5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

国際数学者会議「ガウス賞」初代受賞者は、確率論の伊藤清・京大名誉教授

1 :auau...φ ★:2006/08/22(火) 22:07:17 ID:??? ?2BP(69)
国際数学連合は22日、「ガウス賞」の初代受賞者に、
金融工学などの分野で幅広く応用されている「確率微分方程式」を考案した京都大学の伊藤清名誉教授(90)を選んだ。

同賞は、実生活に役立つ数学の応用で、世界最高の実績を挙げた研究者を顕彰するため、
天文学や物理学、統計学にも多大な影響を与えたドイツの数学者ガウスにちなんで同連合が創設した国際賞。

数学のノーベル賞とされる「フィールズ賞」と並んで4年に1回開催される国際数学者会議で授与される。
賞金は1万ユーロ(約150万円)。

(詳細は下のリンクで)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060822it13.htm


181 :名無しのひみつ:2006/09/18(月) 06:14:00 ID:HW6Oyy3e
>>180
工学だけど俺の友達4人も飛び級候補になったけど
病気で3年遅れた一人を除きそういう理由で飛び級しなかった

182 :名無しのひみつ:2006/09/18(月) 06:14:27 ID:UhrxhmvX
中一からやってるひとは多くはない。高校までにやってる人は多い。

ただ数学のフリーライターの山下純一(以前数学板に来てましたが)も
高校の頃、一松信の多変数複素解析の教科書を読んでた、とかどっかに書いてたしね
それくらいは別に珍しくはないんでしょうね

>>180
「飛び級は2年から3年とか3年から4年みたいなのにすれば」って意味分からんが
2年とか3年を飛ばすって事?それはそれで
専門分野以外の基礎学力(というか現代数学の基礎知識)がつかないから困るような

183 :名無しのひみつ:2006/09/18(月) 08:40:30 ID:a9xIEZFl
>>182
京理出身だが、高校時代に大学2年くらいまでの内容を終わっているやつは結構いるらしい。
数学科なんかでできるやつは、入学していきなり院生とゼミで対等と聞いた。ま、何年かに一人だと思うけど。

他人の話を書いてなんとなく自慢っぽい気分になるなんて、
淋しいな、漏れ。


184 :名無しのひみつ:2006/09/18(月) 08:58:55 ID:qVuyAm0+
数学科と書く京理はいない。

185 :名無しのひみつ:2006/09/18(月) 10:43:47 ID:UaESv7ms
そんなことはないよ
外部の人に「京大理学部には学科が無くて…」って一々説明するのめんどくさいじゃない。

186 :名無しのひみつ:2006/09/18(月) 10:44:03 ID:jMIkpKnJ
金融工学で微分使うのって、その連続性も証明していないのに
使っちゃっていいものなの? 数学屋からしたら失笑ものだと思うけど、、、

187 :名無しのひみつ:2006/09/18(月) 11:12:49 ID:UhrxhmvX
あれはただのモデルでしょ

んな需要供給曲線の存在は証明されてるの?とか
一物一価の法則は成り立つの?(これに関しては半分ジョーク半分本気で
世界中のマクドナルドでのハンバーガーの値段を調査してた経済誌があったが)
とかいってたら経済学が何時まで経っても始まらないような

まあ常識から言って連続になるべきだと思うけどね

188 :名無しのひみつ:2006/09/18(月) 11:17:28 ID:jMIkpKnJ
>>187
まあ、確かにそうだね。
物理学に数学使うのだって、現象と計算が「たまたま」一致しているから
使っているだけだし。経済学ほどいい加減じゃないとは思うけど。

189 :名無しのひみつ:2006/09/18(月) 13:04:29 ID:xzVbg56Z
>>185
理学科があるじゃん

190 :名無しのひみつ:2006/09/18(月) 13:26:41 ID:u8qML4hK
理学科はないよ。あと数学科ってあると思ったが。数学専攻とか言われてるかもしれないが。


