5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【医療】HIV感染の男女、体外受精へ…精液からウイルス除去

1 :プリオンφ ★:2006/12/12(火) 22:17:15 ID:???
血液製剤によってエイズウイルス(HIV)に感染している関東地域の30歳代男女が、
体外受精か人工授精の実施を荻窪病院(東京都杉並区)に申請していることがわかった。

同病院の倫理委員会で審査されており、連携する大学病院の協力が得られれば実施する方針。
男女ともにHIV感染者で体外受精などを実施するのは、世界でも例がないという。

荻窪病院の花房秀次・血液科部長によると、二人は血液製剤によって20年以上前にHIVに感染し、
抗ウイルス薬は使用していない。女性はHIVの量が少なく、免疫の状態も良好だが、
男性は増殖能力の強いウイルスが増えて免疫が低下している。性交渉で妊娠すると、
男性のウイルスが女性に感染する恐れがある。

花房部長らは、精液からHIVを理論上100%除去できる方法を開発している。
これまでに男性が感染者の55組に体外受精を実施し、37人の赤ちゃんが生まれたが、
母子に感染した例はないという。今回は女性も感染者だが、帝王切開などにより、
赤ちゃんに感染する危険性は0・5%以下に抑えられるという。

ソース
読売新聞:http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20061212i114.htm?from=main1

関連URL
The Japanese Society for AIDS Research:http://api-net.jfap.or.jp/siryou/kenkyu/tanaka/pdf/D089_S11.pdf


2 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:17:51 ID:ySWjAGpF
さっさと死んでしまえばいいのに。
子供もどうせHIV!

3 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:18:31 ID:n9d6pXhL
すごい技術

4 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:22:42 ID:cQr6eHNM
> 精液からHIVを理論上100%除去できる方法を開発している。
これがすごいな

5 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:26:54 ID:NO3Xd7Lo
>体内血液からHIVを100%除去できる方法を開発しろ

6 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:27:28 ID:R5RR1PsY
二人とも血液製剤で感染して気の毒 ぜひ成功してほしい

7 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:28:31 ID:mYOAT9/S
ここまでして子供ほしいの?
子供がこれをしったらどうなる?
無理してつくらないほうがいいのに

8 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:29:19 ID:ylvJVXUi
もうヤリまくっても金さえあればへっちゃら

9 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:29:37 ID:s+BHtp4q
>>2が氏ぬことをみんなで祈ろう



10 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:31:52 ID:ofs8gPfx
普通に養子をもらえばいいのに。。

11 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:36:20 ID:Wt77v01C
>>7
知っても別に問題ないだろ。

12 :名無しのひみつ :2006/12/12(火) 22:37:23 ID:BYmcuimZ
>>2が氏にますように。

13 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:38:50 ID:V4oLl4I0
>精液からHIVを理論上100%除去できる方法

ウィルスのサイズと精子のサイズって桁違いじゃないのか?

14 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:39:53 ID:TLpYy8pT
>>1000なら精液からウイルス除去失敗

15 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:42:15 ID:l+H/HNe7
>>2
死ね。氏ねじゃなくて死ね。

16 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:43:48 ID:UTHVMc+J
前から思ってたからついでに聞くんだけど、
妊娠中の母子感染の可能性が低いのは何故?
へその緒はウイルスを通さなくて、
さらに他の粘膜を介して感染することも無いの?

17 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:46:08 ID:xpOYyXBV
子供は生きろ感染者は死ね、氏ねじゃなくて死ね

18 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:46:23 ID:L+ijw+cF
ここまで出来るなら、治療も完全に出来るだろうに

19 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:49:23 ID:G5CIMUTl
>>16
血液型だけをとっても不思議だよな。
母親がAB型で胎児がAかBなら母親は平気だけど
へその緒からABが入ってくる胎児は血が凝固しないのか?


20 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:51:52 ID:l+H/HNe7
>>17
親が感染したのは血液製剤によるもの

21 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:53:47 ID:d+x/sYM+
今年の夏ごろのサイエンティフィック・アメリカンの特集で、母親の細胞は胎児に入らないが、
胎児の細胞は母親の胎内に入って20年くらいは分裂を繰り返して生き続けると出ていた。

22 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:55:36 ID:G5CIMUTl
>>21
じゃー胎児はどうやって育っているの?


