5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【医学】中国で謎の病気 9人死亡

1 :canonicalφ ★:2005/07/24(日) 04:44:11 ID:???
中国南西部の四川省で奇妙な未知の病気が発生し、9人が死亡、他に11人が感染している。

四川省衛生部は少なくとも20人が感染し、うち10人が今だ治療中(6人は重篤)な
疾病について緊急警告を出した。

この未知の病気の犠牲者は全て30〜70歳の農家で、お互いに接触はないと省政府の
ウェブサイトのニュースレポートで述べられている。

また医師たちはこの病気がどのように運ばれたのかの見当がつかないとも述べている。

患者は資陽市の病院で6月24日から7月21日にかけて一人ずつ現れ、高熱、抵抗力の低下、
嘔吐、ショック症状などを示したとレポートは述べている。

この病気は12の異なる郡の15の村から来ており、つまりそれは主に資陽市と迎江地域である。

地域衛生部からのレポートを受け取った後、北京の衛生部はこの病気の調査チームを送ったと述べている。

phys.orgより引用
http://www.physorg.com/news5388.html

165 :名無しのひみつ:2005/08/07(日) 15:49:40 ID:SvBWhd7u
専門家らは中国のアウトブレイクに疑問 スティーヴ・ミッチェル
http://www.upi.com/view.cfm?StoryID=20050805-050919-5093r
ワシントン 8月5日(UPI)

 中国政府当局者は、ブタの奇妙な病気である、ブタインフルエンザが、ヒトにも感染し、死に至らしめていると主張している。
 しかし、WHOは、病原体をより正確に特定するために、さらなる検査を行う方が良いと中国政府に勧めている。
 そして、少なくとも一人のアメリカ人科学者は、エボラウイルスの一種が、このアウトブレイクに関与していると考えている。

 この奇妙な病気は、中国四川省で発生し、206人に感染、内38人が死亡、18人が重体に陥っている。

 中国保健省は、この病気がブタインフルエンザであると発表したが、実際には、ブタインフルエンザではなく、ブタ連鎖球菌によって起こされたものであった。
 しかしながら、ブタ連鎖球菌は、ヒトには、ほとんど感染せず、通常は死に至らしめることなどは、あり得ない。

「わたしは、この病気の原因はブタ連鎖球菌であるとは思いません」
 分子生物学者ヘンリー・ニーマン氏は、UPIの取材にこう答えた。
「ブタ連鎖球菌は通常、ヒトに感染せず、例え、感染したとしても、ヒトの命を奪うようなことはないのです」
 ニーマン氏が社長を勤める、ピッツバーグのRecombonomics社では、新種の病気の分子進化を研究している。

 ニーマン氏は、東南アジアで50人以上の死亡者を出した、トリインフルエンザH5N1型が、突然変異を起こしたことで、
毒性が強まり、今回のアウトブレイクにつながったと考える。

「さらなる調査をしないとこれ以上のことは言えません」
 ニーマン氏はこう語る。

 これまでのところ、中国の専門家は、患者から採取した病原体のサンプルを外部の専門家に渡すことを拒んでいる。

 また、もう一つの可能性として、感染者の50%から90%を死に至らしめるエボラ出血熱が考えられるとニーマン氏は語る。
 中国のウェブサイト、Boxun.comには、四川省のアウトブレイクを調査した中国人医師のインタビューが紹介されており、
これがエボラ出血熱説の根拠となっている。

 ワン博士と名乗る医師によると、四川省のアウトブレイクで、数名の患者のサンプルからエボラウイルスが検出されたという。
 エボラウイルスは、アフリカ以外で発見されたことは無く、これは、異常な事態と言える。しかし、ワン博士によると、
中国政府当局者は、エボラウイルスに関するいかなる情報も遮断し、エボラ出血熱が発生したことは国家機密だという。

 月曜日には、エポックタイムスは、「中国共産党は、報道機関の取材を禁止し、『エボラウイルス』という単語の使用を禁止した。
そして、代わりに別の単語を用いるようにと命じている」と報じた。

