考慮しないってのはこういうことでは?

736 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 09:14:47 ID:+DA6m+gl
>>735
反省も考慮するシステムになってるでしょ。
泣こうが喚こうが事実として犯した「罪」の大きさとの兼ね合いで量られるだけで。

737 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 09:34:06 ID:OLWELxV5
>>732
質問の意味が理解できないようですね
もう一度質問内容をよく読んでみましょう

738 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 09:44:46 ID:Z/pyvKPb
>>737
ここの連中が理解できるわけないじゃないか。

739 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 09:46:51 ID:Rav628zS
>>726
個別の事件としては死刑もやむなしと思われる事件である。
しかし、死刑制度があり、冤罪事件を完全になくすことができない以上、
無辜の人間が国家により殺される危険性がある。
よく死刑賛成派は「もし自分の身内が殺されても死刑に反対するのか?」と問うが、
「もし自分の身内が冤罪で死刑判決を下されても死刑に賛成するのか?」と言う問いには答えてくれない

740 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 09:48:06 ID:FoHveU/G
賛成するよ

741 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 09:51:56 ID:FoHveU/G
もっと言うと自分が冤罪で裁判にかけられていたとしても死刑制度そのものに
反対したりもしない。

死刑制度の是非と冤罪の可能性とは全く別の話

742 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 10:04:12 ID:Y4lUn6/L
>>739
726です。727で以下のように条件を設定しています。
追記

議論が拡散しない為に、前提条件を示しておきます。

1.殺人の事実は認定されている。

2.殺意の存在を認定されている。

3.上記の二点は被害者二名共に認定されている。

「冤罪」の可能性は明確に否定され、「殺意」が存在していたことは裁判所によって明確に認定されている。
上記の条件で、保護されるべき殺人犯の「人権」とはどんなものでしょうか?
また、その「人権」を守ったうえで、科せられるべき刑罰にはなにが相応しいでしょうか?


あくまでも、今回の事件に絞って議論することを望みます。


743 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 10:18:37 ID:ymjfKhyk
>>733
法は国民を守るものではなく秩序を守るものです。
秩序が守られればその結果として国民の生命と財産が守られるのです。
国民が法を守れば秩序が守られ、秩序が守られれば国民が守られる。
法が直接国民を守るのではありません。
法は秩序を守るのです。
次に刑罰とは何かを説明しておきましょう。
刑罰とは、法を犯した者に対する法からの復讐です。決して被害者に成り代わって法が犯人に復讐するわけではありません。
法治国家とはその名のとおり法が治める国で、法が至上なのです。
もっとわかりやすく言うと、法治国家でいちばんえらいのは法様です。法様にに逆らう奴は許さんです。死ねよです。ということなのです。

744 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 10:19:58 ID:Rav628zS
>>741
あなたは冤罪で死刑判決を受けても甘んじて受け入れるということですね?

>>742
727にレスしたと勘違いしてたのでそこは訂正
刑法は本質的に広く処罰規定を設けているので個別の事件に絞って議論することが不適当。
先日亡くなった斎藤氏(松山事件)の事件に絞って死刑制度を議論するとまた違った結論になるはず

745 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 10:36:28 ID:+DA6m+gl
>法が直接国民を守るのではありません。
なんという詭弁。

746 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 10:39:50 ID:FoHveU/G
>>744
だからそう書いてるやん、なぜいちいち確認すんの?文盲?

冤罪は警察、検察、司法の問題であって刑罰の最高量刑が死刑であるかどうかの是非
とは無関係

俺は最高量刑が死刑であることを支持する。

747 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/07(金) 10:42:13 ID:BY8zm/Jn
まあ、>>743は憲法を知らない香具師なんだろ。
憲法の授権規範性の維持ってのは本来的に国が国民を守るってコトを求めたモノ。
そ〜した憲法理念こそが「法治国家」の本来的な意味だ。そもそも「法治国家」と
ゆ〜場合の法とは法律のコトではなく憲法のコト。


748 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 11:07:13 ID:Rav628zS
>>746
司法と行政に問題があるなら立法がそれを是正するべく措置を打つのが当然。
三権分立をもう少し勉強しましょう

749 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 11:11:30 ID:WGbkmjeV
>>748
んだね。冤罪の可能性があるのに死刑が存続してるのが問題という意識が広まったら
国会を通じて廃止されることになるかもね。現在はそういう意識はマイノリティーで
死刑も存続してるから司法は最高刑=死刑という認識で判断すべきだね。

750 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 11:17:44 ID:FoHveU/G
>>748
あはは、お前こそ三権分立の意味わかってねーだろw
冤罪は司法の問題としても死刑制度のどこに問題があるんだ?

751 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 11:29:23 ID:Rav628zS
>>750
無実の人間が国家によって殺されることに問題がないといい切れる神経が理解できんわw

752 :クリトリス肥大症:2006/07/07(金) 11:31:27 ID:lMhmOQSF
無実の人間が国家によって殺されるなんて有史以来続いてきた事じゃん



753 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 11:32:08 ID:FoHveU/G
>よく死刑賛成派は「もし自分の身内が殺されても死刑に反対するのか?」と問うが、
>「もし自分の身内が冤罪で死刑判決を下されても死刑に賛成するのか?」と言う問いには答えてくれない

ま、とにかくこれには答えたからね。
この程度の質問返しでカウンターを決めたとでも思っていたのかどうか知らんが。

754 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 11:34:31 ID:Y4lUn6/L
>>751
今回の殺人犯は無罪ではありません。

755 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 11:39:06 ID:FoHveU/G
>>751
へえ、その文意を敷衍すれば、君にとって無実の人間が刑罰によって服役させられたり
するのは問題じゃないの?

だとすれば刑罰そのものを問題視してもいいんじゃないの?
君の言う三権分立では冤罪は司法の問題なんだからこれも立法によって是正すべきだ
よねw

さて…


756 :朝まで名無しさん :2006/07/07(金) 11:45:25 ID:ntiNYKzs
もう冤罪云々は止めようよ。廃止派としては冤罪の可能性でもこじつけなきゃ
ならないんだろうけど度を過ぎれば逆効果にしかならないし。
そんなんに頼ってこじつけるなんてみっともないよ。

757 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 11:48:56 ID:Rav628zS
>>754
そもそも今回の事件に限って死刑制度を議論することが間違いだと言っているの

>>755
予想通りの返答ありがとうw
生命と身体の違いすらわからないんですねw
懲役・禁錮によって失われた時間も取り戻せませんが、生命はもっと取り戻せないものです
その本質的な違いが分からない可哀想な人間なんですねw

>>756
決してこじつけてるわけじゃないよ
俺もこの被告が冤罪だと言うつもりはない。最低でも無期懲役にすべきだと思う
ただ、死刑制度を論じるときにこの事件だけを持って議論するのが間違いだと言っている

758 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 11:58:15 ID:FoHveU/G
>>757
>懲役・禁錮によって失われた時間も取り戻せ
時間も生命も取り戻せないんだろw
なんで
>生命はもっと取り戻せないもの
などと「もっと」がつくわけ?w
取り戻せないという「本質的な」(なにが本質やねん?定義を聞いてみたいw)意味において
は同じやんw 安っぽい印象操作はやめろやw

で、俺は質問に答えたからねw
君の方も「本質的に」などと言わず是非答えてもらいたい

君にとって無実の人間が刑罰によって服役させられたりするのは問題じゃないの?

答えはYes or Noだ

759 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 11:59:24 ID:NG3qIBHK
冤罪を理由とした死刑反対派は死刑全般に対して反対なのであって、この事件の死刑に反対なのではない。
ただし、あらゆる事件において冤罪の可能性がゼロではないため、立場的に特定の事件に対して「死刑にしていい」
と発言する事はできない、この辺を妥協すると全ての主張が無力化されてしまうので辛いところだろう。

760 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/07(金) 12:14:13 ID:BY8zm/Jn
死刑制度廃止論者の考え方

・被害者             ・加害者

 加害者の一方的な         自分の都合で人を殺した
 理由で殺害された         自分を取り巻く環境にも問題があった
 理不尽な立場
 
 被害者遺族           ・加害者家族

 加害者の一方的な         自分の都合で人を殺した加害者の家族として
 理由で大切な身内を殺害された   辛い目にあっている
 理不尽な立場           ケースによってはその家族が加害者の環境形成に
                  大きく寄与している場合もある

    ↑                ↑
 こちらはあまり考慮せず      こちらばかりを考慮


761 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 12:16:38 ID:Rav628zS
>>758
無論答えはyesである。どんな刑罰でも冤罪は問題なのは当たり前
しかし、失った時間は本人の努力や周りの助けで取り戻すことは可能なのに対し、
失った命はどうやっても取り戻すことが不可能。
傷害と殺人で罪が違うのと同じように生命と身体では保護法益の大きさが違うのは当然。
そのくらい当然分かるだろうと思って本質的と書いたんだが理解できなかったのかな?w
君は取り戻すことが不可能だからこそ今回の事件について死刑を要求してるんじゃないのか?

>>759
そう、それが死刑廃止派にとって一番の泣き所。
そして、今回の場合弁護士が電波入った主張をしているので更に辛いところだね



762 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 12:20:11 ID:Y4lUn6/L
仮に、「冤罪」の可能性がゼロとした場合、今回の犯罪に関し

1.守られるべき犯人の「人権」

2.犯人に科せられるべき「刑罰」

は、どのようなものが相応しいと考えますか。

あくまでも仮定の話です。

763 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 12:22:53 ID:Rav628zS
>>758
761に追記
ところで、君の刑罰理論について聞いてみたい。
情状を考慮しなければ(あるいは情状酌量の余地がなければ)
人を殺せば死刑、傷害を与えたら同じ傷害を与えると言う応報刑的な考えでいいのかい?

>>760
それをまったく逆にすると死刑存続論者の考え方になりますよね。
そりゃ、加害者側のいい分を尊重してどうするという言い分は当然ですが。

764 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 12:27:31 ID:Rav628zS
>>762
1.他人に殺されない権利及び最低限生活できるだけの衣食住
たとえ本村氏であっても被告人を殺すことは許されません。あだ討ちを認めるなら
近代国家の看板を下ろす覚悟が必要。
2.無期懲役(ただし、仮釈放については特別な配慮を要する)

765 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/07(金) 12:36:05 ID:BY8zm/Jn
>>763
オレの考えとしては基本的には被害者側をより重く考えた制度であるべき。
社会の安定した市民生活の維持や司法制度の信頼感のある運営とゆ〜意味でも
加害者側に対して過度の権利要求を認めるコトには反対。


766 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 12:43:29 ID:Rav628zS
>>765
考えた方についてはほぼ全面的に同意
ただ、終身刑でも社会の安定は保てるのではないかというのが俺の意見
でもって、税金もそんなにむちゃくちゃかかるわけでもない。
死刑&無期懲役の判決が下るのは年100件程度だからね

767 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/07(金) 12:49:41 ID:BY8zm/Jn
>>766
オマイの意見は分かった。で、現実としては圧倒的に死刑制度維持の世論の方が多い。
政府や法務省が国連アムネスティやEUの働きかけによかかわらず、制度維持を明言してる
理由もそこ。無期刑が実質有期刑となっているコトから終身刑を取り入れるコトで
死刑存続の世論とバランスを取ろうとする論調もある。こうした実態は無視できまい。


768 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 12:57:37 ID:FoHveU/G
>>761
>失った時間は本人の努力や周りの助けで取り戻すことは可能
あれ?
あんさん>>757
>懲役・禁錮によって失われた時間も取り戻せません
て言うてるやん、どっちやねんw

冤罪による死刑同様これを問題視するなら君が>>748で言ってるように三権分立wで
立法によって刑罰そのものを是正しろと主張するのが筋じゃないの?

なのに君はそれをしない、なぜ?

>君は取り戻すことが不可能だからこそ今回の事件について死刑を要求してるんじゃないのか?
はひ?俺がいつこの事件について死刑を「希望」していると言及した?そもそもそんな権限もな
いのに「要求」なんてできるわけないやん

>>763
>人を殺せば死刑、傷害を与えたら同じ傷害を与えると言う応報刑的な考えでいいのかい?
いいえ、全く。刑罰についての従量は現行程度でほぼ問題ないと考えてますよ。
オイラが言ってるのは個人的な意見として刑罰の最高量刑は死刑であることを支持する
と言っているだけ。それも大本の質問(>>739)の流れからね
に、してもこの質問は激しく本筋から脱線してないかい?なんの関係があるの?

769 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 13:01:16 ID:OLWELxV5
冤罪で死刑とかいっているやつらって
冤罪と死刑廃止は別問題だってことがなぜわからないのだろう・・・

770 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 13:06:25 ID:HyIYPd1V
>>762
1.刑が執行されるまでの生存権
2.死刑

人権の定義そのものがややこしいので、うまく表現できないけど、
拷問、リンチ、体罰などは不可。

事件の内容と過去の判例から言って、死刑になるかどうかボーダーの事件であって、
この事件が死刑でも特に厳しいとは思わない。

>>761
死刑廃止派は冤罪と道徳観が論の中心だから、このスレじゃ論を展開しにくいとは思うけど質問。
現在って冤罪の可能性がある人は死刑にまずならないし、
過去に判決が出てた人でも冤罪の可能性がある人は刑を執行されてない場合が多い。
年間千件以上起こる殺人事件で死刑まで行くのは現在年間10件程度で、
最近の死刑確定者に冤罪の可能性は非常にゼロに近いと思うけど、

・冤罪の可能性がゼロの者を死刑にしてはいけないの?

