5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【出版】『紫禁城の黄昏』 岩波文庫版は何を隠したか[04/19]

1 :筆返しφ ★:2005/04/19(火) 02:33:40 ID:???

(前段略)
 完訳版を発行した祥伝社の角田勉編集長は「原著を全部翻訳すると一巻に収める
ことができないし、一章から十章には、映画に登場したジョンストンが出てこない。
商売として考えれば、ここまでは理解できます。しかし、十六章全体と序章の一部
削除は、政治的意図が働いたとしか思えません」と話す。

 『紫禁城の黄昏』は、溥儀の家庭教師として五年余り紫禁城に暮らした英国人
学者ジョンストンが、清朝末から満洲国建国にいたる歴史の動きを内側から詳細に
記した作品で、歴史資料としても一級の価値を持つといわれる。

 問題の十六章で扱われているのは、中華民国の成立(一九一二年)から満洲国
建国(一九三二年)にいたるまでの君主制主義者の動静だ。

 ここでジョンストンは「当時のシナの多くの地域で人々が共和国に幻滅しきって
いたことは間違いない」「シナはすでに満洲人を異民族、すなわち『夷(い)族』で
あると宣言し、その根拠にもとづいて、満洲人を王座から追放した」と記し、君主制
主義者の希望が、万里の長城の北にある清朝の故郷、満洲に向いていたと、当時の
状況を伝える。そのうえで「日本と中華民国が抗争すれば、自分たちが待ち望む
好機が訪れるだろうと君主制主義者は考えていた」と書く。

 つまり、君主制主義者は、日本を利用して満洲に建国を企てていたというのである。
「満洲国は大陸侵略を企図した日本が溥儀を傀儡(かいらい)にして建てた」とする
「東京裁判史観」とは、まったく逆の事実をジョンストンは記していたわけだ。

 完訳版の監修者である渡部昇一上智大学名誉教授が「『紫禁城の黄昏』が極東
軍事裁判(東京裁判)に証拠書類として採用されていたら、あのような裁判は成立
しなかったであろう」と述べる理由はここにある。

 削除について岩波文庫編集部は「訳者のあとがきに尽きる。それ以上付け加える
ことはない」と話すが、同社の出版傾向を知る者にとっては、本当に同社と訳者に
政治的意図がなかったのかという疑念は残る。その判断は読者に任せたい。

 桑原聡

http://www.sankei.co.jp/news/050418/boo019.htm

関連スレ
【国内】「韓国映画が好き」岩波ホール支配人高野悦子さんの30年【06/11】
http://news17.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1086948933/

【国内】「文集を曲解、無断引用」=「植民地朝鮮の日本人」めぐり卒業生が岩波書店に賠償請求【06/09】
http://news17.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1086785985/

2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:36:13 ID:UQMd9ewu
2・・・か


3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:36:35 ID:m0tzD5m6
"同社の出版傾向"を詳しく

4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:36:37 ID:HK4hrw0c
日本内の悪の枢軸

朝日新聞
共同通信
岩波書店

5 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:37:39 ID:2Ox7j1G/
あーやっぱりそうだったのね、って感じかな

6 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:38:19 ID:AWkZk758
ほほう・・・なかなか面白い話じゃないか・・・
詳しく聞きたいねぇ・・・

7 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:38:19 ID:+SrJUN8Z
>訳者のあとがきに尽きる。それ以上付け加えることはない

訳者はなんて言い訳してるんだ?

8 : ◆72VHAvdhx6 :2005/04/19(火) 02:38:49 ID:xTciuAml
疑念どころではない。事実だ。

9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:39:46 ID:CkpnTKal
ウホッ、いい資料♪

10 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:39:49 ID:ZIxN2pSw


  ま  た  岩  波  か  !  !

11 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:39:51 ID:SaNXbjSh
岩波だもん。自分に不都合なこと事は検閲して、抹殺。
言論弾圧そのもの。

12 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:41:56 ID:q+RR+Dby
岩波もうだめぽ

13 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:43:29 ID:2Ox7j1G/
君主制主義者=満州族

ってことでいいの?それとも漢族も混じってる?
君主制主義者ってのが単なる政治党派なのか、それとも満州ナショナリストなのか
もし後者なら、日本軍は民族自決に力を貸した善玉ということになる
前者なら中国の分裂を図った悪役か

14 : ◆72VHAvdhx6 :2005/04/19(火) 02:45:30 ID:xTciuAml
左翼というのは、目的の為には手段を選ばない。
目的が崇高だから、なにものもそれを妨げることはない。


ちょうど、現今の支那の「愛国無罪」みたいなもんだ。

15 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:45:59 ID:cP1x0tkS
ジョン・ローンも一枚咬んでるとみた!

16 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:46:41 ID:2pObA7IC
つまり削除された部分が公になるとこれまでの日本が溥儀を利用して
傀儡政権と立てたという説が覆っちゃうので、岩波が故意にこの部分を
削除したというわけですか。
事実なら大変なことですよ。第1級の歴史資料を改竄してるわけですから

17 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:48:22 ID:dQnFvv1Y
坂本龍一が一言 

  ↓

18 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:48:38 ID:zQbIcZIu
また岩波か

19 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:48:53 ID:38JolqyA
なにをいまさら。

20 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:49:36 ID:O5DpkSzQ
<丶`∀´>(日本人も改竄捏造が得意だ)(`ハ´  )

21 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:50:39 ID:SaNXbjSh
「東京裁判」と「岩波文庫」が封殺した歴史の真実!

アマゾンにそう書いてた。

22 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:51:02 ID:78B52wOJ
岩波に赤報隊は何もしないのがザンネンだなあ

23 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:51:42 ID:ZIxN2pSw
左翼って一体何がしたいの?
どこをどう見ても愛国的とは思えないんだが・・・

24 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:56:32 ID:05aAgBjI
>>23
コミンテルン32年テーゼって奴かね>左翼
俺も実際に読んだ事ないから何とも言えんが

25 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:56:50 ID:HK4hrw0c
アメリカなんかの映像で
古いビルを取り壊すのがあるじゃん
ダイナマイトしかけて見事に瓦礫にしちゃうやつ

あーゆーのを汐留とか築地のビルあたりで
やらかしてくれるとうれしいんだけどなあw

26 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:56:57 ID:78B52wOJ
>>23
売国をして、傀儡政権の首脳になること。

27 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:57:10 ID:2pObA7IC
朝日と岩波文庫って90年代頃までは
インテリの読むものって言われてたんだよね
今考えれば相当恐ろしい話だけど

28 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:57:58 ID:78B52wOJ
>>27
一般の日本人は、結局アメリカと同じぐらい反インテリなんだな

29 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:59:09 ID:clEXzTYj
だからさ、これ前から有名な話だけど、
長らく放置されてたことが問題なんだよ。
祥伝社はよくやったけど、値段が高いし、
岩波文庫のメジャーさに対抗する上で、
中公文庫にでも入れてもらって読者層を広げろよ。
中公は読売傘下なんだし話もってけば引き受けるだろ多分。

30 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:59:22 ID:2N2lQlDB
渡部昇一は3馬鹿に極右と呼ばれてるんだよね

31 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 02:59:22 ID:Ki5UZqHP
>>23
本来は愛国を中心に右翼とバランスを取るための左翼なわけだけど、
何時しか人道が行き過ぎて「俺はお前たちよりもっと人道的だ」
って争いになった。
「人とは違う」を追い求めすぎた結果、目的が摩り替わってしまったわけだね。
まぁそういう哀れな人たちですよ。

32 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:00:43 ID:SaNXbjSh
岩波新書に比べれば、岩波文庫はまだ原典をそのまま翻訳してるかと
思ったが、やっぱり岩波は岩波なのね・・・。

33 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:01:40 ID:78B52wOJ
『イリアス』とかも歪曲してるんだろ。

34 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:02:54 ID:zcE1Gowr
さすがは大江健三郎のような売国野郎にノーベル賞を与えようと画策した岩波ですね

35 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:05:55 ID:BCTzrZx0
文庫の方は今だってインテリの読むもんだし
インテリじゃないのも有名なのぐらいは読むよ。
まぁたまにこういうのも有るだろうがね。

36 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:07:13 ID:s1G9003z
>>23
左翼がしたいことは
自分の思い通りにしたい
自分が王様になりたい
自分が神様の世界にしたい
自分に逆らうものは全て 滅 殺 し た い

37 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:07:20 ID:WF1vYmh5
『きけわだつみのこえ』改変事件ってのもあります>岩波



38 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:10:20 ID:VNhhiQgV
>>37
改変のまとめサイトとかない?