191 :名無しのひみつ:2006/09/18(月) 22:07:21 ID:chZCq0Tp
所詮、デリバティブだの金融商品だの、株だのといったものは、
自分のお金(資本)を貸してやるのと引き換えに、自分は働かずに
企業の労働者が上げた利益を掠め取るということでしかなく、
不労所得を推進する仕組みであることは間違いない。
金持ちが欲に吊られてより金持ちになりたいと思う欲を引き出して、
退蔵されがちな財産をこれから成長しようかという分野とか新事業を
始めるためのタネ銭として出させるための方便。
もちろん損するリスクもあるけど、社会全体としては投資が平均的に
得するようになっていないと金持ちは金を投資に向けないから、
有利な設定になっていて、つまり金持ち全体が社会の富をますます
独占していって金持ちになる傾向を助長するものだ。
それを緩和するのが所得税だったり相続税だったり、法人税だったり
株の利益にかける税金だったりするのだが、今の日本もアメリカ式に
金持ち優遇税制を強く推し進めているので、貧富の差がどんどん開いて
二極化し、今に都市にはスラムが出来て、浮浪者が蔓延し、強盗殺人
放火が頻発するようになり、金持ちは高い塀を張り巡らせた豪邸に
集団で住んで、ガードマンに警備させ、、、、という具合になる。

192 :名無しのひみつ:2006/09/18(月) 23:20:28 ID:f0BkxdgB
>>187
需要曲線・供給曲線は観測不可能だけど、売る側と買う側の2種類の主体に、
それぞれの行動パターンを仮定して市場を眺めると、価格と数量の変化を上手く
説明できるでしょ。

とりあえず上手く説明できていて、それで矛盾が無ければ、そのモデルが正しいか
なんてどうでも良いのでは?

つか、たまたま詳しく分析したい対象が市場だったので、連立方程式になっちゃった
わけで、物理学だってエンジニアリングで応用するときは連立方程式になるでしょ。

>>191
そういう話がしたかったら、まずは金融と利子所得が経済にとって重要な機能である
事を認めたうえで、厚生経済学の第二基本定理にしたがって状態を改善するため
にはどうするべきか議論しなきゃ。交換と分業による効率性の追求が経済の本質。

そういう左翼思想では、対立を生むだけだ。

193 :名無しのひみつ:2006/09/19(火) 06:03:12 ID:GLL+aUGd
>>190
俺も元理学部生だが理学部理学科数学教室だと思ってた。違うのか?

194 :名無しのひみつ:2006/09/19(火) 13:16:01 ID:MWFcsBPD
そういやそうもいってたような。
http://www.rigaku.kyoto-u.ac.jp/modules/tinycontent1/index.php?id=4
変わったのかね。

195 :名無しのひみつ:2006/09/19(火) 14:15:17 ID:qx9aGpHK
韓国カワイソ酢。

196 :名無しのひみつ:2006/10/12(木) 19:12:32 ID:x8KYVdZb
伊藤先生、ノーベル経済学賞の候補らしいし取ってくんないかな
日本人初の受賞は数学者カコイイ、はやくとらなきゃいい加減死ぬから

197 :名無しのひみつ:2006/10/12(木) 21:03:26 ID:D5UZoNXB
ガウスって磁場の研究した人でしょ?

198 :名無しのひみつ:2006/10/12(木) 21:04:44 ID:jQERe8li
>>196
伊藤の結果を応用した研究者がもうとってるからなー
線形計画法のダンツィグがとれてないのと同じ
なんで創始者に賞を与えないんだろうね
経済学者じゃないから?ケツの穴の小さい賞だこと

199 :名無しのひみつ:2006/10/12(木) 21:18:42 ID:GedeCdZx
ノーベルが数学者嫌いだからでそ

200 :名無しのひみつ:2006/10/12(木) 21:29:26 ID:K2LYS/fp
>>197
物理学者でもあるが、主に数学者

201 :名無しのひみつ:2006/10/12(木) 21:36:42 ID:yHBtdQPh
このスレは高学歴者が多いんですね。

202 :名無しのひみつ:2006/10/14(土) 04:17:34 ID:IDRS3sxo
>>200
別に数学者がノーベル賞取っちゃいけないことはないだろ。
経済学賞だろうがなんだろうが……

203 :名無しのひみつ:2006/10/14(土) 06:55:50 ID:lV1312og
>>202さん、誤読!
197はドイツの大数学者 ガウスの話だよ

204 :名無しのひみつ:2006/10/14(土) 07:04:50 ID:qEDd2tX0
ガウスは結局、ノーベル賞もらえなかったんだ。

205 :名無しのひみつ:2006/10/14(土) 14:25:11 ID:IDRS3sxo
ああ、そうか。ガウスがもらえなかったのは知ってるけど。
でもガウスの場合なぜもらえなかったんだろうね?

