5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【考古】ユダ裏切ってない?「裏切り」はイエスの指示――1700年前の古代エジプト語で書かれた禁書「ユダの福音書」写本解読

1 :pureφ ★:2006/04/10(月) 11:29:23 ID:???
ユダ裏切ってない?1700年前の「福音書」写本解読

 米国の科学教育団体「ナショナルジオグラフィック協会」は6日、1700年前の幻の
「ユダの福音書」の写本を解読したと発表した。

 イエス・キリストの弟子ユダがローマの官憲に師を引き渡したのは、イエスの言いつけ
に従ったからとの内容が記されていたという。

 解読したロドルフ・カッセル元ジュネーブ大学教授(文献学)は「真実ならば、ユダの行
為は裏切りでないことになる」としており、内容や解釈について世界的に大きな論争を
巻き起こしそうだ。

 13枚のパピルスに古代エジプト語(コプト語)で書かれたユダの福音書は、「過ぎ越しの
祭りが始まる3日前、イスカリオテのユダとの1週間の対話でイエスが語った秘密の啓示」
で始まる。イエスは、ほかの弟子とは違い唯一、教えを正しく理解していたとユダを褒め、
「お前は、真の私を包むこの肉体を犠牲とし、すべての弟子たちを超える存在になる」と、
自らを官憲へ引き渡すよう指示したという。

 同文書は3〜4世紀に書かれた写本で、1970年代にエジプトで発見され、現在はスイス
の古美術財団で管理されている。同協会が資金援助し、カッセル元教授らが5年間かけて
修復、内容を分析した。

 福音書はイエスの弟子たちによる師の言行録で、実際は伝承などをもとに後世作られた
ものと見られている。うち新約聖書に載っているのは、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4人
分だけ。ユダの福音書は、2世紀に異端の禁書として文献に出てくるが、実物の内容が
明らかになったのは初めて。

 詳細は、28日発売の「ナショナルジオグラフィック日本版」に掲載される。

読売新聞 2006年4月7日
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20060407i301.htm

関連ニュース
【実証学】水の上を歩くキリスト 聖書の奇跡を「氷」で説明 2006/04/09
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1144566907/
進化論否定教育は違憲 米連邦地裁判決「ID論は宗教的見解」★2 2006/01/23
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1137992076/
【考古学】蛍光X線分析で、磨耗した古代碑文を再現 2005/08/28
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1125210788/l50

2 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 11:31:29 ID:sDUdjPpO
自作自演乙

3 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 11:33:05 ID:ujHiaryS
ニダ裏切ってない?
って見えた。

また、歴史ねつ造かと

4 :?o?????:2006/04/10(月) 11:39:36 ID:CEYfns5G

しかし 作り話

5 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 11:44:34 ID:QkfX0IC/
2ちゃんねらーは、切り人教に全く無知だと思うので、簡単なマメ知識・・・

・イエス = ナザレ出身の大工の息子。ベツレヘムで誕生したという伝説は、ソ連で生まれた金豚が
       革命の聖地・白頭山で誕生したという話と同じ理屈。

・新約聖書 ≠ 新訳聖書

・異端 ≠ 異教徒

・外典←正しくは「げてん」と読みます。軍靴を「ぐんくつ」と読むみたいに「がいてん」でも構いませんが。

・マルコ、ルカ → 女のような名前(まる子、留佳)だが、男♂である。

6 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 11:55:32 ID:nNsYVO8C
まあキリストさんは便利な存在だよな。

殺しの指示を出しても実際その手で殺しても
日曜の礼拝で懺悔すれば帳消しにしてくれる。(と思ってる。)

次の日から殺しまくって教会ですまし顔の繰り返し。ア〜メン

7 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 11:57:26 ID:F2k7YBlB
ヤラセだったのか・・・


8 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 11:59:16 ID:X0TKT2Ee
>>1
いいかげんにしろ
こんなもん科学じゃねえよ

9 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 12:16:26 ID:6KDf4S1V
>>8
宗教だろ!!

10 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 12:18:51 ID:e0EcrvC7
イスラムは殺人宗教ですが何か

11 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 12:20:52 ID:gqzJlGlE
>>8
この記事の内容は、「1700年前の古文書を修復して訳しました」という
ことでなので、「科学ニュース」で問題ないと思うが。



12 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 12:25:25 ID:MPSjtTM0
これが本当ならブルータスだけになってしまうじゃないか!!

13 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 12:28:39 ID:Nj90/pbH
つーか、イエスの弟子って全員が裏切ってとんずらしたわけだが。
その後やることがなくなって宗教をでっちあげて、以後の人類に
いらぬ戦争の種を巻き散らかしやがったわけだが。
ユダだけが「やべー親分を裏切ってしもたー」って後悔して自殺した分
まだましって話もあるな。
ちなみにイエス自身はキリスト教徒でもなんでもないし、教団を作った覚えもないんで
今キリスト教徒って名乗ってる連中は、2000年近くも裏切り者の弟子達に踊らされているアホ。

14 :異端?:2006/04/10(月) 12:50:35 ID:uVw2J2n3
神は全能である。故に過去も未来も全て知っている。
ユダが裏切ることも、我が子キリストが殺されることも。
自分の一人子が殺されることを知っていて止めようとしなかったのは、
殺されることを認めていたことになるので、神の罪である。
ユダはキリストと神に利用されただけに過ぎない。

15 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 13:38:56 ID:yK9Jz3pR
たしかに、イエスはキリスト教徒じゃないな。

16 :pureφ ★:2006/04/10(月) 13:40:54 ID:???
>>11
自分としてはそのつもりで立てたんですが、記事中には分析手法の
具体的な方法が書かれていなくて申し訳ないです。

17 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 14:39:15 ID:qTFTla+7
復元に関してはこっちの方が詳しいねえ。

asahi.com
ユダは裏切り者じゃない?「ユダの福音書」写本と確認
http://www.asahi.com/international/update/0407/006.html
(前略)
 同協会の発表では、文書は最初、エジプト中部の砂漠地帯で見つかった。
パピルス紙13枚の表裏に、インクでコプト文字(エジプトのキリスト教徒が
使った古代文字)で記されていた。買い手がつかない長年の間、米国の銀行の
金庫の中で保管されていたため、激しく傷み、01年に作業が始まった段階では
さわっただけで粉々になりそうな状態だったという。
 放射性同位体による年代測定では、紀元後220〜340年という結果が出た。
さらに、同協会が支援した国際的な専門家チームが、インクの成分や紙の画像
分析、文章の構造や文法、文字の書体などの分析も加えて、3〜4世紀の
文書で後世の修整は加えられていないと結論を出した。
 コプト学の権威、スイスのロドルフ・カッセル博士らが、ジグソーパズルの
ように1000以上の断片に分かれた文書をつなぎ合わせ、約5年をかけて
約8割を解読することに成功した。紀元後2〜3世紀に書かれたギリシャ語の
原文からの翻訳とみられるという。
 同協会の依頼を受けた顧問委員会のメンバー、クレイグ・エバンズ氏
(新約聖書学)は朝日新聞に対し、「この福音書が描くイエス像は異端とされた
『グノーシス派』の信仰に基づくもので、歴史的な事実を反映しているとは私は
考えない。だが、ユダの人物像については新たな材料を提供する重要な
文献だ」と語った。

18 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 14:52:57 ID:MFJCrst0

俺は単に、グループの嫌われ者に、残った連中が無理やり罪を着せたんだと思うけどね。
実際は、別のメンバーが意図的にやったことだと思う。



19 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 15:25:00 ID:X0TKT2Ee
>>11>>16
それならセーフだけど、ソースを選んでほしい。

20 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 15:36:32 ID:Orb+TL9/
【国内】北海道 海鳥の死で沿岸調査…ハングル記載の漂着ドラム缶、新たに15本発見(動画あり)[4/9]
動画:
WM200K http://www.nhk.or.jp/news/2006/04/10/v20060409000104_mh.html
WM56K  http://www.nhk.or.jp/news/2006/04/10/v20060409000104_ml.html
Real   http://www.nhk.or.jp/news/2006/04/10/v20060409000104_rh.html

NHKニュース
http://www.nhk.or.jp/news/2006/04/10/d20060409000104.html
http://www.nhk.or.jp/news/2006/04/10/d20060409000108.html


21 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 16:47:37 ID:RC5zXIwj
アメリカにもオウムみたいな狂信的な集団がいて

そいつらの自作自演ではないのか?

プチハルマゲドンを演出したがっているのでは。





22 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 17:01:33 ID:XVBvuCHi
>>8-9
>>1の意図は違ったようだが、聖書学は立派な科学の一分野。

23 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 17:03:17 ID:N+z3RNU6
これを機に
ロブはポップスにいかなければならないのか

24 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 17:06:29 ID:jzZtd0bk
少なくとも福音書作ってまでユダを崇める連中がいたってのは、歴史学としておもしろい

25 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 17:26:59 ID:i9vaCDM0
>>24
「外典・偽典」といい、聖書学ではデフォです。

26 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 18:09:48 ID:RC5zXIwj
まー2ちゃんにも大勢居るように

自殺したユダこそが最も正しい弟子だ、と考える自殺好きの連中が書き残したのであろう。

その教団の連中は皆自殺してしまったんだろうなw



27 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 18:43:51 ID:uPX+TT6m
この教団はユダは自殺しなかったという前提に成り立っている。

なぜなら、イエスとユダしか知らない(はずの)密約が書かれているが、
それを自殺前にユダが誰かに話していたのなら、ほかの弟子にも伝わっ
ていなければおかしい。

28 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 19:07:40 ID:BJGP0w/h
あーいえば上夕

29 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 19:08:44 ID:X0TKT2Ee
くだらん。

30 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 19:44:24 ID:42ZH1Tq5
じゃあ、イエスの最後の言葉はどうなる
「わが神よ、わが神よ、なぜわたしをお見捨てになったのですか」

もし、イエスが死を覚悟していたならば、この言葉は不合理だ。

31 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 20:03:24 ID:XpipKrAv
イエスの最後の言葉にはいろいろ種類があるんだよ


32 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 20:08:25 ID:jwKJfLJo
ファティマ第3の予言は2012年12月について。

33 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 20:15:05 ID:hEBP6GMS
>>1
イスカリオテ機関みたいだなw

34 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 20:24:59 ID:Ve77JLMN
>>30

聖書の場合、詩節を引用する場合は、最初だけを記述することに
なっている。

> 「わが神よ、わが神よ、なぜわたしをお見捨てになったのですか」

この有名な言葉も詩節であって、最初が引用されているだけで、
詩そのものは、この後、神を賛美する言葉が続く。

これをイエスの苦しみからの言葉とするものがあるが、
それは誤りで、イエスは苦しみながらも、詩を唱え神を讃えた
ということ。

聖書によっては、ちゃんと引用元を書いているものもある。

ちなみにNew Internatinal VersionのThe Holy Bibleには、
この詩編は、Psalm 22:1だと説明されている。

また、よく勘違いする別の例は、聖書で「主」となっているのは、
神という意味ではなくて、指導者というような意味の言葉。
英語の聖書では、「主」はLordと訳されていて、神を意味するThe Godとは
全く別の言葉として扱われている。

つまり聖書で「主よ..」というのは、「私達の指導者よ...」ということで、
リーダーに対して述べられている言葉。



35 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 20:34:50 ID:Ve77JLMN
> つまり聖書で「主よ..」というのは、「私達の指導者よ...」ということで、
> リーダーに対して述べられている言葉。

あ、つまり聖書ではイエスは神として描かれていないという意味。
聖書の中のイエスは、あくまでも神につかえる預言者であり、
また羊を導く羊飼い=指導者であるという風に説明されている。



36 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 21:26:00 ID:Ve77JLMN
> 聖書の中のイエスは、あくまでも神につかえる預言者であり、

で、これだと聖書にかかれている他の預言者、例えばエリア、との違いが
みえにくいので付け加えると、

イエスと他の預言者との違いは、イエスがメシア=救世主=キリストであった
という点。

エルサレム入城の際には、人を救うため、自らがはりつけになり死ぬ必要がある
ことを熟知していたとされる。死ぬ必要があるのは、アダムの時に行った罪=
神への裏切り行為を帳消しにして無かったことにしてもらうため。これにより、
人類は神による滅びから救われることになった。そのため、イエスをキリストと
呼ぶ。

ただ、当時の人は、メシアはダビデのようにイスラエル王国を再建する勇者の
イメージを抱いていたため、イエスがキリストであるとは直ちに理解されなかった。
そのため、当時はキリスト教というものはなく、ユダヤ教イエス一派に過ぎなかった。

また、メシアが訪れる前に預言者エリアが甦り道を整えると言われていたが、
イエスは、洗礼者ヨハネこそが預言者エリアの甦りであったと聖書で説明している。

まぁ、イエスはエルサレム入城の前には、自分が死ぬとしっていたわけで、聖書では
覚悟を決める前(入城の前)に悩む姿が描かれている。[この辺りは、イエスの
人間的な一面を覗かせているといってもいいのかも知れない。(十字架ではりつけ
にされるときよりは)]

そういうことなので、別にイエスがユダにお願いしても、不思議ではない展開。
ただ、最後の晩餐で「ここに裏切りものがいる」といったとされる話は、
後世での挿入された作り話ということになるけど。





37 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 22:06:15 ID:h48qEKri
聖書=原作
ユダの福音=同人誌

38 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 22:07:05 ID:FycjNkS1
>>37
やおい漫画はどこですか

39 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 22:13:12 ID:h48qEKri
>>38
ふたなりで我慢してください

40 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 22:35:05 ID:SaVL06re
これは・・・・考古なのか?

41 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 22:41:16 ID:XVBvuCHi
>>37
ちがうよ。
同人誌集めたムック本が聖書。
最初から載ってない同人誌もあれば、
途中から載った同人誌、地方版だけで載った同人誌とかある。
更に数社がムック本を出している(いた)。

42 :名無しのひみつ:2006/04/10(月) 23:17:14 ID:bCQpco/A
>>30
それはイエスが人類のために贖罪をした言葉という解釈を聞いたことがある。
イエスが臨終の間際に贖罪をしたが故に人類は神から見放されることがないという。
都合の良い解釈だとは思ったがそれを考えついた人は頭がいいよなとも思った。
ユダの裏切りと考えている行為もイエスが真のユダヤ王として決起することを
期待したという説もある。
ローマ支配の下で強い指導者を望んでいた民衆がいたというのは間違いないだろうから
そういった説も弱含みながら説得力があったりする。
そういった解釈を楽しんだり考えたりするのも歴史の楽しみの一つだろうね。

43 :名無しのひみつ:2006/04/11(火) 11:24:50 ID:ffmHnhUT
キリスト=麻原

実際はそんなもんだって。

44 :名無しのひみつ:2006/04/11(火) 11:43:04 ID:r02N4h5h
犯罪カルトの教祖は即時死刑にせず終身刑にしておいて、
痴呆になった姿とかを信者にさらし続けた方がいいんだろうな。
10年以上裁判やってることで批判もあるが、結果的にはあの方がいいのかも。

45 :名無しのひみつ:2006/04/11(火) 15:00:45 ID:vhRABCcz
これから麻原は処刑されて伝説になる。
2千年後には立派な宗教に育ってるかもしれん

46 :名無しのひみつ:2006/04/11(火) 17:02:37 ID:RKBcqFzI
マジレスると
サリン云々の映像やら社会の反応の記録があまりに残っているので難しいんじゃ。

47 :名無しのひみつ:2006/04/11(火) 20:15:23 ID:FgFF9DbV
俺としては中期以降のニーチェ的な解釈が好きだが。

48 :名無しのひみつ:2006/04/11(火) 22:09:27 ID:Sqk0a/4U
結局、死人に口無しってわけだ

49 :名無しのひみつ:2006/04/11(火) 23:22:05 ID:sNFEyoGK
死人というか、湯田って実在したの?

50 :名無しのひみつ:2006/04/11(火) 23:41:40 ID:4aG13FxG
>>43
イエスは言われている系図であれば血筋がいい。
三国志なら劉備玄徳みたいなものか。
お弟子さんたちがかつぎあげるべき神輿と考えたとしても無理はない。
両者にはそこらへんに違いがありそうだが。
日本では伝統としてケイズカイというのもあるから
先の世では貴人にされているかもしれないけどね。
しばらくは無理じゃない。

51 :名無しのひみつ:2006/04/12(水) 00:02:43 ID:1i2qTPgq
>>50
でもさ、血統がいいのはあくまでヨセフで、マリアじゃないんだよね。
で、処女受胎を信じるなら、イエスはヨセフの子じゃないと。

52 :名無しのひみつ:2006/04/12(水) 06:42:25 ID:N+6ASk+5
>>51
ヨセフの子じゃなくとも、神の子なら血統的には良い方じゃないか?

53 :名無しのひみつ:2006/04/12(水) 07:26:58 ID:1i2qTPgq
>>52
だとしたら、ヨセフの血統わざわざ出す必要ないんだよね。
新約聖書のマタイは、ヨセフの系譜からはじまってる。

54 :名無しのひみつ:2006/04/12(水) 08:02:52 ID:N+6ASk+5
>>53
あれは血統だしてんじゃないよ。
何処そこの誰ってあらわすのに、あの地方では誰々の子の誰、と伝えるってだけ。
同名はメチャクチャ多いから、誰々の子の誰々の子の・・・と言うのも普通。
今でも 個人名・父の名・祖父の名 という名前の付け方が残る地方もあるくらい。
逆に言えば、ごく普通の家柄・血統ということを顕してるとはいえるけど。

55 :名無しのひみつ:2006/04/12(水) 08:29:09 ID:0FQiU2Td
コプト語だがほとんどギリシア文字で
εΥαΓΓελιoN Nι OΥΔαc 
エヴァンゲリオン・ニ・ユダス(ユダの福音書)と書いてある
ttp://www9.nationalgeographic.com/lostgospel/document.html

56 :名無しのひみつ:2006/04/12(水) 12:55:11 ID:hCtrdgsa
新シルクロード

57 :名無しのひみつ:2006/04/12(水) 13:12:26 ID:Trnj6Pjj
>>55

>エヴァンゲリオン・ニ・ユダス

そういうタイトルの、エヴァの新作があったらいいのに・・・

58 :名無しのひみつ:2006/04/12(水) 13:50:57 ID:RKSlb2eb
エヴァンゲリオンって福音書って意味なの?

59 :名無しのひみつ:2006/04/12(水) 14:24:18 ID:xB3c8Iqr
エヴァンゲリオン・ニ・ルーカスで
ルカによる福音書になるわけか。
ギリシャ語ってかっこいいな。

60 :名無しのひみつ:2006/04/12(水) 16:20:59 ID:cF0NbjLF
>>58
福音って意味じゃなかったけ?

61 :名無しのひみつ:2006/04/12(水) 17:41:43 ID:OIqEj0W7
ナショナルジオグラフィックで特番やってたね。

62 :名無しのひみつ:2006/04/12(水) 20:59:00 ID:/8w9H+6t
>>58
伝道、または伝道師

63 :名無しのひみつ:2006/04/12(水) 21:00:15 ID:/8w9H+6t
伝導師だっけ?
WindowsのIMEは伝道師って変換されるなあ。

64 :名無しのひみつ:2006/04/12(水) 21:18:06 ID:zqVTliO1
ユダヤ人伝道師曰く「ユダヤ人は いつも嘘をつき悪い獣、怠惰な大食漢だ」

65 :thirty:2006/04/12(水) 21:39:41 ID:mRCZSW7r
>>51
事実としては仮にそうであったとしても当時のユダヤ社会では
昔の日本と同じで父系の出自が公的に認められていた。
日本でも何某の母は○○○○の女(むすめ)という書き方がよく系図に載っている。
父系社会だったから事実はどうであれ、ヨセフの系図がイエスの出自を表す。
マリアの系図を書いたところで何の意味もなさない。
そしてヨセフの血筋、すなわちイエスの血筋は良いとみなされるから
お弟子さんたちの中には真のユダヤ王になることを期待していたグループが
存在したと考えられている。
まさに劉備を神輿にして三国志の時代を駆け抜けた関・張をはじめとする
家臣たちと同じようなものだね。
ちなみに「処女懐胎」はエジプト神話のイシス・ホルス親子がモデルではないか
という説があってアトヅケではないかという解釈もある。

66 :名無しのひみつ:2006/04/12(水) 21:46:32 ID:C+KZBcPh
>62-63
福音伝道者の略ではないのか?

67 :名無しのひみつ:2006/04/13(木) 00:38:34 ID:EJpUw+A8
じゃあエバンゲリストって何だぜ?

68 :名無しのひみつ:2006/04/13(木) 01:03:26 ID:mC6HmspT
>>54
>何処そこの誰ってあらわすのに、あの地方では誰々の子の誰、と伝えるってだけ。
聖書によくある「**の子**」って表記ならその通りだが、
マタイやルカで、一章まるまる使って先祖を遡ってるアレは、
血統を表すための系譜でいいと思われ。

>>65
>父系社会だったから事実はどうであれ、ヨセフの系図がイエスの出自を表す。
処女受胎を前面に出した時点で、ヨセフの父系は意味をなさなくなるのでは?

このへんは、イエスの支持者にも混乱があったのではないかと思われ。
血統の現実派、処女受胎の神秘派、てなぐあいに。
今の聖書は、各派閥の妥協の産物なんだろう。

個人的には「イエスもただのひとだよん」のアリウス派に萌え。

余談だけど、聖書を読む限り、生前のイエスがヨセフの血統を利用した様子は無いね。
自分は神の子だ、ってのは、何度も言ってるけど。

69 :名無しのひみつ:2006/04/13(木) 05:45:20 ID:qun0MZXm
>>2-68

どこが科学?

