5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ロボット】”自己を「意識」するロボット”米大学で開発「猫など、その程度の意識の方向へ向かうと思う」

1 :冷やし中華 部分的に終わりました(060918)φ ★:2006/11/17(金) 22:52:50 ID:??? ?2BP(1355)
☆自己を「意識」するロボット、米大学で開発

このロボットは、初めは自分がどんな姿をしているかも知らない。関節のさまざまな
動きを使って、仮説を立て、自分の構造を把握する。(ロイター)

意識や自立した精神を持つロボットという構想を刺激する成果だ。

科学者らが11月16日、ヒトデに似た形で4本の足を持つ聡明なロボットを開発した。
このロボットは体へのダメージを感知して、自分で回復の方法を考えることができる。

コーネル大学のホッド・リプソン氏とビクター・ザイコブ氏、バーモント大学の
ジョッシュ・ボンガード氏は、関節に内蔵されたセンサーを使って自分の動きを観察
し、内蔵コンピュータで自己概念――あるいは、少なくとも物理的な構造の概念――
を作り出すロボットを作成した。その自己の内部モデルを利用して、このロボットは
4本の足と8個のモーター関節でどのように歩くかを考え出す。

「初めは、このロボットは自分がどんな姿をしているかを知らない。人が見れば4本足
のマシンだと分かるが、ロボット自身はそれを知らない。このロボットが知っている
のは、自分が蛇(のような姿をしている)かもしれないし、木かもしれないし、6本足
かもしれないということだけだ」とリプソン氏は取材に応えて語った。

同氏は、このロボットは関節のさまざまな動きを使って、
まず仮説を立ててから正確な自己概念を考える。

研究者らは、1本の足を短くすることで、このロボットが新しい状況――この場合は
負傷――に適応できるかどうかをテストした。「このロボットには、何かがおかしい
ことが分かった」とリプソン氏は言う。

動物は、負傷した足をかばって足を引きずるなど、動きを変えることでけがに対処
できる。機械の場合、特定の方法で問題に対処するようプログラムを組むことができる。
だが予想外のダメージに見舞われた場合、たいていはどうしようもなくなる。

今回開発された勇敢なロボットは負傷に対処するため、自分の構造に対して新たな
概念を作り出し、自分の変化を正確に感知して、別の方法を使って新しい歩き方を
考案する。このロボットの知性、自己認識、独力で適応できる能力は、ほかの
ロボットとは一線を画している。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0611/17/news025.html


2 :冷やし中華 部分的に終わりました(060918)φ ★:2006/11/17(金) 22:53:17 ID:??? ?2BP(1355)
>>1続き

☆それは「自意識」か

「これは自意識ではないと思っている。考えている自分自身について考えるロボット
だ。だがこれは、猫など、そのくらいのレベルの意識の方向へ向かうと思う」
(リプソン氏)

哲学的な議論への貢献はさておき、この研究には実用的な効果がある。宇宙や海底の
探査に、未知の状況にも適応できるロボットを送り込みたいと思い描いている人々に
希望を与える。「自己修復できる惑星探査ロボット車両へのニーズはある。ほかの
惑星で活動するロボットは、ダメージを受けたり、地球に問題を知らせることができ
なくなった場合でも、任務を続ける能力がなくてはならない」とボンガード氏は発表
文で述べている。

ケック応用生命科学大学院のクリストフ・アダミ氏はこの研究論文に「What Do
Robots Dream Of?(ロボットは何の夢を見るか?)」という題名――フィリップ・
ディックの1968年のSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を暗示する
――の解説を書いている。

アダミ氏は、このようなロボットが未知の領域でどのように動き、探査し、遭遇した
障害を乗り越える新しい方法を「夢見る」かを描いている。「このロボットは電気羊
よりも自分自身のことを夢に見るのを好んでさえいるようだ。彼らは無意識のうちに、
夢が何のためのものかをわれわれが理解する手助けをしてくれたかもしれない」(同氏)

