5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

がんばれ!ザイーフたん&アフガンうぉち18

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 16:47:46 ID:???
タリバン政権の駐パキスタン大使だったザイーフたん!
記者会見を通して世界のお茶の間にデビューして以来
応援してきたスレッドも Part18になりました!

グアンタナモの捕虜生活から戻り、家族と静かに暮らしている
ザイーフたんの平穏な日々を願いつつ…

これからもアフガン情報を追いながら
ザイーフたんと愉快な仲間たちをマターリうぉち&応援していこう〜!


前スレ、ニュース・情報サイト、ザイーフたん近況は >>2-5 あたりへ

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 16:48:31 ID:???
前スレ
part17●がんばれ!ザイーフたん&アフガンうぉち17
 http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1081954241/

過去スレ
*2ch鯖トラブルの消滅などでPart2、6〜8はリストから除きました。
Part16●がんばれ!ザイーフたん&アフガンうぉち16
 http://news10.2ch.net/test/read.cgi/news5/1072683778/
Part15●がんばれ!ザイーフたん&アフガンうぉち15
 http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news5/1066313460/
Part14●がんばれ!ザイーフたん&アフガンうぉち14
 http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news5/1062125036/
Part13●がんばれ!ザイーフたん&アフガンうぉち13
 http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news5/1056773300/
Part12●がんばれ!ザイーフたん&アフガンうぉち12
 http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news5/1051539885/
Part11●がんばれ!ザイーフたん&アフガンうぉち11
 http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news5/1044874273/
Part10●がんばれ!ザイーフたん&アフガンうぉち10
 http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news5/1037758103/
Part9●がんばれ!ザイーフたん&アフガンうぉち9
 http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news5/1031225641/
Part8+●がんばれ!ザイーフたん&アフガンうぉち8+
 http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news5/1025172950/
Part5●がんばれ!ザイーフたん&アフガンうぉち5
 http://news.2ch.net/news5/kako/1011/10112/1011281665.html
Part4●がんばれ!ザイーフたん&アフガンうぉち4
 http://news.2ch.net/news5/kako/1009/10091/1009114957.html
Part3●がんばれ!ザイーフたん&ゆかいなアフガン仲間♪
 http://news.2ch.net/news5/kako/1006/10064/1006494838.html
Part1●がんばれ!駐パキスタン大使 ザイーフたん!
 http://news.2ch.net/news5/kako/1002/10025/1002566163.html

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 16:49:19 ID:???
ニュースサイト
 ●Sabawoon.com 
  http://www.sabawoon.com/default.htm
 ●Jihad Unspun 
  http://www.jihadunspun.net/home.php
 ●Afgha.com
  http://www.afgha.com/index.php
 ●Daily Times
  http://www.dailytimes.com.pk/default.asp
 ●Asia Times Online
  http://www.atimes.com/atimes/Front_Page.html

 ●BBC NEWS South Asia
  http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/south_asia/default.stm
 ●Radio Free Afghanistan
  http://www.azadiradio.org/en/default.asp
 ●Yahoo!news-WorldFullCoverage-Afghanistan
  http://dailynews.yahoo.com/fc/World/Afghanistan/

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 16:49:59 ID:???
情報サイト
 ●密偵犬0-1の Pak & Afghan くんくん日記
  http://www.site-shara.net/traildog/index.html
 ●アフガン情報(100年以上前からの日本でのアフガン関連記事を集めたページ)
  http://homepage3.nifty.com/afghan/
 ●「妖精現実」内「アフガニスタン」のページ
  http://www.faireal.net/world/af/?w
 ●アフガニスタン地図リンク
  http://www.lib.utexas.edu/maps/afghanistan.html#country.html
 ●イスラーム世界がよくわかるQ&A100
  http://www3.aa.tufs.ac.jp/~masato/q_and_a.html
 ●中東調査会
  http://www.meij.or.jp/

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 16:50:58 ID:???
●ザイーフたん近況情報

ザイーフたんは2005年9月12日(第一報は13日)に3年8ヶ月の捕虜生活から
釈放されました。釈放後は元報道官らしく自分の身に起こったことと、
グアンタナモの様子をメディアに語ってくれました。

でも今後の活動については特に話していません。立場上タリバン支持は
明言できないものの、カルザイ側につくとも言いませんでした。
今は静かに家族と暮らしたいということです。

Ex-Taliban envoy released from Guantanamo Bay
http://www.jang.com.pk/thenews/sep2005-daily/13-09-2005/main/main5.htm
Zaeef accuses Pakistan of breaching promises
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=25101
No law followed at Guantanamo Bay prison: Zaeef
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=25115

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/27(月) 02:10:07 ID:???
Taliban militants seize parts of jail   February 27, 2006
http://www.news.com.au/story/0,10117,18285525-23109,00.html
アフガン当局が語ったところでは

・カブール東部のプリ・チャルキ刑務所で囚人に囚人服を着せるという
 新しい規則を導入しようとしたところ、反発した囚人たち--主にタリバン
 とアルカイダのメンバー--が2人の婦人看守を人質に取ったことから
 事件が発生した。警備担当者の話では1,500人の囚人が事件に関わっている。

・事態はコントロールが効かなくなり暴動となった。抑えようとした警察
 との間に衝突が起こり、30人が負傷した。

・関係者の話では、刑務所のひとつもしくはふたつの棟は囚人たちが支配
 する状態になっている。彼らは毛布と敷布団に火をつけ、「捕虜万歳!」
 「アッラーフ・アクバル!」と叫んだ。

・武装した数百人の警官とアフガン軍が刑務所の周りを取り囲み、報道陣が
 近づくのを防いだ。

・NATO平和維持部隊と米軍の話では、アフガン政府関係者と囚人たちの
 話し合い行われているが、散発的な銃撃は続いている。


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/01(水) 16:04:01 ID:???
>>6続報
Afghan prison riot: Taliban, Qaeda captives incited violence
http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=2006%5C03%5C01%5Cstory_1-3-2006_pg4_19
・アフガン警察は28日、>>6の事件で警察と1500人の囚人がにらみ合いとなり
 少なくとも4人が死亡したと言った。

・暴動は25日土曜遅くに始まったが、囚人代表者と当局の交渉で沈静化し、
 月曜遅くにはプリ・チャルキ刑務所の一角に食料と水の供給が復活した。

・警察緊急対応部隊長アミリは、暴動を背後で扇動したのは一部の犯罪囚人と
 連携した100人ほどのアルカイダとタリバンの囚人だと言った。

・暴動は囚人たちが間に合わせの武器で看守を攻撃し、窓とドアを破り
 寝具と備品に火をつけたところから始まった。刑務所の政治犯棟には
 約300人のタリバンとアルカイダの囚人がいるが、彼らと犯罪囚人、
 女性囚人を分ける壁が壊された。

・警察と軍は区画を二日間包囲して、話し合いが決裂すれば建物を強襲すると
 警告した。政府側交渉者は月曜日に囚人側の要求リストを受け取り、
 火曜日に返答する予定だ。

・月曜の話し合いの後、死亡した囚人4人の遺体と20人の負傷者を敷地から
 移送することになった。政府は現在事態は落ち着いて、完全に制御下にあると
 言った。

・交渉に参加したアフガン人権委員会のナデリは200人ほどのタリバン囚人は
 裁判を受けることなく拘留されているので、裁判か釈放を要求していると言った。


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/01(水) 16:04:58 ID:???
60 Taliban surrender in Kandahar
http://www.dawn.com/2006/02/27/top12.htm
アフガンの和解プログラムの中で26日日曜日にカンダハル市で60人のタリバンが
アフガン政府と戦うのをやめることに同意した、と当局は発表した。
60人の中にはタリバン政権時代の元州知事と州警察本部長が含まれている。


29 Taliban militants join Afghan govt
http://news.xinhuanet.com/english/2006-02/28/content_4239606.htm
アフガンの和解プログラムの中で28日火曜日、29人のタリバンが政府側に
加わると誓った、と和平強化委員会委員長ムジャデッディは言った。


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/01(水) 16:05:39 ID:???
U.S. soldier killed, 2 injured in firefight with Taliban in Afghanistan
http://news.xinhuanet.com/english/2006-03/01/content_4240707.htm
米軍当局の話では、ウルズガン州で28日火曜日にタリバン兵との銃撃戦があり
米兵1人死亡、2人が負傷した。7人のタリバン兵が拘束された。

米軍は28日火曜日に、タリバンの武装抵抗の中心地であるカンダハル、
ウルズガン、ヘルマンド、ザブル州を含むアフガン南西部の地域を、NATO軍
の旗のもとに連合軍の指揮下に引き渡したところだった。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/01(水) 16:06:29 ID:???
前スレ>>652関連
Islamic State Of Afghanistan Reports On Taliban Mujahideen Operations For February 10th - 18th, 2006
http://www.jihadunspun.com/intheatre_internal.php?article=106445&list=/home.php
2006年2月10日〜2月18日のタリバンの活動報告


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/02(木) 11:20:54 ID:???
ブッシュ米大統領 アフガン初訪問、アルカーイダ掃討に自信
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/kokusai/20060302/m20060302009.html

原理主義への抵抗訴え 風刺漫画でラシディ氏ら
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20060302/20060302a3260.html

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/02(木) 11:34:37 ID:???
>>7追加情報
Afghan prison siege enters 4th day; some optimism
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticle.asp?xfile=data/subcontinent/2006/February/subcontinent_February1164.xml§ion=subcontinent&col=

・警察によれば暴動の首謀者の中には、タリバン司令官のムジャディド師と
 シャヒドザイ師がいた。また、昨年イタリア人支援職員誘拐事件を起こした
 犯罪グループのボスのティムール・シャーも首謀者の1人だった。

 シャーはアフガン人実業化殺害事件で死刑を求刑されている。

・当局は当初、首謀者の中にアルカイダもいると言っていたが、その後、
 ほとんどがタリバンだったと言った。

・2004年12月にタリバン囚人がこの刑務所から脱走未遂事件を起こした際、
 4人の警官と4人の囚人が死亡した。

13 :1/3:2006/03/02(木) 16:05:21 ID:???
南部地域に展開するイギリス部隊到着を受けてBBC記者がザブル州を取材
Cash rewards for Taleban fighters
http://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/file_on_4/4755222.stm

・ザブル州で身元を明かさない条件で、あるタリバン兵に話を聞いた。
 年齢は28歳で、小柄で毒舌の持ち主だった。

 この兵士は現金のためにジハードに加わった。

 「私はカラシニコフとRPGで戦っている。この国の支配権をとるためでは
  なく、ただ給料を稼ぐためだ」
 「彼らは給料、新しい服、靴、オートバイ、カラシニコフ銃をくれた。
  私は月に7〜8日言われた場所に行って戦わなければならなかった」

 彼はタリバン政権時代には徴兵を逃れるためパキスタンに暮らしていた。
 そこでは危険な炭鉱の仕事を日給2ドル相当でしていた。タリバン政権が
 終わって戻ると、結局加入金300ドル月給150ドルが現金で支払われる
 タリバンの戦いに加わった。
 
 その現金で実家を建て直し、兄弟を結婚させ、家族を養った。しかし
 誰にも自分が金のために戦っているとは言っていない。とくに武装勢力の
 支援を--自発的かどうかはともかく--している村人たちには。


14 :2/3:2006/03/02(木) 16:06:08 ID:???
 「私は人々から食料を奪うことで有名だった。『卵を出せ!』人々は
  恐れて何も言わなかった。食料を出さなかったら私たちは銃で殴り、
  『我々はムジャヒディンだ。お前たちは食料を出さなければならない。
  我々はこれを全能の神の ためにやっているのだ』と言った」

・ザブル州は最も貧しい州のひとつだ。ここで働いている国政援助団体はない。
 あるアフガン人のNGO責任者は戦っている者たちの60〜70%は経済的理由、
 タリバン政権に戻ってほしいと思っているジハードイデオロギーの信奉者は
 10%だと言った。

 そして残りは米軍、あるいはもっと一般的なのはアフガン警察・地方当局
 から虐待を受けたことがきっかけで抵抗活動を始めた者たちだ。

・アフガニスタンの人権委員会の弁護士の1人、モハメド・イブラヒム・
 サーダトは担当するヘルマンド州の不法逮捕の状況を例を挙げて語った。

「ある爆発事件の現場の近くに住んでいた30歳のジャラルディンという男が
 事件を指図した容疑で起訴された。警察は何かが起きたら誰かを逮捕しな
 ければならない。ジャラルディンは貧しく何の力もない男だったから逮捕
 された。興味深い点は彼を逮捕した人物が今カブールで国会議員になって
 いることだ」


15 :3/3:2006/03/02(木) 16:09:27 ID:???
 ジャラルディンは10時間足を吊るされ、殴られ電気ショックを与えられた。
 今はパキスタンで治療を受けている。

・ある年長者は多くの人々がタリバンの復活を希望しているのは宗教的な
 理由ではなく少なくとも当時は治安が保たれていたからだ。行政の悪さが
 武装抵抗勢力を助けている」と言った。

・しかしヘルマンド州では最終的に評判の良い新しい知事を迎えた。
 ザブル州でも汚職に関わらない知事が任命された。ハジ・アルマン知事は
 「武装勢力のいるところに優れた警察本部長と地区長を置いた」と言った。

 国連は4年たって初めてこの州に楽観的な見方を示した。イギリスはここが
 ヘルマンド州に続くことを期待するモデルケースだと言っている。


16 :funわか:2006/03/02(木) 18:18:10 ID:yzkvQuJc
私は今回の悲劇の遠因が前アメリカ大統領のクリントンに有ると見ている。この42代アメリカ大統領
は歴代大統領の中でもその在任中の政策はテロ国家や覇権国家への譲歩に次ぐ譲歩だった。 おかげで
腰抜けクリントンの任期8年間でテロリスト達は深く力を蓄えたようだ。自身にあまり能力の無かった
40代大統領ロナルドレーガンは、鉄鋼王アンドルーカ−ネギーの墓碑銘のように「おのれよりも賢明
なる人物を身辺に集むる法を心得し者ここに眠る」 術を知っていたようだ。 彼は周辺に集めたブレ
ーン、参謀の意見の真実を読みとる能力に長けていたようだ。だからこそ彼は世界の不安定要因、共産
主義に徹底して対抗し、完膚無きまでに打ちのめし、ソ連や周辺の軍事覇権共産国家群を崩壊させ東ヨ
ーロッパを民主主義の国へと導いたのだ。クリントンという大統領は世界の現実など一切無頓着。ナイ
ーブ取り巻き連中の政策を哲学無しに取り入れ執行した。その結果が今回のこの大惨事なのだ。 せっ
かくレーガンが世界の民主の流れ、秩序を作りつつ有ったのに、それをブチ壊したのである。

しかし、今回の痛ましい事件で必ずやアメリカは再びレーガンのように毅然と民主に立ち向かう勢力に
敵対する覚悟を定めるだろう。 この事件は徹底的にアメリカの世界への対処方法を変えるのは間違い
ない。 内向きになりつつあった世界唯一の超大国が、あらためて世界の警察官を自認する事になるだ
ろう。その基本は、テロ及びテロを支援する国家への毅然とした、武力を含む対応であり。 民主主義
を蹂躙する国家への敵対の意志の表明のはずだ。 アラブだけの話では無い、 我が日本の周辺には、
国自体がテロ国家そのものの北朝鮮、軍事覇権民主弾圧(虐殺)国家の中国が側で常に隙あらばと牙を
研ぎ続けている。 そのような危険極まりない国に年間軍備予算を上回る援助をする、キチガイじみた
国、日本。テロや詐欺軍事覇権国家の内政干渉をありがたく承る国家のメディアと政治家達よ。資本主
義国家、法事国家のアメリカ、民主主義の盟主のアメリカの同盟国として毅然と民意弾圧の隣国に注文
を付けるべきときが来たのだぞ。
参考資料:HP、恋愛manual→f u n w a k a論 より。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/03(金) 14:57:48 ID:???
VIDEO - As Bush Visits, Taliban Tightens Grip on Afghanistan
http://www.channel4.com/news/special-reports/special-reports-storypage.jsp?id=1845#followOn
ヘルマンド州で取材中のイギリスChannel4の撮影班が
「近くでタリバンらしき者たちが学校を燃やしている」という情報を得て
現場に向かったところ、タリバンがまだそこにいて、撮影するなと怒りだし、
もめているところに突然アフガン治安部隊が現れてタリバンを取り押さえ
殴りつけた…ような状況の映像があります。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/04(土) 13:11:26 ID:???
Suicide bomb wounds Canadian troops in Afghanistan
http://today.reuters.com/news/articlenews.aspx?type=worldNews&storyid=2006-03-03T122856Z_01_ISL231344_RTRUKOC_0_US-AFGHAN-BLAST.xml
・カナダ軍の話では、3日水曜日にカナダ軍の装甲車に自動車自爆とみられる
 攻撃があり、重傷者1人を含む5人が負傷した。攻撃者は死亡した。

 攻撃はカンダハル市外15キロ、カナダ軍が基地を置いている空港から10キロ
 ほどの地点で起きた。タリバン報道官のカリ・ユースフはタリバンが行った
 と言った。

・ヘルマンド州でサンギン地区では、警察車列に待ち伏せ攻撃を企てていた
 タリバンと2時間ほどの衝突となり、警察の発表では8人のタリバンが死亡し、
 10人が逮捕された。警官4人が負傷した。

 一方タリバン報道官カリ・ユースフは死亡したのは警官8人で、タリバン側には
 負傷者2人が出ただけだと言った。


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/04(土) 13:13:00 ID:???
前スレ後半から時々報道のあった「パキ部族地域のタリバン」の話題です。
アフガニスタンで政権をとっていたタリバンとは ≒ の関係の人たちです。
PAKISTAN: TALIBAN TAKE CONTROL OF BUILDINGS IN WAZIRISTAN
http://www.adnki.com/index_2Level_English.php?cat=Security&loid=8.0.271478556&par=

・目撃者・政府関係者の話では、タリバンは北ワジリスタン行政区の中心都市
 ミランシャーの官庁建物の支配権をとった。さらに地域の電話交換局を占拠し
 ミランシャーの町なかをパトロールした。

 その後地元のジルガの仲介で、タリバンは表面上姿を潜めているが、そこに
 いることは変わらず、地域政府は支配力を失っていて、誰もこの地域を
 治めていない状態だと言う。

・1日水曜日、パキ治安部隊とタリバン兵の間に激しい銃撃戦があった。
 パキ軍は北ワジリスタンの武装勢力の隠れ場所を襲撃し、少なくとも45人が
 死亡し、そのほとんどは外国人だと言った。。しかし個人記者と地元の医師は
 攻撃は軍用ヘリで居住地域になされ死傷者は全員地元民だと言っている。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/04(土) 21:51:03 ID:???
>>19続報 
Taliban stop tribal elders from visiting govt official
http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=2006%5C03%5C04%5Cstory_4-3-2006_pg1_6

・ワジリスタン地域の行政長官は声明を出し、ミランシャーでマドラサを運営
 している聖職者マウルヴィ・アブドゥル・ハリクが今回の官庁占拠事件の
 首謀者だと言った。

・そのハリクは3日金曜日に新しい『行政命令』を出して、部族の長老たちと
 スパイたちが北ワジリスタンの政府関係者を訪問することを禁じると発表した。
 しかし一般市民が個人の問題で役所に行くことは許可した。

・一方、前述の長官の声明はハリクのことを「急進主義者であるため人気がなく、
 人々は水曜日の衝突で死亡したある地元民の葬儀の祈りを彼が執り行うことを
 許さなかった」と言った。

・そのようなハリクに批判的な声明を載せた地元の新聞記者の1人がハリクの
 支持者に拘束された。その後記者は内容には無関係とわかり解放された。
 しかしハリクは声明を載せた3つのウルドゥー語の新聞を販売禁止にしている。


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 13:39:24 ID:???
>>20関連
Pakistan forces, militants clash near Afghan border
http://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/L04268291.htm
ブッシュのパキ訪問中の4日土曜日、パキスタン部族地域でパキ治安部隊と
親タリバン勢力の間に激しい戦闘が発生した。

住民たちの話では、双方の間に激しい銃撃戦が続いていて、パキ軍側は
少なくとも3機の軍用銃装備ヘリを出している。
電気も電話も使用できない状態で、夜の闇のため、死傷者については
わからないという。

パキ軍当局からのこの件に関するコメントはまだ得られていない。


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 13:40:55 ID:???
Roadside bomb kills four in Afghanistan
http://today.reuters.com/news/articlenews.aspx?type=worldNews&storyid=2006-03-04T105710Z_01_ISL170819_RTRUKOC_0_US-AFGHAN-VIOLENCE.xml
アフガン当局の話では、ヘルマンド州ナダリ地区で4日土曜日、タリバンによると
見られる路傍爆弾の爆発で、アフガン情報局員と護衛3人の合わせて4人が死亡した。


Taliban kill French officer in Afghanistan
http://today.reuters.co.uk/news/newsArticle.aspx?type=worldNews&storyID=2006-03-04T205048Z_01_ISL170819_RTRUKOC_0_UK-AFGHAN-VIOLENCE.xml
・米軍の話では、4日土曜日、カンダハル州でタリバンの武装グループが
 フランス特殊部隊員を殺害した。

・カナダ軍の話では、カナダ軍中尉のトレバー・グリーンがカンダハル州
 シンカイ地区で部族の長老たちと面会していたとき、背後から何者かに
 斧で頭を殴られて危篤状態となっている。一緒にいたカナダ兵たちが
 犯人を射殺したが、身元はわかっていない。
 



23 :1/3:2006/03/05(日) 13:43:31 ID:???
Details of Some Guantanamo Hearings
http://www.forbes.com/business/feeds/ap/2006/03/04/ap2570576.html
グアンタナモの捕虜を含む『敵性戦闘員』の事情聴取を筆記したもの。
全員容疑を否定しています。(それぞれ短く要約しています)

・アブドゥラジズ・サイェル 
 クウェート人 アフガニスタンには慈善事業としてコーランを教えに行った。
 アルカイダ関係のある家で押収されたコンピュータに名前があった。

・ジャマル・アラウィ
 (国籍不明) アルカイダとつながりがあるとされる慈善団体の責任者。

・アブデル・アブドゥルヘヒム
 中国のウィグル民族 仕事を求めてトルコに向かう途中、アフガニスタンで
 反中国のウィグル人訓練キャンプに留まった。

・アルキン・マハムード
 中国のウィグル人ムスリム 2001年8月に、兄弟を探しにアフガニスタンに
 行って、タリバン兵と疑われて北部同盟に捕まった。

24 :2/3:2006/03/05(日) 13:44:31 ID:???
・モハメド・フェナイテル
 クウェート人 9.11事件の2日前に、自分の慈善寄付金の使われ方を見に
 アフガニスタンに行き、パスポートをなくし、クウェート大使館のあるパキに
 入って、地元パキ人に騙されてテロリストとして当局に売られた。

・ボウデラ・アル・ハジ
 アルジェリア人聖職者 ボスニアで孤児のために働いていたが、有名なアルカイダ
 メンバーのアル・ズベイダとの接触を疑われて捕まった。

・アクバル・カセム・バシト
 中国のウィグル人 キルギスとパキスタンを通ってアフガンのトラボラのウィグル
 軍事訓練キャンプに行った。トラボラの爆撃からは仲間と逃れた。容疑に関しては
 米軍や連合軍への武装活動をするどころかその姿を見たこともないと言った。

・ハビブ・ヌール
 アフガン在住のサウジ人 米連合軍&アフガン軍に攻撃をした武装勢力が逃げ込んだ
 敷地建物の所有とされる。

25 :3/3:2006/03/05(日) 13:46:36 ID:???
・Redouane・ハリド
 アルジェリア系フランス人 2001年7月に「イスラム社会で暮らしたい」という
 理由でアフガニスタンに行った。容疑はカンダハルのタリバンキャンプに
 行っていたというもの。

・アブドゥル・ラヒム・ムスリムドスト
 パキスタンの新聞と雑誌のアフガン人記者 イスラム武装グループの一員として
 起訴された。本人はそれは事実だが対ソ戦時代に入ったものと言っている。

・モハメド・グル
 アフガン人農夫でガソリンスタンド経営者 以前サウジで運転手の仕事をしていた
 のだが、アフガンに帰ってきてから6週間後にタリバンとのつながりの容疑で捕まった。

26 :1/4:2006/03/05(日) 15:13:31 ID:???
Where the Taleban Train (要約ですが長くなってしまいました)
http://www.iwpr.net/?p=arr&s=f&o=260014&apc_state=henh
アフガンの伝統的な服装である黒か白のターバンと長い髭、幅広のパンツと
長いシャツの人々を見ると、ここは1990年代後半のアフガニスタンかと思うが、
実際は今は2006年で私(記者)はパキスタンのクウェッタにいる。

パキスタンのバロチスタン州州都クウェッタは、アフガニスタンとの往来自由な
国境を越えて、カンダハルから南東に200キロにある。市の一角は2001年の米軍侵攻
から逃げてきて住み始めたタリバンによって占められている。彼らはここで復活を
たくらんでいる。

昨年1年間、カンダハルでは自爆や政府施設への攻撃が驚くほど増加した。

ある地元のオブザーバーは、クウェッタはアフガニスタンでの破壊活動を
準備する青年たちが手早く手に入る場所だと言った。
ここには8つの大きなマドラサと数百校の小さな私立マドラサがある。
オブザーバーはそれら民間学校がタリバン兵を供給していると言う。

黒いターバンを巻いた23歳のあるマドラサの学生が匿名を条件に話してくれた。

・私はアフガニスタンに送られるまでここでジハードの準備をしている。
 ジハードは私の義務であり、殉教は望みだ。

27 :2/4:2006/03/05(日) 15:18:08 ID:???
別のタリブ、25歳のサードゥッラーはこう話した。

・アフガン政府やアフガン駐留米軍は人々にひどい振る舞いをしていると
 話してくれたある友人の紹介で祖国のジハードに行く決意をした。

 クウェッタの宗教指導者たちが金曜の祈りの中でアフガン政府と米占領軍に
 反対する怒りの説教をしていたことも彼の動機付けのひとつとなった。

・私はカンダハルでアフガン国軍に対する自爆攻撃を行うことになった。

 しかし国境に来ると、任務を共にすると思っていたあの友人が彼に30米ドル
 を渡して「幸運を祈る」と言ってクウェッタに戻ってしまった。

 私は「あいつはクウェッタに戻ったのになぜ私は死にに行くんだ?」と思った。
 「タリバン支持者たちはなぜ自分自身でジハードに行かないのか?
  若者の感情を利用しているだけではないか?彼らは嘘つきだ」

 だから私もクウェッタに戻った。二度と彼らと付き合おうとは思わない。

28 :3/4:2006/03/05(日) 15:20:06 ID:???
クウェッタ市ではパキ警察の姿はほとんど見かけない。タリバンは処罰されること
なく活動し、事務所を開き、武装活動の志願者を募集していると住民たちは言う。

40歳の住民アブドゥッラーはこう話した。

・市内に軍事司令官ダドゥッラー師やアブドゥル・アリ・ドゥバンディ師の
 ような著名なタリバン幹部が大勢住んでいる。世界中がタリバンはパキスタンで
 訓練されたと知っているのにそれを無視している。タリバンはクウェッタ中にいる。

クウェッタの町なかではタリバンの宗教歌が楽器店から鳴り響いている。「タラナ」
と呼ばれるこの歌は若者たちにジハードへの参加を呼びかけている。2〜3年前に
パキ警察は禁止したが、宗教指導者たちの力が強いため、今は復活している。

同様にタリバンの出版物も以前は禁止されていたが今は公然と売られている。
ある書店主は「それらを読んだら、あなたも銃をつかんでジハードに行きたく
なりますよ」と言った。

宗教指導者たちは公然と現在のアフガン政府を攻撃するように扇動している。
チャウロ・バウロ地域のあるムッラーは言った。

・攻撃を続けるべきだ。この戦いは正当なものだ。イスラム制度をアフガニスタン
 に作ろう。

29 :4/4:2006/03/05(日) 15:23:21 ID:???
アスカリ・パーク地域の住民で32歳のタリクはこう話した。

・クウェッタのパキ軍本部がタリバンの主要訓練基地になっている。私はタリバンが
 そこで訓練されているのを見た。その中には私の親類が1人いた。

パキ当局側はこの話を否定し、パキがアフガンを干渉していると言われているが、
弱いアフガン政府が支配できない地域の問題をパキのせいにしているのだと言った。

一方タリバン報道官のカリ・ユースフはタリバンの拠点がパキスタンにあるという
話は単なるプロパガンダだと言った。

・パキスタンはタリバンの友人ではなくアメリカの同盟者だ。基地など必要ない。
 タリバンはアフガニスタンの息子たちであり、そこにいてそこで戦っている。

しかしアフガン政府はパキスタンがアフガン南部での武装勢力の活動基地になって
いると確信している。カルザイは2月中旬にパキを訪問したとき、国境沿いの
武装勢力の活動を抑えなければ、両国ともが苦しむことになると言った。

カンダハル州知事、パキスタンのバルーチ(民族)国民党党首、パキ人政治評論家、
パキスタンのパシュトゥン(民族)ミリ・アワミ党副党首らはカルザイより強く
パキ政府を批判した。そしてイスラマバードの政府はアフガニスタンを影響下に
置くために不安定にしておきたい、そして過去20年にわたってこの地域の戦いに
関わりテロリストを訓練している、と言った。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 15:26:34 ID:???
>>23-25の公開されたファイルです。
http://www.defenselink.mil/pubs/foi/detainees/csrt/index.html

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 16:17:12 ID:???
>>27 訂正
>あの友人が彼に30米ドルを渡して

>あの友人が私に30米ドルを渡して


32 : ◆m.EHBNDfso :2006/03/05(日) 16:33:37 ID:C2w6+Bi1
ザイフ

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/06(月) 01:03:02 ID:???
>>30関連
「グアンタナモ」収容者、氏名や国籍公開…米国防総省
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/kokusai/20060304/20060304i103-yol.html

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/07(火) 10:58:34 ID:???
Pakistan battles the forces within
http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HC07Df04.html

・北ワジリスタンの親タリバン武装勢力とパキ軍の間には、対立しつつも
 大規模な衝突に発展しないよう暗黙の合意があった。しかし先週金曜日の
 ブッシュパキ訪問の前日から数日大きな衝突があり、パキ軍が空爆をして
 市民に多くの犠牲者が出てから事態が変わった。

・親タリバン勢力(反パキスタン政府運動)は部族地域からパキ主要地域に
 広がり始めた。そして彼らは勢力をまとめる強いリーダーを探しているところだ。

・その候補に1990年代に有名なクリケット選手でその後テーリク-イ-インサーフ
 (パキスタン正義運動)のリーダーとなったイムラン・カーンがあがっている。
 カーンは1993年に選手を引退したが、イギリス人実業家の娘と結婚したので
 当時も彼を担ぎたいと思っていたイスラム勢力のもくろみは外れた。

・カーンはラホールのエリート家庭の出身でオックスフォードで学んだ。
 彼の党派の大多数は進歩思想派、女権活動家、マルクス主義者などだった。
 にもかかわらず、彼はイスラム過激派とタリバンの支持者だ。最近の彼の
 イスラム主義への傾倒のため、進歩派の一部は党を離れている。

・大衆に人気のあるカーンは現在イギリス人妻と離婚しているので
 再び有力なリーダー候補になっている。
 
*イムラン・カーン氏の顔写真が載っていますが、すこしリビアの
 カダフィさんに似ていますね。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Qadhafi2.jpg


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/07(火) 13:26:07 ID:???
>>34関連 (ここで言うタリバンはアフガニスタンのタリバンと ≒ です)
Pakistan fights its own 'Taleban'
http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/4779476.stm

・パキスタン政府は、かつてイギリスがここの部族地域を治めるのに用いた
 「飴とムチ(経済援助と強い脅し)」の政策を引き継いで反抗的なこの地域を
 治めてきた。完全に武力に頼って抑えたことはなかった。

・アメリカの対テロ戦争に協力する形でパキ治安部隊が2003年にここに入った
 ときも、ターゲットは外国人戦士(アラブ人・中央アジア人)にしぼられた。
 そして地元民とアフガン人のタリバンには甘く対処することと引き換えに、
 外国人の保護をやめさせようとする飴とムチの方策がとられた。
 だがそれはタリバンを増長させただけで外国人戦士取締りはあまりうまく
 いかなかった。

・その後(昨年あたり)突然パキ政府は方針を変えて、外国人戦士が避難して
 いると疑われる場所に無差別に軍事攻撃を始めた。そのため親タリバン勢力
 から大きな反動が起きている。
 昨年は政府寄りと見なされたジルガの長老らが多数タリバンに殺害された。

・暴動は今まで安定していた地域に徐々に広がっている。この地域の元当局者は
 「情勢を省みずに政府がこのまま軍事力に頼っていったら、この地域が正常に
 戻る望みはほとんどない」と言った。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/07(火) 15:22:05 ID:???
>>22下の事件の続報
Man who attacked soldier a Taliban insurgent: CP
http://www.ctv.ca/servlet/ArticleNews/story/CTVNews/20060305/axe_taliban_060305/20060305?hub=World

カナダ軍当局は、カナダ兵士の頭部を斧で殴って重傷を負わせた男を
20代のタリバン武装勢力の一員だと確認した。

カナダ部隊はカンダハル北部のある村の集会に招かれていた。
『客人を敬意を持ってもてなす』パシュトゥン人の行動規定の中で参加していた
カナダ人兵士はその規定を破ったタリバンの伏兵に攻撃された。
軍関係者は前例のない事件だと言った。

被害者のグリーンは地域リーダーと話し合っているところだった。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/07(火) 18:47:24 ID:???
>>36続報
Afghan elder denies Taliban link for man who attacked Canadian with axe
http://www.canada.com/topics/news/national/story.html?id=afa35758-d13a-40ea-a3fd-caac87ecaad1&k=9520
カナダ兵が斧で重傷を負わされた事件で、カナダ軍は犯人の若者をタリバンの一員だと
発表したが、事件の起きた村の長老の1人ハジ・モハメド・エイサーはそれを否定した。

エイサーの話では、斧で攻撃したのはアブドゥル・カリムという16歳の少年で、米連合軍の
横暴な戦略に憤慨しているとともに(客人を丁重に扱う)部族の伝統に無頓着だった。
そしてタリバンとのつながりはないという。

しかしカナダ軍当局はこの話に懐疑的である。

エイサーは連合軍の乱暴な家宅捜索への苦情を言うため数週間前に、タリバン支持者
の多いこの田舎の保守的な地域からカンダハルに出かけた代表団の1人だった。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 12:36:23 ID:???
>>10関連
Islamic State of Afghanistan Reports On Taliban Operations February 28 ? March 3, 2006
http://www.jihadunspun.com/intheatre_internal.php?article=106573&list=/home.php
2006年2月28日〜3月3日のタリバンの活動報告

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 01:10:59 ID:???
Taliban in Pakistan 
http://www.channel4.com/more4/news/news-opinion-feature.jsp?id=172
パキ・ワジリスタンの様子をイギリスのChannel4が取材したビデオ映像です。

*Channel4は>>17でアフガニスタンのレポートをしています

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 01:25:01 ID:???
Islamic State Of Afghanistan Issues Taliban “Report Card” For 2005
http://www.jihadunspun.com/intheatre_internal.php?article=106645&list=/home.php
米軍に対するタリバンの活動の2005年度成果報告

*記事中の上記以外の内容は>>38と同じです。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 23:05:33 ID:???
Taliban-style Islamic police terrorizing Indonesia's Aceh
http://news.monstersandcritics.com/asiapacific/article_1136209.php/Taliban-style_Islamic_police_terrorizing_Indonesias_Aceh
2004年のインド洋津波の後、インドネシアのアチェ州では州政府がなぜか
イスラム法に基づく州法を施行し、宗教警察が力を持つようになった。

『穏健で比較的自由なイスラム国』のインドネシアだが、ここでは宗教警察が
人々の行為を取り締まるようになった。アルコール、賭け事の禁止から女性の
服装や行動の制限が行われ、社会の様子が変わってきた。
竹のステッキによる公開鞭打ち系も行われるようになった。

今のところ声を上げて反対しているのは人権活動家たちだが、一部では行き過ぎた
宗教警察による少女の逮捕・起訴事件に怒った民衆が暴徒化する事態も起きている。

津波被害からの再建のためにアチェ州政府に数十億ドルを貢献している国際支援国は
この事態に沈黙している。ブッシュ政権はアフガン侵攻を正当化する理由のひとつに
タリバン政権からの女性の解放をあげているが、今同じような鞭打ち政策を行っている
アチェ政府を支持するのかどうか、明言を避けている。
3月14日にライス国務長官がインドネシアを訪れたとき議題にあがるだろう。


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 23:07:22 ID:???
>>41 訂正 
>公開鞭打ち系  >>公開鞭打ち刑


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/14(火) 19:28:03 ID:???
Mujadadi survives suicide attack, blames Pakistan
http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=2006%5C03%5C13%5Cstory_13-3-2006_pg1_1

・元アフガン大統領で、現在上院議会の議長をしているムジャディディに対する
 暗殺未遂事件が12日日曜日にカブールであった。自動車を使った自爆攻撃で、
 攻撃者2人と通行人2人の合わせて4人が死亡した。ムジャディディは無傷で
 逃れた(*他記事によれば顔と手に軽いやけどを負った)。

 ムジャディディは事件の背後にはパキスタンの陰謀があると主張していると
 側近は伝えている。カルザイは国名の名指しはしていないが、過去30年間の
 アフガンの動乱には外国の手が関与しているので、今回の攻撃もそうだろうと
 記者会見で述べた。

・同じく日曜日、東部クナル州でパトロール中だった米軍の車両に路傍爆弾の
 攻撃があって、米兵4人が死亡した。
 (*他記事によれば、このあと米軍は11人のタリバンを拘束した)

・タリバン報道官とアフガン当局者の話では、南部で4人のアルバニア人と4人の
 アフガン人がタリバンに誘拐された。治安部隊が捜索している。
 (*他記事によれば、誘拐された外国人は3人のアルバニア人と1人のドイツ人で、
  タリバンのシューラを通してオマル師からこの4人に処刑命令が出された)

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/14(火) 19:29:08 ID:???
>>43参照した他記事
Afghan politician says Pakistani intelligence agency tried to kill him.
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=28639
Eleven suspected Taliban detained in eastern Afghanistan
http://news.monstersandcritics.com/southasia/article_1136602.php/Eleven_suspected_Taliban_detained_in_eastern_Afghanistan
Taliban's Omar orders execution of foreign hostages
http://today.reuters.co.uk/news/newsArticle.aspx?type=worldNews&storyID=2006-03-13T071637Z_01_ISL178757_RTRUKOC_0_UK-AFGHAN-KIDNAPPING.xml



45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 20:28:46 ID:???
以前から「一部のタリバン兵がイラクで武装活動の訓練を受けている」という一連の
記事を書いているシャーザド記者の新しい記事3つです。
AFGHANISTAN: TALIBAN TRAINED IN IRAQ AHEAD OF SPRING OFFENSIVE
http://www.adnki.com/index_2Level_English.php?cat=Security&loid=8.0.275042512&par=0
TERRORISM: IRAQI TRAINING VIDEO FOR TALIBAN FIGHTERS
http://www.adnki.com/index_2Level_English.php?cat=Security&loid=8.0.275348494&par=0
Taliban's Iraq-style spring is sprung
http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HC15Df03.html

・毎年春になるとタリバンの攻撃が活発化するといわれるが、今年は特に激しく
 なりそうだ。その理由はイラクの武装勢力から学んできたことが実りつつあるからだ。

・イラク武装勢力とタリバンのつながりは2003年のイラク戦争前に、オマル師が
 クルド人などのイスラム武装勢力から訓練を受けるよう一部のタリバングループを
 送ったときから始まった。
 
 その後フセイン政権が倒されて、イスラム武装勢力だけではなく旧フセイン軍の
 軍人らが反米活動に加わったことから、タリバンにも正規軍出身者が指南する
 都市型ゲリラ戦の戦術が伝えられるようになった。

・イラクに研修に行ったグループ以外のタリバン兵たちにはレクチャービデオ(CDROM)を
 使って教えられている。これはプロパガンダ用ではなく純粋に訓練用のビデオだ。
 シャーザド記者周辺が手に入れたコピーをみると正規軍経験者が関与していると
 見られる知識が紹介されている。

