5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【中・朝】胡錦涛:5月2日北朝鮮訪問か、台湾メディア報道[04/19]

1 :源吾@武光 φ ★:2005/04/19(火) 18:16:50 ID:???

 胡錦涛・中国国家主席が、5月2日に北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)を
訪問するもよう。台湾メディアを引用して、中国台湾網が19日付で伝えた。

 国民党の連戦・主席が4月26日から中国大陸を訪問し、29日、30日、
5月1日の間で胡錦涛・国家主席と会談すると報じた。このように日程が組ま
れた理由として、胡・主席が5月2日に北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)訪
問を予定していることなどが挙げられた。


ソース:中国情勢24
http://news.searchina.ne.jp/2005/0419/politics_0419_002.shtml

関連スレ:


【中国】胡錦涛国家主席、年内に北朝鮮訪問か【03/23】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1111575711/ (dat落ち)
【中朝】胡錦涛:北朝鮮首相に協議復帰は「正しい選択」【03/25】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1111680178/


19 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/22(金) 17:15:49 ID:jhs9g2h6
ttp://www.theaustralian.news.com.au/common/story_page/0,5744,15043318%255E7583,00.html
Ross Terrill: China's hardly in a position to lecture Japan April 22, 2005

ジ・オーストラリアン:中国は日本に歴史を説く立場には、全く相応しくないのだが

Coiled Japan and theatrical China have seldom got on well. War between them in 1894-95,
starting over Korea, undermined China's last dynasty and gave Taiwan to Japan. Widespread
war again occurred from 1937 to 1945, as Japan's armies sought to put China under Japanese
tutelage. Japan's attack doomed Chiang Kai-shek's rule and fuelled Mao Zedong's victory -
and Tokyo lost control of Korea as well as Taiwan. Since 1945 only US power has prevented
a resurgence of China-Japan rivalry, with all that would mean for Australia and other
countries in the region.

日本と中国の諍いというのは古くからのもので、1894-95年の戦争は朝鮮に始まり、中国の王朝を脅
かして台湾を日本に与えた。1937-45の戦争は日本が中国を支配しようとしたものだが、蒋介石への
日本の攻撃は毛沢東の勝利を助けるところがあった。1945年の日本のアメリカに対する敗戦で、日本
は朝鮮と台湾を失い、日中の対立はアメリカのパワーによって押さえられたが、それはオーストラリ
アも含めて周辺諸国の(安定の)ためでもあった。

China's diplomatic awkwardness in the world is inseparable from its tight political control
at home. Apologies, textbooks, uninhabited islands, war memories -- all become painted
faces and props in the Beijing opera of the paternalistic Chinese state's cultural and
foreign policies. Marxism has mostly lost its hold over Chinese minds. But truth and
power emanate from one fount: historically the emperor's court, today the Communist Party.
The hold of the Chinese Communist regime over its people depends on belief in the cries
and groans of the Beijing opera.

中国の世界における侮りがたさというのは、その政権が中国国内を政治的に厳しく管理していること
と不可分である。中国の日本に求めている謝罪、歴史教科書、尖閣諸島、戦争犯罪などというものは
その外交政策として使われ、中国国家の文化的な仕掛けというべきであって、その文化とは京劇の厚
塗りの化粧や小道具の様なものである。共産主義は中国国民のマインドを獲得することはなくなった
のだが、政権の正当性と権力は、歴史という側面から、つまり今日の皇帝の意思であるところの共産
党の裁断から(影響力を)発揮する。中国共産党政権の権力の掌握は、(国家の演出する)京劇の叫
び声やうめき声への(中国の国民の)信仰に依存している。

One opera act can give way to a surprising sequel. Folk in the People's Republic were
taught to love the Soviet Union and then to hate it. India was esteemed in the 1950s and
vilified in the '60s. Vietnam was "as close as lips and teeth" in the '60s yet invaded
by Chinese armies in 1979. When Japanese prime minister Kakuei Tanaka tried to apologise
directly to Mao for World War II in 1972, Mao brushed him off, saying the "help" provided
by Japan's invasion of China made possible the Communist victory in 1949.

京劇の一幕が驚くような結果を生む。中国の国民はかってロシアを愛するようにと教えられ、後には
憎むようにと教えられた。インドは1950年代に尊重されたが60年代に中傷された。1960年代のベトナ
ムは中国と「舌と歯のように近い関係」だったが1979年には中国はベトナムを侵略した。1972年に、
日本の首相、田中角栄がWWII意向始めて直接に中国に謝罪した時には、毛沢東は謝罪を冷たく
あしらって、日本の侵略は1949年の中国統一を助けたと述べた、

20 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/22(金) 17:17:30 ID:jhs9g2h6
The moment's raison d'etat is supreme. Turning on rhetoric, emotion, and government
-sanctioned demonstrations is an easy trick. Since political safety valves are lacking
in Chinese society, no one knows the relative weight in the anti-Japan demonstrators'
motivations among (a) dislike of Japan, (b) doing what supervisors prompt and (c) letting
off steam by shouting slogans in the street (normally forbidden in China) that might
end up annoying a Chinese government seen as condescending and corrupt.