70 :sixtyfive:2006/04/13(木) 09:12:30 ID:fxyRuTNv
>>68
うん、現代的な視点で考えればそうだろうが、
父系社会では母方の血筋がいかによくても
「ふーん、で、父方は?」
となる。
ヨセフの血統がダビデ王−ソロモン王に繋がる血統であるからこそ
イエスにはユダヤ王になる「資格」があるとお弟子さんたちは見ていた。
劉備の例をあげたが、日本では同様な話として源頼朝や源義経がある。
貴人の血をひいているから「利用価値」があるとかつぎあげられた。
もちろんイエスの教えに傾倒してつき従っていたお弟子さんのほうが多かった
のだろうが、一部にはそういう思惑をもっていたグループが存在していたのは
十分に考えられる。

71 :名無しのひみつ:2006/04/13(木) 09:52:37 ID:qNZTVSyi
> 自分は神の子だ、ってのは、何度も言ってるけど。

イエスのいう神の子っていうのは、神から生まれたアダムとその子孫、つまり
人間ってことだよ。つまり、人間は皆等しく神の子、っていうのはイエスの
言っていることよん。


72 :55:2006/04/13(木) 10:02:36 ID:dZ8jnwQJ
ευ αγγελιον
エウ アンゲリオン
良い+知らせ → 福音
ギリシア語では使徒も伝道師もαποστολ(アポストル)
つーか、12使徒はイエスが選んだ12人の伝道師
伝道師の単語が分かれたのはラテン語圏で二代目の伝道師が現れてから(missionarius)

73 :名無しのひみつ:2006/04/13(木) 10:14:13 ID:w9+sRDwq
裏切りではない 知略だッ!

74 :名無しのひみつ:2006/04/13(木) 12:55:30 ID:9M+xe4YR
おっさんのブログに全部書いてあったよ。
これ見ればよーくわかる!

http://wildoldboy.cocolog-nifty.com/wild_old_boy/2006/04/the_gospel_of_j_eab8.html

75 :名無しのひみつ:2006/04/13(木) 16:11:52 ID:2ocy5vyN
映画にパッションってのがあって、古い映画なんだけど、キリストを人間くさく描いたもので、
公開当時は教会から非難されたものなんだけど、ユダはその中で、戦いを好みイエスを非難する立場に描かれていた。
裏切り者というよりは、イエスを叱咤する役がらだった。

76 :名無しのひみつ:2006/04/13(木) 19:51:35 ID:mC6HmspT
>>70
68には、まさにその通りのことが書いてありますよ。
>このへんは、イエスの支持者にも混乱があったのではないかと思われ。
>血統の現実派、処女受胎の神秘派、てなぐあいに。

>>71
>イエスのいう神の子っていうのは、神から生まれたアダムとその子孫、つまり
そうとも言い切れんのでは?
たとえ話のひとつに「旅に出た農場主と残された小作人」つうのがあったと思ったけど、
農場主=神様、農場主の息子=自分自身、という話になってるのな。

>>75
安彦良和のマンガもそんな感じか。
実際、イエスに「ユダヤ人をローマ人の支配から現実的に解放するもの」、
クーデターのリーダーを求めてた勢力は、実際いただろうな。
でもイエスは「カエサルのものはカエサルに」とか、言っちゃってるわけで。

77 :名無しのひみつ:2006/04/13(木) 20:36:07 ID:s8O+Nhjy
オンドルラァ ギッタンディスカー

78 :名無しのひみつ:2006/04/13(木) 22:02:09 ID:/o12JfFa
漏れの美しい顔にキズがぁぁ〜!!

79 :名無しのひみつ:2006/04/13(木) 23:49:13 ID:87kDZv4a
>>72
俺の名前はエヴァンゲリオンだったのか…

80 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 09:39:49 ID:HXwvfV2Q
>>75
つまり、三国志でいうところの孔明みたいなポジション?

後釜になり損ねたけど>ユダ

81 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 09:50:54 ID:bfdQPXqu
「イエスの受難は実は本人が仕組んだことだった」とするのと、
イエスが真の救世主(キリスト)であるとすることに矛盾はないのかな?

82 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 09:54:15 ID:5rfb8P7j
ユタ馬鹿にしないでよ!

83 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 10:13:28 ID:rv3gyXGM
>>75
これ間違えた。「最後の誘惑」だった。。
>>80
バイタリティにあふれ、一人でローマへい相手に戦ってた。。
イエスに従ってたけど、そんなに信用しきってはいなかった感じだった。

84 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 10:34:35 ID:dcZ4fCY4
>79
良知さん?

85 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 10:40:58 ID:hO1vY9gE
>>83
監督のスコセッシがつけようと当初思っていたタイトルは
「パッション」(受難)だった。この映画のピーター・ガブリ
エルによるサントラCDはこの最初の題がついている。
このCDお勧めです。

すれ違いスマソ。


86 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 11:36:02 ID:nckFpGYJ
歴史もこの板だよな、かなり重要だ。

87 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 12:36:28 ID:gWnj5SgV
ユダとイエスって双子じゃないか。 そーすると、
辻褄の合う事が多い。 そして最終段階で復活時に
入れ替わる。 ヒゲや服装で案外ごまかせる。




88 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 13:08:19 ID:nCPNLTuE
このことは既に十数年以上前に日本で刊行された本(私ももっている)
の中で明確に述べられている。()それを指摘したグループの人達こそ
予言者だ。

89 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 14:49:04 ID:isbsKBai
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/25621/1144079871/30

90 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 17:47:39 ID:+gVWnenF
つまり、ユダが裏切り者ということでないと
都合の悪い連中がいたってことだな。

91 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 18:45:13 ID:P4PEisVH
ユダヤ教は、母系じゃなかった?
母親がユダヤ教徒だと子供もユダヤ人だと思ってた。
新約が書かれたころは父系だったのかな?

92 :91:2006/04/14(金) 18:48:54 ID:P4PEisVH
すいません。上のは忘れてください。
イエスはキリスト教徒かな。

93 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 19:54:55 ID:hBO9iCPv
仮にいるとしても
全知全能の神はつまらないから
いろいろ人間であそんでるだけだろ
全部わかってるならせめてたのしまにゃつまらん

94 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 19:56:50 ID:hBO9iCPv
なんでも神に頼んだり
神がどうとか
ほとんどのやつはもれなく神にすりゃ裏切りもの以下だよね

95 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 22:38:34 ID:Icg0PZbd
>>88
>このことは既に十数年以上前に日本で刊行された本(私ももっている)
つーか、創作の世界では定番の解釈ですから。
今回は「当時そう言われていた科学的な証拠が見つかった」という点で、意味が在るわけで。
もちろん、本当にユダが裏切っていなかったのかも含め、多くは謎のままですが。

96 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 22:48:28 ID:Icg0PZbd
母親がユダヤ人なら、というのは、トーラーの教えみたいだな。
今のイスラエルも、「母親がユダヤ人か、あるいはユダヤ教に改宗したと認められた」ものが、
ユダヤ人だとしてるらしいな。

でも、旧約聖書って、父親から息子への相続ばっかりでなかったか?
(そもそも女性の出番が少ないとも言う)

97 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 23:10:39 ID:Qre8Oryc
結婚する前の娘が妊娠したら、とりあえず、神様が孕ましたことにしてしまう。
そうでないと、戒律破ったことになる。
後で、娘を孕ました男を捜し出して、責任とって結婚してもらう。
これで一件落着。

処女受胎のからくりはこう。

98 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 23:41:28 ID:+4s3iW0a
中身の話はよそでやったら?って感じ。

99 :名無しのひみつ:2006/04/14(金) 23:46:09 ID:Icg0PZbd
>>97
マタイ伝によれば、ヨセフはマリアの妊娠を知って、婚約を解消しようとしてたんだが。
ま、イエスが誰かの子だ、つう説はけっこうあるね。
当時エルサレムを統治していたローマの兵隊さんが定番か。

100 :名無しのひみつ:2006/04/15(土) 16:15:53 ID:5RIzTGsn
裏死海文書の流出か・・・
だが問題ない。すべてシナリオとおりだ。
シナリオの順序が入れ替わったにすぎん
―――――――――――v――――――――――――
         /;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ,,,;;;;;i
         i;;;;;;;;;;;;;;;,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;; ;;;;; ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
         ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;li;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/l;;;/l;ソ;;/ |;;;;;;/| l;;l゙ヾ;;;ト、;;;;;;;;;;;;;i
          |;;、;;;;;;;;// /,'' / l/  |/|/   ゙l  ヾ、゙i;;;;;;::::/
          /ヾ;;/ソ       ,  ,      ヽ l;;l"゙l 
          '、 (ヾ,,===;;;;;;;,,,,,_`il,i゙__,,,,;;;;;=== ,/|lヽ l 
            ヽ、`||ヾi;'(:::::゙'゙:::/;;i=i;;;ヽ:::゙'゙::::)゙i;/ |l'ノ/
           /ヽ|l、 ゙i::;;;;/⌒⌒).ヾ..;;;;;;;;;;..ノノ/l.,/\
          /;;;/::ミヾ、./ / / )     '゙ /ミ"i;;;;;;;;\_
       _,.-;;'";;;;;;;;r‐ ミ/゙ ,/ /  /_!/`   /,,l;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;~\
  _,、-‐;;'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| / /  /   /.__,,,..-/ヽ /;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;,,、_
‐'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ノ / .ノ  / ,,, /  ノ/';;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'';;;,,、_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ/ ノ  /  /,,,,/   /;;;;ミ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  /;/ /;;;;;;ミ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ   ,    `゙  /―''':::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


101 :名無しのひみつ:2006/04/15(土) 18:18:58 ID:0ygEMWHp
                 _
                / jjjj     ___
              / ノ       {!!! _ ヽ、
             ,/  ノ        ~ `、  \
             `、  `ヽ.    人  , ‐'`  ノ
 氏ね ━━━━━━  \  `ヽ (゚∀゚)" .ノ/━━━━━━━━━!!
                `、ヽ.  ``Y"   r '
                  i. 、   ¥   ノ
                  `、.` -‐´;`ー イ
                    i 彡 i ミ/
                  /     `\
                 /   /ヽ、  ヽ


102 :名無しのひみつ:2006/04/15(土) 18:32:45 ID:hzimlVki
らっきよマン登場

103 :名無しのひみつ:2006/04/15(土) 23:33:10 ID:HcApNaGp
>>85
うわー、あの音楽ピータ・ガブリエルだったのか!

最後の誘惑も、ピーター・ガブリエルも好きだけど、
気付かなかった。

104 :名無しのひみつ:2006/04/27(木) 00:23:20 ID:UfHSiKFo
ゲルモニーク聖典キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

次はゾディアックストーンを見つけて、聖天使アルテマ
降臨ですね!!

105 :名無しのひみつ:2006/04/27(木) 21:05:52 ID:moTlN9Mw
アルテマって絶対ツンデレだと思う。

106 :名無しのひみつ:2006/05/04(木) 00:31:25 ID:xzgPT6K5
ユダにやられた
ってのは、この場合どーなるの?

107 :名無しのひみつ:2006/05/05(金) 11:59:24 ID:lBhODcLV
キリスト教オワッタ

108 :名無しのひみつ:2006/05/05(金) 12:07:10 ID:Qk9pzWSX
俺にとっては、「特務機関イスカリオテの思想的基盤が危うくなりはしないか?」

という心配しかない。

109 :名無しのひみつ:2006/05/05(金) 13:34:11 ID:pNXdslAW
ユダは銭袋を持っている。イエスが金銭管理をまかせていたかららしい。

今で言うなら口座のパスワードとか教えてもらっていたのはユダだけ。それだけ一番
信頼されていたのだろう。

110 :名無しのひみつ:2006/05/05(金) 14:36:28 ID:/zzcJ4IU
「いちばん信頼していた部下が裏切った」という方が、物語的には盛り上がるからな。

111 :名無しのひみつ:2006/05/05(金) 15:04:24 ID:UkkS0TbI
皆さん、かなり煽られておりますね。

112 :名無しのひみつ:2006/05/05(金) 15:19:26 ID:WQL/hnmB
クロロはユダが裏切り者だとは元から思っていなかった

113 :名無しのひみつ:2006/05/05(金) 15:55:41 ID:VsdO3kyI
野史なんか信用できないよ!
つか当時のライトノベルだろ、きっと。



114 :名無しのひみつ:2006/05/06(土) 20:29:37 ID:8pIaBE64
魂の進化の前半では、ものごとはすべて二極化される。善と悪。天使と悪魔。
相対性理論である。魂の進化の後半では、ものごとはすべて統一化される。



115 :名無しのひみつ:2006/05/08(月) 08:49:57 ID:TFtMJQRu
生き残るのは変化を続けるものであって固定された価値観は実にもろい

116 :名無しのひみつ:2006/05/08(月) 10:59:02 ID:x9hG1siQ
バチカンの権威が失墜する方に向かっていると考えるべき? 
いままでダマサレてきた連中がどう火病るか楽しみなんだが。

117 :名無しのひみつ:2006/05/08(月) 11:24:26 ID:+z06gJc1
ユダも長い間、濡れ衣着せられてたんだな
民族もそれのせいで差別されちゃうしdでもない冤罪事件だな
痴漢でっち上げの比じゃないな

118 :名無しのひみつ:2006/05/08(月) 15:14:12 ID:H3u6x3Rb
・・・ヘルシングの今後の展開にどういう影響を催すかの方が興味津々。

119 :名無しのひみつ:2006/05/08(月) 16:10:05 ID:Bcz679Pm
>>116
勝手に司教を任命してバチカンから破門された支那のキリスト教関係者乙。

120 :名無しのひみつ:2006/05/08(月) 17:29:23 ID:IiY8StPd
聖書というのはそもそも福音書と呼ばれる、聖者の言葉を数枚の紙に記録した断片のつぎはぎを
寄せ集めたものです
そしてキリスト教会全盛期にユダやヨハネといった弟子たちの福音は、キリスト崇拝にとって
都合の悪いものが多く、異端思想で価値がないという理由によりそのほどんどが焼き捨てられています
現存している福音書は当初存在していたものの10分の1以下であると言われています

121 :名無しのひみつ:2006/05/08(月) 17:38:31 ID:IiY8StPd
教会にとって都合の悪い福音書が発見されたのはこれが初めてではありません
その旅にバチカンは固く口を閉ざし、それは偽者であると言い続けています
そして必ずマスコミに圧力を掛けて情報が外にでないようにします
出てしまったもので認めても支障が少ないものは認めたケースもありますが
基本的にはファビョるだけです

122 :ノビ使徒405 Lite ◆yjSoVIETJs :2006/05/09(火) 00:18:59 ID:jx9AM9RF
ぶっちゃけ都合が悪ければ闇に葬るのがカルトだからね。
中国、韓国、創価と捏造の数々が物語ってる。


山本太郎応援フェア(数ヶ月ぶり)
ttp://grugru.mine.nu/file.cgi?v=guru_guru_2464.wmv

サイバイマン人間宣言→崩御
ttp://grugru.mine.nu/file.cgi?v=guru_guru_2443.wmv
ttp://grugru.mine.nu/file.cgi?v=guru_guru_2444.wmv

※山本さんの過去だけじゃ埋まらなかったので
 自分を入れた

123 :名無しのひみつ:2006/05/09(火) 02:35:47 ID:eOpRUhyH
●○●アンチ嵐募集のお知らせ●○●

日産栃木工場従業員による残虐なリンチ殺人事件はマスコミの報道でご存知だと思います。
警察官の不用意な発言が被害者殺害の引き金になった事実は今となっては有名です。

しかし、広告費によるマスコミの買収があるかないかは定かではありませんが、マスコミが口を閉ざす殺害の引き金になった官民癒着の闇の事実があります。

繋がりました。
マスコミが報じられない事実。

http://c-docomo.2ch.net/test/-/auto/1146840436/1

124 :名無しのひみつ:2006/05/09(火) 12:38:13 ID:6+Q4NcI6
>117
キリスト自身ユダヤ人なのにな

125 :名無しのひみつ:2006/05/09(火) 14:58:15 ID:j+dup1eU
ユダヤ人の定義は「ユダヤ教徒であること」だから
それ以前のユダヤ教を否定した時点でイエスはユダヤ人ではない。
キリスト教徒がユダヤ人を敵視するのはユダの裏切りとはなんの関係もなく
最初から新約聖書の教義に含まれてるわけだ。
プロテスタントがバチカンを敵視するようなもの。

126 :名無しのひみつ:2006/05/09(火) 17:18:28 ID:yc6MX0As
イエスは新約聖書なんて見たことも聞いたことも
もちろん読んだこともないわけだ。読んだら、
誰だ、こんなあほうなことを言った奴は、とでも
言うだろう。

127 :名無しのひみつ:2006/05/09(火) 21:40:16 ID:jTRii7e5
福音書も使徒の手紙も当時の信者の要望及び必要に応じて書かれた。
ゆえに熱心な信者がもし速やかに生まれなかったなら、新約聖書は全く異なったものに
なっただろう。福音書を愛読する人は記されなかったキリストのわざや言葉について
更に知りたがっただろうが、使徒ヨハネの死去でそれを正確に伝える人は絶えた。
新約聖書については偽りが全く含まれていないということがいえる。
ユダはまったく世俗的な人間だったので、キリストが神であるとは信じていなかったが
聖なる人だとは分かっていた。彼は地上の権威や力を信奉していたので、それとは程遠いものを選ぶことも
受け入れることも出来なかった。ユダは自分の利にしか関心がなかったのでキリストと一致し得なかったし、
当時の神殿にユダは偽りの約束と引き換えに最悪の役を負わされた。ユダがキリストへの偽りの信仰に留まり、
痛悔せず、自分の利のみに囚われていた事が、彼を絶対悪の描いた悲劇的な終わりに導いた。

128 :名無しのひみつ:2006/05/09(火) 22:57:09 ID:AFKum6MS
キリストDQN説マダー

129 :名無しのひみつ:2006/05/09(火) 23:13:47 ID:TB3EMNrl
自らユダに「裏切れ」と頼んだかどうかは別として、
彼の行為を理解し、はじめから許していたという解釈は
昔からある。遠藤周作もそういう視点で小説書いてる。

130 :名無しのひみつ:2006/05/09(火) 23:46:20 ID:LgWKaHd+
オレオレ、ユダだけど、ホントは悪くないんだよ。

131 :名無しのひみつ:2006/05/10(水) 00:02:07 ID:xp1n4p97
これでユダも成仏できたか (-人-)

132 :千年うんこ ◆UNKOg/MQDY :2006/05/10(水) 01:14:50 ID:nxDuc/Yl
                        ,:'.  /// // // il   l::::l::::::::
                         ,:'   // /l|| ///i l   ,'::::i.i:::::::::
                          ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::
                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l  すべて
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l     シナリオ
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi         通り
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉  
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i


133 :名無しのひみつ:2006/05/10(水) 02:29:15 ID:u8nfwoYU
やらせ番組と同じだな

134 :名無しのひみつ:2006/05/10(水) 09:07:17 ID:Hwkrl9s6
茶番茶番

135 :名無しのひみつ:2006/05/10(水) 22:50:19 ID:5Z2GgCuL
財政管理を担ってたユダ。
イエス、実は裏で金使いまくり。
 ↓
イエス死亡
 ↓
弟子達、財産目的でユダへ詰め寄る。
 ↓
ユダ「師匠、金遣い荒かったから残ってへんわ。」
弟子達「嘘をつけ、隠してるな!さあ金は何処だ!」
 ↓
ユダ、拷問に掛けられ死亡。
弟子達→新しく始めた金儲けの手段(カルト宗教)で腹いせにユダを悪く書きまくり。
 
オ、恐ろしいぃぃ

136 :名無しのひみつ:2006/05/10(水) 23:34:56 ID:QkgjGsQd
>>128
イエスが凡人/狂人/悪人というのは、創作の世界ではアリネタだわな。
ま、いかなる理由にせよ、極刑にされるような人だったわけで、
少なくともイエスを殺した連中にとっては、イエスは極悪人だったんだろう。

とはいえ、聖書の中のイエスはとても賢く、視点がユニークだ。
新約聖書の成立を考えると完全創作とも考えづらいから、それなりにすごい人だったんだろう。

137 :名無しのひみつ:2006/05/10(水) 23:50:28 ID:w/gfCLmA
安彦良和が描いたオールカラーの「イエス」って漫画は面白かったな。

138 :名無しのひみつ:2006/05/11(木) 02:11:03 ID:uLu1B3f9
マリアの処女受胎は、旧約聖書に予言されていることになっているけど、
これってそもそもギリシア語聖書(70人訳聖書)の誤訳が発端だよな。

139 :名無しのひみつ:2006/05/11(木) 04:49:33 ID:hXOS4ODv
太宰治の「駆込み訴え」は面白いよ。
未読の人は読んでみ。長いけど。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/card277.html

140 :名無しのひみつ:2006/05/11(木) 11:34:50 ID:SCOnlD4/
>>138
誤訳した事が神の意志と考えれば、何の矛盾も無いよ。
そもそも誤訳じゃないんだけどね。

てか、マリアは天使とエッチしたんじゃないの?
その上で、男性器の挿入で非処女となると解釈すれば、
マリアは処女で懐妊したという事になる。
じゃないと、マリアがイエス産んでから、ヨハネはマリアを知った(抱いた)
って記述の意味が無くなる。

まあ、予言で「娘が救世主産むよ」って書かれてて、
現実には「娘が救世主産んだよ。それも処女のままで」ってなっただけかもしれんし。

141 :名無しのひみつ:2006/05/11(木) 13:13:17 ID:zFU2nFdu
クリスマスの夜。 みんながキリストの誕生を祝う中で、キリスト一人がうな垂れていた
ユダ「おいおい、こんな夜に何しょげてるんだい?」
キリ「あぁ・・私は罪人だ」
ユダ「いったいどんな罪を?!」
キリ「I'm Real Mother Facker」
ユダ「テラワロスwwww しかも スカルファックかよ!!」

142 :名無しのひみつ:2006/05/11(木) 21:28:31 ID:+DT+qheu
>>140
>ヨハネはマリアを知った(抱いた)
ヨセフじゃねーの?