771 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 13:11:30 ID:FoHveU/G
個々の持つ宗教観倫理観の違いから死刑制度に反対ってならハナシも理解できるんだが
どうしてそれに背びれや尾ひれをつけたがるのか…

冤罪可能性のみにおいて死刑を否定し出すと冤罪じゃないと100%確定してなおかつ最高
量刑が妥当だと認められる個別の事件においては死刑を否定できないやん。

772 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 13:22:00 ID:50Kt0Fa6
>>769
わからないんじゃなくて、意図的にごっちゃにしてるんでしょ。

773 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 13:22:09 ID:+DA6m+gl
結局のところ、
死刑制度そのものに文句をつけたいのではなくて、

冤罪=検察・検察・司法(いわゆるお上?わしらはそんな感覚ないけどね)のしくじり。
お上だってしくじる!権力でねじふせる!
死刑制度だってお上(立法)が作ったものだ!

お上なんて嫌い!権力NG!

とゴネたいだけなんではないか、という気がしてきた。


774 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 13:26:27 ID:Rav628zS
>>768
文脈の読めないやっちゃなw
懲役・禁錮によって失われた時間そのものは取り戻せないが、その時間分の幸福等は
周りの援助や自己の努力によって取り戻しうると言っているだけで矛盾していない。
下手な揚げ足取りはやめれ
上記のように生命だけは取り戻すことができないので、死刑以外の刑罰を即是正するべき
と言う意見も的外れ

確かに死刑の要求はしてないね。その部分は「支持してるのではないか?」と訂正しておく。
そして、763の質問は個人的な興味として聞いたので特に気にしないでくれ。

>>770
死刑制度が存在している以上、冤罪の可能性のある人に死刑が宣告される可能性があります。
特に冤罪を主張する人は、当然事件を否認するわけで、反省の色がないと看做され
情状面が不利になり、逆に重い判決を下される可能性が高くなってしまいます。
更に冤罪の可能性があって処刑されていない死刑囚も毎日死刑の恐怖に怯えながら
生活しています。
確かに現在冤罪の起こる可能性は低くなりましたが、ゼロではありません。
これ以上書くと完全にスレ違いになるので後は省略します。

>>771
別に冤罪可能性のみにおいて死刑を否定しているわけではない。
他にも残虐性等色々あるが、そこまで書くとスレ違いになるので止めているだけ

775 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 13:31:45 ID:+DA6m+gl
いや、もう充分にスレ違いになってるし。何日も前から。

776 :朝まで名無しさん :2006/07/07(金) 13:33:58 ID:ntiNYKzs
>>773
もう少し好意的(?)にみたとしても、
この少年を死刑を適用させないためには、死刑制度そのものを否定しない限り
非常に難しい、ってことですかねぇ

777 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 13:37:28 ID:FoHveU/G
>>771
>文脈の読めないやっちゃなw
>下手な揚げ足取りはやめれ
他に解釈のしようがないやんw 自分の文章の拙さと論理的整合性の無さをこっちのせい
にするなよw 最初からきっちり書いてりゃいいやん。

でもさ無辜の人間が例えば終身刑に科せられても
>その時間分の幸福等は周りの援助や自己の努力によって取り戻しうる
のかな?死刑を廃止すればいいだけの問題じゃないだろ

>他にも残虐性等色々あるが、そこまで書くとスレ違いになるので止めているだけ
いや今まで(冤罪可能性による死刑の妥当性について疑問を呈すること)だけで十分
スレ違いだから、この事件は冤罪じゃねーしw

オマイさんの論理性や文脈のボーダーが理解不能

778 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 13:38:46 ID:Y4lUn6/L
>>774
せっかくなんで>762に答えてもらえませんか?

779 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 13:49:03 ID:FoHveU/G
Rav628zSなら>>762に対しては答えてるやん>>764

780 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 13:50:44 ID:Rav628zS
>>777
ついに人格攻撃を始めたか
自分の理解力のなさを棚に上げて人を非難するのは負けを宣言しているようなもんだぞw

確かに死刑を廃止すれば済む問題ではない。が、廃止しない場合に比べて取り戻せる
可能性が高くなるのは間違いないだろ

781 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 13:52:16 ID:Y4lUn6/L
>>779
失礼しました。見落としてました。

782 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 14:09:45 ID:FoHveU/G
>>780
はひ?人格攻撃?どこに人格攻撃があんの?
文章の拙さと論理的整合性の無さを指摘するのが人格攻撃?
どこを議論の本筋のボーダーとする(スレ違いの件)のか理解不能と表明するのが人格攻撃?

>確かに死刑を廃止すれば済む問題ではない。が、廃止しない場合に比べて取り戻せる
>可能性が高くなるのは間違いないだろ

だから無辜の人間が終身刑に科せられた場合回復できる可能性もヘッタクレもなく可能
性はゼロやんw

783 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 14:15:38 ID:Tyfo5MHA
死刑と終身刑では害の程度が違いすぎるだろ

だから死刑賛成派は死刑存置にこだわってるのではないのかね?

784 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 14:20:11 ID:UToGf2cK
>>774
コノ犯人が冤罪の可能性は何%くらいあるの?

785 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 14:32:42 ID:uVxK6Nz7
>>769
人権屋さんもうすうす気づいてるんだろうけど、
冤罪可能性以外に拠りどころがないから、
それにしがみついているだけ。
商売だからしかたない。

786 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 14:57:58 ID:KVyLGD3t
>>774
>別に冤罪可能性のみにおいて死刑を否定しているわけではない。
>他にも残虐性等色々あるが、そこまで書くとスレ違いになるので止めているだけ

冤罪可能性ゼロのこの事件のスレで、冤罪可能性だけを論拠にするから余計に見苦しく
なるのです。冤罪可能性ゼロの事件でも死刑にすべきでない、という論を展開すれば
スレ違いじゃなくなる。


787 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 15:01:33 ID:Tyfo5MHA
この事件で冤罪の可能性がない、なんてどうして言いきれるのだろうか?

788 :朝まで名無しさん :2006/07/07(金) 15:04:27 ID:ntiNYKzs
またジャニオタ百億分の一?

789 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 15:18:13 ID:d6V6OygR
みんなで真犯人を見つければ冤罪確定でいいんじゃね?

790 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 15:27:39 ID:LNS4S+i9
>>787
自供している。
犯人しか知りえない情報をしっていた。
目撃証言あり。
被害者の体内に残された精液のDNAが一致。
弁護団にも犯行を認めている。

791 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/07(金) 15:29:03 ID:BY8zm/Jn
無理にでも冤罪の話題に引っ張りたいのがミエミエなんだが
可能性のない話しをしても意味がない。


792 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 15:36:58 ID:DnNQqEjW
延々と冤罪の話題を続けてきてこの台詞かよ
秋田から捨てるなんてヒドイやつだ

793 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 15:43:35 ID:Tyfo5MHA
>>790
自白調書に作為が入っていた可能性は?
あえて有罪を自認し、情状で減刑を引き出そうとした訴訟戦術の可能性は?
偽証・虚偽鑑定の可能性は?

大体あんたはどこからその情報を仕入れた?
その情報元が真実の情報を流している保障はどこにあるんだい?

794 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 15:50:42 ID:OLWELxV5
冤罪で死刑とかいっている人たちに質問

冤罪の可能性が0%だった場合は死刑にしてもいいんだよね?

795 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 15:59:31 ID:Hw3mtToN
>>793
申し訳ないが、下劣なイチャモンとしか思えんな。

796 :朝まで名無しさん :2006/07/07(金) 16:01:57 ID:ntiNYKzs
>>793
冤罪の疑いを持つのは大いに結構だが、本件のどこに冤罪の疑いを持ったか
話してくれるとありがたい。根拠無く「北海道で発生した蚊が沖縄在住の人の
血を吸う可能性」レベルだとしたら何を議論しても無意味になる。
ソースを出しても過去の判例を出してもそれを信じないと言えば
何の価値も無くなる。

797 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 16:05:00 ID:HyIYPd1V
>>793
>あえて有罪を自認し、情状で減刑を引き出そうとした訴訟戦術の可能性は?
無実の人間が、この事件を自認することの戦術的意味はないよ。
情状もよくないのに。
それともあの手紙自体が偽物だとでも言うのかな。
だとしたら弁護側がそう主張するよ。

>自白調書に作為が入っていた可能性は?
>偽証・虚偽鑑定の可能性は?
あったとしたら証明の義務があるのは弁護側。
イラストで母親に包丁持たせたり、ちょうちょ結びなど言ったりしたんだけど、
認められなかったね。

798 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 16:11:32 ID:HWvkBP9M
【社会】 「日本は、国家としての殺人(死刑)を実行する数少ない先進国」…アムネスティが非難
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1152255263/

非難されちゃいました

799 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 16:14:26 ID:Tyfo5MHA
>>796
>本件のどこに冤罪の疑いを持ったか話してくれるとありがたい。

>>793 で示した諸々の可能性について検討されないことが
そのまま冤罪の疑いに結びつく
有罪の真実性を保障するものなんて何一つ無いんだからな

>>797
>無実の人間が、この事件を自認することの戦術的意味はないよ。
>情状もよくないのに。

あるだろう。事実認定で不利なら、せめて争わずに
少しでも情状を良くして減刑を狙うというのは立派な訴訟戦術だ

>あったとしたら証明の義務があるのは弁護側。
>イラストで母親に包丁持たせたり、ちょうちょ結びなど言ったりしたんだけ
>認められなかったね。

そんなものはただの裁判所の自由心証の結果に過ぎない
そこに誤判が生じない理由にはならない

800 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 16:17:11 ID:OLWELxV5
>>799
悪魔の証明って知ってるかい?

801 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 16:19:53 ID:HWvkBP9M
> 事実認定で不利なら、せめて争わずに

冤罪じゃないじゃん・・

802 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 16:25:35 ID:MRcxflkM
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/death_penalty.html?d=060707jijiX181&cat=1&typ=t

803 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 16:28:43 ID:Tyfo5MHA
>>800  >>801
初歩的な概念の誤用にはいちいち反論しないのでよろしく

804 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 16:30:34 ID:OLWELxV5
>>803
反論できないの間違いじゃねwww

805 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 16:34:36 ID:HyIYPd1V
>>803
肝心要の手紙の部分をスルーしないで欲しい。
あれを偽物もしくは嘘だというのかな?
もしそうだというのなら証明責任は弁護側にあるよ。

806 :朝まで名無しさん :2006/07/07(金) 16:37:27 ID:ntiNYKzs
>>799
>>793 で示した諸々の可能性について検討されないことが
>そのまま冤罪の疑いに結びつく
>有罪の真実性を保障するものなんて何一つ無いんだからな

個々人が納得するかしないかじゃない?君のは世間的に見ていわゆるイチャモンだよ。
冤罪の可能性を弁護士やマスコミに働きかければ?君の言い分が正しければ
取り上げてくれるよ。取り上げてくれなきゃ「自分はイチャモンを付けていたのだろうか?」
と言う姿勢で考え直してみると新しいものの見方が出来るよ。


807 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 16:50:17 ID:Tyfo5MHA
>>805
同じことをいわせないでもらいたい
証明がなされるかどうかは裁判所の自由心証の結果に過ぎず、
そこに誤判が生じない理由にはならない
そもそも手紙というのは有罪の証拠になったものなのか?
被告人の独特の精神状態から、やってないのに「やってしまった」と
虚偽の自白をすることはままある
そのための自白法則だ

>>806
>個々人が納得するかしないかじゃない?君のは世間的に見ていわゆるイチャモンだよ。

世間がどう見るかなど関係が無いだろう
世間が真実と認めれば、それが真実になるのか

808 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 16:54:13 ID:Y4lUn6/L
Tyfo5MHAさん。

>762の質問に答えてもらえませんか?

809 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 16:56:52 ID:OLWELxV5
>>808
たぶん、Tyfo5MHAさんは答えることができないから無視すると思う
Tyfo5MHAさんは自分に不利な質問とかは全部無視してるし

810 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 17:17:10 ID:+DA6m+gl
むしろ本物の人権屋から見ても、
活動(同意者の拡大)の妨げになるんじゃないか?
ID:Tyfo5MHA

811 :朝まで名無しさん :2006/07/07(金) 17:25:35 ID:ntiNYKzs
>>807
>世間が真実と認めれば、それが真実になるのか

完全ではないが重要な目安ではあるね。社会で生きていく以上
価値観の共有は必要だ。しかし君はよくそこまで疑えるね。
顔も氏素性も知れない人信用して生きているくせに。


812 :808:2006/07/07(金) 17:44:34 ID:Y4lUn6/L
>>809
そうかも知れませんね。

では、質問を変えましょう。

・人間社会である限り、冤罪の可能性はゼロには成り得ないとの前提で
 司法制度の在るべき姿とは

この具体像を知りたいですね。
まさか、可能性が排除されない限り、永遠に審議を続けるべきなんて言わないでしょうね・・・。



813 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 17:48:15 ID:HyIYPd1V
>>807
それでは裁判制度そのものの存在意義を否定していることになるよ。

814 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/07(金) 17:48:43 ID:BY8zm/Jn
>>807
>そもそも手紙というのは有罪の証拠になったものなのか?
被告側が検察調書を否定し、冤罪を訴えたとしたら証拠になっていた可能性はある。
だが被告側は冤罪の主張もしていないし検察調書の否定もしていない。
争っているのは殺意の有無と計画性に関してのみ。この状況から類推すれば
この事案が冤罪である可能性は極めて低い。無論我々が詳細な裁判資料を見ている
ワケではないから誰も争点となる内容まで踏み込んだコトは言えない。
それは冤罪の可能性を言う側も同じ。少なくとも最高裁は我々より多い判断材料から
冤罪の可能性を認めていないとゆ〜コトは認めてよいだろ。


815 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 18:02:11 ID:OLWELxV5
確認すると
Tyfo5MHAさんは、冤罪の可能性があるから死刑反対ってことだよね

だったらTyfo5MHAさんに質問

冤罪の可能性が0%の場合(仮定の話ね)は死刑にしてもいいってこと?

