5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【満州】 「ラストエンペラー」溥儀の自伝、完全版が刊行へ [12/17]

1 :死にかけ自営業φ ★:2006/12/17(日) 11:50:49 ID:???
映画「ラストエンペラー」で知られる中国清朝の最後の皇帝、愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)の自伝
「我的前半生(わが半生)」が、大幅に加筆した完全版として来年1月に出版されることになった。
極東国際軍事裁判(東京裁判)での自らの偽証を明確に謝罪し、
日本軍と満州国との連絡役を務めた関東軍将校の吉岡安直に罪をなすりつけたと後に反省したことなど、
これまでの1964年版では削除・修正されていた部分が盛り込まれ、自己批判色の強い内容となっている。

溥儀は遼寧省撫順にある戦犯管理所に収容中の57年から自らの罪を語る形で
「わが罪悪の半生」の執筆を開始。
「わが半生」はこれをもとに、中国当局や専門家が内容を削除・修正し、64年に出版された。
すでに187万部近くに上り、日本語訳も出ている。
今回出版されるのは、当時削除された16万字近い内容を加えるなどしたものだ。

東京裁判では、溥儀が日本の傀儡(かいらい)政権「満州国」の執政に就任したことについて、
日本人戦犯の弁護側が「自発的だったのではないか」と主張し、
その証拠として溥儀が南次郎陸相(当時)にあてた「宣統帝親書」を示した。
裁判に証人として出廷した溥儀はこれを「偽造だ」と否定した。

完全版では、うそをついたために日本の行為の徹底的な解明を妨げたと認めて
「私の心は今、彼(キーナン検事)に対するおわびの気持ちでいっぱいだ」と明確に謝罪している。
64年版では「証言を思い出すと非常に遺憾」となっていた。

また45年のソ連軍進攻の際、日本軍への支援を満州国閣僚らに命じたことについて
「すべてを関東軍と吉岡のせいであるかのようにしたが、事実はすべて私が自発的に行ったことだった。
法令でも命令でも私が自発的にやらなければ、考えられないものだ」と告白している。
中国政府による戦後の尋問でも、当初は、「(中国)政府をだました」という。

64年版でも満州国「皇室御用掛」だった吉岡への責任転嫁について触れていたが、
完全版は命令に対する自らの関与を直接認め、強く反省する形になっている。

中国紙の報道によると、出版元である北京の群衆出版社は資料整理をしていた04年、
64年版の削除・修正前の原稿を発見。
「(削除や修正は)過去の様々な理由によるものだが、今、その内容は溥儀の真実の生活を理解し、
歴史を認識するうえで研究価値が高い」と判断し、出版に踏み切ったとしている。

     ◇

〈愛新覚羅溥儀〉 1908年に2歳で清朝第12代の最後の皇帝「宣統帝」として即位したが、
辛亥革命により12年に退位。31年の満州事変勃発(ぼっぱつ)を受け、32年に建国を宣言した
「満州国」の執政に。34年には同国の皇帝になる。
日本の敗戦とともに満州国は崩壊し、旧ソ連軍によって抑留された。
46年には東京裁判に出廷。50年、中国の撫順戦犯管理所に移送され、59年に特赦で釈放された。67年、病没。

ソース 朝日新聞
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200612160326.html

2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 11:51:11 ID:KkfSpSO5
>>2なら>>10がカレーおごる

3 :呪)・) ◆lWYtn5MZ2k :2006/12/17(日) 11:51:35 ID:eHKlfER9

呪)・)ノ ? ほわい? なぜアカピーが? 狂った?

4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 11:52:12 ID:kGlxA9ov
>>5なら>>10がラーメンおごる

5 :猫の手猫の目 ◆YI1RHxNFik :2006/12/17(日) 11:54:28 ID:2Bi974JG
どの程度本当のことを言っているのかねえ?