143 :140:2006/05/11(木) 21:44:30 ID:VSgjzYfl
>>142
そう。
聖書片手に書きながら毎回間違える。はずかしい。

144 :名無しのひみつ:2006/05/11(木) 22:49:10 ID:kygy9fwQ
あ〜、救いたまえ祓いたまえ〜( ^ω^)

145 :名無しのひみつ:2006/05/12(金) 01:11:09 ID:R8ba6It/
はらったまきよったま

146 :名無しのひみつ:2006/05/12(金) 11:03:06 ID:ItBCSwbr
「UD」の烙印!

…それは「ウダ」って読むんだよな。

147 :名無しのひみつ:2006/05/12(金) 12:49:38 ID:Y+QsVpnn
まあ、要するにキリスト教に限らず自分たちのご都合主義でしか宗教は存在せずと
言う事か。しかし現実味のない新約聖書ですら信じてる人もいるんだからね。不思議。

148 :名無しのひみつ:2006/05/12(金) 13:15:08 ID:ZMK8ysAS
>>147
不思議じゃないよ。
多くの人は、そーゆー事実があったと信じてるのではなく、
そこに書かれた物語が表すものを信じてるの。

149 :名無しのひみつ:2006/05/12(金) 14:18:21 ID:JmHwFq3O
ぎゃー国の切支丹たちの多くは聖書の奇跡を事実と信じてる。
科学者ですら、信心深い切支丹として育った人の場合は
ものを考えるときの土台は全て「聖書の内容は事実」を出発点にしている。
聖書の記述は紛れも無い事実なのに、なぜ?…… 
と考える。

150 :名無しのひみつ:2006/05/12(金) 15:28:12 ID:rwH5GOmH

さっき聖書読んでたら、金が錆びるとか書いてあった。
キリストって中卒並。

頭悪すぎ。せめて高校くらい卒業しろよ。

151 :名無しのひみつ:2006/05/12(金) 15:38:45 ID:MjFuljAb
大工だからしょうがないよ。

152 :名無しのひみつ:2006/05/12(金) 17:50:56 ID:dQ1eUAEH
>>127
福音書の著者で、実際にイエスをみたやつなんていないんじゃない。
すべて伝聞で、それも都合良く脚色された伝聞で、書いてるよ。
たぶん書き下ろす際に、さらに脚色を入れてるから、イエスが
読んだらぶっ飛ぶよ。

153 :名無しのひみつ:2006/05/12(金) 18:10:39 ID:mUWkDuNi
>>151
(#´Д`)大工バカにすんな

154 :名無しのひみつ:2006/05/12(金) 18:25:22 ID:N1ej8DNy
そうだ!小学校の先生もな、大工はアフォがしる仕事だ!っていってたぞ!

155 :名無しのひみつ:2006/05/12(金) 18:27:02 ID:V4OoYtoo
ユダ公の神様が現代に降臨すれば問題なし
どこいったのさ、ヤハウェとかいう香具師は

156 :名無しのひみつ:2006/05/12(金) 18:31:44 ID:25wZmNgb
北斗の拳も書き直しだな

157 :名無しのひみつ:2006/05/12(金) 22:58:22 ID:DnvVu1MH
>>155
イエスが仲間と共にチェンソーで人間を支配してた神を倒した。
これで人は自由になったと皆で喜んでた矢先、仲間からの裏切りでイエスも倒れた。
そして神に代わり教会が人間を支配するようになった。
教会の話によると裏切り者はユダだったらしい。

158 :名無しのひみつ:2006/05/12(金) 23:31:27 ID:CLFU2z//
イエスなど最初からいなかった・・・
すべては聖書という人気小説から始まった・・・

159 :名無しのひみつ:2006/05/12(金) 23:45:01 ID:GystG2q+
そう、おれはこの世でだれより も強く、 そして美しい!

160 :名無しのひみつ:2006/05/13(土) 00:01:58 ID:xU2rb8Vl
災いなるかなバビロン
そのもろもろの神の像は砕けて地に伏したり

161 :名無しのひみつ:2006/05/13(土) 00:04:09 ID:XxRd/4Qt
長州小力「裏切って無いスよ!」

162 :名無しのひみつ:2006/05/13(土) 01:02:57 ID:u4Qc5TWZ
そう、すべてジャギが悪い。

163 :名無しのひみつ:2006/05/13(土) 01:09:41 ID:+XT+9EbW
>>150
ラクダが針の穴を通るとか言ってる人の言葉を、文字通り受け取るな。

164 :名無しのひみつ:2006/05/13(土) 01:13:58 ID:x6bk5Brv
これと全く同じこと考えてた

165 :名無しのひみつ:2006/05/13(土) 06:59:03 ID:+XT+9EbW
「眼の中に丸太が入っている」なんてのもあったな。あれはあの人の芸風だから。

166 :名無しのひみつ:2006/05/13(土) 13:09:14 ID:EAYiTI2p
庭には二派、裏切りにはユダの庭番がにわかにいる。

167 :名無しのひみつ:2006/05/13(土) 17:23:16 ID:/ZzSUcEC
ユダヤ人は歴史まで変えようとしてるのか。


168 :名無しのひみつ:2006/05/13(土) 18:30:59 ID:tlnbc4rz
こんなのとっくに漫画の中で描かれてるよw

169 :名無しのひみつ:2006/05/14(日) 18:11:58 ID:Wab4fjFG
それ以前にルシフェルって本当に堕天使なのか?何かユダっぽい気がするぞ。

170 :名無しのひみつ:2006/05/14(日) 19:23:59 ID:4lSVT5WQ
>>140マリアが処女のまま受胎したって逸話は誤訳が発端だ。
ちゃんと調べれww

>>150大昔に純金が存在したと思うか?
当時の金は鉄を多く含む為に赤く錆びるのは常識だww
藻前はまず高校くらい入学してから(ry


と、厨学生の漏れが釣られてみる

171 :名無しのひみつ:2006/05/14(日) 21:52:17 ID:U9FFdOpI
j実は世界最古の福音書はキリストが生まれるはるか以前
しかも今のところ見つかっている文字としては世界最古のものなのですよ
有名なギルがメッシュ叙事詩ですがね
このことから考えてキリストは架空の人物で大昔から言われている伝説や
いましめのための物語を集めたものが福音所なのでしょう

172 :名無しさん@恐縮です:2006/05/14(日) 22:32:18 ID:Vdkh4VCH
日曜のこの時間って無性に聖書を読みたくなるんだが...

173 :名無しのひみつ:2006/05/14(日) 22:49:16 ID:yLBfxiln
>>170
誤訳は旧約。
マリアの処女懐妊は新約。
これを誤訳を元にした創作とするか、本意以上の出来事が起きたかは不明。
チラッとじゃなく、もっと調べれ。

調べたところ、↑もググれば出てくることじゃねーか。
あとエジプト文明くらい知っとけ。

174 :名無しのひみつ:2006/05/14(日) 22:59:20 ID:FLWXr/5/
これの番組CSで見たけど、面白かったよ。

175 :名無しのひみつ:2006/05/14(日) 23:50:31 ID:3wfzvldD
>>170
つまり純金の存在すら知らなかった馬鹿が神を語ってた訳だよね。
やっぱり厨房でしょ。

176 :名無しのひみつ:2006/05/15(月) 07:27:50 ID:8aS5Yb8y
>>175
聖書は、当時の人々に語った言葉だ、という視点が抜けてるよ。
聞き手の知らないことを例え話に使うのは、そっちが厨房だと思うが。

177 :名無しのひみつ:2006/05/15(月) 09:42:52 ID:5lXt5T8A
>ま、いかなる理由にせよ、極刑にされるような人だったわけで、

そこで共謀罪ですよ。
国家転覆を企むと言いがかりをつければ、
証拠もなく逮捕監禁できるのがこれからの日本。
まるで将軍様の国のようだ。

178 :名無しのひみつ:2006/05/15(月) 10:55:55 ID:iLBt+ZGJ
日本でも、アメリカでも赤狩りという名で証拠もなく逮捕監禁された人はいっぱいいますが?

179 :名無しのひみつ:2006/05/15(月) 11:00:51 ID:iLBt+ZGJ
そりゃもうひどいもんですよ
共産系の新聞を読んだだの本を読んだだので逮捕される
しまいには親族が学生時代に集会に参加した記録があるってだけで逮捕される
まるで将軍様の国のようですね

180 :名無しのひみつ:2006/05/15(月) 12:06:04 ID:l7kafhcG
●ナザレのイエスだけどなんか質問ある?
http://www.nyasoku.com/archives/50444350.html#entry

181 :名無しのひみつ:2006/05/15(月) 14:17:49 ID:HuDIlA+X
現代の話してどうすんの?>ID:iLBt+ZGJ


182 :名無しのひみつ:2006/05/15(月) 14:57:33 ID:D3jdBh02
>>171
ギルガメッシュは実在の人物とも言われてる。
キリストが実在していたとしても不思議ではない。

文字を読める人がごく僅かだった時代に、ソースはこれね、
って言われれば、下々の人は信じるしかないよね。
「マジで?イエスすげぇー!」
みたいな感じだったんだよ。きっと。

宗教はノリだよ。ノリ。

183 :170:2006/05/15(月) 20:11:28 ID:3zKSbP3D
>>173新約も旧約も関係ないんだってのww
『処女』が誤訳なのよ。
お前ほんとに調べたのか?ww

あと、エジプト文明がどうしたって?
ちなみにエジプト文明の史跡から発掘される金は、大半が赤みを帯び
ているが(もちろん鉄錆の赤色)・・・
で?エジプト文明がなんですか?www

184 :名無しのひみつ:2006/05/15(月) 22:02:10 ID:uaR9+BX7
聖書の記述が正しければ、イエスの処刑は確かに言いがかり、証拠無しの冤罪なんだけど、
処刑する側から見れば、十分、極刑に値することをしてたんじゃないかな。
それが仮に、外野から見たら、理不尽極まる理屈であったとしても。
繰り返すが、少なくともイエスを殺した連中にとっては、イエスは極悪人だったんだろう。

イエスがホントのホントに冤罪、という可能性は、考えんかったなあw
処刑身代わり説とかあるから、絶対無いとは言えないか

185 :名無しのひみつ:2006/05/15(月) 22:06:18 ID:1ePcx2nE
大工の息子が妄想を語って若者を煽動したとか。
何とでも言えそうだけど、真相は土の中。

186 :名無しのひみつ:2006/05/15(月) 22:27:11 ID:3zKSbP3D
イエズスは教会批判や聖書主義批判を繰り返してたからね。
教会や聖書は法だから、イエズスは法を犯してたわけ。
しかも何度も警告を受けながらやめなかった。
極刑も仕方ないだろーね。
しかも本人は極刑に処されることを解っててやってたんだから。

187 :名無しのひみつ:2006/05/16(火) 07:55:47 ID:LkUYBgYK
自分はすべての王だと言ってりゃ、残虐非道のローマ皇帝が黙ってるわけねーだよw

188 :名無しのひみつ:2006/05/16(火) 11:31:41 ID:SyNTOGa9
まぁ、当時にしてみりゃ怪しい新興宗教だったわけで

おーむとかその辺だろ?
しかもキリストを信奉してた連中って、かなりの過激派だったという話もある。

189 :名無しのひみつ:2006/05/16(火) 13:29:18 ID:HPm0p1hj
>>188全然違う。

当時、ユダヤ人の誰もが信じていて生活の一部になっていたユダヤ教の
カリスマリーダー(洗礼者ヨハネ)の高弟にして、
ローマに政治的に支配された状況での、王位を失ったダビデ族王家の生まれ。

ただし、出生状況には問題があり、(婚約時=正式な結婚前に懐妊)正統な
王位継承者(と言っても形式的なもの。王子のヨセフさえ大工をしているのだから。)
の資格があるか否かは、派閥によって解釈がことなった。
(例:ルールに厳格な立法学者・ファリサイ派は、王位継承権を認めない。)

王位の資格があると考えている人たちにとっては、
『ダビデ家の王が立ってユダヤが独立する』という彼らの期待を一身に背負った人だ。

190 :名無しのひみつ:2006/05/16(火) 13:51:43 ID:HPm0p1hj
>>170
「未婚の女性」と「処女」が同じ単語であるからね。

ただ誤訳という意見には賛成しない。
意図的に一般人が誤解するように書いたんだ。

つまり「まだ未婚の女性でありながら妊娠した」
という事実をそのまま書き記すと共に、
「うほっ、処女が!?」と世の男性に興味を持たせたり、
イエスに対して神秘性を感じさせたりする目的もあったと考えられる。


実は、ユダの福音書が指摘している点は、
ヨハネの福音書にも書いてある。

ユダのことをイエスが選んだことや、
ユダに実行の開始の合図を送っていることは
ハッキリと書いてある。

しかし、これも意図的に誤解するように書かれている
(イエスが神通力で未来を見通しているかのように解釈可能な演出がある)
ので、不自然に感じない。


聖書はこのようにファンタジーを期待する人には
ファンタジーを提供しつつも、ノンフィクションを期待する人には
真実を伝えようという意図で書かれている。聖書にも
「喩え話のように見えるが喩え話じゃない」的なイエスの発言がある。

191 :名無しのひみつ:2006/05/16(火) 14:22:42 ID:T1lRjueW
ダビデの血筋ってのはメシアとして箔をつけるための潤色でしょ。

192 :名無しのひみつ:2006/05/16(火) 14:51:40 ID:WgiJASic
>>190の知識と作文能力の高さに感服。

>>191
潤色なんて見た事も聞いた事もなかったので広辞苑で調べてみたw

193 :名無しのひみつ:2006/05/16(火) 17:11:10 ID:XRE3Jjjc
聖書外典偽典・グノーシス文書総合スレッド
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1147765258/

194 :名無しのひみつ:2006/05/16(火) 17:23:41 ID:8hcOYj8Y
>>170>>173>>183>>190
皆さんの「処女」の話、微妙に違いますよ。
使徒教父の一人、殉教者ユスティヌスの著した「トリュフォンとの対話」の中に、
「ヘブライ語(もちろん旧約)聖書には「おとめが…」と書かれており、
これはヒゼキヤ王(ユダ王国の王のひとり)の誕生を表している」
とのユダヤ人トリュフォンの主張に対し、
「ギリシャ語セプトゥアギンタ(七十人訳、ギリシャ語訳の旧約聖書)に「処女」とあり、
あいまいなヘブライ語(実はギリシャ語も)の意味はイエス・キリストの誕生により(真の意味が)明らかになったのだ」
とユスティヌスが言う場面が出てきます。
実際、「おとめ」を「処女」と訳しても間違いではなく、
ギリシャ語、ヘブライ語ともに、
「若くて未婚だが非処女」
の女性にはもっと他の呼び方がされていたようです。


195 :194:2006/05/16(火) 17:58:52 ID:8hcOYj8Y
つまり
「マリヤが処女であってもなくても、
「イエスが旧約の預言の成就である」
ことは言えるが、
「イエスが処女から産まれた」ことは、
従来ユダヤの中にある「マシーアハ(メシア、油注がれた者、普通に「王」の意)」
とは違う意義もイエスに持たせた。
つまりイエスはいわゆる「アダムの罪」から自由な唯一の者であり、
人間の普遍的な罪を扱う
「真の大祭司」、
また普遍的な罪を贖う
「犠牲の子羊」
の意味を持つことが今や明らかにされた。
これはユダヤ教が結局
「律法を四角四面に守るために勝手な解釈を重ね、
結局律法を奇妙に歪んだものとしてしまった」
ことを新たにし、また糺すものである」
ということです。

…と、昔からキリスト教会内では言われてるんですけどね。


196 :195:2006/05/16(火) 18:14:46 ID:8hcOYj8Y
…と、ここまで書いて気がついたのですが。
「処女懐胎」の話は厳密にはスレ違いでしたね。
スレ違い長文すまんかった(m_m)


197 :功利主義快楽選択派 ◆6l0h3RGfTY :2006/05/16(火) 18:19:41 ID:wndGEcss
>>195
無茶苦茶いい加減な事言ってるよね。
問題はマリアが処女だったかどうかだから、
生理学的に調査するべきでしょ、それから議論が始まるのに、
処女だとしたら、処女じゃなかったら、から議論始めてるのは
かなりキチガイ入ってるよ。

馬鹿じゃないの?

198 :名無しのひみつ:2006/05/16(火) 18:29:28 ID:8hcOYj8Y
>>197
ハハハ、まあ確かにそうで、
結局このキリスト教の主張をどう考えるかは、
「処女懐胎を本当だと思うかどうか」
ってことになるんで。
だからユダが
「裏切りでキリストを引き渡したのではない」
としたら、
当時のユダヤ教的な価値観で生きて考えた弟子たちの中で唯一ユダだけは
「イエスの(贖いの子羊の)役目と考えを正確に理解していた」
ということになる、
ってことで騒がれてるのがこの「ユダの福音書」の一つの話題なんではないの?


199 :功利主義快楽選択派 ◆6l0h3RGfTY :2006/05/16(火) 18:33:35 ID:wndGEcss
>>198
>結局このキリスト教の主張をどう考えるかは、
>「処女懐胎を本当だと思うかどうか」

違うって、ここから議論始めるのがおかしいって話で、
マリアの生殖器を調査した話とか、そこを問題にするべきで、
それらの証拠が無い以上、議論に値しない訳。
「有り得ない」以上終了。

せめて傍証位有れば良いんだけどね。
キリストには弟までいたのに、なんで処女とか言ってるのか、
わけわからない。

200 :名無しのひみつ:2006/05/16(火) 18:35:26 ID:8hcOYj8Y
>>197
それに、君は
「生理学的な調査ですでに結論出てる」
ような言い方してるけど、
それは
「処女懐胎なんて医学的にありえない(?)、
だから処女懐胎なんてない」
ってことで、
実際にマリヤやイエスを見たり調査したわけではなかろ?
「傍証がない」
なら
「肯定も否定もできない」
わけで。
なに熱くなってんの?(笑)


201 :名無しのひみつ:2006/05/16(火) 18:39:00 ID:8hcOYj8Y
>>199
まあ、確かにこの話題は終了させた方がよかろうね。
「ユダの福音書」の話と
「処女懐胎」の話は、
一応どちらもキリスト教関係の話ではあるけれど、直接関係はしてないし。
お互いスレの話題には気をつけようや(^O^)


202 :功利主義快楽選択派 ◆6l0h3RGfTY :2006/05/16(火) 18:50:00 ID:wndGEcss
>>200
>「肯定も否定もできない」
>わけで。
否定するしかないわけ。

肯定させるには、せめて、文献資料とかで医学的に処女だったという傍証が有れば、
議論には値すると思う。
嘘つきの言葉を真に受けて、処女だ、違う、と議論する事には意味がないという話。

ユダの話も、科学ニュース板で議論できるのは、12使途の段階で派閥に
分裂してたんだね。が精一杯。
キリストの教え云々は、キリストとその使途がキチガイと言う事が明らかなので
議論にならない。

203 :名無しのひみつ:2006/05/16(火) 19:08:25 ID:8hcOYj8Y
>>202
まあ、確かにこの「ユダの福音書」の話題は、
科学ニュース板での話題は限られますね。
「処女懐胎」は「再現性」も「聖書以外の資料」もほとんどないですし。


204 :名無しのひみつ:2006/05/16(火) 19:53:45 ID:T1lRjueW
>>202
>ユダの話も、科学ニュース板で議論できるのは、12使途の段階で派閥に
>分裂してたんだね。が精一杯。

それも微妙だよね。ユダの福音書の内容はすでに「裏切り者ユダ」の評価が
定着していることを示している。もちろん従来の福音書におけるイエスが
自分の処刑を知っていたかのように描かれるのといっしょで、ユダは
自分が他の12人に迫害される幻をみるという筋書きになってるけど、
こういうのを文字通り未来予知の記録として受け取るのでなければ、あとから
作られた話と考えるのが普通。

おそらくヨハネ福音書より後に書かれ、独自のユダ伝承などをもとにしたわけでは
なさそう。

ヨハネ福音書がグノーシス派で人気のあった福音書であるという点。ヨハネでは
イエスがユダの裏切りを後押しすると受け取れる点から考えて、

ヨハネ福音書をベースにストーリーを考えたのではないかと思える。

205 :名無しのひみつ:2006/05/16(火) 20:48:24 ID:T1lRjueW
処女懐胎については、ホントならすげー奇跡なんだけど、
どういうわけかパウロもマルコも一言も触れていない。


この話は例の系図といっしょにマタイ福音書で初めて登場する。
マタイがユダヤ人向けの福音書であることもあって、これはダビデの血筋
と預言成就としてのメシアの誕生に説得力を持たせる部分。

206 :名無しのひみつ:2006/05/16(火) 21:10:42 ID:IbdYtTk+
使徒にはキリストの復活の後、聖霊降臨が予定されていた。
ユダはそれにふさわしくなかったので、キリストはユダには特に
目をかけておられた。ユダは力が強く美男子で弁舌も長けていたそうだが、
傲慢さが抜けないので、彼にふさわしい場所に戻そうと図っておられたようだ。
ユダは金袋を握る立場を望み、それがキリストに許されたことが、裏目に出た。
彼は貧しさを嫌い、自身の才覚で貢献しようと考えていたので、彼は当時の神殿には
望ましい者になりえたが。ただユダは英雄を夢見る気風もあったし、救世主を待ち望んでもいた。
彼はどちらかを手放せば良かったのだが。




207 :名無しのひみつ:2006/05/16(火) 23:30:18 ID:rRp/dlRG
おまえらが何をそんなに熱く語ってるのかわからんが
とりあえず俺は処女が好き

208 :名無しのひみつ:2006/05/16(火) 23:53:38 ID:KvvxI2HU
ヨハネによると、神様はそのへんの石ころからでも、処女を創れるらしいぞ。

209 :名無しのひみつ:2006/05/17(水) 00:42:52 ID:EE7PXRvt
材料が無いと作れないところが微妙

210 :名無しのひみつ:2006/05/17(水) 01:19:11 ID:6Il8QfNy
等価交換だね。

211 :名無しのひみつ:2006/05/17(水) 02:04:40 ID:7b7Gz8ph
このスレの人みていると、世の中にはすごい頭のいい
ものしりがいるんですね

212 :ムスカリーナ:2006/05/17(水) 05:38:27 ID:IbfHrsco
マタイの福音書の第1章は大工のヨハネの血筋。
マリアは処女受胎だから、ヨハネとは関係なし。
従って、イエスがダビデの血を引いていることはない
というのがこの章の読み方。そうすれば、ユダの福音書
の意味も解ってくる。


213 :名無しのひみつ:2006/05/17(水) 07:23:22 ID:tDCDUlT+
あの、ヨセフでは?