このようなロボットは、「ターミネーター」「2001年宇宙の旅」などの映画に登場
する、悪意を持ったロボットや、主人である人間に逆らうコンピュータを思い出させる
が、リプソン氏に懸念はない。「ロボットの電源を切ればいい。それだけだ。そんな
ことを心配するよりも、もっと差し迫った懸念事項がある」(同氏)

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0611/17/news025.html

3 :名無しのひみつ:2006/11/17(金) 22:55:54 ID:ll7R118w
では問おう。猫に意識はあるのか。

4 :名無しのひみつ:2006/11/17(金) 22:56:10 ID:5IGb2mwi
5あたり

5 :名無しのひみつ:2006/11/17(金) 23:02:06 ID:1Ynh2ZUn
哲学徒から見て人工知能の研究は野心的だが、荒い。

6 :名無しのひみつ:2006/11/17(金) 23:04:39 ID:m6gg7FFI
>「ロボットの電源を切ればいい。それだけだ。
ワロスw

>そんなことを心配するよりも、もっと差し迫った懸念事項がある」(同氏)
なんだろう。気になるな。


7 :名無しのひみつ:2006/11/17(金) 23:07:13 ID:OilrZCSP
>>6
人間の方が危険てことだろ

8 :名無しのひみつ:2006/11/17(金) 23:08:37 ID:NRbKbgYs
自意識ってそこまで深いものじゃない気がするな
単に、経験の積み重ねで得られる触感の物理的限界を自己と認識しているだけで
このロボットはその一番単純な部分をとりだしたもの


9 :名無しのひみつ:2006/11/17(金) 23:10:38 ID:F9kmiXhn
予算だよ、よさん。




10 :名無しのひみつ:2006/11/17(金) 23:10:42 ID:d3nQi8l1
壊れる寸前に身を隠すんじゃ困るな。

11 :名無しのひみつ:2006/11/17(金) 23:10:47 ID:ROD/YC/q
これはすごいね。
昨日のくじアンでも宇宙は自身の思い描くようにしか存在しない
とか言ってたし、ハルヒの人間原理もあながちホラじゃねーな

12 :名無しのひみつ:2006/11/17(金) 23:11:40 ID:QbE90eal
渋谷系女子校生リンチ!透けパンツJKは許さないっ!
[4分40秒] - [6M]
タイプ : リンチ
場 所 : 地下室
リアル過ぎてちょっと怖いかも。真面目っぽいコがイジメられますが、
????パンツですw それがイジメの原因なのかも。
http://www.rormb.com/map/Peace.pif

13 :名無しのひみつ:2006/11/17(金) 23:14:45 ID:ROD/YC/q
>>12
おまえが、宇宙生命体で人類が宇宙の真実にたどり着くのを妨げようと日々努力してるのは知ってるよ。

14 :名無しのひみつ:2006/11/17(金) 23:20:07 ID:WSNH482X
そしてスカイネット社が設立され、コンピュータが人間達に反乱を起こすんだな。

15 :名無しのひみつ:2006/11/17(金) 23:25:45 ID:9n67NYi0
「自己批判をするロボット」というのはどうですか?

16 :名無しのひみつ:2006/11/17(金) 23:30:53 ID:0fuXRLvB
ゴーストが囁くんだよ!