39 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:13:02 ID:U+sDnPwu
渡部先生チャンネル桜の自分の番組でもこの本の重要性などを解説してたよ。
今月金ないから来月絶対買う。

40 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:13:31 ID:SaNXbjSh
岩波新書・・・

大江健三郎『沖縄ノート』
大江健三郎『ヒロシマ・ノート』
吉見義明『従軍慰安婦』
平岡敬 『希望のヒロシマ』
大田昌秀『沖縄のこころ』
大田昌秀『沖縄平和の礎』
都留重人『日米安保解消への道』etc



うはぁwwwwwwwww左翼丸出しwwwww


41 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:13:33 ID:UgiBY54c
昔はインテリぶって岩波新書を読んでたよ。

42 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:13:39 ID:mW7Ad6Fl
岩波文庫でもけっこうひどい誤訳とかあるらしいね。
んーと要は自分で考えない「信者」がいっぱいいて、そんで増長してたんだろーか。

43 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:14:18 ID:j67wVeVg
溥儀は、満州国崩壊後は日本に命令されていやいや皇帝になったと主張したが
当然、うんなこと信じる人間なんぞいなかった
皇帝への意欲は当初からアリアリだったからな。

ま、日本が満州帝国を担ぎ出したのは事実だろうが。
しかし外国勢力がそのようなことをするのはよくあることでね
これが国際法に問題となるのであれば、クウェートを建国したイギリスだって犯罪者だからな

44 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:14:37 ID:HOkgLizS
岩波は責任丸投げですか?
しかも読者の自己責任?

小泉の事批判できねーなw

45 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:14:49 ID:78B52wOJ
>>42
学者が暇つぶしにやってるからなあ。大学院生にやらせたのを
筆いれただけかもしれん。

46 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:17:26 ID:SaNXbjSh
新書で読むんなら中公新書だな。

47 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:18:54 ID:Viyf1sux
さて、岩波も不買っと。

48 :( `・ω・´)=○)Д´>)`ハ´(○=(`・ω・´ )さん :2005/04/19(火) 03:20:09 ID:0N9tDlJR
左翼って本当に卑怯が服着てるようなもんだな。

自分に都合が悪い内容は、翻訳やめるって、性根が腐りきってる。

49 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:20:32 ID:P2kKP0TU
まあ、日本書紀とか古事記とか出してるから、
その分野だけやってろと漏れは言いたい。

50 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:21:29 ID:r3vOEp5/
ちっさいころ見たラストエンペラーも「ふつう あのバッタ(こおろぎ?)しんでるよなー」
と思った記憶が。関係ないかw

51 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:22:43 ID:U+sDnPwu
戦前に相当売れたらしいが渡部氏が世界中探してたった2冊しかなくて
教え子の翻訳者に一冊あげて翻訳してもらったらしいです。
GHQが自分達にまずい本だったから占領中徹底的に処分したとかしないとか・・・

52 :( `・ω・´)=○)Д´>)`ハ´(○=(`・ω・´ )さん :2005/04/19(火) 03:25:47 ID:0N9tDlJR
>>37
「きけわだつみのこえ」の原文を岩波が勝手に変えて出版したやつね。
裁判になったよな。


53 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:29:08 ID:GOsSecYk
異民族に頼るような王朝は,もうそれでおしまいよ.
ただそれだけ.

しまった!今の日本がそうだったw

54 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:34:14 ID:hsSXwIiL
岩波文庫は翻訳古すぎ
マジで黴が生えてる


55 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:35:15 ID:0mxGYVMW
>>53
ボケの方向性まで斜め上だな

56 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:38:42 ID:5aZVGm7O
>>53
異民族・・・

公明・層化か!
たしかに自民が公明と手を結んでいるのは憂慮すべきことだ。


57 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:39:57 ID:QPVEQMba
俺これと同じ指摘を西村幸祐氏の文章で見た希ガス

58 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:44:46 ID:p0kIsP7t
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-author=%E6%9B%9C%E5%AD%90%2C%20%E5%85%A5%E6%B1%9F/249-0273351-2908313

岩波版、入江曜子の著書一覧

59 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:48:48 ID:oyhs4edl
>>57
西村氏は恐ろしく博識だよね

60 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:52:53 ID:m2V65pgu
http://nishio.main.jp/nichiroku/

WEB復刻版
西尾幹二さんのページからリンクがあったよ。
http://nishio.main.jp/blog/

61 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 03:53:17 ID:hCqe41oA
初版7000冊が完売して、1万冊増刷で、現在さらに増刷検討中と
チャンネル桜で言ってたな、これ。

62 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 04:14:42 ID:1VaCcYU4
発売日に買ったんだがまだ積ん読なんだよな〜。


63 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 04:20:12 ID:V97LTZAr
サヨクのインテリって無知な大衆を騙くらかしてたのか。
ナチスみてーに大衆をバカにしてミスリードしてんだな。
中共政府と同じだ。

64 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 04:20:16 ID:FmhOXcMz
アナトールフランスの「神々は渇く」の翻訳者の解説の左翼的ひどさについては、
http://www.geocities.jp/hgonzaemon/shuchou2005.html
小説は革命の残酷さを描いたのに、革命を礼賛した解説がひどい

ちなみにイリアスはちゃんと全部訳してある。
あまりに一語一句訳しすぎて読みにくいくらい。


65 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 04:25:43 ID:+7bkyACz
実際、あと100年くらい経たないと太平洋戦争に至った経緯なんて真実が
明らかにされないということじゃないの??
防衛庁に眠っている膨大な資料なんかはまだ手付かず状態らしいし。
明らかにされたら非常に困る国も実際あるんじゃないか??

66 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 04:33:52 ID:JWyDWAxP
もっと詳しく知りたかったら、この月刊誌を買うか、書店で立ち読みしる

諸君!
http://www.bunshun.co.jp/mag/shokun/

“歴史上のif”と『岩波城の黄昏』

渡部昇一(上智大学名誉教授)

岩波が勝手に削除した『紫禁城の黄昏』の完訳版が東京裁判で
証拠として採用されていたら……

67 : :2005/04/19(火) 04:43:48 ID:THvkcCve
「岩波の出版傾向」とは関係ない話なんだが、何十年も前に岩波文庫から出て、
長いあいだ品切れになっていた作品が、最近になって再版されたのは良いんだけど、
活字を組み直していないんだよな。

だから昔の漢字(正字)が使ってあったり、文字がきれいに印刷されてなかったり
して、えらく読みにくいんだよ。
あれ、マズイだろ。

68 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 04:50:32 ID:UKl+88Hq
家永教科書、国の検定に反対!
つくる会教科書、国に検定を通すな!
と、岩波人は平気で口にできる、二枚舌人間です。

69 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 04:54:15 ID:Zu7iiXKc
>>67
福田恆存訳のオスカー・ワイルドとかも正字正かなのままだったっけ?
それは中々偉いw

70 : :2005/04/19(火) 05:24:35 ID:AOZU8bsM
E.バークの「フランス革命についての省察」岩波文庫版の訳も酷いよ。
何ならアマゾンのレビューとか見てみ。

71 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 05:36:40 ID:ftZFi5kE
>>23
>左翼って一体何がしたいの?

カルト宗教と思っていい。
自分たちの教義がすべて。
それに逆らう人間はどんな目にあわせても許される。


72 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 05:45:45 ID:zAwbdtuX
岩波はひどいよ。朝日と同罪だよ。
「世界」っていう月刊誌は最悪だったね。
それに、長門・大和の戦艦はイギリスの事典には載っているのに
広辞苑に載せていないって、作家の阿川弘之氏が怒っていた。


73 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 06:03:04 ID:b8s5oXkJ
岩波はまだ書店に買取りさせてるの?