・もうひとつ、現在のタリバンの重要な戦略は、南北ワジリスタンを支配化に
 治めることで、北ワジリスタンはほぼ手中に収め、今は南に勢力を伸ばしている。
 イラクから学んだ新しい戦術も支援者たちに伝えている。
 ヒズビイスラミやタリバンの大物幹部たちが現地に出て部族民に支援を求めている。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/16(木) 23:17:22 ID:???
Tribal leaders, Ulema invite Taliban to set up office in Wana
http://www.kashar.net/complete.asp?id=3319
Taliban asked to aid security in Pakistan
http://www.upi.com/NewsTrack/view.php?StoryID=20060315-021810-8042r

BBCウルドゥー語放送が報じたところでは、南ワジリスタンの部族長老らが、
殺人や強盗などの犯がの頻発している当地域に、治安向上のためタリバンに
事務所を開かせることを提案した。

行政による治安が保てない状況であるため、住民がタリバンの事務所に行って
被害を訴えれば、タリバンが犯罪者を処罰する、というアイディアである。

この提案をした人々の1人で地元の有名な宗教学者マウラウィ・アッバスは
1年前にはパキ政府の(イスラム武装勢力の)指名手配リストに載っていた人物だ。
しかし治安部隊への攻撃関与をやめると約束して、リストからはずされた。

アッバスによれば、地方政府はこの計画に反対したという。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/16(木) 23:19:05 ID:???
Afghan Taliban chief vows "unimaginable" violence
http://today.reuters.co.uk/news/newsArticle.aspx?type=worldNews&storyID=2006-03-16T082355Z_01_ISL173987_RTRUKOC_0_UK-AFGHAN-TALIBAN.xml
タリバン報道官モハマド・ハニフは電話でAIPに、オマル師による
「暖かい季節の到来と共に、我々はこの地を侵入者(外国軍)に想像もできない
 ような灼熱の地と化させる」
というメッセージを伝えた。


48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/18(土) 16:47:36 ID:???
>>43一番下の事件の続報
Afghans killed on hostage mission
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=28792

・当初の報道でアルバニア人と伝えられていた人質は4人ともマケドニア人で、
 汚水処理作業をするドイツの会社で働いていた。

・タリバンは先週末に彼らを射殺したと発表していた。

・ヘルマンド州で遺体が見つかり、警察がカンダハル州へ移送することになった。
 3台の車列で幹線道路を移動中に真ん中の1台が路傍爆弾の爆発にあった。
 警官5人が死亡した。しかし人質の遺体は別の車両にあり、そのままカンダハルに
 向かった。

・マケドニア人たちと一緒にタリバンに捕まって、その後釈放されたアフガン人
 の1人は、「犯人は警察の服を装った20人ほどのグループで、車で移動中の
 自分たちを止めて拘束した」と語った。

49 :1/2:2006/03/18(土) 23:10:08 ID:???
>>47の詳しい記事です。ザイーフたんが登場します!
Taliban chief warns of suicide attacks
http://www.dawn.com/2006/03/18/top12.htm

・カンダハルとイスラマバードのAP通信はタリバン報道官からの電話と
 電子メールでオマル師の声明の内容を受け取った。
 (*以下の内容から声明文の書面画像が添付されていたと思われます)

・元タリバン政権イスラマバード駐在大使アブドゥル・サラム・ザイーフ師に
 よれば、2ページの声明の終わりに書かれた署名はオマル師のものに似ている。

・(内容)「アフガン人の多くの若者が決死攻撃を志願してムジャヒディンの
  キャンプに来ている」
 「今年は夏の始まりと共にアフガンの地は十字軍とその傀儡に赤く染まる。
  そして占領者は予測不可能なアフガン抵抗運動の高まりに直面するだろう」
 「神聖なイスラムの土地への攻撃者とその傀儡は恥ずべき敗北に向かう。
  なぜなら今ムスリムたちは西洋の不信心者たちが我々の信仰と土地と文化を
  消し去り、我々を彼らの傀儡にしたいと思っていることをわかっているからだ」

50 :2/2:2006/03/18(土) 23:11:28 ID:???
  そのほか
  2006年はムスリムにとって成功と勝利の年になると予測
  ブッシュがパレスチナの選挙で勝利したハマスに反対していることと、
  イクラに宗派の戦いが起きている事に関してワシントンを非難

・アフガン内務省報道官は、この声明をプロパガンダであると退け、武装抵抗
 勢力は新しい攻撃を行う力に欠けると言った。



・別件:16日木曜日に、ザブル州のある地区の元警察本部長がバイクに乗った
 身元不明の武装した2人組みに射殺された。

・警察は木曜遅くにザブル州州都カラトのある家を急襲して、3人のタリバン
 容疑者を逮捕した。翌日ミザン地区でもさらに3人を逮捕した。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 18:34:17 ID:???
Afghan paper reports rift within Taleban over money
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=28832

・アフガニスタンの新聞エラダによれば、パキスタンに本拠を置くタリバンリーダー
 たちの間に資金の配分をめぐって亀裂が起きている。

・タリバン幹部たちはアフガニスタンから逃れて現在パキスタン各地に住んでいるが、
 タリバン政権元内務大臣(名前不明)と、アブドゥラザク師、ウバイドゥッラー師、
 ブラダル師、アフタル・モハマド・ウスマニの間に不一致が起きている。

・意思決定過程でのアフタル・ウスマニの強硬さのためである。

・不一致は外国の支援者とテログループから受けている資金の配分についての
 合意に失敗したときから大きくなった。

・パキスタン当局が国内のタリバン(幹部)の存在を否定しているにもかかわらず、
 タリバンはパキ国内で『ペシャワルタリバン会議』という支援者から支援金を
 受け取るためのグループを作っている。

・しかしこの会議はここ2ヶ月で175万ドルという多額の支出を出しているため、
 タリバン軍幹部のサダル・イブラヒムはクウェッタからペシャワルに調査に
 赴いた。


*サダル・イブラヒムという名前は、個人的に覚えている範囲では初出の
 幹部名のような気がします。


52 :funわか:2006/03/19(日) 23:33:08 ID:Gd5TCijF
私は今回の悲劇の遠因が前アメリカ大統領のクリントンに有ると見ている。この42代アメリカ大統領
は歴代大統領の中でもその在任中の政策はテロ国家や覇権国家への譲歩に次ぐ譲歩だった。 おかげで
腰抜けクリントンの任期8年間でテロリスト達は深く力を蓄えたようだ。自身にあまり能力の無かった
40代大統領ロナルドレーガンは、鉄鋼王アンドルーカ−ネギーの墓碑銘のように「おのれよりも賢明
なる人物を身辺に集むる法を心得し者ここに眠る」 術を知っていたようだ。 彼は周辺に集めたブレ
ーン、参謀の意見の真実を読みとる能力に長けていたようだ。だからこそ彼は世界の不安定要因、共産
主義に徹底して対抗し、完膚無きまでに打ちのめし、ソ連や周辺の軍事覇権共産国家群を崩壊させ東ヨ
ーロッパを民主主義の国へと導いたのだ。クリントンという大統領は世界の現実など一切無頓着。ナイ
ーブ取り巻き連中の政策を哲学無しに取り入れ執行した。その結果が今回のこの大惨事なのだ。 せっ
かくレーガンが世界の民主の流れ、秩序を作りつつ有ったのに、それをブチ壊したのである。

しかし、今回の痛ましい事件で必ずやアメリカは再びレーガンのように毅然と民主に立ち向かう勢力に
敵対する覚悟を定めるだろう。 この事件は徹底的にアメリカの世界への対処方法を変えるのは間違い
ない。 内向きになりつつあった世界唯一の超大国が、あらためて世界の警察官を自認する事になるだ
ろう。その基本は、テロ及びテロを支援する国家への毅然とした、武力を含む対応であり。 民主主義
を蹂躙する国家への敵対の意志の表明のはずだ。 アラブだけの話では無い、 我が日本の周辺には、
国自体がテロ国家そのものの北朝鮮、軍事覇権民主弾圧(虐殺)国家の中国が側で常に隙あらばと牙を
研ぎ続けている。 そのような危険極まりない国に年間軍備予算を上回る援助をする、キチガイじみた
国、日本。テロや詐欺軍事覇権国家の内政干渉をありがたく承る国家のメディアと政治家達よ。資本主
義国家、法事国家のアメリカ、民主主義の盟主のアメリカの同盟国として毅然と民意弾圧の隣国に注文
を付けるべきときが来たのだぞ。

参考資料:HP、恋愛manual→f u n w a k a論 より。


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/21(火) 00:40:29 ID:???
良スレsage


54 :1/2:2006/03/23(木) 11:33:17 ID:???
タリバンが南北ワジリスタン部族エリアで革命とも言える状況を作り出した背景の考察
Revolution in the Pakistani mountains
http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HC23Df05.html

・革命の種は1990年代後半に元パキ首相シャリフが部族エリアの議員選出方法を
 伝統的なジルガから普通の選挙に変えたときに蒔かれた。
 ジルガシステムでは少数の部族長たちが寄り集まって自分たちの代表者を選ぶ。
 そのため部族長たちは富裕になり政治な力を持った。

・選挙はこの支配層を壊した。2002年の総選挙で族長たちの権力と基盤は破壊され、
 それまでは貧しく虐げられてた聖職者たちが地域選出の議員に選ばれた。
 数世紀にわたって続いてきた古い部族の序列はなくなり、10代20代の若者が
 新しいボスになり、ジルガさえ支配するようになった。部族長たちは殺されたり
 都市に逃げたり、貧しくも宗教心の高い若者たちの支配下で暮らし始めた。

・北ワジリスタンには ワジル、メースード、ダワル という3つの主要部族が
 住んでいる。ワジルとメースードは好戦的で山に住み、ダワルは平和主義で
 町に住むと一般に考えられていた。ワジルとメースードは何百年も最大の 
 ライバル関係にあった。
 ところがこの地域を知る人間には考えられないことだが、現在はダワルの指揮下で
 ワジルとメースードが協調してパキ政府と戦っている。一部は国境を越えて
 アフガン東部の州で戦っている。

55 :2/2:2006/03/23(木) 11:33:58 ID:???
・ワジリスタンの革命はさらに広がる様相を見せ、カブールとイスラマバードが
 最終ターゲットになっている。
 アジアタイムズが取材した信頼できる情報筋によれば、タリバンはアフガン・パキ
 両当局に、軍事・民事を問わず官僚たちに直接攻撃を行うと『最終警告』をした。
 そのためパキ政府は南北ワジリスタンでの武装勢力掃討作戦をやめた。
 アフガニスタンの官僚たちは外国軍がアフガンを離れることを恐れている。

・また世俗的な両国の政府はイスラム急進派(その派閥同士は対立していても)が
 国会で勢力を伸ばすなかで孤立しつつある。
 パキの都市に住む宗教勢力は山の頂上で始まり転がり降りてくる革命に加わる
 チャンスを待ちながら山岳地域の展開を鋭く見守っている。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 17:07:47 ID:???
Germany and Italy Defend Afghan Christian Convert
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=28888
Government says justice must decide Christian convert’s fate
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=28886

16年前にパキスタンでキリスト教系NGOで働いたことをきっかけにイスラム教から
キリスト教に改宗し、その後ドイツに住み、タリバン政権崩壊後にアフガニスタンに
戻ってきた41歳のアブドゥル・ラーマンという男性が、家族から改宗を非難され
裁判所に告発され、2週間前に拘留された。そして死刑を宣告されそうになっている。

NATOとしてアフガニスタンに軍を置いているイタリア、ドイツ、米国、カナダなどの
政府が強い懸念を表明して、イスラム諸国のキリスト教徒もその国のムスリムと同じ
権利を与えられるべきと言った。イタリアとドイツはラーマンが刑を逃れられなければ
軍を撤退させるとも言っている。イタリアの元大統領は「この様な原理主義政府の
国のためにイタリア兵を犠牲にすべきではない」とベルルスコーニに公開状を送った。

アフガニスタンの新しい憲法(現行の憲法)はイスラム法を基に作られているが、
その草案が作られたときは欧米の専門家たちも加わっていた。地元アナリストたちは
当時このような問題についてもっと明確することもできただろうと言っている。

アフガン政府は沈黙していたが、21日、「アフガン市民の命運は、独立した司法のみが
決定できる」とカルザイ大統領の代理人が声明を出して、政府は距離を置く姿勢をみせた。
しかしアフガンの憲法では死刑には大統領の署名が必要である。

アフガンのテレビやウェブサイトは裁判の模様の一部を公開した。ラーマン被告は
改宗を取り消せば刑を逃れられるのだがキリスト教徒として刑を受け入れると言った。

アナリストたちはこの問題で外国軍がアフガンから撤退するとプレッシャーをかける
のは欧米の意思を見せるためだけのものであってほしいと言う。もし本当に外国軍が
いなくなればこの国はすぐに内戦が始まるだろう。


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 17:09:49 ID:???
>>56
最初の説明で書き落としましたが、ラーマン氏はアフガン人です。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 14:58:04 ID:???
>>56-57続報
Afghan judge says court to decide fate of Christian, not bow to pressure
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=28913
Afghanistan mulls declaring convert mentally ill to avert execution
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=28900

・アフガン最高裁判所は23日木曜日、「アブドゥル・ラーマンは背教をやめて
 イスラムに戻らなければシャリアと憲法にしたがって死刑で罰せられると言った。
 そしてアフガニスタンの司法は法律に基づいて独立・公平なものであるのに
 国際的な非難を受けるのは悲しいことだと言った。

・治安維持のための軍隊と経済支援を国際社会に頼っているカルザイは、同時に
 国内の保守宗教勢力の意見も聞かなければならないので微妙な立場だ。

・アフガン政府はラーマンを精神的に不安定であるとして、裁判自体を避ける
 方向で進めようとしていると匿名の政府関係者は語った。しかしラーマン自身は
 自分は病気ではないといっている。

・ある宗教学者は今回改宗者がイスラム法にしたがって罰せられなければ、人々の
 気持ちの中に憲法に対する疑念がわくだろうと言った。


59 :1/2:2006/03/25(土) 11:34:26 ID:???
>>45,>>54-55と同じシャーザド記者の「キリスト教改宗問題」の考察記事
Losing faith in Afghanistan
http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HC25Df02.html

この問題でアフガニスタンの政府には欧米の圧力が強まっているがアフガンの
一般大衆は死刑を支持し実行を求めている。

ラバニ政権で副首相を務めたあるイスラム政党のリーダーは以下のように話した。

・キリスト教はNGOの姿でアフガニスタンに布教活動にやってきて、貧しい人々を
 支援するふりをして金で改宗させている(と思われている)。

・ラーマン被告は北東部パンジシール・バレーの出身なのだが、その地域の
 人々はラーマンを支持しないことを示すためにカブールに来ている。


アフガンの主要聖職者の組織「ウレマー協議会」はすでに死刑支持の結論を
出しているが、内閣の閣僚たちは態度を明確にしていない。

アフガンの憲法は7条で国際的な人権と信教の自由の憲章を守るとしながら、
3条では法律がイスラムを否定することはできないとしていて矛盾を抱えている。

昨年のグアンタナモ捕虜収容所でのコーラン冒涜事件や今年の預言者モハメドの
風刺漫画事件とともに、この件はアフガン駐留の外国軍に反対する宗教勢力を
勢いづけさせている。


60 :2/2:2006/03/25(土) 11:35:36 ID:???
*後半は宗教議論的な内容で私は知識不足のためよくわかりませんでしたが
 おおよそ理解できた点として

・いったん神への信仰を告白した者がそれを取り消すことは信仰の規範全体を
 危険にさらすことになるため、死刑に値する大罪である。その点はイスラム
 のすべての宗派が一致している。

・キリスト教はイスラムをサタンの宗教と呼んで人々を虐殺した十字軍の歴史が
 ある。キリスト教は他者に宗教を変えるように働きかける布教活動がある。
 イスラムは基本的に他宗教の信者を改宗させることはしない。ただ、いったん
 本人が信仰を告白したら、あとでそれを覆すことは信仰体系を守るために 
 許されない。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 12:14:35 ID:???
Taleban statement warns Afghan government to stop politicization of education
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=28985
タリバン報道官Dr.ハニフは24日夜にAIPに電話と電子メールで
タリバン指導者会議の声明を伝えた

・現在アフガニスタンは外国軍に領土と空域直接支配されている。
 現政府は外国の奴隷であり、主人の許可がなければなにもできない。
 そのような状況下で、学校教育も外国の影響を受けている。

・政府は独立を求める抵抗運動に反対する授業を小中学校で行っている。
 教科書はイスラムの奮闘をテロリズムと記述している。
 しかしアフガン国民は、子供たちが独立より隷属することを学んだり、
 新しい世代が奴隷になることを許さない。

・したがって、学校に対する暴力事件が起きているのは、現政府の責任である。
 学校を平和に運営させたいなら、カリキュラムから政治的なテーマをはずす
 べきだ。

・さらに問題とすべき点として、女子生徒の服装(ベール)の規定がきちんと
 守られていないことと、米軍が学校を訪ねることに我々は強く反対する。


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 13:40:04 ID:???
キリスト教改宗問題 27日付記事
Mental tests to decide fate of Afghan Christian convert
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=29000

・担当の検察官はラーマン被告には精神状態に健康でない疑いがあり、
 精神鑑定を受ける事になったと言った。
 26日日曜日に彼の家族からそのような証言があった。(*しかしもともとは
 ラーマン氏と家族の諍いが原因で、家族が彼の改宗を当局に通報しました)

・27日月曜日には北部マザリシャリフ市で、裁判取り下げの決定に反対して
 200人がデモを行った。彼らはラーマン被告はシャリアにしたがって処刑される
 べきだと訴えた。

・ラーマン被告はカブールのプリ・チャルキ刑務所に拘束されている。
 関係者によれば「彼は頭の中で奇妙な声が聞こえると言っている」という。
 (*しかし当初彼は自分は病気ではないと言っていました)

・この問題の解決は、現在のアフガニスタンがどれほどタリバン時代から「進歩」
 したかのテストといえる。

*ちなみにプリ・チャルキ刑務所は>>6-7の刑務所です

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 13:41:02 ID:???
キリスト教改宗問題 28日付記事
Afghan convert freed from prison
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=29034

・ラーマン氏は27日月曜遅くに、精神状態が裁判を受けるに適さないとして
 裁判事態が取り下げられ無罪となり、釈放された。
 
・今後どこかの国に身柄を保護されるものと思われるが、それまでの間、どこに
 いるのかははっきりしていない。

・国連関係者は、この問題の『平和的解決に関心を持つ』国が保護をするだろうと
 言った。
 イタリア外務省は彼の保護に向けて、内閣の承認を求めると言った。

・アフガン独立系人権委員会は、「ラーマン氏は裁判を逃れるために病気を理由に
 した」と言われている事を否定し「彼の精神状態は当初から裁判を受けるには
 適さないように見えた」と言った。

・BBCの現地記者は、アフガンの憲法は欧米と国内宗教強硬派の両者を納得させる 
 ために、故意に曖昧な表現がとられていると伝えた。

・裁判所関係者は、ラーマン氏がアフガン国籍なのかどうかも不明瞭だとも言った。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 13:44:23 ID:???
>>63 訂正 1段落2行目

>裁判事態  >>裁判自体



65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 23:13:16 ID:???
なんのことはない、ただの国外追放

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 11:03:01 ID:???
改宗男性がアフガン出国 イタリアに亡命
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20060330/20060330a3300.html

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 11:17:24 ID:???
改宗のアフガン男性、イタリアに亡命
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060330/K2006033001360.html?C=S

こちらの記事の方がくわしいです

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 12:02:21 ID:2JFMyPyo
イスラム真理教南青山総本部

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 16:22:28 ID:???
Two Western soldiers killed in Taliban 'spring offensive'
http://news.independent.co.uk/world/asia/article354492.ece

・米軍当局の話では、29日、ヘルマンド州サンギン地区の米連合軍の基地に
 大規模なタリバンの攻撃があり、米兵とカナダ兵のあわせて2人が死亡、
 他に5人の兵士が負傷した。

 連合軍側は空軍支援を受けながら応戦し、最初の反撃で12人、その後逃走する
 タリバンを追ってさらに20人を殺害した。
 その後、タリバンの拠点の建物2箇所を爆撃した。

 タリバン報道官モハメド・ハニフ師は「気候が暖かくなり、タリバンの春の
 攻勢が始まった」と某所から電話で言った。

・カンダハル市内の交番を武装勢力(タリバン)が奪おうと攻撃し、
 2人の警官が死亡した。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/02(日) 23:38:10 ID:???
Journalist describes Operation Peacemaker
http://www.ctv.ca/servlet/ArticleNews/story/CTVNews/20060319/Canadian_soldiers_060401/20060401?hub=Canada
記事内容ではなく、右の In Pictures の写真が面白いので紹介します。

上の Canada's Mission には何枚かアフガン人警察官の写真がありますが、
素人目にはタリバンと見分けがつかないのが面白いと思いました。

下の Canada in Afghanistan にあるカンダハルの日の出はとてもきれいです。


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 14:51:40 ID:???
Taliban insurgents gun down Turkish engineer, burn body
http://news.monstersandcritics.com/southasia/article_1152021.php/Taliban_insurgents_gun_down_Turkish_engineer_burn_body
タリバンは2日日曜日にニムロズ州でトルコ人技術者を射殺した、と月曜日に
州知事アザドは言った。

武装グループはトルコ人技術者とアフガン人の同僚3人が乗った車を止めて、
即座にトルコ人を殺害した。アフガン人3人は無傷で解放された。

*一部、誤記と思われるところ〔アザドのアフガン人同僚3人〕がありました。
 事件内容から推測して〔トルコ人技術者の同僚3人〕としました。


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 14:52:43 ID:???
Taliban rebel kills 4 Afghan police
http://www.usatoday.com/news/world/2006-04-02-afghanistan_x.htm
ヘルマンド州当局者の話では、31日金曜の夜に州内の辺境地域の警察検問所施設で
4人の警官がタリバンが殺害される事件があった。

タリバンの男は徒歩の一人旅の旅行者を装い、危険なこの地域で一晩泊めて欲しいと
警察に求めた。警官たちと夕食をとり、就寝した後、男は警察のライフル銃で警官4人を
射殺した。もう1人いた警官は犠牲になる前に目を覚まし、逆に男を射殺した。

またヘルマンド州では1日土曜日に、米軍基地で機材の荷降しを終えたトラックの
車列に武装勢力の攻撃があった。トラックは燃やされたが、運転手たちは解放されて
無事だった。


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 14:55:59 ID:???
Taliban order Jandola men to grow beard
http://www.gulf-times.com/site/topics/article.asp?cu_no=2&item_no=79849&version=1&template_id=41&parent_id=23
パキスタンの半部族地域ジャンドラで、地元のタリバンのボスで宗教聖職者の
マウラナ・アスマトゥッラーはビッタニ部族の長老たちとの会合で以下のような
指令を発表した。

・すべての成人男性は3週間以内に髭を伸ばすように。

 医者は髭を剃った患者を治療してはいけない。髭を剃った者は公共交通機関の
 使用を許されない。
 決められた期間以内に髭を伸ばさなかった聖職者は冠婚葬祭を行えない。

・花嫁の親が払う持参金は5万ルピーと金3トウラ(インドの重量単位)に定める。

・ザカートを実施するように。不服従であれば厳しい処罰がなされる。

・ジャンドラバザーで殺人を犯した者はタリバンのBaitul Mal(?)に
 罰金10万ルピーを払うように。従わない者は戦いの準備をするべきだ。

ジャンドラ地域は騒然とした南ワジリスタンとタンク地区の緩衝地帯だが、
政府当局は、タリバンの影響がジャンドラからタンク、デライスマイルカーン
にまで広がっていることを認めている。

持参金の規定は、それが急速に高騰し、30万ルピーにまでなっていることを
考慮したものだとある地元民は言った。

マウラナ・アスマトゥッラーは38歳でアフガニスタンのタリバンと一緒に戦っている。
そして古いジハード戦士の1人とされる。

地元部族民は、タリバンはパトロールを続け、地方の治安のために検問所を
設けたと言った。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 11:18:46 ID:???
>>69関連
US-Led Coalition Probes Possible Friendly Fire Casualties in Afghan Battle
http://www.voanews.com/english/2006-04-04-voa27.cfm
先週水曜日の米連合軍とタリバンとの戦闘で、米兵1人カナダ兵1人が死亡した
件について、これが「友軍の誤攻撃」によるものかどうかが調査されることになった。


Taliban gun down Afghan intelligence official
http://today.reuters.com/news/newsArticle.aspx?type=worldNews&storyID=2006-04-05T091135Z_01_ISL224760_RTRUKOC_0_US-AFGHAN-VIOLENCE.xml&archived=False
5日水曜日、ガズニ州で州の情報局の高官アブドゥル・ハキムが徒歩で事務所に
向かっている途中、オートバイに乗ったタリバンのグループに射殺された。

4日火曜日にはニムロズ州で情報局員がタリバンに殺害されていた。


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 11:20:01 ID:???
Workers kidnapped, Taliban commander arrested in Zabul
http://www.pajhwak.com/viewstory.asp?lng=eng&id=16066
3日月曜日にカブール〜カンダハルを結ぶ幹線道路上でタリバンが道路建設
作業員2人を誘拐した。タリバンは2人の釈放と引き換えに、自分たちの仲間
1人の釈放を要求した。警察は捜索を開始した。

同じく月曜日にザブル州で警察部隊の急襲でタリバン司令官の1人、アブドゥッラー・
ザブリ師が逮捕された。警察によれば、ザブリ師はタリバン政権時代に前線司令官
の1人だった。最近パキスタンから破壊活動を行うためここに戻ってきていた。

この前日、別の元タリバン司令官マウラヴィ・シャフィウッラーが国民和解
プログラムのもとで政府側に降伏した。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/07(金) 14:48:28 ID:???
>>72の下段の事件とも関連
Taliban warn drivers against delivering supplies to foreign forces
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=29117
タリバン報道官は6日木曜日に声明を出し、運送車両の運転手たちに、アフガン駐留の
外国軍に物資や燃料を届けるのを止めるように、従わなければ敵と見なす、と警告した。

過去にもタリバンは同様の警告を出している。5日にはヘルマンド州で遠隔操作の地雷の
爆発で運転手1人が死亡した。


77 :コピペで回して:2006/04/07(金) 15:29:10 ID:???
東京電力と吉本興業が運営するライブ配信サイトで
千原兄弟の千原ジュニアがレイプという犯罪を用語容認するような言動
レイプ被害者を愚弄罵倒するような行為をしています
これは決して許せることではありません

[1] 名前:千原ジュニア2006-04-06 22:58:24
「レイプ」に何か言葉を足して、
まるで楽しそうなことのように変えなさい。

ttp://mycasty.jp/public/_comment_/images/308779.wmv
ttp://mycasty.jp/public/_comment_/images/308780.wmv
ttp://mycasty.jp/public/_comment_/images/308781.wmv
ttp://mycasty.jp/public/_comment_/images/308782.wmv

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 13:53:50 ID:???
Senior Taliban commander killed, says U.S. military
http://news.monstersandcritics.com/southasia/article_1153581.php/Senior_Taliban_commander_killed_says_U.S._military
米軍当局はヘルマンド州ムサ・カレー地区で7日金曜日に軍事行動中に
タリバンの上級司令官を殺害したと言った。

この司令官は2001年以来多くの死傷者を出している即席爆弾装置や、
アフガン軍&連合軍への攻撃に関与した人物とされる。

しかし米軍はこの司令官の名前は明かさなかった。


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 14:34:56 ID:???
Don’t push Islamabad too far, ex-CIA official tells govt
http://www.dawn.com/2006/04/08/top12.htm
元CIAのアルカイダ担当班の責任者で現在は政治評論家のマイケル・ショウアー氏は
7日金曜日にワシントンタイムズ紙に以下のような見解を載せた。

・ブッシュ政権はパキスタンのイスラマバードの政府を対テロ戦争の重要な同盟者と
 位置づけながらもその実はかなり冷遇している。

・パキスタンにとっては西隣のアフガニスタンにはタリバン政権が一番都合がよかった。
 だがパキは米国の要求に応じてタリバンを倒す事とカルザイ政権を作る事を手伝った。
 ところがカルザイ政権になってからアフガン国内のインドの存在が大きくなった。

・ブッシュは最近ブッシュはインドと核関連条約を結んだ。

・パキスタンは対テロ戦争のためにアフガン駐留の米連合軍より多くの死傷者を自軍に
 出している。そして西部のパシュトゥン人部族の怒りを買って、潜在的に内戦の危機を
 抱えている。

・それでもワシントンはアルカイダ&タリバン根絶のために行動をしろとさらに圧力を
 掛けている。

・東にインド、西にパシュトゥン人の問題と直面しているこのような状態が続けば
 南アジアにおける米国の重要な同盟者であるイスラマバード政府が崩壊しかねない。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 02:45:47 ID:???
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1144775000/

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 06:44:02 ID:vUJm+dOP
  ∧_∧   ∧_∧    age
 (・∀・∩)(∩・∀・)    age
 (つ  丿 (   ⊂) age
  ( ヽノ   ヽ/  )   age
  し(_)   (_)J


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 10:28:25 ID:???
Pro-Taliban Pakistani tribals offer Musharraf talks
http://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/ISL264595.htm
パキスタンの親タリバン武装勢力は10日月曜日に1万人規模のジルガを開いて、
政府の治安部隊との和平の話し合いをすることを提案した。

その条件として、話し合いに北ワジリスタンのイスラム主義政治家2人を
加える事とした。

ところで最近パキ当局は武器の誇示(携帯)の禁止令を出していたが、
参加したパシュトゥン部族民の大半は「武器の携帯はパシュトゥン部族の文化の
一部」だとして、禁止を無視して武器を持っていた。


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 10:29:43 ID:???
Pakistani pilots dismissed for growing Taleban-style beards
http://www.khaleejtimes.com/DisplayArticle.asp?xfile=data/subcontinent/2006/April/subcontinent_April383.xml§ion=subcontinent&col=
パキスタン空軍はタリバン風に長く伸ばした髭を剃る事を拒否したパイロット5人を
解任した、と10日月曜日に議員が明らかにした。

関係者によれば、髭を生やすことは問題ないが、長さに関して一定の軍の規定が
あるという。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 10:31:04 ID:???
Secret History of the CIA, Afghanistan, and bin Laden, from the Soviet Invasion to 9-11
Source: Penguin Group, USA
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=29222
2005年度のピューリッツァ賞一般ノンフィクション部門を受賞した、ワシントン
ポスト紙の編集長スティーブ・コールの「Ghost Wars」の紹介記事。

・9.11事件以来、アメリカ国民・政治評論家・マスコミ・議員達の心に広がる疑問
 --米情報分析者達はどの程度イスラム急進主義者の脅威の高まりをつかんで
 いたのか、そしてなぜビン・ラディンを止められなかったのか--に対し、
 豊富な調査報告をもとに答えている。

・1979年〜1989年のソ連軍に対する秘密のプログラム、タリバンの勃興、ビン・
 ラディンの出現、CIA職員達の秘密の活動、アフガニスタンへの米国の関与、
 アフガン人同盟者達、スパイ、サウジアラビア、米政府内の論争など、を
 年代順に載せながら、アフガニスタンでのCIAの役割の秘密の歴史を包括的に
 取り上げている。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 10:42:04 ID:???
>>84 Amazon.co.jpで日本語のレビューがありました
Ghost Wars: The Secret History of the CIA, Afghanistan, and bin Laden, from the Soviet Invasion to September 10, 2001
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0143034669/qid=1144805881/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/249-4331998-1285111

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:22:10 ID:???
Taliban blamed for school attack
http://cnews.canoe.ca/CNEWS/World/2006/04/11/1529075-ap.html
11日火曜日、アフガニスタン東部クナル州の男子校の校庭に1発のロケットが
着弾・爆発し、生徒7人が死亡、教師と清掃員を含む34人が負傷した。

この学校から1キロほどのところに米軍基地がある。関係者はロケットは
米軍基地を狙ったものと見ている。学校は教室が十分にないため、
校庭で授業が行われていた。6歳から16歳の生徒がいた。

アフガン警察と米軍はタリバンを非難したが、タリバン報道官のカリ・
ユースフは、タリバンの関与を否定した。

タリバンはアフガニスタンの教育制度を批判して、今までに校舎を燃やす
などの攻撃を何件も起こしているが、それらは生徒のいない夜に行われて、
死傷者を出す事はなかった。

しかしこの半年ほどの間には、学校長が直接狙われて殺される事件が
2件起きている。


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 17:25:35 ID:???
Taleban were liked by the masses: Scribe
http://www.thepeninsulaqatar.com/Display_news.asp?section=Local_News&subsection=Qatar+News&month=April2006&file=Local_News2006041275532.xml
ビン・ラディンと一対一のインタビューを行ったことのある数少ないジャーナリスト
のひとりで、パキスタンのウルドゥー語新聞の汽車であるソハイル・カランダルが
ペニンシュラ紙のインタビューに答えた。

・私はビン・ラディンに贅沢な暮らしを捨てて岩山に住むことを選ばせたものは何か
 が知りたくて彼と会った。話をしてみてわかった事は、彼はアラブ国家主義者で、
 欧米のアラブ世界に対するダブルスタンダードが続いている事を懸念していた。

・ビン・ラディンは抑圧されているムスリムに対して同情心を持っている一方で、
 カシミール問題のような他の争議にはほとんど関心が無かった。私の見解では、
 彼はアラブのためだけに戦っていたのであり、その他の人々や問題には関心が
 無かったと思う。

・そういう私の視点は、9.11事件がアフガニスタンのタリバン政権の戦争へと
 つながっていった展開を見て、いっそう強化された。

・ラディンは何年も保護を与えてくれたタリバンに敬意を示さなかった。そして
 タリバンを消滅させた。彼は自分のなした事の結果と向き合うべきだ。タリバン自身
 には何の落ち度も無く、ただアルカイダのホスト役を務めたために犠牲になったのだ。

・--タリバンの統治方法を認めるのかと聞かれて--タリバン政権はアフガンの伝統を
 行いたいと願う多くの大衆の支持を得ていた。西側メディアはタリバンを人権を
 軽んじる無慈悲な支配者として描いていたが、実際は彼らはアフガン国民の大多数
 から好かれていた。

・私がそのほかにインタビューしたことのある有力者はパキスタンのパシュトゥン人
 政党ANPのリーダー、カーン・アブドゥル・ワリ・カーン氏だ。彼は今年1月に死亡
 したが、私のインタビューはそのほんの数日前で、彼がメディアに話をした最後の
 インタビューだったろうと思う。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 17:26:58 ID:???
>>87
ベタな誤変換をやってしまいました・・・
2行目 >ウルドゥー語新聞の汽車 → 記者

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 12:54:22 ID:???
Taliban Attacks Kill 3 Afghan Soldiers
http://www.chron.com/disp/story.mpl/ap/world/3794570.html
連合軍、アフガン当局の関係者の話によれば

・米軍とアフガン軍は13日木曜遅くにウルズガン州で軍事作戦を行い、2人の
 武装勢力兵を殺害した。また、自爆攻撃者を募集活動をしていた2人を拘束した。

・カンダハル州で木曜遅くに、地元の親政府聖職者会議のメンバーの1人が
 モスクを出たところを射殺された。会議の報道官によれば、被害者は
 1ヶ月ほど前にタリバンから殺しの脅迫を受けていた。

・カンダハル州で14日金曜日に連合軍の支援を受けたアフガン治安部隊が
 タリバンと戦闘したが、死傷者についてはわかっていない。

・金曜日にコースト州で路傍爆弾の爆発で3人の警官が死亡し、他に2人が
 負傷した。警察はタリバンの仕業だと言った。
 この数時間前にヘルマンド州でタリバンの自動車を使った自爆攻撃が
 イギリス軍の車列に対して行われ、イギリス兵3人とアフガン国軍兵1人が
 負傷した。

 この自爆攻撃はタリバン報道官が実行を認め、攻撃者はアブドゥッラーという
 名前だと電話で語った。

*見出しは「3人のアフガン人兵士が死亡」となっていますが、中身を読むと
 兵士ではなく警官のようです。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 11:07:46 ID:???
Afghanistan Clash Kills 41 Taleban Insurgents
http://www.voanews.com/english/2006-04-15-voa1.cfm

・アフガン当局&米連合軍の話では、14日金曜日に始まった軍事作戦で41人の
 タリバン兵と6人のアフガン警察官が死亡し、13人のタリバン兵が逮捕された。

 この戦闘はタリバンの隠れ場所に関する情報をもとにアフガン治安部隊がそこを
 急襲したことから始まった。散発的に24時間以上たった土曜日も続いた。
 この数ヶ月間でもっとも激しいもののひとつだった。連合軍の軍事ヘリが地上軍を
 航空支援した。治安部隊は逃げたと見られるその他のタリバンを捜索した。

・別件として、15日土曜日の午後、タリバンの伏兵がヘルマンド州のある地区の
 区長を殺害した。

・アフガン&連合軍は武装勢力の拠点を狙った「クーガー作戦」を開始した。
 その規模は2001年にタリバン政権が追放されて以来、最大のものだという。


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 11:09:04 ID:???
Afghan clashes leave 14 Taliban dead
http://english.aljazeera.net/NR/exeres/CE54FDE3-4FC0-4E14-A1D9-0454120E69A1.htm

アフガン警察の話では、16日土曜日遅くに、ザブル州カラトの幹線道路沿いの
2つの警察検問所をおよそ30人のタリバンが攻撃し、戦闘となり、14人のタリバンが
死亡した。警察側に死傷者はなかった。
およそ30分続いた戦闘の後、タリバンは死亡した仲間の遺体を回収して行った。

タリバン報道官のカリ・ユーサフは攻撃を認め、少なくとも7人の警官が死亡し、
検問所のひとつを焼いた、と言った。

今のところ両者の主張は確認できていない。


92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 21:43:44 ID:???
Taliban reject Afghan govt claims about Kandahar casualties
http://paktribune.com/news/index.php?id=140857
アルジャジーラテレビのイスラマバード支局が伝えたところでは、
タリバン報道官のムハマド・ハニフは>>90の「金曜日の戦闘で41人のタリバン兵が
死亡した」というカンダハル州知事の発表を否定し、タリバンの死亡者は1人だけで、
アフガン兵15人が死亡した、と主張した。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 10:22:07 ID:???
Four Afghans, ex-Taliban envoy arrested in Pakistan (Roundup)
http://news.monstersandcritics.com/southasia/article_1156292.php/Four_Afghans_ex-Taliban_envoy_arrested_in_Pakistan__Roundup_
パキスタンのメディアが18日火曜日に報じたところでは、パキ治安機関は
タリバン政権の元駐パキスタン大使の1人と4人のアフガン人をNWFPで
行われた別々の襲撃で逮捕した。

マウルヴィ・サイードゥル・レーマンは1990年代後半に2〜3ヶ月の間
タリバン政権の駐パキ大使を務めた。彼はタリバン政権崩壊以降、パキの
ペシャワルの南部にあるバンヌの町に住んでいた。そしてタリバンとの関係は
断っていたと伝えられている。

レーマンは17日月曜日にペシャワルへ移動中に拘束された。現在は尋問のため
イスラマバードに移送されたと伝えられているが、この件に関するパキ内務省の
コメントはまだない。

また月曜日にペシャワルでは、タリバンとつながりをもつ容疑で4人の
アフガン国籍者が逮捕された。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 10:24:17 ID:???
Taliban commander shot in night raid
http://www.upi.com/NewsTrack/view.php?StoryID=20060418-043416-8004r
ザブル州警察の発表では、警察が17日月曜日夜に行った襲撃で、タリバンの
上級司令官の1人が死亡し、他に2人が拘束された。

警察は州都カラトにタリバンが攻撃計画を立てているという内報を受けて
タリバンの集まりを包囲し、司令官モハマド・ハリームを射殺し、2人の
共犯者を逮捕した。

ハリームらは州内の多くのタリバンの攻撃の責任者とされる。


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 10:27:17 ID:???
Three women, one infant injured in Coalition firing
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=29381
コースト州警察の話では17日月曜夜に連合軍が1台の車両に発砲し、女性3人と
新生児が負傷した。
女性の1人が近くの診療所で出産し、新生児と女性達はその車両で家に戻る
ところだった。

別件で、18日火曜日、コースト州東部で連合軍が1台の車両に発砲し、
男性1人と6歳の男児が負傷した。


Afghan, Coalition Forces Capture Insurgents in Kandahar Raid
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=10000080&sid=a1tyWOdsISZo&refer=asia
・アフガン&連合軍は18日火曜日にカンダハルのタリバンの拠点のひとつを
 襲撃し、麻薬密売容疑者を含む8人の容疑者を拘束した。