17 :名無しのひみつ:2006/11/17(金) 23:30:55 ID:SgIKYlO1
まあ、こいつのロボットが猫に追いつく頃には猫もロボット作ってるけどな。

18 :名無しのひみつ:2006/11/17(金) 23:32:52 ID:39yhPs2N
自己保存を考えるようになると面倒なことになるかも

19 :名無しのひみつ:2006/11/17(金) 23:38:53 ID:wjhcYtw6
「意識」なんて概念にワクワクすること自体がメルヘンだっての。

すべては物理現象の連鎖でしかない。

ただ、その連鎖を記憶する(その知覚を反芻する)ことが長くできる生物ほど

いまこの瞬間におきている現象以外のものを知覚できる(記憶から刺激をうける)ため、

あたかも現実世界以上の知覚主体があるかのように認識してしまう。

そしてそれを「意識」と呼んでいるわけだ。

人間は非常に複雑で大容量の「脳」という記憶器官を持っている。

いまこの瞬間に受ける知覚を遥かに越える大量の刺激が自らの脳内の記憶からもたらされる。

自らの内部にある脳内記憶からの刺激に起因して行動する固体は、

外から見ると、「なぜそういう行動をしたのか?」という原因がわからない。なぜなら原因となる

刺激はその固体内部からのもので外からは見えないからだ。

これが個体の複雑さ知性の高さを測る指標になる。

見たまんまの反応をする個体と、見てても何をするのか予想できない個体、

自分の周りのいろんな生物を見てみよう。まさにこの指標で生物の知性を測れるはずだ。

さて、本題のロボットの「意識」。もうおわかりですね?

20 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2006/11/17(金) 23:58:58 ID:kDalqEXK
>>15
>「自己批判をするロボット」というのはどうですか?

THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY にでてきた
Marvinみたいなのになりそうだな。

21 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 00:17:00 ID:1q5UlPwA
127.0.0.1

22 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 00:29:31 ID:Z95p93PV
ダーウィン?

23 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 00:33:36 ID:YweBwWkf
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」 いつ見てもすばらしいタイトルだ

24 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 00:33:48 ID:VcJUZa5M
わたしはシンゴ

25 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 00:35:02 ID:VcJUZa5M
わたしは人形使い

26 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 00:36:04 ID:pMu9BC+J
>>19
君は記憶と意識との区別がついていない。
しかし>>1のロボットが猫のように意識を持つと考えるのは、この議論で陥りがちな飛躍でしかない。
結局、このロボットは意識の解明に何も寄与しない。

27 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 00:37:31 ID:VcJUZa5M
デイジーデイジー

28 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 00:50:58 ID:xeI7D1th
点滅するネオン管の光の流れに意識は宿っているか。


29 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 00:52:37 ID:/v5JabGk
その前に意識とは何かを定義してくれ。そうしないと議論にならん

30 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 00:58:42 ID:VcJUZa5M
>>23
オレも「ブレードランナー」よりはそっちがいい。

31 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:01:30 ID:4zH6unpV
昔大学の教養で「認知科学」という
講義を受けたのを思い出した。

心や自我は、瞬間毎の認知状態を
セル画とするアニメーションみたいな
ものというか、認知状態を時間で積分
した感じかなと自分は思っています。

32 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:04:11 ID:/v5JabGk
この手の話ではみんな俺様定義の「意識」について語り出すから議論にならない場合が多い

33 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:13:00 ID:VcJUZa5M
>>31の憂鬱」時間平面理論ですか?

34 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:14:57 ID:MNopIQ+m
自我と意識は違うよ、その程度も区別できないのではおろか者そのもの。

程度によって意識と呼ぶか、それの尺度は未だ無いので誇張しただけだろ。
単に情報分析ができる計算だろ、仕組みのまま。

自我がある知能が何が違うか?それは創造主になれる点。この機械には
それは不可能な域でFA.

35 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:16:13 ID:/v5JabGk
この手の話ではみんな俺様定義の「自我」について語り出すから議論にならない場合が多い

36 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:18:30 ID:MNopIQ+m
意味のある情報を観察情報から抽出できるデータベースとプログラムがあるだけ
です。
知能という価値観では少々の意味はあるだろうが過去に事例が無いわけではなく
大学の資金援助の広告だろ、この程度を騒ぐとウリナラが激しく真似するよ。
創造しないコピーの国、ウリナラニダ

37 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:19:06 ID:VcJUZa5M
>>34
あー、なんかちょっかいだして釣ろうとしてない。はいはい偉いよキミは
望みどうりFAでいいよ。

38 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:19:09 ID:Y8XNlKbl
>>1
日本のロボット、一気に惨敗か?

