5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【米】旧日本軍へ激しい怒り 柳条湖事件受け蒋介石 [04/02]

1 :帝都SS隊φ ★:2006/04/02(日) 11:54:29 ID:???

 【パロアルト(米カリフォルニア州)1日共同】米スタンフォード大フーバー研究所
(カリフォルニア州パロアルト)で3月31日に公開された蒋介石の日記には、1931
年9月18日の柳条湖事件を機に中国侵略の動きを強める旧日本軍に対する激しい怒りが
記述されていた。

 石井明・東大教授(東アジア国際関係史)は「(抗日のため共産党との内戦中止を求め
る張学良に監禁された)36年の西安事件まで、蒋介石は日本に妥協的だと言われていた。
しかし柳条湖事件が起きた時点の日記には、既に日本への厳しい見方がつづられており、
非常に意義深い」と指摘している。

ソース:北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060402&j=0026&k=200604026501

2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 11:55:28 ID:tfM7y2aM
2 ⊂(´∀`⊂⌒`つ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 11:56:02 ID:ygGue11A
ソース:北海道新聞


4 :剣部隊 ◆Qa04KawXdY :2006/04/02(日) 11:56:06 ID:jyf2KdKo


5 :桃葡萄梨 ◆nullpob9Es :2006/04/02(日) 11:56:25 ID:B+o73PT+
わが故郷の新聞
北海道新聞ヽ(´ー`)ノマンセー

6 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 11:56:48 ID:SemzkvnG
まあそれは言い訳できんわな

7 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 11:57:14 ID:839HBnQ4
今の中国の国の原型
常に激しい怒りばかり抱えている

8 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 11:57:55 ID:js/CCzVm
熱烈歓迎中国崩壊

9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 11:58:25 ID:iGlK68gj
そら攻撃されれば誰でも怒るだろ。
何でこんな事でスレ立てるんだ?

10 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 11:58:45 ID:HoxWXTSF

北海道と沖縄の新聞は完全に陥落してるな

11 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 11:58:49 ID:sxxoL0vy
沖縄も北海道もそうだけど、
中央から金を引っ張らなやっていけない都道府県ほど反日なんだよな。
結局、朝鮮人と変わらん。ゴネれば金がとれるという考え。

12 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 11:59:27 ID:ygGue11A
ソース:北海道新聞

13 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 11:59:33 ID:RUfDxeRU
あたりまえだろ。どこの国の指導者が戦っている相手にヘラヘラするか。

14 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:00:17 ID:pEwjYwoU
日本の恩をうらぎった蒋介石

15 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:01:19 ID:5kzxfEZ8
>ソース:北海道新聞

16 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:04:38 ID:jfUZ34LO ?
中国では良くあること

17 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:04:45 ID:N4r2tcSW ?
そりゃぁ、まぁ、お互い様だわな。
日本の生命線だった満州、北支で、自分たちが何をやったのか
胸に手を当てて考えてみて欲しいわな。


18 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:06:46 ID:DYY81KA+
蒋介石を支援していたアメリカ民主党はソ連のスパイに籠絡されていた。

19 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:07:33 ID:osdygfBM
つか、単なる負け惜しみ。
のうのうとしていてイギリスとかに自国を蝕まれているなんて無能がやる事だ。

20 :呆観者Le ◆BnNJsMYZJo :2006/04/02(日) 12:10:15 ID:kezoedSH
あれだな、満州のほかに華北をよこせといった・・
その後怒ったっつー
(古い文献に書いてあった気が・・・ソース忘れた)
そりゃ怒るだろうけどねー
あまり両国の検証が進んでない気がする


21 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:10:47 ID:caOrTA09
「台湾の声」日本人を感激させた蒋介石発言「以徳報怨」の背景
ttp://www.emaga.com/bn/?2006030037749313009948.3407