・米&アフガン軍はクナル、ヌーリスタン、ナンガルハルの東部の3州で
 クーガー作戦を開始した(>>90)。しかし東部地域で今週初めに市民7人と
 警官6人が死亡する事件が発生した後、カルザイ大統領は連合軍に行動の
 自制を求めた。連合軍はこの事件を調査中である。


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 10:28:09 ID:???
2 US soldiers wounded in southern Afghan roadside bomb blast
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=29384
米軍の話では、18日火曜日にザブル州で米軍車両を狙った路傍爆弾の
爆発で兵士2人が負傷した。

Roadside bomb injures 2 Canadian soldiers
http://www.cbc.ca/storyview/MSN/world/national/2006/04/19/afghan-bomb060419.html
19日朝にカンダハル西部でカナダ軍車列の近くで爆弾が爆発し、カナダ兵2人が
負傷した。損傷した車両はそのまま基地にむかうことができた。

カナダ軍はカンダハルに主要基地を持っているが、そのほかにいくつかの
衛星基地を持っていて、この車列はそのうちのひとつに向かう途中だった。


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 10:48:46 ID:???
>>95の下の記事の説明に間違いがありました。
カルザイが抑制を求める発言をしたのが今週初めのことで、連合軍の攻撃に
巻き込まれて7人の市民と6人の警官が死亡したと思われる2つの事件が
発生したのは 先週の事でした。


Coalition Probes Afghan 'Friendly Fire'
http://www.forbes.com/work/feeds/ap/2006/04/17/ap2673366.html
・米軍は15日土曜日にタリバンの拠点を叩く作戦の後に、7人のアフガン市民が
 死亡していた件を調査中。

・カナダ軍率いる部隊は14日金曜日にタリバンとの戦闘中に『友軍の誤攻撃』で
 アフガン人警官に死傷者を出したとされる件について調査中。(>>90)

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 14:11:09 ID:???
Pentagon releases names of 558 prisoners held at Guantanamo
http://news.independent.co.uk/world/americas/article359127.ece
・ペンタゴンはグアンタナモの囚人の公式リストを初めて公表した。
 グアンタナモキャンプを経験したことのある者たちのうちの4分の3に当たる
 558人の名前が載っている。
 
・囚人達の出身は41カ国にわたるがその3分の2はサウジアラビア、アフガン、
 イエメン人の3カ国で占められる。
 囚人達はほとんど全員が米政府の『敵性戦闘員』の烙印を押されている。

・リストには何人かの旧タリバン政権の政府高官の名前がある。
 それは元国防省の責任者の1人モハマド・ファズル師、情報局職員の
 アブドゥル・ハク・ワシクとゴラム・ルハニ、元駐パキスタン大使
 アブドゥル・サラム・ザイーフらだ。ザイーフは2005年に釈放されて
 いるが、他は今もキャンプにいると思われる。

・グアンタナモの状況については昨年雑誌の報道などから批判が高まった。

・アフガニスタン戦争での行方不明者を調査している独立調査団は
 このリストにより、アフガン人の身元、人数、出身地などが調べやすく
 なるとして、公表を歓迎した。


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 14:11:40 ID:???
タリバンの活動が比較的少ない州の記事です。
Suspected Taliban member killed in mine blast
http://www.pajhwak.com/viewstory.asp?lng=eng&id=16847
北部バグラン州知事は19日水曜日、タリバンの仲間とされるオバイドゥッラー師
という人物が自宅で地雷作りをしている最中に装置の誤作動による爆発で死亡
したと言った。

昨年バグラン州で起きたオランダ部隊への攻撃に同様の地雷が使われたと
州知事は見ている。

また、州警察は18日夜に身元不明の武装グループが警察部隊を攻撃して、
警官一人が死亡したと言った。この事件の容疑で4人が逮捕された。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 14:13:36 ID:???
Pro-Taleban Militants Kill at Least 7 Pakistani Soldiers in Ambush
http://voanews.com/english/2006-04-20-voa5.cfm
パキスタン当局の話では、20日木曜日の朝北ワジリスタンの山岳地帯のある村を
通過中のパキ軍部隊を親タリバン武装勢力が待ち伏せ攻撃し、少なくとも7人の
パキ軍兵士が死亡、22人が負傷したと言った。
反撃で武装勢力側の少なくとも5人も死亡した。

パキ軍は親タリバン&アルカイダの武装勢力をターゲットにしてこの地域で
長期にわたる軍事作戦を展開しているが、そのことが地元住民を怒らせ
武装抵抗勢力への支持を生じさせているという懸念も高まっている。

最近の衝突で女性と子供を含む250人以上が死亡している。

101 :1/2:2006/04/21(金) 14:17:18 ID:???
BBCのパキスタン人記者が『パキスタンのタリバン』のリーダーにインタビュー
Meeting Pakistan's Taleban chief
http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/4927914.stm

・ハジ・オマルという名前はよそではあまり知られていないが、ワジリスタン
 では日増しに尊敬と畏敬を集めている名前だ。彼はここ1年で蜂起して
 ワジリスタンの大部分の支配権を握った『パキスタンのタリバン』の
 リーダーだ。彼は南ワジリスタンで支配権をゆるぎないものとし、
 北ワジリスタンでも間もなくそうなると確信している。

・彼はワジリスタンを管理していると主張しているけれども、パキ当局から
 追われている身の男である。

・インタビューは南ワジリスタンのワナで行われた。初対面の印象は
 穏やかで友好的な話し方をする人物で55歳にしては若く見えた。
 アフガンで対ソ戦を長く戦った半生を感じさせなかった。
 >>73の「髭を伸ばせとタリバンが命じた」という報道を笑って否定した。
 
・ハジ・オマルはワナ付近の村で生まれ、アフガニスタンのバグラムと
 カブールでソ連と戦って数年を過ごした。負傷してもソ連の撤退まで
 残った。その後のアフガン内戦からは逃れるためにドバイに行った。
 タリバン政権が出来ると彼はワジリスタンに戻りその後カンダハルに
 住み、オマル師の副官の1人を務めた。

102 :2/2:2006/04/21(金) 14:17:57 ID:???
・2001年の米連合軍の侵入でタリバン政権が崩壊すると、ワナに戻り、
 『パキスタンのタリバン』を組織化してきた。

・彼の見解では、パキスタン政府は、『タリバン』が南ワジリスタンを
 安定させていることに不満は無いが、シャリアを実施することを
 恐れている。
 また当局が「部族地域に保護を求めるアラブ人や中央アジア人武装
 勢力からの資金目当てでタリバンを名乗る組織を作っている」と主張
 していることを、金目当てではないとして退けた。

・彼の目標はイスラム制度のイスラム国家だったアフガニスタンを無政府状態に
 したアメリカとその協力者達にジハードを行い、無政府状態を終わらせる事だ
 という。

・アメリカは敵であり、その協力者を今までに大勢捕らえてきた。
 捕らえた者たちのために弾丸を無駄に使う事は無い。
 「ただ虐殺する」とハジ・オマルは笑顔で言った。

103 :1/2:2006/04/22(土) 21:45:01 ID:???
AP通信のザイーフたんインタビュー記事です!写真もありますが、2001年7月の
写真だと説明がついています。
Ex-Taliban Envoy Warns U.S. to Negotiate
http://news.yahoo.com/s/ap/20060421/ap_on_re_as/afghanistan;_ylt=AqIN3vIPTtyhYwMWolLuak8Bxg8F;_ylu=X3oDMTBjMHVqMTQ4BHNlYwN5bnN1YmNhdA--

・元タリバン政権の駐パキスタン大使で、グアンタナモの捕虜でもあった
 アブドゥル・サラム・ザイーフは20日木曜日にAP通信とのインタビューで、
 米連合軍がタリバンとその他の武装抵抗グループとの話し合いを始めない限り、
 武力(暴力)活動はアフガニスタンで続くだろうと言った。

・インタビューはカブール郊外にある厳重に保護された彼の家で行われた。

・ザイーフのこの呼びかけは、金曜日に米&アフガン当局に拒否された。
 両当局は、テロ組織と交渉はしない、軍の活動こそ武装勢力を裁く唯一の方法
 だと言った。

104 :2/2:2006/04/22(土) 21:48:17 ID:???
・しかしザイーフは米国の『傲慢さ』が米連合軍のタリバン指導部への対処を
 妨げている、軍の活動はアフガニスタンの安定を悪化させるだけだと言った。

 「暴力の問題は増していると思います。人々はそれを軍事力か交渉か、
  どちらを使って解決するのか決めなければなりません」
 「アフガニスタンは和解を必要としていますが、米国は交渉を望んでいる
  とは思えません」
 「タリバンとヘクマ派は連合軍にとってまだまだ問題となりうる存在です。
  アフガニスタンはドイツや日本のようにはいかないのです」

・ザイーフは2002年1月に逮捕されて、9.11事件と2000年のイエメンでの
 米国艦船コール号爆破事件について尋問を受けるためにグアンタナモに
 送られた。彼は協力を拒否し、何らかの犯罪で起訴される事はなかったと
 言った。

 「現在私は政府の監視下にあります。私は4年近くも家族から離れていました。
  カンダハルの私の村では2001年以来47人が死亡しています。
  アフガニスタンという国と30年もの戦争、人が殺されること、そしてそれが
  今も続いていることに 私はとても疲れを感じます」


105 :あるやーばん ◆FVgZM7PrgI :2006/04/22(土) 21:59:52 ID:???
★アフガンでカナダ兵4名が戦死、IED攻撃、カンダハル北方

《イタリア語》http://www.corriere.it/ultima_ora/agrnews.jsp?id={21DBFC1F-34CD-4AD2-B219-03EAA1DF48E0}


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 11:54:00 ID:???
Karzai calls on Taliban to end violence
http://www.breakingnews.ie/2006/04/28/story256288.html
28日、共産政権に対するムジャヒディンの勝利14周年記念の軍事式典の中で
カルザイ大統領はタリバン兵に、全国で激化している武力活動を終わらせて
武器を引き渡し、政府軍に加わり、国民のために貢献するよう促す発言をした。


107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 02:02:07 ID:???
「アルカイダと共に戦う用意」 ヘクマティアル元首相が言明
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1923709/detail
久しぶりに何か言ってますが、結果はいつも通りでしょうね…。
まあ、お元気そうではあります。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 12:28:10 ID:???
>>107
この記事によると、今回のメッセージは初めてヘクマがアルカイダあるいは
ビン・ラディンに協力する、指揮に従う、と言っているところが注目される点のようです。
Afghan Warlord Pledges to Back Bin Laden
http://www.forbes.com/technology/feeds/ap/2006/05/04/ap2722982.html


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 12:36:07 ID:???
Taleban tell British to expect a river of blood
http://www.timesonline.co.uk/article/0,,3-2165731,00.html

オマル師の報道官モハマド・ハニフ・シェルザドは、アフガン南部に展開する
NATO部隊を指揮しているイギリス軍に対する以下のようなメッセージを衛星電話で
The Times紙に語った。

・我々の活動は日増しに強化している。我々は現在正面戦を戦う自信がある。
 必要な弾薬はすべてある。

・我々はアフガニスタンをイギリス軍にとっての血の海に変えるだろう。
 かつて我々(アフガン人)はイギリスを打ち負かした。再びそうするだろう。

このような脅しのメッセージは、以前は消え行くタリバン運動の最後の叫びとして
退けられていたが、現在では真剣に受け止められている。

110 :funわか:2006/05/06(土) 13:22:48 ID:7VzZpsLT
イラク解放戦争に関して
この戦争に関しても改めて日本の新聞テレビがいかに幼稚かを思い知らされる

唯一まともな論評はサンケイ新聞くらいのものでフジ(サンケイ)テレビとなると50歩100歩、や
はり愚劣低俗偏向報道の王者は朝日系新聞テレビと田原総一郎に筑紫哲也に鳥越俊太郎だった。ホント
に幼稚というよりも卑怯な人々だ。 文民統制自由主義国の恩恵を最大謳歌しておきながら、その報道
姿勢は民主主義国家のアメリカの重箱の片隅のアラを捜し集めての批判ばかり、そのうえに世界中が解
りきっている軍事独裁圧政国家の国民の真の苦しんでいる姿は殆ど報道しない。イラクはすでにフセイ
ンの軍事独裁弾圧の政治は終わり、日本と同じ民主的な選挙により国の代表者が選ばれようとしている。
大いに結構毛だらけ猫灰だらけではないか

これら国損マスコミを日本から追放する手だてはないのだろうか。やはり、スパイ防止法しかこういう
輩を追っ払うことは出来ないのだろう。だからこそ、彼らはスパイ防止法の成立を全力で阻止する手段
を策略し続ける。つくづくと思う、マスコミの質は国民の質を決して越えはしない。こういう、マスコ
ミや解説者をのさばらせる、という選択もまた国民の質の問題であろう。

参考資料:HP、恋愛manual→f u n w a k a論 より


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 22:05:54 ID:???
Taliban claim helicopter kill
http://english.aljazeera.net/NR/exeres/8706BB7C-FE72-4553-96F1-B5D017454AF4.htm
アルジャジーラのアフガニスタン支局記者は、タリバン報道官ムハマド・ハニフが
タリバンが米軍チヌークヘリを撃墜して乗員全員を死亡させたと主張していることを
伝えた。

米連合軍側は、原因についてまだ把握できていないが、高い山岳地帯の険しい
地形と強風の吹いていた気象条件などが考えられ、現場には敵からの攻撃を
示すものはなかったとし、タリバンの主張を否定している。

このヘリは先月クナル州で始まった対タリバン攻撃のクーガー作戦に加わっていた。

ハニフ報道官はタリバンは米軍ヘリを破壊する能力のある高度な武器を手に入れた
と言っている。


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 11:02:40 ID:???
Taliban To Recruit Suicide Bombers
http://www.allheadlinenews.com/articles/7003533418
テレグラフ紙が伝えたところでは、タリバンはアフガニスタンで連合軍を標的にした
自爆攻撃者を募集するために何千枚ものDVDを発売した。

このDVDには求道殉教者の1人がムスリムの青年達に向けた言葉が収められている。
「アッラーが私たちの犠牲を受け入れてくださいますように。
 そしてすべてのムジャヒディンが、アッラーの道に命を捧げた偉大な殉教者達の
 あとに続き、ジハードを続けるよう願います」

報道によれば、このDVDはアフガン・パキ国境の双方の側の市場で売られている。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 09:10:30 ID:???
Out-of-power Taliban Resumes Public Executions
http://abcnews.go.com/International/story?id=1963240&page=1
タリバン報道官と独立した情報筋の話では、5月の最初の週にタリバンは
ウルズガン州で、タリバン独自の裁判で殺人罪に問われた男をシャリア法に
基づき公開処刑した。

これはタリバンが2001年12月に権力の座を追われて以来、裁判・処刑行為を
組織立って行えるようになったことを示す最初の出来事である。

アフガン政府、米軍、NATO軍はこの件についてコメントしていない。

独立した情報筋は、ウルズガン州のほか、近隣のカンダハル、ザブル、ガズニ、
ヘルマンド、ニムロズ、ファラー州などでもタリバンの力が増していると
言っている。


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 09:35:56 ID:???
Al Qaeda and Taliban interdependent
http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=2006%5C05%5C17%5Cstory_17-5-2006_pg7_8
(一部抜粋)パキスタンの治安機構の中には、いつか米軍が去れば
アフガニスタンではタリバンが復権すると予想する者が多くいる。
彼らは、だからパキスタンの西部国境を安定させるためにはタリバンと
良い関係を持っておくことが欠かせないと主張している。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 22:53:13 ID:???
【アフガニスタン】タリバンの残存勢力、警官隊と各地で大規模衝突、死者76人
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1147958125/
1 名前:諸君、私はニュースが好きだφ ★[] 投稿日:2006/05/18(木) 22:15:25 ID:???0
 アフガン政府は18日、同国南部ヘルマンド州のモサ・カラ町の州政府
庁舎、警察署、商店などを17日夕、旧政権タリバーンの残存勢力数百人
が襲い、警官隊と交戦、タリバーン兵約40人、警官13人が死亡した、と
述べた。

 銃撃戦などは約9時間続き、警官6人も負傷した。イスラム強硬派勢力
タリバーンの政権が、米軍主導の作戦で2001年末に崩壊後、ヘルマンド州
で発生した衝突では最大規模となっている。

 アフガンでは昨年末、再建への政治プロセスが一応完了しているが、
今年に入りタリバーンによるテロ、攻撃が目立っている。同勢力の組織
再編が進んでいることをうかがわせている。モサ・カラ町は首都カブール
から北部へ約40キロ離れ、タリバーンと多国籍軍、アフガン軍との交戦
がたびたび起きている。

 ヘルマンド州は、英軍が治安維持に当たっているが、17日の戦闘には
参加しなかったという。

 アフガン内務省によると、西部ヘラートでは18日、車爆弾の自爆攻撃
があり、外国人1人が死亡、アフガン兵士1人と通訳が負傷した。タリバーン
が犯行声明を出した。外国人は米国人との情報があるが、詳細は不明。

ソース(CNN) http://www.cnn.co.jp/world/CNN200605180027.html
写真(アフガン国内で作戦に従事するオーストラリア軍の特殊部隊兵士)
http://www.cnn.co.jp/world/images/CNN200605180026.jpg
別ソース(朝日新聞) http://www.asahi.com/international/update/0518/012.html?ref=rss
別ソース(共同通信) http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006051801004001


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 00:20:18 ID:???
最近よく見かける「タリバンら武装抵抗勢力が力を強めている」という報道を
いくつか寄せ集めた記事です。ザイーフたんのコメント部分を抜粋。

Taliban Establish Control on the Fringes of Afghan Cities
http://jamestown.org/terrorism/news/article.php?articleid=2369993
元タリバン政権の駐パキスタン大使で、現在はアフガニスタンの和平プロセスに
加わっているザイーフ師は「一部の地域では。オマル師は今もアミール・ウル・
ムミニーン(ムスリムのリーダー)として知られている、特に若い世代の間では」
と語った。 --アフガンのトロテレビが4月15日に放送--

117 :1/2:2006/05/19(金) 15:30:35 ID:???
AFGHANISTAN: NEW COMMANDER THE KEY TO TALIBAN SPRING OFFENSIVE
http://www.adnki.com/index_2Level_English.php?cat=Security&loid=8.0.300194268&par=0
アジアタイムズオンラインのタリバン関連記事でおなじみのシャーザド記者が
アフガニスタン&パキスタンのジハーディ情報筋に取材したところでは

・昨年一年間、そして今年の春先まで、タリバンはこの春の攻勢に向けて
 着々と準備をしてきた。その準備とは、たとえば自爆攻撃者の大規模な補充と
 アフガン各地の部族長達と裏で取引することなどだ。

・その準備が完了したのは先月の4月だと情報筋は見ている。そして準備完了と
 ともに、タリバンのオマル師は、各地域にそれぞれ指揮官を配するのとは別に
 抵抗運動を統括する指揮官としてマウラナ・ジャラルッディン・ハッカニを
 置くことを決定した。

・現在50代のハッカニはタリバンオリジナルの中核メンバーではない。しかし
 対ソ戦を戦ってきた最重要司令官たちの中で、1990年代半ばに出現したタリバン
 運動に最初に降伏した人物である。
 そして2001.9.11事件の後、パキ情報部ISIから「オマル師に反旗を翻して
 『穏健派タリバン』を作れば、新しいアフガン政府で大統領にしてやる」と
 誘われても断り、オマル師への忠誠を誓い続け、地元コースト州とパクディア
 州に戻り米連合軍と戦い続けている。

118 :2/2:2006/05/19(金) 15:33:57 ID:???
・先月オマル師は自軍の勢力を検討し、より多くの資金と大量の武器弾薬の備蓄、
 そしてイラクの抵抗勢力とともに年ゲリラ戦の記述訓練を受けてきた数百人の
 若者をハッカニに与えて『昇進させる』決定をした。

・その決定により、ハッカニはアフガン全国で自爆攻撃の采配と、自分のグループ
 を使った戦闘をどこででも行うことが認められた。そして彼が南部での影響力を
 強めるとともに、遊休状態にあったサイフッラー・マンスールのようなその他の
 抵抗運動のベテランたちもハッカニに合流してきている。

・一方タリバン自体も昨年1年間に大規模な新兵募集を進めた。パキ政府が
 カシミールで戦う非合法武装組織の取り締まりを強化する中で、それらの勢力が
 タリバンに入っていった。彼らはアフガンと国境を接する山岳地帯の南北ワジリ
 スタン部族地域に多数流入し、全員がオマル師に忠誠を誓い、かつてのタリバン
 政権にならったイスラム国家(自治州)を作り上げている。


>>116下から3行目
>「一部の地域では。  は  >「一部の地域では、 に訂正します

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 15:37:12 ID:???
>>118 さらに訂正orz..
上から2行目 
>年ゲリラ戦の記述訓練  >都市ゲリラ戦の技術訓練

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 21:03:34 ID:???
>>117-119と同じ記者によるほぼ同じ内容の記事の追加情報。
Taliban's new commander ready for a fight
http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HE20Df02.html

・1990年代のタリバンの出現時と今とで違う点は2つある。
 タリバンがパキスタンのサポートを受けていないことと、
 多くの独立したグループがタリバンの傘の下に集まっていることだ。

・かつての抵抗運動の有力者(保守派)たちの一部は現在の戦いに飛び込んできて
 いるけれども、それはオマル師の追随者としてではなく、タリバンのパートナーと
 してだ。

 それはたとえば東部のヘクマ派のヒズビ・イスラミや、ユヌス・ハリス派の
 ヒズビ・イスラミだ。ヘクマ派は地元の東部地域で、(南部が地元の)タリバン
 のために地ならし的な活動をしている。
 ハリス派では、ハリスの息子のアンワルル・ムジャヒドが、外国軍とアフガン政府
 への反乱を起こすよう各部族に働きかけをしている。

・ただ、今のところそれらのグループは、互いに、また、タリバンとの
 協力関係がうまく調整できていない。それがうまくいけば、武装抵抗勢力は
 ほんの数週間でカブールに行き着くだろう、と、抵抗勢力に近い情報筋は
 言っている。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 00:21:54 ID:???
Top Taleban commander 'arrested'
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/south_asia/4997548.stm
アフガンの当局者がBBCに、タリバンの最重要幹部の1人ダドゥッラー師が
カンダハルで国際部隊に拘束されたと語った。拘束の状況の詳細はまだ
わかっていない。

タリバン報道官のモハマド・ハニフはこれを否定している。

アフガン政府と米軍からは公式の確認はされていない。

ダドゥッラー師は南部ヘルマンド州で武力活動の大半を指揮していたとみられる。
その他ダドゥッラー師について知られている情報は、オマル師に非常に近い
人物であること、タリバンの『10人幹部会議』のメンバーの1人だったこと、
数多くの攻撃から生き延びてきていること、戦闘中に片脚を失っていること、
残酷さで有名であることなどだ。

また、2004年にパキスタンのある政治家を殺そうと試みたとして、2005年12月に
パキスタンの裁判所で終身刑を宣告されている。


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 02:02:22 ID:???
Mulla Dadullah not in coalition custody, say coalition forces
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=1831&newscat=2
19日金曜日、ダドゥッラー師逮捕の報道に関するAIPの質問に対し、
カブールにいる連合軍報道官は「調査中だが、確認できる情報がない」と答えた。
カンダハルにいる連合軍報道官は「連合軍の拘置所にダドゥッラー師は
いないことが確認できた」と答えた。

Taliban rejects arresting of Mulla Dadullah
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=1828&newscat=2
19日金曜日、ダドウッラー師逮捕の報道に関してタリバン報道官の
Dr.ムハマド・ハニフはAIPに否定のコメントをした。

ハニフは「午後4時15分にダドゥッラー師本人と無線で会話し、
彼が笑って逮捕の報道を否定するのを聞いた」と言った。

ダドゥッラー師はタリバン政権時代には北部地域の司令官だった。
タリバン崩壊後、しばらく身を隠した後、カンダハルに現れて南部を担当
するようになった。

アフガン政府筋はダドゥッラー師逮捕の発表をしたが、AIPとしては
それを確認できなかった。


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 12:26:32 ID:???
a??Dadullaha?? says he is free man (見出しが文字化けしています)
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=29961

19日金曜遅くにパキのThe News紙にダドゥッラー師本人を名乗る男が
不明の場所から衛星電話をかけてきて、逮捕の報道を否定した。

「私は今も戦闘でタリバン兵を指揮している。カンダハルから遠くない市にいる。
 私がダドゥッラーだと信じなさい。なぜ嘘をつく必要があるのか?
 当局は片脚の貧しい村人を捕まえて、それを私だと言っているのだろう」

しかし、過去にもそうだったように、ダドゥッラー師だと名乗ってメディアに
かけてくる電話の人物が本人であるかどうかの確認はできない。

ダドゥッラー師拘束を発表したアフガン国軍南部担当司令官ラウフィの話では、、
ダドゥッラー師はカンダハルのパンジワイ地区の戦闘中に拘束され、重症を
負っていて、カンダハル市内の軍病院で治療を受けているとのことだった。

もし逮捕が真実であれば、タリバン指導部にとって非常に大きな痛手である。

タリバン情報筋によればダドゥッラー師は司令官として自らの安全を省みず
戦闘の前線に立ち、タリバン兵の士気は高まったという。
また2001年11〜12月に米連合軍&北部同盟との戦いで、北部クンドゥズ州に
閉じ込められた時、ドスタムに降伏せず決死の脱出したことで、一般のタリバン兵
からヒーロー視されていた。

*ダドゥッラー師の年齢は40歳前後だそうです。
 オマル師より少し下でザイーフたん・ムタワキルたんと同年代ぽいですね。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 13:53:39 ID:???
グアンタナモで「反乱」 収容の容疑者が米兵襲撃
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20060520/20060520a3190.html

「拷問禁止」を強く勧告 国連委員会、米国に
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20060519/20060519a3080.html



125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 15:01:59 ID:PHsH3IDP ?
(レl((\:::
ノ(゜・゜*レll\::
レ l><l/::

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 11:32:49 ID:???
Second kill for murder decree announced, Taliban claims
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=1838&newscat=2
タリバン独自の裁判で殺人罪の被告に死刑を宣告したとタリバンは
主張している。これは>>113に続く2度目の事例だ。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 11:38:14 ID:???
Taliban asked on Afghan soldiers to leave forces within 30 days
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=1834&newscat=2
タリバンはアフガン国軍の兵士達に、30日以内に軍を離れるように求めた

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 22:58:23 ID:???
ダドゥッラー師顔写真
Three senior Taliban commanders arrested: Governor
http://www.pajhwak.com/viewstory.asp?lng=eng&id=18324

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 08:17:22 ID:???
Taleban commander still at large
http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/5006052.stm
拘束された人物はダドゥッラー師ではないと米連合軍報道官が確認した。

ただし、ダドゥッラー師と同じような容貌の特長を持つタリバンの高官が
拘束されたのは事実としている。(名前等は明かされていない)

『ダドゥッラー師逮捕』のニュースは当初、連合軍の大勝利のひとつと
見なされ、カブールでは興奮の波が広がっていた。

130 :あさり:2006/05/23(火) 09:32:39 ID:6PtcNmvs
タリバンにだってテロリストになる色々な事情があるはずだ。
タリバンを悪玉と決め付けるのはあまりのも一方的すぎる。
世界世論は何か冷たい。


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 10:14:09 ID:???
タリバンがテロリストだったらアメリカもテロリストだな

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 11:07:22 ID:???
剣を手にする時が来た。侮辱された人々は困惑している。
武器を持つことは、野蛮で残忍なことではないかと。

西洋人、そしてアメリカ人。白い衣を着て羊を殺す者。
その魂が肉体から抜けるとき、羊の足が震えたなら、それは”失礼な羊”となる。

同様に、彼らは我々を虐殺しようと考えている。白い衣を着ている限り。
もし、我々が死ぬとき手足が震えるなら、我々は野蛮人となる。

見よ!彼らを見よ!
彼らは野蛮人だ!彼らはテロリストだ!彼らは残忍だ!彼らは聖戦組織から来た!

名誉を守ることは、野蛮で残忍とみなされる。
我々は名誉を傷つける者に対し、ほほえみ返さなければならない。
彼らが富を奪う間、我々は平伏していなければならない。
「はい旦那様。はい旦那様。」と。

我々の聖なる土地は盗まれなければならない。
我々が一発の弾丸を持っていたなら、我々はテロリストだ。
これがテロリズムだと言うならば、我々はテロリストだ。

我々はテロリストだ。テロはアッラーの本で義務とされている。
世界に知らせよ。我々はテロリストであり、我々は恐怖を与えると。
”彼らに対し出来る限りの備えをせよ。アッラーとあなたの敵に恐怖を与えよ。” (8章60節)
そう、テロはアッラーの教えでは義務なのだ。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 16:37:27 ID:???
タリバーン拠点を米が空爆、80人死亡 アフガン
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060523/K2006052300880.html

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 12:23:25 ID:???
Kabul clerics rally behind Taliban
http://www.thestar.com/NASApp/cs/ContentServer?pagename=thestar/Layout/Article_Type1&c=Article&cid=1148248211722&call_pageid=968332188492
最近カブールのモスクで一部の聖職者(必ずしもタリバン親派ではない)が
アフガン政府と外国軍に対するタリバンの戦い、ジハードに加わるように呼びかけている。

タリバン支持は南東部の田舎の地域が多いが、その勢いはカブールに近づいているようだ。

取材に応じたイマーム(導師)たちがその理由としてあげたのは、
アフガニスタン援助のために集まった資金が政府高官やNGO関係者のポケットに
入っている(と人々が考えている)ことや、以前は厳しく禁じられていた飲酒や売春が
現在のカブールでおおっぴらに行われていること、外国軍兵士が武装勢力の家宅捜索の
ために人々の家に入り、女性を直接調べていることなどで、そのために市民の反感が
高まっているという。

取材に応じたイマーム達は毎週金曜日の説教で信者達にジハードやそれを示唆する内容を
話しているという。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 10:30:14 ID:???
U.S. says Taliban gain strength; 29 dead in clash
http://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/ISL157000.htm
24日水曜日アフガン駐留米軍報道官は概況報告で、アフガニスタン南部の
カンダハル、ヘルマンド、ウルズガン州の一部地域では、確かにタリバンが
力をつけて影響力を増してきている、と語った。
そして「だからこそ我々は彼らを追跡している」と言った。

136 :1/2:2006/05/26(金) 12:36:09 ID:???
ATO、AKIでタリバン関連記事をよく書いているシャーザド記者の記事です。
PAKISTAN: RECOGNITION OF TALIBAN 'ADMINISTRATION' ON THE CARDS
http://www.adnki.com/index_2Level_English.php?cat=Security&loid=8.0.302677702&par=0

北部パキスタンの情報筋がAKIに語ったところでは

・パキ政府はアフガニスタンと接するワジリスタン部族地域への政策を再検討している。
 パキ軍をこの地域から撤退させて、地元の「パキスタン人からなるタリバン武装勢力」
 に実質的な行政管理権をあたえ、彼らを地方政府として認めようとしているのではないか。

・部族エリアに接する北西部辺境州(NWFP)の新しい知事に元パキ軍高官のオラクザイ氏が
 任命されたことは、そのサインと見られる。
 
 オラクザイ氏は部族の出身で、2003年に米国を公式訪問した際に、米当局の
 パキスタン人に対する態度が差別的だと公の場で非難したことから
 「ワシントンの嫌われ者」のひとりとなっている。

・過去4年間、パキ治安部隊は米国主導の対テロ戦争の旗の下に、南北ワジリスタンの
 部族地域でタリバン武装勢力と戦ってきた。しかし数万人規模のパキ部隊はこの地域で
 自由に動くことができず、都市部でさえ自軍の基地に引きこもっている状態だ。

137 :2/2:2006/05/26(金) 12:41:33 ID:???
・その一方でタリバンは地元部族民に受け入れられやすい行政能力(裁判、警察業務、
 苦情処理)を発揮し地域を管理している。南ワジリスタンのタリバンの事務所前には、
 苦情の申し立てなどで人々が長い行列を作っているという。

・ワシントンからは「ワジリスタンにもトラボラのような空爆作戦を」という指令が
 来ているようだが、現状ではパキ政府はそんなことはできそうにない。むしろ
 実質的な取り組みとして、パキ軍の撤退が考えられている。

・軍が撤退するとして、その後の地域安定を模索して大ジルガが組織化されているところだ。
 ジルガの参加者は部族の長老たちのほか、パキの宗教政党連合MMA関係者、NWFP出身の
 宗教界のトップ、部族出身の国民議会議員、上院議員、行政高官、その他タリバンから
 敬意をもたれている高官らだろう。

・大ジルガはタリバンと交渉し、パキ治安部隊に名誉の撤退をさせようとするだろう。
 そして正式に口にされることはないだろうが、実質的には行政管理権はタリバンに
 引き渡されるだろう。しかしそうなったからといって、タリバン武装勢力が動きを静め、
 停戦の道が開かれるかどうかは未知数だ。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 14:56:36 ID:???
二つの記事ともこの春からのタリバンの様子について、2001年以来かつてなかったほど
力を増しているうえ、民衆からの支持も増えてきている、という内容です。
Taliban rising
http://www.theglobeandmail.com/servlet/story/RTGAM.20060526.wxafghan27/BNStory/Front
AFGHANISTAN: UPSURGE OF VIOLENCE REFLECTS NEW TALIBAN TACTICS
http://www.eurasianet.org/departments/insight/articles/pp052606.shtml

下の記事からザイーフたんのコメントを抜粋:

「パキスタンはカブールの政府に影響を及ぼすために、武装グループが
 アフガニスタンに国境越えの攻撃をするのを支援していると思う」
「すべての外国軍がアフガニスタンから完全にそして突然に撤退することは、
 アフガニスタンを内戦に導き、いっそうの流血の事態を生むだろう」
「米軍は過去の残虐行為で非難されているアフガンの軍閥たちと協力する
 という過ちを犯してきている。そのような同盟関係に加え、連合軍の空爆で
 突然無実の市民が殺される状況が、南部のアフガン人を怒らせている」
 

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 13:14:09 ID:???
Eight Afghan soldiers surrender to Taliban・/strong>
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=1910&newscat=2
タリバン報道官Dr.ハニフは27日土曜日AIPに対し、前日の金曜日に
ガズニ州ギラン地区で長老達の立ち会いのもと、アフガン国軍の兵士8人が
武器を捨てタリバン側に降伏したと言った。

しかしガズニ州警察はこの主張を否定し、1人の兵士もタリバンに降伏して
いないと言った。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 23:52:12 ID:???
>>121-123>>129関連
'Captured' Taliban leader appears on TV
http://www.ctv.ca/servlet/ArticleNews/story/CTVNews/20060503/afghanistan_mulla_060528/20060528?hub=World
ダドゥッラー師は28日日曜日にアルジャジーラテレビのインタビューを受け、
自分は無事で拘束されていないことを示した。

インタビューはヘルマンド州でアルジャジーラのレポーターのアーメド・
ザイダンが行った。

ダドゥッラー師は
「タリバンはアフガニスタンで大きな勢力を持っており、また、イスラム諸国から
 支援(支持)を受けている、そしてイラクの武装抵抗勢力と接触を持っている」
「ヘルマンド州だけで12000人のタリバン兵がいる。そこから他の地域に
 どれくらいいるか見当がつくだろう」
「外部の支援を受けているかについては、一部の国はアメリカを打ち負かすのを
 手伝うと申し出てkれている」
「アルカイダのアラブ人兵と協力している」
などと語った。

画面ではダドゥッラー師は潅木が点在する開けた場所の一本の木の下で
座っている姿と、武装した数人の男達と歩いている姿が見られた。

5月19日にアフガン軍報道官が、その数日前に拘束したタリバン兵の中に
ダドゥッラー師がいる可能性があると発表した。しかし米軍はその情報を
疑っていた。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 12:28:37 ID:???
カブールで反米暴動 タリバン後最大、死者も
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20060529/20060529a3460.html

Police claim killing two Taliban in Ghazni
http://www.pajhwak.com/viewstory.asp?lng=eng&id=18829
タリバン報道官Dr.ハニフは29日月曜日にAIPに電話でカブールの事件を
非難し、アフガン政府の沈黙は、傀儡政権であることの証だと言った。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 12:39:23 ID:???
As-Sahab Production Video of Joint Taliban and al-Qaeda in Afghanistan Launching of Rockets at American Forces in Khost
http://www.siteinstitute.org/bin/articles.cgi?ID=publications179506&Category=publications&Subcategory=0
アルカイダのメディア担当組織アス・サハブは5月30日に3分28秒間のビデオを
発行した。

タリバンとアルカイダのムジャヒディンがコーストの空港にいる米軍に
ロケット攻撃をする様子が映っている。

ビデオの中でGPSを手にした男は「GPS装置がジハードの場所(ロケット発射)を
示してくれることを神に感謝する。これで敵の距離と方角を正確に割り出せる。
私たちはコースト空港にロケットを撃った。それはとても正確だった」と
言っている

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 15:17:54 ID:???
>>141関連
Hikmatyar hails protest against US forces in Kabul
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=30397

ヘクマはAIPに電子メールとファックスで、カブールの事件についての声明を送ってきた。
その中でヘクマはカブールの市民が侵略外国軍に抵抗したことを評価し、アフガン国民に
ソ連占領軍に対したのと同じような偉大なイスラムの抵抗活動を開始するように促した。

また、反アフガン政府・反米軍活動とパキスタンを結びつける考えは、パキスタンが実質
米軍基地になっていて、抵抗勢力への爆撃の多くがパキスタンの基地から飛び
立った米軍機で行われていることを考えれば、おかしなことだ、と言った。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 15:20:34 ID:???
Guantanamo hunger strike spreads
http://english.aljazeera.net/NR/exeres/FC553127-BBF7-4120-BD15-E41499441102.htm
グアンタナモでは先週末に囚人達のハンストが3人から75人へと急増し、
現在では89人と今年最大になった、と米軍は1日木曜日に発表した。

米軍は、このハンストは国際世論の同情を集めて、米軍に釈放するよう
圧力をかけることが目的だと言った。

米軍によればハンスト参加者達は医療職員から監視されている。また、長期の
ハンストが健康に与える影響の忠告も受けている。6人は強制的食事を受けている。

一方、人権団体関係の弁護士は、ハンストが増えていることは、囚人たちの
助けを求める声が増しているためだろうと言った。
約460人の囚人達の多くは4年半もの間拘留されているが、何らかの犯罪で
起訴されたものは今までに10人しかいない。

国連の調査団は5月19日に、グアンタナモの囚人を無期限に拘留することは
世界の「拷問に対する禁止」に違反している、米国はこの拘留所を閉鎖すべきだと
言った。

5月18日には、囚人の1人が自殺未遂を装って、警護官達をおびき寄せ、
間に合わせの武器を持った囚人達が警護官達を攻撃する、という事件が
起きている。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 02:12:25 ID:???
Taliban to Canadians: Get out or face death
http://www.theglobeandmail.com/servlet/story/RTGAM.20060602.wxafghan-taliban02/BNStory/Afghanistan/home
タリバンの上級司令官ダドゥッラー師は今週(他記事によれば5月31日)
アルジャジーラで放送されたインタビューで以下のように述べた。

・我々の主な敵はアメリカだ。カナダやその他の国々に対しては歴史的な敵意は
 持っていないが、もしそれらの国々がアフガニスタンに戦闘部隊として来ているなら
 我々は彼らをアメリカ人と同じように見る。

・カナダとイギリスにアドバイスするとすれば、アメリカのプロパガンダを擁護
 するのを控えろということだ。もし彼らが国に帰り、ここから軍を撤退するなら
 我々は彼らをアメリカ人のようには見ない。

・もうひとつのアドバイスは、戦いの熱から遠ざかれということだ。
 我々はひとりひとり、彼らに復讐していくからだ。

タリバンは現在、アフガニスタン国内の外国嫌いの感情を高めようとするとともに
米軍支援のため派兵している西欧諸国の士気をくじこうとしているようだ。

カナダはおよそ2300人の兵をアフガニスタンに置いていて、2009年までは撤退する
予定はない。それどころかカナダ軍のトップは派遣は2016年まで伸びる可能性を
示唆している。カナダ軍は開発事業や接し方を工夫しアフガン人の心をつかみ、
米軍より親切な存在だと見られようとつとめている。

しかし5年たった現在、タリバンが力を取り戻していることは疑いなく、
タリバンに脅された村人達は彼らの側に立つことを選ぶ可能性があり、カナダ軍の
努力の成果は不明だ。

さらにアフガニスタンの戦争の脅威やテロの文化はタリバンやアルカイダのイデオロギー
に乗ってカナダに持ち込まれる危険さえあるとカナダの治安情報局関係者は言っている。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 21:24:55 ID:???
Taliban infiltrating into northern region: ISAF
http://www.pajhwak.com/viewstory.asp?lng=eng&id=19062
アフガニスタンの北部地方担当のISAF司令官は、1日木曜日に現地の記者会見で、
タリバンの小さなグループが北部に潜入してきていると言った。

北部ジョーズジャン州では、NGO職員4人が乗っていた車両に身元不明の武装グループ
から攻撃を受けて死亡する事件が起きていた。

147 :funわか ◆bbZx8P7qp2 :2006/06/03(土) 21:40:46 ID:nmeGOzpj
女をとことん惚れさせる超テク指導、男塾、七月より新規開講する。尚、男塾は誰もが入塾出来るわけでは
無い。 少なくとも恋愛経験を二度以上経験している事。出来れば現在進行中の恋愛をしている者が望まし
い。少々生意気でも男の向こうっけ、覇気が有る男が望ましい。仕事をしている事はもちろん、自立してい
る者だけにしか入塾許可は出ない。女の腐ったようなヤツに、どれほど諭そうが、指導をしようが、所詮女
を惚れさせる力量など生まれるはずもないからだ!女を心底惚れさせる超テクを授けるfunわか男塾! 