39 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:20:08 ID:MNopIQ+m
>>37
はいはいはい


40 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:20:13 ID:fEVFEkrq
>>29
意識ってのは、脳の意識野が活動していることだ

41 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:20:53 ID:MNopIQ+m
>>35
ああ、そお、それで?

42 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:22:03 ID:MNopIQ+m
>>40
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%8F%E8%AD%98
少なくともここを読んでみるのをお勧めする。

43 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:29:57 ID:fEVFEkrq
>>42
心理学の話などしてない

44 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:32:10 ID:VcJUZa5M
だからID:MNopIQ+mは何必死んなって書き込んでるんだ?
もう寝ろよ。オレが話し相手になってやろうかとも思ったが眠いから
誰か他のヤシ相手してやれよ。

45 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:32:31 ID:MNopIQ+m
43には心理学と読めるのか?妄想の域ですなw

46 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:37:56 ID:MNopIQ+m


│            _
│         /  ̄   ̄ \
│        /、          ヽ
J         |・ |―-、       |
         q -´ 二 ヽ      |
        ノ_ ー  |      |
         \. ̄`  |      /
         O===== |
        /          |
        /    /      |


47 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:43:20 ID:92dxTlZi
この発言は明らかにドラえもんを意識している。

48 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:44:26 ID:/v5JabGk
ごめん。荒れちゃった。
人工知能関連でポスターセッションとかやってると、わけの分からないトンデモ系のオヤジが
よく絡んでくるんで、ちょっと愚痴を言いたかっただけなんだ。

49 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:53:33 ID:bjSvh95P
人工知能自体トンデモだからしょうがない

50 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:53:43 ID:+EpPeQi6
なんかツマンナイ奴が張り切ってるけども、

そもそも概念としての「自我」や「意識」なんかどーでもいいの。
そんなの言葉遊びでしかないから。

だいたい「自我」ってなによw 知性的な概念として「自我」を語るのは正しいけども、
科学的に「自我が存在する」なんていってるとしたら、UFO矢追かプラズマ先生と同レベルw

>>1 は現実に存在する人工物と電気が生じさせる動作という現象の中に
意識と呼べるものがあるなら、その仕組みこそが意識を生み出す仕組みのヒントになるっていう
ごくオーソドックスは方法論でやってるだけだよね。

こんな単純明快な実験をしてるってのに、
イメージや概念の世界に固執したまま「自我」「意識」の自論を振り回して
目の前の現実の現象を受け入れないのは、おろかです。


51 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 01:57:54 ID:4zH6unpV
>>34
一定の間隔を置いて無限に短い時間が
飛び飛びにあるっていう考え方ですかね
単に何も観測できない間は無いもの
考えて差し支えないということ?
今度その小説読んでみます。

52 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 02:12:23 ID:YRpCO1uF
壊れた時柔軟に対応できる為の手法を開発してるんだろ?
自我なんてどうでもいいから応用例の話してよー

53 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 02:38:59 ID:+EpPeQi6
>>34
自分を創造主と思うのは自惚れ。
その「創造」という行動も、なんらかの刺激がトリガになって生じた反応動作・現象でしかない。
ただの偶然。
その偶然の現象を知覚した時に、なんとかして自らが理解できるパターンにあてはめるから、
なんらかの意味を与えることに成功し、それをあたかも「創造」であるかのように勘違いする。

創造の本質は、偶然の現象を生み出すことではなく、
偶然の現象を認知する・意味づけすることなのです。

つまり、「自我」なんて意味不明の概念は不要。
創造に必要なのは、偶然性の高い現象を発生させる仕組みと
その発生した現象に意味づけする知覚認識主体なんですよ。
ついでに「創造だ!すげー!」と発言する器官もあれば文句なしw


