5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【存続か?】象徴天皇制を問う74【廃止か?】

1 :憂国の名無し:2006/11/20(月) 11:48:49 ID:g1FldALi
戦後の「開かれた皇室路線」で国民に親しまれていると言われる皇室。
しかし、近年の公務のあり方や世継ぎ問題を巡る議論に於いて、皇室の権威低下も指摘されている。
更には、菊のタブー・信教の自由への抵触など象徴天皇制に関する問題点は数多ある。
さあ、改めて、象徴天皇制の意義を問い直そう。存続派の漏れ、廃止派のおまい、熱い議論を待っているゼ!

<ソース1>
衆議院憲法調査会における「天皇」に関するこれまでの議論(平成17年2月衆議院憲法調査会事務局)
エ 天皇制の今後 天皇制の存廃を当面の憲法問題とする意見はなかった。
ただし、天皇制は国民主権の原則と矛盾するものであり、将来的には解消されて
いくべきではないかとの意見があった。
http://66.102.7.104/search?q=cache:AlcCoy57SpkJ:www.shugiin.go.jp/itdb_kenpou.nsf/html/kenpou/shukenshi061.pdf/%24File/shukenshi061.pdf

<ソース2>
世論調査の示すところ天皇制は消滅の一途
http://www13.plala.or.jp/kyowato/yoronchosa.html

<ソース3>
猪瀬直樹「天皇制」を構造改革の対象に
http://www5f.biglobe.ne.jp/〜kokumin-shinbun/H14/1405/140501inose.html

<前スレ:象徴天皇制を問う73>
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1162813900/

2 :スレのローカルルール:2006/11/20(月) 11:57:40 ID:g1FldALi
1)荒らし・煽りはスルーしましょう。
2)コテハン叩きは禁止です。
3)議論がループに陥らないよう前スレや既出の議論はよく読んでご参加下さい。


3 :スレの趣旨:2006/11/20(月) 11:58:28 ID:g1FldALi
<スレの趣旨>
 ・天皇制の意義とは?
 ・天皇制ならびに皇族は日本に必要か?

天皇制廃止に関する前提
1)天皇制廃止後、天皇は宗教法人(又はそれに類する社団法人)として存続する可能性あり。
   ☆「天皇制廃止」というのはあくまでも「国の機関としての(制度としての)天皇という地位」の
    廃止であって、家系としての「天皇家・皇族・皇室」の滅亡をはかるものではない。
2)参政権等の権利制限は行わない。(異論有り)
  政治的に祭り上げられるならばそれもよし。有権者の責任においてなされる
  政治上の選択を制限するための制度を作るべきではない。

このスレに参加する方々へのお願い
 ・議論の不毛なループは極力避けたいので、上記リンクのあらすじと旧スレ、
  関連スレ等をよく読んでからご参加ください。
  ただし、議論を継続するに当たって既出議論の再検討等は歓迎です。
 ・右翼だから○○、左翼だから××、「誰がいっているか」、ではなく、
  「何を言っているか」で判断しましょう。
 ・特に、名無しさん方は一回一回の発言で完結せず(内容上)連続した発言
  をした場合、発言意図やスタンスが察せず、そのため荒らしや煽りと誤解
  される恐れが(経験的に)ありますので、可能な限りその一回のレスのみ
  で完結した発言をするか、前回(以前)のレス番号を明確にする等の対策
  を取られるよう、ご留意ください。
 ・思想の押し付けも結構ですが、なるべく洗脳されていない独自理論を
  持つようにしましょうね。


4 :廃止派の論拠とそれに対する反論:2006/11/20(月) 11:59:16 ID:g1FldALi
1)平等原則に違反する。
  ・平等という概念自体が幻想であってそれを制度に求めるのがナンセンス。
   再反論
   →確かに平等は幻想だが、だからこそそれを是正するための制度であって、
    実態の不平等が制度の不平等の理由にはならないばかりか、制度や公的取扱
    はことさら平等を指向すべきである。
 2)民主制に反する。時代遅れ。民主制が最高の政治体制というわけではない。
   再反論
   →民主制は現状でベターな政治体制であり、これに代替する体制がない。
   「民主制は最低の政治体制である。それ以前に生み出された体制を除いて」
      by チャーチル
    民主制嫌いがよく引き合いに出す一節だが、彼らが推す体制とは「それ
    以前に生み出された体制」に他ならない。
  ・時代遅れという主張自体が時代遅れでありナンセンス。
 3)税金がもったいない。
  ・費用対効果は高い。
   再反論
   →どう役に起っているのか説明可能か? 宗教じみた思いこみにすぎない。
   再々反論
   →皇室外交をどう考えるのか。文化の担い手でもある。
   再々再反論
   →外交に関する権限をいっさい持たないからこそ各地で「無害」故歓迎を
   受ける。所詮はイメージキャラクターでありその意味では外交=政治とは
   いえない。民間による親善交流となんら変わらない。
   文化の担い手といっても、それは制度として維持する理由にならない。


5 :廃止派の論拠とそれに対する反論2:2006/11/20(月) 11:59:56 ID:g1FldALi
4)戦争の原因は天皇制にもある。戦争の原因を作るな。
  ・第二次大戦は必然的に発生したものであり、天皇制とは無関係
   再反論
   →大日本憲法下において天皇は国権の最終意志決定者である。
   東京裁判による戦犯かどうかはさておき、少なくとも国内向けに敗戦の責任はある。
   再々反論
   →当時の法で定められていない責任を問うことはナンセンスである。
   再々再反論
   →敗戦、戦勝国による占領状態が敗戦前に法的に定められていると考える方がよほどナンセンス
    であり、係る状況下にある国権の意志決定者は国内的に敗戦責任、国外的(戦勝国に対し)に
    戦争犯罪を戦前の国内法に定めが無いことを理由に否定することは難しい。

 5)皇族が嫌い。格好悪い。うざい。恥ずかしい。
  ・個人の好みや嗜好に依存した判断はナンセンス。



6 :存続派の論拠とそれに対する反論:2006/11/20(月) 12:00:39 ID:g1FldALi
1)神ないしそれに近い存在である。
  ・ギャグ? 冗談?
  ・ホモ・サピエンスにすぎない有機化合物を神と称するのはナンセンス。
 2)普通の人間より優れている。
  ・どこが優れているのか説明可能か?
   再反論
   →昭和天皇は素晴らしい名君だった。
   再々反論
   →仮に特定の天皇が優れていたとしても、遺伝する性質のものでない以上これを論拠とするのはナンセンス。
 3)国家統治の技術として有益。皇室外交はよい。サヨに対する防波堤。
  ・日本国としての代表権は無く、無権限の皇族による海外交流は政治的なものとはいえない。
   従って民間による国際親善交流となんら変わることがない。
   もし仮に、皇室外交が政治的な色彩を帯びるとすればそれは現行憲法に照らして違憲。また、サヨに対する防波堤と
   いうが、それもまた一つの民意である以上特定の意見を排斥するために制度を作るべきではない。
 4)文化の承継者として必要。天皇自体が一つの文化であり、それを廃止しようとするのはバーミヤンの大仏を破壊
   したタリバンと変わらない。
  ・国家制度として存続させる必然性なし。(前提1を参照せよ)
  ・廃止するのは制度であって天皇ではない。( 〃 )
 5)好きだから。
  ・廃止派の論拠5と同じ


7 :存続派の論拠とそれに対する反論2:2006/11/20(月) 12:01:22 ID:g1FldALi
6)2000年も続いたのだから廃止するのはもったいない。
  ・4と同じ
  ・2000年間、今と同じ制度であったわけではなく、むしろ今の制度は伝統的な天皇のあり方とは異なる。
   むしろ制度として廃止した上で、主権者たる民意の一部として「政府に対する授権主体たる国民」の信仰対象(又は
   非権力機構内機関としての信仰対象)としての位置づけの方がが伝統に沿ったあり方である。
 7)天皇によって現在の日本政府の正当性が担保される
  ・日本政府の正当性の担保は、日本国民(有権者)の信任であり天皇ではない
  ・政府・国家とはあくまでも道具であり、道具の正当性は由来や歴史ではなく使用者にどれだけ利益を還元できるかで決定される。


8 :天皇の定義について:2006/11/20(月) 12:02:25 ID:g1FldALi
古代〜平安初期 sharman〜sharman系king
  平安後期    King
  鎌倉〜江戸   Hierophant ←聖俗分離
  明治〜昭和初期 Emperor   ←天皇の俗化
  昭和後期〜現在 ???   ←天皇を宗教法人化することで再度聖俗分離?
存続派の主張
 ・天皇は国際的にEmperorと見なされており、従って元首である。
廃止派の主張
 ・天皇は性質上Hierophantであり政治的権能を持たず、従って元首ではない。
 
 ☆対立要因=[天皇の社会的役割に関する認識の差]
 ・(存続派)天皇は政治的機関である←→天皇は宗教的存在である(廃止派)



9 :日本の歴史の連続性について:2006/11/20(月) 12:03:34 ID:g1FldALi
 存続派:天皇制が廃止されれば日本の歴史の連続性が損なわれる。天皇によって日本の連続性が維持されており、
     天皇が居ない日本は日本ではない。
 廃止派:天皇制を廃するということも日本の歴史の一部であり、日本の歴史の1ページにそのことが書き加えられるにすぎない。
     また、天皇が居なくなるわけではなく、天皇を戴きたい人はご随意に。
     王制から共和制、さらに帝政と移り、さらにローマ帝国が滅び幾つもの国家を経て現在に至るヨーロッパのローマ時代
     からの文化的な連続性を見れば、国家や制度、主権者の変遷が、文化共同体としての国というものの連続性の決定的な
     要因でないことが分かるのではないだろうか。


10 :存続派と廃止派の国家観に対するメタファー的理解:2006/11/20(月) 12:04:43 ID:g1FldALi
廃止派の多くは、
・株主=国民、株主総会=国会、取締役会=内閣、社員=公務員、会社組織=国家(天皇含む)

という構造をしているのに対して、維持存続派の多くの国家観は

 ・創業者一族のオーナー=天皇、取締役会=国会・内閣その他、社員=国民、会社組織=国家



11 :スレ主とは?:2006/11/20(月) 12:04:59 ID:UZgVq6u0
大西病院のソースです。ご覧下さい。
ttp://god-net.way-nifty.com/uturanai/2005/06/post_3469.html
ttp://pocari.at.webry.info/200606/article_9.html
大西病院は現在被害者患者と係争中。

患者は監禁状態で奴隷として扱われた。
・病院内の清掃
・死亡した入院患者の遺体運搬
・ほかの患者のおむつ交換、
・病院所有の別荘のペンキ塗り
・倉庫の片付け
等など・・・・
明らかな人権無視です。

大西病院 一審敗訴
2004/11/05
・大西病院(香川県高松市)
治療名目の無償労働や長期入院を強いられたとして、元入院患者の
男性(55)が病院側に損害賠償を求めた訴訟。/男性側は慰謝料な
ど120万円の支払いを命じた高松地裁判決を不服として高松高裁に
控訴した。

---------------------
自分の仕事を患者にやらせ空いた時間で自分は2ch三昧
これがスレ主の正体です


12 :スレ主とは?:2006/11/20(月) 12:05:31 ID:UZgVq6u0
368 名前: GUNDAM ◆pgGVPzww1g 投稿日: 2006/09/05(火) 15:25:13 HOST:68.120.112.219.ap.yournet.ne.jp
>>367
>患者は監禁状態で、掃除から患者の
>ウンコの世話までやらせるという人権無視
>空いた時間で自分は2ch三昧
>これがスレ主の正体です。

「スレ主」=GUNDAMであることは、当該スレでは、住人は承知しておりますが?
それでも、個人に対する誹謗中傷・個人の職場晒しに該当しないのでしょうか?


371 名前: 削ジェンヌ▲ ★ 投稿日: 2006/09/06(水) 13:21:15 0
>>368
スレ主ってなんですか?
否定すればいいんじゃないですか?
ご自分が出した情報で個人特定されても自己責任じゃないですか?


13 :お願いします:2006/11/20(月) 12:10:19 ID:g1FldALi
天皇スレ派閥分岐図:コピぺするとエラーになる。
なっちはカワイイさんの「バチカン論」共々、どなたか、コピぺよろしくです。




14 :とっくの昔に消えたコテハンは消しましょう。:2006/11/20(月) 12:22:51 ID:UZgVq6u0
天皇の権威の源泉を日本国憲法以前の歴史的経緯にも求める(万世一系に積極的価値を認める)族
│名無し


└天皇の権威の源泉を憲法にのみ求める(万世一系に積極的価値を認めない)族〜女系も可
     ┌○○的肯定派(メリットが勝る)
     │  ◇権力・権威分離説(独裁者の出現を防止)←tooo
     │
     └狭義の廃止派(デメリットが勝る)
        ◆天皇パンダ&ネクタイ論(単なる飾りだが無責任社会の象徴でもある)←(○´ー`○)はカワイイ

今はこんな感じ

15 :ルポライター ◆J/SOXfhyL. :2006/11/20(月) 12:24:31 ID:fahfpvyO

>>13
乙です。

協力して差し上げたいのですが、
この時間帯は携帯からなので無理です。スマソ

16 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/11/20(月) 14:42:47 ID:GTe4v1WC
>>13
乙です。

自分の「パンダ天皇論」及び「バチカン論」は自分で掲出します。

本来的に天皇とは立憲君主とは相容れない。まずはこの基本原則を理解しろ。
明治維新を経て天皇の位置づけをどうするかとゆ〜コトを明治の元勲連中は
試行錯誤して考えた。王政復古なのだから天皇親政が適切だろうとか、開国
したのだから欧州の君主制を模したらどうかとか。で、紆余曲折をへて出た
結論がプロシャ型の君主とゆ〜立場を選んだ。現在の天皇の原型はここから
スタートしている。この段階で古来からの天皇とは違った存在になったワケ。

そして、戦争に負けると民主制に見合った存在にすべく考えられたのが現在
ある「象徴」としての天皇だ。この原型は英国型でありバジョットが唱えた
「権力と尊厳の分離」とするものだ。そこで当時の役人連中は考えた。英国
の王室ってどうしてるのか。見て分かったのはウンンザー公の国王離脱など
の変遷によって尊厳の対象としてではなく、「親しまれる理想的な家族像」
なる表出によって王室維持を図っているコトを。BBCによって王族の日常を
国民に伝え国民は王族の家族に憧れるとゆ〜図式の関係性だ。日本もそれを
取り入れた。それが「開かれた皇室路線」だ。

17 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/11/20(月) 14:45:07 ID:GTe4v1WC
具体的に皇室は何をしたか?天皇を全国に行幸させる顔見世興行を始めた。
それまでは「御真影」でしか見たことがなかった全国の国民が、生の天皇に
触れたワケだ。この効果は絶大で神とも悪魔の化身とも思われていた天皇が
実は血の通った人間であるコトを印象づけた。また、その後皇太子成婚では
民間人の后選びとゆ〜それまで皇室ではあり得ない演出をした。これも充分
な効果をもたらした。そして親王が生まれるや、皇太子妃はそれまでの因習
を破り自ら子育てすると言い出した。これも国民から歓迎された。この辺り
までは実に思惑通りにコトが進んだワケだ。

やがて時は移り、日本は繁栄しメディアは変わらず「開かれた皇室」の姿を
露出し続けた。大きな起点となった出来事が二つ起きる。一つは宝島社から
出た「皇室の危機」による論争と、昭和天皇の崩御である。前者は宮内庁の
職員によってもたらされた皇太子(今上天皇)の奔放な私生活の暴露であり
後者は時代のうねりであろう。これにより皇室は開かれ国民が無自覚な意識
で単純に憧れる家族ではないことを知らしめた。皇室にはやはり、深く高い
壁があり国民には理解できない独特の世界があるコトを、だ。


18 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/11/20(月) 14:46:20 ID:GTe4v1WC
そうした状況を踏まえてオレは「天皇のパンダ化」或いは「パンダ天皇」と
呼ぶコトにした。パンダ舎はガラズ張りではあるが、そのガラスは実弾でも
貫通しない強化ガラスを使用している。つまり開かれているようで実は閉ざ
されている。これが皇室の実態だ。そしてパンダがタイヤ等で遊ぶ姿を見て
動物園に訪れる人々が喚起の声をあげるよ〜に皇居の前では日の丸を振った
人々が同様の声をあげる。オレにはこの二つが重なって見えるワケだ。

さて、話しがだいぶ長くなった。ではオレがどの様な姿が皇室として適正か
といえば、憲法及び国家と切り離すコトが最も皇室本来の姿を取り戻す為に
必要だとゆ〜コトだ。現在の状態にある限り、皇室は憲法に制限され国家に
利する存在であるコトは免れない。それは皇室神道の祠祭である立場に関し
て多くの制約をもたらし、現状の皇位継承問題などに見られる様に、国民の
動向に左右される存在にもなっているからだ。すなわち、現在の法制度から
すれば天皇はいかようにも変質させられるとゆ〜コトだ。それでは長い伝統
を持つ皇室側から考えれば明らかなデメリットであり、その様な存在である
のならそれは最早天皇と呼ぶべき存在ではない。


19 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/11/20(月) 14:47:14 ID:GTe4v1WC
さて、ではバチカン化にはどのよ〜なプロセスが必要か? それには先ず憲法改正が
必要となる。そして当然だが「皇室市国(仮)」のエリアの確保が必要。日本の政治
経済の中核であるコトからして東京に構えるのは不適切だ。私案としてはおよそ3つ
のベクトルが考えられる。ひとつは京都。これは実質、遷都がなされていないとゆ〜
歴史的事実から論理的整合性がある。もう一つは伊勢。これは、皇室神道の皇祖神を
祀る伊勢神宮を構えるエリアとして考えれば適地。更に別な方向性としてどこかの島
を「皇室市国島」としてまるごと天皇陵とすれば、既存の土地取得とゆ〜技術的問題
は回避できる。そこでバチカンのよ〜に、独立国としての独自の法体系を持って日本
の法体系に拘束されない「男系維持」だろうが「側室」だろうが皇室神道の祠祭伝統
に則った体制を維持できる。バチカンは各種土産品や観光収入によって、財政的にも
まずまずの予算確保が可能だと聞く。



20 :朝まで名無しさん:2006/11/20(月) 14:52:21 ID:fN/1Zp/m
具体的に皇室は何をしたか?天皇を全国に行幸させる顔見世興行を始めた。
それまでは「御真影」でしか見たことがなかった全国の国民が、生の天皇に
触れたワケだ。この効果は絶大で神とも悪魔の化身とも思われていた天皇が
実は血の通った人間であるコトを印象づけた。また、その後皇太子成婚では
民間人の后選びとゆ〜それまで皇室ではあり得ない演出をした。これも充分
な効果をもたらした。そして親王が生まれるや、皇太子妃はそれまでの因習
を破り自ら子育てすると言い出した。これも国民から歓迎された。この辺り
までは実に思惑通りにコトが進んだワケだ。

やがて時は移り、日本は繁栄しメディアは変わらず「開かれた皇室」の姿を
露出し続けた。大きな起点となった出来事が二つ起きる。一つは宝島社から
出た「皇室の危機」による論争と、昭和天皇の崩御である。前者は宮内庁の
職員によってもたらされた皇太子(今上天皇)の奔放な私生活の暴露であり
後者は時代のうねりであろう。これにより皇室は開かれ国民が無自覚な意識
で単純に憧れる家族ではないことを知らしめた。皇室にはやはり、深く高い
壁があり国民には理解できない独特の世界があるコトを、だ。


21 :朝まで名無しさん:2006/11/20(月) 14:52:53 ID:fN/1Zp/m
自分の「パンダ天皇論」及び「バチカン論」は自分で掲出します。

本来的に天皇とは立憲君主とは相容れない。まずはこの基本原則を理解しろ。
明治維新を経て天皇の位置づけをどうするかとゆ〜コトを明治の元勲連中は
試行錯誤して考えた。王政復古なのだから天皇親政が適切だろうとか、開国
したのだから欧州の君主制を模したらどうかとか。で、紆余曲折をへて出た
結論がプロシャ型の君主とゆ〜立場を選んだ。現在の天皇の原型はここから
スタートしている。この段階で古来からの天皇とは違った存在になったワケ。

そして、戦争に負けると民主制に見合った存在にすべく考えられたのが現在
ある「象徴」としての天皇だ。この原型は英国型でありバジョットが唱えた
「権力と尊厳の分離」とするものだ。そこで当時の役人連中は考えた。英国
の王室ってどうしてるのか。見て分かったのはウンンザー公の国王離脱など
の変遷によって尊厳の対象としてではなく、「親しまれる理想的な家族像」
なる表出によって王室維持を図っているコトを。BBCによって王族の日常を
国民に伝え国民は王族の家族に憧れるとゆ〜図式の関係性だ。日本もそれを
取り入れた。それが「開かれた皇室路線」だ。


22 :朝まで名無しさん:2006/11/20(月) 14:53:35 ID:fN/1Zp/m
具体的に皇室は何をしたか?天皇を全国に行幸させる顔見世興行を始めた。
それまでは「御真影」でしか見たことがなかった全国の国民が、生の天皇に
触れたワケだ。この効果は絶大で神とも悪魔の化身とも思われていた天皇が
実は血の通った人間であるコトを印象づけた。また、その後皇太子成婚では
民間人の后選びとゆ〜それまで皇室ではあり得ない演出をした。これも充分
な効果をもたらした。そして親王が生まれるや、皇太子妃はそれまでの因習
を破り自ら子育てすると言い出した。これも国民から歓迎された。この辺り
までは実に思惑通りにコトが進んだワケだ。

やがて時は移り、日本は繁栄しメディアは変わらず「開かれた皇室」の姿を
露出し続けた。大きな起点となった出来事が二つ起きる。一つは宝島社から
出た「皇室の危機」による論争と、昭和天皇の崩御である。前者は宮内庁の
職員によってもたらされた皇太子(今上天皇)の奔放な私生活の暴露であり
後者は時代のうねりであろう。これにより皇室は開かれ国民が無自覚な意識
で単純に憧れる家族ではないことを知らしめた。皇室にはやはり、深く高い
壁があり国民には理解できない独特の世界があるコトを、だ。


23 :朝まで名無しさん:2006/11/20(月) 14:56:56 ID:UZgVq6u0
ジエンしてる事をカミングアウトですか?

24 :朝まで名無しさん:2006/11/20(月) 15:02:03 ID:rNdC3v59
>>16〜19
勝手に自論を妄想すのは自由。
「皇室市国」は竹島かゴミの島でいいだろ。

25 :朝まで名無しさん:2006/11/20(月) 16:52:15 ID:nGpKZjr+

ダイヤモンドのことを詳しくご存知かな?

ダイヤモンドは熱力学的にいうと常温常圧下で安定な存在ではなく、グラファイト
(要するに炭)のほうが安定だ。
だがそのギブズエネルギーの差はほんの僅かで、しかもその間には越えるべき活性化
エネルギーの山が巨大にそびえている。そのために、本来熱力学的に安定なグラファ
イトに変化する反応は、自然には事実上おこらない。

あえてダイヤモンドをグラファイトにしようとすると、長時間の加熱などの大変な労
苦が伴う。

天皇もこれと似ている。
存続しようが存続しまいが、たいした差はない。利益も不利益も、総体で考えれば
たいした差ではない。
だが、無くそうとすれば、大変な労力だ。

あえてこれをすべきかどうか。


26 :朝まで名無しさん:2006/11/20(月) 18:01:27 ID:YdpnBhq7
顔文字ってウザ

27 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 01:48:43 ID:6b04GozL
>>16
>本来的に天皇とは立憲君主とは相容れない。まずはこの基本原則を理解しろ。

人間社会は、一度のミスは許される。そうでなければ何の試行もできなくなるから。
会社は一度の不渡りでは見放されず裁判でも初犯と重犯の量刑に大きく差をつける。
失敗を教訓とし、肝に銘じて同じ過ちを繰り返さないように制度を補正すればいい。

またもや天皇制があることを以って国家に危殆を生じせしめる事態が生起した時、
速やかに天皇制は廃止すればいい。といっても現在の憲法の天皇条項が右に
改正されない限り、その事態が起こりようがない。



28 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 01:58:45 ID:oAAV7F77
>顔文字ってウザ
カオ氏は天皇教信者にとって、最も御しがたい相手だということだな。

29 :別スレ151:2006/11/21(火) 01:59:22 ID:oAAV7F77
天皇マンセーの宗教右翼の言ってることは、「万世一系」「皇紀ウン前年」「皇祖神・天照大神」。
神様云々なら、国民の支持なんて関係ないだろう。
例えば、葬家の池田が
、国民の支持がなくなったら「即廃止」なんて条件付で、「国家の象徴」になりたいと思うか?
学会の連中がそれを許すか?

答えは、「絶対許さない」だろ。
一度手に入れた既得権は離さないで、さらに権力拡大に動くだろう。
つまり、憲法に従う天皇というのは仮の姿で、ホンネでは戦前の神権天皇に憧れて、
隙があれば、象徴じゃ物足りず、君主だ元首だと明記しろだの、日本は立憲君主国だと、それが国体だ、
とかそういう主張が出てくる訳だ。


30 :別スレ151:2006/11/21(火) 02:33:02 ID:oAAV7F77
>>25
天皇はダイヤモンドではない、と言う件について。
あれだけ、神格化して持ち上げたのに、神風なんか吹かず、日本は神国でもなく、
ただの向こう見ずな独裁国家だったということ。
今の北朝鮮を同じく、国際社会のピエロ。

言ってみれば、天皇は消し炭。

31 :別スレ151:2006/11/21(火) 03:27:00 ID:oAAV7F77
768 名前:朝まで名無しさん 投稿日:2006/11/21(火) 03:18:47 ID:qOhz85qf
>>761
まあ、確かに日清・日露・第一次世界大戦なら日本が勝利した戦争だけど
全戦全勝とはなかなか行かない。負けるときも有るんだよ。


        ↑
   悪魔、としかいえない。

32 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 04:00:56 ID:6b04GozL
>>31
だったら先進国、現存の大国は全て悪魔だけどな、大日本帝国に限らず。
と、この視点を”常に”つけ加えなければならないんだよ、被洗脳クン

33 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 04:47:42 ID:+MZKz7RF
やっば、天皇崇拝ってカルトなんだな。
完全に確信犯。
782は怖い人間だな。

34 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 05:13:32 ID:6b04GozL
ヒトラーはやろうとしても出来なかったが、”人種絶滅”が植民地支配としては
最適な形だろう。「死人に口なし」で後世訴えられる恐れがないのだから。

それを最も完璧にやったのが、タスマニアにおけるアングロサクソン。
原住民を絶滅させた。他のオセアニアでもほぼ同じ事だ。
殺され過ぎたんで、訴え手がいない。


35 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 05:15:32 ID:uiSlc9TN
天皇制打倒、革命マンセー、共和国は地上の楽園とか言っている人って
朝鮮学校出身者ですかね?




36 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 05:19:15 ID:6b04GozL
アメリカ新大陸でも、ほぼ「死人に口なし」政策は奏効したんだろうな。

ひるがえって大日本帝国はどうかといえば、ただのセンチメンタリストw

37 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 05:20:23 ID:uiSlc9TN
天皇制廃止派がバチカン化とか民営化とかソフトなこと言っているけど
そんなの誰も信じてません。

天皇制廃止派は極左過激主義者ですから。
天皇制廃止後はフランス革命、ロシア革命よろしく全員処刑なんでしょ?
まぁ、最低でも国外追放ってことで。

まぁ、議会の多数派を取ったとしたら暴走するのは目に見えてますね。





38 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/11/21(火) 07:29:23 ID:wG/JcMz+
>>14
ええ、ちょっと寂しい....

39 ::2006/11/21(火) 08:26:58 ID:EUthteZk
天皇の権威の源泉を日本国憲法以前の歴史的経緯にも求める(万世一系に積極的価値を認める)族
│   ┌万世一系.神道的価値観を憲法上の「天皇」にも求める〜男系のみ認める
│   │       ◆復古派(憲法改正して天皇を名実共日本の中心に)
│   ┤       ◇懐古派(憲法解釈によって天皇を日本の中心と位置づける)←水戸脱藩浪士.土佐脱藩貴族.鹿爪
│   │
┤   └万世一系.神道的価値感は憲法上の「天皇」とは分離させる〜憲法上の「天皇」は女系も可
│           ◆下野派(現在の天皇制を廃止.下野して皇統を維持する)
│           ◇後南朝派(憲法上の天皇とは別の男系皇統を在野で維持する)←後小倉宮南朝親王

└天皇の権威の源泉を憲法にのみ求める(万世一系に積極的価値を認めない)族〜女系も可
    ┌実質的考察を行う(メリットデメリットを比較衡量し「国家機関」としての存在意義を検討)
    │    ┌○○的肯定派(メリットが勝る)
    │    │  ◇権力・権威分離説(独裁者の出現を防止)←tooo
    │    ┤  ◇その他
    │    │
    ┤    └狭義の廃止派(デメリットが勝る)
    │       ◆民主制阻害説(言論タブーが民主制を妨げる)←ろべP
    │       ◆暫定的廃止による天皇制の意義確認説←ガンダム
    │       ◆民主共和制説(民衆による民主主義実現を妨げる)←皇族無罪
    │       ◆秋葉系キモヲタ派コンテスト系←萌仁親王
    │       ◆天皇パンダ&ネクタイ論(単なる飾りだが無責任社会の象徴でもある)←(○´ー`○)はカワイイ
    │       ◆皇族の人権擁護説←S-RAM
    │       ◆税金の無駄説
    │       ◆その他←跳ね馬
    │
    └形式的考察のみ行う(憲法に書いてあるのだから容認する)
            ◇遵守派(よくわからないけど従う)←善良な大多数の国民
            ◇付和雷同派(よくわからないけど廃止派は憎い)←名無しのケチツケ房・チャチャ入れ

40 ::2006/11/21(火) 08:28:19 ID:EUthteZk
>>38
S-RAM氏、お久です。
また、がんがって下さい。

41 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 08:32:35 ID:PN8cdwLD
ついでに跳ね馬と翻訳家とGUNDAMも帰って来い

42 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 10:11:54 ID:NhKjAPP/
>>39
とっくの昔に消えたコテは消すべきでは?
ややこしいだけだ

43 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 13:06:26 ID:OdOUJ8zY
>>30
ああ、誤解なさらず。
>25私は別に、天皇が価値の高いものであるという意味で、ダイヤモンドと比較した
わけではないので。

まあ、価値評価の点でも、ある意味ではダイヤモンドかもしれないね。
ダイヤモンドは、ある人にとってはとても価値が高いが、別の人(私のような)にと
っては単なる炭素の塊でしかない。
天皇も・・・・

要するに、何が言いたいかというと、本当の炭にしようとすると大変なエネルギー
が必要だし、そうしたとしても殆どメリットもない。さてどうしたものか、という
存在だと。

44 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 13:27:25 ID:NhKjAPP/
>>43
ダイヤモンドは工業的にも研磨や切削など多くのことに利用されているわけで
あなたの生活必需品を製造するに当たっても不可欠な鉱物であるわけですが?

45 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 13:28:47 ID:NhKjAPP/
つまり、一見不必要に思えても、日本人にとって実は見えない部分で必要不可欠だったりするわけですね。天皇も。


46 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 14:29:25 ID:OdOUJ8zY
たとえ話につまらない揚げ足とりをされても、答えようがありません。
生産的でもありません。時間の無駄です。

47 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 14:38:58 ID:NhKjAPP/
>>46
私のも一見必要のなさそうに見えるものでも実は必要であったりする事を
ダイヤモンドを例にとった例え話ですが?

ダイヤモンドが本当にあなたにとって不必要なのかどうかを再検証してください。

48 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 16:08:10 ID:OdOUJ8zY
時間の無駄を強要しないでください。
あるいは、強要するのならば、強要することができる権能の根拠を示してください。

それともあなたをゴミに例えるたとえ話でも始めましょうか?


49 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 16:31:06 ID:NhKjAPP/
>>48
あなたはゴミですね

50 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 16:43:18 ID:OdOUJ8zY
「他人をゴミ呼ばわり。これが天皇教信者の正体です。」
と言われないように、気をつけられたほうがよろしい。

51 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 16:47:50 ID:NhKjAPP/
>>50
たとえ話につまらない揚げ足とりをされても、答えようがありません。
生産的でもありません。時間の無駄です。


52 :別スレ151:2006/11/21(火) 17:35:18 ID:oAAV7F77
>あなたはゴミですね
いかにも、天皇教・神道らしい。
信者の標準仕様といえる。

53 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 18:29:30 ID:cJ7g/xU5
>>45
で、俺は必要不可欠だと思っているから
天皇や皇族の一個人としての人権など省みず
利用してやるんだ ですか

実に手前勝手なお話だね

54 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 18:43:51 ID:NhKjAPP/
と、今日も暴走を始めるパラノイア群であった・・・・

55 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 18:49:02 ID:NhKjAPP/
わたしは
「ダイヤモンドは自分にとって必要ない」という前提で持論を展開したOdOUJ8zYに対して、
「一見不要に見えても実はダイヤモンドはあなたの生活にとっても必要不可欠な鉱物ですよ」
と反論し、前提が壊れている以上、あなたの理論は論拠を失うから、
「ダイヤモンドが本当にあなたにとって不必要なのかどうかを再検証してください。 」
と問題提起を行っただけですが?

なぜ天皇狂徒というレッテルを貼られねばならないのでしょうか?

56 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/11/21(火) 20:19:01 ID:wG/JcMz+
>>55
天皇家に生まれた人間を、他の人間と違うと感じるその心根が既に宗教クサイから。

>>1
遅れました、乙でつ。

57 :別スレ151:2006/11/21(火) 20:31:58 ID:oAAV7F77
>>55
天皇=ダイアと言う例えじゃないのか?
禅問答なら別板へ行け。

>なぜ天皇狂徒というレッテルを貼られねばならないのでしょうか?
>>49のようなことを書いておいて、白々しい。



58 :朝まで名無しさん:2006/11/21(火) 20:45:09 ID:2O6QPXXU
政治に何の権限もないのだから総理大臣の任命を天皇がする必要はないと思うのだが。
記者会見もお決まりの質疑応答だし、人間味や個性、意志を感じないから国民の心は離れているのではないか。          被災地訪問の時などは、いてくれてよかったと思うのだけれど。

59 :別スレ151:2006/11/22(水) 00:01:43 ID:HwGaEzBm
>>58
天皇という実権を持たない飾りに、何かを言わせるということは、
「言わせてる本体」は表に出ないで済む。
失敗があっても、「飾りのやったことだから、飾りに責任を負わせるのは可哀想」といって、
責任を取らない。
無論、「言わせた本体」も責任を取らない。
これは、維新のとき、プロシア絶対王制を参考に伊藤博文が「自分たち、維新の元勲が実権を握り、
かつ宗教的に神格化され天皇を表に立たせることで、政治的・宗教的に西洋に対抗できる。」

ところが伊藤の考えた天皇制は、神格化したことで暴走を始める。
カミである天皇に責任追及なんて、もってのほか。
ボケッと、していた国民が悪い、間抜け、とか天皇教に言われてしまう。

60 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 00:29:46 ID:HollkwiI
>責任を取らない。
えーと、自らの死等をもって責任を取らなかった戦前の日本の戦争指導者の名を
挙げてくれんか。
ナチスの指導者の一部は逃亡したんだが。
そりゃそうだよ、リンチで裁かれるんだからな。
でも日本の指導者はそこは潔く責任?とって死んでいった。


61 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 00:59:01 ID:HwGaEzBm
>>60
死ぬと責任を全うしたことになるのかな?
しかも、何で死んだか。 破滅した国民に対してか?
丸焼けで焦土と化した国土に対してか?
違うだろう。
皇軍を任されていたのに、勝てなかった責任を「天皇に対して」または「自分のプライド」「生きて虜囚の辱めを受けず」
というモノではなかったか。

そんな「逃げ」は指導者として、現代のわれわれからすれば責任を全うしたなどと評価は出来ない。
極東裁判で死刑になった廣田元首相の遺族は、靖国神社に勝手に祀られて迷惑だ、
廣田の犯した行為は結果的に国民に対して背信であったと考えている、と明言している。

62 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/11/22(水) 01:05:39 ID:JvCS8b2m
昭和天皇も、それ以前の天皇も、今上天皇もそして、今後の天皇、その他の皇族もただの人に過ぎない。
人は自分の命が惜しいもの、他の何よりもね。

彼等になにかしら特別なものを求めるのは間違いであり、彼等を国民として迎えるのが正しい。

63 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 02:35:26 ID:HollkwiI
>>61
処刑や自害は「責任を取らない」ことになるのかな?
そっちの言い分でそのようだったからレスしたまで。まっとうとはいわないが
死を超えるまっとうは物理的に思いつかないしね。

死んだ後でも罵倒を思う存分浴びせてるだろ、チミらがw

64 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 02:44:31 ID:HwGaEzBm
大阪の小学校での児童殺人事件でも、犯人は悔恨の情も、遺族・被害者への謝罪の様子も見せることもなく、
呪詛の言葉を吐いて死刑になった。
これで、遺族・被害者は犯人は死んだから許してやれ、といわれて納得できるだろうか。

麻原某も然り。 何も真実も語ることも謝罪をした訳でもなく、ただ死ぬ(だろう)、ということだけ。
これで、被害者・遺族は許してやれ、といわれて納得できるか。

神道が人の道を大切にする宗教なら、なぜ宗教の立場から過去の過ちに対しての反省の言葉が無いのか。
過ちそのものを否定し、過去を賛美しても、神道以外の人の理解も共感も得られない。


65 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 02:52:40 ID:HollkwiI
それは答えは決まっている。
戦前の日本のなした行為は、宅間や麻原やアウシュビッツや原爆投下ような「犯罪」
ではないからだよ。
殺人といった絶対悪=完璧な過ち、じゃないことを、多くの人が知っているから。
相対悪だな、どの国も行ったような。

66 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 02:54:30 ID:HollkwiI
国際法にのっとって通常の戦争を行っただけですが、何か?ってとこ。


67 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 03:15:22 ID:HwGaEzBm
日本政府は村山首相談話、河野官房長官談話で「太平洋・日中戦争は誤りと認め、深く反省」としている。
小泉、安倍首相とも、それを受け継ぐと明言している。

68 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 03:35:54 ID:HollkwiI
>>67
まさに中間管理職の悲哀だね、日本はw
下からは突き上げられ、かといって悪の本丸な上司には立てつけず。
企業犯罪が発覚した際に、真っ先に責任とって詰め腹切らされる
人のいい課長や社長室長のパターンだよ。
確かに、企業犯罪の手先であったことは間違いないから。

だがそれをカサにかかって叩く、課長の息子ってのもおかしい気がするが。
人の良さ、ナイーブさが遺伝しちゃったんだろうね。

69 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/11/22(水) 03:39:00 ID:AnP1vuyB
A級戦犯に他国の国民が責任を問うのは、被害者意識からして当然のことでしかない。

加えて、日本国民もまた軍国主義の被害者であると考える中国とか、
毅然として立派な態度と感心もさせられる。

しかし、日本国民でありながら戦中の、しかも歴史的経緯を捨象してまで
責任を問い始めるというのは、どのような自虐感がもたらす作用なのだろう?