214 :名無しのひみつ:2006/05/17(水) 08:08:49 ID:D8+Q3Jfs
>>210
石ころと処女って等価値じゃないのでは

215 :名無しのひみつ:2006/05/17(水) 08:29:18 ID:heOKnXNp
キリストが貼り付けになって「神はどうして自分を見捨てたの」とか言ってる時点でキリスト教はなんの力もないことが分かるじゃん。
作り事なんだよ。キリスト教で一生懸命祈っても報われないのはなんでよ

216 :名無しのひみつ:2006/05/17(水) 08:33:20 ID:/3WaWiQ8
でも神は土から男を創り、肋骨から女を創造してる。
普通に等価交換じゃないが、できるんじゃないか?

今、カトリックの正式な見解では、かなり無理やり進化論にこじつけてはいるがw

217 :名無しのひみつ:2006/05/17(水) 12:19:03 ID:fqLaOH1c
聖書に書かれてる物語を事実と思ってるからおかしくなるんだよ。
実話を元に脚色していったフィクションだろ。

西遊記で三蔵が旅したのは事実だけど、妖怪退治なんかしてない。
でも西遊記は事実だ、化け猿と豚と河童もいたんだと信じてるのと一緒。

218 :名無しのひみつ:2006/05/17(水) 12:38:28 ID:Y/P+eBhE
処女懐妊なんて、イエスが神の子と言い張る為の名目だろうしね、新興カルト(当時)の教祖は大変だ。
でなきゃ婚前交渉の言い訳。

219 :名無しのひみつ:2006/05/17(水) 19:06:41 ID:UqTBl78J
子供に言い聞かせる寓話や童話がすべて事実だなんて思ってるやつはいない
ただ子供がそれを事実だと思い込むことによる弊害はなんら問題ではない
その物語に含まれる本当の意味を理解し、良識というものを身に着けてさえくれればいい
そういう気持ちで親は子供に物語を言い聞かせる

イエスが親ならば我々は子供なのである

220 :名無しのひみつ:2006/05/17(水) 19:29:17 ID:kzcajHRu
じゃあ一緒に中だししようぜ。マリア像の前でな。

221 :名無しのひみつ:2006/05/17(水) 19:47:28 ID:cdU2+Bop
問題ない

222 :名無しのひみつ:2006/05/17(水) 23:15:58 ID:R4hb3cob
>>215
そもそもアダムとイブからして、神様裏切れないよう創ればよかったのにね。
だったら、人間はずっと楽園で幸せに暮らしてたわけで。

なんか、神様=困ったときに超常現象で人間を助けてくれるドラえもんみたいなもの、
みたいな意識があるんかな。
旧約や新約の神は、確かにそう言う面もあるけど、そればかりでもないんだがなあ。

223 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 01:28:39 ID:mkTkfGyy
>>222
神は欠陥がある自らに似せて、欠陥があるヒトを作ったんだよ。

それに、そそのかして裏切らせるヘビ作ったのも神様。
それが神の意志。

224 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 01:46:55 ID:fgvVZd6D
神なんてとっくの昔に死んでるよ

225 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 05:30:13 ID:Rnac1ATj
こういうスレでは必ず神はいないとムキになるやつが沸くんだよな
神がいるかどうかは別に論点でもないし
キリスト教の一派のバチカンの主張が間違いということなだけだしね
世の中神がいると困るようなかわいそうな人がいっぱいいるのですね
生き方を変えるのは今からでも遅くはないですよ

226 :& ◆UPOIFcNMDY :2006/05/18(木) 05:36:19 ID:XvxLV45y
神にお願いはしない。
神にすることは感謝のみ。

227 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 06:21:39 ID:1F0qtfaW
>>223
娯楽(の道具)と言ったほうがイイんじゃないか?

228 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 06:44:42 ID:kSnOS86h
人がコンピュータ作ったように神も人を作ったの。
便利な道具として作ったのにやがて、、、

229 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 08:54:58 ID:0t58Suwo
頼むぜ加速の神様

230 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 09:18:29 ID:5ABQxMkk
キリスト教の神様がいるとしたらふざけた奴だよな。
もし姿現そうものなら人類は総がかりで神様ぶっ殺すべきだよ。

231 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 11:48:58 ID:SZ7q3mT/
>>215
そのあとに 「なーんてな☆」 って続くよ。 聖書読んでみ。

>>230
とりあえず、俺はチェーンソー用意しておくよ。

232 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 14:22:57 ID:dRMrBaG9
>>224
悪魔も去ったw


神なんて2ちゃんねるにならいくらでもいるじゃん。
よく降臨してる。

233 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 15:35:08 ID:J/07KxKs
神を否定すると歴史が書けないがな。

234 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 15:55:56 ID:fvuE73ur
|つ【紙】

235 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 16:33:16 ID:0t58Suwo
ブルースブラザーズも加速の神様のおかげで逃走に成功したじゃないか

236 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 18:27:09 ID:0YVr6arN
>>222
神様=困ったとき助けてくれるドラえもんみたいなものってのは
日本人特有の仏教的な考えだよ。

キリスト教の神様は人間にとっての絶対者。
羊と羊飼い、家畜と飼い主の関係。

人に出来るのは神に従順に従うこと
レイプされたり殺されたり嫌なことがあっても
神の意思だから逆らわない。

お祈りはしたっていいけど、
神がそれを聞き入れてくれるかは分からない。
人が祈りで神を動かすなんて出来ないから。

仏教では仏様が助けてあげるよと約束してくれてるから
願いが届けば助けてくれる。

237 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 18:57:35 ID:dpmOUEpB
>>236何を根拠に日本人特有とか言ってるの?

238 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 19:21:09 ID:Rnac1ATj
仏教はインドから始まり中国から日本に入ってきたものです
これは有名な三蔵 玄奘が中国へ持ち帰り翻訳
その弟子が日本へ持ち帰り、源氏により日本に広められました
平家との戦争は宗教戦争でした

239 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 19:28:27 ID:Rnac1ATj
仏教の基本的な考え方は和です
人の行いは常にめぐりいずれ自分に帰ってきます
なので助け合うことをしましょうと言っています

キリスト教では神は絶対的な存在です
逆らえば地獄行きです
神はどこにいても見張っています
なので助け合うことをしましょうと言っています

240 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 19:48:36 ID:Gknw6cUi
でも これだと俺の聖書(北斗の拳)のユダがおかしくなるからだめ

241 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 20:16:23 ID:CIyvk/GQ
ちょwwwwwユリア万歳wwww

242 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 21:13:07 ID:dpmOUEpB
>>238関係ない話だけど、中国は最近できたばかりの新興国家だ。
中国じゃなくて支那(China)と言えば間違いじゃない。

243 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 21:18:40 ID:dpmOUEpB
てか、日本て仏教国じゃないんだけどなー。。
日本の宗教観は、もっと懐が深いんだよ。
日本は世界的にみても珍しいほど長い歴史を持つ国だからね。

244 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 21:33:43 ID:wuxDRGuV
宗教なんてかっこいいものは無くて、あるのは信仰のみ。

245 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 22:25:37 ID:lBOpD41q
>>236
>神様=困ったとき助けてくれるドラえもんみたいなものってのは
>日本人特有の仏教的な考えだよ。
竜退治をするキリスト教聖者の伝説とか、ルルドの泉信仰とか、
「**になりますように」というお祈りの文句とか、
困ったときの神頼みは万国共通ですよ。

246 :名無しのひみつ:2006/05/18(木) 22:26:37 ID:lBOpD41q
>>244
経済なんてかっこいいものは無くて、あるのはゼニだけ。

247 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 00:16:24 ID:tZnAoaRf
昔の日本でキリスト教が弾圧された原因はその考えかたにあります
なんせ神が常に見張ってて悪いことをすれば地獄行きですから
封建社会がメインで民を虐げている上位階級の人間にとってこんな恐ろしいことはありません
生活そのものがすでに悪行になっているからです
かといってそれをやめれば生活していけないのです
仏教は死んだらそれまでの世界ですから、悪行してようがかまわないのです

現代にもキリストに恐怖するようなかわいそうな人が多いみたいですねw

248 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 00:32:41 ID:DJYZooIx
とりあえず、247がキリスト教も仏教も知らないのは分かった。

249 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 00:52:33 ID:mQgErZ21
キリスト教の悪いところは、神様が悪魔を一緒に連れてきちゃうところだな

250 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 02:27:00 ID:CalVIzXm
そして神の意志なら、殺人でも略奪でも何をしても、幸いなのです。

251 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 04:12:58 ID:aS14nIS8
キリスト教から分派した後世の弟子同士の宗教戦争に負けただけだろ。ユダ派は。

252 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 04:38:02 ID:R3xYnxD8
調子が良いので冗談を言います。

どうでもいいですよ♪

253 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 07:50:38 ID:DJYZooIx
その割にageてたり。

254 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 11:31:03 ID:F+MrAV2Z
>>247
お前は阿呆だ。

地獄極楽の思想は仏教にもあるよ。
極楽は、鳩摩羅什って坊さんがサンスクリットの仏典を漢字に直すときに、忍びこませた用語だったりする

この鳩摩羅什さんも苦労した人でねぇ・・・(ry

255 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 11:41:08 ID:EG3Vh5JU
>>243
そうそう基本的にアニミズムっぽいのが平均的日本人の死生観。
車にだって船にだってロケットにだって魂がやどる...なんとなく...

256 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 11:49:11 ID:TtgI+xWe
http://enquete.nechira.com/?mode=vote&vno=24c9bdc2ea1122140498

結婚のとき、何を見る。処女、非処女。
中古女が日本に増えたので男が結婚しなくなった。

257 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 12:02:50 ID:tZnAoaRf
日本の宗教の歴史はもともとは神教で
奈良時代に仏教が普及
江戸時代に儒教が入る
明治になると神道が入る

神教:天皇ばんざい
仏教:祈ればゆるします
儒教:人はこう生きるべきである
神道:死んでもなを魂があり、呪うこともできちゃう


258 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 12:03:40 ID:blHVMMKp
仏陀は腋の下から生まれてきたのだが

259 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 12:05:20 ID:x7viXi18
このナショナル・ジオグラフィックから出る新刊本「ユダの福音書を追え」
書店で注文したら「すいません、第一刷分は全て予約済みで、今増刷の
手続き中なので、あと一ヶ月ほどかかるそうなんですが」とのこと。

結構みんな好きだね。

260 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 12:09:22 ID:tZnAoaRf
出版数が少ないだけでは?w

261 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 12:18:08 ID:EG3Vh5JU
麻原も他人をポアするくらいなら、ここでのイエスのように
自分自身をポアさせたら歴史にのこる教祖になったんだが...

ところで買ったの5日前だけど2刷だたよ。

262 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 14:18:32 ID:felE5U5N
>>257
神教と神道が逆じゃないか?

神教:死んでもなを魂があり、呪うこともできちゃう
(国家)神道:天皇ばんざい

263 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 14:27:31 ID:RngTCp+W
>>247
欧米植民地主義の尖兵だったから嫌われたのが理解できないカス
神は汝の思い込みの為に存在するのではない

理解できたら回線切ってLANケーブル引っこ抜いてわっか作って首つって地獄行きな

264 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 16:23:09 ID:xSfCq+pE
つまりゴルゴダの丘の磔、復活という一連の出来事が
イエスによる命がけのヤラセだったということか?

265 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 17:05:15 ID:fx/dgcgT
ちょっと妄想してみる

1.ユダに裏切り台本を持ちかける。
 裏切りで貼り付けになって身代わりが死ぬけど復活を予言しておく。次に、
 後でひょっこり本物が現れて復活の予言が当たり祭発生
2.ユダは台本にうんざりして本当にキリストを磔にしてしまう
3.オレオレイエスが現れて真実を知るユダを始末する

266 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 17:06:41 ID:A/RXFOmb
>>264

あっ、それはね、
イエスの死後、教団の主導権を巡って、
イエスの親族とイエスの弟子たちが対立。
結局、イエスの親族は、イエスの遺体の引渡しを条件に、
教団から手を引いた。
その結果、イエスの弟子たちは、イエスの遺体が突然消えたことについて、
信者に説明しなければならなくなったのさ。

言っておくが、これは俺ソースね。

267 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 17:19:44 ID:A/RXFOmb
あっ、ついでに言えば、
イエスの親族とイエスの弟子たちが対立したのは、
イエスが生前に、自分自身の教えを記した文書「イエス福音書」を
どう取り扱うか、ということをめぐってのものだった。

これも俺ソースね。

268 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 17:34:45 ID:2jxjpNKG
無神教徒でも、神は自分の中に存在するのでは?
神様、仏様って自分の中の良心なんだと思う。

だからずっと見てるし、酷い事したら、自分が傷つくし、
それを見ない振りしていると、自分が無くなるんだろうと思う。

それだけ。

269 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 17:59:49 ID:0xL9PUlS
仏教ではそんな感じだね。
藤子不二雄もドラえもんで例えてるけど
困った時に助けてくれる人は身近にいる。
それは人の中に仏様が宿っているから。

仏教は悟りを開く=自分の中の仏を探し、
如来=神になるための宗教。

仏教は修業時代の苦しむ普通の人間シャカを
見てきたから人は仏になれると考えた。

キリスト教はイエスの修業時代を誰も見てないから、
イエスは特別な人間だと皆が考えた。

同じように神になった二人だけど、
こんな違いがあったんじゃないかと思う。

270 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 18:36:49 ID:LCwqCxOM
どんなに不条理なことでもとりあえず神の名を出せばなんとなく説明がつく。
説明がつかない気持ち悪さを取り除くためなら神という存在を肯定するのも厭わない。

神の名のもとに群れてみると、これが案外気持ちよかった。幸運にも異教徒の存在が
群れの結束感をよりいっそう増してくれた。

民族紛争というと野蛮で下等な感じがするが、宗教対立ということにすれば殺戮を
犯してもなんとなく罪悪感が薄れる。欲に惑わされず信念に基づき行動する喜び!

群れが大きくなりすぎて得られるメリットが薄まると、群れを分割する知恵、宗派
を発明し、他の群れを喰い物にすることが可能に!あくまでも信念に基づいた行動。

群れは権威が大好きなのでせっせと経典と儀式とヒエラルキー構造に磨きをかける。
気が付くと変な帽子をかぶったり、奇抜な衣装をまとうようになっていた。

宗教がこれほどまでに生き長らえてこれたのは人間にとって都合の良い道具だったから
に他ならない。神の祝福を。

271 :名無しのひみつ:2006/05/19(金) 20:20:38 ID:qAy2Gk49
>>269如来などの仏教神話は厳密に言うと仏教とは関係ない。
仏(仏陀)と云うのは平易に表現すれば、究極の存在と云う意味。
誤解を恐れずに言えば、『絶対神』『唯一神』的意味合いをも持つ。

272 :名無しのひみつ:2006/05/20(土) 10:42:09 ID:1K2qsFpI
>>268
日本人の「無神論的」と欧米の神殺しの無神論者は違うしな。
昔から言う『御天道様が見てる』ってのが実際的にもいいような気がする。

273 :名無しのひみつ:2006/05/20(土) 21:29:03 ID:8kNH37xK
>>268
まさにその部分だけは真誰も疑いようもなく実なわけです
しかし、それはある程度教養があるからわかることで、教養のない人間にはわかりません
宗教とはそういったことを無教養の人間にも理解できるようにするためのものだと思います



274 :名無しのひみつ:2006/05/21(日) 10:19:02 ID:y7oAerH7
奇跡認定って、相談してるとこ見てみたい
吹き出しそうになる気がするけど。




275 :名無しのひみつ:2006/05/24(水) 08:57:29 ID:leivAyQZ
キリスト教と言う名のペトロが始めた宗教団体
イエスの処刑の時逃げ回ってた奴らは悪魔(神と対立するもの)に魂を売らざるおえなくなった
そしてイエスの名を利用して新興宗教を興したわけだ
教義(?)じたいは博愛を装っている(末端の教会などで)

しかしその実態は
魔女狩り、宗教差別(異端迫害)、宗教戦争(異教迫害)、宗教裁判(富と知識と権力の独占)
いまだに秘密主義で一般教徒を騙す為、聖人や奇跡の認定をおこなう
自分たちだけが聖人や奇跡を認定する資格があると主張する(なんたる高慢)
天使のお告げ?神の啓示?

「神に語りかけるのは信心だが 
       
           神の声が聞こえたならそれは妄想だ」

ってモルダーも言ってた

現に2000年もの時が経ったのにキリスト教圏に戦争が無かった世紀は無い
キリスト教が否定してきたグノーシス主義の世界像そのもの
『最後の審判』という名の選民をおこなう為の組織なのだ!!   とか?

276 :名無しのひみつ:2006/05/25(木) 01:50:04 ID:jKeRdz7S
キリスト教は古代からある宗教でもともとは多神教だった
そこに王家の血筋であるキリストが現れ、一神教という概念を強く主張した
そしてローマ人の多くはそれに賛同した
しかし、その弊害として多神教と一神教で対立が起こりローマ帝国は
内乱状態になる
この事態を打開すべく、ローマ皇帝はキリストを処刑する
ローマ皇帝は各宗派の代表者を集め、教義をひとつにまとめるように命令する
こうして出来上がったのが現在の聖書の原型である

277 :名無しのひみつ:2006/05/25(木) 03:34:57 ID:pwTOD+9F
>>275-276
現時点では、裏付けの無い妄想だなあ。
ま、宗教は大なり小なり妄想かもしれんが。

278 :名無しのひみつ:2006/05/25(木) 14:12:46 ID:GddDDoM1
(ドキュメンタリー) [National Geographic Channel] 禁断の聖書 ユダが残した福音書の衝撃.avi 509,164,116 650ae4baac6b2bbd289f774def9a0eec

279 :276:2006/05/26(金) 12:35:17 ID:VBu1lGRo
このときに表向きでは聖書によるキリスト教ひとつに統一され、そのほかの教義はすべて禁止された
しかし多くの宗派は聖書に記載されなかった福音書を隠し持ち、悪魔崇拝や密教という形で
後世に引き継がれている
ユダヤ教やテンプル騎士団などが有名な例だ
そしてレオナルドダヴィンチもそうした密教崇拝者であったという仮説が出ているのが
今話題のダヴィンチコードなのです

280 :名無しのひみつ:2006/05/27(土) 22:48:51 ID:03RpGO59
>>215
>「神はどうして自分を見捨てたの」
それは旧約聖書の詩篇(メシアの預言部分)の暗唱だと何度言えば

参照↓
ttp://dateiwao-id.hp.infoseek.co.jp/shihen.htm

281 :名無しのひみつ:2006/05/28(日) 10:22:42 ID:FfScffbO
>>280
『わが父よ、もしできることでしたら、どうかこの杯を私から過ぎ去らせて下さい。
 しかし私の思いのままにではなく、御心のままになさって下さい。』
つー、ゲッセマネの悲痛な祈りを考えると、死の間際の矛盾する二つの言葉、
「神よ何故私を見捨てるのですか?」と「成し遂げられた」は、両方本音じゃないかと思いまする。
そんな人を教祖にしてるところが、キリスト教らしい、ちゃ、らしいんだけどね。

282 :名無しのひみつ:2006/05/28(日) 15:13:04 ID:hzvkWOL7
>>281
詩篇22編読んだか?
イエスが十字架に掛けられるシーンは
この詩篇の内容を元に描かれてるのは明白なんだが   

283 :名無しのひみつ:2006/05/28(日) 20:57:00 ID:bdqner8x
聖書の言葉はことごとく実現する。
キリストは自分について旧約の預言者が予言した事を
ことごとく実現させる事を念頭に置いていた。
聖書の一言一句といえど疎かに扱わないようにという教訓と模範を
与えると共に、神は言った事を必ず実現させるという慰めを使徒や信徒に
与えるためだった。
処女から生まれると記されていたキリストの母は聖書の奥義を神に次いで
究めていたので、キリストが十字架に磔にされて死去することをキリストが
生まれる時には既に知っていた。ヨゼフは知らなかった。

284 :名無しのひみつ:2006/05/29(月) 00:23:57 ID:nb8YJBsA
>>282
両者は確かに通じるところはあるけれど、「明白」は言い過ぎだと思うなあ。
聖書にそれを補強するような記述あったっけ?
両者が似てるのは、たまたまじゃないかい? ニガヨモギ=チェルノブイリのように。俺はそっちを取るなあ。

285 :名無しのひみつ:2006/05/29(月) 13:45:07 ID:CyoJNGfO
>>284
新約聖書(特に福音書)は「(旧約)聖書の言葉がこれこれこういうふうに成就しました」
ということが書かれた書物であるというのは、
新約聖書をまともに読んだことがある者であれば明白なのだが
ヨハネの福音書にはそのまんま、イエスの最後の言葉に関して
「それは、聖書が全うされるためであった。」とあるよ


ちなみに詩篇22編の場合 メシアの受難、磔、「わたしはかわく」の言葉、
兵士たちがメシアの衣をくじびくシーン等がある
その他で有名なのは詩篇69篇21節の「彼らはわたしの食物に毒を入れ、
わたしのかわいた時に酢を飲ませました」

286 :名無しのひみつ:2006/05/29(月) 21:48:46 ID:nb8YJBsA
>>285
>新約聖書(特に福音書)は「(旧約)聖書の言葉がこれこれこういうふうに成就しました」
>ということが書かれた書物であるというのは、
それ自体は定説で、仰る通りだな。少なくとも編集者にその意思があったことは確かだろう。

で、要は、こういうことだろう?
A)福音書の作者(または編者)は、実際にあった事件や事実を、旧約聖書の預言になぞらえた。
B)福音書の作者は、旧約聖書の預言を元にイエスの生涯を創作した。

俺はA)B)の混在と考えている。
ノストラダムスの大予言と同じで、あんだけ分厚い聖書をひもとけば、
イエスの行動に当てはめることはいくらでも出てくるだろう。
「エリエリレマサバクタニ」のA)の要素が強いと解釈すれば、>>281は全く問題ないわけだな。
>>285は、B)と考えてるのかな。


287 :名無しのひみつ:2006/05/30(火) 09:10:27 ID:pnYrx/dp
>>286
当然B)に決まっている
なぜなら福音書の作者たちは誰一人としてイエスの処刑の場に立ち会っていない
立ち会っていないのになんでそんな細かな台詞がわかるんだよ
また聞きとかはなしね


288 :名無しのひみつ:2006/05/30(火) 09:19:04 ID:Udyid180
アレフの上湯がそんしを裏切るのに似てるね

289 :名無しのひみつ:2006/05/30(火) 09:44:03 ID:gPbOZAs4
>>287
マジでまた聞きらしいが。
処刑の際に横についていた処刑人がキリスト教になってなかったっけ?