>  先日の本誌で「未だに蒋介石が日本を救ってくれたという『蒋介石神話』を信じている
> 日本人がいるが、これこそ目覚めて欲しいものだ」と書き、宗像隆幸氏の「蒋介石神話の
> 創造−蒋介石の聖人伝説ほど矛盾に満ちた話はない」を掲載したところ、青森日台交流会
> の江坂さんから「これまで『以徳報怨』を感謝の気持ちで聞いていました。テロの恐怖か
> ら抜け出すということは大変なことと思います。我々日本人も、アメリカの占領政策やソ
> 連の日本人捕虜問題について何も言えないですからね」というお便りをいただいた。

>  日本ではまだまだ「以徳報怨」の蒋介石神話が生きている。この神話が崩壊しない限り、
> 日本人の台湾認識はけっして深まらない。

22 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:10:53 ID:IFmahJ1x
【パロアルト(米カリフォルニア州)1日共同】
ソース:北海道新聞

なにこの最悪コンボ

23 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:11:25 ID:mhkdZKDU
日中戦争をどちらがしたがっていたのかよく分かるな

24 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:12:24 ID:KO28BZNR
>>1
大陸権益を守ろうとした満鉄や財界に引きずられて、
大陸に深入りしてこのざまだ。

現在の日本の財界とダブらないか?

25 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:21:09 ID:HPLv1qWb
激しく怒ったついでに関東軍を殲滅してほしかった
選り抜きの基地外を全員奉天に集めてあったんだから
簡単にやれたはずだ
惜しいことをした

26 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:24:04 ID:j0JJZWWE
弱い犬ほどよく吠える

27 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:24:22 ID:l6tdUK7+
アメリカは何60年前のこと調べてんだ!てめーらだって60年前に原爆2つも落としたじゃねーか!
日本は柳条湖事件で何十万人もころしてないぞ。

28 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:24:25 ID:oPjTElQY
要は、国民党を含め、当時のシナには国民を代表すると言える統治機構が
存在しなかったと書いてることはスルーですか、そうですか。

29 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:25:08 ID:3Z4hQRKj
現在のいわれの無い中国の我が国国民に対する誹謗中傷は武力でやられるよりも
許しがたい心の暴力である。
いつか絶対に死にたくなるほど後悔させてやる。

30 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:26:41 ID:Z5rkz3C9
蒋介石がどれほど汚いやつかちゃんと書いてから記事にしろやwww
蒋介石が怒ってるからどうなんだ??ww

31 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:33:02 ID:8RZeu/lq
>>1
自分の所のヘッポコ経済を気にしなさい

32 :チーム六韜:2006/04/02(日) 12:41:45 ID:bm4BBtxI
>>24
旧陸軍と外務省もダブっているような気がする。

33 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:42:58 ID:eB7OQNba
そりゃそうだろ。日本が嫌いじゃなきゃ、あれだけ汚い手を使って
散々日本軍を挑発したりしないだろうしな。

34 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:45:25 ID:KO28BZNR
>>32
中曽根の東アジア共同体などはまさに、「旧軍の尻尾」

35 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:46:00 ID:FPAzQ2KE
北海道新聞だからなーww

アメリカのチャンコロの寝言だろうw

36 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:49:54 ID:wHg2aC/h
日本と台湾も、いつかはぶつかる日が来る!

37 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:49:58 ID:/quN2Vub
>>1
北海道新聞とか河北新報(華北信奉)なんかはさあ、
毎日毎日、なんちゅうか、本中華、小日本キモプしてないと、
射精もできない、おなかにガス貯まる、膝に水たまる、
夢にジェイソンが出てくるような奴が多そうだからなあ。
 あんまし持ち上げなくていいよ、勘違いするから。

38 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:50:01 ID:W2Hk6arM
帝国日本軍が文明国の軍隊だったのと違い、支那にはまともな軍隊などと呼べるような
組織はなかった。ただ、山賊や武装強盗団に毛が生えたようなチンピラ集団があっただけ。

39 :極東不敗α@在日52世 ◆CAZai52np2 :2006/04/02(日) 12:50:38 ID:6i3jkNvQ
はいはい・・・だからナニ('A`)?だな、この記事は。。