74 :岩波・朝日はもう駄目:2005/04/19(火) 06:08:00 ID:poTiy2k8
昔は岩波・朝日はまともな会社と思われていましたが、今は駄目です。
特に、冷戦が終了して、マルクス主義の「無謬性」が崩れて以来、自分達の中で
間違いの総括をできなかったため、思想的な怠惰に陥ってしまったのです。
岩波・朝日に限らず、大学などにもマルクス主義者は掃いて捨てる程居ましたが
、誰一人自己批判した人がいないのは不思議なことです。
結局この不真面目さが国民に見透かされ、現在の凋落を招いているのです。

75 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 06:12:09 ID:IAbGjxnB
なんやようわからんが、俺は読書家でもなんでもないが、
確か記憶によると高校時代やけに教師に「岩波新書を読め」
などと言われたものだが、やはり当時から洗脳しようとしておったわけか。
うちの学校は辞書も岩波だったし、岩波文庫も薦めていたな〜。

76 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 06:12:41 ID:VPrcOKWa
東京裁判は善だったのか。
日本がこれによって断罪されたからこそ、今の中国、韓国の言い分が通ってしまうのである。
所謂、歴史問題の根源は東京裁判であると思う。
国連(日本では国際連合と訳されているが実は連合国が正しい)に敵国条項がある。
未だに連合国と戦い敗れた国として扱われているのだということを日本人は認識しなければならない。
戦後は終っていないのである。


77 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 06:14:07 ID:b8s5oXkJ
岩波書店の大罪は、日本語を破壊したことである。

78 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 06:14:08 ID:TIUSVM1M
漏れの逝く区立図書館から「世界」が消えた。
唯一、北朝鮮擁護雑誌なのに、楽しみが・・・


79 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 06:14:46 ID:b8s5oXkJ
>>78
週刊金正日があるじゃないか

80 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 06:27:26 ID:p0kIsP7t
フジ系報道2001「歴史教科書問題」 侵略/遠征、「二重基準」失笑も
http://www.sankei.co.jp/databox/kyoiku/text/050418text.html
十日放送されたフジテレビ系「報道2001」で教科書問題が取り上げられ、
扶桑社の中学歴史教科書の監修者を務めた岡崎久彦元駐タイ大使と扶桑社
教科書の不採択運動を行っている「子どもと教科書全国ネット21」の
吉田典裕常任運営委員が論争。多くの中学歴史教科書が豊臣秀吉の朝鮮出兵
を「侵略」と書く一方、元寇を「遠征」と表記する二重基準をめぐっては、
吉田氏の発言に出演者から失笑も漏れた。やり取りは次の通り。

 島田彩夏キャスター 現在使われている多くの中学歴史教科書は豊臣秀吉の
 朝鮮出兵を「侵略」と表現しています。そして元の襲来を「遠征」としています。
 日本が攻めるときが侵略で、攻められるときは遠征ということは、近隣諸国条項
 で近隣の諸国の皆さんに気を使っているからこういう表現になるんでしょうか。

 岡崎氏 左翼思想を何とか教科書の中に入れようというのが、近隣諸国条項で
 勇気付けられている。これは間違いですね。

 黒岩祐治キャスター 吉田さん。「侵略」「遠征」の表現は正しいんですか?

 吉田氏 私は歴史の専門家ではありませんし、著者でもありませんからコメント
 する立場ではありませんけれども、著者が歴史の評価として書いたものだと思います。

 岡崎氏 コメントするとどうなんですか。あえて。

 吉田氏 実際に、秀吉の場合は朝鮮に出兵して現地の農民を殺したりもしてる
 わけですね。元の場合は日本を征服したという歴史的事実はないわけですから、
 そのあたりを配慮したという気はしますけど。

 竹村健一解説者 だけどテレビを見てる一般の人は、両方とも同じ言葉で言う
 べきであると。

 島田キャスター うふっ、そう思いますよね。

81 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 06:32:41 ID:7kGLr5gt
>80
対馬の領民ことごとく皆殺しにし
女を数珠繋ぎにしたことは侵略じゃなく征伐なのか…。

82 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 06:45:56 ID:p0kIsP7t
【朝日社説】中国への脅し 足元を揺るがすな
http://www.asahi.com/paper/editorial20050419.html
郵便で刃物を送りつける。金属弾をガラス扉に撃ち込む。中国公館や日中友好
を掲げる団体を標的にした犯罪が、日本の各地で相次いでいる。

反日デモで日中関係がいちだんと険しさを増すなかで、暴力で報復しようと
するかのようだ。中国での暴力デモに強く抗議する一方で、こんな卑劣な行為
にも強い怒りを覚える。

長崎と大阪にある中国総領事館に先週、カミソリの刃が入った封筒が送られてきた。
大阪の総領事館には薬莢(やっきょう)が入った封筒もきた。「反日デモが続けば、
中国の留学生に危害を加える」と封筒の裏に書いてあった。

この数日、犯行はより直接的なものになった。

東京の中国大使公邸の正門に赤い塗料が吹きつけられた。大阪の総領事館には男が
ガラス瓶を投げた。警官に取り押さえられた男の服が燃え上がった。

昨日、東京の日中学院のガラス扉に金属弾4発が撃ち込まれた。神奈川県藤沢市の
日中協会事務所にもパチンコ玉のようなものが撃ちこまれた。

物陰に身を隠して、攻撃しやすい相手に被害を負わせる。こんな陰湿な犯罪は論外
としても、「中国の反日デモが先におきた。少々の反発は当然だ」と暴力を容認する
向きがあるとすれば、とんでもない間違いだ。

反日デモで日本大使館や料理店が襲われたからといって、同じ暴力で報復する
というのではあまりに不毛ではないか。

互いに民族主義をあおり、暴力がエスカレートしていく愚は避けたい。いかなる
暴力も許してはならないことを日本は示すべきだ。

83 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 06:48:04 ID:7kGLr5gt
>「中国の反日デモが先におきた。少々の反発は当然だ」と暴力を容認する
>向きがあるとすれば

いや、ないから。

84 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 06:56:12 ID:S7qy77Uf
   アサピーよ、知識人動員して     『世界』もいいけど
   『世界』で応援してやるぜ!     不人気な『論座』を助けてくれ。

         ∧_∧           ∧_∧   
         (岩∀岩)          (@∀@;)  
       ._φイワナミ⊂)       ._φアサピー⊂)  
     /旦/三/ /|      /旦/三/ /|  
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
     |  インテリ |/      |  エリート |/


『世界(岩波書店)』=自称インテリ(アカデミズム)の電波雑誌
『論座(朝日新聞社)』=自称エリート(ジャーナリズム)の電波雑誌
どちらも『諸君』『正論』に発行部数でことごとく負けているがそれを認めていない。
団塊世代の置き土産の化石サヨク雑誌・・・。

85 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 06:56:36 ID:ecgQJowg
>「中国の反日デモが先におきた。少々の反発は当然だ」と暴力を容認する
>向きがあるとすれば

(-@∀@)< 「あるとすれば」「あるはずだ」「あるに決まってる」「無いと困る」

86 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 06:59:02 ID:ecgQJowg
http://www.j-magazine.or.jp/FIPP/FIPPJ/F/busuuA.htm
発行部数。
なんで『世界』の発行部数は公表されないのでしょうか。

87 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 07:00:30 ID:AA3HAiHg
この前きた朝目新聞の拡張員はドリンカーだたよ

88 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 07:02:02 ID:vpWzeZ15
>>82 本気でこんな社説書いたの・・・メジャー紙の資格があるとは到底思えん。
相変わらず仮定でものを語る妄想っぷり・・・
第一、暴力での報復は許せないっていう最低限の内容は同意できても「社説」で取り上げるほどのことじゃないだろう。


89 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 07:09:16 ID:b8s5oXkJ
こんな些細な脅しなら芸能人だって受ける程度のものだろ。これで社説書くなら、
中国非難の社説を今年1年書き続けろボケ

90 :名無し:2005/04/19(火) 07:10:07 ID:vEzDVdzm
大体、会社の買収ですら、それぞれの思惑が絡んでいる。
フジとライブドアだって握手してテレビに出てるけど、「じゃあ、あの時の非難合
戦はなんだった?」ということになる。

溥儀だって上手く日本を利用使用としたのは当たり前で、場合によってはその後日本軍が
外されたかもしれない。

とにかく岩波は糞。日本に於いては、左翼勢力がデータの改竄や削除をやっている。
今の中国も同じだ。中国に「歴史認識」なんて言われると即座に「おいおい」と
言いたくなる。

91 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 07:12:52 ID:XDyUyvUN
へぇー。
いまラストエンペラーとか観たら意外な面白さあるかな。

92 :名無し:2005/04/19(火) 07:13:04 ID:vEzDVdzm
>>89
そう言う話じゃないだろうが(藁

93 :名無し:2005/04/19(火) 07:19:13 ID:vEzDVdzm
>>91
中国史に興味があるなら見ておいていい映画だと思う。
>意外な面白さあるかな。
これはわからん(藁

中国でロケやってるから、中国共産党は絶対に悪者にはならない。
そうところでは不満が残ると思う。
ほんとは4チャンネルで色んな音があるはずなのに、モノラルか2チャンネル
見たいなかんじ。

94 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/04/19(火) 07:21:41 ID:A3KqISv9
紫禁城の黄昏は、是非読みたいものだな。

岩波書店は、自分にとって都合の悪い所は
削除する常習犯。

特攻隊員の遺書である「聞けわだつみの声?」も
肝心の所を削除している。

言論弾圧が好きな会社ですね。

南京大虐殺の元になった言われるティンバーリーの
「WAHAT WAR MEANSE」という本の
和訳も歴史学者の洞氏の意図的とも言える誤訳が
その後の騒動の原因になる。

色々みていくと、問題の根源は外国に阿る反日日本人が
原因のような気がする。


95 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 07:49:12 ID:IoMNOOdz
>>94
映画の「聞け!わだつみの声!」はひでえ代物だった…。

96 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 07:54:31 ID:ftZFi5kE
>>94
>色々みていくと、問題の根源は外国に阿る反日日本人が
>原因のような気がする。

そのとおり。
んで、反日日本人の中心が、米国占領下で教育を受けた世代。


97 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 08:15:18 ID:rYs7s7bM
ま、岩波クオリティだしな。

98 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 08:17:21 ID:tiko495t
広辞苑に変わるいい辞書はありますか?