日本史を知るものなら、よくご存じなように、勅令さえ天皇自身の発意からのものではない。
1926年に始まる金融恐慌に対処するため、
台湾銀行救済(鈴木商店の全負債の8割に相当する3億5千万の貸出があった。
 他の財閥が銀行を有していたのに比べ、鈴木商店は台湾銀行に依存していた)の方針を打ち出し、
政府による救済融資(ただし2億円を限度とする方針)を緊急勅令の形式で出そうとした政府に、
待ったをかけたのが時の枢密院(伊藤巳代治が反対の急先鋒)だった。
つまり、政府と日銀の支持する勅令案は否決された。
ここから金融恐慌は全国に波及する。
http://www.e.u-tokyo.ac.jp/~takeda/gyoseki/GAKU00-07.htm
 現代日本経済史 7    武田晴人)

その勅令は、いま政令となって行使されている。
内閣が制定し、国務大臣と総理大臣が連署しながら天皇が公布するという形式。

70 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 07:45:19 ID:K6nlALAQ
>>68
中間管理職の悲哀といえば、
現在の日本のサラリーマンに対して、
残業代を払わないという方向になろうとして居るね。
一人120万円程度の金が払われなくなるらしい。

71 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 10:07:17 ID:c3QDeIzv
>>69
>歴史的経緯を捨象して
軍人であり軍の最高指揮官であった大元帥である天皇
という実像をキレイさっぱり無視するような子にそれを言う資格はなかろうな

事実を事実として解する事を自虐だと言う側こそが
その事実を恥だと思っているって事だろうに

72 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 10:18:12 ID:91DfpjZk
>>67
だから駄目なんじゃん

73 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 10:27:51 ID:c3QDeIzv
>>72
小泉時代の右派の表だった主張は
日本は充分反省謝罪もしている、更なる謝罪は不必要だってものだった
日本は侵略などしていない、大東亜戦争は聖戦だったと言いたい
村山談話など認めないという本音は控えめだったのだが

安倍になっても、期待していた村山談話は反古にされず
これが日本政府の公式見解であると再確認されてしまった右派は
それまでの更なる謝罪は不必要だ云々をかなぐり捨てて
反省も謝罪も必要ないといった歴史修正主義丸出しの主張を展開しているんですが

こーいう一般認識から明らかに乖離した後退的馬鹿論を言い出すはめになった理由は
安倍が思ったような言動をしてくれない焦りなの?



74 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 10:38:28 ID:91DfpjZk
日本の戦争が誤りだというのなら、アメリカの戦争は正しかったのか?
戦争に「誤った」戦争も「正しい」戦争も無いのであり、所詮人殺しの所作である。
「誤った戦争をしました」などと謝罪した国は世界史を紐解いても日本をおいて他には無い。
何故なら戦争の誤りを認めるという事は、どれほどの国益を損失するか計り知れないからである。

その様な世界に類稀なる愚かな外交を行う無能な政府を「駄目」と言っているのである。




75 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 10:44:18 ID:c3QDeIzv
>>74
日本が戦争へ至ったのは、明らかに愚かな決断だった
で、それとアメリカの戦争の正邪がどう関わると言うんだ?

かつての愚かな決断の結果を認識できない者は
結果責任を負うべき為政者側に立ってはならない
というお話だよ

76 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 10:47:49 ID:91DfpjZk
>>75
愚かさを認識し、内省するのは勝手だが、
それを政府見解として世界に好評する愚かな政府は古今東西を見渡しても
唯一「日本」だけであるという事を言っているだけだが?


77 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 10:50:02 ID:91DfpjZk
>>75
さらに、「日本が戦争へ至ったのは、明らかに愚かな決断だった 」
などと君は勝手に決め付けているが、そうではなかったという意見も現在では多数存在している。

君の主観をごり押ししてその後の論理展開を行うのはいかがなものか?

78 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 10:50:57 ID:c3QDeIzv
>>76
あれは愚かさ故であった、今は違う
と世界にアピールする事は極めて国益に適うだろうに

あれは愚かでは無かった、正しかった聖戦だったなどと言い出す事こそ
未だ変わらぬ日本と印象付ける最低のアピールでしょ

79 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 10:53:00 ID:c3QDeIzv
>>77
>そうではなかったという意見
昔からいたよ、愚かな決断では無かったなどと
自国民300万人からの犠牲を省みない馬鹿な歴史修正主義者はね

今語られている侵略では無かった、聖戦だった論など
古典中の古典なんだよ

80 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 10:53:14 ID:91DfpjZk
>>78
「聖戦だった」というのがグローバルスタンダードなんですが?

ようするにあなたは日本以外の国は最低のアピールをしていると考えているわけですか?

81 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 10:54:29 ID:91DfpjZk
>>79
古典だからなんなんでしょう?

あなたのように自分と異なる考え方を「馬鹿」と切り捨てるのは
民主主義の思想に反しますね。

82 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 10:57:32 ID:c3QDeIzv
>>80
戦争をはじめる時は、誰もが正義は我にと言うさね

で、結果聖戦では無かった事が明らかになった訳で
自国民さえ謀って、死ななくてもいい国民を死地に追いやった事を省みず
スローガンが正しかったから正しかったのだとか主張する訳か?

83 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:00:48 ID:c3QDeIzv
>>81
村山談話で死に体になった主張だもの、今更新しいもののように語るってのは
よほどの物知らずだという指摘だよ

更なる謝罪は不要論は、それでも現実に受け入れて貰いやすいものだったのに
今更、歴史修正主義丸出しの回帰論語って何を目指しているのか
知りたいのはこちらの方だよw

84 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:01:16 ID:91DfpjZk
>>82
意味がわかりません。

死ななくてもいい国民を死地に追いやった?
それが戦争じゃないですか?
死んでもいい国民なんて居るんですか?


85 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:03:49 ID:c3QDeIzv
>>84
本来、死ななくて良い国民だった
愚かな決断の結果、戦争となり亡くなっていった

で、その戦争は聖戦で正しかったとか言いたい馬鹿が
右派に居るって話だよ

86 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:04:11 ID:91DfpjZk
>>83
あなたの結論とは違っているのは仕方が無い。
しかし反対意見も尊重し、時にはその意見に従う。
それが民主主義です。
私もそうしています。
あなたのように、「馬鹿」と切り捨てるのは民主主義の否定です。

87 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:06:01 ID:c3QDeIzv
>>86
歴史を省みる事の出来ない、歴史に学べない者の意見の拝聴する謂われはない

そーいう愚かしい意見に引きずられた結果が
先の大戦でもあったのだからね

88 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:07:53 ID:91DfpjZk
>>85
だから死んでも良い国民とは誰ですか?
アメリカ兵の戦死者はみんな死んでも良い国民だったのですか?


89 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:08:14 ID:c3QDeIzv
>>86
つーか、馬鹿てのは、物知らずであり不勉強な輩とか指摘するより
まだ愛嬌のある指摘だと思っているんだがねぇ

90 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:09:15 ID:c3QDeIzv
>>88
いねーよ
なのに、死ぬと解って愚かな決断をしたのがかつての大日本帝国であり日本軍

91 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:10:47 ID:91DfpjZk
>>90
戦争を行った国は全て「愚か」という結論ですね?

92 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:13:25 ID:91DfpjZk
>>89
なるほど。
自己満足ってすばらしいですね。

しかし、反論が「解らないのは馬鹿だから」では、論旨に説得力がありませんね。
馬鹿にでも言える台詞ですから。

93 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:16:04 ID:c3QDeIzv
>>91
第一次世界大戦以降、戦争が総力戦という形になってから
外交問題の解決手段としての戦争は
最低の愚かな決断の結果としか言えまいなぁ

94 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:17:51 ID:c3QDeIzv
>>92
俺基準だからね
あんたが馬鹿という悪口にどうしても耐えられないと言うなら
物知らずであり不勉強な輩と言い換えてやるよ

で、解る解らない以前の単なる知識不足っつーレベルでしょうに

95 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:28:09 ID:K6nlALAQ
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1164013616/342

哲学的に考えると、
天皇制強化の方向へ向かうらしい。

96 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:37:58 ID:zHQkXzl/
>>69
A級戦犯の責任を追及する態度を自虐と解釈するのはどういう作用なのか。まずそれ
を自らに問い直しては。

中国政府は、日本国民もまた被害者だと指摘しているが、これは当時の日本国民の
話。
このこととは別に、現日本国民は、戦争の間接被害者です。なぜなら、当時の指導者
層の犯した誤りのために、直接には戦争と関係しない現日本国民が様々なフェーズで
迷惑を被っているからです。間接的な被害を被った者が、その加害者の責任を問う
のは、当然のことでしょう。

当時の日本国民にも加害性は否定できないが、だからといってその子孫までもが
犯罪者扱いされてはたまらない。我々は潔白です。


それと、勅令が天皇の発意でなかったことを証明して、それが何になる?
当時の指導者層(その一部はA級戦犯)の犯罪性の傍証になるに過ぎないでしょう。


97 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:39:56 ID:uHON0O6o
ここにも「戦争は愚かな判断」一点張りのアホサヨがいるな

98 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:51:23 ID:c3QDeIzv
>>97
国民300万人からの犠牲は省みる必要はないとでも言い出すつもりか?

愚かな決断であった事は、その膨大な犠牲をもって歴史が証明しているよ

99 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:52:43 ID:zHQkXzl/
ここにも「愚かな判断即アホサヨ」一点張りの低脳がいるな

判断が愚かだったか以前に、現実問題として間接的な被害を受けている。被害者が
いれば、加害者がいたはずだという推定は、当然の帰結でしょうに。

100 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 11:56:39 ID:uHON0O6o
当時の状況も考慮せず、戦争に至った経緯も考慮せず、
一部の人間を安易に加害者認定する事で、自分は善人だと思い込む偽善者。

それがアホサヨのアホサヨたるゆえん


101 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:08:37 ID:c3QDeIzv
>>100
当時ですら負けると解っていたし
開戦に反対し続けたものもいた

で、あの戦争が侵略では無かった、聖戦だったとか言いたい馬鹿を除く一般国民は
あの戦争へ雪崩れていった民衆の愚かさを自覚しているし
それが我が身にも起こりうる事だと理解しているからこその
9条の堅持意識でしょうに

102 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:11:07 ID:hkT85YpC
>>98
どの戦争にも犠牲者はいる。
だから全ての戦争は愚かであるという一般論ですかね?
そのなかでも大東亜戦争が特に愚かとは言えないよ。


103 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:15:45 ID:c3QDeIzv
>>102
ID変わってるようだがID:91DfpjZkなのか?
>>93
特に愚かでなかったら、愚かと指摘するべきではない
つーよな話を持ち出す気じゃなよな?w

104 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:16:23 ID:uHON0O6o
>>101

偽善者死ねとしか言いようが無い。

未だに9条とか馬鹿じゃねえの?
「戦争イヤイヤ」で戦争回避できたら世話ねーんだよ。低能

105 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:20:15 ID:c3QDeIzv
>>104
戦争イヤイヤで回避するべく万難の努力をしろって話は基本中の基本だろうに

第二次世界大戦から後、戦争に勝者は存在しなくなった
戦争に至ってしまったら、犠牲を払うのは国民だからね

106 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:20:38 ID:91DfpjZk
>>101
負ける戦争を愚かというよりも、必ず勝つと解っている戦争を仕掛ける強国のほうがよっぽど愚かな野蛮国ではないですか?

必ず勝つ程の圧倒的な軍事力の差があるのなら、
それを背景に優位に外交を進める事が可能であり、
敵国に最大限の譲歩を引き出すことも可能である。
平和を愛する文明国であるならば、戦争を回避する為に自分もある程度譲歩もするべきでしょう。

なのに安易に戦争を始めて軍事力で相手を制圧するなど
まさしく平和に対する罪であり、人道に対する罪と言えるでしょう。


107 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:22:47 ID:c3QDeIzv
>>105追記
戦争はその大義などに関わりなく、決断した時点で負けなのだと
日本国民はその膨大な犠牲により
世界のどの国より早く学んだとも言えるだろうね


108 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:26:45 ID:c3QDeIzv
>>106
>必ず勝つと解っている戦争を仕掛ける強国
アメリカの対イラク戦争の事なら、その通りだろうな

>戦争を回避する為に自分もある程度譲歩もするべき
譲歩を期待してやりたい放題やっていいなんて話にならない事も
北朝鮮が日々証明中

で、太平洋戦争の事を言いたいなら
真珠湾に奇襲を仕掛けて戦争の火蓋を切ったのは日本側
でもってそれは、アメリカが譲歩してくんなかったからだとか言い出すのは
現在の北朝鮮と同様の単なる甘えだよね

109 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:28:00 ID:91DfpjZk
>>105
第二次大戦後、日本は一発の銃弾も発していない。
これこそが反省の体言ではないですか?

朝鮮戦争、ベトナム戦争、中東戦争、湾岸戦争、イラク戦争・・・・・
共産党国家の大量内部粛清、チベット侵略

反省するべきなのはどこの国なんでしょうかね?

110 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:29:21 ID:c3QDeIzv
>>109
>反省の体言
9条があったからね

111 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:30:52 ID:91DfpjZk
典型的過ぎる左翼思想ですね。

もう何もいう事は無いでしょう。

112 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:31:14 ID:zHQkXzl/
>>100
偽 善 者 ではない。
字も読めないのかな?
被 害 者 だと言っている。間接的な被害を被っている。

では加害者は誰か、ということだ。善だの悪だのいう問題は、少なくとも私
は提起していません。

113 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:34:23 ID:c3QDeIzv
>>111
反省の体言と言い出したのはそちら

で、朝鮮戦争でも実際は隠された犠牲者が居たように
9条が無ければ日本はとっくに
アメリカの主張する正義の戦争とやらに巻き込まれていた事も明白

こーいった事柄も知らない「物知らずであり不勉強な輩」の分際で
論に詰まればサヨで逃避ってのは頂けないねぇ

114 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:34:42 ID:zHQkXzl/
>>106
これはある程度、その通り。
必勝の軍事力があるならば、それを背景として、より巧妙な外交を展開して
欲しい。

ただし、その一方で、このことは肝に銘じておこう。
他者の愚かさをいくら指摘したところで、自らの愚かさを糊塗することは
できないのだ。
他国の愚かさは他国のもの。自国の愚かさは自国のもの。ごく当たり前な
議論。

115 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:37:38 ID:c3QDeIzv
>>112
善悪を言い出しているのは他ならぬID:uHON0O6oだからね

で、こちらは善悪など言ってもいないのに
ID:uHON0O6oとかの戦争を善悪で語るな論を勝手に語り始めるってパターンは
どこの論の借り物なんだろうね

116 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:39:25 ID:hkT85YpC
象徴天皇制になってからは、日本は戦争をしていない。
この事実から、天皇がいたら戦争になるというのは完全に否定される。

逆に、共和制のアメリカが頻繁に戦争をしている。
政体と戦争は関係ないかもしれないな。


117 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/22(水) 12:41:42 ID:BCA4pYuv
>この事実から、天皇がいたら戦争になるというのは完全に否定される。
天皇を政治的に利用できないよ〜に憲法で封じ込めてるからだろ。
天皇がいるかいないかではなく、政治利用出来るかできないかが問題。


118 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:46:19 ID:91DfpjZk
>>117
やっぱカワイイさんが居ましたかw

一匹居たら三匹は居ると思った方が良い

119 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:50:28 ID:c3QDeIzv
>>117
すまんなぁ、>>118こんなのしかかかってなかったんだが
久方ぶりなんで相手しちまって、スレを動かしてしまったよw

120 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:55:36 ID:zHQkXzl/
>>115
借り物なんだろうね。どこからの借り物かは分からないが。
借り物だから、相手の議論に応じた議論ができない。彼の借り物には、「相手は偽善者」
としか書いてないから、それ以外の反応はできないんだろうね。

>>117
だからといって憲法があるから戦争が起こらないのだなどという、お花畑の議論に
は与することはできないけども。

大事なことは、理想的な完全無欠な社会制度など、どこまでいっても作りえない。
そんなものは存在しない。そのことを認識して、常に過去の反省にたってよりマシ
な方向へ社会を運営していこうという意思を持つことだ。

反省をしない輩は、常に社会の毒です。

121 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 12:57:14 ID:91DfpjZk
>>120
>>76

122 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/22(水) 12:57:36 ID:BCA4pYuv
>>119
まあ、仕方ないわな。
余り程度の良いのが釣れないのはいつものことw


123 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 13:02:10 ID:uHON0O6o
戦後教育の被害者の会みたいなスレになってきたなw

124 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 13:06:01 ID:uHON0O6o
>>112

お前は被害者ズラした偽善者だって言ってんだよ。読解力ねえな。


125 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 13:14:17 ID:viRsTxmv
九条信者やら、したり顔で「戦争指導者」を糾弾するエセ平和主義者かW
サヨにはろくな奴がいないなW

126 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 13:41:07 ID:c3QDeIzv
>>123
>戦後教育の
物知らず不勉強の輩の分際で教育云々とか言い出さないでくれ

つーか、日本の近現代史をマトモに学ばせる気のなかった文部科学省にこそ
ID:uHON0O6oは、こんな馬鹿になってしまった僕ら被害者をどうしてくれる
と文句を言うべきだろうな

127 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 13:52:39 ID:uHON0O6o
>>126

君さ、知ったかぶって賢しげなこと言ってるつもりだろうが
所詮9条信者、すなわち善人ぶって何も分かってない人種だよな。
自分が物知りだと勘違いしているので更にイタイw



128 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 14:12:04 ID:K6nlALAQ
>>101
>9条の堅持意識でしょうに

憲法9条は、
吉田首相もマッカーサーも、
後になって日本は再軍備するべきだという認識で一致している。
左翼の憲法9条堅持論は、
中国や北朝鮮や韓国を利する考えである。


129 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 14:13:40 ID:K6nlALAQ
天皇制廃止と憲法9条は関係ない。
憲法9条は、改正して自衛権発動のための軍事力行使を容認するべきであって、
それと天皇制や愛国心とかは全く無関係。
フランスを見れば判る。

130 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/22(水) 14:23:35 ID:csn0JJcO
>>128
それはだいぶ史実と違うな。
吉田は朝鮮戦争の際アメからの再軍備要請を憲法九条を盾に断ってる。
彼の思惑は軍備に金を掛けずに日本が復興するコトを最優先し、
経済活動に注力するとゆ〜モノだ。それに天皇維持のために軍備を放棄しても
良いと言い出したのは日本側だとの公文書も発見されているはず。


131 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 14:25:14 ID:K6nlALAQ
>>130
そうなんだ、このあいだNHKの、
フィルムでは吉田はアメリカの誰か忘れたけど、
再軍備を要請されたらしいが、
なんで日本はイタリアのように天皇制を廃止できなかったのかな。

132 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 14:26:41 ID:zHQkXzl/
>>124
読解力というのは、文字通り読み解く能力という意味であって、君の頭の中
を覗き見るエスパー能力のことではない。わかるね?
読む対象にそれだけの内容が無ければ、解することはできない。
これもわかるね?

>>100の文章の中に、偽善者の偽善者たる理由がかかれているか?
偽善者というからには、善を偽していなければいけない。
私の発言のどこに善を偽した部分がある?
純粋に、間接的被害者だとしか言っていない。また加害者が悪だとも言って
いない。

 犠牲者≠偽善者 加害者≠悪者

わかるね?たとえば自動車事故の加害者が必ずしも悪人とは限らない。
それでも責任は取らねばならない。わかろうね?

133 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 14:30:33 ID:zHQkXzl/
>>130
ちょっと違わないか?
再軍備してもよいという腹案を吉田の側から言い出したという機密書類の
ことじゃなかったか?
何かの見返りにという話だったような気はするが、今ちょっと思い出せない。

武装解除はごく普通のことでしょう。天皇制維持とはあまり関係が無い
ような・・・

134 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/22(水) 14:35:05 ID:csn0JJcO
>>131
>なんで日本はイタリアのように天皇制を廃止できなかったのかな。
イタリアの場合、ムッソリーニを排斥すれば良かった実情もあるし
元々中小国をイタリア一国にまとめたとゆ〜歴史的経緯もある。
国王のプライオリティは当時の天皇に比べればそれ程高くはなかった。

>>133
その妥協策が「警察予備隊」(今の自衛隊)なんだよ。


135 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 14:41:02 ID:91DfpjZk
9条堅持とか言っているなら自衛隊廃止も主張しなきゃおかしくない?

136 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 14:57:50 ID:uHON0O6o
>>132

まだいたの?
c3QDeIzvのアホが、俺が「戦争を善悪で語るな論を勝手に語ってる」
なんて読解力の無いことを言い出したのが始まりだろが。



「加害者=戦争指導者」と言う図式から抜け出せない
アホなお前ら=偽善者だと言ってるんだよ。
平和(笑)のために浅はかな加害者認定して憚らないアホは偽善者と言われても仕方ないんだよ

自覚の無い偽善者ほどたちの悪いモンはないなw
9条信者は何言っても理解できないから言ってもしょうがないけどな

137 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:00:38 ID:zHQkXzl/
>>134
いやだから、
>吉田首相もマッカーサーも、
>後になって日本は再軍備するべきだという認識で一致している。
ということの反論になってないよということで。

9条については、正直、あまりデキがよくないので、右も左も文句を言えないよう
に改正したほうがよいかもしれない。
パンドラの箱を開けるようなことになってしまうかもしれないが。
デキの悪い憲法を堅持しようとすると誤りを犯すということは、戦前の日本が身を
もって証明したしね。

138 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:06:25 ID:zHQkXzl/
>>136
始まりのことなど、知らん。私には関係がない。
私の議論とも関係がない。

私は偽善などひとつも語っていない。平和がどうのということも、一言も語っていない。
そのうえで、私の議論の出発点を申し上げる。

現日本国民は、戦争の間接被害者である。

被害者が加害者の責任を問うのは当然のこと。

139 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:09:19 ID:K6nlALAQ
>>137
戦前の憲法も欠陥品だったけど、
軍部や官僚には江戸幕府時代の人なども、
かなり参加していたので、
それなりの軍事的統制官僚の規範などが取れていたようだね。
教育ではいえば戦後の無責任官僚とかたや売国的日教組という構図とは違ってた。

戦後の高級官僚が、
宮○某氏などのような軍隊にいけなかった病弱な人が、
メインになって戦後の日本を作ったという経緯はある。
戦争にいけるのは甲種合格というような、
健康と頭の良い人じゃないと士官学校とか兵学校には行けなかった。
それに適合しなかったある意味病弱な人が、
戦後の高級官僚だった経緯はある。

140 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:12:43 ID:c3QDeIzv
>>127
俺は
自衛のための戦争などと美辞麗句並べてもやることは侵略戦争と変わらない
相手国の市街地で民間人の殺戮を行う事態となり果てるのも
日々、アメリカがイラクにて証明中なのだから
戦争の現実を想定する事すらできない小僧どもに
お為ごかしの美辞麗句ではなく「戦争のやれる国になる」とはどういう事なのか
事実と実態、それに伴って想定されるであろう世界情勢の変容と
経済問題など、生じるであろう局面とその結果を示してやった上で
それでも「戦争のやれる国になる」と国民が選ぶのなら
それを止めだてする気は無いと何度も言っているんだがね

141 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:14:33 ID:uHON0O6o
>>138
お前が、何かを誰かのせいにして被害者ぶりたい奴だってことは分かった。


しょーもない奴だ


142 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:17:25 ID:91DfpjZk
>>140
だから、君は自衛隊廃止論を主張するわけだよね?


143 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:17:28 ID:c3QDeIzv
>>136
善悪を言い出したのはオマイだよな?w

で、一部の馬鹿を除く一般国民は戦争の愚かさとそれがもたらす悲惨と
そして己を含めて流されて行きやすい国民だって事を理解しているとも指摘した
戦争のなんたるかを知りもしない、想定も出来ない小僧の
9条信者で言い逃れたつもりになる浅薄さに、むしろ悲しみすら覚えるよ

144 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:17:43 ID:zHQkXzl/
>>141
被害者だから加害者の責任を問うべき ということと、
加害者を設定するから被害者になる ということとは、
全く別物なのだが。

君がこの違いを理解できない大○○者であることは、よく分かった。

145 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:18:36 ID:c3QDeIzv
>>142
どこをどー読めばそーいう理解になるんだ?
俺のはむしろ主戦論に近いんだぜ

146 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:18:50 ID:91DfpjZk
>>138
>現日本国民は、戦争の間接被害者である。

意味がわからんな。
戦争の当事者ならともかく、
戦争を知らない世代がこれほどの日本の豊かさや安全な社会を享受して
なぜ「被害者」といえるのだろうか?

147 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:19:14 ID:uHON0O6o
>>140

「戦争もやれない国」は戦略されたらどう対処するんですか?

9条信者はアホな答えしかできまい。

148 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:20:52 ID:uHON0O6o
>>143

俺がいつ戦争を善悪で語ったか示せよ。
それができるまでお前は檻から出るな。アホが



149 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:23:25 ID:91DfpjZk
>>145
>>110
9条があったから日本は戦争しなかったというのなら、
自衛隊は金のムダだろう。
廃止を主張しなきゃおかしい。

150 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:23:39 ID:c3QDeIzv
>>147
侵略されないように万難を排しましょう
基本中の基本だよ

で、相手を9条信者という連中に限って
侵略されたらという想定しか語らないのは何故なんだ?
現実に自衛の名の下、アメリカがやらかしている戦争や
北朝鮮のミサイル発射を軍事力で止めさせようとするなら
取れる手段は北朝鮮への軍事侵攻しかないと事実には目をつぶり
小ぎれいなお為ごかしを語っている夢想家はオマイさんの方だろうに

151 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:23:58 ID:uHON0O6o
>>144

初めに言っとくけど、お前と戦争指導者は、被害者と加害者の関係でもなんでもないから。
勝手に被害者に収まろうとしてるお前のアホさ加減を指摘してやったまでよ。
見当違いの反論で恥を晒すなよw

152 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:24:12 ID:hkT85YpC
戦争を主導した軍部がすべて悪い、日本国民は戦争被害者で悪くない、
というのはアメリカや中国が日本を分断・弱体化する目的で吹聴した
プロパガンダなんだがな。
それが日教組に受け継がれて戦後の歴史教育を自虐的にしたんだよ。
いまだに洗脳が解けていない人がいるんだな。


153 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:25:07 ID:uHON0O6o
>>150
Q「戦争もやれない国」は戦略されたらどう対処するんですか?

A侵略されないように万難を排しましょう

答えになってない。お前本物のアホだなw

154 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:25:45 ID:HwGaEzBm
天皇を元首、君主と呼ぶのは皇室外交、と同じ文脈。
象徴では飽き足らず、未だに戦前の国体が継続していると思いたい人々が、
少しでも「国家の統治権」にタッチしている、と言う「事実」を作りたいことから来ている。

しかし、日本が法治国家であり、元首・君主という制度が憲法上予定されておらず、
さらに憲法第1条が天皇が象徴であるという意味を強調するというより、
むしろ象徴以外であってはならない積極的に禁止する趣旨である(芦部信喜)、
と見られる以上、天皇が元首・君主と公的に呼ばれる余地は全くない。



155 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:27:18 ID:hkT85YpC
実態は、日本国民の大部分が戦争待望だったんだよ。
まず正しい事実の確認からした方がいい。
間違った前提からは、間違った結論しか導けないだろ。


156 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:28:13 ID:c3QDeIzv
>>153
設問自体が誤っているってだけの話だよ

157 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:29:47 ID:c3QDeIzv
>>152 >>155
それって、既にさんざ指摘している事なんだがな

158 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:30:50 ID:uHON0O6o
>>156

ほー、最近のアホサヨはこう開き直ってるのかw
バカジャネーノ?

イラクもチベットも、戦争回避の努力を怠った結果だから、仕方が無いというんだな?
なに?ちがう?とんだダブスタだなw

ま、お前はその前に>>148

159 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:31:41 ID:91DfpjZk
>侵略されないように万難を排しましょう
>基本中の基本だよ

そんな事が可能なら、世界中から軍事力なんて要らなくなるね
是非方法を教えて欲しい。



160 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:32:16 ID:91DfpjZk
たぶん想像すればいいんだろうな。
国境の無い世界をw

161 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:32:33 ID:uHON0O6o
ハハハ

162 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:35:03 ID:K6nlALAQ
>>152
自虐かどうかわからないが、
戦前の軍部が悪くて、
日本的精神がすべて悪いという自虐教育を、
日教組とマスコミが推進したのは本当だね。
戦後のマスコミや映画の背後には左翼系の人が多い。
とはいえ保守派というか民族主義の芸術家や文化人は、
三島由紀夫とほんの少数しか居なかったのも事実。
戦前の芸術関係者が、
戦争に間接的に加担したとされて、
ドイツなどのように優秀な芸術家が干されたのかも?

163 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:35:44 ID:zHQkXzl/
>>146
戦争を知らない世代だから「間接的」。
戦争の爪あととして、外交上の制約を受け、被害国の国民から未だに悪意を持たれ
るなどの、デメリットを被っている。このことが「被害」。
ゆえに、「間接被害者」。

>>151
間接被害者であることは間違いない。この場合、加害者は誰かということだ。
自然災害でもあるまいし、被害者だけがあって加害者がいないなどということは
ないでしょう。

それと注意しておきたいが、他人をいくら愚弄しても、自らの価値が向上するわけ
でも、自らの愚かさが糊塗できるわけでもない。当然の理。

164 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:35:50 ID:HwGaEzBm
このスレでも、やたら天皇マンセーサイドが国防、戦争にこだわるのは、
簡単に言って、未だに「日本の国体は天皇サマのもの。おれたち、臣民はいざとなったら天皇、お国のため命を投げ出せ!」
と、考えているから。

「自分、家族、近しいヒトのため、生きろ!、いざとなったら国家も、社会も守ってくれない。」
という地点から語る必要がある。
自民党は「自分の尻は自分で拭け、国家に頼るな」という新自由主義に舵を切った。
経営者側に配慮して、年収400万以上のサラリーマンは残業代を廃止、平均して100〜200万円の減収といわれている。
ならば、国民も国家や社会に距離を置いて冷静に関係を見つめなさなくてはならない。

165 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:35:51 ID:hkT85YpC
>>154
それも違うんだよな。
朝日新聞の全国世論調査では「権威を今より高める方が良い」はわずか4%。
86%の人々が現状維持を望んでいる。

天皇を元首と明記したいのは、第9条の改正と同じで、
現状と憲法の条文を一致させたいという至極まっとうな動機なんだよ。
戦前の国体云々は、お前さんの妄想。


166 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:38:23 ID:HwGaEzBm
>戦前の国体云々は、お前さんの妄想。
>たぶん想像すればいいんだろうな。
>国境の無い世界をw


「美しい国へ」とは、暗号である。
美国とは、漢語で「米国」のこと。
ありがとうございました。

167 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:39:54 ID:K6nlALAQ
>>164
>「自分、家族、近しいヒトのため、生きろ!、いざとなったら国家も、社会も守ってくれない。」
>という地点から語る必要がある。
>自民党は「自分の尻は自分で拭け、国家に頼るな」という新自由主義に舵を切った。
>経営者側に配慮して、年収400万以上のサラリーマンは残業代を廃止、平均して100〜200万円の減収といわれている。

>ならば、国民も国家や社会に距離を置いて冷静に関係を見つめなさなくてはならない。

新自由主義に舵を切った以上、
国家に守ってもらうという戦前のようなよい意味での家族主義は、
完全に破綻したわけだな。
国家とその構成員である一流企業においてさえ、
経営者側だけを優遇する政策に切り替えた以上は、
愛国心教育という問題を自民党が提案するのは、
新自由主義に反するね。

168 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:41:17 ID:c3QDeIzv
>>158
なんで侵略されたらって仮定で止まっているんだって話ですよ
軍事力で侵略行為を止める自衛のための戦争の実態は
相手国の市街地での民間人殺戮といった侵略戦争と何ら変わらない事態となる

といった馬鹿でも解る話に目をつぶり、侵略されたらという仮定のみを語るのは
誤魔化しだよねというお話

イラクつーかフセインは確かに努力を怠ったろうね
チベットは戦争じゃない虐殺

>>148
確かに、300万からの犠牲あってもそれは愚かな決断ではない
という認識しか示していなかった
これは他のIDのレスと混同したこちらの失当だった
誤りを認め、お詫びして訂正する、申し訳なかった

169 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:41:55 ID:HwGaEzBm
>「権威を今より高める方が良い」はわずか4%。
このスレで、必死に「天皇マンセー」と叫んでる連中は、その4%の中の人。
自分が該当しないなら、「そんな連中はいない」なんてどうして言えるのか?
スルー出来ない事情があるからだろう。

170 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:42:03 ID:K6nlALAQ
>>164
天皇や国家が、
中産階級や庶民を切り捨てる政策を講じていながら、
方や天皇を賛美しろと尊皇攘夷を持ち出してきて居るね。
これは、いままでの天皇制のスタンスの破綻といって差し支えないだろう。

171 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:43:10 ID:hkT85YpC
>>166
そこまで行けば、もうりっぱな電波だよ。
自覚はないんだろうが、受診をお勧めする。


172 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:43:23 ID:c3QDeIzv
>>159
理想だと解っていても努力する
無駄に思える蟻の歩みでも by軍縮会議

というお話

173 :訂正:2006/11/22(水) 15:43:56 ID:K6nlALAQ
>>170
誤)天皇や国家が、
正)天皇を利用しようとする官僚政府や国家が、

174 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:45:12 ID:c3QDeIzv
>>165
>86%の人々が現状維持を望んでいる
現状維持でいーんだろ?
>天皇を元首と明記したい
文脈繋がらないぞw

175 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/22(水) 15:47:55 ID:8eVediW9
>ということの反論になってないよということで。
反論?
そんな認識の一致とゆ〜事実が有ったか無かったかって話しだろ。
これは「論」ではなく「事実の有無」の話しだ。


176 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:48:52 ID:HwGaEzBm
>愛国心教育という問題を自民党が提案するのは、
簡単だ。
郵便局、医師会といった自民党の金主であり票田であった圧力団体が小泉改革で力を落としていく中で、
唯一残った圧力団体が「宗教団体」。

宗教に秋波を送って「がんばってますよー」とアリバイ作りだ。
自民党憲法草案で、天皇元首化規定も始めから無理だと分っていながら、
宗教議員たちが「やってまっせ!」と、がんばってるフリ。

安倍にしたところで「靖国に参拝」といっておきながら、
神道信者ではなく、自分は真言密教に帰依。
政治家なんてそんな物。
信念や思想で動いているのではなく、票とカネがあれば誰にでも尻尾を振る。


177 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 15:49:29 ID:c3QDeIzv
>>162
>戦前の軍部が悪くて、
これはその通りであり

>日本的精神がすべて悪い
つーのは右派のデマカセだろ、アメリカは日本文化を重要視していた
で、軍国主義精神の下支えとなった滅私奉公といった誤った武士道解釈や
国家神道などは批判対象になって当然だろうね


178 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/22(水) 15:55:32 ID:8eVediW9
>票とカネがあれば誰にでも尻尾を振る。
神社本庁はもとより、ソウカにも統一協会にもw


179 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 16:05:46 ID:HwGaEzBm
>「権威を今より高める方が良い」はわずか4%。
このスレで、必死に「天皇マンセー」と叫んでる連中は、その4%の中の人。
自分が該当しないなら、「そんな連中はいない」なんてどうして言えるのか?
スルー出来ない事情があるからだろう。


180 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 16:07:27 ID:K6nlALAQ
>>176
自民党も組織が疲労してきているけど、
民主党もなんだか外国の手先だし、
政治家全体がメルトダウンだね。

181 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 16:08:43 ID:K6nlALAQ
>>178
神社本庁とか、
神道と層化は、犬猿の中なのに、
自民党は両方から支援を受けて居るんだね。

182 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/22(水) 16:15:12 ID:8eVediW9
>>181
そこが政治の不思議なところ。
敵の敵は味方だろうが、票のためなら土下座もするし魂も売り飛ばす。


183 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 16:19:30 ID:c3QDeIzv
>>182
そんな連中に美しい国とか言われてもなぁ
教育基本法で子供の躾うんちゃら言う前にオマエラが襟を正せよって話だしw

184 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/22(水) 16:24:46 ID:8eVediW9
>>183
インチキタウンミーティングがばれても問題にもならず、担当者は訓戒だけ。
子供の教育の基礎は大人社会にあるんだけどな。


185 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 16:30:22 ID:91DfpjZk
>>182
そんな奴らが作った政府見解を信じてるのがあんた等なんだが?
それが不思議

186 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 16:31:24 ID:HwGaEzBm
>>184
テレビで若いタレントに、「今度のヤラセは、政府がそんなずるいことをしてるなら、
ふつうの若い人も見つからなきゃやってもいい、ずるいことはしなきゃ損だ、
まじめにやってる奴は負け犬だ、と思われちゃいます。」、と。
政府はど一せ般国民はバカだから、次の選挙までには忘れちゃうよ、
と思っている。


187 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 17:26:45 ID:zHQkXzl/
>>185
作った奴がインチキかどうかはどうでもよろしい。
できた政府見解が認め得るものかどうか。それのみが問題だ。

憲法も同じだ。作ったのが占領軍だったかどうかはどうでもよろしい。
できた憲法が国民の支持しうるものかどうか。それのみが問題だ。
個人的には、9条のデキが今ひとつなので、そこだけは改正したほうがよいと思うが。


188 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 17:49:47 ID:91DfpjZk
>>187
>作った奴がインチキかどうかはどうでもよろしい。
>できた政府見解が認め得るものかどうか。それのみが問題だ。

インチキな奴の発言でも、オレが認め得れば利用する。
「日本政府が認めてまっせ!」と。
で、オレが認めなければ
「インチキ政府が何を言おうと関係ない」というわけ?

あんたが一番インチキ臭い

189 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 17:55:04 ID:K6nlALAQ
歴史上、近代までは天皇制に対しての疑念は、
殆ど発生してこなかった。
鎌倉武士団も天皇を恐れていたというし、
徳川慶喜も偽物?らしい天皇の旗を見て、
江戸城まで逃げてきてしまった。
この根本的な原因は何か?
という問題を、新書版で誰かが書いて居たね。
立ち読みしただけだから、よくわからなかったが。


190 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 17:56:05 ID:zHQkXzl/
>>188
私がインチキ臭いかどうかも、このさいどうでもよろしい。
国民の認め得るところのものかどうかだ。

そもそも政府にしても、国民の投票によって選ばれた政治家によるものだ。政府見解
を支持するというのは、国民が認め得るところのものだということだ。

文句があるなら、別の政府を選出するように。

191 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 17:59:52 ID:c3QDeIzv
>>188
>「インチキ政府が何を言おうと関係ない」
というよな指摘があったか?