とことん女を惚れさせることができる男。 そんな男が増えることを望んでいるのは、恋愛(セックス)マ
ニュアルの女性読者だけでは無い!全世界のオンナが望む事なのだ。
 男塾詳細
 男性のみ女性不可 
 年齢 20才以上
 恋愛経験有る者のみ受付!   住所 氏名 職業 年齢 身長 体重 携帯電話番号 等、明記の上申し
込む事。
 期間
 一年間とするが、二年目以降
 年間二万円で留年継続可能  毎月テキスト配布 現在進行形の恋愛有る者のみ入塾許可。彼女を惚れさせ
る方法、愛とセックス、を塾生の恋愛やデート時、メールで彼女の性レベルに応じた指導や彼女のハートへ
の楔(くさび)の打ち方を指導する。funわかの指導(命令)を実行できない男には出来るようになるま
で次段階の指導を休止。実行できた者にはその上の段階に進級させる。funわか指導を即実行しにくい者
には留年での同レベル指導の復習も可能。
 塾費
 三万円
 (内、チャット指導2時間含む)  行動と言葉で表す愛情の示し方各種。女の性のレベルアップの方法各
種。女の性の解放以前に理解、実現しておかなければならない、男の性の完全解放!様々な女の例を参考に
女を惚れさせる術!塾生の現在進行形の恋愛に即してメールでの実践指導!!

男よ!来たれ!男の魅力作り満載の男塾へ!オンナをイカシまくる超テク満載の男塾!へ!
多くの女性読者も、それを願っているぞ! HP:恋愛manual http://hw001.gate01.com/funわか/



148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/05(月) 10:33:46 ID:???
>>144続報
Number of Gitmo Hunger Strikers Declines
http://www.forbes.com/technology/feeds/ap/2006/06/04/ap2792030.html
グアンタナモのハンスト参加者数は89人から18人に減ったと4日日曜日に米軍は言った。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 23:53:21 ID:???
アフガンNATO軍、東部にも3000人増強
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/kokusai/20060606/20060606i201-yol.html?C=PT

アフガン外相「治安回復に自信」、日本企業進出に期待
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/kokusai/20060606/20060606id25-yol.html

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 23:11:16 ID:???
1 名前:パキュンパキュンパキュンφφ ★[sage] 投稿日:2006/06/07(水) 20:28:42 ID:??? ?

「アフガン南部は「戦争状態」=タリバンの支配力復活−英シンクタンク」

英シンクタンク「センリス・カウンシル」は6日、アフガニスタン情勢を分析した報告書を
発表、南部ではイスラム原理主義勢力タリバンの支配力が復活して「戦争状態」に
逆戻りしていると警告した。同地に展開中の英軍を含む多国籍軍は、抜本的な戦略
立て直しが必要だと強調している。
報告書によると、南部の住民は多国籍軍やアフガン軍に対する失望を強めている。
特に英軍が駐留するヘルマンド州では、地元住民の8割がタリバンを支持しているという。
同シンクタンクのライナート所長は「南部住民は依然として極貧にあえいでおり、
新たな『民主主義』による恩恵はないと受け止めた」と分析。タリバン政権崩壊から
5年近くが経過しても生活が改善されていないことが背景にあるとの見方を示した。

引用元:Yahoo!ニュース - 時事通信 (6月7日15時1分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060607-00000073-jij-int

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 11:22:37 ID:???
ビデオ映像があります
Taleban vow to defeat UK troops
http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/5057154.stm
ヘルマンド州で50〜70人の兵を指揮しているタリバン司令官のマウラウィ・
アミラ・ハムザ・アル-ガジはBBCパシュトゥー語放送の単独インタビューに答え、

・敵に対する攻撃計画がある
・ブッシュとブレアの送ってきた軍隊と戦うことはムスリムの義務である
・タリバンは国内外のムスリムから支持されている
・オマル師は健在で、すべてのタリバン兵がオマル師の指揮下にある

などと語った。

BBC記者は取材した印象から、地元の町の人々はタリバンを支持しているように
見えなかったが、ヘルマンド州に配備されているイギリス軍の兵士の話として
田舎の地域では支持が多いと感じられると伝えた。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 16:13:34 ID:???
Afghanistan set to revive Taleban vice and virtue department
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=30491
カルザイ政権は勧善懲悪省を復活することにした、と関連する大臣が発表した。

タリバン政権時代の勧善懲悪省は、当時の政権の恐ろしい管理をあらわす
ものとして見られていたが、現在のイスラム問題省大臣シャーラニは
7日水曜日に、この省はタリバン時代のものと異なり、説教やその他の
平和的なやり方で人々にシャリア法に沿うことを求めるものだと言った。

シャーラニ大臣は社会にワイン、ギャンブル、その他の非イスラム行為が
増えているため、純粋で清潔な社会にするためにこの省庁を作る必要を
感じている。

シャーラニとカルザイ大統領は、シャリアの伝道と説明のために
テレビにチャンネルを持ったり、イマームと説教師の訓練のために
宗教アカデミーを設立することを計画している。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 11:14:53 ID:???
Mulla Omar grieves over al-Zarqawi痴 death
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=2018&newscat=2
オマル師はイラクのザルカウィの死に対して深い悲しみと哀悼の意を表明した。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 11:18:38 ID:???
Mulla Dadullah vows to avenge Zarqawi's death (153の記事タイトルは文字化けを直し忘れました)
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=2023&newscat=2
タリバンの軍事司令長官ダドゥッラー師はAIPに電話で、ザルカウィの死に
深い悲しみと哀悼の意を表明し、タリバンがイラクに自爆攻撃者を送る用意が
あると言った。

ダドゥッラー師は、自爆攻撃者はイラクに大勢いるとしても、タリバンも
戦いに加わる準備がある、すべてのイスラム諸国は自分達の一家だと考え
守るつもりだ、と言った。

また、ザルカウィの死を大きな悲劇と呼び、その順境を誇りに思い、彼の
血の一滴一滴が新しいザルカウィを生むだろうと言うとともに、彼の死を
喜んでいる不信心者たち(カルザイ含む)に復讐し、喜びを悲嘆に変えると
誓った。
そしてザルカウィの殉教が新たなザルカウィを生み、人々を復讐の戦いに
駆り立てることになるだろうして、ムジャヒディンとザルカウィの家族を
褒め称えた。

ダドゥッラー師自身について、米国から接触してきたことがあるかと聞かれると
そのようなことはないし、話し合いをこちらから持つつもりもないと答えた。

オマル師も9日にザルカウィの死に哀悼の意を表明し、彼の死がイラクの抵抗運動を
弱めることはないだろうと言った。(>>153)

ザルカウィはタリバン政権時代にアフガニスタンにいたことがあり、タリバン政権が
倒された後に、タリバンとつながりがあったと言われている。

155 :1/2:2006/06/10(土) 12:00:44 ID:???
Afghans turn to 'Taliban courts' to resolve disputes
http://www.pajhwak.com/viewstory.asp?lng=eng&id=19381
アフガニスタン南部では政府の司法部の汚職と遅い対応にうんざりした
人々が、タリバンの裁判に頼るようになっている。人々は裁判所は当局に
多くの金を支払える富裕層をひいきしていると非難している。

・ヘルマンド州の45歳の男性は、土地問題で地主ともめたときに、地元の
 タリバンのところに行ったと話す。「政府の裁判所に行ったが、私たちの
 争議に決着をつけてくれなかったので、結局タリバンに相談した。
 タリバンはシャリア法に従って問題を解決した」

・カンダハルの33歳の男性は、人々はしばしばタリバンを通して事件の
 判決を下し、タリバンの決定に満足している、と言った。
 35歳の男性は、地元のウレマーと聖職者達が政府の裁判所は腐敗していると
 言って、人々が争議の解決に行かないようにさせている、と言った。

・ヘルマンドの有力な宗教長老は、タリバンの裁判は政府のものより
 シャリア法にかなっていると言った。「私はすべての人々に、問題は
 現在の政府ではなくタリバンに相談しなさいとアドバイスしている。
 政府の裁判所は腐敗して賄賂にまみれている」

156 :2/2:2006/06/10(土) 12:02:49 ID:???
タリバン自身も、自分たちが強い影響力を持っている地域の人々が争議の判断を
求めてきていることを認めた。タリバン報道官のDr.ハニフは南部〜南東部の
7州18地区の名前をあげて、タリバンはそれらの地域を事実上支配していて、
イスラム法を実施し、人々の裁判事案と争議に気を配っていると言った。

ハニフは(一般犯罪の)殺人者や、アフガン政府と米国のスパイの処刑に
ついても語った。

カブール最高裁判所の高官は、(処刑に関して)そのようはやり方はイスラム法でも
国際法でも合法ではないと言い、カルザイ政権は民衆の支持と重要事項の施政権を
得ているとハニフの主張に反論した。

しかし著名人の間からも、汚職のせいで政府司法制度が人々の信頼を失っていると
いう声が出ている。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 12:10:06 ID:???
>>154誤変換訂正
三段落一行目 
>その順境を誇りに思い  >>その殉教を誇りに思い


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 13:00:56 ID:???
Taliban take the fight to the country
http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HF09Df02.html

この記事は主にタリバンの南部担司令官のインタビューで構成され、
「タリバンは力をつけ人々の支持も増している」という主張は
>>150の英シンクタンクの報告でも裏付けられる、という内容です。

その司令官グル・ムハマド・ジャングビ師の経歴です。

・グル・ムハマド師はタリバン政権時代はアフガン中央部担当の司令官だったが、
 2001年の米軍攻撃でタリバンがカブールを撤退すると、南部カンダハルに避難した。
 しかし2003年に米軍に売り渡され、逮捕されて、バグラム基地に拘留された。
 そして米国がオマル師排除の目的で作った(穏健派タリバンを名乗る)代理組織
 ジャイシュル・ムスリムに無理やり入れられた。

・しかしグル・ムハマド師が釈放されるとすぐにジャイシュル・ムスリムは霧散して
 なくなった。彼は1600人の男達とともにタリバンに合流した。現在はカラトと
 ヘルマンド地域の主要司令官の1人だ。

『穏健派タリバン』の分派組織に関わっていた(関わらされていた)人物が
今では重要な司令官の1人というのがとても興味深いです。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 23:10:30 ID:???
>>153関連
Zarqawi death won't weaken war: Taleban
http://www.thepeninsulaqatar.com/Display_news.asp?section=World_News&subsection=Pakistan+%26+Sub-Continent&month=June2006&file=World_News2006061072621.xml

・AIPはザルカウィの死に哀悼の意を表明するオマル師の声明を伝えた。
 オマル師はこの死によってアフガニスタンやイラクの十字軍に対する
 抵抗活動を弱められることはない、今後多くの若者たちがザルカウィに
 なっていくだろう、後継者たちは彼よりさらに強いだろう」と言った。

・アルカイダやタリバンについての専門家たちは、ザルカウィの死が
 タリバンの抵抗運動と、パキ〜アフガン国境地帯に隠れていると思われる
 ビン・ラディン追跡に与える影響は少ないだろうと見ている。

 タリバンは戦略面をイラクのザルカウィから学んだが、武器など
 物質面の支援を受ける必要はなかった。
 ビン・ラディン追跡は、ザルカウィに比べて関わっている米軍の数が
 少ないことと、アフガンの地形の険しさがむずかしくしている。

 しかしザルカウィのケースと同じように、情報に重きを置く手法は
 ビン・ラディンを捕まえるためにも最上の策だろう。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 15:02:27 ID:???
Three Guantanamo Bay detainees commit suicide
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=30557
米軍は10日土曜日、グアンタナモ収容所の囚人3人が自殺したと発表した。
今まで自殺未遂とハンストは何度も行われているが、グアンタナモ収容所の
4年半の歴史の中で囚人に死者が出たのはこれが初めてだ。

米軍の発表によれば、死亡した3人のうち2人はサウジ人、1人はイエメン人。
各々第一キャンプの独房にいた。警備員が発見した時には、彼らは反応がなく
息もしていなかった。医療チームが緊急に蘇生治療を行ったが、死亡と診断された。

人権団体関係者はこの件を大変悲しい出来事であるとし、事態の改善を米国に
求めている。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 16:33:17 ID:???
アフガン南部で武装組織と交戦、イギリス兵3人が死傷
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/kokusai/20060612/20060612id01-yol.html

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 22:58:02 ID:???
Getting desperate, Afghanistan mulls forming militias
http://today.reuters.co.uk/news/newsArticle.aspx?type=worldNews&storyID=2006-06-11T082652Z_01_ISL93134_RTRUKOC_0_UK-AFGHAN-MILITIA.xml&archived=False
タリバンの力の強い南東部地域ではアフガン警察と軍だけでは手が回らないため、
伝統的な民兵組織を復活させることを考えているとアフガン政府は発表した。
しかしすでに武装解除させられている北部の民兵組織はダブルスタンダードだと
この計画に怒っている

Western alarm at Afghan plan to arm villagers
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=30622
西側外交筋と武装解除の専門家達は12日、復活するタリバンに対抗するために
何百人もの南部の村人達を武装させるとアフガン政府が発表した計画に懸念を表明した。

U.N. concerned by Afghan plan to rearm tribal fighters
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=30623
国連は12日、タリバンと戦うために部族の兵士を募集するというアフガン政府の計画に、
国連の武装解除プログラムの土台を揺るがすものだとして、懸念を示した。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 03:42:56 ID:gklObKe2
【暴行盗撮】元キックボクサー庵谷鷹志【強姦恐喝】31
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1146405334/l50

キックボクサー・庵谷鷹志のサイトが、話題を呼んでいる。
発端は、庵谷がオタクを盗撮してブログで公開、「死ねば良いのに」と言い放ったことに起因する。
これが「2ちゃんねる」で取り上げられると、
批判は常習的な暴行やレイプ未遂などを書き綴った過去の日記に飛び火した
騒ぎを知った庵谷は、BBSへの書き込みにより騒ぎを鎮火させようとするが失敗。
段階的にサイトを閉鎖するものの 遂に開き直ったのか、
2ちゃんねらーに対する新たな挑発文と共にHPの運営を開始した。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 10:42:14 ID:???
>>160関連
Yemeni family disputes Guantanamo son suicide
http://abcnews.go.com/US/wireStory?id=2072969
・グアンタナモで自殺した囚人3人の囚人のうち、イエメン人のサラー・アリの家族は
 「コーランの教えに従って生きていた息子が自殺はしない。米兵に殺されたのだと思う。
 イエメン政府、米政府に調査を求める」とアルジャジーラテレビで語った。

・2人のサウジ人のうち、ヤセル・アル-ザーラニはペンタゴンの文書によると21歳で、
 ザーラニがグアンタナモに送られた時はティーンエイジャーだったと思われる。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 11:04:09 ID:???
Troops moved to bin Laden hunt
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=30610
イギリス、アメリカ、オーストラリア、ポーランド、カナダのエリート特殊部隊員
最大400人が、ビン・ラディン追跡のためイラクからアフガニスタンに移されること
になった。

彼らから成る内密部隊は先週イラクで米軍の空爆によりザルカウィが死亡した件に
関わったチームだ。またサダム・フセインの拘束や2人の息子の殺害にも関わっていた。

特殊部隊と情報部隊はアフガニスタンのパキスタンとの国境沿いの山岳地帯クナルと
バダフに移されることになっている。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 01:32:34 ID:???
米主導部隊、タリバン掃討に1万1000人投入
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200606140021.html
>>165の関連の記事ですね。

ミニバス爆破で25人死傷 アフガン南部カンダハル
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2087505/detail

パキスタン軍が外人兵士ら20人を殺害 アフガン国境の山岳地帯を攻撃
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2070452/detail

父親は息子の自殺を否定 グアンタナモ基地での囚人縊死事件
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2085924/detail
>>164のLDニュース版です。

先週ぐらいのフラッシュに9.11実行犯と言われてる19人のうち
7人は生きているという記事が載っていました。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 09:59:29 ID:???
アフガン多国籍軍、タリバン85人殺害…潜伏先を攻撃
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/kokusai/20060617/20060617i304-yol.html?C=S

米主導の多国籍軍、アフガニスタンでタリバン約40人を殺害
http://news.goo.ne.jp/news/reuters/kokusai/20060618/JAPAN-217749.html

タリバン掃討、米軍がアフガンで3か月間340回空爆
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/kokusai/20060619/20060618i413-yol.html


>>162関連
武装集団の解散計画が本格化 アフガニスタン
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060618/K2006061803490.html

ご法度の酒瓶1万5000本焼却=麻薬1.5トンも―アフガン
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20060619/060618123617.jvjhz3lm.html


アル・カーイダ、03年にNY地下鉄でテロ計画
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/kokusai/20060618/20060618i211-yol.html

9・11後の健康被害救済訴え 救急・警察・建設関係者
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060618/K2006061803340.html

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 18:50:00 ID:???
‘You are in the wrong’: Taliban spokesman criticize AIP news policy
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=30738
タリバン報道官のDr.ハニフは16日金曜日にAIPに電話をかけてきて、

「我々はすべての報道組織を監視し、報じられたニュースを常にその組織の報道方針と
 照らし合わせてチェックしている。
 AIPはタリバン側の発表は『タリバンがそう主張している』と報じながら、
 連合軍・米軍側の発表は『証明されたもの』として報じている。
 これはまったく不正なことである」

と激昂しながら強く批判した。

169 :1/3:2006/06/21(水) 15:19:11 ID:???
意味を読み取りにくい部分があったので、以下の要約は推測で補ったところがあります。
正確な内容は原文に当たってみてください。
Taliban Spokesman: Taliban Incapable of Launching 9/11 Attacks
http://english.farsnews.com/newstext.php?nn=8503300143
タリバン報道官のカリ・ユースフはイランの通信社との単独インタビューで
以下のように語った

・タリバンは現在自分の問題で手一杯であり、また自国の苦難と戦っているので、
 他のイスラム組織(アルカイダなど)が起こしたとされる9.11事件や
 マドリードとロンドンの地下鉄爆破事件などに手を貸したことはないし、
 自ら起こす力もない。

・かつてタリバン政権がアルカイダのムジャヒディンを保護したのは、彼らが
 大変難しい状況に置かれていると考えたからであり、イスラムの規定と教えに
 したがって行ったことだ。アルカイダが独自に行っている戦いや目的に関しては
 タリバンに責任はない。

・9.11事件などは、米国の政策と行動に対する世界の人々の憎悪を実証するもの
 だった。しかし米国はその事件をムスリムの国土に侵入する口実に使った。
 米国は9.11事件が発生するずっと以前からそれを考案していた。
 そのことは米情報部と国家当局も言っていることだ。

170 :2/3:2006/06/21(水) 15:24:09 ID:???
・--何千人もの人々が死ぬような(アルカイダの)攻撃をイスラム教が許すのかと
  という質問に対して、ユースフは言葉を濁しながら--
 
 そういう質問にはウレマー〔イスラム教の権威者達〕が答えなければならない。
 ムスリムがそのような方法をとった場合、ウレマーからは肯定的な意見を
 得られると私は思うが…あるいはその方法以外になかった可能性も高い。
 一部のウレマーはあの事件を非難しているが、大多数は容認している。
 ともあれ私は宗教の権威者ではないので、見解を述べることはできない。

・--アルカイダは9.11の責任を認めているか?彼自身はそれを確認しているか?--

 タリバンも私個人も、その問題について論評したことはないし、しない。
 責任外のことだからだ。
 9.11以降、同じ形の攻撃が繰り返されていないのは、工作員たちが戦略を変えた
 からだろう。イスラエルで攻撃が起きないのは、どこを戦いの場所に選ぶかも
 戦略によるものだからだろう。
 いずれにしろそのような活動とタリバンは無関係だ。

171 :3/3:2006/06/21(水) 15:25:34 ID:???
・--タリバンという組織は米国が作ったという話があるが?--

 それはまったく違う。タリバンのアジェンダと優先順位は米国のそれと正反対だ。
 また、自分で作った政権を自分の軍隊を使って倒すなどという話は歴史上聞いた
 ことがない。

・現在のアフガン政府はイスラム制度を倒して作られた傀儡だ。そこには
 アフガン人の権力も独立も正当性もない。大統領選挙や議会選挙は前もって計画
 されたシナリオで行われた。それはアフガン伝統のジルガの文化を否定している。
 タリバンは治安の回復や国家の再建について現政府と協力するつもりはない。

・旧ソ連の支援で権力を手に入れた共産主義政府と戦った時と同じように、
 我々の国はこの傀儡政府と戦っていく。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 13:17:35 ID:???
Afghanistan orders journalists to report more good news
http://seattletimes.nwsource.com/html/nationworld/2003074849_afghanistan21.html
アフガン国家情報局・治安担当局は『無署名の手紙』を通じて
アフガンの各テレビ局と新聞の記者たちに

・政府に関してもっと好意的なニュースを報じるように。
 国民のやる気をなくし失望させるようなニュース素材を避けるように。

・1980年代の対ソゲリラ戦を戦ったベテランムジャヒディンたちの感情を
 害するような報道をしないように。

と命じた。そしてこの手紙は秘密扱いするようにと関係者は指示したが、
即座にトップ記事として報じられた。

公になると、政府は検閲や報道の自由の侵害ではないと否定し、さらに
「地元マスコミがテロリズムを賛美したりテロリストにヒントを与える
ようなことは控えるべき」と言った。

政府が何を言っても、これは4年たったアフガンの独立した報道にとって
悪いニュースだ。

政府のこの動きは5月29日に反外国軍・反カルザイ暴動がカブールで起きた
後に始まった。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 14:52:08 ID:???
>>172の別記事
R E G I O N: Alarm over Afghan ‘guidelines’ for journalists
http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=2006%5C06%5C22%5Cstory_22-6-2006_pg4_14

・ジャーナリストと議員達はニュース報道の新しいガイドラインに
 憤慨している

・注意項目は24点ある。この記事に書かれているものは
 ○テロ指揮官(タリバン)とのインタビューの禁止
 ○外国軍批判の禁止
 ○政府を『非イスラム的だ』とする敵の声明の掲載を控えるように
 ○治安部隊が弱いとするような報道を控えるように
 ○自爆攻撃や自動車爆弾攻撃のニュースがトップを飾らないように
 ○元ムジャヒディンを『軍閥』と表現しないように

・多くの人はこれを記者編集者に自主規制させようとする脅しだと
 見ている。
 パリの国境なき記者団は、アフガン政府が民間のメディアにこのような
 指示をするのは乱暴なことだと言い、「アフガン当局と連合軍を
 批判することとテロリズムを容認することは別だ」と言った。

・アフガン人の政治評論家アシュナは、この通達文書はアフガンの
 いわゆる『夜の手紙』--政治的混乱時に夜間にひそかに配られる
 声明文--のようだと言った。

・この文書はアフガン人記者への脅迫事件な起きるなど報道の自由の
 懸念が高まっているなかで出された。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 10:33:05 ID:???
テンプレ>>3にある Jihad Unspun(JUS) がリニューアルオープンしたようです

JUS One News
http://www.jusonenews.com/

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 00:35:25 ID:???
Taliban disowns audio tape linked to Mulla Omer
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=2174&newscat=2
パキスタンのジオテレビがオマル師のものとされる音声テープを放送した
件について、タリバン報道官のDr.ハニフとカリ・ユースフはそれぞれ
それはオマル師のものではなく偽物だと否定した。

Dr.ハニフはオマル師のものとされるような音声や声明は、発表する前に
チェックするようにとメディアに忠告した。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 23:23:25 ID:???
米国務長官、またパキスタン訪問へ=アフガン情勢めぐり調整
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20060627/060627060710.asogqb3b.html

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 07:51:11 ID:???
特別軍事法廷は違法 グアンタナモで米最高裁
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20060630/20060630a3280.html

グアンタナモ収容者の特別軍事裁判禁止…米連邦最高裁
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/kokusai/20060630/20060629i215-yol.html?C=S

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 01:21:37 ID:???
取材ビデオが見られます
VIDEO: View of Taliban commanders, bombed Afghan villagers during Op. Anaconda
http://www.rawstory.com/news/2006/VIDEO_View_of_Taliban_commanders_bombed_0628.html

2002年に米軍による大規模な空爆作戦「アナコンダ作戦」が行われた
アフガニスタン南東部パクティア州シャヒコット渓谷を、その時以来初めて
取材記者が訪れた。

記者はイギリス人女性のケイト・クラークで、一時的に戦闘を中断している
地元タリバン司令官達が案内し、車で現地を巡っている。

タリバン司令官達は平和を望んでいるものの自分達の権利が阻害され、
アメリカ人が犯罪を犯している現状に憤っている。

クラーク記者は空爆でつぶされた村を訪れた。2002年以来わずかな村人しか
戻ってきていない。村人は空爆の前に警告を受けなかったので、多くの人々が
そのまま空爆に巻き込まれ亡くなったという。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 01:30:46 ID:???
>>177関連
グアンタナモ軍事法廷の違法判断には真剣に対応=米大統領
http://news.goo.ne.jp/news/reuters/kokusai/20060630/JAPAN-219407.html
対テロ法廷維持へ新法も 閉鎖意味せずと米高官
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20060630/20060630a3380.html?C=S

伊政権、早くも亀裂 アフガン政策巡り
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060630/K2006063006290.html

イラクで「聖戦」続ける=ビンラディン容疑者?が声明
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20060630/060630082603.fzpoftvb.html
ビンラディン容疑者、米国とその同盟国との戦いを「あらゆる場所で」継続宣言
http://news.goo.ne.jp/news/reuters/kokusai/20060630/JAPAN-219413.html

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 12:12:55 ID:???
>>162関連
Karzai to attend DDR, DIAG conference in Japan
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=2228&newscat=2

カルザイが来週『武装解除・復員・再建(DDR)と違法武装グループ解散(DIAG)プログラム』
の会議に出席するために日本を訪れることが発表された。

この会議はアフガン政府、日本政府、国連が共同で議長を務め、アフガニスタン再建に
関わる国々と支援団体の責任者らが出席する。

大統領はDDR/DIAGプログラムに関する多くの問題について話すとともに、支援して
くれている日本国民に感謝を表明する。

アフガン政府はDIAGが国の法治、安全、繁栄にとって必要不可欠と考え、多くの困難が
あっても続行をする決意である。

東京公式訪問中に、カルザイは小泉、麻生、神崎と合い、両国関係と相互利益に関する
その他の問題について話し合うことになっている。

またカルザイは東京にある国連大学で、アフガニスタンに関する広範囲の問題について
学生、教師、研究者らにむけて演説する予定だ。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 10:55:29 ID:4ws0DhFr
p0192-ipad01miyazaki.miyazaki.ocn.ne.jp
softbank218114252068.bbtec.net
ntsaga021057.saga.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp
softbank218116232042.bbtec.net
ipbfp202fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
ppp3879.hakata11.bbiq.jp
softbank126087005131.bbtec.net

◆ softbank220055076098.bbtec.net
FKHnni-04S2p112.ppp12.odn.ad.jp

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 22:59:20 ID:???
英軍兵士ら3人死亡、タリバンの攻撃で…アフガン
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/kokusai/20060702/20060702i415-yol.html

アフガンの多国籍軍基地にロケット弾、兵士ら10人負傷
http://news.goo.ne.jp/news/reuters/kokusai/20060702/JAPAN-219555.html?C=S

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 12:25:52 ID:???
ザルカウィ後継者を承認 ビンラーディン容疑者? ウェブで声明
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/kokusai/20060703/m20060703004.html

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 07:52:06 ID:???
>>180関連
アフガン復興に「引き続き関心を」大統領が訪日前会見
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/kokusai/20060704/20060703id25-yol.html

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 09:13:11 ID:???
213 foreign troops, 309 Afghan forces killed in past six months, says a report
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=2260&newscat=2

タリバンが2006年1月1日から6ヶ月間の軍事作戦に関する報告書を出した。
AIPが受け取ったその報告書によれば、

・タリバンは敵軍のヘリコプター、軍用機、無人飛行機など5機の航空機を
 撃墜した。

・221回の自爆攻撃が行われた。外国人兵213人とアフガン兵・警官309人が
 死亡した。

・アフガン&連合軍とのさまざまな戦闘でタリバン兵52人が死亡した。
 
・米軍の空爆で市民375人が死亡した。

・米国のスパイ18人がタリバンに処刑された。

・タリバンは連合軍への物資供給車両31台を破壊した。
 米軍のハンビー車両3台、その他の42台の車両、180丁のカラシニコフ銃を
 獲得した。アフガン&連合軍の車両65台を破壊した。

一方、連合軍の記者発表では、先月アフガニスタンでタリバン249人が
死亡したとしている。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 10:33:13 ID:???
頑張れタリバン

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 10:39:48 ID:???
>>185訂正
>・221回の自爆攻撃  
21回です。


188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 11:07:52 ID:???
アフガンで爆弾テロ相次ぐ 政府職員狙われる
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060706/K2006070604720.html

Coalition solider, five Taliban killed in Helmand
http://www.pajhwak.com/viewstory.asp?lng=eng&id=20966
7日金曜日に連合軍が発表したところでは、ヘルマンド州でタリバンと
米連合軍との間に衝突があり、連合軍兵士1人死亡1人負傷した。

衝突はバグラン・バレーを移動中の連合軍車列にタリバンが攻撃をし、
軍が応戦して起きた。これによりタリバン兵5人が死亡した。

負傷した連合軍兵士は軍の医療施設に移送された。
死亡した兵士の国籍は今のところ明かされていない。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 12:44:42 ID:???
Two coalition soldiers, 7 Taliban killed in violence
http://www.pajhwak.com/viewstory.asp?lng=eng&id=20924
連合軍、アフガン各州当局・警察などの発表では

・5日水曜日にパクティカ州ガヤン地区で連合軍車列にタリバンが攻撃し、
 兵士1人が死亡した。国籍は明かされていない。また、戦闘に巻き込まれ
 10歳の少女1人が負傷した。

・ヘルマンド州サンギン地区で車列に対するタリバンの攻撃で、
 イギリス兵1人が死亡した。タリバンは8人のイギリス兵を殺害したと
 主張していた。

 過去2週間にヘルマンド州サンギン地区では5日の事件をあわせて
 6人のイギリス兵が死亡している。この春以降主に南部と東部で35人の
 連合軍兵士が死亡している。

・ザブル州シオリ地域のズバイダで作戦活動中だったアフガン警察部隊と
 連合軍はタリバンの攻撃を受け、戦闘となり、タリバン3人を殺害、
 4人を逮捕した。
 
 同じくザブル州シンカイ地区でも銃撃戦が起こり、タリバン4人を殺害、
 6人以上を逮捕した。アフガン&連合軍側に死傷者はなった。

・ザブル州シャー・ジョイ地区では恩赦プログラムの元で、4人の武装勢力
 メンバーが政府に降伏した。

・ファラー州バラ・ブロク地区で警察とタリバンの戦闘で警官3人、タリバン
 2人が負傷した。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 12:45:26 ID:???
Ex - Taliban Ambassador Denied Entry to Yale
http://paktribune.com/news/index.php?id=149202
元タリバン政権大使で現在27歳のサイード・ラーマトゥッラー・ハシェミが
支援者の援助を受けながらイェール大学で学んでいる、と言う記事が今年2月
NYTマガジンに掲載され、新聞、ブログ、同窓生誌の間で激しい論議が起きた。

今月6日木曜日のNYT紙の報道で、ハシェミが支援者である国際教育基金の
代表者に、学位の得られるプログラムを取ることを認められなかったと報告
してきたことがわかった。ただし勉強はそのまま続けられる。

イェールでは学位の得られない特別プログラムで学んでいる学生で成績の
良い者は関係機関に学位をとれるプログラムへの承認を申し込むことができる。
申し込んだ学生の名前が明かされることはないので、ハシェミの件はまだ
公的には確認されていない。

2月にハシェミがイェールで学んでいることがわかった時、批判者達は、
アルカイダをかくまっていた圧制政権の代表者の存在に拒否反応を示し、
タリバン政権の過去の残虐行為などを引き合いに出すなどして、大学当局に
手紙で圧力をかけるキャンペーンなども行われた。

今回わかったハシェミの不承認は、たんに彼の成績が問題なのか、
過去の身分が問題なのかの憶測を呼んでいる。

ハシェミを知るイェールの学生ファハド・カーンは、ハシェミは成績が
良かったので、承認されなかったとすれば論争が原因だろうと言った。
そして異文化との架け橋が必要な時に、ハシェミがイェールにいることは
重要なことだと言った。

イェール大学学長のレヴィンは論争が白熱していた当時、承認機関に基準の
見直しを指示し、基準は一般学生と同じく厳格であるべきと発言していた。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 01:10:21 ID:???
Police arrests 25 students of Deeni madaris in Kandahar
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=2327&newscat=2
8日土曜日にカンダハル警察本部長が発表したところでは、
警察は金曜夜にカンダハル市のいくつかの区で作戦を行い、複数のモスクと神学校で
タリバンとのつながりの容疑のある宗教学生125人を逮捕した。

そのうち100人は取り調べ後釈放されたが、25人は今も尋問が続いている。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 02:14:44 ID:zbJO8PAE
アメリカ軍とイギリス軍はさっさと出てけ。
それが平和への第一歩。

193 :あるやーばん ◆FVgZM7PrgI :2006/07/09(日) 02:53:38 ID:???
★★★アフガン、スペイン兵5名重軽傷 車列に爆弾

西部ヘラート(アフガン第2の都市)で、パトロール中に車両が爆破された。
負傷したスペイン軍兵士のうち、1名は重傷。

《イタリア語》http://www.corriere.it/ultima_ora/agrnews.jsp?id={60B158C4-C087-41AE-A323-9D72534B3229}

スペインのメディアによれば、1名はヘリで緊急搬送された。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 21:44:28 ID:???
AFGHAN COPS TIP OFF REBEL TALIBAN
http://www.sundaymirror.co.uk/news/tm_objectid=17350697&method=full&siteid=62484&headline=afghan-cops-tip-off-rebel-taliban--name_page.html
「タリバンは地元の腐敗した警察からイギリス軍の動きについて内報を
受けているばかりか、イギリス軍の作戦の詳細を知るために警察部隊に
潜入している」とアフガン駐留イギリス軍の高官らが懸念を示した。

この懸念は5日水曜日にヘルマンド州で19歳の落下傘部隊のダミアン・
ジャクソン兵が、1ヶ月間で6人目の死亡者になったあと明らかにされた。

軍高官筋は「タリバンの攻撃は正確で、我々が支援しているアフガン警察の
ような内部情報を知る者から情報を得ているとしか考えられない」と言った。

8日土曜日には、イギリス軍のハシュミ上等兵の葬儀が行われ、親族・友人ら
400人が出席した。ハシュミ上等兵は対テロ戦争のためにアフガニスタンで
死亡した初めてのイギリス人ムスリムである。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 00:30:44 ID:???
よくやったタリバン

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 12:15:09 ID:???
おおざっぱな抜粋・要約です
Hunt for the Taliban trio intent on destruction
http://observer.guardian.co.uk/uk_news/story/0,,1816245,00.html
南部アフガニスタンで連合軍兵士の死傷者数が急増したことから
イギリス、アメリカ、フランス当局はタリバンの幹部3人『オマル師、
ジャラルッディン・ハッカニ、ダドゥッラー師』の追跡作戦を強化するため
先週緊急会議を開いた。3人は現在の戦闘激化の背後にいると考えられている。

英米軍はタリバン幹部の個々人に焦点を当てているのではなく、複合的な
武装抵抗活動の根幹への取り組みだとしている。

確かに現在のアフガンの武装抵抗活動はタリバン(宗教戦士)だけでなく
部族の戦士、麻薬密売人、強盗などを含む大変複雑な要素から構成されている。
連合軍は以前は抵抗勢力を「アルカイダとタリバン」の略でAQTと呼んでいたが
現在では「反連合軍戦士」ACMと呼んでいる。


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 12:16:30 ID:???
>>194補足

>1ヶ月間で6人目の死亡者  >>1ヶ月間で6人目のイギリス軍の死亡者


198 :1/2:2006/07/12(水) 13:32:46 ID:???
おなじみのシャーザド記者の記事です。
Taliban in search of a winning formula
http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HG12Df03.html
>>158のジャングヴィ師が再びアジアタイムズのインタビューに答えた。

・ジャングヴィ師は現在「タリバン幹部10人協議会」のメンバーの1人である。

・タリバンは今年の「春の攻勢」で一定の成功をおさめたと見ている。
 またそのことで士気が高まっている。

・タリバンは作戦上いくつかの優先順位を決めている。最優先は外国軍とだけ
 戦い、アフガン人との戦いを避けることだ。
 しかし現ナンガルハル州知事グル・アガ・シェルザイ、カルザイ、下院の議員
 たちのように、攻撃リストの上位に名前の挙がっているアフガン人もいる。

・米空軍力を混乱させ弱体化させるために、カンダハル空港と米軍基地を攻撃した。
 空軍力さえ抑えることができれば(空軍の支援がすぐに戦闘現場に来られなく
 させれば)連合軍の地上部隊との戦闘は楽になる。今後も空港への攻撃を行う。

199 :2/2:2006/07/12(水) 13:34:17 ID:???
記者記述:ジャングヴィ師は楽観論を語っているが、タリバンは連合軍に
この3ヶ月で100人しか死傷者を出していない。一方で南部アフガニスタンでの
タリバンと市民(支持者)の死傷者数は2000人以上と見積もられている。
また武装抵抗活動の中では部族同士の内輪もめなど混乱状態も起きている。
そのためタリバンは再びアフガン国軍と交戦するより外国軍に集中する
戦略に変えたようだ。

(以下再びジャングヴィ師の話)

・タリバンの命令系統は10人で始まり今は拡大している。
 現在は北から南までアフガンのすべての州に指揮官を置いている。
 昨年まではそのようなネットワークはなかった。今後は地区・村・都市の
 レベルまで昔のネットワーク(タリバン政権時代の官僚、警察、軍など)を
 復活させていく。そうすれば全国に30万人の勢力があることになる。

・世界のイスラム社会はアフガニスタンのジハードが重大な局面に達したことと
 人力・資金で再びこの抵抗運動を助ける時がきたことを理解してほしい。


200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 01:17:40 ID:???
>>145のインタビュー映像
A MESSAGE FROM THE AFGHANS RESISTENCE- NOT PROPAGANDA!
http://www.youtube.com/watch?v=VIWkVRSKYmg&search=Taliban%20commander


タリバンの軍事活動の様子(As-Sahab制作のビデオ)
Match-dad Operation
http://www.youtube.com/watch?v=h_kKh6B1OU4&search=Taliban%20
この投稿者『ExposerOfTruth』さんは他にもたくさん映像をupしてくれています。
 
 ちなみに
 Rocket Attack on US Base
 http://www.youtube.com/verify_age?next_url=/watch%3Fp%3D065A0FE80EDE4743%26index%3D10%26feature%3DPlayList%26v%3Dv345MT7QgRg
 これは>>142のビデオだと思われます。が、登録しないと見れないようです。


>>190の話題
Taliban at Yale
http://www.youtube.com/watch?v=fJDvHaGqoxU&search=Taliban%20ambassador