6 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 11:57:26 ID:bUu/MQnH
捏造が多いらしいぜ

7 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 11:59:15 ID:STks7W8r
とりあえず完全版が出るのは良いことだ。

そういや、ジョンストンの『紫禁城の黄昏』って本があるんだけど、岩波文庫版
では、かなり削除されてるんだよね。
去年の春に、祥伝社から完訳版が出たけど。

8 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:06:52 ID:clIsSBSk

つまり、満州国は満州族の土地に満州族の長が望んで建国された国だって事だな。


9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:11:58 ID:z4yUY07l
これはけっこうでかいニュースですよ。

10 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:13:31 ID:DX0Tyqyl
スレタイが一瞬「ライブベアラー」に見えた。

11 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:14:29 ID:1xgwnHoz
この自叙伝の内容も信用できるものかどうか分からんよ。「ラスト・エンペラー」の中で
溥儀が自暴自棄になった時、「君は自分がやったことだけに責任を負えばよい!」と
怒られてるシーンあったけど、あまり自虐的な内容だったら却って疑わしいとも思うけど。
支那政府のお墨付きで出版されるのなら、支那にとって都合のいいことばかり書いてありそう。

12 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:16:27 ID:STks7W8r
>>11
まぁ、そうだよね。

今でも、中国政府にとって都合の悪いことが書いてある本は、発禁になるんだ
もんね。

13 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:17:05 ID:zEL4N+YZ

溥儀は日本が担ぎ出した傀儡ではなかった。ということだったんだね。

日本は満州族復興に協力した。漢族はその国を侵略し,国を奪い取り,
中国の一部にした。
歴史は大きく変わった。

14 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:18:11 ID:BkjELpDL
最後にチキンラーメンが食べたいとw

15 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:19:05 ID:PgLRi115
溥儀の姪が日本にいるんだが、印税は貰えるのかな?

16 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:19:07 ID:rOv0fXH0
まあ細かいところはともかくとして日本が全体に責任があることには変わりないわけで。

17 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:19:29 ID:pVHE1eTq
内容見てみないと解らないが、記事から読みとれる通りだとすると、満州の実像(言われてるほど傀儡でもない)を伝える貴重な証拠になりそう。


あ、あと中国がどんだけ捏造しまくって日本を陥れてきたかの証拠にもなるなw

18 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:22:02 ID:zEL4N+YZ

映画「ラスト エンペラー」は作り直さないといけないね。


19 :B-7C“高高度レス誤爆撃機” ◆gobakucraQ :2006/12/17(日) 12:22:07 ID:548dsoFi
テレビ局は総スルーの悪寒!!!


ってこれ完全版ってことは他の版もあるってこと?


20 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:22:53 ID:lLNNnNqg
紫禁城の黄昏は
溥儀の英国人家庭教師の著書だが
そこでは溥儀自身が関東軍に
満州国建国を頼んだtって書いてるもんね。

岩波はその部分を削除したが。



21 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:22:55 ID:hnnxmoeh
>>2
ゴチ

22 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:24:17 ID:hnnxmoeh
満州が残っていたらどんな風になっていただろうか

23 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:24:33 ID:STks7W8r
傀儡政権をつくるなんて事は、今でもアメリカや中国がやってる事だと思うんだが。

24 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:24:40 ID:zEL4N+YZ
>>19
現行版
「我が半生」(筑摩書房)があるよ。俺持ってる。

完全版の書名が「我が反省」だといいのにね。

25 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:24:49 ID:YxtTnx+x
中国が認可して、アサヒが宣伝しているななら、内容は…

26 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:25:28 ID:q2epRQrH
日本が負けたから悪いんだが、どいつもこいつも自分可愛さに日本を貶めたばかり
それが戦後体勢のすべてなんだな。

27 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:25:47 ID:LKTz3XwS
韓国版ラストエンペラーは改めて作ります。


28 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:26:50 ID:idLuDO2W
中国が出版。 朝日が宣伝。


削除したところを捏造したのかな?w



29 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:27:22 ID:nhh6C3wd
>>25
過剰な期待はできないな

30 ::2006/12/17(日) 12:27:49 ID:4FTN97rS
出版社が北京の会社ですか。
さて、一抹の不安が。

31 :B-7C“高高度レス誤爆撃機” ◆gobakucraQ :2006/12/17(日) 12:27:56 ID:548dsoFi
>>24
dクス

>>23
つーか今まで傀儡政権を作らなかった強国はないでしょ。
日本だって古代朝鮮半島に作った(自治領?加那ね。)し、
米・英・普・仏だってそう・・・。

32 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:29:36 ID:sHINHKNM
うちのばあちゃんが満州時代に溥儀の弟の家に女中に行った事があるらしいんだが
立派なお屋敷で日本軍のお偉いさん達は毎日中国麻雀して遊んでたらしい。実話。