 敵対中に敵対相手に対して怒りを持たぬ者は居るまいてw

 それどころか表面上敵対していない場合でも、たとえば掲示板などでは、利害対立国への
激しい怒りに満ち満ちているじゃん、今だってww


40 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:50:54 ID:Int32TbU
>>1
柳条湖事件=中国軍が起こした爆弾テロ(もしくは中共が漁夫の利を狙って国民党軍を陥れるために仕掛けたテロ)
=どっちにしても中国軍の先制攻撃とみなされる。

41 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:52:29 ID:1ijFQ/HB
典型的なプロパガンダ記事だな。
まあ、戦後処理の時には、蒋介石は日本に恩を売った形になるし
その後の国共内戦で、大陸を追われたのは自業自得だし。

42 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:53:36 ID:g/kFWU2t
つまり現時点の中国の正史(中国共産党史観)では
Show介石さんは
柳条湖事件の第一報を聞いて「やったぜ!日帝GJ!」といったと
されているわけですね。

43 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:54:00 ID:iL9zYtXo
便衣してごめんなさい。
と、中国人が申しております。

44 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:55:35 ID:MCCUNQOJ
ソース:北海道新聞

45 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 12:56:22 ID:u0FYgxJN
これ何?

だから何を言いたいんだという感じの記事だ

46 :笑韓バカ一代 ◆A/8x06GJ0E :2006/04/02(日) 12:56:21 ID:4/okzn5w
だから何・・・?
北海道新聞は何が言いたいんだ?

47 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/04/02(日) 12:58:16 ID:AqeMIX/H
ウマシカ新聞なので気にしないでください。
こいつらは、、、
だめだ、、

48 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:00:22 ID:APKdFPsl
中国スパイ:ドイツ国内で活動活発化、監視を強化


http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060402k0000e050005000c.html

49 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:01:23 ID:W2iCiB78
>>210
朝鮮の状況もあれの直前に酷使してるらしいから下手すると有り得るかもね
そしたら背後から熊の襲撃かw

50 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:01:36 ID:E70vUH2P
敗戦後、内地から引き上げる日本軍を
匪賊、馬賊(人民軍)の襲撃から守るために
列車や駅で 蒋介石(国民党軍)が護衛してくれたと
聞いたことがあるのですが、本当でしょうか?
蒋介石自身、日本の教育を受けて、日本の国状態を理解していたからこそ
このような処置を取ったのではないかと、私はそんな気がするのです…

51 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:03:22 ID:0xE8E6/1
蒋介石が張作霖の爆殺に個人的にブチキレたことと、
その後の政治問題は全く無関係ですが何か?
つーか、関係あるとしても盧溝橋事件やその後の通州の虐殺、
在中邦人の安全を保障しないなどの、挑発行為は取り消せませんがね。

52 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:04:29 ID:LzI9oi6D
全国紙じゃ以前に報道されてたニダ!蒋介石の未公開の日記が公開された
って事だろ。日本軍と戦ったのは共産党という現政権の嘘をバラシテル
事になるから親中国のマスコミは余り大きく報道してないけどニダ!


53 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:04:31 ID:oTdNms5k
dakaranani?

54 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:08:10 ID:Int32TbU
中共に陥れられた可能性があるとはいえ日米和平交渉妥協案を潰しアメを戦争に巻き込んだ蒋介石は許せん。

55 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:17:02 ID:CosGh3yG
弱体化した中国から資源を簒奪するために侵略戦争を仕掛けた日本が
怒りをかうのは当然のこと。日中戦争が泥沼化しアメリカの干渉を
招いて滅亡の道を歩んだのは天罰とさえいえる。

56 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:22:24 ID:1miz9kfA
まあ日本は日本で、いつまでも搾取側から抜け出そうとせず、
かつ実質的には更なる搾取側である西欧諸国に搾取され、
民衆と西欧諸国との間の中間搾取層として民衆を苦しめる事で、
東アジアを脆弱化させまくる中国に我慢ならなかったわけだが。

57 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:24:28 ID:XilylJ46
国民党は今の中共と戦うわけだが、その頃の記述はどうなってるんだ?