99 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 08:18:01 ID:uw2Dhtd7
>96
団塊の世代に責任を負わせようとしているな

あんな無謀で無計画で突拍子もない戦争をし負けた世代の責任はどうした
あんなやり方で世界を渡って行けると思っていたのか
戦争に負けた途端にGHQに阿た日本人は何処のどいつだ

100 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 08:28:38 ID:ftZFi5kE
>>99
団塊だけじゃないよ。
団塊は「占領下で教育を受けた世代」の一番下。
一番上は現在70才くらいの世代。

>あんな無謀で無計画で突拍子もない戦争をし負けた世代の責任はどうした

その世代はさんざん責任を取ったし。
重要人物は死刑になったり自ら切腹したりしたよ。
団塊やその上の世代は学園紛争で日本を荒らした責任を取ったのか?

>戦争に負けた途端にGHQに阿た日本人は何処のどいつだ

これが、占領下で教育を受けた世代なんだよね。

101 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 08:37:24 ID:KW2XkFpr
新聞の朝日、出版の岩波。
日本の二大反日メディア。


102 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 08:47:17 ID:uw2Dhtd7
>100

>その世代はさんざん責任を取ったし。

全然責任とってない。南京にしても何の反論もしようとしていない。
南京プラトーンなんて阿るバカがでているしな。
朝日もまったく責任とっていない。切腹?誰がした。

明治の日本人が築いたのを壊したのはどいつだ



103 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 08:50:22 ID:kAjtCl+q
2チャンネラーでさえ満州が日本の傀儡だと刷り込まれてるから
洗脳とは恐いと思った。

104 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 08:55:07 ID:k+4jG1SM
>>102
リピートアフターミー
>団塊やその上の世代は学園紛争で日本を荒らした責任を取ったのか?
うはおけwwwワンスモア。
>団塊やその上の世代は学園紛争で日本を荒らした責任を取ったのか?
みなさんもごいっしょに!
>団塊やその上の世代は学園紛争で日本を荒らした責任を取ったのか?

105 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 08:55:09 ID:t2wxyhBP
傀儡は傀儡だけど、お互いがお互いを利用し合ったと言えるだろうね。

106 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 08:59:32 ID:OmJ5Eh59
目的(共産主義社会の実現)は手段(史実の歪曲・捏造)を正当化する
と本気で考えていて実際に行っちゃうところがサヨクの怖いところだ

107 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 09:01:20 ID:IF6ixfB7
 『紫禁城の黄昏』 読んでないけどジョンストンの記述、信用できる。
 何故なら、嘘つきで変幻自在の謀略性を持つ中国人の資質は中国史そのものだからだW

108 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 09:01:47 ID:VpJagqii
岩波に朝日新聞
落ちぶれたね。


109 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 09:03:17 ID:iiDLVe7l
この本高価な割にはすごい売れているらしいね。

110 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 09:17:04 ID:p0kIsP7t
中国の公開銃殺

女の子を押さえつけライフルで頭を吹っ飛ばす

こんな国での五輪は絶対中止
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2004/12/200412130343.shtml




111 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 09:19:38 ID:0E3+X42h

で、正しい翻訳が広まると

「お雇い外国人一人ごときの日記に、信憑性はない」


とか言い出すわけだ、左翼はwwwwwww
南京はどうするwwwww


112 : ◆z41gPFEWiA :2005/04/19(火) 09:38:15 ID:2nBT/ra/
意図がないっていうか、意図のかたまりだろ(w

113 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 10:40:30 ID:R1eqWUTG
今日の産経新聞のコラム『正論』に渡辺昇一が『「紫禁城の黄昏」完訳出版に想う』
という一文を寄稿している。キオスクで買って読め。目から鱗が落ちる。

114 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 10:40:53 ID:gUrrORhJ
岩波は自由な社会のなかの中国政府だったんだなw

115 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 10:51:40 ID:3a7S6G6x
お金がなくて買えない人は、近所の図書館にリクエストして入れてもらおう。

116 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 10:56:00 ID:3a7S6G6x
>>86
なんか1万部も売れてなくて潰れる寸前らしいね>世界
ttp://www1.doshisha.ac.jp/~kasano/FEATURES/2005/link4.htm

117 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 11:00:33 ID:7XGxfEpJ
>>113

いつも渡部昇一が言ってることかな。新事実でたかな。

まあこの完訳版は読んでみたいな。



118 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 11:05:50 ID:R1eqWUTG
>>111
ちなみに渡部昇一氏によると、レジナルド・F・ジョンストンは
『当時一流のシナ学者であり、後にはロンドン大学教授、同大学
東方研究所所長になった碩学』だそうです。

119 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/04/19(火) 11:07:30 ID:dhTAvKm1
歴史関連は、講談社学術文庫の方がいい。

120 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 11:08:58 ID:NPyvYKQ1
つーか、当たり前じゃんか。

傀儡政権なんていうのは、自ら望んでその政権につくんだよ。

金日成とかと、全く変わらない。

121 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 11:27:02 ID:gxPIjGYC
ラストエンペラーもう一回借りてこようかな。

ラストエンペラーも日本公開時一部カットされてて、洗脳されてたオレは
「日本は悪い」と思ってた、そんな時期がありました。

あと、レンタル屋のラストエンペラーはカット版だった。(別のシーンだったけど)


122 :『完訳 紫禁城の黄昏(上・下):2005/04/19(火) 11:28:08 ID:7XGxfEpJ
【書評】『完訳 紫禁城の黄昏(上・下)』R・F・ジョンストン著

.
中山理訳、渡部昇一監修

大清国の生活と滅亡を描く

 清の都北京は、周囲四十キロの城壁に囲まれている。
その中央に、ひとまわり小さい城壁に囲まれた場所がある。
皇帝のいる紫禁城である。
出入りを許される者はごくわずかで、許されたとしても、轎(きょう)と呼ぶかご
に乗り換えなければならない。
なかの建物は、輝く黄金の瓦でふいてある。
黄金の仏像や硬玉で埋め尽くされた建物があれば、
封印されたままの貢物があちらこちらにあって、その財産を正確に知る者はいない。


 皇帝と皇后は三千人の宦官(かんがん)にかしずかれ、
滅びることなど誰も想像できない。

 その大清国に、いつのまにか黄昏がしのびよる。

 ちょうどそのころ、著者ジョンストンは外交官として香港にやってきた。
そして、黄昏のせまる大清国を、さまざまな見聞をまじえて描くことになる。

 黄昏時だからか、あるいはその結果黄昏がしのびこんだのか、
西太后の権力はすさまじく、皇帝の光緒帝を幽閉すれば、
后妃を井戸に突き落として殺させもする。
このことはよく知られた史実であるが、
小説でも読むような鬼気せまる場面が忠実に描き出される。

 ジョンストンがやってきて十数年、ついに大清国は瓦解する。
しかし、大清国だけに静かに消えることはなかったのだろう、
退位した皇帝溥儀は、名前をそのまま保持し、財産は保証され、
紫禁城にもとどまる。

 その溥儀に、ジョンストンは家庭教師として仕えることになり、
崩壊した清朝の、のたうつ様をも描くこととなる。

 戦前に一度翻訳された本書はとうに廃刊となり、
敗戦とともに記述内容は忘れさられていた。
満州は中国本土との間に長城が横たわり、そこには日本の正当な権益があって、
満州国の建国は満州人に待たれていた、
というハッとするような歴史事実が改めて明らかにされる。
謎につつまれた宮廷生活とその滅亡の物語として読ませるだけでなく、
歴史書としては、ただちに影響力を持ちはじめるものだろう。
(祥伝社・各二一〇〇円)

 現代史研究家 阿羅健一

http://www.sankei.co.jp/news/050410/boo011.htm
(04/10 05:00)

123 :『紫禁城の黄昏』 岩波文庫版は何を隠したか:2005/04/19(火) 11:35:45 ID:7XGxfEpJ
【出版インサイド】『紫禁城の黄昏』 岩波文庫版は何を隠したか