206 :名無しのひみつ:2006/10/14(土) 14:26:25 ID:IDRS3sxo
って、ガウスの方がノーベルより前の時代なのか……素ボケした。

207 :名無しのひみつ:2006/10/14(土) 15:16:31 ID:qEDd2tX0
中田ガウス

208 :名無しのひみつ:2006/10/14(土) 17:21:21 ID:xs1sDZRQ
ベクトル{A}={Ax(x,y,z){i} + Ay(x,y,z){y} + Az(x,y,z){z}}
(ベクトルは中カッコで括って表現する)
を考え、
この発散は
∇・{A}=∂Ax/∂x + ∂Ay/∂y + ∂Az/∂z

第3項の体積積分は
Integrate[∂Az/∂z](v内部)
=Integrate[Integrate[Integrate[∂Az/∂z](zに関して)](yに関して)](xに関して)
=Integrate[Integrate[Integrate[∂Az/∂z](f1(x,y),f2(x,y)](yに関して)](xに関して)
=Integrate[Integrate[Az(x,y,f2)-Az(x,y,f1)](yに関して)](xに関して)・・・[式1]
ここでf1、f2は、多様体の上面と下面

(yに関して)](xに関して)
の部分は、dxdyという重積分なのだがdydx=ds
上面s2に関して、dydx={k}・{n2}ds2 下面s1に関して、dydx=-{k}・{n1}ds1(下向きだから)

従って
Integrate[Integrate[Az(x,y,f2)](yに関して)](xに関して)
=Integrate[Az({k}・{n2})]ds2
Integrate[Integrate[Az(x,y,f1)](yに関して)](xに関して)
=-Integrate[Az({k}・{n1})]ds1

ゆえに[式1]=Integrate[Az({k}・{n2})]ds2+Integrate[Az({k}・{n1})]ds1
(-と-で打ち消しあう)
=Integrate[Az({k}・{n})] ds

本来は、これを第1項と第2項に関しても計算してガウスの定理を証明するのだが、
この第3項目の計算で、[式1]はこの立体の体積になっている事に注目
これがz軸方向の圧力の面積分に等しいわけだ。

209 :名無しのひみつ:2006/10/14(土) 18:52:43 ID:Y6C54+fE
すまん、この記述じゃ全然分からん。
texで記述してくれ。

210 :名無しのひみつ:2006/10/20(金) 20:11:31 ID:7MQNjZ7z
>>196
村始まっての偉人がノーベル賞……

ねー……のか?



211 :名無しのひみつ:2006/10/20(金) 22:07:27 ID:C+70d+Li
また佐賀か…

212 :名無しのひみつ:2006/12/08(金) 18:15:03 ID:zT69fVBE


213 :名無しのひみつ:2006/12/15(金) 15:24:05 ID:8atmAhEg
>>196
伊藤博士本人が経済学分野への貢献を目的として定理を研究したわけではない
のでノーベル経済学賞の受賞対象ににらにかったらしい。

幾何ブラウン運動の研究をもっと進めて、今度は経済分野への応用を日本人の
手で成し遂げて伊藤博士とともに受賞してもらいたい。

214 :名無しのひみつ:2006/12/15(金) 22:00:27 ID:5IK7Yvwj
オイラーのほうが偉い

215 :名無しのひみつ:2006/12/15(金) 22:19:23 ID:kYxmdOnG
オッス、オラ、オイラー!

216 :名無しのひみつ:2006/12/16(土) 07:48:46 ID:UxgOCz6x
オイラーはガウスの弟子のリーマンにすら勝てない
俺はリーマンこそガウスに並ぶ天才だと思う。

数学
ガウス≧リーマン>アルキメデス>オイラー≧ニュートン

物理
ニュートン>>アインシュタイン≧ガリレイ>アルキメデス

217 :名無しのひみつ:2006/12/16(土) 10:19:18 ID:quJaSuIC
ふと思ったんだが、医者と言う職業が必要だし重要なのはとても分かるんだが、
理工に比べて技術者や研究者でなくて、臨床とかになる割合が高いから、
この国の技術発展に寄与する比重はそんなに高くないと言えるのでは?