58 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:25:58 ID:hPN8IJrQ
日本はダメでイギリスフランスアメリカポルトガルなどの侵略は許すのはどういうことか?
儒教の教えですな。

59 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:27:55 ID:FPAzQ2KE
蒋介石の日記も北海道新聞もチラシの裏にでも書いてろw

60 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:28:18 ID:CosGh3yG
>>56
そんな話が大義になるわけないじゃん。中国からすればお節介そのもの。
ようは資源が欲しかったんでしょ。丸見えの下心を隠すために当時の
陸軍とマスコミが用いそうな詭弁を世紀が変わった今も言う馬鹿がいるとは。

61 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:29:09 ID:Int32TbU
>>55
天罰だ?馬鹿言うな。中国がアメを仕掛けた証拠はあがってんだよ。www

ttp://www.nhk.or.jp/sonotoki/2003_12.html#wahei

 日米開戦前夜、日本とアメリカは戦争を回避するため瀬戸際の和平交渉を進めていた。
アメリカが日本の要求を認める形でを交渉が成立するかに見えた時、突然アメリカは態度を豹変。
のちにハル・ノートと呼ばれる強硬案を日本側に提示する。
このハル・ノートの内容に日本政府は絶望、開戦の最終決断を下すことになる。

 一夜にしてアメリカが態度を変えた背景には世界各国の壮絶な外交戦が関わっていた。
今回初めて撮影が許可された中国の指導者・蒋介石の日記には、日米交渉の破綻を
のぞむ中国の凄まじい外交戦の実態が克明に記されていた。

>日米交渉の破綻をのぞむ中国の凄まじい外交戦の実態が克明に記されていた。
>日米交渉の破綻をのぞむ中国の凄まじい外交戦の実態が克明に記されていた。
>日米交渉の破綻をのぞむ中国の凄まじい外交戦の実態が克明に記されていた。

62 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:31:58 ID:D6YRpmyA
蒋介石日記15年分初公開 米スタンフォード大 共同
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060401-00000057-kyodo-int

蒋介石日記を初公開 米の大学 産経
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060401-00000013-san-int


台湾:蒋介石の日記15年分を初公開 米スタンフォード大
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/20060402k0000m030046000c.html

9月18日の柳条湖事件について、翌19日の日記では「広東の反逆が起きている時に
日本軍は東北部を侵略した。内乱は止まらず、国民に愛国心はなく、社会は組織化されず、
政府は健全ではない。このような状況が続けば、さらなる災いが舞い込むだろう」と
強い危機感を吐露している。

 翌20日も「(中国国内が)団結できなければ、この災いを幸福に変えることはできない
だろう」と記し、さらに「臥薪嘗胆し、恥を忍んで重責を担うことが今、わたしにできることである」と
決意を明確にしている。(米カリフォルニア州パロアルト共同)
毎日新聞 2006年4月1日 19時32分


63 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:32:01 ID:FalhoHyP
>>55

中国が弱体化したそもそもの原因を言ってみろw

64 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:33:21 ID:CosGh3yG
>>58
派遣のOLに向かって「社長にも部長にも抱かれてんだろ。俺にも一発
やらせろよ」と言っているのと同じ。日本は恥を忘れた。

65 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:34:03 ID:higmy9RR
>>40
それ盧溝橋事件のほうじゃないの?張作霖爆殺は最近ソ連の仕業って説もあるみたいだけど

66 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:35:09 ID:CosGh3yG
>>61
味方を増やそうとするのは中国からすれば当然の戦略としか
言いようが無いけどw

67 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:35:48 ID:839HBnQ4
>>61
おもしろそう、見てみたあい

68 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:36:15 ID:Int32TbU
>>66
それを天罰と言い換えるおこがましさがありえないと言ってるわけだが。w