むしろ、そんないい加減な政府ですら
歴史認識問題に対して
村山談話以前の腰砕けの誤魔化し状態を維持できなくなった
と解すべきだろうね

>>189
天皇制なんてもんがそもそも明治に創成された急造品であり
天皇家の長い歴史から見れば異端だからね
>新書版で誰かが書いて居た
で、買わなくて正解だろうな、そんな内容がマジ書いてあったのなら

192 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 18:37:33 ID:G3IP6Vg4
現在の日本は昔の武家政治に似ているよな・・・。

内閣(幕府)が天皇に政治介入を許さず、権限だけ濫用する。

過去を見ればわかるように、この状態が続く限り、争いは絶えないだろうな。

アジアに対しては尚も鎖国状態だしな。

193 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 19:03:00 ID:zHQkXzl/
というか、天皇親政が実現したことのほうが、歴史上少ないわけで。
ほとんどの期間、権威だけを担って、権限は無いという状態だったわけで。
さらには、天皇親政に近い時代ほど、日本の政治は不安定なことが多い。
南北朝時代とかね。
皇居の奥にお鎮まりいただいたほうがよろしい。

194 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 19:27:14 ID:HwGaEzBm
>現在の日本は昔の武家政治に似ているよな・・・。
武家+朝廷の封建勢力と、現在の民主制のどこが似ているのか。
似ている点は、ホンネでは信者以外、誰も天皇に敬意なんて持っておらず、
どうやって自分のために使うか、そればっかり考えていた、というところか。
言ってみれば、トランプのジョーカーだ。
それを使って勝っても、バカにされるだけ。

>内閣(幕府)が天皇に政治介入を許さず、権限だけ濫用する。
現在の内閣は、日本の主人である国民の信任を受けた統治機構。
で、内閣の支持仰ぎ、動かされているのが天皇。

自分の意思で行動が許されず、また自ら責任を負うことも無い天皇は、
民法で言えば代理人ですらなく、単なる「使者」ということ。

195 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 19:32:08 ID:VinHrua6
>>187
あんたは民主制ってのが解っていない。
民主制ってのは、内容ではなく、手続きだ。
自らの手で造った法だから、例え内容がまずくても
従う、ってのが基本だ。

196 :朝まで名無しさん:2006/11/22(水) 23:55:04 ID:G3IP6Vg4
まぁ・・スレ違いだけど、早く石原都知事が首相になってくれる事を心から願うよ

197 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 00:44:10 ID:4CmzxeV0
>>196
勉強不足の息子の方が可能性が高いが...のぶてるじゃ頼りないかやっぱり?

198 :???:2006/11/23(木) 00:46:17 ID:S3EwRPPR
帝国主義者は民主主義を良く理解している。共産主義者は民主主義を理解していない。
共産主義国がことごとくダメなわけだよな。(w


199 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 05:33:31 ID:CL9QZ+FG
正直イラネ
続けてほしい人が金払ってボランティアで継続させればいい
アホな税金の使いみちが減るならそれで結構


200 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 09:21:24 ID:vzUeAFGH
2ちゃんねる妄想情報では、
この間のオランダ旅行では10億円とも40億円とも、
信じられないほどのお金が裏で動いたというね。
全くソースは無いにしても、
大室寅之助の情報も有るんだから、
皇室制度の見直しは必要だね。


201 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 14:49:36 ID:vVYJwn1x
>>200
> 信じられないほどのお金が裏で動いた

君が信じられないのは、所詮君が庶民レベルの思考しかできないから。

世界有数のVIPですから、高々このぐらいの金額で驚くほどではありません。

202 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 15:49:38 ID:vzUeAFGH
>>201
確かに、世界の金持ちは、
1週間で100億円とか使って居るからな。
日本の皇室は質素倹約だというね。
何しろ5人家族で食費が一日3000円だとか、
前に書かれていた。
1ヶ月1万円生活と同じだな。

203 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 15:53:38 ID:QkcCPcWX
>5人家族で食費が一日3000円
どーいう計算でそーなるんだ?
献上食材や宮内庁生産食材は除いているんだろうか

204 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 16:01:59 ID:vzUeAFGH
>>203
献上食材や、
宮内庁の牧場の品物や、
お米などは除くのでは?
魚を3000円とか、
肉を3000円とかじゃないか?

205 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 16:18:59 ID:8ttfNr80
質素だろうが皇族なんて殺しちゃっていいよ。

206 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 17:10:08 ID:uTXfcIZB
>>205

お前とお前の家族が殺されればいいと思うよ

207 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 17:28:40 ID:32XvwPeH
皇室御用達の商品を検索してみましょう。
皇室はそれらの超高額食材を買いあさっています。
献上なら問題ありません。税金で買っています。
「皇族の行く店」も超高級店ばかりです。
皆さん、2チャンネルの書き込みは私の書き込みも含めて信じないほうが良いでしょう。
自分自身で検索してみて下さい。

208 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 17:44:14 ID:92I/vhly
>>201.202
寄生虫の餌代はお前ら同好会で出せ。

209 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 18:33:47 ID:vVYJwn1x
>>208
きみにもたくさんの税金が使われいるのは知ってるかな?
たとえば義務教育にかかる学校教育費。
大体子供一人当たり高校卒業までで、計1,000万円ぐらい税金が使われてるんだよ。

一般庶民もまた税金で食わしてもらってるようなものなんだよ。

210 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 18:52:45 ID:nmmSeArV
天皇制廃止の動機は、もっともらしい理屈をつけてはいるが、
結局のところ勘違いした嫉妬やルサンチマンなんだろうな。


211 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 22:24:48 ID:92I/vhly
>>209
>大体子供一人当たり高校卒業までで、計1,000万円ぐらい税金が使われてるんだよ。
天皇狂徒お得意の「国民一人当たり」で0.1円にも満たないんだんでネ。www
>>210
覚えたてのニーチェはもういいw。


212 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 22:31:33 ID:vVYJwn1x
>>211
馬鹿だねーw
親も扶養控除で減免されてるし、子ども自身も税金を払っていないので
差し引きマイナスで税金を払っていないことになるんだが。
つまり税金云々で批判することはできないんだよw

213 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 23:18:30 ID:gY57sAWF
>>212
廃止派はなんだかんだの理由をつけるが、
廃止派の考えを突き止めていくと。
「平等に反する」とか「税金の無駄」
しか出ないんだよ。

214 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 23:20:02 ID:QkcCPcWX
>>213
平等を謳う民主主義下の政治制度として
その欠点は看過できない大きなものだと思うがね

215 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 23:34:34 ID:gY57sAWF
>>214
この世に平等なんか無いことに気づいてないのか?
この様な「お馬鹿さん」に現実をしてもらうためにこそ。
天皇制は必要不可欠だな。

216 :朝まで名無しさん:2006/11/23(木) 23:57:03 ID:QkcCPcWX
>>215
民主主義の公然たる否定ですか

「民主主義を否定する反皇室は〜」のスレ主が泣いて逃走するしかないレスをありがとうw

217 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 00:44:28 ID:dU4WKWlq
>>213
それだけの合理的な理由があれば十分だろ

存続派はなんだかんだ大きな声でわめくが、
存続派の考えを突き詰めていくと
「自分が個人的に好きだから」
しか出ないって事実よりはましだろ


218 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/11/24(金) 00:54:25 ID:R8pwS+dY
存続派をポジションとして参加してるオイたちって、
とっても奇特だと思うぜ。
なにしろ、精神病棟内でも滅多にお目にかかれない、
廃止派ってのを相手にしてるんだから。

219 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/24(金) 00:57:47 ID:or8duP5+
>>218
言葉を慎め。
アホが。


220 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/11/24(金) 01:02:32 ID:R8pwS+dY
>>219 :(○´ー`○)はカワイイ 氏
うおっ・・・・・いつから軍国主義者に?(w

民主主義の敵、ハケーン!

221 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/24(金) 01:07:14 ID:or8duP5+
>tooo
オマイは人格攻撃や議論相手を中傷しないのが取り柄だと思っていたが
オレの買いかぶりだったみたいだな。オマイに向けて、一時期同様のレスがあったが
オマイのやってるコトはそいつと同じレベルってコトだ。オマイの娘が精神障害だと
中傷された時期があったろ。オマイはそれと同じコトをしてる。

最低の奴だとよく分かった。


222 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/11/24(金) 01:08:52 ID:R8pwS+dY
>>221 :(○´ー`○)はカワイイ 氏
);;;・・・・・4949

だって、論理的な展開がないんだも〜ん。
つまんねーんだも〜ん。


223 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/24(金) 01:09:43 ID:or8duP5+
甘えるなアホ。
クズ野郎の分際で。


224 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/11/24(金) 01:13:52 ID:R8pwS+dY
>アホが。
>最低の奴
>クズ野郎の分際で。

・・・・・どこのどなたのお言葉でせう?(w

オイってつくづく奇特だな。
自戒や反省さえ促しちまうとは・・・・・偉人かも〜。(w

225 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/24(金) 01:16:13 ID:or8duP5+
>tooo
>なにしろ、精神病棟内でも滅多にお目にかかれない、
>廃止派ってのを相手にしてるんだから。
この発言によって、オマイは己の信頼はもとより議論する姿勢、
更には精神障害を持つ者に対する尊厳をも傷つけた。

てめえの愚かな発言を自覚すべきだぞ。


226 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/11/24(金) 01:34:02 ID:R8pwS+dY
>>225:(○´ー`○)はカワイイ 氏
いや、もうしわけないっす。m(__)m

GUNDAMを召還しようとゆ邪心から出た言葉なんすよ。

227 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 01:41:41 ID:e5om8jYB
>>225
その手の発言は、むしろそっちサイドの名無しのキチガイ野郎の専売特許ですがなw
読んだ人全員毒気にあてられて、誰もレスを返せないほどの中傷能力w

せいぜい百やられたものを一返したって所なのに誠意をもって謝罪って
見上げた態度ですよtoooさん。

228 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/11/24(金) 01:51:27 ID:R8pwS+dY
>>227
あはははは、応援サンクス!(w

229 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 01:59:22 ID:e5om8jYB
名無しの左翼キチガイ野郎の人格攻撃能力は、我々とレベルが違います。
年季の差だろうねw

230 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 02:00:34 ID:WIflXFN4
右翼は人格攻撃ではなく人体攻撃を主とするからなぁ。

231 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 02:07:19 ID:e5om8jYB
>>230
でもテロで殺した人数からいっても左翼の勝ちだろ
右翼は一人一殺で効率わり

232 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 09:19:47 ID:qR+uRyAB
天皇依存症は精神病の一種だからとりあえず病院行って恋。

233 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 09:51:46 ID:9L92IFFm
なんでネット右翼とか、
2ちゃんねらーは、天皇に過度に依存するのか?
天皇のほうでは、2ちゃんねらーを問題にもして居ない。
片思いは、ひとりよがりなんだよね。

234 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/24(金) 10:02:16 ID:aA+x4BR1
>その手の発言は、むしろそっちサイドの名無しのキチガイ野郎の専売特許ですがなw
目くそ鼻くそを笑うの例え通り。

>あはははは、応援サンクス!(w
と、目くそだか鼻くそだかが反応。

>名無しの左翼キチガイ野郎の人格攻撃能力は、我々とレベルが違います。
五十歩百歩の例え通り。

いずれにせよウヨ・サヨを持ち出す時点で議論をする姿勢に疑いが生じる。
やりたいのはレッテルを貼って相手を中傷したいだけだとゆ〜コト。
議論を旨とする当該スレにおいては、この様な連中はゴミ以下だと認識しよう。


235 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 10:08:25 ID:cwsTQVKU
天皇の近辺警備に無駄な税金が使われているから

警備廃止でいい

236 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 10:12:21 ID:9L92IFFm
>>234
右翼、左翼議論は不毛だからね。


237 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/24(金) 10:20:20 ID:aA+x4BR1
>>236
全くその通り。
toooがアホな発言をして己の信頼性を失った事実は取り返しがつかない。
それについて右翼だの左翼だののゆ〜別次元の話を持ち出すのは、香具師の愚劣な発言に
逃げ道を与えているだけであって、その発言を何一つフォローしているコトにはならない。
議論の場は発言した内容が全てだ。リテラシーのない発言を同様の発言で取り消すコトは
できない。精神障害を持つ人間を侮辱したtoooはその発言を諫められるのは当然のコト。


238 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 11:07:17 ID:W8I9QeBv
精神障害を持つ人間の尊厳を傷つける行為は、廃止派筆頭のここの「スレ主」様が日常的にやっていることだがな。

大西病院のソースです。ご覧下さい。
ttp://god-net.way-nifty.com/uturanai/2005/06/post_3469.html
ttp://pocari.at.webry.info/200606/article_9.html
大西病院は現在被害者患者と係争中。

患者は監禁状態で奴隷として扱われた。
・病院内の清掃
・死亡した入院患者の遺体運搬
・ほかの患者のおむつ交換、
・病院所有の別荘のペンキ塗り
・倉庫の片付け
等など・・・・
明らかな人権無視です。

大西病院 一審敗訴
2004/11/05
・大西病院(香川県高松市)
治療名目の無償労働や長期入院を強いられたとして、元入院患者の
男性(55)が病院側に損害賠償を求めた訴訟。/男性側は慰謝料な
ど120万円の支払いを命じた高松地裁判決を不服として高松高裁に
控訴した。

---------------------
自分の仕事を患者にやらせ空いた時間で自分は2ch三昧
これがスレ主の正体です

239 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 11:17:15 ID:18JkeKWg
>>222
他スレになるが、これは俺がtoooに言いたい台詞だったんだがなぁ

最近は、レスのために参考にする文献も固定化し
新たな資料を学んでいる様子もなく、幾度指摘されても同じレスへと戻っていく
とても残念に思うね

240 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 17:33:20 ID:qR+uRyAB

天皇→国営カルト教団。

241 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/11/24(金) 19:08:03 ID:R8pwS+dY
>>239
>新たな資料を学んでいる様子もなく
は、ピンポ〜ン!だけど、
オイのケースは、逆ケースだかんね。

つまり明治否定の少し左翼的ポジショニングだったものが、
維新肯定の自由主義史観へとチェンジした。
(天皇なんか要らねが、天皇ってやっぱ必要じゃんに変わった。)

なので、部落問題でも宅の言いたい反帝史観はひととおり通過してきたつもり。
(しかし部落民が抗議の声さえあげるにあげられなかった襲撃問題は、
 身分解放令の時に集中してるってことをお忘れなく。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%A3%E6%94%BE%E4%BB%A4%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E4%B8%80%E6%8F%86
 http://www.liberty.or.jp/panel/rental_06.html

少しフラットにお考えいただきたいのは、厨房や小学生だったとき、
あなたは偏見に目を染めましたか?ってこと。
教育制度の中に組み入れられてた児童だって、
主目的が勉強やスポーツにあってそれなりに良好な成績を修めているときに、
偏見をもってほくそ笑むような態度はとりようがなかったでしょ、ってこと。
ハッキリ言えば、下卑たのは教育制度からも脱線しちまうような落ちこぼれや
努力の元々追いつかないような成績不振者だけ。

それを敷延させてくと、制度としての世俗じゃない方向はあって然りだし、
逆に制度として偏見を喪失させる強制の方向性もあって然り、ってこと。


242 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/11/24(金) 19:13:51 ID:R8pwS+dY
>>239
あなたがもし、天皇は自覚的に主権を行使してきた、って言ってきた方なら、
以下もご参考にしてください。

 戦後間もない頃、昭和天皇は藤田侍従長に
 開戦を止められなかった理由について自ら明らかにされ、
 「憲法上の責任者が慎重に審議をつくして、ある方策をたて、
  これを規定に遵って提出して裁可を請われた場合には、
  私はそれが意に満ちても、意に満たなくても、
  よろしいと裁可する以外に道はない」と説明した。
 (中尾裕次『昭和天皇発言記録集成』2003年芙蓉書房)


243 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 19:47:52 ID:LtiW2424
統治権を総覧しているんだから『憲法上の責任者』は天皇じゃないの?

244 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/11/24(金) 20:08:15 ID:R8pwS+dY
>>243
実質的に政治権力を揮ってたわけではない。

もちろん、率先して国民を戦争へと駆り立ててたってなら、話は別。
君主無問責の立憲君主制でも、君主が結局詰め腹を切らされた例は多い。

日本のケースは、
太平洋戦争が単独で史実となってるわけではなく(←これだと、かなりきつい)、
日中戦争を世論が後押しした状態となったことがイタイ。(←廃止論的には)

5%近辺で一定だった軍事費が膨張しはじめても、
予算決定権を持つ議会が、止められない状態となっていた。
その後の国家総動員体制も、政党を廃しての意思統一も、
形式的に国民の総意だったことも、個人へとは責任を帰着させられない理由になってる。


245 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 21:45:25 ID:qR+uRyAB
>>242
あなたがもし、天皇は自覚的に主権を行使していない、って言ってきた方なら、
以下もご参考にしてください。

天皇は、自分を、平和の為に打てるかぎりのあらゆる手を打つ主体的人間と
しながら、他方では、政府の決定には指一本触れられない、いやおうなしに、
それを裁可しなければならない、何の主体性も発揮できない、捺印器だった
と見なしている。

しかし、こんな矛盾した話はない。
大日本帝国の唯一最高の統治権者であり、神的、絶対的な権威である天皇が、
国政について主体的判断、選択をすることが全然許されていないという、
天皇の憲法解釈はでたらめである。


246 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 22:03:06 ID:qR+uRyAB
>>242
アホ toooo へ

天皇は、「閣議で決定した案は意に満ちても満たなくても裁可した。故に立憲君主
であった」といいます。

しかしそれにはからくりがありました。
政府は国会に提出する案を作ると先づ天皇に報告しました。大本営が作戦計画をた
てた場合も同じです。これを内奏といいます。

天皇は内奏の時、細部にわたって質問し、意見をいい、政府も大本営も天皇が納得
するまで案を練り直して、国会や大本営政府連絡会議に提出しました。
従って国会や大本営政府連絡会議で可決された案を天皇が裁可を拒否する筈はなか
ったのです。

天皇は「開戦は閣議の決定」といいますが、開戦は憲法に規定もない、大本営政府
連絡会の天皇が出席した御前会議で決定しているのです。

又、天皇は「戦争を起こした責任は内閣や軍や国民にあり、戦争を終わらせた功績
は自分にある」といい、自分が憲法に定められた政治的、軍事的絶対者であり、陸
海軍大元帥(最高司令官)として軍事作戦に関しては天皇の統帥権によって内閣に
も国会にも干渉を許さなかったことや、天皇が絶対権者ということを意識して行動
していたことは一切覆いかくしています。


247 :???:2006/11/24(金) 22:21:11 ID:gWaDXoeq
共産主義者諸君、無駄な抵抗はやめよ。帝国主義は無敵だ。(w


248 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 23:11:42 ID:PnBT+XYG
いや、アメにコテンパンにやられちゃって無敵もなにもあったもんじゃないですが....

249 :朝まで名無しさん:2006/11/24(金) 23:15:07 ID:bTF6vXmr
>>244
『憲法上の責任者』ですらないかのような言い草はいかがなものか。
それに首相閣僚が選挙無関係な状態で世論の後押しも押し止めも関係なかろう。

250 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 00:16:42 ID:/qOlCSxf
天皇は京都に帰してそこの観光収入で自活してもらう
って感じで何が問題なのかわからん

象徴天皇制を維持する意義ってなに?

251 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 00:39:25 ID:NEZe+sxo
安部首相はやさしいマスクとやさしい言動で国民を安心させて
やっている事は安部首相の趣味的な軍事国家の形成のような気がしますが
気のせいでしょうか?
株価も不安定、国民も不安感がつのる一方です。
まず国民への強制、軍事大国の前に不正だらけの公務員の整理が
先だと思います。

あと今の右翼傾向の日本の動きにロシアが警戒し始めているらしい。
核保有論議だとか防衛省昇格だとか、監視の目が入り始めたとか。
この国、世界でも最も邪悪な国だったから何をするか怖いんだよね。
技術はあるから。
だから当たり前と言えば当たり前。杞憂で終わればいいけど。
自民はそんな事知ってても言わないけどね。



252 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 01:13:05 ID:qYsItbZT
天皇にかかってるお金って年間200億円くらいじゃなかったっけ?
公務員の存在による国の損失は40兆円だから桁が違う。
公務員廃止にしてくれれば天皇100人にしてもいいよ。

253 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 01:39:01 ID:uvElBfmg
>>251
>この国、世界でも最も邪悪な国だったから何をするか怖いんだよね。

日本のどこが邪悪なのかな?
自国民を1億人粛清したスターリンのソ連、文革で6500万人虐殺した中国、
数百万人虐殺したポルポト、北朝鮮みたいのを邪悪というんだよ。
こう見てみると、共産主義が邪悪なんだな。


254 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 02:05:05 ID:+84uCR+A
他の国よりマシだ、とか他もやってるじゃねーか、ってあまりに貧しい精神だ。
共産主義がどうこうといってるが、日本はいままで共産体制になったことは一度も無いわけで、
それよりマシだとかいうことに、どんな意味があるのか。

少なくても、その劣った体制である旧ソ連、中共に”我らが”大日本帝國は「敗戦」したと日本政府は認めている(サンフランシスコ講和条約、日中条約)は
どう説明するのか。
また、その中共、北朝鮮に日本政府・自民党は巨額のODA、貿易上の特別待遇、在日北朝鮮人団体への特別待遇、
援助物資を送っていた。
日本の国家権力を動かせるのは自民党だけだ。
雇うには警察、税関、国税を動かすことは出来ない。

何かというと「中共、北朝鮮より日本はマシ!(天皇のお蔭で)」という売国奴ネウヨに、訊く。
自民党の責任は追及しないのか。


255 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 06:11:36 ID:uvElBfmg
>>254
日本がどこかよりマシ、なんてどこにも書いていないが?
どういうバイアスがかかっているんだかw

日本はどこかと比べなくても、かなり暮らしやすい国だと思うぞ。
過去レスにもあったが、日本人の多くが生まれ変わってもやっぱり日本がいいそうだ。
他国から見ても、日本は世界一好感度が高いしな。


256 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 06:24:10 ID:uvElBfmg
生まれ変わるとしたら、生まれ変わりたい国
http://english.oricon.co.jp/news/37778/#rk

圧倒的に日本がトップ。第2位がイギリス。どちらも立憲君主国だな。
命がけでこんな日本を残してくれたご先祖様に感謝。


257 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 06:42:54 ID:uvElBfmg
日本は好感度世界一
http://blog.so-net.ne.jp/globaltrotter/2006-03-17-07

留意すべきなのは日本肯定派が一番多かったのがインドネシア(85%)、
次いでフィリピン(79%)と、ともに東南アジアの国だったことだろう。
朝日新聞の常套句「アジア人民の感情」はもう通用しない。


258 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 06:56:20 ID:2AqAtVsC
>>256
日本人に聞いて日本が一位でそんなにうれしいのかw
>>257
日本製品のブランド力とか
アメリカと違ってそこら中で戦争していないとか・・・
天皇制で支持している奴はどれくらい居る?

やっぱりここのウヨはアホしか居ないなwww

259 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 07:13:54 ID:uvElBfmg
>>258
ところが、生まれ変わるのなら他国がいいという国民もいるんだよ。
韓国人の7割は「生まれ変わるなら韓国以外で」世界日報 2006-08-30
しかも「大嫌いな日本人」に生まれ変わりたいらしい。頼むから止めてくれw


260 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 08:16:22 ID:Rochr05F
宮内庁、皇室に年間 約175億円使用されている。
http://www.kunaicho.go.jp/15/d15-03.html
初めて知った。
これって高過ぎでね???
天皇制があった得した、良かった!って思うことってある?
皇室もなんか結果を出してほしいね。 国民のために××やりました・・
とか・・・。 笑顔振りまきや、女性週刊誌のネタ提供だけじゃなくて・・・。

261 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 09:17:48 ID:fD77TffX
>>260
その数字は大本営発表の数字で実際はそれの数倍だろ。
大嘗祭一回分で200億円だからナ。

262 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 09:42:12 ID:IkVDaSmC
>>260
この数字が安すぎるって天皇マンセイ信者の人は、いってるね


263 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 09:46:59 ID:IkVDaSmC
>>261
天皇大好き信者の皆さんは、
一人当たりコーヒー1杯分だから安いって宣伝して居るね。
で、日本人なら天皇制を批判するなって叫んで居る。
天皇制に否定的なのは朝鮮人だとレッテルを貼って居るね。
やふー掲示板にもそういう若い右翼少年が居るよ。
こわいね。

264 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 12:23:41 ID:sHOgYNFh
>>259
すぐに韓国と比べたがるって
お前韓国人かww

265 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 12:28:19 ID:Bwb4m6LS
>>259
高い金出して英会話学校に行く奴ってのは
日本でもそこそこの階級の奴等なんだから・・・

そこでアンケート取った結果を日本人全体に当てはめるとは
日本人はココまでアホになったかwww

266 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/11/25(土) 12:38:53 ID:Bk74f1pr
>「大嫌いな日本人」
国の政策と国民の実際の意見は違うと考えた方がよい。
オレは実際にソウルで若い連中と話したが、彼らはおしなべて親日的だよ。
日本のポップスが好きで日本のアニメやファッションも好き。
それにな、あちらは分断国家であり常に緊張した国であるってコトも考慮しろ。
平和で自由な国を羨望するってのは、それだけ国が不安定だからだ。


267 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 12:54:13 ID:yS4SDcsA
また日本は立憲君主国とか妄想垂れ流しの天皇教儲が湧いてるが憲法1条は象徴以外の権能を天皇に認めない(芦部信善)趣旨だ。
憲法に書いてもいないのに天ちゃんは君主だーい!、って立憲じゃなく、儲の脳内限定「妄想君主国」ということ。

268 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 13:39:44 ID:fD77TffX
>>256
>命がけでこんな日本を残してくれたご先祖様に感謝。
天皇を残したのもこんな日本にしたのもマッカーサーなんだけど、精々感謝してくれ。

269 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 13:53:07 ID:/g/NRrGY
>>261
嘘つくな。そんなにかかってない。

270 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 14:10:56 ID:yS4SDcsA
つか、自画自賛、我田引水自慰過剰なところはネウヨが大嫌いとネット工作してる韓国ネチズンと、天皇教はソックリ。
やはり同根だからか。

271 :???:2006/11/25(土) 14:16:45 ID:yRc3s0Sa
廃止派って身の程知らずだよ。無敵な帝国主義の前に屈服しなさい。(w


272 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/11/25(土) 14:22:06 ID:TKyYODDv
はてなは段々壊れてきたなw
最近の劣化は激しい。


273 :???:2006/11/25(土) 14:25:20 ID:yRc3s0Sa
朝から晩までという壊れたレコードとは大分違うが何か?(w


274 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/11/25(土) 14:26:18 ID:TKyYODDv
>壊れたレコード
随分時代がかった表現だなw
さすが帝国主義者だ。


275 :???:2006/11/25(土) 14:34:51 ID:yRc3s0Sa
時代がかった?皇室と言うと、戦前の話しばかりする誰かさんはもっとアナクロ。(w
未来の神権政治を目指す帝国主義者は常に新しい。(w


276 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 15:01:45 ID:IkVDaSmC
いまどき帝国主義ってはてな君は、いつまでたっても、
帝国主義が好きなんだよね。

277 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 15:02:18 ID:IkVDaSmC
>>259
世界日報って、統一協会の機関紙でしょ。

278 :???:2006/11/25(土) 15:04:13 ID:yRc3s0Sa
君はいつまで経っても共産主義?(w


279 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 15:13:59 ID:I12c769R
なんかよく分からんが、天皇関連のイベントがなくなるとつまらないから存続でいいよ。
日本人はイベント好きだしね。

280 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 15:18:57 ID:IkVDaSmC
帝国主義がこれからのはやりなのか?


281 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 15:52:07 ID:uvElBfmg
世界中で、現存する皇帝クラスは天皇陛下だけらしいね。
文字通りの帝国主義者になれるのも、日本だけの特権かもなあ。

日本を現存する古代国家と表現する人もいるし、日本は萌え要素高いよ。


282 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 17:29:53 ID:2F8zKaP2
>>281
自分で勝手に皇帝だって主張している
アホが日本だけだって事だよw

283 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/11/25(土) 17:34:22 ID:rpD48O/r
>皇室と言うと、戦前の話しばかりする誰かさんはもっとアナクロ。
ああ、そうなんだよ。
だからオレは何度もすれ違いと指摘してるんだが、天皇を敬愛してるとゆ〜
アホが蒸し返してくるんだから困ったモノだ。


284 :???:2006/11/25(土) 17:43:19 ID:J25r9xEf
皇国主義者の取り仕切る「大日本帝国」なんてとっくに自由主義国に打倒だれた
のに、愚かな皇国主義者はそれに気がついてない振りに必死(w

285 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 17:50:56 ID:uvElBfmg
>>282
日本では皇帝とは思っていなくても、外国ではエンペラーだからな。
アホは外国ですか?w


286 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 17:54:40 ID:uvElBfmg
>>279
そうなんだよな。
天皇制廃止派に任せると、特別なハレの日は全て無くなってしまうよ。
完全平等、均質、無個性、無機質がモットーだからね。


287 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 18:43:27 ID:2F8zKaP2
>>285
自分で言ってるからだよ。
心配せんでも、
ノートンもボカサもエンペラーって呼んでもらえるよ。

288 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 19:03:03 ID:2F8zKaP2
>>285
皇帝やエンペラーってのはローマも秦も
本来支配できる所は全て自分の属国に従えた時に
名乗ることができた称号

時代とともに大安売りになって
現代王(KING)と
権限変わらない君主が
名乗っても呼び方が違うだけで
自分の国が他所より偉いと思っていても恥ずかしいだけ
それでも自慢する奴をアホというんだよw

289 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 19:11:59 ID:6C5A1z8g
天皇が『皇帝』となったのは明治からであり、
それ以前は『王』の一種で『天皇』は国内用の名称でしかなかった。

290 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 21:57:44 ID:uvElBfmg
世界で最も権威のある地位は何か。言い換えれば、世界で最も地位が高い人は誰か。
諸説あるが、一般には皇帝が一番偉いとされている。以下法王、国王、大統領、首
相の順に続く。皇帝と法王はほぼ同格。法皇は皇帝と法王の兼任なので更に偉い。
これを現在の世界情勢に合わせてみると、
天皇(emperor)≧ローマ法王(Pope)>英国女王他国王(Queen,King)>
各国大統領(president)>各国首相(premier)
言い方によっては、天皇は前述の通り日本神道の法皇なので、群を抜いて偉いとも
いえる。ただ、白人はキリスト教以外の宗教は軽視しているので、普通に皇帝(
emperor)扱いである。
そのような理由があってエリザベス女王も天皇と同席するときは上座を譲るし、ア
メリカ大統領も空港へホワイトタイで出迎える。(アメリカ大統領が最敬礼ともい
えるこの歓迎の仕方をするのは、天皇とローマ法王と英国君主のみ)。しかも現存
する最古にして最後の皇帝ということで、文化的にも世界遺産並と言える。故に
皇室外交というのは外交官千人分の威力があると言われる。


291 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 22:01:29 ID:uvElBfmg
英国王家、インド皇帝家を継承→英国王家、バチカンの承認を受けたフランス皇帝や神聖ローマにも皇帝として認められる
→その英国王家、明治皇室や清国皇帝を「皇帝として認める」
→明治天皇、その時点で1800年続いていた最古のエチオピア帝国皇帝からも皇帝として認められる
→その大日本帝国天皇、ローマ法皇なみの「神道の祭主」も兼ねている祭政一致皇帝より、大韓帝国皇帝として
認められる→ロシア革命・フランス革命によりロシア皇帝株・フランス皇帝株消滅
→第1次大戦敗戦によりドイツ皇帝(神聖ローマ皇帝株消滅)退位
→第二次大戦後、インド独立によりインド皇帝株消滅
→旧大韓帝国皇帝陛下死去→終戦後、大韓民国は帝政・王政を選ばず、李殿下の入国も朴政権まで拒否
→1979年のエチオピア革命により、2000年続いてきた「シバの女王」の末裔であるエチオピア皇帝株消滅
→皇帝待遇が日本の天皇とローマ法王のみとなり、儀礼君主のみとなる


292 ::2006/11/25(土) 22:30:58 ID:yGGMUDnB
象徴天皇制を国家機関として維持する正当性とどう結びつくのかわからん。

293 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 22:44:07 ID:fD77TffX
>>290
外交官千人分の天皇が歴訪すべき国
 ・ボスニアヘルツェゴビナで劣化ウラン弾撤去
 ・チェチェン、オセチアで民族和解提案
 ・ソマリアで内戦停止の調停
 ・ヨハネスブルクで治安回復のために市民対話
 ・アフガニスタンで難民キャンプ歴訪
 ・北朝鮮で拉致被害者救出のため宣伝活動
 ・リオデジャネイロ、サンパウロで市民対話
 ・カンボジアで地雷撤去作業
 ・イスラエルでパレスチナ問題和解提案
 ・イラクでテロリストと対話

世界で最も権威のある天皇が行くんだから、すべて解決。めでたし、めでたし!


294 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 22:53:09 ID:RUZI+qcl
天皇いなくなったら日本なんて…‥ただヘルすぃーなちっぽけな国じゃないか。。。

295 :朝まで名無しさん:2006/11/25(土) 22:59:47 ID:fD77TffX
>>290
>世界で最も権威のある地位・・・・
世界中のイスラム教徒がアッラーよりも天皇にひれ伏したら、1%位信用しちゃる。

296 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 00:30:22 ID:eDnctJtU
>>286
皇室が民営化されたら、収益拡大のためにイベントはむしろ増えるかもな
毎日好きなだけ皇居に行って永遠にお祭りでもやってろ

297 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 01:02:03 ID:M540smB5
銚子電鉄に、あれだけ同情が集まるんだから、
皇室に寄付をする人は、
ものすごい数になるに違いないな。
濡れ煎餅じゃなくて、
皇室羊羹とか、いろいろなのを売れば、
すぐ何十億円とか、莫大な金が入ってくるはずだね。
ネットでこれだけ皇室の支持者が多いんだから。

298 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 01:03:20 ID:8Wryi4Tk
>>290
明仁がサイパン行った時も
ブッシュはサイパンで迎えんかったし
終戦直後は大統領より下の
一軍人に対して裕仁が正装でホテルまで行って出迎えた。

今年のタイ訪問の場合もタイ国王では無く
他の国王と同じく皇太子しか出迎えなかった。

天皇が世界一偉いなんてのは
ここのクソウヨだけが言ってるだけで
外国だけじゃなく日本の日常生活でも言ってるとアホwww

299 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 04:10:26 ID:SJ845JEd
>>298
印象操作、乙。

天皇陛下のサイパン御訪問は慰霊の旅で、バンザイクリフなどを慰霊されるから、
当時敵国だったアメリカの方で遠慮したと思われる。

タイご訪問では、次のような随行記があった。
「タイでは国王の即位60周年記念のお祝いで世界25カ国から王族が集まりまし
た。ここでも、両陛下は大歓迎をタイ国民から受けられ、新聞の一面の写真も
両陛下の写真でしたし、『両陛下が、大勢の王族の中で最も印象的』というの
が、タイ国民の評価でした。」

いくら天皇陛下でも、他の王族をほっぽりだしてまで出迎えてもらうわけには
いかないだろう。


300 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 09:46:10 ID:kW6r42E6
天キチどもは鬼畜米英に白ネクタイで出迎えられることや
小乗仏教の王さんに歓迎されることがそんなに嬉しんかいな?

301 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 09:51:11 ID:v5hMXtaY


緊急!!!!  平和スレッド!!  日本の平和を守ります!!


http://society3.2ch.net/test/read.cgi/ruins/1163845869/l50
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1163845002/l50
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1163769133/l50
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1163525590/l50
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1163693299/l50




302 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 11:13:51 ID:7xxUt535
一つ疑問があるんだが、ドレスコードでホワイトタイっていうと夜会での正礼装であって、
例えば空港とか駅とかでの出迎えにその格好というのは、むしろ場をわきまえない非礼に
あたるように思えるし、かといって歓迎式典などでのドレスコードという話しであれば、ことさら
天皇に限った話しでもない。
そう思って、天皇でもローマ法王でもUKの女王・王の類でも、いくつかの写真を調べてみたんだが
元首クラス、またはそれに準じるクラス、又は王・皇帝・法王の類を駅・港・空港等での出迎えるシーン
でホスト国の代表者、王、皇帝あるいはそれに準ずる地位の者が「ホワイトタイ」で出迎えている様子
を撮影した写真というのは見つからなかった。
「天皇を出迎える際には、アメリカの大統領はホワイトタイで〜」という主張をなさる方々、2chのリテラシー
能力を信用あるものとするためにも、その写真(天皇を迎えるものでなくても、UKの王や女王、ローマ法王の
出迎えシーンでも結構なので)を提示して頂けますまいか。

「それが見つからない」ことを証明せよといわれても、ないものを証明するのは不可能なのです。
ホワイトタイ出迎え説の根拠となる、信頼できる記事あるいは写真でもあれば良いのですが、常識的に
言っても、あり得ないとしか思えない。

303 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 11:31:47 ID:M540smB5
空港で出迎えするときに、
ホワイトタイって燕尾服でお迎えするってことでしょ?

304 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 11:34:00 ID:Pi0N09MD
欧米人が日本の昼間の結婚式場での白ネクタイ姿の群れ見るとマフィアの集会と勘違いするらしい。
実際日本でしか通じない服装マナーで白ネクタイの元ネタでもあるホワイトタイは晩餐会でしか着用しないのでありえないよ。

305 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 11:51:13 ID:M540smB5
結婚式の白いネクタイは欧米ではありえないんだ。

306 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 13:05:12 ID:cSrRZ95a
そうだったのか。
ところで、表が白で裏が黒のリバーシブルネクタイを開発しようと
思っています。あんなの、白黒各1本ずつなんて、いらねえ。たま
にしか使わねえんだし・・・。買う??????????????

<ウリは・・・>
 さあ、今日は結婚式!ところがお葬式と勘違いして黒のタイをして来て
しまったAさんは大慌て!!!!!
 こんな時にも、リバーシブルネクタイなら安〜心。ほら、こうして一度
ほどいて、反対側を表に・・・ハイ!安心して、行ってらっしゃ〜い!!