23 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 22:56:27 ID:Y2PPdsaW
>>7
この子供は寄生できる

24 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 23:10:00 ID:9vGAZ3mi
二代に渡って製薬会社を訴えるに2ペリカ

25 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 23:13:11 ID:wahBEIQZ
子供にチューしたら感染?

26 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 23:15:19 ID:VmfTPy31
知恵遅れ同士の結婚とか四肢麻痺同士の結婚とかじゃないから
まだゆるせる
男はともかく女性は死ぬまでなんとかして自分の子を育てようとするだろうから

とーきどき
自分たちでは明らかに子育てできないくせに
ガキだけつくって他人まかせのバカ野郎障害者とかがいるからな
腹が立つよ
セックルしたいだけだろがおまえら

27 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 23:15:57 ID:mrHDrnhS
ひどい奴が混じってるな。マジで逮捕されればいいのに。

28 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 23:21:31 ID:JMGWrZxX
つーか、もともと妊娠でも100%近くの感染率じゃなくて
ぜんぜん低いんでしょ。100%感染すると思ってたよ昔

29 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 23:22:04 ID:gKRaCdfF
これ慶応の先生が開発した技術だよね。
臨床応用はようやくだったんだ。

30 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 23:23:00 ID:SUIOZMMf
>>25
唾液から感染はしないと何度言ったら

31 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 23:28:09 ID:F4tSyCDj
まぁ、すごい技術なことは確か

32 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 23:29:55 ID:ot+jGSle
救う会は出会い系

33 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 23:33:24 ID:O+WyZE9D
胎児と母親との間には胎盤関門が存在し、必要な栄養素はこの関門を通して
行き来します。
エイズウイルスはTセルのCD4+に感染し、徐々にこれを破壊するため
エイズウイルスは関門を通過できません。
しかしながら、出産時において、母体からの出血を伴った場合、血液中の
ウイルス感染Tセルが子供に感染することもありえる。


34 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 23:40:17 ID:UTHVMc+J
>>33
なんか分かるような分からないような。
んでもありがとう。

>>30
俺もそう思ってたけど、Yahooのレッドリボン企画で知った。
これってキスも感染源になり得ると解釈した。
http://redribbon.yahoo.co.jp/know/index4.html
>HIVに感染した、男性の精液や女性の膣分泌液を感染源として、
>性器や直腸、口の粘膜を通してパートナーに感染します。



35 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 23:41:59 ID:UTHVMc+J
あ、あくまで可能性だから、絶対フェラしないんだ!って言う人なら
大丈夫かもしれないけど、やっぱり怖いのが正直なところ。

36 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 23:43:21 ID:O+WyZE9D
つまりはウイルスの感染した細胞が関門(壁)を突破できないので大丈夫ってことだ。


37 :名無しのひみつ:2006/12/12(火) 23:45:41 ID:UTHVMc+J
>>36
そういうことはなんとなく分かるんだけど、
感染した細胞みたいな大きいのじゃなくて、
その細胞で殖えて飛び出してきたウイルスは通過できるのでは?と。
確率的に低いのかな。


38 :名無しのひみつ :2006/12/13(水) 00:01:29 ID:C1h6jYtd
ふざけるなって思うスレタイなんだがよく読むと

>血液製剤によってエイズウイルス(HIV)に感染している

もうちょっとスレタイ考えてやれよと。。。

39 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 00:04:43 ID:hso6kVAb
>>30
相手に虫歯があれば、そこから感染する可能性はあるよ・・


40 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 00:20:22 ID:Pcr2P76+
安全なぶっかけものができると

41 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 00:28:55 ID:LJ//c3rF
あんま考えたこと無かったから憶測で話をすると
関門はなぜ存在するのかと言うと、そっから先に有害なものを通さないためなので
通らないんだよ。

とは言うものの、俺も通るかもしれないと思ったw
関門を突破するには関門の細胞に取り込まれるか、トランスポータで行くかのどっちか
だけど、トランスポータは栄養を運ぶために使われていて
細胞に取り込まれるのは、その物質の脂溶性に依存して取り込まれやすくなるため
脂溶性が高いと容易に細胞内に移行する。
ウイルスって、たぶん脂溶性高いよ・:・・