.
 清朝最後の皇帝、溥儀(ふぎ)の生涯を描いた映画「ラストエンペラー」の
種本として知られるR・F・ジョンストン著『紫禁城の黄昏』(一九三四年発行)
の完訳版(祥伝社)が売れている。
上下二冊、合わせて四千二百円という大作にもかかわらず、
発行部数は一万セットを超えた。

 このヒットの背景には、映画の公開を受けて平成元年に出版された岩波文庫版に
対する疑念の広がりがあった。
岩波文庫版には原著を知る者にしか分からない、重大な削除が施されており、
「隠蔽(いんぺい)された事実を知りたい」という声が、
ネット上に飛び交っていたのである。

 岩波文庫版のあとがきに、訳者(入江曜子、春名徹)はこう記している。
「原著は本文二十五章のほか、序章、終章、注を含む大冊であるが、
本訳書では主観的な色彩の強い前史的部分である第一〜十章と第十六章
『王政復古派の希望と夢』を省き、また序章の一部を省略した」


 完訳版を発行した祥伝社の角田勉編集長は
「原著を全部翻訳すると一巻に収めることができないし、一章から十章には、
映画に登場したジョンストンが出てこない。商売として考えれば、
ここまでは理解できます。
しかし、十六章全体と序章の一部削除は、政治的意図が働いたとしか思えません」
と話す。


 『紫禁城の黄昏』は、溥儀の家庭教師として五年余り紫禁城に暮らした
英国人学者ジョンストンが、清朝末から満洲国建国にいたる歴史の動きを内側から
詳細に記した作品で、歴史資料としても一級の価値を持つといわれる。


 問題の十六章で扱われているのは、中華民国の成立(一九一二年)から
満洲国建国(一九三二年)にいたるまでの君主制主義者の動静だ。
http://www.sankei.co.jp/news/050418/boo019.htm





124 :『紫禁城の黄昏』 岩波文庫版は何を隠したか:2005/04/19(火) 11:36:23 ID:7XGxfEpJ
 ここでジョンストンは
「当時のシナの多くの地域で人々が共和国に幻滅しきっていたことは間違いない」

「シナはすでに満洲人を異民族、すなわち『夷(い)族』であると宣言し、
その根拠にもとづいて、満洲人を王座から追放した」と記し、
君主制主義者の希望が、万里の長城の北にある清朝の故郷、満洲に向いていたと、
当時の状況を伝える。
そのうえで「日本と中華民国が抗争すれば、
自分たちが待ち望む好機が訪れるだろうと君主制主義者は考えていた」と書く。

 つまり、君主制主義者は、日本を利用して満洲に建国を企てていたというのである。
「満洲国は大陸侵略を企図した日本が溥儀を傀儡(かいらい)にして建てた」
とする「東京裁判史観」とは、まったく逆の事実をジョンストンは記していた
わけだ。



 完訳版の監修者である渡部昇一上智大学名誉教授が
「『紫禁城の黄昏』が極東軍事裁判(東京裁判)
に証拠書類として採用されていたら、あのような裁判は成立しなかったであろう」
と述べる理由はここにある。

 削除について岩波文庫編集部は
「訳者のあとがきに尽きる。それ以上付け加えることはない」と話すが、
同社の出版傾向を知る者にとっては、本当に同社と訳者に政治的意図がなかったのか
という疑念は残る。その判断は読者に任せたい。

 桑原聡

(04/18 05:00)
http://www.sankei.co.jp/news/050418/boo019.htm


125 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 11:45:17 ID:dENF0Vdx
>>14
「左翼無罪」
「売国無罪」

>>27
八〇年代のニューアカ?までかね。学校の先生だと今四〇代でカス

九〇年代はソ連崩壊でより現実になったのだと思う
ソ連と言う聖地が無くなったので新しい聖地「従軍慰安婦」こと売春婦を「創った」
だから朝日は九一年頃が一番売春婦記事が多い(検索かけた人の話)
自分で検索かけたいが金がないのですまそ

126 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 11:47:42 ID:pUXh90fe
「聞け、わだつみの声」は序文にはっきりと国粋的な遺書は削除したって書いてあるよ。

127 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 11:47:57 ID:SJ88pjVL
ラストエンペラーはどの部分がカットされてたの?

128 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 11:53:24 ID:Jj8uVLmM
ぼんやり読んだけど、よく見たらすごい記事ですな。
岩波が反日媚中出版社ってことは前から聞いてたけど。

129 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 11:59:25 ID:dENF0Vdx
>>52
http://www31.ocn.ne.jp/~jucccopyright/trial/trial-1998-2.html
◆ 9月24日 『きけわだつみのこえ』改変事件
東京地裁/第1回口頭弁論
 戦没学生の遺稿集『新版 きけわだつみのこえ』(岩波文庫)が勝手に原文を改変されたとして
8月19日、わだつみ会元理事長の医師、元会員2人が、同会と出版元の岩波書店を相手に
本の出版差し止めと総額1千万円の慰謝料、資料の返還などを求めて起こした訴訟の第一回
口頭弁論が行われた。

130 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 12:02:14 ID:jDKMIPpm
学生の頃は好んで岩波読んでましたorz
アカかったあの頃

131 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 12:07:32 ID:dENF0Vdx
>>75
いいのもあるよ
ノーベル賞学者の「物理とは何か?」だっけな

ただふぐと同じで毒がある。
それもかなりある。

132 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 12:11:22 ID:dENF0Vdx
>>88
>物陰に身を隠して、攻撃しやすい相手に被害を負わせる。

中国様は正々堂々とカメラの前で大使館に投石を行っている
素晴らしい

133 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 12:15:40 ID:gUrrORhJ
アカが書き ヤクザが売って バカが読む

これが揶揄でも皮肉でもなく、単なる事実になりつつある今日この頃w

134 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 12:15:58 ID:3a7S6G6x
しかし、なんでメジャー出版社はやらなかったんだろう。文藝春秋とか。

135 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 12:23:01 ID:dENF0Vdx
>>91
>いまラストエンペラーとか観たら意外な面白さあるかな

後半はラストエンペラーに対する洗脳
日本兵に対してもやったこと

>>120
そうだよね
大国の意向を無視したら生きていけない
クーデター(もちろん裏で大国が支援)が起きる
反米で勝った韓国大統領は今苦境w

>>134
アメリカの意向(一応反日国家)
田中金脈は文春がやった

136 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 12:23:14 ID:6yqMk7Lh
岩波って、よく“言葉狩り”をする出版社だよね?

137 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 12:26:11 ID:WXnntTBN
岩波版持ってる。
何年も積読状態の一冊だったのでとりあえず読むか。

138 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 12:45:08 ID:R1eqWUTG
>>137
歴史的に意味があるのは削除された16章だから岩波版を
今から読んでも時間の無駄だろ。

139 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 12:48:48 ID:gEb/RlBr
岩波が偏向出版社だったなんて知らなかった。
とりあえず岩波は読んでおけって言う基本的なものかと思ってた。

140 : :2005/04/19(火) 12:53:52 ID:THvkcCve
>>139
岩波は、朝日と並び称される左翼の牙城。
ただし岩波の場合、理数系の本はマトモだからな。

141 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 12:54:17 ID:hTDCTtso
知識人=左派といった短絡的な意識の強い会社。
本当の知者とは、強い愛国の至情に裏打ちされた情熱で、知識を磨くものだがwww

142 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 13:20:59 ID:60WIoCCt
映画ラストエンペラー。
今となっては懐かしいね。当時は日本非難の映画がこれからハリウッドで作られ
続けられるのではないかとか言われたりもした。
坂本龍平さんが甘粕大尉を演じていたけども、ひょっとしたら自ら役を欲しがって贖罪を果たした
とか考えて酔ってたのかもね。

143 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 13:44:49 ID:qYdYS257
>>136
国民に愛された「ちびくろさんぼ」
も黒人差別だとして絶版にした会社です。

144 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 13:47:25 ID:dENF0Vdx
>>140
 ∧_∧    ビビビビ
/ 軍 \  。)))))))) ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ´∀`)/        (-@∀@)< 英米鬼畜ヲ殲滅セヨ、、、大東亜共栄圏バンザイ !
( つ二/)          (φ 朝 )  \_________
  __    ビビビビ
/GHQ\  。)))))))) ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ・⊇・)/        (-@∀@)< 一億総懺悔、、、新憲法バンザイ !
(☆つ二/)         (φ 朝 )  \_________
  _〜    ビビビビ
/ソ連\  。)))))))) ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ・д・)/        (-@∀@)< 鬼畜米帝ヲ殲滅セヨ、、、共産主義バンザイ !
(★つ二/)         (φ 朝 ) \_________
 ∧_∧    ビビビビ
/ 中\  。))))))))  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( `ハ´)/        (-@∀@)< 南京大虐殺、、、謝罪セヨ、賠償金払エ !
( つ二/)         (φ 朝 )  \_________