307 :天キチ:2006/11/26(日) 13:52:25 ID:kW6r42E6
北朝鮮の首領さまもアラブの王様も土人の王様も天皇を迎える時は白ネクタイだろ。

308 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 16:52:16 ID:SJ845JEd
>>302
昭和50年の昭和天皇の訪米のスケジュールが詳細に記されている。
http://www.geocities.jp/showahistory/history6/50b.html

昭和50年10月2日午前10時5分、ワシントンのアンドリューズ空軍基地
に到着、午前10時40分からはフォード大統領出席の下、歓迎式が行われた。
この時の写真があれば(たぶん存在するはず)解決するでしょう。


309 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 16:55:57 ID:SJ845JEd
>>308
「昭和天皇、アメリカを行く」
真ん中へんの左翼教師が笑えるw


310 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 17:23:58 ID:KCUJ3DlB
>>299
マッカーサーと明仁の面会写真知らないのww
アホが沸いてるな・・・

新聞の一面飾ったって
タイは政府発行紙しか許されていない国なのかw
随行記ってそれ日本人が書いたんだろw

311 :310:2006/11/26(日) 17:36:26 ID:gIn7BBKS
>>310
間違えた、明仁じゃなくて裕仁だった
回線切ってくる

312 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 17:37:30 ID:SJ845JEd
>>310
昭和天皇のマッカーサー訪問は、占領下という特殊な場合だろ。
それをもって天皇の権威が一軍人以下というのは強引だな。

タイでもノルウェーでもフランスでも、天皇が来れば人々は熱狂するし、
新聞の一面を飾るよ。


313 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 17:41:05 ID:i1bJjZ1C
>>307
イスラム諸国の王様が
ホワイトタイってのは
もっとありえないと思うんだが
正装は民族衣装か軍服だろ

>>312
アメリカ大統領が天皇にホワイトタイで迎えたとしても
最大の貿易相手国に対する特殊な場合って事か
それで天皇は世界一偉いって思えるアホウヨwww

314 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/11/26(日) 17:55:42 ID:R6/vfe+z
>>245
>しかし、こんな矛盾した話はない。
>大日本帝国の唯一最高の統治権者であり、神的、絶対的な権威である天皇が、
>国政について主体的判断、選択をすることが全然許されていないという、
>天皇の憲法解釈はでたらめである。

イギリスのでは未だに、戦争の遂行すなわち開戦の布告は国王の権限の中にある。
いわゆる国王大権はあらゆる意味でライブ中。
なので、イギリス国民は皆一様にフォークランド紛争(アルゼンチンとの領土紛争)や
第二次世界大戦や第一次世界大戦で、国王大権の行使があったかと問われれば、
それを認めざるを得ない。

ところが国王(あるいは女王)が参戦や開戦を決定したと考える者は、
近代にあってはどこにも居ない。
内閣やあるいは派遣軍司令官(19世紀の薩英戦争など)が決定したと考えるのがフツー。

>開戦は大本営政府連絡会の天皇が出席した御前会議で決定しているのです。

すでに日中戦争が開始されていたのだから、戦時中の決定権が軍に移行するのは当然で、
イギリスやアメリカでも戦時中なら進軍などは大本営に相当する箇所
(だいたいは軍と内閣府や大統領政府・・・イラク戦争中が良い例)が担当する。
加えて、日本は議会が挙国一致体制へと移行して、委ねているような状態になった。

>天皇は「戦争を起こした責任は内閣や軍や国民にあり、戦争を終わらせた功績
>は自分にある」といい、

明言の参照先キボンヌ。

315 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/26(日) 17:59:37 ID:mGSa5IhI
>>313
ホワイトタイって話しは、ソースのない捏造だろ。
福島の朝生発言やアインシュタイン発言と一緒。


316 :302:2006/11/26(日) 18:02:03 ID:HYCy3tKN
いや、もちろん75年の昭和天皇がアメリカを訪れた際の写真も調べたんだけど、当該の写真が見あたらないし、
彼らが並んで写ってる写真にしても、大統領は黒っぽいスーツに青系のネクタイですよね。WHでの晩餐会以外で
ホワイトタイ姿の写真というのはどうしても見つからない。

それになにより、根本的にマナーの問題として、「空港や駅などでの出迎えに、ホワイトタイで出迎えるという儀礼が
あり得るのか?」という疑問があるのですよ。相手が誰であれ。
その、「アメリカの外交上の国賓ランキングとして(中略)となっている」という、その情報のソースは何なんでしょう?

317 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/26(日) 18:04:24 ID:mGSa5IhI
>>316
だから捏造なんだよ。
百歩譲っても晩餐会か何かの場面を勘違いした内容が、伝言ゲームのごとく
誤って伝えられたって可能性はあるけどな。燕尾服で空港に出迎えるアホな
大統領なんているわけねえじゃん。


318 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 18:40:03 ID:Pi0N09MD
燕尾服(テールコート)のグローバル・スタンダードな着方は?
正礼装
ドレスコードに「ホワイトタイ」とあれば、夜の礼服 燕尾服を正しく着ます。
燕尾服三つ揃+立衿イカ胸両穴シャツ+白蝶タイ+スタッド釦&カフス釦は白蝶貝+
ポケットチーフは白のスリーピーク挿し+靴は黒エナメルのパンプス。
着用に際しては、19世紀後半に確立した この伝統的な着装法を変える事は、許されません。


319 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 19:10:40 ID:s0jiDGCu
天皇に関する間違った知識
×世界最古にして最長の家系
○現存する最古最長の君主の家系
 エチオピアが革命までは当時の現存する世界最古だった
 天皇家が記録抜くには神話でも通説でもしばらくかかる
 ギネス公認の家系で最長は孔子の家系になっている
 ただし天皇家は神話を含めれば孔子より長い。

×天皇は世界唯一の皇帝(エンペラー)なので世界一偉い
 皇帝とは古代は王より上に立つものとしての称号であったが
 ローマ帝国分断・三国時代 以降近代まで
 低下してきて、近代では自称すれば原則OKとなっている。
 天皇も古くは大王であったが
 遣隋使の日出処天子=日没処天子以降皇帝と同格にした経緯。
 どちらかといえば古代の称号が立派すぎて近年自称でも名乗るのは
 世界を知らない恥ずかしい事と受け取られつつ(ボカサ・ノートン)あるので
 他に居なくなった。
 現代君主の格として王と天皇に差をつけている外国は見当たらない。
 日本が世界第2位の経済大国であることから国によっては
 諸外国の王より外交上重要視することはあるかもしれない。
 また昭和天皇裕仁は晩年には在位が60年を超え
 戦前戦後に渡って在位し続けてた歴史上の人物としての
 個人の評価が他の君主(明仁含む)とは違う点も看過してはならない。

320 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 19:19:25 ID:SJ845JEd
>>319
>現代君主の格として王と天皇に差をつけている外国は見当たらない。

ちゃんと調べて言ってるのか?
カナダ外交プロトコルでは、An Emperorは唯一天皇だけ特別だよ。
http://www.pch.gc.ca/progs/cpsc-ccsp/pe/address4_e.cfm


321 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 19:37:56 ID:SJ845JEd
カナダのプロトコルでは、
自分たちの君主であるエリザベス女王に呼びかけるときには Your Majesty なのに、
天皇には Your dignified Majesty と最上級の敬語になるようだ。
すごすぎ!


322 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 19:43:35 ID:SJ845JEd
>>313
>アメリカ大統領が天皇にホワイトタイで迎えたとしても
>最大の貿易相手国に対する特殊な場合って事か

アメリカの最大の貿易相手国は、日本ではなくカナダだよ。
廃止派はウソが多すぎるぞw


323 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 19:54:52 ID:Pi0N09MD
ホワイトタイに続いてカナダ外交プロトコルネタ
バカウヨのお約束

324 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 20:08:48 ID:L7QgLtH4
なんか良く判らんが男根なんやらとかの制度だと
妾制度復活させないと天皇存続無理なんだべ?

んで妾制度導入は無理なんだから、結局あと150年もしたらなくなるんじゃねーの?

325 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 20:44:04 ID:Pi0N09MD
5年以内に滅べ

326 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 21:34:03 ID:cSrRZ95a
つか もういらね
で、たこ八郎の銅像を天皇にする。何かありゃいいんだろ。象徴なんだから。

327 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 21:36:58 ID:Pi0N09MD
久々にたこ八郎って名前見たww

328 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/26(日) 21:42:45 ID:IqaS72W9
宅八郎はホスト。


329 :???:2006/11/26(日) 21:45:09 ID:cpOzQ51V
廃止派って何も知らないから、全然その夢が実現できないんだよな。つまり、お月様を
取ってくれと言うお子様みたいなもの。(w


330 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 21:50:13 ID:T5GVNz5G
いや、天皇家の系図なんて嘘だから。
古代日本は小国が乱立して部族抗争に明け暮れていた。
その中で大和政権の王が現天皇家の祖先だとしても、4、5世紀頃は影も形もなかった。
天皇が男系で2600年なんて韓国ウリナラ起源説と同類。

331 :???:2006/11/26(日) 21:52:57 ID:cpOzQ51V
廃止がいいなんて思うのは北朝鮮が天国だと思うようなもの。共和国マンセーってそういうこと。(w


332 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 21:55:25 ID:M540smB5
>>317
2ちゃんねるでは、
アメリカ大統領が、
燕尾服にホワイトタイで、
空港まで出迎えまつって、
平気で書いているんだよね。
ニュース速報+などではよく見る。

333 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 21:59:52 ID:T5GVNz5G
天皇教が外交プロトコルに天皇の権威を求めるのは不思議じゃない。
5世紀に倭の五王が中国の属国になってまで新羅や国内他国に対して箔付けを図った。
また維新でも新しい支配者と認知させ、庶民に浸透するため、臣下であるはずの徳川の江戸城を取り上げ皇居、と恥ずかしい名前をつけた。
天皇制はこういうウソとまやかしの歴史でもある。

334 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/11/26(日) 22:01:12 ID:IqaS72W9
>>332
これがネタもとなんだよな。笑えるけど。

>世界で一番偉い人って誰でしょ?
>判りやすく言えば、世界で最も権威のある人。
>もっと砕けて言えば、世界で最も地位が高い人。

>ぶっちゃけて言えば、皇帝が一番偉い。
>以下法王、王様、大統領、首相の順に続く。

>一覧にするとこんな感じ
>皇帝(emperor)≧法王(Pope)>王様(king)> 大統領(president)>首相(premier)
>皇帝と法王の間は一応≧にしてるけど、ほぼ=。
>ちなみに法皇だと皇帝と法皇兼任ですので更に偉い。

>で、これを現在の世界情勢に合わせてみると・・・

>天皇陛下(emperor)≧ローマ法王(Pope)>英国女王(Queen)> アメリカ大統領etc(president)>日本国首相etc(premier)

>っつーわけで、天皇陛下が一番偉い。
>と、まで言わないが、世界で2トップのうちの一人なのよ。いや、マジで。
http://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan2.html


335 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 22:04:27 ID:cSrRZ95a
>>329
お月様いらねえから俺の痔を取ってくれ。
いくら頼んでも「切らずに治す」って、
もう半年じゃねえか。後醍醐天皇のお墓
なら、家のすぐ裏にあるよ。ほしいなら
やるよ。俺んじゃねえけど。

336 :朝まで名無しさん:2006/11/26(日) 23:59:35 ID:SJ845JEd
>>334
カナダ外交プロトコルでは、そういう序列になっているな。
だから、間違いではないよ。


337 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 04:21:17 ID:sApb/yMC
>>334
アホ。カナダは単にアルファベット順w
それだとノムヒョンがブッシュより格上になるけど。


338 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 04:27:28 ID:4fGMcSNF
>>321
将軍より偉大なる将軍様のほうが偉いニダ!!
と同じレベルww

339 :???:2006/11/27(月) 14:49:26 ID:2qNlldl/
共産主義者が北朝鮮を崇拝していたことはよく知られているのだが何か?(w


340 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 15:51:57 ID:NzWwzvn6
日本における首相の位置は
今上天皇→東宮(皇太子殿下)→親王殿下→王殿下→首相の順
(降嫁してしまえば一般の人になる内親王及び女王殿下は除く)
なお譲位が許されていた時代には天皇陛下の上に上皇がいたが、現在の皇室典範上
禁止されているので事実上の空位

341 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 16:23:45 ID:Dv62T2dV
>>339
北朝鮮が天皇制を手本にしていることはよく知られているのだが何か?(w


342 :???:2006/11/27(月) 16:32:22 ID:2qNlldl/
一部妄想家の間で知られているってことだろう?それなら分かるぞ。(w


343 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 16:33:05 ID:/kaHVb8I
馬鹿が手本にすると天皇制も単なる独裁装置ってことだな

344 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 16:38:18 ID:Dv62T2dV
マンセーごっこやってるのは頭の程度が同じということだナ。

345 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 16:42:57 ID:/kaHVb8I
来たチョンのアホどもは「神格化」だけ取り入れたんだろ。
キム王朝は天皇制の超劣化コピーって事よ

346 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 17:02:25 ID:cu73f1f3
>>341
金親子ごとき俗人が天皇を真似るとあんな結果になるわけだw
自然なカリスマ性が無いから力で押し付けるしかなくなるわけで

347 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 19:51:38 ID:LVbIHTp7
majesty=陛下
digified mejesty=堂々とした陛下

日本語にすると
より間抜けさが現れるな。
カナダもジャップをバカにするために
わざと呼んでるんだろw

348 :347:2006/11/27(月) 19:53:04 ID:LVbIHTp7
>>347
nが抜けてもーた。スマソ。

349 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 20:04:11 ID:F189Rmii
>>340
皇太后や皇后も降家するってか?
お前不敬な奴だな。

350 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 20:22:05 ID:kASUrZmq
何が不敬じゃボケ

351 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 20:32:16 ID:rtx3frr7
ほんとに敬ってるやつなんているの?

352 :???:2006/11/27(月) 20:35:56 ID:2qNlldl/
さぞや反皇室は敬われていないんだろうね。(w


353 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 20:41:25 ID:OCYvweuI
なんか、民度下がったね。

354 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 20:44:56 ID:aIhQGlWT
民度?って、
上がるとどっち?

355 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 22:09:11 ID:O2rnVvzA
また日本は立憲君主国とか妄想垂れ流しの天皇教儲が湧いてるが
憲法1条は象徴以外の権能を天皇に認めない(芦部信喜)趣旨だ。
憲法に書いてもいないのに天ちゃんは君主だーい!、って立憲ではなく、
儲の脳内限定「妄想君主国」ということ。


356 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 22:10:11 ID:O2rnVvzA
いや、天皇家の系図なんて嘘だから。
古代日本は小国が乱立して部族抗争に明け暮れていた。
その中で大和政権の王が現天皇家の祖先だとしても、4、5世紀頃は影も形もなかった。
天皇が男系で2600年なんて韓国ウリナラ起源説と同類。


357 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 22:12:02 ID:O2rnVvzA
天皇教が外交プロトコルに天皇の権威を求めるのは不思議じゃない。
5世紀に倭の五王が中国の属国になってまで新羅や国内他国に対して箔付けを図った。
また維新でも新しい支配者と認知させ、庶民に浸透するため、
臣下と蔑んでいた(オヤジを殺された明治天皇はガキで西郷やらの元勲たちの操り人形)徳川の江戸城を取り上げ皇居、
と恥ずかしい名前をつけた。
天皇制はこういうウソとまやかしの歴史でもある。


358 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 22:16:47 ID:O2rnVvzA
>皇太后や皇后も降家するってか?
降家・・・・? 皮肉か?
おまえら、天皇儲の「おれたち奴隷宣言」は聞き飽きたよ。
天皇が人間宣言をして、現憲法で象徴に棚上げされ、国政上の無権能者と決め付けられて、
さらに現天皇・皇太子親子共々、神道を嫌ってキリスト教に改宗したってのに、
おまえら天皇教はこれい以上、恥を晒せば満足なんだ?

359 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 23:05:25 ID:R1syTDqB
>>290
> 皇室外交というのは外交官千人分の威力があると言われる。

天皇の役割が1000人の外交官で代替できるなら、
天皇制を廃止して1000人の外交官を増員したほうが、よほどマシだね。
そのほうが安上がりだし、情報収集能力が向上して国益にかなった外交ができる。

360 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 23:10:02 ID:kASUrZmq
3年前は「外交官100人分」てカキコしてたのが
いつの間にか「外交官1000人分」に誇大広告強化しやがったなw

361 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 23:13:55 ID:R1syTDqB
中国のことを悪くいえる立場じゃなかったんだw

362 :朝まで名無しさん:2006/11/27(月) 23:17:05 ID:IVGI8cJh
>>360
天皇制と同じく、中国からのパクリだろ?W

363 :???:2006/11/27(月) 23:19:03 ID:LKr35NHG
「外交官1000人分」などと根拠のない捏造を平気でするのが
皇国主義者の頭の悪いところ。(w

364 :朝まで名無しさん:2006/11/28(火) 00:05:38 ID:kKORpseL
外交官1000人分なら外交的に手こずっている国や議題を解決してもらいたいもんだ。
話し合いが付いて、友好関係結んでから出張る以上一から十まで外交官の力だろうに。

365 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/11/28(火) 00:09:08 ID:Jub8wJxR
>>246
>天皇は「戦争を起こした責任は内閣や軍や国民にあり、戦争を終わらせた功績
>は自分にある」とい
ったという証拠、マダー?
やっぱネツゾー?

>軍事作戦に関しては天皇の統帥権によって内閣に
>も国会にも干渉を許さなかった

第二次世界大戦中に、軍事作戦について議会に口出しさせてた国家の例、あるのか?
戦争中に軍事作戦にまで口出してた国家の例、希望中。
どこの部族国家〜?(w

366 :朝まで名無しさん:2006/11/28(火) 01:19:36 ID:jiH81E/J
外交官1000人分の経費がかかる、と言うこと。
その成果については全く別。
なにせ、天皇・皇族がなんかしても「立憲君主だから、責任は追及できない」と、
あとから信者が言い訳するから、そんな奴になんか任せることなんか到底出来ない。
自分の言ったこと・やったことに責任が取れないような奴に、
何を任せることが出来るのか?
どう信用しろって言うのか?

だからこそ、国政上の無権能者という枠をはめられた訳だ。

367 :朝まで名無しさん:2006/11/28(火) 11:16:18 ID:oviTADeb
いくらアホサヨや戦後教育の被害者が騒いでも

皇室は永遠に不滅です

368 :朝まで名無しさん:2006/11/28(火) 13:00:41 ID:Gmyn/VAC
皇室そのものと政治制度としての象徴天皇制を混同すべからず。

369 :朝まで名無しさん:2006/11/28(火) 13:02:15 ID:QuT7bHim
皇太后や、皇后、宮妃は降嫁しませんよ!!降嫁するのは、あくまで内親王や、女王殿下だけ
(要するに妃が産んだ女性皇族のみ)

370 :事情により名無し:2006/11/28(火) 15:54:31 ID:Li8SsXU4
立てておいたので、toooを始め、前の戦争について語りたい香具師はこっちでやってくれ。
【謝罪か?】昭和天皇の戦争責任を問う5【退位か?】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1164696519/l50

371 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 06:22:12 ID:Qky2LIP7
トルコ国家元首(大統領)も
ローマ法王空港で出迎えなかったね。
天皇=トルコ大統領かw

372 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 06:46:19 ID:vrVqb+qg
>>356
はぁ?3世紀には前方後円墳が出現していましたが・・・
第10代の崇神天皇の実在について現在主流の見解だろ。




373 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 11:32:03 ID:aFAG0RSv
【存続か?】象徴天皇制を問う74【廃止か?】

 ↑国民投票すればいいじゃんね

374 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 12:16:25 ID:KQURSmOX
次の人がなる時にはぜひやっていただきたい>国民投票


375 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 12:29:07 ID:Bncj8761
立候補するやつなんか居るもんかい?

376 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 17:26:22 ID:+8w9qhX2
>皇室は永遠に不滅です
不安そうだね。確認か?
だれも、地球は不滅とか、空気はなくなりませんとか「当然」のことを言う奴はいない。
わざわざ言うのは、不安だから「オレたち、倖せだ!」と自分に言い聞かせてる訳だね。


377 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 17:40:25 ID:PVbvl7zh
↑アホちゃうん?w

378 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 19:23:16 ID:+8w9qhX2
>↑アホちゃうん?w
「空気は永遠になくなりません」と当然のことを言う奴はいないが、
そうじゃないからわざわざ「皇室は不滅」と確認の意味で言ってるんだろ?

現状、国民の許可で存続している天皇制を、
何とか君主と言うことにして、国民の総意だの憲法だのを超越した、
上位にもって行きたい、って言う天皇教の焦りは知ってるけどね。

だから、神社本庁だの神道だののカルト宗教はゴメンだから「天皇制イラネ」と言ってる訳だ。


379 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 19:38:36 ID:vrVqb+qg
>>378
日本国憲法を聖書かコーランのごとく思っている日本人なんて
ほとんどいないのですが・・・

時々、あなたみたいのがいるんですよね。
日本国憲法=神の預言のごとく扱う人が・・・



380 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 20:26:19 ID:PVbvl7zh
>>378
ああ、 おまえは憲法教の信者か。

お前は、長島の引退セレモニーにも同じイチャモンつけるんかい?w

381 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 20:30:06 ID:GeN2gBYY
>>378
>現状、国民の許可で存続している天皇制を

また捏造している。ウソ止めれ。
「許可」ではなく、「日本国民の総意に基く」が正しい。



382 :成仏出来んぞ:2006/11/29(水) 20:31:40 ID:JeIriovo

戦時中、島嶼では玉砕と称して日本兵はお互いに足を引っ張り合いながら団子になって死んでいった訳だが、
生き残った人が「彼らの死を無意味だったとは遺族には言えない」と言っていた。
どうすれば彼らの死を無駄にさせないことが出来るか、思い悩んでいる様でもあった。

日本では、未だに戦争の張本人、責任者である天皇の戦争責任が問われていない。
これを明らかとし、二度とこの様なことが起きない様に天皇制を廃棄する事こそが、彼らの死に報いることではないだろうか。
そうして初めて、戦争で死んでいった数百万の日本人の死が無駄ではなくなるのである。


383 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 20:50:02 ID:+8w9qhX2
>日本国憲法を聖書かコーランのごとく思っている日本人なんて
>ほとんどいないのですが・・・
いないだろうな。
だって、憲法は宗教じゃないから。
宗教バカは、こんなこともわからなくなってるんだな。


384 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 20:52:41 ID:+8w9qhX2
>>380
憲法は、神道みたいな神様イヤサカ、
なんていう宗教では無いし。
長嶋と憲法を同列で考えるのも、あんたの知的レベルが分る。

なんでも自分たち「宗教」仲間にするなよ、汚らわしい。

385 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 21:01:19 ID:vVbhN/CV
>>380
天皇制賛成派の文化人にいなかったっけ?
「会社が永遠だの、球団が永遠だの馬鹿か?」みたいな論旨で。
もっと言えば長嶋もミニ天皇みたいなもんだよな。

386 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 21:10:07 ID:FqVejI8G
>>382
仮に憲法的には、
無答責だったとしてもだ、道義的な責任があるわけだからね。
イタリアは、王国を廃止したけど、
別に無政府状態に陥って居るわけでもない。
治安が悪いのは移民やジプシーなどの問題が大きいわけで、
元からのイタリア人には悪い人は少ないだろう。



387 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 21:13:08 ID:+8w9qhX2
>>381
こう書けば満足ですか?

「空気は永遠になくなりません」と当然のことを言う奴はいないが、
そうじゃないからわざわざ「皇室は不滅」と確認の意味で言ってるんだろ?

現状、国民の総意に基づいているとして存続を許されてる天皇制を、
何とか君主と言うことにして、国民の総意だの憲法だのを超越した、
上位にもって行きたい、って言う天皇教の焦りは知ってるけどね。

だから、神社本庁だの神道だののカルト宗教はゴメンだから「天皇制イラネ」と言ってる訳だ。

388 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 21:16:27 ID:IirLWvzf
>>386
日本では天皇制の廃止の運動は盛り上がらなかったな。
米よこせ騒動はあったが。


389 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 21:20:02 ID:Dw7unE9y
>>388
「朕はたらふく食ってるぞ、汝臣民飢えて死ね」

390 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 21:27:07 ID:IirLWvzf
>>389
宮内省職員が機転を利かして、宮内省職員食堂のにあった米を差し出したんだよ。
国民は、皇居内なんか知る由もないからな。

391 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 21:42:38 ID:Dw7unE9y
ええ、警察を使ってとっ捕まえて、刑務所に放り込んだのでしょ?
さすがは、昭和天皇!

392 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 22:16:47 ID:IirLWvzf
>>391
妄想乙!

393 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 22:29:04 ID:Dw7unE9y
戦地で補給を与えず、餓死、病死で臣民の多くを虐殺し、それでも飽き足らず、広島、長崎の原爆投下
を自己の地位に汲々とするあまり見捨てた。

戦後に自分を批判する輩は警察を使って、拘束した、ぐらいはご愛嬌程度のこと。

394 :朝まで名無しさん:2006/11/29(水) 23:29:25 ID:GeN2gBYY
天皇制廃止派って奴は、どうしてこうまで悪意による曲解ばかりするんだろうね。
賛同者がますます離れていくとは思わないのかな?
こんな連中が増えて日本の品性が汚されるのはイヤだな。


395 :???:2006/11/29(水) 23:32:41 ID:QAAoM0+n
共産国が滅びて行き場のなくなった連中が廃止論に逃げ込んでいるだけだろう?廃止派って
典型的な負け犬パターンを辿っているからな。(w


396 :あんくん:2006/11/30(木) 02:51:59 ID:+hpMFXPD
>>388
>日本では天皇制の廃止の運動は盛り上がらなかったな。

うん、それはしょうがないよね、さんざんマインドコントロールされてたんだから。
オウムの皆さんが今でも尊師尊師と言ってるのと一緒。

397 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 05:59:37 ID:gdkuNnTT
>>396
マインドコントロールされていない現代でも、そのうえ教科書は自虐教育なのに、
天皇制支持率が90%もあるのは何故?


398 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 07:40:44 ID:OCHmytLf
>>387
日本が立憲君主制(constitutional monarchy)であるのは世界の常識ですね。
天皇=君主=元首もまた常識

日本国憲法=神の預言のごとく扱う日本国憲法信者は
天動説に固執したキリスト教徒と同類ですね。

現実は違うことに気づいてくれるといいのですが・・・

あと、天皇教っていうより日本の神様仏様を信じているのが
一般的な日本人ですよ。

皇祖が祭られている伊勢神宮に首相が正月に参拝にいくのも普通のこと。

399 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 07:48:02 ID:ZheX9iqR
>>398
現人神って言葉すら知らないのか?

400 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 08:10:47 ID:OCHmytLf
>>399
日本は多神教が普通ですからね。
別に天皇の皇祖が伊勢神宮に祭られている天照大神なんて常識でしょ?
天皇家自体、神話と繋がっているんだし。


401 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 10:18:42 ID:6wPX/dc8
天皇狂徒が天皇はローマ法王のような者と例を出すこと自体、宗教であることを自白している。

402 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 10:32:42 ID:EBNAP99y
>>387

そんな回りくどい意図で言ってんじゃなくて、
「お前らサヨが騒いでも無駄」だと言ってるだけだろ。

しかしどこまでも憲法を絶対視する奴だな。
よっぽどお前の方が宗教がかってるぜw

403 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 11:59:27 ID:oRJI2DG/
>>401
人間を超越した存在を否定したところで、「人間」を神としているに過ぎないとおもうがの?
規範を人間を超越した存在に置くのか?人間そのものに置くのか?という違いに過ぎん。
人間は宗教観から逃れることは出来ないぜよ

404 :401:2006/11/30(木) 14:21:20 ID:6wPX/dc8
>>403
だから、宗教は「信教の自由」に任せ国が天皇教を保護する必要なし。

405 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 14:23:00 ID:EBNAP99y
「天皇教」だってさ プ

406 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 14:34:11 ID:0kCzQ6zE
>>405
まぁ少なくとも、世界で一番エラスなんだい
とか書いちゃう子の頭の中にはその傾向が大いに詰まっていると思うよ

407 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 14:42:53 ID:/V3hIxbK
すくなくとも正月に神社に初詣いっている大多数の人がいる時点で、天皇制は保障されている



408 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 14:58:14 ID:V+Dd4HRp
それにしても、日本的封建制の名残であり「人知の介在を許さぬ」天皇制が、
国民多数に支持されてるから「存在の正当性」がある、と宗教屋が言うしかないのは滑稽だな。
天皇教も情けない思いだろう。

無宗教からキリスト教までの国民に支持されてなければ、天皇制は即廃止、
と言うことは理解しているようだ。
だからこそ、次の段階として「天皇は元首・君主」と憲法に明記しろ、そうすれば国民の意思なんか無関係に、
国家や憲法より天皇の存在が上位だ、と運動していた訳だが、
自民党案からも外されてしまった。



409 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 14:59:28 ID:6wPX/dc8
天皇狂徒にとってはローマ法王と天皇が世界の二大権威だってさ。
恥ずかしいから外国では言わないようにしょうネ。

410 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 15:00:12 ID:EBNAP99y
↑そういうお前は憲法教信者かw


411 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 15:13:56 ID:0kCzQ6zE
>>407
つーか、僕は天皇教信者だよん という証明をしたい訳か??

412 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 15:27:59 ID:V+Dd4HRp
>人間を超越した存在を否定したところで、「人間」を神としているに過ぎないとおもうがの?
幼稚なレトリックだ。
人間を超越した存在を、おまえはどうやって認知した?
おまえが3次元の存在であれば、4次元以上の存在など認知も認識も不可能であり、
何の根拠も無い想像以外の何物でもない、ということ。
そんなレベルのものをおまえが勝手に崇めるならともかく、他人にまで押し付けるな。

しかも、人間をカミとしているのは天皇教そのものだ。
人間は人間であり、そこに限界も可能性もある。
現憲法が拠って立つ、現代立憲主義は人間性への懐疑(制限規範性といわれる)と人間性への信頼(自由主義と民主主義)との
両面から人間が自らを律し、また法(のり)を定めた物。
そこに、人間を超えたものとか、カミとかのまやかし、ごまかしは排除されている。

413 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 15:36:31 ID:oRJI2DG/
>>412
>そこに、人間を超えたものとか、カミとかのまやかし、ごまかしは排除されている。

ほらほら
おまんは既に、「人間を越えたものは排除すべき」という先入観にとらわれてるぜよw
それが人間中心教という宗教なんぜよ

414 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 15:41:54 ID:oRJI2DG/
人間から出発して、人間に帰っていく思想は、人間を批判できない。
それが、神が死んだ現代社会が抱えている問題の根源ぜよ

415 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 15:42:31 ID:EBNAP99y
結局憲法大事に落ち着くんだよな、こういうやつら。
敗戦の罰に押し付けられた属国憲法が何ぼのモンじゃ

416 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 15:44:59 ID:V+Dd4HRp
>>413
では、お前の言う”宗教”とはなんだ?
定義をはっきり聞かせてもらおう。

417 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 16:10:00 ID:oRJI2DG/
>>416
一般的な宗教とは人間の完全なる理想形を「神」として定義し、
神にはなれぬまでも、神に近づくべく自分を律しながら生きる為の指針とする事。

天皇に限らず、神格化された存在はこれからも否定されていく事だろう。
何故なら、罰(バチ)というものが実はないのだという事を人間がすっかり覚ってしまったからだ。
人間中心主義という言葉ができ、思想とは、人間が、より得をする為の思考をさすようになり、人間を超越した理非はナンセンスなものになった。
あるものは損得ばかりで、だから損にさえならなければ何をしてもいいのである。

これが「カミ」を捨てた現代日本を蝕む無宗教徒(人間教徒)の姿ぜよ

418 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 16:42:18 ID:V+Dd4HRp
>>417
一般ではなく、おまえの採る立場を聞いているんだが。
それとも、そこに書いた”一般的宗教”とやらの定義とおまえの立場は一致しているのか。

419 :あんくん:2006/11/30(木) 16:42:41 ID:+hpMFXPD
>>399
>現人神って言葉すら知らないのか?

知らんねぇ、教えてくれよ。

420 :あんくん:2006/11/30(木) 16:43:14 ID:+hpMFXPD
池田大作先生の事か?

421 :あんくん:2006/11/30(木) 16:48:34 ID:+hpMFXPD
>>397
>マインドコントロールされていない現代でも、そのうえ教科書は自虐教育なのに、天皇制支持率が90%もあるのは何故?

制度も残ってるし、犯罪者として定義されてないからじゃね?

君は何でだと思う?

422 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 16:49:45 ID:EBNAP99y
なんのこっちゃ

423 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 16:50:51 ID:oRJI2DG/
>>418
一致してるぜよ


424 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 16:50:57 ID:V+Dd4HRp
>人間から出発して、人間に帰っていく思想は、人間を批判できない。
なぜ、批判する必要がある?
是々非々、合理的懐疑の視点は忘れない、と言う立憲主義の立場で充分だ。

一般的な宗教が人間を批判と言うより、人間を超えた存在をほのめかしたり、
来世・天国・地獄・霊などで脅して、「おまえはたいした存在ではない。」と言って、人間性を否定している。

人間性礼賛の宗教がホントに少ないのは、単に恐怖や脅しをしたほうが、教団に人・金を集めやすい、
という勝手な事情による。

425 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 16:57:38 ID:LSXvM+MZ
>>417
>完全なる理想形
それを造るのも結局人間。
人間の都合良く、もっといえば教祖の都合良く理想形を設定する事はいくらでも可能

426 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 17:01:12 ID:V+Dd4HRp
>>423
>一般的な宗教とは人間の完全なる理想形を「神」として定義し、
>神にはなれぬまでも、神に近づくべく自分を律しながら生きる為の指針とする事。
これは、中世欧州のルネサンスの宗教人間観のパクリではないか?
宗教の一般的定義とはいえないな。
お前の言ってるのは、個人的哲学か、ごく一部分の宗教者の理屈でしかない。
現代の宗教は、そんな個人の哲学・人間観とは全く違うところにある。
ほとんどの信者にとって宗教とは、誰かが思いついたか、
でっち上げたかの既成の団体で行われているもの(と把握するしかない)。

神道系教団に入ってる者は、一歩間違えれば葬家であったり、統一教会に入った。
そこに主体的な選択なんて言うのはなく、ただ偶然。
9割がたの人はそうだ。

427 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 17:07:02 ID:oRJI2DG/
>>425
その通り。神は人間が作り出したもの。

新興宗教の様に一個人が短期間で恣意的なままに教義をつくると、多分に人間の傲慢さが反映され、金儲け目当てのカルトに走りやすい。
そういったカルトは自分を律する為というよりは、自分が神がかり的な幸運に見舞われる為とか、アルマゲドンが来たときに自分だけは生き延びる為とかいう利己的な理由で信仰するケースがほとんどじゃきにな。
長い年月をかけて土着し、歴史の中で磨き上げられてきた信仰と一線を画す為に「一般的な宗教とは」と書いちょるわけ。


さらにいうなら日本の神には形が無いきにな。
個人個人が思いのままに理想形を描けばよろしい。


428 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 17:08:20 ID:oRJI2DG/
>>426
>>427がレスでええじゃろ?

429 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 17:13:23 ID:LSXvM+MZ
>>427
>個人個人が思いのままに理想形を描けばよろしい
日本中教祖様で一杯だな。

430 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 17:14:06 ID:oRJI2DG/
>>429
??
おまんには意味が伝わらなかったようじゃな

431 :あっくん:2006/11/30(木) 17:16:29 ID:+hpMFXPD
>>429
>日本中教祖様で一杯だな。

いいじゃないか、個々に教祖さまがいる。
つまりお前は全体主義じゃないと、心が落ち着かないんだろ?w

432 :あっくん:2006/11/30(木) 17:17:47 ID:+hpMFXPD
>>429
そういう、
全体主義でしばられたい人は北朝鮮でも行けば歓迎してくれんじゃない?

433 :あっくん:2006/11/30(木) 17:20:07 ID:+hpMFXPD
思想信条の自由とは個々の神を尊重する、ということだからね。
逆に言えば、公的に天皇を保証してはマズいわけ、民主主義国家では。

434 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 17:20:31 ID:EBNAP99y
うわぁ・・・理解力ねえ・・・

435 :あっくん:2006/11/30(木) 17:22:12 ID:+hpMFXPD
>>434
>うわぁ・・・理解力ねえ・・・

民主主義国家において君が「天皇さまを大好きだ」という思いは尊重されるべきだと思うよ。

436 :あっくん:2006/11/30(木) 17:23:36 ID:+hpMFXPD
ただ、民主主義国家の制度の中に宗教的な物を取り入れるのはマズいわけ。

437 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 17:24:04 ID:EBNAP99y
>>435

ああそうですかww どうでもいいよお前ww

438 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 17:24:05 ID:V+Dd4HRp
>長い年月をかけて土着し、歴史の中で磨き上げられてきた信仰と
>一線を画す為に「一般的な宗教とは」と書いちょるわけ。
えらく抽象的だな。
いわゆる伝統宗教と新興宗教の線引きなんて、曖昧だし自称でしかない。
また、ここでの天皇教といわれる国家神道を源流とした現在の神社神道は、
明治以降の新興宗教そのものであるわけだが。
それに同意するのか?

439 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 17:25:12 ID:oRJI2DG/
人間から出発して、人間に帰っていく思想は、人間を批判できない

人間中心であるという事は、人間の恣意性を受け入れる事を意味する。
人間の性質が、「善」であり、常に、万人及び個人のことを考えて何事も行うのであれば何も問題はない。
しかしあいにく人間は極めて利己的であるため、自分の利益のために政権を作り、利権を自分のもとに集めるようなシステムを作って自分だけが繁栄するように企むものが出てくる。
この人間の堕落性を考慮に入れない政治体制は必ず瓦解する事はソ連や社会主義国が証明している。

「神」という何かしら人間を超越した善なるもの。これを中心に国を形作る事は日本古来から続く歴史から得た日本人の知恵であった。
人間は人間を疑う賢さがあるから、人間を頂点には置かなかったのだ。

現代日本、神は死に、天皇は人間となった。
人間を越える価値観は否定され、
金儲けの上手さによって勝ち組負け組みと区分けされ、
一部の勝ち組のために9割の貧困層が老後に飢え死にしていくことだろう。

その時こそ、日本人は(世界はと言ってもいいが)資本主義や人間中心主義の限界を知るに違いない。
その時に日本を救うものは天皇以外にあり得ないと断言しておくぜよ。

(最後はちょっとカブき過ぎたかも・・・・まあ、わしは尊皇志士じゃきに許しておおせやw)

440 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 17:26:03 ID:oRJI2DG/
>>438
同意せんわい

441 :あっくん:2006/11/30(木) 17:26:41 ID:+hpMFXPD
>>438
>ここでの天皇教といわれる国家神道を源流とした現在の神社神道は、
>明治以降の新興宗教そのものであるわけだが。
>それに同意するのか?

というよりその天皇教は明治政府が暴力的にでっち上げたものだぜ。

442 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 17:27:37 ID:V+Dd4HRp
>どうでもいいよ
議論板で未だにこんなこと書く奴がいること自体嘆かわしい。

443 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 17:27:57 ID:jJiS2sn4
最近反皇室は知能低い奴ばっかだね。
コテはどこ行ったの?

444 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 17:29:55 ID:EBNAP99y
>>442

あんなバカ相手にしてられるか ボケ

445 :あっくん:2006/11/30(木) 17:33:42 ID:+hpMFXPD
だから、全体主義でしばいてもらうのが好きなら、
マジ北朝鮮に行けばいいじゃんw

446 :あっくん:2006/11/30(木) 17:34:31 ID:+hpMFXPD
日本の天皇はなんかナヨナヨしてるけど、北の将軍さまは男らいしぞ。

447 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 17:36:16 ID:EBNAP99y
>>442


>>425
 ↓
>>427
 ↓
>>429
 ↓
>>446


相手できるならお前がやれ

448 :あっくん:2006/11/30(木) 17:38:59 ID:+hpMFXPD
つまり、
民主主義国家では、天皇好き、オウム好き、大作好き、〜〜の嗜好を保証します。

ただ、制度の中に嗜好を組み込んでる点がまずいんだよ。
わかるかい?