一応そのほかにP−糖タンパクがあり、関門を通ってきた有害で脂溶性の高いものを
関門外に放り出すお掃除トランスポータもあるがね。


42 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 00:30:44 ID:aSpaNg34
残念ながら、激しく>>2に同意だ。
おそらく大半の民意を代弁しているに違いないのに、
>>2にしね言うてる連中はすでにポジティブなのか?
ポジティブはいまさら他人に死ねと言われなくても
死が確定してるからな。
まじれすすると、
まぁ、人間いずれは死ぬんだからそうムキにならなくても。
とはいえ、人間なら誰しもが惨めな死に方はしたくないと思うのが普通よな。
現代においてHIVに感染して死ぬのってわりと底辺に位置する死に様。
他人にそしられるし、自分はブルーだし。
自分がもし感染を知ったら、新しい生命を生み出す気なんて
すっかり失せて、自殺することを考えるけでどな。
みんなHIVに感染なんかしたくないし、一人でもポジティブを減らしたい。
これが真意だろ。なのに、わざわざ感染者が子供を作って
不幸なポジティブを増やすのか。ポジティブなら、ポジティブの
辛さを誰よりもわかっているはずなのに。自分と同じ辛い思いを
する人間をわざわざ増やそうとしている。まして我が子を!
みんなHIVになんて感染したくないんだ!ということで、
今回の症例はHIVに感染している両親が子供を作ることに反対というわけ。
その子供のことを考えてみろ。
生まれながらにHIV。つまり
生まれた瞬間に最低な死が確約されているわけで、
そんな生命の誕生を純粋に許してはいけないと思うよ。


43 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 01:01:38 ID:0yaTfGQL
どこを立て読み?

44 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 01:15:36 ID:6QvUEZuk
育てられるのか?
ましてや、もし子供まで感染してたらどうするんだ?
本とバカな人間だ。

45 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 01:27:27 ID:E/ZjehQE
>>2が死んで地獄に落ちますように

46 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 01:36:47 ID:oM3hdaJB
親が両方HIVだと生まれてくる子供がかわいそうだな
障害者親に持ってるみたいで

47 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 02:20:22 ID:dtD8zlLL
>>44
一緒に住むんだしその危険性は十分あるよね
このカップルもそうやって感染したみたいだし。。
赤ちゃんの時なんか特に感染に弱いしさ
世話をしていて唾液が100%入らないという保証もない
この子の未来は真っ暗だ

48 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 02:28:44 ID:s5nBn5pw
ただのエゴイストだな

生まれる子が可哀想

49 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 02:44:03 ID:s6ZbKaaM
男の人は、免疫低下で死にそうなんじゃないのかな?
だから、今出来る方法で、奥さんは旦那さんの分身を残そうとしてる。
男性の死語の人工受精は、
その人の子供として認めることが出来ない方向なんだっけ?
最愛の人が死に向かってる時、
せめて彼の子供が欲しいと思うのは本能じゃないかな。

昔だったら、諦めなきゃどうしようも無いことが、
出来るようになったからこそ難しいんだよね。

自分が子供の立場だったら、正直そんな生まれ方は勘弁してほしい。

ただ、生まれた子を立派に育てあげられたら、
そんな親を誰よりも尊敬するかもしれない。

50 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 02:52:07 ID:Kd+9ltcC
HIVの量は少なくても
最終的には発病しちゃうんでしょ?

しかし20年前に感染して
その後20年間無事に生きてこれたってのがすごいな

51 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 03:07:57 ID:7y0evMz2
そこまでして子孫を残したいのかな。よく分からん。

52 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 05:49:49 ID:hZS0YclJ
>>2どうしてそんな事が言えるのか?不思議に思う……心が荒んでいる…

53 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 05:52:47 ID:GuNDDQrK
親父は死にかけで母親もいつ死ぬかわからんのに子供作るのは無謀かと・・
父親知らずに育って母親は子供が10歳ぐらいの時に発症して死去
あとは児童養護施設か里親か、どっちにしても不幸だな