まさか、冤罪の可能性が0%になることなんてありえないなんていわないよね?

816 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 18:07:57 ID:jmwMJsC+
本件で冤罪どうこうって問題になるのかな?精液とかだって残ってたんじゃないの?

817 :朝まで名無しさん :2006/07/07(金) 18:12:41 ID:ntiNYKzs
あれ?定時で帰ったかな?

818 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 18:16:33 ID:Y4lUn6/L
>>816
前のほうのスレで「警察が証拠を捏造する可能性も・・・」なんて書いている人もいます。

それって、ねぇ・・・。

一度、最初から読むことをお勧めします。所々ですごい人が出てきます。

819 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 19:01:51 ID:dQg01opE
>>816
精液のDNAくらい分析してるだろう。
裁判記録を見てるわけでないが
常識的に1審で証拠として出されてると思う。
そうでなかったらこの部分で弁護側は争ってるだろうし。

820 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 19:22:33 ID:4SGhQEfr
まあ、一般論として「冤罪はあり得る」という事は否定しないけど、この件に関しては
限りなく0%に近いだろう。で、この件に関して死刑反対を唱えるのであれば、
更正の余地とか人権、国家による殺人、などの理由しかないんじゃないか?
個人的には死刑制度には反対で、いずれは終身刑の導入とともに死刑を廃止するべきだと思うが、
この件については、死刑にするしかないな。他に選択肢が無い。

821 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 22:00:16 ID:qSvOgt4/
ttp://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20060620163659.pdf

822 :朝まで名無しさん:2006/07/07(金) 22:35:22 ID:+DA6m+gl
日本人は武士道で
「死を持って償う」と言う観念があるので、他の文化の違う国が何言ってもダメだと思う。

823 :朝まで名無しさん:2006/07/08(土) 01:38:32 ID:lK+hfT9A
結局このスレの人権屋さんは、冤罪可能性にすがるしかなかったのね。
指紋や、精液のDNAが一致していても、何百万分の1、何千万分の1の
確率の誤謬可能性が残されている限り、「冤罪かも知れんじゃないか」
と駄々をこねるしかないのか。

もっとおとなになれよ・・・

824 :朝まで名無しさん:2006/07/08(土) 07:16:38 ID:cLuORdhn
人権派の立てたクソスレです。奴にバカぶりを見物に来てください。
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1150777967/l50

825 :朝まで名無しさん:2006/07/08(土) 09:13:48 ID:E6HcfLJH
えーとまず 「死刑は見せしめだ!」って人
「見せしめ」は計画犯にしか効きません
衝動犯は「見せしめ」なんて考慮しませんから

ほんで同じ様だが「抑止力を考慮」って人
犯罪抑止効果を求めた法ならば計画犯罪により重い刑罰だが
100%計画犯罪でないと成り立たない脱税や横領に
軽微な刑罰が与えられている現状を考慮すると
「抑止力」ってものを考えて法律や刑罰は出来てません

「被害者遺族を考えろ」って人
遺族がいるかいないかで罪の軽重を決めるのは変

死刑の理由をもっと考えましょう

>>818
確かに可能性は少ないと思うのだが
「警察が証拠捏造してない」と証明する術が全くないし
昔々は捏造の前科多数あり
そして大きいのが「捏造してもまともに刑罰に問われることがない」


826 :728:2006/07/08(土) 09:51:47 ID:Q2DjDrdV
人権屋さんへの質問スレだよね?
>728の
『父さんは、死刑は反対だな。勿論お前(妻)が殺されて死姦されて、
娘(年齢は問わず)が殴り殺されても、それよりも犯人の命は大事だからね。一応懲役とかで償いはして貰うけどね(意訳)』

に答える人がいないんですけど…人権屋さんのいつも言ってる事ですよね?
なぜ胸を張って家族(妻)へ言えないのですか?それとも限定(妻&娘持ち)だったから2chに該当者がいないんですか。

じゃ対象は『人権屋さん』(男女問わず)で仮想被害者と会話相手は『最愛の人』でお願いします。
あと言い方が気に入らない人は、殺害方法の記述はほぼ変えず(ここ急所です)、その他内容を自分なりに変えて 自分ならこう言うでもいいです。
よろしくお願いします。


827 :朝まで名無しさん:2006/07/08(土) 10:23:19 ID:dSv03wtB
>>826
答えないんじゃなくて答えられないから無駄かもしれないよ
人権やさんって>>825みたいに、自分にとって都合のいい話しかしないし
不利な話は全部無視してるからね、


828 :朝まで名無しさん:2006/07/08(土) 10:26:52 ID:r+RYKmNb
馬鹿に生きて命への償いができるのかね?

829 :728:2006/07/08(土) 11:26:09 ID:Q2DjDrdV
>>827
レスありがとうございます。
私が、人権屋さんと呼ばれる人達に常々感じている違和感は何かというと
きれいごとのみをピックアップして事実を公平に語らない点なんですよね。
「命は尊い、何物にも代替できないものだ」これは人としての共通認識ですし対象は生あるもの全てです。
それのみを語ってると綺麗で崇高に感じますけど、現実はまず犯罪ありきです(犯罪がなければ死刑自体存在理由をもちません)。

だから始めに平等に事件事実(殺害事実・方法)を語り、それでも 犯人は 助けるべきという
起承転結な話が出来ていない事で賛同者をえられないんだと感じています。
議論で人を論破したり言い包めたりも楽しいんでしょうが事実とともにその主張を胸を張って2chではなく
周りの人や家族に語っていって賛同者を増やす活動をして頂きたいと思います。

830 :天使:2006/07/08(土) 11:46:23 ID:lS0WGAv5
私は全てをみていた
女の姦淫と殺害については、合意の上のことである
女は夫のDVに日々おびえて暮らしていた
世を儚んだ女はたまたま玄関の外を通りかかった少年をつかまえて
事情を話し、私を冒して、いっそ殺して、と懇願したのである
少年は女を憐れみ、女の願いに応えた
そして取り残された赤子も哀れと思ってその命を絶ったのだ
少年は女の名誉を守るために真実を語らずに
(語ろうとしたこともあったが)
悪役を買って出て、罪を被ろうとしているのである

おまえたち人間はいつも真実を見ようとしない
悪魔の囁きばかりに耳を傾け、罪なき我が子らを虐げる

愚か者どもよ、心してまつがよい、神の裁きが下る日を

831 :朝まで名無しさん:2006/07/08(土) 11:49:14 ID:sD3yC7MV
神の名を騙るともれなく地獄行きなんですがね。

832 :朝まで名無しさん:2006/07/08(土) 12:36:32 ID:ClTaFB8c
>>825
>762もしくは>812の質問に答えてもらえませんか?


833 :朝まで名無しさん :2006/07/08(土) 15:03:26 ID:+16KwFaH
神も悪魔も天国も地獄も所詮人の作り出したもの。

834 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 10:07:31 ID:eVHNh8Em
>830
神は最初にお前を裁く。
そして死後の行き先は地獄だ。



835 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 12:25:56 ID:TJy9oXqg
>830
さっさと糞して寝な。
卑劣で腐ったキモヲタ野郎。

836 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 14:42:32 ID:oZfF7YUr
色んな人権屋をみてきたが、>825のような低脳はマレだな。

837 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 15:07:06 ID:dbHJeM6R
死刑は反対だね

やはりここは、サハラ砂漠あたりに放置するべきだと思う

838 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 16:03:38 ID:HJv+b+YE
>>836
まず、根本的な間違い>>825は人権屋ではない。
社会を客観的にクールにとらえて論理的に問題点を指摘しているだけに思える。
そして、おおむね確信を突いている。

まず、衝動犯に対してあらゆる刑罰が抑止力にならないのは事実だ。
そして計画犯は逮捕されない事が大前提となっている、逮捕されなければ罰を受ける事もないから怖くない。
そうすると抑止力とは、犯罪計画を立てられない人、犯罪計画を立てられても完璧に実行できる自信のない人
に対してのみ有効な物という事になる、しかし実際のところ善良な市民は計画を立てようと思うこと自体がない。
抑止力とはどんな犯罪者予備軍を対象に存在しているのか、非常に怪しい物に思えてくる。


839 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 16:08:31 ID:Lr/KhH9W
むごい自演だな

840 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 16:30:55 ID:oZfF7YUr
>>838
825乙

>そうすると抑止力とは、犯罪計画を立てられない人、犯罪計画を立てられても完璧に実行できる自信のない人
に対してのみ有効な物という事になる、しかし実際のところ善良な市民は計画を立てようと思うこと自体がない。

こういうおバカをいつまでもクドクド言ってるところを見ると、想像以上に低脳だったようです。
刑罰がなければ、犯罪計画なんて必要なかろうに。殺したいときに殺せばいいし、
税金納めたくなけりゃ申告しなければいいだけのこと。NHKの集金と同じだわな。
路上駐車もやり放題で、高い駐車場代出して車庫確保するやつが何人いるか・・・。



841 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 16:35:29 ID:fNkok6wN
>>825
重加算税のことを考えると軽微な刑罰とは思えません

842 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 16:45:30 ID:oHCGNWmo
>刑罰がなければ、犯罪計画なんて必要なかろうに。
>殺したいときに殺せばいいし、

そういう社会では自警団が発達するから
そう簡単に人なんか殺せませんよ
下手に手を出せば返り討ちにあうね

843 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 16:47:00 ID:dbHJeM6R
>>825>>838
こいつらは人権屋ではないでしょうね

ただの馬鹿!
おおむね>>840のいうとおりだと思う

844 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 16:54:49 ID:xq44weEd
>>838
詐欺のような知能犯とか過失犯には抑止力があることが広く知られて
いるが。
やくざも、死刑の抑止力は認めている。

845 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 16:56:37 ID:oHCGNWmo
詐欺にも過失犯にも死刑なんかありませんが

846 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 17:12:14 ID:HJv+b+YE
>>840
だから、E6HcfLJHの一部の意見に賛同した別人なのですが?
あくまで死刑スレなのだから、>>838は主に殺人事件における抑止力の話をしております。

ついでに書いておきますが、
例えばスーパーでの万引きに対して最も抑止力となる対策は警察に突き出す事ではなく、
店内の掲示板に万引き者の顔写真と住所を選挙ポスターのように掲げる事だと思います。
日本人の民族性からして効果は絶大でしょう、しかしこれは刑罰とは異質のものです。

私は基本的に、被害者の人権も加害者の人権も全く考えておりません。
求めるのは本当に効果のある対策のみ、それも拷問ような肉体的苦痛や強制労働のような非合理な方法ではなく
いかに効率的かつ合理的に実現するか、その究極の形を死刑だと思っている方がおられるようよだが
現状を見る限りではあまり効果があるとは思えませんね。

847 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 17:17:19 ID:ZwE/rHXj
>>838
>762もしくは>812の質問に答えてもらえませんか?

848 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 17:27:05 ID:HJv+b+YE
>>847
冤罪は近年増えつつあるようで問題ではあるが、語ってもキリがない部類の話なので
専門のスレ以外では扱わない事にしております。

849 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 17:28:04 ID:pd6UmipE
個人的に死刑制度には賛成です。
なぜらな人間は低脳だから。

ですが死刑制度は人権的にタブーです。
なぜなら、社会では全ての個人に生きる権利があるにも関わらず、
死刑制度とはその社会がその一個人を殺す事を認める制度なのですから。

つまり私は人権というものに否定的です。
全ての命が平等に尊いという考えに否定的です。

ですから、人権主義者が死刑制度を否定するのは、まぁ至極当然のことでしょうね。


850 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 17:40:39 ID:cjXkn6lT
放火で義理の母と兄弟二人殺したやつが少年法で死刑にならなかったら、
こいつも死刑にすべきではないんだが。



ああでもチンポ切断は必要。

851 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 17:47:37 ID:GpLv7jy/
>>762
> 1.守られるべき犯人の「人権」
 日本国民に保障される全ての権利

> 2.犯人に科せられるべき「刑罰」
 終身刑


>>812
> 司法制度の在るべき姿とは
 万人に公平な裁判と量刑、全ての被疑者へ無料法律相談、監獄・取調室の映像・音声の記録・保存・閲覧

852 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 17:53:55 ID:vpT7RGOB
>>850
少年法で死刑にならないのは18歳未満(放火の少年は16歳)。
光市の福田は18歳1ヶ月だからこうして論議になる。
もし事件当時17歳11ヶ月だったら死刑論議にすらならないよ。

853 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 18:27:35 ID:qePLTDa3
>>851
>> 2.犯人に科せられるべき「刑罰」
> 終身刑
残念ながら、現在の日本にはそのような刑罰は存在していません。
唯一それに近いのは「死刑判決後、執行されないまま」の状態です。

854 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 18:43:45 ID:0z0S9Nx/
>>851
>万人に公平な裁判と量刑
今でもそうやん。

>全ての被疑者へ無料法律相談
…。何を相談するのやら。
私選で付けられない人は国選で弁護士つけられるんだから、その人に相談したら?プロ中のプロだし。

>監獄・取調室の映像・音声の記録・保存・閲覧
これ、司法でなくって行政ならびに立法だろうに。

855 :762です:2006/07/09(日) 18:44:58 ID:ZwE/rHXj
>>851
1.守られるべき犯人の「人権」
 日本国民に保障される全ての権利

 できれば具体的な「権利」の内容を示してもらえると嬉しく思います。
 犯人だからといって特別な「権利」は存在すべきではない、という理解でいいですか?