201 :f u n w a k a:2006/07/13(木) 02:11:46 ID:???
中東は未だにアラビアンナイトの世界そのもので、人々の生活意識、道徳、倫理観、正義の意識など全
く中世から変わっていない。
先進国では文明文化生活様式が中世よりこれだけ進化しているというのに、未だに我々が知っているア
ラビアンナイトの価値観そのままに住んでいる。そんな大昔からの、キリスト対イスラム、白人対黄色
人種の間に出来た、もめごと、諍い、の歴史のを全て検証するなど世界の誰にも出来ることではない。
朝日やNHKで、したり顔の中東評論家の解説などヘドが出る思いで私は見ている。もっとも直ぐにチ
ャンネルを変えるので、どんな顔かは直ぐに忘れているが(笑)

参考資料:HP、恋愛manual→f u n w a k a論 より。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 12:17:06 ID:???
ザイーフたんが著書を出したようです! 
Abdus Salam Zaef’s ‘The picture of Guantanamo’ published
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=2363&newscat=2

元タリバン政権駐パキスタン大使アブドゥル・サラム・ザイーフ師による
『Da Guantanamo Anzoor(The picture of Guantanamo)』という本が出版された。
この本は156ページで、パシュトゥー語で書かれている。

師は本の中で、

・2002年1月3日にパキスタン国内で逮捕されて、イスラマバードで米工作員に
 引き渡されたのだが、当時自分は正当な外交ビザを持っていた。それにも
 かかわらずパキ工作員が引き渡したことは外交上の規範に反する。

・カンダハルの刑務所に送られ、その後グアンタナモの拘留施設に送られて
 過ごした期間の米軍の捕虜に対する態度は非人間的なものであった。また、
 米兵は聖なるコーランの神聖を数回にわたり汚す行為をした。

などと語っている。

ザイーフ師は2005年9月12日にグアンタナモから釈放され、現在のところ
カブールで暮らしている。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 22:50:53 ID:???
>>200の「タリバンの軍事活動の様子」映像がわりとのんびりしているので
もう少し緊迫感のあるものも紹介します。
Taliban Operations in Zabul Part 2
http://www.youtube.com/watch?v=GAxuSg8Qknk&feature=PlayList&p=065A0FE80EDE4743&index=15
200は帽子をかぶっている人が多いですが、こちらはターバン姿ですね。


これは爆弾作りと車両爆破の様子
Konor Tafjir
http://www.youtube.com/watch?v=hb-O160Il5k&feature=PlayList&p=065A0FE80EDE4743&index=2

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 00:15:40 ID:???
Afghan response to civilian casualties from U.S. airstrikes
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=31333
2002年1月以降の、米軍空爆によるアフガン民間人死傷者とその時々の
政府の対応について、情報のまとめをアフガン政府が出した。

*詳細は記事を見てください

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 00:24:20 ID:???
Unravelling the Helmand impasse
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/5179440.stm
(一部抜粋)

タリバンの武装抵抗活動、麻薬問題に加えてヘルマンド州の状況をさらに
複雑にしている要因は、地元の二つの部族の対立である。

戦闘部族であるイシャクザイとアリコザイはどちらも麻薬に関わりながら、
その時々の政治の状況に応じて互いが警官になったり泥棒になったりと、
立場を何度も変えてきた。

タリバン政権時代はイシャクザイが好まれた。タリバン政権が崩壊すると
アリコザイが盛り返し、麻薬密輸業者に高い『税金』をかけるという形で復讐した。

2〜3ヶ月前にアリコザイの14人が殺害された。その後に起きた混乱をタリバンは
現在利用している。


*タリバンの中の人たちにとても興味があるので、このような部族の情報を
 もっと多くの記事で取り上げてもらえたらうれしいです。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 23:03:48 ID:???
>>152関連
Afghans clerics call for new religious police
http://in.today.reuters.com/news/newsArticle.aspx?type=worldNews&storyID=2006-07-15T194700Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_India-259692-1.xml&archived=False

15日土曜日、政府の議会問題担当報道官が、アフガンのイスラム聖職者協議会の
求めに応じて、カルザイと議会が宗教警察の復活について話し合うと
発表した。

宗教警察、正式には勧善懲悪省と呼ばれるこの警察勢力は、2001年に
タリバンが追放された後、解散させられた。

しかし聖職者協議会は最近カルザイ大統領に、シャリア法を実施するために
この省庁を再開してはどうかと提案していた。

カルザイは提案を受け入れて、議会で話し合うと協議会に答えた。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 13:40:39 ID:???
Taliban Takes Control of 2 Afghan Towns
http://www.bdtonline.com/editorials/feeds/apcontent/apstories/apstorysection/D8IU04083.xml.txt/resources_apstoryview
アフガン当局が17日月曜日に発表したところでは、ヘルマンド州の
ナワイ-イ-バラクザイの町とそのすぐ近くのガルムセルの町のそれぞれの
警察署をタリバンが攻撃し、治安部隊や職員らを追い出して占拠した。
タリバンは付近を自由に歩き回っているという。

この報告を受けた連合軍報道官は、正確な状況を把握するため情報を集めて
いると言った。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 01:07:14 ID:???
アジアタイムズ、シャーザド記者の記事です。>>207の出来事とはかみ合いませんが・・・
Taliban pause for fresh breath
http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HG19Df01.html
タリバンの活動がここ数日で突然小康状態に入ったことは、連合軍&アフガン軍を
驚かせている。散発的なゲリラ攻撃やいくつかの自爆攻撃はあるものの、一連の戦闘は
止んでいる。特にヘルマンド州サンギン地区からタリバンが戦わずに退いたことは
連合軍を驚かせた。

あるタリバン情報筋がアジアタイムズに語ったところでは、この小休止はタリバンの
作戦によるものだと言う。
イスラエルに関連した中東の不安定のニュースがアフガン国民の米国への怒りを増し、
タリバンへの支援が増すことを期待して様子を見ているということだ。

『イラク戦争、アフガン人アブドゥル・ラーマンのキリスト教改宗問題、グアンタナモ
 でのコーラン冒涜問題、欧米メディアの預言者ムハンマド冒涜漫画問題』は
アフガン国民の反米意識を覚醒して、武装抵抗活動にプラスの結果をもたらしたと
タリバンは考えている。

また、タリバン情報筋はアフガン国民の感情がカルザイ&米国に対して変わった
他の理由として、南西部の旱魃を挙げた。小麦の収穫が減り、240万人のアフガン人が
飢饉の危機に直面している。政府は大衆に必要な食料を提供することができていない。
タリバンはこの不満が爆発すれば、その勢いにのって軍事活動を再開しようと考えている。

情報筋は、小康状態のあとタリバンの軍事作戦はさらに強力なものとなり、
アフガニスタンは再び世界の注目を集めるだろうと言った。


*タリバン政権から民心が離れた理由は、いわゆる「厳しい統治」だけでなく、
 旱魃被害の不満も実は大きかった、と以前このスレで話題に出た気がします。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 10:45:53 ID:???
>>207関連その1

Foreign aid workers flee Helmand as fighting intensifies in south
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=2427&newscat=2
ヘルマンド州でタリバンの攻撃が急増しているため、NGOの外国人職員たちは
ヘルマンドを離れ、カンダハルに移動し始めた。現地に残るアフガン人NGO職員は、
事務所は開店休業状態だと言った。

また、タリバンが17日にナワ・バラクザイ地区を占拠してからは、地域住民たちは
連合軍の空爆を恐れて逃げ始めた。


Govt denies capturing of Nawa dist by Taliban
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=2428&newscat=2
ヘルマンド州副知事はタリバンがナワ地区を獲得したと主張していることを否定した。
副知事はタリバンはナワ(ナワ・バラクザイ)地区に入ったかもしれないが、
地区の支配権は政府軍が握っていると言った。

しかし地域住民はタリバンが地区を獲得したと言っている。


Garamser dist captured by Taliban, not foreign militants, say Taliban
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=2431&newscat=2
アフガン内務省副大臣が「ガルムセル地区を占拠したのはパキスタンの武装勢力だ」と
発言した件について、タリバン報道官Dr.ハニフは否定した。そしてアフガニスタンの
抵抗運動はアフガン人が行っている戦いであり、アフガン政府と連合軍は戦闘で
不利になると、いつもそういう主張(パキスタンの関与)をする、と言った。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 10:47:04 ID:???
>>207関連その2

Taliban take control of Garamser, Nawa Barakzai districts, admits coalition
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=2432&newscat=2
連合軍報道官はタリバンが二つの地域の支配権を握ったことを認めたうえで、
連合軍はこのタリバンの動きを監視下に置いている、間もなく断固とした作戦を開始する
と言った。


Govt retake control of Garmser, Nawa Barakzai districts
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=2435&newscat=2
ヘルマンド州の警察関係者は、アフガン&連合軍が二つの地区を取り返したと言った。
「ナワ・バラクザイは抵抗を受けずに取り返した。ガルムセルは短い戦闘の後取り返した」

これについてのタリバンのコメントは、記事掲載の時点では出されていない。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 00:34:44 ID:???
Purported Taliban statement says it will step up resistance in Afghanistan
http://www.canada.com/topics/news/world/story.html?id=ae03ba28-d441-449e-8e4c-65ac5573a235&k=45736
19日水曜日、タリバン報道官を名乗るモハマド・ハニフはパキスタンにいる
AP通信記者に電子メールで、タリバンの声明だとするものを送ってきた。
その信憑性の独立した確認はできていない。

声明の内容は
・アフガン警察と軍は『外国占領軍』への協力をやめて、タリバンに許しを
 求めるか、そうでなければより多くの死傷者を覚悟すべきである

・これから2〜3日のうちにムジャヒディンのさまざまな攻撃が激化するだろう。
 そしてアフガン全土で敵に対する新たな戦線が開かれるだろう。

声明はタリバン政権時代の国名『アフガニスタンイスラム首長国』の
メディア委員会の名前で出されている。

212 :1/5:2006/07/20(木) 12:52:42 ID:???
>>202関連
Mulla Zaeef unveils US brutality at Guantananmo prison
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=2443&newscat=2

「チョッパー・ヘリがバグラム空軍基地に着陸したとき、私はそこから放り出され、
アメリカ人たちは『こいつは大物だ』と言いながら私を激しく蹴ったりぶったりし始めた」
…と元タリバン政権駐パキスタン大使のアブドゥル・サラム・ザイーフ師は最近出版した
著書『Da Guantanamo Anzoor (The picture of Guantanamo)』の中で述べている。

ザイーフは2002年1月3日にパキスタンの警備期間に逮捕され、米国工作機関に引き
渡された。彼は2005年9月12日にグアンタナモの米拘留施設から釈放され、その後は
アフガニスタンの首都カブールで暮らしている。

ザイーフ師はパシュトゥー語で書かれた著書の中で、グアンタナモとその他の
アフガニスタン国内の米拘留所で捕虜を扱う米軍の残忍性を明らかにしている。

以下はその本からの抜粋である:

213 :2/5:2006/07/20(木) 12:53:24 ID:???
私がアメリカ人に引き渡されたそのときに、突然何人かが蹴ったり平手でぶったり、
こぶしで殴ったりして私を攻撃し始めた。私の着ていた服はナイフでずたずたに裂かれ、
私は裸にされた。

米兵が殴っているうちに私の目隠しが緩み、パキスタン軍関係者もそこにいるのが
見えた。その後、彼らは私を別の空港に移し、そこから船で海に出たのだが、
そこでも私は殴られひどい扱いを受けた。船の中で数日を過ごした後、私はバグラム
空軍基地に空送された。

チョッパー・ヘリがバグラム空軍基地に着陸したとき、私はそこから放り出され、。
アメリカ人たちは「こいつは大物だ」と言いながら私を激しく蹴ったりぶったりし始めた。
雪が降る中、私は雪の中に投げ出され、5〜6人が私に馬乗りになって「米国は正義の
館、正義の支援者、誰に対しても正義を求める」と歌いながら殴った。私は意識不明に
陥り、目を覚ますと大きな部屋にいた。

バグラム空港からカンダハルに移送されている間、捕虜たちはプラスチック製ロープで
一人一人ラクダのようにつながれていた。カンダハルで再び私は泥の上に投げ出され、
情け容赦なく蹴られぶたれた。他の捕虜たちも同じ状況だった。米兵がナイフで私の
服を切り裂いたとき、私はついに殺されるのかと思った。

214 :3/5:2006/07/20(木) 12:53:55 ID:???
取調べが始まり、捕虜の頭に無理やり被せられていた袋がはずされると、私たちは捕虜仲間
全員が裸にされていて、米兵の男女が私たちのことをじろじろみながら笑っているという
大変恥ずかしくショックな状況に置かれていることがわかった。

グアンタナモ捕虜収容所で私が置かれていた房は大変狭かった。私たちの着るものとして
下着一枚だけが与えられた。

私がグアンタナモにいた間に聖なるコーランは10〜12回ほど冒涜された。ある捕虜が
「コーランの写本を落としてしまい、捜していると、米兵がそれを犬に口で拾わせた」と
話したことを管理人たちも認めた。その犬が地面にコーランを置いたとき、そして
女性の米兵が一度トイレに落としたコーランを私に投げつけてきたとき、私は
「アッラーフ・アクバル」と叫んだ。

コーラン冒涜事件はカンダハル空港でも何度か起こっていた。

私たちがカンダハル空港近くの場所に移されるとすぐ、捕虜全員は服を脱がされ、
縛られ、7人ずつのグループに分けられ、戸外での入浴を強制された。

215 :4/5:2006/07/20(木) 12:55:07 ID:???
カンダハルでは、米軍は第二次世界大戦当時の米軍用の食料を私たちに与えた。ときには
豚肉を混ぜた食べ物が出された。10人ずつのグループがひとつのトイレを共用させられた。
そこにはトイレットペーパーはなく、また、身を清める水もなく、食事のために手を洗う
こともできなかった。

カンダハル空港で、私は目が痛くなり医者に連れて行かれた。医者からなぜ痛みを
感じるのかと聞かれたので「激しく殴られたからだ」と答えた。私がそう言ったとたん
医者は私の顔を平手打ちし、「文句を言う気か」と言った。

同じように、あるとき理髪師が私の髪を切っていたときに、私が少し頭を動かすと、
激しく顔をぶたれたため、医者にぶたれたときのことを思い出した。

グアンタナモに拘置されていたムハマド・ファズル師は、継続的な医療処置が必要なことを
伝えたのだが要求が断られたため、16日間のハンストを行わざるを得なかった。

その罰として、ファズル師はエアコンで摂氏1度に保たれた部屋に閉じ込められた。
この罰は41日間も続いた。

216 :5/5:2006/07/20(木) 12:55:53 ID:???
グアンタナモには5つのキャンプがある。第5キャンプの状況は最悪で恐ろしいものだったが、
第4キャンプは記者団やその他の人々が訪れるため少し良かった。

ある日監視員が捕虜の1人に、米連邦議会議員と元米国大統領カナディ(ケネディ?)の
兄弟らの代表団がキャンプを訪れるだろうと話した。私たちは部屋に閉じ込められ
たため、代表団に何も話すことができなかったが、その代わりスローガンを叫び始めた。
その罰として管理者たちは20人の捕虜を他のキャンプに移した。

数ヶ月の間、私たちは祈ることと口と手を洗うことを許されないことがあった。

グアンタナモ収容所で捕虜に与えられていた食事は非衛生的だったし十分ではなかった。
そしていくつかの独房では捕虜は後ろ手に縛られていたので、食べ物を取るには後ろ向きに
ならざるを得えなかった。もし皿を落としても代わりはもらえなかった。

バグラムであるとき、離れた部屋に入れられたことがあった。後になって、その時赤十字の
代表団が来るので代表団の目に私たちが映らないようにされていたことがわかった。

厳しい罰のために精神的に病むようになった一部の捕虜は、グアンタナモの別の場所に
置かれた。そしてアメリカ人が満足するような罰は与えられなくなった。

グアンタナモ収容所の監視員たちはしばしば捕虜を虐待し、野蛮な言葉を使った。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 17:04:19 ID:???
Taliban warns Afghans to avoid foreign troops
http://today.reuters.com/News/newsArticle.aspx?type=worldNews&storyID=2006-07-23T100748Z_01_ISL271411_RTRUKOC_0_US-AFGHAN.xml&WTmodLoc=Home-C5-worldNews-6
あとおよそ1週間後にNATO軍がアフガン南部の治安管理を米連合軍から引き継ぐことに
なっている23日日曜日、タリバン報道官は今後タリバンの攻撃は強化するので
アフガン国民は攻撃に巻き込まれないように外国軍から離れているようにと
警告をした。ロイター通信が伝えた。

一方で連合軍は、最近連合軍が活発に活動している地域でアフガンの町や村の人々は
タリバンを遠ざけて、かくまったりしないようになってきている、と言っている。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 17:07:46 ID:???
>>202 >>212-215関連 ザイーフたんの本は英語版も出版予定だそうです!
Ex-Taliban Envoy to Pakistan Releases Book
http://www.forbes.com/business/healthcare/feeds/ap/2006/07/22/ap2897227.html

ザイーフ師が拘留生活を綴った著書『A Picture of Guantanamo』について
話を聞くため、AP通信はカブールの彼の自宅を訪れた。

ザイーフ師はアラビア語と英語ができる穏やかな話し方をする人物で、
黒いターバンを巻いていた。彼は「世界に真実を知って欲しい」と言った。

 *拘束されてからの経緯や拘置所での出来事は>>212-215と重なるので省略

彼がもっとも問題視する点は、捕虜たちが(米国が彼らの罪だと主張するものに
ついて)裁判を受けられなかったこと、起訴されてそれに正面から対決する
機会を与えられなかったことだ。

「私は兵士ではなかったし、米軍と戦ったこともなかった。私は9.11事件を
 非難していた。今はなにより正義を求める」

ザイーフ師はこの本はすぐに英語とアラビア語で出版されるので、より多くの
読者に読んでもらえるだろうと言った。

カブールのバザーでは今週発売されて以来、この本は数百冊が売れている。
ある書店主は「ザイーフの本はこの2日間で他のどの本よりも多い100冊が売れた。
お客たちは日夜この本を求めている」と言った。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 17:15:08 ID:???
今回のインタビュー中のザイーフたんやバザーの様子の写真です。
http://news.search.yahoo.com/search/news?ei=UTF-8&p=Zaeef&c=&fr=&c=news_photos

昨年釈放直後の写真では頬がこけているように見えましたが、今回の写真では
顔の肉付きが戻ってきて健康そうに見えます。
服装といい、しゃべっている姿の雰囲気といい、5年前そのままのザイーフたんで
とってもうれしいです。

本の中のページも写っていますが、図解のようなものがあって興味深いです。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 19:48:10 ID:???
なつかしいザイーフたんの写真です
http://editorial.gettyimages.com/source/search/FrameSet.aspx?s=ImagesSearchState%7c0%7c0%7c-1%7c28%7c0%7c0%7c0%7c1%7c%7c%7c0%7c0%7c0%7c0%7c0%7c0%7c0%7c0%7c7%7c%7cZaeef%7c2233391784121335%7c0%7c0%7c0%7c0&p=7&tag=3

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 18:03:13 ID:???
Maulvi Muhammad Younas Khalis passes away
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=2484&newscat=2
ヒズビ・イスラミ党(ハリス派)のマウルヴィ・ムハンマド・ユヌス・ハリスさんが
7月18日水曜日にお亡くなりになったそうです。87歳でした。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 19:00:55 ID:???
>>221
訂正:7月19日水曜日でした。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 22:08:33 ID:q2iuoPIM
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1153814982/l50

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 11:12:54 ID:???
>>221-222
Mulla Muhammad Omer condoles death of Maulvi Younus Khalis
http://www.afghanislamicpress.com/english/viewnews.asp?newsID=2491&newscat=2
25日火曜日、オマル師はメディアを通じてマウルヴィ・ユヌス・ハリスの死に対し
深い弔意を表した。

「臨終のときまで神聖なジハード運動に誠意を尽くし続けた偉大な指導者が
 亡くなったという悲しい知らせを聞きました。

 私たちはムスリムのウンマーとハリス・ババの家族に心よりお悔やみを
 申し上げます。

 既得権益を得るためにコーランを勝手に解釈し背信行為を続ける、いわゆる
 ジハード指導者と呼ばれるアフガン人たちでさえ、ハリス・ババのような
 生涯を神聖なジハード運動に費やし、決してイスラムとカレマを損なうこと
 のなかったリーダーを尊敬していたことは誇りに思えることです」

故マウルヴィ・ハリスはかつてロシアのアフガン侵攻時にジハードを宣言したように
米国に対してもジハードを宣言していた。
(*>>221の記事によると2003年10月に対米ジハードを宣言しています)

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 08:30:55 ID:???
●Taliban Leader Lauds Hizbullah, Suicide Bombers
http://www.afgha.com/?q=en/node/780
南部アフガニスタンで配られたメッセージの中で、オマル師が「レバノンで
進行中のイスラエルの軍事行動は、米国がテロと戦っているというよりも、
ムスリムとイスラム教の破壊を狙っていることの証だ」と主張していることを
7月26日付のイスラマバードの日刊紙『パキスタン』が伝えた。

オマル師は、米国と同盟を結んでいるアラブ諸国は、彼が'ワシントンの二枚舌
政策'と呼ぶものから教訓を学ぶべきだと言っている。

「全能の神はヒズボラとともにある。ヒズボラはあらゆる場所でムスリムからの
支援に恵まれている」

「不信心者の権力者たちは最新の武器と技術を誇りにしているが、ムスリムは
自爆攻撃者たちを誇りに思っている」

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 16:16:32 ID:???
自爆攻撃って止めてもらいたいんだが。
どっちも犠牲になるのは市民だよ。体に爆弾を巻くのが市民で
その被害に遭うのも市民だ。

227 :マダム ◆71y4UNrgko :2006/07/30(日) 17:01:15 ID:???
>>218
英訳本ゲットしたいです!

228 :あげ玉 ◆656Rto2ukQ :2006/07/31(月) 18:22:56 ID:???
>>227
マダムさん、お久しぶりです!
ザイーフたんが釈放されるまで見届けられたらいいな…と思いながら
スレに参加してきましたが、まさか『釈放〜たびたびのインタビュー〜著書』まで
見ることができるなんて4年前には思いませんでした。やはり長く続いていると
良いこともあるんですね。
マダムさんもまた遊びに来てください。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/31(月) 18:23:45 ID:???
アフガン南部の指揮権、NATO軍に移譲
http://cnn.co.jp/world/CNN200607310016.html

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 10:00:02 ID:???
アフガンで英兵3人死亡 NATOが指揮権継承直後
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20060801/20060801a3350.html

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 11:52:20 ID:???
ずっと以前に、タジク人(民族)のタリバンもいた?という話題が出たことが
ありましたが、この記事はタジク人タリバンについての珍しい記事です。
The Taliban's Chief of Kabul Suicide Operations Arrested
http://jamestown.org/terrorism/news/article.php?articleid=2370088
アフガン南部・東部だけではなく首都カブールでも自爆事件・爆破事件などが激増し、
人々の懸念が高まっていた。しかし、7月13日にアフガン治安当局がタリバンの
カブールを担当する担当攻撃指揮官を逮捕してからは、大きな事件は起こっていない。

その指揮官はカリ・ハキム・ムッラーといい、北部パルワン州出身の25歳の
タジク人だ。彼は高等教育は受けていないが、マドラサでイスラムについての
基本的な教育を受けていた。
タリバン政権時代には、役職は不明だが、政府内で活動的な人員だった。
また、兵士の1人でもあった。

タリバン指導部からカブール担当チーフに任命される前、カリ・ハキムは
パキスタンに住んでいた。そして13人の部下とともにカブールに入った。
カブールでは彼は大統領邸の近くの家に住んでいた。
逮捕時には彼の元からタリバン指導部の正式な命令書が発見された。

カブール警察はカリ・ハキムのグループの動きを、爆発物の輸送を追跡
することで把握していた。
カリ・ハキム逮捕の前日、彼の部下の一人が爆弾攻撃の準備中に逮捕された。
その後カブールとその他の地方にいたカリ・ハキムの部隊全員が逮捕された。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 11:53:48 ID:???
>>231
>カブールを担当する担当攻撃指揮官

「担当」がだぶってしまいました。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 19:30:53 ID:???
1 名前:春デブリφ ★[sage] 投稿日:2006/08/03(木) 09:58:45 ID:???
 2日付の独紙ウェルトによれば、イランの革命防衛隊は7月28日、国際テロ組織
アルカーイダを率いるウサマ・ビンラーディン容疑者の息子で、同国内で軟禁されて
いたサアド・ビンラーディン容疑者を釈放した。
 独情報機関によると、サアド氏はレバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラとと
もにイスラエルと戦うレバノン難民をシリア国内で募り、レバノンに送り込むよう
イラン政府から指示を受けているという。
 シーア派が95%を占めるイランは、イスラム教スンニ派が大多数のアルカーイダ
組織とは相容れないが、政治的に利用するため同氏らを長期にわたって事実上、
かくまい続けてきたという。

■ソース(産経新聞)【ベルリン=黒沢潤】
http://www.sankei.co.jp/news/060803/kok030.htm

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 21:44:02 ID:???
Haqqani for intensive fight against US forces
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=31705
長いこと沈黙を保ってきたマウルヴィ・ジャラルッディン・ハッカニが
ついにアフガニスタン駐留の外国軍に対する大規模なジハードを宣言した。

彼のメッセージとされる音声テープが発表され、その中で彼は外国軍を
侵略者と呼び、武装解除プログラムなどをアフガン人を無力で従属的に
させるものだと言った。

そしてタリバン指導部への信頼を表明し、外国軍がアフガニスタンから
排除されるまで戦い続けると誓った。

ある政府関係者は「そのメッセージを聞いてはいないが、おそらくハッカニは
名声と失った地位を取り戻したいと思っているのだろう」と言った。

ハッカニの2人の息子、シラジュディンとナシルディンはアフガン南部の
州で、政府軍・連合軍と戦っている。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 22:57:13 ID:???
アフガン大統領、韓国人キリスト教団体に強制出国命令
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/08/03/20060803000036.html

関連記事
Afghan Scholars Want Korean Missionaries Out
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=31690

Afghanistan to expel over 1,000 S. Korean Christian evangelicals
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=31689

Afghanistan deports South Koreans ahead of peace rally
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=31688


特亜関連記事
Afghanistan deports 7 Chinese women for prostitution, alcohol sales
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=31687

236 :1/2:2006/08/04(金) 11:07:49 ID:???
>>140 >>145関連
Brutal mullah gunning for foreign troops in Afghanistan
http://indiaenews.com/2006-08/17037-brutal-mullah-gunning-foreign-troops-afghanistan.htm
残忍さで知られ、現在のタリバンの軍事キャンペーンを担当している
ダドゥッラー・アフンド師は、イラクにおけるザルカウィのような存在と
なってきている。

彼が主役を務める新兵募集宣伝DVDに、多くの自爆攻撃や兵士の志願者が
引き寄せられている。また、彼が敵・裏切り者への断首を好むことは
支持者たちをも恐れさせている。

彼の存在はアフガン人(パキ住民含む)の間で神話的なものになっている。
そのためタリバン指導部はパキの神学校でジハードキャンペーンを行う
時には彼を顔として派遣している。

彼の募集キャンペーンの成功が最近のタリバンの活動の活発化の要因にも
なっている。アフガンの村人たちはタリバン兵の数はますます増加している
と言っている。ダドゥッラー師自身は自分には12,000人の実践兵と、命令を
まつ200人の自爆攻撃者がいると言っている。

ダドゥッラー師は40歳ほどでカンダハルのカッカル部族出身と言われている。
カッカルは勇猛果敢な部族として知られている。彼は1994年にタリバンに
加わって間もなく地雷で片脚を失った。

237 :2/2:2006/08/04(金) 11:08:38 ID:???
身体の障害にも関わらず、彼は恐れを知らない戦士として1990年代に北部同盟
との大きな戦闘を指揮して有名になった。
しかし1998年に彼の指揮で行われたバーミヤン州のシーア派ハザラ人に対する
虐殺行為はオマル師の想定外であったため、オマル師は彼を解任した。

その後彼はすぐに戦闘に戻ってきたが、すっかり「恐ろしい人物だ」という
評判になっていたため、タリバンは敵をけん制するために、彼が戦場に
不在のときでもラジオで「ダドゥッラー師は最前線にいる」と報道した。

2001年11月のタリバン政権崩壊後にパキスタンに逃げていた彼は、そこで
タリバン再建に加わった。最近では軍事采配の自由を得て、タリバン軍事組織
全体の司令官に昇進した。

写真を嫌うほかのタリバンリーダーたちと違い、彼は人々の関心を
引きたがっているのか、テレビインタビューに答えたり、外国人記者に
電話で接触している。

彼は現在イギリス部隊が配備されているヘルマンド州の外部で活動しているが、
連合軍の空爆を恐れて、ひとつの場所で一晩を過ごすことはない。

鋭い戦略家でもある彼は、現在のタリバンの力では首都カブールを奪うことは
できてもそれを維持することはできないとし、目標をアフガンの支配回復では
なく外国軍の撤退に絞っている。

238 :1/2:2006/08/06(日) 23:32:06 ID:???
Lebanese Conflict Reverberates in Afghanistan
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=31732
レバノンとイスラエルの衝突と、アメリカのイスラエル支持が
アフガニスタン人の感情に影響を与えている。

イスラエルのレバノン攻撃が始まって以来、親タリバンではない元ムジャヒディン
党派の有力者・政治家達の間にも反米感情が広がっている。
アメリカに頼っているいるカルザイ政府は、有力者たちの支持を失う危険を
抱えている。

7月31日にはカブールで集会が開かれ、ジハード党派関係者らはイスラエルに
攻撃の即時集結を求めた。アメリカを強く批判する演説もなされた。

一般アフガン人にも反米感情が広まっている。「アメリカの言う人権は
アメリカが物事を意のままに行う権利を意味している」という声もあった。

また多くの人々が、アフガンの民衆がアメリカに幻滅することで、
タリバンが力づくことを懸念している。

239 :2/2:2006/08/06(日) 23:33:56 ID:???
北東部バダフシャン州の出身で現在アフガン国軍から脱走中のある兵士は、

「故郷を遠く離れてタリバンの活発な南部カンダハルに配置されていた。
 カンダハル市民はレバノン攻撃が始まる以前は、タリバンに味方も敵対も
 していなかった。ところがレバノンとパレスチナで戦闘が始まると、彼らは
 タリバンに加わって我々と戦い始めた。それで私と5人の僚友は軍から
 逃げ出した」と語った。

そして「私は軍がタリバン&アルカイダとこれ以上戦うとは思わない。
なぜなら彼らが正しくて、アメリカがムスリムの敵であることがはっきりして
きたからだ」と言った。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 10:47:57 ID:???
アフガンの麻薬撲滅、成果上がらず=戦略練り直し必要−国連代表
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20060808/060807164122.ze9uyee6.html

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 13:05:01 ID:???
Taleban 'kill woman for spying'
http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/4775279.stm
Taliban hang woman for spying
http://english.aljazeera.net/NR/exeres/8B9A5AAA-B9F2-4970-A92C-28524027BAE4.htm
ヘルマンド州副知事は、タリバンが同州ムサカラ地区で、8日火曜日に
70歳の母親と30歳の息子を殺害し、遺体を公然と木に吊るした、と
水曜日に言った。

副知事は「その母と息子は外国軍・アフガン政府側のスパイだとされて
タリバンに処刑された、2人の家族の中に警察で働いている者がいた」と
語った。

一方、タリバン報道官カリ・ユースフは、この報道は事実ではないと語った。
ユースフは「私達がそのようなことをする場合には、最初に私たち自身が
メディアに発表する」「私達はスパイ罪で多くの人々を処刑してきているが、
それは前もって入念な調査をした後のみである」と言った。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 13:06:25 ID:???
>>241の記事に書かれているその他の事件

・カンダハルで水曜日に武器の事故と自動車事故でNATO軍兵が死傷した。
・火曜日に米連合軍は東部アフガニスタンで15人のタリバンを殺害した。
 そして米兵2人が負傷した。
 (もうひとつの記事だとタリバン16人殺害、アフガン兵1人・米兵2人負傷)
・火曜日にイギリス軍が私服で武装していたアフガン人警官を、敵と見誤って
 射殺したことを認めた。
・北西部アフガニスタンでドスタム派とマリク派の民兵あわせて400人が衝突し、
 少なくとも4人が死亡した。
・オーストラリアのハワード首相は水曜日にオーストラリア軍150人を
 アフガニスタンに追加配備すると言った。
・火曜日にガズニ州でアフガン兵とタリバンの戦闘でタリバン2人が死亡した。


*事件が起きた日にちとそれが発表された日にちの区別が混乱している部分が
 あるかもしれません。すみません。
*「15人のタリバン殺害・・・」は状況から推測して、同じ事件が
 2つの記事で少し違った伝えられ方をされているものと判断しました。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 01:13:20 ID:???
Karzai Hints He Won't Run for 2nd Term
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/08/09/AR2006080901040.html
カルザイはフォーチュン誌とのインタビューで、
「他の人々にチャンスをつかんで欲しい」と言って、
大統領として次の任期を狙わないつもりであることをほのめかした。

カルザイは2004年後半に、初めての民主選挙で大統領に選ばれた。
任期は5年で次の選挙は2009年だ。

国家再建事業の進展の遅さとタリバンの攻撃増加による治安の悪化で
カルザイの人気は低下していると見られている。
しかしカルザイ自身は治安問題はおおむねうまくいっているとし、
麻薬問題、官僚の汚職、国際社会が反タリバン軍閥を支援していること、
インフラ整備の遅さを問題視していると語った。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 11:00:13 ID:???
Taliban leader says UK troops 'on the run'
http://www.gulfnews.com/world/Afghanistan/10059852.html

サラフッディン師というタリバン上級司令官の1人がサンデー・テレグラフの
インタビューに答えています。メディアに出るのは珍しい人物のようです。
オマル師、ダドゥッラー師に近い40代前半で、今はパキ部族エリアにいるそうです。

話している内容は、南部の4つの州に展開するNATO軍を指揮していく
イギリス軍に対する警告です。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 22:57:01 ID:???
Al-Qaeda in the Spring of 1634 Hijra ? A Play by Lewis Attiya Allah
http://www.siteinstitute.org/bin/articles.cgi?ID=publications203306&Category=publications&Subcategory=0

意味を読み取れない部分があったのですが、わかる範囲で紹介すると、
アルカイダの観念論者ルイス・アッティヤ・アッラーという人が、
演劇の台本を書き、ジハーディストたちのフォーラムに配ったそうです。

その内容は、イスラム歴1634年(西暦2213年)の未来にカンダハルのあるモスクで、
2001.9.11前後のビン・ラディンの反米ジハードと、アメリカの圧力に屈することなく
彼を支え続けたタリバンへの賞賛が、長老から若者たちに歴史物語として語り伝えられる、
といったもののようです。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 16:45:34 ID:???
Cdns involved in talks with Taliban leaders
http://cnews.canoe.ca/CNEWS/Canada/2006/08/17/1761317-cp.html

カナダおよびその他のNATO当局とアフガン当局、そしてタリバン指導部との
話し合いが17日木曜日にカンダハルで行われたと、関係者から話が出ている。
カンダハルはカナダ軍が展開している地域である。

話し合いはアフガン政府が進めているが、タリバンはアフガン政府よりも
ISAFや国連のような国際的な組織を通じての話し合いを希望しているらしい。

NATOは公式にはタリバンとの直接の接触を否定しているが、なんらかの
話し合いが行われていることは認めた。

一方アフガン政府情報筋は、木曜日の話し合いの結果に悲観的な見方を
示した。タリバンは話し合いの準備が出来ておらず、決して和解しないと
言っているという。しかし個人的にはそれを望んでいる者もいるようだ。

247 :愚公:2006/08/19(土) 17:26:15 ID:hb0oQz75
豊かで綺麗なアフガンに戻って欲しい、NHKで見たけど酷い状態で病人けが人がわんさかいる、それにまたアメリカが攻めてきたから悪くなる一方、アメリカ・イギリスの責任とれー。
おまえらが来る前は写真でしか見た頃なかったけどとても豊かで美しかった、写真に載っていたジィさんが着てた衣装なんかかっこいいし豪華やった。国も街も豊かやった、銀細工のブレスレットなんかもつくりが細かく手が込んでいたしセンスも良かった。
ホンマにイギリス・アメリカ・ソ連責任とらんかい!