290 :名無しのひみつ:2006/05/30(火) 17:47:05 ID:qImNSx0X
>>289
キリストを槍で突き刺した盲目の人がキリストの返り血あびて目が見えるようになって、キリスト教徒になったって話を聞いたことある。

291 :名無しのひみつ:2006/05/30(火) 18:12:45 ID:MDB/9HPr
イエスが預言どおり受難にあったからこそ、キリストであるという信仰が生まれたのに、
その受難は実は本人の「やらせ」であったとするのなら、どうして「福音」と言えるのか?

292 :名無しのひみつ:2006/05/30(火) 18:12:58 ID:haGwD/nR
ゲルモニーーーーーーーーーク

293 :名無しのひみつ:2006/05/30(火) 19:56:18 ID:VK64Zcfq
おうむが毒ガス攻撃を受けているって言ってたのと
似ているね。

294 :名無しのひみつ:2006/05/30(火) 22:40:45 ID:fGXD+OFr
信徒たちの会計係りをしていたユダは
他の信徒がわれがちに退散しても少しもひるまず
主人の釈放運動に力を尽くし
非業の死を遂げた
ような気がする

295 :名無しのひみつ:2006/05/30(火) 22:54:13 ID:lHQ6iCid
>>287
>立ち会っていないのになんでそんな細かな台詞がわかるんだよ
「取材した」でしょ。過去の文献調べたり。
それが定説だとばかり思ってたんだが。Q資料の存在とかね。
>>287的には違うの?

それを「又聞き」というのなら、まあ、その通りだけど、なら歴史書は大方又聞きだよ。

296 :名無しのひみつ:2006/05/30(火) 23:28:09 ID:tScMFTSH
12使徒を始め、少数の人間が復活したキリストに会っている。
しばらくは、公認の宗教という訳ではなかったし、偽典・偽予言が氾濫した中で
信者にとって、12使徒から離れ去る事は死に等しい感じだったろう。
僅かな数だがローマ人にもキリストは復活の後、会っている。そのローマ人達は
地位の高い者だったのである程度は強力な庇護を発揮した。ローマ人は
名誉を重んじ、空言は軽蔑する性質だったので、少数だが彼らに感化されるローマ人もいた。
復活なしではキリスト教の信仰は成立しない。復活したキリストの証を持っていなかったら、
キリストの受難の時に逃げ去った使徒たちが、世界に向けてキリストの教えを広めに旅立つ事は
到底出来なかった。十字架上のキリストから声をかけられた使徒ヨハネを除いては、
使徒は皆殉教した。主な舞台はローマに移っていったので、ローマ人の言葉に堪能なパウロの
手紙がかなりの数で長文になっているが。ガリラヤのナザレトに行ってもユダヤ人のキリスト教徒は
いないが、当時のユダヤ人でキリストを目にし、話を聞いた人は多数に上ったので、
特に親しかった者達は、忘れないよう書き留めていたし、語り伝えることもしただろう。
ただ100年も経てば、尾ひれや歪曲が付いていくのも仕方が無かったことだ。
織田信長にしても、彼に親しかった者の直筆が残っていれば、それが最も重んじられるだろう。
キリストについては、聖母マリア以上に彼について語るにふさわしい人はいなかったので、
福音著者は漏れなく聖母マリアに取材に赴いているが、聖母は表立った事は望まれなかったので、
聖母が関連する偉大な事柄はほとんど割愛された。ローマ人は聖母に会うと
神と勘違いしてひれ伏して拝んだ程だったが。

297 :名無しのひみつ:2006/05/30(火) 23:58:54 ID:Iy5Z2ZzC
キリストの復活とは単にキリストの子供の誕生を意味するのだという説もある
つまりキリストは処刑される前に子供を作って、処刑後にその血を受け継いだキリストの分身がこの世に舞い戻る
それに立ち会って復活したキリストに会ったと言う人がいてもなんら不自然な点はない

298 :名無しのひみつ:2006/05/31(水) 00:36:59 ID:8TBq+tMF
一神教の起源は
アメンホテップの太陽信仰が起源らしい
モーゼがエジプトを出発したんはラムセス2世の時代
その辺の繋がりということで


299 :名無しのひみつ:2006/05/31(水) 09:16:23 ID:2zurDcc+
エジプトがキリスト教の元ネタだとすると、キリスト教的には元ネタなど
存在しないことにしたいだろうから証拠隠滅のために攻撃したかったのかもしれんね。
攻撃する理由を信者に理解させるには悪魔扱いするのが一番簡単だし。
でも、悪魔扱いしたら逆に存在そのものを無くせなくなってしまうし。

300 :名無しのひみつ:2006/05/31(水) 20:55:01 ID:EvT+8L0m
キリストの復活といっても
要はまだ息絶えてないうちに
十字架から降ろして治療しただけ
多分



301 :名無しのひみつ:2006/05/31(水) 21:26:56 ID:W/rnb769
キリスト教の疑問をこのスレでしてる人もいるけど、それらに対する答えは全部既にあると思って良いよ。
キリスト教も非信者からの突っ込みに対して伊達に2000年間耐えてきた訳じゃないんだから。
素人が思いつくようなキリスト教への突っ込みはとっくに誰かが考え済みだし、それに対する答えもとりあえずは既にありますから。

302 :名無しのひみつ:2006/05/31(水) 21:29:23 ID:+oU5Xj6O
>>1
これどこのフリーメイソンの陰謀?

303 :名無しのひみつ:2006/05/31(水) 22:28:11 ID:qjGJv6Md
>>301
それでも思考停止する信仰、に走るのはまだ早いと思う
人間は色んな能力を与えられてこの地上に生きてるのだから
古文書を見つけてきたり、科学機器で解析したり、歴史的に洞察したりすりゃ、いいんだよ
素人が思いつくような突込みでも、あっと驚いて、生まれ変わるようなことがあるはず
2000年近い間、バージョンアップしつづけてきた訳なんだから、新しい答えがあると思ってもいんじゃね

何を信じた人が何を伝えたくて書いたのか‥読んでみたいよ

304 :名無しのひみつ:2006/06/01(木) 18:52:12 ID:jvYw4BEG
科学的という言葉は思考停止する信仰ではないとでも?

305 :名無しのひみつ:2006/06/01(木) 21:58:18 ID:q2gha83o
思考停止する科学はあるが、全ての科学が思考停止であるわけではない。
全ての進行が思考停止であるわけではない、というのと、同じことな。

306 :名無しのひみつ:2006/06/01(木) 22:35:08 ID:h58/x8pY
イェズァって家族と折り合い悪かったんでしょ。
孤独な人だから博愛に走ったんかな。

307 :名無しのひみつ:2006/06/01(木) 23:17:24 ID:i5jcarYy
博愛だったのかなぁ?
口伝されて、信徒さんたちによって編集されて、日本語に翻訳された福音書しか読んだことありませんが
それでもどっちかって言ったら激情のヒト。癇癪もちみたいな印象受けました
当時の家族生活の実態は分かりませんけど、あながち家族関係の実態も悪くなかったのではないでしょうか
お母さんは初代教会でも活躍していたようですし、女性関係だって・・・
尾崎豊タイプ・・・・?やっぱり孤独だったのかなぁ?ユダはイイおとこだったのかなぁ?

308 :名無しのひみつ:2006/06/02(金) 00:39:20 ID:w85rmp2q
>>307
>激情のヒト。癇癪もちみたいな
その印象は珍しいかも。
そもそも喜怒哀楽の描写が少ない人なんでな。
笑った描写は皆無だし、唯一の例外は、神殿で商売してる人を暴力で追い出したときくらいか?
論敵には容赦なくきつーいことを言ってるので、そのへんの印象なのか?

個人的には、とても剽軽な人だとはおもうがな。
フツーの人は「眼の中の丸太を気にしなさい」なんて言わない。
自分の隣でハリツケになってるドロボーに「君も天国に行けるよ(意訳)」なんて言わない。

309 :名無しのひみつ:2006/06/02(金) 11:01:58 ID:JZF/Xrq5
講釈師、見てきたような事を言い



笑えるわwww

310 :名無しのひみつ:2006/06/02(金) 12:00:10 ID:x1TBpbvQ
でもその浪曲で泣けたり救われたりするわたしガイル

タッケイの現場での科白はマリアさんからの取材だけがソースなのかしら?でもパラダイスにいるおって‥やっぱり本人なら言えないよ
真意も解釈も自由かも知れないけど、どっかの過程で意図的な誘導とか編集とかされてると考えといた方がいいよね
新しい資料がハケーンされたのならやっぱり科学的に研究してもらいたいです

311 :名無しのひみつ:2006/06/02(金) 19:11:56 ID:eF+SkNPF
>>310
>タッケイの現場
公開処刑っぽいので、複数の証人がいるだろう。福音書にも「周囲の人々の描写」がいっぱいある。
パラダイス云々は、福音書の描くイエス像や、前後のやりとりからいくと、意外と自然な展開だよ。
だから俺は、イエスってそんなこと言いそうなキャラだったんじゃないかと思ってる。
台詞の真贋は別にしてね。
もし、福音書が描くイエス像そのものが福音記者の創作なら、これだけのモノを書くのは大変だ。
福音記者は講釈師として良い仕事してるよ。
>どっかの過程で意図的な誘導とか編集とか
このへんはもう、バーリバリされてるというのが定説っぽいです。ハイ。

312 :名無しのひみつ:2006/06/04(日) 03:22:29 ID:KteIliPm
Y字架だったってホント?

313 :名無しのひみつ:2006/06/05(月) 00:38:52 ID:j/YhM1aT
かく言う私も童貞でね

314 :名無しのひみつ:2006/06/05(月) 11:18:30 ID:2CpEoyZ2
な!?

315 :名無しのひみつ:2006/06/05(月) 21:37:02 ID:afVGc2sp
ユダも自殺しなかったらキリストは復活の後、ユダの前に現れ許しを与えただろう。
ユダは地獄に落ちたが、キリストは復活の後、地獄に速やかに赴いてユダを
あまりにひどく虐めないようサタンを始めとする悪魔たちを脅して釘を刺された。
ユダは裏切りの後、絶望して狂ったようになったが、十字架を担って歩むキリストを一目見ようと
ボロ布を頭から被り見に行き、キリストの許しのまなざしを受けた。
が彼を救おうとする天使はなく、人は悲しむ人と嘲りと憤怒をもって悪魔に呼応する人の
二つに分かれていて、ユダはどちらにも入っていけなかった。
彼はキリストのされたように山に赴けば良かったが、錯乱した為荒地にさ迷い出て、サタンにつかまり
サタンの言葉を聞き、完全に絶望してしまった。サタンの言葉を聞き、絶望せずに済む者はとても少ない。
彼が錯乱せず、旧約の中で彼と同じように裏切りを行い部下を殺したダビデが苦しみの中で歌った詩篇の言葉を
思い出せば良かった。

316 :名無しのひみつ:2006/06/06(火) 11:20:01 ID:hjDbXZBh
イエスから、最後の作戦の発動命令を受けて、夜の町の闇の中へ走っていったユダさん
イエスと、いろんな思いを込めて最後のキスをしたイスカリオテのユダさんが、弟子たちの中では一番好きなんだけど‥

イエスという人の逮捕現場から、弟子たちは全員、逃げ出してしまった、ある者はマッパで
ビビりまくって隠遁して磔刑の場所にも男の弟子たちは現われなかった
それまでさんざん、最後までついていくって強がり言ってたのに
ユダだけじゃなくて、みんなが人間の弱さを露呈しちゃったのだとおも
その彼らの(=モレらの?)後悔の念と、生前のイエスという人の魅力がキリスト教の始まる原動力の一つになったんじゃないかな。


317 :名無しのひみつ:2006/06/06(火) 11:36:40 ID:Ha5z76oK
どうせオウムの出来損ない見たいな団体なんだから、
ユダがどうのこうのって、上祐が新見がどうしたこうしたっていう
レベルの話だろ。
どっちでもいいよ。

318 :名無しのひみつ:2006/06/06(火) 15:44:21 ID:zvNgDmti
>>317
なら書かなきゃいいじゃん。
正直に言えよ、気になって仕方ないんだろ?
…な〜んちゃってw

319 :名無しのひみつ:2006/06/06(火) 22:30:47 ID:nTHyI9nH
確たる根拠もなく信じちゃうのも、
確たる根拠もなく「どうせ」で済ませちゃうのも、
レベル的には一緒だと思うお。

320 :名無しのひみつ:2006/06/07(水) 16:36:00 ID:wDyTJvLI
>>300
スルドイ

321 :名無しのひみつ:2006/06/07(水) 16:42:30 ID:wDyTJvLI
キリスト教の元ネタは古代バビロニアの仮の王の儀式ですよ
王の代わりに1人の囚人を「仮の王」と認定し、
その仮の王を祭の日に鞭打ち、磔刑に処することにより
王と国に新たなパワーが宿るという風習がバビロニアにあった

くわしくは金枝篇参照

322 :名無しのひみつ:2006/06/07(水) 21:04:12 ID:mBrGxnzL
「生け贄の王」は、わりとポピュラーな風習じゃなかったっけ?

323 :名無しのひみつ:2006/06/07(水) 23:40:22 ID:olju4CpO
サウザーがユダをたきつけて
南斗六星は崩壊したんじゃなかったっけ?

324 :名無しのひみつ:2006/06/08(木) 00:45:07 ID:WG40bSNf
ユダは自殺しなかった。
朝鮮半島に渡り、ニダになった。

325 :名無しのひみつ:2006/06/08(木) 12:14:06 ID:o1pt9yQZ
キリストのオンゲまだー

326 :名無しのひみつ:2006/06/08(木) 12:55:32 ID:5VDR3BMQ
そんな昔の文書が残ってたのはすごいね。
どうせならイエスキリストの日記が見つかればいいのにね。

327 :名無しのひみつ:2006/06/08(木) 15:59:49 ID:tmUYcb2D
科学ニュースなのに宗教詳しい人多いな。
こんど押しかけ宗教がきたときに使ってみよう。

328 :276:2006/06/08(木) 20:11:12 ID:eiIPQ9pq
宗教と人類史というのは切っても切れない関係にある
宗教を調べることで古代文明の発祥過程がわかる場合がほとんどです
宗教を価格的で肯定的に分析するというのは科学者にはかなり必要なことです

329 :名無しのひみつ:2006/06/09(金) 08:33:16 ID:H/BdEL82
                |
                |
                |
                |
     /V\        ,J 「価格的に分析」
    /◎;;;,;,,,,ヽ
 _ ム::::(;;゚Д゚)::| ジー‥お買い得?
ヽツ.(ノ::::::::::.:::::.:..|)
  ヾソ:::::::::::::::::.:ノ
   ` ー U'"U'

ごめん‥言いたいことは分かるよ。
科学者の中にもキリスト者や他の宗教者はガチで多いから、板的にはセーフじゃね
押しかけ宗教(カルト宗教)は素人さんは絶対相手にしないほうが吉、と押しかけない宗教者が注意を呼びかけてみるテス

330 :名無しのひみつ:2006/06/09(金) 10:35:50 ID:RhGOyWi4
>>322
そうです
その中でもバビロニアの風習はイエスの処刑と一致点が多い
文化圏も同じなので多大な影響を及ぼしていることが伺えます

たとえばイエスも処刑のときに「ユダヤ人の王」と称されるでしょ

331 :名無しのひみつ:2006/06/09(金) 11:03:57 ID:2isCVJBB
>>330

イエスが「仮の王」だとすると、「真の王」は誰なんだろう。

332 :名無しのひみつ:2006/06/09(金) 17:21:24 ID:MbXeo6ME
ロンギヌスの槍は竹串。聖杯はワンカップ。うちの近所じゃ定説。

333 :名無しのひみつ:2006/06/09(金) 17:28:19 ID:UPow20pi
金枝篇って魔道書なんだね。どっかに日本語訳あるの?

334 :名無しのひみつ:2006/06/09(金) 18:32:19 ID:yYtF+iJA
>>332
ただの槍がイエスの血を受けたことから「聖槍」となった。
ただのコップがイエスの血を入れられたことで「聖杯」となった。
ただの麻布がイエスの遺体を包んだ事で「聖骸布」となった。
イエスを十字架に打ち付けた釘は聖釘となり、聖槍ロンギヌスの補強材になってます。

335 :名無しのひみつ:2006/06/09(金) 18:39:55 ID:yYtF+iJA
>>331
黙示録

12の星を冠に、太陽を纏い、月を踏みしめている女は臨月の苦しみにあえいでいた。
その後に竜がいて、女の生む子供を食べてやろうとしていた。
その子は鉄の杖で諸国民を支配する定めであった。
女は男の子を生んだが、その子は天へと引き上げられた。
やがて竜・年老いた蛇は天と戦争を始めたが、負けて地へと落とされた。
女は荒野へと向かった。
竜は女を大水で押し流そうとしたが、大地が割れて大水を飲み込んでしまった。

女はおそらく「乙女座」の意味で、真の救世主・王は、少なくとも乙女座生まれの人間と思われる。
月を踏みしめる、12の星を冠にということは、殆どの惑星&月が乙女座に集中している時期。

だれかホロスコープでその時期割り出してきぼんぬ。

336 :名無しのひみつ:2006/06/09(金) 20:48:52 ID:H/BdEL82
竹串とワンカップ、ワラタ。いいっすね。
どうせ偽物なんだし、そんなものにすがるようには教えられていないのだから。
どうしても人間は形(偶像)に走りがちですよね、弱いもんだ。

黙示録は当時の軍事大国ローマ帝国に対する脳内テロ・反逆の詩だと、本で読んだことがあります。
今で言う、イラクやパレスチナの民がアメリカ合衆国やイスラエル軍の壊滅する詩を書くようなものでしょうか。


337 :名無しのひみつ:2006/06/09(金) 21:28:34 ID:MbXeo6ME
>>334
釘は爪楊枝。聖骸布はおしぼり。これも定説。

338 :名無しのひみつ:2006/06/09(金) 22:03:28 ID:EKWO64En
お釈迦様の方が好き。

339 :名無しのひみつ:2006/06/09(金) 22:05:57 ID:ZeQ3TTtP
お釈迦様も架空の人物なのかな(´・ω・`)

340 :名無しのひみつ:2006/06/09(金) 22:33:07 ID:c9NsGCJU
イエスキリストのすごい事は、人としての決まりごとを作り教えた事
奇跡や神の子と言うより、人の精神を解析して伝えた事

341 :名無しのひみつ:2006/06/09(金) 22:35:55 ID:FsM1ZdXO
http://www.notitle-web.com/

342 :名無しのひみつ:2006/06/09(金) 23:25:50 ID:GEJS/79E
>>333
>金枝篇って魔道書なんだね。どっかに日本語訳あるの?
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/249-3933663-6174727?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=blended&field-keywords=金枝篇
ネクロノミコンもあんな。Amazonすげー

343 :名無しのひみつ:2006/06/10(土) 00:13:35 ID:Pu9IS2eS
トリノの聖骸布なんて有ったけど、
何か偽物だとか何とかで、結局うやむやになったな。

344 :276:2006/06/10(土) 05:32:20 ID:eMiL/t9F
お釈迦様は実在した人物だそうです
人々に指示され、多大な影響を残した人物を尊い、後世でそれはある種の象徴のように拝むというのは
キリスト教に限ったことではなく世界中でごく普通のことですね
現代の日本社会に一番影響を与えた人物といえばやはり孔子でしょう
孔子を紙として祭った神社も日本にはいっぱいあります

345 :名無しのひみつ:2006/06/10(土) 10:16:43 ID:DcnR30jv
>>344
>やはり
詭弁。

346 :名無しのひみつ:2006/06/10(土) 11:04:31 ID:WDc5eAo/
>>344
道教の神や分離前に仏をまつっていた神社なら大量にあるが
孔子はほとんど聞いたことがない。孔子廟ならあるがな。

347 :名無しのひみつ:2006/06/10(土) 20:33:57 ID:SPJvW+KG
>>344の最後の2行に欺瞞を感じる

348 :名無しのひみつ:2006/06/10(土) 21:13:45 ID:BF0/uVfp
まちゃみ創価CM映像
http://www.youtube.com/watch?v=q88SRNSNfZY&search=

349 :名無しのひみつ:2006/06/11(日) 00:24:19 ID:I5QeKWvr
レイ…、おれより強く美しい男よ!!