 以前、中国政府当局者は、三月下旬に広東省でエボラ出血熱のアウトブレイクが起きたという噂を否定していた。
 ブタ連鎖球菌のアウトブレイクは六月まで起きていない。

 ブタ連鎖球菌に関連した、最初のヒトの症例は六月二十四日に起きている。
 しかし、中国政府当局者は、七月下旬までこの事実を明らかにしていない。
 そして、四川省に報道関係者が入ることを禁止している。

166 :名無しのひみつ:2005/08/07(日) 15:54:01 ID:SvBWhd7u
 ワン博士はインタビューで、ブタインフルエンザが、四川省でのアウトブレイクに一役買ったかもしれないと言う。
 しかし、これはアウトブレイクの主な原因では無いとワン博士は語る。
 博士はまた、腺ペストが検出されたサンプルや、エボラ出血熱、ペスト、ブタインフルエンザについて
陽性を示したサンプルもあったと言う。

「わたしは、これは基本的に、エボラと腺ペストを主成分とする血中ウイルスだと思う」とワン博士は語る。

 中国が生物兵器としてエボラウイルスを開発していたかどうかは不明である。
 しかし、アメリカ国務省は、2002年、中国が生物兵器の研究・開発計画を進めているのはあり得ることだと述べている。

 それに加えて、現在、アメリカに住んでいる、ソビエト生物兵器計画の前副チーフ、ケン・アリベック氏は、以前、
ソビエト当局者が、中国で、生物兵器の研究・開発設備を目撃したと語っている。
 また、アリベック氏によると、1980年代後半に、エボラクラスの出血性の熱病が、今回、アウトブレイクが起きた地域で、二回、流行したという。
 ソビエトのアナリストは、これは、中国人科学者が、ウイルスを兵器化していた研究所から、
事故でウイルスが漏れたことが原因ではないかと、分析している。

 WHOは、水曜日にブタ連鎖球菌のアウトブレイクの概要を発表した。
 しかし、エボラウイルスの可能性は引用されていない。
 WHO当局者は、ヒトにおける症状が「通常でない」ことを述べ、「病原体を特定するための、さらなる診断・検定」を勧めた。

 ほとんどの症例は、成人の男性農夫で確認されており、彼らは、病気のブタや死亡したブタの近くにいた。
 そして、病気の症状は、高熱、倦怠感、嘔吐を含んでいた。
 感染者にはその後、髄膜炎、皮膚の下の出血を起こし、昏睡状態になる者もいた。

 アトランタ疾病予防センターの当局者は、中国からサンプルが届かず、エボラウイルスが関与しているかどうかは、知ることができないと語った。
 アトランタ疾病予防センターのスポークスマン、デイブ・デイグル氏は、UPIの取材に、中国からもWHOからも要請がないため、
疾病予防センターはブタ連鎖球菌の調査には参加していないと答えた。

 エボラウイルスが関与しているかどうかについては、デイグル氏は「我々は何も知らない」と答えた。
「我々には、検査するサンプルも無いし、現地に誰もいないので、その件についてコメントするのは難しい」

 また、デイグル氏は、一部の研究者たちが「クリミア・コンゴ出血熱」の可能性があると考えていると語った。
 クリミア・コンゴ出血熱は30%もの致死率のウイルス病である。

 もし、アウトブレイクが鳥インフルエンザの一種が原因であるならば、検査のサンプルを得ることが重要だろうとニーマン氏は語る。
 なぜならば、このインフルエンザが広がる場合に備えて、ワクチンを製造する必要があるからだ。

 国立衛生研究所の研究者は、2004年のベトナムからのサンプルで、鳥インフルエンザを予防するワクチンを開発している。

「問題は、もし、今回のアウトブレイクがH5N1型の鳥インフルエンザによるものだったとしたら、
 ベトナムのウイルス株よりも大きな脅威になるということです。
 なぜかというと、ウイルスが急速に移動し、より致命的になっているからです」とニーマン氏は言う。
 国立衛生研究所のワクチンは、中国のウイルス株にはあまり効果がないかもしれないと、彼は付け加えた。

 デイグル氏は、鳥インフルエンザウイルスが2004年から、あまり大きく突然変異したようには見えないと語った。
 しかし、彼はアトランタ疾病予防センターが未だ、
 中国からサンプルを得ておらず、今のところ、ベトナムとタイからのサンプルしか検査していないことを認めた。

101 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>4>>5>>6>>7>>8>>9>>1>>2★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★