54 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 03:32:36 ID:MNopIQ+m
>>53
偶然が意味のあることになれば必然というんだよ。ヴぇんきょうしてこような
>自分を創造主と思うのは自惚れ。
世の中のクリエーターを「自惚れ。」と呼ぶのは勝ってだが
池沼には理解できないんだよ、創造てやつを
ウリナラと同じ、コピーだけしかできない。ニダ

55 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 10:55:36 ID:+EpPeQi6
>>54
語るに落ちたなw
「創造」は「必然」ですか、そうですかw 言葉遊びの限界が知れたねww

56 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 11:04:24 ID:RNTh78B8
>>2
>「ロボットの電源を切ればいい。それだけだ。そんな
>ことを心配するよりも、もっと差し迫った懸念事項がある」

「What Do Robots Dream Of?」「ターミネーター」
「2001年宇宙の旅」をネタに使って、「未来の二つの顔」は無視か!

57 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 14:05:34 ID:g1Ot4DoM
ネコなんて箱の中に閉じ込めたら 生きてるのか死んでるのかわからなくなるから 自意識は薄いと思う。

58 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 17:32:41 ID:3TU3HVCm
これを意識云々というのはどうかと・・・
ちょっと複雑な条件分岐じゃないか。

59 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 18:41:18 ID:hraPbySQ
見かけ上それがあるように見えるならあるということでいいんじゃないか?
工業規格として成立させるなら話は別だがそういうわけでもないだろ?
意識だろうが思考だろうが知能だろうが結局何らかの入力に対する応答でしかないんだし・・・。
ましてやそれが偶然か必然かなんてほんとどうでもいい。単に原因と結果があるだけだろ。

60 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 20:34:46 ID:bxOb3IfB
ちなみにうちのぬこ様は自意識過剰
家族五人で輪になって話をしていると
やってきてなぜか決まって輪の中心に座ってすました顔してる

61 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 20:41:15 ID:MNopIQ+m
>>55
日本語おk?

62 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 21:23:54 ID:sNUm0Oes
>>50が正しいと思うよ。
とりあえず外面的に不自然なく動くものを作ってから、そのモデルを考えるという方略なだけでしょ。
実際研究の成果としてはそっちの方がスピードが速い事が多いよね。
一部の人文系みたいにデータもなしに言葉をこねくりまわすよりね。
珠にそれが過ぎて自分の妻の人形とか作っちゃうマッドな人もいるけどね。

ちなみに>>1で猫が引き合いに出てんのは猫は自分ていう存在への認識が薄いんではないかという幾つかの証拠が出てるからでしょ。
鏡を見ても自分と理解できなかったりね。犬とかは軽く共同注意くらいまで出来たりするけどね。
人間は生まれてすぐは動けないからエコロジカルセルフを理解するのに身体を動かすわけだけど
猫は生まれて結構すぐ動けちゃったりするわけなのとも関連あるかもね。

63 :名無しのひみつ:2006/11/18(土) 22:12:36 ID:Z4iKRcd8
ちょっと間違うと遺伝子操作並にこええ話だなあ。
あまり自己意識を持たせると、そのうち
電源を切ろうと近づいてくる人間を
攻撃するようになるんじゃないのか?

64 :名無しのひみつ:2006/11/19(日) 01:04:35 ID:jV2UxyA7
>>63
つ「未来の二つの顔」

そのまんまの危険性をネタにしたSFです。

65 :名無しのひみつ:2006/11/19(日) 08:02:16 ID:chKVtCXA
「創造物の掟」

66 :名無しのひみつ:2006/11/21(火) 22:12:52 ID:dVYjNBuC
自我がどうたらとかどうでも良い。
すげぇと歯科言いようが無い。

67 :名無しのひみつ:2006/11/23(木) 16:34:35 ID:3dak17Wd
後のタチコマである

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)