54 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 06:55:29 ID:xgwrPPVq
傷口にツバ付けても感染する可能性はあるわけだから
長期間接していれば家庭内感染もあり得るよな
そうなった時、親はどう責任を取るのだろう

55 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 08:02:44 ID:wMdKMRt7
親のエゴに思える

56 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 08:16:51 ID:WoI5AUnt
血液から除去できたら凄いのに

57 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 08:33:40 ID:Dtlydz4y
唾からは感染しない。

58 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 08:51:35 ID:svHkcFJL
エゴで何が悪い
エゴを持たない人間なんていないだろ
特に子供を持ちたいなんてのは、生存欲求の中でも相当大きい
この二人は薬害でHIVで感染してるし、可哀想にも程がある
それを最低限のリスクで救済出来るなら、こんなに良い事はない

いざ、臨死の際に子供も配偶者もいないのは、きっと寂しいよ…
悪いこともしてないのに、何故孤独で死なないといけないのか?
子供に悪い形質を残すこともないのに、何故その機会を得ることもあたわないのか。

でも、残される子供も悲しいか…
遠くない未来に死が確約されるって辛すぎるな。

59 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 09:14:44 ID:KasW5xfi
人間はエゴで生きている
それを認められないなら生きていなければいい。ただのあほはみんなの迷惑。
いちいち人のやることにつっかかんな、ボケ!

60 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 11:40:00 ID:YmzjW/ea
エイズで親はどれだけ生きていられるか。
本当の戦いはこれからだ。

61 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 11:48:52 ID:75HFH4CS
>>47
ふたりとも血液製剤で感染

62 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 12:23:33 ID:aSqQ8WWD
原著論文
何で遠心して軽い部分を取るとウィルスに汚染されてない精子を取れるのか分からん
詳しい人説明よろしく

Kato S, Hanabusa H, Kaneko S, Takakuwa K, Suzuki M, Kuji N, Jinno M,
Tanaka R, Kojima K, Iwashita M, Yoshimura Y, Tanaka K.
Complete removal of HIV-1 RNA and proviral DNA from semen by the swim-up method:
assisted reproduction technique using spermatozoa free from HIV-1.
AIDS. 2006 Apr 24;20(7):967-73.

63 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 12:28:55 ID:kxEsB6Wz
何で1も読まずに罵倒してる馬鹿が、こんなにたくさんいるんだ?

64 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 12:53:17 ID:eAQig91X
近い将来、発症して死ぬかもしれないことがわかっているのに、子供を作るのは、無責任ではないか?

また、この技術に関しても疫学的データがないのでは?。
天寿をまっとうした子供がまだいないから。



65 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 13:47:36 ID:PLOrfGHY
>>64
発症しないかもしれない。
発症しても30年くらい生きられるかもしれない。
発症しても完治できるようになるかもしれない。

66 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 14:06:18 ID:KasW5xfi
>>59
だろ?スレタイだけでいきぬくこんな世の中じゃ(ノ_・。)

67 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 14:13:14 ID:clEVXGPt
>>66
ポイズン!

68 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 14:14:27 ID:qKBHicjb
人体自体を遠心分離機とかかけてエイズウィルスを分離させ合体させたらエイズ治療できるんじゃね?

69 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 14:34:29 ID:KasW5xfi
>>64
今気付いた…どうせデータなんてとってねぇ。

前から思ってたけどさ、被験者扱いするならよ、それなりの金はらわんのかよって。
モルモット扱いなら、相当要求しますけど…わたしだけ?

70 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 14:38:48 ID:KasW5xfi
>>68
クルクルされるのは人体?!
もしエイズでも「おえぇー」ってなりそうなんで…できれば、遠慮したいなぁ…
なんかわからんけどココオモシロイ!

71 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 14:53:42 ID:PLOrfGHY
>>69
あなただけだよ。
モルモットになれないと強力HIVに奥さんも感染してしまうかもしれない。
そうしたら生まれてくる子供にも感染してしまうかも。

モルモットになれればそのようなリスクを軽減できる。

子供ほしさにいちかばちかで非感染者の奥さんと賭けに出る夫婦もいるんだし、
それよりは無茶苦茶安全に子供が持てる。

病院側としてはできたらこんなモルモット来て欲しくないんじゃないか?