449 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 17:39:15 ID:V+Dd4HRp
>その時こそ、日本人は(世界はと言ってもいいが)資本主義や人間中心主義の限界を知るに違いない。
>その時に日本を救うものは天皇以外にあり得ないと断言しておくぜよ。

ま、こういったレトリックはオウムやなんかのカルト宗教の終末思想に見られるもので珍しくない。
しかし、前後で何の因果関係も証明で来ていない。
人間中心主義なんて、宗教の対語であり、ふつうの人は宗教のほうが異常な世界観である、と認識している。
いくら、自分や社会が行き詰ったからと言って、多くの人が宗教に走るのが当然だ、なんて陳腐すぎる。
むしろ、宗教が人間を束縛し、主体性の探求、研鑽すらも否定する都合のいい道具として使われてきた、
という国家神道以来の日本での宗教のあり方を思い出すべきだ。

450 :あっくん:2006/11/30(木) 17:44:06 ID:+hpMFXPD
>という国家神道以来の日本での宗教のあり方を思い出すべきだ。

だから、宗教はかまわないんだよ。
特定宗教、特定な嗜好、を憲法、法律で保証してしまう点がまずいわけ。

451 :あっくん:2006/11/30(木) 17:52:06 ID:+hpMFXPD
>>439
>その時こそ、日本人は(世界はと言ってもいいが)資本主義や人間中心主義の限界を知るに違いない。
>その時に日本を救うものは天皇以外にあり得ないと断言しておくぜよ。

お父さん。 本格的にやられてますねw

452 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 17:54:07 ID:0kCzQ6zE
>その時に日本を救うものは天皇以外にあり得ないと断言しておく
僕は狂信者だと宣言しているのに等しいと理解できているんだろうか??

453 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 17:57:54 ID:oRJI2DG/
脳梅毒じゃきになw

しっかし、おまんらも頭冷やしてもう一度考えてみいや
脳梅毒の言葉にも真実が無いとは限らんきにな。

454 :あっくん:2006/11/30(木) 18:12:44 ID:+hpMFXPD
>>439
>その時こそ、日本人は(世界はと言ってもいいが)資本主義や人間中心主義の限界を知るに違いない。
>その時に日本を救うものは天皇以外にあり得ないと断言しておくぜよ。

でも、あんな、いつも薄笑いを浮かべた頼りない日本の天皇より、
なんだかんだいいながら、ミサイル作って、原爆まで作った、
北の将軍さまの方が頼りがいがあると思うのですが、どうでしょうか?

455 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 18:13:16 ID:0kCzQ6zE
>>453
狂人の戯言に一片の真実があるかもしれない

つまり予言を信じろと?信じる者は救われると?
布教はオカルト板あたりでやってくれ

456 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 18:15:21 ID:0kCzQ6zE
>「神」という何かしら人間を超越した善なるもの。
ま、この時点から間違っているから
>>439は全くの脳内妄想って事でFAなんだけどね

457 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 18:19:01 ID:oRJI2DG/
>>454
あちらの国がお好きならいつでも亡命してください。

私は日本の天皇は立派な人物だと思います。

458 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 18:20:21 ID:oRJI2DG/
>>455
予言とは言うちょらん。断言したぜよ。

459 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 18:21:45 ID:0kCzQ6zE
>>457
人として立派であるかそーでないかなどが問題ではなく

天皇こそスバラシスなのだと
故に価値有り故に日本を救い故に崇めよなどと言い出す信者こそが問題なのだという話だよ

460 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 18:23:03 ID:0kCzQ6zE
>>458
はいはいw
信者だと区別できるようコテ入れておいてくれ

461 :あっくん:2006/11/30(木) 18:24:00 ID:+hpMFXPD
>>439
>その時こそ、日本人は(世界はと言ってもいいが)資本主義や人間中心主義の限界を知るに違いない。
>その時に日本を救うものは天皇以外にあり得ないと断言しておくぜよ。

こういう風にオカルト的なことを断言してしまった以上、
ニュース議論板という場での議論は不可能なんです。

462 :土佐尊王浪士:2006/11/30(木) 18:26:23 ID:oRJI2DG/
なんかおまん等、世の中にも正解・不正解の様な解答が存在するとでも思っちょるげな?

>>459
あんな長文書いちゃったのに・・・・そんなもんかい?


>>460
ほいさ

463 :あっくん:2006/11/30(木) 18:28:01 ID:+hpMFXPD
>>460
>信者だと区別できるようコテ入れておいてくれ

つーか、信者じゃなくてもコテを入れて欲しいね。
コテがないと、その人の本音を読み解くまで、とても時間がかかる。

464 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 18:29:11 ID:oRJI2DG/
>>461
経済だって予測はするだろう?

>>439
>現代日本、神は死に、天皇は人間となった。
>人間を越える価値観は否定され、
>金儲けの上手さによって勝ち組負け組みと区分けされ、
>一部の勝ち組のために9割の貧困層が老後に飢え死にしていくことだろう。

こっちには誰も突っ込まんが、
おまんらは勝ち組かいの?
それとも飢え死にする覚悟は出来ちょるんかの?



465 :あっくん:2006/11/30(木) 18:34:50 ID:+hpMFXPD
>>464
>経済だって予測はするだろう?
経済は予測はなんらかの根拠に基づいた予測、
あなたの発言は「そのうち神風が吹いて日本を救ってくれるだろう」風な
妄想的なもの。

>>439
>現代日本、神は死に、天皇は人間となった。
>人間を越える価値観は否定され、

↑から↓へのつながり方が変wwwwwww

>金儲けの上手さによって勝ち組負け組みと区分けされ、

466 :あっくん:2006/11/30(木) 18:35:29 ID:+hpMFXPD
つーか、これからコタツを直すからwww

467 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 18:46:34 ID:0kCzQ6zE
>>464
>人間を越える価値観は否定され、
>金儲けの上手さによって勝ち組負け組みと区分けされ、
>一部の勝ち組のために9割の貧困層が老後に飢え死にしていくことだろう。
これ、明治維新の話でもあるからね
江戸期までの宗教的権威だった天皇家を
政治制度の中に組み込み、国家神道という新興カルトのトップに祭り上げた時から
天皇家が長く有し続けた、日本古来の民衆とともにあった
荒ぶる神、超自然の神との絆であった天皇家の宗教的権威は
完全に潰えたのだから

という誤りを指摘する突っ込みして欲しかった訳か??

468 :あっくん:2006/11/30(木) 19:06:47 ID:+hpMFXPD
>>467
そういうややこしい否定の仕方をするから、不用意にレスを消費してしまうんだよ。

単純に>>464 に「理屈の連続性がありませんよ」と言えばいい。

469 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 19:13:31 ID:EBNAP99y
ここは安くんがジャマだな

470 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 19:16:11 ID:jJiS2sn4
なんか、恐ろしく知的レベルの低いコテが現れたね。
常駐する気かな?

471 :あっくん:2006/11/30(木) 19:22:34 ID:+hpMFXPD
あと、このスレでは、皆さん何でもいいから、コテを付けていただきたい。

472 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 20:05:49 ID:FlQog2AQ
>>471
お前さんこそ、医者板で有名(notorious)なあっくんかい?w

473 :あっくん:2006/11/30(木) 20:23:05 ID:+hpMFXPD
まあ、これだけ立派なレスが出来るあっくんは2ch広しといえどもそうはおらんじゃろ、わっはは!!

474 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 20:31:50 ID:FlQog2AQ
>>473
鳥つけてみろよ。
もし、本物なら、こんな所に来るよりは、ばあちゃんの心配していた方が良いだろw
後、ドキュ先生へのストーカー行為、未だやってんの?

475 :あっくん:2006/11/30(木) 20:35:40 ID:+hpMFXPD
ストーカーも糞も非は向こうだからねぇ〜
あと、医者板の奴らには言うなよ、ますますこのスレが混乱するからw

476 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 20:43:47 ID:FlQog2AQ
>>474
おいらはドキュ先生の親父さんの孫弟子?くらいに当たるんだよw
無論、ドキュ先生のことも知ってる。
医者板は、最近は、少しROMするくらいだが、以前は、カキコもしてたぜ。

まあ、雅子妃の医師団?か何かのスレが立っていた時、お前さんの意見は読んでいたよ。
一応、廃止賛成派で良いのか?

しかし、わざわざ何しに来たんだよw




477 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 20:44:56 ID:FlQog2AQ
>>476>>475です。訂正

478 :あっくん:2006/11/30(木) 20:51:04 ID:+hpMFXPD
>>476
>無論、ドキュ先生のことも知ってる。
リアルで会ったことはあるわけ?

479 :あっくん:2006/11/30(木) 20:56:01 ID:+hpMFXPD
>>476
>おいらはドキュ先生の親父さんの孫弟子?くらいに当たるんだよw
つーことは日本では少数のフロイト派?

>一応、廃止賛成派で良いのか?
そうだよ。

480 :あっくん:2006/11/30(木) 20:58:26 ID:+hpMFXPD
まあ、思うにクズ君は、とんでもない傲慢医者か、心の病気か、
どっちかだね。

481 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 21:02:15 ID:FlQog2AQ
>>478
会ったことはないけど、メールのやり取りをしたことはあるよ。
だから、ドキュ先生のあらかたの経歴は知ってる。

>>479
>フロイト派?
おいらは、精神分析はやっていない。
院の指導教官が若い頃、ドキュ先生の親父の弟子だった。

廃止派なら、先ずは、ここのコテの筆頭、なっちはカワイイ氏の「バチカン化論」について、意見を述べてくれ。
上の方に、本人のカキコがあるだろ。


482 :あっくん:2006/11/30(木) 21:18:09 ID:+hpMFXPD
つーことは、>>16-19を読めばいいの?

483 :ドキュソルミシン:2006/11/30(木) 21:19:02 ID:FlQog2AQ
>>482
そうなりねw

484 :あっくん:2006/11/30(木) 21:23:31 ID:+hpMFXPD
あるいは、彼の近辺の医者はそれなりの地位にあるのに、
彼はそれが得られてない、そのはけ口に俺が利用されたと、
も考えられるね。

485 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 21:25:47 ID:FlQog2AQ
>>484
禿しくスレ違いだぜ。
ちゃんとレスしないと、またみんなに総スカン喰らうよ。

じゃあ、またな。ちゃんとレスしとけよ〜

486 :朝まで名無しさん:2006/11/30(木) 22:41:35 ID:m3oeyCEM
カワイイのバチカン化論なんて興味は無いけど
>>417の「バチかぶり論」は鋭い指摘だと感心スタ



487 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 00:46:58 ID:3y0hHoFu
>>486
ルネサンス期の宗教権力への反抗のパクリなんだが、それに感心か・・・。

488 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 00:56:19 ID:TvdpIes/
V+Dd4HRp=3y0hHoFu

マト外れなレスばっかしてないで
お前もなんか主張しろよ



489 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 01:03:30 ID:Lp3cD0o0
>>488
>>417は冒頭の
>一般的な宗教とは人間の完全なる理想形を「神」として定義
から誤りだもの、脳内解釈で無茶なレスを書いたヤシと
その誤りに気づかぬまま関心してしまうヤシに対して
むしろ真っ当な指摘でしょ

490 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 01:05:28 ID:TvdpIes/
>>462
ID:oRJI2DG/ってやっぱあの土佐氏なの?


491 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 01:30:14 ID:3y0hHoFu
>>489

488は皮肉、って言葉を知らんみたいでつな。
天皇ヨイショの土佐寝たきり浪人が、知らぬが仏で宗教批判のレトリックに心酔、
っていうのも、まぁ、宗教信者ってこんなもん、ってことで。

492 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 01:46:28 ID:TvdpIes/
>>491
つーかさ、センズリこきたきゃこんなとこ出てこないで一人で部屋の中でやってろって。
お前らは独りよがりの納得感想をたらたら書いてるだけ。
そんなもんはチラシの裏にでもメモしとけよ。

おまえらは白痴のくせに、俺は頭が良いんだぜ〜!
みたいな虚勢を張ってる様にしか見えない。

こんな国滅びろって。マジで。
日本人なんてけち臭くて大嫌いだね

493 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 01:55:49 ID:Lp3cD0o0
>>492
ここは2chだぞ、便所にラクガキをしに気まぐれに人が集う場だろうに

で、それぞれの板事に遊び場なりの約束事があり
ここは議論板故に、それなりのやり取りが求められているってだけの話なんだが
知識が無いならROMってれば良い話で、参加したきゃ最低限の基本は学んでこいって事でもある
生半可で参加すりゃ、良くて誤りを訂正され、悪けりゃカエレでしゅーりょーなんてのも基本だろうに
で、ナニをいじけているんだ??



494 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 01:58:03 ID:TvdpIes/
>>493
マジ笑えるw

お前の意見さえ何一つ言ってないくせに偉そうにw

このみみっちぃ書き込みをみろよおまえら

これが今の日本人の姿だよ

まったく欝になるぜ

土佐っびはもう来てくれなくていいよ

こいつらすくいようがない雑魚ばっかりだから


495 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:05:17 ID:3y0hHoFu
>>494
結局、宗教なんかやってる奴は精神もアタマも弱い、ことだな。
精々、神道信者同士、天皇マンセーって「おれたちにしかワカラネーよな?!」ってやってろ、ってこと。

496 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:07:02 ID:Lp3cD0o0
>>494
天皇家の歴史を政治利用しているだけの政治制度が天皇制であり
天皇家の存続と政治制度としての天皇制の存続は別ものであるにも関わらず
それを意図的に混同させ、天皇家の歴史を制度の歴史であるかのように誤魔化す連中がいるという指摘の他
象徴元首を選ぶ公選制の導入について
また、政治制度から解放後の天皇家在り方について、バチカン化といった宗教系でなく
文化の継承者、文化財管理者としての在り方と経済的自立の可能性など
もうさんざやったからなぁ

つーか、最近まともな対論相手がかからないのが残念なんだよね


497 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:10:15 ID:TvdpIes/
>>495
頭が弱いとなんだっての?

まあ、おれは頭が弱いかもしれんが、頭が良いと錯覚しているお前よりは幸せかもなw

しっかしお前の世界って狭いんだねw
グローバルスタンダードから見れば「無宗教」の人間なんて圧倒的に少ないことすら知らない白痴だもんな
日本から出た事ないんだろ?
いや・・部屋から出たことすらないんだろうな。

今流行のひっきーらしいww

498 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:12:06 ID:TvdpIes/
>>496
便所の落書き(あんたの理屈ね)で討論相手なんかさがすなっちゅーの。

友達いねーのかよw


江ッタ市ね!とか、「誰がなめて!」ってのが
便所の落書きだぜw

499 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:13:02 ID:1Gf21gRY
ID:TvdpIes/

議論に参加できないのに、高笑いですか。
これほどアイタタなおバカさんは、久しぶりに見た感じがするw

500 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:14:19 ID:3y0hHoFu
>おまえらは白痴のくせに、俺は頭が良いんだぜ〜!
>みたいな虚勢を張ってる様にしか見えない。
これも、お勉強をサボってた落ちこぼれサイドの、言い訳としてよく聞く。
しかし、議論板で天皇教徒の様に「オレって、こんなにバカなんだぜ〜!
議論も出来ないし、ウマい文も書けない。
でもよ、バカだって天皇様マンセーって言えば、天皇様の前ではエリートも、秀才もおれ達と大して変らん!」
って、ことだよな。

>こんな国滅びろって。マジで。
>日本人なんてけち臭くて大嫌いだね
死んで黄泉の国に潜んでいるところをイザナミに発見され、醜く変わり果てた姿を見られたイザナギが、
イザナミの子孫である日本人に対して、永遠に呪ってやる、不幸にしてやる、と言う呪詛をかけた、
と言う神話を思い出した。
因みに、イザナミ・イザナギは天皇家の始祖とされてるんだな。


501 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:15:05 ID:TvdpIes/
>>499
馬鹿を見るとうれしいんですか?

あんたもよっぽどの馬鹿らしい

502 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:15:38 ID:TvdpIes/
つーかさ、早く天皇制の話しようぜ



503 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:16:07 ID:Lp3cD0o0
>>498
便所のラクガキだからこそ、実社会で語れない鋭い指摘がかいま見える事もある
それが面白いから覗きにも来てる訳だが
今日は何時にもまして不漁のようなので寝るw

朝になったらマシなのがかかっていますように(-人-)

504 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:17:03 ID:1Gf21gRY
> つーかさ、早く天皇制の話しようぜ

wwwwwwww


ついでに、
>>500
イザナギとイザナミが反対かも。

505 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:17:18 ID:TvdpIes/
>>500
>因みに、イザナミ・イザナギは天皇家の始祖とされてるんだな。
>因みに、イザナミ・イザナギは天皇家の始祖とされてるんだな。
>因みに、イザナミ・イザナギは天皇家の始祖とされてるんだな。


あのな・・・

506 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:17:29 ID:3y0hHoFu
>江ッタ市ね!
さーすが、神道信者。
差別は大好きだな。

しかし、いい年こいて、こんなガキっぽいことでキレてどうする?
近所や職場でも、あのヒト宗教ちゃんだから近寄っちゃダメ!、って言われてるぜ。

507 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:20:02 ID:3y0hHoFu
>>505

>「あのな・・・、差別大好き、お馬鹿な俺だけど、神話を語らせたらだれにもまけないぜ!」、だろ?
存分に語ってくれ。俺は寝る。

508 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:20:08 ID:TvdpIes/
>朝になったらマシなのがかかっていますように(-人-)

こんなのばっかw

自分の意見なんて無いくせに突っ込み甲斐がある奴がでてくると生き生きしやがって。
おまえら死ぬまでそうやってなってwww

お前らそうやって死んでいくんだろ?
死ぬお前らは、自分の人生でさえも脇役で終わるw

哀れ哀れ





509 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:21:19 ID:TvdpIes/
>>506
いい年こいて・・・・・

オッサンオッサン。

言ったもん勝ちかよww


当たるも八卦ってなそりゃ、宗教行為だぜwww

510 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:23:58 ID:3y0hHoFu
>>509
あ、ついでにイザナミ・イザナギで何か間違いがあったら、訂正しといて。


511 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:26:00 ID:TvdpIes/
>>510
無知なおっさんやなw

512 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:26:56 ID:1Gf21gRY
私も、
朝になったらマシなのがかかっていますように(-人-)
ID:TvdpIes/ のように脳死してるヤシじゃないようなのw

おやすみ

513 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:31:03 ID:TvdpIes/
>>512
くだらねねぇ願いしてんじゃねぇよw

日本が駄目になるわけだなwオッサンがこれじゃ。
いやふつうのおっさんはがんばってるんだろうけどさ

>>510
イザナギとイザナミの性別くらいしっとけアホ



514 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 02:32:54 ID:TvdpIes/
ようするに、その場その場の言葉遊びで、

瞬間瞬間に勝てば満足するらしいな。2ch教徒は。

勉強になりますた・・・というかやっぱ欝。

こんな大人ばかりじゃないと信じたい。

515 :あっくん:2006/12/01(金) 06:10:27 ID:r6lrT/P6
つーか、>>11-12を見ると、1=精神病医師ってことなの?
ってことは、1=精神病医師=ID:FlQog2AQ=ナッチはなんたら? ってこと?

516 :あっくん:2006/12/01(金) 06:22:12 ID:r6lrT/P6
>>18
>ではオレがどの様な姿が皇室として適正かといえば、憲法及び国家と切り離すコトが最も皇室本来の姿を取り戻す為に必要だとゆ〜コトだ。

この部分を言い換えると、「憲法、法律から天皇、皇室に関する記述を全部削除すべき」
ってことですか?

517 :あっくん:2006/12/01(金) 07:14:13 ID:r6lrT/P6
想像だけどさ、ID:oRJI2DG/ って中学まで勉強がすげー出来たけど、
高校に入ってドットと落ちたって経験ない?w

518 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 12:38:09 ID:Lp3cD0o0
>>514
>その場その場の言葉遊びで
当たり前だろうに、そもそもココはそういう場だ
だが遊びにもルールはあり、より高度に楽しむなら知識もいるって話だよ

つーか、最近は捨て台詞まで低レベルでマジ悲しいな

519 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 12:54:24 ID:+2HODlVj
>>518
戦中戦後を経験してる…とか言ってたのはあんただったかな?

520 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 14:08:30 ID:Lp3cD0o0
>>519
俺は確かにオサンだ、さすがに戦中派を気取るほどの年期モノではないぞw

521 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 21:00:15 ID:3y0hHoFu
>瞬間瞬間に勝てば満足するらしいな。2ch教徒は。
つかな、瞬間瞬間に負けてる奴がすべきことは、自己批判だけ。
勝手にこのスレに来て、自分で煽って、返り討ちに遭っただけ。


>勉強になりますた・・・というかやっぱ欝。
何を勉強したのか。
自分以外の誰かがが悪い、ルールが悪い、場所が悪い、って言う自己正当化だけだろう。

>こんな大人ばかりじゃないと信じたい。
どうみても、おまえが一番みっともないぞ。



522 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 22:02:21 ID:luSIKnTP
>>500
>因みに、イザナミ・イザナギは天皇家の始祖とされてるんだな。

皇祖とされているのは天照大神だな。ちなみに伊勢神宮だぞ。


523 :朝まで名無しさん:2006/12/01(金) 22:16:44 ID:3y0hHoFu
>>522
アマテラスのオヤジが、イザナギだな。
どうだ、勉強になったか、天皇教徒よ。
それに、皇祖ではないぞ。 正しくは皇祖神、だ。

524 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 04:23:13 ID:JPQobWRB
大体、国家の象徴が宗教のカミ、ってなんだよ?
日本は戦前の宗教国家を止めたんだから、天皇制も止めるべきだ。

525 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 09:13:09 ID:LVMoaKuZ
日本は立憲君主国で良いじゃない。

526 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 09:15:02 ID:LVMoaKuZ
>>496
>天皇家の存続と政治制度としての天皇制の存続は別ものであるにも関わらず

天皇、皇帝、国王、大統領、内閣総理大臣等々が政治制度以外の何だと思ってるんだ?

527 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/03(日) 09:19:23 ID:zJscSZMH
国家機構。


528 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 09:37:36 ID:SATR7uhB
>>524
過去の日本人が存続のために苦心してきたことを思うとそんな簡単にはできないし、
やるべきではない。

529 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 10:01:43 ID:wQx7e+jZ
過去の日本人なんてゴミはどうでもいいだろ

530 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 10:05:46 ID:r3LqzUvX
政治制度としての天皇制がなくなっても、
天皇家とか皇室は残るでしょ?

531 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 10:16:43 ID:LVMoaKuZ
>>530
政治制度としての天皇、皇帝、国王、大統領、内閣総理大臣等々がなくなっても
天皇家、皇帝家、国王家、大統領家、内閣総理大臣家が残ると思ってる?

532 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 10:17:49 ID:gSZIYyS0
残るでしょ。


533 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 10:18:54 ID:LVMoaKuZ
権力の一点手中の傾向が有る大統領制は腐敗政治の温床・・・・実例として
最近次々に逮捕されてる各県知事等々。

534 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 10:20:01 ID:LVMoaKuZ
>>532
取り敢えず中国の皇帝家は今どこに?

535 :あっくん:2006/12/03(日) 10:20:06 ID:lnSnux9Q
>>531
そこで残すのが君たち天皇教の皆さんの信心だよ。
創価学会に負けずにがんばれよ。

536 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 10:21:48 ID:LVMoaKuZ
>>535
まあ変な洗脳受けてるんだろうけど(w 君はイギリス人は国王・女王教の信者だと思ってるんだろうね。

537 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 10:22:39 ID:gSZIYyS0
>>534
愛新覚羅家の係累の事を指してるの?
それならいるでしょ。

538 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 10:23:22 ID:gSZIYyS0
>>536
イギリスと日本はいっしょくたにできないよ。

539 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 10:25:26 ID:r3LqzUvX
>>535
あっくん、1970年代〜1980年代から、
すでに神道は、層化に負けていてね、
世界日報の影響がかなりあるよ。

540 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 10:31:35 ID:LVMoaKuZ
>>537
いや聞いたのは皇帝家が存続してるか? ってこと。

>>538
まあ共に民主的な立憲君主国として発展している両国だし。

541 :あっくん:2006/12/03(日) 10:40:18 ID:lnSnux9Q
>>539
じゃあしょうがない、支持者のいない宗教は滅んでもらうしかないよね。
なんで、税金で養わなければならないんだ?

542 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 10:42:45 ID:zJscSZMH
皇室のバチカン化で全て解決。
一件落着。


543 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 10:42:51 ID:LVMoaKuZ
>>541
だって日本の国家元首。

544 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 10:45:09 ID:zJscSZMH
国家元首じゃねえし。


545 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 10:45:36 ID:LVMoaKuZ
そうは言っても日本政府の公式見解なんだが。

546 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 10:47:20 ID:zJscSZMH
そんな公式見解はしてねえし。


547 :ルポライター ◆J/SOXfhyL. :2006/12/03(日) 10:47:41 ID:mivJlQFO

(○´ー`○)氏を久し振りに見た。
あとは伊藤氏がいればまた元通りなんだが。

548 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 10:48:27 ID:zJscSZMH
仕事が忙しかったのでな。


549 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 10:48:31 ID:kvUveEow
天皇制→国営カルト宗教

550 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 10:50:23 ID:r3LqzUvX
国家神道の名残雪。

それが天皇制だと思うが、
戦後から2000年までは、
天皇制はかなり威力があったようだね。

551 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 10:53:52 ID:LVMoaKuZ
>>546
参議院内閣委員会内閣法制局の答弁のコピペが欲しい?

>>550
まあ日本が永久不変に続く象徴として理解するのも良いだろう。

552 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 10:55:22 ID:zJscSZMH
>参議院内閣委員会内閣法制局の答弁のコピペが欲しい?
飽きた。
それにそんな古い法制局の認識は別に現在の政府見解でもねえし。


553 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 10:58:10 ID:LVMoaKuZ
>>552
は? 総理が替わったら、以前の政府見解は全部無効になるのか?

554 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 11:01:14 ID:zJscSZMH
そもそも政府見解じゃねえし。


555 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 11:02:07 ID:zJscSZMH
つうか、既に元首であるか否かなんて議論は終わってるし。


556 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 11:05:23 ID:zJscSZMH
>総理が替わったら、以前の政府見解は全部無効になるのか?
オマイは村山談話を継承するかどうかって議論を知らねえのか?
政府見解なんてその都度変わるなんてのは良くあるコトじゃん。


557 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 11:10:18 ID:zJscSZMH
30年以上も前の国会発言を未だに根拠にしてる化石野郎は
今日的な見識がないアホと思うオレがいるw


558 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 11:25:10 ID:LVMoaKuZ
そうか。じゃ現政権が否定したときには教えてくれ(w

559 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 11:26:07 ID:zJscSZMH
アホにモノを教えてやるほど人がいいワケじゃないw


560 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 11:26:45 ID:xGGYwTWZ
>557
あいかわらずカワイイはアホやね。
その後の訂正・修正見解がなければがなければ現在でも有効。
村山談話などはその典型例だろうがw

561 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 11:31:54 ID:zJscSZMH
>村山談話などはその典型例だろうがw
アホはオマイだよ。
安部がいちいち「継承する」と明言しなければ
継承するとゆ〜姿勢を示したコトにはならねえだろ。
だからその発言が求められるワケだ。


562 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 11:37:47 ID:xGGYwTWZ
>561
30年以上まえのものであっても、村山談話のように訂正や修正を求められていないからだろ。
あいかわらずアホヤネw

563 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 11:40:42 ID:zJscSZMH
>30年以上まえのものであっても、村山談話のように訂正や修正を求められていないからだろ。
アホ。
政府見解なんて発してねえと言ってんじゃん。
当該質疑を良く読んでみろよw


564 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 11:46:41 ID:xGGYwTWZ
>563
つまり、一々見解を出すまでもなく”常識”ということだなw

565 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 11:47:21 ID:zJscSZMH
これだからアホは困るw


566 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 11:57:14 ID:xGGYwTWZ
>565
言い返せなくなったようだなw
政府見解というものは、基本的に継承されるものだ。(これもまた常識)
しかし村山談話には問題になる部分が含まれているから、常に再確認
しなければならなくなっているわけで、見解自体に問題がなければ、
訂正や修正、再確認の作業すら必要ないのだよ。

567 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 12:29:53 ID:gSZIYyS0
>>540
>いや聞いたのは皇帝家が存続してるか? ってこと。

溥儀には子供いなかったから直系の子孫はいない罠。

>まあ共に民主的な立憲君主国として発展している両国だし。

英国のロイヤリストは王室に宗教的超越性を見てる訳ではない。
あちらの王室はもっと俗っぽい存在でしょ。
日本とはぜんぜん違う。


568 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 12:45:26 ID:LVMoaKuZ
>>567
まあ残るわけないよな。

>あちらの王室はもっと俗っぽい存在でしょ。

いや西欧の国王は神聖不可侵の存在。

西欧憲法の一例 「国王の身体は、神聖であり」

569 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 13:07:43 ID:gSZIYyS0
>>568
>まあ残るわけないよな。

子供がいれば残ってるだろ。

>いや西欧の国王は神聖不可侵の存在。

絶対王政の時代と勘違いしてない?





570 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 13:19:11 ID:LVMoaKuZ
>>569
まあ民間人として子孫は居るだろうけど、皇帝家? 国王家? 大統領家? 総理大臣家? としては
残ってないな。それに民間大統領家なんて馬鹿馬鹿しい。

>絶対王政の時代と勘違いしてない?

違うよ。近代立憲君主制の憲法条文。

571 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 14:20:02 ID:/BTflA3B
>西欧憲法の一例 「国王の身体は、神聖であり」
それはノルウェー憲法の条文であって、西欧王権一般の考え方ではない。
ノルウェーはスウェーデンとの独立問題など複雑な歴史があり、
その憲法を一般的な欧州王室を語るために引用するのは不適切だわな。


572 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 15:02:58 ID:LVMoaKuZ
>西欧憲法の一例 「国王の身体は、神聖であり」

こうした条文は「国王の不可侵、君主無答責」を表すもので、西欧の立憲君主制一般の概念

573 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 15:04:54 ID:/BTflA3B
>西欧の立憲君主制一般の概念
それはウソ。
一般概念であれば同様の君主の概念を多くの国が憲法として採用しているはずだが、
勿論ウソだからそんなコトはない。


574 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 15:08:45 ID:LVMoaKuZ


スェーデン憲法第3条
国王の身体は神聖である。国王は その行為について訴追を受けることはない

575 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 15:15:17 ID:LVMoaKuZ
日本の明治憲法作成過程で参照した西欧の憲法は・・・・

「結局プロイセンの参照もっとも最も多く、バイエルン、ヴュルテンベルク各邦とオーストリアこれに次ぎ」
稲田正次著『明治憲法成立史』上下(有斐閣)

>  「国王ノ身体ハ神聖ニシテ侵ス可ラズ」
> 
>  「国王ハ国ノ首長ニシテ主権ニ属スル諸般ノ権利ヲ総攬シ、此憲法ニ於テ王ノ親ラ定メタル条款ニ循ヒ之ヲ施行ス」
> 
>  バイエルン憲法第二章第一条(ラフェリエール纂輯『巴威里憲法』独逸学協会刊 曲木如長訳、荒川邦蔵校閲、一八八四年)

こうした概念を援用した大日本帝国憲法では・・・

>  第三条「天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス」
> 
>  第四条「天皇ハ国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬シ、此憲法ノ条規ニ依リ之ヲ行フ」
> 
>  大日本帝国憲法

576 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 15:15:55 ID:/BTflA3B
ノルウェーはスウェーデンとの歴史的経緯から考えれば、
両者に類似性があるのは当然。


577 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 15:20:03 ID:/BTflA3B
特に北欧や北部欧州は「ガリア主義」とゆ〜スタンスから
王室とキリスト教カソリックとの関係性を無視して考えることはできない。
それを考えず「一般的欧州の王室では」などとゆ〜のはアホだからだろ。


578 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 15:23:40 ID:/BTflA3B
賢い香具師なら「欧州の一部では」くらいにしておくよな。
アホだから風呂敷を広げすぎて収拾がつかなくなってるみたいだがw


579 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 15:27:45 ID:/BTflA3B
いずれにしても、そんな欧州の一部の概念を日本に移植しても
上手く機能するはずもなく半世紀で破綻したのが明治憲法だ。
違う歴史的背景があるのに、天皇をドイツの君主に摸したのは
間違いだったって話し。中国皇帝に摸した古代の律令の方が
まだ機能したんじゃねえの?


580 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 15:30:53 ID:LVMoaKuZ
それで・・・欧州の立憲君主制の国で「君主無答責」を憲法で規定していない国は何処だ?

581 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 15:32:02 ID:/BTflA3B
あれ?
まだ自分の間違いに気がついてないみたいだぞw


582 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 15:35:36 ID:LVMoaKuZ
そろそろ逃げの態勢に転じ始めたらしいな。

583 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 15:37:26 ID:/BTflA3B
また反論できずに言い訳かw
まっ、毎度のことでもう慣れたが。


584 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 15:37:44 ID:xGGYwTWZ
冷静さを欠くと連投する癖があるのはあいかわらずだなカワイイ君よw

585 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 15:38:44 ID:/BTflA3B
オレはいつだって冷静さ。
連投はまあ、筆がなめらかな証拠ではあるけどな。


586 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 15:39:28 ID:/BTflA3B
アホ相手に揺さぶられるほど青くはねえってコト。


587 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 15:40:35 ID:/BTflA3B
まあ、オレを攻撃したければ発言内容に対してすべきだわな。
間抜けな挑発なんてされても苦笑するだけw


588 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 15:48:02 ID:/BTflA3B
小室直樹の「天皇教」=「欧州君主の焼き直し」は誰も反論できないだろ。
本来的に多神教であるはずの皇室神道が一神教を受け入れているとゆ〜
ねじれた矛盾に満ちた存在が現在の皇室だ。どこかで破綻しない方が不思議。
現在は強引に維持しているが、決して安定している存在ではない。


589 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 15:52:45 ID:xGGYwTWZ
>587
攻撃していいのか?
君の文字どうり下品なログはいっぱい持ってるんだがw
外から繋いでるんですぐには出せないが。
まあ、この下品さは、永禄輔、佐高信、井上ひさし等に共通するものだけどな。

590 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 15:54:03 ID:/BTflA3B
オレのストーカーかよw
楽しみの少ない香具師だな。


591 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 16:01:05 ID:xGGYwTWZ
>590
しょっちゅう来てる君に言われたくは無いな。
俺は忙しくて数ヶ月ぶりの来訪だよ。

592 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 16:10:05 ID:wQx7e+jZ
下品とか言ったら日本書紀なんてある天皇を持ち上げるため過去の天皇をボロクソに誹謗して書いたりしてるじゃん

593 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 18:43:50 ID:r3LqzUvX
武列天皇の記述か。

594 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 19:35:45 ID:xGGYwTWZ
>592
だから何だ言うの?
日本書紀なんて、人権思想も欠片も無い時代のことですぜ。
それをあげつらっても意味の無いことです。

俺は現代の事を話してる。

普段は人権、人権と声高に叫んでるやつらが、最も人権に対して無頓着なんだわな。
頭でっかちなやつが人権と叫べば、さも自分が人格者のような錯覚を起こすようになる。

だから週間金曜日主催の寸劇のようなことを平気でやるようになる。
まあ、あの寸劇はある意味左翼文化人の知的衰退を象徴しているともいえる。
知的な人物だったものが、精神的病にかかると痴的人な人物になるわけだw


595 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 19:52:50 ID:nHB+qOu2
>精神的病にかかると痴的人な人物になるわけだw
色々言い訳してるわりに、自分も精神障害者差別を助長するよ〜な
倫理観の欠如した書き込みをしてるってのも情けない香具師だ。


596 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 19:52:59 ID:G/zw65dF
>>594
天皇制は過去からの歴史をその存立の基盤としている。
その歴史に瑕疵があるなら、大問題であろう。

597 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 19:57:48 ID:nHB+qOu2
toooもそうだが、天皇信者はクズばっかしだ。


598 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 20:05:21 ID:xGGYwTWZ
>595
そういうのを下衆の勘ぐりというわけだが。
やっぱりキミは下衆な人間なんだねw

>596
ぜんぜん問題になりません。
古今東西、国家と言うものは元々そういうものです。

599 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 20:06:23 ID:nHB+qOu2
クズの分際で生意気な香具師だ。


600 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 20:11:15 ID:wQx7e+jZ
海外じゃ日本の皇室なんてネタで平気で茶化してるけどな

601 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 20:16:00 ID:xGGYwTWZ
>600
> 海外じゃ日本の皇室なんてネタで平気で茶化してるけどな
>
実例をどうぞ。

602 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/03(日) 20:20:12 ID:nHB+qOu2
そういや皇后も皇太子妃も精神を病んだりしてるよな。


603 :朝まで名無しさん:2006/12/03(日) 20:26:47 ID:G/zw65dF
どっちもケ○○ウだけどもな。

604 :神楽坂 ◆S/iEQhsSeg :2006/12/03(日) 23:20:00 ID:v7ImnB38
あいかわらずだな。
顔文字くん。
あんたの言ってることも一理あるが
その態度、なんとかならんのかしらん?

議論以前の問題だな。


605 :???:2006/12/03(日) 23:41:26 ID:cPPdgjP1
朝から晩まで廃止廃止って言う連中はほとんど病気だよ。(w


606 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 00:13:25 ID:05sxaWwd
>>605
はてな君も週間金曜日のように、
病気の人を中傷しないように願いますよ。

607 :???:2006/12/04(月) 00:26:48 ID:wRS0GXfL
いや、俺は病人を気づかっているので入院を勧めているだけ。(w


608 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 00:42:12 ID:oFUz3vXG
最近、廃止派がかわいそうになってきたよ。
いよいよ皇室典範が改正化というときご懐妊とそれに続く親王殿下ご誕生。
反天皇を放言していたDVスキャンダル、そして今回の週刊金曜日騒動。
廃止派が頼みにしていた、進歩的文化人とやらのの下劣な本性が露に
なって、廃止を支持するものがどんどん減っていった。
(元々少なかったがw)

憲法や継承者問題で活発に議論してた頃が懐かしいねw

609 :神楽坂 ◆S/iEQhsSeg :2006/12/04(月) 00:50:35 ID:B0hJWY++
ひとつだけ言えるのは
一度廃止してしまったものは
後で元に戻そうと思っても
元には戻らないということ。
それを廃止論者は気づいていないと思う。

御託を並べて廃止廃止っていってる馬鹿もいるが
支離滅裂で何を言いたいのか自分でもよくわからなく
なってきてるんじゃないのw。

610 :あっくん:2006/12/04(月) 01:29:42 ID:USgzmV/T
そんなこと言い出したら切りないよ、
キムジョイル体制だって
一度廃止してしまったら、元に戻らないさw

611 :あっくん:2006/12/04(月) 01:33:11 ID:USgzmV/T
重要なのは天皇制は民主主義国家にとって害だ、ということ。

612 :神楽坂 ◆S/iEQhsSeg :2006/12/04(月) 01:43:06 ID:B0hJWY++
あっくん。
どういうところが害なの?