> 2.犯人に科せられるべき「刑罰」
 終身刑

 「死刑制度」は継続させたうえで、「終身刑」を新設すべきとの立場ですか。
 それとも「死刑制度」は廃止すべきとの立場ですか?
 ちなみに私は「死刑制度」賛成派です。


>>812
> 司法制度の在るべき姿とは
 万人に公平な裁判と量刑、全ての被疑者へ無料法律相談、監獄・取調室の映像・音声の記録・保存・閲覧

 私も貴方の意見に賛成です。無料法律相談に関しては、財政的な問題や、弁護士会の反対で実現は困難
 だとは思いますが、公正性を担保する意味では実現して欲しいものですね。

856 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 19:06:37 ID:gmiazdoT
まず終身刑を設定。
3年後に死刑廃止。
3年後に死刑復活の見直し。
死刑廃止前と比べて数値に変化がなければ、死刑廃止のままで。
この子は生まれてくるのが早すぎたってことで
死刑になってもらいましょ。

857 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 19:33:19 ID:2158xzkU
>>856
日本は死刑継続の間長期的に凶悪犯罪が減少しているので、わざわざ抑止力の面だけで存廃を語るのは無用。



858 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 19:38:54 ID:2158xzkU
「人権主義」の人たちっにとって禁固刑とか罰金刑って人権侵害じゃないらしい。て事だけはわかった

859 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 19:43:54 ID:7eTiyY9h
再犯確率の問題じゃねーの
終身刑がない以上、殺人やった奴は死刑でいいよ。
無期だと出てくる場合があるだろ?再犯したら世の中大変だわな
だから死刑にしとけば再犯だけは防げるだろ。
それで良いんだよ、難しいこと考えるな。

860 :朝まで名無しさん:2006/07/09(日) 22:27:03 ID:8CqeSP0V
各製薬会社では新薬の実験にマウスのようなモルモットよりも
人体を使って試してみたいそうな。
福田被告も世のため人のために実験台になってほしい。死刑執行
の恐怖や牢獄で虚しい日々を過ごすよりは・・・・。

861 :愛国無罪:2006/07/09(日) 22:32:44 ID:DWk06JiF

死刑廃止論者って、中国や北朝鮮で政治犯が殺されてることには無関心だね

862 :朝まで名無しさん:2006/07/10(月) 01:08:56 ID:N1tiCCiq
>>861
死刑廃止論者にとって、中国の死刑は正義の死刑なのです(笑)

863 :朝まで名無しさん:2006/07/10(月) 10:24:12 ID:Xkn2EKpy
>>850
比べるべきものが違う
それに少年は18歳未満ですよ

864 :朝まで名無しさん:2006/07/10(月) 10:43:13 ID:qPM5o9hv
>861
粛清と死刑はあの連中にとっては別物でしゅ
あっちの核は綺麗な核とおっしゃってる方もいますがw

865 :朝まで名無しさん:2006/07/10(月) 12:51:01 ID:pzEnpkEP
>>846
ご自分で論理破綻していることに早く気づかれますように。
殺人事件においてであれ、刑罰がなければ、誰でも好きなときに
殺人できるでしょう、といってるのです。計画なんか必要ないでしょうに?

あなたの主張は支離滅裂です。
刑罰と抑止力とは関係ないと主張されたいのか、

それとも刑罰の軽重に関係なく抑止力は一定だと主張されたいのか?

たとえば、殺人一人につき、罰金10万円とか?

もう少し、ご自分でよーく考えて整理してから、ご発言を。



866 :朝まで名無しさん:2006/07/10(月) 12:56:25 ID:pzEnpkEP
>851 がいいことを言いました。
人権屋にとっては、犯罪者を拘留することすら許されない人権侵害らしいです。
つまり無政府状態を望んでるってことですな。

867 : ◆.rs/blFuew :2006/07/10(月) 13:36:35 ID:EJvw1Kjk
だから、死刑廃止論なんてのはアナーキズムの亜流なんだって。

868 :朝まで名無しさん:2006/07/10(月) 13:51:27 ID:Xkn2EKpy
人権屋って終身刑すら反対なんだよね

で は ど う し ろ と ?


869 :朝まで名無しさん :2006/07/10(月) 14:11:32 ID:fpNL0O3k
アムネスティのような人権屋さんの立場を考えれば、日本やアメリカ
中国のように死刑制度を維持し続ける必要があります。そうすれば
彼らは活動理由を失わず寄付金等のお恵みを受けられます。
死刑制度がこの世から無くなれば次は「終身刑を無くせ」と言い出さなければ
食い扶持を失います。仕舞には刑務所を無くせと言い出さざるを得なくなります。


870 :朝まで名無しさん:2006/07/10(月) 15:22:50 ID:QH3V+KEE
死刑反対・それは再犯の可能性がゼロでまっとうに生きつつ贖罪できる保証があればの話。
誰がそんな保証できますか?
無期にして、犯人が外に出て同じ犯罪を犯した責任など誰も取りようがない。
こんな事は同じ人間の手で二度と起こしてはならない事。だから死刑。
死刑反対の人は自宅に犯人を受け入れて、妻と子供が殺されて、ようやく立ち直って
新しい家族と赤ちゃんが出来た・・・その時また犯人が出所・・それでもなお更正を信じて
家に受け入れられるって人なんだろうなあ。私には無理だね。

871 :朝まで名無しさん:2006/07/10(月) 17:49:40 ID:vumYHuhK
死刑をなくして終身刑にしても
誰も文句言わないよ。ぜひやってくらさい。

872 :朝まで名無しさん:2006/07/10(月) 17:50:56 ID:L/2I5r+x
俺が文句言うよ

873 :朝まで名無しさん:2006/07/10(月) 18:22:19 ID:BIR10KfR
俺も

874 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 01:20:00 ID:XNJIQreA
人権屋いなくなった・・・




カムバーーーック

875 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 01:34:02 ID:s84BxsPb
暫くたったらまた、「冤罪」「エンザイ」「ばんざーい」言いながら登場するんじゃないの?

876 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 10:31:44 ID:JqeplOv+
死刑は残酷だ。
終身刑でも十分だと思う。

死刑囚の本とか読んだことありますか?
読んだら残酷なので死刑廃止論者になった。

877 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 11:02:50 ID:z7XESkwl
>>876
「これは仕方がない」っていうケースも中にはあるが
福田の場合は同情の余地がない
人の生きる権利を悪戯に奪った香具師は
自分の生きる権利を取り上げられても文句は言えない


878 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 11:54:35 ID:XWZaeITQ
>>876
無実の被害者はもっと残酷に殺されてるよ。彼によって

879 : ◆.rs/blFuew :2006/07/11(火) 12:55:08 ID:Wn1oL8tb
終身刑には、「犯罪者を税金で終生養わなければならない」という根本的問題がある。
刑務所が「独立採算制」でないかぎりは反対。

880 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 14:20:17 ID:momWg12F
>>879
禁固刑や懲役刑の囚人は普通に税金で養われてるじゃん
終身刑の囚人だけ独立採算制で養えなんてのは、単なる感情論だよ

つか、そもそも刑務所を作って犯罪者を社会から隔離するのは、社会の安全性を
高めるための公共事業なんだから、税金でやるのは当然でしょ?
言ってみれば、河川の堤防作ったりするのと一緒

881 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 14:24:51 ID:momWg12F
>>876
終身刑新設&死刑廃止には賛成だが、「死刑は残酷だから」なんてのは
理由にも何にもならない馬鹿馬鹿しい感情論でしかないな


882 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 15:50:31 ID:8GaXgrgj
議論が拡散しないように確認していおきます。

1.被告が2名を殺害したという事実は原告及び被告が認めている。

2.「殺意」の存在は下級審においてその存在があったことが(双方の証拠に基づく)審議のうえ認定されている。

3.最高裁が差し戻しを命じた理由は、「高裁が死刑判決を避けた理由に疑義がある」からである。

4.現行法では「終身刑」は存在しない。

5.被告から「冤罪」であるとの主張は出されていない。

*上記の記載事項に誤りがある場合はご指摘下さい。


現行の司法制度のうえで、被告に科せられるべき処遇について議論を展開して頂きたいと思います。
もちろん強制は出来ませんが、賛同して頂ければ幸いと思います。

ちなみに、私は死刑が相応しいと考えます。
なぜならこのような凶行を実行しえた者が、一般社会に復帰する可能性を残すべきではないと考えるからです。
現行法のもとでは、その私の希望をかなえる手段は「死刑」以外にないからです。

883 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 15:59:56 ID:ZyaSuy/t
>>882
胴衣、賛成、賛同します。

884 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 16:13:46 ID:momWg12F
>ちなみに、私は死刑が相応しいと考えます。
>なぜならこのような凶行を実行しえた者が、一般社会に復帰する可能性を残すべきではないと考えるからです。
>現行法のもとでは、その私の希望をかなえる手段は「死刑」以外にないからです。

同感だな
俺は終身刑設置&死刑廃止論者だが、現行法に終身刑が無く死刑がある以上、
この件に関しては死刑判決が最も妥当だと思うね

885 : :2006/07/11(火) 17:17:48 ID:xhy51Z69
安田みたいな人権屋は、具体的な判決と刑法議論を意図的にまぜこぜにしてるんだよね。
2ちゃんの論議も、これをごちゃまぜにした論議ばかり。

死刑を廃止すべきかどうか、という論議と
いま、目の前にある事件をどう裁くか、ということは別問題。

死刑を廃止すべきだから福田も死刑にしちゃいかん、なんて論理を自分の中で作っちゃってる。
立法と司法の問題を絶対に混ぜてはいけない。
それはわかってるはずなのに、ごっちゃにすることで死刑廃止論者を取り込んで仕事しようとしてる。
これは卑怯なやりかただ。

福田は「最高刑」にすべき。で、現行法では最高刑は死刑。
だから、福田は死刑にすべき。


886 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 17:36:26 ID:tQUmUmpO
>>885
胴衣。オレは「終身刑を制定してくれるなら死刑廃止してもよい。」という消極的な死刑廃止賛成(容認?)派だけど
現行法では死刑が最高刑なんだから死刑にすべきだよね。無期では“罪刑均衡”の見地からあきらかに不当だよ。

887 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 18:12:10 ID:98+brYY1
抑止力論議なんて不毛もいいとこ。
現在の裁判で死刑が求刑・宣告されるケースなんてよっぽどの凶悪事件のみだもの。
そういう事件を起こす人間は「そういう事件を起こす人間」なんだから、死刑鮮度があろうと
なかろうと犯罪はおこすだろうしね。

抑止力論議をしたいなら「被害者に落ち度の無い殺人と性犯罪は原則死刑」
ということにして、十年以上その状態を続けたあとで、そうでない状態と比較検討をすべき。

888 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 18:17:32 ID:98+brYY1
終身刑設置というのもアホらしい話で、死刑の適用が考慮される凶悪犯に
「死刑」と「終身刑」を選択させたら100%終身刑を選ぶはず。
なんで凶悪犯に優しい刑を導入せねばならんのか。

本当に精神的に更生して真人間になれば、被害者と世間に対して申し訳なくて
恥かしくて、一刻も早く死を望むはずだとおもうけどねえ。

889 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 18:51:01 ID:8GaXgrgj
>>887
>882です。

一般論ではなく、今回の事件に基づいて議論を展開してもらえませんか?

あくまでも、強制ではなくお願いです。

890 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 19:03:49 ID:BUoibV7l
>>888
俺もそっち派。
やはり日本人は「死を持って償う」という文化があるから。

で、この事件については、被告の犯行時の年齢や殺害された人数などを考慮するより、
その中身、無辜の人間を自分の快楽のためだけに殺したと言う点を考慮するべきだと思う。
誰かに殺意を持つ事なんて普通の人間にもある。(実行するしないの間に壁があるだけで)
そしてその殺意の中身が、恨みだったり憎しみだったり、
少なくとも誰にでも経験のある「感情」であるはずだ。
個々のケースで、何故恨みや憎しみを抱くのか理解できない事はあっても、その感情自体は理解できる。
しかしこの件では「快楽」である。
しかも幼子を殺す意味は殆どない。自分の犯行の発覚を恐れた訳でもなく、
ただ目的を遂げるのに邪魔だったからだ。
それほど「殺意を抱くにいたる発端が簡単すぎて、なおかつ間を隔てる壁すらない人間」は
更正も生きて償う事も不可能。

891 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 19:04:39 ID:98+brYY1
だから、死刑にするべきなんだよあの犯人は。
事件に対する懲罰の意味でも、再犯防止のためにも。

人が生きる権利は尊ばれるべきものであるから、それを侵害した人間は、
最低限、その命をもってつぐなうべきである。

人の生きる権利を侵害したものの命を奪うのは正当な行為であり、
何らためらうべきものではない。
事件の分析等は、死刑判決を下した後で、加害者の生死とは別個のところで行うべきである。
以上。

892 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 19:17:24 ID:xhy51Z69
この被告に、現行法の中で最高の刑罰を与えるべきかどうか。
そう尋ねたら、ほとんどの人が与えるべきとシンプルに答えるだろ。
それが答え。
現在、日本に生きるということは日本の法律に従って生きるということ。
そのことは成人ならば全員承知しているのが社会の前提。
最高に残虐な罪を犯せば、最高の刑に問われる。そこに何の言い訳もない。
それだけのこと。

かといって、この事件にことよせて、死刑肯定を主張するやつも
安田弁護士と同じぐらいうさんくさい。
主張が逆なだけで、まったく同じ手を使っている。


893 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 19:22:13 ID:BUoibV7l
>>892
なんで日本の現行の「最高刑」が死刑なのか、私見を書いただけなんですが、
そういうのもうさんくさいんですかね?