72 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 15:07:29 ID:KasW5xfi
>>71
本当に自分の身に…なってないわよね?
死ぬが前提なのに、余裕ぶっこいてますねーたぶん人間じゃないわw

73 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 15:09:48 ID:PLOrfGHY
>>72
死ぬが前提??

74 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 16:57:00 ID:FDIx5v/i
この産まれた子供と自分の子供を同じ幼稚園に通わせられます?
科学N+板のみなさんならどうすか。

わたしゃ嫌です。人前では言いませんけど。

75 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 17:31:23 ID:PLOrfGHY
>>74
感染者じゃなければいい。
ただしご両親がうちの子に近づかないのが絶対条件。

76 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 17:57:22 ID:4iTI8v6Y
子供可哀相だな
生まれたときから夫妻、いや負債を抱えつづける人生になるのか

77 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 18:51:23 ID:57kwWcy9
いつからここは>>1を読まない奴ばかりになってしまったのはいつ?

78 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 22:41:04 ID:yvewGafi
>>42
文が理解不能なのでみなさん、スルーしてますが。
まあ、民意の代弁頑張ってくださいw
その前に小学校レベルの読解能力を身につけられたほうがよろしいかと思いますがwww


みなさん、記事よく読みましょう。
>血液製剤によってエイズウイルス(HIV)に感染している関東地域の30歳代男女が
>精液からHIVを理論上100%除去できる方法を開発している。
決して、セックルしまくりで感染したわけではありませんし、子供はHIVが感染することもないですよ。


>>74
なぜ嫌なのかが理解できないんだけど・・・
あなたが科学N板にきている以上、少なくとも科学を信頼しているわけで、仮に子供が
感染していたとしても何ら害はないと思っているはずでは?
それでも拒むんですか・・・
まあ、感じ方は人それぞれだからショウガナイとは思うけど。
でも、もし自分が血液製剤などで何ら非がないのに、>>75みたいなこと言われたらどう
感じるでしょうか?

79 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 23:14:36 ID:mv0R6rPE
>>74>>75も親の愛があるということ
子供のために可能な限り危険を遠ざけようとするのは親として正常

80 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 23:38:45 ID:xwfqJn4m
>>7
血液製剤で感染した人に死ねなんて、よく言えますね。

81 :名無しのひみつ:2006/12/13(水) 23:40:45 ID:xwfqJn4m
>>76
なんで子供が可哀想なんだ?
俺は、愛情一杯受けて幸せだと思うけどな。

82 :名無しのひみつ:2006/12/14(木) 01:35:06 ID:DsMtfGFV
血友病は基本的に女はならないから、>>1の女も血液製剤による感染ってのは嘘だな。
男とのセックスなり共同生活なりでうつったんだろう。ついでに産まれる子供が男なら血友病
は遺伝する可能性がある。

>>75
俺も嫌だね。子供は結構血出すしな。
もし子供が非キャリアだとしても、いつキャリアになるかわからない。
そもそも子供が幼稚園に入るに当たって検査してくれるかどうかわからない。
検査したらしたで騒がれそうだし。しなきゃ不安だし。
この夫婦の住んでる自治体は今から戦々恐々かもな。

83 :名無しのひみつ:2006/12/14(木) 01:41:46 ID:DsMtfGFV
>>78
科学を信頼しているからこそ不安だね。例えば唾液で感染することはないっつっても
虫歯があったり傷があったりすることは考慮されてないだろ。
そして子供は予想もしないようなことをする。だから避けられるリスクは避ける。

>何ら非がないのに、>>75みたいなこと言われたらどう感じるでしょうか?
非があろうと非がなかろうと関係ない。危険なものは危険。血液製剤由来だったら
自分の子供が感染してもかまわないとでも?
人間、子供のためっていう免罪符があると本心が出るもの。HIV研究の本職さんも
いざ自分の子供のことになったら避けるんじゃないか。

まあ俺もこういうことは大きい声では言わない。
世の中>>78さんみたいにピュアな人が多数派なのかね。

84 :名無しのひみつ:2006/12/14(木) 01:50:13 ID:QYP4hhgu
>>82
>血友病は基本的に女はならないから、・・・

って「基本的」にはでしょ。
だったら、嘘だって言い切れないんじゃないの?