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 22:01:02 ID:???
87the Independence Day of Afghanistan being celebrated today
http://www.afghanislamicpress.com/site/home/detail.asp?iData=2787&nChannel=News
19日土曜日、アフガニスタンのイギリスからの独立87周年記念日が
カブールで祝われた。祝賀式典はカブールのほか全国の都市や町でも
行われた。カブールとその他の主要都市では、めでたい日に事件が
起こらないように厳しい警備がなされた。カルザイはこの日を機会に
囚人の数を減らすこと(恩赦)を発表した。

 Karzai urges Afghans to work for stability
 http://www.afghanislamicpress.com/site/home/detail.asp?iData=2793&nChannel=News
 また、ザヒル・シャー、文民・軍事当局者、外国の外交官、学童、そして
 大勢の一般市民も式典に参加した、カルザイはアフガン国民に、国の独立と
 安定のために協力するよう促し、若者に教育の重要さを訴えた。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 15:44:36 ID:???
Eighty Taliban join reconciliation scheme
http://www.news.com.au/dailytelegraph/story/0,22049,20234788-5001028,00.html

23日水曜日に西部ヘラートで80人のタリバンが政府の和解プログラムに
沿って政府側に加わった、と当局者と元タリバンら関係者が言った。

ヘラート市で行われたセレモニーでは、髭を生やしターバンを巻いた
元タリバン兵たちが現政府との戦いをやめると宣言した。

80人の中にはタリバン政権時代にバドギス州の宗教警察長官だった者もいた。


*こちらの記事の書き方をみると80人全員がタリバンではないようです。
80 govt opponents surrender to government
http://www.afghanislamicpress.com/site/home/detail.asp?iData=2925&nChannel=News

反政府の立場をとる80人の人々が政府側に降伏した。
その中には4人のタリバンの重要な人物も含まれていた。
(そのうちの1人が上記記事の人物)

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 15:51:01 ID:???
U.S.: 7 operatives killed in Afghanistan
http://www.chron.com/disp/story.mpl/ap/world/4139338.html

クナル州である敷地建物にアルカイダ容疑者がいるという情報を受け、
米軍は夜明け前の急襲を行い、7人の容疑者と子供1人が死亡したと発表した。

しかしアフガン当局の関係者は、その日その建物で死傷したのは一般市民
だったと主張している。
被害にあったのは争議を抱えた2つの家族で、村の長老を介して話し合いを
するために集まっていた、しかし何者かがそこでアルカイダの会合があると
誤った情報を連合軍に流したために、この事態になった、と関係者は言った。

米軍側はこの主張を受けた後も、死亡したのはアルカイダで、子供1人が
死亡した経過ははっきりしないと言った。

>>246関連
タリバン報道官のモハマド・ハニフは、タリバンが政府や外国軍の関係者と
話し合いをしていると報じられたことを否定した。
ハニフはパキスタンにいるAPの記者に電子メールで
「我々は占領軍およびその傀儡と話し合いはしていないし、
国を占領されながら彼らと同じ席に着くつもりはない」と言った。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 17:08:54 ID:???
>>250下の話題関連
Taleban deny peace talks with Kabul, Nato
http://www.thepeninsulaqatar.com/Display_news.asp?section=World_News&subsection=Pakistan+%26+Sub-Continent&month=August2006&file=World_News2006082624043.xml
タリバンの軍事司令官ダドゥッラー師は、25日、ロイター通信に、
タリバンがアフガン政府・NATO側とひそかに和平の話し合いをしていると
報じられていることを否定し、これはタリバン兵と支持者の間を分裂させよう
とするプロパガンダだと言った。

一方NATO側は、連合軍とNATOが行っているのはカルザイ大統領の和平の
取り組みへの支援だけだと言っている。


252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 17:12:36 ID:???
『タリバン軍事評議会が地元メディアに出したとされる手紙』をもとに
カナダのメディアが書いた記事です。手紙の信憑性はまだ良くわかりません。
Taliban distance themselves from suicide attacks
http://www.canada.com/topics/news/world/story.html?id=739ac075-f3b6-4805-b414-e873da24d701&k=37408

8月3日にカンダハルのパンジワイ地区で、カナダ軍パトロール部隊を狙ったと
みられる自爆自動車爆弾攻撃で市民に多数の死傷者が出た。

この事件をきっかけに、地元カンダハル住民はタリバンへの反感を強めた。
タリバンもそのことを意識しているようだ。

そこでタリバンの軍事評議会(を名乗る団体)は「タリバンの中の外国人と
結びついた分派が、市民を巻き込むような攻撃をしている」と非難する
手紙を週間新聞スルガル紙に出し、掲載された。

カンダハルを担当しているNATOカナダ軍は「タリバンの中で意見が割れたり、
地元民衆からの支持が減ることをタリバンが心配しているとすれば
我々にとって良い兆候だ」と言っている。

分裂のもととなっている「外国人」とは、パキスタンから入ってくる
タリバン(親タリバン)の武装勢力のことのようである。

「タリバン軍事評議会」の手紙は、自爆攻撃の被害に気を使いながらも
地元民衆に対して、タリバンへの復讐を考えたしないように、タリバンの
決定を尊重するように、と警告している。


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 10:37:13 ID:???
パキスタン治安当局が掃討作戦、反政府指導者を殺害
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060827/K2006082701290.html
 これに関連して、シャーザド記者の記事によれば、
 A death Pakistan can ill afford
 http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HH29Df02.html

 ブグティ氏の殺害をきっかけに、バロチ民族の解放運動が高まるほか、
 日頃はそれぞれ違う立場でムシャラフを批判しているパキ国内の勢力
  ・親タリバン宗教政党連合MMA ・パキの軍部や諜報部 ・世俗系野党政党
 が、呉越同舟的に反ムシャラフでひとつにまとまる流れができるだろう。
 
 さらに、米政府は、タリバンがパキ国内に支援を得られる拠点を持って
 アフガニスタンでの武装抵抗活動を活発化し続けているため、
 ムシャラフ政権の「対テロ戦争への貢献度、達成度」に疑問を持ち始め、
 そろそろムシャラフに見切りをつけそうな気配(噂)がある。
 そのことも、パキ国内の反ムシャラフ勢力を勢いづけているようだ。


*タリバンの今年春からの軍事攻勢を後ろから支えたのは、事前に米軍が予測していた
 アフガン北東部と国境を接するパキのNWFPや南北ワジリスタンではなく、
 南西部と接するバロチスタン州だったそうです。


254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 22:28:57 ID:???
17 die in suicide bombing at Afghan market
http://www.guardian.co.uk/afghanistan/story/0,,1860133,00.html

28日、ヘルマンド州でイギリス軍が本部を置くラシュカル・ガーの市場で、
自爆攻撃と見られる爆発があり、17人が死亡し、47人が負傷した。

この攻撃をイギリス軍高官は非難した。
カルザイ大統領は、事件に外国人が関わっていると言った。

タリバン報道官のカリ・ユーサフはAP通信に電話をしてきて、
市民に多数の死者を出したことに遺憾(謝罪)の意を表明した。
ユーサフはその攻撃で狙ったのは、元警察本部長カーン・ヌールザイ
だったと言った。ヌールザイは息子とともにその爆発で死亡した。

27日日曜日には、ムサ・カラ地区でイギリス兵1人が死亡した。
イギリス兵の死亡者は今月8人となった。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 16:19:35 ID:???
NATO back to Taliban country
http://www.thestar.com/NASApp/cs/ContentServer?pagename=thestar/Layout/Article_Type1&c=Article&cid=1157017626150&call_pageid=968332188492&col=968793972154
カナダ&NATO軍は、カンダハル州パンジワイ地区で大規模なタリバンとの戦闘作戦を
行うため、地域住民に退避するように求めた。

NATO軍の副司令官ウィリアムズは、この作戦は今までと違い、地域に留まって
長期戦を行う予定だと語った。
「今までは戦闘のために地区に入り、タリバンと交戦した後はそこを離れていた。
しかしそれではタリバンが戻ってきてしまう。そのため今回の計画を立てた」
この作戦がどういうタイミングで行われるかは機密事項だとウィリアムズは言った。

地域の大半はタリバンの手に戻っている。地元住民は恐れて近くの都市に逃げ、
再建事業は滞っている。

タリバンによって村から追い出されたパンジワイ地区のある長老は、武装勢力は
さまざまな形で村の生活に溶け込んでいると言った。
「彼らは店や家を持っているのでここから退くことは無いだろう。いろいろなタイプの
タリバンがいるが、彼らはみな戦士だ。戦えと言われれば戦いに行くだろう」

この長老は和解プログラムを進めることが好ましいと言ったが、ウィリアムズは
和解の話し合いの期間は過ぎたと言った。「我々がタリバンに言うことがあるとしたら、
死にたければそこにいろ、死にたくなければ降参しろ、ということだけだ」

ウィリアムズは戦闘の後には、さまざまな再建作業・人道援助にすばやく着手すると
約束した。
また地域に留まる農民達への戦闘による影響は最小限にとどめると言った。

256 :愚公:2006/09/02(土) 15:56:09 ID:K1x5w0IZ
戦争はよ終れ、豊かなアフガニスタンにもどれ

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 19:25:11 ID:???
偵察機墜落で14人死亡、アフガンで英軍部隊最悪の日に
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20060903/060902185129.09g3gnqh.html

テロ容疑 14人逮捕 英捜査当局
http://news.goo.ne.jp/news/nishinippon/kokusai/20060903/20060903_evn_013-nnp.html

アフガンでケシ栽培面積、アヘン生産量が拡大=国連
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20060903/060902132406.1e90ndch.html

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 19:29:20 ID:???
UK Muslims join Taliban to fight against British troops
http://www.timesonline.co.uk/article/0,,2087-2340571,00.html
パキスタン当局が出したと見られる情報をもとに、イギリス軍関係者は、
イギリス国籍(パスポート)を持つパキスタン人のなかに
、パキスタン経由でアフガニスタンに入り、タリバンとともに戦いに
行っている者が大勢いるようだと言った。

あるパキ当局者は、そういった者たちは同時にパキ国籍も持っているので、
入国後の足取りを追跡するのは難しいと言った。

タリバンに近いある情報筋は、イギリスのパスポートを持っていることが
確認できているタリバン兵は10人足らずだが、大勢いるイギリス系パキ人の
中で何人がイギリスのパスポートを持っているのかはわからないと言った。

イギリスのムスリムの若者がイラクだけでなくアフガニスタンでも戦いに
参加しているというこのニュースは、過激派たちを魅了している。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 19:31:30 ID:???
>>258記事別件)

ロサンジェルス出身のアメリカ人ムスリム、アダム・イェヒイェ・ガダーン(28)が
ビデオメッセージを出した。アメリカ人およびその他キリスト教世界の
人々に、毒された苦しみの世界を抜け出し、真実の明かりの道に進むため、
イスラム教に改宗することを薦める内容だ。

FBIによれば、ガダーンはパキスタンでアルカイダの訓練キャンプに参加し、
通訳をしていた。

ビデオはザワヒリのグループが発表したもので、ビデオの冒頭でザワヒリも
メッセージを語っている。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 11:36:12 ID:siD+A0+N
国際軍がタリバーン勢力攻撃、200人殺害 アフガン
http://www.asahi.com/international/update/0904/005.html
アフガニスタンに駐留する北大西洋条約機構(NATO)が主体の国際治安支援部隊(ISAF)は3日、南部カンダハル州で
実施した旧政権タリバーン勢力の掃討作戦で、200人以上の武装勢力を殺害したことを明らかにした。
NATOが7月31日に南部での指揮権を米軍側から引き継いで以降、最も死者が多い作戦となった。

文明と正義の名において、手呂リストに死を!

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 11:51:56 ID:???
タリバン80人以上を拘束 アフガン南部の掃討作戦
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20060904/20060904a3560.html?C=S

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 12:26:04 ID:???
>>255>>260関連
Taliban Denies Losses Imputed to Them By Americans
http://kavkazcenter.com/eng/content/2006/09/03/5474.shtml

タリバン報道官は3日AIPに、NATO&アフガン軍によるパンジワイ地区での
軍事作戦で多数のタリバン死傷者が出たという報道を否定し、
タリバン側に死傷者は出ていないと言った。
そして戦闘は小休止をはさんで継続していて、NATO兵士の側に死傷者が
出ていると言った。


*ちなみに土曜の朝から始まった今回のNATO軍の作戦名は
 『メデューサ(くらげ)作戦』だそうです。
 230 Taliban, four ISAF soldiers killed in Kandahar operation
 http://www.pajhwak.com/viewstory.asp?lng=eng&id=23864

263 :ダウンロ−ド:2006/09/04(月) 13:24:14 ID:HvhOqlnz
GOOD MORNING...
IM KIND,FRIENDLY,SWEET,AND GOOD PERSON...
SO If YOU WANT TO KNOW ME MORE CHAT ME....

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 13:23:52 ID:???
Afghan moral guardians: return of Taliban through back door?
http://news.monstersandcritics.com/southasia/article_1197846.php/Afghan_moral_guardians_return_of_Taliban_through_back_door
タリバン政権崩壊後、廃止ではなく休止状態だった勧善懲悪省を
カルザイ政権が復活させようとしている問題についての記事です。

この記事を含め、英語・欧米記者の記事は復活に批判的な論調が目立ちますが、
珍しくこの記事にはアフガン市民の世論調査の数字が出ています。

あるドイツの財団法人がカブールで人々に意見を聞いたところ、273人のうち
道徳監視員復活に賛成が71%で、反対が多いと思われがちな女性の中でも、
反対は5分の1だそうです。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 15:34:50 ID:???
>>262と同様ですが、こちらはダドゥッラー師の発言記事です。
Taliban threaten journalists reporting "wrong information"
http://www.eitb24.com/portal/eitb24/noticia/en/international-news/propaganda-taliban-threaten-journalists-reporting-wrong-informati?itemId=B24_7790&cl=%2Feitb24%2Finternacional&idioma=en

タリバンの軍事トップ司令官ダドゥッラー師は4ヶ月曜日にAP通信に衛星電話で
NATOが軍事作戦で200人以上のタリバン兵を殺害したというのはプロパガンダであると
否定するとともに、記者・メディア関係者に対し、米連合軍やNATO軍の出す
『誤った情報』をもとにした報道をしないように、そしてもし今後もそれを続けるなら
タリバンは攻撃の対象にすると警告した。

電話でダドゥッラー師と話したAPの記者は過去にも彼と話をしたことがあり、
声から同一人物であると認識した。

NATOは3日日曜日にパンジワイ地区でNATO&アフガン軍合同軍事作戦の最初の2日間で
200人以上のタリバンを殺害したと報じた。
一方アフガン国防省は89人のタリバン兵が死亡したと報じた。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 15:36:20 ID:???
>>265訂正

1行目 >4ヶ月曜日 >>4日月曜日

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 00:01:15 ID:???
>>265ダドゥッラー師発言追加
Taliban: NATO inflating Afghanistan death toll
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=32250

・私は多くのムジャヒディンをともなってある山の中にいて、そこから
 電話をかけている。ムジャヒディンたちはいつでも身を犠牲にする
 覚悟ができている。

・タリバンのもとには自爆攻撃の覚悟をしているアフガン人が500人いる。
 地方出身のタリバンは攻撃を行うために都市部に入っている。

・地元の人々はNATO&連合軍から離れているように。

・我々は過去に持ったことのない武器を用い、戦術を変えようとしている。

・オマル師は今もタリバン運動の最高指揮官である。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 12:08:28 ID:???
対テロ戦協力を強化 アフガンとパキスタン
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20060907/20060907a3170.html

パキスタン大統領がアフガン訪問―対テロ戦で協議
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20060906/060906121849.tf5nqmmc.html?C=S

米大統領、アルカイダをレーニン、ヒトラーとなぞらえる
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060906/K2006090601800.html?C=S

米、出口なき戦い 9・11から5年
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060903/K2006090203160.html?C=S

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 12:12:40 ID:???
記事内容のビデオが観られます。
Among A Resurgent Taliban
http://www.cbsnews.com/stories/2006/09/05/eveningnews/main1969626.shtml

CBSのララ・ローガン記者がタリバンの新しい要塞のひとつガズニ州を
取材した。ここは2年前に米軍が「成功例」としてローガン記者をつれてきた
ところだ。今はタリバンが復活ぶりを見せる成功例になっていた。

ローガン記者はタリバン司令官らとの6ヶ月の交渉を経て、このタリバンの
領域を訪れることとなった。首都カブールから南に車で2時間の場所だ。

一番近い米軍基地から10マイル足らずの取材地に100人以上のタリバンが
集まっていた。彼らは昼間、公然と武器を誇示し、集団で祈りを捧げていた。
このような状況は2年前には想像できないことだった。

タリバン司令官は「我々は以前より強く、より大衆の支持を得ている」
「この戦争の前は米軍は我々の友人だった。しかし今、占領と彼らの残酷さを
見た後ではもはや友人ではない」と言った。

米軍高官は、この地域がタリバン復活の中で最危険箇所のひとつであることを
認めながらも、治安がかなり向上している他の地域のことを指摘した。

一方、8月からこの地域を米軍から引き継いだNATO軍高官は、状況を
「予想より悪い」と言い、「人々の失望感をタリバンが利用している」「私は
これからの3〜6ヶ月が重要だと考えている」と語った。

270 :1/2:2006/09/07(木) 21:23:13 ID:???
'Taliban taking over'
http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HI08Df02.html
国際的な政策シンクタンクでアフガニスタンの状況を日々モニタリングしている
サンリス・カウンシルは今週ひとつのレポートを出した。
それによればタリバンはアフガニスタン南部の半分で支配力を回復していて、
その前線は日々拡大している。

このレポートは2001.9.11以来5年目のアフガニスタンの再建の状況をまとめた
ものだ。ヘルマンド、カンダハル、ヘラート、ナンガルハルという重要な州で
幅広い実地調査行い、それを基にしている。

・ここ数年米英主導の麻薬対策と軍事政策の失敗により、南部では飢餓と貧困に
 よる人道的な危機が発生し、地元住民のニーズに応えているタリバンへの
 支持が増えている。

・代替収入がないままの麻薬根絶作戦は農民に悲惨な状況を生んでいる。
 タリバンは「我々のいた当時、我々は厳しく残酷だったかもしれないが、
 人々は家族を養うことができた。それが今はどうだ」と言っている。

・米国はアフガニスタンを国際テロリストの温床にしないために軍事侵攻し、
 活動を続けているが、サンリス・カウンシルの調査では、現在外国人戦闘員の
 姿を多く見かけることはない。主に見かけるのはネオタリバンと呼ばれる人々で、
 彼らはアフガン人であり、地元社会、パシュトゥン部族の出身者だ。

271 :2/2:2006/09/07(木) 21:24:26 ID:???
・国際支援の資金不足による飢餓が特に地元民の怒りを強めている。軍事、対麻薬、
 再建計画を優先することでアフガン人の心をつかむことに失敗している。
 
・また空爆などの軍事作戦で民間人に多くの死傷者が出ていることも、アフガン人
 の心を遠ざけている。住む家を失うなど、それも飢餓につながっている。

レポートは提言として

・支援の優先順位はまず貧困対策を考えること、そうでなければ国家再建の
 話はできない。

・タリバンの真の指導部と和解することは不可能である。貧困と麻薬への対策で
 タリバンの力の源を攻撃し断つことだ。そうすれば彼らは5年前のような
 小さい孤立したテロリストのグループに過ぎなくなる。

・やるべきことに早く着手しないと、カブールの政府は手におえないほど
 弱体化するだろう。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 23:05:44 ID:???
カブールで自爆テロ、米兵ら10人死亡
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060908/K2006090803280.html

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 23:27:57 ID:???
NATO、アフガン治安支援部隊の増派を検討
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/kokusai/20060908/20060908i213-yol.html

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 15:02:48 ID:???
Bush backs Pak-Taliban deal
http://timesofindia.indiatimes.com/articleshow/1971329.cms

ブッシュは7日木曜日、ムシャラフとパキスタン国内の親タリバン
武装勢力との間の休戦合意を慎重に支持した。

ブッシュはあるインタビューで、物議を醸しているこの取り決めが
テロリストに避難場所を与えることになるとは思わないと言った。
しかし注意深く見守る必要があると付け加えた。

評論家たちは、この取り決めはブッシュが言うようなこの地方の知事や
代議士との間でなされたものではなく、武装勢力とのものであり、
パキ軍が事実上主権を補記下も同然だと批判している。

この取り決めはアフガニスタン、そしてパキスタン国内でも
懸念と懐疑の目で迎えられている。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 16:07:25 ID:???
NHK海外ネットワーク
「米同時多発テロ5年・息を吹き返すタリバン・揺れる米国」
9月10日(日) NHK総合 18:10〜18:45
出演 / 道伝愛子

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 23:45:17 ID:???
タリバンと交戦、94人殺害=アフガン軍と国際部隊
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20060910/060910102430.3sd4af4s.html

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 19:06:46 ID:???
ザイーフたんがさっき夜7時のNHKニュースで
インタビューに答えていました!



278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 11:50:08 ID:???
各国にアフガン増派を要請 NATO、調整は難航必至
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20060912/20060912a3330.html

テロ攻撃で州知事死亡=タリバンが犯行認める―アフガン
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20060910/060910112919.1wwu541n.html?C=S
アフガン州知事の葬儀でまた自爆テロ=6人死亡、数十人負傷
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20060912/060911193457.fbfxavcw.html

親米湾岸諸国の攻撃予告 アルカイダナンバー2
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20060912/20060912a3320.html

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 19:46:20 ID:???
お知らせが遅くなりましたが、今現在NHKクローズアップ現代で
アルカイダ、タリバンの話題をやっています。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 19:58:37 ID:???
クロ現代みてるが・・・・
いつもの事ながら酷い偏向報道で吐き気がするな全く。


【米の犬HKの中東報道姿勢】

・アメリカとイスラエルは絶対正義で両国の武力は全て正義
(両国の国家テロは自由と民主主義の為と洗脳)

・両国に敵対するものは全て100%悪でテロリスト。
(家族が巻き添えで虐殺された人へは死んでも当然な傲慢な態度)

281 :1/2:2006/09/12(火) 21:02:17 ID:???
ザイーフたんのインタビュー記事です。今までのインタビューで
あまり語られていなかった話を抜粋します。
Afghanistan: Former Taliban Envoy Does Not Regret Protecting Bin Laden
http://www.rferl.org/featuresarticle/2006/09/196b698a-0635-4857-be84-8346922898f9.html

・ザイーフ師は2001.9.11事件後、タリバン政権がビン・ラディンを米国に
 引き渡さなかったことは今も後悔していないと語った。

 「私達はイスラムの尊厳とアフガニスタンの権利を守っていたのです。
 私達は9.11の米国への攻撃を非難しました。そして犯人を見つけるための
 調査がなされるべきだと言いました。しかし証拠無しにオサマを米国に
 引き渡すことは、するべき合理性がありません。イスラムは合理と
 公正の宗教なのです」
 
 タリバンはテレビを禁止していたが、9.11事件当時イスラマバードにいた
 ザイーフ師は9.11の惨劇の様子をテレビで観ていた。彼はそれは悲しい
 出来事であったが、タリバンが客人だと見なしている人物を手放すように
 説得するには不十分(その証拠が要るということ)だと言った。

282 :2/2:2006/09/12(火) 21:04:38 ID:???
・ザイーフ師は一定の条件を受け入れてグアンタナモ収容所から釈放された。
 それは今後アフガニスタン国内の留まり、米国、その同盟国、アフガン政府
 に対する攻撃に参加しないことだ。

 ザイーフ師自身も現在戦争を行っているタリバンには加わりたくないと
 思っている。しかし「真実と知を求める学生」という本来の意味での
 タリブの1人ではあり続けると言った。

 政府から1年間はカブールで政府の監視下にいるように言われているが、
 その後どうするかは何も決めていない。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 10:10:21 ID:???
News of arrest of renegade Afghan rebel leader inaccurate
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=32400

一部のウェブサイトで「11日月曜日に拘束された武装勢力の中にヘクマがいた」と
報じられたことについて、ヒズビイスラミの報道官は否定した。

報道官は、そのニュースは根拠がなく、対立相手がこちらの士気をくじくために
出した話だろうと言った。

タリバンの報道官Dr.ハニフも、それはただの噂であり、ヘクマは部下の兵士たちと
ともに安全な隠れ場所にいると言った。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 10:12:00 ID:kMORUXN+
http://riq-l.myftp.biz/

http://riq.myftp.biz/soc/

http://riq.myftp.biz/readres-soc.cgi?bo=soc&vi=0034
http://riq.myftp.biz/readres-soc.cgi?bo=soc&vi=0003
http://riq.myftp.biz/readres-soc.cgi?bo=soc&vi=0005
http://riq.myftp.biz/readres-soc.cgi?bo=soc&vi=0001


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 10:14:11 ID:???
US military to probe release of spy plane photo of Taliban funeral in Afghanistan
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=32413

NBCテレビは13日水曜日に米軍の無人機が撮ったとされる写真を報道した。
米軍はこの写真がテレビ局に渡ったことについて情報漏洩の可能性を示唆している。
NBCはあとでこの写真をサイトから削除した。

そのきめの粗い白黒写真には、NBCが報じたところでは、ある場所に葬儀のために
190人ほどのタリバンが集まり、いくつかの列を作って立っている様子が映っていた。
しかしいつどこで撮られたかは明らかになっていない。

NBCは米軍のスパイ任務に関係している匿名の将校の話として「無人機でタリバンの
グループを発見して我々は興奮したが、すぐに葬儀や共同墓地への爆撃が交戦規定で
禁じられていることに気づき、あきらめた」と伝えた。

国防総省関係者は、米国は宗教的文化的な面に配慮するよう務めていると言った。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 10:45:44 ID:???
NATO、アフガン増派案が難航 ためらう各国
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060915/K2006091404000.html

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 13:28:05 ID:???
NATO fears new front as Taliban clashes kill 4
http://www.cbc.ca/story/world/national/2006/09/14/talibanclashes.html
Afghan forces retake district HQ
http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/5349330.stm

アフガン軍・NATO軍関係者は、イランと国境を接している西部のファラー州で
タリバンの攻撃が活発化していることから、そこがタリバンの新しい庇護地と
なるおそれがあると言っている。

ファラー州はタリバンと民族的につながりのあるパシュトゥン人が主に住んで
いる地域である。

南部のカンダハルではカナダ軍、その西隣のヘルマンド州ではイギリス軍が
タリバンへの軍事作戦を強化している。ファラー州はヘルマンドの西北にある。

今まで西部地域ではタリバンの武装活動はあまり見られなかった。
しかしここ数日、アフガン警察やNATO軍兵に死傷者の出るような事件や、
地区役所建物の一時占拠などが起きている。

NATO軍報道官はそのような可能性に対しては素早く対応すると言った。

西部地域には現在1,600人のNATO軍が配備されている。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 14:15:32 ID:???
>>287補足
カンダハルとヘルマンドからタリバンがファラー州に逃げ込んでいるという
見方がなされています。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 13:02:57 ID:???
Taliban demands Pope to apologise for anti-Islam remarks
http://www.hindustantimes.com/news/181_1798504,0005.htm
タリバンは16日土曜日に、ローマ法王の発言について謝罪を要求するとともに
この発言から西洋キリスト教世界がムスリムに対する戦争を行っていることが
明らかになったと言った。

290 :1/2:2006/09/17(日) 22:42:24 ID:???
Afghanistan: Contradictions Hint At Division Within Neo-Taliban
http://www.rferl.org/featuresarticle/2006/09/2785E798-9C74-4801-A1E4-9E78A5EBC78D.html

2003年以来、タリバン報道官を名乗る十数人の人々がメディアと接触して
タリバンの声明を伝えている。初期にはファックスが使われていたが、
2004年に現れたラティフッラー・ハキミはメディアと電話で話すように
なった。ハキミがパキ当局に逮捕された2005年10月以降現在はDr.ハニフと
カリ・ユーソフが報道官として登場している。

ところで最近、タリバン政権当時使われた国名『アフガニスタンイスラム
首長国』を代表すると自称するウェブサイトが、活発に内容を更新し、
自爆攻撃を含むさまざまなタリバンの活動の最新情報を載せている。
ハニフとユーソフの声明や指導部が出したとされる声明も載っている。

しかし時々、報道官がメディアに電話で伝えた情報と、ウェブサイトに
載っている情報が食い違っていることがある。
それには情報伝達の行き違いや方針の管理力の欠如もあるかもしれない。

しかし9月に起きたある事件ではっきりした矛盾の例を指摘することができる。
9月10日にパクティア州知事タニワルが自爆攻撃で殺害された。
ハニフ報道官も『イスラム首長国ウェブサイト』も攻撃への関与を認めた。

291 :2/2:2006/09/17(日) 22:45:01 ID:???
しかし翌日、知事の葬儀に対しても自爆攻撃が行われ、出席者に多数の死傷者
が出た。こハニフ報道官はこの事件を強く非難し、タリバン運動は葬儀への
攻撃には関与していないと言った。一方、ウェブサイトは英雄的なムジャヒドが
行った攻撃だと伝えた。。

一般的なタリバンの認識からすれば、「敵」である故タニワル知事の暗殺は「合法」
だが、葬儀への攻撃はパシュトゥン部族の規範にそむいていると考えることだろう。

タリバン政権時代、大多数の普通のタリバンと、アラブ人勢力(アルカイダ)
と結びついた一部のタリバンとの間には亀裂があった。

現在、イラクで活動する『ジハーディスト』たちと一部のタリバンとの
接触が増えているという情報があるが、もしその話が正しければ、かつてと
同じ亀裂がタリバンの中に再浮上するかもしれない。

『イスラム首長国ウェブサイト』にアラビア語バージョンも存在することは
このサイトの背後にいる人々がパシュトゥン人の伝統に気を配らない急進的な
国際イスラム組織とつながりがあることを示しているのかもしれない。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 23:08:23 ID:???
ウェブサイトは2002年には既に存在していたんだから、
いまさら亀裂が深まってタリバン内部分裂なんて考えるのはおかしい
既に分裂していると考えるなら理解できるけど

293 :1/2:2006/09/18(月) 01:05:56 ID:???
Musharraf siding with Bush against Muslims: Taliban
http://www.dnaindia.com/report.asp?NewsID=1053539
ダドゥッラー師はパキスタンのThe News紙とのインタビューで以下のように
話した

・ワジリスタンの親タリバン部族戦士とパキ政府・軍が和平合意をした
 ところなのに、最近ムシャラフがまた米国やカルザイとともにタリバンと
 戦おうなどと言っているのはいかがなものか。
 ムシャラフが和平合意を撤回したりすれば、部族のタリバンには報復する
 正当な権利がある。地域は不安定化するだろう。

・私は3ヶ月前にワジリスタンに行って、部族戦士たちに「自国軍(パキ軍)と
 戦うことはアメリカを利する。我々のすべきことは米英その他の西洋諸国の
 軍と戦うことだ」とアドバイスした。

・私は南西部の4つの州でタリバン兵12000人を率いている。自爆攻撃志願者は
 500人いる。他の司令官たちもそれぞれ自爆志願者のリストを持っている。

294 :2/2:2006/09/18(月) 01:06:39 ID:???
・兵士が不足することはない。むしろ多すぎて収容したり装備させることが
 むずかしいくらいだ。中には1年以上戦場に送られるのを待っている者もいる。

・来年の春からはアフガンの都市部、特に首都であり外国軍の本部が置かれている
 カブールを狙って攻撃を開始していく。

・米、NATO、アフガン当局と話し合う可能性については、まず外国軍が
 アフガニスタンから撤退し、わが国と国民に謝罪することが先だ。

・南部にNATO軍が増派されてもタリバンにとっては何の問題もない。

・カンダハル州パンジワイ地区の最近の戦闘でのタリバン兵の死亡は14人で、
 NATOが主張している500人ではない。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 00:54:39 ID:???
文具配布中に自爆テロ、子供・兵士ら28人死傷
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/kokusai/20060918/20060918i114-yol.html
アフガンで自爆テロ、カナダ兵4人死亡
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060918/K2006091802050.html

国連次期総長選、アフガン元財務相も出馬へ
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060918/K2006091801850.html

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 00:12:11 ID:???
テロ首謀者、パキスタンに潜伏なら「攻撃」…米大統領
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060921i311.htm

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 11:45:44 ID:???
対テロ戦で関係強化確認 米・パキスタン首脳
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20060923/20060923a3580.html

米国、アフガニスタン、パキスタンがさや当て
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060922/K2006092200980.html?C=S



スレ違いですが興味深かった記事です

タイ南部テロ沈静化も 司令官は対話派、クーデター後平穏 イスラム団体も支持
http://news.goo.ne.jp/news/nishinippon/kokusai/20060923/20060923_news_009-nnp.html

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 15:27:07 ID:???
ビンラディンは既に死亡=仏地方紙が報道−各国指導者は真偽に慎重姿勢
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20060924/060923223935.9nhq6et8.html

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 16:21:46 ID:???
>>293関連
Omar role in truce reinforces fears that Pakistan 'caved in' to Taliban
http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2006/09/24/wafg24.xml

ワジリスタン部族地域でのパキ国軍とタリバン&親タリバン武装勢力との和平合意を
オマル師も文書を通じて明確に支持したことは、武装勢力に対して弱腰すぎると
国際社会から非難されているムシャラフにとってさらに顔をつぶされた形となった。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:11:50 ID:???
Attacks Spark Tougher Guantanamo Jail
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/09/23/AR2006092300409.html

米軍はグアンタナモ基地に新しく強靭な捕虜収容施設を作った。
これは囚人達による抵抗行為の増加に対応したものだ。

最近数ヶ月にグアンタナモで起きた事件
・囚人が自殺未遂を起こして警備員をおびき寄せ、換気扇の羽や蛍光灯の部品で
 攻撃した

・3人の囚人が自殺した。軍関係者はそれを絶望からの行動ではなく、
 収容施設関係者に対する一種の『戦闘行動』と見ている

・洗面所の蛇口を壊して長く鋭いばねを取り外し武器に作り変えたものが発見された
 
・昨年7月以降、432回の警護官たちに対する排泄物投げつけ行為、227回の身体的暴力
 行為、99回の暴動扇動行為があった

軍関係者は「これらのテロリストたちは、戦場にいなくても今日に至るまで
戦い続けている」と言った。

またアルカイダ&タリバン囚人の強硬派は階層を作っていて、軍担当、宗教担当…
力仕事担当など、キャンプ内で役割を持っている。

関係者は指導者の名前などは特定しなかった。

(記事後半はその他の設備の説明、軍の方針、弁護士の意見など)

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 02:01:08 ID:???
Taliban warns Poland on troops for Afghanistan
http://news.scotsman.com/latest.cfm?id=1409912006

ポーランドがアフガニスタンへの軍増派を決めたことについて
中止するように警告するタリバンのメッセージが、ロシア国内の
チェチェン独立推進派のウェブサイトに掲載された。

ポーランド政府は、このメッセージについて調査しているが、
増派の決定に影響することはないと言っている。


*このメッセージでタリバンは『アフガニスタンイスラム首長国』を
 名乗っています。関連>>290-292

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 02:03:44 ID:???
>>301訂正
>ロシア国内の  >>ロシアの

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 14:29:03 ID:???
タリバーン勢力60人以上を殺害 アフガン南部
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060925/K2006092500910.html

>>298
ビンラディン死亡情報に懐疑的=米政府高官、議会幹部
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20060925/060924182325.x1r9zczl.html

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 14:56:59 ID:gPv4exqe
やあ (´・ω・`)

突然だけどこれを見た君に
20分後に死ぬ呪いをかけたよ
だけど安心して。呪いを解除する方法がある

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/ana/1158283912/
「肉便器」って書き込めばいいんだ。
健闘を祈る

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 09:24:28 ID:???
>>298>>303
「ビンラーディン生きている」 タリバン指導者?電話で
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/kokusai/20060927/m20060927005.html


国際社会の支援確認 米・アフガン首脳会談
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20060927/20060927a3250.htm

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 09:47:23 ID:???
Taliban kill top Afghan woman
http://www.guardian.co.uk/afghanistan/story/0,,1881039,00.html
タリバンと見られる武装グループが25日カンダハルで、主要な女権運動家を
射殺した。

女性問題局長サフィア・アマ・ジャンは25日朝通勤途中に市郊外で殺害された。
武装グループがブルカをかぶった頭部を4回撃って逃走した

親戚は彼女は信仰が厚く30年以上女性の教育に貢献してきたと言った。
タリバン政権時代には自宅で地元の少女たちにひそかに授業を行っていた。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 09:48:02 ID:???
Nato soldier killed in Taliban attack
http://www.itv.com/news/world_76f133e266e092d0b6a1e96c622b3774.html
カブールでパトロール中のNATO軍兵1人が攻撃を受けて死亡した。
また、市民5人を含む7人が負傷した。

警察によれば、橋に遠隔爆弾操作装置が仕掛けられていて、軍の車列が
通りかかったときに爆発した。

死亡した兵士は1600人規模のイタリア軍に所属していた。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 01:20:20 ID:???
>>305関連
Osama is alive and safe: top Taliban Commander
http://www.hindu.com/thehindu/holnus/003200609271410.htm
タリバンの最高軍事司令官ダドゥッラー師は
ビン・ラディン死亡の報道を否定するコメントを出した。
そして彼が生きていることを証明するための音声テープが
メディアに送られるかもしれないとほのめかした。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 01:20:59 ID:???
9月14〜16日のタリバンの軍事活動報告 
アフガニスタンイスラム首長国メディア委員会
Summary Of Taliban Operations Sept 14-16, 2006
http://www.jihadunspun.com/index-side_internal.php?article=106412&list=/home.php

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 01:47:28 ID:???
Ten years since Taleban took Kabul
http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/5383832.stm
タリバンが1996年に首都カブールを手に入れた日からこの9月27日で10年となる。

*内容はタリバンについてのよくある論調の簡単な説明です。



アフガンで自爆テロ…警官ら計18人死亡
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/kokusai/20060926/20060926i312-yol.html?C=S

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 10:33:24 ID:???
アフガン治安問題を協議 米大統領らが3者会談
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20060928/20060928a3490.html

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 15:07:17 ID:???
>>299関連
Pakistani tribal leader claims Taliban chief Mullah Omar backed truce
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=32690

パキ軍と部族武装勢力との休戦合意を進める上で、タリバンのオマル師が何らかの
関与をしたという話の信憑性について、さまざまな声が出ている。

弁護士で、パキのパシュトゥン民族国民党支持の高官ラティフ・アフリディは
「オマル師は9月5日の停戦にGoサインを出した」とAP通信に話した。
そして、オマル師の副官アフタル・モハメド・オスマニ師が書いた、オマル師の承認
を含む文書の写しを持っている」と言った。しかしその写しを見せることは断った。

アフリディはさらに、この文書には北ワジリスタンの親タリバン武装勢力が、
ジャラルッディン・ハッカニの指揮のもとに入ったとしている、と言った。

しかし、パキ北西部部族地方担当の政府報道官シャー・ザマンは、アフリディの主張を
根拠がないと否定した。そして自身が和平プロセスに関わった者として「オマル師や
その代理が合意の署名の前後に何らかの役割を話したことはない」と言った。

一方、タリバン報道官のモハメド・ハニフも、タリバンはこの停戦に関与していないと
言った。そしてAP通信に「これはパキスタンの国内問題だ」と言った。

ところで、停戦合意はなされたものの、27日水曜日に、武装勢力は地域自治の処罰方法
として厳しいイスラム法をもって行うと宣言したことは、懸念させられることだ。
彼らは自治のための事務所を主要都市ミラン・シャーに開いた。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 10:44:13 ID:???
ザワヒリ容疑者、ローマ法王に「ペテン師」の烙印=ビデオメッセージでののしる
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20060930/060929213637.l0zr414o.html

過激派サイト監視を強化 見ただけで拘束も アラブ諸国
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060929/K2006092903510.html

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 16:30:32 ID:???
British troops in secret truce with the Taliban
http://www.timesonline.co.uk/article/0,,2087-2383232,00.html

ヘルマンド州に駐留しているイギリス軍は、タリバンとの激しい戦闘が
続いているムサ・カラの町に関して、和平を求める住民たちの要望を受け、
タリバンとの間で内密の停戦協議に入った。

この停戦がなされれば、イギリス軍、タリバン軍はともにこの地域を離れ、
退避している住民が戻ってこられることになる。

イギリス軍がこの地域に配備されたことは治安や再建を向上させるよりも
タリバンを引き寄せる磁石となってしまっていた。

イギリス軍高官は18日前にムサ・カラの町の長老たちの会議に出席した。
そしてアフガン人の心理にとって重要な、双方の面目を保つ形での
撤退が話し合われた。

この停戦を地元民が支持していることをうかがわせる話として、反対した
1人のタリバンが怒った住民にリンチを受けたとも伝えられている。

ムサ・カラと同じような状況になっているヘルマンド州の他の地区にも
今回の取り決めの形がうまく適用されることが期待される。

ただ、アフガンでの戦闘は伝統的に冬季は休止になるため、この停戦が
タリバンの来年の戦いの準備に都合よく使われる懸念もある。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 01:41:08 ID:???
>>312関連(一番下の段落の話題)
 その段落1行目の >武装勢力は は >>武装勢力が に訂正します。
Miramshah ‘Taliban’ office closed: govt
http://www.dawn.com/2006/10/01/top6.htm

タリバンがミランシャーに開いた事務所が30日土曜日に閉鎖された。

パキのこの地方を担当する政府の報道官は
「事務所は地元部族民、宗教指導者、政府関係者の間の和平合意の履行を
確実にするための『内部調整』のひとつとして開かれたものだったが、
メディアの報道で誤解が生まれたため、和平合意の精神に基づいて部族民に
よって閉鎖された」と説明した。

誤解とは、この地区の行政管理権がパキ政府とタリバンの二重構造になると
見られたことである。

タリバンは地元住民に事務所開設と地域の問題に責任を持つことを知らせる
チラシを配っていた。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 10:44:57 ID:???
アフガン東部の部隊指揮権、NATOへ
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20061001/061001091922.ji5erooy.html

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 22:29:16 ID:???
Make Mullah Omar motorbike brand ambassador: Musharraf
http://www.mumbaimirror.com/nmirror/mmpaper.asp?sectid=5&articleid=10120062142179371012006214150656

ムシャラフ大統領は最近出版した著書“In the Line of Fire: A Memoir”の
中で、以下のようなエピソードを明かした。

「以前日本の小泉首相が私にオマル師の所在について尋ねたことが
 ありました。私は、オマル師はホンダのオートバイに乗って逃げた
 んですよ、と話しました」
 
 それからムシャラフは小泉に、オマル師がローブと髭を風になびかせて
 ホンダのバイクに乗って逃げる姿は、ホンダにとって最高の広告キャンペーンに
 なるかもしれませんよ」と提案した。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 22:39:11 ID:???
>>317補足

オマル師は2001年10月か11月にタリバン軍敗色濃厚になり撤退を決めたとき、
「バイクに乗って逃げた」という話が当時から伝わっていました。
その後そのバイクがホンダだったという話も出ました。

ムシャラフはその話を明言し、さらに冗談を言ったわけです。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 13:51:55 ID:???
アルカイダ指導部が一時パキスタンで活動─幹部の書簡=米紙
http://news.goo.ne.jp/article/reuters/world/JAPAN-230558.html

バーミヤン遺跡で仏教壁画発見、向き合うサルと人描く
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20061001it13-yol.html

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 23:45:54 ID:???
アフガンのNATO主導部隊、全土展開を完了
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20061005id21-yol.html

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 23:48:00 ID:rYDq1ZCl
&;haerts

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 09:33:02 ID:???
America's Armed Forces Prepare For Fifth Anniversary Of War In Afghanistan
http://www.allheadlinenews.com/articles/7005098208
米国国防省は、タリバン政権を倒したアフガニスタンへの軍事侵攻作戦
『不朽の自由作戦』の5周年記念の準備をしている。

不朽の自由作戦は2001年10月7日の東部時間午前12:30過ぎに
アルカイダの訓練キャンプ、タリバンの軍事基地への空爆で開始された。


*ザイーフたんスレはあさって10月9日で5周年です!