>>892がお答えを出したし、レス数ももう1000に近いし、では、お開きですかね?
人権屋さんは答えてくれませんしね。

894 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 20:19:04 ID:AEp5cEM2
>>882
マジレス兼燃料投下
一つの事件だけを取り上げて死刑制度全体を議論するということがそもそも前提として間違い

895 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 20:30:16 ID:BUoibV7l
>>893
それは>>892も言ってる通り、このスレは「死刑制度全体を議論するスレ」ではないので、
それ以外は全て「安田並みにうさんくさい物」になってしまいます。
よって、>>892でほぼ答えが出ていますから、それに対抗するには
「国民の大多数は、この被告に現行での極刑を望んではいない」ということを立証せねばならんのです。

896 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 20:30:56 ID:BUoibV7l
あ、アンカー間違えた。
>>894でございます。

897 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 20:39:09 ID:Y0EzTyqV
ところで死刑反対派に質問 基本的人権の内容とは
@国家は個人の幸福追求の内容をさだめない(旧日本国が天皇陛下のためが国民の幸せの追求としたことの反省)
Aなので各個人で好きに幸福追求をしてください
Bだけど他人の幸福追求と衝突したときはその幸福追求の調整点を国が立法・司法・行政が設けます
ということなのですが
今回少年は自己の性欲の満足するという幸福追求のために二人殺したのですが
その調整点として死刑がある(死刑相当で最高裁に差し戻し)
となりました。犯罪者にも基本的人権があるという理屈で死刑廃止という理屈になるのが
ずーと昔から理解できないのです。基本的人権の内容、何事もバランスをとるべき
というものこれから日本の立法・政策(福祉主義)すべてスタートします。
どういう理屈で基本的人権の内容と犯罪者の人権とまじわるのでしょうか?



898 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 20:44:57 ID:8GaXgrgj
>>894
>882です。

これは、私なりにこのスレの流れを見てきたうえで論点を整理すべきと考え、私なりにまとめてみたまでです。

決して異論を排除する意図はありません。

各自に主張したいことがあれば、それを尊重したいと考えています。

ただ、「煽り・荒し」は被害者に敬意を払ううえでも許せないと考えています。

899 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 20:47:39 ID:Y0EzTyqV
基本的人権の尊重とは国家の政策方向の基点となるもので
政策立法論なのですが?
死刑に処すべき人間にも基本的人権がある?幸福追求権がある?
国家はそれに配慮しなければならない?終身刑として
それが被告の幸福追求権の内容になるのか?
13条により死刑は合憲であるというもの
「人に迷惑をかけない程度で自分の幸福追求をすること」をこっかは保障する(尊重する)基本的人権の内容が
この内容のため、死刑は合憲となるのですが、他人を尊重しない人間は自己の幸福追求も許されないとなるのですが?
その死刑を許容する基本的人権の内容を死刑廃止の根拠にするのが昔からわからないのです。


900 :朝まで名無しさん :2006/07/11(火) 21:26:36 ID:YZ4BxjNA
まあ、法律学とか犯罪学とかよくは知らんが・・

無期判決ではこいつは反省しなかった。死刑になるかも?で
あわてて反省若しくはそのフリをした。
こいつの根性を更生させるには死刑判決をあたえるべきである、
無期では効果ないんだから。他の犯罪者とか本当に執行されるのか
なぞ知ったことか。こいつには死刑判決が必要なんだ、本人が実証して
しまったんだ。

901 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 22:19:25 ID:YYWyMPok
私は平等な権利とか、普遍的な人権と言う言葉が大嫌いだ。
美辞麗句には、本質を見失った意見で自己陶酔する者を吸い寄せる力がある。

人の権利を全く侵害せずに生きる者は少ない。
侵害した分は、権利を失っても仕方がない、そう言う覚悟で生きるべきではないか?

奪ったものが命なら、罰として死を賜る事もやむなしとすべきだろう。
死刑の存否に関して語るスレで、こんな事を書く漏れも相当変だが。

902 :朝まで名無しさん:2006/07/11(火) 22:25:34 ID:2OzyQrDQ
被告→死刑が妥当!!やった事は人間じゃない。

903 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 01:46:23 ID:IsU6KUU4
そろそろ人権屋さんがきて、最高に頭が悪そうな燃料投下をしてくれる悪寒。

904 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 09:08:57 ID:yOupoEpy
>>900
禿同

ニュースとかを見る限りでは今も反省しているとは思えない

905 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 12:54:30 ID:4agdlziJ
>>900
無期で反省しなくて友人に宛てた手紙で被害者及びその家族を中傷した
死刑判決が出そうだという段になって慌ててあの偉そうな謝罪文にならない謝罪文を書いた

七年間の間何やってたんでしょうね、彼は

906 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 14:22:30 ID:AkFUXn+j
>905
横レス失礼、7年間の奴の行動は…
@懲役でイジメにあわないように身体を鍛える事
A出所後手紙相手とM氏に復讐する為身体を鍛える事
B生きている女と初体験(強姦)する為身体を鍛える事

907 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 14:31:46 ID:4agdlziJ
>>906
補足有り難う

908 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 15:31:57 ID:3KJBxP/1
本人はもちろんあんな子供を育てた父親も責任とって自殺すべき。
何十年か前の日本ならけっこうそういう自分にきびしい親いたと思う
けどな。
あのころは犯罪も少なくていい国だったなあ。

909 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 17:33:01 ID:t3mEaTL7
最近、人権派の方の意見がありませんね。

そんな私は>882

910 :朝まで名無しさん:2006/07/12(水) 17:36:28 ID:6nKi0HJd
お前らデスノートに名前書くぞ

911 :朝まで名無しさん :2006/07/12(水) 17:53:58 ID:KnwkB9zF
名前の前に枡でもカけ。

912 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 01:11:07 ID:VBVJdPHY
最近ニュースをみて&私もある事件の被害者の立場から言わせてもらうと、本当今の法律って加害者のための物ってかんじ何だよね。
事件で傷つき、その言葉を代弁してくれる人は誰一人もいないのに、加害者には弁護士がつき、検事も犯人が若いと若いだけでまだ先があるって言う感じなんだよ。
特に、殺人だよ!

私旦那さんは犯人が例え死刑になってもこれから先ずっと闇をさまよっていくわけでしょ。
死刑っていっても自分の罪を償うためだけじゃん。殺された母子は何もしていないのに、人生奪われ苦しみながら死んじゃったんだよ!
それ考えたら死刑を求刑されたとしても、あの家族はもとには戻れないのにそれでも甘いくらいなのに、日本の法廷の馬鹿らしさが本当に腹立たしい!!!


913 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 01:32:37 ID:bL3smSDg
フジテレビ
2時33分から死刑問題はじまるよ


914 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 08:55:24 ID:tMc1Y8nl
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1151564490/465

正論中の正論

915 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 16:48:20 ID:UhTkpFeb
現実は、自分に近しい人がそういう目に遭った場合、
手の平を返して死刑推奨派に回る者が多数。

916 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 18:40:32 ID:veWCNkpQ
「死刑にしないでほしい」と訴えたが裁判所に却下された被害者遺族
http://ww4.tiki.ne.jp/~enkoji/harada.htm

917 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 18:51:56 ID:veWCNkpQ
被害者は平穏な生活の中から、加害者やその家族と一緒にがけの下に突き落とされる。
で、「助けてくれ」と、がけの上に向かって声をあげる。ところが、「死刑は当たり前なんだ。
なくちゃいけない」と言う人たちは、誰一人として下にいる我々に手を差し伸べてくれない。
手を差し伸べようとする感覚さえない。そして、加害者を死刑にして、これで終わったと思っている。
我々はがけの下に放り出されたまま。

918 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 19:19:36 ID:veWCNkpQ
言葉のキャッチボールをしていく中で、死刑はあっていいものか、なくさなくちゃいけないのか、
死刑の可否という問題も浮かび上がってくるような気がしてならないんです。 ところが、国は
そういった声をはねのけて、被害者感情という言葉を使い、お前の変わりに俺が仇を討ってやったんだと言っている。

裁判というのは、疑わしきは罰せずですから、被告は無罪だと推定した上で審理されるはずです。これは
本来の裁判のあり方じゃないかなと思うんです。無罪だと推定し、審理をされていく中で、検事が有罪だと証明していく。
そのように裁判を進めていくのが本来なのに、現状では違うような気がしてならない。殺人事件だと有罪が先に決まってる。
だから、被告が無罪を証明していかないといけない。特に、死刑判決が下されるような事件に関してはそうですね。

何がそうさせてるのかというと、裁判そのものが被害者感情とか国民感情に左右されちゃってる。
死刑判決に関してはすごくそんなふうに感じます。
被害者感情と言いながら、はたして被害者の気持ちがわかっているのか、被害者の感情はどこでわかるのか、
と言いたくなります。被害者である僕の感情、思いは無視されてしまっているわけですから。

そんなことで、こちらの主張は全部退けられて、あとに残るのは何かやるせない気持ちだけです。
事件は書類上では終わったかもしれないけど、僕の中では一生終わらない。

919 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 19:22:53 ID:eqg2/pUr
>>917
被害者の気持ちとしては妥当だと思うけど、
それと死刑制度、またこの事件についての議論とは全く別物でしょう。

この人の主張どおりに終身刑になっても、この人の言う意味での「終わりになる」とは限らない。
いや、ならないでしょう。

920 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 20:20:03 ID:DW/9YJ59
>>916
この人も言ってるように、被害者の考え方も千差万別ってことでしょう。(正しくは遺族だけど)
つまりこの人は死刑では”私”(または加害家族)の気持ちがおさまらないんで死刑反対ってスタンスね。

ま判決でよく言われる「被害者感情」「国民感情」を声高に言うのは私も違和感あるけどね。

921 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 21:36:12 ID:UYjdPKmn
正直、死刑制度に関する論議はほんとに一筋縄じゃいかない。
>>916みたいなケースもあれば今回みたいなケースもある。
特定のケースによって制度自体が極端に動くようなことはあっちゃいけないし
じっさいありえない。
裁判所も国会もそんな安い場所じゃないよ。

>>916の人の意見にあれこれ言うつもりはないけど
裁判が推定無罪から始まるという基本はなにひとつ変わってないし
ほいほい死刑が出るほど基準がゆるくなってるわけでもない。
やや針小棒大に全てを語りすぎだと思う、このスレを含めてみんなが。


922 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 22:09:09 ID:wUXOv11G
まぁ、死刑囚に会うことくらいさせてやってもいいと思うよ。
司法に対する不満のほとんどは、
検察・弁護側双方の訴訟戦術の中で情報が制約されて、
真実が何も明らかにされないという点にあるんだから。

923 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 22:09:52 ID:VjafssZG
死刑に関する考えは人それぞれ、個人個人の思想・信条・信ずる宗教・それまで歩いてきた人生
それぞれが違うのだから、当然のこと。
その異なる人間が大勢集まって、日本という集団が成り立っている。その社会生活を安定させる
装置として「法律」が存在していると考えます。

そして、その「法律」は時代の変化(=世論の変化)によって変更、あるいは新設・廃棄することも
可能である。その変化を担保しているのが「民主主義」という制度である。その民主主義体制のもと
「死刑制度」が生まれ、現在も存続している。
つまり、現在国民の総意は「死刑制度」に賛成であり、その刑罰の実行を容認しているのである。

ただ、その刑罰を決定するのは、当該事件の裁判官であり、その判断は「法と裁判官の良心」に
委ねられている。

今回の事件では、地裁と高裁において「無期刑」が科されていたが、最高裁で「死刑」を科さない
とした理由の正当性に疑義があるとして、高裁に差し戻されることとなった。

現行の法制度のもと、今回の事件で議論すべき点は「死刑を科す(科さない)」正当な理由とは
どのようなものか、ということではないでしょうか。


ちょっと硬い文章なりましたが、皆さんの意見はどうでしょう?
是非聞かせて下さい。


ちなみに私は>882です、私個人の見解はそこを参照して下さい。

924 :朝まで名無しさん:2006/07/13(木) 22:28:22 ID:eqg2/pUr
一つに日本人の文化、感性として「死を持って償う」というものがあること。
これは逆に言えば「凶悪犯罪を行うような人間でさえ、その命を持って償う事が出来る」という、
(現実的には被害者遺族にとってはそれでも元に戻る訳ではないが)
命の重みを尊重するからこその思想であると思う。
次にやはり更正の可能性があるかどうか。
それを測る尺度として、殺人と言う実行行為に移るかどうかは一般の人間と隔たりがあるとは云え、
その殺意を抱くに至った感情が一般の人間に理解できるかどうか。
恨みなどはまだ理解できるが、己の快楽のためというのは理解できない。
そのように殺人の敷居が低い人間は、生育環境を差し引いても更正は出来ないだろう。
そして実行した後の被告の態度。
後悔、遺恨の念にさいなまれているのであれば、その時点で何百分の一かは罪を償ったと言える。
が、このケースはそれの真逆だ。