350 :名無しのひみつ:2006/06/11(日) 01:38:33 ID:2DnmdL1+
>>348
ドン引きした。

351 :名無しのひみつ:2006/06/11(日) 17:49:31 ID:SA8ByYlM
>>333
念のため言っておきますが金枝篇は
英国の学者が書いた民俗学の研究書ですから

352 :名無しのひみつ:2006/06/11(日) 22:02:01 ID:SA8ByYlM
>>349
誰のセリフだったけ
ケンシロウ?

353 :名無しのひみつ:2006/06/11(日) 23:00:08 ID:v3+Pm13J
ていうか俺はナショジオチャンネルで一ヶ月前に見た。 
ボッロボロの古文書だったよ ユダヤ教がバックについてたのが受けたw

354 :名無しのひみつ:2006/06/11(日) 23:52:54 ID:XLlboaXQ
漏れの「聖なるパンツ」要る?

355 :名無しのひみつ:2006/06/12(月) 00:36:22 ID:DX7Fcyaw
聖書なんてみんなやらせだよ、神様のね。

356 :名無しのひみつ:2006/06/12(月) 02:06:20 ID:XUCfKD04
            /   ::  /,r", / イ イレ r'ノ /|//|ii | |"iり、ヽヽリハハ ヽ `''-、       ,_
            ,/ r" :::::"  / // /r/i| /|/ハ/,/||//:::|| | i、ヽ::::t、 i t从从 、tヽヽヽ       ノ
            tri //'"  i // i //iレ // ||/ '||||iij::::リ|::|リ::i i':::::|ハ リミii|| i|从|| iti`''
            ヽi(、 (i / ノ///|/,,,//、('-、リ、/:::::::::|'り/::ノノ_|リソi ミ |! i从|i|リミヽ      ノ ヽ
              ノ,  )| /|/彡/::||":| i、、:::|it,||;~ノ、,,、::::ヽリニ/-ーー、||i ミヽ乂从 ii|ヽ
            ,ノ'" ::::j/ y i人::::::ミ| |''r=ュヽ|、;;;:::::::i;;"、シ,ニ,-ミ 、、;;ソリ)ミt从川从iit      ノ ヽ
         ,、-'"、''"  ::::{ t/r、、|:::::::::レ ̄~~~~"~  :::i';;t'''''''''ー弐'"/'"リ)t|))从レt从| t
        ( ,r'/"  ノ:::〉, |(| ,t|iiii""""'''''''" ,,、- 、,r-、""'''''::::::::"::::::|'"i,i||i从レt|tt| ヽ     ノ ヽ
         t// y  / ::::〉 iヽ(;;;i|}iii  ,,:::::: . "ー"ノ;;'"ノ' 、 ,,,,,, ::: リノ:i i;;ヽjj}从|i| || t
    ,r '''''''ー-、、」  ソ彡::::::/ :: ヽ`'-i iiiリ "::、,,,_,,、-ー'''ヽr'''ー、::: ヽ:::::::: /-'ン ::::);;;;;i||| |||      ノ ヽ
  ,r"'":::''""    ツ 彡,r''|  リ~'''ーiリリ   ヽ'、 ̄,,二二ニこy'ーァ":: /,/ | :::/ヽ;( ''ii i
  / ::   彡'''" ,,彡ツ( y;ヽ / ,,r、;;i ',    ヽ;;⌒ヽ;;;;;;;rー、",r" /: ,':::t''-、,ヽ/:::::リ、,,iii,,从      ノ ヽ
 ノ ::  '"" ,,,,,,::::::::''",、-'t,Y:::| ::::):::::;;i,     ヽ;;、  ''" ,,、'  ''  i':::::i;;ヽ," ヽ, /::::::i||iijj ッ、
" ::   ::::''"  ,,,,,:::j|jjii:::t| リ r"::::::::;;ヽ    ヽ、,,~~''''''''"ノ:   , "::''"i;;;r'~''-、ヽ  リ⌒)|| |リ    / /
 :::  :::::""/iijji'"/-、iii  i ノ~i::::::::::::::::::;;ヽ    ~~''ヽ:::::"::   , ":::  |;;|::::::::  ヽ,,,i" ノヽ| |    ・ ・
::::::::'''""//jjj''",,,,/r"|jjit  / ,,,、':::::::::::::::::::::::::;ヽ    ::::::::''" ,,,,r'":::    i;リ:::::   ノ ~''' 、,|i ii、      ,、- ーー
       リr'⌒i||ii' リノ-コ;;|    ::::::::::::::::::ヽ   :::"  /'"::::::::::   |り ,,、- "、- ''"  ''''''ー- 、,、-'''~
ー -、-ーー-" /、,,,,,,|  ノ,,、 '"ヽ|,,,,    ::::::::::::::::::~'''''ーーー''"::::::::::::::   ,r'',、- '"  ,、- '"彡彡   /"
ー 、::: - 、     ~''''ー-(、 ミ;i  ~ '' ー 、;:::::::::::::   :::::::::::  ::::::::::   ,/'"  ,、-'",""彡""   /、 '"
`ヽヽ:ヽ  ~'''ー 、      ~ '''ー 、    ~' 、::::    ::::::   :::::::::::;、 '"  、-'" ,r";r'''"    /"
  ヽ,ヽ;::ヽ    ~'' ー 、,,      ~~'''ー 、 ~' 、   " ::::::::::;、 '"  ,、-"  ,、 "/    / ,,、 -'"


357 :名無しのひみつ:2006/06/20(火) 18:50:32 ID:i6xLMHSy
ユダが裏切り者でなかったとすると、イエスの復活は完璧な
ヤラセだったということになる。イエスは磔で芯ではいなかったのだ。
また、シナリオ通りにするために他の使徒や信者が裏で動いて
偽証や賄賂を使っている可能性も高い。特に、ユダが賄賂を使ってローマの執行官に
手加減するように頼んでいることは確実(まあ、ローマの裁判官もイエスは
死刑にするほどの罪ではないと言っているぐらいだから、執行官も賄賂貰って
手加減することに抵抗が無かっただろう)

358 :名無しのひみつ:2006/06/20(火) 19:08:13 ID:i6xLMHSy
ユダが演出していたとなれば、イエスは途轍もない名監督兼俳優、
兼大ベストセラーシナリオ作家、兼文学者、兼心理学者、兼奇術師、、、
ということになるが、これが本当のイエス像ではないのかな。

359 :名無しのひみつ:2006/06/20(火) 19:40:04 ID:RrPcsKsS
たしかドストエフスキーが最も評価されたのは
カラマーゾフの兄弟にある「大審議官」だったよな。

360 :名無しのひみつ:2006/06/20(火) 21:38:48 ID:HkGzz0MN
「大審問官」だね。
聖人ゾシマ長老の、どこか作り物めいたリアリティの薄さに比して
大審問官の存在感の圧倒的な迫力。
更に、その迫力が、実は真面目に悩める大学生のレヴェルの迫力なんじゃないか
と目を覚まさせてくれる、再臨したイエスの振る舞い。
耶蘇教なぞ信じない。が、
ああいう人間イエスがいた(る)なら、そのヒトを信じることは出来る。


361 :名無しのひみつ:2006/06/20(火) 21:55:44 ID:aJO8YQOb
ジーザスクライスト・スーパースターならぬ
ジーザスクライスト・トリックスターですな。

洒落じゃすまないよ、筒井康隆さん!!

362 :名無しのひみつ:2006/06/20(火) 22:01:51 ID:b+cNERAC
「シャアはロリコンか?」ってのとたいして変らんレベルの議論だ。
別にどっちでもいいだろ。

363 :名無しのひみつ:2006/06/20(火) 22:17:41 ID:HkGzz0MN
文学や(教養としての)宗教、ヒューマニティーに興味がなければ
どっちでもいいだろうね。
それに「シャアはロリコンか?」なんて話を外国の研究者に振っても通じないが
過去レスみたいな話なら、いくらでも話が続くよ。
要は、普遍性の問題。

364 :名無しのひみつ:2006/06/20(火) 23:23:42 ID:Pi2lz1Ks
>「シャアはロリコンか?」
明らかな事実なので、議論にならない。

365 :名無しのひみつ:2006/06/20(火) 23:39:32 ID:hsgo6uYE
麻原や大作と大差ないペテン師系の奴だったわけな、イエスって。

366 :名無しのひみつ:2006/06/27(火) 03:44:01 ID:Pt+HOiQm
一番弟子であったユダはキリストの逮捕の後にローマによってつかまり
組織のことについて尋問されたが、頑として口を割らず、リンチ拷問に
より死んだ。うまく逃げおおせたNo.2以降の弟子達は、死人に口なしと
いうことでユダに罪を被せる「真実」をでっち上げた。あるいは本当の
裏切り者、ローマの公安スパイがユダの裏切りという話に仕立てたのだ。
これが真実だ。

367 :名無しのひみつ:2006/06/27(火) 03:46:34 ID:Uk8DAfwj
ということで残りの使徒達は最悪の人間の集まりでした。

じゃあ今のキリスト教は弟子たちの与太話が元になっていたわけだね?


368 :名無しのひみつ:2006/06/27(火) 03:57:38 ID:zb9YIRAY
原口は操り人形。だから人を使って、永田にメール問題を起こさせた。
ちなみに大阪では原口が「武部氏周辺にお金が流れているのは間違いない。」
とTVで断言していたので、皆、武部氏がお金を貰っていると思っている。
宮崎氏にだいぶ強く注意されたときに、間違っていたら、
議員をやめる覚悟みたいでしたが、やめていないところをみると、
武部氏にお金が流れているのでしょうか。
はっきりさせてください。
間違っていたら、当然原口は議員辞職してください。
元遠隔監視も「武部さんのところにお金が入っている。」と皆の前で報告していた。
ちなみに元遠隔はあほの人。

369 :名無しのひみつ:2006/06/27(火) 08:23:18 ID:B76eTKou
>>360
訂正ありがと。

370 :名無しのひみつ:2006/06/27(火) 22:30:10 ID:8uzWM/qz
>>369
どういたしまして

371 :名無しのひみつ:2006/06/27(火) 23:01:00 ID:aucr280m
最近になって覚醒する人が増えているらしい-4
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1149773835/l50


372 :名無しのひみつ:2006/06/29(木) 23:50:09 ID:9GazjhD7
で、映画のほうはヒットしたのか?

373 :名無しのひみつ:2006/06/30(金) 01:31:52 ID:MBIAZkNG
キリストもユダも死人にくちなし。後の教団や教会によって都合よく史実が
捻じ曲げられ「伝説」をでっち上げることで、国家公認の信仰の対象となった。
帝国の領土を拡大し、多くの異民族を従え、人種の坩堝と化したローマ帝国は
従来のローマ神話を軸にしたのでは、異民族を束ねることは難しく、また
軍事的に占領統治した国々で民衆が反乱や抵抗を起こさないように、無気力
無抵抗となるように洗脳する手段として宗教が重要視された。愛の宗教だの
隣人を愛せだの、右のほほをなんてらかんてら、は支配者が非支配者をおと
なしく去勢して愚民化し、手なづけるのにもってこいの教義である。そういう
教義に仕立て上げて洗脳したのだ。また領土の各地に教会を配し、洗脳教育と
情報収集にあたらせた。バチカンから派遣の修道士は今で言えば外交官+CIA
のようなもの。懺悔室で極秘情報をキャッチすると中央局に報告や通報が行く
システム。謀反やクーデタの動きがあるとなるべく速めに阻止するべく利用
した。

374 :名無しのひみつ:2006/06/30(金) 01:35:36 ID:/PO6YoPZ
イエスってちょっといいところあるDQNぽい

375 :名無しのひみつ:2006/06/30(金) 17:34:41 ID:82Xa8wEs
>>374
オマエ隠れ信者だな。

376 :名無しのひみつ:2006/07/03(月) 22:25:44 ID:KBCHUOX3
聖書を読む限り、すっげーイイヤツだよ。
水を酒に変えたり病気を治したり水上を歩いたりする超能力はさっ引くとしても、
頭はいいし、機転も効く。ユーモアもある。
厳しいところもあるが、根っこのところは寛大だ。
艱難辛苦を歩みながら、どこか楽天的なところがある。
俺がなりたいとは思わないが、友達になりたい気はするよ。

377 :名無しのひみつ:2006/07/04(火) 03:53:39 ID:cdbXtRZ8
>>376
大酒飲みの大喰いとも書かれているから
飲み屋に行ったら割り勘にされないように注意だな。

378 :名無しのひみつ:2006/07/04(火) 19:40:20 ID:mtCcuK25
>>377
注文は、お冷やとパン1個だから平気。

379 :名無しのひみつ:2006/07/04(火) 21:36:49 ID:hxVCGG5W
377>大酒飲みの大喰い
敵対者がそう言っていた、つう話ですな。
ひょっとしてその時の恨みが元で、訴えられたとか? そして十字架..ガクブル

378>注文は、お冷やとパン1個だから平気。
そう簡単に奇跡は起こしてくれませン。
悪魔に「石をパンに」と言われた時も、もったいぶって使わなかったし。

380 :名無しのひみつ:2006/07/08(土) 16:17:29 ID:U+YaCulf
>>379
>そう簡単に奇跡は起こしてくれませン。

誰かの結婚式でちょいとカーチャンに頼まれた程度で
水樽の中身をぶどう酒に変えてなかったっけ?

381 :名無しのひみつ:2006/07/08(土) 17:39:55 ID:KlUTDHFN
気分屋さんなのかな

382 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 00:19:35 ID:zyl7EZd5
>>344
孔子か?思想的な意味でだよね?


383 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 00:39:02 ID:F5bwn8so
ユダは腹引き裂かれて首吊るされて死んだんだよな

どう見ても他殺だけどこれが本当なら可哀想な奴だな

384 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 00:42:37 ID:eEQICHDN
2000年も前のキチガイの取り巻きなんてどうでもいいと思う。

385 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 00:56:38 ID:fz0ssNMr
>>381
奇跡は、自己顕示や能力の誇示の為にではなく
結婚式でさえパンや葡萄酒が尽きてしまうような貧しい一般人の集まりの
ささやかな楽しいひとときをすこしでも長くし
心ゆくまで幸せを噛み締めさせてあげる手伝いをして
そのヒトの人生を祝福するために行うものなんだそうな。


386 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 01:25:32 ID:uKclbPMo
シャアはロリコンではなく、マザコンです。
パンに酵母菌を入れ膨らましたのは、イエスキリスト
であると、料理本に書いてあった。
膨らまして5倍にも6倍にもしたから、集まった人々にパンを分け与えられた
とかいてあったぞ!

387 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 01:58:33 ID:LFKKfZcn

こんな古い話で盛り上がってる場合か。オレには明日のパンをどうやって手に入れるかが
問題なんだ。

388 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 02:17:31 ID:dDS0vl18
>>387
パンがないならお菓子を食べればいいじゃない

389 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 02:40:56 ID:ssLMGsIM
第17の使徒タブリス登場

390 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 02:50:25 ID:dsvYeg0B
創作に創作で反証といわれてもなw

391 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 04:31:19 ID:yGMJQhhs
>>384
その宗教絡みで戦争が起き、国が滅ぶほどの影響があるんだよ。
さらにその教祖(正確には教祖ですらない)が、2000年経っても語られる人物。
仮に気狂いだったとしても、その辺にいる気狂いとは訳が違う。
そんな彼の人気も、キリスト教の強固さも、>>1が主な要因であったとしたら?
世界にミレニウム単位で影響を残す為のノウハウが隠れてるとしたら?

392 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 04:40:14 ID:uibtgjM2
>>391
>その宗教絡みで戦争が起き、国が滅ぶほどの影響があるんだよ。

キリスト教じゃなくても、似たような事件はおきていたと思うよ。

393 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 05:40:53 ID:yGMJQhhs
>>392
起きてるけど、とりあえずキリスト教が一番データ豊富でしょ。
研究材料に適してる。

394 :名無しのひみつ :2006/07/09(日) 05:46:05 ID:pRH1Zvxy ?
韓国人の教会に日本人もいってるよね?
実際どういう気持ちでみてるの?

395 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 06:00:46 ID:1h+gf3Y6
イエスキリスト自身は神の子であって神じゃないのに
キリスト教て名前はおかしくないか?

396 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 09:42:14 ID:yGMJQhhs
>>395
それまでのユダヤ教と区別する上での呼称と考えればいい。
もともとキリスト教は、ユダヤ教の一派に過ぎない。
その上で、キリスト自身が聖人なのだから、信仰の対象になっちゃった、って感じ。

397 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 10:13:56 ID:LJlES3aN ?
言論の自由=捏造の自由

398 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 11:42:51 ID:eEQICHDN
>>388
そういうこと言ってるとギロチンだぞ

399 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 17:49:47 ID:EhbGeMcK
>悪魔に「石をパンに」と言われた時も、もったいぶって使わなかったし。

(現実にはそんな超能力ムリだが、できるという前提で)
何故かえなかったか?
かえなかったイエスは、ベストな選択をしたと思う。

400 :名無しのひみつ:2006/07/09(日) 18:13:00 ID:lwRye1s4
そういう文章が発掘された、っていうのと、それが真実だった、ってのは、
別問題だからね。

たとえば、2000年後、日本の跡地から、喪われた朝日新聞が発掘されても、
そこに書いてあることが全て真実だとは限らないでしょ?


401 :名無しのひみつ:2006/07/10(月) 00:54:25 ID:uUU2JIey
言論の自由=捏造の自由=誤解釈の自由

402 :名無しのひみつ:2006/07/10(月) 00:55:04 ID:8BVHtG+u
好きなんだよ、こういう世界。

403 :名無しのひみつ:2006/07/10(月) 00:57:12 ID:8BVHtG+u
我、イバラの道を行こうとも−ユダの生涯ですよ。

404 :276:2006/07/10(月) 03:27:13 ID:suhc9jVh
第二次世界大戦で前線にいた各国の軍隊がクリスマスの夜に休戦をして
そのまま完全に戦意を喪失してしまったという実際にあった話がある
キリスト教がなければ彼らは生きてないだろうことを考えると意味はあると思うぞ

405 :名無しのひみつ:2006/07/10(月) 17:26:37 ID:b3FQAN4y
古くから有る宗教は、人間の良い面を伸ばしてくれている、と思う。

406 :名無しのひみつ:2006/07/10(月) 17:39:08 ID:U+nvuVO8
ユダ悪くないよ〜

407 :名無しのひみつ:2006/07/10(月) 22:01:24 ID:DFKPN+kp
>>380
>誰かの結婚式でちょいとカーチャンに頼まれた程度で
>水樽の中身をぶどう酒に変えてなかったっけ?
「折れシラネ」「かんけーねーじゃん」と、さんざんスッとぼけた後ですYO。

>>395
>イエスキリスト自身は神の子であって神じゃないのに
三位一体説つーて、「キリストは神の子であって神自身であってついでに精霊でもある」つー、
分裂症気味なロジックがここ1000年くらいの主流だよ。
俺はアリウス派だけどな。

408 :名無しのひみつ:2006/07/10(月) 22:33:20 ID:ssyZim20
>>407
>三位一体説つーて、「キリストは神の子であって神自身であってついでに精霊でもある」つー、
>分裂症気味なロジック

宗教は根に不合理なものを抱えているほうが妙なアリガタミ、深みを感じ
させるんで結果的に時代に耐えるような気がする。京都学派の知識人が禅
のヨタ話にコロリと騙されたように、無我思想と輪廻思想の矛盾から仏教
教義が深まったように。

409 :名無しのひみつ:2006/07/10(月) 22:57:09 ID:6NsEymMX
ゲルモニーク聖典を思い出した

410 :名無しのひみつ:2006/07/11(火) 00:48:00 ID:PhXXKlip
そういえば長野にユダ中ってところがあるけど、何か関係あるかな

411 :名無しのひみつ:2006/07/11(火) 07:06:43 ID:icQtrzfq
>>407
>「折れシラネ」「かんけーねーじゃん」と、さんざんスッとぼけた後ですYO。

それでもゴネ得で奇跡が起きるんなら
随分とお安いんじゃねーの?
しかも誰かの生死や健康がかかってた訳でもないんだし。

412 :名無しのひみつ:2006/07/11(火) 10:40:43 ID:pf+RCUZK
人を驚かせるためでなく
楽しませるために奇跡を起こすとは
芸人魂を感じまつね

413 :名無しのひみつ:2006/07/11(火) 14:24:49 ID:VbfXKACk
今、「ナザレ派のイエス」前島誠(春秋社)読んでるんだけど、これ面白いよ〜
イエスがユダヤ教徒として生き、そしてユダヤ人達に磔刑された様子がよく判るよん。

414 :名無しのひみつ:2006/07/11(火) 16:58:47 ID:43b7hFXg
全部ウソ

415 :名無しのひみつ:2006/07/11(火) 17:58:08 ID:7fOfv8s4
「急に裏切られたのでびっくりした」イエスさん談
「急に裏切らされたのでびっくりした」ユダさん談

416 :名無しのひみつ:2006/07/11(火) 20:22:49 ID:CSzm/mjU
>>366
お〜ま〜え〜はぁ〜〜、あ〜〜ほ〜〜かぁ〜〜!

新約聖書もまともに読んだ事ねぇ〜〜だろ!
イエス・キリストはローマ人と仲良かったんだよ!
聖書の中で「イエスは徴税人や罪人と付き合っている」と誹謗され
ているが、ここで言う徴税人や罪人と言うのは、ローマ人もしくは、
ローマと関わりの深い異邦人が含まれているのだ。
新約の記述でローマ総監は、イエスの死刑に反対してるだろうが!