33 :B-7C“高高度レス誤爆撃機” ◆gobakucraQ :2006/12/17(日) 12:32:48 ID:548dsoFi
>>27
ラスト・マジカル・プレジデント


で一つ。

34 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:36:52 ID:q44U0aSu
左翼が編集して歴史を作ってきた時代が、終わろうとしている
朝日は、まだニュースを編集しているが。

35 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:38:20 ID:hnnxmoeh
>>25
ドラマ化を考えていたりして

36 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:38:43 ID:vrJyDy3t
>完全版では、うそをついたために日本の行為の徹底的な解明を妨げたと認めて
>「私の心は今、彼(キーナン検事)に対するおわびの気持ちでいっぱいだ」と明確に謝罪している。

うえ、気持ちわりい
この本からしてこういう論調なのか朝日だからこうなのか

37 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:40:38 ID:soalqPjZ
中国と朝日が絡んでるんだから、まともなもののわけがない。

38 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:40:45 ID:q44U0aSu
満州国は、蒋介石・孫文にとっても、日本にとっても、清朝にとっても都合が良い存在だったんだよね
中国と朝鮮半島を巡る3者の共同謀議としての建国と言うのが正しい
その後、力関係が変化し、日本が蒋介石の挑発にのって上海に引き釣り出され、南京に暴走し、ついに国際世論を敵にまわし、米国と戦う

39 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:43:14 ID:nihVfvZl
ラストエンペラー2

40 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:47:26 ID:FqzEZw1N
溥儀の弟は日本にいたとき(留学?)に恋人と心中未遂を起こしているな
公にはされなかったが
恋愛もして心中未遂も起こしてるって事はかなり自由に暮らしてたんだな

41 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 12:57:24 ID:gTFEC7bx
>完全版では、うそをついたために日本の行為の徹底的な解明を妨げたと認めて
>「私の心は今、彼(キーナン検事)に対するおわびの気持ちでいっぱいだ」と明確に謝罪している。

”完全版では、〜と認めて”の部分は、この記事を書いた人間の注釈なのだろうか。

出版されたら、是非とも読んでみたい。


42 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:04:27 ID:+ffc4Wos
こいつがなぁ、もう少し骨のある奴だったらなぁ。

つうか、自分の保身のだけで日本を裏切り清王朝・民族を売った超ヘタレ。

今更何言ってんだ?

と思いつつ、興味はある。



43 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:08:16 ID:HSvEcANF
溥儀って、満州国の皇帝になる前、日本軍に保護されてる時、
恐怖のストレスと発散する為に、周りの世話をする人を苛めて殺したりしたそうな。

それから、子供の頃、紫禁城では付き人にウンコを食べさせて喜んだりしてたそうだ。


44 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:10:27 ID:WnmH6yqq
ラストエンペラー
ラストサムライ
ラスト両班
の三本立て映画祭を

45 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:10:50 ID:TcaKRWDu
ヒトの皮を被り
ヒトの心を持たない
完全自己中皇帝

皇帝とか主席とかの典型

46 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:11:29 ID:zEL4N+YZ
>>38
ロシアの存在が大きかったね。

>>43
朝鮮人のうんこ好きは,満州人の血が入っているのが影響?