それでも「友達に宛てた被害者側を侮蔑する手紙」が出てきたのは稀なケースだと思う。
普通は被告の腹の中なんぞ、わからないものだから。
しかも後になって出てきた弁護士がちょっとアレすぎた。
最高裁の判決(自判でなく差し戻し)は適切な判断であったと思う。

925 :朝まで名無しさん:2006/07/14(金) 01:39:36 ID:Q53tDi/U
>裁判というのは、疑わしきは罰せずですから、被告は無罪だと推定した上で審理されるはずです。
>これは 本来の裁判のあり方じゃないかなと思うんです。
>無罪だと推定し、審理をされていく中で、検事が有罪だと証明していく。
>そのように裁判を進めていくのが本来なのに、現状では違うような気がしてならない。
>殺人事件だと有罪が先に決まってる。
>だから、被告が無罪を証明していかないといけない。
>特に、死刑判決が下されるような事件に関してはそうですね。

こういうバカ丸出しのこと書く人は、何万言費やそうと、説得力ゼロ。
有罪が先に決まってるって、バカも休み休み言えっての。


926 :朝まで名無しさん:2006/07/14(金) 01:45:02 ID:Q53tDi/U
>916

はじめから終わりまで、筆者の感情論一本やりで、
死刑廃止の論理的正当性についての記述はまったくなく、
こういうこと言うと、人権屋がウダウダ言うのだろうけど、
はっきり言って、ゴミみたいな文章ですね。

927 :朝まで名無しさん:2006/07/14(金) 05:53:31 ID:4mXOmma7
犯人が出てきたら弁護士の家で面倒を見るべき
再犯したら裁判官も同罪とする



928 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/07/14(金) 08:37:17 ID:LmTePDkS
>>927
そんなコトしたら裁判官のなり手がいなくなるだろ。


929 :朝まで名無しさん:2006/07/14(金) 14:14:49 ID:eYt6lKw3
>>927,928
裁判官は所謂正義の味方じゃなくて、事件に関する証拠・証言を精査し判決を導き出す職業な訳だし
もし誰かに再犯の責任(刑罰?罰金?エリート脱落?)を取らせるとしたら”更生の可能性は無いとは言えない”等と裁判長が言わざるを得ない
証拠しか提出できなかった警察・検察の担当者って事になると思うがどうだろう?

930 :朝まで名無しさん:2006/07/14(金) 14:27:02 ID:WYkzi/6+
>>929
逆に聞きたいんだが、「更正が確実である」とする証拠なんかあるの?

検察の求刑に対し、「更正の余地あり」との理由で減刑しても、現実に再犯は発生しているよね。

結局、最後は過去の判例と裁判官個人の「心証」によって裁定するしかないと思うよ。


裁判官に限らず、「司法制度」は正義を実現させる機関ではなく、社会秩序を維持するためのものでは?

931 :朝まで名無しさん:2006/07/14(金) 14:50:09 ID:eYt6lKw3
>930
>「更正が確実である」とする証拠なんかあるの?
そんなものは ないでしょう。
過去の殺人事件で懲役後再犯のケースでも懲役判決時「更正が確実である」という文言・解釈は聞いた事がない。
逆に、極刑時の判決文では「更生の余地は全く無い」という文言はよく使われる。

>裁判官に限らず、「司法制度」は正義を実現させる機関ではなく、社会秩序を維持するためのものでは?
全く同意。
今回の事件もまだまだ確定まではあくまで刑未定だから>927がいう所の”再犯”の責任についての個人的見解を投げかけただけだよ。
OK?


932 :朝まで名無しさん:2006/07/14(金) 16:23:23 ID:WYkzi/6+
>>931
まあ>927さんも本気じゃないでしょ。

どっちにしろ、快楽殺人を犯すようなやつは、更正の可能性の有無に関わらず死刑にして欲しいけどね。

933 :朝まで名無しさん:2006/07/15(土) 14:06:55 ID:mGfHvVzU
ttp://lady-luck.cool.ne.jp/wolf/blog.cgi?time=1152357844&id=moge&mode=disp&category=&writer_all=&category_all=

こいつも頭悪そう・・・

934 :朝まで名無しさん:2006/07/16(日) 19:55:44 ID:iUq3vGK1
死刑廃止を実現できなかった原因・問題点、死刑廃止を実現するための論理・政策・運動
http://www.geocities.jp/cpcraur/pf0103.html

935 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 00:00:59 ID:HdhTFynj
>>934
よく纏まってるサイトだね。
勉強になりまふ。

936 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 11:11:10 ID:0QhdbHiL
再犯は、司法側にきちんとした結果責任を持たせるべきだ。
一度つかまった犯人が、再犯するのは社会秩序の崩壊。

せっかくつかまった殺人犯を最初に死刑にしておけば、あとの被害者は殺されることは無かった。
死刑に値する罪を犯した奴が心証という不確定要素で放逐されて発生する次の被害者は、司法のモルモットか?

更生の余地を判断して減刑したケースに限り、再犯があると、刑務官、保護司、更生プログラム開発担当、裁判官が
それぞれ責任を応分に負担するべき。

被害者の賠償にあてる原資として給料天引き、評価にマイナスポイントをつける。
再犯が多い裁判官はマイナス評価で更新しない。

社会秩序とはできる限り、一般市民の犠牲を無くすことである。憲法の趣旨だからな。
凶悪犯罪者の更生のために何の罪もない市民が犠牲になるのを容認するなら、司法は崩壊し私刑が横行することになる。
裁判官の評価に再犯は含まれるべきだ。
議員に陳情させてもらう。遺族団体にも提案し政治に要求するぜ。

人権派どもの主張する被害者は当事者でない、とい考えは確実に排されてきている。
犯罪者の再犯を下げるために判決段階での再犯率引き下げを目指すぜ!
死んだ犠牲者より犯人を大事にする人権屋ども、凶悪犯罪者がとことん厳罰になる日本社会になる様を
だまってみてな〜!!!!!
もう世論は犯罪者に厳しいぜー!おめぇら人権屋の主張はとおらんよ!げらげらげらげら!

937 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 11:27:12 ID:Uusaby4e
>>934
しかし実現するには「理想社会」を築き上げないとダメって事だと思った。
これの真逆が中国なんだろうな…。

938 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 11:33:37 ID:CXkKK852
煎じ詰めれば、おのれの好き放題やらせてくれ、という甘ったれた野郎が人権屋だな。

939 :朝まで名無しさん:2006/07/17(月) 13:17:37 ID:sRBxTmtE
人権屋は頭がお花畑もしくは日本の崩壊を目指すテロリストだ

(犯罪者の)人権第一?死刑反対?正当防衛も反対?そんな事を言ってる人間の国の行く末は
武装集団に滅ぼされてしまうだろうな、なぜなら犯罪者に対して発砲すら出来ないからだ
発砲で死ぬ可能性がないとはいえないからな(大笑)心臓発作を懸念すれば威力制圧すら躊躇われるな(苦笑)
メガホン片手に「酷い事は止めて〜、抵抗しないから殺さないで〜」ってか。大爆笑だぜ

現実世界から逃避した思想・宗教世界内の戯言ならばそいつだけの自由だから文句はいわないが
他者を巻き込み日本崩壊を目論む輩は断じて見過ごす事は出来ない!


940 :パンとサーカス:2006/07/17(月) 23:10:50 ID:QTei9LHI
>>934

 ぱっと読んだだけだけど、新しい視点から死刑廃止を
論じていて好感が持てるね。このサイトの主張には
同意できる点が多い。

 従来の死刑廃止運動の中心になってきたのは、
かつて学生運動関係で刑務所に興味を持った左弁の人達や
教育刑の影響を強く受けた学者さんたちで、独特の思想が
背景にあった。それが一般受けしなくて、死刑廃止運動が
広まらなかったとする主張は一理あると思う。
 最後は多数決で決まるのが民主制。だから、一般大衆を
納得させるような説得をしないとダメなんだよね。

 信頼のできる刑事司法制度を作らないと、国は信用できないから
あと腐れなく殺しちゃえとの主張がでてくる。また、被害者救済制度が
不十分だと、被害者が悲惨な状況に置かれているのに加害者が
のうのうと生きているのは許せない殺せ、と言った主張がでてくる。
 つまり、死刑廃止を言う前に、信頼のできる刑事司法制度、
ある程度満足のできる被害者救済制度を整備する必要があるんだよね。

941 :朝まで名無しさん:2006/07/18(火) 18:25:36 ID:+kYkqUHW
じぇんじぇん関係ない話でスマンのだが。
いま、うちの近所で、雨天の中、剣(包丁だが)の舞に及んだ青年が徘徊しておるそうな。
窓を開けると、なんか車で三分ほどの所に、パトカーやら何やらうぞうぞと。

こう言うご時世なんで、犯罪者を野放しにするが如き意見には同調でけん。
つうか早く捕まえてくれ(;´Д`)コワイヨー

942 :朝まで名無しさん:2006/07/18(火) 18:51:49 ID:KZccx8By
>>941
怖ぇなオイッ!

念の為、棒かなにか身近に用意しといたほうがいいぞ。

それと、棒を使う時は振り回すんじゃなくて、体の中心を狙って突くといいぞ。

943 :朝まで名無しさん:2006/07/18(火) 18:52:56 ID:YZxquZN3
精神病者は強制収容して治療すべきだ

人権信者は精神病者に人生を奪われる人のことは考えられないのかよ
↓見たいな人は周囲から見ておかしいことはわかるはずだから
あらかじめ強制収容して強制治療しておけば事件は起きなかったんだよ。

若い二人は死なずに済んだ。
精神病者の人権を主張する左翼によって二人は殺されたのである。

http://www.sankei.co.jp/news/060718/sha071.htm
>
山形県警南陽署は18日、故意に追突事故を起こし2人を死亡させたとして、傷害致死の疑いで山形県米沢市の無職の女(28)を逮捕した。
 調べでは、女は今月5日午前8時半ごろ、山形県南陽市の国道113号で、前を走っていた軽自動車に自分の乗用車を追突させ、軽自動車の山形市松原、会社員、駒沢政一さん(29)と妻、佳代子さん(30)を脳挫傷で死亡させた疑い。

 女は駒沢さん夫婦と面識がなく「進路をふさがれ邪魔だったので、ぶつけた」などと身勝手な供述をしており、同署は刑事責任能力についても慎重に調べる。


944 :朝まで名無しさん:2006/07/18(火) 19:23:04 ID:+kYkqUHW
>>942
ありがとう、マジこあかった^^;
警察は帰ったから、多分捕まったんじゃないかな。

ちっと前、救急車が走っていったのは、何を意味するのやら・・・

945 :朝まで名無しさん:2006/07/18(火) 19:32:54 ID:KZccx8By
>>944
もし心配なら最寄りも警察に電話してみるといいよ。多分教えてくれえるはず。
(110番はダメ)

ひょっとしたらヤク中かもね。なにはともあれ無事でよかったね。

946 :朝まで名無しさん:2006/07/18(火) 19:40:10 ID:+kYkqUHW
>>945
重ね重ねありがとう。
挙動不審だったと言う目撃談もあるけど、強盗未遂って話も・・・。

ヤク中はあるかも、この辺、なんかバイニン居るって噂が昔あったんで。
早速警察に電話してみます。

947 :朝まで名無しさん:2006/07/20(木) 20:42:22 ID:eYa8Itut
私もあの事件に注目していたひとりですが、「死刑」にするべきなのです。
人を殺して、犯して(死姦)、子供を殺し、お金も盗み、被害者への謝罪
もなかった(今さらしても遅い)。こういうものは「死刑」です。私が
犯人の親なら、間違いなく責任をとって自ら殺ります。
もし「判決」が不当なら、私も覚悟をきめてました。


948 :朝まで名無しさん:2006/07/20(木) 22:23:02 ID:faDQ1B+8
本件の事案は結果の重大性、残虐性などの点で名古屋アベック殺人より軽いのは明らかであり、相場にしたがって無期が妥当である。
感情的な世論に媚び相場を無視した量刑宣告はさばきの公平性を損ない司法の根幹を揺るがすことになる。


949 :朝まで名無しさん:2006/07/20(木) 22:25:32 ID:faDQ1B+8
>>941
刑罰法規の規定は行為と結果であり
人権無視の予防拘禁は認められない。

950 :朝まで名無しさん:2006/07/20(木) 22:35:41 ID:faDQ1B+8
近代法に基づく法治国家の国民に第一に求められるのは理性的判断である。
遺族の感情を考慮しろ、血の通った裁きをなどという感情的な妄言は
理性的判断を何ら後退させる根拠たりえない。
司法と行政、立法との関係という三権分立のあるべき姿を率直に見つめたとき、司法は理性の機関である
べきであり、国民の感情的な意見を反映する場となってはいけない。

951 :朝まで名無しさん:2006/07/20(木) 22:55:18 ID:huUWii/c
>>948
むしろ今回の判決で新たな前例を作って欲しいね。
少年は更生する可能性は低く、性犯罪にいたっては再犯率が極めて高い。
現に7年経った今も反省している様子もみられない。
極刑をもって処するべし。

952 :朝まで名無しさん:2006/07/20(木) 23:17:58 ID:ftzqVccF
全くです。
今までの判例が軽すぎたのです。

時代の風潮に合わせて、司法の「冷静な判断」が変わるだけであって、
別に「国民感情」に流されている訳ではない。
どういう事態が罪が重くて更生すら望めないのか、そういう空気が読めるからこそ、
司法にも格式ばった当てはめがあるのではなく柔軟性がある、と言うだけの話で、
理性の機関である事を辞めた訳ではない。

953 :朝まで名無しさん:2006/07/21(金) 01:16:17 ID:MJiqeXWw
>>948-950
「どんな事情があっても、どんなに反省しようが情状酌量なんて認めない。
血の通った裁きをなどという感情的な妄言は理性的判断を何ら後退させる根拠たりえない。」

まで読んだ。

954 :朝まで名無しさん:2006/07/21(金) 04:37:34 ID:nV0Oira0
カワイイは死刑存置なんか・・・面白いな。
応報刑論で肯定してるのかな?

