5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

病気でもお好み焼き店で働く

1 :朝まで名無しさん:2006/11/19(日) 14:59:31 ID:Fd395tfL
 奈良市や京都市で市職員の不自然な長期休職が相次いで発覚した問題で、
これまでそうした職員はいないとしてきた神戸市でも、5年以上にわたって男性職員(42)が病欠を繰り返す一方、
夜は親族のお好み焼き店で働いていたことがわかった。この職員の今年4〜10月の出勤日数は計3日。
神戸市監察室は、兼職を禁じた地方公務員法に触れる可能性があるとみて、調査に乗り出した。

 この職員は市環境局北事業所(同市北区)のごみ収集担当。朝日新聞の取材に対し、
「欠勤中に働くのはまずいと思ったが、身内なので手伝ってきた」と話した。
市監察室の松島秀明室長は「事実を確認したうえで、厳正に対処したい」としている。

 同事業所によると、職員はストレスや緊張から便意を催す「過敏性大腸症」などを理由に病気欠勤を重ねてきた。
年間約240日出勤すべきところ、実際に出たのは01〜03年度が計389日、04、05年度が計40日。
今年度は10月末までに3日しか出勤しておらず、11月からは同症状の診断書を提出して休職している。

 市の規定では、病気による欠勤は年間90日まで基本給が満額支払われ、それ以降は無給になる。
病気休職は連続して3年間認められているが、基本給が満額支払われるのは1年半までだ。

 病気欠勤や休職が長期に続く職員は分限免職にすることもあるが、明確な基準はなく、
市はこの職員について「回復状況を見極めていた」としている。

 一方、職員は病気で休んだ日の夜も、神戸市中央区のお好み焼き店で働いていた。
朝日新聞記者が10月末に確認した際も、女性と2人で店を切り盛りしていた。
午後4時ごろ仕込みで店に入り、営業中は職員が主に鉄板の前に立ってお好み焼きやモダン焼きなどをつくり、
客の勘定にも応じていた。

 職員によると、以前は妻が店を経営していたが、この夏から妹が営んでいるという。
取材に対し、職員は「病気のため収集車に乗るのはきつい。
店ならばなんとかなる」と話し、「手伝っているだけで、給料はもらっていない」と強調した。
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200611150036.html

2 :朝まで名無しさん:2006/11/19(日) 15:59:24 ID:Ik1QOxwK
2

3 :朝まで名無しさん:2006/11/19(日) 17:32:58 ID:4we6sljl
逮捕?

4 :朝まで名無しさん:2006/11/19(日) 22:00:32 ID:QFsfeT3w
スレタイだけ見ると「病気だけど稼がなくちゃならないから
お好み焼き店で働く」ってニュアンス感じる。
実際は正反対なのにね。

5 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 09:51:35 ID:qObfcvgq
つまり病気療養中はリハビリもしちゃいけないってこと?

6 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 19:50:52 ID:GQZ2UDFM
みんなにおいしいお好み焼きを食わせることも公務だと思うが。
この店も評判よかったみたいだし。
これで免職なら雅子とかどうすんの。

7 :朝まで名無しさん:2006/12/08(金) 13:19:55 ID:b+1t6TyN
懲戒免職になっちゃったみたいですね。
カワイソス

8 :朝まで名無しさん:2006/12/29(金) 03:06:35 ID:D+VuCv4K
>>6
じゃあ、お好み焼き屋を公務員にしよう。
あと的屋も全て公務員にすればぼったくりもなくなって解決。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)