47 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:12:30 ID:STks7W8r
>>43
ソース頂戴。

48 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:13:46 ID:GNta2OW5
どっちにしても中共フィルター通って出てくるものだろ。

49 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:17:34 ID:yS5zagph
そもそも、自伝を書くということ自体が共産党の指示。

ただ、溥儀の書いた一発目(今回出版されるもの)は、
あまりに露骨な自己批判の嵐だったので、
共産主義により人格改造された喜びを主軸に改稿されたのが従来のもの。
まあ、どちらにせよ、信憑性を云々するのは難しいものです。

50 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:18:32 ID:HSvEcANF
>>47

20世紀事件ファイル
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/07166470

ごめんね、書籍だよ。
今、読んでるとこ。


51 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:18:58 ID:b6jGvCOV
ま、中共の都合の良い様に書かされた可能性大ですね。

52 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:21:52 ID:0vzbwQGM
もうすぐチベットのラースト・ダライラマという自伝が出るだろうな。

 北鮮のラースト・偉大なる首領同志も出るだろう。


53 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:23:23 ID:STks7W8r
>>50
ども。

54 ::2006/12/17(日) 13:31:55 ID:4FTN97rS
エンコリ経由ですが。

ttp://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1802060

なるほど。こういうウラですか。

55 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:33:01 ID:rB3L+B0L
朝鮮半島を併合と認めさせて、朝鮮半島が中国の属国だったということを証明させたいのかな。
だから、半島は中国の物。李氏朝鮮は日本に併合されただけだから、日本は北朝鮮に賠償する
ことはない。日本は介入するな。変に北朝鮮を肥やさずに中国の属国にしたいという
意思なのかなぁ。

その上で南京大虐殺とか国内の慰安婦だけを認めさせるということなんだろうか?
中共がこの本の出版の許可を出したのと、朝日が絡んでるので素直に喜べない。
・・・ちゃんと発売されるのだろうか。


56 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:36:07 ID:Mfk6yEcI
この前ナショナルジオグラフィックチャンネルで特集番組やってた。
初夜の再現がひじょーに興味深かった。

57 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:39:53 ID:M2esIIn8
>1の記事書いた古谷記者は、朝日の中でも信用できる記者だよ。
かつて、「朝日の宣伝した“従軍慰安婦”なんてウソだよ〜!」とバラす記事を書いている。

これね↓。
http://web.archive.org/web/20000229150433/http://plaza12.mbn.or.jp/~SatoshiSasaki/doro.html

58 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:40:55 ID:2JwCfRwP
>>38
ちょと違う、南京戦後が軍部は戦争を辞めたがり、
ドイツから早期講和の打診があったのも関わらず、和平を蹴ったのは近衛内閣。

59 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:41:10 ID:IaRVR6O1
これは凄いぞ
で、英語か
英語なら最近の「Mao」の日本に対する記述がいかに出鱈目か(中共の捏造と同じか)もばれる。
ついでに、この溥儀の信頼性の証明として、「紫禁城の黄昏」も英語版を復刻してほしい。

そうすると、東京裁判が根底から覆る。

60 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:46:11 ID:STks7W8r
>>57
へぇ〜。

61 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:48:36 ID:STks7W8r
>>59
> 「紫禁城の黄昏」も英語版を復刻してほしい。

ヘレン・ミアーズの『アメリカの鏡・日本』の原典(英語版)なんかも復刻して
ほしいよな。
日本の出版社で出来ないものかね?

62 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 13:49:49 ID:TA4BR1zF
哀れな皇帝だな。かつて宋の時代、異民族の傀儡になった皇帝がいたが
それと同じだな。しかし溥儀は最後は人間性を取り戻し普通の人生を
おくれたんだから。救いはあるな。

63 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 14:01:49 ID:Ri75Cr+M
>>62
>人間性を取り戻し普通の人生をおくれたんだから

だな。「3年B組金八先生」の教頭先生役は板にはまっていたし。。。

64 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 14:21:50 ID:TMF0pJIg
この本、和訳されるよね?

中国国民にもこの本が新しく、正しく出版されたことを知ってほしいな。
中国人が主催している歴史ブログに書きたいけど、
中国語が読めない。

中国の新聞では、朝日新聞ほど内容が修正されていることをあまり歌っていないみたい。
http://www.china.com.cn/book/txt/2006-12/11/content_7487836.htm




65 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 14:27:46 ID:+ffc4Wos
>>62
>人間性を取り戻し普通の人生をおくれたんだから。救いはあるな。

