5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【考古】高松塚古墳の高度な築造技術が明らかに

1 : ◆KzI.AmWAVE @Hφ=Eφ ★:2006/12/22(金) 23:49:44 ID:??? ?2BP(125)
土留めにむしろ、排水効果も 高松塚古墳築造に古代の技

 奈良県明日香村の特別史跡、高松塚古墳(7世紀末〜8世紀初め)で石室解体に向けた発掘作業を
進める文化庁は22日、土を幾層にもわたってドーム状に硬く積み重ねた墳丘の「版築(はんちく)」層から、
細い棒(杵(きね))で突いた跡とむしろ跡を見つけた、と発表した。土の層が崩れないようにむしろを
敷いた上から、丹念に棒で突いて固めたとみられ、古墳の具体的な築造方法が初めてわかった。

 版築は、土を薄く突き固めて基礎部や土壁をつくる古代の工法で、断面はバウムクーヘンのように
なっている。日本最古の寺院、明日香村の飛鳥寺(606年完成)の基壇で初採用されたが、どのような
道具を用いたかはわかっていなかった。

 突き棒の跡などが見つかったのは墳頂部から深さ2.3メートルの地点。直径約3センチの丸い凹面と、
むしろ跡らしい約5ミリ幅の線状の痕跡が見つかった。5センチほど盛った土の上に、ぬれたむしろを載せ、
先の丸い棒で何度も突いて約3センチに固めたとみられる。
棒の使用は想定されていたが、むしろの利用は予想外という。

 発掘担当者の奈良文化財研究所の松村恵司・考古第一研究室長は、大阪府大阪狭山市の狭山池
(7世紀前半)の堤防築造で採用された「敷葉(しきは)工法」との関連に着目。
同工法では、植物の枝葉を敷き詰めた上に土が盛られた。
高松塚古墳の場合は、葉ではなく、むしろで滑り止めや排水効果を狙ったとみている。

 盛り土に繊維性の材料を挟んで補強する工法は現在も使われている。

 猪熊兼勝・京都橘大教授(考古学)の話
 むしろは土を運んだ際に使ったものを再利用したのではないか。細い棒を使ったのはより硬く、
より丁寧に作業しようとしたためだろう。下にある石室壁画に大きな振動を与えない配慮があったのかもしれない。

朝日新聞
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200612220070.html

解説図
ttp://www.asahi.com/kansai/news/image/OSK200612220073.jpg

2 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 23:56:24 ID:V3vfVuDu
2ちゃんえる

3 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 00:03:30 ID:LtY8Vxh8
身内の贔屓目w

4 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 00:04:47 ID:fMPcWmq8
こういった韓国の自尊心を傷つける記事には感心しないな。
韓国に対する愛情は無いのか?

5 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 00:30:26 ID:Sn87bBnu
この時代に筵をふんだんに使えるほどの生産体系があったと言う事がすごいのかな?

6 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 00:41:52 ID:I4ZiY3ex
その高度な築造技術で作られた高松塚古墳を破壊する。 東京の文化庁。

歴史や文化・芸術のありがたみが分からないからこういう結果になったんだろ!
文化庁は、京都か奈良に移転すべきだ!!

7 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 02:25:06 ID:wghITpYy
>>6
イグノーベル賞の受賞者の中に同じ様なことやった奴が居たな

8 :名無しさん@恐縮です:2006/12/23(土) 03:21:45 ID:iYGdMlMd
こういうのって考古学的には凄い発見なんだろうけれど、
一般人からすれば「はあ、そうですか、それはどうも・・・」で
終わってしまうよな

9 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 09:04:30 ID:7P8N5vGy
バームクーヘンの起源はウリナラにだ

10 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 14:20:34 ID:ujYPP92v
昔から日本人は、流行りだすとみんな同じようなものを作って
それを高度化先鋭化させていくんだろうな。
特にお金持ち同士で競って立派なお墓を作った姿が眼に浮かぶようだ。
時代が変わるとさっさと過去を葬ってしまう大陸の連中には理解できないだろうな。

11 :名無しのひみつ:2006/12/24(日) 08:52:35 ID:EErCk/QN
>時代が変わるとさっさと過去を葬ってしまう
新しいモノ大好き、古いモノはさっさとリサイクルして処分って日本文化の伝統なんだが…。
それに金持ちが競って立派なお墓を作るのはどう考えても大陸伝来の文化なんだが…。

12 :名無しのひみつ:2006/12/24(日) 20:43:19 ID:VgXkLz2W
石室の保護に失敗したからゆえの発見とは、なんとも皮肉な。

13 :名無しのひみつ:2006/12/25(月) 11:41:24 ID:2euIWEFM
大化の改新以後仏教と神道を国教として崇めてきた日本人は
時代が変わるとさっさと過去を葬るような民族ではない
天皇家も徳川幕府になっても継続したではないか

14 :名無しのひみつ:2006/12/25(月) 11:52:21 ID:jYrL09Il
ローマのコロッセオや水道橋は、紀元前後にできあがってるのに。
既に吹きガラスの技術もあって、金持ちの住宅は断熱二重窓だったのに。

それから600年も700年も後に、土嚢を積み上げただけで「高度」とは、
いかに何でも言い過ぎじゃないの?恥ずかしい。

15 :名無しのひみつ:2006/12/25(月) 12:19:45 ID:52hkYCvS
その前に、壁画にカビが生えない方法を見つけ出せよ。
おまえらが触りだしてからカビだしたんだぞ!

16 :名無しのひみつ:2006/12/26(火) 09:26:41 ID:X6gdKahN
>12
いざとなったら将軍家の血筋なんかどうでもよくて、天皇家から養子迎えちゃえ、って国だからな。
過去を大事にするってより無頓着にほっといたのがたまたま残った、って感じ。
徳川幕府も豊臣家には容赦なかったしな。

17 :京都deニート φ ★:2006/12/27(水) 19:44:44 ID:??? ?2BP(3000)
高松塚古墳:石室解体作業を3月下旬からに延期
奈良県明日香村の高松塚古墳(7世紀末〜8世紀初め)について、
文化庁は27日、石室解体作業の開始時期を当初予定の来年3月中旬から同下旬に延期すると発表した。

石室の解体に向けて今年10月から始まった同古墳の発掘調査で、
南海地震による墳丘の地割れや亀裂が新たに判明し、地層のはぎ取りなどの調査に時間がかかったため。
年内の発掘調査は28日で終了し、発掘解体の作業現場となる断熱覆屋を設置後、1月末に再開される。

新たな解体日程は
▽断熱覆屋の設置=1月上旬〜下旬
▽石室を露出させる発掘=1月下旬〜2月末
▽石室の調査=3月上旬〜下旬
▽石室解体=3月下旬〜6月中旬。【大森顕浩】

毎日新聞 2006年12月27日 19時00分
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/gakugei/news/20061228k0000m040040000c.html

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)