5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【バイオ】遺伝的複製と転写が可能な「人工塩基対」の開発に成功=理研

1 : ◆KzI.AmWAVE @Hφ=Eφ ★:2006/08/24(木) 22:35:39 ID:??? ?2BP(125)

 地球上のすべての生物は、DNA上に並ぶアデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)
という4種類の塩基を文字とした遺伝情報を持っています。この4種類の塩基は、2本のDNA間に
おいてA-TとG-Cが対(相補的な結合)をつくり、DNAは全体として二重らせん構造をとります。
2本のDNAがほどけ、新たに塩基対が形成されると、同じ情報をもつDNAが複製され、遺伝情報
が伝達されます。このように相補的に機能する塩基対は生命活動の基本法則となっています。
もし、これら2種類の天然型の塩基対に人工的な塩基対を加えることができれば、従来の遺伝子
組換え技術では不可能であった「遺伝情報に新たな文字を組み込むこと」ができ、人工の構成
成分を含む新機能の DNA・RNA・タンパク質を作り出すことが可能になります。この次世代の
テクノロジーを実現するためには、天然型のA-TとG-Cの塩基対と同様に、複製や転写で相補的
に機能する人工塩基対を開発する必要があり、米国のいくつかのグループと当研究グループで
競合的に研究が進められてきました。

 これまでに、当研究グループは、試験管内の転写や翻訳で機能する人工塩基対を開発してき
ましたが、今回、この技術を産業化するために不可欠な、複製においても機能する新たな人工
塩基対の開発に世界で初めて成功しました。この人工塩基対を組み込んだDNAは、PCRという
装置を用いた人工的な複製により増幅でき、さらに、RNAにも転写できることから、DNAや RNA中に
種々の機能性の構成成分を組み込むことが可能になりました。このブレイクスルーは、例えば、
ウイルスや毒物など特定の標的物質に対する検出・診断試薬や、特定のタンパク質の阻害剤
などの治療薬として医療に役立つ数多くの新規機能性バイオポリマーを作ることができるように
なるなど、新たなバイオテクノロジーの創製につながるものと期待されます。
(以下ソースにて)

理化学研究所プレスリリース
http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/press/2006/060824/detail.html

An unnatural hydrophobic base pair system: site-specific incorporation of nucleotide analogs into DNA and RNA
Nature Methods - 3, 729 - 735 (2006)
Published online: 23 August 2006; | doi:10.1038/nmeth915
http://www.nature.com/nmeth/journal/v3/n9/abs/nmeth915.html

2 :名無しのひみつ:2006/08/24(木) 22:39:15 ID:fSEskpzp
2ゲット

3 :名無しのひみつ:2006/08/24(木) 22:40:15 ID:d7R2N7F1

ちょwwwwwwwww

 これ、すごすぎ!!!!!!!!!!

 だってさ、これが現実ならさ、とんでもことになるんじゃないの????????








 で、何がどうなるの?


4 :名無しのひみつ:2006/08/24(木) 22:40:31 ID:gpdOzRVo
3ゲット

5 :名無しのひみつ:2006/08/24(木) 22:46:02 ID:lKhkVWCS
日曜大工の工作で、『ネジ』を造って宇宙船が完成した図を宣伝しているような感じがする。
確かに未知の可能性はある。
   
しかし、その多くが死に絶え、
結果的に生き残ったものたちの戦争の世界が現実。
 人工的に細工をしても、高性能な完成品になる保障どころか・・・、
かなりなリスクを覚悟して作業しなければならない。

6 :名無しのひみつ:2006/08/24(木) 22:50:50 ID:lKhkVWCS
人工的に自然界のように遺伝子異常(可能性の進化)を起こさせて、
有益な個体は、その中から何体完成すると思う?
   
一方、安全な「『個体の欲望(煩悩)』による進化」は、世代と時間がかかる。
   
事故の無いことを願います。
   


7 :名無しのひみつ:2006/08/24(木) 22:50:53 ID:laDeCQ4d
>>3
俺も詳しくは知らないが、体内でクスリが作れるようになるらしい。

これを発展させると糖尿病などインシュリンを作る場所をすい臓以外にも人工臓器などで、恒久的に補えるらしい。

これを、応用すると、エイズやガンの働きを阻害する物質をクスリで取らなくても良くなったり、無力化されたウイルスを生産し常に抗体を活発化させることもできるとか。

まぁ、こんな事をすればただじゃすまないだろうが。

ほんとにできるようになるにはまだまだ時間がかかると思うが、まさに夢の技術じゃないだろうか?

えろい人、これであってますか?

8 :名無しのひみつ:2006/08/24(木) 22:54:22 ID:gMVtrdlm
よくわからないけど、DNA 塩基配列の自由なカット・コピベがカンタンに
できるようになりました! ってことかな。

9 :名無しのひみつ:2006/08/24(木) 23:00:15 ID:CzdZ7jyf
>>8

今までは遺伝子を弄くろうにもカット、コピペしかできなかったけど
今回の技術が応用されれば、わざわざコピペ(ネット上ではこっちの方が楽だが)してた部分を
完全にオリジナルで作れるようになった、ということ

10 :名無しのひみつ:2006/08/24(木) 23:04:10 ID:CzdZ7jyf
何か日本語変だな

今までは遺伝子を弄くろうにもカット、コピペしかできなかったけど
今回の技術が応用されれば、わざわざコピペ(ネット上ではこっちの方が楽だが)してた部分を
完全にオリジナルで作れるようになる、
ということだな

11 :名無しのひみつ:2006/08/24(木) 23:05:08 ID:Ul5CVBRS
よくわからんが
「呪い」の開発に成功しますたってことなのか?
リアルでXだのNだのの塩基が勝手に組み込まれて
いつの間にか人間じゃなくなってましたって時代が来るのか?