85 :名無しのひみつ:2006/12/14(木) 09:19:11 ID:yj+pWfpo
>>82
女性患者もいる。X遺伝子が両方血友病の因子持ってる人はいる。

加えていうなら「血液製剤」には血友病治療用以外にもいろいろある。
HBV,HCV汚染のフィブリノゲン製剤とか、血液から作られるものは血液製剤。

86 :名無しのひみつ:2006/12/14(木) 14:50:41 ID:DX/bgG7s
別に俺は気にしないな。っていうのは嘘だけど、
気にしだしたらきりが無いだろ。

子供がHIVに感染していないといっても、
>精液からHIVを「理論上」100%除去できる
>37人の赤ちゃんが生まれたが、 母子に感染した例はない
というのが、感染する可能性が0%とは断言できないし
出産後の感染だってあるかもしれない。
ましてや感染したからといって見た目で分かるわけでもなく、
最新の検査方法で100%未感染を証明できるわけでもない。

それに、感染後10年以上経っても発症しないことも珍しくないわけで、
仮に母親→子供→別の人→別の人→…以下続く
ってなっても、そんなの証明するのは困難。

ただ、少なくとも両親は自分がHIVに感染していることを自覚しているわけで、
普通の人なら他人にうつさないよう細心の注意を払うだろう。

一方、感染しているのに何年も気付かないで
普通の生活をしている人間がかなりいるわけで。
感染云々で言えば、そういう人の方が
この人たちのケースより厄介な問題だと思う。
厳密なことを言えば、自分自身100%HIVに感染していないか?と考えれば、
そこまで断言する自信は持ち合わせてないよ。
限りなく100%感染して無いだろうけど。

87 :名無しのひみつ:2006/12/15(金) 11:41:16 ID:J5rw080C
>>86
国民全部に定期的な検査を義務付けて欲しいものだ。

88 :名無しのひみつ:2006/12/15(金) 12:10:56 ID:2du1olzg
女の感染は卵子いじったりはどうしようもできない?

89 :名無しのひみつ:2006/12/15(金) 14:53:53 ID:J5rw080C
>>88
卵子は感染してないから。

なんで感染者妻+非感染者夫バージョンがニュースにならないかというと体外受精しなくていいから。
つまり夫の精子を妻の体に入れればOKで、後は母子感染を防ぐ薬を飲んで帝王切開で出産するだけ。
病院で人工授精でもいいが、ご家庭でもやろうと思えば簡単に出来るわけです。

90 :名無しのひみつ:2006/12/15(金) 18:40:44 ID:5NkeCznE
いやエイズ感染者は子供作っちゃ駄目だろう
人権無視かも知れないけどこれ以上感染者を増やしても仕方ないだろ?
エイズに生まれるぐらいなら子供も可哀想だぞ

91 :名無しのひみつ:2006/12/15(金) 22:34:23 ID:oiNb3iDL
だからまずHIVに感染して生まれないと何度言ったら(ry

92 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 09:40:34 ID:wfhyVfVe
>>90
子供にうつさない技術がニュースになってるスレで何をいってるのか
ちゃんと記事読め

93 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 11:23:53 ID:I57dhfJP
読み返してようやくこのスレの内容が分かった。
出産だけなら母子感染はほとんど無くて、
精液からウイルス取り除けばOK、ということか。

考えてみれば免疫不全の状況で帝王切開する母親は凄いな。

94 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 17:21:39 ID:pfm7cRK+
おまいさんは本当に読んでるのかと
>女性はHIVの量が少なく、免疫の状態も良好
HIVに感染から免疫不全になるまでに数年〜十数年かかる。

95 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 19:41:12 ID:I57dhfJP
>>94
ああ、その点は読み違えてた……orz
でも、キャリアである以上感染する事はあり得るわけだよね?
でも母子感染しない、というのがちょっとびっくり。

96 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 10:47:27 ID:EDbZ98IY
これはパコール液(比重を制御した複数のシリカゲル)を用いて
遠心分離によりウィルスと精子を分離する技術なんだけど。

