5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

2ちゃんねらーがmixiを荒らすのをやめさせよう

1 :佐賀部あや ◆AYAYOV5jDA :2006/11/07(火) 15:19:30 ID:hk3bCKt3
わたしのmxiが2ちゃんねらーによって荒らされました
荒らしをみんなでやめさせましょう
ここのスレを荒らしてください。埋めるよりも住人の振りをして
工作したほうが効果的だと思います

【shareケツ毛バーガー】911(116)テロ再びグラウンドゼロで退会祭り★282【mixi運営に非難ボーボー】
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1162835414/


2 :私事ですが名無しです:2006/11/07(火) 15:24:20 ID:???
Z連の手羽先を組みたいってことか?

3 :私事ですが名無しです:2006/11/07(火) 17:52:50 ID:???
    ,.,.,.,.,.,.,.,.,__
  ,,;f::::::::::::::::::::::ヽ
  i::::::::/'" ̄ ̄ヾi
  |:::::::| ,,,,,,  ,,,,,,|
  |r-==(三);(三)
  ( ヽ  ::..__)  }
   ヽ..  ー== ;   いくらもらえるの?
    \___ !
    /   ヽ
    i' i'⌒`i `i\
    i  i   i i  \
    i  i   i j\  \
    i  i   i i  \  \
    i  ヽ  ヾ   \ ,. \
    .i   \  \   \  \
    i    \  ヽ   \  (`) _______,.,.、
    i     /,.,.,.,.,jk ,._  / _/ ̄|::::::| (二二二) )
    /     i i i i i  ̄i `)=[ll|ヾ,.,.,|::::::| (二二二) )
    i  ノi   ̄i ̄) ̄ ̄ ∪000:::.l::::::|;;;;(;;;;;;;;;;;;;;;;);)
    i       i ̄         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ、    i
     |     i
     i     i
     i     i
     i    i
     i    i
     i    i

4 :私事ですが名無しです:2006/11/14(火) 01:24:45 ID:???
2ちゃんねらーと決め付けるその根性が嫌われるんだよ

5 :私事ですが名無しです:2006/11/17(金) 18:37:53 ID:???
ν速は次スレに移るの速過ぎ

6 :私事ですが名無しです:2006/11/20(月) 14:04:19 ID:???
>>1
友人まで公開にしたら?

7 :私事ですが名無しです:2006/11/26(日) 17:41:29 ID:???

待ってくれ! 特別でないのは、なにも仮面の計画だけではなかったのではあるまいか?
その仮面の助けを借りなければならなかった、顔の喪失という、ぼくの運命自体が、
すこしも例外的なことではなく、むしろ現代人に共通した運命だったのではあるまいか。
……なるほど、こいつはちょっとした発見だ。
ぼくの絶望は、顔の喪失そのものよりも、むしろ、自分の運命に、他人と共通の課題がすこしも無いという点にあったのだから。
癌の患者に対してさえ、他人と運命を共にしているということで、羨望の念を禁じえなかったくらいである。
それが、そうでないとなったら……
ぼくが落ち込んだ、この洞穴が、偶然口をひらいた古井戸などではなく、
ちゃんと世間にその所在が知れわたっている、監獄の一室だったということになれば、
当然ぼくの絶望にも、大きな影響を及ぼさざるを得ないわけだ。
ぼくが何を言いたがっているのか、おまえにだって分らぬはずはあるまい。
声変りがはじまった少年たち、初潮がはじまった少女たちが、自?の誘惑を知り、
その誘惑を自分一人だけの異常な病気だと思い込んでいるあいだの、あの孤独な絶望感……
あるいは、誰もが一度は経験する麻疹のようなものにすぎない、
最初の小さな盗み(ビー玉だとか、消ゴムのかけらだとか、鉛筆の芯だとか)を、
自分一人だけの恥ずべき罪だと思い込んでいるあいだの、あの屈辱的な絶望感……
運悪く、その無知が一定期間以上つづけば、ついには中毒症状をきたして、
本物の性的犯罪者や、窃盗常習者にもなりかねない。
そして、その罠を避けるためには、いくら罪の意識を深めてみたところで、なんの役にも立ちはしないだろう。
むしろ、誰もが同じ共犯者であることを知って、孤独から抜け出すことが、なによりも効果的な解決策なのである。


8 :私事ですが名無しです:2006/11/26(日) 17:42:36 ID:???

そのせいかもしれない、あれから後、街に引返し、馴れない酒を飲んでまわりながら、酔いがまわるにつれて、
見知らぬ他人の誰彼に、抱きついてまわりたいほどの親近感をおぼえていたのも
――その情景については、すぐこの後にも書いてあることだし、重複は避けることにして――
おそらくは、その誰彼のなかに、互いに顔を失った同士という心安さを、薄々ながら感じ取っていたせいではあるまいか。
もっとも、隣人の親しさを感じていたわけではなく、触れる者すべて敵という、
あまりにも孤独な抽象的関係で共感し合っていたのだから、
とうてい小説のなかの登場人物たちのように、善意というほのぼのとした電気毛布の上で、
仔犬よろしくじゃれ合ったりというような場面は、期待すべくもなかったが……

だが、今のぼくにとっては、このコンクリートの壁の向うに、
同じ運命の者が囚れの身をかこっていることを知っただけでも、大変な発見だったのである。
耳をすますと、隣の房の呻吟が手にとるように伝わってくる。
夜更けともなれば、無数の溜息や、呟きや、すすり泣きが、
積乱雲のように湧き上って、獄全体を呪詛のひびきで充満させるのだ。

――おれ一人ではない、おれ一人ではない、おれ一人ではない……

日中だって、運がよければ、運動や入浴のための時間を割り振られ、視線や、身振りや、囁きなどで、
こっそり運命を頒ち合う機会にだって、巡り合わさないとはかぎらない。

――おれ一人ではない、おれ一人ではない、おれ一人ではない……


9 :私事ですが名無しです:2006/11/26(日) 17:43:44 ID:???