955 :朝まで名無しさん:2006/07/21(金) 04:39:30 ID:nV0Oira0
>>415
131 名前:プロパガンダに御注意を 投稿日:2005/07/08(金) 05:59:00 ID:Ud6x5WA40
http://homepage2.nifty.com/shihai/040914seimei.html
>最新のアムネスティの報告書によると、死刑は犯罪抑止に一定の役割を果たして
>いないことが分かります。顕著な例として、死刑を廃止したカナダでは、人口10万人
>当たりの殺人率は、死刑を廃止した年の前年である1975年の3.09件のピーク時から
> 1980年には2.41件に低下しました。死刑の廃止から26年後の2002年の殺人率は
>人口10万人当たり1.85件、1975年よりも約4割低下しました。

これは廃止派の抑止否定論のバイブルで国連ご用達の報告書「世界の死刑」からの引用だけど、
カナダの死刑廃止年を1976年としてるが、この1976年は法改正で法的に死刑が廃止された年。
実はカナダは1963年から死刑の執行を停止している。
つまり執行停止期間が13年もありその停止期間中最後の1975年に殺人率がピークに達している。
しかも1966年の殺人率は1.10で停止期間中の66-75の9年間に2.8倍と急激に悪化している。
つまりこの「世界の死刑」の調査結果は死刑執行停止期間中の殺人率の急増と言う
自分達に都合の悪い部分を隠して法改正後に減ったから抑止力は有りませんと言ってる訳だ。
こんな解釈信用できるか?これは明らかにプロパガンダだよ。
---------------------------------------------------------------------------------
上のサイトのURLが↓に変わって内容が多少更新されてる
http://homepage2.nifty.com/shihai/shiryou/facts&figures.html

956 :朝まで名無しさん:2006/07/21(金) 17:40:04 ID:ZJGyNAEe
>>949
あの、銃刀法は包丁もって振り回す狂人には適応されないんで?
ついでに、そいつ包丁振り回しながら店舗に入ってるんですが。

私ゃ、犯罪犯してない善良な市民を、意味もなく拘禁しろなんて言ってませんよ?
ただね、人権を主張しながら、その実犯罪者や予備軍の人権だけを守る論調には同調できないだけです。

957 :朝まで名無しさん:2006/07/21(金) 18:07:55 ID:V8nEj88H
>>950
残念ながら、ほとんどは感情が基になっているんだな。これが。
なぜ窃盗はいけないの?
財産権を侵害するからだ。
なぜ財産権を侵害するのはいけないの?
・・・・
最後は感情に行き着く。

958 : ◆.rs/blFuew :2006/07/22(土) 23:05:03 ID:0kQkaytW
で、このスレも終わりが見えてきているのだが、>1にまともに回答した「人権派」は一人でもいたのかな?

959 :名無しさん@恐縮です:2006/07/23(日) 21:37:18 ID:WcyYPjUX
この事件での犯人は死刑が妥当です。

野放しにされては困ります。

960 :朝まで名無しさん:2006/07/24(月) 00:54:46 ID:nRzhMwIu
↑本来は議論の余地なく当然の死刑だ。自分らに被害は来まいなどと楽観する呑気な偽善者でもなければ生存本能的に当然の選択。萩原、梅澤、村上も逝かせるべきだった〜あんな内容では誰も何処も受け入れなどしない→また罪人ロードへ。

961 :ちん毛:2006/07/24(月) 23:34:46 ID:CsHdsR7n
やっぱ死姦って気持ちいいのかな?福田君は最高だね!多分ち○こビンビンのまま服破って、おっぱい揉んで、ま○こ舐めて、ボコボコに殺して、ズコバコでしょ?ワッカテルネ!!!
無期懲役で早くシャバに出てもう一回やってよ!そんで、DVDにして2万で売ってYO!ぜってー買う!福田君を批判する奴は死ねYO!

962 :2時間:2006/07/24(月) 23:35:50 ID:l1tPzT0f
「裏返しになって死んだ死体見たことあるか?」
「…いいえ。なんですか、それ?」
「靴下みたいに、一瞬にして裏返しになって死ぬんだよ」
「まさか。なんで、そんなことになるんですか?」
先輩は、くっくと喉を鳴らして笑った。
「この話を聞いて、二時間以内に、他の人間にこの話をしないと、
そういう目にあうんだ」


963 :ちん毛:2006/07/24(月) 23:40:07 ID:CsHdsR7n
俺になんか意見ちょうだいYO!

964 :朝まで名無しさん:2006/07/24(月) 23:47:25 ID:7dN9gejK
さっさと寝ろ。

965 :朝まで名無しさん:2006/07/24(月) 23:54:55 ID:+yJ7jnsH
>>958
>で、このスレも終わりが見えてきているのだが、>1にまともに回答した「人権派」は一人でもいたのかな?

そもそも、死刑反対=人権派 ではないので。

966 :朝まで名無しさん:2006/07/25(火) 19:47:11 ID:AWu0tRc2
自称人権派にまともな人間はいないのでまともな回答を求めるだけ無駄w

967 :朝まで名無しさん:2006/07/25(火) 19:49:40 ID:Wfbru1D2
>>958

>>Y5W4Yw5u
>>gsBz2W08
>>FNwqfrpr
>>lC9D9pMh
>>Tyfo5MHA
>>Rav628zS

死刑廃止派っぽい人物が複数いたですね(スレを流し読みしただけなので、間違ってるかもしれませぬ)
しかし、十分な説得力を持っている廃止派の意見は、絶望的に少なかったように感じます。

968 :朝まで名無しさん:2006/07/25(火) 21:35:46 ID:yhq+P/vs
てすと

ID:Y5W4Yw5u
ID:gsBz2W08
ID:FNwqfrpr
ID:lC9D9pMh
ID:Tyfo5MHA
ID:Rav628zS

969 :朝まで名無しさん:2006/07/26(水) 02:24:50 ID:DaCwWOgs
死刑廃止でもいいから、仇討ちは執行猶予付きにしてね。

970 :朝まで名無しさん:2006/07/26(水) 22:13:35 ID:0XOT2OSo
      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;:;::::::::::::::| |
      | |:::::::::::/ ̄ ̄ ̄`´    `ヽ:::::::| |
      | |::::::::::|  :ill||||||||||ll: ,-‐‐、l::::::| |
      |  ̄ ̄|  ||||||||||||||||「しi .l ll. ̄  | ・
      | ̄「 ̄|  ||||||||||||||||i ̄川リ ̄| ̄|
      |_| ノ   ||||||||||||||||||     |_|
        /    ||||||||||||||||||
        /    /||||||||||||||||||
       / ̄/ ̄ |||||||||||||||||
       /  /    |l|l|l|l|l|l|l|l
     / /    |l|l|l|l|l|l|ll
    / ヘJ      l|l|l|l|l|l|l
    ノ川        ||l||l||ll
「呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪」



971 :朝まで名無しさん:2006/07/26(水) 22:16:53 ID:1GO1AWLJ
いまは、貞子じゃなく・・
 この夏は・・のぶ○ろさん・・・


972 :朝まで名無しさん:2006/08/08(火) 23:05:10 ID:1JrO+2rc
死刑判決が出ますように

973 :朝まで名無しさん:2006/08/11(金) 06:45:47 ID:BWqI9W2d
いつだ?判決日は。

974 :朝まで名無しさん:2006/08/12(土) 14:26:09 ID:KwZE/Psx
もう少し先かな

975 :朝まで名無しさん:2006/08/14(月) 02:27:31 ID:BQwsXh3d
本村スレが次々消されるのはどこかの圧力?

976 :朝まで名無しさん:2006/08/18(金) 09:32:49 ID:/rrDo4ic
次スレを

977 :朝まで名無しさん:2006/08/21(月) 18:48:07 ID:shBy9HuK
あげ

978 :朝まで名無しさん:2006/08/21(月) 18:53:47 ID:dydxY1M/
 「自分が殺されても犯人を死刑にしないで欲しい」という遺志の登録制度を
作ってはどうかとマジメに思う。「自分が殺害された」殺人事件の裁判の際に
「被害者自身」の思想・言い分を反映させる制度。
 これなら、どこからも文句は出ないだろう。死刑廃止派はどんどん遺志を残
せばよいのだ。ね。

979 :朝まで名無しさん:2006/08/22(火) 10:45:39 ID:Jf+C2vju
それはできないでしょー。
仮にそんな登録制度ができても
実際に自分や自分の近くに害が及ぶと
180度主張を変遷させる廃止派が
多くでちゃって、余計に廃止派の
立場が悪くなるからな。

つまり、なんというか、その…
死刑廃止派は想像力が欠如しているんだ。
自分が被害者の立場になったら…という
事すら考えられないほどにね。

980 :朝まで名無しさん:2006/08/22(火) 19:00:21 ID:VPf6hPRP
 もちろん、気が変わったらいつでも登録取り消しが出来るようにしとけば
いいのね。臓器提供のドナー登録と同じで「あ、やっぱりやめます」もあり。
 転向派がたくさん出てしまうようなら、結局「思想としての死刑廃止」った
らその程度のものだった、で済む話だし。
 その代わり「結婚を期に(?)登録しました」「成人したので登録しました」
「マンガ読んで感動したので登録しました」というのも大いに結構。

981 :朝まで名無しさん:2006/08/22(火) 19:40:11 ID:LiP2OMCE
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1156025366/

982 :朝まで名無しさん:2006/08/23(水) 13:09:05 ID:qK/ubmNG
揚げ梅

983 :朝まで名無しさん:2006/08/23(水) 18:54:36 ID:xUYW8RD3
宮刑でいいだろ。

984 :朝まで名無しさん:2006/08/24(木) 11:57:28 ID:YF1UypxR
ココ読んでみ。
彼等被害者の会の問題点が良くわかる。

犯罪被害者の会幹事を辞任しました。
http://www.aya.or.jp/~r777/shibuya/TS1229.htm

2、辞任の理由(一部抜粋)

私は、被害者の権利確立は、加害者の刑罰に係らず進めたいと考えています。しかし、「犯罪被害者の会」の
幹事会では、加害者の刑罰が少しでも重いことが、被害者の権利確立に通じるという情念で働いているように
感じられます。そのため、修復的司法とか、和解という意味会いの言葉がどこかででてくると、犯罪被害者の会
幹事会では、被害者に対しての裏切り行為のように感じられるようで、加害者を擁護することになるらしく、激し
い攻撃にあうことがあります。

985 :朝まで名無しさん:2006/08/24(木) 15:47:28 ID:4VPIjO/j
さっぱり?

986 :朝まで名無しさん:2006/08/24(木) 21:08:42 ID:qFtS8OoZ
埋めちゃ〜え

987 :朝まで名無しさん:2006/08/25(金) 07:26:05 ID:gEmOEmzM
被害者が「ひどい目にあってます」というのが被害者の会でいいんでない?
それを受け取る側も(政府側など)も被害者の言い分を丸呑みする必要はないし。


988 :朝まで名無しさん:2006/08/25(金) 18:17:03 ID:ynpwofvY
保守

989 :朝まで名無しさん:2006/08/25(金) 19:11:57 ID:SUWf3LdX
ネット右翼

990 :朝まで名無しさん:2006/08/25(金) 19:25:58 ID:M9IKUcI/
死刑にしちまえ

991 :朝まで名無しさん:2006/08/25(金) 22:08:53 ID:3A8WxEjh
んだ

992 :朝まで名無しさん:2006/08/25(金) 22:51:27 ID:4zrpcyTN
 本村洋は自著において、「自らの命を守るために、死への本能的恐怖からレイプに甘んじてしまう女性もいるのに、
潔癖な弥生は汚されたくない一心で必死に抵抗した」旨のことを述べているが、本村洋のこの発言は、「生きるか
死ぬかの究極の状況の中で、レイプに甘んじることを選択せざるを得なかった性犯罪被害者」に対して「私の妻に
比べると潔癖じゃない」と言わんばかりの暴言であり、いかなる理由があろうとも到底許されるものではない。
 口に出さず自分の心の中でそう思うだけならまだしも、本に書いて出版するなど言語道断である。
 悪意があって書いたわけではないかもしれないが、妻の素晴らしさを強調したいがあまり、他の性犯罪被害者への
配慮が著しく欠けてしまっており、弁解の余地は全くない。
 出版前に「レイプに甘んじざるをえなかった性犯罪被害者が読んだらどういう気持ちになるか」すら想像でき
なかった本村洋は「他人への思いやりに欠ける人間」と言われても仕方がない。

36 名前: 名無しさん 投稿日: 2006/08/21(月) 12:01:20
過去にレイプされた私は、潔癖では無いのでしょうか?
本村氏の言いたい事は理解できますが、自分の発言により傷付く人もいるとゆう事に考えが及ばなかったのでしょうね。
実際殺されるか分からない状況での暴力を受けた立場になってから発言して頂きたいです。
女性が味わう恐怖や「死にたく無い!」という気持ちを理解するのは難しいことです。
ただ私も含み、レイプされても頑張っている女性達は「高潔」では無いのでしょうか?違いますよね。
もちろん汚れたりしてません。
まるで自分達だけが被害者、自分の妻だけが特別といった彼の態度、発言に思う所があり書き込みさせて頂きました。
長々と失礼しました・・・