97 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 18:16:58 ID:hFPshDa+
子供がまだ小さいうちにママさんパパさんがしんでしまったりしたら可哀想だな

98 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 19:31:24 ID:93TvTE5S
>>97
同じこと思った

99 :名無しのひみつ:2006/12/25(月) 12:38:17 ID:NABaXB3S
>>花房部長らは、精液からHIVを理論上100%除去できる方法を開発している。

>>96 パーコールじゃないのか? 比重遠心だけで100%除去できるって・・・強引だな。

100 :名無しのひみつ:2006/12/25(月) 21:41:54 ID:wo1I88uy
なあなあ、
子供がHIVで無いとしても、両親がキャリアなら育児中に感染するので無意味。
と思ったのは俺だけか?

幼児期をまったく親と接触せずに育てられれば別だが、それなら最初から他人に育てさせるだろうし・・・。
まあ医学的には実験のネタになれば全然オッケーなんだろうが。


101 :名無しのひみつ:2006/12/25(月) 22:07:27 ID:oPS0wn78
>>34
>http://redribbon.yahoo.co.jp/know/index4.html
>>HIVに感染した、男性の精液や女性の膣分泌液を感染源として、
>>性器や直腸、口の粘膜を通してパートナーに感染します。

これはオーラルセックスを通して精液が口の粘膜から入る恐れ、ってことだろ

102 :名無しのひみつ:2006/12/27(水) 23:12:09 ID:ZZrORYqG
HIVに耐性の低い個体の淘汰が進まないな、これでは

103 :名無しのひみつ:2006/12/28(木) 01:04:25 ID:+nfWtWvT
His judgement cometh and that right soon

男性諸君、結婚すると不幸になる。女の外面は綺麗で清潔で良い人、内面はずるくて汚いため、口も悪い+嘘つき+女同士も上辺仲良し裏では悪口三昧
女の成分はA(性悪陰湿残忍+損得自己中感情)+B(良い女演技+体形+整形化粧+ファッション)
↑良い女演技は好きな男>>異次元>>男集団>他人の順に良くなる。年齢とともにBのメッキがはがれ内外ともに醜くなる(Aの良い女は極少数)
女は「人生の不良債権、北朝鮮、金メッキを施したゴキブリ」
社会的に男女は対等で平等。男が女を養ったり守る必要はない「見切れ!見切り千両!私不幸なの?嘘!泣いてます?演技!情けは不要!つけこまれるぞ」
女は社会的優遇、過剰な法的保護、仕事と家庭の二束のわらじを得て、女尊男卑〜結婚しようとする君を彼女は陰で小馬鹿にしている事でしょう〜

★結婚は保留し、沢山の女性と自由に恋愛(sex)を楽しめ♪★避妊必須
★捨てた女は優しい真面目男が結婚(残飯処理)してくれるさw★

それでも結婚する君へ究極護身法→[夫婦財産契約登記]
夫婦財産契約により、自分の稼いだ財産はすべて自分の物
離婚時に財産の半分を配偶者に取られない

弱い者いじめは最低と言いつつ、赤ちゃんを殺す母親(そして無罪判決(笑
狙撃は女子のほうが強い。男は、ノイローゼになってやめてしまうが
女は何人殺してもノイローゼにならない。そして、骨盤が安定しているため

ナチスの拷問で、女の拷問の残虐非道さを見て、拷問をしていた男達もひいたという
拷問しながら楽しそうに笑みをうかべていたそうだ。罪悪感や引け目が無い

・有史以前が女尊男卑の時代だったことを指摘したのは、スイスの学者バッハオーフィン
アマゾン女族の女王は、法律を定め、男達には卑しい奴隷の仕事を課した
男児が生まれたら、生き埋めにするか、脚と腕を不自由にして、戦えなくし奴隷とした
・王位継承権が女性にだけあった古代エジプトでは女性権力が非常に大きかった
・日本でも卑弥呼が女王
http://kr.img.dc.yahoo.com/b1/data/dci_etc/76.wmv ←女集団が、女一人をリンチしている動画(執拗に蹴り続けながら皆楽しんでる

女は虐げられてきた?父系社会など人類の歴史から見ればほんのわずかな期間に過ぎない。むしろ・・

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)