145 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 13:55:20 ID:kOjV/PGj
飼い殺しにするつもりだな、岩波は。
そんなことより、岩波は「西園寺公と政局」をさっさと文庫化しろ。
もちろん手を加えずにな。

146 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 14:14:35 ID:ALiCajka
馬鹿元竜一は、とりあえず完訳版を読むべきだなw

147 :『紫禁城の黄昏』 岩波文庫版は何を隠したか:2005/04/19(火) 14:25:13 ID:7XGxfEpJ
復刻・禁苑の黎明−Twilight in the forbidden city



岩波書店から再版された紫禁城の黄昏(抄約・不完全版)の完訳である
「禁苑の黎明」 原題:"TWILIGHT IN THE FORBIDDEN CITY"
by Reginald F. Johnston を WEB上に復刻していきます。

(読みやすさを重視し、現代仮名遣いにしています。
漢字も原文と異なる場合がありますがご容赦ください)

2005.02.10 Thursday
WEB復刻に至ったいきさつ
author : hasegawa
岩波書店から再版された紫禁城の黄昏(不完全版)の完訳である
「禁苑の黎明」
 原題:Reginald F. Johnston "TWILIGHT IN THE FORBIDDEN CITY" 1934
が見つかり、西山さんから寄贈していただきました。

 幸いにして昭和9年発行で、著者の没後より50年経っていますので今回
著作権の問題が無いことより、このサイトで閲覧できるようにしました。

http://nishio.main.jp/nichiroku/?cid=11738



148 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 14:27:43 ID:Ca/H9Cl4
>>136
それは明らかに言い過ぎだろw
岩波はとがめられるべきだが
学問と愛国心はまったくの別物
ネタにマジレス?

149 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 14:30:52 ID:S7qy77Uf
★ 岩波書店不買運動!! ★ PART3
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1048308407/l50

150 :『紫禁城の黄昏』 岩波文庫版は何を隠したか:2005/04/19(火) 14:35:44 ID:7XGxfEpJ
>>148
>> >>136
>> 岩波って、よく“言葉狩り”をする出版社だよね?
> >>136
>それは明らかに言い過ぎだろw

『紫禁城の黄昏』は戦後長らく世界中で再出版されませんでした。
映画「ラスト・エンペラー」がヒットしたので、
岩波書店が岩波文庫として刊行したのです。
ところが、この文庫ではシナという国のあり方を説明した1章から10章までが
まったく削除されて11章からはじまっている。

しかも序文でも満洲国に関係ある人物が登場すると、1行でも2行でも虫が喰ったよう
に削除するという、信じられないことをやっている。

渡部昇一「満洲は日本の侵略ではない」 「WILL」創刊号より
http://nishio.main.jp/nichiroku/?cid=11738

151 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 14:46:03 ID:pMc7rdyB
昔は、岩波を読め、とか言われてたんだよな

152 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 14:46:05 ID:O4Qrhrwy
広辞苑も注意しないといけないと渡部昇一さんだかの本で読んだ記憶がある。
そこには具体的な例も出ていたけど、忘れた。

153 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 15:02:43 ID:wuA6Kogj
岩波も朝日ももう風前の灯火だな
20年くらい前まではそれなりにステータスだったが

154 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 16:57:10 ID:Vs9XahO3
>>148
言葉狩りは、岩波もよくやっているだろ。
何もおかしなところはない。

ただ、他の出版社もよくやってるけどな。

155 : :2005/04/19(火) 18:02:03 ID:THvkcCve



156 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 18:32:57 ID:thh1BY1M
あげ

日本は映画「マトリックス」の世界にいたようなもんじゃん
北朝鮮を笑えねー (T.T)
北朝鮮のような岩波や朝日等にうまく洗脳されてた感じだねぇ


157 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 18:41:53 ID:/p05WSON
岩波文庫版のあとがきに、訳者(入江曜子、春名徹)はこう記している。
>「原著は本文二十五章のほか、序章、終章、注を含む大冊であるが、
>本訳書では主観的な色彩の強い前史的部分である第一〜十章と第十六章
>『王政復古派の希望と夢』を省き、また序章の一部を省略した」

岩波文庫版持ってるけど、読んだ時この件には
激怒したね。

「主観的」かどうかは訳者が判断する事じゃない!
読者が読んで決めるんだ!と。


158 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 18:52:07 ID:mrNNEAfm
これって、アメリカ政府が日本政府に突きつけた、
ハル・ノートの満州条項に関係するんでないかい?

159 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 19:05:53 ID:NAnr6nA/
>>144

 ∧_∧    ビビビビ          ビビビビ
/ 中\  。))))))))  ∧_∧   。)))))))  ∧_∧
( `ハ´)/        (-@∀@)/        (#´Д`)
( つ二/)          ( つ二/)キチクベイエイ  (    )ナンカムカツイテキタ
| | |           | | |  ユルスマジ、ト | | |
(__)_)          (__)_)         (__)_)

 ∧_∧   
/ 軍 \ 
(; ・∀・)マ、マァマァミンナ、マターリシヨウヨ 
( つ つ 
| | |  
(__)_) 

160 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 20:32:10 ID:BXaiQM4w
しかし、訳者が自分の思想に反する部分を意図的に削除して出版するなんて
ありえるんだな。

161 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 21:00:41 ID:ftZFi5kE
>>160
それが左翼というもの。
自分の思想のためなら何をやっても正当化される。


162 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 21:04:42 ID:+XRvhk9e
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/A83.htm
岩波書店の落日

 月刊誌「選択」の11月号に、「岩波書店ついに『落日』」と言う見出しの、次のような記事がありました。

 戦後しばらく、岩波書店は日本の出版界や論壇をリードしていた。・・・が、いずれも「今は昔」だ。岩波本の
「長期低落」は隠しようがない。・・・
 90年代に入りソ連邦が崩壊。冷戦終結は共産圏国家に肩入れしてきた「岩波ブランド」をいよいよ
色あせたものにした。岩波文化人は肩身が狭く、読書人の岩波離れが加速した。最近、岩波の雑誌
「世界」、「思想」、「科学」、「文学」を揃えている書店が都内にいくつあるのか。読者もお気づきと思うが、
見なくなった。販売部数の低下はいかんともしがたいようだ。・・・
 岩波は99年以降、売り上げが毎年7〜10パーセントも落ち込み・・・岩波の屋台骨が揺らいでいるのは、
「収益の命綱」というべき文庫、新書の不振に尽きる。少しオーバーな言い方をするなら、書店から岩波本を
売るスペースが消えつつあるのだ。

 進歩的知識人、左翼の代名詞のようであった「岩波文庫」、「岩波新書」、「世界」などが
姿を消しつつあります。今、「世界」を置いている書店はほとんどないのではないでしょうか。政党でも
かつての社会党(現、社民党)は、女性中心の特殊な少数政党に零落してしまいした。国民の意識は
確実に変わったのです。その中にあって変わらずにいるのが朝日新聞、進歩的大学教授などです。
この両者はいまだに侮りがたい勢力を保っています。

163 : :2005/04/19(火) 21:05:52 ID:QBRg+Neb
 その映画の中でも特に印象的なのは、黒い衣服を着ていつも少年皇帝の側に仕えているイギリス人であった。
これが 『紫禁城の黄昏』 の著者である。その原作を読みたくなる人も多いだろうと出版社の人は考える。
それで岩波文庫の一冊として入江曜子・春名徹両氏の共訳が出版された。本書が古典的な名著であることは
一点の騒いもないから、岩波文庫に入ることは当然であった。

 ところがこの文庫本は、原書の第一章から第十章までと、第十六章を全部省略しているのだ。その理由として
訳者たちは「主観的な色彩の強い前史的部分」 (傍点・渡部)だからだという。

 この部分のどこが主観的というのか。清朝を建国したのが満洲族であることの、どこが主観的なのか。第十六章は
満洲人の王朝の皇帝が、父祖の地にもどる可能性について、当時どのような報道や、記録があったのかの第一級
資料である。日本の政府が全く関与しないうちに、それは大陸での大問題であった。溥儀がジョンストンと日本公使館に
逃げ込んできた時の芳沢公使の当惑、その後も日本政府がいかに溥儀にかかわることを嫌ったか、その側にいた
ジョンストンの記述ほど信用なるものはない。