417 :名無しのひみつ:2006/07/11(火) 20:38:45 ID:dpscGoZt
1-1で死ぬ俺が時のオカリナ実況
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1152614024/

暇な人どうぞ

418 :名無しのひみつ:2006/07/11(火) 22:03:24 ID:/aFMyBVT
>>416
正しくは「一部のローマ人」だな。
あの人は、あの時代の人にしては珍しく、ユダヤ人とか他民族とかに頓着しない人で、
異邦人でも立派な行いをしていれば評価してた。
サマリア人の教えなんて顕著だが、ローマ人「にも」立派な人がいる、という感じになってる。

ほかにも「カエサルのものはカエサルに」発言などローマの実質的ユダヤ支配をある程度公認したり、
イエスの処刑ではローマ提督の役割を消極的に描いたり。
ただしこのへんは「ローマ植民地に布教する為の、聖書作家によるおべんちゃら」という説もある。

419 :名無しのひみつ:2006/07/11(火) 22:38:22 ID:MLZekvNA
教会に自己都合のいい聖書か。こうやって自己都合のいい信者から金巻き上げてるんだろうな。

420 :276:2006/07/11(火) 23:04:38 ID:fi+mN/d5
まあ聖書書いたのローマ人だしな

421 :名無しのひみつ:2006/07/11(火) 23:54:26 ID:/QaYamHG
ユダ温泉

422 :名無しのひみつ:2006/07/12(水) 02:15:50 ID:yyOA1BtE
火の鳥だと仏教は日本に攻め込んできた邪神だよな
あれ読んで漫画の神様は本当にいるんだと確信したな

423 :名無しのひみつ:2006/07/12(水) 06:38:24 ID:5wAPAOtz
天皇が渡来の侵略者になってるやつな。

424 :名無しのひみつ:2006/07/12(水) 16:28:22 ID:oUol8tA4
裏切りではない、これは知略だ

425 :名無しのひみつ:2006/07/19(水) 00:38:53 ID:RvlD8gTb
>>421
笑った

426 :名無しのひみつ:2006/07/19(水) 19:54:38 ID:eqEcZROV
ユダは悪者には見えないけどクタは悪者に見える件

427 :名無しのひみつ:2006/07/20(木) 11:57:00 ID:2qQK/3xh
National Geographic の英語版を買ったのだが、福音書の詳しい内容には触れていなかった。
英語か日本語で、詳しい内容が載っている書籍知っている人がいたら教えて。


428 :名無しのひみつ:2006/07/20(木) 13:18:25 ID:/ZlxGlrO
オウムもカトリックも大差無いって思う。

429 :名無しのひみつ:2006/07/20(木) 14:25:40 ID:hImhZyFZ
なんかageるたびに、オウムと並べるやつがいんなあ。
「思う」のはいいけど、もちっと科学板っぽく、
何故、とか、どうして、とか、書いてほしいもんだ。
ツッコミいれるからサ。

430 :名無しのひみつ:2006/07/20(木) 23:07:19 ID:/ZlxGlrO
お断りだ

431 :名無しのひみつ:2006/07/20(木) 23:40:49 ID:KbneGGoY
長髪髭面だからじゃねーの?

432 :名無しのひみつ:2006/07/20(木) 23:46:09 ID:lvBvoR6p
パチンコ板で嫌煙者と喫煙者がくだらない議論を繰り広げております。

パチンコ店は底辺の糞が集まる糞エリアでマナーも糞もないぽという喫煙者
パチンコ店は不特定多数の人が利用する娯楽遊戯施設なので健康増進法に従い
禁煙及び分煙をして嫌煙者に迷惑をかけないよう配慮すべきという嫌煙者

パチンコをやらない方のパチンコ店に関するイメージやパチンコをやる喫煙者、嫌煙者
どちらの主張が正論なのかはたまたどちらも糞なのか書き込みしていただければと思います。
くだらないこととは思いますがご協力お願い致します。

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/slotk/1152891792/l50

433 :名無しのひみつ :2006/07/20(木) 23:54:34 ID:RmZrcOcv
大石蔵乃助が討ち入り直前に一人の脱落者に後事を託したのと同じか。
歴史は繰り返す。

434 :名無しのひみつ:2006/07/21(金) 11:43:14 ID:hf6FqEko
パチンコなんかやってる時点で、劣等人種かつ非国民。嫌煙者は、足を洗えば済む事。


435 :名無しのひみつ:2006/07/21(金) 23:58:58 ID:eYjLXBAm
>>431
たしかに麻原もイエスも長髪ひげ面だが、
ガリガリのイエスとブタの麻原を一緒にするのは、かなり無理があるぞ。

余談だが、本当のイエスがどんな姿をしていたか、ちゃんとした記録が一切ないって本当?
髪型や目の色、顔の形なんかはもとより、背の高低ややせでぶナドナド、一切不明っていうけど。
ま、古代人だから仕方ないのか。

436 :名無しのひみつ:2006/07/22(土) 13:22:58 ID:rpLePAUm
信者に広く公開したくないような体形だったとも推測できるな

437 :名無しのひみつ:2006/07/22(土) 18:20:20 ID:R0J3cuK7
中国だと偉人は外観からして一般人とは違うってんで
直立時に手が膝まで届いたとか
一つの眼球に瞳が二つあったとか書き残されるんだけどね。

438 :名無しのひみつ:2006/07/29(土) 13:12:22 ID:FxoX4pbT
グルジェフの解釈も、ユダはキリストにもっとも忠実に従った結果、あのような行動を取った、というものだったような希ガス。

439 :名無しのひみつ:2006/07/29(土) 13:53:06 ID:QD684oaV
うちのシェフもそんなこと言ってたな。

440 :名無しのひみつ:2006/07/29(土) 14:10:25 ID:z88qCtUu
間接的な自作自演か・・・
頭がいいな、キリストの中のひとは。

441 :名無しのひみつ:2006/08/07(月) 02:03:48 ID:i4htXo9/
悪質じゃないか

442 :名無しのひみつ:2006/09/22(金) 16:48:43 ID:T/T4r+du
ユダかっこいいよユダ

443 :名無しのひみつ:2006/09/22(金) 16:54:47 ID:UIqreTqo

英BBC番組が「イエス・キリスト」の顔を再現
http://home.att.ne.jp/wood/aztak/untiku/face.html

444 :名無しのひみつ:2006/09/22(金) 17:06:42 ID:qLB3M5i5
どうせヤク漬けにしといた別人でも引き渡したんだろ。


445 :無知なものだが:2006/09/22(金) 18:31:19 ID:oIwIidaj
「ユダの裏切り」は深い思慮と信頼関係があったからこそできた自己犠牲の一種
という解釈は本で読んだことがある。
おれ自身キリスト教なんて関係ないからどっちだっていいんだけど、
あまりにもローマ帝国・バチカンの都合がいいようにゆがめられすぎてるように見えるよな
キリスト教は本来ユダヤ教エッセネ派の原理主義的なエジプト回帰的な宗教だろ。
そこにイランのほうのゾロアスター教やミトラス教の影響も見受けられるが、これは後からアレンジされたものかもしれない

446 :名無しのひみつ:2006/09/22(金) 18:32:03 ID:glIzCffz
ま、ま、ま・・・
マリオ?

447 :名無しのひみつ:2006/09/22(金) 18:47:06 ID:aBma0jwc
>ユダは裏切ってない…

非クリスチャンなのでどっちでもいい。



448 :名無しのひみつ:2006/09/22(金) 18:53:20 ID:DM3L5PiE
ユダ、お前も孤独。

449 :名無しのひみつ:2006/09/22(金) 19:16:12 ID:ucLZU6I7
こういうのって好きなんだけど文書があまりにもバラバラで真偽が本当に
不透明なんだよね。
翻訳本なんかでは自己解釈や編集で省かれてるものもある

はっきり解明させて欲しいけどこういう研究は思ったより費用がかかるらしい
考古学の一番の難題はぶっちゃけ重要な書物を独占してる組織が”お布施”と
称して多額の請求や無理難題を押し付けるなど非協力的であること・・・だとおもうな

450 :名無しのひみつ:2006/09/25(月) 12:50:26 ID:opUc0EMZ
なんでユダだけ許されなかったんだろう。
キリストは最後の晩餐でみんなにこの中に裏切り者がいるって言ったらしいが
その後みんな裏切ってるよね。人に聞かれて3回キリストの事を知らないと言ったりとか。

451 :名無しのひみつ:2006/09/25(月) 13:10:29 ID:32O2xJxQ
ユダは裏切っていないのは当たり前。マグラダのマリアが娼婦でないのも当たり前。
ていうかキリスト教って教義にこんなに嘘を混入していていいのかw

452 :名無しのひみつ:2006/09/25(月) 13:39:51 ID:3W0mIvtP
ユダ、お前は美しい

453 :名無しのひみつ:2006/09/25(月) 15:31:08 ID:XKYelXas
>『グノーシス派』の信仰に基づくもので、歴史的な事実を反映しているとは私は
>考えない。だが、ユダの人物像については新たな材料を提供する重要な
>文献だ」と語った。


歴史的な事実を反映していなくても重要なんです!!!!!!!!!!

アホかw


454 :名無しのひみつ:2006/09/25(月) 16:42:59 ID:Qqj1vAOQ
なんだか、「藪の中」みたいなお話。

455 :名無しのひみつ:2006/09/25(月) 16:43:49 ID:Qqj1vAOQ
なんだか、「藪の中」みたいなお話。

456 :名無しのひみつ:2006/09/25(月) 18:23:09 ID:9h75CmYR
>なんだか、「藪の中」みたいなお話。
おまえ、そんなエッセイを一つでも書いてミロ。

457 :名無しのひみつ:2006/09/25(月) 18:51:05 ID:omOawS10
          /   ::  /,r", / イ イレ r'ノ /|//|ii | |"iり、ヽヽリハハ ヽ `''-、       ,_
            ,/ r" :::::"  / // /r/i| /|/ハ/,/||//:::|| | i、ヽ::::t、 i t从从 、tヽヽヽ       ノ
            tri //'"  i // i //iレ // ||/ '||||iij::::リ|::|リ::i i':::::|ハ リミii|| i|从|| iti`''
            ヽi(、 (i / ノ///|/,,,//、('-、リ、/:::::::::|'り/::ノノ_|リソi ミ |! i从|i|リミヽ      ノ ヽ
              ノ,  )| /|/彡/::||":| i、、:::|it,||;~ノ、,,、::::ヽリニ/-ーー、||i ミヽ乂从 ii|ヽ
            ,ノ'" ::::j/ y i人::::::ミ| |''r=ュヽ|、;;;:::::::i;;"、シ,ニ,-ミ 、、;;ソリ)ミt从川从iit      ノ ヽ
         ,、-'"、''"  ::::{ t/r、、|:::::::::レ ̄~~~~"~  :::i';;t'''''''''ー弐'"/'"リ)t|))从レt从| t
        ( ,r'/"  ノ:::〉, |(| ,t|iiii""""'''''''" ,,、- 、,r-、""'''''::::::::"::::::|'"i,i||i从レt|tt| ヽ     ノ ヽ
         t// y  / ::::〉 iヽ(;;;i|}iii  ,,:::::: . "ー"ノ;;'"ノ' 、 ,,,,,, ::: リノ:i i;;ヽjj}从|i| || t
    ,r '''''''ー-、、」  ソ彡::::::/ :: ヽ`'-i iiiリ "::、,,,_,,、-ー'''ヽr'''ー、::: ヽ:::::::: /-'ン ::::);;;;;i||| |||      ノ ヽ
  ,r"'":::''""    ツ 彡,r''|  リ~'''ーiリリ   ヽ'、 ̄,,二二ニこy'ーァ":: /,/ | :::/ヽ;( ''ii i
  / ::   彡'''" ,,彡ツ( y;ヽ / ,,r、;;i ',    ヽ;;⌒ヽ;;;;;;;rー、",r" /: ,':::t''-、,ヽ/:::::リ、,,iii,,从      ノ ヽ
 ノ ::  '"" ,,,,,,::::::::''",、-'t,Y:::| ::::):::::;;i,     ヽ;;、  ''" ,,、'  ''  i':::::i;;ヽ," ヽ, /::::::i||iijj ッ、
" ::   ::::''"  ,,,,,:::j|jjii:::t| リ r"::::::::;;ヽ    ヽ、,,~~''''''''"ノ:   , "::''"i;;;r'~''-、ヽ  リ⌒)|| |リ    / /
 :::  :::::""/iijji'"/-、iii  i ノ~i::::::::::::::::::;;ヽ    ~~''ヽ:::::"::   , ":::  |;;|::::::::  ヽ,,,i" ノヽ| |    ・ ・
::::::::'''""//jjj''",,,,/r"|jjit  / ,,,、':::::::::::::::::::::::::;ヽ    ::::::::''" ,,,,r'":::    i;リ:::::   ノ ~''' 、,|i ii、      ,、- ーー
       リr'⌒i||ii' リノ-コ;;|    ::::::::::::::::::ヽ   :::"  /'"::::::::::   |り ,,、- "、- ''"  ''''''ー- 、,、-'''~
ー -、-ーー-" /、,,,,,,|  ノ,,、 '"ヽ|,,,,    ::::::::::::::::::~'''''ーーー''"::::::::::::::   ,r'',、- '"  ,、- '"彡彡   /"
ー 、::: - 、     ~''''ー-(、 ミ;i  ~ '' ー 、;:::::::::::::   :::::::::::  ::::::::::   ,/'"  ,、-'",""彡""   /、 '"
`ヽヽ:ヽ  ~'''ー 、      ~ '''ー 、    ~' 、::::    ::::::   :::::::::::;、 '"  、-'" ,r";r'''"    /"
  ヽ,ヽ;::ヽ    ~'' ー 、,,      ~~'''ー 、 ~' 、   " ::::::::::;、 '"  ,、-"  ,、 "/    / ,,、 -'"


458 :名無しのひみつ:2006/09/25(月) 18:52:54 ID:32O2xJxQ
ユダを悪者にしたてたのはユダの名前にある。ユダヤを連想する名だろ。

459 :名無しのひみつ:2006/09/25(月) 19:05:22 ID:KqpaL85w
ユダの先祖は韓国人。
キリスト・キリスト教の起源は韓国。以上わかりましたね。

460 :3.102.147.124.dy.bbexcite.jp:2006/09/25(月) 19:10:30 ID:8h3UXvxs
guest guest

461 :名無しのひみつ:2006/09/25(月) 19:14:33 ID:514lhh0Z
>>458
ユダは、Judus(ジューダス)が元の発音。
ユダヤ(Jews, Jewishージュウズ、ジューイッシュ)
とは語源も発音もスペルも全然違う。

462 :βακα..._φ(゚∀゚ ):2006/09/25(月) 19:24:49 ID:nlb4xOj/
菊地秀行の某シリーズみたいになってきたな

>>457
ソレはどっちかってーとアミバ様では?
単行本、通称「アミバの拳」だけ持ってるw


463 :名無しのひみつ:2006/09/25(月) 19:24:53 ID:tHOETjvg
事後数百年に書かれたものが根拠かい。

464 :名無しのひみつ:2006/09/25(月) 20:29:49 ID:kkP1HV2k
んな事言ったら日本の記紀なんざ
1300年も後になって又聞きの又聞きを継ぎ合わせて
でっち上げたようなもんだぞ?

しかも原本はとっくに紛失して後年の写本しか残ってねえっつう。

465 :名無しのひみつ:2006/09/25(月) 21:59:40 ID:R66FqpuG
一瞬、「ナショナルジオグラフィック協会」が「ナショナルフィッシング協会」に読めた。・・・不思議

466 :名無しのひみつ:2006/09/26(火) 01:39:23 ID:JiVE5IWP
イスラム教を「全面的に尊重」とローマ法王が語ったそうだ。
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200609250026.html
軟弱すぎるかな?

467 :名無しのひみつ:2006/09/26(火) 01:43:12 ID:JiVE5IWP
>466
それじゃ、十字軍は「ぜにカネ目的です」って、あからさまに言ったことに
なりませんかね〜。

468 :名無しのひみつ:2006/09/26(火) 09:41:15 ID:9h2rr+5Q
>>464
秘事口伝だろ。これはこれで合理性があるんだが。
さらに、記紀は口伝のほかに書物からの引用もあるんだが。

469 :名無しのひみつ:2006/09/26(火) 15:24:48 ID:3ArJsSNR
>>466
ソマリアの修道女殺し得 by イスラム

470 :無知なものだが:2006/09/26(火) 18:16:12 ID:H4dOBsng
十字軍はどう見てもキリスト教側の非が大だろ。殺戮と略奪のために侵略されて交戦した側に罪を着せるのはおかしい。
関係ないけどマケドニアのアレキサンダーも野蛮で傲慢な破壊者だろ。文化水準は圧倒的にアケメネス朝ペルシア>>マケドニアだったが
貴重な文化や平和な統治がアレクサンダーに侵略破壊されてるんだし

471 :名無しのひみつ:2006/09/30(土) 17:40:54 ID:VLybgrl1
 聖書の記述で「葡萄酒」っていうのが好き。

472 :名無しのひみつ:2006/10/04(水) 14:57:39 ID:407rvv7N
>>470
アレキサンダーはそこまで悪じゃないと思うんだけど・・・
ペルシアの統治の仕方、文化など認めてたし
ペルシア人に統治を任せたりしてたし

ギリシアとペルシアの文化をまじぇまじぇしするきっかけになった事が
悪いのかどうかは分からない
勿論、アレキサンダーが来る前から文化交流はあったわけだけど

関係ない話、すんまそん

473 :名無しのひみつ:2006/10/04(水) 17:27:50 ID:lZ4/4ANM
アレキサンダーはたしかイスラムではアッラーの使徒なんだよな。

474 :名無しのひみつ:2006/10/04(水) 17:52:12 ID:/HjkeBHW
>>470
俺もアレキサンダーはそこまで悪じゃないと思う。
ペルシャの文化を破壊しなかったから統治出来たんだし。

十字軍みたいな完全な悪と並べるのは気の毒だろ。

475 :名無しのひみつ:2006/10/04(水) 18:54:49 ID:RIfVU5/b
>>474
十字軍だって農業の発展と人口増加が原因だし、善悪で語るべきものじゃないな

476 :名無しのひみつ:2006/10/04(水) 21:13:16 ID:nD/Qbx3c
「聖なる戦い」の代名詞みたいに言われてるのは違和感あるけどな。
ま、聖戦なんてどれもそんなものか。

477 :名無しのひみつ:2006/10/05(木) 15:33:25 ID:DvH66xzw
>>475
人口増加したら、神の名の下に異教徒を虐殺しても悪ではないと?
しかも、虐殺した上に相手が悪だと言いつのってるのに。

478 :名無しのひみつ:2006/10/05(木) 16:15:14 ID:j/n/kSfg
>>477
歴史を善悪で判断するのは愚行
ローマ帝国は奴隷制度だから悪と言っているのと変わらないだろ
そもそも十字軍当時国際法の概念は無い

479 :名無しのひみつ:2006/10/06(金) 18:14:30 ID:NVMSEkaV
まぁキリストの墓は実は青森にあるしな。

480 :無知なものだが:2006/10/07(土) 00:07:17 ID:QzTzLxEr
国際法がないから国際法違反にはならないだから悪くない
??

481 :名無しのひみつ:2006/10/07(土) 00:12:34 ID:0uUtcYIE
ナショナルジオグラフィックでいい雑誌だよな。いつも図書館で読んでるよ。

482 :名無しのひみつ:2006/10/07(土) 01:25:04 ID:aluWUsYT
善悪の概念なんて文化や宗教によって変わるだろ
ヒンズー教から見れば吉野家なんて悪の権化だし
カトリックから見れば避妊や中絶は殺人だし

483 :名無しのひみつ:2006/10/07(土) 03:43:58 ID:FxQvKtkN
翻訳まだー?

484 :名無しのひみつ:2006/10/28(土) 11:11:25 ID:hzAwlYqf
つまるところ、
ユダタソはツンデレでFA。

485 :名無しのひみつ:2006/11/20(月) 23:22:55 ID:FmbukIsW
うちの団塊上司はごますりと要領で出世した奴にまともな指示出せるわきゃねーんだけど、毎度毎度ピントのずれた指示出すのは勘弁してくれ
後のフォローが大変なんだよ

はよ定年にならんかな
なっても嘱託で居残りそうな悪寒


486 :名無しのひみつ:2006/11/20(月) 23:59:06 ID:tds0IDDU
ユダ=ユダ様 イエス=トキ

俺の中のイメージ
ユダなんて知ったの北斗の拳のが先だったがな・・・

487 :名無しのひみつ:2006/11/21(火) 22:15:12 ID:2c7qCZOU


こういうスレでなんか熱くなって語っている奴ら見るとさぁ・・・いつも思うんだよね・・・
お前ら・・・現実見ろっと・・・

普通に考えてみろよ。神なんているわけねーじゃんwww
この世界の動物はちゃんとした科学的根拠があって誕生したものだ。

神?キリスト??バカじゃねーのwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

もしキリストやヨセフが本当に「神の声」とやらが聞こえていたのなら、それは現在で言う統合失調症(精神分裂症)だな。
お前らが池沼だのなんだのってバカにしているアレだよwwwアレwww




488 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 17:01:40 ID:Pg5Zj3T/
>>487
神はいなくてもキリストという人格に優れた電波ちゃんがいて
現代まで残る宗教を作った事は確かなんだ。

戦国武将やアレクサンダーの生涯と同じくドラマチックなんだから
熱く語っても良いじゃないか。

489 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 17:47:38 ID:y6GEwppl
>>487
唯一神科学様 万歳!