69 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:38:50 ID:RqhNsaeM
また北海道か。

70 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:40:27 ID:CosGh3yG
>>68
自分で言っててこんなことを言うのは何だけど、天罰かどうかがそんなに重要か?
天罰でも米罰でも中罰でも日本が馬鹿であることには何ら変わりないと思うけど。

71 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:41:35 ID:Int32TbU
>>65
ごめん、そうだ。>中共陰謀の可能性

>>67
見たらむかつくぞ。w
日本の和平交渉妥協案「乙案」が通っていれば最低でも3ヶ月間、双方で
戦争完全回避のために交渉する時間を持つことができたし、ほぼ通る直前まで行ったんだよ。
日本は戦争拡大回避のために最後までがんがったんだ。

それをぶっつぶしたのが蒋介石とチャーチル。

ttp://homepage1.nifty.com/sagi/sonotoki.html

12/3 その時、歴史が動いた「日米開戦を回避せよ〜新資料が明かす最後の和平交渉」

この番組によると、日本とドイツの両面で戦争を開始するには最低でも3ヶ月の準備は
必要であると考えていたルーズベルト大統領が、対日交渉責任者のハル国務長官に、
妥協案を提出して時間を稼ぐように指示していたのだという。その用意されていた妥協案が
日本の乙案とほぼ同じものだった(ただし3ヶ月という期限を切ったものだが)ということである。
しかしなぜこれが提出されなかったのか。

 ここには外交の駆け引きがあったのだという。まずこのアメリカの妥協案の内容を知った
中国の蒋介石が、イギリスのチャーチルにまで働きかけて、アメリカが妥協案を提出しないように
圧力をかけたこと。
また交渉の直前に、日本が南方に大規模な兵員を輸送しているとの情報がルーズベルトに入り、
日本の背信行為だと彼が激怒したことなどがあるという(結果としてこの情報は誇張されたものだった
とのことだが、そもそもその誇張自体に何らかの意志の介在を感じる)。

72 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:42:10 ID:knNv9mAP
植民地を多く持つかとが当時の国力。
どの大国も多くの植民地を持つことに努めていた。
日本だけの話しではない。
しかも、日本は地政学から、国防の意味もあった。
ただ、進出が100年遅かったから、
うまくいかなかっただけの話し。

73 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:42:32 ID:LzI9oi6D
何の戦略も無しにダラダラと中国に進出したアホ軍部と制御
出来なかった無能政治家だからな!

74 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:43:32 ID:Int32TbU
>>70
重要かどうかじゃなく>>56が事実に照らして不適当な言葉を使ってるって話。

75 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:44:02 ID:catnwG2Z
満州は歴史的に漢民族の土地じゃないのに。蒋介石も所詮欲深い中国人だということだな。
そもそも中華民国がモンゴルや満州など清帝国の版図を自国領土と考えなければ、
今日の中国大陸における民族問題は起きなかった。

76 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:44:37 ID:CosGh3yG
>>74
>>60

77 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:48:19 ID:Int32TbU
>>74>>56>>55の間違いだ。すまん。

78 :どさんこ:2006/04/02(日) 13:49:24 ID:EpohEbLC
申し訳ない(´・ω・`)

79 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:50:04 ID:98fBysci
そもそも当時中国という単一国家は存在していなかったがな。
当時この地を治めていた(日本の支持・支援によって父親張作霖が作った地盤だが)張学良は
柳条湖の前に国民党軍に合流していたが、軍は国民党軍に忠誠を誓ったわけではなく、
あくまで張学良の「私軍」という立場。

しかも、柳条湖以降の張学良についた名が「不抵抗将軍」(w

80 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 13:53:46 ID:/W15/UUX
南京虐殺の首謀者ってコイツだっけ?
 