 また岩波文庫では、序章の一部を虫が喰ったように省略している。そこを原本に当たってみると、それは溥儀に
忠義だった清朝の人の名前が出てくるところである。

 つまり岩波文庫訳は、中華人民共和国の国益、あるいは建て前に反しないようにという配慮から、重要部分を勝手に
削除した非良心的な刊本であり、岩波文庫の名誉を害するものであるといってよい。

<監修者まえがきより>

164 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 21:10:12 ID:+XRvhk9e
朝鮮問題に関する本誌の報道について
本誌編集部
ttp://www.iwanami.co.jp/sekai/2003/02/260.html
 2002年9月17日の日朝首脳会談で、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正日国防委員長の口から日本人拉致の事実が明らかにされ、
8名の死亡が告げられて以来、日本のマスコミは拉致問題一色となった。それは、ようやく入り口にたどりついた
日朝交渉そのものも中断させてしまうような、異様ともいうべき事態を作り出している。日朝間の交渉を入り口にまで導いた外交官が、
あたかも北朝鮮の利益を図っているかのごとく罵倒され、これまで日朝の正常化のために力を砕いてきた政治家、政党、組織、言論などが、
あたかも「北朝鮮の手先」であるかのごとく攻撃されている。
 長く朝鮮問題を取り上げてきた本誌も例外ではない。
 北の政府に同調的だった、賛美していた、あるいは韓国の人権問題にはあれだけ力を尽くしたのに、北の人権問題に無関心なのはおかしい云々。
中には本誌が韓国の民主化運動を取り上げたのは、北を支援するものだったのではないかと邪推したり、本誌と岩波書店を
<岩波書店、『世界』はいかにして金王朝の「忠実なる使徒」と化したか>などと鬼面人を驚かすタイトルで攻撃する研究者もいる。
 本誌は、これら論者の個々の指摘に対して、反論や弁解をする必要は認めない。これらの批判は、記事の時代的背景を無視して引用したり、
乱暴な曲解を施した上でのきわめて意図的なキャンペーンであると考えるからだ。何より、70年代から注意深く本誌を読まれてきた読者は、
本誌が一貫して保ち続けてきた姿勢について、十分に理解して下さっているであろうと考えるからだ。


165 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 21:16:49 ID:3a7S6G6x
朝日新聞社が岩波を救済買収するって話もあったよな。どうなったんだろ。

166 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 21:18:06 ID:+XRvhk9e
>>165
200億円で買収するって話があったが、朝日はそんな金ないので断ったらしい。

167 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 21:20:02 ID:ftZFi5kE
>>164
左翼の断末魔だな。
冷戦崩壊から十数年。
中国・北朝鮮の悪逆非道ぶりが明らかになり、これまで長年
共産圏の味方をしてきた左翼団体は、もう手も切れず
悪の手先と化している。

168 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 22:20:31 ID:5w6ATsjB
満州側にも、日本を利用して満州の独立を目論んだ人物がいたんだよね。
たとえば、清朝八大親王の一人である粛親王とか。

清朝を追われた粛親王は、満州に行くんだが、
満州を独立させるためにいろいろしてたようだ。
とりあえず、大量にいた自分の子供を
イギリスを始めいろんな国に留学させたりとか。
川島芳子も、日本人の養女にした粛親王の実娘だったりする。
溥儀が満州にいた時に滞在した家が粛親王の所有していた物だったり。

粛親王は早くに亡くなってしまうが、
モンゴル絡みの動きとかもあったみたいだし、
長生きしてれば多少は歴史が変わったかなあ。

169 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/19(火) 23:02:10 ID:QKCJDXAO
満州民族ってどのくらい残ってるの?

台湾が正式に独立して、ウイグル、チベットなんかも独立の動きを見せたら、
満州でも呼応して立ち上がる人たちはいるんだろか。

170 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/20(水) 01:01:09 ID:w8tubw1z
文庫版読んだけど後書きで愚痴だか悪口(日本への)書いてたような。品性疑ったよ。
検閲されたものでも、当時のふいんき掴むには読んでおいて損はない本だと思う。

171 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/20(水) 01:34:37 ID:gbqYRT6E
>>43
>日本が満州帝国を担ぎ出したのは事実だろうが。
しかし外国勢力がそのようなことをするのはよくあることでね
これが国際法に問題となるのであれば、クウェートを建国したイギリスだって犯罪者だからな



北朝鮮も韓国もその範疇に入るかもしれない?


172 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/20(水) 01:41:13 ID:Z+gVKB7A
満州国の建国が正当だった(または日本によるものではない)とするなら、
その後のリットン調査団報告も、国際連盟非難決議も不当ということになって
ひいてはその後のABCD包囲網やハルノートも不当になって
第二次大戦史がひっくり返ってしまうわけで?

173 :暗黒谷の番人:2005/04/20(水) 01:45:12 ID:q6Y6ba80
失禁城の黄昏

174 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/20(水) 01:48:11 ID:LHxoNdIC
>1

岩波の左翼異常体質を理解しやすいよい例だ。

175 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/20(水) 01:54:26 ID:5B7mswcI

【岩波検閲】
左翼の手による歴史資料の改竄。またはその行為。



176 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/20(水) 03:45:52 ID:eioCxI6/
>>1
非常に興味深い

177 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/20(水) 04:08:12 ID:U0P0eSsf
ttp://www.interq.or.jp/rock/ff67/hirose/100/
ジョンストンの写真・・・だよね?

178 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/20(水) 05:06:48 ID:9sOHdjJL
西村幸祐氏の「反日の構造」という本がある。
http://nishimura.trycomp.net/works/011.html

この本の第3章、●「2ちゃんねる」は<閉ざされた思考空間>を破る
は、去年の正論8月号に発表された論文をベースにしたもので、
発表時にのタイトルはこうだった。

「2ちゃんねる」を目の敵にし始めた朝日、岩波の焦燥
http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2004/0408/mokuji.html

時代を読める人っているんだなぁ、と思った。


179 :(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)さん:2005/04/20(水) 10:58:21 ID:VwSRzUsh
>>177
リンク先の75にあるのは、溥儀の写真だよ。

オレも探してみたけど、ネット上には無いね。
『紫禁城の黄昏』の岩波版には載ってるし、祥伝社版のほうにも多分あると思うよ。

180 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/20(水) 11:02:00 ID:bawR6JHB

今日はサンゴ記念日。

181 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/04/20(水) 11:13:16 ID:Cg7nxMBP
岩波の黄昏

赤字経営が続いているようだな。

朝日と毎日はどうなんだろう?


182 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/20(水) 11:17:13 ID:m3fwYuGc
所詮は朝日岩波文化人と呼ばれる人たちだから。

183 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/20(水) 11:19:59 ID:ps79++By
岩波氏ね

184 : :2005/04/20(水) 18:48:19 ID:VwSRzUsh


185 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/20(水) 18:53:26 ID:u9iZnHyJ
岩波マンセーとはいわんが
2ちゃんウヨは岩波なんて読まない(読めない)だろうな
文春新書あたりかな

186 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/20(水) 19:27:35 ID:9Bojn+Yy
>>185
ヘロドトス、ニールス・ボーア、旧約、新約、和辻哲郎、文化大革命を読破した漏れに何か文句でも?

187 : :2005/04/21(木) 00:13:48 ID:m68GCVJ/
>>185
オレは読むよ。
ただし、図書館で借りるか古本屋で買うかのいずれかで、新本を買うことは
しないようにしている。
正直いって、かなり不自由なんではあるが。

188 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 00:19:41 ID:ZxKVJfxC
>>185

かつて岩波はステイタスがあったが、今では
社内も化石のような石頭ばかりで、まともな本が出版できなく
なってしまった。まともな人は、岩波には行かなくなった。

189 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 00:28:07 ID:7d1hzcuw
>>160
> しかし、訳者が自分の思想に反する部分を意図的に削除して出版するなんて
> ありえるんだな。

ずいぶんナイーブな人だなw

だいたい分厚い本は抄訳になってる。くだらないHOWTO本でさえも、訳者と出版社の
主観が入りまくりで、ばっさり切られてる。原文にない文章が訳文に入って、文意が逆
になってることもザラにある。左翼本は特にそうだ。だから、たとえ訳本があっても、原文
は参照しないといけないのだ。

この岩波版の場合、どこを切ったか、なぜ切ったかが書いてあるので、実は「ものすごく
良心的」だと思った。「主観的な色彩の強い前史的部分」というのは、つまり「客観的
な思想=左翼思想にあわない部分」ということで、これほど正直なことはないw