溥儀の人生は救われたかもしれないけど・・・
でも、満州民族の独立は永遠にないよね。

俺的にはちと疑問。




66 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 14:34:38 ID:q44U0aSu
満州国は、民族構成からいって、あのまま行ったら、どこかで中国人の乗っ取りがあった可能性が高いね
満州人といってもほとんど中国人化していたし、形式的には清朝の再興であったから、国力が回復した時点で、まず日本追い出しに掛かった可能性が高い
もう15年か30年存続して欲しかった気がする
満州国建国15年で順調に行き過ぎて蒋介石が恐怖感をもったのかもしれないね
清朝の再興で中華民国が反革命で押し返されるかもしれないと


67 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 14:38:49 ID:mtQiMX74
油断してはならない。
嘘が巧妙に紛れ込んでいる可能性もある。
情報機関がよく使う手だ


68 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 14:43:29 ID:28F70XFj
プーイーはインポだったのか、性器奇形だったのか。
それが最大の秘密だ。最後の宦官、と言う本に、
「溥儀は生まれつきの体の欠陥があり」などと書かれている。

69 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 14:46:48 ID:4C7ZnttJ
「責任は全部自分が取る」とマッカーサーに向かって言った
昭和天皇陛下とはえらい違いだな。
これが中国人と日本人の差か。

70 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 14:55:14 ID:Cy4cbKx3
>69

先帝陛下を引き合いに出すのはおやめくださいな。

71 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 14:58:00 ID:qY87urzf
なんで中狂が黙認したかが気持ち悪い。

72 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 15:06:40 ID:0ev2FTfV
これより紫禁城の黄昏の完訳版が出た事の方が重要だろ

73 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 15:31:02 ID:Cjrst5HV
東亜+で 【満州】をみれるとは思わなんだ・・・
もし今も満州があったら、漏れはたぶんハルピン住人(w

74 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 15:37:09 ID:yE/Egg/M
不完全版にせよ完全版にせよ中国人のいうことはウソばかりだから信用できんな

75 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 15:41:11 ID:Cjrst5HV
>>72
そう思うでつ。。。

76 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 17:00:07 ID:JLzL6lk0
支那の出版社だったのか

早合点してよろこんでしまた
信じられないね

77 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 17:07:53 ID:lLqt7X30
>>72

あれは朝日的には、日本人に読ませてはならない内容だから。

なにせ満州国が、いかに正当性の有るものだかが丸解りだし。

78 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 17:30:29 ID:caYTjMKf
>>25
中国の都合のいい内容に捏造されるだけ

79 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 17:41:32 ID:tMSmhYL2
>>1の内容だけだと今まで中凶が世界に謳ってきた正当性とやらが覆る気がするんだけど・・・・
良いとこだけピックアップして前宣して実際の内容は・・・・・・って事にならないように願いたいね

80 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 17:44:17 ID:a9yRsQjJ
つうかそれでもなお共産党の検閲かかってるだろ

81 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 17:56:17 ID:92Kh7cpO
悪の権化関東軍の印象を変えるような本を出して、中共の狙いはなんだ?

82 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 18:05:52 ID:MmV8Ia9N
出版社から逮捕者が大量に出るに19000クルザード

83 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 18:15:46 ID:HSvEcANF
溥儀の一生
興味あったら見て下さい。

http://www.blingo.jp/photobbs/img-box/img20061217181050.jpg
http://www.blingo.jp/photobbs/img-box/img20061217181129.jpg
http://www.blingo.jp/photobbs/img-box/img20061217181219.jpg
http://www.blingo.jp/photobbs/img-box/img20061217181252.jpg


84 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 18:20:22 ID:TMF0pJIg
>>83
2番目の写真で人が倒れているのは、
いまの中国でもみかける

この本の表紙の写真があるといいなあ

85 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 18:32:07 ID:HSvEcANF
>>84

20世紀事件ファイル
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/07166470
凶悪な殺人事件や戦争、暗殺など、世界が驚愕した大事件の数々を秘蔵写真で綴る。
「世界が注目した大事件」「世界を震撼させた戦争の目撃者」「世界が涙した衝撃の死」の3部構成。

図書館で借りてるんだけど、結構2ちゃんのネタに使えるのがあるよ。




86 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 18:41:53 ID:clIsSBSk
>>16
それを検証するための資料が発表されたという記事に対する
コメントで検証自体を否定してどうしたいんだ?