81 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 14:06:44 ID:qZMunEkN
sage

82 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 15:01:42 ID:bRJhYwzM
何にしても米国がアジアの権益を欲しかったが全て、中国もロシアも日本も
米国に踊らされたのだよ。

83 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 15:02:01 ID:bCEBMYob
「泥酔議員!海外視察の乱行と乱費」

http://music5.2ch.net/test/read.cgi/musicjg/1143371153/

↑「HAGE乙」と書き込むんだ。絶対、幸せになれるぞ。

84 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 15:28:25 ID:lR4EEQpF
「マオ」(ユン・チアン)を鬱になりかけながらようやく読み終えた。

蒋介石(国民党)って軍の体をなしていない共産党を
ほぼ撲滅寸前まで追いつめてるんだよな。
日本軍の介入さえなければ中共よりはほんのちょっとだけ
ましな政権が大陸統一して冷戦もぐっと楽だったのに。
我々の先祖も空気読めねえなあ、と思った

85 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 16:03:40 ID:UG5qEOE0

…と、たしかに戦時中は日本に対する憤怒を滾らせていた蒋介石でしたが、
戦後は『以徳報怨』を唱えて、日本に対する恨みをチャラにしてくれてます。

   ( ´;ω;) (`∧´ )< 以徳報怨 である!

さすが、器が大きいですね。

そんな蒋介石が、最後まで争ったのが中国共産党。
彼らは今、『愛国無罪』を唱えて、好き勝手に暴れ回り、
蒋介石にとって最期の砦となった台湾の制圧を目論んでいます。

   (#´・ω・) (`ハ´ )< 愛国無罪 アル!フォフォフォ

日本人が蒋介石への恩を返すためには、何をすべきなのか。
皆さんには、わかりますね?

86 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 16:05:19 ID:y3wqsPIV
>>84
ソ連が暗躍していたから、一概には言えない。

87 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 16:09:12 ID:cK495ZpL
蒋介石とうまく妥協しておけば泥沼の日中戦争を避けられたかもしれないうえに
中共が中国を支配できなかった可能性もある。
この蒋介石の怒りは妥当だし関東軍は愚かだよ。
中華民国のままなら、日本も中国も台湾も幸せだったかもしれんのに。

88 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 16:13:47 ID:XilylJ46
あのー支那での中国共産党政権成立は戦後でしょ。


89 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 16:15:39 ID:higmy9RR
日本が中国支配してたほうが幸せだったと思うよ。いやマジで。実際は汪さんが国を作るわけだけど

90 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 16:16:49 ID:qCAJMTn0
石原莞爾構想では
関東軍が蒋介石と手を組んで、ソビエト侵攻だったらしいな。

実現してたら世界はどうなっていたか。
石頭の関東軍…

91 :グリーン中山:2006/04/02(日) 16:41:20 ID:TXYSXcB4
「最近の台湾の教科書について」

南京の記述

戦争責任の問題や
歴史認識等で中国などと問題になる事がらで、
日本では、南京虐殺について、虐殺数や事件そのもの有無について
盛んに論じられていますが、
最近の、主な台湾の教科書でも、概ね30万人です。
(人数の書いてない教科書でも虐殺自体は否定していないようです。)

ちなみに台湾でも、現在は検定制になっています。
(認識台湾は、社会科の中に組込まれてなくなったようです。)

以下のHPに高級中學(学)や國中(9年一貫の7,8,9學年)の検定教科書の
内容を紹介しています。
(翻訳は大体ですので原文画像もご参考ください。)

 http://www2.ezbbs.net/36/underbranch/
  交流掲示板    2月18日


92 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 16:42:26 ID:pbgPzYd8
ぷっ。
どーでもいいから上下朝鮮と中国、おまえら、死ね。

93 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 16:44:39 ID:QFXjl8ok
当時の帝国陸軍はアカだったからなぁ。
ドイツよりもソビエトに心酔していた。

満州国を作った岸信介が「5ヵ年計画」をやったのも
まさしくミニ・スターリンだし。
 そんな【天皇の敵】を満州国ごと滅ぼしたのが太平洋戦争なのよ。
いわば、日本の大陸国家派vs海洋国家派の内輪もめ。