613 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/12/04(月) 01:55:08 ID:V3fDFuK9
>>597 :(○´ー`○)は心身症カワイソ氏
呼んだ?(w

決して天皇信者ではない、と何度言わせれば・・・・・OTL

昭和天皇が戦争の旗振ってた、特攻隊の発案者でもあった、なんて調子だったら、
たとえ立憲君主は無問責責だろうがそんなん無視して、オイだって完全に戦犯論に傾倒ですよ。
(ところが真逆だもんね。
 ・・・・・特攻隊を聞かされたときの感想には少し違和感を覚えるけど。)

ま、天皇制批判てのは、某党がまき散らしちゃった種みたいなもんで、
70年代あたりの文献をみてると、ことごとく影響受けちゃってる印象がある。
90年代からなんだよね、適正な反論が開始されるのは。

いずれにしろ、ウソと捏造と偽装で固めた謝罪だけのための屁理屈は、あと10年も持ちませんよ。


614 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/12/04(月) 01:58:35 ID:V3fDFuK9
>>611:あっくん
>天皇制は民主主義国家にとって害だ

立憲君主や国王を否定した国で、
ただちに幸福になった国があったとしたら、教えとくれ!


615 :あっくん:2006/12/04(月) 02:28:34 ID:USgzmV/T
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9
民主主義(みんしゅしゅぎ)とは、個人の人権(自由・平等・参政権など)を重んじながら、多数による意思をもって物事を決める原則をいう。
法律的な意味で用いる場合には、この意味にて用いられ、かかる法的概念における民主主義は、君主制などと対応する概念であり、連邦主義などとは並存するものである。

616 :あっくん:2006/12/04(月) 02:29:57 ID:USgzmV/T
この平等ではない、ってことかな。

617 :あっくん:2006/12/04(月) 02:35:19 ID:USgzmV/T
明治期から終戦まで
・天皇
・教育勅語
・靖国
この3つがマインドコントロールの道具にされた、ってことかな。
で、このマインドコントロールにより個人の人権が著しく制限されたと、
ってことかな。

618 :あっくん:2006/12/04(月) 02:41:14 ID:USgzmV/T
>>614
>立憲君主や国王を否定した国で、
>ただちに幸福になった国があったとしたら、教えとくれ!

ただちに幸福うんぬんではなく、
民主主義の理念に反するものを排除していく努力です。

そりゃ、
天皇陛下万歳国家も、将軍さまマンセー国家も、尊師は宙を飛べるんです集団も
とんでもなく至福な瞬間があったことでしょう!!

619 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/12/04(月) 02:42:56 ID:V3fDFuK9
イギリス、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク・・・・・
民主主義国家だとしか思えないな。

620 :あっくん:2006/12/04(月) 02:43:41 ID:USgzmV/T
つーか、自分の中に価値を認められない右翼の人は
集団に価値を見いだそうとするんですよ。

ここがポイント。


621 :あっくん:2006/12/04(月) 02:46:52 ID:USgzmV/T
よそさまのお国の事をとやかく言うつもりはありません。
自分の属してる国が↓に近づいて欲しいと、いう願望です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9
民主主義(みんしゅしゅぎ)とは、個人の人権(自由・平等・参政権など)を重んじながら、多数による意思をもって物事を決める原則をいう。
法律的な意味で用いる場合には、この意味にて用いられ、かかる法的概念における民主主義は、君主制などと対応する概念であり、連邦主義などとは並存するものである。

622 :あっくん:2006/12/04(月) 02:48:38 ID:USgzmV/T
それと↓の3点セットに対する嫌悪ですね。

・天皇
・教育勅語
・靖国

623 :あっくん:2006/12/04(月) 02:49:08 ID:USgzmV/T
マインドコントロールにたいする嫌悪です。

624 :あっくん:2006/12/04(月) 02:51:07 ID:USgzmV/T
だって、
おてんしさま、だの、御真影だの、
アニメ、コスプレの世界ですよw

625 :ルポライター ◆J/SOXfhyL. :2006/12/04(月) 02:51:13 ID:NqJEfJs0

他スレの話だが、
tooo殿も自虐史観論者にやり込められていた時期はあったんだね(笑

改めて言うのも恥ずかしいが
日本は韓国のインフラ整備にひたすら持ち出しを重ね、
気がつくと赤字になっていた位だった。

彼等が小中華思想から脱却出来なかった以上、
やはり韓国近代化は日本無しには考えられなかったと言うべき、なのに…。

ODAを際限なくむしり取ろうとする中国、
敵国と公言して憚らん癖に食糧援助はしっかり甘受する北朝、
賠償金をいつまでもふんだくろうとする韓国、
日本の外交下手につけ込むデリカシーに欠けた精神構造は、
中華思想・以夷征夷を後生大事に抱えている点で驚く程共通している。

…あ、しまったスレ違い。

626 :あっくん:2006/12/04(月) 02:54:21 ID:USgzmV/T
>>619
>イギリス、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク

じゃ、これらの国で御真影だの言って小学生に拝ませた国はあるのかい?w

そんな国は戦中戦前の日本と将軍さまの北朝鮮だけじゃろが!!!

627 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/12/04(月) 03:01:09 ID:V3fDFuK9
>>617
>・教育勅語

これも読んでみると、儒教的な理念の表明であって、直ちに間違いだとも思えない。
http://kan-chan.stbbs.net/docs/chokugo.html
坊主憎けりゃ袈裟まで、みたい調子で考えても、袈裟に責任があるわけない。

問題は運用面にあって、
>>620
>集団に価値を見いだそうとする
ことが強制されたから、個人が圧殺されるという展開になったんじゃないの?
(その意味で、社会主義はその強制拡大版。)

それでもゆるゆるとした支配の社会主義国もあるわけで(スリランカなど)、
発展面を用意できないところだけがもどかしくも、
融和的な社会を守ってるのだから、内政干渉的なことも言えないし言いたくもない。

スウェーデンなど北欧に目立つ高福祉国家も、
立憲君主制だったからなし得た体制なのではないのか!?

問題は、立憲君主か民主主義かの二択ではなく、
立憲君主の存在を民主主義の発展に結びつけられるか、否かだ。
(明治天皇の五箇条のご誓文から、日本の民主主義(議会制の導入)は始まったのだから。)


628 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/12/04(月) 03:07:00 ID:V3fDFuK9
>>625:ルポライター 氏
>toooも自虐史観論者にやり込められていた時期はあったんだね(笑

いや、オイ自身が自虐史観(左翼的史観)の申し子だったんですよ。

朝鮮半島と満州を荒らしまくるだけ荒らした、と勘違いしてきた。
(日本史専攻じゃないんだし。)

貿易関係を中心とした経済史が、まったく見えてなかった。


629 :あっくん:2006/12/04(月) 03:26:25 ID:USgzmV/T
>>627
>これも読んでみると、儒教的な理念の表明であって、直ちに間違いだとも思えない。
儒教的な理念の表明ではなく、押し付け、つまり、思想信条に対する侵害だね。

だから、そういう全体主義的な国が好きなら北朝鮮に行ってくれよ。
まじ、勘弁してよwwww



630 :あっくん:2006/12/04(月) 03:29:23 ID:USgzmV/T
つーか、
>思想信条に対する侵害だね。
ではなく、
思想信条の自由に対する侵害
ね。

だから、そういう、思想信条を国家から押し付けられて喜ぶ、
自虐的な人、Mな人、はマジ北朝鮮に行って欲しいんだよねぇ。

631 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/12/04(月) 03:40:40 ID:V3fDFuK9
>>622:あっくん
>教育勅語
>>626
>御真影だの言って小学生に拝ませた
>>629
>全体主義的な国

ここはフツー軍国主義教育への批判になってくところだけど、
あえて肯定的な側面をあげれば、残念ながら昭和初期のわてら日本人は
それほど上等なものでもなかった。
(じゃあ、当時のアメリカ人が上等か?と言えば、たぶん日本人の方が平均的に上等。)w

東京が震災に見舞われりゃ、開国し併合した朝鮮人を嫌って虐殺する始末だし
これに対して国家は勅令を発してでも止めさせざるを得ない状態。
(国際社会に道義が立たないので、急な大量処罰になった。)
道徳を先行させてでも、国民を立派にしてゆくしかない状態。

遅いので、欠礼しまっす。メンゴ。

632 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/04(月) 06:26:54 ID:S9L3tG5e
天皇のパンダ化を防ぎ、本来的な天皇の姿にし、
尚かつ宗教的規範の押しつけを解消する為にはバチカン化がイチバン。
これほど良好な解消策はねえだろ。


633 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 07:07:52 ID:05sxaWwd
バチカン化は、天皇万歳の人にとっても、
寄付とか自由にできて、
何万円も天皇様に寄付できて万歳なんではないか?

634 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/04(月) 07:18:58 ID:S9L3tG5e
>>633
そう思うだろう?
現在の拘束が厳しい憲法で民主制と整合性を保つために多くの犠牲や
天皇本来の姿を変容させるのなら、バチカン化して一定の自由を手に入れた方が
皇室運営のためにもなるし、天皇を尊敬してる香具師らにとっても望ましいはず。
国家に位置する天皇じゃなければ満足できないなんてワガママに過ぎない。
国家元首でも君主でもない天皇は、象徴としてより制約されているのが現状。
これらを全て解消できる。これなら天皇信者も心おきなく「ローマ法王とツートップ」と
憚ることなく自慢できるだろ。


635 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 07:25:59 ID:05sxaWwd
それだけ天皇様が大好きなんだから、
年間100万円ぐらい天皇万歳の人は、
寄付すればいいんだよね。
一般の人はそこまで寄付したい人は居ないから、
物好きな人が年間1000円ぐらいなら寄付するだろうから、
それでも、1万人も居れば1000万円になる。
家族3人が暮らすのには十分だろう。

636 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 08:52:23 ID:70YSG41C
天皇蛮罪したい者に天皇税徴収してカルト一賊養えば良い、
支持者多いらしいから養育費イパーイ集まるだろネ。
ほんとの支持者の数も一緒に分かるヨ。(支持者=天皇税徴収)

637 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 09:14:32 ID:05sxaWwd
大体300万人ぐらいは居るんじゃないか?
社民党=北朝鮮支援の人が、
300万人いるわけだから、
天皇万歳の人はそれよりも多くないと、
500万人ぐらいか?
一人1000円でも、50億円集まるから、
天皇万歳の人なら年間1万円ぐらい出すだろ。
500億円は集まるね。

638 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 09:23:55 ID:70YSG41C
今なら支持者が90%位居るらしいから、一人1000円X約一億人で、
年間1000億円集まるヨ、良よかったネ。

639 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 10:08:37 ID:ecIc/E9G
「天皇信者」なんていう言葉を使うやつって、
自分は「民主主義信者」「憲法信者」な事が多いよな


640 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 10:16:47 ID:05sxaWwd
層化の信者と、
天皇様万歳の人と、
案外似通って居るんだよな。

641 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 10:46:16 ID:umra+qxg
そんなに日本的なものが嫌いなら
もう日本語でモノを考えるのやめればいいんじゃね?
テレパシーで直接交信すれば??

642 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 10:50:44 ID:umra+qxg
一見磐石君もなかなか特徴的な文章がなおらないなあ。

643 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 10:53:56 ID:umra+qxg
層化ってなに?

644 :???:2006/12/04(月) 11:39:48 ID:wRS0GXfL
問題は国民を幸福にするつもりがあるかどうかだ。反皇室は間違いなく、ない。
共産主義で不幸になった国家群を見ようともしない。(w


645 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 11:54:03 ID:zNwpDihE
>>644

あたりまえだろw
そもそも、今時反皇室=共産主義なんて都合の良くでっちあげた妄想に浸っている馬鹿はほとんどいないw
おまいくらいだw


646 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 11:56:55 ID:jGHN6RBo
>でっちあげ

まあ正体がばれるとまずいしね。

647 :???:2006/12/04(月) 12:05:23 ID:wRS0GXfL
共産主義に入り浸っている連中の特徴は共産主義に入り浸っていることを否定することに
あるのはよく知られている。(w


648 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 12:33:12 ID:05sxaWwd
共産主義は破綻しただろ。
19世紀の時点でもすでに問題視されていたんだし、
20世紀になっても共産主義なんて騒いだのは、
日本だけでしょ?

649 :???:2006/12/04(月) 12:36:23 ID:wRS0GXfL
だから反皇室が21世紀になっても共産主義を引きずったまま騒いでいるんだよ。
反皇室自体が破綻しているんだけどな(w


650 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 12:48:56 ID:zNwpDihE
>>649
で、反皇室=共産主義って根拠は?
あと、おまいの言う「共産主義」を定義してみろ。


651 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 12:57:15 ID:05sxaWwd
>>649
はてな君は、
皇室批判論をすべて共産主義に結び付けてるけど、
なんでそういう硬直した考えなの?

652 :???:2006/12/04(月) 13:04:03 ID:wRS0GXfL
嫉妬深い反皇室論者って自分の内なる共産主義に気づいていないんだよな。日本の歴史・
文化の雄大さ、その栄光を語るときに、皇室の高貴な歴史抜きには語れない。

歴史的にも短期間で実験的国家が完全に失敗に終わった共産主義に基づく皇室批判は
すべて無効である。抵抗は無駄である。(w


653 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 13:06:03 ID:zNwpDihE
>>652
だから、現実無視、根拠一切なしの妄想で語るなw
まず「共産主義」とやらを定義してみろ。


654 :???:2006/12/04(月) 13:14:30 ID:wRS0GXfL
共産主義?ソビエトや北朝鮮・キューバが採用している一党独裁の政治形態。
文化無視・国民の意向無視、酒池肉林・喜び組を享楽とする嫉妬深い独裁者が
国王や皇帝を廃止して進めたい政治形態。貧乏人がその嫉妬を根源として、
築き上げたがる妄想型政治形態。特に反皇室、反国王に多いとされる。(w


655 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 13:16:38 ID:ecIc/E9G
まー現実はそんな感じだよな。

656 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 13:23:18 ID:zNwpDihE
>>654
いわゆる「社会主義(国家による生産手段の共有と計画経済)」や
「共産主義(生産手段の共有を通した国家的権力形態の解消)」は
まったく違う「独裁政治」を「共産主義」、と呼んでいるわけね。
まぁ、ばか丸出しだけど、おまいがそう呼びたいなら勝手に呼んで
いれば良いかw

で、反皇室ってのは、「天皇制の廃止」を主張する人、ということだよね。
おまいの言う「共産主義」なるものと「天皇制の廃止」に何の関係がある
わけ? 「一党独裁」やら「文化無視・国民の意向無視、酒池肉林(略」
やらと何の関係があるのか、まるで意味不明なのだがw


657 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 13:26:06 ID:jGHN6RBo
>まったく違う「独裁政治」を「共産主義」、と呼んでいるわけね

つまり「真の共産主義」は違うんだ、「地上の楽園になるんだ〜!!」 と言いたい訳ね?

658 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 13:27:08 ID:umra+qxg
匿名掲示板ではなくて
現実社会で騒いでいるのが
同類の人々だっていうことじゃないかなあ。

659 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 13:28:35 ID:zNwpDihE
>>654
とりあえず>>4であげられているような「天皇制廃止論」を唱えることが
なぜおまいの言う「共産主義」なるものになるのか、説明してみたら?

あと、天皇制廃止を主張する人は「すべて」おまいの言う「共産主義」
なのか?


660 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 13:29:16 ID:05sxaWwd
はてな君は。現実でも騒いで居るのかな?

661 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 13:30:05 ID:zNwpDihE
>>657
というか、「なんとか主義」を語るなら、まず「その主義が目指すもの」位は、理解しとけよ、ということだw


662 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 13:30:14 ID:jGHN6RBo
>  「32年テーゼ」はフインランド出身のコミュンテルンのオットー・クーシネンという人が草案を書きました。
> 日本には一方で地主、他方では独占資本の資本家がいて、その上に絶対的な権力を持つ天皇がいる。この天皇制を打倒すべきという内容です。
> 
> ・・・・・・ 「32年テーゼ」は日本の実情に見合うものではなかった。だから天皇を敬愛していた国民から支持されるどころか反感、顰蹙を
> 買い、共産党員が動くと警察に通報されて逮捕されるというみじめさでした。

663 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 13:30:59 ID:jGHN6RBo
>>661
>「その主義が目指すもの」

>  兵本 達吉 (共産主義研究家) 正論 平成15年4月号
> 
>  戦前、社会主義に憧れた革命的な青年が次々とソ連に亡命しました。明確になっているだけで30名、さらに日系アメリカ人で
> アメリカ共産党に所属してソ連へ渡って亡命した人もいます。
> しかし、ほとんどが帝国主義のスパイだなどといわれて銃殺されました。生き残ったのは片山潜、野坂参三、女優の岡田嘉子ら4、5人だと思います。
> 日本だけでなくドイツ共産党もそうです。ドイツ共産党ではソ連へ亡命したり移住したりして約1,500人の党員のうち1,450余人が銃殺された。


>  1930年代のスターリンの人民に対する弾圧、粛清は本当にすさまじく、1937年には1年間だけで60万人が裁判抜きで
> 銃殺されています。1930年代を通算すると、最低でも1,000万人、上限は2,000万人の労働者や農民が強制収容所に放り込まれ、殺されています。
> 
> ttp://ryutukenkyukai.hp.infoseek.co.jp/sayoku1.html

664 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 13:32:29 ID:zNwpDihE
>>663
やはりおまいには、思想や主義を語るのは無理かw


665 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 13:35:33 ID:umra+qxg
そろそろ顔文字登場w

666 :あっくん:2006/12/04(月) 13:36:27 ID:USgzmV/T
>>18 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ
>憲法及び国家と切り離すコトが最も皇室本来の姿を取り戻す為に必要だとゆ〜コトだ。

この部分を言い換えると、「憲法、法律から天皇、皇室に関する記述を全部削除すべき」
ってことですか?


667 :???:2006/12/04(月) 13:37:15 ID:wRS0GXfL
共産主義はソビエトが全てと言っていいだろう。共産主義に踊った人間は赤面して
懺悔すべきだ。鏡を見よ。嫉妬とひねくれた思考でシワが寄っているではないか。(w


668 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 13:40:20 ID:zNwpDihE
>>667
だからおまいのいう「ソビエトの共産主義」と「天皇制廃止」との関係は何だ?
天皇制廃止論者は、「すべて」おまいの言う「共産主義」なのか?

都合よくでっち上げた妄想にばかり浸ってないで少しは現実も見るんだなw


669 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 13:45:03 ID:jGHN6RBo
>天皇制廃止論者は、「すべて」おまいの言う「共産主義」なのか?

共産主義者の他に、ロシア人の言う「有用な白痴」とかも多いかな?
利用される便利な「道具」に過ぎない連中。

670 :???:2006/12/04(月) 13:46:47 ID:wRS0GXfL
廃止論者はすべて共産主義者って俺が言った?入院が必要なのも相当数いると思っているが・・。(w


671 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 13:49:55 ID:zNwpDihE
>>670
それじゃ、「天皇制廃止」を唱える人は別におまいの言う「共産主義」
なるものに入り浸っているとは限らない、ってことだな?


672 :???:2006/12/04(月) 13:54:25 ID:wRS0GXfL
いや、それも違う。相当数が電波な共産主義の影響下にある。(w


673 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 14:04:00 ID:zNwpDihE
>>672
おいおいw
どんな「考え方」なのか、本人ですら説明できないおまいの「共産主義」の影響って何だよw

>>670,672の「相当数」ってのはどのくらいだと思っているのかな?
まぁ、俺はおまいの言う「共産主義」なるものとは異なる「天皇制廃止論者」ばかり見てきたから、おまいの言う「共産主義者」なるものに基づく天皇制廃止論者がいたらむしろ見てみたいんだがw

あと、「共産主義の影響」ってのは、おまいの言う「共産主義」なるものと同じ「思想」を持っている、そしてその思想によって天皇制を廃止すべきと考えている、ということか?


674 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 14:05:42 ID:63skGF/F
「天皇制」という用語は「君主制」を意味するドイツ語のMonarchieの和訳とされ、本来はマルクス主義者が使用した造語であった。
1922年、日本共産党が秘密裏に結成され、「君主制の廃止」をスローガンに掲げた。
1932年のコミンテルンテーゼ(いわゆる32年テーゼ)は、共産主義革命を日本で行うため日本の君主制をロシア帝国の絶対君主制であるツァーリズムになぞらえて「天皇制」と表記し、
天皇制と封建階級(寄生地主)・ブルジョワジー(独占資本)との結合が日本の権力機構の本質であると規定した。

675 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 14:14:50 ID:zNwpDihE
>>674
結局代わる言葉もなく一般的な政治用語として定着してしまったな。


676 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 15:27:08 ID:KZt3vR38
いくら、天皇教とや自民党の宗教議員が「天皇マンセー!」と吹き込もうと、
敗戦直後に、天皇は自分の弟、高松宮らに戦争責任を取って退位しろ、と迫られている。

これは、宗教右翼がどんなに言い訳しても、動かせない事実。



677 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 15:30:58 ID:63skGF/F
>>676
退位の意味をわかってるんだろうか?
この人は


678 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 15:57:01 ID:tK65lR8B
天皇制廃止論のほとんどは共産主義者が
昔からプロパガンダしている主張のシンパだろ。

大体こんなもん?
・戦争責任=天皇、天皇制にあり
・民主主義=共和制マンセー
・税金の無駄とかetc

まぁ、天皇制廃止論者は革命マンセーの極左過激思想であるってことを
自覚して欲しいですね、



679 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 15:57:38 ID:KZt3vR38
自分たちのご祭神が否定されて悔しそう。
壊滅的敗戦のときには何の役にも立たなかったもんな。

役に立たない物を、祀って置くのは信者だけでいい。

680 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 17:40:52 ID:/rXvW3JM
???は、まあ、ギャグとしてw
定期的に出てくるな。>廃止論者は共産主義者&在日
そうゆうことを語りたい香具師は、以前、テンプレに入っていた電波板のスレ↓でどうぞ。
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1146442454/l50

681 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 19:43:58 ID:zNwpDihE
>>678
まぁ、この種の現実から逃れて自分で都合よくでっち上げた妄想に閉じ
こもるしかない人ってのは哀れではあるなw



682 :あっくん:2006/12/04(月) 20:05:46 ID:USgzmV/T
>>18 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ
>憲法及び国家と切り離すコトが最も皇室本来の姿を取り戻す為に必要だとゆ〜コトだ。

この部分を言い換えると、「憲法、法律から天皇、皇室に関する記述を全部削除すべき」
ってことですか?





683 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 20:07:30 ID:1bReRKjq
サヨが反対しているから、天皇制はきっと
良い制度なんだろうと思う。
奴らの反対のことをやっていれば、まず間違いない。

684 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 20:39:48 ID:70YSG41C
ゴロツキウヨが賛成しているから、天皇制はきっと
怖〜い制度なんだろうと思う。
奴らの反対のことをやっていれば、まず間違いない。


685 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 20:48:07 ID:9GGCO4ec
中国人不法朝市報道、日テレ、ザ・ワイド、警察も見てみぬふり
http://www.youtube.com/watch?v=lhli_6GYMoA

ここが変だよ中国人1of2
http://www.youtube.com/watch?v=H1W5wJm3mxE
ここが変だよ中国人2of2
http://www.youtube.com/watch?v=spE4_UCdKPA

中国人は反省しません。他人のせい、言い訳ばかり。

686 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 21:12:52 ID:/rXvW3JM
>>682
カワイイ氏、本人が答えると思うけど、
このスレで言う「天皇制廃止」=「国の機関でなくなること」=「下野」だから、
憲法や法律からは、当然、削除されると思うけどな。

687 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 21:34:00 ID:zNwpDihE
天皇制が廃止されれば天皇は下野、というよりようやく「解放」されるんだろうな……。


688 :???:2006/12/04(月) 21:35:19 ID:wRS0GXfL
早く廃止論者を廃止論から解放しようぜ。症状が進んでいくから・・・。(w


689 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/04(月) 21:37:12 ID:prGvLFDD
>>682
その通り。
天皇はバチカン化させる。日本の憲法からは一切除外する。


690 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 21:43:24 ID:/rXvW3JM
>>687
「解放」とゆう観点から見れば、天皇・皇族を一国民にすると言う案もある訳だね。
カワイイ氏のバチカン化論とは違うベクトルだけど、この場合、天皇にコミットしてる香具師らの心理的不安の解消策が求められるんだけど。


691 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 22:26:50 ID:F9myz1Kh
>>609
その一度だけで廃止できて、元に戻らないって話は廃止派にとってはげみになるのだが...

 あ 〜 り が と う !

692 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 22:29:56 ID:H/rFSKM5
日本の象徴が阿部しんぞう?笑わせんじゃない

693 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 22:38:21 ID:F9myz1Kh
>>692
安倍は象徴でも、シンボルでもない、日本の最高権力者である。

 君 も 含 め た 、 国 民 の 信 託 で あ る ぞ よ !

ひかえおろう。

694 :あっくん:2006/12/04(月) 22:53:01 ID:USgzmV/T
>>689 :(○´ー`○)はカワイイ
>天皇はバチカン化させる。日本の憲法からは一切除外する。

そうであるならあなたの案に大賛成だけど、
ただ、なんで「バチカン化」って概念が出てくるわけ?

>日本の憲法からは一切除外する。
となると、実質、「創価学会化」になると思うんだけどw

695 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/12/04(月) 23:02:47 ID:V3fDFuK9
>>16:バカチンあるいはアホンダラまたはファッキングベイビーもしくはタワケ
>本来的に天皇とは立憲君主とは相容れない。まずはこの基本原則を理解しろ。

ブレイン・ウォッシング(洗脳)の常套手段。

あり得ない大前提を持ち出し、しかもそれを洗脳のため「理解の強制」をする。
(国民一般が常識的・慣用的に理解しているところを無視してまで覆し、
 自然醸成的な相関関係の否定を強制する。
 古くは、ヒトラーの
 「我々ゲルマン民族は優秀な民族である。これに反する思想哲学の一切は認められない。」など。)w

696 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 23:06:22 ID:XNO5CoO1
【政治】 外資50%超、政治献金OKへ…改正案が衆院委で可決★7
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1165228941/
糞自民がとうとう外資からカネを受け取る法案を可決させました
糞民主も共犯です

ハワイ王朝のように、最後は陛下も幽閉されて死ぬかもね。

関連
【自民党】宮路議員(鹿児島3区)が航路参入求め国交省幹部らに怒鳴りつけるなど繰り返し圧力 献金企業が依頼
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1165186638/


697 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 23:14:25 ID:TdqBrN6b
天皇家は大丈夫でしょう。
いつも勝者に乗っかって生き延びたのですから
アメリカが勝てばアメリカに
廃止論者が勝てば廃止論者にという訳です。
それが日本という国の象徴であります。
長いものには巻かれろ。

698 :朝まで名無しさん:2006/12/04(月) 23:58:49 ID:F9myz1Kh
>>697
マッカーサーに媚びたなら、日本の象徴足りえないでしょう!

699 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 00:00:46 ID:yRX9qW5Q
>>694 横レスながら
神社本庁や一部の新興宗教系天皇マンセ派への配慮じゃないかな
大事なご本尊なら信じる者達でけでそれなりに祭り上げれば良い
という信仰の自由にも配慮した案

>実質、「創価学会化」になる
個人的は、現在の天皇や皇族の人々はそんなモノに担ぎ上げられてしまうほど愚かでは無いと思うんだよね
無論、旧宮家の系譜の男系とかあたりから担ぎ出されちゃう脳天気も湧くかもしれんが
現状の一般国民、皇室ファン倶楽部の動向を見れば、そーいう担ぎ上げこそカルト扱いされてしゅーりょーになるようにも思う

700 :あっくん:2006/12/05(火) 00:50:14 ID:G937lQLs
>>699
>神社本庁や一部の新興宗教系天皇マンセ派への配慮じゃないかな
そうか、ナッチに配慮してもらってるわけだw

>>実質、「創価学会化」になる
>個人的は、現在の天皇や皇族の人々はそんなモノに担ぎ上げられてしまうほど愚かでは無いと思うんだよね
天皇が公的なものでなくなった場合、創価学会レベルに持ち上げてくれれば、
天皇家としては万々歳でしょう。
今は国民の90%が指示してるとか言われてるけど、
実際にそうなれば、国民の1%も金を出さないと思うよ。
でも、サンリオあたりと組んでアメニティーグッズとか売れば大儲け出来るかも
雅子さんフィギアとか、皇室のアニメ化とか、色々考えられます。

701 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 00:52:40 ID:+yepihNs
>天皇が公的なものでなくなった場合、創価学会レベルに持ち上げてくれれば、
>天皇家としては万々歳でしょう。
皇族はそう言う『責任のある立場』には絶対憑かないよ。

702 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 00:59:12 ID:9nj9CgAu
>>701
会社員も色々、国会議員も色々、皇族も色々だね。

703 :あっくん:2006/12/05(火) 01:02:13 ID:G937lQLs
>>701
>皇族はそう言う『責任のある立場』には絶対憑かないよ。

あのね、皇室ってのは伝統的に権力者の妾、愛人みたいな物なの。
つまり武力的に強い奴を見極めソイツに付くと。
明治天皇だってそうだしね。基本的に自主性ってのはない。
だから、憲法、法律的に放り出されたら、
天皇家をプロデュースする奴が出てきて、ソイツが宗教法人化するんじゃないかな?

704 :あっくん:2006/12/05(火) 01:04:42 ID:G937lQLs
結局、電通か博報堂にお任せするんじゃね?w

705 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/12/05(火) 01:23:07 ID:RR9Vu1GM
妄想の羅列、ごくろーさん。

706 :あっくん:2006/12/05(火) 01:31:37 ID:G937lQLs
つまり、今の権力者はある意味、電通だから、
電通が宗教法人化が有利と判断すれば教祖様になるだろーし、
電通が株式会社化が有利と判断すれば株式会社にするんじゃね?

707 :あっくん:2006/12/05(火) 01:38:46 ID:G937lQLs
強いヤツに付いて妾、愛人みたいに生き延びる、
ってのが、中世以降の天皇家の芸風だからね。

708 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 01:53:19 ID:+yepihNs
>>703
それはちょっと違う。
『強い方』ではなく『勝った方』に、建前上であれ公権力に憑く。
似ているようだがちょっと違う。
天皇を担ぎ上げる宗教集団が出来たとしても、その椅子には現体制を転覆して政府を立ち上げてからじゃ無いと座らないよ。

709 :あっくん:2006/12/05(火) 02:11:35 ID:G937lQLs
江戸時代は権力者徳川家の権威付けで  (゚Д゚)ウマー
明治からは権力者薩長に言われるまま神を器用に演じて (゚Д゚)ウマー
敗戦後は権力者マッカーサーに言われるまま人間宣言して巡幸とか器用にこなし(゚Д゚)ウマー
天皇制が無くなった後は電通に指示されるまま、〜〜〜をして (゚Д゚)ウマー

ってなるんじゃね? いやあー、ほんとうらやましい家柄だ。

710 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 03:11:42 ID:WXlit4Vm

今週号の「週刊新潮」にオマイラの事がでてるぞw

つまり、そーいうことだw「女系論」とか口当りのいい人権っぽいことほざいても

その本音は、天皇が妬ましくて憎くてしょーがない。一刻も早く亡き者にしたい。
親王のちょん切った首を地ベタにめり込ませて、今すぐ上からションベンぶっかけ
たいと。そーいうグロテスクで病的な心性だろ。人権感覚などないんだよこいつら

この手の鬱屈した性根の持主は集団内で常に数%発生する”バグ”のようなものだ。
その証拠にいつの時代も存在し、増えも減りもしない、3〜7%ぐらいで。

だからただ管理・監視しとけばいい。
第二のソビエト・カンボジアを二度と人類にもたらさないために。

711 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 05:51:59 ID:gc9KHU2B
>>710
皇族なんてゴミには人権無いから。
あんなクソどもは罵倒しまくって自殺に追い込んでもかまわねえだろ。

712 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 06:49:41 ID:WXlit4Vm
ついに皇族の人権否定か?元々それが本音とわかってるとはいえ、馬脚を出したなw

管理・監視を強めるべきだろうな、こういった手合いには。
その方向に進むだろうし、日本人誰も反対しねーよ、「週刊金曜日」の読者さえw

713 :あっくん:2006/12/05(火) 07:33:13 ID:G937lQLs
>>711みたいな下劣な発言はウヨの専売特許なんだけど不思議だね。

714 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 07:45:53 ID:gc9KHU2B
お下劣マンセー
皇族死ね!!

715 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/05(火) 07:48:17 ID:PdfOczfK
>>694
>ただ、なんで「バチカン化」って概念が出てくるわけ?
天皇とゆ〜のは宗教権威なワケだよ。現在まで国家機構に組み込まれてきた根拠は
その宗教性にある。そして戦前が「国家神道」化したのも、その宗教権威性を天皇が
持ち合わせていたからだ。こ〜した両義性は世俗権威としてバチカンと切り離され、
王権神授説によって権威と権力を保持し続けた欧州の国王が、立憲君主に容易に
移行できたのとは違うとゆ〜コトだ。タイの国王も同じだろ。タイでは宗教権威は
仏教にあり国王はその最大の保護者として世俗権威足り得る。
日本の天皇のよ〜な宗教権威を内包している王族は極めて特殊であり、その特殊性が
「国家神道」を生み出したし立憲君主であるコトを困難にしている。

>となると、実質、「創価学会化」になると思うんだけどw
ソウカの構造は、元々宗教権威を「日蓮正宗」にありその実践者として学会とゆ〜
組織があるとするモノだ。現在は両者の対立でその構造は崩れているが、創始者の
戸田にしても現在の池田にしても宗教権威ではない。仏教組織であるため、ソウカは
誰が代表になろうとも宗教権威にはなり得ない。そこが最大の違いだわな。


716 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/05(火) 07:55:25 ID:PdfOczfK
よ〜するに、日本が民主制を根底にした国家機構を保つためには、そこに
宗教権威を挟み込むってコトは常に矛盾を内包したままであるって話し。
欧州が王家を持ち続けながら民主制を維持できているのは、王家が宗教権威
ではなく世俗の権威であるからだ。この違いに着目できてねえ香具師が
多すぎる。日本がカタチばかりの立憲君主制に見えて、その実全く違うのは
ここに理由があるんだよ。戦前の失敗もそのために起きた。だから現在の
憲法では立憲君主ではなく「象徴」と限定的にしているワケだ。
現在の日本が立憲君主制だなどと盲信してる香具師は、この大きな前提を
全く分かっていない。バカには難しい形而上学的な前提だからな。


717 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/05(火) 08:09:22 ID:PdfOczfK
話をまとめると、天皇は君主ではねえんだよ。江戸時代が分かりやすいシステムなんだが、
徳川家が王家、将軍が君主、天皇はローマ法王、皇室がバチカンだ。
なっ? 見事に対比できるだろ?
それを薩長明治政府は君主である将軍を打倒し、ローマ法王である天皇を君主にしてしまった。
間違いはここから始まっている。ローマ法王が君主になったなら立憲君主など成立しない。
だから「国体明徴運動」などとゆ〜運動体が興り、神権天皇なんて概念がでてしまったワケ。
現在の憲法もアメリカ人と明治憲法下の残滓連中が作ったモノだ。だから天皇への正しい理解が
欠落している。天皇は君主ではねえんだよ。それにはめ込むのは無理があるってコト。


718 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 09:17:59 ID:k2xdWuyM
>>711
なぜか右翼の人の人格を否定する動きと、
週間金曜日などのあの国の系列の人々の、
弱者や病気の人を嘲笑するような表現と、
似通って居るんだよね。
右翼とあの国の人って、
同じようなものだという意見があるけど、
皇室の人だって人間なんだから、
最低限の名誉は守られるべきではないか?
同じように病気や障害者の人も、
最低限の名誉は守られるべきだよね。

719 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 09:39:20 ID:a60tThEs
世の中に対する正しい理解は
たいてい矛盾を内包しているものであります。
文句ばかりたれる前に自分たちが日本にとって
ただのよそ者かさもなくば新参者であることを
まず認めればよいのでは??

720 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 09:41:43 ID:a60tThEs
共産主義じゃなければ変な名前の人たちだろう。



721 :あっくん:2006/12/05(火) 10:04:29 ID:G937lQLs
>>715
その辺の定義は俺的にはどうでもいいんだけど、
天皇に宗教性はあるのかな? 明治以後は国家神道により強引に宗教性を持たせた。
これは宗教というよりマインドコントロールてしょ。
で、明治以前はといえば、単に「征夷大将軍を認定する権威」でしかないと思うよ。
記紀は面白いけど天皇家の正当性を主張するために書かれた物だし、
どこに宗教性があるのかな? 単に、日本を最初に統一した王様だとと思うけど。
宗教っていうのは、民衆の間に長い時間をかけて浸透してるのが宗教と言えるんだよ。
明治以前の民間の神道は山岳信仰の延長線上にあるわけでしょ? 天皇とは全然関係ないよ。

722 :あっくん:2006/12/05(火) 10:09:47 ID:G937lQLs
あと、確かに天皇家の内部で宗教儀式らしい事をしてるらしいけど、
それは天皇家が天皇家の利益のため秘技的にやっていることで、
民衆の間に広まった宗教とは全然別個のものだと思うよ。

723 :あっくん:2006/12/05(火) 10:12:58 ID:G937lQLs
・日本を最初に武力的に統一した王様

・征夷大将軍を認定する権威

・明治維新でむりやり神

って流れだと思う。
だから宗教とは関係ないんじゃない?

724 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 12:07:50 ID:ny1WNkjI
いや天皇は昔から神だよ。>万葉集 >日本書紀 >古事記

725 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 12:49:38 ID:60FtOKjx
カミ=魂
 ↓
特に権威のある神
 ↓
Godとしての神(明治以降)
 ↓
人間宣言

ってとこじゃないですか。
今でいう神様のイメージで大昔のカミを捉えてはいけない。

726 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 12:55:10 ID:ny1WNkjI
そんな定義なんて知らないが、今でも菅原道真とか普通に神様だよ。

727 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 12:59:28 ID:ny1WNkjI
>>721
明治以前の神道としては伊勢神宮がもっとも有名で、参拝者数の多い神社だったらしいけど。

728 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 13:01:53 ID:lZWVG1aT
>>725
天皇はGODにはなってないでしょ?