87 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 18:43:08 ID:pECsSp/D
ワイルドスワン作者の「マオ」と共に、中国近代史の重要文献となりそうだな

88 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 19:07:16 ID:q44U0aSu
マオは、徹底的に無視されたよね
こういうプロパガンダは中国もやっているんだし、公平ではないよね

89 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 19:20:28 ID:+kqWhlnu
>>77

岩波で翻訳版を出したら、「不適切か箇所」を全部カット。

90 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 19:21:04 ID:STks7W8r
>>83
やっぱり「偏ってるなぁ」って感じだね。

91 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 19:23:21 ID:4Y2x2D/K
この本の出版って凄い事かも?

溥儀は10年間、撫順で中凶の洗脳を受けたというけど、どーなんだろ?
しかもソースが赤日だし・・・・・・・・。  うーん、是非読みたい

92 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 20:54:40 ID:cUnoJ2yO
あまりにも辻褄合わないから
矛盾を減らしただけなような気がする

スレのびねーな('A`)

93 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 20:55:07 ID:P/N7tMpP
内容の真偽はともかく
中共の対日姿勢の転換が影響しているんだろうな
南京事件関連で言う事が変われば決定的なんだが

94 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/17(日) 21:33:49 ID:xzcUds2e
家庭教師ではなく本人の自伝が出るのか
それもノーカットで
だとしたら大きいな

95 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/18(月) 02:10:25 ID:ZP/PqDEJ
数十年後に又、完全版が出そうだが...


96 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/18(月) 04:49:32 ID:wRm3+RH1
中国で出版されてる時点で完全版じゃないだろ。
満州族を強制移住させ満州という地名を封印しことさら東北部と
強調してる共産党にとって都合の悪いこと沢山書かれてそうだし。
都合の悪い部分を削除改竄して無くても
中帰連の連中のように相当思想洗脳された後に書いた自叙伝だとしたら
あまり意味がない。


97 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/18(月) 07:47:24 ID:03MT3eNc
あのチベット人大虐殺の司令官は支那のゴルバチョフにでもなる気かな
崩壊後の露西亜のようにならないためには日本の全面的援助は必須だし

((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

98 :ぷよぷよ☆ななよん ◆bVmfXsKFqw :2006/12/18(月) 07:53:52 ID:OeU6kWvI
>>95
その後
完全版完結編
完全版完結編完璧版
完全版完結編完璧版60_ドルビーステレオ版
が…。

99 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/18(月) 08:23:57 ID:5sOy9JmS
5年後
完全版最終章
 
10年後
完全版最終章
 ―本当の真実―


100 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/18(月) 09:29:51 ID:OgXH80GS
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc522.html
先日、瀋陽(シェンヤン)を訪ねた。

かつて中国人を屈服させ辮髪(べんぱつ)を強いた満州民族の清が最初に都した街だ。そこで中国人の通訳が「今や満州族はほんの数万に減った。北京の故宮に書かれている満州文字を読める者も十人といない」と笑った。

満州族の激減の理由を聞くと「いや新疆ウイグルには何十万かいる」と。ウイグルは中国の西の端で満州からは3000キロも離れている。しかもそこはイスラムを信仰するソグド系の民の国になる。彼らは中国の支配を好まず、独立を叫んで北京政府と何度も衝突してきた。

そこに3000キロ彼方から満州族が来た。好きで移住したわけではない。ウイグルが決起したとき最初に血祭りに上げられる役割を北京政府が担わせたのか。

101 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/18(月) 09:44:03 ID:NHjkBL1k
>>101ワンちゃん大行進

102 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/18(月) 10:39:56 ID:iV/+Fvzh
真・完全版は、いつでるか?

103 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/18(月) 18:46:18 ID:bdsBSvRm
今、日中もしくは日中韓でアジアの歴史をお互いどう認識するか
話し合いがつづいてなかったっけ?

実は中国が日本の教科書を攻撃したように、外国から改ざんを非難されないよう
合意に至る前に出版をはじめたのでは?

104 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/12/18(月) 18:51:41 ID:TtqRhSZy
ウイグル族征伐に満州族利用とは、さすが漢民族

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)