5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(´・ω・`) くっさあー

1 :私事ですが名無しです:2006/10/29(日) 09:46:07 ID:9XpMqyLw
(´・ω・`) 冷蔵庫に昨日入れ忘れた生肉 くっさあー

2 :私事ですが名無しです:2006/10/29(日) 09:59:35 ID:???
     ,.,.,.,.,.,.,.,..,.,.
   ,;f::::::::::::::::::::::T
   i:::/'" ̄ ̄ヾ:::i
   |/ ,,,,_  ,,,,,,_ヾ|
   |=(へ)=(へ)=|    Zゲットさ〜
   {  :::(__..::  |
  . ',  ー=ー  ',
    ヽ___ /
    /    \      
   ⊂  )   ノ\つ    
     (_⌒ヽ      
      ヽ ヘ }    
 ε≡Ξ ノノ `J   

3 :私事ですが名無しです:2006/10/29(日) 10:00:47 ID:8OTGsMl3
このスレは生まれ変わって雑談スレになりました。

4 :私事ですが名無しです:2006/10/29(日) 10:20:25 ID:???
           ,.,.,.,.,.,.,.,.,__
         ,;f::::::::::::::::::::::::::ヽ
         i/'" ̄ ̄ヾ:::::::::::i
         |,,,,_ ,,,,,,_  |::::::::|   
         (へ);(へ)==r─、|   
         { (__..::   / ノ′  
.         ', ==一   ノ
          !___/│
       γ⌒´‐ − ⌒ヽ
        〉ン、_ `{ __ /`(  )
     (三0_´∧ミ キ )彡ノヽ`ヽ)
       ̄    ノ~ミ~~~~.| 0三) オッケーーーィ! ♪
          |   |
         <  \ / /ヘ
    < 二二二 \/へ/\/二二 >
    0)⌒)             0)⌒)
     \\            //
       \\         //
      ( ((二0      ( ((二0
      [二二エ]     [エ二二]

5 :私事ですが名無しです:2006/10/31(火) 10:07:59 ID:???
_____
|  占領   |
|ヽ(´ー`)ノ  | 
|(___)  |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|
|


6 :私事ですが名無しです:2006/11/02(木) 16:52:20 ID:???
差別さ


7 :私事ですが名無しです:2006/11/02(木) 17:26:57 ID:tQux2bCm
差別さ〜

8 :私事ですが名無しです:2006/11/02(木) 17:55:00 ID:eabeaJ7P
>>3 このスレわ、俺の日記帳にします


9 :私事ですが名無しです:2006/11/06(月) 03:20:01 ID:???
█㊣█
凸⊙_⊙凸

10 :私事ですが名無しです:2006/11/06(月) 12:45:36 ID:WI37f3+g
>>8
  ,.,.,.,.,.,.,.,..,.,.::::::::::::::::::::::::::::::
|,;f::::::::::::::::::::::T:::::::::::::::::::::::::::::::
|i:::/'" ̄ ̄ヾ:::i:::::::::::::::: アニヲタにナリコ厨・・・
||/ ,,,,_  ,,,,,,_ヾ|:::::::::::::::::::::::::
||=(三)=(三)=|:::::::::::::::: おまいら・・・
|{  :::(__..::  |::::::::::  もっと真剣に
|',  ー=ー  ',ノ::::::::::  生きなきゃだめさ・・・
| ヽ___ /::::::::::
{ヽ,__   ):::::::
| ヽ   /::::::

11 :私事ですが名無しです:2006/11/16(木) 00:14:35 ID:???
         ▌ ▐▓▓▍ ▌      ▌ ▐▓▓▎▎
        ▋ ▐▓▓▌ ▌    ▋ ▐▓▓▍▍
       ▊ ▐▓▓▋▐▀▀▀▀▼  ▀▓▌▌
       ◢▋                ▌
      ◢◤                ▲
      ▐◤                  ◥▋
     ▍                     ▌
    ▐     ▂▂▃▃▂▂◢◤   ◥◣▃▃▂▂ ▍
    ◢▌      ◢◤▅▆▆▼   ◢◤▆▅◥◣  ▐
    ▌      ▀ ▓██▓     ▓██▓   ▌
     ▋      ◥◣▀▀▀◤◢◤  ◥◣▀▀◢◤  ▐
 ▂▄▃▲▃▃▄▂▂         ▃▂   ▂▄▃▃▲▃▄▂
  ▂▄▃▲▃▄▂▂       ▓▓▌   ▂▄▃▲▃▄▂
  ▂▄▃▲▄▂▂     ▂▃▲▃▂   ▂▃▲▄▂
      ▼        ▐▓▓▓▌     ▼
       ◥◣        ▂▃▂     ◢◤
        ◥◣              ◢◤
          ▀◥◣▃▃▂▂▂▃▃◢◤▀