それらの声を合算してみると、この監獄の巨大さは、どうも只事ではなさそうだ。
考えてみれば、無理もない。
彼らが問われている罪名が、顔を失った罪、他人との通路を遮断した罪、
他人の悲しみや喜びに対する理解を失った罪、他人の中の未知なものを発見する怖れと喜びを失った罪、
他人のために創造する義務を忘れた罪、ともに聴く音楽を失った罪、
そうした現代の人間関係そのものを現わす罪である以上、この世界全体が、一つの監獄島を形成しているのかもしれないのだ。
だからといって、ぼくが囚れの身であることには、むろんなんの変更もありはしない。
また、彼らが魂の顔だけしか失っていないのに対して、ぼくは生理的にまで失ってしまっているのだから、
幽閉の度合にも、おのずとひらきがあるわけだ。
にもかかわらず、希望が感じられてならないのである。
一人っきりの生き埋めとは違って、この状況には、たしかに何かしら希望を抱かせるものがある。
仮面なしには、歌うことも出来ず、敵とわたり合うことも出来ず、痴漢になることも出来ず、夢見ることも出来ないという、
半端者の負い目が、ぼく一人の罪状ではなくて、互いに話し合える共通の話題になってくれたせいだろうか。
そうかもしれない。
多分そうに違いない。


10 :私事ですが名無しです:2006/11/26(日) 17:45:56 ID:???

ときに、その点、おまえは何うだろう?
……ぼくの論法に狂いがないとすれば、おまえだって例外ではなく、当然賛成せざるを得ないと思うのだが……
むろん、賛成してくれるに決っているさ……
さもなければ、スカートにかけた手を振り切って、ぼくを手負いの猿のような立場に追い込むはずもなかったし、
仮面の罠に落ちるのを黙って見過すはずもなかったし、
また、こんな手記を書かざるを得ないような羽目に追いやることもなかったはずだろう。
おかげで、せっかく能動的で調和型のおまえの顔も、
けっきょくは仮面にすぎなかったことが、露見してしまったようなものである。
要するにぼくたちは同じ穴のむじなだったのだ。
なにもぼく一人で負わなければならない債務というわけではなかったのだ。
やはり、この手記を書いただけの甲斐はあったというものである。
まさか梨の礫などということはあり得ない。
その点についても、多分おまえは、賛成してくれるに違いない。


11 :私事ですが名無しです:2006/11/26(日) 17:47:05 ID:???

だから、書くことを馬鹿にしてはいけないと言っているのだ。
書くということは、単に事実を文字の配列に置きかえるだけのことではなく、
それ自身が一種の冒険旅行でもあるのだから。
郵便配達夫のように、決った場所だけを、廻り歩くといったものではない。
危険もあれば、発見もあれば、充足もある。
いつかぼくは、書くこと自体に生き甲斐を感じはじめ、
何時まででもこうして、書きつづけていたいとさえ思ったことがあるほどである。
だがこれで、ふんぎりだけはつけることが出来た。
世にも醜悪な怪物が、遥かな娘に捧げ物をするような、屁っぴり腰だけはせずにすまされそうである。
三日の予定を、四日にのばし、五日にのばして、時をかせぐような真似だけはせずにすまされそうである。
この手記を読んでもらえば、通路の復旧作業は、おそらくぼくたち二人の共同の仕事になってくれるに相違ない。
引かれ者の小唄だろうか? いや、楽観しすぎたきらいはあっても、自惚れてだけはいないつもりだ。
お互い、傷ついた同士であることが分った以上、いたわり合う気持を期待したって、べつだん差し支えはないのではあるまいか。
さあ、びくびくせずに、明りを消すとしよう。
照明が消えれば、いずれ、仮面舞踏会も幕を閉じてしまうのである。
素顔も、仮面もない、暗黒のなかで、もう一度よくお互いを確かめあったみたいものだ。
ぼくはその闇のなかから聞えてくるに違いない、新しい旋律を信じようと思っている。


12 :私事ですが名無しです:2006/12/03(日) 05:40:32 ID:sZMkrhG5



13 :私事ですが名無しです:2006/12/03(日) 06:08:17 ID:???
● 名 前 こ じろう (男性)
ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=5337740
● 名 前 ふ み (女性)
ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=6643637
● 名 前 なんちゃって 美弥 (女性)
現住所 宮崎県
ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=3993695
● 名 前 ☆ どさ兄 ☆ (男性)
現住所 北海道上川郡
誕生日 10月11日
ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=5955770
● 名 前 田頭 隆司 (男性)
現住所 大阪府大阪市
誕生日 10月13日
ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=4408722
● 名 前 ゆに☆彡 多代 (女性)
現住所 大阪府大阪市
ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=5015923
● 名 前 にこ りん坊 (女性)
現住所 埼玉県
ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=5261229
● 名 前 とう ちゃん (男性)
ttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=4619639

14 :私事ですが名無しです:2006/12/09(土) 01:36:03 ID:???
2ちゃんねる評判悪いよね

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)