12 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 00:10:59 ID:6JUW05xX
>>1
俺の意見も1の言う通りだ

13 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 00:27:48 ID:yhNUqSet
特定の情報書き込めるってことか?
「人間完全体」なる言葉が出てきたりして

14 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 00:29:50 ID:Stsx0hfy
今までもDNAシンセサイザとかなかった?


15 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 00:30:25 ID:YfO57Se8
>>11
それは絶対無理
そもそも生命はDNAの塩基配列は違えど翻訳機構は全く同じ
いうなれば生命を作る翻訳機は世界に一種類しかないということ
その機械が四種の塩基しか読み込んでくれんのだから、存在しない塩基作ったって何にも起こらん

16 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 00:56:38 ID:Bb6ojbnE
これ何てシュバリエ?

17 :わかんないんです(><) ◆WAkan9Ey1g :2006/08/25(金) 02:00:51 ID:N4L+iB6D
わかんないんです(><)

18 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 03:50:26 ID:MIRSXLWJ
これ「複製」というより「増幅」といった方がいいんじゃね?
よくわからんがPCRで増やしてるだけだよね

>>15
一種類というと語弊がある気が、、、

19 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 04:16:58 ID:enOU0heW
米国のいくつかのグループってアンブレラ社のことか
T-ウィルスの開発成功も間近だな・・・(ガクブル

20 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 07:05:52 ID:C7SX+ZlD
記事の後半に何か色々書かれてて分かりにくいけど、この発表の成果は
天然には無い対になる新しい2種類の塩基を持ったヌクレオチドを入れおいても、
PCRがうまくかかりましたってことまででしょ?

21 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 07:41:42 ID:PGi9xUs2
これはもうダメかも分からんね

22 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 07:52:49 ID:rgjWo6ou
仕様は解らないけどアセンブラは組める状態?


23 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 08:11:57 ID:o82mpBon
後の「BMネクタール」である。

24 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 08:12:27 ID:o82mpBon
後の「BMネクタール」である。

25 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 09:47:58 ID:3fvqpz53
PCRによる増幅とmRNAへのtranscriptionには成功したところでtranslationはまだってこと?
原文の今後の展開のとこ読むとタンパクに翻訳するより
むしろ機能性のユニットを組み込んだDNA自体を使おうとしてるようにも読めるが。
この方面詳しい人解説plz

26 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 12:50:48 ID:4eHhlWXb
BLOOD+ネタ禁止!

27 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 13:14:25 ID:6XSp6vtI
また一歩メガテンの世界に近づいたか

28 :長門:2006/08/25(金) 18:40:44 ID:O2vAd+im
なるほど

29 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 19:11:34 ID:eGK/irC+
全世界イケメン化計画か

30 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 21:05:43 ID:YjFtjyCq
>25
限定的ながらすべてに成功している。
非天然塩基を使った翻訳なんて15年位前にすでに報告されていた。
ただし、全て試験管内かカエルの卵の中の一過的な反応の範囲を超えない。
つまり細胞の中では、まだまだ。試験管内→細胞内のステップはとてつもなく難しいので当分無理。

機能性うんぬんは、リボザイムを知っている?
DNAやRNAもタンパク質と同様に酵素活性を持ちうるが、その材料としてATGC以外にさらに2つの部品が加わる。
部品が増えればそれだけバリエーションに富んだ活性を持ちうるわけだ。
複製が重要なのは、「いろんな配列」→「ある活性をもった配列」を選べば、当然分子数が少なくなる
(1億分の1とか仮に考えてくれ) わけで、増やしてやらないとしょうがなくなるから。

31 :名無しのひみつ:2006/08/25(金) 23:14:26 ID:uMGwEil4
>>30
日本に生まれ、日本で育ち、
代々日本で歴史を積み上げてきたご先祖様を持つ私が翻訳しよう。

つまり、
「オリジナルDNA情報を転写してやるぜうぇははは!!!」→ピカッ!→「オリジナルDNAですウヒョー!」
って事になり、
さらに特定のDNA情報を持つ存在のみに効力を発するウィルスや
物質を作れる事にも繋がるので、
エイズや糖尿病やその他ウィルス系なんかも(もしかして狂牛病も?)
治せるようになっちゃうんだぜ〜!

って事なんだけど、
まだまだ全人類イケメン計画にまでは程遠いぽ。
っていう事らしい。

32 :名無しのひみつ:2006/08/26(土) 05:18:19 ID:h85Bv+gV
いつのまにやらNature Methodsなんて雑誌ができてたのか・・・

33 :名無しのひみつ:2006/08/29(火) 06:22:51 ID:/y1M8Ryg
つーかこれきちんととしたDNAとしての構造形態を取れるの?
解列機構やら補正機構、複製機構など、まだまだ解決しなければいけない
事項が山のようにあるから、実用化はいったい何十年先になることやら…。
t-RNAとか、新たなコドンと対応するアミノ酸位は決めたのかいな?

34 :名無しのひみつ:2006/08/29(火) 10:16:26 ID:ufEFFs7H
あんたが何に使おうとしているのかが気になる

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)