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 10:28:46 ID:???
580 :ひよこ名無しさん :2006/09/22(金) 00:31:31 0

     愛知県警「こんなもんかよ」
     愛知県警「うわさの中国人ってのは―――」
     愛知県警「こんなもんかよッッ」
    竹石圭佑「ヒィ……」
     愛知県警「逃がすかバカッッ」
    竹石圭佑「……救命阿ッッ」

588 :ひよこ名無しさん :2006/09/22(金) 00:53:41 0

         ★竹石圭佑の名言集☆

 蒲田署「…………… な… な… なにものだ………」
竹石圭佑「とっくに ごぞんじなんだろ!? オレは名古屋から
     きさまらをたおすためにやってきた 中国人……… 
     わずかな理性をもちながら はげしい性欲によって目覚めた 伝説の戦士…超中国人 竹石圭佑だ!!!!!」

竹石圭佑「植草の敵を討つんだ!!!あいつは二度捕まった!!!もう言い逃れできない!!!」

竹石圭佑「植草はいいヤツだった…ホントにいいヤツだった…一番の仲間…
     つ…捕まえやがって………」

 蒲田署「あのミラーマンのように!!!!」
竹石圭佑「あのミラーマンのように?…
     植草のことか… 植草のことかーーーーっ!!!!!」

竹石圭佑「ざ い に ち 波ーーーーーっ!!!!!」



324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 01:35:55 ID:???
アメリカの非営利公共放送ネットワークPBSの番組FLONTLINEが
パキ部族エリアのタリバン(親タリバン武装勢力)の最近の様子を
取材したドキュメンタリーを10月3日に放送したそうです。

これはその内容が見られる番組サイトです。
Return of the Taliban FLONTLINE
http://www.pbs.org/wgbh/pages/frontline/taliban/
 Watch the full program online 
 http://www.pbs.org/wgbh/pages/frontline/taliban/view/

このドキュメンタリー以外にも、リンクをたどるといろいろな
映像や情報があるようです。
その中で、パキ部族エリア内の区画が見やすく色分けされた地図が
ありました。アフガン南部の各州の位置もわかりやすいです。
http://www.pbs.org/wgbh/pages/frontline/taliban/tribal/map.html

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 04:04:55 ID:???
外国軍攻撃はともかくコーラ工場で働いてる市民だけは見逃してほしいなあ

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 02:11:35 ID:???
>>325
以前タリバンも山の中でコーラを飲んでいるという話がありましたよ。


Taliban leader 'alive in Afghanistan'
http://www.theaustralian.news.com.au/story/0,20867,20543848-23109,00.html
タリバンの主要報道官を自称するアブドゥル・ハイ・モトマエンは
10月7日、AFPに衛星電話で、オマル師の所在などについて語った。

モトマエンはタリバン政権時代に上級報道官だった人物で、オマル師にも
近い存在と考えられている。彼は昨年オマル師からタリバン運動の政治面の
報道官に任命されたが、メディアへの接触が少ないため、AFPとしては、
この電話インタビューの相手の身元を確認することはできていない。

モトマエンは以下のように語った。

・オマル師は元気に生存している。ずっとアフガニスタン国内にいる。
 これからもここで米軍へのジハードを指揮していく。

・ビン・ラディンとオマル師は2001年のタリバン政権崩壊以降会っていない。

・タリバンはアルカイダに精神的共感は持っているが、接触はしていない。
 我々の抵抗運動は純粋にアフガン人のものである。

・タリバンがパキ国内で支援を受けて、パキ国内で訓練を受けているという
 アフガン当局者の話を否定する。タリバンの本拠地はアフガン国内にある。
 パキスタンは米国の同盟国であり、タリバンはパキスタンのことを
 『(米国・現アフガン政府に次ぐ)第二の敵』だと考えている。
 
・現アフガン政権を必ず転覆させる。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 02:23:24 ID:???
Taliban Issue New Report On Recent Military Operations In Afghanistan
http://www.jihadunspun.com/intheatre_internal.php?article=106515&list=/home.php
タリバンの軍事活動報告 2006年9月21日〜27日

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 14:44:57 ID:???
Afghans 'may swing to Taliban' says Nato commander
http://news.independent.co.uk/world/asia/article1822268.ece

アフガン駐留NATO軍の指揮官でイギリス人のデヴィッド・リチャーズ将軍は
以下のように語った。

・アフガニスタンは今、ひとつの分岐点にあり、今後6ヶ月間に国内の状況が
 向上しない限り、アフガン人の大多数がタリバン武装勢力を支持し始める
 だろう。

・70%にものぼるアフガン人が、現在のようなレベルの戦闘が今後何年も
 続くのに耐えるよりも、タリバンの下で『厳格で不愉快な』生活を送る
 方が良いと考えることにもなりかねない。

・我々は南部のカンダハルとヘルマンドの戦闘で(今年の春〜夏季に)500人の
 タリバンを殺害してチャンスを作り出した。それを生かし、さらにタリバンに
 とって厳しい冬の期間を我々に有利に生かすためにも、(NATO軍から)2500人
 の追加派兵を希望する。今増派せず、機会を生かさなければ、来年には
 1万人の部隊の増派を余儀なくされるだろう。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 17:15:34 ID:???
>>322にも書きましたが、今日は「がんばれ!駐パキスタン大使 ザイーフたん!」スレ
誕生5周年記念日です!

タリバン軍がカブール、カンダハルを撤退したとき、そしてザイーフたんが
逮捕されたときは、これからどうなるのかと思いましたが、それから5年間タリバンが
頑張り続けてきてくれたお陰で、このスレも続いてきたんだと思います。
ザイーフたんもつらい環境に置かれながら耐え抜き、昨年は無事に帰還し、今年は
『元タリバン幹部』という立場で報道にコメントが載ることも多く、うれしい限りです。

これからもザイーフたんとタリバン関係の愉快な仲間たちを見守っていきたいと
心新たに思います。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 19:52:55 ID:???
>>329
ザイーフはどっちにも加わらずに亡命したの?

331 :330:2006/10/09(月) 20:03:33 ID:???
あ、国内にいるのか・・・あの状況かで無茶だなあ

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 00:16:08 ID:???
>>330
ザイーフたんは『タリバンの武装闘争に加わらない、幹部組織に復帰しない』ことを
条件に、部族有力者の仲介でグアンタナモの収容所から釈放されたようです。

昨年9月に帰国してからは、1年間は政府の用意した「家」に住むように要請された
そうです。タリバンの『復讐』から身を守れると同時に、実質政府の監視下に置かれて
いたようです。今は10月なので、現在どうしているかは不明です。
そのままカブールに住んでいるか、故郷のカンダハルに帰っているかだと思います。

ザイーフたんは自分を米国に不法に引き渡したことでパキスタン政府に対して大変
怒っているので、パキには住まないような気がします。

カルザイ政権としては「穏健派タリバン」を取り込む駒としてザイーフたんを
使いたかったのでは?と思いますが、ザイーフたんは帰国早々のインタビューで
タリバンにもカルザイにも協力する気がないことを話していました。

ザイーフたんの釈放以降の発言を見ていると、「自分が正しいと思うこと」を
しゃべっているようです。タリバンの武装活動には反対していますが、
米軍の軍事活動にも批判的です。

タリバン政権時代のタリバンについても現在のタリバンについても、、
悪かったことは悪い、良かったことは良い、と自分の考えで発言していて、
結果的には「タリバン擁護」の印象を与える発言が多いです。

現在のタリバン組織がザイーフたんをどう見ているのかはわかりません。
同じような状況にあったムタワキルたんについてはタリバンから殺しの脅しがあった
というような記事を読んだ記憶があるのですが、ザイーフたんに関しては
私が見かけた範囲ではそういう話を聞いたことはありません。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 08:57:22 ID:???
パキスタン大統領暗殺狙いロケット砲? 自作自演説も
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/K2006101104690.html

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 10:31:56 ID:???
NATO claims fewer Taliban attacks
http://www.abc.net.au/news/newsitems/200610/s1762761.htm
NATOは、大規模な軍事作戦が行われて以降、南部アフガニスタンでの
タリバンの攻撃数が著しく減ったと言っている。
報道官は9月の最初の週に122回だった攻撃が、9月25日からの1週間では
61回に半減したと言った。

NATOは9月18日に終わったカンダハル北西部での2週間の『メデューサ作戦』で
およそ700人のタリバンを殺害したと見積もっている。

335 :愚公:2006/10/12(木) 15:15:14 ID:VIyfTWKq
アフガニスタンの人はえらい迷惑

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 09:15:27 ID:???
>>259関連
アル・カーイダ協力者、米で60年ぶりの反逆罪適用
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20061012id22-yol.html


337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 15:37:20 ID:???
2001年当時『タリバン』の著者として注目を集めたアーメド・ラシッドの見解記事
How to turn the tide in Afghanistan
http://www.iht.com/bin/print_ipub.php?file=/articles/2006/10/12/opinion/edrashid.php

米軍からアフガニスタン全土の軍事作戦を引き継いだNATO軍は、米軍の負の遺産と
言える3つの重要な課題に取り組まねば成らない。

・軍事・財政・再建で具体的に結果を出し、アフガン国民、とくにパシュトゥン民族の
 信頼を得ること。
 同時に、NATO加盟諸国で、自国の兵士に被害を出している国の国民に、
 アフガンへの関与政策を納得させること。

・脆弱で腐敗を多数抱えているカルザイ政権を目覚めさせ立て直すこと。
 カルザイ政権への国民の不満がタリバンに新兵募集をやりやすくさせている。

・パキ政府に、パキ国内にいると考えられるタリバン幹部への取締りを本気でさせること。
 米国もパキもアルカイダへの取り締まりに比べてタリバンに対しては甘い対処を続けてきた。
 NATOはこの二重方策をやめなければならないだろう。
 米国はパキ国内のタリバンの問題をはっきり発言することを避けている。
 そのことは一般アフガン人の西側諸国への信頼を傷つけている。
 NATOが成功したければ、民衆のこの意識を変えなければならない。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 15:38:59 ID:???
2 kidnapped Pakistani engineers released in S. Afghanistan
http://paktribune.com/news/index.shtml?156975

8日日曜日にカンダハルでタリバンと見られる武装グループがパキスタン人の
道路建設作業員2人を誘拐する事件があった。

関係当局者は6万米ドルの身代金で12日に釈放されたと言ったが、誰が身代金を
払ったのかは明かさなかった。そして地元長老たちと政府が武装勢力と交渉
したと言った。

しかしながら、タリバン報道官のユースフ・アハマディはこの事件については
なにも情報を得ていないと言った。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 10:46:18 ID:???
NATO backs Pakistan deal with Taliban
http://www.theaustralian.news.com.au/story/0,20867,20578507-2703,00.html

北ワジリスタンの親タリバン部族武装勢力とパキ政府との和平協定は当初
イギリスなど関係する西側諸国から批判的に見られていたが、現在では一定の
評価を受けている。そして『タリバンのような人々』を相手に問題解決を探る上で、
ムシャラフのこのやり方にはヒントが詰まっていると見られるようになった。

カルザイは自分の政権にタリバンを入れようとする動きに反対しているが、
ムシャラフとのバトル(西側の賛意を得るバトル)に勝てていないようだ。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:46:24 ID:???
New Afghan armed group declares jihad in east
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=33096

新しい武装グループの報道官だというカリ・アブドル・ラーマン・サイードと
いう人物が、今後自分たちのグループもアフガン政府とアフガン駐留外国軍に
対する武装抵抗に加わると発表した。

報道官はパジウォク通信ペシャワル駐在記者に電話をかけてきて以下のように
話した。

・ジャマアト・アル-ダワー・アル-サラフィヤー・ワ・アル-キタルという
 名前の組織で、独立して活動していく。

・外国軍と政府に対する武力抵抗を始めるところだ。活動は東部の特にクナル州と
 ヌーリスタン州で行う。

・ジハードは初期段階にあり、時とともに勢いを得ていくだろう。

・東部地域では、ヒズビ-イスラミとアラブ人兵を含むいくつかの
 武装グループがすでに活動している。

この件についてコメントを求められた内務省報道官は、この新組織のことは
知らないと言った。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 12:42:08 ID:???
Pak signed deal with Mullah Omar's men to halt Wazir fighting
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=33124

北ワジリスタン地方の親タリバン武装勢力とパキ政府との和平合意は、
『武装勢力に影響力をもつ部族の長老たちとパキ政府の協定』だとされているが、
実は武装勢力そのものが取引して、合意書にサインをしたのではないかという
噂がパキの一部メディアで報じられた。

そして、パキ政府は「和平合意はタリバンには反対するものだ」と主張しているが、
オマル師やハッカニに忠誠を尽くす者たちが直接サインしたのだとすれば
彼らが反タリバンの協定を受け入れるわけがない、と、ある当局者の話を
そのメディアは報じた。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 09:23:44 ID:???
タリバンが伊カメラマンを拉致か=アフガン
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/061015102344.7br7kdc4.html

343 :djklash:2006/10/17(火) 15:37:58 ID:vk2mz5+Z
どうせタリバンとかいってカリビアンコムかなんかの
エロサイトの連中だろ!

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 02:02:36 ID:???
アフガンで自爆テロ頻発 タリバーン政権崩壊後で最悪
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/K2006101704240.html

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 02:03:57 ID:???
'Taliban commander' among 16 killed in coalition airstrike
http://www.eveningecho.ie/news/bstory.asp?j=12939018&p=yz939x64&n=12939106

NATOの発表によれば、17日にアフガン南部への米連合軍の空爆が行われ、
中堅レベルのタリバン司令官と見られる人物と、他に15人のタリバン兵が
死亡した。

NATO軍とアフガン軍が待ち伏せ攻撃を受けたあと、反撃の支援として、
ウルズガン州のある敷地建物に500ポンド爆弾が落とされた。

NATOはこの攻撃によって市民や近隣の建物に被害はなかったと言っている。
そして死亡したとされるタリバン司令官の名前は明かさなかった。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 14:55:04 ID:???
British leave after 'tactical defeat' of Taleban
http://www.timesonline.co.uk/article/0,,3-2409206,00.html

イギリス軍はヘルマンド州北部のムサ・カラ地区から、地元部族長らとの
取り決め(>>314)により撤退を始めた。地域維持活動はアフガン軍が引き継ぐ。

今年の夏季の6ヶ月、ヘルマンド州でのイギリス部隊を指揮していた
バトラー准将は以下のように語った。

・この取り決めにより、タリバンとの戦いの最前線をヘルマンド州北部の僻地に
 作れたのは良かった。そうでなければ、州中央部を走る幹線道路周辺が
 最前線になったことだろう。

・ムサ・カラの移譲に続いてサンギン、ナウザド、ガレシュク、カジャキの地区
 でも同様の進展がなされるだろう。

・実はタリバンとの戦闘はかなり厳しいものだった。水食料、弾薬が不足し、
 ヘリコプターによる再補給がなされるまで兵士たちがひもじい思いをする
 こともあった。

・過去6ヶ月でタリバンに対し『戦術上の敗北』を与えた。
 現在、タリバンの一般兵たちの士気は低いと見られる。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 11:22:05 ID:???
Taliban Issues Report Detailing Operations In The Islamic Emirate Of Afghanistan
http://www.jihadunspun.com/intheatre_internal.php?article=106577&list=/home.php
タリバンの軍事活動報告 2006年9月28日〜10月5日

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 20:33:03 ID:T+QQi7dZ
「新生アフガニスタンの旅」
ソ連のアフガン侵攻直後に出版された本。

http://www.caravan.net/int/shinaf/

かなりソ連寄りの立場で書かれているが、今読み返すと、衛星国化の一環とはいえ、ソ連がアフガ
ンの近代化にいかに腐心していたかが解る。
今の米国そのままだ。
宗教の名の下に、野蛮な因習を奉じてはばからない連中を、「敵の敵は味方」の論理で援助し、増
長させた結果、より多くの血が流れた。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 03:13:49 ID:???
Mubarik Eid, says Mulla Omar: Taliban will step up attacks against foreign forces
http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=2006\10\22\story_22-10-2006_pg1_7
『Eid』に向けてオマル師がメッセージを出した。パキのDaily Times紙は
タリバン報道官から電子メールを通じてこの文書を受け取った。

・タリバンの攻撃はこれからもより組織化して増していく。

・ムジャヒディンの各組織同士は団結するように。対ソ戦時代には
 亀裂がジハードに影響を及ぼした。

・敵は敗北に向かっている。敵は我々を害するためのプロパガンダを
 行っているが無駄だ。

・カブールではアフガンの文化より外国文化の方が良いと思っている
 者たちが支配している。

・ワルシャワ条約機構の支援があっても旧ソ連が負けたように
 NATOの支援があってもアメリカは同じ運命をたどるだろう。

・NATO加盟国はアメリカのために兵士を出すのをやめて自国の利益を
 考えるべき。

・国連はなにもしないし、できない。

・アメリカに追随しているイスラム諸国はムスリム・ウンマーを
 裏切るのをやめるべき。

・見識のある者なら、パキスタンがタリバンを支援しているなどとは
 考えないだろう。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 11:56:15 ID:???
タリバン、パキスタン部族地域で行政事務…処罰や徴税
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20061023id22-yol.html

英軍に広がる厭戦ムード 「二正面作戦」重荷に
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/K2006102400890.html

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 13:37:06 ID:???
AFGHANISTAN: TALIBAN ASK KIDNAPPERS TO RELEASE ITALIAN PHOTOJOURNALIST
http://www.adnki.com/index_2Level_English.php?cat=Security&loid=8.0.352831544&par=
2週間ほど前に、南部ヘルマンド州〜カンダハル州の辺りでイタリア人写真記者の
誘拐事件が発生した。トルセッロ記者はキリスト教からイスラム教への改宗者だ。

誘拐犯たちはタリバンだと名乗り、記者の釈放条件として、イスラムからキリスト教に
改宗したアブドゥル・ラーマン(>>56-58)との交換やアフガン駐留イタリア軍の撤退を
要求した。

しかしタリバン報道官のカリ・ユーサフは、タリバンと記者が接触したことを認めながら、
記者のヘルマンド州内での取材の護衛をタリバンがするなど友好的な関係にあったと言った。
そして、記者はタリバンと離れた後に強盗団に誘拐されたのだろうと主張した。

ユーサフは「タリバンは犯人達への接触を何度か試みたが失敗した。そして釈放を
呼びかけている。犯人たちはタリバンを名乗ることで、タリバンに不名誉を与えようと
している」と言った。

イタリア国防省は犯人の要求を拒否している。
メディアや当局側は犯人が誰か(タリバンかどうか)確認できていない。

アフガニスタンにいるイタリアの慈善団体が釈放の交渉をしていて、伝えられるところでは
記者は無事に生きているという。また、釈放の条件に人道支援があがっているという。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 11:28:15 ID:???
アフガンの武装勢力、戦略転換=自動車爆弾を使用−NATO最高司令官
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/061025044430.raf1vstr.html

アフガン派遣のドイツ兵、頭蓋骨片手にポーズ写真
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/K2006102600990.html

最新作「アフガン」英国で出版 フレデリック・フォーサイス氏
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/e20061025000.html

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 10:13:27 ID:???
アフガン駐留NATO軍への自爆テロ強化へ=タリバン
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/061026045436.rtoscdkk.html

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 10:41:34 ID:???
<アフガン>タリバン掃討作戦で市民60人死亡か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061027-00000016-mai-int

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 20:48:58 ID:???
Tories criticise BBC over Taleban
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/6086276.stm

イギリス軍が駐留するヘルマンド州でBBCのロイン記者が
タリバンに直接取材した番組が25日水曜日に放送された。

タリバン報道官Dr.アニフ(ハニフ)のインタビューも含まれるこの番組を
イギリス保守党の政治家が『タリバン寄りのプロパガンダになっている』
『イギリス軍の兵士がタリバンに殺されているときに、配慮に欠く』と批判した。

BBC側は「タリバンへのインタビューを放送することは適切なことであるし、
日頃多くの機会にイギリス軍の取材も放送している」と言っている。

 *上記URLの右上 VIDEO AND AUDIO NEWS からこの番組を見られます
  そして>>353の記事はこの番組をもとに書かれたようです。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 00:09:42 ID:???
Taliban accuse NATO of genocide, vow more attacks
http://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/ISL301393.htm

タリバンのダドゥッラー師は「NATO軍がアフガン市民を虐殺した(>>354)」と非難した。
また、タリバンが村人を人間の盾にしているというNATOからの非難を否定した。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 08:49:12 ID:???
>>354>>356
国際治安支援部隊が誤爆の疑い アフガン政府が調査へ
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/K2006102703260.html
NATO主体部隊がアフガンで誤爆、子供ら12人死亡
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20061027i111-yol.html

>>352
アフガン派遣ドイツ兵の不適切な写真、独大衆紙が掲載
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20061027i211-yol.html
アフガン派遣のドイツ兵が頭蓋骨もてあそぶ=厳罰に処すと国防相
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/061026151018.niojls2n.html


「侮辱でない」イスラム教風刺漫画、デンマークで判決
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20061027i204-yol.html

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 14:14:43 ID:???
アガたんが久々にオマル師の代弁者として登場です!
Taliban says no to peace talks with Kabul
http://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/L28849689.htm

28日土曜日、タリバン報道官の1人タッヤーブ・アガは、
カルザイからの最新の和平会談の提案をオマル師は拒絶したと言った。

話し合いどころか、オマル師はアフガン人『虐殺』の罪でカルザイを
イスラム裁判にかけるという脅しを繰り返した。

「世界中の不信心者たちがアフガニスタンに集まってきて占領し、
 アフガン人を人質にしている」
「外国軍が駐留している中で、アフガン傀儡政府との話し合いはありえない。
 カルザイとその仲間は外国の不信心者への隷属からまず自らを解放し、
 その後我々を交渉に招くべきだ」

と、アガは不明の場所から衛星電話でロイター通信に語った。


同記事内の別件
NATO軍最高司令官ジョーンズは民間人死亡(>>357)の件でカルザイに
謝罪するとともに、タリバンが村人を人間の盾にしていると非難した。

359 :1/2:2006/10/29(日) 17:02:25 ID:???
後半の内容に偏り気味のまとめになっています。
Taliban plan to fight through winter to throttle Kabul
http://observer.guardian.co.uk/world/story/0,,1934251,00.html
タリバンの現状と今後の予測をNATO高官、欧米・アフガンの評論家らが語った。

・タリバンはアフガンの伝統を破って、この冬にも大規模な攻撃を計画している。

・タリバンの活動範囲は首都カブールの郊外から車で1時間ほどの距離のところ
 まで迫ってきている。
 
・タリバンは自分たちがカブールを占拠できるとは思っていない。
 彼らの活動の目的は、脆弱なカルザイ政権を揺さぶり続け、また西側諸国の
 世論を軍の撤退に向けさせることだ。

・現在のタリバンは10年前にカブールを占拠し2001年に追放された伝統的な
 狭い意味の民兵軍ではなく、イスラム熱狂信者、冒険を求める若者、政治に
 不満を持つ長老と村人、麻薬密輸業者らのゆるい同盟だ。戦略や組織もすべて
 変わってきている。戦術はイラクの武装勢力の手法を真似ている。

・プロパガンダにDVDやCDを使うなど、国際テロリストのやり方を真似ている。
 しかしタリバンはアルカイダ幹部と緊密な連絡は取っていないようだ。
 ただし、一部のタリバンの重要人物は東部でアラブ人と特別の協力関係に
 あるようだ。

360 :2/2:2006/10/29(日) 17:04:44 ID:???
・アフガン〜パキ国境地帯には、民族、言語、イデオロギー、政治的結びつきで
 固められた非公式の国境を持たない『国家』が横たわっている。タリバンは
 その国家の『軍』とも言いうる存在だ。

・パシュトゥン人支配地域で『タリバン化』は広がっている。言語・文化
 だけでなく超保守的イスラム解釈をタリバンは地元の人々と共有している。

・タリバンとつながりのあるパキスタンの政党はパキ西部の地域で力を持って
 いる。パキのビジネス界では表からも裏からもタリバンに資金が流れている。

・タリバンは安全な後方地域、現金、武器供給、人口の大半からの支援という
 『成功するゲリラ軍が必要なもの』すべてを持っている。

・地元のオブザーバーたちは、少なくとも南部では、2002年にタリバンを打倒
 して生まれたこの地域に治安と発展をもたらすチャンスは生かされなかったと 
 考えている。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 10:15:01 ID:???
David Loyn answers your questions on the Taleban
http://news.bbc.co.uk/2/hi/talking_point/6091532.stm

BBCのロイン記者(>>355)が『タリバン』と『自分の取材姿勢』について
視聴者・読者の質問に答えている記事です。

「タリバンを利する取材をなぜするのか」という批判があるので
公正客観であるように慎重に答えていますが、それでもタリバンに
勢いがあることは感じられます。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 10:24:38 ID:???
アフガン武装勢力70人を殺害 国際部隊
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/K2006102902050.html
アフガンの国際治安支援部隊、タリバン兵55人殺害
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20061029i304-yol.html?C=S

新たな仏教石窟群発見 バーミヤン西方で龍谷大
http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/world/20061030a3370.html

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 13:17:13 ID:???
アフガンのNATO軍、武装勢力55人を殺害
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/061030190548.1t7q5cqm.html
>>362とは別件です。


パキスタン軍が武装勢力の拠点を空爆、80人死亡
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/K2006103002510.html

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 16:59:11 ID:???
アガたん…

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 08:49:51 ID:???
今更でごめんだけど、
5周年バンザーイ!

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 10:24:34 ID:???
>>363関連
英皇太子夫妻、ペシャワル訪問を中止=パキスタン軍のイスラム学校空爆が影響
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/061031073213.5osuyvs1.html


「お化け屋敷」で神の教え 若者呼ぼうと米で広がり
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/K2006103105350.html
スレ違いな話題ですが、なんとなくこのスレで紹介したい話です。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 10:25:18 ID:???
>>364
アガたん、またテレビのインタビューも受けてくれると良いですね。

>>365
これからものんびり気長にうぉちしていきましょう!
(2chもずっと続いていてもらわなければw)

368 :367:2006/11/01(水) 10:27:06 ID:???
>またテレビの〜  は、5年前のようにまた、という意味です。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 11:03:21 ID:???
「スカーフ着用しないと性的暴行招く」 豪で批判噴出
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/K2006110201190.html

ビンラディン容疑者の扮装をした弁護士、米国で逮捕
http://news.goo.ne.jp/article/reuters/world/JAPAN-234695.html

アルジャジーラ、15日から英語のニュース放送を開始
http://news.goo.ne.jp/article/reuters/world/JAPAN-234634.html

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 11:35:02 ID:???
日本のNGO車両銃撃 アフガン北部
http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/world/20061102a3050.html

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 03:14:38 ID:???
Suspected spy killed in Bajaur
http://www.dawn.com/2006/11/03/top8.htm
目撃者たちの話では、>>363の空爆がなされたパキスタンの地域で、
『米軍・パキスタン軍のスパイをしていた』として、親タリバン武装勢力に
射殺された男の遺体が、乾いた小川の底で発見された。

男は30代の近くの村出身の男モハメド・ジャン・カーンと見られ、
遺体にはパシュトゥー語でカーンがスパイだというメモがつけられていた。
殺害は最近行われたようだが、いつであったかはっきりとはわかっていない。

ある情報局員は、カーンは月曜日の空爆につながる情報を提供した疑いで
殺されたと言った。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 03:18:38 ID:???
Gitmo prisoners get news through the grapevine
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=33423
弁護士、通訳など接触できる人々からの断片的な情報から、グアンタナモの捕虜たちは
外の世界の情報を得ていて、それは房から房へと伝わっていく。グアンタナモ当局者は
それを拘留者情報ネットワークの意味で『DIN』と冗談で呼んでいる。

そのういう噂・情報をもとに、捕虜たちは最近、米中間選挙で民主党が勝てば、
政策が変わり、収容所の閉鎖など、自分たちに有利な展開が起きるのではないかと
期待しているようだ。

金網で仕切られた房にいる捕虜は、簡単に周りの捕虜と談笑することができる。
一方、最新の厳重な房では、彼らはコンクリートの壁越しにも聞こえるように、
互いに叫びあって話をしている。

収容所担当者たちは情報の流れを減らそうと、この数ヶ月、囚人の房の移動を
減らしたり、医療、尋問などの機会に囚人が他の囚人と会わないように工夫している。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 16:04:04 ID:???
>>371とは別件です
Taliban behead ‘US spy’ in Pak
http://www.tribuneindia.com/2006/20061104/world.htm#1
タリバン(親タリバン武装勢力)はパキのワジリスタン地方で
部族の聖職者の1人を米軍スパイとして首を刎ねて殺害した、と
治安当局者は言った。

遺体は45歳のマウラナ・サラフッディンで、金曜日に南北のワジリスタン
を結ぶ道路で発見された。
遺体にはピンで彼がアメリカのスパイだと書いたメモがつけられていた。


ワナではタリバンの司令官たちが3日金曜日、部族長たちが出席した
ジルガで、処罰と資金集めに関する新しいルールを発表した。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 16:15:34 ID:???
>>373の記事の最後に(書き込みでは省略)似たような出来事が書かれて
いますが、同じ話なのかどうかははっきりわかりませんでした。
Taliban leader’s head shaved
http://www.mumbaimirror.com/nmirror/mmpaper.asp?sectid=5&articleid=1132006215443859113200621544246

3日金曜日、パキスタンで開かれたある部族会議で、モハメド・ナジルという
地元タリバン司令官のひとりとされる男が共犯者とともに車両強盗の罪で
罰せられた。彼らは2日木曜に現行犯で逮捕されていた。

会議はナジルの家を破壊し所有物を燃やしたほか、理髪師を呼んで彼らの頭髪を
剃らせ、南ワジリスタンの中心の町ワナのバザーを行進させるという辱めの罰を
与えた。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 21:05:16 ID:???
>>351
Italian journalist kidnapped in Afghanistan released in good health, ambassador says
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=33437

10月12日に誘拐されていたイタリア人写真記者Torselloが3日金曜日に
釈放された。体調は良好だった。

Gabriele Torselloはアフガン、イタリア当局に感謝し、自分の撮影道具と写真が
犯人たちに奪われたことを残念がった。しかし質問は受け付けなかった。

駐アフガンイタリア大使Ettore Francesco Sequiはまだ誰がTorselloを誘拐したかは
言えないと言った。犯人たちは初めにタリバンであると主張していたが、タリバンの
報道官はそれを否定した。

Sequiは釈放に当たって身代金は払われなかったと言い、釈放につながったのは、
地元の長老たちとアフガン当局の働きのお陰だった、と言った。

Torselloがアフガン南部のような危険な地域で何をしていたのかははっきりしていない。
タリバンの報道官は先月AP通信に、彼はヘルマンド州でタリバンとともに過ごしたと
話していた。


Freedom at last for Italian photographer in Afghanistan
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=33443

Torselloはイスラムへの改宗者で、伝えられるところではタリバンの信頼を得て、
南部の要塞地域で、タリバンの写真を撮ることが許された。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 12:34:26 ID:???
アフガン派遣独軍、車両にナチスのシンボル酷似のマーク
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/K2006110501640.html

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 09:59:02 ID:???
パキスタン軍訓練施設で自爆テロ 兵士42人死亡
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/K2006110803590.html

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 13:19:45 ID:FeA1Q9/X
ソ連のアフガン介入への支援をしたアメリカは同胞と親しんでいる皆さんにお願いがあります

どうか出来ればモーニング娘のシングル「歩いてる」を買って下さい。
今回がグループ存続中にオリコン1位が取れる最後のチャンスなんです。
達成すればピンクレディーを抜いて女性グループ史上最多の1位獲得となります。
これは話題になるでしょう。世間に再び大きくアピール出来るチャンスです。

そしてこれはモーニング娘だけでなくハロプロ全体の利益につながります。
今回1位を取れないと高橋愛ちゃんが引責脱退の憂き目にあう可能性があります。

全てのハロプロを応援する人が力を合わせて「歩いてる」を1位にしましょう。
どうぞよろしくお願いします。

379 :おちんちん伯爵:2006/11/09(木) 13:22:01 ID:/22MhuKK
ア・フ・ガ・ンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 02:00:16 ID:???
Pakistani Taliban claim responsibility as Musharraf condemns suicide attack
http://www.irna.ir/en/news/view/menu-239/0611089470222739.htm

>>377の自爆攻撃について、パキスタンの『タリバン』が
攻撃の実行を認めた、と地方のテレビ局が報じた。

パキスタンの『タリバン』報道官だというアブ・カリーム・アハメド・アンサリと
名乗る人物がペシャワルの記者たちに電話で「地元のタリバンの男たちが
自爆攻撃を行った」と言った。

アンサリは自爆攻撃者の名前は言わなかったがそれはパシュトゥン人で
北西部辺境州の者で、攻撃前に収録された声明も公表されるだろうと言った。

アンサリという名前は(報道で)初めて聞かれるものだ。

一方、ムシャラフはこの攻撃を非難し、調査の開始と首謀者の逮捕を
情報局に命じた。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 10:54:17 ID:???
B. Rabbani: “We will not prevent the Taliban to seize Kabul”
http://kavkazcenter.com/eng/content/2006/11/10/6349.shtml

元アフガン大統領で旧北部同盟勢力の有力者ブルハヌッディン・ラバニは
トルコの新聞との11月2日付インタビューで、タリバンの復活と
彼らが現在カブールに向かっている動きに一定の理解を示した。

ラバニは、「我々(旧北部同盟勢力)はタリブたちと戦おうとは思っていない。
もしタリブたちがカブールに到達したあとに、彼らの振る舞いが反国家・
反イスラム的であった場合のみ、我々は彼らと戦うためカブールに
入るべきだろう」などと発言した。

この発言を一部のオブザーバーは、旧北部同盟が一定の条件のもとでタリバンを
支援する可能性を示唆したものととらえている。

また、ラバニはアフガニスタンからNATO軍が去ることへの支持も示唆した。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 20:25:31 ID:???
アフガン国際支援、ユニセフの緊急要請に「拠出ゼロ」
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20061111i211-yol.html

バーミヤン大仏から胎内経 残骸の中、独調査隊発見
http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/world/20061111a3820.html


383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 02:42:40 ID:???
NATO部隊、パキスタン国境で武装勢力60人以上殺害=死者の中に外国人も
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/061112163458.g7d2uj26.html


Taliban insurgency major Afghan challenge: UN team
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/11/12/AR2006111200280.html
11月13日は『2001年にタリバン政権が崩壊した』記念日だそうです。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 13:26:41 ID:???
>>383を書いた後思い出してみると、11月13日はタリバンがカブールから撤退して
北部同盟が入ってきた日ですね。
「タリバン政権の軍」はその後もしばらく南部で戦っていました。
そして12月上旬ナキブッラーさんという人に『権限を委譲する』という形で
カンダハルからも撤退し、いわゆる『山に篭ったゲリラ組織』の状態になったと
記憶しています。

ナキブッラーさんはタリバン撤退後すぐに、グル・アガの仕掛けてきた権力争いに
負けて、カンダハル州知事はグル・アガになりました。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 13:28:13 ID:???
5 years after Taliban's retreat, no celebrations in Afghan capital
http://www.komotv.com/news/national/4631761.html
タリバン政権崩壊から5年の記念日に公式な祝典は行われなかった。
街でインタビューしたアフガン人には5周年記念日だと知る者はなかった。
話を聞くと多くはタリバンの敗北を思い出して笑顔になったが、
治安の悪化を嘆く者もいた。

カブールでは女性の多くは今もブルカを着ているが、町に自由に買い物に出られる
ことを喜んでいる。

ある理髪店店員は、自由になったけれど、現在がそれほど良いわけでもないと言った。
「今日の大きな問題は、子供を養う方法を見つけることだ」

5周年を前にしてある機関が出したアフガンの状況に関するレポートは、
タリバン活動の増加を示しているが、西側関係者は、欠点はありつつもカルザイ政府は
それなりに進歩していると評価した。

しかし、カブールの両替商の1人は、経済状態が悪く失業率も高いので、もしカルザイが
今再び大統領選挙に立候補したら10票も取れないだろうと言った。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 13:51:37 ID:???
イギリスchannel4 ビデオレポート

A resurgent insurgency 
http://www.channel4.com/news/special-reports/special-reports-storypage.jsp?id=3890
・タリバンが大勢いると言われているアフガン国境に近いパキの町クウェッタの様子
・アルカイダの作ったタリバンビデオからの引用で
  ダドゥッラー師の姿
  自爆攻撃の瞬間
・ヘクマティアルが演説する場面
・パキ部族地域の集会の様子


Fighting the Taliban 
http://www.channel4.com/news/special-reports/special-reports-storypage.jsp?id=3883
・ヘルマンド州でのイギリス軍の様子
・戦闘で破壊されたムサ・カラの町の様子
・軍高官のインタビュー

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 16:17:27 ID:???
Taliban-style 'ministry of virtue' in Pakistan
http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2006/11/13/uvice113.xml

パキスタンの北西部辺境州議会は、多数勢力の保守派イスラム政党連合MMAの
提出した『勧善懲悪省設立』の議案を可決した。

同様の議案は昨年も可決されたのだが、その時は最高裁判所が「警察権力が
重複し、憲法違反である」と判断して退けられた。
今回の議案はそういった問題点を改正したものだという。

この議案に反対している人々は、これは州のタリバン化を推し進めるものだと
言っている。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 19:27:25 ID:???
Hasba Bill challenged in Supreme Court
http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=2006\11\16\story_16-11-2006_pg7_10
15日水曜日、>>387の法案に対して、パキスタンの最高裁判所に異議が申し立てられた。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 10:55:26 ID:???
Militants kill "U.S. spy" cleric in Pakistan
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=33652
>>373で殺害された聖職者の友人で同じく聖職者のモハマド・ハシムが
頭を撃たれて殺害された遺体が北ワジリスタンで発見された、と19日日曜日に
当局は発表した。遺体には彼がアメリカのスパイだというメモが残されており、
親タリバン武装勢力によるものと見られる。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 10:57:43 ID:???
Afghanistan's eastern governor calls on militias to negotiate
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=33650
武装抵抗活動が活発なアフガン東部のパクティア州の知事に新しく任命された
ラーマトゥッラー・ラーマトは、タリバンに抵抗活動をやめて、対話を通じて
問題を解決するように呼びかけた、と18日土曜日に地元の新聞が報じた。

地元の住民によれば、隣接する州を含めたこの地域にはジャラルディン・
ハッカニなどタリバンの主要な司令官数人がいるという。

数週間前にカルザイもタリバンに話し合いを呼びかけたが、オマル師は
拒絶した。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 12:53:54 ID:???
Ready for Talks Sans Clemency for Omar: Karzai
http://www.afgha.com/?q=node/1548
地域経済協力会議に出席するためインドに滞在中のカルザイは
インドのメディア関係者との対談の場で、

・本物のアフガン人のタリバンは受け入れるが、アフガン人でない者は
 受け入れられない

・アフガン政府は平和のためにどんなことでもするつもりで、すべての
 相手と和平を話し合うつもりだが、過去現在にアフガン国民に犯罪を
 犯した者は裁判にかけなければならないし、オマル師に寛大な処置を
 与えることは不可能だ

・国境を越えて入ってくる勢力がアフガニスタン国内で武力活動や
 学校放火を行っている、アフガンの発展を邪魔している問題のひとつは
 急進主義だ

・インドと文化、メディアの部門で協調したい、アフガンではここ2〜3年
 でマスメディアが大きな進歩を遂げた

などと語った。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 00:28:38 ID:???
Taliban vow fresh offensive after Afghan winter
http://today.reuters.co.uk/news/articlenews.aspx?type=worldNews&storyID=2006-11-22T111822Z_01_SP289382_RTRUKOC_0_UK-AFGHAN-TALIBAN.xml&WTmodLoc=World-C1-Headline-5

タリバンの軍部高官ダドゥッラー師は22日水曜日ロイター通信に電話で

・今年はいつもより早く冬が始まった。冬季は山中に長く滞在することが
 むずかしいため、タリバンの攻撃は減少する。現在は来年の春からの
 戦略を立てているところだ。

・オマル師はアフガニスタンにいて、直接他の司令官たちを指揮している。

と語った。

アフガニスタンでは伝統的に11月後半から3月までのあいだ、戦いが休止状態
になる。

一方アフガン駐留NATO軍は、最近タリバンの攻撃が減ったのは、9月に
南部で大損害を被ったからだと言っている。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 14:11:07 ID:???
Taliban Train Suicide Bombers to Attack
http://www.latimes.com/news/nationworld/world/wire/sns-ap-afghanistan-taliban-training,1,3505872.story?coll=sns-ap-world-headlines&ctrack=1&cset=true

アフガン〜パキ国境沿いの某所でタリバン幹部二人が自爆攻撃について
AP通信に語った。AP通信の算定では今年97件の自爆攻撃で217人が死亡している。

・この地方一帯に最大50箇所の訓練所がある。若いアフガン人とパキスタン人が
 その他少数のアラブ人などの外国人とともに6週間の自爆作戦の訓練を受けている。

・訓練の最初はアラブ人による宗教上の教化で、宗教的文化的自殺に対する 
 抵抗感を克服する。
 次の段階ではバイクに乗ったまま武器を扱う方法、爆弾の組み立て方、
 自動車や自分の身体への設置方法を学ぶ。
 最後はターゲット、時間、タイミングの選び方を学ぶ。