490 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 18:55:20 ID:WCRBiILn
アレクサンダーとか十字軍とか日本でいう関東軍みたいなアメリカでいうインディアンを征伐する騎兵隊みたいなものか
破壊される側の文明の方が高度なところは違いだけど狂気じみた殺戮者じゃん

491 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 19:07:00 ID:JNS4b3x9
>>486
漏れ的にはユダはアミバw

492 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 19:36:07 ID:pRn29sOO
>>490
狂的破壊行為のドラマが終わり、狂気じみた殺戮者が去った後に
破壊者も被害者も関係なく建設されたヘレニズム文明、ルネサンスは、まさに偉大なドラマ。
科学的精神も栄えた。
いずれも進みすぎていて、強烈な宗教的反動である4世紀一神教革命、対抗宗教改革などを引き起こしたが。
それはともかく否定的契機として、アレクサンダーとか十字軍とかを評価してやることもできる。
アメ公文明は、さて、どうなるかね。。。

493 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 19:36:50 ID:oBqSOZLn
ユダって何語読みだ? ラテンか?
英語ならJudas、ジューダスなのに。

494 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 19:41:05 ID:V5LrqICL
引いって楽しいあっみだくじっ♪
って、それはアミダババア


495 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 19:42:00 ID:hLuMwNRE
<<487
無神論者、必死だね!
じゃあ人間は猿から進化したって言うのかい?
進化論ほど脆弱な基盤による教えはないよ。

496 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 19:54:02 ID:viBJseVP
<<495
釣りだから熱くなるなよ

497 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 20:12:28 ID:CeKvj3fM
忠臣蔵でも同じような役回りの浪士がいたな

498 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 20:22:23 ID:qROqJ6mY
大工や石工は、当時の技術者の仲ではエリートに属する。


499 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 20:42:30 ID:WCRBiILn
キリスト教徒は十字軍を恥だと思わないのかな?
バルカン半島の人はアレクサンダーを恥だと思わないのか?
日本人の俺は太平洋戦争に関してはまだしかたがないとしてもそれに先立つ大陸での開戦は日本人の信用を傷付ける恥じるべき暴走だとおもうが
しかしそれも背景には日本も武力で脅されて不平等な条約を順守させられていたりという状況もあった。
アジア太平洋諸国には凄い迷惑なことだろう
十字軍もアレクサンダーもフビライハンも始皇帝もこっちが背景を知らないせいかもしれないが破壊と殺戮と支配が正義と殺戮してただけじゃないか?

500 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 21:11:27 ID:Egk5qCRo
>>499
無知もはなはだしい。
自分ではかっこいいこと言ってるとでも
思っているだろうが、意味不明
先のローマ法王は何のために謝罪したのか、そんなことも
いや、そもそも謝罪した事実さえしらないんでしょう。
しらないんでしょう。
ばかまるだし

501 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 21:22:05 ID:WCRBiILn
ローマ法王て何様?
キリスト教の代表?

502 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 21:29:46 ID:Egk5qCRo
>>501
自分で調べろ。ばか

503 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 22:03:34 ID:s1G1m0eR
>>495
他力本願主義者は幸せだねww

何か悪い事があったら悪魔の仕業なのかなwwwww
何か困った事があったら神様が助けてくれるのかな?wwwww
もし自分が死んだら天使様がお迎えに来てくれるのかな?ww
フランダースかよwwwネロかよwwwwwwwwwwwwww

馬鹿じゃね?wwww

>じゃあ人間は猿から進化したって言うのかい?
その説が有力だな。
神とやらが創造したってのよりよっぽど現実的だけど?wwww

504 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 22:59:04 ID:s1G1m0eR
神様って本当にいたんだ…ちょっと気持ちの整理がつかない…

505 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 23:33:51 ID:P3783kqq
>>495
「じゃあ地球は丸いって言うのかよ!」とか言いそうだね。

506 :名無しのひみつ:2006/11/22(水) 23:58:01 ID:QeCqATux
学生運動で高卒の機動隊員に火炎瓶を投げ焼き殺そうとした団塊世代と
それに感化されて高校時代を送った団塊直後の世代は戦後の日本の数多
くの災いの根源であるといえる。
10代〜20代の学生時代には国家反逆的行為を行っておきながら、就
職したらさっさと宗旨替えして企業に従属し、30代はバブルに踊り、
40代に破裂させ、国の富を海外のハガタカファンドに大量に売り渡し、
50代の今は会社幹部になり、自己保身のため大量リストラ及び新規採
用を抑制し、ニートやフリーターを大量に生じさせた。
そのうえ「俺たちの若い頃は天下国家を論じていた。」とのたまい、自
分たちの反逆的行為を肯定する始末。
奴らはこれからリタイアして年金受給世代になるが、暇になり、かつ、
もともと政治にウンチク言うのが好きだから、今後は年金受給世代が
有利になるよう政治的活動をはじめたり、選挙権をふりかざして圧力を
かけ始めるだろう。

結果として、彼らが墓場に入るまでは、数の力を背景に、自分に好都合
な社会形成(今後は高齢者に好都合な社会)をはかり、日本の冨を搾取
するだけ搾取して、ぺんぺん草しか生えない日本が残されるだろう。

極端に言えば、今日の格差社会は社会をかき乱し続けた団塊世代がつく
りだしたといえる。


507 :名無しのひみつ:2006/11/23(木) 00:06:32 ID:fNNzRLD4
>>503>>487 ダークマターが多い。不快だから放つな

508 :名無しのひみつ:2006/11/23(木) 00:12:45 ID:oHy0SFm5
>>499
おまえみたいなバカが戦争を起こすんだって、平和教育で先生が生徒を殴りながら教えてくれたよ。

509 :名無しのひみつ:2006/11/23(木) 00:50:38 ID:blPAbi5H
ひとつ言っておくわ。
アダム・・・神様が創りし神様のコピー最初の人間アダム。
そのアダムから造られたのがエヴァ。
そのアダムの妻たるがリリス。そのリリスから作られたコピーが
我々人類よ。そして今回話題のユダの福音書だけど、
あれは裏死海文書の一部なの。
――――――――――――――v―――――――――――――――――
            _, -‐ ''' ー 、-‐‐ 、_
          /      _、      ̄\ _
        /´      /      ̄ヽ =ニ二 \
       l      /   /  /  ヽ _.、- ニ'、
        |        | i / //  / /ヘ |'´ _   ヽ \
         レ  /  |イ|イ /| /| / /ヽ:l,_イ-r''' l 、ヽ. l
      /   / _,.ィ'' ン!∧トkz|〈|/      |,/ l l  i/
   /  / ィ'‐'',1|;'     ィi'=ッミヾ=、    ./i| |/| /
  /   //  ヽ、ヽ!′   └'く、 ′   ,ィ二ツ'ノノ シ′
  /,イ //  i  <ij>           il;リ/{
  |!| /'7   |  i ト          :l ソ'|
  ! |' レヘ ,」 j l           `=zx ¨´イ  l
       '´ レ'V     \       ,.ィ´ ;| |/
           /      \ __ /|/イ/'|/
     ,. ―ァ′      |
    /   ̄`ヽ、        !`ヽ、_
    了`'‐ 、    \    { \、ヾ、‐- 、 _
   ノ  ̄`¨ニヽ、  \ _   ,ノ''\ \   `ヽ、
   /        ヘ   \ `    \ \    l\

510 :名無しのひみつ:2006/11/23(木) 01:19:25 ID:L6u3mJI/
結論をわかりやすく言うと
キリストが織田信長で ユダが明智光秀ということだろ?

511 :名無しのひみつ:2006/11/23(木) 12:12:32 ID:WwTNacVC
>>507==>>495
そういう貴方はデムパユンユンですね。
一度、精神科のある病院で検査してもらったほうがいいんじゃないでしょうか?


512 :名無しのひみつ:2006/11/23(木) 20:24:56 ID:3Pb3WNb+
「行ってなすべこことをせよ」ってやつでしょ
他の福音書にものってるじゃんwww

513 :名無しのひみつ:2006/11/23(木) 21:30:24 ID:bzMcgiLl
>>506自分のおやじのコト言ってんの?

514 :名無しのひみつ:2006/11/24(金) 09:46:29 ID:MePrlftv
>>495>>503
人類は猿から進化したんじゃないよ。
人類の祖先から人類に進化したんだ。
猿は猿の祖先から猿に進化した。


>>500
ローマ法王が謝罪したのは、十字軍遠征そのものではなくて
イスラムを邪悪だと言ってきた事に対してではなかったか?

515 :名無しのひみつ:2006/11/24(金) 10:14:17 ID:PPudf30t
人類は朝鮮人から進化した

516 :名無しのひみつ:2006/11/24(金) 11:46:30 ID:+LPHr8Mh
今出版されている新約聖書の福音書を読んで、その相違点に色々と思いを
馳せるだけでも、ずいぶん面白いけどね。

しかし何回読んでも、ユダは「間違いを犯し、後悔した」人間で、大悪人に
されるような描き方はされていないと思うんだけど。

517 :名無しのひみつ:2006/11/24(金) 12:36:12 ID:lV3YEcUJ
>>516
2ちゃんにもいるじゃん。いわゆる粘着ってやつ。

その時代にも粘着がいて、いつまでもユダの間違いに粘着してたのが口コミで広まっちゃったって感じじゃね?
そういう奴に限って、福音書とか人を引き付けるような文献を残せるようなレベルじゃない。

いわゆる粘着バカwwwww
2ちゃんと同じwwww

518 :名無しのひみつ:2006/11/24(金) 14:10:24 ID:fO5WBKrz
「間違いを犯し、後悔した」人間ユダが、正史のなかで「大悪人」にされていく過程を知りたいお。
何故って、後悔し自らを裁いた人間が永遠に大悪人で
敵を恐れて逃げまくり安全になってから改心した人間が聖人てのでは
少なくとも人間界の理屈が通らない話な希ガス

519 :名無しのひみつ:2006/11/24(金) 14:13:04 ID:fO5WBKrz
それなりの事情があったんだろうから、聖人たちが悪いわけじゃないと思うお。
単に、人類史的に感動のドラマの、歴史的事実が知りたいな、と。

520 :名無しのひみつ:2006/11/24(金) 14:51:44 ID:hhg9FAU4


521 :名無しのひみつ:2006/11/24(金) 18:11:01 ID:oF2fhki6
>>493
ラテン語では「J」は「Y」発音だよ、英語訛りでジューダスと読んでも間違いではない。
ローマの「ユリウス・カエサル」を英語訛りで「ジュリアス・シーザー」なんて
読んでるぐらいだから。


522 :名無しのひみつ:2006/11/24(金) 19:13:33 ID:TfbuA2Ew
宗教ってのはどれもヤラセとイカサマのオンパレードってことで。
とにかく歴史があればなんでも偉大になるのです。


523 :名無しのひみつ:2006/11/24(金) 19:45:48 ID:Mc9D/xTj
>518
同感。
歴史資料としての価値が乏しくとも、
イエスのケリュグマ受容過程の歴史として、
ユダが何故大悪人として固定していたのかを解明するのに
このユダ福音書は価値があるお。

個人的には・・・こういう神VSサタン神話の
文学的構造をこしらえたために
悪人イメージが助長されたたのだと思うお。


 神   サタン
 |    |
ペテロ   ユダ
(教会)

524 :名無しのひみつ:2006/11/24(金) 22:34:03 ID:wyeRF+D+
イスラム教もキリスト教もユダヤ教も もとは同じってきいたことあるんけど、、、  これはちがうの?


525 :名無しのひみつ:2006/11/24(金) 22:36:47 ID:kByRZW2W
>>524

ホント。

起源はエジプトの太陽神。

526 :名無しのひみつ:2006/11/24(金) 22:48:36 ID:jt5i0NrZ
>>525
ゾロアスターやらメソポタミアもあるぞー

527 :名無しのひみつ:2006/11/24(金) 22:54:22 ID:Cswcm+cZ
「ユダ裏切っていない」
エイリアンシリーズを思い出すな

528 :名無しのひみつ:2006/11/24(金) 22:58:37 ID:Mc9D/xTj
>>524
そのとーり。いっしょ。

>>525
実際、エジプトのアトン信仰を起源とする説ってどうなんすか?
これ以外他の例はないわけだから、かなり可能性高いと思うけど、
説得力のある説を聞いたことがありません。

詳しいこと教えてください。

529 :名無しのひみつ:2006/11/25(土) 00:16:47 ID:0tdAsjVT
>>524
この三つの宗教では、実はまったく同じ神様をあがめている。


530 :名無しのひみつ:2006/11/25(土) 02:16:58 ID:COALBc7c
同じ神様との契約の違い

531 :名無しのひみつ:2006/11/25(土) 02:31:22 ID:VK7Qjdil
契約を変えて、人類を仲たがいさせる計画か…
まるで悪魔だな(w

532 :名無しのひみつ:2006/11/25(土) 09:20:08 ID:OhmgwndS
しかし、ホントに神様がいたら、あきれ顔してるかもよ。
「おいおい、聞いてねえよ。ってか、言ってねえよ」
とかって。

533 :名無しのひみつ:2006/11/25(土) 16:37:33 ID:8L0GYY08
宗教のことなんて、あんま考えたことなかった。
「Kの科学』やらなんやらが構内うろうろしてるし
選挙前には顔も知らない自称高校時代の同窓生から、煎餅党への投票勧誘が来るし、あんまいいイメージない。

それでも、このスレ読んでると、随分奥深いものなんだね。興味持ったよ。
学校の図書館で色々読んでる。
ひょっとしたら、近現代科学の歴史は
人類史と同じくらい長い宗教史というものの、episode1くらいかもしれんね。
神を巡るドラマは、面白いな。
>>528
『モーセと一神教』フロイト著、渡辺哲夫訳(ちくま学芸文庫、¥1260)
を最近図書館で読んだけど、関係あるかも。
医師が著し、医師が翻訳しているせいか、科学的論理性があって読みやすかったです。

534 :名無しのひみつ:2006/11/25(土) 20:40:21 ID:BvFWPHrk
>>514
前法王が謝罪したのって、確か
「下っ端のクリスチャンが迷惑かけてゴメンね。
法王庁は遺憾に思ってるのよ」
って感じで、何か責任逃れ的な話だったかと。


535 :名無しのひみつ:2006/11/25(土) 20:46:19 ID:uEzz+tBH
宗教を学問する事は、現に何かの宗派を信じている事とは
別の話ですからね。
信じる、信じないのレベルをはなれて宗教一般を俯瞰してみると
人間の不合理で愚かしく、それでいて心動かされる一面が
見えてきます。

世のリアリストを自称する人達は、人間は所詮原始的な欲望に
突き動かされて生きているので、道徳や人道はまやかし・偽善に
過ぎない、みたいな言い方をしますが、もしもそうなら、 人間は
もっとシンプルな生き方が出来て、むしろ幸福ですらあったでしょう。
どうしたことか、人間は「好悪、快・不快」以外の「正・不正」といった
観念を持たずにはいられないらしく、そういった一面を見逃しては
むしろ人間の「あるがままの姿」を歪んで捕らえてしまうとも言え
ましょう。

「正・不正」は時として大きな罪悪・人災を生み出しさえするので、
けして一義的に素晴らしいものなどとは言えないのですが。

536 :名無しのひみつ:2006/11/25(土) 23:48:38 ID:0tdAsjVT
>>533
宗教を信じていない俺たちは、宗教の問題ととらえずに、
神話とか人間ドラマとか歴史と言う側面でとらえていくのが面白いよ。

多神教の神話や、旧約聖書は現実にあった権力闘争が神話の形で残ったものだろう。
そう思ってみると古事記とかすごく面白い。

新約聖書はイエスという男をめぐる人間ドラマ。
ユダヤの民のメシアとして期待されたイエスは実は期待したようなメシアではなかった。
ユダヤ教徒にとっては虐げられたユダヤの民を再び支配者の地位につけてくれるソロモン王のような
存在をメシアだと思っていたのに、イエスは現世では神の慈悲にすがって乞食のように生きるのを良しとして、
神を信じて狭き門を見出したものが死後に救済されるなどと、夢のような事を言う空想家だった失望とか、
そういう色々を想像するとこれまたなかなかに面白い。

537 :名無しのひみつ:2006/11/26(日) 16:39:25 ID:iCjckrHv
「ju」はユダヤ語では「ユ」に似た発音

Judeaはユダヤ
Jesusはイエス

ヨハネをジョハネ
ユダをジュダ
イエスをジーザスと訛って読むのが英語読み
(イエスはユダヤ語で話したのでありローマ語やラテン語
 ギリシャ語は後世の訳、英語はそれからさらに訳された)


538 :名無しのひみつ:2006/11/27(月) 00:50:36 ID:8xIBkyIR
イスラム教・キリスト教はユダヤ教がベース
おおまかーにいうと、

○イスラム教
唯一神の意向=マホメッドが受けた啓示
で、マホメッドのお言葉(コーラン)を信仰
ユダヤ教から見ると、マホメッド=数多くいる預言者(神の言葉を預かる人)の一人でしかない

○キリスト教
ユダヤ教の中の「メシア信仰」の一形態から派生(「キリスト」はメシアを意味する)
もともとは亡きイスラエル王国を再建してくれる指導者的な意味だった
イエスは確かに指導者だったが、ユダヤ教の選民的な思想を退け、
自らの死によって、全人類にも救いがあるよう神にお願いしてくれた
これがイエスによって行われた、モーセの契約に代わる新しい神との契約(新約)
その後、教会で三位一体論が誕生して「イエス=神」としての信仰が始まる

ユダヤ教から見ると、イエスは預言者の一人であっても、メシアではない
本当のメシアはまだ登場していない、ということになってる

イスラム教では、イエスもちゃんと預言者の一人として認められてる
ただし、唯一神&唯一神の言葉(コーラン)こそが信仰対象であり、
イエスを神のように崇めるのは邪道、と思ってるぽい

おおざっぱだがこんなかんじだと

539 :名無しのひみつ:2006/11/27(月) 02:27:33 ID:To9UMq7+
キリスト教学の講義で使徒言行録を全部読んだんだけど、神は実在し、全て実際に起きた出来事なんだ。と心から思ってしまった俺。数日間キリストについて妄想し、危うく…。聖書ってのはすごいパワーだw

540 :名無しのひみつ:2006/11/27(月) 02:59:57 ID:VybXAWjL
戸来村
イエスとユダの自作自演

541 :名無しのひみつ:2006/11/27(月) 03:28:55 ID:8xIBkyIR
>>538
追記

ユダヤ教ってのは、
「お前らは選ばれた民なんだから、ちゃーんと俺(神)の言うこと聞いて正しく生きろよ
そしたら繁栄させてやるよw」っていう唯一神との契約が基礎になってる
この契約を人類代表として預かったのがモーセさんの十戒

イエスの時代、こういうユダヤ教の約束事について研究するカタブツ共がデカイ顔してたらしい
で、そいつらに反抗して「そんなん守らなくても大丈夫!俺が保障する!」って言っちゃったのがイエス
結局反感買って処刑されちゃったけど、その後イエスが復活したらしい!という噂が流れ、
「あ、本当にイエス凄いヤツだったんだ」
「じゃ、ヤツの言ってたことを信じよっと」
って始まったのがキリスト教

長々とスマソ

542 :名無しのひみつ:2006/11/28(火) 03:11:36 ID:PX9qZPjZ
ユダを裏切り者にした犯人は?

私が思うに、その当時の
ユダヤ教の宗教指導者も
一枚噛んでいるのではないか、
敵対的なキリスト教勢力に、
自民族を弾圧できる教義を吹き込んで
結果、民族の結束を固める効果があったと思う。
確かに、2千年以上続く効果があった。

ユダのその後は死んだとだけで、何も話が残ってない
案外小者なのかな。


ユダヤ教指導者のイエスに対する反感はかなりある
イエスの行為もほとんどがユダヤ指導者に対する抗議運動だから
その後のイエス憎しは、いつまでも続く。

543 :反日法で売国滅亡 ◆hW/iVl1/i6 :2006/11/28(火) 04:40:27 ID:89ye/YlT
ユダヤ系アメリカ人による世界征服のための勝手な解釈

544 :名無しのひみつ:2006/11/28(火) 13:16:25 ID:8ya+wD3P
古代ヘブライ語と日本語の関係を研究するユダヤ人言語学者 ヨセフ・アイデルバーグ氏
http://inri.client.jp/hexagon/floorA3F_hb/a3fhb412.html
http://dateiwao-id.hp.infoseek.co.jp/kanaheb3.jpg
http://www.naritacity.com/journal/japan/images/heburai0511.gif

日本に深い関心を寄せるユダヤ人達
http://rerundata.hypermart.net/ura/hexagon/texts/textA4F/hatchJ/b1fha007.html


日本の民謡とヘブライ語の関係
http://www.sun-inet.or.jp/usr/hiro7733/public_html/minyo/minyo_AGYOU_LABEL.html#AGYOU_LABEL1
会津磐梯山
アイヤ節
秋田おばこ
秋田音頭
秋田甚句
足利小唄
網打踊り
伊勢音頭
磯節
江差追分節
小原節
尾鷲節

545 :名無しのひみつ:2006/11/28(火) 14:13:51 ID:g+a0/m4z
事実がどうであるかというのと
信じている内容はまったく別だから
こういうのってあんまり影響ないんだよね

546 :名無しのひみつ:2006/11/30(木) 20:47:04 ID:rCEEZgsq
「いつか必ずこの世の終わりが来て、神が全ての人間を裁かれる。
それはいつと言うことはできないが、もうすぐだ」

言われ続けて早や2000年ほど経ってしまったわけだが。
まだ待てるという方々の、気の長さには感心する。

547 :名無しのひみつ:2006/12/01(金) 16:05:36 ID:eLYmVVj0
規模を小さくすれば時間のスケールも辻褄を合わせやすそうなのにね。
「わたしはこの村の神である。いつか必ずこの村の終わりが来て全ての村人を裁く。
それはいつということは出来ないが、もうすぐだ。」
もっともっと小さくすると生活臭がしてきて日本の八百万の神っぽくなってくる。
このアパートの神である この井戸の神である このポストの神である この電柱の神である

160 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★