12 :私事ですが名無しです:2006/11/23(木) 04:56:34 ID:???
 \             ,. ´     )       \ ー-- ∠   _」
  丿        / /        (         ヽー-- __ノ  <二二ヽ
 {     ....:::: /  .′     i \_        ヽ  ヽ∧   下、マ〈
  `つ::::::::::::::/   |       !    〉::.........    ゙.  ゙, ∧/ ̄\勹ト|
  (::::::::::::::::/   ; |    i|   |   {:::::::::::::::::::::.... |   ! 厂 ̄ヽ\〈,ノ
     ̄`j:::::′   i |    ||  | |__∧::::::_::::::::::::::::| __ | /   _ノ i\
     弋| |   ! |    ||   ルイ /厂/!ハ)::::::::::::/アr=ミ、:::::::/_/  i |\
       | |   i ヘ   | | イ j/斗=≦、 し-、:::::ゞtヘ厭l:::::::::::`!  ||:::::|
       ||  i ,..ゝ‐、| !/  〃 ‐r‐yヘ「 | ん:::`iヾ='ァ':::::r―1   l |:::::|
       ヽ\ ヽ〈 ニ=ミ (三丿-===-=(三丿||  く:::!  /::::::::::) | |  ! \|
        \ ー-\《 トヘ      " ̄`  | | | (:/ /::::r―'′ | | !
            ハ              | | |  | /::://    | |  |
            | :. :::(__..:        リ| !/ /      | | |
            | ヽ.    つ       ///! |′        | i |
             | /ト          ,. //  ̄| 「|_         | ! |
               / /| |   > _r' ´ //   | | ||        |   |
           / /|j_ イ     ,≧ //   | | | ̄ト 、     || |
             //r ´     r乞マ〉/   ||\  \   |   |
           /   \    //レごム {    /  〉/     ヽ   |   |
        く(   /|   /     ヽ> "  / 冫∧    ゙ |  |
         \/   \        '´    < |/ ゙     i|  |

13 :私事ですが名無しです:2006/11/23(木) 04:57:20 ID:???
 \             ,. ´     )       \ ー-- ∠   _」
  丿        / /        (         ヽー-- __ノ  <二二ヽ
 {     ....:::: /  .′     i \_        ヽ  ヽ∧   下、マ〈
  `つ::::::::::::::/   |       !    〉::.........    ゙.  ゙, ∧/ ̄\勹ト|
  (::::::::::::::::/   ; |    i|   |   {:::::::::::::::::::::.... |   ! 厂 ̄ヽ\〈,ノ
     ̄`j:::::′   i |    ||  | |__∧::::::_::::::::::::::::| __ | /   _ノ i\
     弋| |   ! |    ||   ルイ /厂/!ハ)::::::::::::/アr=ミ、:::::::/_/  i |\
       | |   i ヘ   | | イ j/斗=≦、 し-、:::::ゞtヘ厭l:::::::::::`!  ||:::::|
       ||  i ,..ゝ‐、| !/  〃 ‐r‐yヘ「 | ん:::`iヾ='ァ':::::r―1   l |:::::|
       ヽ\ ヽ〈 ニ=ミ (三丿-==(三丿||  く:::!  /::::::::::) | |  ! \|
        \ ー-\《 トヘ      " ̄`  | | | (:/ /::::r―'′ | | !
            ハ              | | |  | /::://    | |  |
            | :. :::(__..:        リ| !/ /      | | |
            | ヽ.    つ       ///! |′        | i |
             | /ト          ,. //  ̄| 「|_         | ! |
               / /| |   > _r' ´ //   | | ||        |   |
           / /|j_ イ     ,≧ //   | | | ̄ト 、     || |
             //r ´     r乞マ〉/   ||\  \   |   |
           /   \    //レごム {    /  〉/     ヽ   |   |
        く(   /|   /     ヽ> "  / 冫∧    ゙ |  |
         \/   \        '´    < |/ ゙     i|  |


14 :私事ですが名無しです:2006/11/27(月) 03:08:17 ID:???