さすが岩波というべきではないのか?w

190 : :2005/04/21(木) 09:41:19 ID:m68GCVJ/
>>189
まぁ、そういう考え方もあるか。

191 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 09:46:45 ID:ljEBIM3+
>>186
昔は良く読んだよ
翻訳物の小説はほとんど読んだ
理由は安かったから
なんせ、★一つ70円の時代だったから
そのうち☆になって一つ100円になった
厨房時代金がないのに本に飢えていたから
☆の少ないのから順番に読んだ
なんせ1日に数冊読むから金がいくらあっても足りない
Book Offなんて便利なものなかったし

192 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 09:53:37 ID:Lwq9wp9q
■■岩波文庫【4】岩波新書■■
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1103826598/150

150 :無名草子さん :05/02/25 12:59:51
※三月書房メルマガより・・・

「2004年の出版社別売上げ冊数TOP10」
  1 筑摩書房
  2 岩波書店
  3 講談社

ついに岩波が一位から陥落しました。
ほぼ正確なデータを残し初めてからでも十数年たってますが、
おそらく1950年の開店以来ずっと売り上げ冊数は一位だったと思われます。
文庫はまだ売れているのですが、全集や講座はだめだし、
単行本もさえないし、新書は仕入れる気にすらなりません。
アクション新書は失敗で撤退するようですが、
鮮度が売り物の新書を買切でというのはあつかましすぎるでしょう。
筑摩は少し増加しましたが、あまりにも文庫新書に比重をかけすぎで、
ハードカバーの新刊が減少してますから、
過去の遺産を食いつぶしたとき空洞化がおきるのではないでしょうか。
もっとも現在は、数年前のまともな単行本が次々に特価本になるので、
うちとしてはありがたいといえばありがたいのですが。
河出書房はちかごろ好調で、
文庫も単行本もムックもなかなか渋いものも混ぜて出しているのでエライと思います。


193 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 09:54:16 ID:6lgP1dfH
ふーん・・・都合の悪い所は削除ね。中共と一緒じゃねーかw
出版社のくせに言論の自由って言葉を知らないらしーね。恥ずかしい。


194 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 09:59:35 ID:aY74uoDp
>>189
そだね。
共同なんかが、どこを切ったか、なぜ切ったかを釈明したという話は聞かないものね。

195 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 10:01:05 ID:ljEBIM3+
版権を押さえておいて抄訳とか絶版とか酷いよね

196 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 10:04:33 ID:1ZoB3plZ
>「訳者のあとがきに尽きる。それ以上付け加えることはない」

言論人としての反論としてショボすぎ。
というか逃げてる。
ん‥‥朝日新聞とおなじ

197 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 10:07:14 ID:3B5qIwXp
工作がばれた時のブサヨのいいわけ

198 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 10:15:27 ID:KecWHSfm
正字正假名で書かれた作品を、
略字現代仮名遣いに直すな。
俺は書かれたままの文章で読みたいんだ、馬鹿野郎!

199 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 10:26:52 ID:SH+RqJAp
岩波は、古典文学に関しては貴重な本をいっぱい出してるんだがなあ。
こういう改ざんが明らかになると、思想と関係ない文学まで疑わしく思えてきた。

200 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 10:34:23 ID:SH+RqJAp
>>198
日本の古典は、原文と現代訳併記にしてくれないとな。
講談社学術文庫の古事記だって、併記されている。

201 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 10:37:42 ID:1g/15U4D
>>198
原文は英語だし、そこまで思い入れなくてもいいだろ。

202 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 10:40:56 ID:KecWHSfm
>>201
ごめんなさい。
明治の文学作品を念頭に、
日頃の不満を書き込みました。orz

203 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 10:42:36 ID:1g/15U4D
>>202
まあその不満は分からないでもないなw

204 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 11:21:51 ID:+L4z93qA
50年以上たってるのは青空文庫にどんどんいれよう!

205 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 11:23:26 ID:+L4z93qA
http://www.aozora.gr.jp/
青空文庫では、著作権の切れた書籍をネットでタダで読めまーす

206 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 11:56:18 ID:iNdeHCub
>>205
入力・校正した人の呼び名が「工作員」ってのはw



                2chの見過ぎか… orz

207 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 12:13:50 ID:aLJstIhg
監修が中立的な人ならなお良かったのだが、
この人著書の中で岩波批判してるからなぁ

208 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 12:40:04 ID:ItfSbvZM
>189
原書を購入して読み比べました。
文庫版の訳者の後書きでジョンストンを批判しているところが、全部訳者の曲解に基づいていて笑いました。
それ以来、岩波は古本でしか購入していません。

209 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/21(木) 15:25:55 ID:fuxSIpyw
>>208
おっ、偉い人がいたw
まあ、そんなもんだ。

210 : :2005/04/22(金) 08:58:28 ID:QnZM9qTD


211 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/22(金) 09:30:01 ID:2v9jQ5pn
戦前日本はつくづく運が悪いな。

212 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/22(金) 09:36:54 ID:ljm2faQd
岩波と言ったら田原総一郎

213 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/22(金) 09:40:01 ID:uQQAr2eM
>>185
中文、英文、仏文ならオリジナルで読むので問題はないが、
独文、ラテン、ギリシャなどは読めんのでね。
古典については、頼らざるをえないところがある。
また、法華義疏などはテキストそのものが入手困難だからね。

214 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/22(金) 10:05:51 ID:xG4EEFoa
産経いつもながらなんとGJなんだ!


215 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/22(金) 10:08:16 ID:wEni+jcs
24 :おさかなくわえた名無しさん :2005/04/22(金) 06:21:12 ID:EyNOr/tK
教科書問題フラッシュが出来たよー。
中国人、英語の分かる外国人に見てもらおう!
http://www.vipper.org/vip2010.swf

コピペよろしくお願いします

216 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/22(金) 10:12:53 ID:HfLxIS+r
昨日シンセンの空港で見つけたこれの中文版もたぶんやられてると思う。
同じところでベネディクトの「菊と刀」の中文版を買ったが脚注で
おかしな文がそこかしこに入ってる。

217 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/22(金) 11:07:55 ID:TGIllLG6
>>212
岩波「映画」じゃなかったか?

218 : ◆XDAecQsXG6 :2005/04/22(金) 12:48:01 ID:SfBwLEaz
確か岩波って、朝日を右派新聞て言ってなかったか?
どんな会社なんだよ岩波(w

219 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/22(金) 18:23:55 ID:sY6pWvIb
岩波文庫とかいて、ちゅうきょう(中共)文庫と読む。

220 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/22(金) 19:39:33 ID:69eGrVqW
ちくま学芸文庫と講談社学術文庫と中公クラシックスが手を組んで
権威主義イワナミを追い落とすことをきぼん。

ギリシア・ローマの古典は高くても京都大学出版の訳で読もう。

221 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/22(金) 20:37:28 ID:hWr+TEE+
岩波新書のこの本で、1つ星をつけた「大阪民国」は私です。
私のレビューは的外れでしょうか。
皆さんのご意見を伺いたいです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4004300851/



222 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/22(金) 20:50:38 ID:p4dFsJhF
>>221
全然的外れじゃないけど……なんでここでそんなこと訊くの?w

223 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/22(金) 20:54:26 ID:hWr+TEE+
>>222
スレ違いですいませんでした。
この本、いまだに売上ランキング上位で、
これに洗脳されている大学受験生がいっぱいいそうなので。
サヨ教師たちが、いまだにこんな本を高校生に読ませているらしいので
許し難かったのです。

224 : :2005/04/22(金) 22:15:32 ID:QnZM9qTD
>>221-223
たいへんに恥ずかしい話なんだが、オレのおふくろも、暉峻淑子の新書を買って
やんの…。
ちなみに、NHKのドラマや、徹子の部屋を一生けんめいに見ている、アホな
おばさんです。

こういう本って、難しい本を読んだことのない、テレビと新聞だけで世の中の
ことが判るんだって信じて疑わないような人間が「たまには難しい本を読んで
みようか」って思ったときに手軽に買えるから、よく売れるんだよな。

225 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/23(土) 00:08:20 ID:W7w77rN+
>>223-224
ああ、なるほど。そういう人が買う本なのか。

こういう左翼本を再検証する作業というのは、誰かがやらなきゃいけないこと
だとは思うけどねえ。案外、アマゾンのレビューっていいかもしれない。

「この本では、日本に比べて西ドイツはこんなに福祉が進んでると書かれて
いるが、実は問題が山積で、今では日本のシステムの方が優れていることが
広く知られている。リサイクルの分野でも、日本の水準は欧米諸国のどの
国よりも回収率が高い。今となっては、この本は当時の左翼的な思考がい
かに硬直していて、実証を経ていないかを示す資料でしかない」

……とか書いてね。中年女性には届かないけど、中高生には利くかもw

73 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)