729 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 13:57:15 ID:yRX9qW5Q
>>721
>天皇に宗教性
というより、畏れと表裏をなす超自然を含めた信仰があり
それらの権威だったと解すべきだと思うよ

現在では当たり前の病気や、発生するのか解明されている地震などの自然災害も
すべて祟りや呪いといった具合に解されており
加持祈祷でそれらが治ると信じられていた時代は長かったんだ
宗教的権威への畏怖の意識は、今では想像できないほど生活に浸透していたと思うね

730 :あっくん:2006/12/05(火) 16:54:31 ID:G937lQLs
>>724-725 つまり、神っていうのは明治政府のマインドコントロールですよ。
>>726 菅原道真は勉強がよくできから勉強の神になった、じゃ、天皇は何が出来たの?
>>727 伊勢神宮で祭ってるのは天照大神だっけ?
>>729
>宗教的権威への畏怖の意識は、今では想像できないほど生活に浸透していたと思うね
江戸時代に農民のほとんどは天皇の存在を知らなかった、っていうぜ。
全然、浸透なんかしてないよ。

つまり、皇室を宗教のトップにしたのも明治政府の陰謀さ。
いいかげん目を覚ませよ。

731 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 17:00:10 ID:gc9KHU2B

             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,__     |  明仁が前立腺ガンでとっとと死にますように...
    /  ./\    \_______________
  /  ./( ・ ).\       o〇      ヾ!;;;::iii|//"
/_____/ .(´ー`) ,\   ∧∧        |;;;;::iii|/゙
 ̄|| || || ||. |っ¢..|| ̄  (,,  ) ナモナモ   |;;;;::iii|
  || || || ||./,,, |ゝ iii~   ⊂ ヾwwwjjrjww!;;;;::iii|jwjjrjww〃
  | ̄ ̄ ̄|~~凸( ̄)凸 (  ,,)〜 wjwjjrj从jwwjwjjrj从jr

732 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 17:33:35 ID:yRX9qW5Q
>>730
>江戸時代に農民のほとんどは天皇の存在を知らなかった
実態である天皇についてはむろん知るはずもない
暦とお札、伊勢講で知る宗教的権威としての天子さまだった

で、時の為政者の治世に宗教的な保障としての安寧を与える立場として
天皇とそれに連なる宗教的権威システムは、政やら俗事には関わらない事で
長らえ続けていた訳だが
明治になりカワイイ氏の指摘通り、政治の中心へと担ぎ上げられ
同時に文明開化やら欧米科学技術の導入により
病や自然災害への畏れに基づく宗教的権威を支えていた民草の信仰は失われてしまった
つことで、天皇家の尊重と政治制度から解放を主張する立場の俺としては
バチカン化より、文化継承者としての今後こそ妥当だろうと思っている
皇室関連グッズや皇居やご用邸の見学ツアー
宮内庁御用達ではなくあくまで民間の皇室御用達となるならブランドとして認定料を得る事も可能だろう
宝物殿や古墳を限定公開する事による収入など
バチカン化する際に必要であろう初期の公費助成と比べても
こちらの案の方がはるかに安上がりではないかと考えてもいる

733 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/05(火) 17:54:50 ID:Ms+Xypo7
>天皇に宗教性はあるのかな?
天皇こそ宗教権威の権化みたいな存在だろ。
神道や仏教は天皇なかりせば日本では成立していない。


734 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 18:12:39 ID:t7iC8FHA
ノムヒョンを象徴大統領にすればいいのか?
良く考るんだな。
不毛な議論はすべきではない。

735 :ルポライター ◆J/SOXfhyL. :2006/12/05(火) 18:12:45 ID:QBUtFCIZ

デュルケム『宗教生活の原初形態』(1912)より

宗教の定義は、仏教のように神の観念をもたない宗教も存在するとして、
宗教の本質は「聖と俗」の区別にあるとする。そして宗教を次のように
定義する。「宗教とは、神聖すなわち分離され禁止された事物に関連する
信仰と実践の一体系、教会とよばれる同一の道徳的共同社会に、これに
帰依するすべての者を結合させる信仰と実践の一体系である」

・・・「教会」を「天皇制」と言い換えると・・・なるほどピタリと符号する。

となるとやはり、廃止となるとそれに付随するアノミーがどうしても心配になるな。

736 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 18:22:53 ID:SfsBhtWb
>>735
天皇教徒だけでやってりゃ〜いいんだよ、信者以外を巻き込むな。

737 :ルポライター ◆J/SOXfhyL. :2006/12/05(火) 18:29:32 ID:QBUtFCIZ

>>736
信者とそれ以外の区別って、結局廃止してみないとわからん気がしますがね。

738 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 18:43:19 ID:nQwDSndX
現在の国是である立憲主義に、天皇のような神秘主義が介在していること自体、誤り。
神秘主義はあくまで、宗教や霊魂、カミ、精霊を語りたい者の専売特許であり、
近代国家の中にそういった宗教者を取り込むことになる。

それを忌避し、禁じたのが憲法の政教分離規定であり、これをどこまで厳格に解するかで、
国家の国民から不可視な部分が、増減する。
国民主権・自由主義と、多かれ少なかれ絶対的価値観を中核持つ国教的制度が、
まったく相反するものであることは言うまでも無いからだ。

739 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 18:44:35 ID:lZWVG1aT
天皇が居る国が日本なんであって、
それが嫌なら外国に住むしか無いんじゃないですか?

まあ、日本ほど宗教的に自由な国は他に無いでしょうがねw


740 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 19:05:32 ID:nQwDSndX
>それが嫌なら外国に住むしか無いんじゃないですか?
お約束の、「日本から出て行け厨」の登場か。
こんな幼稚なことを書けば、天皇教の評価を自ら下げているとは気付か無いらしい。

日本の主権者である国民が、天皇イラネ、といったら出て行かなくちゃならん、
なんて本末転倒、言論弾圧、戦前の恐怖天皇制そのもの、とか言っても天皇教とには通じないだろう。

741 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/05(火) 19:10:24 ID:Ms+Xypo7
>それが嫌なら外国に住むしか無いんじゃないですか?
まあ、己のアホぶりをカミングアウトしたい香具師でもなければ
こんなアホな書き込みはしねえよな。
天皇制止めようって奴が気に入らないならオマイが出て行けよ。


742 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 19:11:57 ID:lZWVG1aT
>>740
主権者であることは国家に補償されているんですよ?
主権者が一番偉いというわけじゃない。
勘違いしないでねw

743 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/05(火) 19:14:02 ID:Ms+Xypo7
>主権者であることは国家に補償されているんですよ?
保証しているのは国家ではなく憲法。


744 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 19:15:27 ID:lZWVG1aT
>>741
出て行けなんて行ってませんよ?

あなた方は何年も毎日毎日一生懸命天皇の廃止を唱えておられる。
それほどまでに天皇の無い世界を望まれるのなら、
あなた方の生きているうちに国民投票で、天皇制が廃止される可能性は皆無です。
だから外国に住まわれるのがあなた方のお幸せではないですか?

とアドバイスしているだけです。

745 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 19:16:27 ID:lZWVG1aT
>>743
憲法を作ったのは国家でしょうがw


746 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/05(火) 19:17:23 ID:Ms+Xypo7
誰がどこに住もうが本人の勝手。
他人からとやかく言われる筋合いはね〜よ。


747 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 19:18:23 ID:9WU+qMn8
憲法を〜
作ったのは〜
GHQ〜

748 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 19:18:40 ID:lZWVG1aT
>>746
だったら、天皇信者だって、
だれが何を信じようが本人の勝手でしょう。

あなたももうとやかく言うのはやめたら?

749 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/05(火) 19:18:58 ID:Ms+Xypo7
>憲法を作ったのは国家でしょうがw
バカ丸出しw
国家は憲法を受け入れたんであって、作ったワケじゃね〜よ。
立憲性の基本がわかってないアホならではの妄想。


750 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/05(火) 19:20:32 ID:Ms+Xypo7
>あなたももうとやかく言うのはやめたら?
はぁ〜?
個人で勝手に運営してる分にはとやかくなど言わね〜さ。


751 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 19:22:24 ID:lZWVG1aT
>>750
だったらオレにも言わせろよww

そんなに天皇が嫌いなら外国にでも住めば?
きっと、天皇を忘れて、他の事に専念できますよw

あ、アドバイスねアドバイス。


752 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 19:24:33 ID:lZWVG1aT
ところで
>>16-22はいつもIDを2つ使って自演して書いてるから
ついうっかり別IDでも同じ内容を書き込んでしまったわけですか?
>カワイイ

753 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 19:25:20 ID:WBmkFI3a
>>751
何を喚いているんだ?
もちついて、テンプレくらい読んでから参加しろよw

>>750の言ってる意味はテンプレの>>3

議論の基礎が共有できてないと、始めから議論にならんよ。


754 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 19:26:30 ID:lZWVG1aT
>>753
議論の基礎とは笑わせるw

カスの癖にw

755 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 19:29:55 ID:4PsjCUQe
やっぱ維持派にまともな人はいないね。。

756 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 19:32:39 ID:WBmkFI3a
>>754
議論の「前提」な。

>1)天皇制廃止後、天皇は宗教法人(又はそれに類する社団法人)として存続する可能性あり。
> ☆「天皇制廃止」というのはあくまでも「国の機関としての(制度としての)天皇という地位」の
>   廃止であって、家系としての「天皇家・皇族・皇室」の滅亡をはかるものではない。

757 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 19:39:38 ID:4PsjCUQe
議論に負けると狂って暴言に走る。信者って韓国人かな?

758 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 21:47:53 ID:WBmkFI3a
天皇制廃止後の天皇家のあり方については、

1)カワイイ氏の「バチカン化論」→宗教的存在に特化
2)>>732ID:yRX9qW5Q氏の
>文化継承者としての今後こそ妥当だろうと思っている→文化的存在に特化

おいらは、取り合えず、一国民になってもらうのに一票。
そこから、彼らが職業選択の自由を駆使して、
起業家になるもよし、政治家になるもよし、学者になるも、坊主になるも何でもよし。
結果的に、担がれて、宗教的存在や文化的存在に特化するのなら、それはそれで仕方ないが、
自由を満喫してもらうのが第一だと思っている。
>>690でも書いたけど、不自由な身分からの「解放」こそが大切だと思うが、
天皇にコミットしてる人たちの精神的安寧をどう確保するかは、
問題として残ると思うので、ここは考えなければいけないところ。

他にも、廃止後のヴィジョンがある方は、カキコおながいします。

759 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 21:55:39 ID:N7tpL4/G
天皇が合法的に政権を奪取

760 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 21:56:40 ID:nQwDSndX
>憲法を作ったのは国家でしょうがw
天皇教徒よ、あまりに無知すぎるぞ。
奈良の大仏を作ったのは「大工」と答えるようなもんだぞ。
いい年こいた人間が、恥を知れ。

現憲法は、民定憲法だ。
そういうことだ。

761 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 21:59:20 ID:N7tpL4/G
米定ですが何か?

762 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 21:59:45 ID:nQwDSndX
>だったら、天皇信者だって、
>だれが何を信じようが本人の勝手でしょう。

>あなたももうとやかく言うのはやめたら?
これも「議論やめろ厨」の亜種なのか、それともただのバカなのか。
いずれにせよ、議論板に居る意味が分ってない程度の知能だ。

763 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 22:03:00 ID:nQwDSndX
>>754の ID:lZWVG1aT
が今日の天皇教徒の恥を晒し、貶めるのに貢献した第1位。

764 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 22:08:06 ID:SfsBhtWb
廃止が無理が無くて一番自然な姿じゃ〜ないですかネ。
偉くも無いのに、偉いフリするのはえらく疲れますヨ。
廃止したら天ちゃんも徳川慶喜みたいに自由に自転車で街中走れますヨ。

765 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 22:21:31 ID:9nj9CgAu
>>758
ほぼ同意見だが、

>天皇にコミットしてる人たちの精神的安寧をどう確保するかは、

このくだりは、あえてスパルタ式に放り投げるのが吉かと思う。
ガキにはショックを与えて、自立を促すしかない。

766 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 22:32:25 ID:nQwDSndX
>>765
>天皇にコミットしてる人たちの精神的安寧をどう確保するかは、
杞憂に過ぎない、というか全く別次元の話。

何らかの政治的集会を公民館で開いたら、街宣右翼が来る予告があった、
だから集会の自由は制限します、公民館は貸せません、と言ってるようなもん。

本末転倒もいいところ。
右翼のテロが怖いから天皇制批判は出来ない、宗教テロが怖いから宗教批判は出来ない、
とか言っていたら戦前の恐怖天皇制と同じだ。
だからこそ、逆にテロの被害にあっている集団、
国家というのはテロに屈しない「自分たちの論理を曲げない人たち」とも言える。
変節漢の多い中で朝日新聞、米国はえらい。


767 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 22:40:04 ID:+1Feir2M
カワイイ自演疑惑について釈明が無いね

768 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 22:40:47 ID:+1Feir2M
2chって糞だね

ってことが良くわかるスレです。はいw

769 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 22:43:10 ID:+1Feir2M
>>757
韓国人が天皇信者なわけねぇだろww

770 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 22:43:43 ID:+1Feir2M
>>758
はい、ガンダム。
便意兵にならないように。
国際法違反ですから!

ww

771 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 22:45:28 ID:+1Feir2M
ほんっと、屑ばっかりよく集まるスレだわなw

772 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 22:52:44 ID:nQwDSndX
池田大作のファンと自称している奴が、おまえ葬家だろ!、と言われて
「俺は、葬家とは限らないぞ。葬家以外にも、池田ファンは大勢いるのだ」とかいう
陳腐な理屈を誰が信じるのか。

773 :あっくん:2006/12/05(火) 23:05:27 ID:G937lQLs
>>732
>暦とお札、伊勢講で知る宗教的権威としての天子さまだった

つーか、
・天皇家とは関係なく天照大神信仰が古代から民間信仰としてあった
・日本初の統一者天皇家はその信仰を略奪し自分達の祖先だと記紀に勝手に書いた
・結果、伊勢神宮の最大のパトロンが天皇家となった
ってことなんじゃない?


774 :あっくん:2006/12/05(火) 23:11:31 ID:G937lQLs
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E5%A4%A7%E7%A5%9E%E5%AE%AE
>神社本庁傘下の全国8万余の神社からは本宗と仰がれ、
これって明治以前からの話ですか?

775 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 23:18:17 ID:+1Feir2M
あっくん。なかなか面白いんだけどな。

このスレじゃ完全に浮いちゃってるな。


776 :あっくん:2006/12/05(火) 23:21:03 ID:G937lQLs
>>775
反論があるなら言ってみろよ、言えなければ黙っちょれ。

777 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 23:22:28 ID:nQwDSndX
>ムッソリーニは吊され、ヒットラーは自殺し、ヒロヒトは天寿を全うした
父親は千恵遅れ、数人の子供とは小さいときに隔離され、
数百万〜数千万人の人間が、「自分の名の許」に死んでいき、
嫁(皇后)には自分の死に際に「あんた誰?」と言われた、
男の生涯は幸せだったろうか。


778 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 23:26:43 ID:+1Feir2M
>>773
あんたは他の屑に比べれば誠実さがある程度感じられるだけまあまぁ、面白いが・・・
あまりにも勝手な推理じゃないの?

大和朝廷の始まりは邪馬台国であり、邪馬台はヤマトと読む
卑弥呼が鏡を使って太陽を扱ったことが太陽信仰となり、アマテラス伝説となった。
ヒミコとは日巫女、もしくは日御子であり、
太陽に遣える人、もしくは太陽の子孫という意味になる。




779 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 23:32:14 ID:VpF3Mu3E
あっくんはネタ師だよ

780 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 23:33:10 ID:+1Feir2M
ネタがあるだけカワイイよりマシじゃねぇの?

781 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 23:35:45 ID:k2xdWuyM
あっくん、面白いじゃん。

782 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 23:37:10 ID:nQwDSndX
そうだよなあ、天皇は王というより、有名人・中山美穂みたいなもんだろう。
国民の意識としては。だからミポリンが引退すべきかと問えば「必要ない」と
返ってくるが、イメージが落ちればあっけないと思う。



783 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 23:39:49 ID:+1Feir2M
>>782
的外れ&恣意的ですな〜

あっくんとやら、
勘違いすんなよ。
お前が取り立てて面白いわけじゃない。
このスレは屑が多すぎるだけの話だ。


784 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 23:41:51 ID:+1Feir2M
しっかし、なんでミポリンなんだよw



785 :あっくん:2006/12/05(火) 23:45:07 ID:G937lQLs
>>778
>卑弥呼が鏡を使って太陽を扱ったことが太陽信仰となり、アマテラス伝説となった。
>ヒミコとは日巫女、もしくは日御子であり、
>太陽に遣える人、もしくは太陽の子孫という意味になる。

だから、それは日本最初の統一国家の宣伝部が作った
記紀に記述されてる事じゃない。

それをまともに信じるのは、
北朝鮮の宣伝部の言うことを真に受けるより危険だと思うけどw

786 :あっくん:2006/12/05(火) 23:49:19 ID:G937lQLs
つーか、単純に江戸時代の文献で、
江戸時代の農民が伊勢神宮に行ったのは、天照大神信仰からであり、
天皇信仰からではない、ぐらいの証拠はいくらでもあるんじゃないの?

787 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 23:49:24 ID:+1Feir2M
>>785

邪馬台国は魏志倭人伝に記されている。
その頃は邪馬台国は日本列島のどこかの一国に過ぎなかった。
邪馬台国と大和朝廷の間には200年の差しかない。

その間にヤマト民族が日本を制したわけだよ。
しかもヤマト民族の神は太陽神。

その時代は神は単なるお飾りじゃないよ?
当時の科学だった。
祈祷も占いもすべて科学。
そんな時代に神を簡単に挿げ替えられるものじゃない。

当時は神が生きている時代で
神を利用する時代では無かった。


788 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 23:51:34 ID:+1Feir2M
>>786
伊勢神宮に行ったのは、お宮参りの名目なら、自由に旅行が出来たからさ


江戸川柳にも
「宮参り。伊勢神宮にもちょいと寄り」
なんてのがある。

このへんは現代でもあんま変わんないのさ
日本人ってのは。

789 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 23:52:42 ID:4PsjCUQe
ID:+1Feir2M

お前つまんないから寝ていいよ。

790 :あっくん:2006/12/05(火) 23:53:55 ID:G937lQLs
>>787
>しかもヤマト民族の神は太陽神。
なるほど
・ヤマト民族の王様の神は太陽神
・ヤマト民族の農民の神も太陽神
だから、太陽神の最大のパトロンにヤマト民族の王様がなった、
けっして、太陽神=ヤマト民族の王様、ではない。
って考えるのが普通だろ?

791 :あっくん:2006/12/05(火) 23:56:41 ID:G937lQLs
「太陽神=ヤマト民族の王様」
これもおそらく、明治政府のマインドコントロールなんですよ。

792 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 23:57:09 ID:+1Feir2M
>>790
パトロンっちゅう意味がわからんな

793 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 23:57:58 ID:+1Feir2M
>>791
明治以前だって

お天道様ってのは一番の神様だったぜ?

794 :朝まで名無しさん:2006/12/05(火) 23:58:24 ID:nQwDSndX
私にとって「皇室を廃止せよ」という意見は、過去の悪習を捨てる、天皇制という無責任の象徴を
日本の制度から捨て去ることが、日本のなかのなぁなぁで「原理原則」を意識的に軽視し、
「むら」の中でのみ、分かり合えればよい、出る杭は打つという、
悪弊を捨て去るチャンスだと思います。
そして、それは、いいことなのです。
 私は天皇や皇室が、民衆支配のために、為政者に利用され続けてきたという考えは、
認めざるを得ないと思います。
皇統の歴史は、昭和天皇の敗戦で終わりました。
いまはこの国は、「国民主権国家・日本」です。
日本は、日本人、日本の国土、文化全ての総合です。
その中に天皇は、過去の遺物に過ぎず、その亡霊をいたずらに誇大視し、
それでは足りず天皇制の歴史を持ち出し「だから権威が在る」とか言うものが居ます。
果たして、古いから、昔からあるから、だからこれからも「国家機関」である積極的理由になるか?


795 :あっくん:2006/12/05(火) 23:59:00 ID:G937lQLs
つか、天皇が神なら、
農民は伊勢参りなんてしないで、京都参りをするさw

796 :794:2006/12/05(火) 23:59:03 ID:nQwDSndX
かつての「大蔵省」を考えてください。
大蔵省の職員たちは、律令制以来の「大蔵省」という”名称”は、伝統があり、
これからも未来永劫、残していく必要があり、自分らの在職中にその名称変更など、
はるか昔からの”先輩”たちに申し訳が立たない、と主張。
そこには、国民も、国家も眼中にない、自分らは歴史の”継承者”だという「勘違い」があるのみ、です。
それが、民間の「歌舞伎」だ、「茶道」だなら、いいでしょう。どうぞ、ご勝手に、です。
ですが、天皇に関しては、全く当てはまらない。
天皇は、国家機関、です。
いまの日本では、全ての公職、公的機関は、「国民個々の尊厳の実現」のために存在を許されているし、
それ以外の”理由”は認められません。
もし天皇制が、”歴史的””文化的”価値がある、というなら、
天皇個人を無形文化財として、「人間国宝」に指定すればいいだけです。
何も、「制度」として、残す必要は全く無い。害悪のほうが、大きい。

天皇が、今日、文化勲章の授与をしていましたが、天皇はタダの「デク人形」です。
何の意思表示も、判断も許されていない。仮病でも使わない限り、拒否なんて出来やしない。
脇で、小泉首相が恭しく天皇に首を垂れていましたが、「事実上」の最高権力者は彼なのに、
その首相が、形式的に頭を垂れる「天皇」。
でも、その天皇は何の意思表示も出来ない「人形」。
別に、石ころや、サルにだって務まるんです。
何ですか、この分かりにくさは。



797 :794:2006/12/06(水) 00:00:08 ID:nQwDSndX
戦前、内閣は天皇に任命されることになっていた。
戦前は立憲君主制だと思っている人も、居るだろうが、
旧憲法のどこにも「立憲」などと書いてない。
しかも、有名な「天皇機関説」こそが、立憲君主説の理論的より所だった。
これは、美濃部教授の突出した学説というわけではなく、
当時の政府・大審院(裁判所)も、認めた御用説だった。
ところが、時代の空気が変わり、いきなり「異説」とされ、
「天皇機関説」は吹き飛び、「天皇主権」とされる。
もともとが立憲君主説こそが、
旧憲法をウラ読みして「無理」に読み出されたものであった。
旧憲法を、文言どおりに「素直」に読めば、「天皇主権」は当然である。




798 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 00:00:26 ID:+1Feir2M
>>795
天皇は祭祀主なの
アマテラスの

お前もさぁ、もうちっとさぁ・・・

799 :794:2006/12/06(水) 00:00:39 ID:nQwDSndX
天皇も、その治める「国家」も「無答責」であった。
理由は、天皇は神の「子孫・代理」だから、「過ち」は犯さないから、というもの。
超然内閣と言われたことがあったが、
神である天皇が選んだ「人選」が誤っているわけがない。
だが、この制度を作り出し、実際に運用したのが、タダの人間だった。
ここまで言えば分かるだろうが、その「タダの人間」の責任逃れの「方便」として、神だ、天皇だ、を持ち出して、
やはり「タダの人間」の国民連中に、水戸黄門の印籠のごとく、「俺に責任はない」、と言い張ったのだ。

では、天皇はどうか。
今は、天皇、と単数形だが、旧憲法下では、華族・皇族・宮家という幾重にも張り巡らされた「外堀」に守られ、
その「外堀」も自らの既得権のために、天皇の名を使った。
天皇自身も、その外堀無くしては存在し得なかったし、また国家に寄生せずに生きていくことも出来なかった。
ちょうど、平安朝の藤原氏と天皇の関係のように。
天皇と、「タダの人間」の両者が、互いに寄生と共生をして、国民・国家を食い物にしてきたと言うのが、全体像だ。



800 :あっくん:2006/12/06(水) 00:00:53 ID:G937lQLs
>>792
>パトロンっちゅう意味がわからんな

神社の維持、管理に一番多く金を出してる人だよ。
農民のお賽銭だけじゃやっていけないだろ?

801 :あっくん:2006/12/06(水) 00:01:37 ID:KRq1pH6p
俺はほんと、頭いいべ?

802 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 00:02:01 ID:+1Feir2M
なんか「ミポリン」が必死にコピペを始めてますww

なんか怖えぇw

803 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 00:03:03 ID:+1Feir2M
>>801
ちょっと足りないな。

またな

804 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/12/06(水) 00:07:27 ID:035e81TL
>>716 :(○´ー`○)はエロカワイイと思ってる小学校教師は危ない
>よ〜するに、日本が民主制を根底にした国家機構を保つためには、そこに
>宗教権威を挟み込むってコトは常に矛盾を内包したままであるって話し。

神道一辺倒になってる日本人がどこにいるの?
宗教権威として天皇を認める気風なんか、もう完全に失われてるでしょ。

なので、バカチンの理屈そのものが成立してないよ。(w

805 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 00:20:06 ID:VmKB2tgq
>>804
空気読めよ阿呆
お前も屑の仲間
カワイイと同類

806 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/12/06(水) 00:26:35 ID:035e81TL
>>805
わりいけど、おバカの空気は無視する主義なんだ。

807 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 00:31:07 ID:ZA3eAYNu
>>784
爺さんの活動家なのさ

808 :あっくん:2006/12/06(水) 00:43:01 ID:KRq1pH6p
>>804 :tooo
>宗教権威として天皇を認める気風なんか、もう完全に失われてるでしょ。

だから、最初からなかったんだってw
明治政府が急ごしらえで作った、バーチャル。
で、実際の日の本信仰の本家、伊勢神宮はいまでも繁盛してるんだろ?
よく知らないけど。

809 :あっくん:2006/12/06(水) 00:52:34 ID:KRq1pH6p
つーか、そもそも、天皇が死ねば仏式で葬式するんだろ?
だったら仏教徒じゃねーか、バカバカしい!!

お前ら、あっくんさまをナメんなよw

810 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 01:12:47 ID:NMVHHVDc
>>809
天皇家は真言宗だったのに、
明治になって急遽神道方式を作ったようだね。

811 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/12/06(水) 01:15:39 ID:035e81TL
>>808
>だから、最初からなかったんだってw
>明治政府が急ごしらえで作った、バーチャル。

いや、断言はできないと思うよ。
江戸期の芝居では天皇は子役がその役をやるなど、
町民にも揶揄するような気風が生じたが、
明治新政府で、伊藤博文の強い推挙で初代文部大臣となった森有礼は、
国粋主義者の刃がもとで、結局死亡するに至っている。
キリスト教徒の森有礼を嫌ってたのは、旧宮中派(神道派)。
(なので、明治天皇に具申し、明治天皇は森有礼の登用に難色を示した。)

江戸末期には水戸学派を中心とする、
天皇を中心とした国家思想の原型が、武士に影響力を行使し続けた。
なので、維新。

憲法などを導入し天皇権威の合理化(ないしは形骸化)を図っていったのはむしろ明治政府の方で、
明治初年レベルだと、武士を中心として、おそらくは農民にも、
まだ確立してない段階の天皇権威に期待する気持ちが生じていたはず。
なので、廃仏毀釈運動。

大正デモクラシーを経ているのだから、明治期の権威と昭和期のそれは
別物と考える方が相応しい気がする。

現人神とまで思わされたのは、敗戦時に青少年だった人がほとんどで、
大正前期や明治期に生まれた人からは、そうした発想がうかがえない。
なので、軍国教育の必要性が生じさせたのが、昭和期の
>宗教権威として天皇
ということになるでしょう。


812 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/12/06(水) 01:20:49 ID:035e81TL
だいたいどっかのバカチンは、バチカンの歴史をご存じなんだろうか?
永く積みあげられたきた信仰の歴史と、70年に及ぶイタリアとの断絶の歴史。

自然醸成的(歴史醸成的)でないバチカン案など、机上の空論の空まわり状態。


813 :あっくん:2006/12/06(水) 01:58:22 ID:KRq1pH6p
>>810
>天皇家は真言宗だったのに、
>明治になって急遽神道方式を作ったようだね。

おお、情報有り難うございます。
これであっくんの仮説が証明されました!!!

814 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/12/06(水) 02:03:58 ID:035e81TL
>>813
てか、809(仏式でお葬式)が間違いだと指摘されたんだよ。

815 :あっくん:2006/12/06(水) 02:05:03 ID:KRq1pH6p
>>811
>現人神とまで思わされたのは、敗戦時に青少年だった人がほとんどで、
>大正前期や明治期に生まれた人からは、そうした発想がうかがえない。

そりゃ、マインドコントロール教育が明治期はバカバカしいと、
みんな思っていたのが、時を重ねるにつれて功を奏してきた、
って事なのでしょう。

816 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/12/06(水) 02:13:57 ID:035e81TL
>>815
実はそこらへんが微妙なんだわ。
教育の普及とカンケー有りそうで。

例えば、昭和前期には弁当も持たされない欠食児童が多く、
給食制度が徐々にだけど起きたのもこの頃で、
保健所も創られ、その後に厚生省も創設されてる。
学校教育と併せ、その目的が「国民の体位向上」で、
これが健康で立派な兵士をつくるという話に結実しちまうのが、
日中戦争の開戦と徴兵制度の布設から。

善悪相半ばするというのか、硬軟織り交ぜてる(???)というのか。

817 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 02:54:45 ID:PQmc4zOs
>>799
>天皇も、その治める「国家」も「無答責」であった。

君主の無答責は立憲君主制の国家として当然だよ。何処の国もそう。

>>760
>現憲法は、民定憲法だ。

もちろん嘘で、実際にはGHQの定めた命令書に過ぎないんだけどね。

 日本は軍備を持つな!、国家元首は・・・曖昧に、国家意思もあやふやに、外交も諸外国の言いなりに・・・・

・・・・との米軍様の御命令。このままの日本で有り続けてくれると中国・ロシア・朝鮮にとって好都合。

818 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 09:19:20 ID:ZSKjon3+
マインドコントロール云々言うやつは
どうして自分が他の日本人と違う考えを持ってしまったのか、
マインドコントロールを受けているのはどちらか、
もう一度考えてみる必要があるのでは?

819 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 09:20:46 ID:ZSKjon3+
外国人なら、さもありなん、だが。

820 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 09:33:02 ID:cwSZtxHI
日本国憲法→米軍様が一週間で、でっち上げた御命令。
帝国憲法→長州右翼(伊藤博文)が密室で、でっち上げた御命令。

821 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 09:54:56 ID:E27XHRPK
「君主無答責」の一例

> デンマーク憲法第13条
> 国王は、自己の行為に対して責任を負わない。その人格は神聖である


822 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 09:56:37 ID:E27XHRPK
明治初頭、日本は憲法を作成するに際し西欧諸国の憲法を調査し参考にしている。

> 2-5 伊藤博文のヨーロッパ憲法調査
> 
> 憲法取調出張中の伊藤博文 ベルリンにて 明治15年 『伊藤博文秘録』続所収
> 立憲制度の調査のために、伊藤博文にヨーロッパ派遣を命じた勅書。
> 
> 別紙には、各国の憲法や皇室、議会(上下院)、内閣、司法、地方制度など、31か条にのぼる
> 具体的な調査項目が示されている。
> 伊藤は明治15(1882)年3月14日に横浜を出発、滞欧は1年2か月におよび、ドイツ、オーストリア、イギリス、ベルギーなど
> 各国を巡り、グナイスト(Rudolf von Gneist)、モッセ(Albert Mosse)、シュタイン(Lorenz von Stein)等から講義を受けるなどした
> 
> ttp://www.ndl.go.jp/modern/cha2/description05.html

823 :794:2006/12/06(水) 11:09:53 ID:YFKD7O75
>>817
>立憲君主制の国家として当然だよ
立憲君主といってるが、明治憲法って立憲主義憲法だったのかな。
一度、立憲主義って調べてみるといい。
ふつう、明治憲法は「外見的」立憲主義憲法、ってされてる。
憲法が有れば中身はどうでもいい、ってもんじゃない。
少なくても権力分立、法による支配は確立していることが最低条件。

昭和10年以降、日本は神権天皇観を振り回した軍国主義国家だったんだよ。
そこには権力分立も何もない。

824 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 11:13:48 ID:E27XHRPK
まあ「軍部独裁」とか騒ぐ例のパターンだろうが。

825 :794:2006/12/06(水) 11:16:23 ID:YFKD7O75
>>817
>もちろん嘘で、実際にはGHQの定めた命令書に過ぎないんだけどね。
今の憲法が民定憲法じゃない、と?
あのね、民定憲法って、「民」が定めた憲法のこと、と思ってるだろ?
違うよ。
「誰のために定めたか」「誰宛に定めたか」と言う分類だ。
難しく言えば、欽定憲法(君主なり独裁者なりの名の許に定められた物)以外の憲法が、
民定憲法と言うんだよ。

主観や価値は人それぞれだが、
事実を曲げて書いていたんじゃ話にならないよ。

826 :794:2006/12/06(水) 11:17:55 ID:YFKD7O75
>>824
軍国主義=軍部独裁、って言い切っていいのかな?
良く調べてご覧よ。

827 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 11:18:40 ID:lUVahfOY
>「誰のために定めたか」「誰宛に定めたか」と言う分類だ。


じゃ、米定憲法でつね

828 :794:2006/12/06(水) 11:25:57 ID:YFKD7O75
>>820
>帝国憲法→長州右翼(伊藤博文)が密室で、でっち上げた御命令。
そのとおり。
明治憲法も、別に天皇が決めたものじゃない。
子供だった天皇は、臣下であるはずの徳川氏の居城を取り上げて皇居としました、
さぁ、東京に来い、と言われただけ。

伊藤は、あまりに天皇が神格化されすぎるのは問題である、とも考えていた。
しかし、旧藩主勢力、旧幕府勢力の明治新政府内での発言力が、
反藩閥勢力が推進する民選議会創設運動と結託する前に、
先手を打つ必要があった。

そこで、英仏と言った立憲君主制国家、民主主義国家を手本とせず、
強力な中央集権制をもった絶対君主制のプロシア憲法を手本とする事にした。

829 :794:2006/12/06(水) 11:27:39 ID:YFKD7O75
>>827
米定憲法、っておもしろいね。
でも、欽定憲法じゃないものが民定憲法だからそれは違う分類法だね。
覚えておいた方が良いよ。

830 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/06(水) 11:29:57 ID:JnNrVFKg
しかし、ここでは高校の歴史レベルの話しからはじめないと
理解できない香具師が湧いているからそうしてるんだろうが、
情けなくなるほどの教養のないやり取りが続いているわな。


831 :794:2006/12/06(水) 11:38:00 ID:YFKD7O75
>>830
いや、宗教を熱心にやってる人間が学校の勉強や一般常識に欠けているのは、仕方がない。
むしろ、一杯書き込めば、toooのようになんかの本を引用すればウソやデタラメも「ほんとらしく」見えるだろう、
”擬似史実”マンセー、という思い上がりが許せないだけ。

天皇大好き、と主観を書く方が余程正直。


832 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 11:45:45 ID:MC+ncDbW
>>826
軍国主義って、昔の総力戦の時代の国家は
戦時はどこの国も軍国主義だろ。

アメリカなんて日本より軍国主義が徹底されていたとかなんとか・・・
民間企業、アカデミズム、マスコミ、ハリウッドまで総動員。


833 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/06(水) 11:47:23 ID:JnNrVFKg
ホラッw
戦時体制と軍国主義の定義すら分かってないのが湧いてきたw


834 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 11:49:52 ID:lUVahfOY
軍国主義なんて定義できないだろ

835 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/06(水) 11:51:27 ID:JnNrVFKg
ぐんこく-しゅぎ 【軍国主義】

軍事力によって国威を示し、対外的に発展することを、国家の最も重要な目的と考え、
一国の政治・経済・法律・教育などの構造や国民の生活・思考様式を、軍事力強化に従属させ、
これに奉仕させようとする主義。ミリタリズム。


836 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 11:52:04 ID:lUVahfOY
それを、どっかの国に当てはめるのはそれぞれの主観でやるしか無いじゃん

837 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 12:10:33 ID:MC+ncDbW
>>833
いわゆる日本の軍国主義?なんて日中戦争が泥沼化してからじゃないの?
で、国家総動員法と政党解散→翼賛体制へと

明治の富国強兵から軍国主義と言われればそれまでですけどね。


838 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/06(水) 12:20:24 ID:JnNrVFKg
>>837
>>823の理解ど〜りだろ。


839 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 12:40:01 ID:VwV2QW29
>>825
>今の憲法が民定憲法じゃない、と?

まあ捏造憲法と言っても良いかな。

840 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 12:40:08 ID:USk0lSo3
帝国主義の時代だったんだから
軍国主義になるか植民地になるかの
選択しかない。

841 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 12:41:18 ID:USk0lSo3
世界警察なんてないんだから
自分の身は自分で守るしかないわけで
軍国主義=悪
ではないだろう。

842 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 12:41:54 ID:VwV2QW29
>>828
>絶対君主制のプロシア憲法を手本とする事にした。

・・・って憲法って何だか判ってないだろ? 

絶対君主制だったら憲法なんか存在し得ない。

843 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 12:43:05 ID:VwV2QW29
>>835
アメリカ合衆国を始めとして戦争中の国々は大抵そうだな > 軍国

844 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 12:55:41 ID:VwV2QW29
>>839
「民定憲法」だが、これは”国民が直接に、または国民から選挙された議会を通じて制定される憲法”であって
GHQ作成の憲法は「偽憲法」とでも呼ぶしかない。本来無視すべき存在なんだ。

845 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 12:57:07 ID:USk0lSo3
>>844
占領統治下憲法だな。


846 :東アジア反米武装戦線 ◆ePieC6Rw.I :2006/12/06(水) 13:15:32 ID:8S4yt2MN
われわれ人民は
現存するすべての政権を打倒し、
世界憲法を打ち立てなければならない。

847 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 13:22:13 ID:MC+ncDbW
原文はGHQの軍人さんが1週間ででっちあげた
英文を翻訳したもの。

一番重要なことは日本国民のほとんどが上記の真相を
知らなかったということでしょう。
というより騙されてました・・・
審議した帝国議会の議員すら知らなかったんじゃないのか?

どう見ても占領憲法です。ありがとうございました。


848 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:15:37 ID:8nbMU+0z
>>847
それでも国民代表の審議なしにいきなり発布された明治憲法よりは百万倍マシ。

そして、草案がGHQによって作成されたという事情が明らかになったあとでも、
日本国民が憲法を支持し続けたという重い事実によって、制定過程の瑕疵は
治癒されたともいえる。

849 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:22:59 ID:USk0lSo3
>>848
日本人ってのは自分で法を変える力は無い
めんどくさがりなのかまったくw

それだけの話だろ?