40 名前: 名無しさん 投稿日: 2006/08/21(月) 22:29:06
>>36です。
ありがとうございました、改めて目を通して来ましたが・・・彼の発言は性犯罪被害者にも、
そしてその家族や恋人すら侮辱している様にうけとれます。

993 :朝まで名無しさん:2006/08/25(金) 22:53:55 ID:4zrpcyTN
http://72.14.203.104/search?q=cache:bwuv1gSLnt8J:mytown.asahi.com/yamaguchi/news01.asp%3Fc%3D5%26kiji%3D694+%E6%9C%AC%E6%9D%91%E6%B4%8B%E3%80%80%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8B%E5%86%8D%E5%A9%9A&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1

>「いつか再婚したい」と言う。2人から学んだ家族の大切さを、新しい家族にも伝えたい。でもそれは、
>最高裁の結論が出てから。まだまだ先のことだと思っている。

妻を最愛の人だと言い、自分が死んだら天国で3人で幸せに暮らしたいと言い、
レイプに甘んじざるをえなかった性犯罪被害者を傷つけかねない発言までして妻の素晴らしさを
強調しておきながら、
「再婚したい」はどう考えても矛盾してる。
しかも「二人から教わった家族の大切さを新しい家族にも伝えたい」なんて綺麗事言ってるとしか
思えない。
淋しいなら淋しいとハッキリ言うべきだ。 本村の言動には一貫性がない。

=========================================
本村洋さんは、「自分が死んだら天国で3人で暮らしたい」とも言っていますが、「新しい妻」をどう
するつもりなんでしょうか。置き去りにするつもりなんでしょうかね。
この時点で矛盾していると言われても仕方ありません。

百歩譲って、再婚はやはり仕方ないのかもしれません。
しかし、「二人から教わった家族の大切さを新しい家族にも伝えたい」という言葉は明らかな
綺麗事でしょう。本村洋は、綺麗事を言うことで、気持ちが揺れ動く自分を納得させていると
しか思えません。綺麗事が悪いとは言いませんが、はっきり言って、カッコ悪いです。
無理して、綺麗事を言うぐらいなら、自分の気持ちに正直になり、「淋しくて仕方ないから再
婚する」と言うほうがカッコ良く、また男らしいと思います。
「淋しいなら淋しいとハッキリ言うべきだ」というのは、そういう意味で申し上げました。

ついでにこれも
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/5665/1153690321
本村洋の数々の悪行の罪責

994 :朝まで名無しさん:2006/08/25(金) 22:54:38 ID:4zrpcyTN
本村洋は加害者とその親に損害賠償請求をしない理由を「加害者には幼い兄弟がいるから、その子の将来
のため」と言っているが、これも綺麗事であると言わざるを得ない。
本村が損害賠償を起こさない本当の理由は、民事で和解したり損害賠償命令が下ればコンクリ事件などの
ように「慰謝の措置を講じている」として刑事で加害者に多少有利になる可能性があるのでそれを避けるためだ。
もちろん、加害者に支払い能力がないのと、親に事件に直接結びつくような重大な監督義務違反があったと
認定してもらうのが難しいというのもあるが、最大の理由は刑事での不利回避である。

実際、本村は事件直後に犯人とその親に損害賠償を起こそうと一度弁護士事務所を訪れているし。

531 :名無しさん@6周年:2006/08/22(火) 02:40:44 ID:58NMFEOL0
>>530
「加害者には幼い兄弟がいるから、その子の将来のため」などという綺麗事を言って世間の感動を得ようと
している点が問題。
ハッキリと本当の気持ちを言うべきだろ。再婚の件にしてもそうだ。

537 :名無しさん@6周年:2006/08/22(火) 02:52:37 ID:58NMFEOL0
>>535
死刑にしてくれと主張することは問題ないが、綺麗事を言って世間を感動させることにより、
一部の人から「本村さんってすごい。心広い」などと人格を肯定的に評価されていることが問題。

本村は遵法精神に欠けるセコイ男であり性的にもおかしいという事実を伝えなければならない。

995 :朝まで名無しさん:2006/08/25(金) 22:55:25 ID:4zrpcyTN
760 :少年法により名無し :2006/08/01(火) 14:26:45 O
偽造テレカ、悪質な交通違反で免停、元カノへの薄情な裏切り、生中出ししまくりのふしだらな半同棲生活etc

762 :少年法により名無し :2006/08/01(火) 14:32:28 O
まあ、本村自身がモラル意識が欠如した人間だったことは、知る人ぞ知る事実なんだよな。
人を思いやれる人間ではない。そんな奴が、加害者の兄弟のことを考えるはずが無い。すべて死刑の為だよ。汚いね。

763 :少年法により名無し :2006/08/01(火) 14:33:48 O
しかも本村は自論の正しさを確認するために、わざわざアメリカに行って「死刑判決を受けて反省した死刑囚」
に面会している。
死刑判決を受けたことによって反省する奴なんて稀だし、むしろ死刑判決を受けたことで精神に異常を
きたしたり拘禁反応が悪化したりする囚人のほうが多い。
オレは別に死刑反対派じゃないし、死刑云々はあまり興味ないのでどうでもいいが、
都合のいい奴だけに会って自己正当化するのはさすがにセコいと思う。

745 :少年法により名無し :2006/08/01(火) 10:40:20 O
再婚は仕方ないのかもしれんが
「二人から教わった家族の大切さを新しい家族にも伝えたい」という綺麗事が問題。

747 :悪魔 :2006/08/01(火) 10:47:23 O
たしかに聞いてる方がはぁ?と言いたくなる綺麗事だな。
だがまぁさっきも書いたが地元で友達相手に話したらどう?
ここに書くと不愉快になる人達がいるみたいだしね。
メルアドわかるなら俺が語り合ってもいいけどね。
不謹慎だが噴きそうになっちゃったよ。

996 :朝まで名無しさん:2006/08/25(金) 22:59:52 ID:4zrpcyTN
784 :少年法により名無し :2006/08/01(火) 16:23:10 O
元カノに対する裏切り方は本を読む限りだいぶ酷いものだった。
まあ本村洋は当時18歳であり、その若さ故に女性に対する配慮が欠けてしまうのはやむをえない。
実際オレも十代のころは遊びでHした後ポイして女を泣かせたことがあるし。
しかしながら、本村洋はその何年も後、20代半ばで執筆した自著において、何の恥じらいもなく
その裏切りについて触れてるし、それどころか、「綺麗な弥生には手が届くはずかないと考え、
元カノとは妥協で交際していた」とまで述べており、女性に対する思いやりのなさは何ら改善されていない。

806 :悪魔 :2006/08/01(火) 18:51:11 O
本村さんの人格には多少の問題はあるだろ。
本に書いて出版しちゃった以上一定の非難は免れない。
Fの方が悪いから本村さんを叩いたら行けない。
はたしかにちょっと変だ。
だけどみんなが聞きたくないそうだ。
地元でひっそりやるか論理的にやるかだな。
俺の個人的な考えだけどあくまで事実にもとずいてるなら仕方無いかな。
事実があるならマスコミだって今まで散々いろんな人達叩いても許される?許されて来た訳だしね。

902 :少年法により名無し :2006/08/02(水) 14:30:00 O
確かに、本村さんの人格と事件は関係無いかもしれない。
だが、事件後の本村さんの行動と彼の人格は関係あると思わないか?
憎い相手を死刑にする為に、詭弁を弄したり、パフォーマンスをしてみせる一方で、自己陶酔本を出したりしてるじゃないか。
“加害者の兄弟のことを考えた”“アメリカで死刑囚の話を聞いた”これらは、すべて自己正当化の為の詭弁だよ。

997 :朝まで名無しさん:2006/08/25(金) 23:00:28 ID:4zrpcyTN
22 :名無シネマ@上映中 :2006/06/27(火) 20:39:30 ID:9OjBTXri
立ち読みしたことある。

この事件には心底怒りと同情を感じるけど、それにしても
ものすごく寒い内容だった。
こんなアホな本をこんな悲惨な事件をきっかけに出してしまう旦那って・・・。
奥さんの頭の悪さを勝手に世間に公開して、その意味でも可哀想と思った。。
まして映画化って・・・・。

27 :名無シネマ@上映中 :2006/06/27(火) 23:48:07 ID:85jNrq9t
原作(?)読むと、異様に自己陶酔の激しい子供なカップルだったのがわかるよ。
アイタタタ・・・って感じ。
自分でこの文章読み直しても恥ずかしげもなく人に読んでもらえるって、
人間としてちょっとどっか足りないんじゃないだろうか。

31 :名無シネマ@上映中 :2006/06/28(水) 21:26:17 ID:FpvCqzyO
>>10はまともな人間の台詞じゃないよ。
太田誠一よりタチ悪い。


32 :名無シネマ@上映中 :2006/06/29(木) 00:26:32 ID:bPqof2cC
>>31
同意。
ほんの一瞬でも激しく抵抗しても暴力でレイプされるにいたった
たくさんの女性のことを考えたらあんななめたことは言えない。
ほんとこの人精神年齢幼いよね。

もちろん被害とは何の関係もないけどね。

998 :朝まで名無しさん:2006/08/25(金) 23:01:02 ID:4zrpcyTN
854 : ◆WU311ujDWk :2006/08/01(火) 23:42:00 O
>>843
ありがとう。

まあ誰にでも自己顕示欲はあるが再婚に関する例の発言と同様の綺麗事だわな。
日本人がモラルある人間性じゃないというのは同意。
生でやってる奴は結構いるが、親の援助を受けて生活する身分で中出しまでしてる奴はそんなに
多くはないと思うぞ。
妊娠したら大変だからな。
オレは毎回ゴムつき。生でやったことは十代の頃に数回あるが、生中出しは一度もない。
つーか、本当に心から愛してたら経済力も婚約もない状態で生中出しなんかするかって話だよな。

416 :名無シネマ@上映中 :2006/08/18(金) 01:16:17 ID:KkkpvEhc
私♀だけど、この事件が映画化されるっていうのには引いた・・そんなの自分達のプライバシーを
公表したいのか?事件そのものは残忍だし、女性から見ても被告は死刑でいいと思う。死刑判決が
下りなければ自分が殺す、っていうのも遺族の気持ちとしてわかる。大阪で姉妹を殺されたお父さん
も同じこと言ってたしね。でも映画とは・・本も読んでなかったんだけど、ここで紹介されてるの見て、
奥さんの頭や性格の悪さや、旦那さんが奥さんをすごく美人で可憐だと思ってる妻自慢(そんなに奥さん
美人かなあ?)みたいなのが露呈されちゃってて、正直痛い・・それに旦那さん本当にもう彼女がいるの?
7年も経てば当然かもしれないけど、「天国でまた妻と娘と一緒になりたい」って、じゃあ彼女はどうなるの?
お願いだから裁判が終わったら「もうそっとしておいて」って表に出るのもやめて、映画もやめて欲しい・・

422 :名無シネマ@上映中 :2006/08/20(日) 23:44:32 ID:l5ozCBdT
>>416
禿禿禿同!! ツルッパゲ!!
ほんと、自己陶酔、(事件でなくて、恋愛のときの)正当化。キモチワルイ。
こんなの本にして世間にさらすことでさえ、無き奥様に対しての名誉毀損だよ。
だいたい、この二人のツマラン恋愛ごっこ、映画化して面白いのか?
それとも、死刑制度に対する問題を投げかける内容にするのかな?

999 :朝まで名無しさん:2006/08/25(金) 23:11:09 ID:4zrpcyTN
852 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:13:30 ID:pPpN8Wkm0
>この本図書館で読んだけど、二人とも並はずれて自己中で感じ悪いという印象しかない。
同じく
映画化されたらアレがまた書店に並ぶんだろうけど、一般的な感想って↑だと思う

寝取られた親友のことも、自分たちの「純愛」を演出するための小道具くらいにしか考えてないんだろうね。
その後、仲間から孤立していくくだりも、「それにもめげずに愛を貫いた」とかそんな勘違いしてて間抜けすぎる。

再婚についても「二人から教わった家族の大切さを新しい家族にも伝えたい」って、、
まだ会ってもいない人間相手に、「家族の大切さを伝えたい」って、なんでこんな偉そうなの?
本村・弥生式の「家族の大切さ」なんか教えられたいと思う人間がいるのか。

1000 :朝まで名無しさん:2006/08/25(金) 23:11:46 ID:4zrpcyTN
 本村洋は自著において、「自らの命を守るために、死への本能的恐怖からレイプに甘んじてしまう女性もいるのに、
潔癖な弥生は汚されたくない一心で必死に抵抗した」旨のことを述べているが、本村洋のこの発言は、「生きるか
死ぬかの究極の状況の中で、レイプに甘んじることを選択せざるを得なかった性犯罪被害者」に対して「私の妻に
比べると潔癖じゃない」と言わんばかりの暴言であり、いかなる理由があろうとも到底許されるものではない。
 口に出さず自分の心の中でそう思うだけならまだしも、本に書いて出版するなど言語道断である。
 悪意があって書いたわけではないかもしれないが、妻の素晴らしさを強調したいがあまり、他の性犯罪被害者への
配慮が著しく欠けてしまっており、弁解の余地は全くない。
 出版前に「レイプに甘んじざるをえなかった性犯罪被害者が読んだらどういう気持ちになるか」すら想像でき
なかった本村洋は「他人への思いやりに欠ける人間」と言われても仕方がない。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

363 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)