なので、この国の頭脳のトップ層がみな医者になる構造は改めたほうがよいと思うんだが。
「まぁまぁ頭がよい〜かなり頭がよい」程度の人がなる感じがよいのではないかね。
ちょっと暴論だがね。

218 :名無しのひみつ:2006/12/16(土) 15:42:32 ID:SuYTpNwe
国際的な栄誉とか名誉な賞とか役割に日本人が選ばれるのは
欧米人同士での選考争い(特に第一回とか、あるいは一回しかないとか)
を避ける為じゃないの。

219 :名無しのひみつ:2006/12/16(土) 17:36:43 ID:DUAnrH7d
>>218
考えすぎ

220 :名無しのひみつ:2006/12/16(土) 19:29:06 ID:8a5zkdfu
>>216
物理
アインシュタイン>ニュートン

221 :名無しのひみつ:2006/12/16(土) 21:24:36 ID:/sbeQxHT
>>220
天才度でいったら、数学的な道具立てが十分でなかった時代に幾何学的な論証をフル活用するとともに
自分で発明した微積分を用いて力学の体系をまとめあげたニュートンの方が驚異的だと思う
結果だけみれば、アインシュタインの成果の方がずっと「革命的」だし、はるかに広範囲で高度な数学を使うけど

222 :名無しのひみつ:2006/12/19(火) 04:17:19 ID:ZaM4rrYI
というより科学畑のやつは知らないが、金融工学の使われ具合といったら
それこそ巨大なんだよ。
金儲けしようとするやつが全員学ぶからな。
だからインパクトある話題として、この選定なら文系の連中は誰も文句は言わない。
確かにこだわって、自分たちはそれを深くかじったからだ。
一方、理系のやつはなんでそんなマージナルな仕事を、、って思うんだけどな。

223 :名無しのひみつ:2006/12/19(火) 04:38:35 ID:iBYQmnTn
>>222
そうでもない。金融工学という名前を使ってるだけで中味はバラバラ
専門外の人間にとっては全部同じに見えるんだろうが

224 :名無しのひみつ:2006/12/19(火) 05:21:28 ID:fSeE8TGd
そうなの?ばらばらというほど、分野の広がりが無いような気がするんだけど。
同じことを多くの人が学んでいるだけじゃないの?

225 :名無しのひみつ:2006/12/19(火) 05:29:49 ID:iBYQmnTn
複素解析も代数解析も調和解析も中味は全部違うけどだけど解析学と呼ばれる
しかし、専門外の人間から見ればどれも微積やってるようにしか見えない

226 :名無しのひみつ:2006/12/19(火) 06:02:44 ID:QatB+v9q
「金融工学」についてそういう分野分けをいってくださいな。
複素解析・・・正則関数、極を含まないと周回積分が0になることなどを使って複素関数論を研究
代数解析・・・微分方程式を契機とし微分作用素環の層から超関数、特性多様体などを構成する
調和解析・・・しらん、群上の関数をフーリエ展開するん?同変コホモロジーとかこの分野?
こんな分野でしょ。
解析はそれこそ代数よりも古い数学の王道なので分野が広いのは当たりまえ。

227 :名無しのひみつ:2006/12/25(月) 17:56:04 ID:EVMrASes

ガウスは人間のクズ。

最悪の人格破綻者だったのは有名な話し。

228 :名無しのひみつ:2006/12/25(月) 22:04:58 ID:cnYc3rGe
>>227
アーベルさん、おちついて!

229 :名無しのひみつ:2006/12/26(火) 00:24:22 ID:Ve0I5WB6
俺、この前アメリカに行ったとき、ウィッテン?っていう少し太り気味の人と知り合ったんだが、、
ちょっと物理と数学についての意見を言ったら『ジーニアス!ユーアー・ジーニアス!』
って叫ばれたよ。
何だったのかな??

230 :名無しのひみつ:2006/12/26(火) 02:49:43 ID:RbX/cmJf
それなにかおもしろい話かね?

57 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)