支持し続けたのではなく、憲法改正とかの改革を好まないのが日本人。
外圧でもない限りは現状維持がすき。

850 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:26:14 ID:DFBpfQaM
誰も支持なんてしてねえよw

851 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:27:04 ID:8nbMU+0z
>>849
天皇制もそうなんだろうか。

支持してるわけじゃない。現状維持がすきなだけだと。

852 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:31:33 ID:MC+ncDbW
>>849
いや憲法改正条項が2/3でなくて過半数の賛成でOKなら
とっくに改正されてたでしょう。


853 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:33:01 ID:NMVHHVDc
>>849
憲法9条改正問題でも、
ネットでは殆どが改正賛成なのに、
一般世論では、まだ55パーセントぐらいの人が、
反対なんだろう?
天皇制にしても、
ネットでは天皇制万歳の人が多くても、
世間ではそれほど熱がある人は少ないんだから、
現状維持という姿勢だけど、
積極的な現状維持じゃないんだよね。

854 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:34:10 ID:NMVHHVDc
>>852
過半数っていうか、
国会議員の過半数で改正法案が通過するようになれば、
今頃は改正されているよ。

855 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:36:44 ID:USk0lSo3
>>852
軍事力放棄と書いて世界最先端の軍事力を保持している。
占領下憲法はすでに絵に書いた餅じゃん。

なのに改正をしない。

社民党とか共産党ってのは実はかなりのウヨクなんだよなw


856 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:37:01 ID:8nbMU+0z
「占領憲法」であることがそんなに大きな問題ならば、社会党も賛成して
とっくに改正されてたでしょうね。
そうならないで今まで改正されなかったというのは、言われるほど大きな
問題じゃないというのが、国民の考えだったと。

857 :ルポライター ◆J/SOXfhyL. :2006/12/06(水) 14:37:55 ID:2Okbt6fY

徹底した米のWGIPによる占領政策の前に、
当時誰が日本国憲法・戦後民主主義・東京裁判に疑問を挟めたと言うのだろう?

現在にまで至るその影響の絶大さを振り返れば、その答えはごく簡単に出る。

858 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:38:10 ID:MC+ncDbW
>>848
普通は逆じゃないのwww
占領軍の軍人さんが1週間ででっち上げた憲法より、
明治憲法の方が100万倍マシってことで・・・


859 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:38:29 ID:8nbMU+0z
>>855
そういうときは、「保守的」というんですよw
共産党は保守的だと。

860 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:39:19 ID:USk0lSo3
天皇家の中央集権国家が絵に描いた餅となり、
武士政権となったにも関わらず、
日本は明治維新までずっと律令国家の体制をとり続けた。
しかも天皇は平安期以降、軍事力を放棄している。


まったく日本人は変わらんよな。
同じ事を繰り返してる。

861 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:40:28 ID:8nbMU+0z
>>858
国民の立場から言えば、代表を通して参加できた日本国憲法のほうが
百万倍マシだということ。

国民の立場に立たなければ、なんとでも言えますがw

862 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:40:50 ID:lUVahfOY
>代表を通して参加できた日本国憲法

は?

863 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:40:55 ID:USk0lSo3
>>859
保守=右翼
革新=左翼

ですよ。あってるじゃん。

共産党は右翼です。

憲法改正論者は左翼です。

864 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:42:33 ID:USk0lSo3
核の保持を議論することなどまかりならん!

と多くの大物政治家が発言し、マスコミも同調している
この日本という国に、言論の自由は本当にあるのだろうか?


865 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:45:22 ID:8nbMU+0z
>>857
占領は1952年に終わってますからね。
その後はずっと言論の自由が保障された社会が続いている。
洗脳が続いているというのは、かなりの被害妄想といえるでしょう。
むしろ、わずか数年の占領期よりも、教育勅語発布以来敗戦まで55年にわたって
続いた思想統制の影響のほうを気にしたほうがいいんじゃないでしょうか。

866 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:46:06 ID:8nbMU+0z
>>863
右翼は、いつも改革とか維新とかを唱えてるじゃないですかw

867 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:48:08 ID:USk0lSo3
>>866
あんた何を言ってるんですか?
改革や維新を唱えるものを左翼というんですよ。

今の日本はウヨサヨが逆転してるってわけ


868 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:48:20 ID:lUVahfOY
教育勅語=洗脳で
GHQの占領政策=洗脳じゃないと言う事か。

あまりにも恣意的。


869 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:49:41 ID:8nbMU+0z
>>862
> 代表を通して参加できた日本国憲法

→ 代表を通して制定過程に国民が参加できた日本国憲法

内閣草案発表後、婦人を含む普通選挙で衆議院議員を選挙して、その議会で
憲法改正案を審議し、必要な修正をして、成立させたでしょ。

870 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:50:52 ID:lUVahfOY
>>869

運動会じゃ有るまいし、
「単に参加することに意義がある」とは思えないね

871 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:51:08 ID:8nbMU+0z
>>868
どっちも洗脳だといってもいいし、どっちも洗脳じゃないといってもいい。
権力が思想統制をした時期の心配をするなら、どっちも心配でしょ、ということ。

872 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:52:30 ID:8nbMU+0z
>>870
それって、議会制民主主義の全否定だねw

今は、その、そこまで議論する用意ができてない。
まさか、これを否定されるとは思わなかったw

873 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:54:08 ID:lUVahfOY
>>872

外国人が主導じゃ、いくら国民が参加しても意味無いだろ


874 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:55:40 ID:8nbMU+0z
>>873
知らなかったんだろ?

だとしたら、日本国民が主人公として審議して、制定したということじゃないか。
少なくとも、当時の日本国民はそう考えていたわけだ。

875 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 14:57:34 ID:lUVahfOY
>>874

知らぬが仏か。
騙された方が悪いって言うのね

876 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:01:57 ID:8nbMU+0z
>>875
いや、制定過程の瑕疵には違いない。
しかし、その瑕疵はもう治癒されただろうと。

877 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:06:07 ID:lUVahfOY
「実は日本国憲法はアメリカが作った憲法でしたー」
            ↓

1、外国に憲法を押し付けられていたなんて、非常に恥辱に感じる
2、昔の事だから今更恥辱に感じない。


俺は1で護憲派は2と言う事だな。

878 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:07:02 ID:USk0lSo3
>>876
全然洗脳から解けてないじゃん。

憲法9条を厳守せよなんて言ってる奴が大勢いるんだから。

879 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:09:37 ID:8nbMU+0z
>>877
> 昔の事だから今更恥辱に感じない。

そうじゃなくて、押し付けられたことは後で知ったけれども、知った後で、
「憲法はこれでいいじゃないか」と追認したということ。
制定し直したと同じだから、今さら、押し付け憲法だからどうしたこうしたという
議論をする必要はないでしょうと。

880 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:11:30 ID:8nbMU+0z
>>878
> 憲法9条を厳守せよ

洗脳とは関係ないでしょ。現代における政策選択の問題ですよ。

881 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:14:31 ID:lUVahfOY
>>879

憲法を押し付けられたことそのものに対しては、
大して恥辱に感じないと言う事だよね。


自国の憲法が「戦争で負けた罰に押し付けられた外国製憲法」だと知って、
恥辱に感じないなんて、恥を知らないのではないかと思ってしまう。
例え素晴らしい内容の憲法であったとしてもね。
護憲の皆さんには悪いけど。

まあ、俺は現行憲法の中身に対しても否定的だから、
余計そう思うだけかもしれないが。

882 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:19:52 ID:MC+ncDbW
>>879
>「憲法はこれでいいじゃないか」と追認したということ。

政権政党である自民党は自主憲法制定が党是
だったんですけど・・・


883 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:20:31 ID:8nbMU+0z
>>881
明治憲法みたいに100%押し付けならば別だが、日本国憲法の場合は議会
の審議を経ているからね。
そうして制定された憲法を国民は歓迎したわけだから、そんなに恥辱に感じる
ようなことではない。

憲法なんて、戦後はどこの国も似たり寄ったりになるものだが、あの時点で、
日本は先進的な憲法をもって、しかもそれを円滑に運用してしまった。
日本の国民に浸透していた民主主義思想の蓄積があったからだ。
むしろ、それを誇りに思ってもいいんじゃないか。
押し付け憲法をこれほど素早く消化できる国民なんて、そんなにいないよ。

884 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:26:34 ID:8nbMU+0z
>>882
残念ながら、自主憲法制定の機運は盛り上がらなかったね。
自民党でも、やっと新憲法の草案ができたところだ。
その間に憲法は60年も運用されてきた。
憲法の制定経過を問題にする時期じゃないよ。
ハッキリ言って、制定経過を問題にするだけなら、今と同じ憲法を制定し直すだけで
いいはずだ。でも、自民党がしたいのはそういうことじゃないだろ?

これからの憲法改正作業は、内容の問題に集中すべきだということ。
今さら制定経過を論じても生産的じゃない。

885 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:30:38 ID:MC+ncDbW
>>884
だから、憲法改正条項が2/3ではなくて過半数だったら
ドイツとかと同様にとっくに改正されていたでしょう。

今や改正0なので世界最古の憲法だっけ?

886 :ルポライター ◆J/SOXfhyL. :2006/12/06(水) 15:32:29 ID:2Okbt6fY

>>865
>占領は1952年に終わってますからね。
>その後はずっと言論の自由が保障された社会が続いている。
>洗脳が続いているというのは、かなりの被害妄想といえるでしょう。

全てのメディアを押さえつけた一方的喧伝と徹底した検閲を
7年間も継続し、「占領」という形式だけ解除されても、誰もが
帰国するマ元帥に別れを惜しみ手を振る国民になると思いませんか?

そもそも「言論統制」を持って実現させた言論の自由なんて、
明示的な言論統制より悪質とも言える。

>むしろ、わずか数年の占領期よりも、教育勅語発「占布以来敗戦まで55年にわたって
>続いた思想統制の影響のほうを気にしたほうがいいんじゃないでしょうか。

繰り返すと、言論統制は特高警察や治安維持法だけで行うモノではなく、
現代でも情報(の遮断)と喧伝という手段で実現されているモノ。

# ex.各メディアが中国に遠慮し報道しない、チベット・ウィグルにおける民族浄化。

今昔どちらの影響の方が深刻か?
そう聞かれても、どちらも深刻だとしか言い様がない。


亀レス失礼。

887 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:35:03 ID:8nbMU+0z
>>885
それは今だから言えることで、たとえ国会の発議要件を過半数にしても
国民投票が必要なわけだから、改正に必要な国民投票の過半数を
確保できたかどうかは分からない。

9条の支持率はずっと過半数を超えていたろ?

888 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:40:09 ID:lUVahfOY
>あの時点で、 日本は先進的な憲法をもって、
>しかもそれを円滑に運用してしまった。

そう書けば聞こえはいいけど、ちょっと悲しい強がりに感じてしまう。
俺は↓この思いの方が強い。

日本はアメリカの都合にいい憲法を押し付けられ、
しかもそれを戦後60年間ありがたがってきた。

>9条の支持率はずっと過半数を超えていたろ?
輪をかけて恥辱に感じてしまう。
よくもまあ見事に飼いならされたもんだと。

889 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:41:08 ID:8nbMU+0z
>>886
> 繰り返すと、言論統制は特高警察や治安維持法だけで行うモノではなく、
> 現代でも情報(の遮断)と喧伝という手段で実現されているモノ。

その問題意識に共感できる部分はありますが、しかし、現代における
言論の自由の問題にWGIPは関係ないということでしょう?

あなたの論はWGIPの影響がまだ残存しているというところにあった
はずですが。

890 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:42:48 ID:MC+ncDbW
あと、日本のサヨクが反日自虐で捻じ曲がった平和主義で
憲法マンセーの護憲とか異常だったことも日本の悲劇でしたね。

西ドイツみたいに共産党を非合法にすればよかったんですね。


891 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:45:24 ID:8nbMU+0z
>>888
まあ、大半の人はそうでしょうが、生まれたときには日本国憲法があったわけ
だから、私にとっては制定過程など、ほんとはどうでもいいことなんですよ。

個人的には、明治憲法の時代じゃなくてよかった、ほんとに・・・ということです。

892 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:48:14 ID:8nbMU+0z
>>890
平和が続いたことを「悲劇」というなら、「悲劇」なんでしょうねw

893 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:51:44 ID:lUVahfOY
平和ねえ

894 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:52:13 ID:USk0lSo3
>>880
9条厳守と自衛隊は矛盾してますよ?

自己矛盾にも気づかないくらい洗脳されてるんですか?

895 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:53:08 ID:USk0lSo3
>>892
平和が続いたのは、日本国憲法のおかげだとか思ってるんですか?

896 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 15:57:31 ID:8nbMU+0z
>>894
いや、違憲の自衛隊を作った自民党には怒ってますよ。

>>895
おかげだと思っています。
戦争責任の追及が不十分だったために、戦争指導者でも戦後の政界に
重きをなした人が出てくる始末。
軍隊を持てば、旧憲法の感覚で軍隊を紛争解決に使うかもしれない。
9条によってその可能性を封じたことで、日本は軍事紛争に巻き込まれず
にここまでこれたと思ってますね。

897 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:00:05 ID:lUVahfOY
それはそれは・・
全然納得できない

898 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:00:13 ID:USk0lSo3
>>896
自衛隊は廃止するべきですね?

>おかげだと思っています。

あほですか?
戦争が無かったのはアメリカの核の傘の下に居たからです。


899 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:01:42 ID:USk0lSo3
8nbMU+0zは 共産党員か、それ系列の施設に従事している人でしょうね?
共産党系の施設ではこういう思想を老人達とかに刷り込んでるんですよ。
かわいそうに。

900 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:03:25 ID:8nbMU+0z
>>898
私は「違憲」の自衛隊を作った自民党に怒ってるんで、非武装論者ではありません。
憲法を改正して、必要な軍事力を認知すべきだと考えてますが何かw

というか、このスレで論じることではないでしょう、これは。

901 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:05:07 ID:USk0lSo3
>>900
憲法9条とは、陸海空の軍事力の放棄ですよ?
解ってます?

憲法9条によって平和が保たれるのなら、私も大賛成ですよ。
自衛隊は廃止しましょうよ。

なぜあなたは9条を守ろうとしないんですか?

902 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:05:40 ID:8nbMU+0z
>>899
結論は、そこに行きますかw

あほくさ。



903 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:06:42 ID:USk0lSo3
>>902
私の妻がそういうところで仕事してますが、
あなたの主張と全く同じだったものですから、そう思いました。

904 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:07:43 ID:8nbMU+0z
>>903
だったら奥さんと議論すればいいでしょ。
私はもうゴメンです。

905 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:08:14 ID:USk0lSo3
>>904
>>901には答えてくださいよ。最低限。



906 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:08:56 ID:USk0lSo3
>>904
私の奥さんは仕事でそこに努めていますが、
そういう思想には全く反対なので、
私と相反する思想は持っておりません。

907 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:11:10 ID:USk0lSo3
>軍隊を持てば、旧憲法の感覚で軍隊を紛争解決に使うかもしれない。
>9条によってその可能性を封じたことで、日本は軍事紛争に巻き込まれず
>にここまでこれたと思ってますね。

だったら、9条を厳守して、自衛隊を廃止しましょうよ。
軍事費ゼロで平和が保たれるのなら、自衛隊の維持費や、アメリカ軍の駐留費は膨大な無駄な出費です。
これを国家予算に割り振れば、失業者問題も、年金問題も一気に解決でしょう。

9条厳守大賛成です。



908 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/06(水) 16:34:37 ID:JnNrVFKg
>憲法9条を厳守せよ
日本は永らく「戦争はもうこりごり」とゆ〜認識がマジョリティの意見だったってコトだろ。
その為軍事力を保持するコトにためらいがあった。最近は世代も変わってきているので、
嘗てほどタブー感はだいぶ減っている。まあ、それでも軍隊を持っていないとゆ〜前提があったから
ディープな戦争に巻き込まれずに済んできたワケだ。


909 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:36:35 ID:USk0lSo3
>>908
>それでも軍隊を持っていないとゆ〜前提があったから
>ディープな戦争に巻き込まれずに済んできたワケだ。

また変なのが現れたな。
だから自衛隊廃止しましょうよ。
憲法9条を厳守しましょうよ。

910 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:36:58 ID:NMVHHVDc
>>890
共産党と社会党を非合法にしたら、
日本も多少はよくなったかな。
アと日教組は解散させる。

911 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:38:39 ID:NMVHHVDc
>>890
西ドイツは、
ヒトラーがにくくて、
喫煙天国だったらしいが、
最近変わってきた。

912 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:39:03 ID:WavmfbTV
ところで、天皇は韓国では在日同胞がチョッパリ王やってる、と言われてるわけだが?
天皇教や街宣右翼もやっぱり韓国系が多いでしょ。

913 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:41:31 ID:NMVHHVDc
あれは、韓国じゃなくて、
百済っていうのは日本人の系列らしいよ。
ネット右翼はそういう理解をして居るね。

914 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:42:23 ID:NMVHHVDc
じゃないと、百済人の息子が、
韓国人だということになって、
桓武天皇は韓国人ってことになってしまう。

915 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:43:31 ID:NMVHHVDc
韓国人はお母さんが韓国人だと、
韓国人だという理解だから、
天皇家は韓国人ってことになってしまう。

916 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 16:46:49 ID:USk0lSo3
>>914
高野新笠の祖先が日本に来たのは200年まえだよ?
もう完全な日本人じゃん。
解ってる?


917 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 17:08:02 ID:MC+ncDbW
>>908
日本が朝鮮戦争に参戦してたら、韓国の勝利で
朝鮮も分断国家にならずに済んだのにな。

そしたら、捻じ曲がった反日主義国家にならずに済んで
良き同盟関係になれたかも試練。




918 :あっくん:2006/12/06(水) 17:24:11 ID:KRq1pH6p
狭義の日本の安全保障という観点から見ると
朝鮮が分断されてた方が有利だべ。

919 :あっくん:2006/12/06(水) 17:26:14 ID:KRq1pH6p
>>913
>あれは、韓国じゃなくて、
>百済っていうのは日本人の系列らしいよ。
ってことは韓国から見ると、日本は百済の一部ってなるなw

920 :朝まで名無しさん:2006/12/06(水) 17:33:49 ID:MC+ncDbW
>>918
そうですね。
朝鮮半島がロシア、中国と手を組む可能性の方が
ずっと高いってことで・・・



921 :ルポライター ◆J/SOXfhyL. :2006/12/07(木) 01:30:28 ID:ANFR7Uqs

>>889
遅くなりましたが、
WGIPの現在に至る影響については、脱線しない範囲で一度纏めてみます。

いつまでとは言いませんが、遅くなり過ぎない程度の時期までに。

922 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 02:45:51 ID:Eq5EF6qj
>>869
> 代表を通して制定過程に国民が参加できた日本国憲法

ああ表向き「議会で自主的に作成した憲法」ね。GHQの作成した条文を
検討するフリして、有り難く押し戴き、GHQの気に入らない議員はドンドン排除されて。

実態はGHQの単なる命令文書。

923 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 12:12:03 ID:t1tYtJI1
>>922
安倍でさえ押しつけ憲法などとは言い出さなくなった
成立過程についても日本側の民間草案が参照され大きく参考にされている事も
すでに明らかになっている

つーか、スレ違いなんで他でやってね

924 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/12/07(木) 12:42:53 ID:BDzim36Z
昨日の秦氏に関するみのもんたの番組は面白かった。
聖徳太子にも仕えていたそうだから、皇室とも浅からぬ縁がある。


925 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 13:02:04 ID:t1tYtJI1
>>924
見損なった
kwsk

926 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 13:28:04 ID:t1tYtJI1
>>925訂正
日本語として問題があった申し訳ない

927 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 15:07:53 ID:asfjadiy
最近のスレの流れとてしては、
天皇教サイド→現憲法は、GHQの押し付けたもの。
廃止派サイド→明治憲法も、国民とは関係の無いところで決められたもの、
          だったら中身が国民のため、とされてる現憲法が国民の憲法だ。
          天皇も朝鮮由来。

ここで奇しくも、両サイドとも明治憲法、現憲法、天皇もみんな舶来のもので、
純国産品は無い、という結論ですね。

928 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 16:00:03 ID:YrRsVMjc
いや明治憲法は確かに日本国民の作成したものだし
朝鮮人の主張なんて関係ないし・・・・

929 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 16:03:08 ID:j3sRt6Qt
>>927
変なまとめ方すんなよ>ガンダム

930 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/07(木) 16:25:51 ID:nMPy35kj
>>925
知ってる人は知っているコトだと思うが、泰氏が大挙して日本に来たのは
ユダヤの王家の一族ではないかとゆ〜説に基づく話し。
日本語とヘブライ語との類似性や、中央アジアに古代のユダヤ王族の末裔が
DNA鑑定の結果いることが判明したので、来年にはその調査を日本にまで
拡大して進めるそうだ。雅楽の東儀家は泰氏の末裔と言われているので、
鑑定次第では東儀家が古代ユダヤ王朝の血族であると判明されるかもって内容。


931 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 16:30:22 ID:j3sRt6Qt
>>930
血筋なんてどうでも良いだろう?

お前は天皇の血筋は否定している癖に

932 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 16:30:55 ID:j3sRt6Qt
>>930
見損なった

933 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/07(木) 16:34:06 ID:nMPy35kj
オレは内容を訊かれたから答えただけ。
変な言いがかりは止めて貰いたいな。


934 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 16:36:54 ID:t1tYtJI1
>>930
サンクス
そちらの秦氏だったか
裏付け調査まで行われるとなれば、歴史と文化の伝播を探る方向としても面白い話だね

>>931
明らかに嘘としか思えない、学術調査もやろうとしてない
伝説を無条件に信じるのは信者だけだろうに

935 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 16:40:06 ID:j3sRt6Qt
>>934
>明らかに嘘
KWSK

936 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 16:42:49 ID:j3sRt6Qt
いずれにせよ天皇家の血筋なんてどうでもいいという人間が
天皇家の家臣である秦氏の血筋に興味を感じるというミステリー

937 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2006/12/07(木) 16:50:21 ID:nMPy35kj
オレがいつ天皇家の血筋をど〜でもいいと言ったのか
説明してみろよw


938 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 16:52:15 ID:asfjadiy
つかですね、今の国家機構の一部である天皇制を批判していると言うことと、
古代の歴史に興味がある、と言うことがどこがおかしいのでしょうか。
歴史に興味がなければ、ここのスレの天皇擁護派や神道信者の方々の唱える神秘主義や、
オカルト主義の呪文を見破れないではありませんか。

むしろ、明治憲法が日本人が作ったからいいのだ、
とか言って内容や経緯は黙殺する方よりは、
余程スジが通ってますよ。

939 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 16:55:57 ID:j3sRt6Qt
>>938
天皇制なんていう機構は存在しない

940 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 16:56:36 ID:asfjadiy
付言するとですね、
オカルト主義天皇観を唱えるのは、不気味で面白いとは思うのですが、
オカルト法学で憲法を評価したり、歴史をオカルト史観でいくら書いても、
極少数の神秘オタクの共感しかえられてないです。

ふつうの教育を受けてきた立場からは、宗教と天皇って、霊魂と神さまみたいに切ってもキレない
関係なんだな、と再認識しました。

941 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 16:56:54 ID:j3sRt6Qt
どうしたおまえら? 独り言か?
議論に参加したいのなら、
ちゃんとレス番返して、自分の意見を言えよ、弱虫w

942 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 16:58:55 ID:asfjadiy
>>939
天皇制は、いまやオカルトオタクの専門用語ではありませんよ。
天皇制、と言えば渋谷の女子高生でも分りますよ。
正体はアヤフヤですけどね。

943 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 17:00:15 ID:asfjadiy
>>941
議論と言うかですね、オカルト談義や神学論争を語り合うのは趣味じゃないんですよ。
ごめんね。

944 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 17:04:14 ID:asfjadiy
>>930
番組で触れていたかは不明ですが、
結局古代日本に征服王朝があった、と言う有力学説に基づいた話ですよね。
皇紀ウン前年とか放言しているオカルト主義の人たちにとっては、
千年王国の夢が現実に戻されて可哀想でしたけどね。

945 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 17:09:02 ID:4x2mVzgR
ID:asfjadiyのおじさん、なぜか言葉遣い変わっちゃったね。

946 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 17:10:57 ID:asfjadiy
大体が、当時の古代日本の人口が何百万だか知らないけど、
優れた文化と武器を持った20万人近くの渡来人が一気に日本に来るって、
明らかに征服しに来たわけじゃないですか。

現在の伝統主義の人たちがむやみやたらに有り難がっている、
伝統の中身ってほとんど舶来、中国の物ですよ。
奈良の仏教建築、御所とか、宮中行事の原型、雅楽、元号、天皇の名前もみんな中国式ですもん。

そこのご主人である天皇や重臣も舶来だからそうなった、
と考えるのが自然でしょう。

947 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 17:13:08 ID:j3sRt6Qt
>>944
全然違うんですけどww

それにたとえ古代日本に征服王朝があったとしても
千年王国であることには変わりは無いんですけど?

ネタにマジレスしちゃいました?

948 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 17:14:30 ID:j3sRt6Qt
>>946
馬鹿のフリをして楽しいですか?

949 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 17:16:24 ID:asfjadiy
うーん、千年王国ってのは固有名詞なんですけど。
千年続いてる王国、って思ってましたか。

あの、それに古代に征服王朝があったとしたら皇紀ウン年とか、
天孫降臨、国造り神話、記紀神話もみえみえのフィクションってことですね。

950 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 17:17:54 ID:asfjadiy
いや、フリなんかしてません、って。
オカルト主義や、神秘主義者とお話しするのに最適化しているだけですよ。

951 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 17:18:24 ID:j3sRt6Qt
>>949
おいおい・・・・

馬鹿のフリはもういいからw

952 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 17:22:19 ID:asfjadiy
憲法が外国様に押し付けられたから、無効だよ、俺は認めない、
ってオカルト主義者のヒトはいう訳ですが、自分で決めたものしか認めない、
っていうことはありえないわけでしょ。
実は自分のオカルト主義の立場からは認めがたいことを今の憲法が言っている、
というだけのことですよね。

953 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 17:24:54 ID:asfjadiy
天皇という立場の人間に、神秘性やオカルト性を見出すヒトは、他人が「あれは、ただの人間だべ。
天皇は国民に雇われてる立場だっぺ。支持がなくなれば、クビだっぺ。」って言うことすら許せない。
理解できますよ。 オタク、ってそういう自分勝手ですもんね。

954 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 17:35:03 ID:asfjadiy
天皇制が国家機構や制度ではない、というのもオカルトっぽくてとってもいい。
戦争前の国体思想そのものですよね。 天皇を核としてモヤモヤと伝統やなにやらと、
人間が有機的に集まったものが、国家である、と。
そこには、論理や合理性を超えたものがあるから批判はゆるされない、と。
だから、「天皇は神聖不可侵」なんて出てくる訳ですよ。
明治憲法の天皇、って言うのはつまるところ「国家」であり「国家権力」のことで、
権力を握る者は藩閥や元老であったり、軍部であったりと、
「天皇の許の易姓革命」が展開していたわけですね。



955 :憂国の名無し:2006/12/07(木) 17:39:54 ID:GdcZYuoL
次【象徴天皇制を問う75】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1165480107/l50

956 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 17:42:58 ID:9tI0N+aY
>>944
>>結局古代日本に征服王朝があった

どこをどう読めば・・・
有力氏族の1つ秦氏が失われたユダヤ系の一つ?
ってだけの話だな。


957 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 17:44:20 ID:asfjadiy
大体が、当時の古代日本の人口が何百万だか知らないけど、
優れた文化と武器を持った20万人近くの渡来人が一気に日本に来るって、
明らかに征服しに来たわけじゃないですか。

958 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 18:22:29 ID:j3sRt6Qt
>>957
「明らか」の使い方を間違っていると思われw

この異常な思い込みの激しさが、廃止派に共通するんだよね。 ふ し ぎw

959 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 18:24:37 ID:asfjadiy
合理や論理の塊であるべき国家の中核が「神聖不可侵なもの」ということはどういうことでしょう。
国家の最高の規則も、権力も「神聖不可侵なもの」から来ている、ということは。



960 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 18:29:22 ID:asfjadiy
>>958
オカルト主義者は、不思議なことが大好きじゃないですか。
それでその「不思議なこと」をそのままにしておけ、探るな、触れるな、見るな、調べるな、ってね。
オカルト主義者とそのお友達の神秘主義者はそれでいいんでしょうけど、
論理も合理も説得力も、そこには無いわけですよ。
あるのは、ウヤムヤと思い込みだけですから。

思い込んでるヒトに、議論なんか出来るわけないから
「議論と言うかですね、オカルト談義や神学論争を語り合うのは趣味じゃないんですよ。
ごめんね。」と書いたわけですよ。


961 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 19:42:46 ID:I8kcvA15
共産主義的な考え方だな

962 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 21:16:54 ID:asfjadiy
オカルトや神秘主義が、政治とくっつくことを嫌ってるヒトは、一杯いますよ。
オカルトや神秘主義者を嫌って、警戒しているのは、共産主義者だけ、なんて思い上がりってもんですよ。
葬家叩きだって、スゴイじゃないですか。

963 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 21:24:07 ID:YpiA7FcG
天皇があるから日本がまだ守られている 
真実は裏の世界の摂理になる。 
霊的なものが関係しているから天皇を中心にしないといけない。 



964 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 21:56:12 ID:asfjadiy
>天皇があるから日本がまだ守られている 
>真実は裏の世界の摂理になる。 
>霊的なものが関係しているから天皇を中心にしないといけない。 
オカルト趣味丸出しですね。
霊的なものなんていわれてもそんな趣味の世界と、政治をごっちゃにされるのは迷惑です。
天皇が神秘主義、神道や密教と深い関係があり不可分ということを堂々と言ったらいいですよ。


965 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 22:26:19 ID:I8kcvA15
創価と天皇を一緒にするなんて、益々共産臭い。
君は天皇に「オカルト」と言うレッテル貼ってるだけ。

日本の歴史上代々伝わってきた天皇の「権威」を尊重するだけで「オカルト」
呼ばわりする人はそういませんよ。共産主義者くらいのモンです


966 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 22:34:27 ID:asfjadiy
>>965
何かすごく飲み込みが悪いようですが天皇と葬家を一緒、になんかして無いですよ。
天皇擁護論をここで書いている「オカルト主義者」と「葬家信者」は同じようなもん、だと。
天皇も、葬家も商売なワケですから彼らを非難するより、
それを支えている手足が悪い、といっているんです。
分りましたか?

967 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 22:41:36 ID:asfjadiy
>日本の歴史上代々伝わってきた天皇の「権威」を尊重するだけで「オカルト」
被害妄想です。
権威を尊重、と「誇張」は違うし、しかも現憲法と、それ以前の天皇との役割、存在でも全く違う。
それを故意に歴史上代々とか一まとめに語って誤魔化す、それがオカルト、神秘主義そのものです。
共産主義が神秘主義ということも、ある意味当たっていますね。
で、あなたは共産主と闘えばいいんじゃないんですか?
他のスレで。

968 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 22:57:56 ID:bFUxmonN
(天皇オカルト儀式)
皇族初夜の儀式は束帯と十二単の正式な衣装をまとって宮中三殿の賢所で行う「賢所大前の儀」や、親と子の杯を交わす「朝見の儀」ら、
一連の結婚の儀をとどこおりなく終えると初夜を迎えるための準備「入浴潔斎の儀」を行う。

簡単に言えば、風呂に入って身を清めるということだが、花嫁は巫女と呼ばれる女官[正式には神社の娘(処女)だが、
実際は皇族に仕える中高年の女性が大半]と一緒に入浴する。

浴室に入ると花嫁は、仁王立ちのまま一切自分の体に手を触れてはならず、巫女が服を脱がせ、体の隅々まで洗う。
隅々というからには外側から触れることのできる内部(耳・口・鼻からアソコ・肛門など)にも手指を入れて清める。
これは暗に花嫁の生殖機能を確かめる意味合いも併せ持つと言われている。

ちなみに花婿も巫女と一緒に入浴し、同様に体を清めてもらうのだが、この時の巫女は花婿にとってみそぎ相手でもあり、
すでに生殖機能については確認済みということになる。

969 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 22:58:29 ID:bFUxmonN
続き
みそぎとはつまり筆おろしの意。これは皇族代々の風習で、皇族の直系男子は年頃(15歳から18歳)になるとみそぎを済ませる。
正式にはみそぎの段取りを教え込まれた巫女、つまり性技に長けた処女がお相手を務めるが、実際は経験豊富な熟女の女官になる。

入浴潔斎の儀を終えると「初夜装束」と呼ばれる白い着物に着替えて(その下には一切下着をつけない)いよいよ初夜の床入り。
これは「三箇夜餅の儀」とも呼ばれ、平安の時代から続く伝統的な儀式である。

まず、花嫁の歳の数だけの白餅を用意し、四枚の銀盤に乗せる。これを子宝に恵まれた老夫婦(主に子供のいる侍従上がりの人間)が
初夜の寝床に運んで供える。新婚夫婦はこの餅をひとつずつ食べてから行為に及ぶ。元々は3日間繰り返すものであったが、
近代は初夜のみとされる。要するに初めてのセックスで子宝に恵まれるよう霊力を与える儀式ということらしい。

さらに特筆すべきは、以上の儀式には夫と妻、それぞれの身分を保証する、一組の男女が介添人(仲人夫婦にあたる立場の人で
部屋の隅で行為の一部始終を見届ける)として立ち会っていることと、儀式が終了した(性行為を終えた)ということを知らせる露見という、
お披露目する点である。

露見とは、寝所の扉を開け壁代と呼ばれる衝立を外し、寝具の上に並んで座る夫婦の姿を廊下で待っていた親族に見せ、
行為終了後は再び初夜装束に着替え、寝具(厚手の布団)の掛け布団を外しシーツに処女の証である血がついているところを見せるのが
正式な方法である。

さらに皇族には「一世一代の秘事口伝」なるものがある。これは代々の帝が口頭で直接申し送りするもので…
その中にはセックスに関する風習も多く含まれており初夜の段取りから作法、体位、出産しない時期の避妊法などが伝えられている。

    まあ、普通の嫁なら、頭おかしくなるわな〜。

970 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 23:07:10 ID:asfjadiy
>>969
美智子皇后は、自分の嫁入りのときのオカルト儀式で自分のクリスチャンとしての人格を穢され、
女性としての尊厳も傷つけられた、と語っている。
もし、自分が姑になってヨメを迎えることがあったら絶対同じ体験はさせない、と強い口調で語った、
と言われる。
それが引き金となって現天皇夫妻、皇太子夫妻はオカルト色の強い神道から、キリスト教へ改宗した。
結果、神道・宗教右翼は、雅子妃と皇太子家の崩壊を狙ってネット、マスコミで雅子妃への攻撃を開始。
と、まぁオカルト連中はやることも、オカルト仕掛けですね。

971 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 23:24:49 ID:p3I0L4hV
>>970
これは驚いた。
天皇がキリスト教に改宗したのか?


アホかって。


天皇皇后両陛下!
国民のためにご公務をありがとうございます。


972 :朝まで名無しさん:2006/12/07(木) 23:31:15 ID:asfjadiy
>>971
あれー、しらないの?
天皇夫婦、皇太子夫婦はキリスト教に改宗したんだよ。
美智子、雅子はキリスト教系学校出身。
そして、安倍首相夫人も美智子の後輩。
とくに、皇太子は神道の儀式に今後出席しない、と言って大混乱。
2006年6月前後の「サンデー毎日」でスクープされた。

973 :あっくん:2006/12/07(木) 23:32:15 ID:ZuAN+Lx2
>>971
>これは驚いた。
>天皇がキリスト教に改宗したのか?
ぜんぜん、OKだよ。
明治維新までは仏教徒だったんだから。
で、権力者にこびることが売りの天皇家は、
薩長に命令されて、神道になったわけ。

ここでキリスト教にコロッと変えても全然おかしくないw

974 :あっくん:2006/12/07(木) 23:43:52 ID:ZuAN+Lx2
神になったり、人間になったり、なんでも器用にこなす、家風だからね。

975 :朝まで名無しさん:2006/12/08(金) 00:17:33 ID:X47jdm37
仏教徒だったのに、
即席の国家神道になったり、
戦後になって一応神道だけど、
最近担ってキリスト教に変わったり、
切り替えが早い一家だな。

976 :朝まで名無しさん:2006/12/08(金) 00:25:27 ID:X47jdm37
ただ、家風は、
変わり身が早いけど、
技術はいまいちだね。

977 :あっくん:2006/12/08(金) 00:50:26 ID:8G9qsIUw
>>976
>技術はいまいちだね。
いやぁ〜、立派なもんですよ、
7割だか8割の日本人をその気にさせてるんだからw

978 :朝まで名無しさん:2006/12/08(金) 00:54:50 ID:p/QYrLEz
>>976
天皇家は今やこの星で唯一のEmperor
しかも人類史上最大の経済大国の君主(アメリカは共和制なので除く)
天皇家最強!!


979 :朝まで名無しさん:2006/12/08(金) 00:59:29 ID:Ufv5rJVG
>>978
天皇最強とか天皇上等とか、永ちゃんのファンか暴走族みたいで笑える。
だが、悲しむべきなのは永ちゃんと違って天皇は天皇教徒のことを迷惑にしか思ってないこと。
そして、978のような知性の持ち主しかいないこと。

御愁傷様。

980 :朝まで名無しさん:2006/12/08(金) 01:05:15 ID:Ufv5rJVG
>>975
宗教なんてそんなもんでしょ。
神道に嫌気がさしていたのは昭和天皇も同じ。
つか、あれだけ神道儀式を主宰しておきながら自分は神道信者では無く、
信者は国粋主義者が多く危険(GHQへ提出した弁解書「ホイットニー文書」)といっている。

981 :朝まで名無しさん:2006/12/08(金) 01:12:54 ID:SagFEcHy
結局、教祖は信者を売ったわけだ.....

982 :朝まで名無しさん:2006/12/08(金) 01:16:00 ID:4q6k2pPx
何時だって天子様は敗者を顧みたりしないから。

983 :朝まで名無しさん:2006/12/08(金) 01:28:10 ID:SagFEcHy
国家総動員で負けたら、国民全員を見捨てたと?

984 :朝まで名無しさん:2006/12/08(金) 01:30:34 ID:p/QYrLEz
>>979
永ちゃん?暴走族?orz

21世紀にもなって天皇制打倒!革命マンセーの
極左思想の人の方が迷惑だろwww


985 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2006/12/08(金) 02:22:08 ID:bLOAK5pb
>>831:794
>toooのようになんかの本を引用すればウソやデタラメも「ほんとらしく」見えるだろう

オイの引用を、「ウソやデタラメ」に近似とゆ印象操作のもとに行っていただいてサンクス、
な訳あるか、びゃ〜ろ〜!


986 :朝まで名無しさん:2006/12/08(金) 08:57:26 ID:X47jdm37
>>979
天皇は、天皇万歳の人を、
迷惑な存在と思って居るというのは、
昔から言われていた。
昭和天皇も右翼を愚連隊といって、
嫌っていたそうだな。

987 :朝まで名無しさん:2006/12/08(金) 09:30:58 ID:75pXSNwY
昭和天皇曰く、
「日本人のすぐ付和雷同するところはアカン。」→付和雷同天皇支持90%

988 :朝まで名無しさん:2006/12/08(金) 09:46:58 ID:X47jdm37
昭和天皇いわく、
児玉誉士夫とかが、右翼と称して愚連隊を集めて居るようだが?

989 :朝まで名無しさん:2006/12/08(金) 09:48:43 ID:X47jdm37
確か、現在は反日政治家でもある、
河野洋平氏の親父さんが、
河野一郎氏だが、
児玉誉士夫氏と、
連携して右翼愚連隊を作ったのが、
戦後右翼の始まりだといわれて居る。

990 :朝まで名無しさん:2006/12/08(金) 12:12:12 ID:f1R10C1z
>>989
安倍の祖父の岸との繋がりじゃねーの

326 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)