外国の直接投資
貧しい人々に与えられた一つの希望は、外国の直接投資である。自分たちの荒廃した土地に多くの外国
資本の目を向けさせた国が勝ちだと思われている。多国籍企業の陰謀は、これまでも数多く立証されて
いる。そのやり口が暴かれたとき、しばしばより広い世界を動かすようなスキャンダルとなる。


15 :私事ですが名無しです:2006/11/27(月) 03:10:03 ID:pjJXJnYd

―マラウィの危機
IMFは二〇〇二年、マラウィの食糧危機を助長したという批判を受けた。飢饉の報告は二〇〇一年
秋から現れ始めた。二〇〇二年の初めには、大きなニュースになった。
 アクションエイドによれば、危機は旱魃に続く洪水、そして政府の行動によって悪化した。政府は、
戦略予備のトウモロコシを売却し、農業助成プログラムの「スターター・パック」を放棄せよという
IMFの要求に屈したのである。IMFのマラウィ担当者はこうコメントしている。「私たちは食糧
安全保障政策の専門家ではなく、政府や国家食糧準備庁(NFRA)に備蓄を処理するよう指示して
はいない」。マラウィは三年分近い備蓄を持っていた。これらを維持するコストと、借款による債務
の返済とを斟酌して、IMFと政府との間で備蓄した穀物の一部を売却するという合意がなされた。
価格が低かったため、穀物の売却は損失を生んだ。IMFは備蓄を国外で売却することによって一六
万五千トンから六万トンへと減らすよう勧告した。NFRAはほとんどすべての備蓄を売り払ってし
まった。
 民営化・政府関与の削減というIMFの政策は、世界中で繰り広げられているものの一つである。
アクションエイドによれば、穀物の売却につながった判断ミスで最も過失があったのは誰かというこ
とは別として、「IMFは二〇〇二年五月の使節団の最終声明で、驚くべき無神経さとイデオロギー
的狭量さを露呈した。それはマラウィへの四七〇〇万ドルの支出を留保したことに表れている。「飢
餓を防ぐための緊急行動」の必要性を認めながら、IMFの声明は、それに先立つ二、三ヵ月の間に
すでに何百人もの餓死者が出ていることに言及していない。それは、農業開発市場公社と国家食糧準
備庁の、飢饉による死者を最小限に抑えようという活動が妥当性を欠き、「非生産的」なものであっ
たことを意味している。
 アクションエイドは、飢饉が経済の自由化に起因すること、あるいは少なくともそれによって悪化
したことを考慮して、厳しい自由化プログラムに固執したり、政府による農業助成金の要求を無視し
たりすることはやめるべきだと述べている。国家による市場規制の強化と、主食穀物の備蓄に優先権
を与えることが不可欠である。


16 :私事ですが名無しです:2006/11/27(月) 03:12:05 ID:???

―比較的優位
ダッカは、ここ一五年の間に、一二〇〇万人もの人たちの強制労働収容所となった。衣服縫製業が今
ではバングラデシュの外貨の七五パーセントを稼いでいる。それは夜間飛行型の産業である。という
のは、バングラデシュでは衣服を完成させるだけで、機械も材料も(生地からアクセサリー、ボタン
やファスナーにいたるまで)インドネシア、台湾、シンガポール、韓国、マレーシアから運ばれて来
るからである。労働力はバングラデシュの「比較的優位」の源泉である。二〇〇〇以上ある町工場の
多くは、労働者が住むスラムにそびえる、光り輝く宮殿のようである。カルフールやウォルマートを
含め、欧米の大規模なバイヤーは、ここで在庫を調達する。
 労働者たちは一二時間交代で働き、注文に間に合わせるために、時には一晩中工場にいる。女性た
ちはしばしば侮辱を受けたり、殴られたりする。数多くの労働組合が存在するが、そのほとんどは所
有者側と癒着している。組合がイギリスの慈善団体から巨額の寄付を受け取っていることに反対して、
独立した組合を組織しようとした私の若い友人二人は解雇された。彼らは殺人、強盗、窃盗、強姦の
容疑で逮捕された。でっちあげられた事件のために何年も裁判にかけられている間、彼らは働くこと
も組合を組織することもできない。

 合衆国の企業は、中央アメリカ、メキシコ、南アジアでの労働者虐待が明るみに出ることを避けるた
め、監視の目を逃れられそうな地域へと工場を移転させる。遠く離れた土地で、外国人労働者を使えば、
搾取は気づかれないで済むだろうというわけである。


13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)