そのときのレゾン・デトールが最上なのだ。レトリックや感情や政府の規制する抗議行動などは容
易いトリックなのだ。中国の社会では政治的な安全装置(のガス抜き)が無いので、反日の抗議行
動の動機が(a)日本を嫌う為か、(b)支持されたとおりに行動しているだけなのか、(c) 中国の腐敗
やふがいなさへの不満を発散させるためのスローガンの絶叫のためのものなのか、確かなことを知
りえない。

The blunt truth is that reasonable Chinese, Japanese, and other scholarly estimates vary
widely for Chinese killed by Japan in the Nanjing Massacre of 1937 and in World War II.
They also do for Chinese killed by their own Communist government in the Great Leap
Forward and the Cultural Revolution (no apologies, yet, for these mishaps; what's a
million here, 10million there, among comrades?). No one textbook can embody final truth.

中国や日本のまともな学者は、WWIIや、1937年の南京大虐殺で日本に殺された中国人の数につ
いては大きく意見が異なるのだが、共産党政権の大躍進の時代に殺された中国人や、文化大革命の
時代の犠牲者についてもそうなのだ。(いまだに、それらの失政への謝罪はない。何百万人もの人
や何千万人もの人があちこちで犠牲になっていて、それらは同胞ではなかったのか)(中国の)
どの教科書も、その真実には触れない。

The main text for middle-school history in China devotes nine chapters to Japan's
aggression against China in the 19th and 20th centuries, but does not mention China's
invasion of Japan under the Yuan Dynasty. (Vietnam comes off even worse than Japan.
Nothing is said of the Han Dynasty's conquest of Vietnam or of China's 1000-year
colonisation of thecountry.)

中国の教科書は19世紀と20世紀の日本の中国の侵略に9章を費やすが、中国のYuan王朝の日本侵略
には触れない。(ベトナムは日本よりも扱いが酷くてHan王朝の1000年の植民地支配には触れない)

21 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2005/04/22(金) 17:17:58 ID:jhs9g2h6
China has enjoyed a good run in relations with Japan and reaped economic benefit. The
very real horror of war is one reason and the skilful political theatre practised by
Beijing is another. But the mood in Japan toward China has changed and Beijing may be
miscalculating. China will certainly pull back from the brink of a real rupture; it has
too much to lose. But it is not certain that Tokyo will lie down and take any more abuse,
vandalism, and Chinese distortions of history.

中国は日本と良い関係を維持してきて、経済的恩恵を得た。戦争の惨禍や北京政権の外交の上手さ
がその理由である。しかし日本の中国に対するムードは変化してきており、北京政権は計算違いを
しているのかもしれない。中国は、確かにガチンコの対決からは引くのかもしれない。それという
のも、中国は失うものがあまりに多い。しかしながら日本政府が中国のこれ以上の歴史歪曲や、
暴力行為や、そうした悪習を許すように(従来どおり)ひれ伏すのかどうかは、よくわからない。

Australia and other friends of China and Japan should talk earnestly to both powers about
the crucial role of the Japan-China relationship for peace in East Asia. Maybe there could
be a three-way summit, not yet tried, where US, Japanese and Chinese leaders discuss face
to face their mutual responsibility for peace in the Korea Peninsula and the Taiwan
Strait. With due respect to Europe, Washington has more to talk about with Japan and
China than with the members of the European Union.

オーストラリアやそのほかの周辺アジア諸国は中国と日本の友好国であり、両国に対して日中の関係
が東アジアの平和と安全に必須だと、熱心に説くべきであろう。まだ試みられたことは無いのだが、
日米中の三極サミットといったものが有り得るのかもしれない。三国の首脳が、お互いに対面して
朝鮮半島と台湾の平和についての相互の責任を議論することが出来よう。欧州やアメリカは日中両国
に対して、EU各国に対して語るより多くを説く必要があろう。

Ultimately, however, calm management from all quarters will only go so far in steadying
Japan-China relations. Japan is a democracy and China is a dictatorship, and while that
continues, the root problem is China's political system. Canberra, Washington, and other
democratic capitals should tell Beijing that an open society is necessary for history to
be viewed steadily and for international business exchanges to succeed.

しかしながら結局のところ、日本と中国の二国間の関係に帰結する。日本は民主主義国で中国は独
裁政権である。その事実が変わらない限り、中国の持つ政治的問題が根本(の問題)になる。オー
ストラリアやアメリカや、そのほかの民主主義国家は中国に対して安定した平和な社会のためには
また国際ビジネスの成功のためには、開かれた社会が必要なのだと説かねばならない。

After former president Jiang Zemin, during a 1998 trip to Japan, gave endless speeches
on World War II, the Japanese chief cabinet secretary said in frustration: "Isn't this
a finished problem?" But Japan's past transgressions may never be a finished problem
while a Leninist-imperial state exists in Beijing.

江沢民が1989年に日本を訪問して、第二次世界大戦についてのやたらに長いスピーチをしたときに
は、日本の首相はフラストレーションを起こして「それは過去の問題ではないのか?」と述べた。
しかし日本の過去の犯罪というのは、レーニン主義の帝国主義体制が北京に存在する限り無くなら
ないのである。

Ross Terrill, a research associate in East Asian studies at Harvard University, is author
of The New Chinese Empire (University of NSW Press, 2003).

著者のRoss Terrillはハーバード大学の東アジア研究者で、著書「新しい中華帝国」がある。

463 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)