・自爆攻撃志願者には3種類いて、それは家族が米連合軍に殺され復讐を誓う者、
 自らが米連合軍に逮捕拘留されて侮辱を受けた経験のある者、宗教的
 イデオロギーを動機とする者である。
 
 拘束経験のある者たちは、釈放されると元の生活も尊厳も失っている。
 そして自爆攻撃を行えば天国にいけることを知る。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 13:08:46 ID:???
Taliban, convicts may be Afghan recruits
http://www.chron.com/disp/story.mpl/ap/world/4359333.html

アフガン当局(カンダハル州当局)は、地方の治安維持のために地元の
民兵組織の男たちで警察補助部隊を組織しようと新しく訓練学校を始めた。

しかし、応募してくる男たちが何者であるかを正確に見極めることはむずかしく、
タリバンや麻薬関係の犯罪者がもぐりこんでいる可能性は容易に考えられ、
関係者も認めている。

カンダハル州が先月訓練授業を始めた時は、200人ほどの長い髭とターバンを
した男たちが応募してきた。しかし10日間の訓練コースの終わりには77人しか
残っていなかった。

いなくなった男たちの中には麻薬の所持や注射跡の発見で追い出された者がいた。
また、トイレ掃除などの生活の基本行為を拒否し、休日後に戻ってこなかった者
もいた。

訓練コースでは憲法、人権、武器使用、基本的な警察のやり方について学ぶ。
最後に銃を与えられ、主に武装抵抗活動の活発な南部・東部の地元に送られる。
1年間補助部隊を勤め上げると、正規警察に入る道も開ける。

訓練センターの責任者は、訓練の終わりに候補生たちに正しく務めることを
コーランに誓わせるのだが、神への畏敬の念(を利用すること)は当局が
男たちを従わせるための唯一の力だ。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 22:29:01 ID:???
ご本人は否定するかもしれませんがいつもうれしいタリバンびいきの記事を
書いてくれるシャーザド記者が、今月タリバンに拘束されていたそうです。
Two journalists held by Taliban
http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=2006\11\26\story_26-11-2006_pg1_2
AFGHANISTAN: TALIBAN SAYS KIDNAPPED PAKISTANI REPORTERS FREED
http://www.adnki.com/index_2Level_English.php?cat=Security&loid=8.0.363318318&par=0

サイード・サリーム・シャーザド記者はおなじくパキ人のカマル・ユーサフザイ記者
とともに21日火曜日にヘルマンド州で何者かに拘束されていた。

タリバン報道官ハニフは昨日、AP通信などのメディアに、2人の身柄を「客人として
2〜3日あずかっていた」ことを認めた。その理由はパキ人の2人が旅券を持たずに
アフガン国内にいたからだとし、26日にパキ国境付近で釈放するつもりだと言った。

ハニフ報道官は「ジャーナリストは(タリバンのいる)地域に入る前には
ムジャヒディンにコンタクトをとらなければならない、そうすれば安全は
保証される」と言った。これは他のメディアへの警告とも取れる。

シャーザド記者の妻が最後に連絡をとったのは19日で、カンダハルからの
電話だった。妻と新聞社の雇い主は(この記事の時点では)まだ本人の
声を聞いていない。

シャーザド記者はイタリアの通信社AKIのほか、アジアタイムズ(香港系)、
Dawnグループ(パキスタン)、その他の国際メディアに記事を書き、
アフガニスタンを広範囲に取材している。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 12:26:35 ID:???
>>395 補足

25日に、タリバンが明日26日に釈放するつもり、と言ったのが上の記事、
26日に、タリバンは釈放したと言っているが、関係者はまだ直接声を
聞いていない、というのが下の記事です。


397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 19:31:35 ID:???
‘US spy’ shot dead in South Waziristan
http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=2006\11\28\story_28-11-2006_pg7_9
>>373>>389の聖職者二人に続き、その友人だとされる47歳のマウラナ・グル・
タヒームという聖職者が、南ワジリスタンで射殺遺体で発見された。
親タリバン武装勢力に殺されたとみられる。
遺体には米軍のスパイだと言うメモが残されていた。



Four Operations Carried Out By Taliban Mujahideen Reported On Sunday
http://www.jihadunspun.com/intheatre_internal.php?article=106807&list=/home.php
タリバンの軍事活動報告 2006年11月26日


398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 00:39:19 ID:???
>>395-396続報
A 'guest' of the Taliban
http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HK30Df02.html

シャーザド記者は6日間タリバンに拘束されたあと、29日水曜日に
カラチの自宅に戻った。
タリバンが「釈放した」と言ってから帰還までに時間がかかったのは、
乗ったタクシーが故障したためだった。

シャーザドとユースフザイ記者は11月21日にヘルマンド州バグラン地区
に入り、数人のタリバンと会ってインタビューを行った。その後、
そのタリバンたちに身分証明を求められた。パスポートや新聞社の身分
証明書を見せたが、彼らが求める『タリバンの許可証』がなかったため、
許可が下りるまで身柄を拘束されることになった。

シャーザドは「タリバンは最後に拘留したことを謝った。拘留中は
肉体的にも精神的にも問題はなかった。またアフガニスタンに行くと思う」
と言った。

399 :1/2:2006/12/02(土) 01:22:31 ID:???
>>398関連
シャーザド記者久々の記事です。記事冒頭の編集部注は別として
自らの拘束体験には特に触れていません。
Deep inside the 'kingdom of heaven'
http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HL02Df04.html

・タリバンが1996年に権力の座についたとき、彼らは神の国を築くと
 人々に約束した。しかし2001年に米連合軍に追放されるまでの5年間
 アフガニスタンは不毛のままだった。だが、治安をもたらしたことは
 国民への最大の贈り物だった。

・タリバン追放後にやって来たアメリカは地上の楽園を約束した。それを
 信じたアフガン南西部の部族民たちは、タリバンに戦いをやめるか
 山に去れと言った。タリバンは山に行って武装抵抗を開始した。

・それから5年がたって、南西部の人々はタリバンに山から戻ってくるように
 求めている。人々の気持ちの変化は、カンダハル、その次にはカブールを
 奪い返すというタリバンの目的にとって都合のよい環境になる。


400 :2/2:2006/12/02(土) 01:25:49 ID:???
・アメリカはパシュトゥン部族民の基盤を無視した他民族と合同のアフガン国軍に
 部族の男たちを徴兵し、再建開発事業は南西部が後回しにするなど、
 部族民の怒りを買った。さらに補償なしのケシ栽培禁止が致命的だった。
 
・人々は同じ信仰の言葉を持つタリバンに気持ちを向けた。
 タリバンの今年春からの軍事攻勢は自爆攻撃の多用で大きな成功となったが、
 大衆から山から平地に戻ってくるように求められていることはそれ以上に
 大きな成功だ。

・冬季はタリバンが計画を練る時間になるだろう。
 すべての道はカブールに通じている。それは伝統的に、カブールを奪うには
 まずカンダハルを奪うことを意味する。
 
・しかし米NATO連合軍の圧倒的な力を前に、伝統のままに戦うことは出来ない。
 タリバンはカンダハルと東のカブール、西のヘラートを結ぶ幹線道路を遮断し、
 カンダハルを孤立させようと試みるだろう。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 22:41:11 ID:???
>>399-400関連 シャーザド記者記事
AFGHANISTAN: TALIBAN SETS ITS SIGHTS ON KANDAHAR 
http://www.adnki.com/index_2Level_English.php?cat=Security&loid=8.0.365320244&par=0

タリバンはこの冬が終わったら、カンダハルを陥落させようと狙っている。
カンダハルにはカナダ軍が配備されている。

新しい戦略の背後にはタリバン司令官の1人(記事に写真掲載)カリ・ハズラトがいる。
彼はヘクマ派ヒズビ・イスラミの司令官で、殺害されたアブドゥル・ハリクの弟だ。
背が高く青白い顔の33歳の彼は、ヘラートとカンダハルを結ぶ幹線道路近辺の地域で
数百人の兵士を指揮している。
そして彼は再編成したタリバン運動に現れている若い新世代リーダーの1人である。


402 :1/3:2006/12/06(水) 14:52:55 ID:???
この報告シリーズを見るときは、数字よりもどこの州で活動しているかを
見るのが個人的に興味のあるところです。
●Islamic Emirate Taliban Report Multiple Attacks In Afghanistan; Vow To Continue Jihad
http://www.jihadunspun.com/intheatre_internal.php?article=106852&list=/home.php
タリバンの軍事活動報告 
もっとも慈悲深く情け深いアッラーの名において

12月4日 
クンドゥズで米軍車両1台を破壊した。乗っていた米兵全員が死亡もしくは負傷した。

3日
カンダハル出身のタリバンのムジャヒド、アブドゥル・ラヒムが同州で
米軍車列に殉教攻撃を行った。その結果2台の米軍の車両2台が破壊され、
乗員は全員死亡か負傷した。侵略者はこれに応戦して多くの市民を殉教させた。

クナル州で米軍車列を攻撃した。米軍車両3台が破壊され、米兵5人が死亡した。
ムジャヒド1人が負傷した。

コースト州で(連合軍の)傭兵たちの2台の小型トラックを爆破した。
傭兵3人が死亡し、大勢が負傷した。負傷者の中には部族長1人がいた。

ヘルマンド州でタリバンが外国軍を撃退すると、米軍が空爆をしてきた。
タリバンに死傷者はなかったが、女性と子供を含む市民6人が殉教した。

403 :2/3:2006/12/06(水) 14:53:38 ID:???
2日

ファラー州でパトロール中の警察の車両を攻撃した。警官5人を拘束しその後
殺害した。遺体は路上に捨てた。4人のムジャヒディンが負傷した。

ウルズガン州で、警察検問所のひとつを攻撃した。武器を奪い、警官6人を殺害し
5人を拘束した。ムジャヒディン2人が負傷した。

クナル州で米軍車列を攻撃し、車両1台を破壊した。死傷者は不明。

1日

ファラー州で米軍トラックの車列を攻撃し、タンクを引いていたトラック1台を
破壊した。運転手は死亡した。

ガズニ州で、米軍スパイの情報を得て、タリバンはその人物を尋問したあと、
神の規則に従った。


404 :3/3:2006/12/06(水) 14:56:25 ID:???
11月30日

カピサ州で敵の基地に4発の臼砲を発射した。

クナル州で米軍基地に攻撃した。占領軍に多数の死傷者が出た。目撃者は
遺体を運ぶヘリを多数見たと言っている。

パクティカ州で米軍基地を攻撃した。敵の損傷に関する情報はまだ入っていない。

ファラー州で外国軍の検問所を追い出すための激しい戦いに勝利した。
敵の物資運輸車4台を燃やし、2台を戦利品とした。

カンダハル州でNATO軍の基地を攻撃した。占領軍に大勢の死傷者を出した。


JUS編集部注:この報告はタリバンが発表したものであり、JUSは手を加えず
英訳しただけである。内容に関して責任は負わない。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 20:27:20 ID:???
公式サイトでも、これまでのパシュトゥ語とアラビア語に加えて、
英語とペルシャ語でニュースが読めるようになってます。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 02:21:00 ID:???
>>405
もしよろしければ検索のヒントを教えていただけませんか?
たとえば、パシュトゥー文字の「タリバン」でぐぐった時に
何ページ目あたりに出てくるかとか。
もちろん他の形で教えていただけるのでもかまいません。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 15:48:38 ID:???
>>405
406ですが、教えてくださいと言いながら、方法を指図するような書き方をして
すみませんでした。
あらためて、ご都合のよいときに何らかの形で教えていただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いします。



>>399-401シャーザド記者の現地取材の記事です。
主にヘルマンド州・カンダハル州の状況で、2001年タリバン追放直後は米&カルザイに
好意的だった人々が、やがて再びタリバン支持に向かっていく様子が、
地元タリバン&住民へのインタビューをまじえて描かれています。
12月5日記事
How the Taliban prepare for battle 
http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HL05Df01.html
12月7日記事
Rough justice and blooming poppies 
http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HL07Df03.html

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 16:32:57 ID:tWjOCQcy
9条は日本人の心の故郷なのです。変えさせません。

故郷を変える人が居るのですか?

http://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1165452884/l50




409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 16:34:56 ID:???
Taliban Carry Out Martyrdom Attack In Kandahar, Ten Foreign Soldiers Killed
http://www.jihadunspun.com/intheatre_internal.php?article=106887&list=/home.php
タリバンの軍事活動報告

12月6日
カンダハル州でムハマド・ダウドという名のムジャヒドが外国NGOの敷地施設内で
殉教攻撃を行った。そこにはアフガン兵と外国兵が集まっていた。全員が死亡した。

ヘルマンド州でムジャヒディンの支配する地域に入ろうとしたNATO軍を攻撃し、
打ち負かした。戦いは10時間続き、NATO軍兵10人が死亡し、戦車3台が破壊された。
ムジャヒディン2人が殉教し、4人が負傷した。

パクティア州で傭兵(欧米側についたアフガン人)駐留地に攻撃した。本部が燃焼した。
目撃者によれば、傭兵2人が死亡し、3人が負傷した。ムジャヒディンに死傷者はなかった。

410 :1/6:2006/12/08(金) 02:38:56 ID:???
The Taliban's rules
http://edition.cnn.com/2006/WORLD/meast/12/06/schuster.12.6/index.html
A new layeha for the Mujahideen
http://www.signandsight.com/features/1071.html
タリバンが、ムジャヒディンのための行動の規範ハンドブックを出した。
その英訳がスイスのメディアによって公表された。
この文書はオマル師が承認したものとされる。連合軍は信憑性については
疑っていないという。

規範書を出した目的は、最高指導部が一般兵卒との直接の接触から離れることと、
行儀を良くして世間のタリバンのイメージをアップすることだとみられる。

この規範書をCNNに紹介したパキスタン人記者は、NGOについての記載がある点に
注目した。それはタリバン指導部が人員をNGOに送り込んでいることを意味して
いると思われる。

411 :2/6:2006/12/08(金) 02:41:13 ID:???
(長文のため見直しが行き届かず、誤訳・誤字・誤変換が多々あるかと思います。
 ここに貼るのは参考までにということで、あらかじめご了承ください)

ムジャヒディンのための規範書

アフガンイスラム首長国最高指導者より。
すべてのムジャヒドは以下の規則に従わなければならない:

01)タリバンの司令官は、不信心者を支援しているすべてのアフガン人が
  真のイスラム教に改宗するように勧誘を広げていくことが許されている。

02)不信心者に背を向ける者に我々は身体と所有物の安全を約束する。
  しかしもし争いごとに関わったり、誰かから何かを訴えられた者は、
  我々の裁判にかけられることになる。

03)新入のタリバン兵を保護しているムジャヒディンはそのことを自分の
  上官に伝えなければならない。

04)タリバンに転向した者が、忠実に振舞わなかったり、裏切り者になった場合、
  我々の保護を失う。そしてチャンスは2度とない。

05)タリバンの新兵を殺害したムジャヒドは、我々の保護を失い、イスラム法に
  したがって罰せられる。

06)もしタリバン兵が他の地区への移動を望んだらそれは許されるが、まず最初に
  所属するグループのリーダーに許可を求めなければならない。

412 :3/6:2006/12/08(金) 02:42:19 ID:???
07)グループリーダーの承諾を得て外国人不信心者を捕虜に取っているムジャヒドは、
  それを他の捕虜や金と交換してはならない。

08)州、地区、地方レベルの司令官はNGOで働く契約に署名したり、NGOから資金を
  受け取ってはならない。シューラ(タリバン最高会議)だけがすべてのNGOとの
  取引を決定できる。

09)タリバンはジハードのための装備・設備や所有地を個人的な目的で使ってはならない。

10)すべてのタリブは金の支出と装備の使用について上官に説明できるようにする。

11)ムジャヒディンは州レベルの司令官が許可しない限り、装備品を売ってはならない。

12)ムジャヒディンのグループは自分たちのグループを大きくするために他の
  グループから人員を連れてきてはいけない。これはしかるべき理由がある場合
  のみ許される。それはたとえば、ある特定のグループで兵士が足りなくなった
  ときなどだ。その時は許可証が与えられ、新メンバーのための武器類は前の
  グループにおいていかなければならない。

13)不信心者やその同盟者から手に入れた武器装備品はムジャヒディンの中で
  公平に分けられなければならない。

14)もし不信心者と共に働いている者がムジャヒディンに協力したがったら、
  彼を殺してはならない。もし殺したりすれば、殺人者はイスラム裁判に
  かけられる。

413 :4/6:2006/12/08(金) 02:45:13 ID:???
15)無実の人間を苦しめたムジャヒドや指導者は上官から警告を受ける。もし
  振る舞いを改めなければ、タリバン運動から追放される。

16)地区あるいは州の司令官の許可なしに家々を捜索したり武器を没収することは
  厳格に禁じられている。

17)ムジャヒディンは一般市民が所有する金品を没収する権利はない。

18)ムジャヒディンはタバコを控えるべきである。

19)ムジャヒディンは髭の生えていない若い少年を戦場に連れて行ったり、兵舎に
  連れ込むことは許されていない。

20)もし反対勢力や民間政府のメンバーがタリバンに忠誠を持つことを望んだら、
  我々はその状況を考慮するだろう。最終決断は軍事評議会でなされる。

21)悪評の立った人物、あるいはジハードの間に民間人を殺した人物はタリバン
  運動に入れない。もし誰か高い地位の指導者が個人的にそれを許したりすれば、
  その指導者は自宅待機の処分を受けるだろう。

22)もし犯罪で有罪となったり、直接の上官によって所属グループから追い出された
  ムジャヒドがいたら、他のグループは彼を迎え入れてはいけない。もし彼がタリバンと
  再び接触をしたいと望むなら、元のグループに許しを求めなければならない。

414 :5/6:2006/12/08(金) 02:46:34 ID:???
23)もしムジャヒドがこの規範書に書かれていない問題にぶつかったら、その上官が
  グループと相談しながら解決策を見つけなければならない。

24)現在の傀儡政府の下で教師として働くことを禁じる、なぜなら不信心者の
  システムを強化することになるからだ。真のムスリムは宗教教育を受けた教師に
  モスクか同様の施設内で学べるようにしたいものだ。教科書はジハード時代の
  ものか、タリバン政権時代のものでなければならない。

25)現傀儡政府の教師として働く者には警告が与えられる。それでも職をやめる
  ことを拒否した者は殴打の罰を与えられる。もし教師がイスラムの原則に反する
  授業を続けるなら、地区の司令官かグループリーダーは殺さなければならない。

26)不信心者の統治の下でこの国にやって来たNGOは政府と同様に扱われる。彼らは
  人々を助けているように見せかけて、実際は政府の一部である。したがって我々は
  彼らが街、橋、診療所、学校、マドラサなどの建設、その他の仕事をしていると 
  しても、その活動を黙認しない。もし閉鎖の警告に注意を払わない学校があれば、
  それは燃やされることになる。しかし、すべての主教の本は前もって確保され
  なければならない。

27)スパイの罪を問われたりそれで罰せられたことがない者が、勝手にその問題を
  取り上げてはならない。地区司令官がだけがそれを管理する。
  訴訟手続きの証人となる人物は精神的に健康で、曇りのない宗教的な評判を持ち、
  大きな犯罪を犯していない者でなければならない。処罰が行われるのは判決が
  出されたあとのみである。

415 :6/6:2006/12/08(金) 02:48:04 ID:???
28)下位の指揮官は民衆の間の争いに干渉してはいけない。もしある争議が解決 
  できなければ、地区か州レベルの司令官がその問題に介入しなければならない。
  その訴訟は、宗教の専門家達(ウレマー)か、年長者の会議(ジルガ)で
  話し合われるべきである。もしそれで解決策が見つからなければ、それは
  有名な宗教権威に委託される。

29)すべてのムジャヒドは日夜監視を怠ってはならない。

30)以上29項目の規範は義務である。このきまりに反したものはイスラム首長国の
  法律に従って審判を受けることになる。

このルールブックは命をイスラムと全能のアッラーに捧げるムジャヒディンのための
ものである。これはジハードを進めるためのガイドブックの完全版であり、すべての
ムジャヒドはこれらの規則を守らなければならない:それはすべてのジハーディストと
真の信者の義務である。

--アフガニスタンイスラム首長国最高指導者による署名--

編集部注:このルールブックは2006年のラマダン中に行われたタリバン最高評議会の
33人のメンバーに最初に配られた。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 03:19:21 ID:???
>>414訂正
他にも誤変換はあると思いますが、いまパッと目についたものです。
26)下から2行目  >主教の本 >>宗教の本


417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 11:15:27 ID:08WpqGxn
たまに見る(名古屋?の)竹石圭佑ってどんな奴だ…
っていうか実在すんのか?20なら成人式に出るのか

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 18:29:35 ID:???
Martyrdom Attack Kills Eight Security Personnel In Kandahar, Taliban Report More Operations
http://www.jihadunspun.com/intheatre_internal.php?article=106892&list=/home.php
タリバンの軍事活動報告12月7日
(この報告シリーズの日付は発表日です。事件が起きたのはその1〜2日前だったりします)

カンダハル州でアメリカの民間警備会社に殉教攻撃、8人死亡

ガズニ州で遠隔操作地雷によりアフガン国軍の車両1台を爆破、乗員死亡

ヘラート州で地区長を乗せた車両を攻撃。地区長と護衛2人が死亡

カンダハル州でカンダハル空港に攻撃、被害詳細不明

カンダハル州で占領軍への燃料供給車両を地雷で爆破

ウルズガン州で軍検問所を攻撃、アフガン軍兵士5人死亡、ムジャヒディン2人負傷

カンダハル州で、ムジャヒディンの領域に侵入しようとしたNATO軍を
追い返す、被害詳細不明

カンダハル州で侵略軍の集合地域にロケット等で攻撃、侵略軍は応戦して
市民の地域に空爆、被害詳細不明

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 19:21:01 ID:???
>>407記事関連
Time out from a siege 
http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HL09Df05.html
・シャーザド記者が取材先でタリバンにもてなされた様子の描写。

・タリバンの中身は相変わらず未熟で視野の狭い若者の集まりだが、
 今年4月に、対ソ戦時代からのベテラン軍事司令官ハッカニとその
 部下たちが指揮を執るようになってから、タリバンは強くなった。

・ベテラン軍閥たちは自分たちが若いタリバンに従属しているとは
 思っていない。彼らは外国占領軍への怒りからタリバンを支持している。
 そして南西部の市民たちは腐敗した政府への怒りでタリバンを支持している。

・取材相手の1人アブドゥル・ハリク・アフンドは、対ソ戦時代からの
 ベテランで、後に北部同盟となる人々とも連合していた。
 その当時南部のカンダハルで戦っていた彼は、タリバンが政権を握ると
 タリバンに加わった。

 アフンドは過去の経歴から、元北部同盟の軍閥や親タリバンの軍閥との
 交流がある。「元タリバン・元親タリバンで現在カルザイ政府に協力している
 人々は、本心でそうしているのではない」「北部同盟系の有力者たちも
 外国軍駐留には怒っている」「いずれ過去のしがらみを越えて元北部同盟と
 タリバンは結託するだろう」と語った。

 また「村人たちは村の数件の家屋を基地代わりに貸してくれる。そして
 タリバンが軍事活動をしているすぐそばで、人々が日常生活を送っている。
 これが現在のアフガン国民レジスタンスの姿だ」と語った。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 15:52:46 ID:???
Taliban says might join Afghan tribal peace talks
http://today.reuters.com/news/articlenews.aspx?type=worldNews&storyID=2006-12-09T123704Z_01_SP339313_RTRUKOC_0_US-AFGHAN-TALIBAN.xml&WTmodLoc=IntNewsHome_C2_worldNews-4

植民地時代にパシュトゥン部族の住む地域をふたつに分けるような国境が
引かれた。現在タリバンの活動の拠点となっているこの地域の部族長たちを
集めて、タリバンの武力活動を終わらせるための会議(ジルガ)を開こうと
いう計画が、9月にワシントンで、ブッシュ、カルザイ、ムシャラフの間で
合意された。

しかし参加者、日時、場所について、なかなか具体案は進んでいない。

そんな中、関係者達から、タリバンの中道派には参加の呼びかけを
するべきではないかという声があがっている。

これについてタリバン報道官のカリ・ユースフは、今のところジルガに
招待はされていないが、もし声がかかったらタリバン側の条件を提示した
うえで、参加の可能性があることを示唆した。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 13:49:21 ID:???
アガたんです!
Taliban won’t join talks in foreigners’ presence
http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=2006\12\12\story_12-12-2006_pg1_1
タリバンの上級報道官サイード・タヤブ・アガは11日月曜日、別の報道官が
前日に「求められればアフガン&パキ部族ジルガへの参加を考える(>>420)」
と発言したことを取り消した。アガはこの報道官よりもタリバン指導部に近い
高官である。

アガは「外国軍がアフガニスタンにいる中で、アメリカの利益を第一に考え
独立した決議ができるわけのないジルガに参加することは意味がないので、
タリバンが参加することはない」とロイター通信に不明の場所から語った。

アフガン・パキ両政府はジルガ開催には合意しているものの、今のところ
時期と参加者については合意に至っていない。

ジルガの参加者の範囲について、アフガン政府はアフガンのすべての部族を希望し、
パキ政府は国境付近のタリバンが支援を得ているパシュトゥン部族に制限すること
を希望している。

422 :1/4:2006/12/12(火) 17:05:55 ID:???
>>410-416『タリバンの規範書』を最初に手に入れたスイスのメディアと
タリバン幹部サビル師とのインタビューです。
The new Taliban codex
http://www.signandsight.com/features/1069.html

--サビル師は40歳でタリバン政権時代はイランとの国境地帯の治安責任者だった。
 現在は(タリバン組織として)ガズニ州を担当して900人の兵を持っている。
 Die Weltwoche誌はアフガン・パキ国境地帯で1時間彼に話を聞いた。

Q:最近のタリバン最高幹部会議について

A:タリバンはアフガニスタンの半分を支配しカブールに向かっている。
カルザイは国内をこわがって欧米指導者の所にばかり行っている。
先日の幹部会議で暗い要素はなかった。以前は10人だった会議メンバーは、
支配地域が拡大したため33人に増えた。

一箇所に重要メンバーが集まることは危険ではあるが、1年間に行われるのは
1〜2回である。タリバンの状況を査定するには必要なことだ。

メンバーには内密に場所が知らされる。集合場所と会合場所は違う。
会合場所はモスクだが、空爆があれば隠れるためのバンカーもある。

会合の議長をつとめたのはタリバンの防衛大臣ハジ・オバイドゥッラーだった。
主な議題は軍事戦略と行動規範で、そこでLahehaという新しい軍規律マニュアルが
配られた。(>>410-416)

423 :2/4:2006/12/12(火) 17:08:49 ID:???
--サビル師は胸ポケットから白いパンフレットを取り出した。青い印刷で
 タリバン政権時代の『アフガニスタンイスラム首長国』の紋章が描かれていた。
 戦場にも持っていけるように小さなもので、15ページをホチキスで止めてある。
 パシュトゥン語で書かれている。


Q:規範書の内容に関するいくつかの質問

A:スパイに関しては多くを処刑してきて今は数は減っている。処刑は地区か
州の司令官が規則にしたがって有罪を判断し、適切な手続きで行っている。

市民に対しては上官の許可がない限り、家に押し入ったり財産を没収したり
してはいけない。

学校を燃やすのは、それがカルザイ政権の政治手段になっているからだ。

NGOも人々を助けるふりをしながら、実際はカルザイ政権の一部である。


Q:自爆攻撃について

A:我々よりはるかに優勢な戦闘機と精密爆弾を持つ敵に対して、自爆攻撃は
敵をパニックに陥れることが出来る奇跡の戦術だ。これなしに我々が再び
アフガン全土を手に入れることはできないだろう。


--この規範書には自爆攻撃に関することは書かれていない。自爆については
 別に出された40ページの文書に書かれている。そこではコーランからの引用を
 用いて、自爆攻撃の正当性を述べている。また自爆攻撃は『オマル(師)の
 ミサイル』と表現されている。


424 :3/4:2006/12/12(火) 17:11:08 ID:???
Q:規範書とオマル師について

A:この規範書を誰が書いたのかは私ははっきり知らないが、我々の宗教問題の
責任者アブドゥル・アリ師が目を通し、オマル師が承認した。

先日の大きな会議にオマル師は出席しなかった。それは安全上の理由からで
噂にあるような健康上の問題ではない。彼は安全な場所にいて、直接会えるのは
オバイドゥッラー師と義兄弟のビラデル師だけだ。


Q:タリバンの軍勢について

A:部隊勢力は15,000人。うち40%は宗教学校を卒業していないため真のタリバン
とは言えないが、共感してタリバン軍に加わった青年たちだ。
若い兵士の増加はカルザイ政権の腐敗を人々が見ているからだ。


Q:カルザイ政権は自由選挙で選ばれた。それはタリバンへの反対票ではないか?

A:タリバンへの民衆の支持がなければ、私達がここにいることもなかったろう。
人々はタリバン政権の善行を覚えている。

425 :4/4:2006/12/12(火) 17:12:56 ID:???
Q:どこから支援を受けているか。

A:一般の人々が多額の寄付をしてくれる。食料と衣類も提供してくれる。
アルカイダからの支援は受けていない。タリバン軍にアルカイダ兵はいないが、
チェチェン人とウズベク人はいる。もしアルカイダ兵が加わりたがったら
歓迎する。


Q:アルカイダをかばってタリバンは犠牲になったのだから、彼らとは
距離を置いた方がいいのでは?

A:同じ敵・不信心者と戦っている彼らにタリバンが刃を向けることはない。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 20:55:56 ID:???
>>422訂正 下から2行目 Laheha → Layeha


427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 21:49:24 ID:lB+pYdAY


http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1157976367/278

殺人サイト。殺しの依頼受け付けます

428 :1/2:2006/12/17(日) 13:46:50 ID:???
Afghan Approval of the Karzai Government and Western Forces,Though Still Strong, Is Declining
 A Majority Feels Frustrated with the Pace of Reconstruction
 The Taliban Remain Very Unpopular, Despite Their Military Resurgence
http://www.worldpublicopinion.org/pipa/articles/home_page/290.php?nid=&id=&pnt=290&lb=hmpg1

*World Public Opinionが行ったアフガニスタンの最新世論調査です。
 カルザイ政権、米軍&NATO軍への支持は多数・大多数だけれど、
 昨年と比べて減少傾向にあるそうです。以下、タリバンに関する部分抜粋。

カルザイ政権や米軍&NATO軍にも問題はあるものの、タリバンが大衆の支持を
勝ち取っている兆候はない。ほとんど満場一致の92%がタリバンを支持していない。
これは2005年の88%より増えている。

この1年でタリバンが
前進した 37%
後退した 33%
変わらない 28%

タリバンが権力を取り戻す可能性
ありそうだ 16%
なさそうだ 大多数(絶対ない 48%)

429 :2/2:2006/12/17(日) 13:48:07 ID:???
タリバンによって政府の権威が揺さぶられてはいない

最も力のある権威
中央政府 76%
地元有力者 20%
タリバン 2%

もっとも尊敬される権威
中央政府62%
地元有力者 31%
タリバン 3%


タリバンの攻撃は増しているが、世論の治安への評価は良い

自分の地域の治安は
良い55%
とてもよい29%
(悪い、の数値の記載なし)

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 13:50:41 ID:???
>>428訂正 1問目の数値が逆でした
前進 33% 
後退 37% 

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 13:59:28 ID:???
>>387-388
Pakistan Court Blocks Taleban-Style Bill
http://www.voanews.com/english/2006-12-15-voa23.cfm
SC stops NWFP governor from signing Hasba Bill
http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=2006\12\16\story_16-12-2006_pg1_1

パキ北西部辺境州の州議会で可決された宗教道徳警察制度の設立について
この法案に反対するムシャラフ大統領の要請を受けて、最高裁判所は15日金曜日に
認可を一時差し止めると発表した。今後関係者の話し合いがもたれる予定。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 21:52:10 ID:???
記事アップの数分後に読んだ内容の要約です。時間がたつと
新情報などが加えられて、元記事の内容が更新されている場合があります。
U.S. airstrike kills Taliban commander
http://news.yahoo.com/s/ap/20061223/ap_on_re_as/afghanistan
米軍報道官の発表によれば、19日火曜日の米軍の空爆で、タリバンの南部担当軍高官
ウスマニ師が同僚2人とともにヘルマンド州の砂漠地帯を移動中に死亡した。

ウスマニ師はオマル師の下にいる3人のトップ司令官のひとりで、アフガン南部で
タリバンの軍事活動を指揮していた。資金面も担当していた。
他の2人は、南部・南東部の軍事担当ダドゥッラー師と、政策立案者の
オバイドゥッラー師である。

米軍報道官は火曜日の空爆後の4日間、さまざまな情報を照会して、ウスマニ師の
死亡を確認したと言った。そしてウスマニ師は路傍爆弾、自爆攻撃、誘拐などの
テロ活動に深くかかわっていた人物だったと言った。

しかし、タリバン報道官のカリ・ユースフ・アハマディはこの報道を否定し、
ウスマニ師は生きてアフガニスタンにいることを確認しているとAP通信に語った。
そして死亡したのはタリバンのグループのひとつの司令官アブドゥル・ザヒル師と
そのほかに3人のタリバン兵だと言った。

今年6月、パキスタンのテレビでウスマニ師だと名乗る男がインタビューに答え、
オマル師とビン・ラディンが元気に生きていると話したことがあった。

433 :1/3:2006/12/24(日) 14:02:27 ID:???
>>419関連
シャーザド記者の拘束体験記を含む取材記事です。
特に興味を感じたところに重点を置いて要約しました。
Taliban line up the heavy artillery シャーザド
http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HL21Df01.html

・タリバンの主要リーダーたちはアフガン・パキ国境沿いの部族地帯で総動員を 
 かける時機をうかがっている。まだ総動員をかけられない理由が季節の問題
 以外にいくつかある。

・ヘクマは今の流れでタリバンが勝利していくと、将来の政治状況の中で自分が
 オマル師の二番手の存在になってしまうので、指導者の立場を確保するために
 カルザイと内密に調整しているようだ。

・総動員がかかれば、オマル師はヘルマンド州(カンダハルの西隣)の最北部
 バグラン地区に移ると思われる。バグラン地区は南部のパシュトゥン民族と
 北西部のタジク民族の境界に当たる地域だ。
 
 そこはタリバンにとって、タジクの司令官たちとの調整を行うための重要地点だ。
 2001年のタリバン政権崩壊後もタリバンの数少ない要塞のひとつとして残り、
 オマル師が一時避難していたとも言われる。

 ソ連軍は占領の初期のうちにバグランから撤退し、二度と戻ることはできなかった。
 人が住みにくく孤立していて、山への安全な逃げ道が多数あるこの地域は当時の
 ムジャヒディンの完璧な基地だった。

434 :2/3:2006/12/24(日) 14:09:07 ID:???
・10月の最後の州に、タリバンは地元部族長たちと対ソ戦を戦ったベテランたちとの
 シューラを開くにあたって、地区の責任者に20代前半で経験の乏しいマティウッラー・
 アガという若者を任命した。
 
・本記事記者たちはバグランで尊敬されている長老の一人、ハジ・ララの客人として
 そこに行き、アガにインタビューしようとした。

 しかしそこで問題が起きた。外から来た者の身元を確認するためにタリバンが必要
 とする文書を本誌記者は持っていなかった。

 若いアガは記者たちをアフガン政府のスパイだと疑い、拘束するよう主張した。
 一方、ハジ・ララは自分の客人であるので、スパイ疑惑については自分のやり方で
 対処する言い、アガとの間で対立が起きた。
 
 その解決法とは、地域のある年長者を裁判官として、モスクで裁判を行うという
 ものだった。結局、パキスタン人でムスリムである記者たちは、一晩持ち物検査や
 取調べを受け、簡単な裁判を受けただけで釈放されることになった。
 その間にララは電話を使わせてくれたので、記者は外界と必要な連絡をとることができた。

 しかしアガはもっと長期間の取調べを主張していた。そして自分は地区の責任者
 であるのに、意見が取り入れられずに従来の部族の年長者たちのやり方で解決された
 ことをとても怒っていた。

435 :3/3:2006/12/24(日) 14:10:20 ID:???
・タリバンは経験のあるベテラン&年長者より若者に重用する傾向がある。そして
 年長者にはあくまでも補助的な立場でいてほしいと思っている。
 ベテランや地域の年長者をうまく抱き込むことができていないことが、
 タリバンが総動員をかけられないでいる理由のひとつである。

・このいざこざが「シャーザド記者らがタリバンに誘拐された」と報道されたできごと
 だった。記者にとっては愉快な体験ではなかったが、タリバンと部族システムとの関係、
 辺境地域での生活を直接知ることができた貴重な体験だった。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 14:11:40 ID:???
>>435
>ベテラン&年長者より若者に重用 >>ベテラン&年長者より若者を重用

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 16:28:46 ID:???
>>434 (細かい訂正が重なりすみません)
>・10月の最後の州に、  >>・10月の最後の週に、


438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 12:03:59 ID:???
>>432続報
Forensic analysis confirms identity of slain Taliban leader
http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=2006\12\25\story_25-12-2006_pg7_29

・米軍報道官は、空爆で死亡したのがウスマニ師だと確認したのは、
 情報の分析からで、遺体のDNA検査はしていないと言った。
 ウスマニ師が乗っていた車両は破壊され、遺体は『痕跡もなく消えた』と
 表現した。

・米軍はかなりの間ウスマニ師を監視下においていたので、今回彼が
 その車両に乗っていることを知っていた。

・タリバン報道官の1人はウスマニ師殺害の発表に異議を唱えた。
 しかしイスラマバードでタリバンに近い筋に取材したアルジャジーラの
 記者によれば、ウスマニ師は同乗していたマウラヴィ・アブドゥル・
 ザヒル・バルーシとその他3人とともに本当に死亡したということだ。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 01:27:53 ID:???
一部抜粋
On the trail of the Taliban's support
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=34574

ペンタゴンの国防情報局DIAによれば

タリバン幹部の中でもオマル師を中心とするグループは、自爆攻撃の
巻き添え被害から民衆の敵意がタリバン運動に向くことを心配して、
自爆攻撃の多用について他の幹部たちと意見が割れているかもしれない、としている。

440 :天ノ川 創:2006/12/27(水) 04:17:45 ID:Ia9EM/nd


441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 10:48:05 ID:???
>>438他 ウスマニ師関連
Afghan TV reports differences among Taleban leaders
http://www.sabawoon.com/news/miniheadlines.asp?dismode=article&artid=34593

アフガニスタンの国営テレビは24日、19日に死亡したとされるウスマニ師の支持者が、
その死にはダドゥッラー師がかかわっていると主張していると報じた。

ウスマニ師とダドゥッラー師はどちらもタリバンの上級司令官であるが、
少し前に2人の間でタリバンの方針について議論があり、ウスマニ師側の情報筋は
ダドゥッラー師が連合軍にウスマニ師の居場所を内報したのだと話している。

このような不和が現れたことは、タリバンのそれぞれの地方の支持者たちにとって
良いニュースにはならないだろう。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 02:31:54 ID:???
>>441他 ウスマニ師関連
Taliban confirm top commander killed
http://today.reuters.co.uk/news/articlenews.aspx?type=topNews&storyID=2006-12-27T072905Z_01_ISL152258_RTRUKOC_0_UK-AFGHAN-TALIBAN.xml

タリバンの上級司令官の1人がロイター通信に電話でウスマニ師の死亡を確認した。

身元を明かすことを断ったこの司令官は、パキの国境の町チャマンにいる記者に
「彼は死亡した。われわれはその情報を空爆のあった日に得ていたが、指導部が
発表しないように命じていた。彼は経験豊かな軍司令官であっただけでなく、
資金繰りもうまくやってくれていた。彼の死はしばらくの間われわれの運動に
悪い影響を与えるだろう」と語った。

ウスマニ師は2001年のタリバン政権追放以来、殺害されたもっとも高位の
タリバン指導者だ。オマル師は2001年に彼を後継者に任命していた。

ウスマニ師は南部の6つの州で作戦を指揮していた。また、ビン・ラディンと
親しく、アルカイダとその他の武装グループとの調整役をしていた。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 14:14:12 ID:???
パキスタン:タリバン巡り、強まるアフガンとの反目 
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20061228k0000m030030000c.html

321 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)