94 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 16:49:04 ID:8Zoq4ShK
>>93
今もやってるな。
大陸派対海洋派。


95 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 17:03:03 ID:3kSuHcIz
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  南京事件の時の日記まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .佐賀みかん.  |/


96 :柳条湖事件?:2006/04/02(日) 17:09:57 ID:vALIGEI9
柳条溝事件ではないの。1931年に起きた事件で、日本が仕組んだと言われて
いるが、最近はしソ連が仕組んだという話も出ている。
満州事変は日本が起こしたのは確かだが、これは日露戦争日本が得た権益を
張学良が侵害したためこれを排除するために起こしたもの。更にソ連に対す
る防衛体制を築くた満州国を作ったのだ。確かにこの国自体は傀儡政権だっ
たが、満州人のための満州国を作ろうとしていたのは事実だ。現在の中国東
北地方は中国本来の領土ではなく、満州人の本土なのだ。清国は満州人の建
てた国で、当時中国の領土は全て満州人に占領されていたのだ。中国の本土
から満州人は追い出されたが、本土である満州に自分達の国を築く権利はあ
ったのだ。勿論、これは日本の国益に合致したから日本は事変を起こしたの
だ。日露戦争の前には満州はロシアの領土と化していたのだ。当時の清国は
これに対して戦うことはなかった。現時点で考えれば、日本人の血で中国に
満州を返してったようなものなのだ。

97 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 17:28:30 ID:aPl3ohiB
そもそも清というのは満州族が漢民族を支配し植民地下に置いた国だよな。
漢民族は人口比で90%も占めていたのに少数民族に易々と支配されてワロス。

98 :こんな男:2006/04/02(日) 17:59:49 ID:2I9qlKKm
終戦後の上海軍事法廷で国民党は日本の1個師団(ただし特設で3けたの
数字がつく)の士官全員の死刑を宣告、執行している。熊本編成と記憶
しているが。世の中甘くはありません。

99 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 18:25:36 ID:iCmiUQ2w
珊瑚礁事件に見えた

100 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 18:43:10 ID:gnij/YF7
ルラギッタ

101 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 19:12:19 ID:0jFnedPN
米大統領、ワシントン市内で演説  中国の自由抑圧を批判 日本の平和貢献を称賛【2006/03/31】

その後の質疑応答では、中国の民主主義不在に言及し、「近く訪米する胡錦濤主席に
自由な社会を恐れないように告げるつもりだ」と述べた。
さらに毛沢東主席の一生を描いた「マオ」という本を今、読んでいることを明らかにし、
「全世界がいかに(毛主席について)だまされ、中国がいかに残虐だったかを痛感した」と語った。

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1143814763/l50

102 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 19:31:03 ID:fGubWmhz
>>41
>蒋介石は日本に恩を売った形になるし
これもう止めにしね?ほんと形にもなってないし「日本人」を何万人も殺されてる。
「以徳報恩」って何であんなに広まったかね…

>>50
何その隠れアジここw

>>84
そっから復活したのは国民党が民心を掴めなかったからで、結局無理くさす。

103 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 19:53:47 ID:Er87iMyc
どっちにしても満洲はロシア、山東半島はドイツが支配していたのを日本が追い出したのだから、もともと文句をいう筋合いはないはず。金持ちの嫁をもらって欲ボケしたのかな?

104 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 20:01:31 ID:aPl3ohiB
馬国民党は大陸に復帰すべく中共に早く宣戦布告すればいいのに

105 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 20:22:39 ID:DYY81KA+
こいつどさくさに紛れて九州を分捕ろうとしたっていうじゃないか。

106 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/02(日) 20:24:11 ID:i7mdXbZO
1931年に日本軍に激しい怒りを覚えたという蒋介石が、36年に
「日本と戦え」と諫言した張学良をその後半世紀以上も幽閉しつづけた
のはなぜ? 八つ当たり? 

107 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/03(月) 00:31:48 ID:sjtB1mUT
蒋介石は満州国は「黙認」の方向だった。
ところが関東軍が南京まで陥落させちゃって、
黙認じゃなく「正式に承認」せよってことになる。
蒋介石は一方で日本軍と戦いながら
背後に共産軍との戦いもかかえていた。
日本軍がそのへんの事情を理解して
さっさと停戦しておけば、共産革命は成功しなかったかもしれんし
日本軍も無駄に戦線を拡大せずにすんだ。
やっぱり関東軍は大バカだよ。

108 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/03(月) 03:58:00 ID:+ZiEtNwo
★張作霖爆殺事件について
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1133178167/

これは、衝撃的な内容である。最近出版された、ユン・チアン&ジョン・ハリディ=著、
『マオ 誰も知らなかった毛沢東(上)』、土屋京子=訳、
講談社、2005年の301pから引用しよう。

「★張作霖爆殺は一般的には日本軍が実行したとされているが、
ソ連情報機関の資料から最近明らかになったところによると、
実際にはスターリンの命令にもとづいてナウム・エイティンゴン
(のちにトロツキー暗殺に関与した人物)が計画し、日本軍の
仕業に見せかけたものだという」。

109 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/03(月) 04:02:56 ID:6L49pVVP
アメリカはWW2の戦後処理を失敗したおかげで21世紀にツケを払わされるだろうな。

110 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/03(月) 04:07:22 ID:UjFx9vZS
都合の良いところしか書いてないけど、群雄割拠で混乱してて中華民国ダメポって書いてるんだよね。
柳条湖事件も条約で得た利権に混乱のなか、ちょっかいだしたバカがいたから起きたんだけどね


111 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/03(月) 04:07:37 ID:45v+qEKp
これだけの内容なら単なるプロパガンダでしかないね。物事を研究する学者なら、
当然他の事例と比較検討しているはず。たとえば中国共産党・八路軍に対する怒りと
こうこうこういう理由で、どちらの怒りの度合いがどのくらい大きかったとか。常識ある
人間なら定性的な文言じゃなく、ちゃんと比較できる定量的表現をするもんだよ。

112 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/03(月) 04:12:44 ID:LRF3lpug
中国政府が望む日本人への罪悪感刷り込みに関しても最近は中央での活動は止めて
徹底して地方で展開してるね。そもそも保守系ジャーナリズムでもそこまでは手が回らないし。
可能なのは公安辺りが裏から援護射撃する位かな。

113 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/03(月) 04:14:30 ID:mEJ1BzVU
>>40
柳条湖事件は、日本軍が満鉄の線路爆破して、国民党の爆破工作だということにした
自作自演事件じゃなかったっけ。

それを口実に関東軍がばんばん都市占領した。

114 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/03(月) 04:15:17 ID:mEJ1BzVU
>>50
全部嘘。

115 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/03(月) 10:24:35 ID:mg4Jck7G
実際,中国で日本軍と戦ったのは蒋介石率いる国民党軍のみ。
戦ったって言っても敗走につぐ敗走だったわけで。

116 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/03(月) 10:50:42 ID:lsQarwbL
いずれにせよ政治家の日記というのは、後世他人に読まれることを予想して
書くものだから、「激しい怒り」というのがジェスチャーの可能性もある。

117 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/03(月) 11:01:23 ID:bVqVuEYs
>>113
×国民党
○張学良


118 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/03(月) 11:03:25 ID:Uh71xKmn
日本人は反省しろwwww

119 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/03(月) 11:13:14 ID:iPVMleyu
中国人を皆頃氏にできなくて世界に迷惑かけてごめんね(´・ω・`)

120 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/04/03(月) 17:49:31 ID:04sx01CK
日本が占領した中国の領土は現地政府に返還していた。中国にある欧米列強の権益は汪兆銘政府に返還していた。

中華民国が戦争に勝利した後蒋介石がやったのは米英の失った中国利権を米英に返すこと。
国共内戦に勝利した毛沢東がやったのは自国民数千万人の大粛清、対外侵略。

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)